Microsoft Word doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc"

Transcription

1 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準... 2 (3) 経 済 環 境 等 の 影 響... 2 (4) 企 業 会 計 の 影 響 財 務 報 告 の 目 的... 3 (1) 非 営 利 法 人 の 定 義... 3 (2) 企 業 会 計 の 目 的... 4 (3) 財 務 会 計 としての 非 営 利 法 人 会 計 の 目 的... 4 (4) 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク への 依 拠 と 会 計 基 準 のあり 方... 5 (5) 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 意 義 と 非 営 利 法 人 会 計... 6 (6) 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 のボトムラインの 意 義 と 非 営 利 法 人 会 計... 8 (7) 特 別 会 計 と 連 結 財 務 諸 表 展 望 補 論. 非 営 利 法 人 と 予 算 (1) 予 算 の 意 義 と 非 営 利 法 人 会 計 (2) 予 算 と 収 支 計 算 (3) 予 算 とコーポレートガバナンス (4) 外 部 報 告 目 的 会 計 と 予 算 (5) 収 支 計 算 書 とキャッシュ フロー 計 算 書... 14

2 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準 民 間 非 営 利 法 人 は 各 設 立 根 拠 法 令 に 基 づき 多 くの 法 人 形 態 が 存 在 する 会 計 基 準 についても それぞれの 法 人 形 態 ごとに 存 在 している 非 営 利 法 人 の 設 立 根 拠 法 令 及 び 適 用 される 会 計 基 準 等 を 例 示 すると 以 下 のとおりで ある 法 人 形 態 設 立 根 拠 法 令 会 計 基 準 等 公 益 法 人 ( 注 1) 民 法 第 34 条 公 益 法 人 会 計 基 準 ( 昭 和 60 年 9 月 17 日 公 益 法 人 等 の 指 導 監 督 等 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 申 合 せ 最 終 改 正 平 成 16 年 10 月 14 社 会 福 祉 法 人 社 会 福 祉 法 第 22 条 第 31 条 学 校 法 人 私 立 学 校 法 第 3 条 第 30 条 日 )( 注 1) 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 ( 平 成 12 年 2 月 17 日 社 援 第 310 号 最 終 改 正 平 成 19 年 7 月 31 日 ) 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 等 会 計 処 理 等 取 扱 指 導 指 針 ( 平 成 12 年 3 月 10 日 老 計 第 8 号 最 終 改 正 平 成 19 年 7 月 6 日 老 計 発 第 号 ) 社 会 福 祉 法 人 経 理 規 程 準 則 ( 昭 和 51 年 1 月 31 日 社 施 第 25 号 平 成 9 年 12 月 11 日 最 終 改 正 社 援 施 第 175 号 ) 学 校 法 人 会 計 基 準 ( 昭 和 46 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 18 号 最 終 改 正 平 成 19 年 12 月 25 日 文 部 科 学 省 令 第 40 号 )( 注 2) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 2 条 第 10 条 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 会 計 の 手 引 き( 経 済 企 画 庁 国 民 生 活 局 ) 宗 教 法 人 宗 教 法 人 法 第 4 条 宗 教 法 人 会 計 の 指 針 ( 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 報 告 第 6 号 平 成 13 年 5 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) 労 働 組 合 労 働 組 合 法 第 11 条 労 働 組 合 会 計 基 準 ( 公 益 法 人 委 員 会 報 告 第 5 号 昭 和 60 年 10 月 8 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) 消 費 生 活 協 同 組 合 消 費 生 活 協 同 組 合 法 第 4 条 第 58 条 消 費 生 活 協 同 組 合 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 9 月 30 日 大 蔵 省 法 務 庁 厚 生 省 農 林 省 令 第 1 号 最 終 改 正 平 成 20 年 6 月 30 日 厚 生 労 働 省 令 第 124 号 ) 生 協 会 計 基 準 ( 昭 和 60 年 11 月 3 日 生 協 会 - 1 -

3 中 間 法 人 ( 注 1) 中 間 法 人 法 第 1 条 ~ 第 3 条 計 基 準 委 員 会 最 終 改 訂 平 成 19 年 1 月 ) 中 間 法 人 法 施 行 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 28 日 法 務 省 令 第 8 号 最 終 改 正 平 成 18 年 4 月 28 日 法 務 省 令 第 53 号 ) (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準 各 会 計 基 準 等 は 法 人 形 態 の 設 立 趣 旨 を 踏 まえた 上 で 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 に 則 して 規 定 されているものが 多 数 ある 法 人 形 態 別 の 各 会 計 基 準 を 非 営 利 法 人 が 適 用 す ることによって 所 轄 庁 が 実 施 している 指 導 監 督 が 統 一 的 に 行 えることとなり 各 法 人 の 健 全 な 事 業 運 営 に 資 しているのが 現 状 であるといえる (3) 経 済 環 境 等 の 影 響 我 が 国 では 寄 附 文 化 が 未 成 熟 であったこと 民 間 非 営 利 法 人 の 収 入 における 補 助 金 の 占 める 位 置 が 重 要 であること 非 営 利 法 人 の 組 織 が 脆 弱 であることも 所 轄 庁 の 指 導 監 督 の 重 要 性 が 高 い 要 因 と 考 えられる 経 済 環 境 が 継 続 的 に 拡 大 している 状 況 にあ っては 補 助 金 も 安 定 的 に 供 給 され 非 営 利 法 人 の 活 動 を 安 定 的 に 行 うことが 可 能 で あったといえる 非 営 利 法 人 の 各 会 計 基 準 等 の 役 割 もこのような 経 済 状 況 及 び 社 会 環 境 の 影 響 を 受 け ているものと 考 える 企 業 環 境 の 変 化 と 同 様 に 民 間 非 営 利 法 人 においても 長 期 にわたり 低 迷 する 経 済 環 境 を 経 験 した 経 済 環 境 の 悪 化 は 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 財 政 状 況 の 悪 化 となり 補 助 金 の 削 減 が 行 われることとなった このような 環 境 変 化 の 下 非 営 利 活 動 を 継 続 するために 補 助 金 以 外 の 財 源 を 確 保 す る 必 要 に 迫 られている 法 人 もある (4) 企 業 会 計 の 影 響 非 営 利 法 人 の 各 会 計 基 準 等 の 作 成 に 当 たっては 法 人 形 態 及 び 行 う 事 業 の 特 殊 性 を 考 慮 した 上 で 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 に 則 して 設 定 されている その 場 合 各 会 計 基 準 等 作 成 時 の 企 業 会 計 の 影 響 を 大 きく 受 けたものとなっている また 各 会 計 基 準 等 の 改 正 時 においても 同 様 に 改 正 時 点 での 企 業 会 計 の 影 響 を 反 映 したものとなってい る 日 本 公 認 会 計 士 協 会 では 今 日 まで 非 営 利 法 人 に 関 する 各 会 計 基 準 等 の 作 成 時 及 び 改 正 時 には 所 轄 庁 に 対 して 会 員 を 委 員 等 として 推 薦 してきており 結 果 として 企 業 会 計 の 動 向 との 乖 離 が 少 ない 状 況 を 確 保 してきた しかし 作 成 時 点 又 は 改 正 時 点 が 各 会 計 基 準 等 で 異 なるために その 時 々の 企 業 会 計 を 取 り 入 れた 会 計 基 準 等 が 混 在 しているのが 現 状 である このような 状 況 の 中 で 企 業 会 計 に 依 拠 できる 部 分 と 非 営 利 法 人 の 会 計 として 独 自 に 規 定 する 必 要 のある 部 分 を 明 確 にする 必 要 があるものと 思 われる - 2 -

4 2. 財 務 報 告 の 目 的 (1) 非 営 利 法 人 の 定 義 総 務 省 が 毎 年 公 表 している 公 益 法 人 白 書 によれば 非 営 利 法 人 は 以 下 の 表 の 非 営 利 の 欄 に 該 当 する 法 人 となる 非 営 利 公 益 広 義 の 公 益 法 人 社 団 法 人 財 団 法 人 ( 民 法 ) 学 校 法 人 ( 私 立 学 校 法 ) 社 会 福 祉 法 人 ( 社 会 福 祉 法 ) 宗 教 法 人 ( 宗 教 法 人 法 ) 医 療 法 人 ( 医 療 法 ) 更 生 保 護 法 人 ( 更 生 保 護 事 業 法 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ( 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ) 非 公 益 中 間 的 な 団 体 中 間 法 人 ( 中 間 法 人 法 ) 労 働 組 合 ( 労 働 組 合 法 ) 信 用 金 庫 ( 信 用 金 庫 法 ) 協 同 組 合 ( 各 種 の 協 同 組 合 法 ) 共 済 組 合 ( 各 種 の 共 済 組 合 法 ) 営 利 公 共 企 業 電 気 会 社 ( 会 社 法 個 別 事 業 法 ) ガス 会 社 ( 会 社 法 個 別 事 業 法 ) 鉄 道 会 社 ( 会 社 法 個 別 事 業 法 ) 営 利 企 業 株 式 会 社 *( 会 社 法 ) 合 名 会 社 ( 会 社 法 ) 合 資 会 社 ( 会 社 法 ) 合 同 会 社 ( 会 社 法 ) 相 互 会 社 ( 保 険 業 法 ) * 特 例 有 限 会 社 を 含 む 非 営 利 法 人 は 法 人 の 行 う 事 業 活 動 の 目 的 として 営 利 を 追 求 しないという 意 味 での 非 営 利 ではあるが この 場 合 営 利 法 人 の 行 う 事 業 活 動 と 明 確 に 区 別 することが 困 難 となる 非 営 利 活 動 そのものを 明 確 にすることが 必 要 であるとする 意 見 もある 非 営 利 活 動 に 係 る 取 引 とは 典 型 例 として 公 会 計 における 非 交 換 取 引 であり 企 業 会 計 的 には 対 価 性 のない 取 引 として 定 義 をする 意 見 もある この 場 合 非 営 利 活 動 を 行 う 法 人 の 範 囲 は 著 しく 限 定 され 非 営 利 法 人 として 位 置 付 けられる 法 人 は 著 しく 少 数 となる 非 営 利 法 人 の 枠 組 みとして 非 営 利 活 動 の 定 義 以 外 のものを 考 察 する 必 要 がある 非 営 利 性 を 担 保 する 組 織 形 成 上 の 要 件 として 剰 余 金 の 分 配 を 目 的 としない 法 人 と 定 義 することができる( 注 3) 典 型 的 には 社 員 等 ( 株 主 等 )による 配 当 請 求 権 及 び 残 余 財 産 分 配 権 のない 法 人 であり 営 利 法 人 と 明 確 に 異 なる 非 営 利 法 人 とは 社 員 等 ( 株 主 等 )による 持 分 のない 法 人 であるといえる 上 記 の 表 のうち 信 用 金 庫 協 同 組 合 共 済 組 合 等 については 従 来 から 企 業 会 計 の - 3 -

5 基 準 を 適 用 しており 剰 余 金 を 構 成 員 に 分 配 するため 本 研 究 資 料 の 対 象 外 とする 本 研 究 資 料 では 広 く 非 営 利 といわれている 法 人 に 共 通 の 考 え 方 を 示 すことを 検 討 することとした 各 非 営 利 法 人 に 固 有 の 事 象 については 当 然 個 々の 会 計 基 準 で 対 応 すべき 問 題 と 考 える (2) 企 業 会 計 の 目 的 企 業 会 計 ( 営 利 法 人 の 会 計 )では 投 資 家 の 投 資 意 思 決 定 に 有 用 な 財 務 報 告 である ことが 求 められる( 注 4) そのためには 企 業 成 果 の 予 測 と 企 業 価 値 の 評 価 に 役 立 つ 情 報 すなわち 企 業 の 投 資 ポジションとその 成 果 に 関 する 情 報 を 測 定 し 開 示 すること になる 投 資 家 にとって 特 に 重 要 な 情 報 は 投 資 の 成 果 を 示 す 利 益 情 報 である 換 言 すれば 配 当 又 は 利 息 の 受 領 可 能 性 及 び 投 資 資 本 の 回 収 可 能 性 を 評 価 できる 情 報 を 提 供 することが 必 要 である 企 業 会 計 における 財 務 報 告 の 目 的 から 企 業 の 経 済 的 資 源 の 状 況 ( 資 産 負 債 及 び 純 資 産 )を 把 握 できる 情 報 であること 経 済 的 資 源 の 流 入 ( 収 益 又 は 収 入 ) 流 出 ( 費 用 損 失 又 は 支 出 )を 把 握 できる 情 報 であることが 必 要 となる さらに 企 業 の 経 営 者 による 説 明 により これらの 情 報 が 補 完 されることとなる (3) 財 務 会 計 としての 非 営 利 法 人 会 計 の 目 的 民 間 非 営 利 法 人 を 取 り 巻 く 利 害 関 係 者 は 多 数 存 在 する 利 害 関 係 者 としては 寄 附 者 補 助 金 交 付 者 ( 国 又 は 地 方 公 共 団 体 等 ) 当 該 法 人 の 提 供 する 用 役 ( 財 貨 又 は 役 務 ) の 利 用 者 管 理 者 ( 理 事 者 ) 従 業 員 納 入 業 者 金 融 機 関 及 び 所 轄 庁 等 が 考 えられる 寄 附 者 及 び 補 助 金 交 付 者 は 当 該 法 人 の 行 っている 事 業 に 賛 同 し 対 価 性 のない 取 引 ( 非 交 換 取 引 )として 経 済 的 資 源 を 提 供 する 寄 附 者 及 び 補 助 金 交 付 者 は 寄 附 金 及 び 補 助 金 が 有 効 に 事 業 に 使 用 されることを 望 んでいる 主 として 非 交 換 取 引 により 法 人 の 事 業 活 動 を 維 持 継 続 している 場 合 には 寄 附 者 等 による 経 済 的 資 源 の 提 供 ( 寄 附 等 )が 必 要 不 可 欠 であり 寄 附 者 等 の 自 由 な 意 思 決 定 に 有 用 な 情 報 を 提 供 することが 必 要 となる 用 役 の 利 用 者 は 対 価 性 を 有 する 取 引 ( 交 換 取 引 )を 行 う 者 と 対 価 性 のない 取 引 ( 非 交 換 取 引 )を 行 う 者 とに 区 分 できる 交 換 取 引 を 行 う 当 該 法 人 の 用 役 利 用 者 は 自 らの 対 価 と 用 役 の 比 較 及 び 取 引 の 安 全 性 を 考 慮 することとなる 非 交 換 取 引 として の 用 役 利 用 者 は 用 役 が 受 けられること 及 びその 用 役 が 継 続 的 に 受 けられるか 否 かに ついて 関 心 がある 管 理 者 ( 理 事 者 ) 及 び 従 業 員 は 自 らの 役 務 に 対 する 対 価 を 考 慮 した 上 で 当 該 法 人 と 取 引 関 係 となる 雇 用 等 の 継 続 性 及 び 昇 給 の 可 能 性 等 に 関 心 がある また ボラン ティアとして 役 務 を 提 供 する 場 合 には 当 該 法 人 の 事 業 に 賛 同 する 寄 附 者 等 と 同 様 に 非 交 換 取 引 を 行 う 者 として 区 分 できる 納 入 業 者 は 取 引 の 安 全 性 について 関 心 があり 当 該 法 人 へ 貸 付 けを 行 っている 金 融 機 関 は 当 該 資 金 の 回 収 可 能 性 に 関 心 がある - 4 -

6 また 所 轄 庁 は 当 該 法 人 が 設 立 趣 旨 に 基 づいた 事 業 活 動 を 行 っていることについて 関 心 がある 上 記 の 利 害 関 係 者 のうち 非 営 利 法 人 会 計 では 法 人 の 情 報 を 容 易 に 入 手 すること ができない 外 部 の 利 害 関 係 者 を 対 象 とする 財 務 会 計 を 基 本 に 考 察 する ここで 法 人 の 非 営 利 活 動 が 継 続 的 に 行 われるためには 経 済 的 資 源 提 供 者 の 継 続 的 な 意 思 決 定 が 当 該 法 人 に 行 われる 必 要 がある したがって 非 営 利 法 人 会 計 の 財 務 報 告 の 目 的 は 外 部 の 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 資 する 情 報 を 提 供 することであると 考 える( 注 5) 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 有 用 な 財 務 報 告 として 具 備 すべきものには 法 人 の 提 供 する 用 役 及 び 用 役 提 供 能 力 の 継 続 性 について 評 価 できる 情 報 であることが 挙 げら れる 寄 附 者 等 は 法 人 の 行 う 事 業 活 動 に 賛 同 し 当 該 事 業 に 有 効 に 使 用 されること 当 該 事 業 の 一 助 となることを 期 待 して 経 済 的 資 源 ( 寄 附 金 等 )を 提 供 する 法 人 が 用 役 を 提 供 するために 利 用 された 経 済 的 資 源 と 提 供 した 用 役 の 状 況 及 び 用 役 提 供 能 力 の 継 続 性 について 把 握 できる 財 務 情 報 が 意 思 決 定 に 有 用 な 情 報 であるといえる 同 様 の 情 報 は 交 換 取 引 による 経 済 的 資 源 提 供 者 にとっても 取 引 の 意 思 決 定 に 有 用 な 情 報 である 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 有 用 な 財 務 報 告 としては さらに 法 人 の 管 理 者 の 受 託 責 任 が 明 確 となる 情 報 及 び 業 績 の 評 価 に 役 立 つ 情 報 が 挙 げられる 非 交 換 取 引 によ って 提 供 された 経 済 的 資 源 に 対 して 法 人 の 管 理 者 は 受 託 責 任 を 負 っており 業 績 の 評 価 に 役 立 つ 財 務 情 報 は 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 有 用 な 情 報 であるといえる このような 情 報 は 経 済 的 資 源 提 供 者 以 外 の 情 報 利 用 者 のニーズも 満 たすものであ ると 考 える 以 上 の 財 務 報 告 の 目 的 の 考 察 から 財 務 会 計 としての 非 営 利 法 人 会 計 は 経 済 的 資 源 の 状 況 ( 資 産 負 債 及 び 純 資 産 )を 把 握 できる 情 報 であること 経 済 的 資 源 の 流 入 ( 収 益 又 は 収 入 ) 流 出 ( 費 用 損 失 又 は 支 出 )を 把 握 できる 情 報 であることが 必 要 となる さらに 法 人 の 管 理 者 による 説 明 により これらの 情 報 が 補 完 されることと なる 財 務 報 告 の 目 的 を 考 察 すると 企 業 会 計 における 財 務 会 計 の 概 念 フレームワー ク ( 企 業 会 計 基 準 委 員 会 2006 年 12 月 )と 非 営 利 法 人 会 計 の 概 念 フレームワーク を 積 極 的 に 区 別 する 理 由 はないものと 思 われる 財 務 報 告 の 目 的 を 達 成 することに よって 経 済 的 資 源 提 供 者 又 は 投 資 家 による 意 思 決 定 に 有 用 な 財 務 情 報 が 提 供 され 経 済 的 資 源 の 効 率 的 な 配 分 が 促 進 される 点 でも 同 様 といえる (4) 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク への 依 拠 と 会 計 基 準 のあり 方 非 営 利 法 人 会 計 の 財 務 報 告 の 目 的 から 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 資 する 財 務 情 報 は 企 業 会 計 における 投 資 家 の 投 資 意 思 決 定 に 有 用 な 財 務 情 報 と 基 本 的 に 異 ならないことが 考 察 された 以 上 から 非 営 利 法 人 会 計 についても 会 計 情 報 の 質 的 特 性 ( 注 6) 財 務 諸 表 の 構 成 要 素 ( 注 7) 及 び 財 務 諸 表 における 認 識 と 測 定 ( 注 8)については 財 務 会 計 の 概 念 - 5 -

7 フレームワーク に 依 拠 できることとなる ただし 民 間 非 営 利 法 人 として 社 員 等 に よる 持 分 のない 法 人 は 財 務 諸 表 の 構 成 要 素 のうち 純 資 産 が 企 業 会 計 と 異 なる 概 念 フレームワーク から 会 計 基 準 が 導 き 出 されることになるが 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク に 依 拠 することが 可 能 であるため 非 営 利 法 人 の 会 計 基 準 もその 多 くが 企 業 会 計 の 基 準 に 依 拠 することが 可 能 となる 非 営 利 法 人 の 会 計 基 準 としては 企 業 会 計 に 依 拠 できる 箇 所 については 重 複 記 載 を 避 け 依 拠 する 旨 の 包 括 的 な 記 述 を 行 い 企 業 会 計 とは 異 なり 個 別 に 規 定 すべきものについて 記 載 を 行 う 整 理 が 必 要 であ ると 考 える (5) 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 意 義 と 非 営 利 法 人 会 計 財 務 報 告 の 目 的 を 達 成 する 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 )として 企 業 会 計 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 がある 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク では 財 務 報 告 の 対 象 とすべき 項 目 を 明 確 にするために 財 務 諸 表 の 構 成 要 素 について 定 義 している( 注 7) ここで キャッシュ フロー 計 算 書 は これらを 補 完 する 役 割 を 果 たすものであり 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 のような 構 成 要 素 に 相 当 するものがないとして 検 討 対 象 から 外 している 非 営 利 法 人 会 計 における 財 務 報 告 の 目 的 を 達 成 する 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 )も 企 業 会 計 と 同 様 と 考 えられ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 ( 正 味 財 産 増 減 計 算 書 又 は 消 費 収 支 計 算 書 等 がこれに 相 当 する )であるといえる キャッシュ フロー 計 算 書 についても 企 業 会 計 と 同 様 に 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 を 補 完 す る 役 割 を 果 たしている 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク では 財 務 諸 表 の 構 成 要 素 として 資 産 負 債 純 資 産 株 主 資 本 包 括 利 益 純 利 益 収 益 及 び 費 用 の8つを 挙 げている 非 営 利 法 人 会 計 においても 基 本 的 に 同 様 と 考 えられるが 明 らかに 異 なるのは 純 資 産 の 内 容 で ある 純 資 産 は 資 産 と 負 債 の 差 額 であり 非 営 利 法 人 会 計 においても 企 業 会 計 と 同 様 であ る しかし 営 利 法 人 では 株 主 による 持 分 が 存 在 しているために 企 業 会 計 の 純 資 産 は 株 主 資 本 とそれ 以 外 の 部 分 に 区 分 する また 株 主 資 本 以 外 の 部 分 は 子 会 社 の 少 数 株 主 との 直 接 取 引 で 発 生 した 部 分 及 び 投 資 のリスクから 解 放 された 部 分 のうち 子 会 社 の 少 数 株 主 に 割 り 当 てられた 部 分 企 業 の 将 来 の 所 有 者 となり 得 るオプションの 所 有 者 との 直 接 的 な 取 引 で 発 生 した 部 分 投 資 のリスクから 解 放 されていない 部 分 をい う 社 員 等 による 持 分 のない 非 営 利 法 人 の 純 資 産 は 法 人 に 帰 属 する 部 分 と 法 人 に 帰 属 しない 部 分 に 区 分 することができる 法 人 に 帰 属 しない 部 分 は リスクから 解 放 され ていない 投 資 の 成 果 などであり 企 業 会 計 と 同 様 である 法 人 に 帰 属 する 部 分 につい ては 寄 附 者 等 の 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 を 反 映 した 区 分 を 行 うことが 必 要 であり 管 理 者 の 受 託 責 任 を 解 明 することとなる 寄 附 者 等 の 意 思 により 永 久 制 限 純 資 産 (Permanently restricted net assets) 及 び 一 時 制 限 純 資 産 (Temporarily restricted - 6 -

8 net assets)の 区 分 を 設 け それ 以 外 の 法 人 に 帰 属 する 部 分 を 無 制 限 純 資 産 (Unrestricted net assets)とする 方 法 ( ( 参 考 ) 純 資 産 の 部 の 表 示 方 法 ( 法 人 に 帰 属 する 部 分 ) )がある( 注 9) 永 久 制 限 純 資 産 は 当 該 法 人 に 永 久 的 に 維 持 することを 意 図 した 寄 附 金 等 であり 金 融 資 産 又 は 土 地 等 で 維 持 される 一 時 制 限 純 資 産 は 複 数 年 度 にわたって 使 用 することを 意 図 した 寄 附 金 等 が 計 上 されることとなる 寄 附 金 等 の 意 思 に 制 限 のないもの 及 び 事 業 収 益 の 残 額 は 無 制 限 純 資 産 となる 公 益 法 人 会 計 基 準 では 基 本 的 に 上 記 の 考 え 方 を 取 り 入 れ 実 務 的 な 面 も 考 慮 して 寄 附 者 等 の 意 思 が 複 数 年 度 以 上 にわたるものについては 指 定 正 味 財 産 として 区 分 を 行 い それ 以 外 を 一 般 正 味 財 産 としている 非 営 利 法 人 会 計 としての 基 本 的 な 考 え 方 として 寄 附 者 等 ( 経 済 的 資 源 提 供 者 )の 意 思 を 反 映 した 区 分 を 行 うことが 必 要 であるといえる ここで 無 制 限 純 資 産 は 寄 附 者 等 の 意 思 がない 純 資 産 であるが すべて 余 剰 を 意 味 するものでは 決 してない 法 人 が 非 営 利 活 動 を 行 うためには 事 業 の 種 類 に 応 じた 必 要 な 純 資 産 を 確 保 することが 極 めて 重 要 であり この 確 保 によって 法 人 の 事 業 を 継 続 することが 可 能 となる 必 要 な 純 資 産 であることを 表 示 する 方 法 としては 様 々な 方 法 が 考 えられる 無 制 限 純 資 産 の 内 訳 として 例 えば 企 業 会 計 での 任 意 積 立 金 に 相 当 するものを 確 保 する 方 法 ( ( 参 考 ) 無 制 限 純 資 産 の 表 示 方 法 1 ) 借 方 の 資 産 と 結 び 付 けて 特 定 資 産 相 当 額 を 表 示 する 方 法 ( ( 参 考 ) 無 制 限 純 資 産 の 表 示 方 法 2 )など が 考 えられる また 非 営 利 法 人 における 純 資 産 の 区 分 として 法 人 が 事 業 を 継 続 するために 維 持 すべき 純 資 産 の 基 準 値 を 示 すことも 必 要 であるとする 意 見 もある ( 参 考 ) 純 資 産 の 部 の 表 示 方 法 ( 法 人 に 帰 属 する 部 分 ) 純 資 産 の 部 1. 永 久 制 限 純 資 産 2. 一 時 制 限 純 資 産 3. 無 制 限 純 資 産 純 資 産 合 計 ( 参 考 ) 無 制 限 純 資 産 の 表 示 方 法 1 3. 無 制 限 純 資 産 (1) 任 意 積 立 金 積 立 金 積 立 金 任 意 積 立 金 計 (2) 次 期 繰 越 金 無 制 限 純 資 産 計 - 7 -

9 ( 参 考 ) 無 制 限 純 資 産 の 表 示 方 法 2 3. 無 制 限 純 資 産 (うち 積 立 資 産 ) ( ) (うち ) ( ) (6) 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 のボトムラインの 意 義 と 非 営 利 法 人 会 計 非 営 利 法 人 会 計 における 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 は 純 利 益 を 計 算 することに 重 点 があるのではなく その 行 った 事 業 活 動 の 内 容 を 示 すことに 重 点 が 置 かれる 収 益 と 費 用 項 目 の 規 模 及 びその 構 成 を 示 すことが 重 要 となる この 点 から 企 業 会 計 と 同 様 の 損 益 計 算 書 の 名 称 を 使 用 することに 抵 抗 を 持 つ 意 見 もある 寄 附 者 等 の 意 思 に 基 づいた 純 資 産 の 区 分 を 行 うのと 同 様 に 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 においても 寄 附 者 等 の 意 思 に 基 づいて 区 分 し 表 示 することが 管 理 者 の 受 託 責 任 を 解 明 することとなる ここで 寄 附 金 等 は 基 本 的 に 寄 附 者 等 の 持 分 を 離 れ 法 人 に 帰 属 するものであるため 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 に 計 上 されることとなる ただし 無 条 件 に 当 該 法 人 に 帰 属 するものではなく 使 途 について 寄 附 者 等 の 意 思 が 反 映 される ことが 必 要 であり それを 開 示 することが 重 要 となる 開 示 方 法 としては 寄 附 者 等 の 意 思 を 反 映 した 区 分 別 に 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 を ( 参 考 ) 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 1 のように 表 示 する 方 法 と ( 参 考 ) 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 2 の 方 法 等 が 考 え られる( 注 9) この 場 合 法 人 全 体 の 活 動 状 況 は 合 計 額 によって 概 括 的 に 把 握 される こととなる 制 限 解 除 による 振 替 額 の 処 理 は 一 時 制 限 純 資 産 に 計 上 されている 金 額 のうち 寄 附 者 等 の 意 思 に 従 って 使 用 された 部 分 を 無 制 限 純 資 産 増 減 の 部 へ 振 り 替 えることによ って 寄 附 者 等 の 制 限 を 解 くこととなる 寄 附 金 等 によって 取 得 した 減 価 償 却 資 産 の 場 合 使 用 に 応 じて 減 価 償 却 費 が 計 上 される 当 該 金 額 が 一 時 制 限 純 資 産 の 部 から 無 制 限 純 資 産 の 部 へ 振 り 替 えられる 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 のボトムラインとしての 純 利 益 の 内 容 については 企 業 会 計 と 同 様 であるが 非 営 利 法 人 は 営 利 を 目 的 としていないため 用 語 として 純 利 益 を 使 用 することに 抵 抗 がある 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 のボトムラインは 純 資 産 の 増 減 を 意 味 することとなるため 損 益 差 額 又 は 純 資 産 増 減 額 等 ( 実 際 に 使 用 されている 用 語 は 当 期 正 味 財 産 増 減 額 及 び 当 年 度 消 費 収 入 超 過 額 又 は 当 年 度 消 費 支 出 超 過 額 等 がある )が 適 切 であると 考 える ただし 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 のボトムラインに 意 味 がないことではない 法 人 の 短 期 的 な 用 役 提 供 能 力 を 示 すものとして 黒 字 であることが 望 ましいことは 当 然 で ある また 短 期 的 に 赤 字 であっても その 他 の 指 標 により 長 期 的 に 用 役 提 供 能 力 の 継 続 性 に 問 題 がないことを 示 す 財 務 諸 表 の 体 系 が 確 保 されていることが 重 要 となる 長 期 的 な 趨 勢 から 黒 字 となることが 見 込 まれること 純 資 産 の 額 から 短 期 的 な 赤 字 は 用 役 提 供 能 力 の 継 続 性 に 問 題 のないことが 分 析 的 に 把 握 できることが 必 要 である また 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 は 企 業 会 計 に 準 じた 区 分 計 算 を 行 うことによって - 8 -

10 管 理 者 の 業 績 評 価 及 び 当 該 法 人 の 効 率 性 も 表 示 できるものと 思 われる 例 えば 経 常 損 益 と 経 常 外 損 益 に 分 ける 等 の 区 分 計 算 が 有 効 であると 考 える なお 貸 借 対 照 表 の 無 制 限 純 資 産 を 企 業 会 計 と 同 様 に 任 意 積 立 金 として 区 分 する 場 合 には 任 意 積 立 金 繰 入 額 を 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 の 末 尾 に 続 けて 表 示 する 方 法 等 が 考 えられる( ( 参 考 ) 無 制 限 純 資 産 増 減 の 部 に 任 意 積 立 金 繰 入 額 等 を 表 示 する 方 法 ) ( 参 考 ) 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 1 科 目 金 額 Ⅰ 合 計 純 資 産 増 減 の 部 1. 収 益 の 部 受 取 寄 付 金 事 業 収 益 収 益 の 部 合 計 2. 費 用 及 び 損 失 の 部 事 業 費 管 理 費 費 用 及 び 損 失 の 部 合 計 当 期 純 資 産 増 減 合 計 額 Ⅱ 無 制 限 純 資 産 増 減 の 部 1. 収 益 の 部 受 取 寄 付 金 事 業 収 益 制 限 解 除 による 振 替 額 収 益 の 部 合 計 2. 費 用 及 び 損 失 の 部 事 業 費 管 理 費 費 用 及 び 損 失 の 部 合 計 当 期 無 制 限 純 資 産 増 減 額 Ⅲ 一 時 制 限 純 資 産 増 減 の 部 - 9 -

11 1. 収 益 の 部 受 取 寄 付 金 制 限 解 除 による 振 替 額 ( ) 収 益 の 部 合 計 2. 費 用 及 び 損 失 の 部 費 用 及 び 損 失 の 部 合 計 当 期 一 時 制 限 純 資 産 増 減 額 Ⅳ 永 久 制 限 純 資 産 増 減 の 部 1. 収 益 の 部 受 取 寄 付 金 収 益 の 部 合 計 2. 費 用 及 び 損 失 の 部 費 用 及 び 損 失 の 部 合 計 当 期 永 久 制 限 純 資 産 増 減 額 ( 参 考 ) 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 2 科 目 無 制 限 一 時 制 限 永 久 制 限 合 計 1. 収 益 の 部 受 取 寄 付 金 事 業 収 益 制 限 解 除 による 振 替 額 ( ) 収 益 の 部 合 計 2. 費 用 及 び 損 失 の 部 事 業 費 管 理 費 費 用 及 び 損 失 の 部 合 計 当 期 純 資 産 増 減 額

12 ( 参 考 ) 無 制 限 純 資 産 増 減 の 部 に 任 意 積 立 金 繰 入 額 等 を 表 示 する 方 法 Ⅱ 無 制 限 純 資 産 増 減 の 部 当 期 無 制 限 純 資 産 増 減 額 前 期 繰 越 金 合 計 積 立 金 繰 入 額 次 期 繰 越 金 (7) 特 別 会 計 と 連 結 財 務 諸 表 非 営 利 法 人 会 計 では 行 っている 事 業 ごとにその 活 動 状 況 を 開 示 することが 重 要 と なる そのために 特 別 会 計 を 設 けて 各 事 業 活 動 の 収 益 又 は 費 用 の 規 模 及 び 構 成 を 示 す ことが 必 要 となる 場 合 がある 法 人 全 体 としては 合 算 した 財 務 諸 表 を 示 すことによ り 法 人 の 概 要 が 把 握 できることとなる 連 結 財 務 諸 表 は 支 配 従 属 関 係 にある2 以 上 の 法 人 からなる 法 人 集 団 を 単 一 の 組 織 体 とみなして 支 配 法 人 が 当 該 法 人 集 団 の 財 政 状 態 及 び 純 資 産 の 増 減 の 状 況 ( 事 業 活 動 の 状 況 )を 総 合 的 に 報 告 するために 作 成 されるものであり 非 営 利 法 人 会 計 において も 今 後 導 入 されることが 望 ましいと 考 えられる なお 連 結 の 範 囲 及 び 連 結 の 方 法 等 については 更 に 検 討 を 要 すべき 課 題 である 3. 展 望 以 下 に 掲 げた 事 項 を 踏 まえて 非 営 利 法 人 会 計 制 度 の 再 構 築 を 行 うことが 望 まれる (1) 非 営 利 組 織 ( 非 営 利 法 人 )における 会 計 基 準 の 考 え 方 について 検 討 してきたが 財 務 報 告 の 目 的 を 達 成 する 財 務 諸 表 は 非 営 利 法 人 と 営 利 法 人 を 明 確 に 区 別 する 積 極 的 意 義 はないものと 考 える 財 務 会 計 の 枠 組 みとしての 非 営 利 法 人 会 計 は 主 として 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 有 用 な 情 報 を 提 供 することを 目 的 としており 一 方 企 業 会 計 では 投 資 家 の 投 資 意 思 決 定 に 有 用 な 財 務 報 告 を 行 うことを 目 的 としている このような 目 的 を 達 成 する 財 務 報 告 を 行 うことによって 他 の 利 害 関 係 者 の 情 報 ニー ズも 満 たすことが 考 察 された 企 業 会 計 と 目 的 は 異 なるが 財 務 報 告 の 主 目 的 を 達 成 するためには 同 様 の 財 務 情 報 が 必 要 であることが 考 察 された したがって 会 計 の 計 算 構 造 は 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 によるも のとなり 財 務 諸 表 の 体 系 についても 基 本 的 に 企 業 会 計 と 異 ならない なお 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 の 名 称 については 検 討 を 要 するとする 意 見 もあるが 体 系 が 異 な るものではない (2) 非 営 利 法 人 の 会 計 基 準 は 企 業 会 計 との 整 合 性 を 持 ちつつ 非 営 利 法 人 固 有 の 事 象 について 検 討 すべきである 企 業 会 計 の 基 準 との 重 複 規 定 を 避 け 企 業 会 計 と 異 なる 箇 所 について 規 定 を 行 うことが 望 ましいと 考 える また 会 計 基 準 の 設 定 については

13 独 立 した 統 一 の 設 定 主 体 によって 行 われることが 望 まれる (3) 社 員 等 による 持 分 のある 法 人 については 企 業 会 計 と 異 ならないと 考 えられ 当 該 法 人 の 事 業 内 容 に 則 した 会 計 処 理 及 び 表 示 について 検 討 することとなる 社 員 等 によ る 持 分 のない 法 人 については 純 資 産 の 区 分 が 企 業 会 計 と 異 なる 純 資 産 のうち 法 人 に 帰 属 する 部 分 を 経 済 的 資 源 提 供 者 である 寄 附 者 等 の 意 思 を 反 映 した 区 分 とするこ とが 必 要 であると 考 える (4) 企 業 会 計 で 導 入 されている 会 計 基 準 については 基 本 的 には 非 営 利 法 人 会 計 に 採 用 されるべきものと 考 える ただし 営 利 を 目 的 としていないことから 事 業 における 収 益 性 が 必 ずしも 重 要 とならない 場 合 があり 投 下 資 金 の 回 収 を 前 提 としない 場 合 も ある したがって 減 損 会 計 等 については 別 途 検 討 する 必 要 があるものと 考 える 今 日 我 が 国 における 民 間 非 営 利 法 人 の 数 は 膨 大 なものとなっている その 事 業 活 動 の 影 響 も 国 民 生 活 において 重 要 な 位 置 を 占 めているといえる この 研 究 資 料 が 国 民 生 活 の 一 翼 を 担 う 民 間 非 営 利 法 人 の 会 計 基 準 等 を 設 定 及 び 改 正 する 場 合 における 参 考 とされ 我 が 国 における 非 営 利 法 人 会 計 の 発 展 に 寄 与 することを 期 待 する 補 論. 非 営 利 法 人 と 予 算 (1) 予 算 の 意 義 と 非 営 利 法 人 会 計 予 算 は 計 画 機 能 調 整 機 能 及 び 統 制 機 能 を 有 する 管 理 会 計 として 有 効 な 手 段 であり コーポレートガバナンスを 担 う 手 段 である 非 営 利 法 人 会 計 では 予 算 準 拠 性 が 重 視 され 管 理 者 の 業 務 執 行 は 予 算 に 基 づいて 行 われるべきであるとされている 我 が 国 の 民 間 非 営 利 法 人 のうち 非 交 換 取 引 によ って 経 済 的 資 源 を 得 る 法 人 では 補 助 金 が 果 たす 役 割 が 非 常 に 大 きなものとなってい る そのため 非 営 利 法 人 会 計 においても 予 算 は 公 会 計 と 同 様 に 極 めて 重 要 な 機 能 を 果 たしているといえる 非 営 利 法 人 会 計 においても 予 算 と 決 算 実 績 を 対 比 した 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 )が 作 成 され 公 表 されてきた しかし 民 間 非 営 利 法 人 の 枠 組 みの 中 には 主 として 交 換 取 引 により 事 業 活 動 を 行 い 継 続 している 法 人 も 多 数 存 在 する また 公 的 部 門 では 強 制 的 に 徴 収 される 税 金 の 使 用 に 係 る 問 題 であるために 予 算 の 重 要 度 は 民 間 非 営 利 法 人 とは 明 らかに 異 なる 公 的 部 門 の 経 済 的 資 源 提 供 者 である 納 税 者 は 納 税 に 関 する 意 思 決 定 を 行 うものでは ない 民 間 非 営 利 法 人 への 補 助 金 交 付 については 交 付 手 続 に 基 づいて 担 当 官 等 の 審 査 等 が 行 われ その 結 果 についても 個 別 に 報 告 が 行 われる 寄 附 金 も 強 制 的 に 徴 収 さ れるものではなく 寄 附 者 による 自 由 な 意 思 決 定 が 行 われた 結 果 として 提 供 される 以 上 から 必 ずしもすべての 非 営 利 法 人 が 予 算 と 決 算 実 績 を 対 比 した 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 )を 作 成 し 公 表 すべきであるとは 考 えない (2) 予 算 と 収 支 計 算 非 営 利 法 人 において 予 算 は 収 支 予 算 として 設 定 される 場 合 が 多 い 予 算 は 事 業 計

14 画 に 基 づき 計 数 的 に 表 したものであり 事 業 の 形 態 に 応 じた 予 算 の 設 定 が 必 要 である 法 人 の 収 益 ( 収 入 )が 主 として 非 交 換 取 引 により 確 保 されている 場 合 法 人 の 予 算 の 重 点 は 支 出 予 算 に 向 けられることが 多 い 確 保 される 収 入 予 算 に 基 づいて 支 出 規 模 が 決 まる このような 場 合 予 算 は 収 支 予 算 が 適 合 する 予 算 は 実 績 と 対 比 することが 必 要 となる 収 支 予 算 を 設 定 している 場 合 には 収 支 計 算 を 実 績 として 作 成 する 必 要 がある 主 として 交 換 取 引 を 行 う 法 人 の 場 合 予 算 は 損 益 予 算 が 適 合 することが 多 い 法 人 の 投 下 する 費 用 に 応 じて 収 益 の 変 化 が 予 想 されるため 損 益 予 算 として 両 面 を 考 慮 す る 必 要 がある これは 営 利 法 人 ( 企 業 )における 予 算 と 同 様 である この 場 合 損 益 予 算 でカバーされない 投 資 活 動 予 算 及 び 財 務 活 動 予 算 を 別 途 作 成 することとなる 予 算 と 対 比 される 実 績 は 損 益 計 算 であり 投 資 活 動 実 績 及 び 財 務 活 動 実 績 も 必 要 となる (3) 予 算 とコーポレートガバナンス 民 間 非 営 利 法 人 において 予 算 は コーポレートガバナンスに 欠 くことのできない 統 制 手 段 といえる 予 算 の 承 認 権 者 に 対 して 実 績 を 対 比 し 報 告 する 必 要 がある 予 算 の 承 認 権 者 は 管 理 者 の 予 算 執 行 状 況 について 承 認 権 限 を 持 つのは 当 然 である 非 営 利 法 人 では 予 算 及 びその 執 行 状 況 の 承 認 権 者 は 理 事 会 評 議 員 会 社 員 総 会 等 にある (4) 外 部 報 告 目 的 会 計 と 予 算 民 間 非 営 利 法 人 において 予 算 はコーポレートガバナンスの 手 段 として 管 理 会 計 に 位 置 付 けられる 財 務 会 計 としての 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 )と 予 算 は 次 元 の 異 なるものといえる その 情 報 開 示 については 財 務 会 計 とは 切 り 離 した 外 部 報 告 目 的 会 計 を 別 途 検 討 する 必 要 がある 寄 附 金 を 幅 広 く 募 集 し 事 業 活 動 を 行 う 法 人 の 場 合 集 めた 寄 附 金 がどのように 使 用 されるのか 予 算 を 示 して 説 明 することがより 具 体 的 であり 共 感 が 得 やすいものと 考 える 予 算 と 実 績 を 対 比 した 報 告 書 を 開 示 することも 同 様 に 有 用 な 情 報 といえる また 法 人 税 の 優 遇 措 置 を 受 けている 法 人 は 優 遇 措 置 が 妥 当 であることを 示 すた めにも 広 く 国 民 に 予 算 及 びその 実 績 を 報 告 する 必 要 があるものと 考 える 民 間 非 営 利 法 人 は 財 務 会 計 の 枠 組 みとして 利 害 関 係 者 特 に 経 済 的 資 源 提 供 者 に 対 して 説 明 責 任 があるものと 考 えられる 寄 附 金 により 事 業 活 動 を 行 っている 法 人 及 び 法 人 税 の 優 遇 措 置 を 受 けている 非 営 利 法 人 については さらに 予 算 及 びその 実 績 を 示 す 公 的 責 任 があると 考 える この 場 合 開 示 すべき 財 務 情 報 を 財 務 会 計 に 限 定 する ことなく 公 会 計 と 同 様 の 枠 組 みを 持 たせて 予 算 及 びその 実 績 も 示 す 必 要 があるもの と 思 われる 予 算 及 びその 実 績 は 財 務 会 計 の 枠 外 の 外 部 報 告 目 的 会 計 として 公 的 責 任 又 はこれに 準 ずる 責 任 を 開 示 する 報 告 書 として 重 要 な 意 味 を 持 つものと 考 える 上 記 のような 非 営 利 法 人 はコーポレートガバナンスの 担 い 手 として 広 く 国 民 も 対 象 とす

15 べきものと 考 えられ 予 算 及 びその 実 績 を 開 示 することによって 統 制 に 資 すると 思 わ れる また 本 研 究 資 料 の 枠 組 みとは 異 なり 非 営 利 法 人 会 計 は 非 交 換 取 引 により 活 動 を 行 う 法 人 に 限 定 して 考 察 すべきとする 意 見 もある これは 公 会 計 と 同 様 に 考 察 すべ き 立 場 である この 場 合 の 非 営 利 法 人 会 計 は 寄 附 者 等 の 経 済 的 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 資 する 財 務 情 報 として 予 算 と 対 比 した 収 支 計 算 書 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 構 造 の 計 算 書 を 基 本 として 予 算 の 情 報 も 極 めて 重 要 なものとなる 財 務 会 計 の 枠 組 みとは 異 なる 体 系 を 基 本 とすべきとする 意 見 であり この 立 場 からは 非 交 換 取 引 以 外 の 活 動 を 行 う 法 人 については 企 業 会 計 によることとなる (5) 収 支 計 算 書 とキャッシュ フロー 計 算 書 収 支 計 算 書 とキャッシュ フロー 計 算 書 の 構 造 は 類 似 している 資 金 の 範 囲 をキャッ シュ フロー 計 算 書 と 同 一 のものとした 場 合 同 一 の 計 算 書 となる しかし 収 支 計 算 書 は 法 人 の 事 業 運 営 に 適 した 資 金 の 範 囲 を 決 定 することが 可 能 であり 予 算 統 制 に 使 用 できる これに 対 して キャッシュ フロー 計 算 書 は 債 権 債 務 の 残 高 状 況 によって 大 きく 異 なるものであり 予 算 統 制 になじまない キャッシュ フロー 計 算 書 は 会 計 期 間 の 結 果 を 示 す 財 務 諸 表 であるといえる ( 注 1) 現 行 の 公 益 法 人 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 6 月 2 日 法 律 第 48 号 ) 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 6 月 2 日 法 律 第 49 号 ) 及 び 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 6 月 2 日 法 律 第 50 号 )が 平 成 20 年 12 月 1 日 に 施 行 されることにより 施 行 日 後 5 年 間 で 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 又 は 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 へ 移 行 することとなる 移 行 期 間 終 了 までに 移 行 申 請 を 行 わ ない 場 合 は 解 散 することとなる また 有 限 責 任 中 間 法 人 は 上 記 新 制 度 の 施 行 と 同 時 に 一 般 社 団 法 人 となる 無 限 責 任 中 間 法 人 については 新 制 度 施 行 後 1 年 以 内 に 一 般 社 団 法 人 へ 移 行 する 必 要 がある なお 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 では 上 記 公 益 法 人 制 度 改 革 関 連 三 法 を 踏 まえた 公 益 法 人 会 計 基 準 ( 平 成 20 年 4 月 11 日 )を 公 表 している ( 注 2) 私 立 学 校 法 には 会 計 基 準 の 定 めがないが 私 立 学 校 振 興 助 成 法 により 準 拠 すべき とされる 学 校 法 人 会 計 基 準 が 実 務 的 に 普 及 している ( 注 3) 非 営 利 法 人 制 度 の 創 設 に 関 する 試 案 ( 公 益 法 人 制 度 改 革 に 関 する 有 識 者 会 議 非 営 利 法 人 ワーキング グループ 平 成 16 年 10 月 12 日 )では 営 利 ( 剰 余 金 の 分 配 )

16 を 目 的 としない 団 体 に 一 般 的 に 法 人 格 の 機 会 を 与 えることの 意 義 理 念 を 基 本 方 針 としている ( 注 4) 討 議 資 料 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク ( 企 業 会 計 基 準 委 員 会 2006 年 12 月 ) 第 1 章 財 務 報 告 の 目 的 参 照 ( 注 5) FASB 財 務 会 計 概 念 意 見 書 第 4 号 (Statements of Financial Accounting Concepts No.4) 非 営 利 組 織 体 の 財 務 報 告 の 基 本 目 的 (Objectives of Financial Reporting by Nonbusiness Organizations)1980 年 12 月 では 資 源 提 供 者 の 意 思 決 定 に 有 用 な 情 報 であることを 要 求 している ( 注 6) 討 議 資 料 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク ( 企 業 会 計 基 準 委 員 会 2006 年 12 月 ) 第 2 章 会 計 情 報 の 質 的 特 性 では 基 本 的 な 特 性 は 意 思 決 定 有 用 性 にあり 意 思 決 定 有 用 性 を 支 える 特 性 として 意 思 決 定 との 関 連 性 及 び 信 頼 性 を 挙 げている また 会 計 情 報 が 有 用 であるために 必 要 とされる 一 般 的 制 約 となる 特 性 として 内 的 整 合 性 と 比 較 可 能 性 を 挙 げている ( 注 7) 討 議 資 料 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク ( 企 業 会 計 基 準 委 員 会 2006 年 12 月 ) 第 3 章 財 務 諸 表 の 構 成 要 素 参 照 ( 注 8) 討 議 資 料 財 務 会 計 の 概 念 フレームワーク ( 企 業 会 計 基 準 委 員 会 2006 年 12 月 ) 第 4 章 財 務 諸 表 における 認 識 と 測 定 では 認 識 の 契 機 及 び 認 識 に 求 められる 蓋 然 性 を 挙 げ 資 産 負 債 収 益 及 び 費 用 の 測 定 について 考 察 されている ( 注 9)FASB 財 務 会 計 基 準 書 第 117 号 (Statements of Financial Accounting Standards No.117) 非 営 利 組 織 体 の 財 務 諸 表 (Financial Statements of Not-for-Profit Organizations)1993 年 6 月 以 上

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方 1. 保 険 業 の 定 義 から 除 かれるもの 関 係 都 道 府 県 県 単 位 のPTA 連 合 会 が 設 立 した 互 助 会 による 共 済 についても 適 用 除 外 とすべき 各 団 体 が 構 成 員 のために 運 営 する 自 主 的 な 共 済 制 度 を 適 用 除 外 とすること 構 成 員 が 真 に 限 定 されているものについては 特 定 の 者 を 相 手 方 とする

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

第1四半期決算要旨

第1四半期決算要旨 2017 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 要 旨 2016 2016 年 4 月 1 日 から 年 6 月 30 日 まで 平 成 29 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 米 国 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 4 日 上 場 会 社 名 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 名 札 福 コード 番 号 7203 URL http://www.toyota.co.jp

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 北 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 91 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 かわでん 英 訳 名 KAWADEN

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

四半期報告書

四半期報告書 四 半 期 報 告 書 ( 第 44 期 第 3 四 半 期 ) 自 平 成 27 年 10 月 1 日 至 平 成 27 年 12 月 31 日 目 次 表 紙 1 頁 第 一 部 企 業 情 報 2 第 1 企 業 の 概 況 2 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 2 2 事 業 の 内 容 2 第 2 事 業 の 状 況 3 1 事 業 等 のリスク 3 2 経 営 上 の 重

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information