(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)"

Transcription

1 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア

2

3 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成 の 手 続 等 について 湾 法 で 定 義 されており 湾 管 理 者 である 東 京 都 が 定 めることとなっている また 湾 計 画 は 湾 の 開 発 利 用 及 び 保 全 等 に 関 する 基 本 的 事 項 を 定 めるもので 地 方 湾 審 議 会 の 議 を 経 て 策 定 される( 湾 法 条 の) (P.18 図 1 参 照 ) 東 京 都 は 昭 和 1 年 の 東 京 湾 計 画 を 策 定 後 一 連 の 計 画 の 改 訂 を 経 て 平 成 18 年 月 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 を 公 示 した 6 次 改 訂 湾 計 画 までの 概 要 は 以 下 のとおりである 東 京 湾 計 画 策 定 の 経 緯 策 定 年 月 目 標 年 次 主 な 基 本 方 針 主 な 計 画 事 項 主 な 一 部 変 更 事 項 東 京 昭 和 1 年 はしけから 岸 壁 扱 いへ 転 換 産 業 の 発 展 民 生 の 福 祉 計 画 貨 物 量 1,400 万 トン 晴 海 豊 洲 品 川 ふ 頭 の 開 発 昭 和 40 年 に 対 応 航 路 の 変 更 湾 4 月 適 正 業 種 の 工 場 誘 致 と 埋 計 画 立 地 の 高 度 利 用 東 京 改 昭 和 6 年 物 資 供 給 近 代 化 のための 積 極 的 湾 施 設 の 拡 充 東 京 の 都 市 構 造 を 改 善 す るための 都 市 交 通 の 整 計 画 貨 物 量 4,750 万 トン 大 井 品 川 等 内 外 貿 ふ 頭 月 島 漁 業 基 地 の 整 備 埋 立 地 造 成 計 画 訂 昭 和 45 年 備 (2,24ha) 月 湾 機 能 の 確 保 と 都 市 開 大 井 品 川 火 力 発 電 所 湾 計 画 発 のための 埋 立 地 の 早 期 開 発 一 二 航 路 計 画

4 策 定 年 月 目 標 年 次 主 な 基 本 方 針 主 な 計 画 事 項 主 な 一 部 変 更 事 項 流 通 の 中 心 的 機 能 として 計 画 貨 物 量 6,750 万 トン 大 井 コンテナふ 頭 の 整 備 二 次 改 訂 湾 計 画 昭 和 41 年 月 昭 和 50 年 の 総 合 的 湾 の 建 設 国 際 貿 易 湾 としての 整 備 既 成 市 街 地 の 再 開 発 に 寄 与 する 埋 立 地 の 造 成 開 発 大 井 1 号 外 貿 ふ 頭 東 西 中 央 防 波 堤 一 二 三 航 路 計 画 1/4 円 埋 立 地 計 画 ( 概 ね 現 在 の 埋 立 形 状 ) 10 号 その2フェリーふ 頭 の 整 備 大 井 食 品 ふ 頭 の 増 強 中 防 内 側 処 分 場 大 井 ふ 頭 (その2) 廃 棄 物 処 分 場 10 号 地 (その1) 鉄 鋼 ふ 頭 変 更 砂 町 下 水 処 理 場 拡 張 埋 立 中 防 外 羽 田 沖 処 分 場 12 号 地 岸 壁 変 更 12 号 地 木 材 投 下 泊 地 防 波 堤 投 下 泊 地 法 線 変 更 平 和 島 運 河 一 部 埋 立 三 次 改 訂 湾 計 画 昭 和 51 年 月 昭 和 55 年 広 域 な 背 後 圏 の 物 資 流 動 軸 の 役 割 を 果 たす 都 民 生 活 に 密 着 した 湾 の 形 成 湾 関 連 諸 施 設 の 新 埋 立 地 での 重 点 的 整 備 旧 地 区 再 開 発 海 洋 レクリエーションに 対 応 した 水 際 線 の 確 保 計 画 貨 物 量 8,70 万 トン 竹 芝 日 の 出 ふ 頭 再 開 発 計 画 青 海 コンテナふ 頭 の 整 備 西 海 浜 公 園 の 整 備 15 号 地 マリーナの 整 備 勝 島 運 河 一 部 埋 立 大 井 その2 建 材 ふ 頭 一 部 を 専 用 化 15 号 地 建 材 ふ 頭 15 号 地 危 険 物 取 扱 施 設 の 拡 張 15 号 地 マリーナ 変 更 14 号 地 営 団 車 庫 四 次 改 訂 湾 計 画 昭 和 56 年 10 月 平 成 2 年 外 内 貿 機 能 の 充 実 既 設 ふ 頭 再 開 発 道 路 網 の 充 実 廃 棄 物 処 分 場 の 確 保 と 空 利 用 に 資 する 用 地 の 造 成 緑 地 等 環 境 施 設 の 整 備 計 画 貨 物 量 7,650 万 トン 羽 田 沖 廃 棄 物 用 地 を 空 東 京 連 絡 橋 の 整 備 用 地 へ 変 更 竹 芝 日 の 出 芝 浦 ふ 頭 大 井 青 海 コンテナふ 頭 再 開 発 増 深 一 航 路 増 深 羽 田 沖 合 展 開 廃 棄 物 用 地 大 規 模 地 震 対 策 施 設 ( 芝 大 井 (その1)(その2) 浦 等 ) 食 品 ふ 頭 拡 張 有 明 テニスの 森 公 園 15 号 地 原 木 ふ 頭 平 和 島 運 河 一 部 埋 立 東 京 野 鳥 公 園 中 防 内 VOR/DME 外 内 貿 機 能 の 充 実 計 画 貨 物 量 6,820 万 トン 計 画 貨 物 量 変 更 五 次 改 訂 湾 計 画 昭 和 6 年 5 月 平 成 7 年 客 船 ふ 頭 と 賑 わいのある 空 間 の 整 備 親 水 空 間 の 充 実 物 流 施 設 の 移 転 再 配 置 多 心 型 都 市 構 造 への 転 換 効 率 的 体 系 的 交 通 網 の 形 成 湾 施 設 の 耐 震 強 化 青 海 コンテナふ 頭 の 整 備 ( 4バース) 大 井 食 品 ふ 頭 12 号 地 内 貿 雑 貨 ふ 頭 の 整 備 晴 海 客 船 ふ 頭 及 び 客 船 タ ーミナルの 整 備 夢 の 島 マリーナの 整 備 臨 海 副 都 心 の 整 備 東 京 臨 海 道 路 の 整 備 東 京 臨 海 新 交 通 の 整 備 豊 洲 晴 海 ふ 頭 廃 止 一 航 路 の 増 深 8,560 万 トン 新 海 面 処 分 場 豊 洲 晴 海 再 開 発 建 設 発 生 土 積 出 基 地 の 整 備 ( 大 井 その2 中 防 内 ) 大 井 コンテナふ 頭 再 整 備

5 六 次 改 訂 湾 計 画 策 定 年 月 目 標 年 次 主 な 基 本 方 針 主 な 計 画 事 項 主 な 一 部 変 更 事 項 外 内 貿 機 能 を 拡 充 強 化 計 画 貨 物 量 10,000 万 トン 臨 海 副 都 心 及 び 豊 洲 晴 耐 震 性 の 高 い 湾 施 設 を 中 央 防 波 堤 外 側 新 海 面 海 地 区 の 土 地 利 用 計 画 変 拡 充 処 分 場 埋 立 地 に 新 たなコ 更 親 水 空 間 の 拡 充 ンテナふ 頭 を 整 備 豊 洲 1~ 丁 目 の 土 地 利 効 率 的 かつ 体 系 的 な 臨 青 海 ふ 頭 南 端 地 区 に 外 貿 用 計 画 変 更 交 通 網 を 形 成 多 目 的 ふ 頭 を 整 備 15 号 地 中 央 防 波 堤 内 側 大 規 模 な 供 給 処 理 施 設 の 中 央 防 波 堤 内 側 埋 立 地 に 専 用 ふ 頭 平 成 9 年 平 成 17 年 用 地 を 確 保 内 貿 ユニットロードター 10 号 地 その1 大 井 ふ 頭 1 月 防 潮 堤 による 高 潮 対 策 ミナル 大 型 建 材 ふ 頭 その1 臨 道 路 セメントふ 頭 小 型 船 だ 10 号 地 その1 土 地 利 用 計 まりを 整 備 画 変 更 及 び 土 地 造 成 計 画 一 航 路 の 拡 幅 増 深 10 号 地 その1 公 共 ふ 頭 沖 防 波 堤 の 整 備 大 井 ふ 頭 その1 小 型 船 だ 中 央 防 波 堤 外 側 新 海 面 まり 処 分 場 埋 立 地 に 幹 線 臨 道 路 を 整 備 - 7 -

6 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 1 計 画 の 経 緯 湾 整 備 部 計 画 課 平 成 16 年 2 月 に 東 京 都 湾 審 議 会 より 概 ね 20 年 後 を 目 指 し 東 京 が 取 り 組 むべき 方 向 を 示 した 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 の 基 本 方 針 の 答 申 を 受 けた < 東 京 が 取 り 組 むべき 方 向 > 首 都 圏 の 物 流 改 革 をリードするメインポートとして 東 京 を 革 新 首 都 東 京 再 生 のリーディングエリアとして 活 力 と 魅 力 あふれるベイエリアを 形 成 新 時 代 湾 を 切 り 拓 く 櫂 として 湾 間 の 連 携 や 官 民 一 体 となった 取 組 を 推 進 提 言 内 容 は 新 アクションプラン 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 総 合 物 流 ビジョン 等 で 計 画 化 し 速 やかに 実 施 この 基 本 方 針 を 踏 まえ 東 京 の 今 後 の 開 発 利 用 及 び 保 全 の 姿 を 定 めるため 学 識 経 験 者 関 係 行 政 機 関 関 係 団 体 により 構 成 される 湾 計 画 調 査 検 討 委 員 会 において 改 訂 湾 計 画 の 素 案 をとりまとめ 東 京 都 湾 審 議 会 に 中 間 報 告 を 行 うとともにパブリックコメント 等 を 実 施 した 本 計 画 は これらの 議 論 や 意 見 等 を 踏 まえ 平 成 17 年 12 月 の 東 京 都 湾 審 議 会 の 議 を 経 て 策 定 された 計 画 である ( 平 成 18 年 月 公 示 ) 計 画 の 概 要 は 以 下 のとおりである 2 改 訂 計 画 の 方 針 本 計 画 は 首 都 圏 4000 万 人 の 生 活 と 産 業 を 支 える 東 京 の 国 際 競 争 力 を 強 化 するとともに 物 流 交 流 環 境 安 全 の4つの 機 能 が 融 合 した 魅 力 あるみなとを 実 現 するため 平 成 20 年 代 後 半 ( 概 ね 10 年 後 )を 目 標 年 次 とし 以 下 の 方 針 を 基 に 策 定 された 物 流 世 界 と 競 う 湾 サービスの 実 現 (1) 東 京 の 国 際 競 争 力 を 強 化 するため 既 存 のコンテナふ 頭 を 一 層 活 用 するとともに コンテナ 船 の 大 型 化 に 対 応 した 新 たなふ 頭 の 整 備 により 国 際 基 幹 航 路 の 維 持 拡 大 を 図 る また 急 増 するアジア 貨 物 に 対 応 するため 近 海 航 路 に 対 応 したふ 頭 を 拡 充 する (2) 国 際 物 流 機 能 の 強 化 を 図 るため バンプール シャーシープールを 適 切 に 配 置 するとともに 官 民 一 体 となり 効 率 的 な 湾 運 営 に 取 り 組 む また 流 通 加 工 等 新 たな 物 流 ニーズに 対 応 するため 高 機 能 物 流 拠 点 を 形 成 する () 国 内 海 上 輸 送 の 拠 点 として 貨 物 のユニット 化 の 進 展 や RORO 船 の 大 型 化 等 内 航 海 運 の 輸 送 革 新 に 対 応 する ため 内 貿 ユニットロードふ 頭 機 能 を 再 編 強 化 する (4) 内 交 通 の 利 便 性 を 向 上 し 湾 と 背 後 圏 とを 円 滑 に 結 ぶ 物 流 動 線 を 確 保 するため 広 域 的 な 幹 線 道 路 網 との 連 携 に 配 慮 しつつ 効 率 的 かつ 体 系 的 な 臨 道 路 ネットワークを 形 成 する 交 流 活 力 と 魅 力 あるベイエリアの 形 成 (1) 東 京 臨 海 地 域 の 都 市 的 空 間 と 海 辺 や 運 河 等 の 水 辺 を 活 かし 多 くの 人 々が 訪 れる 賑 わいある 交 流 空 間 を 創 出 す るため 旅 客 船 ふ 頭 機 能 の 充 実 を 図 る (2) 広 域 的 な 交 流 を 支 える 陸 海 空 の 結 節 点 として この 地 域 の 持 つ 立 地 特 性 や 広 い 開 発 用 地 等 のポテンシャル

7 を 活 かした 再 開 発 を 推 進 するとともに 背 後 のまちづくりと 一 体 となった 運 河 等 の 水 辺 空 間 の 再 生 運 河 ルネサ ンス に 取 り 組 んでいく 環 境 環 境 と 共 生 するみなとづくり (1) 自 然 環 境 の 保 全 再 生 の 取 組 として 西 沖 から 羽 田 沖 までの 陸 域 と 水 域 を 一 体 的 に 捉 え 親 水 空 間 の 提 供 や 自 然 環 境 の 保 全 再 生 に 取 り 組 んできた 水 と 緑 のネットワークを 拡 充 するとともに 多 様 な 生 物 の 生 息 環 境 を 創 出 する (2) 廃 棄 物 等 を 適 正 に 処 分 する 廃 棄 物 海 面 処 分 場 を 引 き 続 き 確 保 する 等 環 境 と 共 生 するみなとづくりに 取 り 組 ん でいく () 首 都 東 京 の 玄 関 口 にふさわしい 湾 空 間 を 創 出 するため 船 舶 をはじめ 航 空 機 からの 景 観 にも 配 慮 した 美 し い 景 観 形 成 を 進 めていく 安 全 首 都 東 京 の 危 機 管 理 機 能 の 強 化 (1) 大 規 模 地 震 の 発 生 等 災 害 時 における 緊 急 物 資 の 輸 送 機 能 や 経 済 活 動 を 維 持 する 国 際 物 流 機 能 を 確 保 するため 大 規 模 地 震 対 策 を 進 める (2) 湾 に 隣 接 する 地 域 において 高 潮 や 大 規 模 地 震 による 浸 水 被 害 から 都 民 の 生 命 財 産 を 守 るため 海 岸 保 全 施 設 等 との 連 携 により 国 土 の 保 全 を 図 る 計 画 取 扱 貨 物 量 東 京 都 の 取 扱 貨 物 量 は 平 成 22 年 実 績 で 7,752 万 トン( 外 貿 4,515 万 トン 内 貿,27 万 トン)である 目 標 年 次 ( 平 成 20 年 代 後 半 )における 取 扱 貨 物 量 は 今 後 の 物 流 のグローバル 化 の 進 展 や 内 航 輸 送 革 新 などによるユニット 貨 物 の 増 加 等 を 考 慮 し 10,900 万 トン( 外 貿 5,990 万 トン 内 貿 4,910 万 トン)に 達 すると 推 計 している 外 貿 (うち 外 貿 コンテナ) 内 貿 (うちフェリー) (うちユニット 貨 物 ) 合 計 5,990 万 トン (5,550 万 トン) ( 460 万 TEU) 4,910 万 トン (1,580 万 トン) ( 880 万 トン) 10,900 万 トン 目 標 年 次 ( 平 成 20 年 代 後 半 )における 取 扱 貨 物 量 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 平 成 17 年 12 月 策 定 ) 4 今 回 計 画 した 主 な 湾 施 設 ( 図 -2 参 照 ) (1) 外 貿 コンテナふ 頭 計 画 増 加 する 外 貿 コンテナ 貨 物 に 対 応 し 国 際 基 幹 航 路 の 維 持 拡 大 を 図 るとともに コンテナ 船 の 大 型 化 に 対

8 応 するため 大 水 深 のコンテナふ 頭 を 中 央 防 波 堤 外 側 及 び 新 海 面 処 分 場 にバース( 水 深 15~16m) 計 画 する(1) 急 増 するアジア 貨 物 に 対 応 するため 中 規 模 のコンテナふ 頭 を 中 央 防 波 堤 外 側 に1バース( 水 深 11m) 計 画 す る(2) また 既 存 の 品 川 ふ 頭 を 再 編 する() (2) 内 貿 ユニットロードふ 頭 フェリーふ 頭 計 画 内 航 海 運 における 貨 物 のユニット 化 の 進 展 に 適 切 に 対 応 するとともに RORO 船 の 大 型 化 やモーダルシフトの 促 進 に 対 応 するため 中 央 防 波 堤 内 側 に 内 貿 ユニットロードふ 頭 を2バース( 水 深 8.5m * 現 在 は 平 成 18 年 12 月 の 一 部 変 更 により 水 深 9.0m) 計 画 する(4) また 既 存 の10 号 地 その2(5) 品 川 ふ 頭 (6)15 号 地 (7) を 再 編 する 内 貿 ユニットロードふ 頭 の 再 編 計 画 にあわせ 10 号 地 その2のフェリーふ 頭 を 再 編 する(8) () 水 域 施 設 外 郭 施 設 計 画 東 京 国 際 空 再 拡 張 事 業 の 滑 走 路 の 新 設 に 伴 い 船 舶 及 び 航 空 機 双 方 の 運 航 の 安 全 性 の 確 保 とコンテナ 船 の 大 型 化 や 大 型 船 舶 の 対 面 航 行 に 対 応 するため 一 航 路 を 移 設 拡 幅 する(9) ( 幅 員 450~600m 600~700m) 一 航 路 の 移 設 に 伴 い 沖 防 波 堤 の 配 置 計 画 を 変 更 する ( 延 長 200m)(10) (4) 臨 交 通 施 設 計 画 各 地 区 のふ 頭 計 画 にあわせ 湾 における 交 通 の 円 滑 化 を 図 るため 中 央 防 波 堤 地 区 (11) 及 び 南 部 地 区 (12 1)において 臨 道 路 を 計 画 する (5) 湾 環 境 整 備 施 設 計 画 中 央 防 波 堤 内 側 に 大 規 模 な 緑 地 海 の 森 (14)を 整 備 し 東 京 の 緑 や 景 観 のシンボルとするとともに 自 然 環 境 の 保 全 再 生 に 寄 与 する 連 続 的 な 緑 地 空 間 を 確 保 するため 中 央 防 波 堤 地 区 に 緑 地 を 計 149ha 計 画 する 憩 いと 賑 わいのある 親 水 空 間 や 緑 地 空 間 の 拡 充 を 図 るため 内 地 区 南 部 地 区 中 部 地 区 東 部 地 区 に 緑 地 を 計 51ha 計 画 する 東 京 の 水 域 環 境 の 保 全 改 善 を 図 るとともに 水 生 生 物 をはじめとした 多 様 な 生 物 の 生 息 環 境 を 創 出 する ため 南 部 地 区 東 部 地 区 中 央 防 波 堤 地 区 に 海 浜 を 箇 所 計 画 する (6) 大 規 模 地 震 対 策 施 設 計 画 首 都 直 下 地 震 等 の 大 規 模 地 震 発 生 時 に 緊 急 救 援 物 資 等 の 輸 送 を 行 う 海 上 輸 送 機 能 を 確 保 するため 日 の 出 ふ 頭 及 び 品 川 ふ 頭 晴 海 ふ 頭 10 号 地 その1 10 号 地 その2 15 号 地 中 央 防 波 堤 内 側 に 耐 震 強 化 岸 壁 を 16バース 計 画 する 大 規 模 地 震 発 生 後 首 都 圏 の 経 済 活 動 を 停 滞 させないよう 外 貿 コンテナ 物 流 機 能 を 維 持 する 耐 震 強 化 岸 壁 を 中 央 防 波 堤 外 側 に2バース 計 画 する 5 今 回 計 画 した 主 な 土 地 造 成 及 び 土 地 利 用 計 画 ( 図 -2 参 照 ) 既 存 の 大 井 (15) 青 海 (16)コンテナふ 頭 の 効 率 的 な 運 営 を 一 層 促 進 するため ふ 頭 背 後 の 湾 関 連 用 地 等 を 計 0haふ 頭 用 地 に 変 更 する 外 貿 コンテナ 貨 物 の 物 流 機 能 の 強 化 を 図 るため 大 井 ふ 頭 その1 その2 間 の 水 域 に22ha 土 地 造 成 し 周 辺 用 地 とあわせ41haの 湾 関 連 用 地 を 計 画 する(17) 将 来 の 航 空 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 羽 田 地 区 南 東 沖 に 東 京 国 際 空 の 新 たな 滑 走 路 となる 交 通 機 能 用 地

9 159haを 造 成 する(18) 6 計 画 の 実 現 に 向 けて 東 京 が 首 都 圏 を 支 えるメインポートとしての 役 割 を 担 い 魅 力 ある みなと として 更 に 発 展 していくため これらのハード 整 備 にあわせ 以 下 の 取 組 を 着 実 に 推 進 し みなと 改 革 の 実 現 に 取 り 組 んでいく 広 域 的 課 題 解 決 に 向 けた 実 効 性 ある 連 携 湾 経 営 の 将 来 像 の 検 討 利 用 者 の 立 場 に 立 った 規 制 緩 和 と 慣 行 改 善 民 間 ポテンシャルの 誘 引 誘 導 行 政 の 説 明 責 任 と 効 率 的 な 事 業 展 開 関 連 施 策 と 連 携 した 総 合 的 な 取 組 7 東 京 の 今 後 の 湾 経 営 戦 略 急 速 なコンテナ 船 の 大 型 化 など 7 次 改 訂 湾 計 画 策 定 後 の 東 京 を 取 り 巻 く 状 況 が 大 きく 変 化 していること を 踏 まえ 湾 物 流 を 中 心 に 東 京 の 今 後 の 経 営 戦 略 の 方 向 性 を 明 らかにし 湾 計 画 を 策 定 するための 指 針 と して 平 成 20 年 7 月 に 東 京 都 湾 審 議 会 より 東 京 の 今 後 の 湾 経 営 戦 略 の 答 申 を 受 けた < 湾 経 営 の 基 本 的 方 向 性 > 基 幹 航 路 の 維 持 拡 大 と 企 業 の 物 流 戦 略 への 対 応 < 答 申 の 内 容 > 1 既 存 ふ 頭 を 含 めたコンテナふ 頭 等 の 充 実 強 化 外 貿 貨 物 への 対 応 ( 既 存 ふ 頭 を 含 めた 大 型 化 対 応 ポスト パナマックス 対 応 の 検 討 ) 内 貿 貨 物 等 への 対 応 強 化 ( 内 貿 ユニットロード 整 備 内 航 フィーダーバースの 検 討 ) ふ 頭 背 後 の 交 通 対 策 既 存 のふ 頭 用 地 湾 関 連 用 地 の 再 編 等 2 臨 海 部 全 体 の 交 通 ネットワークの 充 実 強 化 東 京 臨 海 道 路 Ⅱ 期 事 業 等 の 整 備 促 進 新 たな 南 北 道 路 軸 の 検 討 国 道 57 号 等 の 整 備 の 重 要 性 今 後 の 湾 経 営 の 展 開 国 内 ハブ 機 能 強 化 等 による 基 幹 航 路 の 維 持 拡 大 および 貨 物 量 増 加 への 対 応 羽 田 空 再 拡 張 を 踏 まえた 物 流 拠 点 の 形 成 埠 頭 会 社 による 東 京 の 国 際 コンテナ 物 流 戦 略 の 推 進 京 浜 三 による 広 域 連 携 強 化 この 東 京 の 今 後 の 湾 経 営 戦 略 を 受 け 海 事 関 係 者 や 関 係 行 政 機 関 と 調 整 を 図 り 東 京 湾 計 画 の 一 部 変 更 ( 案 ) をとりまとめた この 計 画 は 平 成 21 年 5 月 の 東 京 都 湾 審 議 会 の 議 を 経 て 策 定 された 計 画 である

10 ( 平 成 21 年 8 月 公 示 ) この 計 画 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりである [ 湾 の 能 力 ] 区 分 既 定 計 画 変 更 計 画 外 貿 5,990 万 トン 6,10 万 トン (うち 外 貿 コンテナ) (5,550 万 トン) (5,690 万 トン) (460 万 TEU) (520 万 TEU) 内 貿 4,910 万 トン 4,470 万 トン 合 計 10,900 万 トン 10,600 万 トン 目 標 年 次 ( 平 成 20 年 代 後 半 )における 取 扱 貨 物 量 東 京 湾 計 画 の 一 部 変 更 ( 平 成 21 年 5 月 策 定 ) [ 主 な 変 更 内 容 ] 既 存 の 大 井 コンテナふ 頭 7バース 青 海 コンテナふ 頭 2バースの 増 深 ( 水 深 15~16m)を 計 画 する 中 央 防 波 堤 外 側 コンテナふ 頭 1バースの 増 深 ( 水 深 16~16.5m) 新 海 面 処 分 場 コンテナふ 頭 1バースの 増 深 等 ( 水 深 16~16.5m 延 長 420m)を 計 画 する 大 井 コンテナふ 頭 に 隣 接 して 内 航 フィーダー 貨 物 も 取 扱 う 外 内 貿 ふ 頭 を 計 画 する コンテナふ 頭 の 増 深 に 伴 い 航 路 泊 地 及 び 航 路 泊 地 の 水 深 等 の 計 画 を 変 更 する 中 央 防 波 堤 地 区 と 中 部 地 区 を 結 ぶ 臨 道 路 南 北 線 (4 車 線 )を 計 画 する

11 図 -2 湾 施 設 計 画 等 位 置 図 6 内 地 区 東 部 地 区 中 部 地 区 南 部 地 区 17 2 中 央 防 波 堤 地 区 羽 田 地 区

12 節 東 京 ベイエリア21 1 東 京 ベイエリア21の 策 定 総 務 部 企 画 計 理 課 東 京 都 では 都 市 計 画 局 ( 現 都 市 整 備 局 ) 及 び 湾 局 において 東 京 臨 海 地 域 の 役 割 や 目 指 すべき 方 向 を 示 す 東 京 ベイエリア21 をまとめ 平 成 1 年 2 月 に 公 表 した その 策 定 の 目 的 は 東 京 臨 海 地 域 は 他 都 市 とのネットワークの 中 枢 として 都 市 活 動 を 支 え 牽 引 していくかけがえ のない 空 間 であるとの 認 識 のもと その 潜 在 可 能 性 を 活 かした 総 合 的 な 再 編 整 備 を 図 りながら 東 京 の 魅 力 と 活 力 を 創 造 することにある 東 京 ベイエリア21の 骨 子 は 次 のとおりである (1) 東 京 臨 海 地 域 における 再 編 整 備 の 必 要 性 と 地 域 の 持 つ 潜 在 力 を 明 らかにする (2) 東 京 圏 における 東 京 臨 海 地 域 の 役 割 と 再 編 整 備 の 方 向 を 示 す () 今 後 の 戦 略 的 な 取 組 として 羽 田 空 の 有 効 活 用 や 東 京 の 機 能 拡 張 など 都 市 基 盤 の 強 化 自 然 環 境 との 調 和 臨 海 副 都 心 をはじめとする 拠 点 整 備 の 今 後 のあり 方 を 提 示 する (4) 地 区 特 性 を 活 かした 空 間 デザインや 段 階 整 備 の 考 え 方 を 再 編 整 備 ガイドラインとして 示 す (5) 民 間 との 連 携 や 整 備 手 法 など 再 編 整 備 に 向 けた 今 後 の 仕 組 みづくりや 財 政 基 盤 の 強 化 などの 体 制 整 備 につい て 方 向 性 を 示 す 今 後 は 東 京 ベイエリア21に 基 づき 民 間 や 地 元 と 協 働 しながら 各 地 区 の 基 盤 整 備 やまちづくりを 進 めることと なる 2 東 京 ベイエリア21の 概 要 (1) 東 京 臨 海 地 域 の 範 囲 東 京 都 の 区 域 のうち 概 ね 明 治 以 降 の 埋 立 地 を 基 本 としたおよそ17,000ha( 図 -) そのうち 陸 域 ( 中 央 防 波 堤 内 側 及 び 外 側 埋 立 地 を 除 く )はおよそ7,000haである (2) 東 京 ベイエリア21の 策 定 にあたって( 序 ) 性 格 : 東 京 臨 海 地 域 の 役 割 及 び 目 指 すべき 方 向 を 総 合 的 かつ 長 期 的 な 視 点 から 検 討 し その 都 市 づくり の 指 針 を 示 し 地 域 の 再 編 を 誘 導 する また 物 流 機 能 及 び 臨 海 副 都 心 をはじめとする 拠 点 整 備 の 今 後 のあり 方 を 提 示 する 目 標 年 次 : 概 ね20 年 ~25 年 後 を 目 標 とするが より 長 期 的 な 視 点 からの 都 市 づくりの 方 向 も 示 す () 今 なぜ 東 京 臨 海 地 域 なのか( 1 ) 現 在 の 東 京 は 国 際 都 市 としての 誘 引 力 の 低 下 などによる 活 力 と 牽 引 力 の 危 機 や 広 域 交 通 基 盤 の 未 整 備 な どによる 都 市 機 能 についての 危 機 をはらんでいる 東 京 臨 海 地 域 は 臨 空 臨 海 都 市 軸 の 中 央 部 に 位 置 し 東 京 圏 を 結 ぶ 広 域 的 なネットワークを 形 成 している 都 心 を 中 心 とする 内 陸 部 と 東 京 臨 海 地 域 を 一 体 的 に 捉 えながら 東 京 再 生 のための 起 爆 剤 としていくことが 求 められている (4) 東 京 臨 海 地 域 の 持 つ 潜 在 力 ( 2 ) 東 京 臨 海 地 域 の 持 つ 潜 在 力 を 次 の4つの 視 点 から 分 析 する

13 1 人 モノ 情 報 の 結 節 点 人 モノ 情 報 の 広 域 的 な 交 流 を 支 える 陸 海 空 の 結 節 点 であり 広 域 ネットワークの 形 成 も 進 んでいる 2 大 規 模 な 土 地 利 用 転 換 産 業 構 造 の 転 換 に 伴 い 業 務 商 業 居 住 などの 都 市 的 な 土 地 利 用 への 転 換 が 進 んでいる 都 心 への 近 接 性 都 心 からの 近 接 性 を 活 かした 産 業 立 地 が 進 んでいる 4 多 様 な 水 域 の 存 在 水 際 線 や 公 園 の 存 在 により 魅 力 的 なオープンスペースを 創 造 していく 可 能 性 を 秘 めた 空 間 である (5) 東 京 臨 海 地 域 の 役 割 と 再 編 整 備 の 方 向 ( ) 東 京 臨 海 地 域 の 役 割 グローバルプレーヤーとしての 東 京 の 地 位 向 上 に 貢 献 し 良 好 な 都 市 環 境 を 次 世 代 に 継 承 する 役 割 を 持 つ 地 域 である 長 期 的 な 視 点 から 地 域 の 総 合 的 な 再 編 を 進 め 東 京 の 都 市 空 間 を 再 生 し 質 の 高 い 都 市 空 間 を 形 成 してい く 必 要 がある 再 編 整 備 の 方 向 ~4つの 進 むべき 方 向 と7つの 舵 を 示 す 1 首 都 圏 と 世 界 を 結 ぶ 人 モノ 情 報 のネットワークを 創 造 する 舵 1 羽 田 空 国 際 化 の 動 き 等 へ 的 確 に 対 応 する 舵 2 首 都 圏 の 共 有 財 産 東 京 を 中 核 とした 新 たな 物 流 ネットワークを 創 造 する 舵 首 都 圏 全 体 を 視 野 に 入 れたネットワークの 形 成 とアクセス 機 能 の 強 化 を 進 める 2 21 世 紀 の 成 長 を 支 える 新 産 業 空 間 を 創 造 する 舵 4 次 世 代 のリーディング 産 業 の 集 積 をもたらす 地 域 整 備 を 進 める 舵 5 アジアの 技 術 産 業 文 化 の 拠 点 を 構 築 する 職 住 近 接 と 豊 かな 環 境 を 備 えた 都 市 空 間 を 創 造 する 舵 6 ライフスタイルの 多 様 化 にあわせた 新 しい 都 心 型 居 住 を 実 現 する 4 心 を 癒 す 水 辺 空 間 を 創 造 する 舵 7 国 際 都 市 東 京 の 魅 力 と 活 力 をかたちづくる 水 辺 の 都 を 創 造 する (6) 今 後 の 戦 略 的 取 り 組 み( 4 ) 東 京 再 生 に 向 けた 都 市 基 盤 の 強 化 羽 田 空 の 有 効 活 用 やアクセス 向 上 東 京 を 中 心 とした 総 合 物 流 ネットワークの 構 築 等 自 然 環 境 と 調 和 した 都 市 基 盤 の 強 化 海 上 公 園 の 新 しいあり 方 等 の 検 討 クリーンなエネルギーの 活 用 施 策 の 推 進 等 東 京 臨 海 地 域 における 新 たな 都 市 づくりの 展 開 都 市 的 機 能 と 湾 機 能 等 のバランスのとれた 適 切 な 誘 導 や 整 備 臨 海 副 都 心 における 職 住 学 遊 の 4 機 能 が 有 機 的 に 連 携 した 複 合 的 まちづくり 等 (7) 地 域 特 性 を 活 かした 再 編 整 備 ガイドライン( 5 ) 空 間 デザインや 段 階 的 整 備 の 考 え 方 を 再 編 整 備 ガイドラインとして 示 す

14 水 辺 のデザイン 事 例 段 階 的 整 備 のイメージ (8) 再 編 整 備 に 向 けた 仕 組 みづくり( 6 ) 民 間 連 携 等 によるまちづくりの 推 進 ( 民 間 組 織 の 活 用 PFIの 導 入 インセンティブ 施 策 等 ) 土 地 利 用 に 関 する 制 度 等 の 見 直 し( 工 業 等 制 限 法 の 緩 和 要 求 構 築 物 規 制 の 見 直 し 等 ) 再 編 整 備 に 向 けた 体 制 整 備 ( 財 政 基 盤 強 化 効 率 的 な 開 発 体 制 の 構 築 東 京 沿 岸 域 との 連 携 強 化 等 ) 図 - 東 京 臨 海 地 域 の 対 象 範 囲

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074> 第 6 回 北 九 州 港 長 期 構 想 検 討 委 員 会 資 料 ~ 港 湾 計 画 改 訂 ( 案 )の の 検 討 ~ 平 成 23 年 8 月 22 日 北 九 州 市 港 湾 空 港 局 社 団 法 人 日 本 港 湾 協 会 港 湾 計 画 について アジア 輸 送 における 国 際 拠 点 港 湾 シャトル 航 路 北 九 州 港 アジア 基 幹 航 路 ( 本 船 航 路 ) 大

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

1

1 駿 河 湾 港 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ( 概 要 版 ) 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 0Bはじめに 本 県 は 製 造 品 出 荷 額 規 模 全 国 2 位 のものづくり 県 であり 清 水 港 田 子 の 浦 港 御 前 崎 港 を 始 めとする 県 内 の 主 要 港 湾 は 本 県 のものづくりを 支 える 物 流 拠 点 として 県 内 経 済 の 発 展 や 県 民

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

裏面

裏面 ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 18 日 小 名 浜 港 復 興 会 議 福 島 県 は 東 北 地 方 の 製 造 品 出 荷 額 の 約 3 分 の1を 占 める 東 北 地 方 第 1 位 の 工 業 県 である また いわき 市 は 東 北 地 方 の 市 町 村 で 唯 一 1 兆 円 の 大 台 を 超 える 製 造

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 参 考 資 料 資 料 番 号 刊 行 年 度 主 地 域 名 港 区 地 区 岸 壁 埠 頭 等 調 査 概 要 調 査 概 要 資 料 名 ( 名 ) 委 託 者 委 員 長 伊 1 1975 昭 和 50 伊 勢 湾 LNG 輸 送 伊 勢 湾 液 化 天 然 ガス 輸 送 問 題 に 関

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港)

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港) 平 成 27 年 3 月 17 日 改 訂 米 子 境 港 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン ( 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ) 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 課 題 (2) 米 子 市 境 港 市 日 吉 津 村 の 広 域 的 位 置 づけ (3) 都 市 づくりの 目 標 ( 骨 格 形 成 図 ) 2. 区

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

Microsoft PowerPoint - 八戸港BCP概要版(130325).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 八戸港BCP概要版(130325).ppt [互換モード] 平 成 25 年 3 月 八 戸 港 BCP 概 要 版 港 湾 空 港 課 1. 策 定 に 至 る 経 緯 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 被 災 後 の 貨 物 量 の 推 移 八 戸 港 復 旧 復 興 方 針 八 戸 港 BCPとは 策 定 方 法 とスケジュール 被 害 予 測 応 急 復 旧 目 標 行 動 計 画 3. 期 待 される 効 果 BCP 実 行 による 効

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 1) 8 捗 釜 9 () () () () 10 10m 12m LNG 11 12,000DWT 10m 3 9m 170m 3.8 30,000DWT 12m 2 10 11m 199m 12 釜 釜 13 14 艘 釜 釜 7 3.8 15 12 16 GT) FORTUNA 39,989 169 46 5.0-9.0 Kuroshio 15,983 142 40

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A>

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A> ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 石 巻 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 5 日 石 巻 港 復 興 会 議 石 巻 港 は 木 材 食 品 飼 肥 料 鉄 鋼 造 船 製 紙 関 連 の 産 業 が 立 地 する 宮 城 県 北 部 の 工 業 物 流 の 拠 点 となる 臨 海 型 工 業 港 であり 石 巻 市 の 製 造 業 就 業 人 口 の 約 1/3 の 雇

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

2011年8月29日

2011年8月29日 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 青 森 県 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1401 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 情 報 課 長 奈 良 孝 1. 県 勢 青 森 県 は 日 本 の 本 州 最 北 端 に 位 置 し 北 は 津 軽 海 峡 を 隔 てて 北 海 道 に 相 対 し 東 は 太 平 洋 西 は 日 本 海 に 面 し 南 は 岩

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 か ね だ 金 田 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ち ば 千 葉 き さ ら づ 県 木 更 津 し 市 平 成 27 年 12 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である 都 市 計 画 概 要 2013 第 2 編 名 古 屋 の 都 市 計 画 の 現 況 第 6 章 市 街 地 の 開 発 整 備 6-1 市 街 地 整 備 の 沿 革 と 方 針 6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 6-3 土 地 区 画 整 理 事 業 6-4 市 街 地 再 開 発 事 業 6-5 優 良 建 築 物 等 整 備 事 業 6-6 開 発 行 為 6-7 都 心 部

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C> 資 料 3-1 1. 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 について (1) 首 都 高 速 の 再 生 の 必 要 性 (2) 首 都 高 速 の 再 生 を 検 討 する 上 での 前 提 条 件 の 整 理 (3) 首 都 高 速 の 再 生 の 検 討 対 象 範 囲 (4) 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 に 関 する 委 員 意 見 (5) 首 都 高 速 の 再 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

建 設 局 下 水 道 河 川 部 調 整 課 下 水 道 課 水 環 境 課 水 質 試 験 所 河 川 課 東 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備 課 中 浜 工 営 所 田 島 工 営 所 今 福 下 水 処 場 放 出 下 水 処 場 西 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備

建 設 局 下 水 道 河 川 部 調 整 課 下 水 道 課 水 環 境 課 水 質 試 験 所 河 川 課 東 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備 課 中 浜 工 営 所 田 島 工 営 所 今 福 下 水 処 場 放 出 下 水 処 場 西 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備 建 設 局 建 設 局 総 務 部 総 務 課 企 画 課 職 員 課 経 課 管 部 路 政 課 管 課 測 量 明 示 課 自 転 車 対 策 課 工 務 課 設 備 課 道 路 部 調 整 課 道 路 課 橋 梁 課 街 路 課 - 206 - 建 設 局 下 水 道 河 川 部 調 整 課 下 水 道 課 水 環 境 課 水 質 試 験 所 河 川 課 東 部 方 面 管 事 務 所 管 課

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464>

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464> 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 に 関 する パブリックコメントの 募 集 結 果 について 平 成 25 年 6 月 25 日 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 では 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 について ホー ムページを 通 じてご 意 見 を 募 集 したところ 7 名 の 方 から22

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱 1 市 街 地 ( 拠 点 軸 )のまちづくり 方 針 1 浦 安 市 が 魅 力 と 活 力 にあふれた 都 市 として 引 き 続 き 発 展 していくためには 豊 かに 暮 らし 働 き 学 び 楽 しむなど 多 様 な 都 市 機 能 が 持 続 的 に 集 積 発 展 することが 重 要 です 浦 安 駅 新 浦 安 駅 舞 浜 駅 には 都 市 の 魅 力 を 高 める 多 様 な 都

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 にかかる 平 成 23 年 度 検 討 のまとめ ~ 練 馬 城 址 公 園 の 整 備 にかかる 考 え 方 ~ 1 推 進 構 想 の 目 的 2 頁 2 検 討 の 経 緯 3 頁 3 検 討 にあたっての 基 本 的 考 え 方 6 頁 4 平 成 22 年 度 に 検 討 した 内 容 とその 検 証 9 頁 5 整 備 が 考 えられる 施

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

苫 小 牧 港 の 優 位 性 地 理 気 象 面 の 優 位 性 道 央 圏 の 太 平 洋 側 積 雪 が 少 ない 道 ~ 本 州 間 の 定 期 航 路 の 集 積 太 平 洋 側 日 本 海 側 に 週 100 便 以 上 陸 海 空 の 交 通 ターミナル 機 能 新 千 歳 空 港 J

苫 小 牧 港 の 優 位 性 地 理 気 象 面 の 優 位 性 道 央 圏 の 太 平 洋 側 積 雪 が 少 ない 道 ~ 本 州 間 の 定 期 航 路 の 集 積 太 平 洋 側 日 本 海 側 に 週 100 便 以 上 陸 海 空 の 交 通 ターミナル 機 能 新 千 歳 空 港 J 苫 小 牧 港 管 理 組 合 専 任 副 管 理 者 柏 葉 導 徳 苫 小 牧 港 の 優 位 性 地 理 気 象 面 の 優 位 性 道 央 圏 の 太 平 洋 側 積 雪 が 少 ない 道 ~ 本 州 間 の 定 期 航 路 の 集 積 太 平 洋 側 日 本 海 側 に 週 100 便 以 上 陸 海 空 の 交 通 ターミナル 機 能 新 千 歳 空 港 JR 貨 物 駅 高 速 道 路

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

Microsoft Word - 130418本編.doc

Microsoft Word - 130418本編.doc 玉 野 市 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 25 年 3 月 玉 野 市 はじめに 玉 野 には 美 しく 恵 まれた 瀬 戸 内 の 自 然 をはじめ 貴 重 な 歴 史 文 化 的 資 産 が 多 数 あります また 本 土 と 四 国 を 結 ぶ 海 上 交 通 の 要 所 として 先 人 の 知 恵 とたゆまぬ 努 力 により 発 展 してまいりま した しかし 近 年 人 口 減

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン 秋田都市計画 都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 都市計画区域マスタープラン 平成26年7月 秋 田 県 秋 田 都 市 計 画 及 び 河 辺 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 の 変 更 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 を 次 のように 変 更 する 都 市 計 画 法 の 改 正

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄 資 料 3 地 域 の 産 業 経 済 の 再 生 とそれを 支 える 都 市 交 通 基 盤 平 成 23 年 6 月 2 日 国 土 交 通 大 臣 大 畠 章 宏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通

More information