中学校初任者教員向け生徒指導資料

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "中学校初任者教員向け生徒指導資料"

Transcription

1 中 学 校 の 初 任 者 教 員 こ れ だ け は 押 さ え よ う! ~ 生 徒 指 導 はじめの 一 歩 ~ 本 冊 子 は から 直 接 に ダウンロードできます 平 成 24 年 3 月 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センター - 1 -

2 1 生 徒 が 自 ら 進 んで 学 ぶ 授 業 に なっていますか? 生 徒 が 自 ら 進 んで 学 ぶ 姿 勢 を 育 むこと は 生 徒 指 導 の 大 きな 目 的 の 一 つであり 教 師 にはそのための 働 きかけが 求 められます 主 な 働 きかけは 次 の2 点 です (1) 全 ての 生 徒 が 落 ち 着 いて 学 べる 場 をつくる( 居 場 所 づくり) きずな (2) 全 ての 生 徒 が 活 躍 できる 機 会 をつくる( 絆 づくり) 生 徒 が 主 体 的 に 学 ぶように 働 きかけをすることが 授 業 の 中 で 生 徒 指 導 をする ということなのです 教 師 が 日 々 (1)と(2)のような 働 きかけをすることは 生 徒 の 学 習 意 欲 を 喚 起 するとともに やればできる という 気 持 ちを 高 める ことにもつながります * 絆 づくり と 居 場 所 づくり の 詳 細 については 生 徒 指 導 リーフ / Leaf 2 絆 づ くり と 居 場 所 づくり ( 平 成 24 年 2 月 )( 巻 末 ページ 掲 載 )を 参 照 してください 実 践 例 〇 授 業 における 三 つのルール 初 任 者 のA 教 諭 は 生 徒 に 授 業 における 三 つのルールを 提 案 しました (1) 自 分 で 時 計 を 見 て 行 動 をする(チャイム 着 席 など) (2) 授 業 と 関 係 のないものは 出 さない (3) 人 が 説 明 や 発 表 をしているときはおしゃべりをしないで 耳 を 傾 ける これら 三 つのルールを 徹 底 したところ 授 業 を 受 ける 心 構 えや 姿 勢 が 徐 々に 育 ま れ 積 極 的 に 発 言 する 生 徒 が 増 えてきました 生 徒 が 落 ち 着 いて 学 べる 場 をつくるために 学 習 規 律 の 定 着 が 欠 かせません - 2 -

3 〇 整 った 環 境 で 授 業 をする 初 任 者 のB 教 諭 は 授 業 開 始 5 分 前 に 教 室 に 行 き 黒 板 をきれいにする 机 を そろえる ごみを 拾 う を 生 徒 とともに 実 行 しています 継 続 して 取 り 組 んでい ると 生 徒 は 進 んでごみを 拾 うようになり 授 業 中 も 集 中 して 取 り 組 むようになり ました 生 徒 が 落 ち 着 いて 学 べる 場 をつくるために 教 室 環 境 の 整 備 が 欠 かせません 〇 生 徒 を 受 け 身 にさせない 初 任 者 のC 教 諭 は 授 業 中 に 生 徒 が 発 言 をする 機 会 を 意 図 的 に 設 けています こ のような 働 きかけをすることで 生 徒 には 積 極 的 に 自 分 の 考 えをまとめ 周 囲 にわ かりやすく 伝 えようという 意 識 が 芽 生 えてきています 生 徒 を 受 け 身 にさせないために 全 ての 生 徒 が 活 躍 する 機 会 をつくることが 欠 か せません 生 徒 が 主 体 的 に 学 ぶ よ う 働 き か け る! - 3 -

4 み 2 生 徒 を 進 んで 観 ていますか? 教 師 には 一 人 一 人 の 生 徒 を 理 解 して 適 切 な 働 きかけを 行 う こ とが 求 められます 常 に 自 らの 目 で 生 徒 の 行 動 や 様 子 を 確 認 するとともに 生 徒 が 内 面 に 抱 えている 課 題 や 家 庭 での 様 子 の 把 握 に 努 める 必 要 があります 主 な 留 意 点 は 次 の3 点 です (1)( 生 徒 の) 何 を 見 るのかを 意 識 する (2)( 教 師 から) 一 人 一 人 の 生 徒 に 寄 り 添 う (3)( 生 徒 が) 相 談 しやすい 雰 囲 気 を( 教 師 が)つくる 教 師 がこれらの 点 に 留 意 して 行 動 することが 生 徒 理 解 をする と いうことなのです 積 極 的 に 生 徒 理 解 をする 上 で 必 要 なことは 一 人 一 人 の 内 面 をとらえ るとともに 生 徒 との 望 ましい 人 間 関 係 をつくることです このことは 授 業 をはじめ あらゆる 働 きかけにおいても 欠 かせない ことは 言 うまでもありません 実 践 例 〇 生 徒 の 言 動 等 を 意 識 して 見 る 新 年 度 間 もなく 昇 降 口 での 清 掃 中 生 徒 同 士 のもめ 事 が 発 生 しました 清 掃 監 督 で 初 任 者 のD 教 諭 はしばらく 生 徒 同 士 のやりとりを 見 ていました すると ふだんはおとなしいE 男 の 一 言 でもめ 事 が 解 消 されました 日 頃 から 生 徒 間 の 人 間 関 係 を 把 握 しようとしていたD 教 諭 は E 男 の 周 囲 への 影 響 力 に 驚 くと ともに 生 徒 への 先 入 観 を 持 たずに 生 徒 の 言 動 を 注 意 深 く 見 ることの 大 切 さを 実 感 しました - 4 -

5 〇 生 徒 に 意 図 的 に 声 かけをする 時 間 をつくる 初 任 者 のF 教 諭 は 常 に 自 分 から 生 徒 に 近 づいて 声 かけをしています 意 図 的 に 生 徒 に 声 かけをすることで 生 徒 からも 話 ができる 機 会 をつくっているのです このような 働 きかけにより 生 徒 の 興 味 関 心 や 情 緒 的 な 側 面 に 気 付 くこともあ り 問 題 の 早 期 発 見 早 期 対 応 にも 結 び 付 いています 〇 生 徒 の 前 では 忙 しそうなそぶりを 見 せない 初 任 者 のG 教 諭 は 生 徒 から 話 しかけられたときは 仕 事 の 途 中 でも 手 を 止 め 生 徒 の 方 を 向 いて 話 をしています また 廊 下 などで 生 徒 とすれ 違 うと きはゆっくりと 歩 き 相 手 の 目 をやさしく 見 るようにしています そんなG 教 諭 に たくさんの 生 徒 が 話 しかけてくるようになりました 日 頃 から 生 徒 が 相 談 しやすい 雰 囲 気 をつくることは 生 徒 指 導 の 重 要 な 基 盤 づ くりです 一 人 一 人 の 生 徒 としっかり 向 き 合 う! - 5 -

6 3 報 告 連 絡 相 談 を 進 んで 行 っていますか? 教 師 には 学 校 というチームの 一 員 として 行 動 する ことが 求 めら れます いわゆる ほうれんそう( 報 告 連 絡 相 談 ) が 強 調 されるのは 誰 にも 相 談 せずに 行 動 したことで 周 囲 の 先 生 方 の 指 導 との 間 にずれが 生 じてしまったり 知 り 得 た 情 報 を 伝 えなかったために 問 題 が 大 きくな ったりすることのないようにするためです 報 告 連 絡 相 談 を 適 切 にするための 主 な 留 意 点 は 次 の3 点 です (1) 気 になったことは 小 さなことでも 報 告 をする (2) メモを 取 る 習 慣 をつける (3) 謙 虚 な 姿 勢 で 助 言 を 求 める 適 切 に 報 告 連 絡 することや 謙 虚 に 相 談 をすることは チームで 生 徒 指 導 を 進 める 第 一 歩 であり 仕 事 を 円 滑 に 進 めることにつながります また 報 告 連 絡 相 談 をすることは 問 題 の 早 期 発 見 早 期 対 応 に 結 び 付 くばかりでなく 自 らの 指 導 を 見 直 すことにもつながります 実 践 例 〇 気 になったことは 報 告 をする ある 日 いつもは 明 るいH 子 が 授 業 中 にぼんやりと 外 を 眺 めて 元 気 がありません 初 任 者 のI 教 諭 は 授 業 後 すぐにH 子 に 声 をかけるとともに 学 級 担 任 へ 報 告 しまし た H 子 は 家 庭 内 トラブルで 精 神 的 に 傷 ついていたようです その 後 学 年 の 全 教 員 が 継 続 的 にH 子 に 関 わることで H 子 は 次 第 にいつもの 明 るさを 取 り 戻 しました 気 になったことをすぐに 報 告 することは 大 きな 問 題 の 未 然 防 止 につながります - 6 -

7 〇 記 憶 より 記 録 をする 初 任 者 のJ 教 諭 は 授 業 中 に 気 になった 生 徒 のことについて 学 級 担 任 への 報 告 を 後 回 しにしているうちに 忘 れてしまいました やがて その 生 徒 は 学 校 を 欠 席 が ちになってしまいました 反 省 を 生 かして J 教 諭 は 気 が 付 いたことを 必 要 に 応 じ て 簡 潔 にメモを 取 り 学 級 担 任 等 へ 連 絡 することにしました 連 絡 は 記 憶 に 頼 らず しっかりとメモを 取 ることが 大 切 です 〇 日 頃 から 謙 虚 に 助 言 を 求 める 初 任 者 のK 教 諭 は 授 業 の 進 め 方 や 生 徒 への 指 導 などについて 複 数 の 先 輩 教 師 を 手 本 にして まねをすることから 始 めています そして 常 に 教 えてもらいた い という 姿 勢 で 質 問 をしています そんなK 教 諭 の 謙 虚 な 姿 勢 に ほかの 先 生 方 からも わからないことがあればいつでも 聞 いてほしい と 声 をかけてくれるよう になり いつの 間 にか 仕 事 が 円 滑 に 進 むようになりました 先 輩 教 師 に 謙 虚 に 助 言 を 求 めることは 仕 事 を 円 滑 に 進 めることにつながります チ ー ム の 一 員 で あ る こ と を 自 覚 す る! - 7 -

8 本 冊 子 のねらい 生 徒 指 導 は いじめ 暴 力 不 登 校 など 課 題 を 抱 えている 生 徒 のみ への 指 導 や 対 応 であるように 認 識 されがちです もちろん そのことも 重 要 な 生 徒 指 導 の 一 つです しかし 生 徒 指 導 の 本 来 の 意 義 は 学 校 生 活 が 全 ての 生 徒 にとって 有 意 義 で 興 味 深 く 充 実 したものとなるようにすることです 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センターが 実 施 している 調 査 研 究 等 においても 下 記 1~3の 行 動 を 一 人 一 人 の 教 師 が 意 識 している 学 校 は 生 徒 指 導 の 効 果 を 上 げているという 報 告 が 得 られています そこで 本 冊 子 では 初 任 者 教 員 の 皆 さんに まず これだけは 押 さえ てほしいという 三 つの 行 動 を 選 び 実 践 例 とともに 提 示 しました 下 記 三 つの 行 動 は あくまでも 初 任 者 教 員 に 求 められる 最 低 限 のこと です これ 以 外 のことについては 校 長 先 生 等 へ 指 導 を 仰 ぐとともに 先 輩 教 師 の 良 い 実 践 を 参 考 にして 次 のステップへ 進 んでいただきたい と 思 います なお いじめ 暴 力 不 登 校 などの 個 別 の 課 題 対 応 については 右 ページの 資 料 を 参 考 にしてください 初 任 者 教 員 が 押 さえたい 三 つの 行 動 1 生 徒 が 主 体 的 に 学 ぶ よ う 働 き か け る 2 一 人 一 人 の 生 徒 と し っ か り 向 き 合 う 3 チ ー ム の 一 員 で あ る こ と を 自 覚 す る - 8 -

9 参 考 資 料 等 ( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センターで 作 成 した 調 査 研 究 報 告 書 等 より) 生 徒 指 導 の 基 礎 的 な 内 容 生 徒 指 導 リーフ / Leaf 1 生 徒 指 導 って 何? ( 平 成 24 年 2 月 ) 生 徒 指 導 リーフ / Leaf 2 絆 づくり と 居 場 所 づくり ( 平 成 24 年 2 月 ) 生 徒 指 導 リーフ / Leaf 3 発 達 障 害 と 生 徒 指 導 ( 平 成 24 年 2 月 ) 生 徒 指 導 体 制 に 関 する 内 容 生 徒 指 導 の 役 割 連 携 の 推 進 に 向 けて - 生 徒 指 導 主 担 当 者 に 求 められる 具 体 的 な 行 動 ( 小 学 校 編 )- ( 平 成 23 年 3 月 ) 生 徒 指 導 の 役 割 連 携 の 推 進 に 向 けて - 生 徒 指 導 主 導 に 求 められる 具 体 的 な 行 動 ( 中 学 校 編 )- ( 平 成 22 年 3 月 ) 生 徒 指 導 の 役 割 連 携 の 推 進 に 向 けて - 生 徒 指 導 主 事 に 求 められる 具 体 的 な 行 動 ( 高 等 学 校 編 )- ( 平 成 23 年 3 月 ) 指 導 資 料 シリーズ 生 徒 指 導 資 料 第 1 集 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 の 推 移 とこれからの 生 徒 指 導 -データに 見 る 生 徒 指 導 の 課 題 と 展 望 -( 改 訂 版 ) ( 平 成 21 年 3 月 ) 生 徒 指 導 資 料 第 2 集 不 登 校 への 対 応 と 学 校 の 取 組 について- 小 学 校 中 学 校 編 - ( 平 成 16 年 7 月 ) 生 徒 指 導 資 料 第 3 集 規 範 意 識 をはぐくむ 生 徒 指 導 体 制 - 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 の 実 践 事 例 22から 学 ぶ- ( 平 成 20 年 3 月 ) 生 徒 指 導 資 料 第 4 集 学 校 と 関 係 機 関 等 との 連 携 - 学 校 を 支 える 日 々の 連 携 - ( 平 成 23 年 3 月 ) 個 別 の 課 題 対 応 に 関 する 内 容 生 徒 指 導 支 援 資 料 いじめを 理 解 する ( 平 成 21 年 6 月 ) 生 徒 指 導 支 援 資 料 2 いじめを 予 防 する ( 平 成 22 年 6 月 ) 生 徒 指 導 支 援 資 料 3 いじめを 減 らす ( 平 成 23 年 6 月 ) いじめ 問 題 に 関 する 取 組 事 例 集 ( 平 成 19 年 2 月 ) 不 登 校 支 援 のための IT 活 用 ガイド ( 平 成 18 年 3 月 ) 中 1 不 登 校 調 査 ( 中 間 報 告 )- 不 登 校 の 未 然 防 止 に 取 り 組 むために- ( 平 成 15 年 8 月 ) * 上 記 の 各 資 料 は 次 のアドレスよりダウンロードができます ( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センターで 作 成 した 調 査 研 究 報 告 書 等 一 覧 ) 〇 文 部 科 学 省 生 徒 指 導 提 要 について 〇 文 部 科 学 省 白 書 統 計 出 版 物

10 文 部 科 学 省 国 立 教 育 政 策 研 究 所 National Institute for Educational Policy Research 協 力 : 全 日 本 中 学 校 長 会

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を 促 す 指 導

特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を 促 す 指 導 平 成 23 年 12 月 ( 第 一 版 ) http://square.umin.ac.jp/nosmoke/ 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 内 臓 脂 肪 に 加 えて 高 血 糖 高 血 圧 脂 質 異 常 のいずれか 2 つ 以 上 を 持 ち 合 わせた 状 態 をメタボリック 症 候 群 と 呼 びます 心 臓 病 や 脳 卒 中 を 起 こしやすく 生 活 改 善 を

More information

「報・連・相」の方法

「報・連・相」の方法 1 All Rights Reserved Copyright 資 産 工 学 研 究 所 LIMITED 2012 2 All Rights Reserved Copyright 資 産 工 学 研 究 所 LIMITED 2012 報 連 相 の 方 法 はじめに 本 資 料 は ビジネスパーソンがあいまいに 使 用 している 報 連 相 の 定 義 と 方 法 を 詳 細 に 紹 介 す るものです

More information

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応 全 日 教 連 要 望 結 果 報 告 第 2 次 中 央 要 請 行 動 専 門 部 要 望 ( 発 行 平 成 27 年 6 月 15 日 ) 内 閣 府 要 望 日 時 平 成 27 年 5 月 11 日 ( 月 ) 9:30~12:00 回 答 者 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 定 数 企 画 係 長 廣 石 孝 氏 係 員 水 野 拓 美 氏 初 等 中 等 教 育 企 画 課

More information

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野 の 目 標 項 目 では 2~6 歳 代 の 肥 満 者 の 割 合 と2~3 歳

平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野 の 目 標 項 目 では 2~6 歳 代 の 肥 満 者 の 割 合 と2~3 歳 平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 平 成 27 年 12 月 愛 知 県 健 康 福 祉 部 保 健 医 療 局 健 康 対 策 課 平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

110515_WAM2nd edition.indd

110515_WAM2nd edition.indd 1 2 3 4 記 憶 記 憶 耳 口 目 手 記 憶 記 憶 耳 口 目 手 記 憶 記 憶 耳 口 目 手 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

第3章 教員として 

第3章 教員として  第 3 章 教 員 として 1 服 務 (1) 出 勤 簿 ( 押 ) 出 勤 日 は あらかじめ 届 け 出 た 鑑 で 毎 朝 出 勤 時 に 出 勤 簿 に 押 します 鑑 を 忘 れたときは 忘 簿 に 記 入 し 後 日 押 します 届 け の 鑑 を 紛 失 したり 改 したりしたときは 直 ちに 副 校 長 に 届 け 出 ます 出 勤 簿 への 押 は その 日 の 自 分 の 勤

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A>

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A> 数 学 科 学 習 指 導 案 1. 倶 知 安 町 立 東 陵 中 学 校 校 内 研 究 日 時 : 平 成 17 年 11 月 30 日 第 5 校 時 生 徒 : 1 年 B 組 男 子 18 名 女 子 16 名 計 34 名 授 業 者 : 教 諭 伏 間 達 郎 教 諭 三 浦 真 嗣 研 究 主 題 生 徒 が 真 剣 に 取 り 組 む 授 業 の 創 造 ~ 基 礎 基 本 の

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2)

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2) 生 徒 を 生 かし 心 を 鍛 える 部 活 動 経 営 について ふじみ 野 市 立 福 岡 中 学 校 篠 原 一 浩 1 主 題 設 定 の 理 由 部 活 動 は 学 級 とは 異 なり 同 じ 集 団 で2 年 半 という 所 属 機 関 に 属 することになる 教 員 にとって も 学 年 を 超 えて 同 じ 集 団 を 見 続 けられる 場 であり また 生 徒 の 成 長 に 長

More information

学校の業務改善に係る取組について

学校の業務改善に係る取組について 業 務 改 善 協 力 校 における 取 組 別 紙 1 県 内 7 校 の 業 務 改 善 協 力 校 では, 各 協 力 校 の 現 状 及 び 課 題 等 に 応 じた 改 善 策 の 試 験 的 な 実 施 等 が 進 められています 次 に 例 示 している 改 善 策 等 は, 各 協 力 校 が 現 在 改 善 に 向 けて 取 り 組 んでいるもの 等 をピックアップ していますので,

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も 県 民 からの 意 見 募 集 和 歌 山 県 歯 と 口 腔 の 健 康 づくり 計 画 ( 案 )に 対 する 意 見 募 集 結 果 及 び について 県 民 募 集 期 間 : 意 見 提 出 件 数 : 12 月 27 日 ~1 月 26 日 意 見 提 出 件 数 65 名 ( 個 人 )149 件 全 般 口 腔 の 健 康 が 全 身 の 健 康 に 関 係 することを 県 民 に

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして 5 歳 児 つき 組 保 育 指 導 案 1 研 究 主 題 主 体 的 な 幼 児 を 育 てるための 援 助 のあり 方 ~ 運 動 的 な 遊 びを 通 して~ 2 学 級 の 実 態 ( 男 児 16 名 女 児 19 名 計 35 名 転 入 園 児 1 名 含 む) 全 体 的 な 学 級 の 様 子 比 較 的 穏 やかである スキンシップを 取 りたがる 幼 児 が 多 い 集 まりの

More information

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 度 改 訂 宗 像 市 目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

<8BB390458E788987835A8393835E815B92CA904D25753330303095BD90AC3238944E937825753330303091E682518D8681693230313630353330816A2E707562202893C782DD8EE682E890EA977029>

<8BB390458E788987835A8393835E815B92CA904D25753330303095BD90AC3238944E937825753330303091E682518D8681693230313630353330816A2E707562202893C782DD8EE682E890EA977029> 未 来 への 挑 戦 宮 崎 国 際 学 学 教 職 援 センター 通 信 平 成 28 年 度 第 2 号 発 : 学 教 職 援 センター 2016 年 5 25 特 集 : 教 員 採 試 験 平 成 29 年 度 宮 崎 県 及 び 九 州 全 国 主 要 都 道 府 県 の 公 学 校 教 員 採 選 考 試 験 の 実 施 要 項 発 表 1 平 成 28 年 度 第 1 回 宮 崎 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63> 2 ヶ 月 目 のまとめ: 質 問 への 回 答 より 抜 粋 ================================================== その3:もっと 知 りたいことや 疑 問 点 質 問 など 前 半 部 分 で 変 化 への 恐 怖 という 感 情 が 挑 戦 しなくていい 方 法 を 色 々と 探 し 出 す ということを 言 われていましたが 1か 月 目 のテ

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

これまでの 取 組 から 見 えてきた 課 題 課 題 1 性 的 リテラシー( 知 識 及 び 活 用 能 力 )について 子 どもたちにどこまで 身 につけさせるか 関 係 者 の 共 通 認 識 が 十 分 でない 専 門 家 からの 意 見 市 町 村 ごとに 性 教 育 の 取 組 みに

これまでの 取 組 から 見 えてきた 課 題 課 題 1 性 的 リテラシー( 知 識 及 び 活 用 能 力 )について 子 どもたちにどこまで 身 につけさせるか 関 係 者 の 共 通 認 識 が 十 分 でない 専 門 家 からの 意 見 市 町 村 ごとに 性 教 育 の 取 組 みに 子 どもを 性 被 害 から 守 るための 教 育 委 員 会 の 取 組 とその 課 題 資 料 2-1 教 育 委 員 会 学 校 等 の 責 務 子 どもを 性 被 害 から 守 るための 条 例 第 7 条 学 校 等 の 責 務 を 規 定 子 どもを 性 被 害 から 守 るための 人 権 教 育 性 教 育 及 び 情 報 モラルに 関 する 教 育 を 行 うよう 努 めるもの とする

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした 7 / 23( 水 ) の 発 表 報 道 発 表 資 料 の 配 時 7 23 ( 水 ) 15 時 00分 発 表 項 目 子 ど も た ちの SOSに 気 づ き 耳 を 傾 ける ため の 実 践 研 修 の 開 催 に つ い て ( 行 事 名 ) * 皆 様 の 気 づ きが 大 切 な 生 命 を 未 来 に つ な ぎ ます * 概 要 道 で は 若 年 者 の 自 殺 予 防

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 北 広 島 町 立 大 朝 中 学 校 教 諭 三 田 直 子 1. 日 時 平 成 26 年 12 月 10 日 ( 水 )4 校 時 2. 場 所 3 年 生 教 室 3. 学 級 第 3 学 年 ( 男 子 10 名 女 子 12 名 計 22 名 ) 4. 単 元 名 第 3 編 私 たちの 生 活 と 経 済 第 3 章 財 政

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63> 76 5 学 校 の 組 織 編 制 教 育 課 程 学 習 指 導 生 徒 指 導 職 業 指 導 に 関 すること (2) 教 育 内 容 と 教 育 方 法 の 改 善 2 道 徳 教 育 の 推 進 施 策 の 目 標 生 命 に 対 する 畏 敬 の 念 や 他 人 を 思 いやる 心 感 動 する 心 などの 豊 かな 人 間 性 と 社 会 生 活 に 必 要 なルールや 善 悪 の

More information

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464>

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464> 平 成 25 年 度 永 岩 小 学 校 研 究 テーマについて 1 学 校 の 教 育 目 標 自 学 感 謝 元 気 2 研 究 主 題 1および 研 究 仮 説 2について(3 年 次 ) 1 少 人 数 のよさを 生 かし ことばの 力 の 向 上 を 図 る 指 導 はどうあればよいか 2 国 語 科 における 授 業 の 組 み 立 てを 工 夫 したり 各 種 学 習 タイムを 活 用

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

資料2 石川氏 提出資料

資料2 石川氏 提出資料 平 成 27 年 3 月 9 日 ( 月 ) 中 央 教 育 審 議 会 チーム 学 校 作 業 部 会 ( 第 4 回 ) スクールカウンセラーの 役 割 と 活 動 の 在 り 方 一 般 社 団 法 人 東 京 臨 床 心 理 士 会 副 会 長 学 校 臨 床 心 理 士 専 門 委 員 会 委 員 長 石 川 悦 子 スクールカウンセラー 等 活 用 事 業 の 趣 旨 文 部 科 学 省

More information

第2章 社会人

第2章 社会人 第 2 章 社 会 人 として 1 もつべき 常 識 とは (1) 時 間 を 守 る 8 時 15 分 から 勤 務 時 間 だから 8 時 15 分 に 職 員 室 に 入 ればいい こんな 気 持 ちでいませんか 時 間 を 守 ることは 社 会 人 の 基 本 ですが 時 間 ぎりぎりではスムースなスタートがきれません 注 意 すべき 点 をあげておき ます 1 余 裕 をもって 出 勤 する

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと 第 6 学 年 学 級 活 動 学 習 指 導 案 日 時 平 成 18 年 11 月 22 日 ( 水 )5 校 時 児 童 6 年 1 組 男 12 名 女 10 名 計 22 名 指 導 者 藤 原 学 1 単 元 名 男 女 の 役 割 について 考 える ~ 自 らしく 生 きる~ 2 単 元 について (1) 児 童 について 児 童 は 明 るく 元 気 で 男 女 仲 よく 協 力

More information

わいわい文庫活用術3

わいわい文庫活用術3 肢 体 不 自 由 支 援 学 校 における 実 践 事 例 肢 体 不 自 由 支 援 学 校 での マルチメディアDAISY 図 書 の 活 用 都 立 墨 東 特 別 支 援 学 校 河 野 聡 美 はじめに 本 校 は 肢 体 不 自 由 のある 小 学 生 か ら 高 校 生 までが 在 籍 する 特 別 支 援 学 校 です 児 童 生 徒 の 発 達 段 階 や 実 態 の 幅 も 広

More information

47826中体研第51回研究発表会.indd

47826中体研第51回研究発表会.indd 平 成 26 年 度 東 京 都 公 立 中 学 校 保 健 体 育 科 研 究 会 第 51 回 研 究 発 表 会 平 成 27 年 1 月 23 日 ( 金 ) 於 : 新 宿 コズミックセンター 目 目 次 次 あ いあ さい つ さ つ 東 京 東 都 京 公 都 立 公 中 立 学 中 校 学 保 校 健 保 体 健 育 体 科 育 研 科 究 研 会 究 会 長 会 長 赤 赤 木

More information

かけがわ 学 力 向 上 ものがたり 友 だちにやさしい 子 すてきな 文 章 を 書 く 子 足 の 速 い 子 絵 の 上 手 な 子 漢 字 や 歌 が 苦 手 な 子 など さまざまな 子 がいます その 子 の 顔 が 見 え るでしょうか 点 数 だけにとらわれて 学 力 を 論 じると かけがえのない 大 切 なことを 見 落 としてしまうかも 知 れません 教 育 基 本 法 第 1

More information

2

2 1 2 自 転 車 は 免 許 を 持 たずに 誰 でも 乗 れる 便 利 な 乗 り 物 です それゆ え 交 通 ルールを 知 らない あるいは 知 っていても 守 らない 利 用 者 も 多 くいるのが 実 態 です 本 区 では 自 転 車 交 通 量 の 増 加 に 伴 い 自 転 車 利 用 者 のマナー 改 善 や 自 転 車 通 行 空 間 の 整 備 を 求 める 声 も 多 く

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指 1 店 舗 指 導 者 の 心 構 え 店 長 と 店 舗 指 導 者 の 違 い 店 長 をやっていて 優 秀 な 人 が SVや 統 轄 店 長 という 仕 事 に 就 くのが 通 常 の 流 れです 店 長 として 優 秀 でなければ 店 長 を 指 導 する ということなんてできないからですね しかし この 優 秀 な 店 長 であったからこそ 犯 しやすい 過 ちがあります 以 前 私 のクライアント

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

0511

0511 関 係 機 関 との 連 携 で 登 校 に 繋 がったケース 祖 父 祖 母 父 母 病 院 姉 本 人 SSW 中 学 校 ( 中 3) 1 気 になる 状 況 当 該 生 徒 は 保 健 室 登 校 はできるようになったが 学 校 への 復 帰 は 難 しい 精 神 的 に 不 安 定 な 状 態 となり 平 成 25 年 6 月 より 精 神 科 を 受 診 している 当 該 生 徒 は 父

More information

児 童 生 徒 の 実 態 ー 高 校 生 (1) あなたは 携 帯 電 話 を 所 有 していますか また 所 有 したのはいつですか 調 査 実 施 日 平 成 24 年 7 月 調 査 人 員 高 等 学 校 52 校 各 学 年 1クラス 特 別 支 援 学 校 10 校 の 全 クラス 男

児 童 生 徒 の 実 態 ー 高 校 生 (1) あなたは 携 帯 電 話 を 所 有 していますか また 所 有 したのはいつですか 調 査 実 施 日 平 成 24 年 7 月 調 査 人 員 高 等 学 校 52 校 各 学 年 1クラス 特 別 支 援 学 校 10 校 の 全 クラス 男 児 童 生 徒 を 取 り 巻 く インターネットの 現 状 と 対 応 -ネットいじめを 中 心 とした 取 組 - 小 矢 部 市 小 中 学 校 生 徒 指 導 研 修 会 平 成 24 年 11 月 2 日 ( 金 ) 西 部 教 育 事 務 所 1 児 童 生 徒 の 実 態 ー 高 校 生 (1) あなたは 携 帯 電 話 を 所 有 していますか また 所 有 したのはいつですか 調

More information

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外 ハラスメントの 防 止 等 のために 東 京 藝 術 大 学 職 員 及 び 学 生 等 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 ハラスメントを 行 わないために 認 識 すべき 事 項 1 ハラスメントについて ハラスメントとは 様 々な 場 面 での 嫌 がらせ いじめ 等 をいう ハラスメントには セクシャル ハラスメント アカデミック ハラスメント パワー ハラスメント 及

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 公 告. 競 争 入 札 に 付 する 事 項 () 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づ くシステム 評 価 に 係 る 業 務 () 委 託 業 務 の 目 的 等 入 札 説 明 書 による (3) 委 託 業 務 実 施 期

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203034205035377E353920834C8383838A83418BB388E78E9197BF8F575F8BB388E790552E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203034205035377E353920834C8383838A83418BB388E78E9197BF8F575F8BB388E790552E646F63> 職 場 体 験 インターンシップに 関 する 調 査 研 究 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 19 年 3 月 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センター 職 場 体 験 インターンシップに 関 する 調 査 研 究 報 告 書 ( 概 要 版 ) 目 次 1 中 学 校 高 等 学 校 職 場 体 験 インタ-ンシップ 現 状 把 握 調 査 の 概 要 等 1

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483233944E82588C8E8E7B90DD93E08CA48F43838C8357838583812E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483233944E82588C8E8E7B90DD93E08CA48F43838C8357838583812E646F63> 平 成 23 年 度 9 月 施 設 内 研 修 介 護 福 祉 士 ファーストステップ 研 修 フィードバック 特 別 養 護 老 人 ホーム 梅 寿 荘 0 VTR 視 聴 1 食 べないと 部 屋 に 帰 れませんよ 1. 課 題 となる 行 為 言 動 食 事 摂 取 を 強 要 している 点 言 葉 で 行 動 を 制 限 しているところ 上 から 目 線 の 態 度 目 線 をしっかりと

More information

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27 平 成 27 年 7 月 東 御 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )7 月 24 日 ( 金 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 後 0 時 00 分 まで 2 場 所 中 央 公 民 館 応 接 室 3 議 題 3 議 題 (1) 協 議 ( 審 議 検 討 ) 議 案 第 19 号 就 学 援 助 費 支 給 の 認 定 について

More information

目 次 Ⅰ 和 歌 山 県 不 登 校 対 策 に 係 る 有 識 者 会 議 の 設 置 について 1 1 有 識 者 会 議 設 置 の 趣 旨 1 2 長 期 欠 席 と 不 登 校 1 Ⅱ 有 識 者 会 議 のまとめ 4 1 不 登 校 を 生 まない 学 校 づくり 6 2 未 然 防

目 次 Ⅰ 和 歌 山 県 不 登 校 対 策 に 係 る 有 識 者 会 議 の 設 置 について 1 1 有 識 者 会 議 設 置 の 趣 旨 1 2 長 期 欠 席 と 不 登 校 1 Ⅱ 有 識 者 会 議 のまとめ 4 1 不 登 校 を 生 まない 学 校 づくり 6 2 未 然 防 和 歌 山 県 不 登 校 対 策 に 係 る 有 識 者 会 議 まとめ 平 成 28 年 7 月 和 歌 山 県 不 登 校 対 策 に 係 る 有 識 者 会 議 目 次 Ⅰ 和 歌 山 県 不 登 校 対 策 に 係 る 有 識 者 会 議 の 設 置 について 1 1 有 識 者 会 議 設 置 の 趣 旨 1 2 長 期 欠 席 と 不 登 校 1 Ⅱ 有 識 者 会 議 のまとめ 4

More information

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く 長 浜 子 どものちかい 及 び 長 浜 子 育 て 憲 章 について 1 策 定 の 趣 旨 全 国 的 に いじめや 虐 待 の 問 題 を 始 め 非 行 の 低 年 齢 化 児 童 生 徒 の 社 会 性 や 主 体 性 の 弱 さ さらには 忍 耐 力 や 集 中 力 規 範 意 識 や 公 共 の 意 識 等 の 欠 如 が 指 摘 されて 久 しくなります 社 会 構 造 や 生 活

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7>

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7> 資 料 5 府 内 市 町 ( 組 合 ) 教 育 委 員 会 教 育 長 会 議 の 開 催 概 要 1 日 時 平 成 24 年 8 月 20 日 ( 月 ) 午 後 1 時 ~3 時 2 場 所 ルビノ 京 都 堀 川 ひえいの 間 3 出 席 者 (1) 京 都 府 教 育 委 員 会 田 原 教 育 長 小 橋 管 理 部 長 永 野 指 導 部 長 田 中 教 育 企 画 監 古 市 指

More information

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え 卒 業 まで 大 切 に 使 おう ご 家 庭 の 皆 様 もご 一 読 ください 川 場 村 立 川 場 中 学 校 保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分

More information

Taro-H26第1回学校評価運営協議

Taro-H26第1回学校評価運営協議 日 時 : 平 成 26 年 6 月 17 日 ( 火 ) 場 所 : 本 校 大 会 議 室 参 長 校 長 加 委 学 校 評 議 員 2 名 者 員 学 校 関 係 者 評 価 5 名 保 護 者 代 表 2 名 ( 学 校 関 係 者 評 価 1 名 を 含 む) 生 徒 代 表 前 期 生 徒 会 執 行 部 員 4 名 学 校 代 表 3 名 幹 事 副 校 長 教 頭 1 校 長 挨

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

児 童 生 徒 を 取 り 巻 く インターネットの 現 状 と 対 応 -ネットいじめを 中 心 とした 取 組 - 小 矢 部 市 小 中 学 校 生 徒 指 導 研 修 会 平 成 4 年 11 月 日 ( 金 ) 西 部 教 育 事 務 所 児 童 生 徒 の 実 態 ー 高 校 生 (1)

児 童 生 徒 を 取 り 巻 く インターネットの 現 状 と 対 応 -ネットいじめを 中 心 とした 取 組 - 小 矢 部 市 小 中 学 校 生 徒 指 導 研 修 会 平 成 4 年 11 月 日 ( 金 ) 西 部 教 育 事 務 所 児 童 生 徒 の 実 態 ー 高 校 生 (1) 小 矢 部 市 小 中 学 校 生 徒 指 導 研 修 会 期 日 : 平 成 4 年 11 月 日 ( 金 )15:3 会 場 : 小 矢 部 市 役 所 5 会 議 室 1 開 会 のあいさつ ( 小 矢 部 市 教 育 委 員 会 次 長 舟 本 勇 ) 講 義 演 習 演 題 : 児 童 生 徒 を 取 り 巻 くインターネットの 現 状 と 対 応 講 師 : 富 山 県 西 部 教 育

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3 ステージⅱ

目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3 ステージⅱ 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 25 年 4 月 夕 張 市 教 育 委 員 会 目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

伊勢崎市職員職場復帰支援制度

伊勢崎市職員職場復帰支援制度 職 場 復 帰 支 援 制 度 実 施 マニュアル 平 成 22 年 4 月 伊 勢 崎 市 総 務 部 職 員 課 目 次 1 趣 旨 1 2 対 象 者 1 3 用 語 の 定 義 1 4 病 気 休 業 に 係 る 休 暇 制 度 等 について 1 (1) 病 気 休 暇 について (2) 休 職 について 5 職 場 復 帰 支 援 制 度 について 2 < 第 1ステップ> 病 気 休 業

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63>

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63> 神 戸 市 08.05.21 はじめに 神 戸 市 では, 様 々な 組 織 マネジメントや 人 材 育 成 を 図 ってきたが, 職 員 は, 厳 しい 財 政 状 況 をはじ め 他 の 様 々な 要 因 により 硬 直 感 閉 塞 感 を 抱 いており, 職 員 相 互 の 議 論 や 組 織 内 の 連 携 も 希 薄 であ ると 感 じていることが 伺 われる( H15 行 財 政 改 善

More information