光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後"

Transcription

1 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で 長 時 間 生 活 を 共 にする 場 です 感 染 症 の 集 団 発 症 や 流 行 をできるだけ 防 ぐことで 一 人 一 人 の 子 どもが 一 日 快 適 に 生 活 できるよう 下 記 の 感 染 症 について 登 園 許 可 証 の 提 出 をお 願 いします 感 染 力 のある 期 間 に 配 慮 し 子 どもの 健 康 回 復 状 態 が 集 団 での 保 育 生 活 が 可 能 な 状 態 となってからの 登 園 であるようにご 配 慮 ください 医 師 が 記 入 した 登 園 許 可 証 が 必 要 な 感 染 症 感 染 症 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす インフルエンザ 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 3 日 程 度 が 最 も 感 染 力 が 強 い) 咳 が 出 現 してから2 週 間 以 内 ( 感 染 初 期 )が 最 も 感 染 力 が 強 い 発 熱 出 現 1~2 日 前 から 発 疹 出 現 後 の4 日 間 発 症 した 後 5 日 経 過 し かつ 解 熱 後 3 日 経 過 してから 特 有 の 咳 が 消 失 する または5 日 間 の 適 正 な 抗 菌 療 法 が 終 了 する 解 熱 した 後 3 日 を 経 過 してから 風 疹 発 疹 出 現 前 7 日 ~ 発 疹 出 現 後 7 日 間 発 疹 が 消 失 してから 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ) 流 行 性 角 結 膜 炎 (はやり 目 ) 発 疹 出 現 1~2 日 前 からすべての 発 疹 がかさぶた になる 耳 下 腺 腫 脹 前 7 日 間 ~ 腫 脹 後 9 日 間 急 性 期 の 最 初 の 数 日 が 最 も 感 染 力 が 強 い ウイルス 排 出 は 呼 吸 器 から1~2 週 間 便 からは 数 週 間 ~ 数 ヶ 月 すべての 発 疹 がかさぶたになってから 耳 下 腺 顎 下 腺 舌 下 腺 の 腫 脹 が 現 れてから5 日 を 経 過 し かつ 全 身 状 態 が 良 好 になる 主 な 症 状 ( 発 熱 咽 頭 発 赤 目 の 充 血 )が 消 失 してか ら2 日 経 過 してから 結 膜 炎 の 症 状 ( 流 涙 目 の 充 血 眼 脂 耳 前 リンパ 節 の 腫 脹 と 圧 痛 )が 消 失 してから 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 (O157,O26,O111 等 ) 便 中 に 菌 が 排 泄 されている 間 症 状 ( 激 しい 腹 痛 頻 回 の 水 様 便 さらに 血 便 )が 治 ま り かつ 抗 菌 薬 による 治 療 が 終 了 し 48 時 間 をあけて 連 続 2 回 の 検 便 でいずれも 菌 陰 性 が 確 認 される 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 結 核 喀 痰 の 検 査 が 陽 性 の 間 ( 異 なった 日 の 喀 痰 の 検 査 結 果 が 連 続 して3 回 陰 性 となる) 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 )

2 光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 3 日 程 度 が 最 も 感 染 発 症 した 後 5 日 経 過 し かつ 解 熱 後 3 日 経 過 してから 力 が 強 い) 咳 が 出 現 してから2 週 間 以 内 ( 感 染 初 期 )が 最 も 感 特 有 の 咳 が 消 失 する または5 日 間 の 適 正 な 抗 染 力 が 強 い 菌 療 法 が 終 了 する 発 熱 出 現 1~2 日 前 から 発 疹 出 現 後 の4 日 間 解 熱 した 後 3 日 を 経 過 してから 風 疹 発 疹 出 現 前 7 日 ~ 発 疹 出 現 後 7 日 間 発 疹 が 消 失 してから 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ) 流 行 性 角 結 膜 炎 (はやり 目 ) 認 定 子 ども 園 における 病 児 の 対 処 について 発 疹 出 現 1~2 日 前 からすべての 発 疹 がかさぶた になる 耳 下 腺 腫 脹 前 7 日 間 ~ 腫 脹 後 9 日 間 急 性 期 の 最 初 の 数 日 が 最 も 感 染 力 が 強 い ウイルス 排 出 は 呼 吸 器 から1~2 週 間 便 からは 数 週 間 ~ 数 ヶ 月 すべての 発 疹 がかさぶたになってから 耳 下 腺 顎 下 腺 舌 下 腺 の 腫 脹 が 現 れてから5 日 を 経 過 し かつ 全 身 状 態 が 良 好 になる 主 な 症 状 ( 発 熱 咽 頭 発 赤 目 の 充 血 )が 消 失 してか ら2 日 経 過 してから 結 膜 炎 の 症 状 ( 流 涙 目 の 充 血 眼 脂 耳 前 リンパ 節 の 腫 脹 と 圧 痛 )が 消 失 してから 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 (O157,O26,O111 等 ) 便 中 に 菌 が 排 泄 されている 間 症 状 ( 激 しい 腹 痛 頻 回 の 水 様 便 さらに 血 便 )が 治 ま り かつ 抗 菌 薬 による 治 療 が 終 了 し 48 時 間 をあけて 連 続 2 回 の 検 便 でいずれも 菌 陰 性 が 確 認 される 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 結 核 喀 痰 の 検 査 が 陽 性 の 間 登 園 には 医 師 の 記 入 した 登 園 許 可 証 が 必 要 です 溶 連 菌 感 染 症 マイコプラズマ 肺 炎 手 足 口 病 伝 染 性 紅 斑 (リンゴ 病 ) ウイルス 性 胃 腸 炎 (ノロ ロタ アデノウイ ルス 等 ) ヘルパンギーナ RSウイルス 感 染 症 抗 菌 薬 内 服 後 24 時 間 が 経 過 する 症 状 ( 咳 発 熱 頭 痛 などの 風 邪 症 状 ) 発 現 時 が ピークで その 後 4~6 週 間 続 く ウイルス 排 泄 は 唾 液 1 週 間 未 満 便 中 発 症 から 数 週 間 風 邪 症 状 発 現 から 顔 に 発 疹 が 出 現 する 症 状 ( 嘔 気 嘔 吐 下 痢 )のある 時 期 ウイルス 排 泄 は 唾 液 1 週 間 未 満 便 中 発 症 から 数 週 間 通 常 3~8 日 間 ( 異 なった 日 の 喀 痰 の 検 査 結 果 が 連 続 して3 回 陰 性 となる) 抗 菌 薬 内 服 後 24~48 時 間 経 過 していること (ただし 治 療 の 継 続 は 必 要 ) 発 熱 や 激 しい 咳 が 治 まっていること( 症 状 が 改 善 し 全 身 状 態 が 負 いこと) 解 熱 後 1 日 以 上 経 過 し 口 腔 内 の 水 疱 や 潰 瘍 の 影 響 がなく 普 段 通 りの 食 事 ができること 全 身 状 態 が 良 いこと( 発 疹 が 出 た 頃 にはすでに 感 染 力 は 消 失 している) 嘔 吐 下 痢 等 の 症 状 が 治 まり 普 段 通 りの 食 事 がで きること 解 熱 後 1 日 以 上 経 過 し 口 腔 内 の 水 疱 や 潰 瘍 の 影 響 がなく 普 段 通 りの 食 事 ができること 重 篤 な 呼 吸 器 症 状 ( 喘 鳴 呼 吸 困 難 )が 消 失 し 全 身 状 態 が 良 いこと 帯 状 疱 疹 すべての 発 疹 がかさぶたになる すべての 発 疹 がかさぶたになる 突 発 性 発 疹 感 染 力 は 弱 いが 発 熱 中 は 感 染 力 がある 解 熱 後 1 日 以 上 経 過 し 全 身 状 態 が 良 いこと 伝 染 性 膿 痂 疹 (とびひ) 伝 染 性 軟 属 腫 ( 水 いぼ) 効 果 的 治 療 開 始 後 24 時 間 不 明 皮 疹 が 乾 燥 しているか 湿 潤 部 位 が 覆 うことのできる 程 度 のものであること 掻 きこわし 傷 から 浸 出 液 が 出 ているときは 覆 うこと 朝 起 きた 時 に いつもと 様 子 が 違 う と 感 じたら 登 園 時 にお 知 らせください ( 例 : 発 熱 下 痢 鼻 水 咳 顔 色 が 悪 い 機 嫌 が 悪 い 発 疹 がある 食 欲 がない 等 ) 登 園 後 38 以 上 の 発 熱 があれば 保 護 者 へ 連 絡 をいたします 発 熱 の 有 無 にかかわらず 顔 色 が 悪 く 苦 しそうなとき 呼 吸 のたびに 喘 鳴 があるときなども 連 絡 いたします 下 痢 や 嘔 吐 の 場 合 性 状 や 回 数 発 熱 や 腹 痛 の 有 無 などを 観 察 し 連 絡 いたします 感 染 症 が 疑 われる 場 合 は 病 院 を 受 診 し 登 園 の 可 否 を 医 師 にお 尋 ねください お 薬 は 医 師 が 処 方 したもののみお 預 かりいたします 必 ず 投 薬 依 頼 書 とともにお 昼 の1 回 分 のみ 持 たせてください 水 薬 の 容 器 や 粉 薬 などすべてのものに 記 名 をお 願 いいたします

3 内 科 検 診 ( 春 秋 ) 栄 養 異 常 なし 皮 膚 異 常 なし 脊 柱 胸 郭 異 常 なし 栄 養 異 常 なし 皮 膚 異 常 なし 脊 柱 胸 郭 異 常 なし 検 尿 蛋 白 異 常 なし 要 2 次 検 査 糖 異 常 なし 要 2 次 検 査 潜 血 異 常 なし 要 2 次 検 査 白 血 球 異 常 なし 要 2 次 検 査 検 尿 は 幼 児 部 (3 歳 児 以 上 )のみ 実 施 歯 科 検 診 歯 数 本 要 治 療 むし 歯 なし あり( 本 ) 不 正 咬 合 なし 要 注 意 ( )

4 4 月 身 長 (cm) 体 重 (kg) 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月

5 学 校 保 健 法 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4) 病 名 出 席 停 止 期 間 潜 伏 期 間 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす インフルエンザ 発 症 した 後 5 日 を 経 過 し かつ 解 熱 後 3 日 を 経 過 する 特 有 の 咳 が 消 失 する また は5 日 間 の 適 正 な 抗 菌 薬 による 治 療 が 終 了 する 解 熱 した 後 3 日 を 経 過 する 1~4 日 ( 平 均 2 日 ) 7~10 日 8~12 日 風 疹 発 疹 が 消 失 する 14~23 日 流 行 性 耳 下 腺 炎 (お たふくかぜ) 流 行 性 角 結 膜 炎 (は やり 目 ) 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 (O157,O26,O111 等 ) 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 結 核 すべての 発 疹 がかさぶたにな る 耳 下 腺 顎 下 腺 または 舌 下 腺 の 腫 れが 現 れた 後 5 日 を 経 過 し かつ 全 身 状 態 が 良 好 になる 主 な 症 状 ( 発 熱 咽 頭 発 赤 目 の 充 血 )が 消 失 してから2 日 を 経 過 する 登 園 には 医 師 の 記 入 した 登 園 許 可 証 が 必 要 です 14~16 日 16~18 日 2~14 日 2~14 日 1~3 日 3~4 日 2 年 以 内 ( 特 に6ヶ 月 以 内 に 多 い) 溶 連 菌 感 染 症 抗 菌 薬 内 服 後 24~48 時 間 2~5 日 マイコプラズマ 肺 炎 手 足 口 病 伝 染 性 紅 斑 (リンゴ 病 ) ウイルス 性 胃 腸 炎 (ノロ ロタ アデノウ イルス 等 ) ヘルパンギーナ 2~3 週 間 3~6 日 4~14 日 ロタ1~3 日 ノ ロ12~48 時 間 3~6 日 症 状 がある 期 間 ( 発 症 前 24 時 間 から 発 症 後 3 日 程 度 が 感 染 力 が 強 い) 発 症 した 後 5 日 経 過 し かつ 解 熱 後 3 日 経 過 する 咳 が 出 現 してから2 週 間 以 特 有 の 咳 が 消 失 する また 内 ( 感 染 初 期 )が 最 も 感 染 は5 日 間 の 適 正 な 抗 菌 療 法 が 力 が 強 い 終 了 する 発 熱 出 現 1~2 日 前 から 発 解 熱 した 後 3 日 を 経 過 する 疹 出 現 後 の4 日 間 発 疹 出 現 前 7 日 ~ 発 疹 出 発 疹 が 消 失 する 現 後 7 日 間 発 疹 出 現 1~2 日 前 からす べての 発 疹 がかさぶたに なる 耳 下 腺 腫 脹 前 7 日 間 ~ 腫 脹 後 9 日 間 急 性 期 の 最 初 の 数 日 が 最 も 感 染 力 が 強 い すべての 発 疹 がかさぶたになる 耳 下 腺 顎 下 腺 舌 下 腺 の 腫 脹 が 現 れてから5 日 を 経 過 し か つ 全 身 状 態 が 良 好 になる 主 な 症 状 ( 発 熱 咽 頭 発 赤 目 の 充 血 )が 消 失 してから2 日 を 経 過 する 結 膜 炎 の 症 状 ( 流 涙 目 の 充 血 眼 脂 耳 前 リンパ 節 の 腫 脹 と 圧 痛 )が 消 失 してから ウイルス 排 出 は 呼 吸 器 から1 ~2 週 間 便 からは 数 週 間 ~ 数 ヶ 月 便 中 に 菌 が 排 泄 されてい る 間 喀 痰 の 検 査 が 陽 性 の 間 抗 菌 薬 内 服 後 24 時 間 が 経 過 する 症 状 ( 咳 発 熱 頭 痛 など の 風 邪 症 状 ) 発 現 時 が ピークで その 後 4~6 週 間 続 く ウイルス 排 泄 は 唾 液 1 週 間 未 満 便 中 発 症 から 数 週 間 風 邪 症 状 発 現 から 顔 に 発 疹 が 出 現 する 症 状 ( 嘔 気 嘔 吐 下 痢 )の ある 時 期 ウイルス 排 泄 は 唾 液 1 週 間 未 満 便 中 発 症 から 数 週 間 RSウイルス 感 染 症 4~6 日 通 常 3~8 日 間 帯 状 疱 疹 突 発 性 発 疹 伝 染 性 膿 痂 疹 (とびひ) 伝 染 性 軟 属 腫 ( 水 いぼ) 認 定 子 ども 園 における 病 児 の 対 処 について 不 定 約 10 日 2~10 日 2~7 週 間 すべての 発 疹 がかさぶた になる 感 染 力 は 弱 いが 発 熱 中 は 感 染 力 がある 効 果 的 治 療 開 始 後 24 時 間 不 明 症 状 ( 激 しい 腹 痛 頻 回 の 水 様 便 さらに 血 便 )が 治 まり かつ 抗 菌 薬 による 治 療 が 終 了 し 48 時 間 をあけて 連 続 2 回 の 検 便 でい ずれも 陰 性 が 確 認 される ( 異 なった 日 の 喀 痰 の 検 査 結 果 が 連 続 して3 回 陰 性 と なる) 抗 菌 薬 内 服 後 24~48 時 間 経 過 していること (ただし 治 療 の 継 続 は 必 要 ) 発 熱 や 激 しい 咳 が 治 まっている こと( 症 状 が 改 善 し 全 身 状 態 が 負 いこと) 解 熱 後 1 日 以 上 経 過 し 口 腔 内 の 水 疱 や 潰 瘍 の 影 響 がなく 普 段 通 りの 食 事 ができること 全 身 状 態 が 良 いこと( 発 疹 が 出 た 頃 にはすでに 感 染 力 は 消 失 している) 嘔 吐 下 痢 等 の 症 状 が 治 まり 普 段 通 りの 食 事 ができること 解 熱 後 1 日 以 上 経 過 し 口 腔 内 の 水 疱 や 潰 瘍 の 影 響 がなく 普 段 通 りの 食 事 ができること 重 篤 な 呼 吸 器 症 状 ( 喘 鳴 呼 吸 困 難 )が 消 失 し 全 身 状 態 が 良 いこと すべての 発 疹 がかさぶたになる 解 熱 後 1 日 以 上 経 過 し 全 身 状 態 が 良 いこと 皮 疹 が 乾 燥 しているか 湿 潤 部 位 が 覆 うことのできる 程 度 のも のであること 掻 きこわし 傷 から 浸 出 液 が 出 て いるときは 覆 うこと

10w.xdw

10w.xdw 児 県 感 染 症 発 生 動 向 調 査 事 業 感 染 症 のホームページアドレス http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/index.html 県 内 に 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ)の 流 行 発 生 警 報 が 発 令 されました 県 内 の 流 行 性 耳 下 腺 炎 の 発 生 動 向 と

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

届出基準

届出基準 15 RSウイルス 感 染 症 RSウイルス(respiratory syncytial virus)による 急 性 呼 吸 器 感 染 症 である 乳 児 期 の 発 症 が 多 く 特 徴 的 な 病 像 は 細 気 管 支 炎 肺 炎 である 2 日 ~1 週 間 ( 通 常 4~5 日 )の 潜 伏 期 間 の 後 に 初 感 染 の 乳 幼 児 では 上 気 道 症 状 ( 鼻 汁 咳 など)から

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

基 本 理 念 当 センターは 夜 間 休 日 における 子 どもの 急 病 に 対 する 初 期 小 児 救 急 医 療 を 通 じて 安 心 の 子 育 て 子 どもの 健 やかな 成 育 のために 地 域 社 会 に 奉 仕 します 基 本 方 針 1. 夜 間 休 日 の 初 期 小 児 救

基 本 理 念 当 センターは 夜 間 休 日 における 子 どもの 急 病 に 対 する 初 期 小 児 救 急 医 療 を 通 じて 安 心 の 子 育 て 子 どもの 健 やかな 成 育 のために 地 域 社 会 に 奉 仕 します 基 本 方 針 1. 夜 間 休 日 の 初 期 小 児 救 阪 神 北 広 域 こども 急 病 センター 平 成 26 年 度 統 計 年 報 公 益 財 団 法 人 阪 神 北 広 域 救 急 医 療 財 団 基 本 理 念 当 センターは 夜 間 休 日 における 子 どもの 急 病 に 対 する 初 期 小 児 救 急 医 療 を 通 じて 安 心 の 子 育 て 子 どもの 健 やかな 成 育 のために 地 域 社 会 に 奉 仕 します 基 本 方

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

2 延 長 保 育 事 業 (3 保 育 所 で 実 施 ) いわみ 西 保 育 所 7:15~19:30まで 東 保 育 所 7:15~18:45まで 日 貫 保 育 所 7:15~18:45まで 年 間 延 べ 利 用 数 いわみ 西 保 育 所 東 保 育 所 日 貫 保 育 所 219 人

2 延 長 保 育 事 業 (3 保 育 所 で 実 施 ) いわみ 西 保 育 所 7:15~19:30まで 東 保 育 所 7:15~18:45まで 日 貫 保 育 所 7:15~18:45まで 年 間 延 べ 利 用 数 いわみ 西 保 育 所 東 保 育 所 日 貫 保 育 所 219 人 平 成 26 年 度 保 育 所 事 業 報 告 子 どもたちが 心 身 共 に 健 やかに 育 つことを 願 い 石 見 さくら 会 3 保 育 所 では 豊 か な 心 と 元 気 なからだを 育 てよう というテーマに 基 づき 話 し 合 いや 研 修 を 重 ねながら 1 年 間 保 育 に 取 り 組 んできました また 7 年 ぶりに 見 直 しを 行 い 作 成 した 食 育 計 画

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ 夏 に 気 をつけたい 感 染 症 について 2014 年 夏 東 京 でデング 熱 の 国 内 感 染 が 報 告 されました 感 染 症 という と 国 内 ではインフルエンザやノロウイルスなど 寒 い 時 期 を 連 想 しがちです が 暑 い 時 期 に 流 行 する 熱 帯 性 の 感 染 症 の 国 内 流 行 もあります そこで 愛 知 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

以 上 児 未 満 児 年 長 児 5 歳 児 ( 白 組 ) 年 中 児 4 歳 児 ( 黄 組 ) 年 少 児 3 歳 児 ( 青 組 ) 2 歳 児 ( 赤 組 ) 1 歳 児 ( 桃 組 ) 0 歳 児 ( 緑 組 ) = クラス 分 け = ゆり すずらん ひまわり たんぽぽ すみれ ふじ

以 上 児 未 満 児 年 長 児 5 歳 児 ( 白 組 ) 年 中 児 4 歳 児 ( 黄 組 ) 年 少 児 3 歳 児 ( 青 組 ) 2 歳 児 ( 赤 組 ) 1 歳 児 ( 桃 組 ) 0 歳 児 ( 緑 組 ) = クラス 分 け = ゆり すずらん ひまわり たんぽぽ すみれ ふじ 入 園 式 平 成 28 年 4 月 2 日 ( 土 ) 午 前 10 時 (9 時 40 分 より 受 付 ) 当 日 は 保 護 者 同 伴 で おいで 下 さい * 玄 関 ホールにて 必 ず 受 付 を すませて 体 育 館 へお 入 り 下 さい 子 どもさんが 喜 んで 登 園 し 楽 しい 保 育 園 生 活 が 出 来 るように 入 園 式 までにこれだけは 準 備 して 下 さい

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

厚 生 労 働 省 では 毎 年 9 月 24 日 ~30 日 を 結 核 予 防 週 間 として 広 く 国 民 の 皆 様 に 結 核 についての 正 しい 理 解 を 深 めていただく 期 間 とし ています 結 核 は 化 学 療 法 により 完 治 する 病 気 ですが きちんと 服 薬

厚 生 労 働 省 では 毎 年 9 月 24 日 ~30 日 を 結 核 予 防 週 間 として 広 く 国 民 の 皆 様 に 結 核 についての 正 しい 理 解 を 深 めていただく 期 間 とし ています 結 核 は 化 学 療 法 により 完 治 する 病 気 ですが きちんと 服 薬 感 染 症 情 報 を 医 療 者 へダイレクトにお 届 けする 厚 生 労 働 省 のメールマガジン 感 染 症 エ ク ス プ レ ス >>>>>>>>>>>>>> >>>>>>>>> @ 厚 労 省 Vol.264(2016 年 9 月 16 日 ) >>>>>>>>> ヘッドライン トピックス 9 月 24 日 ~30 日 は 結 核 予 防 週 間 です RS ウイルス 感 染 症 の 報

More information

2 9. どんな 食 べ 物 に 反 応 を 起 こしますか?( 複 数 回 答 可 ) リンゴ モモ トマト メロン キウイ スイカ その 他 フルーツ 野 菜 ( ) ナッツ 類 豆 腐 豆 乳 その 他 マメ 類 ( ) 牛 乳 卵 鶏 肉 牛 肉 豚 肉 魚 類 ( ) 小 麦 グルコサミン

2 9. どんな 食 べ 物 に 反 応 を 起 こしますか?( 複 数 回 答 可 ) リンゴ モモ トマト メロン キウイ スイカ その 他 フルーツ 野 菜 ( ) ナッツ 類 豆 腐 豆 乳 その 他 マメ 類 ( ) 牛 乳 卵 鶏 肉 牛 肉 豚 肉 魚 類 ( ) 小 麦 グルコサミン 1 果 物 アレルギーコンポーネント 研 究 会 患 者 様 用 質 問 紙 1. 通 知 番 号 を 記 入 してください 2. あなた(のお 子 さま)の 年 齢 は 3. あなた(のお 子 さま)の 性 別 は 男 女 4. 現 在 お 住 まいの 都 道 府 県 5. これまで 一 番 長 く 住 んでいた 都 道 府 県 6. その 都 道 府 県 での 在 住 期 間 ( 年 ) 7.

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

Microsoft Word - 【プレスリリース】年末年始当番医プレスリリース(2013年)(HP用)

Microsoft Word - 【プレスリリース】年末年始当番医プレスリリース(2013年)(HP用) 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 12 月 11 日 ティーペック 株 式 会 社 社 会 貢 献 活 動 年 末 年 始 のお 役 立 ちサイト 公 開 します!! ~ 年 末 年 始 に 受 診 できる 医 療 機 関 を 無 料 検 索 できるサイト~ スマホ 携 帯 PC で 全 国 各 地 の 医 療 機 関 を 簡 単 検 索!! 健 康 に 関 する 電 話 相 談 などを 手

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

平成20年度 児童関連サービス調査研究等事業

平成20年度 児童関連サービス調査研究等事業 保 育 所 における 感 染 症 対 策 ガイドライン 厚 生 労 働 省 平 成 21 年 8 月 はじめに 現 在 全 国 には 約 23,000 の 保 育 所 があり 212 万 人 を 超 える 乳 幼 児 が 日 々 生 活 していま す この 子 どもたちの 健 康 と 安 全 を 守 り 心 身 共 に 健 やかな 成 長 を 支 えていくことは 保 育 所 の 役 割 であり 責

More information

患者向医薬品ガイド(案)

患者向医薬品ガイド(案) プレタール 散 20% 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 5 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 プレタール 散 20% Pletaal powder 20% シロスタゾール Cilostazol 200mg (1g 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様 や 家 族 の 方 などに 医 療 用 医

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

Microsoft Word - 短 131 28第1部 第3章 授業

Microsoft Word - 短 131 28第1部 第3章 授業 第 3 章 授 業 1. 授 業 回 数 授 業 は 各 学 期 とも 15 回 行 うことを 標 準 としています ただし 8 回 で 完 結 するものもあります 2. 学 年 暦 ( 学 事 日 程 ) 本 学 における 今 年 度 の 学 事 日 程 は 表 紙 裏 にある 予 定 表 のとおり 計 画 されています なお 各 学 期 とも 15 回 の 授 業 回 数 を 確 保 するため

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63> 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 ニュアル 健 診 医 用 成 月 鳥 取 県 母 子 保 健 対 策 協 議 会 鳥 取 県 健 康 対 策 協 議 会 母 子 保 健 対 策 専 門 委 員 会 目 次 10 11 乳 幼 児 健 診 について に 所 見 取 方 一 般 身 体 所 見 取 方 発 達 所 見 取 方 か 月 児 健 診 イント ~ か 月 児 健 診 イント ~ か 月

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

ミティキュウア治療を始める患者さんへ

ミティキュウア治療を始める患者さんへ ミティキュアによる 治 療 をはじめる 患 者 さんへ インフォームド コンセント 用 監 修 : 日 本 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 頭 頸 部 感 覚 器 科 学 分 野 教 授 大 久 保 公 裕 先 生 CONTENTS 本 資 材 は ミティキュアによるアレルゲン 免 疫 療 法 を 行 う 患 者 さんやご 家 族 に 向 け 治 療 の 概 要 や 服 用 方 法

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

Microsoft Word 報道発表資料様式 _最終_.doc

Microsoft Word 報道発表資料様式  _最終_.doc Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 21 年 11 月 11 日 新 型 インフルエンザ 対 策 推 進 本 部 事 務 局 ( 医 薬 食 品 局 安 全 対 策 課 ) 課 長 ; 森 ( 内 2747) 安 全 使 用 推 進 室 長 ; 佐 藤 ( 内 2755) 電 話 ; 03(5253)1111( 内 2749) 夜 間 直 通 ; 03(3595)2435

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ の 注 意 事 項 2015 年 6 月 作 成 主 にインタビューフォームと 添 付 文 書 を 参 照 している 重 大 な 副 作 用 と 頻 度 の 高 い 副 作 用 の 一 部 を 抜 粋 しているため すべての 副 作 用 を 網 羅 していない 最 新 の 添 付 文 書 情 報 を 反 映 しているとは 限 らないので 注 意 してください

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

ダイドロネル(患者向け医薬品ガイド)

ダイドロネル(患者向け医薬品ガイド) 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 6 月 更 新 ダイドロネル 錠 200 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ダイドロネル 錠 200 Didronel Tablets 200 エチドロン 酸 二 ナトリウム Etidronate Disodium 200mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様

More information

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について の 治 療 を 受 ける 患 者 さんへ がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について 9 で 起 こりやすい 副 作 用 10 吐 き 気 嘔 吐

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案 創 薬 データマイニングにおける 副 作 用 予 測 モデルの 提 案 江 谷 典 子 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 研 究 機 構 CREST 2014 年 11 月 18 日 2014/11/18 1 概 要 背 景 1.ビッグデータ 応 用 2. 副 作 用 の 少 ない 創 薬 課 題 1.ビッグデータを 有 益 に 活 用 するための

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

Microsoft Word - vaccine_dog.doc

Microsoft Word - vaccine_dog.doc ワクチンについて ワンちゃん 編 ワクチンは いつ 接 種 するかのタイミングが 重 要 です 特 に 子 犬 の 場 合 は 生 まれる 時 に 親 から 貰 った 免 疫 ( 移 行 抗 体 )が 残 っているので これが 切 れる 時 期 を 見 計 らってワクチンを 接 種 することが 大 切 です また 健 康 状 態 や 体 質 によっては 副 作 用 の 危 険 や 十 分 な 免 疫

More information

MyMedicalRecord_Lung-1

MyMedicalRecord_Lung-1 がん 手 術 後 地 域 連 携 クリニカルパス( 地 域 連 携 療 計 画 書 ) 患 者 用 連 絡 先 メモ お 名 前 : かかりつけ 医 : 担 当 医 ( 電 話 - - ) 手 術 担 当 病 院 : 担 当 医 ( 電 話 - - 代 表 ) かかりつけ 薬 局 : ( 電 話 - - ) 滋 賀 県 がん 療 連 携 協 議 会 地 域 連 携 部 会 2014/11/11 第

More information

DKIX01HH.mcd

DKIX01HH.mcd 106 H 指 示 があるまで 開 かないこと 平 成 24 年 月 13 日 12 時 45 分 14 時 00 分 注 意 事 項 1. 試 験 問 題 の 数 は 38 問 で 解 答 時 間 は 正 味 時 間 15 分 である 2. 解 答 方 法 は 次 のとおりである 各 問 題 にはからまでの つの 選 択 肢 があるので そのうち 質 問 に 適 した 選 択 肢 を つ 選 び

More information

<4D F736F F D E C9F91CC8DCC8EE68E9E82CC928D88D35F82505F2E646F63>

<4D F736F F D E C9F91CC8DCC8EE68E9E82CC928D88D35F82505F2E646F63> 検 体 採 取 の 方 法 1. 検 体 採 取 時 の 一 般 的 注 意 点 診 断 価 値 の 高 い 検 査 結 果 を 得 るために 材 料 を 正 しく 採 取 提 出 することは 欠 かせな い 採 取 した 材 料 が 目 的 としない 雑 菌 で 汚 染 されていたり 検 査 室 への 運 搬 の 過 程 で 死 滅 したりすることがないよう 十 分 注 意 する 必 要 がある

More information

目 次 3P はじめに 4P 第 1 章 子 どもにおきる 病 気 おたふく 風 邪 について 5P りんご 病 について 6P はしか について 7P プール 熱 について 8P 水 疱 瘡 について 9P 第 2 章 食 物 アレルギー 10P まとめ 2

目 次 3P はじめに 4P 第 1 章 子 どもにおきる 病 気 おたふく 風 邪 について 5P りんご 病 について 6P はしか について 7P プール 熱 について 8P 水 疱 瘡 について 9P 第 2 章 食 物 アレルギー 10P まとめ 2 卒 業 研 究 谷 田 貝 ゼミ 子 どもにおきる 病 気 3G 19-1208 岡 田 瞳 目 次 3P はじめに 4P 第 1 章 子 どもにおきる 病 気 おたふく 風 邪 について 5P りんご 病 について 6P はしか について 7P プール 熱 について 8P 水 疱 瘡 について 9P 第 2 章 食 物 アレルギー 10P まとめ 2 はじめに 私 は 卒 業 研 究 を 子 どもにおきる

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

アレルギーを 取 り 巻 く 現 状 日 本 を 含 む 先 進 諸 国 でアレルギー 疾 患 の 患 者 数 が 急 増! 日 本 国 民 の3 人 に1 人 がなんらかのア レルギー 様 症 状 をもっている 低 年 齢 化 が 進 んでいる 参 考 : 扇 元 敬 司 著 わかりやすいアレルギ

アレルギーを 取 り 巻 く 現 状 日 本 を 含 む 先 進 諸 国 でアレルギー 疾 患 の 患 者 数 が 急 増! 日 本 国 民 の3 人 に1 人 がなんらかのア レルギー 様 症 状 をもっている 低 年 齢 化 が 進 んでいる 参 考 : 扇 元 敬 司 著 わかりやすいアレルギ 緑 井 レディースクリニック 様 アレルギーについて ( 花 粉 症 タ ニアレルキ ー アレルキ ー 検 査 ) ( 社 ) 広 島 市 医 師 会 臨 床 検 査 センター アレルギーを 取 り 巻 く 現 状 日 本 を 含 む 先 進 諸 国 でアレルギー 疾 患 の 患 者 数 が 急 増! 日 本 国 民 の3 人 に1 人 がなんらかのア レルギー 様 症 状 をもっている 低 年 齢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20815A8E9589C88C9F906681798F4390B394C5817A82522E8252955C8E86957482AB81698C929066955B82C882B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20815A8E9589C88C9F906681798F4390B394C5817A82522E8252955C8E86957482AB81698C929066955B82C882B5816A2E646F63> 平 成 26 年 度 版 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 マニュアル スタッフ 用 ~ 歯 科 健 康 診 査 部 ~ 成 月 鳥 取 県 母 子 保 健 対 策 協 議 会 鳥 取 県 健 康 対 策 協 議 会 母 子 保 健 対 策 専 門 委 員 会 め び 成 度 版 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 マニュアル 歯 科 健 康 診 査 部 ついて 改 訂 ま 本 マニュアル

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

学校において予防すべき感染症の解説

学校において予防すべき感染症の解説 (4) インフルエンザ 菌 肺 炎 球 菌 生 後 3 か 月 5 歳 までの 細 菌 性 髄 膜 炎 敗 血 細 菌 性 肺 炎 などの 原 因 の 4 分 の 3 程 度 を 占 める 3 か 月 5 歳 に 多 く 特 に 6 か 月 2 歳 の 子 どもに 好 発 する インフルエンザ 菌 ( インフルエンザ 菌 b 型 (Hib) など ) 肺 炎 球 菌 Ⅲ 潜 伏 期 間 主 に2 3

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

総合診療専門研修カリキュラム

総合診療専門研修カリキュラム 総 合 診 療 専 門 医 専 門 研 修 カリキュラム 到 達 目 標 : 総 合 診 療 専 門 医 の6つのコアコンピテンシー 1. 人 間 中 心 の 医 療 ケア 1) 患 者 中 心 の 医 療 2) 家 族 志 向 型 医 療 ケア 3) 患 者 家 族 との 協 働 を 促 すコミュニケーション 2. 包 括 的 統 合 アプローチ 1) 未 分 化 で 多 様 かつ 複 雑 な 健

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

患者向医薬品ガイド

患者向医薬品ガイド 経 口 用 エンドキサン 原 末 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 7 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 瓶 中 ) 経 口 用 エンドキサン 原 末 100mg Endoxan Oral Powder 100mg シクロホスファミド 水 和 物 Cyclophosphamide Hydrate シクロホスファミド 水 和 物 106.9mg

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード] 市 民 講 座 みみ はな のどの 癌 の 話 市 立 函 館 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 科 長 坪 田 大 耳 鼻 科 と 癌 は 関 係 があるの? 耳 鼻 咽 喉 科 は 頭 蓋 内, 眼 窩 内, 歯 牙 咬 合 を 除 く 頭 部 頸 部 の 外 科 疾 患 を 対 象 と しており, 医 学 部 医 科 大 学 や 一 部 病 院 では, 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 外 科 と 言

More information

表 一 般 用 医 薬 品 薬 効 分 類 別 副 作 用 症 例 数 ( 平 成 21 年 度 ~25 年 度 ) 4 薬 効 分 類 症 例 数 うち 死 亡 例 数 うち 後 遺 症 が 残 った 症 例 数 死 亡 や 後 遺 症 が 残 った 症 例 の 副 作 用 名 総 合 感 冒 薬

表 一 般 用 医 薬 品 薬 効 分 類 別 副 作 用 症 例 数 ( 平 成 21 年 度 ~25 年 度 ) 4 薬 効 分 類 症 例 数 うち 死 亡 例 数 うち 後 遺 症 が 残 った 症 例 数 死 亡 や 後 遺 症 が 残 った 症 例 の 副 作 用 名 総 合 感 冒 薬 News Release 平 成 27 年 4 月 8 日 市 販 薬 の 副 作 用 で 重 症 化 することも! 初 期 症 状 が 出 たら 医 師 薬 剤 師 に 相 談 しましょう 医 薬 品 には 副 作 用 を 起 こすリスクがあります 副 作 用 は 必 ず 起 こるもの ではありませんが 薬 局 やドラッグストア インターネットなどで 購 入 でき る 風 邪 薬 などの 一 般

More information

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています 2016 年 7 月 14 日 放 送 第 45 回 日 本 皮 膚 アレルギー 接 触 皮 膚 炎 学 会 7 パネルディスカッション4-4 花 粉 皮 膚 炎 のアップデート 東 京 医 科 歯 科 大 学 大 学 院 皮 膚 科 教 授 横 関 博 雄 はじめに 近 年 スギ 花 粉 症 患 者 に 呼 吸 器 症 状 消 化 器 症 状 咽 頭 症 状 発 熱 なども 見 られることが 良

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

2 診 聞 診 問 診 脈 診 腹 診 舌 診 背 候 診 切 経 ( 撮 診 )を 丁 寧 にするべきである 名 家 灸 選 聚 録 の 中 より 引 用 すれば 名 人 には 禁 穴 なし 禁 穴 に 奇 効 を 奏 することもある と 述 べてあり これか ら 特 効 穴 は あらゆる 方 面

2 診 聞 診 問 診 脈 診 腹 診 舌 診 背 候 診 切 経 ( 撮 診 )を 丁 寧 にするべきである 名 家 灸 選 聚 録 の 中 より 引 用 すれば 名 人 には 禁 穴 なし 禁 穴 に 奇 効 を 奏 することもある と 述 べてあり これか ら 特 効 穴 は あらゆる 方 面 1 平 成 28 年 1 月 17 日 臨 床 50 年 のAKB48 1 まえおき 経 穴 とは 灸 を 点 じ 鍼 を 打 つべき 身 体 の 箇 所 全 身 に 数 百 ヶ 所 あ り 経 絡 の 要 所 に 当 たり 病 気 の 診 断 と 治 療 の 対 象 点 とされる と 広 辞 苑 ( 新 村 出 編 岩 波 書 店 1974 年 9 月 )に 出 ております それ では 特 効 穴

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? この 薬 の 使 用 中 に 脈 拍 数 が 増 えることがあり 冠 動 脈 疾 患 を 合 併 している 人 では 狭 心 症 ( 胸 痛 など)を 引 き 起 こすおそれがあります [この 薬 の 使 用 中 に 気 をつ けなければならない

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? この 薬 の 使 用 中 に 脈 拍 数 が 増 えることがあり 冠 動 脈 疾 患 を 合 併 している 人 では 狭 心 症 ( 胸 痛 など)を 引 き 起 こすおそれがあります [この 薬 の 使 用 中 に 気 をつ けなければならない この 薬 は? 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイド 50mg タカタ 100mg タカタ 2012 年 12 月 作 成 50 mg タカタ 100 mg タカタ Cilostazol Tablets 50mg Cilostazol Tablets 100mg シロスタゾール Cilostazol 50mg 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患

More information