また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい"

Transcription

1 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在 各 地 方 公 共 団 体 においては 多 様 化 高 度 化 する 行 政 ニーズに 対 応 す るため 任 期 の 定 めのない 常 勤 職 員 のほか 事 務 の 種 類 や 性 質 に 応 じ 各 種 の 任 期 付 職 員 やいわゆる 臨 時 非 常 勤 職 員 といった 多 様 な 任 用 勤 務 形 態 が 活 用 されています どの 業 務 にどのような 任 用 勤 務 形 態 の 職 員 を 充 てるかについ ては 基 本 的 には 各 地 方 公 共 団 体 において 判 断 されるものであり 組 織 におい て 最 適 と 考 える 任 用 勤 務 形 態 の 人 員 構 成 を 実 現 することにより 最 小 のコス トで 最 も 効 果 的 な 行 政 サービスの 提 供 を 行 うことが 重 要 です 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 等 については 平 成 21 年 4 月 24 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 公 務 員 課 長 給 与 能 率 推 進 室 長 通 知 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 の 任 用 等 について ( 総 行 公 第 26 号 )( 以 下 21 年 通 知 という )において 任 用 の 際 の 勤 務 条 件 の 明 示 及 び 休 暇 その 他 の 勤 務 条 件 に 関 して 留 意 すべき 事 項 等 について 示 したところです 各 地 方 公 共 団 体 においては これを 踏 まえ 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 等 に 係 る 取 扱 いについて 必 要 な 対 応 を 図 っていただいているところですが 総 務 省 が 行 った 調 査 では 臨 時 非 常 勤 職 員 が 増 加 傾 向 にある 一 方 21 年 通 知 の 趣 旨 が 未 だ 必 ずしも 徹 底 されていない 実 態 が 見 受 けられ また 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 等 に 関 連 する 裁 判 例 や 法 令 改 正 などの 新 たな 動 きも 生 じています このような 事 情 を 踏 まえ 臨 時 非 常 勤 職 員 や 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 制 度 の 趣 旨 勤 務 の 内 容 に 応 じた 任 用 勤 務 条 件 が 確 保 できるよう 別 紙 のと おり 改 めて 留 意 すべき 事 項 に 関 し 考 え 方 を 取 りまとめました 各 地 方 公 共 団 体 における 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 については 21 年 通 知 に 代 えて 本 通 知 によることとし 現 行 の 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 等 に 係 る 取 扱 いを 再 度 検 証 した 上 で 必 要 な 対 応 を 図 っていただきますようお 願 いいたしま す

2 また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 について ( 総 行 公 第 54 号 )( 以 下 任 期 付 運 用 通 知 という )を 別 添 のとおり 改 正 いたします 任 期 付 職 員 制 度 は 各 地 方 公 共 団 体 の 行 政 運 営 において 最 適 と 考 える 任 用 勤 務 形 態 の 人 員 構 成 を 実 現 するための 手 段 の 一 つであり 本 格 的 業 務 に 従 事 す る 者 として 位 置 付 けられ 相 応 の 給 与 や 休 暇 等 の 勤 務 条 件 が 適 用 されるほか 3 年 ないし 5 年 以 内 という 複 数 年 の 任 期 を 設 定 できる 制 度 です 総 務 省 としても 現 行 制 度 の 効 果 的 な 運 用 等 の 事 例 をはじめとした 必 要 な 情 報 の 提 供 や 検 討 を 引 き 続 き 行 ってまいりますので 各 地 方 公 共 団 体 におかれましても 臨 時 非 常 勤 職 員 に 替 えて 任 期 付 職 員 を 任 用 するなど 制 度 の 更 なる 活 用 について 検 討 を お 願 いいたします 各 都 道 府 県 知 事 におかれては 貴 都 道 府 県 内 の 市 区 町 村 に 対 してもこの 旨 周 知 いただきますようお 願 いいたします なお 地 域 の 元 気 創 造 プラットフォー ムにおける 調 査 照 会 システムを 通 じて 各 市 町 村 に 対 して 本 通 知 について の 情 報 提 供 を 行 っていることを 申 し 添 えます 本 通 知 は 地 方 公 務 員 法 第 59 条 ( 技 術 的 助 言 ) 及 び 地 方 自 治 法 第 245 条 の4( 技 術 的 な 助 言 )に 基 づくものです

3 < 別 紙 > 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について Ⅰ 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 等 について 1 任 用 について (1) 臨 時 非 常 勤 の 職 の 位 置 付 け 1 職 の 設 定 及 び 任 用 根 拠 臨 時 非 常 勤 職 員 ( 以 下 のアからウまでに 該 当 する 者 をいう 以 下 同 じ )は 地 方 公 務 員 法 ( 以 下 地 公 法 という )に 基 づく 制 度 的 な 位 置 付 けとして 臨 時 的 補 助 的 な 業 務 又 は 特 定 の 学 識 経 験 を 要 する 職 務 に 任 期 を 限 って 任 用 するものと 解 されているところである ア 特 別 職 非 常 勤 職 員 ( 地 公 法 第 3 条 第 3 項 第 3 号 ) イ 一 般 職 非 常 勤 職 員 ( 地 公 法 第 17 条 ) ウ 臨 時 的 任 用 職 員 ( 地 公 法 第 22 条 ) これらの 臨 時 非 常 勤 職 員 についての 業 務 の 内 容 や 業 務 に 伴 う 責 任 の 程 度 は 任 期 の 定 めのない 常 勤 職 員 と 異 なる 設 定 とされるべきもの であることに 留 意 すべきである 個 々 具 体 の 職 の 設 定 にあたっては 適 正 な 定 員 管 理 と 適 切 な 人 事 管 理 に 取 り 組 む 中 で 就 けようとする 職 務 の 内 容 勤 務 形 態 等 に 応 じ 任 期 の 定 めのない 常 勤 職 員 任 期 付 職 員 臨 時 非 常 勤 職 員 のいず れが 適 当 かを 検 討 し その 上 で 臨 時 非 常 勤 職 員 の 職 として 設 定 する 場 合 には 上 記 アからウまでのいずれの 任 用 根 拠 に 位 置 づけるかを 明 確 にしておくべきである 2 任 用 根 拠 ごとの 留 意 点 ア 特 別 職 非 常 勤 職 員 特 別 職 の 非 常 勤 職 員 については 主 に 特 定 の 学 識 経 験 を 必 要 と する 職 に 自 らの 学 識 経 験 に 基 づき 非 専 務 的 に 公 務 に 参 画 する 労 働 者 性 の 低 い 勤 務 態 様 が 想 定 され 地 公 法 の 適 用 が 除 外 されている ものであることを 踏 まえ 適 切 に 運 用 されるべきである 職 務 の 内 容 が 補 助 的 定 型 的 であったり 一 般 職 の 職 員 と 同 一 と 認 められるような 職 や 勤 務 管 理 や 業 務 遂 行 方 法 において 労 働 者 性 の 高 い 職 については 本 来 一 般 職 として 任 用 されるべきであり 特 別 職 として 任 用 することは 避 けるべきである イ 一 般 職 非 常 勤 職 員 一 般 職 の 非 常 勤 職 員 については 任 期 を 限 った 任 用 を 繰 り 返 すこ とで 事 実 上 任 期 の 定 めのない 常 勤 職 員 と 同 様 の 勤 務 形 態 を 適 用 させ 1

4 るようなことは 避 けるべきである また 第 17 条 による 採 用 は 競 争 試 験 又 は 選 考 によることとされており 客 観 的 な 能 力 実 証 を 担 保 する 仕 組 みが 必 要 不 可 欠 であることにも 留 意 すべきである ウ 臨 時 的 任 用 職 員 臨 時 的 任 用 職 員 については 任 用 可 能 な 場 合 や 任 期 に 係 る 要 件 が 地 公 法 第 22 条 に 明 確 に 定 められているところであり 任 用 に 当 たっ ては こうした 制 度 上 の 要 件 を 再 度 確 認 し 特 にフルタイムの 臨 時 的 任 用 を 繰 り 返 すことによって 事 実 上 任 期 の 定 めのない 常 勤 職 員 と 同 様 の 勤 務 形 態 を 適 用 させるようなことは 避 けるべきである (2) 募 集 採 用 の 際 の 留 意 事 項 臨 時 非 常 勤 職 員 の 募 集 及 び 採 用 にあたっては 以 下 の 関 係 法 令 に 留 意 すべきである 1 勤 務 条 件 の 明 示 労 働 者 の 募 集 を 行 う 者 は その 募 集 に 当 たって 労 働 者 が 従 事 すべ き 業 務 の 内 容 及 び 賃 金 労 働 時 間 その 他 の 労 働 条 件 を 明 示 しなければ ならないとされている( 職 業 安 定 法 第 5 条 の 3) この 場 合 において 労 働 契 約 の 期 間 に 関 する 事 項 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 に 関 する 事 項 始 業 就 業 の 時 刻 所 定 労 働 時 間 を 超 える 労 働 の 有 無 休 憩 時 間 休 日 に 関 する 事 項 賃 金 の 額 に 関 する 事 項 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 労 働 者 災 害 補 償 保 険 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 に 関 する 事 項 については 書 面 の 交 付 又 は 電 子 メールにより 行 わなければならない ことが 定 められている 特 に 任 期 については 後 述 の 任 期 に 関 する 考 え 方 も 踏 まえ 任 期 終 了 後 の 再 度 の 任 用 の 可 能 性 について 明 示 する 場 合 であっても 手 続 な く 更 新 がなされたり 長 期 にわたって 継 続 して 勤 務 できるといっ た 誤 解 を 招 かないよう 明 確 な 説 明 に 留 意 すべきである 2 均 等 な 機 会 の 付 与 及 び 客 観 的 な 能 力 の 実 証 ア 地 公 法 第 13 条 においては すべて 国 民 は 平 等 に 取 り 扱 われなけれ ばならず 人 種 信 条 性 別 社 会 的 身 分 等 によって 差 別 されては ならないとされている これに 関 連 して 雇 用 対 策 法 においては 事 業 主 は 労 働 者 の 募 集 及 び 採 用 について 年 齢 にかかわりなく 均 等 な 機 会 を 与 えなけれ ばならないこととされており 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 に 関 する 2

5 募 集 及 び 採 用 にあたっては 年 齢 制 限 を 設 けることはできないこと とされている( 同 法 第 10 条 ) また 雇 用 の 分 野 における 男 女 の 均 等 な 機 会 及 び 待 遇 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 という )においては 事 業 主 は 労 働 者 の 募 集 及 び 採 用 につい て その 性 別 にかかわりなく 均 等 な 機 会 を 与 えなければならないこ ととされている( 同 法 第 5 条 ) これらの 規 定 自 体 は 地 方 公 務 員 については 適 用 除 外 とされている が 臨 時 非 常 勤 職 員 の 募 集 採 用 にあたっては 地 公 法 第 13 条 の 平 等 取 扱 いの 原 則 を 踏 まえ 年 齢 や 性 別 にかかわりなく 均 等 な 機 会 を 与 える 必 要 があることに 留 意 すべきである イ 臨 時 非 常 勤 職 員 の 採 用 に 当 たっては できる 限 り 広 く 募 集 を 行 うなど 適 切 な 募 集 を 行 ったうえで 客 観 的 な 能 力 の 実 証 を 行 う 必 要 があることに 留 意 すべきである なお 国 の 非 常 勤 職 員 の 採 用 に 当 たっては 公 募 により 難 い 場 合 や 公 募 による 必 要 がない 特 定 の 場 合 を 除 き インターネットの 利 用 公 共 職 業 安 定 所 への 求 人 申 込 み 等 による 告 知 を 行 い できる 限 り 広 く 募 集 を 行 うこと( 人 事 院 規 則 第 8-12 第 46 条 第 2 項 )とされているところである (3) 任 用 の 際 の 留 意 事 項 1 任 用 根 拠 及 び 制 度 的 位 置 付 けの 明 示 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 に 当 たっては 任 用 根 拠 に 応 じて 適 用 され る 法 令 関 係 が 異 なってくることにかんがみ 任 用 される 職 員 に 対 して 法 律 上 の 任 用 根 拠 及 びその 位 置 付 けを 明 示 すべきである 2 勤 務 条 件 の 明 示 労 働 基 準 法 第 15 条 により 使 用 者 は 労 働 契 約 の 締 結 に 際 し 労 働 者 に 対 して 賃 金 労 働 時 間 その 他 の 労 働 条 件 を 明 示 しなければならな いとされている この 場 合 において 労 働 契 約 の 期 間 に 関 する 事 項 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 に 関 する 事 項 始 業 終 業 の 時 刻 所 定 労 働 時 間 を 超 える 労 働 の 有 無 休 憩 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 する 事 項 賃 金 ( 退 職 手 当 及 び 臨 時 に 支 払 われる 賃 金 賞 与 その 他 これらに 準 ずる 賃 金 を 除 く )の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 に 関 する 事 項 退 職 に 関 する 事 項 ( 解 雇 の 事 由 を 含 む ) については 書 面 の 交 付 により 行 わなければならないこととされてい る 3

6 地 方 公 務 員 については 労 働 基 準 法 が 原 則 適 用 されるため 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 手 続 の 際 には 上 記 の 規 定 に 留 意 し 勤 務 条 件 の 明 示 が 的 確 に 行 われているか 文 書 で 示 すべき 事 項 を 文 書 で 示 している か 改 めて 確 認 すべきである 3 任 期 について ア 臨 時 的 任 用 職 員 の 任 期 については 地 公 法 第 22 条 において 最 長 1 年 以 内 と 規 定 されている 一 方 特 別 職 非 常 勤 職 員 及 び 一 般 職 非 常 勤 職 員 については 法 律 上 任 期 に 関 する 明 文 の 規 定 はないが 期 間 を 限 って 任 用 する 非 常 勤 職 員 の 任 期 については (ア) 臨 時 的 任 用 が 最 長 1 年 以 内 であり 臨 時 の 職 はおおむね 1 年 以 内 の 存 続 期 間 を 有 するものとされていること (イ) 臨 時 非 常 勤 の 職 が 臨 時 的 補 助 的 業 務 に 従 事 するという 性 格 であること (ウ) 職 の 臨 時 性 補 助 性 に 伴 い 基 本 的 に 毎 年 度 の 予 算 で 職 の 設 置 に ついて 査 定 され 定 員 管 理 上 も 条 例 で 定 める 定 数 の 対 象 外 であるこ と にかんがみれば 原 則 1 年 以 内 であると 考 えられる なお この 場 合 であっても 平 等 取 扱 いの 原 則 や 成 績 主 義 の 下 客 観 的 な 能 力 の 実 証 を 経 て 再 度 任 用 されることはありうるものであ る イ 具 体 的 な 任 期 の 設 定 にあたっては 任 用 されていない 者 が 事 実 上 業 務 に 従 事 することのないよう あくまで 職 員 に 従 事 させようとす る 業 務 の 遂 行 に 必 要 な 期 間 を 考 慮 して 適 切 に 定 めることが 必 要 であ る ウ 任 期 については 2のとおり 任 用 の 際 に 文 書 で 示 す 必 要 があるが その 際 (2)1と 同 様 手 続 なく 更 新 がなされたり 長 期 にわ たって 継 続 して 勤 務 できるといった 誤 解 を 招 かないよう 採 用 の 段 階 で 明 確 に 示 すべきである 2 勤 務 条 件 等 について (1) 報 酬 等 について 1 報 酬 等 の 制 度 や 水 準 の 考 え 方 ア 地 方 自 治 法 第 204 条 において 常 勤 の 職 員 ( 臨 時 的 任 用 職 員 であ る 者 を 含 む ) 及 び 非 常 勤 の 職 員 のうち 短 時 間 勤 務 職 員 ( 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 に 伴 う 短 時 間 勤 務 職 員 )には 給 料 及 び 諸 手 当 を 支 給 することとされている 4

7 一 方 同 法 第 203 条 の 2 において 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 の 非 常 勤 の 職 員 には 報 酬 及 び 費 用 弁 償 を 支 給 することとされており 手 当 は 支 給 できないものである ただし 時 間 外 勤 務 に 対 する 報 酬 の 支 給 や 通 勤 費 用 の 費 用 弁 償 については 後 述 する2 及 び3に 留 意 し 適 切 な 取 扱 いがなされるべきである なお 同 法 第 204 条 に 規 定 する 常 勤 の 職 員 に 当 たるか 否 かは 任 用 方 法 ないし 基 準 勤 務 内 容 及 び 態 様 報 酬 の 支 給 その 他 の 待 遇 等 を 総 合 的 に 考 慮 して 実 質 的 に 判 断 されるものであり 地 方 公 務 員 法 上 の 任 用 根 拠 から 直 ちに 定 まるものではないとの 趣 旨 の 裁 判 例 が 存 在 することにも 併 せて 留 意 が 必 要 である イ 地 方 自 治 法 第 203 条 の 2 及 び 第 204 条 において 報 酬 及 び 費 用 弁 償 の 額 並 びにその 支 給 方 法 給 料 及 び 手 当 並 びにその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならないこととされている 各 地 方 公 共 団 体 の 条 例 等 において 臨 時 非 常 勤 職 員 の 具 体 の 報 酬 等 の 制 度 や 水 準 を 定 める 際 には 常 勤 の 職 員 の 給 料 と 同 様 に 職 務 給 の 原 則 の 趣 旨 を 踏 まえ 職 務 の 内 容 と 責 任 に 応 じて 適 切 に 決 定 され るべきものである なお 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 す る 法 律 は 公 務 員 は 適 用 除 外 とされているが 同 法 においても 短 時 間 労 働 者 の 賃 金 の 取 扱 いについて 職 務 の 内 容 等 を 勘 案 し その 賃 金 を 決 定 するよう 努 める 旨 の 規 定 があるところである 2 時 間 外 勤 務 に 対 する 報 酬 の 支 給 本 来 非 常 勤 職 員 については 勤 務 条 件 として 明 示 された 所 定 労 働 時 間 (Ⅰ1(3)2 参 照 )を 超 える 勤 務 は 想 定 されるものではないが 労 働 基 準 法 が 適 用 される 非 常 勤 職 員 に 対 して 当 該 所 定 労 働 時 間 を 超 え る 勤 務 を 命 じた 場 合 においては 当 該 勤 務 に 対 し 時 間 外 勤 務 手 当 に 相 当 する 報 酬 を 支 給 すべきものであることに 留 意 が 必 要 である さら に 仮 に 労 働 基 準 法 に 定 める 法 定 労 働 時 間 を 超 える 時 間 又 は 休 日 等 の 勤 務 を 命 じた 場 合 には 当 該 勤 務 に 対 しては 同 法 第 37 条 の 規 定 に 基 づき 割 り 増 された 報 酬 を 支 給 するなど 同 法 の 規 定 に 沿 った 適 切 な 対 応 を 行 う 必 要 があることに 留 意 すべきである 3 費 用 弁 償 費 用 弁 償 については 地 方 自 治 法 第 203 条 の 2 において 同 条 第 1 項 に 定 める 非 常 勤 の 職 員 は 職 務 を 行 うため 要 する 費 用 の 弁 償 を 受 け ることができると 規 定 されている このうち 非 常 勤 の 職 員 に 対 する 通 勤 費 用 相 当 分 については 費 用 弁 償 として 支 給 することができるものであり 支 給 する 場 合 には 所 要 の 条 例 の 規 定 を 整 備 するなどして 適 切 に 対 応 すべきであることに 留 意 5

8 が 必 要 である (2) 休 暇 について 1 条 例 等 による 勤 務 条 件 の 規 定 一 般 職 の 臨 時 非 常 勤 職 員 に 係 る 勤 務 時 間 休 暇 等 の 勤 務 条 件 につ いても 地 公 法 第 24 条 第 6 項 に 基 づき 条 例 で 定 めることとされており 臨 時 非 常 勤 職 員 が 自 らの 勤 務 条 件 について 把 握 することができるよ うに 条 例 又 はその 委 任 を 受 けた 規 則 等 で 明 確 に 定 めるべきである 2 労 働 基 準 法 上 の 休 暇 等 臨 時 非 常 勤 職 員 のうち 労 働 基 準 法 上 の 労 働 者 に 該 当 する 者 に 係 る 勤 務 条 件 の 設 定 にあたっては 最 低 労 働 基 準 である 労 働 基 準 法 の 規 定 を 踏 まえて 定 めるべきである 特 に これらの 職 員 に 対 して 適 用 されるべき 労 働 基 準 法 に 定 める 年 次 有 給 休 暇 ( 労 働 基 準 法 第 39 条 ) 産 前 産 後 休 業 ( 同 法 第 65 条 ) 育 児 時 間 ( 同 法 第 67 条 ) 生 理 休 暇 ( 同 法 第 68 条 )が 制 度 として 設 けられ ていなかったり 法 律 上 の 規 定 を 下 回 っているような 場 合 には 法 律 の 趣 旨 に 合 致 するよう 速 やかに 制 度 を 整 備 すべきである なお 労 働 基 準 法 における 年 次 有 給 休 暇 の 付 与 に 係 る 継 続 勤 務 の 要 件 については 勤 務 の 実 態 に 即 して 判 断 すべきものであるので 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 反 復 して 短 時 間 労 働 者 を 使 用 する 場 合 各 々の 労 働 契 約 期 間 の 終 期 と 始 期 の 間 に 短 時 日 の 間 隔 を 置 いていると しても 必 ずしも 当 然 に 継 続 勤 務 が 中 断 されるものではないことに 留 意 すること ( 平 成 19 年 10 月 1 日 付 厚 生 労 働 省 通 知 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 につい て )とされており 再 度 の 任 用 を 行 う 場 合 の 適 切 な 対 応 に 留 意 すべき である また 労 働 基 準 法 第 7 条 の 公 民 権 行 使 の 保 障 についても 留 意 すべき である 3 国 の 非 常 勤 職 員 との 権 衡 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 職 員 の 給 与 以 外 の 勤 務 条 件 を 定 めるに 当 たっ ては 国 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 との 間 に 権 衡 を 失 しないように 適 当 な 考 慮 が 払 われなければならないこととされている( 地 公 法 第 24 条 第 5 項 ) 地 方 公 共 団 体 の 臨 時 非 常 勤 職 員 については 任 用 に 係 る 制 度 や 運 用 の 実 態 が 国 とは 異 なることから 国 の 非 常 勤 職 員 と 全 て 同 じ 制 度 が 適 用 されなければならないものではないが 給 与 以 外 の 勤 務 条 件 の 設 定 に 際 しては 国 の 非 常 勤 職 員 について 人 事 院 規 則 15-15( 非 常 勤 職 員 の 勤 務 時 間 及 び 休 暇 )に 定 められている 休 暇 の 対 象 者 の 範 囲 等 も 踏 ま 6

9 えつつ 権 衡 を 失 しないよう 努 めるべきである なお 国 の 非 常 勤 職 員 については 以 下 のような 休 暇 が 定 められて いる ア 有 給 の 休 暇 年 次 休 暇 公 民 権 行 使 裁 判 員 証 人 等 としての 出 頭 災 害 等 による 出 勤 困 難 災 害 時 の 退 勤 途 上 危 険 回 避 親 族 の 死 亡 イ 無 給 の 休 暇 産 前 産 後 保 育 時 間 子 の 看 護 短 期 の 介 護 介 護 生 理 日 負 傷 又 は 疾 病 骨 髄 移 植 (3) 社 会 保 険 及 び 労 働 保 険 の 適 用 臨 時 非 常 勤 職 員 のうち 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 及 び 退 職 手 当 に 関 する 条 例 が 適 用 されない 者 については 勤 務 形 態 に 応 じて 厚 生 年 金 及 び 健 康 保 険 並 びに 雇 用 保 険 及 び 労 災 保 険 の 各 法 律 に 基 づく 適 用 要 件 に 則 った 適 切 な 対 応 が 図 られるべきであり 個 々 具 体 の 任 用 例 においていかなる 適 用 状 況 となるかについて 再 度 点 検 すべき である これらの 制 度 には 雇 用 期 間 や 労 働 時 間 等 に 関 し 一 定 の 要 件 が 定 められているところであり 要 件 に 該 当 している 場 合 には 所 定 の 手 続 を 確 実 に 行 う 必 要 があることに 留 意 すべきである なお 厚 生 年 金 保 険 及 び 健 康 保 険 の 被 保 険 者 資 格 については 有 期 の 雇 用 契 約 又 は 任 用 が1 日 ないし 数 日 の 間 を 空 けて 再 度 行 われる 場 合 にお いても 雇 用 契 約 又 は 任 用 の 終 了 時 にあらかじめ 事 業 主 と 被 保 険 者 と の 間 で 次 の 雇 用 契 約 又 は 任 用 の 予 定 が 明 らかであるような 事 実 が 認 めら れるなど 事 実 上 の 使 用 関 係 が 中 断 することなく 存 続 していると 就 労 の 実 態 に 照 らして 判 断 される 場 合 には 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 させること なく 取 り 扱 う 必 要 ( 平 成 26 年 1 月 17 日 付 厚 生 労 働 省 通 知 厚 生 年 金 保 険 及 び 健 康 保 険 の 被 保 険 者 資 格 に 係 る 雇 用 契 約 又 は 任 用 が 数 日 空 けて 再 度 行 われる 場 合 の 取 扱 いについて )があるとされており 再 度 の 任 用 を 行 う 場 合 の 適 切 な 対 応 に 留 意 すべきである (4)その 他 の 勤 務 条 件 等 上 記 の 他 にも 労 働 安 全 衛 生 法 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 等 の 労 働 関 係 法 令 は 適 用 除 外 が 定 められていない 限 り 臨 時 非 常 勤 職 員 についても 適 用 があることや 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 地 方 公 務 員 育 児 休 業 法 とする ) 及 び 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 ( 以 下 育 児 介 護 休 業 法 とする ) の 改 正 により 一 定 の 条 件 を 満 たす 非 常 勤 職 員 にもこれらの 法 の 規 定 が 適 用 されることとなったことを 踏 まえ 各 法 令 に 基 づく 適 用 要 件 に 則 っ た 適 切 な 対 応 が 求 められることに 留 意 すべきである また 国 の 非 常 勤 職 員 との 権 衡 にも 留 意 すべきである 7

10 1 労 働 安 全 衛 生 法 に 基 づく 健 康 診 断 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 及 び 労 働 安 全 衛 生 規 則 第 44 条 におい て 事 業 者 は 常 時 使 用 する 労 働 者 に 対 し 1 年 以 内 ごとに 1 回 定 期 に 医 師 による 健 康 診 断 を 行 わなければならないと 規 定 されており 同 規 則 の 常 時 使 用 する 労 働 者 に 該 当 する 場 合 には 健 康 診 断 を 行 わな ければならないことに 留 意 すべきである 2 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 に 基 づく 措 置 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 第 11 条 においては 職 場 における 性 的 な 言 動 に 起 因 する 問 題 に 関 する 雇 用 管 理 上 の 措 置 が 第 12 条 においては 女 性 労 働 者 が 母 子 保 健 法 の 規 定 による 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため に 必 要 な 時 間 の 確 保 が 定 められていること 等 に 留 意 が 必 要 である なお 国 の 非 常 勤 職 員 については 人 事 院 規 則 10-7( 女 子 職 員 及 び 年 少 職 員 の 健 康 安 全 及 び 福 祉 )における 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるための 職 務 専 念 義 務 の 免 除 が 適 用 されているところである 3 地 方 公 務 員 育 児 休 業 法 及 び 育 児 介 護 休 業 法 に 基 づく 措 置 育 児 介 護 休 業 法 第 61 条 において 地 方 公 務 員 に 関 する 介 護 休 業 ( 介 護 休 暇 ) 短 期 の 介 護 休 暇 子 の 看 護 休 暇 所 定 外 労 働 の 免 除 の 義 務 化 時 間 外 労 働 の 制 限 深 夜 労 働 の 制 限 に 係 る 規 定 が 設 けられており こ れらの 規 定 については 平 成 22 年 6 月 及 び 平 成 23 年 4 月 の 改 正 によ り 勤 務 期 間 等 一 定 の 条 件 を 満 たす 非 常 勤 職 員 にも 措 置 されることと なったところである また 地 方 公 務 員 育 児 休 業 法 に 基 づく 育 児 休 業 や 部 分 休 業 について も 平 成 23 年 4 月 の 改 正 により 勤 務 期 間 等 一 定 の 条 件 を 満 たす 非 常 勤 職 員 ( 育 児 休 業 については 臨 時 的 任 用 職 員 を 除 く)にも 適 用 され ることとなったところである これらの 措 置 については 平 成 21 年 7 月 24 日 付 総 行 公 第 48 号 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 及 び 雇 用 保 険 法 の 一 部 改 正 について 及 び 平 成 22 年 12 月 15 日 付 事 務 連 絡 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 における 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 及 び 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 等 の 施 行 について 等 を 踏 まえた 適 切 な 対 応 が 求 められる なお 国 の 非 常 勤 職 員 については 人 事 院 規 則 10-11( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 )に おいて 育 児 や 介 護 を 行 う 職 員 の 深 夜 勤 務 や 超 過 勤 務 の 制 限 が 同 において 子 の 看 護 休 暇 や 短 期 の 介 護 休 暇 介 護 休 暇 が 規 定 されている ところである 8

11 4 研 修 及 び 厚 生 福 利 一 般 職 の 臨 時 非 常 勤 職 員 については 地 公 法 上 の 研 修 や 厚 生 福 利 に 関 する 規 定 が 適 用 されるところであり 臨 時 非 常 勤 職 員 の 従 事 する 業 務 の 内 容 や 業 務 に 伴 う 責 任 の 程 度 に 応 じて 適 切 な 対 応 を 図 るべき ことに 留 意 すべきである なお 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 は 公 務 員 は 適 用 除 外 とされているが 同 法 においても 教 育 訓 練 や 福 利 厚 生 施 設 に 関 する 取 扱 いについて 短 時 間 労 働 者 への 配 慮 義 務 等 が 規 定 されているところである 3 服 務 について 一 般 職 の 臨 時 非 常 勤 職 員 については 地 公 法 上 の 服 務 に 関 する 各 規 定 が 適 用 されていることほか 特 に 以 下 のことに 留 意 すべきである (1) 守 秘 義 務 特 別 職 については 地 公 法 の 適 用 がないことから 地 公 法 に 定 める 服 務 に 関 する 規 定 が 直 接 適 用 されないこととなる 特 別 職 非 常 勤 職 員 を 任 用 する 場 合 には その 公 務 の 性 質 を 踏 まえ 特 に 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 職 務 に 従 事 する 場 合 の 守 秘 義 務 の 取 扱 いについ て 明 確 に 定 めておく 必 要 がある (2) 営 利 企 業 の 従 事 制 限 一 般 職 の 臨 時 非 常 勤 職 員 については 地 公 法 第 38 条 において 営 利 企 業 等 の 従 事 制 限 が 定 められており 従 事 する 場 合 は 任 命 権 者 の 許 可 が 必 要 であるが 臨 時 非 常 勤 職 員 に 対 する 営 利 企 業 等 の 従 事 の 許 可 につ いては 任 期 付 運 用 通 知 における 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 に 関 する 取 扱 い と 同 様 公 務 に 支 障 を 来 したり 公 務 の 信 用 を 失 墜 させたりするなどの おそれがないよう 十 分 留 意 しつつ 臨 時 非 常 勤 職 員 の 勤 務 形 態 等 を 勘 案 して 必 要 に 応 じ 弾 力 的 な 運 用 を 行 うことは 可 能 であることに 留 意 すべ きである 4 再 度 の 任 用 について (1) 基 本 的 な 考 え 方 1 再 度 の 任 用 の 位 置 づけ 1(3)3の 任 期 についての 考 え 方 を 踏 まえれば 臨 時 非 常 勤 職 員 が 就 くこととされる 職 については 本 来 原 則 1 年 ごとにその 職 の 必 要 性 が 吟 味 される 新 たに 設 置 された 職 と 位 置 付 けられるべきものであ る ある 臨 時 非 常 勤 の 職 に 就 いていた 者 が 任 期 の 終 了 後 再 度 同 一 の 職 務 内 容 の 職 に 任 用 されること 自 体 は 排 除 されるものではないが 同 じ 職 の 任 期 が 延 長 された あるいは 同 一 の 職 に 再 度 任 用 された という 意 味 ではなく あくまで 新 たな 職 に 改 めて 任 用 されたものと 整 9

12 理 されるものであり 当 該 職 員 に 対 してもその 旨 説 明 がなされるべき である 2 再 度 の 任 用 についての 留 意 事 項 1のように 整 理 した 場 合 でも 同 一 の 者 が 長 期 にわたって 同 一 の 職 務 内 容 の 職 とみなされる 臨 時 非 常 勤 の 職 に 繰 り 返 し 任 用 されること は 長 期 的 計 画 的 な 人 材 育 成 人 材 配 置 への 影 響 や 臨 時 非 常 勤 職 員 としての 身 分 及 び 処 遇 の 固 定 化 などの 問 題 を 生 じさせるおそれが あることに 留 意 が 必 要 である 地 方 公 務 員 の 任 用 における 成 績 主 義 や 平 等 取 扱 いの 原 則 を 踏 まえれ ば 繰 り 返 し 任 用 されても 再 度 任 用 の 保 障 のような 既 得 権 が 発 生 す るものではなく 臨 時 非 常 勤 の 職 であっても 任 期 ごとに 客 観 的 な 能 力 実 証 に 基 づき 当 該 職 に 従 事 する 十 分 な 能 力 を 持 った 者 を 任 用 する ことが 求 められる (2) 任 期 の 設 定 等 について 再 度 の 任 用 の 場 合 であっても 新 たな 任 期 と 前 の 任 期 の 間 に 一 定 の 期 間 を 置 くことを 直 接 求 める 規 定 は 地 方 公 務 員 法 をはじめとした 関 係 法 令 において 存 在 しない 任 期 については 1(3)3に 記 載 したとおり 任 用 されていない 者 が 事 実 上 業 務 に 従 事 することのないよう あくまで 職 員 に 従 事 させようとする 業 務 の 遂 行 に 必 要 な 期 間 を 考 慮 して 適 切 に 定 める ことが 必 要 である また 募 集 にあたって 任 用 の 回 数 や 年 数 が 一 定 数 に 達 していること のみを 捉 えて 一 律 に 応 募 要 件 に 制 限 を 設 けることは 平 等 取 扱 いの 原 則 や 成 績 主 義 の 観 点 から 避 けるべきであり 1(2)2に 述 べた 均 等 な 機 会 の 付 与 の 考 え 方 を 踏 まえた 適 切 な 募 集 を 行 うことが 求 められる (3) 手 続 について 同 一 の 者 を 同 一 の 職 務 内 容 の 職 に 再 度 任 用 する 際 にも 新 たな 職 への 任 用 として 1(1) 及 び(2)と 同 様 改 めて 職 務 内 容 を 含 めた 勤 務 条 件 の 提 示 を 行 い 平 等 取 扱 いの 原 則 や 成 績 主 義 も 踏 まえつつ 能 力 の 実 証 等 を 経 た 上 で 本 人 の 意 思 を 確 認 し 辞 令 の 交 付 や 勤 務 条 件 の 明 示 を 行 うべきである なお 結 果 として 複 数 回 にわたって 同 一 の 者 の 任 用 が 繰 り 返 された 後 に 能 力 実 証 の 結 果 や 業 務 の 見 直 しによる 業 務 自 体 の 廃 止 その 他 の 合 理 的 な 理 由 により 再 度 の 任 用 を 行 わないこととする 場 合 においては 事 前 に 十 分 な 説 明 を 行 ったり 他 に 応 募 可 能 な 求 人 を 紹 介 する 等 配 慮 をする ことが 望 ましい 10

13 (4) 報 酬 等 について 同 一 の 職 務 内 容 の 職 に 再 度 任 用 され 職 務 の 責 任 困 難 度 が 同 じであ る 場 合 には 職 務 の 内 容 と 責 任 に 応 じて 報 酬 を 決 定 するという 職 務 給 の 原 則 からすれば 報 酬 額 は 同 一 となることに 留 意 すべきである なお 毎 年 の 報 酬 水 準 の 決 定 に 際 し 同 一 又 は 類 似 の 職 種 の 常 勤 職 員 や 民 間 企 業 の 労 働 者 の 給 与 改 定 の 状 況 等 に 配 慮 し 報 酬 額 を 変 更 するこ とはあり 得 るものである また 同 一 人 が 同 一 の 職 種 の 職 に 再 度 任 用 される 場 合 であっても 職 務 内 容 や 責 任 の 度 合 い 等 が 変 更 される 場 合 には 異 なる 職 への 任 用 であ ることから 報 酬 額 を 変 更 することはあり 得 るものである Ⅱ 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 1 任 期 付 職 員 制 度 の 活 用 について (1) 現 行 制 度 の 趣 旨 平 成 16 年 に 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 ( 以 下 任 期 付 法 という )の 改 正 により 導 入 された 同 法 第 4 条 又 は 第 5 条 に 基 づく 任 期 付 職 員 制 度 ( 以 下 単 に 任 期 付 職 員 制 度 という ) は 各 地 方 公 共 団 体 の 行 政 運 営 において 最 適 と 考 える 任 用 勤 務 形 態 の 人 員 構 成 を 実 現 するための 手 段 の 一 つであり 本 格 的 業 務 に 従 事 する 者 として 位 置 付 けられ 相 応 の 給 与 や 休 暇 等 の 勤 務 条 件 が 適 用 される ほか 3 年 ないし 5 年 以 内 という 複 数 年 の 任 期 が 保 障 されうる 制 度 である 任 期 付 職 員 制 度 は 各 地 方 公 共 団 体 の 政 策 判 断 で 条 例 に 基 づき 制 度 化 されるものであるが 各 地 方 公 共 団 体 にあっては 臨 時 非 常 勤 職 員 の 任 用 根 拠 ごとの 趣 旨 に 適 合 した 任 用 の 在 り 方 を 検 討 していく 過 程 におい て 現 在 臨 時 非 常 勤 職 員 制 度 により 対 応 している 具 体 的 な 任 用 事 例 に ついて 本 格 的 な 業 務 に 従 事 することができ かつ 複 数 年 にわたる 任 期 設 定 が 可 能 である 場 合 には 任 期 付 職 員 制 度 の 積 極 的 な 活 用 について 検 討 されたい (2) 制 度 活 用 の 際 の 留 意 点 任 期 付 職 員 制 度 の 運 用 にあたっては 任 期 付 運 用 通 知 を 参 照 し 適 切 な 任 用 管 理 に 努 めるべきであるが 特 に 以 下 の 点 に 留 意 が 必 要 である 1 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 を 任 用 する 際 の 要 件 について 任 期 付 法 第 5 条 第 2 項 により 住 民 サービスの 提 供 時 間 を 延 長 し 若 しくは 繁 忙 時 における 提 供 体 制 を 充 実 し 又 はその 延 長 した 提 供 時 間 若 しくは 充 実 した 提 供 体 制 を 維 持 する 必 要 がある 場 合 には 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 を 任 用 することができるとされている これに 関 連 して 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 を 任 用 する 時 点 は 住 民 サ ービスの 提 供 時 間 を 延 長 し 若 しくは 繁 忙 時 における 提 供 体 制 を 充 実 11

14 させる 時 点 と 同 時 であることを 必 ずしも 要 しないことに 留 意 すべきで ある すなわち 住 民 サービスの 提 供 時 間 の 延 長 や 繁 忙 時 における 提 供 体 制 を 充 実 させるために 従 来 の 常 勤 職 員 に 加 え 臨 時 非 常 勤 職 員 を 配 置 して 対 応 していた 場 合 に 当 該 臨 時 非 常 勤 職 員 に 替 えて 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 を 任 用 することも 可 能 である 2 採 用 の 方 法 について 任 期 付 職 員 の 採 用 にあたっては 一 般 職 非 常 勤 職 員 の 場 合 と 同 様 に 人 事 委 員 会 ( 競 争 試 験 等 を 行 う 公 平 委 員 会 を 含 む 以 下 同 じ )を 置 く 地 方 公 共 団 体 にあっては 地 公 法 第 17 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 原 則 とし て 競 争 試 験 ( 人 事 委 員 会 の 定 める 職 について 人 事 委 員 会 の 承 認 があっ た 場 合 は 選 考 )により 人 事 委 員 会 を 置 かない 地 方 公 共 団 体 にあっ ては 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 競 争 試 験 又 は 選 考 によるものであるこ とに 留 意 すべきである なお 人 事 委 員 会 は 地 公 法 第 8 条 第 3 項 又 は 同 法 第 9 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 人 事 委 員 会 規 則 ( 競 争 試 験 等 を 行 う 公 平 委 員 会 におい ては 公 平 委 員 会 規 則 )で 定 めることにより 職 員 の 競 争 試 験 及 び 選 考 並 びにこれらに 関 する 事 務 について 任 命 権 者 等 に 委 任 することがで きるものである 3 服 務 について 任 命 権 者 による 任 期 付 職 員 に 対 する 営 利 企 業 等 の 従 事 の 許 可 につい ては 任 期 付 運 用 通 知 で 示 したとおり 公 務 に 支 障 を 来 したり 公 務 の 信 用 を 失 墜 させたりするなどのおそれがないよう 十 分 留 意 しつつ 任 期 付 職 員 の 勤 務 形 態 等 を 勘 案 して 必 要 に 応 じ 弾 力 的 な 運 用 を 行 うこ とが 可 能 であることにも 留 意 すべきである 4 給 与 について 任 期 付 職 員 については 常 勤 職 員 同 様 の 本 格 的 な 業 務 に 従 事 すると いうその 性 質 にかんがみ 給 料 及 び 手 当 の 支 給 を 可 能 としており そ の 取 扱 いについては 任 期 付 運 用 通 知 において その 職 に 適 用 すべき 各 給 料 表 の 職 務 の 級 ごとに 職 務 の 評 価 を 基 本 とした 単 一 号 給 を 設 け ることが 適 当 であるとされていることに 留 意 すべきである ただし 公 的 な 資 格 を 有 する 者 など 一 定 の 専 門 的 な 知 識 経 験 を 有 す る 人 材 の 確 保 のため 特 に 必 要 な 事 情 が 認 められる 場 合 については 任 期 付 職 員 の 給 料 表 への 号 給 の 増 設 又 は 同 種 の 業 務 に 従 事 する 常 勤 職 員 が 用 いる 給 料 表 の 使 用 を 条 例 に 規 定 することにより 昇 給 や 過 去 の 経 験 を 踏 まえた 号 給 の 決 定 を 行 うことも 否 定 されないものである なお 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 については 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 と 12

15 同 様 一 部 の 生 活 関 連 手 当 及 び 人 材 確 保 のための 手 当 について 支 給 し ないことが 適 当 と 考 えられていることに 留 意 すべきである 2 再 度 の 任 用 について 任 期 付 職 員 が 任 用 されていた 職 が 当 該 職 員 の 任 期 終 了 後 も 引 き 続 いて 存 在 する 場 合 において 任 期 付 職 員 を 再 度 採 用 する 際 にも 成 績 主 義 や 平 等 主 義 の 原 則 に 則 り 競 争 試 験 又 は 選 考 による 能 力 の 実 証 を 経 た 上 で 任 用 がなされるべきものである この 場 合 臨 時 非 常 勤 職 員 の 再 度 の 任 用 の 場 合 と 同 様 に 任 期 付 職 員 として 任 用 されていた 者 が 任 期 終 了 後 改 めて 適 切 な 募 集 を 行 い 競 争 試 験 又 は 選 考 による 能 力 の 実 証 を 経 た 上 で 結 果 として 再 度 同 一 の 職 に 任 用 されることは 妨 げられない なお 競 争 試 験 や 選 考 の 方 法 については 任 用 しようとする 職 種 や 職 務 内 容 等 に 応 じて 各 地 方 公 共 団 体 において 決 定 すべきものであるが 任 用 し ようとする 職 の 職 務 遂 行 に 必 要 とされる 能 力 の 実 証 が 客 観 的 になされるこ とが 担 保 されるべきである また 任 期 付 職 員 を 再 度 任 用 する 際 に 職 の 職 務 内 容 や 責 任 の 度 合 い 等 が 変 更 される 場 合 には それに 伴 い 給 与 の 額 を 変 更 することはあり 得 るも のである 13

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 非 正 規 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 と いう )の 非 正 規 職 員 ( 以 下 職 員 という )の 勤 務 条 件 服 務 規 律 そ の 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものとする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B388C4817A906C8E968D7390AD8CF6955C5F483233906C8E9694E98F9189DB5F48508366815B835E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B388C4817A906C8E968D7390AD8CF6955C5F483233906C8E9694E98F9189DB5F48508366815B835E2E646F63> 愛 西 市 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 を 公 表 し ま す 市 の 人 事 行 政 運 営 の 公 正 性 透 明 性 を 高 めるため 愛 西 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 愛 西 市 条 例 第 172 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づいて 平 成 22 年 度 の 職 員 給 与 勤 務 条 件

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information