報告書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "報告書"

Transcription

1 低 炭 素 型 の 国 土 づくり ~ 米 代 川 流 域 圏 での 取 組 ~ 米 代 川 流 域 圏 における 低 炭 素 型 国 土 形 成 のための 連 絡 協 議 会 1 1. 低 炭 素 型 の 国 土 づくりと 流 域 圏 ( 低 炭 素 化 と 国 土 づくり) 地 球 温 暖 化 問 題 の 解 決 に 向 けて 地 域 においても 省 エネルギーや 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 促 進 など 低 炭 素 化 に 向 けた 取 組 が 進 められています 米 代 川 流 域 圏 でも 風 力 太 陽 光 木 質 バイオマス 地 熱 など 様 々な 再 生 可 能 エネルギーの 活 用 が 進 んでいます 米 代 川 流 域 圏 の 5 市 4 町 1 村 について 1990 年 と 2008 年 の CO2 排 出 量 を 比 較 すると 全 国 が 6% 程 度 の 増 加 なのに 対 し 米 代 川 流 域 圏 は 自 動 車 保 有 台 数 の 増 加 や 家 庭 のエネルギー 需 要 増 などを 背 景 に 19% 増 と 大 幅 に 増 加 しており 今 後 も 着 実 な 取 組 みが 期 待 されます( 図 1) 低 炭 素 化 は 国 土 づくりにおいても 重 要 です 今 後 人 口 減 少 が 急 速 に 進 む 中 で 地 域 活 性 化 を 図 り 森 林 や 中 山 間 地 域 の 自 然 環 境 や 水 資 源 など 国 土 の 管 理 をいかに 進 めるかが 大 きな 課 題 とな っています 地 域 の 資 源 をエネルギーとして 活 用 し 地 域 の 環 境 価 値 を 高 める 低 炭 素 型 の 地 域 づくりは 同 時 に 国 土 をめぐる 様 々な 問 題 の 解 決 につながることが 期 待 されています 地 域 の 資 源 を 活 用 した 新 たなエネルギー 産 業 が 地 域 の 産 業 振 興 につながる 可 能 性 や 間 伐 材 を 木 質 バイオマスとしてエ ネルギーに 活 用 する 取 組 みが 林 業 の 再 生 や 森 林 の 保 全 に 役 立 ち 更 には 下 流 域 の 水 資 源 確 保 や 土 砂 災 害 の 防 止 などにつながると 考 えられます 米 代 川 流 域 圏 では 1990 年 から 2010 年 にかけて 人 口 が 17% 減 少 し 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 る ペースで 人 口 減 少 が 進 んでいます( 図 2) 低 炭 素 化 を 地 域 活 性 化 や 国 土 をめぐる 様 々な 課 題 の 解 決 につなげていくことが 求 められます 2,500 2,000 1,500 1, 千 t CO2 米 代 川 流 域 圏 計 一 般 廃 棄 物 船 舶 鉄 道 自 動 車 業 務 他 家 庭 農 林 水 産 業 建 設 業 鉱 業 製 造 業 1,400 1,200 1, 百 万 t CO2 全 国 計 工 業 プロセス 他 エネルギー 転 換 部 門 一 廃 以 外 一 般 廃 棄 物 航 空 船 舶 鉄 道 自 動 車 業 務 その 他 部 門 家 庭 部 門 農 林 水 産 業 建 設 業 鉱 業 製 造 業 図 1 CO2 排 出 量 の 全 国 と 米 代 川 流 域 圏 の 比 較 1 本 稿 の 米 代 川 流 域 圏 は 大 館 市 鹿 角 市 北 秋 田 市 小 坂 町 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 能 代 市 上 小 阿 仁 村 八 幡 平 市 を 指 します 米 代 川 流 域 圏 では 平 成 22 年 度 から 平 成 24 年 度 にかけて 国 土 交 通 省 の 支 援 の 下 圏 内 の 自 治 体 有 識 者 エネ ルギー 関 係 機 関 国 の 地 方 支 分 部 局 関 係 団 体 等 からなる 連 絡 協 議 会 を 開 催 し 各 自 治 体 における 低 炭 素 型 国 土 の 形 成 に 向 けた 取 組 状 況 について 情 報 共 有 を 行 う 中 で 流 域 圏 としての 低 炭 素 化 に 向 けた 検 討 を 行 いました( 詳 細 は 参 考 3 を 参 照 ) 1

2 ( 年 ) 米 代 川 流 域 圏 全 国 図 2 米 代 川 流 域 圏 及 び 全 国 の 人 口 の 増 減 (1990 年 =100 とした 場 合 ) ( 地 域 の 価 値 を 高 める 低 炭 素 化 の 取 組 ) このように 低 炭 素 化 は 産 業 振 興 や 国 土 管 理 にも 役 立 つ 可 能 性 がありますが その 他 にも 緊 急 時 のエネルギー 確 保 や 環 境 問 題 に 率 先 して 取 組 む 地 域 としてのイメージ 向 上 など 様 々な 効 果 が 期 待 されます 低 炭 素 化 は 産 業 振 興 地 域 資 源 の 保 全 地 域 の 安 全 安 心 など 様 々な 点 から 地 域 の 魅 力 を 向 上 させ 地 域 の 価 値 を 高 める 可 能 性 がある 取 組 と 言 えます 秋 田 県 の 北 部 地 域 ( 米 代 川 流 域 )は 廃 棄 物 や 循 環 資 源 を 原 料 とする 新 しいリサイクル 産 業 を 創 出 し 環 境 と 調 和 したまちづくりを 目 的 とした 秋 田 県 北 部 エコタウン 計 画 に 取 り 組 んでき ました こうした 環 境 に 配 慮 した 地 域 としての 評 価 を 高 めてきた 実 績 に 加 えて 低 炭 素 化 に 向 け た 取 組 を 進 めることで 地 域 振 興 に 向 けてより 大 きな 効 果 が 期 待 されます ( 低 炭 素 化 と 広 域 連 携 ) これまで 地 域 の 低 炭 素 化 の 取 組 は 各 自 治 体 がそれぞれに 実 施 してきましたが 複 数 の 自 治 体 が 広 域 的 に 連 携 して 取 り 組 むことで より 良 い 成 果 につながる 可 能 性 があります 圏 域 内 の 自 治 体 が 積 極 的 に 情 報 交 換 を 行 いながら 施 策 の 実 施 のための 技 術 的 な 制 度 的 な 知 見 を 共 有 すること で より 効 率 的 に 取 組 を 実 施 できると 考 えられます 地 域 の 資 源 を 広 域 的 に 利 用 することで ス ケールメリットを 実 現 できる 可 能 性 もあります 低 炭 素 化 に 連 携 して 取 り 組 んでいる 自 治 体 団 体 に 連 携 のメリットを 聞 いたところ 多 くの 情 報 が 得 られる 単 独 ではできない 高 度 な 取 組 が 可 能 となる 注 目 度 や 認 知 度 が 上 がる こと などが 期 待 されています( 図 3) 2

3 多 くの 情 報 が 得 られる 63 費 用 負 担 が 軽 減 される 事 務 の 効 率 化 が 図 れる 単 独 ではできない 高 度 な 取 組 が 可 能 となる 注 目 度 や 認 知 度 が 上 がる 国 等 の 支 援 を 受 けやすくなる 15 その 他 8 図 3 低 炭 素 の 取 組 で 複 数 の 地 域 が 連 携 するメリット 出 典 : 複 数 の 地 域 が 連 携 した 低 炭 素 関 連 の 取 組 の 実 施 状 況 に 関 するアンケート ( 平 成 24 年 度, 国 土 交 通 省 ) アンケート 対 象 : 地 方 支 分 部 局 都 道 府 県 定 住 自 立 圏 環 境 未 来 都 市 環 境 モデル 都 市 官 民 連 携 組 織 ( 流 域 圏 で 連 携 する 意 義 ) 流 域 圏 は 連 携 する 地 域 の 範 囲 として 重 要 です 流 域 圏 の 以 下 のような 特 徴 は 地 域 資 源 を 活 用 した 再 生 可 能 エネルギー 利 用 の 推 進 など 低 炭 素 化 に 連 携 して 取 り 組 む 上 でも 重 要 な 意 義 を 持 つと 考 えられます 共 通 の 自 然 社 会 条 件 を 持 つこと 再 生 可 能 エネルギーの 活 用 は 地 域 の 自 然 社 会 環 境 を 活 かした 形 で 進 める 必 要 があり 共 通 の 自 然 社 会 条 件 を 持 つ 地 域 でノウハウを 共 有 するこ とで 取 組 が 円 滑 に 進 む 可 能 性 があります 流 域 圏 は 歴 史 的 文 化 的 な 共 通 性 があること 省 エネルギーや 再 生 可 能 エネルギーの 活 用 な ど 低 炭 素 化 の 取 組 を 地 域 イメージとして 打 ち 出 すことは 地 域 振 興 にも 有 効 と 考 えられます 流 域 圏 の 歴 史 的 文 化 的 なつながりが 一 体 的 な 地 域 イメージを 作 る 土 台 となる 可 能 性 があ ります 河 川 の 上 流 下 流 で 水 資 源 森 林 資 源 の 活 用 に 関 する 協 力 関 係 を 構 築 してきた 実 績 がある こと 木 質 バイオマスなどの 地 域 資 源 の 広 域 な 活 用 につなげられる 可 能 性 があります 3

4 2. 米 代 川 流 域 圏 における 低 炭 素 化 のポテンシャルと 現 状 の 取 組 ( 米 代 川 流 域 圏 のエネルギー 資 源 ) 米 代 川 流 域 圏 は 世 界 遺 産 に 登 録 された 白 神 山 地 をはじめ 十 和 田 八 幡 平 国 立 公 園 など 山 岳 部 を 中 心 に 豊 富 な 自 然 環 境 に 恵 まれています 豊 富 な 水 資 源 森 林 資 源 を 背 景 に 農 業 や 林 業 が 地 域 経 済 を 支 えてきました 森 林 資 源 が 豊 富 で 圏 域 の 森 林 面 積 は 41 万 ha と 全 体 の 78%を 占 めています 天 然 秋 田 杉 の 宝 庫 であり 以 前 は 米 代 川 の 舟 運 が 木 材 運 搬 に 使 われていました 図 4 米 代 川 流 域 圏 の 対 象 エリア 多 様 な 自 然 環 境 を 反 映 し 森 林 資 源 以 外 にも 様 々な 自 然 エネルギー 資 源 が 存 在 しています 多 雪 地 帯 で 雪 氷 冷 熱 の 賦 存 量 可 採 量 が 多 い 地 中 熱 は 流 域 圏 全 体 に 存 在 し 地 熱 発 電 の 導 入 ポテンシャルも 高 い 日 射 量 は 八 幡 平 から 森 吉 山 奥 羽 山 脈 などの 山 間 部 能 代 平 野 から 大 館 にかけての 米 代 川 に 沿 った 平 地 部 の 日 射 量 が 比 較 的 高 い 風 力 発 電 に 適 した 風 速 の 目 安 である 年 平 均 風 速 6m/s 以 上 の 地 域 は 沿 岸 部 や 鹿 角 市 や 八 幡 平 市 との 境 の 周 辺 森 吉 山 周 辺 に 分 布 している 4

5 ( 米 代 川 流 域 圏 の 再 生 可 能 エネルギー 賦 存 量 導 入 ポテンシャル) この 地 域 の 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 ポテンシャルとして 風 力 については 沿 岸 部 の 八 峰 町 能 代 市 三 種 町 に 風 力 発 電 の 目 安 となる 風 速 6m/s を 越 える 地 域 が 集 中 的 に 存 在 しているほか( 図 5) 中 小 水 力 については 設 備 容 量 5,000kW 以 上 のポテンシャルを 有 する 地 域 が 鹿 角 市 にあり ま た 500kW~5,000kW クラスのポテンシャルを 有 するところが 八 峰 町 藤 里 町 北 秋 田 市 南 部 など に 点 在 しています( 図 6) 図 5 風 力 賦 存 量 導 入 ポテンシャル 凡 例 自 然 公 園 地 域 ( 特 別 保 護 地 区 第 1 種 特 別 地 域 ) 原 生 自 然 環 境 保 全 地 域 自 然 環 境 保 全 地 域 鳥 獣 保 護 区 ( 特 別 保 護 地 区 ) 世 界 自 然 遺 産 市 街 化 区 域 保 安 林 送 電 線 風 力 賦 存 量 導 入 ポテンシャル 風 速 区 分 m/s m/s m/s 8.5m/s 以 上 出 典 : 再 生 可 能 エネルギー 導 入 ポテンシャルマップ ゾーニング 基 礎 情 報 ( 平 成 23 年 度 版 ) ( 環 境 省 )より 作 成 凡 例 自 然 公 園 地 域 ( 特 別 保 護 地 区 第 1 種 特 別 地 域 ) 原 生 自 然 環 境 保 全 地 域 自 然 環 境 保 全 地 域 鳥 獣 保 護 区 ( 特 別 保 護 地 区 ) 世 界 自 然 遺 産 送 電 線 図 6 中 小 水 力 賦 存 量 導 入 ポテンシャル 中 小 水 力 賦 存 量 導 入 ポテン シャル 設 備 容 量 10,000kW 以 上 5,000-10,000kW 以 上 1,000-5,000kW 以 上 500-1,000kW 以 上 kW 以 上 kW 以 上 100kW 未 満 出 典 : 再 生 可 能 エネルギー 導 入 ポテンシャルマップ ゾーニング 基 礎 情 報 ( 平 成 23 年 度 版 ) ( 環 境 省 )より 作 成 5

6 地 熱 については 賦 存 量 導 入 ポテンシャルともに 内 陸 部 の 八 幡 平 市 や 鹿 角 市 北 秋 田 市 の ほか 藤 里 町 南 部 沿 岸 域 の 能 代 市 や 三 種 町 などに 資 源 量 密 度 の 高 い 場 所 があります( 図 7 8) 図 7 地 熱 賦 存 量 (53~120 ) 凡 例 自 然 公 園 地 域 ( 特 別 保 護 地 区 第 1 種 特 別 地 域 ) 原 生 自 然 環 境 保 全 地 域 自 然 環 境 保 全 地 域 鳥 獣 保 護 区 ( 特 別 保 護 地 区 ) 世 界 自 然 遺 産 送 電 線 地 熱 賦 存 量 (53~120 ) 資 源 量 密 度 区 分 kW/km kW/km kW/km kW/km kW/km kW/km 2 250kW/km 2 以 上 出 典 : 再 生 可 能 エネルギー 導 入 ポテンシャルマップ ゾーニング 基 礎 情 報 ( 平 成 23 年 度 版 ) ( 環 境 省 )より 作 成 図 8 地 熱 導 入 ポテンシャル(53~120 ) 凡 例 自 然 公 園 地 域 ( 特 別 保 護 地 区 第 1 種 特 別 地 域 ) 原 生 自 然 環 境 保 全 地 域 自 然 環 境 保 全 地 域 鳥 獣 保 護 区 ( 特 別 保 護 地 区 ) 世 界 自 然 遺 産 送 電 線 地 熱 導 入 ポテンシャル(53~ 120 ) 資 源 量 密 度 区 分 0.1-1kW/km kW/km kW/km ,000kW/km 2 1,000kW/km 2 以 上 出 典 : 再 生 可 能 エネルギー 導 入 ポテンシャルマップ ゾーニング 基 礎 情 報 ( 平 成 23 年 度 版 ) ( 環 境 省 )より 作 成 6

7 バイオマス 系 について 種 類 別 に 見 ると 製 材 廃 材 等 の 廃 棄 物 系 木 質 バイオマスや 林 地 残 材 切 捨 間 伐 材 等 の 未 利 用 木 質 バイオマスが 2,000TJ 以 上 の 賦 存 量 を 有 しています( 表 1) 表 1 米 代 川 流 域 圏 (10 市 町 村 計 )のバイオマス 系 の 賦 存 量 賦 存 量 GJ/ 年 (1) 未 利 用 系 資 源 木 質 系 バイオマス 1 2,300,230 2 農 業 残 渣 1,783,174 草 本 系 バイオマス 3 238,238 (2) 廃 棄 物 系 資 源 木 質 系 バイオマス 4 2,884,575 5 畜 産 ふん 尿 汚 泥 526,899 食 品 系 バイオマス 6 141,672 計 7,874,788 1: 林 地 残 材 切 捨 間 伐 材 果 樹 剪 定 枝 タケ 2: 稲 わら もみ 殻 麦 わら その 他 の 農 業 残 渣 3: ススキ ササ 4: 国 産 材 製 材 廃 材 外 材 製 材 廃 材 建 築 解 体 新 増 築 廃 材 公 園 剪 定 枝 5: 乳 用 牛 肉 用 牛 豚 採 卵 鶏 ブロイラー 下 水 汚 泥 ( 濃 縮 汚 泥 ) し 尿 浄 化 槽 余 剰 汚 泥 集 落 排 水 汚 泥 6: 食 品 加 工 廃 棄 物 家 庭 系 厨 芥 類 事 業 系 厨 芥 類 出 典 : バイオマス 賦 存 量 及 び 利 用 可 能 量 の 全 国 市 町 村 別 推 計 とマッピングデータの 公 開 に 向 けたシステム 開 発 に 関 する 調 査 ( 平 成 年 度 ) (NEDO り 作 成 7

8 ( 低 炭 素 化 の 現 状 ) 米 代 川 流 域 圏 では 多 様 な 自 然 エネルギー 資 源 を 利 用 し 太 陽 光 発 電 風 力 発 電 地 熱 発 電 木 質 バイオマスのエネルギー 利 用 など 様 々な 低 炭 素 化 の 取 組 が 行 われています 各 地 で 林 業 や 木 質 バイオマス 利 用 に 関 する 取 り 組 みが 進 められているほか 能 代 市 鹿 角 市 三 種 町 で 風 力 発 電 所 が 設 置 されています( 図 9 10) 図 9 米 代 川 流 域 圏 の 木 材 木 質 バイオマス 利 用 に 関 する 取 組 や 活 動 主 体 図 10 米 代 川 流 域 圏 の 風 況 ( 地 上 高 50m)と 風 力 発 電 設 備 の 設 置 状 況 出 典 : 風 況 秋 田 県 平 成 21 年 度 秋 田 県 新 エネルギービジョン 策 定 調 査 ~ 風 力 発 電 太 陽 光 発 電 小 水 力 発 電 に 係 る 詳 細 ビジョン~ ( 平 成 22 年 2 月 )( 原 典 は NEDO 局 所 風 況 マップ )をもとに 作 成 風 力 発 電 設 備 NEDO 技 術 開 発 機 構 (10kW 以 上 2010 年 3 月 現 在 ) 8

9 また 鹿 角 市 八 幡 平 市 で 地 熱 発 電 八 幡 平 市 で 農 業 用 水 路 を 活 用 した 小 水 力 発 電 が 行 われて います( 図 各 自 治 体 の 取 組 の 詳 細 は 参 考 1をご 覧 下 さい) 図 11 米 代 川 流 域 圏 の 雪 氷 冷 熱 地 中 熱 利 用 施 設 と 地 熱 発 電 所 図 12 米 代 川 流 域 圏 の 小 水 力 発 電 施 設 9

10 3. 米 代 川 流 域 圏 の 低 炭 素 化 に 向 けて ( 連 携 の 課 題 ) 低 炭 素 化 に 連 携 して 取 り 組 んでいる 自 治 体 団 体 に 連 携 の 課 題 を 聞 いたところ 予 算 の 確 保 他 の 自 治 体 や 各 種 団 体 との 協 力 体 制 の 構 築 調 整 機 関 リーダーシップを 取 る 人 団 体 の 存 在 などが 指 摘 されています( 図 13) 予 算 の 確 保 他 の 自 治 体 や 各 種 団 体 等 との 協 力 体 制 の 構 築 規 制 緩 和 などの 支 援 制 度 10 参 考 になる 事 例 や 情 報 の 収 集 14 複 数 で 取 り 組 むことによるメリットの 明 確 化 29 調 整 機 関 リーダーシップをとる 人 団 体 等 の 存 在 37 事 務 負 担 の 軽 減 22 周 辺 自 治 体 住 民 などの 理 解 13 その 他 1 図 13 複 数 の 自 治 体 で 低 炭 素 に 関 連 する 連 携 した 取 組 を 実 施 する 際 の 課 題 出 典 : 複 数 の 地 域 が 連 携 した 低 炭 素 関 連 の 取 組 の 実 施 状 況 に 関 するアンケート ( 平 成 24 年 度, 国 土 交 通 省 ) アンケート 対 象 : 地 方 支 分 部 局 都 道 府 県 定 住 自 立 圏 環 境 未 来 都 市 環 境 モデル 都 市 官 民 連 携 組 織 米 代 川 流 域 圏 の 連 絡 協 議 会 において 今 後 流 域 圏 で 低 炭 素 型 国 土 形 成 に 向 け 連 携 した 取 組 を 行 う 上 で 以 下 のような 点 が 課 題 とされました 枠 組 みを 維 持 するための 仕 組 み( 財 源 の 確 保 情 報 収 集 や 発 信 等 を 行 う 事 務 局 やとりまとめ るコーディネータの 存 在 など) 参 加 する 意 義 メリットの 明 確 化 広 い 圏 域 を 対 象 とし 持 続 可 能 な 事 業 スキームの 構 築 スケールメリットを 活 かせるような 取 組 エリアが 拡 がることによって 発 生 するコスト 増 及 び 認 識 の 相 違 に 対 する 対 応 低 炭 素 の 取 組 に 対 する 住 民 意 識 の 向 上 財 源 の 確 保 10

11 ( 取 組 の 方 向 性 ) 米 代 川 流 域 圏 の CO2 削 減 ポテンシャル( 削 減 の 可 能 性 )を 一 定 の 仮 定 の 下 で 試 算 すると 風 力 太 陽 光 木 質 バイオマスのエネルギー 利 用 の 順 に 多 くなっています また 住 宅 建 築 物 の 高 断 熱 化 も 効 果 が 大 きく 重 要 な 対 策 であることがわかります また 森 林 面 積 の 割 合 の 大 きい 本 圏 域 において 森 林 による CO2 吸 収 が 低 炭 素 化 に 重 要 な 役 割 を 果 たしていることがわかります( 詳 細 は 参 考 2 を 参 照 ) 今 後 の 取 組 については こうした 対 策 の 効 果 も 参 考 に 進 めていくことが 望 まれ ます 連 絡 協 議 会 では 現 在 進 められている 取 組 も 踏 まえ 今 後 どのような 取 組 を 進 めるべきか 検 討 しました 以 下 のような 取 組 が 重 要 と 考 えられます( 各 対 策 に 流 域 圏 で 取 り 組 むメリットの 詳 細 については 表 2 を 参 照 ) 森 林 資 源 を 活 用 し 連 携 によるスケールメリットを 活 用 した 木 質 バイオマスのエネルギー 利 用 の 拡 大 持 続 可 能 な 森 林 経 営 による CO2 排 出 量 の 安 定 的 吸 収 オフセット クレジット の 活 用 を 行 う 地 域 の 自 然 ポテンシャルを 生 かし 雪 氷 冷 熱 地 中 熱 太 陽 光 小 水 力 地 熱 風 力 など 多 様 な 再 生 可 能 エネルギーの 活 用 を 推 進 する 寒 冷 地 であることや 自 動 車 保 有 台 数 の 多 さなど 地 域 のエネルギー 消 費 の 特 性 を 踏 まえ 住 宅 建 築 物 の 高 断 熱 化 電 気 自 動 車 の 普 及 など 省 エネのための 新 技 術 導 入 を 促 進 する 多 様 な 観 光 資 源 や 特 色 ある 産 業 立 地 研 究 施 設 など 地 域 資 源 を 活 用 した 流 域 圏 内 外 の 人 材 交 流 を 促 進 する また 当 面 進 めるべき 連 携 した 取 組 としては 情 報 の 共 有 が 重 要 であり 分 野 としては 木 質 バ イオマスの 利 用 や 小 水 力 発 電 などが 挙 げられました こうした 点 を 踏 まえ 流 域 圏 における 低 炭 素 型 の 地 域 づくりを 進 めることが 期 待 されます 11

12 表 2 各 対 策 における 流 域 圏 で 取 り 組 むことによるメリット 1 森 林 資 源 の 活 用 1.1. 木 質 バイオマスのエネルギー 利 用 連 携 によるスケールメリットを 活 用 した 木 質 バイオマスの 熱 利 用 の 拡 大 ( 需 要 の 拡 大 による 燃 料 製 造 単 価 の 低 減 一 括 導 入 等 による 機 器 単 価 の 低 減 ) 流 域 圏 の 連 携 におけるバイオエタノールの 研 究 実 用 化 の 推 進 1.2. 持 続 可 能 な 森 林 経 営 によるCO2 排 出 量 の 安 定 的 吸 収 機 械 化 の 促 進 や 路 網 の 整 備 等 による 林 業 の 生 産 性 の 向 上 と 市 町 村 県 国 との 連 携 地 域 材 の 需 要 拡 大 と 新 たな 販 売 促 進 方 策 の 検 討 1.3. オフセット クレジットの 活 用 木 質 ペレットストーブ 等 の 導 入 によるオフセット クレジットの 創 出 森 林 吸 収 によるオフセット クレジットの 集 約 化 と 多 様 な 付 加 価 値 の 創 出 2 地 域 の 自 然 ポテンシャルを 活 かした 再 生 可 能 エネルギーの 活 用 2.1. 雪 氷 冷 熱 地 中 熱 の 活 用 導 入 ノウハウの 共 有 と 共 同 導 入 によるコストの 削 減 雪 にも 強 い 歩 いて 暮 らせるまちづくりにあたっての 再 生 可 能 エネルギーの 総 合 的 な 活 用 2.2. 太 陽 光 小 水 力 地 熱 風 力 発 電 の 導 入 耕 作 放 棄 地 や 農 業 用 施 設 の 活 用 などによる 共 通 性 の 高 い 地 域 課 題 解 決 に 向 けた 連 携 クレジット 案 件 の 規 模 拡 大 と 広 域 的 連 携 協 定 等 も 活 用 した 販 売 力 の 強 化 3 地 域 のエネルギー 消 費 の 特 性 を 踏 まえた 新 技 術 の 導 入 3.1. 住 宅 建 築 物 の 高 断 熱 化 等 の 普 及 促 進 家 庭 での 省 エネ 診 断 等 の 動 機 づけに 対 する 関 係 主 体 の 連 携 住 宅 建 築 物 の 低 炭 素 化 に 向 けた 人 材 育 成 流 域 圏 の 公 共 施 設 等 での 率 先 実 施 3.2. 電 気 自 動 車 の 普 及 促 進 広 域 的 な 生 活 圏 移 動 圏 域 に 対 応 した 電 気 自 動 車 充 電 スタンドの 設 置 多 様 な 主 体 の 連 携 による 電 気 自 動 車 の 普 及 促 進 4 地 域 資 源 の 活 用 による 流 域 圏 内 外 の 人 材 の 交 流 4.1. 流 域 圏 外 の 人 材 を 引 きつける 工 夫 地 域 資 源 を 活 用 した 製 品 サービスの 共 同 開 発 観 光 商 品 の 開 発 4.2. 流 域 圏 内 外 の 人 々の 参 加 促 進 流 域 定 住 や 二 地 域 居 住 の 推 進 地 域 住 民 の 参 画 による 再 生 可 能 エネルギーの 管 理 運 営 利 用 拡 大 12

13 参 考 1 低 炭 素 化 に 向 けた 具 体 的 な 取 組 み 米 代 川 流 域 圏 では 太 陽 光 パネルをはじめ 全 国 でも 上 位 の 賦 存 量 がある 風 力 発 電 や 地 熱 発 電 地 中 熱 利 用 設 備 等 が 既 に 運 用 されています また 森 林 が 多 いという 地 域 特 性 を 活 かして 木 質 バイオマスの 活 用 にも 取 り 組 んでおり 関 連 設 備 の 公 共 施 設 への 導 入 も 進 んでいるほか J-VER や 国 内 クレジット 制 度 にも 積 極 的 に 取 り 組 んでいます 表 3 太 陽 光 パネル 等 の 設 置 状 況 自 治 体 設 置 内 容 設 備 鹿 角 市 北 秋 田 市 街 路 灯 (4 基 ) 十 和 田 市 民 センター 体 育 場 米 内 沢 小 学 校 ソーラー 式 LED 街 路 灯 ( 避 難 所 等 ) 太 陽 光 パネル+ 蓄 電 池 太 陽 光 パネル 太 陽 光 パネル+ 蓄 電 池 太 陽 光 パネル 八 峰 町 産 直 施 設 おらほの 館 太 陽 光 パネル 能 代 市 常 盤 小 中 学 校 在 宅 障 害 者 支 援 施 設 とらいあんぐる 養 護 老 人 ホーム 松 籟 荘 子 ども 館 市 営 住 吉 住 宅 太 陽 光 パネル 表 4 風 力 発 電 の 設 置 状 況 自 治 体 設 置 者 定 格 出 力 基 数 総 出 力 営 業 開 始 鹿 角 市 ユーラスエナシ ー 南 十 和 田 850 kw 9 7,650 kw 2002 年 11 月 三 種 町 エムウインズ 八 竜 1,500 kw 17 25,500 kw 2006 年 10 月 能 代 市 東 北 自 然 エネルキ ー 開 発 600 kw 24 14,400 kw 2001 年 11 月 日 立 エンシ ニアリンク サーヒ ス 600 kw 2 1,200 kw 2002 年 12 月 表 5 地 熱 発 電 の 設 置 状 況 自 治 体 管 理 者 名 称 発 電 出 力 運 転 開 始 鹿 角 市 東 北 電 力 澄 川 地 熱 発 電 所 50,000kW 1995 年 3 月 三 菱 マテリアル 大 沼 地 熱 発 電 所 9,500kW 1974 年 6 月 八 幡 平 市 東 北 水 力 地 熱 松 川 地 熱 発 電 所 23,500kW 1966 年 10 月 表 6 地 中 熱 利 用 設 備 等 の 設 置 状 況 自 治 体 設 置 内 容 利 用 北 秋 田 市 町 道 横 町 線 道 路 融 雪 システム 地 中 熱 小 坂 町 あかしあの 郷 歩 道 融 雪 施 設 地 中 熱 三 種 町 浜 ぼうふう( 山 菜 )の 通 年 栽 培 地 下 水 熱 八 峰 町 八 峰 町 役 場 庁 舎 の 空 調 システム 地 中 熱 八 幡 平 市 総 合 運 動 公 園 体 育 館 の 空 調 システム 地 中 熱 13

14 表 7 木 質 バイオマス 関 連 設 備 の 公 共 施 設 等 への 設 置 状 況 自 治 体 種 類 設 置 場 所 台 数 大 館 市 ペレットストーブ 庁 舎 市 民 ホール 福 祉 センター 体 育 館 小 中 学 校 等 110 台 ペレットボイラー 本 庁 ハチ 公 荘 有 浦 保 育 園 4 台 チップボイラー ベニヤマ 荘 1 台 上 小 阿 仁 村 ペレットボイラー コミュニティセンター 1 台 ペレットストーブ 公 共 施 設 3ヶ 所 4 台 八 幡 平 市 安 代 林 業 センター 県 民 の 森 フォレストア チップボイラー イ 焼 走 りの 湯 3 施 設 自 治 体 大 館 市 北 秋 田 市 表 8 事 業 名 J-VER の 取 組 状 況 曲 げわっぱと 忠 犬 ハチ 公 の 故 郷 大 館 市 有 林 J-VER プロジェクト 大 館 北 秋 田 間 伐 促 進 事 業 におけるけっぱれ 東 北! 震 災 復 興 プロジェクト 在 庫 量 (t-co2) 2,044 希 望 単 価 ( 円 /t-co2) 10,000~ 12,000 3,968 18,900 北 秋 田 市 森 林 吸 収 事 業 9,687 15,750 三 種 町 秋 田 県 三 種 町 有 林 J-VER プロジェクト 1,345 15,750 八 峰 町 白 神 山 麓 八 峰 町 有 林 J-VER プロジェクト 2,973 10,000~ 12,000 北 秋 田 地 域 振 興 事 業 における 上 小 阿 仁 村 J-VER 上 小 阿 仁 村 プロジェクト ,750 秋 田 県 上 小 阿 仁 村 間 伐 促 進 プロジェクト 0 15,750 平 成 24 年 6 月 時 点 自 治 体 表 9 国 内 クレジットの 取 組 状 況 事 業 名 比 内 ベニヤマ 荘 における 灯 油 ボイラーから 破 砕 チップを 燃 料 とする 木 質 ボイラーへの 更 新 による 省 エネ 事 業 CO2 排 出 削 減 量 (t-co2) 509 大 館 市 大 館 市 立 有 浦 保 育 園 におけるペレットボイラー 導 入 事 業 128 大 館 市 関 連 施 設 におけるペレットストーブ 導 入 事 業 247 ハチ 公 荘 における 灯 油 ボイラーのからペレットボイラーへの 更 新 事 業 八 峰 町 新 庁 舎 における 地 中 熱 源 ヒートポンプの 導 入 による 八 峰 町 省 エネ 事 業 クレジット 認 証 機 関 合 計 ( 見 込 )

15 未 利 用 木 質 バイオマスの 活 用 木 質 バイオマスが 豊 富 で 間 伐 材 や 建 設 廃 材 等 を 利 用 した 木 質 バイオマス 発 電 所 や 能 代 火 力 発 電 所 への 混 焼 ( 年 間 約 3 万 トン 2012 年 4 月 から 本 格 稼 働 )といった 大 規 模 な 木 質 バイオマス 利 用 設 備 のほ か 木 質 ペレットのボイラーやストーブ チップボイラーなどの 導 入 支 援 など 小 規 模 利 用 も 進 めてお り 民 間 企 業 からの CSR 資 金 の 導 入 クレジット 取 得 など 経 済 効 果 も 生 み 出 している ペレットストーブ 導 入 補 助 と 国 内 クレジット 導 入 ( 大 館 市 ) 木 質 ペレットの 利 用 促 進 として 市 民 事 業 者 への 補 助 事 業 実 施 ペレットボイラーのモニター 調 査 (おおだて 木 質 バイオマス 燃 焼 機 器 普 及 促 進 協 議 会 +さいかい 産 業 ) を 1 年 間 実 施 本 庁 舎 等 における 空 調 設 備 の 更 新 保 育 園 温 泉 施 設 のボイラーの 燃 料 転 換 更 新 で 国 内 クレジットを 導 入 大 館 市 の 木 質 バイオマスボイラーでの 国 内 クレジットの 登 録 状 況 事 業 概 要 年 平 均 削 減 量 ( 見 込 ) 保 育 園 における 木 質 バイオマスボイラーの 新 設 65t-CO2 温 泉 施 設 におけるボイラーの 燃 料 転 換 ( 灯 油 木 質 バイオマス) 113t-CO2 温 泉 施 設 におけるボイラーの 更 新 ( 灯 油 木 質 バイオマス) 228t-CO2 参 考 本 庁 舎 等 における 空 調 設 備 の 更 新 63t-CO2 ( 出 典 ) 経 済 産 業 省 国 内 クレジット 制 度 ホームページ( チップボイラー 導 入 事 業 ( 八 幡 平 市 ) チップボイラー 導 入 事 業 ( 焼 走 りの 湯 :H22 年 度 安 代 林 業 セ ンター:H15 年 度 ) 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 設 備 普 及 促 進 事 業 補 助 金 事 業 (ペレット 薪 ストーブに 上 限 10 万 円 ) 能 代 木 質 バイオマス 発 電 所 ( 能 代 市 ) 能 代 木 質 バイオマス 発 電 所 ( 能 代 森 林 資 源 利 用 協 同 組 合 3,000kW)による 発 電 蒸 気 供 給 を 実 施 15

16 森 林 吸 収 のオフセット クレジットの 販 売 と 販 売 収 入 を 活 用 した 地 域 活 性 化 の 取 組 多 くの 森 林 を 有 する 米 代 川 流 域 圏 は 森 林 吸 収 のオフセットクレジットを 創 出 し その 販 売 を 原 資 にした エコアクションポイントクラブなどの 地 域 活 性 化 の 取 組 を 行 っている 森 林 吸 収 J-VER 曲 げわっぱと 忠 犬 ハチ 公 の 故 郷 大 館 市 有 林 J-VER プロジェクト ( 大 館 市 ) J-VER 北 秋 田 市 森 林 吸 収 事 業 ( 北 秋 田 市 ) 秋 田 県 三 種 町 有 林 J-VER プロジェクト ( 三 種 町 ) 白 神 山 麓 八 峰 町 有 林 J-VER プロジェクト ( 八 峰 町 ) 北 秋 田 地 域 振 興 事 業 における 上 小 阿 仁 村 J-VER プロジェクト ( 上 小 阿 仁 村 ) エコ アクション ポイント( 大 館 市 八 峰 町 ) エコ アクション ポイント 取 扱 店 で 販 売 提 供 しているサービスを 購 入 すると ポイントが 発 行 され 商 品 券 や 環 境 配 慮 型 商 品 などと 交 換 できる ( 平 成 25 年 3 月 31 日 終 了 予 定 )プログラムの 維 持 に 当 たっては 大 館 市 八 峰 町 での J-VER の 販 売 収 入 が 活 用 されている ( 出 典 )JCB 大 館 市 八 峰 町 平 成 24 年 度 エコ アクション ポイント 事 業 概 要 ( 秋 田 県 大 館 市 秋 田 県 八 峰 町 株 式 会 社 ジェーシービー 一 般 社 団 法 人 あきた 地 球 環 境 会 議 2012 年 5 月 25 日 プレスリリース 資 料 ) 16

17 八 峰 町 の 地 中 熱 ヒートポンプ 地 域 に 幅 広 く 賦 存 する 地 中 熱 を 活 用 して 経 済 的 な 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 実 現 した 例 もあ る 庁 舎 への 地 中 熱 ヒートポンプの 導 入 ( 八 峰 町 ) 庁 舎 の 老 朽 化 対 策 分 庁 方 式 だった 庁 舎 機 能 の 集 約 化 に 向 けた 新 庁 舎 建 設 に 際 して 地 中 熱 ヒートポン プの 導 入 を 検 討 した 北 海 道 札 幌 市 での 導 入 事 例 を 視 察 したところ 1 寒 冷 地 でも 問 題 ない 2 灯 油 を 使 わない 3 機 械 室 が 省 スペースで 済 む 4 保 守 費 用 が0 円 ( 投 資 は 約 20 年 で 回 収 と 予 想 )ということが 確 認 され 導 入 に 至 った 導 入 に 当 たっては CO2 排 出 量 の 削 減 をもとにした 国 内 ク レジットの 承 認 を 受 けたほか 保 守 費 用 は 当 初 の 見 込 みど おり 平 成 21~24 年 度 の 実 績 で 0 円 であり 町 独 自 の 試 算 によれば 追 加 投 資 に 関 する 単 純 投 資 回 収 年 数 は 7.1 年 と いう 効 果 を 生 んだ 環 境 学 習 のための 小 水 力 発 電 の 導 入 地 域 からの 再 生 エネルギーへの 関 心 が 高 まる 中 で 身 近 な 場 所 に 小 水 力 発 電 を 導 入 する 取 組 も 行 われている 農 業 用 水 路 を 活 用 した 小 水 力 発 電 の 導 入 ( 八 幡 平 市 ) 市 民 が 再 生 可 能 エネルギーに 触 れる 機 会 を 設 けるため 公 園 内 の 農 業 用 水 路 ( 北 上 川 水 系 松 川 の 新 後 藤 川 幹 線 水 路 )を 活 用 して 9.9kW を 導 入 した 2011 年 10 月 からの 4 ヶ 月 で 90~100 人 が 見 学 に 訪 れ 環 境 学 習 効 果 を 生 み 出 している 水 面 の 凍 結 対 策 として 多 くの 水 面 を 確 保 するなど 寒 冷 地 に 合 った 設 計 を 行 って いる 最 大 使 用 水 量 0.8m 3 /s 有 効 落 差 2.00m 水 車 形 式 開 放 型 下 掛 け 水 車 大 きさなど 直 径 6.5m 幅 1m 羽 根 36 枚 最 大 出 力 9.9kW 17

18 参 考 2 CO2 排 出 量 の 推 移 と 削 減 ポテンシャル 協 議 会 では 流 域 圏 全 体 としての CO2 排 出 量 を 試 算 しました また 一 定 の 仮 定 の 下 今 後 の 取 組 による 削 減 可 能 性 の 試 算 も 行 いました 1990 年 から 2008 年 までの CO2 排 出 量 の 推 移 を 比 較 すると 全 国 を 上 回 るペースで 増 加 しています 特 に 自 動 車 家 庭 業 務 の 比 率 が 高 く 増 加 寄 与 も 高 くなっています 産 業 製 造 業 建 設 業 鉱 業 農 林 水 産 業 民 生 家 庭 業 務 他 運 輸 自 動 車 鉄 道 船 舶 一 般 廃 棄 物 計 表 10 米 代 川 流 域 圏 全 体 の CO2 排 出 量 の 推 移 CO2 排 出 量 ( 千 t-co2) 構 成 比 増 減 率 /90 08/ % 5.1% 10.2% % -34.4% -12.9% % 31.0% 1.8% % 38.9% -6.8% % 40.4% -5.7% % 12.0% -4.0% % -0.7% -3.6% % 36.4% 12.9% % 2.4% -4.5% 1,797 2,234 2,303 2,204 2, % 19.4% -2.7% 次 に 今 後 の 省 エネルギー 対 策 や 再 生 可 能 エネルギー 利 用 が 最 大 限 実 現 することを 仮 定 して 圏 域 の 削 減 ポテンシャル( 削 減 の 可 能 性 )を 試 算 すると 風 力 太 陽 光 木 質 バイオマスのエ ネルギー 利 用 の 順 に 多 くなっています また 住 宅 建 築 物 の 高 断 熱 化 も 効 果 が 大 きく 重 要 な 対 策 であることがわかります 一 方 森 林 による CO2 吸 収 量 を 従 来 の 方 法 によって 推 計 すると 2007 年 度 は 約 750kt-CO2 が 見 込 まれる 結 果 となり 森 林 面 積 の 割 合 の 大 きい 本 圏 域 において 低 炭 素 化 に 重 要 な 役 割 を 果 たしていることがわかります なお それぞれの 対 策 の 実 施 には 地 域 の 諸 事 情 や 事 業 の 経 済 性 等 を 十 分 考 える 必 要 があり この 試 算 のような 結 果 が 必 ずしも 実 現 できる 訳 ではないことに 注 意 する 必 要 があります 千 t CO 木 質 バイオマスのエネルギー 利 用 太 陽 光 発 電 風 力 発 電 小 水 力 発 電 その 他 バイオマス( 畜 産 農 産 廃 棄 物 ) 住 宅 建 築 物 の 高 断 熱 化 等 の 普 及 促 進 図 14 対 策 別 CO2 削 減 ポテンシャルの 推 計 結 果 18

19 参 考 3 米 代 川 流 域 圏 における 低 炭 素 型 国 土 形 成 のための 連 絡 協 議 会 米 代 川 流 域 圏 では 国 土 交 通 省 の 支 援 の 下 圏 内 の 自 治 体 有 識 者 エネルギー 関 係 機 関 国 の 地 方 支 分 部 局 関 係 団 体 等 からなる 連 絡 協 議 会 を 設 置 し 低 炭 素 化 に 向 けた 検 討 を 行 いま した 平 成 22 年 度 から 平 成 24 年 度 の 3 年 間 で 7 回 の 協 議 会 を 開 催 した 他 平 成 24 年 度 には プロジェクト 支 援 のため 2 回 の 研 究 会 を 開 催 しました 表 11 連 絡 協 議 会 構 成 員 地 方 公 共 団 体 国 地 方 支 分 部 局 エネルギー 関 係 機 関 商 工 団 体 消 費 者 等 学 識 経 験 者 等 大 館 市 鹿 角 市 北 秋 田 市 小 坂 町 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 能 代 市 上 小 阿 仁 村 八 幡 平 市 秋 田 県 岩 手 県 東 北 地 方 整 備 局 東 北 運 輸 局 東 北 農 政 局 東 北 森 林 管 理 局 東 北 経 済 産 業 局 東 北 地 方 環 境 事 務 所 東 北 電 力 株 式 会 社 秋 田 支 店 社 団 法 人 秋 田 県 エルピーガス 協 会 大 館 北 秋 田 森 林 組 合 財 団 法 人 省 エネルギーセンター 東 北 支 部 北 秋 田 市 商 工 会 秋 田 県 消 費 者 協 会 秋 田 県 地 球 温 暖 化 防 止 活 動 推 進 センター 秋 田 大 学 名 誉 教 授 菅 原 拓 男 東 北 芸 術 工 科 大 学 准 教 授 三 浦 秀 一 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 表 12 連 絡 協 議 会 における 検 討 状 況 主 な 検 討 内 容 米 代 川 流 域 圏 における CO2 排 出 量 の 推 計 低 炭 素 型 国 土 の 形 成 に 向 けた 取 組 方 針 の 検 討 取 組 のフォローアップ CO2 排 出 量 推 計 のアップデート 取 組 のフォローアップ 研 究 会 の 開 催 ( 木 質 バイオマス 小 水 力 発 電 ) 検 討 のとりまとめ 19

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63> 自 民 清 風 会 会 長 : 山 崎 憲 伸 印 政 務 調 査 視 察 報 告 書 報 告 者 : 杉 浦 久 直 視 察 日 平 成 25 年 1 月 15 日 ( 火 ) 視 察 内 容 クリーンエネルギーの 取 り 組 みについて 視 察 者 小 野 政 明 野 村 康 治 蜂 須 賀 喜 久 好 田 口 正 夫 内 田 実 川 上 守 杉 浦 久 直 < 葛 巻 町 の 概 要 > 葛

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A> 何 処 でも 誰 でも 出 来 る! シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 1 2 プロローグ( 宝 が 放 置 されている)

More information

帯広市バイオマス活用推進計画

帯広市バイオマス活用推進計画 十 勝 バイオマス 産 業 都 市 構 想 平 成 25 年 4 月 十 勝 19 市 町 村 ( 帯 広 市 音 更 町 士 幌 町 上 士 幌 町 鹿 追 町 新 得 町 清 水 町 芽 室 町 中 札 内 村 更 別 村 大 樹 町 広 尾 町 幕 別 町 池 田 町 豊 頃 町 本 別 町 足 寄 町 陸 別 町 浦 幌 町 ) 0 目 次 1 地 域 の 概 要 2 1-1 十 勝 地 域

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209E778CB491BA90568347836C838B834D815B8FDA8DD7837283578387839395F18D908F9172657631352E36816993FC8D659770816A2D89FC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209E778CB491BA90568347836C838B834D815B8FDA8DD7837283578387839395F18D908F9172657631352E36816993FC8D659770816A2D89FC2E646F63> 地 域 新 エネルギー 省 エネルギービジョン 策 定 等 事 業 ~ 重 点 ビジョン ~ 平 成 21 年 2 月 檜 原 村 村 長 あいさつ 私 たちは 石 炭 や 石 油 などの 化 石 燃 料 を 有 効 に 活 用 し 経 済 活 動 の 活 性 と 豊 かで 住 み 良 い 生 活 を 築 いてきましたが この 化 石 燃 料 の 消 費 は それ に 伴 って 発 生 する CO2

More information

1-2-2 計 画 の 名 称 及 び 策 定 時 期 評 価 関 係 する 既 存 の 行 政 計 画 の 評 価 新 生 太 田 総 合 計 画 平 成 19 年 度 民 の 手 づくりによる の 憲 法 にあたる 太 田 まちづくり 基 本 条 例 の 前 文 人 と 自 然 環 境 と 産

1-2-2 計 画 の 名 称 及 び 策 定 時 期 評 価 関 係 する 既 存 の 行 政 計 画 の 評 価 新 生 太 田 総 合 計 画 平 成 19 年 度 民 の 手 づくりによる の 憲 法 にあたる 太 田 まちづくり 基 本 条 例 の 前 文 人 と 自 然 環 境 と 産 環 境 モデル 都 提 案 書 ( 様 式 1) タイトル 群 馬 県 太 田 環 境 モデル 都 提 案 書 ~ 地 球 のみらいを 太 田 から~ 提 案 団 体 群 馬 県 太 田 人 口 : 218,981 人 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 現 在 ) 担 当 者 名 及 担 当 者 の 所 属 産 業 環 境 部 環 境 政 策 課 び 連 絡 先 氏 名 石 川 光 昭 茂 木

More information

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析 岡 山 県 環 境 未 来 都 市 構 想 ~オカヤマ エコスマートエリアプロジェクト~ 備 前 みどりのまほろば 協 議 会 備 前 グリーンエネルギー 株 式 会 社 岡 山 県 の 現 状 1.80 1.60 岡 山 県 のエネルギー 消 費 の 特 徴 75% 以 上 が 産 業 利 用 産 業 は90 年 より 消 費 量 減 尐 運 輸 業 務 家 庭 は 増 加 傾 向 運 輸, 1.57

More information

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

スライド 1

スライド 1 福 島 に 森 のエコシティを 創 出 する CLTにかかわる 現 状 と 課 題 協 力 委 員 パナソニック 株 式 会 社 エコソリューションズ 社 エネマネ 推 進 センター 西 川 弘 記 東 北 には 豊 富 な 森 林 資 源 がある 2 充 実 する 森 林 資 源 ~ 我 が 国 の 森 林 資 源 は 戦 後 植 林 した 人 工 林 を 中 心 に 年 々 増 加 ~ 森 林

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477>

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477> Ⅰ 試 験 研 究 機 関 の 沿 革 明 治 大 正 昭 和 明 治 33.5 昭 和 11.8 昭 和 31.7 昭 和 37.3 農 事 試 験 場 ( 安 倍 郡 豊 田 村 曲 金 ) ( 静 岡 市 北 安 東 ) 農 業 試 験 場 改 築 昭 和 33.4 三 方 原 田 畑 転 換 試 験 地 ( 浜 松 市 東 三 方 町 ) 昭 和 40.4 西 遠 農 業 昭 和 11.3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

Microsoft Word - 計画書

Microsoft Word - 計画書 兵 庫 県 バイオマス 活 用 推 進 計 画 2016 年 4 月 兵 庫 県 1 目 次 Ⅰ. 計 画 策 定 の 基 本 的 事 項... 1 1 計 画 の 目 的... 1 2 計 画 策 定 の 背 景... 1 3 基 本 的 な 視 点... 1 4 計 画 の 位 置 づけ... 3 5 計 画 の 期 間... 3 Ⅱ.バイオマス 利 活 用 の 現 状 と 課 題... 4 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

目 次 第 1 章 策 定 の 趣 旨 01 第 2 章 基 本 事 項 2-1. 市 の 施 策 における 位 置 付 け 及 び 関 連 施 策 05 2-2. 計 画 期 間 06 第 3 章 エネルギーを 取 り 巻 く 状 況 3-1. わが 国 の 政 策 07 3-2. 山 形 県 の

目 次 第 1 章 策 定 の 趣 旨 01 第 2 章 基 本 事 項 2-1. 市 の 施 策 における 位 置 付 け 及 び 関 連 施 策 05 2-2. 計 画 期 間 06 第 3 章 エネルギーを 取 り 巻 く 状 況 3-1. わが 国 の 政 策 07 3-2. 山 形 県 の 酒 田 市 再 生 可 能 エネルギービジョン 平 成 25 年 9 月 酒 田 市 目 次 第 1 章 策 定 の 趣 旨 01 第 2 章 基 本 事 項 2-1. 市 の 施 策 における 位 置 付 け 及 び 関 連 施 策 05 2-2. 計 画 期 間 06 第 3 章 エネルギーを 取 り 巻 く 状 況 3-1. わが 国 の 政 策 07 3-2. 山 形 県 の 政 策 09

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

Microsoft PowerPoint - 01_エネルギー自立と地域創造.pptx

Microsoft PowerPoint - 01_エネルギー自立と地域創造.pptx 資 料 1 エネルギー 自 立 と 地 域 創 造 森 林 を 造 り 未 来 を 創 る ~ 北 海 道 下 川 町 のチャレンジ~ 平 成 27 年 11 月 27 日 北 海 道 下 川 町 下 川 町 の 概 要 スキージャンプ フルーツトマト アスパラ 万 城 築 城 森 林 化 北 緯 44 度 旭 川 市 から で 約 100 分 ポイント 世 界 で 活 躍 する 人 財 輩 出 のまち

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン 資 料 10 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 (FIT 制 度 )における 木 質 バイオマス 発 電 に 対 する 要 望 平 成 24 年 4 月 3 日 日 本 製 紙 連 合 会 製 紙 業 界 は 我 が 国 において マテリアル 利 用 サーマル 利 用 を 通 じて 最 も 多 く 木 質 バイオマスを 利 用 している 業 界 として 再 生 可 能 エネルギーの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

1. 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 自 治 体 の 名 称 石 川 県 所 在 地 石 川 県 金 沢 市 鞍 月 1-1 氏 名 所 属 部 署 役 職 名 等 作 成 担 当 者 環 境 部 温 暖 化 里 山 対 策 室 TEL FAX メールアドレス 076-225-1462 07

1. 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 自 治 体 の 名 称 石 川 県 所 在 地 石 川 県 金 沢 市 鞍 月 1-1 氏 名 所 属 部 署 役 職 名 等 作 成 担 当 者 環 境 部 温 暖 化 里 山 対 策 室 TEL FAX メールアドレス 076-225-1462 07 自 治 体 名 石 川 県 自 体 コード 17000 平 成 26 年 度 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 (グリーンニューディール 基 金 事 業 ) 事 業 計 画 書 ( 全 体 計 画 書 ) 石 川 県 - 1 - 1. 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 自 治 体 の 名 称 石 川 県 所 在 地 石 川 県 金 沢 市 鞍 月 1-1 氏 名

More information

(Microsoft Word - \201\237110603\226\242\227\210\214v\211\346\210\304\201iHPup\201j)

(Microsoft Word - \201\237110603\226\242\227\210\214v\211\346\210\304\201iHPup\201j) 美 しいまちをつくる 益 子 町 は 美 しい 里 山 風 景 や 水 辺 環 境 また 多 様 な 動 植 物 など 豊 かな 自 然 に 恵 まれたま ちです しかし 私 たちの 生 活 の 利 便 性 が 向 上 する 一 方 で 水 や 空 気 は 汚 れ また 多 くのご みが 発 生 する 社 会 になり 環 境 にも 少 なからず 悪 影 響 が 出 てきています 私 たちは ふるさとの

More information

1

1 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 西 多 摩 衛 生 組 合 平 成 24 年 12 月 3 日 1 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Microsoft Word - ○03第3章(現況).doc

Microsoft Word - ○03第3章(現況).doc 第 3 章 地 球 温 暖 化 の 現 状 と 取 組 1 地 球 温 暖 化 のメカニズム 太 陽 からの 放 射 エネルギー( 太 陽 光 )の 大 部 分 は 地 表 面 に 吸 収 され 日 射 によって 暖 められた 地 表 面 から 赤 外 線 の 形 で 熱 が 宇 宙 空 間 に 放 出 されます 一 方 大 気 中 にある 二 酸 化 炭 素 や 水 蒸 気 などは この 赤 外

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

定例市長記者会見資料

定例市長記者会見資料 平 成 26 年 度 第 18 回 定 例 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 平 成 27 年 3 月 12 日 ) 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 の 完 成 について 持 続 可 能 な 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 温 暖 化 対 策 を 推 進 するための 計 画 である 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 が パブリックコメントを 経 て 完

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63> ( 予 算 概 要 参 考 資 料 ) 平 成 23 年 度 予 算 案 における 地 球 温 暖 化 対 策 関 連 事 業 昨 年 12 月 に 策 定 された 横 浜 市 中 期 4か 年 計 画 において 地 球 温 暖 化 対 策 は 横 浜 版 成 長 戦 略 の 筆 頭 に 当 たる 環 境 最 先 端 都 市 戦 略 の 中 核 を 担 う 施 策 と 位 置 づけ られました 低

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 5 回 バイオマス 事 業 化 戦 略 検 討 チーム 資 料 1 JX 日 鉱 日 石 エネルギーにおける バイオマス 燃 料 に 対 する 取 組 み 2012. 4. 11 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 株 式 会 社 執 行 役 員 研 究 開 発 企 画 部 長 吉 田 正 寛 1 ご 説 明 内 容 1.はじめに 2.バイオガソリンの 導 入 状 況 3.バイオマス 燃 料 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CDC93878E738DC490B689C2945C8347836C838B834D815B8AEE967B8D5C917A81698A6D92E894C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CDC93878E738DC490B689C2945C8347836C838B834D815B8AEE967B8D5C917A81698A6D92E894C5816A> 2. 再 生 可 能 エネルギーの 期 待 可 採 量 の 算 定 結 果 本 市 における 再 生 可 能 エネルギーの 期 待 可 採 量 をエネルギー 種 別 ごとに 推 計 しました (1) 太 陽 光 発 電 設 計 諸 元 太 陽 光 発 電 のエネルギー 量 については NEDO 日 射 量 データベース 閲 覧 システムをベースに 期 待 可 採 量 を 推 計 しました 全 天 日

More information

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464>

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464> とねちゆうおう 事 業 名 国 営 かんがい 排 水 事 業 地 区 名 利 根 中 央 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 か ぞ し か ぞ し きたさいだまぐん お お と ね ま ち か す か べ し か す か べ し きたかつしかぐんしようわ 加 須 市 ( 旧 加 須 市 北 埼 玉 郡 大 利 根 町 ) 春 日 部 市 ( 旧 春 日 部 市 北 葛 飾 郡 庄 和 まち はにゆうし

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F48936383478352837683898362835683858A948EAE89EF8ED0322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F48936383478352837683898362835683858A948EAE89EF8ED0322E70707478> 秋 田 エコプラッシュ 株 式 会 社 CSR 環 境 報 告 2011 http://www.ecoplash.co.jp/index.html 2011 年 7 月 発 行 企 業 理 念 環 境 方 針 リサイクル を 通 して 地 球 も 人 も 豊 かに 一 廃 棄 物 を 有 効 利 用 し 資 源 循 環 型 社 会 構 築 に 寄 与 一 秋 田 発 のリサイクル 製 品 を 全 国

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030393038323720819A91BE977A944D8145834F838A815B8393944D835A837E8369815B816994AD955C97708F4390B394C5816A2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030393038323720819A91BE977A944D8145834F838A815B8393944D835A837E8369815B816994AD955C97708F4390B394C5816A2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> (2009/8/27 グリーンエネルギー 政 策 環 境 セミナー~ 眠 れる 巨 人 太 陽 熱 とグリーン 熱 利 用 の 拡 大 を 目 指 して~) 東 京 都 の 太 陽 熱 新 市 場 拡 大 プロジェクト 東 京 都 環 境 局 都 市 地 球 環 境 部 再 生 可 能 エネルギー 担 当 小 林 省 二 1 本 日 お 話 する 内 容 1 太 陽 熱 の 利 用 拡 大 向 けた

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129>

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129> 環 境 モデル 都 市 提 案 書 ( 様 式 1) タイトル 超 スマート! 薩 摩 川 内 市 ~みんなで 創 るエネルギーのまちの 未 来 ~ 提 案 団 体 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 市 (さつませんだいし) 人 口 :99,589 人 ( 平 成 22 年 度 国 勢 調 査 ) 担 当 者 名 及 担 当 者 の 所 属 : 薩 摩 川 内 市 役 所 新 エネルギー 対 策 課

More information

算定報告マニュアル

算定報告マニュアル 第 Ⅳ 編 付 録 1. 業 種 別 の 算 定 事 例 ここでは 主 な 業 種 別 に 対 象 の 判 定 や 報 告 する 排 出 量 の 算 定 を 行 う 事 例 をサンプルとして 示 し ます 1.1 セメント 製 造 事 業 所 1.2 電 気 事 業 者 ( 火 力 発 電 所 ) 1.3 オフィス 等 電 気 及 び 熱 利 用 中 心 の 事 業 者 ( 小 売 業 ) 1.4

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030322D315F90E690698E9697E192B28DB8816991538E9697E1816A3135303230322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030322D315F90E690698E9697E192B28DB8816991538E9697E1816A3135303230322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 2 先 進 事 例 調 査 平 成 27 年 2 月 13 日 ( 公 財 ) 特 別 区 協 議 会 ( 株 ) 建 設 技 術 研 究 所 1 先 進 事 例 調 査 覧 No. 事 例 着 点 備 考 1 Fujisawaサスティナブル スマートタウン ( 神 奈 川 県 藤 沢 市 ) 建 住 宅 による スマートタウン 第 2 回 研 究 会 で 報 告 現 地 学 会 開 催 2

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

17 建 築 開 発 課 18 建 築 開 発 課 19 建 築 開 発 課 20 建 築 開 発 課 21 建 築 開 発 課 22 建 築 開 発 課 23 建 築 開 発 課 加 須 市 立 大 利 根 東 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 造 工 (4 工 区 ) 加 須 市 立 大 利

17 建 築 開 発 課 18 建 築 開 発 課 19 建 築 開 発 課 20 建 築 開 発 課 21 建 築 開 発 課 22 建 築 開 発 課 23 建 築 開 発 課 加 須 市 立 大 利 根 東 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 造 工 (4 工 区 ) 加 須 市 立 大 利 1 資 源 リサイクル 課 2 資 源 リサイクル 課 2 号 炉 ガス 冷 却 室 出 口 煙 道 ケーシン グ 耐 火 キャスター 交 換 1 2 号 炉 中 央 制 御 室 内 監 視 盤 加 減 算 器 手 動 操 作 盤 等 取 替 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 3 機 械 器 具 設 置 器 具 交 換 随 意 契 約 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 3 機 械 器 具

More information

05_越田p97-134.indd

05_越田p97-134.indd あなたはカーボン オフセット 商 品 を 購 入 したことがありますか あてはまるものをお 知 らせください (ひとつだけ) 4.5% 18.4% 25.5% 11.4% 39.3% 0.9% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 特 に 意 識 して 購 入 購 入 したいとは 思 わない 特 に 意 識 はしないが 購 入 知 らない, 見 たことがない

More information

5 環 境 分 野 における 足 立 区 の 特 徴 ( 強 み 弱 み) (1) 多 くの 人 口 を 持 つため 与 える 環 境 負 荷 が 大 きい 反 面 環 境 配 慮 行 動 の 取 組 み 効 果 が 高 い ( 区 民 の2%が 取 組 めば 1 万 人 を 超 える) (2)ほぼ

5 環 境 分 野 における 足 立 区 の 特 徴 ( 強 み 弱 み) (1) 多 くの 人 口 を 持 つため 与 える 環 境 負 荷 が 大 きい 反 面 環 境 配 慮 行 動 の 取 組 み 効 果 が 高 い ( 区 民 の2%が 取 組 めば 1 万 人 を 超 える) (2)ほぼ 資 料 1 区 の 地 域 特 性 と 環 境 分 野 の 現 状 分 析 足 立 区 は 東 京 北 部 に 位 置 する 人 口 約 67 万 人 の 都 市 で 平 坦 な 地 勢 である 区 内 には 下 町 情 緒 あふれる 地 域 から 工 場 跡 地 の 再 開 発 で 整 備 された 新 しい 町 まで 多 様 な 町 がある 都 心 へ の 通 勤 通 学 者 が 多 く 居 住

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 平 成 27 年 11 月 沖 縄 県 八 重 山 事 務 所 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する

More information

平 成 27 年 度 市 税 事 務 概 要 鶴 岡 市 総 務 部 課 税 課 納 税 課 目 次 1. 鶴 岡 市 の 概 要... 5 (1) 地 勢... 7 (2) 沿 革... 7 (3) 人 口 と 世 帯 数... 10 (4) 産 業 大 分 類 別 就 業 者 数... 11 2. 行 政 機 構... 13 (1) 鶴 岡 市 組 織 機 構 図 ( 平 成 27 年 4 月

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63> 所 管 事 務 調 査 ( 先 進 地 視 察 ) 報 告 書 教 育 環 境 常 任 委 員 会 視 察 年 月 日 平 成 19 年 5 月 16 日 ( 水 )から17 日 ( 木 ) 目 的 本 委 員 会 が 所 管 する 事 業 及 び 施 策 について 調 査 研 究 するため 視 察 先 及 び 研 修 事 項 内 容 新 潟 県 上 越 市 汚 泥 リサイクルパークについて 保 育

More information

「太陽を通して私達の暮らしを考える」

「太陽を通して私達の暮らしを考える」 2011 年 8 月 26 日 次 世 代 エネルギー 社 会 の 構 築 のために NPO 法 人 太 陽 光 発 電 所 ネットワーク 事 務 局 長 都 筑 建 PV-Netとは? NPO 法 人 太 陽 光 発 電 所 ネットワーク 2003 年 設 立 現 会 員 数 :2467 人 ( 世 界 一 の 規 模 ) 個 人 住 宅 用 PV 設 置 者 が 会 員 自 治 体 企 業 等

More information

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について 日 本 経 団 連 環 境 自 主 行 動 計 画 循 環 型 社 会 形 成 編 全 国 清 涼 飲 料 工 業 会 2011 年 度 以 降 の 目 標 < 産 業 廃 棄 物 最 終 処 分 量 > 最 終 処 分 量 3,000t 以 下 とする(2000 年 度 比 約 74% 削 減 ) < 業 種 別 独 自 目 標 > 再 資 源 化 率 99% 以 上 を 維 持 する 1. 目

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

道 の 駅 機 能 強 化 事 業 850 万 円 道 の 駅 を 地 域 活 性 化 の 拠 点 として 特 産 物 や 観 光 資 源 などのサービス 提 供 機 能 の 強 化 を 図 る 第 3 子 以 降 出 産 祝 金 500 万 円 第 3 子 以 降 の 出 産 に 対 し 10 万

道 の 駅 機 能 強 化 事 業 850 万 円 道 の 駅 を 地 域 活 性 化 の 拠 点 として 特 産 物 や 観 光 資 源 などのサービス 提 供 機 能 の 強 化 を 図 る 第 3 子 以 降 出 産 祝 金 500 万 円 第 3 子 以 降 の 出 産 に 対 し 10 万 平 成 26 年 度 みやま 市 一 般 会 計 補 正 予 算 第 6 号 ( 案 )の 概 要 1 ポイント 補 正 予 算 額 は 2 億 4,037 万 円 の 減 額 ( 補 正 後 予 算 現 額 184 億 5,132 万 円 ) 国 の 補 正 予 算 により 創 設 された 地 域 活 性 化 地 域 住 民 生 活 等 緊 急 支 援 交 付 金 を 活 用 し 地 域 消 を

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ エコ アクション ポイントに 関 する ガイドラインについて 1 目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリット 7. プログラムへの 参 加

More information

6/3 一 般 17 川 田 受 水 場 耐 震 補 強 工 事 21-6 拡 -1 川 田 地 内 三 河 建 設 工 業 株 式 会 社 65,100,000 一 般 18 デジタル 式 地 域 防 災 行 政 無 線 移 動 系 設 備 整 備 工 事 全 域 日 本 電 気 株 式 会 社

6/3 一 般 17 川 田 受 水 場 耐 震 補 強 工 事 21-6 拡 -1 川 田 地 内 三 河 建 設 工 業 株 式 会 社 65,100,000 一 般 18 デジタル 式 地 域 防 災 行 政 無 線 移 動 系 設 備 整 備 工 事 全 域 日 本 電 気 株 式 会 社 平 成 21 年 度 入 札 結 果 入 札 日 4/22 種 別 NO 案 件 名 路 線 等 の 名 称 等 工 事 場 所 等 落 札 額 ( 円 ) ( 税 込 み) 一 般 1 大 宮 市 有 墓 地 ( 仮 称 ) 新 設 工 事 大 宮 地 内 株 式 会 社 田 村 組 33,180,000 指 名 2 統 合 簡 易 水 道 事 業 実 施 設 計 等 作 成 業 務 委 託 作

More information

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性 平 成 26 年 度 埼 玉 西 部 消 防 組 合 議 会 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 平 成 26 年 7 月 1 日 ( 火 )~ 7 月 2 日 ( 水 ) 2 視 察 地 ⑴ 宮 城 県 仙 台 市 仙 台 市 役 所 (7 月 1 日 ) ⑵ 宮 城 県 東 松 島 市 東 松 島 市 役 所 航 空 自 衛 隊 松 島 基 地 (7 月 2 日 ) 3 視 察 者 ⑴ 埼

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information