< BBD92A02E707562>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<2334358BBD92A02E707562>"

Transcription

1 古 文 書 #45 ごうちょう むらめいさいちょう 郷 帳 村 明 細 帳 作 者 : 郷 帳 = 大 名 代 官 幕 府 村 明 細 帳 = 村 方 村 役 人 成 立 : 郷 帳 = 江 戸 期 村 明 細 帳 = 江 戸 初 期 から 明 治 初 年 解 題 Keyword 国 絵 図 村 高 慶 長 郷 帳 正 保 郷 帳 元 禄 郷 帳 天 保 郷 帳 村 差 出 明 細 帳 村 鑑 帳 村 方 郷 鑑 郷 帳 は 江 戸 時 代 幕 府 が 国 絵 図 とともに 編 集 した 一 国 ごとに 村 名 村 高 を 書 き 上 げた 帳 簿 全 国 の 収 納 高 を 明 確 に 把 握 する 財 政 上 の 基 礎 台 帳 の 性 格 を 持 つ 村 明 細 帳 は 江 戸 時 代 初 期 から 明 治 初 年 にかけて 領 主 代 官 の 求 めに 応 じ 村 方 から 提 出 した 村 の 状 態 を 詳 細 に 記 した 帳 簿 成 立 経 緯 < 郷 帳 > 国 史 大 辞 典 によると 郷 帳 には 次 の2つの 意 味 が ある 1 成 箇 ( 取 箇 年 貢 )および 定 納 物 の 額 を 村 ごとに 毎 年 記 載 した 年 貢 元 帳 年 貢 割 付 帳 年 貢 米 金 皆 済 目 録 とと もに 地 方 (じかた) 三 帳 のひとつ 2 江 戸 幕 府 が 国 絵 図 とともに 編 集 した 国 ごとの 郷 村 高 帳 更 に 一 国 単 位 の 村 高 帳 だけでなく 特 定 の 単 位 を 持 っ た 村 高 帳 も 広 い 意 味 で 郷 帳 とよぶことがある ここで は 2にあたる 郷 帳 のみをとりあげることとする 徳 川 幕 府 による 郷 帳 の 編 纂 は 少 なくとも 慶 長 正 保 元 禄 天 保 の 計 4 回 にわたって 行 われたとされており 一 般 には 編 纂 時 の 年 号 を 冒 頭 に 付 けて 呼 ばれている 慶 長 郷 帳 徳 川 幕 府 が 初 めて 全 国 の 大 名 に 提 出 を 命 じた 郷 帳 だと 思 われる しかし 解 明 が 進 んでおらず 不 明 な 点 が 多 く 残 されている 慶 長 郷 帳 の 作 成 は 慶 長 9 年 (1604)に 事 業 が 開 始 され 1 2 年 という 短 期 間 で 行 われたと 思 われ るが 現 在 のところ 残 存 しているものが 少 ないので 全 国 的 に 提 出 されたかどうかはわからない 西 日 本 諸 国 の 149

2 #45 郷 帳 村 明 細 帳 みが 対 象 となったのではないかという 説 もある 慶 長 18 年 (1613)にも 幕 府 は 知 行 高 目 録 ( 郷 村 帳 )を 提 出 させている 諸 大 名 に 領 地 の 判 物 朱 印 状 を 授 け 主 従 関 係 を 強 めるためだったと 思 われるが 大 坂 の 陣 などに 妨 げられ 実 際 に 領 地 の 判 物 朱 印 状 を 与 えたのは 元 和 3 年 (1617)であった 正 保 郷 帳 正 保 元 年 (1644)12 月 大 名 諸 国 の 代 官 へ 作 成 の 指 示 がされている 郷 帳 (2 部 ) 提 出 時 には 国 絵 図 2 部 各 大 名 の 居 城 の 絵 図 1 部 海 陸 之 道 筋 及 び 古 城 の 書 付 2 部 を 一 緒 に 提 出 させた そのほか 東 海 道 に 居 城 を 持 つ 大 名 には その 模 型 も 提 出 させている 国 絵 図 郷 帳 道 之 帳 城 絵 図 各 1 部 は 幕 府 文 庫 へ 残 りの 国 絵 図 郷 帳 道 之 帳 各 1 部 は 実 務 用 に 幕 府 勘 定 所 へ 保 管 され た 当 初 正 保 2 年 中 に 提 出 するよう 定 められたが 遅 れるところが 多 かった という 明 暦 年 間 ( )に 完 成 したとされるが 疑 義 もある 元 禄 郷 帳 元 禄 10 年 (1697) 諸 大 名 へ 作 成 の 指 示 がされている 正 保 郷 帳 と 同 様 2 部 作 成 することとされていたが 提 出 するものは 正 保 郷 帳 の 際 とは 異 なり 国 絵 図 と 郷 帳 のみであった 相 模 国 伊 豆 国 の 提 出 は 元 禄 15(1702) 年 7 月 武 蔵 国 上 総 国 下 総 国 の 提 出 は 同 年 11 月 であった 元 禄 13 年 から16 年 の 間 に 提 出 されたものが 多 いよ うである 天 保 郷 帳 正 保 元 禄 の 郷 帳 作 成 時 とは 異 なり 国 絵 図 の 作 成 に 先 行 して 行 われた 2 部 作 成 天 保 2 年 (1831)12 月 幕 府 が 郷 帳 の 改 訂 を 通 達 した 各 領 主 が 領 内 の 村 別 石 高 帳 を 作 成 して 幕 府 へ 提 出 し 各 郷 帳 の 最 終 的 な 作 成 は 幕 府 が 行 った 幕 府 は 拝 領 高 に 込 高 と 改 出 新 田 高 を 加 えた 高 (いわば 実 高 )の 記 載 を 求 めたが 各 藩 の 高 帳 提 出 は 遅 れ 気 味 で 数 度 の 督 促 の 後 天 保 5 年 (1834)5 月 ごろ ようやく 高 帳 の 提 出 が 完 了 した 郷 帳 完 成 は 天 保 5 年 12 月 である これらに 先 立 つものとして 天 正 19 年 (1591)の 御 前 帳 (ごぜんちょう)がある これは 豊 臣 政 権 が 朝 鮮 出 兵 を 前 にして 全 国 の 大 名 領 主 に 対 し 提 出 させた 検 地 帳 に 基 づく 領 主 ごとの 郷 帳 である 個 別 大 名 の 生 産 高 を 掌 握 し 軍 役 を 賦 課 する 基 準 としたという 説 もある 必 ずしも 実 際 の 生 産 高 を 反 映 したもの ではないと 思 われるが 全 国 的 に 石 高 制 を 確 立 させた 意 義 は 大 きい また 徳 川 幕 府 は 寛 文 4 年 (1664) 全 大 名 に 一 斉 に 朱 印 状 判 物 を 発 給 す る( 寛 文 印 知 )のに 先 立 ち 国 郡 別 の 村 高 を 記 載 した 郷 帳 を 各 大 名 に 提 出 させ ている 基 本 的 には 正 保 郷 帳 を 写 して 提 出 しているが 改 めて 作 成 し 直 して 提 出 している 例 もあり この 場 合 には 正 保 郷 帳 提 出 後 の 新 田 高 を 加 えた 実 高 を 記 載 している また 正 保 郷 帳 提 出 後 に 大 名 に 取 り 立 てられた 者 も 新 たに 提 出 している 和 泉 清 司 によると 2005 年 現 在 残 存 しているものは4 点 であ る 150

3 < 村 明 細 帳 > 江 戸 時 代 の 代 表 的 地 方 書 地 方 凡 例 録 には 村 差 出 明 細 帳 の 項 目 はある が 始 まりの 時 期 は 記 されておらず 村 明 細 帳 の 項 目 はない 村 差 出 明 細 帳 の 項 によると 其 村 にあるほどの 儀 は 一 事 も 洩 ざる 様 に 記 し た 文 書 とあ る 村 差 出 が 後 に 村 差 出 明 細 帳 になり さらに 省 略 されて 村 明 細 帳 または 明 細 帳 と 呼 ばれるようになったという 説 もあるが はっきりしたことはわから ない 三 河 国 ( 現 愛 知 県 東 部 )より 東 の 地 域 では 現 在 判 明 している 限 りでは 書 上 帳 差 出 帳 差 出 明 細 帳 村 鑑 帳 等 13の 名 称 が 使 用 され 村 明 細 帳 という 名 称 の 使 用 率 は 低 い 対 して 畿 内 播 磨 豊 後 等 の 西 国 では 使 用 率 は 高 い しばしば 使 用 される 村 鑑 帳 という 名 称 は 地 方 凡 例 録 には 享 保 年 間 (1720 頃 )に 始 まったと 記 されている それによると 此 帳 面 にて 村 方 の 様 子 大 略 相 分 る 文 書 であり 記 載 項 目 は 村 ( 差 出 ) 明 細 帳 と 大 差 ない しかし 村 ( 差 出 ) 明 細 帳 が1 代 官 領 主 交 代 の 時 2 幕 府 巡 見 使 派 遣 の 時 3 領 主 代 官 廻 村 の 時 4 将 軍 が 日 光 社 参 をする 場 合 5その 他 特 別 の 必 要 があった 時 などの 際 に 村 から 代 官 に 提 出 され 保 管 されているのに 対 し 村 鑑 帳 ( 村 鑑 大 概 帳 村 々 様 子 大 概 帳 )は 将 軍 の 御 前 に 供 すため 代 官 から 幕 府 勘 定 所 に 毎 年 提 出 されている 徳 川 幕 府 県 治 要 略 では 村 明 細 帳 は 民 簿 村 鑑 は 官 簿 として 区 別 されている このように 両 者 は 本 来 的 には 異 なった 文 書 とされるが 村 方 文 書 の 中 に 村 鑑 帳 と 題 された 帳 簿 が 残 されていることも 確 かである これについては 代 官 が 勘 定 所 へ 提 出 する 村 鑑 帳 を 準 備 する 段 階 で 各 村 に 書 き 上 げさせた 下 帳 ではないかという 説 もあるが 定 まってはい ない また 村 方 郷 鑑 ( 手 鑑 ともいう)という 代 官 役 所 の 地 方 役 人 が 執 務 の 必 要 上 自 分 で 作 成 し 所 持 していた 村 方 の 明 細 帳 も 区 別 されるべきという 説 もある しかし 村 明 細 帳 と 村 鑑 村 方 郷 鑑 の 区 別 は 実 際 のところは 困 難 で これら のすべてを 村 明 細 帳 として 扱 うこともあり 村 明 細 帳 類 と 称 することもある 村 明 細 帳 の 始 まりについては 諸 説 ある 三 代 将 軍 家 光 の 国 絵 図 郷 帳 差 出 の 下 令 (1644)を 大 きな 契 機 とし この 後 元 禄 の 地 方 直 し(1700 年 頃 )に 伴 い 代 官 所 より 雛 型 が 配 布 され 村 明 細 帳 は 一 般 化 したという 説 もある 村 明 細 帳 は 領 主 代 官 の 示 した 雛 型 に 応 じて 作 成 された 最 も 古 い 雛 型 は 貞 享 2 年 (1685)ごろの 大 和 国 のものとされているが それに 先 立 ち 小 田 原 藩 や 尾 張 藩 では 十 分 に 村 明 細 帳 の 要 件 を 備 えた 文 書 が 作 成 されている 作 者 < 郷 帳 > 慶 長 郷 帳 各 国 の 諸 大 名 が 作 成 したと 思 われるが 詳 細 は 不 明 正 保 郷 帳 #45 郷 帳 村 明 細 帳 151

4 #45 郷 帳 村 明 細 帳 国 別 に 郷 帳 作 成 責 任 者 ( 絵 図 元 )を 指 定 し 幕 府 に 提 出 させている 1か 国 ないし 複 数 の 国 を 単 独 でまたはその 大 部 分 を 支 配 している 大 名 は そのまま 責 任 者 になっている 国 内 に 複 数 の 大 名 が 存 在 したり 幕 領 が 存 在 するとこ ろは 国 内 の 有 力 大 名 と 奉 行 ないし 郡 代 代 官 らが 責 任 者 になっている 場 合 が 多 い 相 模 国 は 中 原 代 官 成 瀬 氏 と 坪 井 氏 武 蔵 国 は 関 東 郡 代 伊 奈 氏 が 指 名 された 元 禄 郷 帳 正 保 郷 帳 と 同 様 国 ごとに 定 められた 絵 図 元 が 作 成 し 提 出 している 相 模 国 武 蔵 国 安 房 国 上 総 国 伊 豆 国 の 絵 図 元 は 幕 府 の 絵 図 改 訂 担 当 者 である 井 上 大 和 守 安 藤 筑 後 守 松 前 伊 豆 守 久 貝 因 幡 守 の4 人 だった この5ヶ 国 は 幕 領 や 旗 本 知 行 所 が 多 く 絵 図 元 を 担 当 できるような 大 名 が 存 在 しな かったため 幕 府 の 絵 図 改 訂 担 当 者 が 直 接 携 わったのだと 思 われる 天 保 郷 帳 各 領 主 が 領 内 の 村 別 石 高 帳 を 作 成 して 幕 府 へ 提 出 し 最 終 的 な 作 成 は 幕 府 が 行 った 内 容 < 郷 帳 > 慶 長 郷 帳 不 明 な 点 が 多 いが 1 国 絵 図 とともに 一 国 単 位 で 作 成 することを 原 則 とし ていた しかし 呼 称 は 田 帳 郷 村 帳 高 帳 高 目 録 等 国 によって 不 統 一 であり かつ 領 主 別 の 郷 帳 も 作 成 させるなど 一 定 していなかった 2 三 部 作 成 するよう 指 示 した 3 記 載 内 容 についてもきちんとした 統 一 基 準 による 記 載 項 目 が 定 まっていなかったので 国 によりばらつきがあった 郷 村 単 位 で 田 畠 の 内 訳 や 物 成 高 を 記 載 することが 最 低 限 の 基 準 であったよう だ といった 指 摘 がなされている 正 保 郷 帳 正 保 郷 帳 の 特 色 は 記 載 内 容 の 詳 細 さである 国 絵 図 仕 様 覚 書 による と 郷 帳 作 成 に 関 して1 村 々を 郡 別 に 区 切 る 2 村 高 を 郡 別 に 集 計 する3 帳 末 には 一 国 の 総 高 を 記 載 する 4 郡 名 や 郷 名 など 難 字 には 朱 書 きでふりがな を 付 ける 5 村 ごとに 村 柄 を 記 載 する 6 郷 村 名 を 書 き 落 とさないようにす る 7 統 一 的 記 載 基 準 に 従 うこと といったことが 指 示 されている また 村 高 は 拝 領 高 ( 公 称 高 )とし 新 田 開 発 等 による 増 加 分 は 含 めていな い そして 領 主 別 に 村 高 の 内 訳 を 記 載 している 元 禄 郷 帳 基 本 的 に 正 保 郷 帳 の 形 式 を 踏 襲 しているが 記 載 内 容 は 簡 略 化 され 御 料 私 領 の 区 別 領 主 名 村 高 の 内 訳 などは 不 要 とされている 村 高 は 拝 領 高 ( 公 称 高 )である 村 名 と 村 高 のみを 記 し それを 郡 ごとに 集 計 し 最 後 に 一 国 の 総 高 と 村 数 を 計 上 している 国 ごとに 巻 末 に 提 出 年 月 と 担 当 領 主 名 が 記 されている 152

5 天 保 郷 帳 各 領 主 が 幕 府 へ 提 出 した 領 内 の 村 別 石 高 帳 をもとにしている 元 禄 郷 帳 と 同 様 に 村 名 と 村 高 のみを 記 し それを 郡 ごとに 集 計 し 最 後 に 一 国 の 総 高 と 村 数 を 計 上 している ただし 元 禄 郷 帳 とは 異 なり 実 高 記 載 である 国 絵 図 に 書 き 上 げられているものとほぼ 一 致 し 領 地 関 係 の 記 載 は 無 い すべての 藩 で 実 高 での 提 出 が 守 られたとは 限 らないので 天 保 郷 帳 の 高 が 生 産 力 の 実 態 を 示 すとは 言 いがたいが 正 保 郷 帳 元 禄 郷 帳 の 高 よりは 実 高 に 近 いのではな いかと 考 えられる < 村 明 細 帳 > 村 明 細 帳 は 領 主 代 官 の 示 した 雛 型 に 応 じて 作 成 された 記 載 されること の 多 い 項 目 としては 村 高 田 畑 の 面 積 ( 反 別 ) 貢 租 関 係 家 数 人 口 牛 馬 数 用 水 山 林 入 会 地 農 間 渡 世 などである 木 村 礎 は 村 明 細 帳 の 原 型 を 村 高 反 別 年 貢 高 人 別 の4 種 のうち 人 別 と 他 の3 要 目 のうちの2つが 1 文 書 に 記 載 されていることと 規 定 している( 寛 永 期 の 地 方 文 書 ) 村 明 細 帳 作 成 の 目 的 は 村 の 貢 祖 負 担 能 力 を 把 握 することにあったと 思 われ る しかし 村 明 細 帳 はあくまでも 雛 型 にそった 形 で 記 載 されるので 項 目 に ない 事 項 は 記 述 されないし 農 村 の 生 産 力 は 低 めに 農 民 の 困 窮 度 は 強 調 して 記 述 される 等 そのとおりには 受 け 取 れない 記 載 もある 村 明 細 帳 は 村 の 状 態 を 知 るうえで 有 効 な 史 料 だが 記 載 事 項 は 必 ずしも 真 実 を 記 しているわけ ではないということを 認 識 しておく 必 要 がある 相 模 国 村 明 細 帳 集 成 別 冊 によると 内 容 的 に 村 明 細 帳 とされる 史 料 名 は 計 13あり 総 計 641 点 である 内 訳 は 書 上 帳 (175 点 27%) 差 出 帳 (149 点 23%) ( 村 ) 明 細 帳 (104 点 16%) 村 鑑 帳 (93 点 15%) 差 出 明 細 帳 (42 点 6%) その 他 である 江 戸 時 代 の 相 模 国 においては 村 明 細 帳 という 名 は 非 常 に 少 なく 104 点 の うち74 点 は 明 治 時 代 になってからのものである 村 鑑 帳 は 幕 領 の 津 久 井 足 柄 上 郡 に 集 中 しており ほとんどが 享 保 年 代 ( )の 作 成 である 相 模 国 の 村 明 細 帳 相 模 国 における 村 明 細 帳 の 明 確 な 原 型 は 正 保 2 年 (1645) 閏 5 月 に 代 官 成 瀬 五 左 衛 門 が 命 じた 書 上 げと 考 えられている この 時 に 示 された 雛 型 に は 田 高 畑 高 家 数 人 数 寺 院 馬 数 御 林 等 の 項 目 が 記 されている これに 従 って 記 された 文 書 は 表 題 を 持 たず 記 載 も 簡 単 な 一 枚 物 である が 内 容 的 には 村 明 細 帳 の 原 型 であることが 明 白 である より 完 全 な 村 明 細 帳 としては 寛 文 11 年 (1671) 小 田 原 藩 領 根 府 川 村 のものが 最 古 とされている 表 題 は 持 たず 単 に 西 筋 根 府 川 村 と 記 されているだけ だが 冊 子 仕 立 てで 内 容 は49 項 目 にわたり 地 方 凡 例 録 に 記 された 要 目 を ほとんどみたしている 小 田 原 藩 はこれも 含 め 翌 12 年 にかけ 統 一 形 式 によ る 村 書 上 げを 完 成 させている また 貞 享 3 年 (1686)には 新 城 主 大 久 保 氏 がさ らに 完 成 された 村 差 出 之 事 ( 差 出 帳 )を 作 成 している 153 #45 郷 帳 村 明 細 帳

6 #45 郷 帳 村 明 細 帳 諸 本 慶 長 郷 帳 原 本 は 現 存 していない 現 存 する 写 しも 飛 騨 大 和 などきわめて 少 ない 正 保 郷 帳 国 史 大 辞 典 によると 原 本 転 写 本 ともに 失 われたという しかし 作 成 にあたった 大 名 家 に 残 ったと 思 われる 控 さらにそれより 伝 写 されたと 思 われる 写 しが 残 っており 和 泉 清 司 によると2005 年 現 在 33か 国 分 36 点 が 残 存 しているという 残 念 ながら 相 模 国 の 郷 帳 は 残 存 していない 元 禄 郷 帳 原 本 は 現 存 していない もっとも 原 本 に 近 いと 思 われる 江 戸 時 代 後 期 の 写 本 (17 国 19 冊 )は 国 立 公 文 書 館 内 閣 文 庫 に 所 蔵 されている 昌 平 坂 学 問 所 内 に 設 置 されていた 地 誌 調 所 の 旧 蔵 本 で 明 治 以 後 大 学 浅 草 文 庫 を 経 て 内 閣 文 庫 に 移 管 された 昭 和 58(1983) 年 に 重 要 文 化 財 に 指 定 されている 国 文 学 研 究 資 料 館 史 料 館 には 大 和 国 以 外 の 全 国 の 写 本 が 所 蔵 されているが 石 高 の 記 載 を 欠 いている 天 保 郷 帳 原 本 ( 全 国 85 冊 )は 全 て 国 立 公 文 書 館 内 閣 文 庫 に 所 蔵 されている 2 部 作 成 され 献 上 されたうち 幕 府 の 紅 葉 山 文 庫 に 保 存 されていたものと 思 われる 保 存 状 態 はきわめて 良 好 である 成 立 当 初 の 献 上 本 であって 本 文 の 信 憑 性 が 高 い 国 郡 村 の 各 段 階 の 石 高 が 完 備 している 完 全 に 揃 っていて 欠 本 がない という 点 で 貴 重 な 史 料 とされ 昭 和 58 年 に 重 要 文 化 財 に 指 定 されている ま た この 原 本 を 底 本 とする 明 治 初 年 の 写 本 ( 全 国 32 冊 )も 所 蔵 されている 史 料 本 文 を 読 む 郷 帳 < 影 印 本 > 天 保 郷 帳 (1)(2) 附 元 禄 郷 帳 福 井 保 解 説 汲 古 書 院 1984 ( 内 閣 文 庫 所 蔵 史 籍 叢 刊 55 56) [210.08/136/55 56] < 翻 刻 本 >( 現 神 奈 川 県 域 のものを 中 心 に) 武 蔵 国 武 蔵 田 園 簿 北 島 正 元 校 訂 近 藤 出 版 社 1977 [K27.98/9A] ( 索 引 あり) 武 蔵 国 の 正 保 郷 帳 案 とされる 武 蔵 田 園 簿 の 翻 刻 底 本 : 東 京 大 学 史 料 編 纂 所 本 東 京 市 史 稿 市 街 篇 第 6 附 録 [213.6/27/2-93] 川 崎 市 史 資 料 編 2 [K21.21/5/3-2]( 抄 出 ) 神 奈 川 県 史 資 料 編 6 [K21/16/6]( 久 良 木 都 筑 橘 樹 三 郡 )にも 掲 載 あり 武 蔵 国 橘 樹 久 良 岐 都 筑 三 郡 郷 帳 ( 元 禄 15 天 保 5) ( 神 奈 川 県 史 154

7 資 料 編 5 神 奈 川 県 1972 [K21/16/5]) 相 模 国 関 東 甲 豆 郷 帳 関 東 近 世 史 研 究 会 校 訂 近 藤 出 版 社 1988 [K27/58] 相 模 武 蔵 安 房 上 総 下 総 常 陸 上 野 下 野 甲 斐 伊 豆 の 十 国 の 元 禄 天 保 郷 帳 を 集 成 翻 刻 元 禄 郷 帳 ( 相 模 武 蔵 その 他 の 計 8カ 国 ) 及 び 天 保 郷 帳 ( 全 )は 内 閣 文 庫 本 を 底 本 とする 相 模 国 郷 帳 ( 元 禄 15) 神 奈 川 県 史 資 料 5 神 奈 川 県 1972[K21/16/5]) 藤 沢 市 史 料 集 1 藤 沢 市 文 書 館 1975[K27.52/3/1] 鎌 倉 市 史 近 世 史 料 編 1 鎌 倉 市 編 吉 川 弘 文 館 1986 [K21.4/4-2/2] 寒 川 町 史 1 寒 川 町 1990[K21.51/7/1] 座 間 市 史 2 座 間 市 1991[K21.56/3/2] 綾 瀬 市 史 2 綾 瀬 市 1992 [K21.57/5/2-1] 伊 勢 原 市 史 資 料 編 近 世 1 伊 勢 原 市 1992 [K21.64/7/2-3-1] 海 老 名 市 史 3 海 老 名 市 1994 [K21.58/13/3] 逗 子 市 史 資 料 編 1 逗 子 市 1985 [K21.32/2/1]( 三 浦 郡 郷 帳 ) 相 模 国 郷 帳 ( 天 保 5) 神 奈 川 県 史 資 料 5 神 奈 川 県 1972[K21/16/5]) 藤 沢 市 史 料 集 1 藤 沢 市 文 書 館 1975[K27.52/3/1] 鎌 倉 市 史 近 世 史 料 編 1 鎌 倉 市 編 吉 川 弘 文 館 1986 [K21.4/4-2/2] 寒 川 町 史 1 寒 川 町 1990[K21.51/7/1] 座 間 市 史 2 座 間 市 1991[K21.56/3/2] 逗 子 市 史 資 料 編 1 逗 子 市 1985 [K21.32/2/1]( 三 浦 郡 郷 帳 ) 以 上 特 に 注 記 がないものは 国 立 公 文 書 館 内 閣 文 庫 本 を 底 本 とする 村 明 細 帳 < 影 印 本 >( 現 神 奈 川 県 域 のものを 中 心 に) 武 蔵 国 都 筑 郡 村 明 細 帳 青 葉 区 古 文 書 之 会 2003 [K27.18/13] 翻 刻 併 載 < 翻 刻 本 >( 現 神 奈 川 県 域 のものを 中 心 に) 相 模 国 村 明 細 帳 集 成 1-3 青 山 孝 慈 青 山 京 子 編 岩 田 書 院 2001 [K27/78/1~3] 村 の 概 観 ( 神 奈 川 県 史 資 料 編 4 6 神 奈 川 県 [K21/16/4/6]) 藩 内 の 町 と 村 ( 神 奈 川 県 史 資 料 編 5 神 奈 川 県 1972 [K21/16/5]) 村 と 町 の 概 観 ( 神 奈 川 県 史 資 料 編 7 神 奈 川 県 1975 [K21/16/7]) 旭 区 近 世 村 明 細 帳 横 浜 旭 区 歴 史 の 会 1993 [K20.15/13/1] 武 蔵 国 都 筑 郡 野 沢 村 明 細 帳 ( 郷 土 よこはま (63) 横 浜 市 図 書 館 1972 [K05.1/15/63]) 村 況 史 料 集 ( 上 下 ) 川 崎 市 市 民 ミュージアム 1989 ( 川 崎 史 資 料 叢 書 第 1 2 巻 ) [K27.21/25/1 2] 上 巻 : 川 崎 区 幸 区 中 原 区 高 津 区 下 巻 : 宮 前 区 多 摩 区 麻 生 区 155 #45 郷 帳 村 明 細 帳

8 #45 郷 帳 村 明 細 帳 村 々のすがた ( 逗 子 市 史 資 料 編 1 逗 子 市 1985[K21.32/2/1]) 村 明 細 ( 鎌 倉 市 史 近 世 史 料 編 第 一 鎌 倉 市 吉 川 弘 文 館 1986 [K21.4/4-2/2]) 村 の 概 要 ( 寒 川 町 史 2 寒 川 町 1993 [K21.51/7 /2]) 村 明 細 帳 ( 藤 沢 市 史 料 集 11 藤 沢 市 文 書 館 1986 [K27.52/3/11]) 村 々の 概 況 ( 茅 ヶ 崎 市 史 1 資 料 編 上 茅 ヶ 崎 市 1977 [K21.53/4/1]) 村 明 細 帳 ( 大 磯 町 史 1 大 磯 町 1996 [K21.61/24/1]) 秦 野 地 方 の 村 明 細 帳 同 ( 補 遺 ) ( 秦 野 市 史 第 2 3 巻 [K21.63/4/1-2 3]) 小 田 原 藩 領 の 町 と 村 むらのすがた 同 ( 補 遺 ) ( 小 田 原 市 史 史 料 編 近 世 2 3 小 田 原 市 [K21.7/21/ ]) 南 足 柄 市 の 村 明 細 帳 ( 上 下 ) 南 足 柄 市 文 化 財 保 護 委 員 会 南 足 柄 市 教 育 委 員 会 ( 南 足 柄 市 文 化 財 調 査 報 告 書 11 13)[K06.81/1/11 13] 村 明 細 帳 ( 開 成 町 史 資 料 編 近 世 2 開 成 町 1997 [K21.81/23/3-2]) 村 明 細 帳 関 係 資 料 ( 大 井 町 史 資 料 編 1 大 井 町 1997 [K21.81/26/1-1]) 山 北 の 村 むらとそのようす ( 山 北 町 史 史 料 編 近 世 山 北 町 2003 [K21.81/28/1-2]) 村 のようす ( 真 鶴 町 史 資 料 編 真 鶴 町 1993 [K21.85/23/1]) 近 世 の 村 々のすがた ( 湯 河 原 町 史 第 1 巻 湯 河 原 町 1984[K21.85/9/1]) 厚 木 市 史 史 料 集 4 地 誌 編 厚 木 市 史 編 さん 委 員 会 1973[K27.92/3/4] 村 明 細 帳 ( 藤 野 町 史 資 料 編 ( 上 ) 藤 野 町 1994 [K21.95/22/2-1]) ふじの 町 史 研 究 誌 (5) 藤 野 町 企 画 課 1996 [K21.95/9/5] 村 の 概 況 ( 城 山 町 史 2 城 山 町 1990 [K21.95/7/2]) 津 久 井 の 村 々 津 久 井 領 諸 色 覚 書 ( 津 久 井 町 史 資 料 編 近 世 1 津 久 井 町 2004 [K21.95/26/1-2-1]) 村 明 細 帳 については ある 程 度 まとまって 掲 載 されているもののみ 記 載 し た このほか 自 治 体 史 の 資 料 編 などに 多 数 掲 載 がある 史 料 についてさらに 知 る- 参 考 文 献 - 郷 帳 福 井 保 郷 帳 ( 慶 長 正 保 元 禄 天 保 郷 帳 ) ( 江 戸 幕 府 編 纂 物 解 説 編 福 井 保 著 雄 松 堂 出 版 1983 [027.1/1/1]) 江 戸 幕 府 撰 国 絵 図 の 研 究 川 村 博 忠 著 古 今 書 院 1984 [291.03/169] 斎 藤 司 解 題 ( 関 東 甲 豆 郷 帳 関 東 近 世 史 研 究 会 校 訂 近 藤 出 版 社 1988[K27/58]) 国 絵 図 川 村 博 忠 吉 川 弘 文 館 1990 [291.03/255] 国 絵 図 の 世 界 国 絵 図 研 究 会 編 柏 書 房 2005 [291.03PP/306] 和 泉 清 司 近 世 初 期 一 国 郷 帳 の 研 究 ( 地 域 政 策 研 究 vol.8(2) 高 崎 経 済 大 学 地 域 政 策 学 会 2005 [Z305/544]) 156

9 < 成 立 経 緯 > 黒 田 日 出 男 江 戸 幕 府 国 絵 図 郷 帳 管 見 1 ( 歴 史 地 理 vol.93(2) 日 本 歴 史 地 理 学 会 吉 川 弘 文 館 1977 [Z210.05/5]) 丑 木 幸 男 上 野 国 寛 文 郷 帳 諸 写 本 の 検 討 ( 史 料 館 研 究 紀 要 (23) 国 文 学 研 究 資 料 館 史 料 館 1992 [Z210.05/10]) 領 域 支 配 の 展 開 と 近 世 杉 本 史 子 著 山 川 出 版 社 1999 [210.5HH/558] < 諸 本 > 大 塚 英 明 内 閣 文 庫 保 管 国 絵 図 郷 帳 一 管 見 ( 三 浦 古 文 化 (33) 三 浦 古 文 化 研 究 会 1983 [K20.3/3/33]) 長 澤 孝 三 国 立 公 文 書 館 内 閣 文 庫 所 蔵 国 絵 図 郷 帳 の 重 要 文 化 財 指 定 につ いて ( 北 の 丸 (16) 国 立 公 文 書 館 1984 [Z310.9/7]) 福 田 千 鶴 尾 張 藩 士 茜 部 相 嘉 と 諸 国 郷 帳 の 成 立 ( 史 料 館 研 究 紀 要 (26) 国 学 研 究 資 料 館 史 料 館 1995 [Z210.05/10] 再 録 江 戸 時 代 の 武 家 社 会 福 田 千 鶴 著 校 倉 書 房 2005 [210.5PP/687]) <その 他 > 近 世 初 期 南 武 蔵 野 の 村 落 と 支 配 林 厳 著 東 京 大 学 史 料 編 纂 所 1972 [K25.98/8] 神 崎 彰 利 郷 帳 ( 明 治 大 学 刑 事 博 物 館 年 報 8 明 治 大 学 刑 事 博 物 館 委 員 会 1977 [326/43/8]) 北 島 正 元 解 説 ( 武 蔵 田 園 簿 近 藤 出 版 社 1977 [K27.98/9A]) 福 井 保 天 保 郷 帳 附 元 禄 郷 帳 解 題 ( 内 閣 文 庫 所 蔵 史 籍 叢 刊 55 汲 古 書 院 1984 [210.08/136/55]) 山 崎 謹 哉 近 世 武 蔵 国 における 村 落 の 歴 史 地 理 的 考 察 ( 専 修 人 文 論 集 (36) 専 修 大 学 学 会 1985 [Z051.3/87]) 村 明 細 帳 村 明 細 帳 の 研 究 野 村 兼 太 郎 著 有 斐 閣 1954 [K27/85] 藤 村 潤 一 郎 農 村 文 書 ( 二 ) 村 明 細 帳 ( 文 部 省 史 料 館 報 (14) 文 部 省 史 料 館 1971 [Z210.05/16]) 石 井 良 助 村 明 細 帳 ( 日 本 団 体 法 史 石 井 良 助 著 創 文 社 1978 ( 法 制 史 論 集 3) [322.1/56]) 木 村 礎 村 落 の 概 要 政 治 ( 日 本 古 文 書 学 講 座 7 雄 山 閣 出 版 1979 [210.08/118/7]) 木 村 礎 寛 永 期 の 地 方 文 書 ( 日 本 古 文 書 学 論 集 12 日 本 古 文 書 学 会 編 吉 川 弘 文 館 1987 [202.9/18/12]) 石 井 良 助 村 明 細 帳 について ( 日 本 古 文 書 学 論 集 12 日 本 古 文 書 学 会 編 吉 川 弘 文 館 1987 [202.9/18/12]) 神 崎 彰 利 近 世 文 書 について 2 ( 伊 勢 原 の 歴 史 (4) 伊 勢 原 市 1989 [K21.64/6/4]) 西 川 武 臣 江 戸 時 代 の 津 久 井 を 復 元 しよう ( 津 久 井 町 史 資 料 編 近 世 1 津 久 井 町 2004 [K21.95/26/1-2-1]) 157 #45 郷 帳 村 明 細 帳

10 #45 郷 帳 村 明 細 帳 < 成 立 経 緯 > 復 刻 徳 川 幕 府 県 治 要 略 安 藤 博 編 柏 書 房 1965 [210.5/97] 地 方 凡 例 録 ( 上 下 ) 大 石 久 敬 著 近 藤 出 版 社 1969 [322.15/16/1~2] 神 崎 彰 利 村 明 細 帳 (1)( 明 治 大 学 刑 事 博 物 館 年 報 9 明 治 大 学 刑 事 博 物 館 委 員 会 1978 [326/43/9]) < 相 模 国 村 明 細 帳 について> 青 山 孝 慈 相 模 国 津 久 井 県 江 戸 時 代 後 期 の 村 明 細 帳 ( 神 奈 川 県 史 研 究 (20) 神 奈 川 県 県 史 編 集 室 1973 [K21/18/16-20]) 青 山 孝 慈 相 模 国 三 浦 郡 の 村 明 細 帳 ( 三 浦 古 文 化 (13) 三 浦 古 文 化 研 究 会 1973 [K20.3/3/13-14]) 青 山 孝 慈 相 模 国 高 座 郡 の 村 明 細 帳 1 2 ( 藤 沢 市 史 研 究 (7)(8) 藤 沢 市 文 書 館 [K21.52/12/7-10]) 青 山 孝 慈 相 模 国 鎌 倉 郡 の 村 明 細 帳 ( 三 浦 古 文 化 (23)(24)(26) 三 浦 古 文 化 研 究 会 [K20.3/3/ ]) 神 崎 彰 利 村 明 細 帳 (2)( 明 治 大 学 刑 事 博 物 館 年 報 10 明 治 大 学 刑 事 博 物 館 委 員 会 1978 [326/43/10]) 青 山 孝 慈 相 模 国 三 浦 郡 の 村 明 細 帳 二 1 2 ( 三 浦 古 文 化 (42)(43) 三 浦 古 文 化 研 究 会 [K20.3/3/42 43]) 神 原 武 男 藤 野 七 ヶ 村 の 村 明 細 帳 ( ふじの 町 史 研 究 誌 (3) 藤 野 町 1993 [K21.95/9/3]) 旭 区 近 世 村 明 細 帳 の 研 究 横 浜 旭 区 歴 史 の 会 1994 [K20.15/13/2] 神 原 武 男 村 明 細 帳 の 検 討 ( ふじの 町 史 研 究 誌 (4) 藤 野 町 1994 [K21.95/9/4]) 相 模 国 村 明 細 帳 集 成 別 冊 青 山 孝 慈 青 山 京 子 編 岩 田 書 院 2001 [K27/78/4]) 高 橋 多 恵 子 山 北 の 村 むらとそのようす 解 説 ( 山 北 町 史 史 料 編 近 世 山 北 町 2003 [K21.81/28/1-2]) 津 久 井 町 の 村 明 細 帳 一 覧 ( 津 久 井 町 史 資 料 編 近 世 1 津 久 井 町 2004 [K21.95/26/1-2-1]) 158

資 料 番 号 表 題 作 成 年 月 日 作 成 差 出 など 宛 名 1 松 代 城 廓 絵 図 明 治 五 壬 申 年 浦 野 季 邦 控 2 信 濃 国 河 中 嶋 松 代 城 ( 享 保 二 丁 酉 年 四 月 ) ( 真 田 伊 豆 守 ) 形 態 備 考 紙 袋 御 城 内 御 絵 図 壱 同 明 治 五 壬 申 年 長 野 県 江 引 渡 建 物 絵 図 面 壱 枚 浦 野 姓 本

More information

表紙(第1巻)

表紙(第1巻) 神 奈 川 県 県 土 整 備 部 住 宅 課 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 結 果 報 告 書 < 第 1 巻 > 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 巻 第 1 調 査 方 法 について 1 調 査 結 果 報 告 利 用 上 の 注 意 2 2 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 実 施 要 領 3 3 調 書 の 記 載 方 法 5 第 2 調

More information

野球部の歴史

野球部の歴史 横 浜 市 立 鶴 見 工 業 高 等 学 校 野 球 部 の 歴 史 (1946~2010) 西 暦 和 暦 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 大 会 地 区 名 回 戦 勝 利 校 スコア 敗 戦 校 備 考 1946 年 昭 和 21 年 第 28 回 大 会 南 関 東 2 回 戦 鶴 見 工 16-8 興 国 中 神 奈 川 予 選 1946 年 昭 和 21 年 第 28 回

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記 1 1 2 9591 標 記 本 朝 通 鑑 前 編 神 書 完 林 鵞 峰 撰 9592 標 記 本 朝 通 鑑 神 武 帝 至 安 康 帝 一 林 羅 山 撰 ウア1 1-1 明 治 八 年 十 一 月 十 五 日 ウア1 1-2 版 権 免 許 ( 見 返 し) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

More information

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 について 資 料 6 農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 を 払

More information

ごあいさつ

ごあいさつ ( 浅 利 氏 ) 檜 山 安 東 氏 脇 本 湊 戸 沢 氏 角 館 赤 尾 津 氏 岩 屋 氏 本 堂 氏 六 郷 氏 内 越 氏 石 沢 氏 滝 沢 氏 仁 賀 保 氏 祢 々 井 氏 矢 島 氏 下 村 氏 小 野 寺 氏 横 手 ごあいさつ 秋 田 藩 家 蔵 文 書 歴 史 上 の 人 物 と 秋 田 秋 田 藩 家 蔵 文 書 に 見 る 秋 田 の 戦 国 時 代 戦 国 時 代

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

   

    C. 古 地 図 絵 図 ( 明 治 期 以 前 刊 行 図 の 複 製 ) [1] 一 般 地 図 地 図 帳 江 戸 城 下 変 遷 絵 図 集 - 御 府 内 沿 革 図 書 - 1~20, 別 巻 1~2( 原 書 房 1985-1988 1~20 T0 290/66/1~20, 別 巻 1~2 RT0 280/3001/1~2) 安 政 5 年 (1858 年 ) 幕 府 普 請 奉 行

More information

税 額 の 計 算 方 法 1 次 の 算 式 により 計 算 します 不 動 産 の 価 格 税 率 = 税 額 ( 納 める 額 ) 不 動 産 の 価 格 について 土 地 や 家 屋 を 売 買 贈 与 交 換 等 により 取 得 した 場 合 原 則 として 市 町 村 の 固 定 資 産

税 額 の 計 算 方 法 1 次 の 算 式 により 計 算 します 不 動 産 の 価 格 税 率 = 税 額 ( 納 める 額 ) 不 動 産 の 価 格 について 土 地 や 家 屋 を 売 買 贈 与 交 換 等 により 取 得 した 場 合 原 則 として 市 町 村 の 固 定 資 産 不 動 産 取 得 税 のあらまし 不 動 産 取 得 税 は 土 地 や 家 屋 を 売 買 贈 与 交 換 新 築 増 築 改 築 など によって 取 得 した 場 合 に 県 に 納 付 する 税 金 です 税 の 性 格 不 動 産 取 得 税 は 土 地 の 購 入 や 家 屋 の 建 築 などによる 不 動 産 の 取 得 に 対 し その 取 得 者 に 課 税 される 税 で 不 動

More information

<95AA97DE94D48D868F8796DA985E>

<95AA97DE94D48D868F8796DA985E> 1 99 1 支 配 ( 近 世 ) 松 平 右 京 太 夫 領 分 善 法 寺 村 畝 高 石 高 書 上 げ 覚 え 善 法 寺 村 庄 屋 善 兵 衛 状 1 安 永 9.2.17 1780 虫 損 2 170 1 支 配 ( 近 世 ) 村 々にたばこ 庖 丁 鍛 冶 職 無 き 旨 口 上 石 原 清 左 衛 門 代 官 所 川 辺 郡 9 か 所 状 1 天 明 5.11.23 1785

More information

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 日 程 平 成 18 年 3 月 24 日 日 程 第 1 議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プ ー ル 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 生 涯 学 習 政 策 課 スポーツ 課 ) 日 程 第 2 議 案 第 2 号 小 田 原 市 教 育 委 員 会 事 務

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目 録 は 高 度 情 報 化 推 進 特 別

凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目 録 は 高 度 情 報 化 推 進 特 別 慶 應 義 塾 大 学 所 蔵 古 文 書 目 録 農 村 文 書 武 蔵 国 上 2008 年 3 月 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 -

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 - 大 森 巌 様 広 島 県 ユウベル 株 式 会 社 様 広 島 県 阿 部 慶 一 様 宮 城 県 清 水 保 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 長 内 久 人 様 - 大 橋 道 雄 様 東 京 都 石 本 正 敬 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 藤 原 立 嗣 様 - 井 山 恭 明 様 岡 山 県 匿 名 様 宮 城 県 小 久 保 裕 美 様 - 門 田 仁 様 北 海 道 北 垣 一 宏

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛 古 文 書 が 伝 える 四 街 道 の 歴 史 展 の 解 説 はじめに 今 回 の 展 示 会 にご 協 力 をいただきました 四 街 道 市 長 岡 地 区 の 井 岡 家 は 江 戸 時 を 通 じて 市 域 16か のひとつである 長 岡 の 名 主 や 組 頭 を 勤 め 当 主 は 治 郎 左 衛 門 を 名 乗 られた 家 です 明 治 以 後 も 長 岡 の 用 掛 や 連 合 戸

More information

Microsoft Word - 全文.doc

Microsoft Word - 全文.doc 引 用 文 献 ( 一 ) 史 料 ( 五 十 音 順 ) I. 一 般 史 料 1. 日 本 史 籍 協 会 編 会 津 藩 庁 記 録 1-6 東 京 学 出 版 会 1969 2. 鹿 児 島 県 歴 史 資 料 センター 黎 明 館 編 鹿 児 島 県 史 料 玉 里 島 津 家 史 料 2 鹿 児 島 県 1993 3. 玉 虫 左 夫 官 武 通 記 確 定 幕 末 史 資 料 成 国

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6>

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6> 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 準 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 相 談 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 規 づ き 厚 生 労 働 臣 め 位 価 次 よ め 平 成 年 月 日 か ら 適 用 厚 生 労 働 臣 め 位 価 平 成 年 厚 生 労

More information

52 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 方 が 主 導 したためか 武 家 は 表 高 に 対 して 負 担 を 分 担 させられるのではなく 屋 敷 地 の 四 方 間 数 に 応 じて 分 担 していたことを 明 らかにした これらから 公 共 空 間 に

52 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 方 が 主 導 したためか 武 家 は 表 高 に 対 して 負 担 を 分 担 させられるのではなく 屋 敷 地 の 四 方 間 数 に 応 じて 分 担 していたことを 明 らかにした これらから 公 共 空 間 に 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 (2009) 51-60 51 若 手 研 究 者 育 成 研 究 所 プロジェクト 江 戸 大 名 屋 敷 と 都 市 公 共 空 間 に 関 する 基 礎 的 研 究 平 成 20 年 度 における 活 動 とその 成 果 の 報 告 * 松 本 剣 志 郎 研 究 課 題 名 : 江 戸 大 名 屋 敷 と 都 市 公

More information

( 金 象 嵌 銘 ) 羽 柴 五 郎 左 衛 ニッカリ 青 江 門 尉 長 重 要 美 術 品 丸 亀 市 資 料 館 無 銘 特 別 重 要 剣 個 人 蔵 ( 剣 博 物 館 ) 無 銘 特 別 保 存 剣 さむらい 剣 博 物 館 無 銘 剣 博 物 館 無 銘 個 人 蔵 ( 名 古 屋

( 金 象 嵌 銘 ) 羽 柴 五 郎 左 衛 ニッカリ 青 江 門 尉 長 重 要 美 術 品 丸 亀 市 資 料 館 無 銘 特 別 重 要 剣 個 人 蔵 ( 剣 博 物 館 ) 無 銘 特 別 保 存 剣 さむらい 剣 博 物 館 無 銘 剣 博 物 館 無 銘 個 人 蔵 ( 名 古 屋 工 銘 名 物 号 文 化 財 登 録 所 蔵 ( 見 た 場 所 ) 肥 前 忠 国 播 磨 大 掾 藤 原 忠 国 根 津 美 術 館 太 肥 前 住 播 磨 大 掾 藤 原 忠 国 栃 木 県 有 形 文 化 日 財 光 東 照 宮 宝 物 館 忠 廣 近 江 守 藤 原 忠 廣 さむらい 剣 博 物 館 肥 前 国 住 近 江 大 掾 藤 原 忠 広 重 要 剣 岩 国 美 術 館 短 近

More information

平成26年春の叙勲 神奈川県

平成26年春の叙勲 神奈川県 運 輸 行 政 事 務 功 労 元 運 輸 審 議 会 審 理 官 あ い そ 相 曽 と も じ 友 治 川 崎 市 高 津 区 80 総 務 省 行 政 事 務 功 労 元 総 務 省 人 事 恩 給 局 扶 助 料 審 査 課 あ お き 青 り え い 利 叡 川 崎 市 麻 生 区 運 輸 行 政 事 務 功 労 元 運 輸 省 海 上 技 術 安 全 局 総 務 課 調 整 官 あ 阿

More information

一 一 Hosei University 法 政 史 学 第 三 十 八 号 ける 代 官 関 係 史 料 の 実 態 とその 性 格 について 明 らかにしていきたいと 思 う 代 官 支 配 と 幕 府 領 江 戸 幕 府 が 統 一 権 力 として 二 六 五 年 にわたって 政 権 を 維

一 一 Hosei University 法 政 史 学 第 三 十 八 号 ける 代 官 関 係 史 料 の 実 態 とその 性 格 について 明 らかにしていきたいと 思 う 代 官 支 配 と 幕 府 領 江 戸 幕 府 が 統 一 権 力 として 二 六 五 年 にわたって 政 権 を 維 江 戸 幕 府 代 官 史 料 の 性 格 村 上 直 はじめに 江 戸 幕 府 の 政 治 の 展 開 において 特 に 注 目 すべき 分 野 に 地 方 行 政 がある 幕 府 領 四 百 数 十 万 石 を 統 一 支 配 し 政 治 財 政 基 盤 として 掌 握 していくことは きわめて 重 要 である その 地 方 行 政 を 主 として 担 当 したのは 京 都 所 司 代 を 筆

More information

準 決 勝 4 組 3 着 +4 7 着 TR 1 組 ( 風 速 +1.3m) 2 組 ( 風 速 -1.3m) 3 組 ( 風 速 +0.9m) 平 野 相 洋 1 1 11.13 Q 嶋 﨑 相 洋 2 1 11.23 Q 佐 藤 相 洋 1 1 11.31 Q 青 山 座 間 2 2 11.

準 決 勝 4 組 3 着 +4 7 着 TR 1 組 ( 風 速 +1.3m) 2 組 ( 風 速 -1.3m) 3 組 ( 風 速 +0.9m) 平 野 相 洋 1 1 11.13 Q 嶋 﨑 相 洋 2 1 11.23 Q 佐 藤 相 洋 1 1 11.31 Q 青 山 座 間 2 2 11. 男 子 100m 参 加 人 員 122 名 予 選 16 組 -4 着 タイム 上 位 32 1 組 ( 風 速 +1.0m) 2 組 ( 風 速 -0.9m) 3 組 ( 風 速 +0.8m) 髙 山 相 武 台 新 磯 1 8 13.07 中 濱 大 和 南 1 1 11.65 q 岩 崎 伊 志 田 2 5 12.37 高 橋 東 海 大 相 模 1 4 11.91 q 八 木 厚 木 東

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

   解  題

   解  題 解 題 一 はじめに 新 田 開 発 の 第 二 弾 として 第 十 三 集 には 年 貢 抱 屋 敷 の 関 係 史 料 を 収 めました 年 貢 には 年 貢 割 付 状 年 貢 皆 済 目 録 年 貢 減 免 延 納 願 年 貢 催 促 の 元 文 元 年 ( 一 七 三 六 )までの 史 料 一 七 二 点 を 集 め 村 毎 に 分 けて 年 代 順 に 配 列 しました また 抱 屋 敷

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

大坂蔵屋敷の所有と移転に関するノート

大坂蔵屋敷の所有と移転に関するノート 61 ノ ー ト 豆 浩 歴 13 号 61-71ページ 2015 2 月 旨 諸 各 応 応 廃 止 長 諸 形 式 介 部 選 択 肢 容 易 側 制 活 味 最 越 増 減 筆 察 豆 浩 問 論 試 み 扱 案 心 抽 拠 仮 説 検 即. 廃 止 契 機 軍 役 伴 々 判 断 豆 若 干 検 討 含 当 存 万 支 含 む ノート 62 甲 信 海 畿 播 磨 含 む 州 畿 外 畿 ゆ

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

<3535388140967B9363816990BD816A95B68F9181694850292E786C73>

<3535388140967B9363816990BD816A95B68F9181694850292E786C73> 1 有 毛 村 之 内 岩 屋 村 畠 方 帳 慶 長 13 年 8 月 吉 日 岩 屋 浦 庄 屋 弥 七 書 冊 1 2 異 国 船 唐 船 漂 流 漂 着 之 節 御 定 書 寛 政 6 年 4 月 岩 屋 浦 寛 政 3 年 11 月 定 同 年 同 月 条 々 寛 政 5 年 7 月 覚 に 寛 政 6 年 4 月 異 国 船 唐 船 漂 流 漂 着 之 節 御 定 書 浦 々 請 書 物

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

河 郡 河 郡 以 下 追 析 1 河 郡 河 郡 河 郡 卯 次 最 初 丁 取 げ 以 下 述 史 料 引 用 下 段 漢 何 稿 様 者 畠 関 詰 計 べ 対 子 序 全 丁 ゑ び 清 郎 せ 58

河 郡 河 郡 以 下 追 析 1 河 郡 河 郡 河 郡 卯 次 最 初 丁 取 げ 以 下 述 史 料 引 用 下 段 漢 何 稿 様 者 畠 関 詰 計 べ 対 子 序 全 丁 ゑ び 清 郎 せ 58 佛 寺 紀 重 複 析 水 石 靖 子 次 じ 詰 1 河 郡 禄 2 河 郡 1 河 郡 3 2 河 郡 4 小 3 小 正 1 河 郡 御 1 河 郡 御 2 御 2 河 郡 御 3 3 小 4 小 以 上 紀 要 第 57 河 郡 河 郡 以 下 追 析 1 河 郡 河 郡 河 郡 卯 次 最 初 丁 取 げ 以 下 述 史 料 引 用 下 段 漢 何 稿 様 者 畠 関 詰 計 べ 対 子

More information

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 付 付 録 録 市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 日 昭 和 42 年 月 日 鳴 門 市 明 治 22 年 0 月 日 昭 和 22

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

<955C8E86814594E02E786C7378>

<955C8E86814594E02E786C7378> 小 山 内 家 文 書 目 録 小 山 内 家 文 書 目 録 目 次 Ⅰ 近 世 Ⅱ 近 代. 堀 越 組 各 村 方 関 係. 中 津 軽 郡 役 所 関 係 3. 雑. 検 地 帳 高 反 別 帳 など. 所 得 高 調 2. 持 高 帳 2. 地 主 小 作 7. 土 地 移 動 3. 繰 替 証 文 4. 作 人 証 文 2. 戸 長 役 場 関 係 8. 林 業 鉱 業 山 仕 事 5.

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1 日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 公 式 練 習 日 2016 年 9 月 7 日 ( 水 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 重 藤 武 士 岡 山 梶 本 真 也 奈 良 市 木 隆 延 高 知 佐 藤 憲 一 大 分 1 7:00 紀 村 勝 也 岡 山 13 8:36 中 西 智 彦 奈 良 25 7:00 松

More information

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋 番 号 63 年 代 正 保 年 間 表 題 加 賀 国 四 郡 絵 図 ( 下 書 ) 法 量 320 496 加 賀 国 四 郡 絵 図 内 一 河 北 郡 七 万 五 千 七 十 石 二 斗 一 升 一 石 河 郡 拾 六 万 六 千 九 百 四 十 五 石 九 斗 八 升 一 能 美 郡 拾 壱 万 五 千 二 百 四 十 四 石 五 斗 六 升 容 一 江 沼 郡 六 万 五 千 六 百

More information

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3.

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3. 主 任 監 査 官 総 括 調 整 官 予 算 調 整 官 用 地 調 整 官 利 賀 ダム 工 事 事 務 松 本 砂 防 事 務 防 災 情 報 課 長 占 用 調 整 課 長 三 条 国 道 出 張 長 柏 崎 維 持 出 張 長 用 地 対 策 官 総 括 地 域 防 災 調 整 官 品 質 確 保 課 長 魚 津 国 道 出 張 長 手 取 川 ダム 管 理 支 長 飯 豊 山 系 砂 防

More information

7000 人 7000 6000 人 6000 5000 5000 4000 岡 上 地 区 の 人 口 の 増 加 のようす 岡 上 地 区 の 人 口 の 増 加 のようす 人 口 世 帯 数 人 口 世 帯 数 3719 4537 4537 5486 5486 5827 5827 6366 6366 6658 6658 4000 3719 3000 1967 2318 2863 3000 1846

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

Microsoft Word - bunkenitiran.doc

Microsoft Word - bunkenitiran.doc 授 業 を 進 めるにあたって 必 要 な 辞 書 事 典 類 参 考 文 献 位 参 考 邦 文 生 献 ( 宮 貞 看 成 聞 の 日 文 記 学 関 清 係 文 ) 看 堂 聞 1991.2 日 記 ゼミ 加 聖 藤 母 次 郎 院 短 伏 期 見 大 学 桃 伏 山 見 の 学 文 研 化 究 史 会 編 私 伏 家 見 版 学 1953 女 学 院 歴 短 史 期 大 文 学 化 伏 見

More information

平成18年3月14日

平成18年3月14日 平 成 24 年 3 月 14 日 滝 川 市 議 会 議 長 水 口 典 一 様 滝 川 市 長 前 田 康 吉 滝 川 市 教 育 委 員 会 委 員 長 若 松 重 義 滝 川 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 藤 本 清 正 滝 川 市 ほか6 組 合 公 平 委 員 会 委 員 長 小 出 孝 滝 川 市 代 表 監 査 委 員 宮 崎 英 彰 滝 川 市 農 業 委 員 会 会

More information

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保 2013 年 9 月 6 日 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 組 織 変 更 人 事 異 動 について 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン( 社 長 櫻 田 謙 悟 )および 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 二 宮 雅 也 )では 次 のとおり 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知

More information

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73>

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73> 1 17176 竹 内 宏 三 重 県 01:21'44" 01:21'38" 51 17312 野 島 義 之 三 重 県 01:34'06" 01:33'42" 2 17053 立 岡 哲 也 愛 知 県 01:22'42" 01:22'35" 52 17606 角 谷 浩 紀 三 重 県 01:34'11" 01:33'49" 3 17178 田 中 悟 三 重 県 01:23'10" 01:23'02"

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

備 考 ( 受 け 入 れ な ど ) 向 上 神 共 佼 成 学 園 東 佼 成 子 東 推 薦 : 一 般 : 病 気 やけが 等 で 長 期 入 院 した 場 合 など 国 府 台 子 千 光 明 相 模 原 神 共 推 薦 一 般 : 要 相 談 國 學 院 東 共 国 学 院 久 我 山

備 考 ( 受 け 入 れ な ど ) 向 上 神 共 佼 成 学 園 東 佼 成 子 東 推 薦 : 一 般 : 病 気 やけが 等 で 長 期 入 院 した 場 合 など 国 府 台 子 千 光 明 相 模 原 神 共 推 薦 一 般 : 要 相 談 國 學 院 東 共 国 学 院 久 我 山 備 考 ( 受 け 入 れ な ど ) 愛 国 東 推 薦 :C 推 薦 の 基 準 を 満 たすこと 愛 国 四 街 道 千 愛 国 龍 ケ 崎 茨 青 山 学 院 東 共 一 般 : 個 別 に 審 議 秋 草 学 園 埼 旭 丘 神 共 麻 布 大 渕 野 辺 神 共 足 利 工 大 附 栃 共 足 立 学 園 東 我 孫 子 二 階 堂 千 共 安 部 学 院 東 推 薦 一 般 : 学 校

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 執 行 機 関 / 小 田 原 市 長 売 却 区 分 番 号 : 小 3 不 動 産 の 表 示 ( 登 記 簿 の 表 示 による) ( 物 件 1) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 地 番 105 番 1 地 目 宅 地 地 積 456.19m2 ( 物 件 2) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 105 番 地 1 家 屋 番 号 105 番 1 種 類 居 宅 構 造

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

<5461726F2D91E595AA8CA797A790E6934E8E6A97BF8AD92E6A7464>

<5461726F2D91E595AA8CA797A790E6934E8E6A97BF8AD92E6A7464> 大 分 の ア ー カ イ ブ ス 大 分 県 立 先 哲 史 料 館 せ き で ん そ う し 後 藤 碩 田 (1805~ 82)と 碩 田 叢 史 碩 田 は 1 8 0 5 ( 文 化 2 ) 年 大 分 郡 お と づ 乙 津 村 ( 大 分 市 ) の 豪 商 の 家 に 生 ま れ ま し た 名 は 眞 い ま し ろ う さねもり たいか 守 字 を 大 化 通 称 今 四 郎

More information

h24tennis_nanbu_shinjin-kojin-result

h24tennis_nanbu_shinjin-kojin-result 平 成 年 度 福 岡 県 高 等 学 校 テニス 新 人 大 会 南 部 ブロック 予 選 会 個 人 戦 男 子 ダブルス 平 成 年 9 月 日 ( 土 ) 日 ( 月 ) 日 ( 土 ) 日 ( 日 ) 9 日 ( 土 ) 諏 訪 公 園 大 牟 田 港 緑 地 運 動 公 園 筑 後 広 域 公 園 テニスコート 西 本 林 田 河 野 山 西 遠 藤 古 川 () 諸 富 中 園 ( 八

More information

22 2013. 11 194 195 196 ⑴ 196 196 197 ⑵ 197 197 198 198 10 1839 198 200 200 200 201 ⑴ 201 201 201 201 ⑵ 201 201 201 202 ⑶ 204 205 1970 A B A (1) (2) (

22 2013. 11 194 195 196 ⑴ 196 196 197 ⑵ 197 197 198 198 10 1839 198 200 200 200 201 ⑴ 201 201 201 201 ⑵ 201 201 201 202 ⑶ 204 205 1970 A B A (1) (2) ( 22 2013. 11 SUMMARY 1970 24 11 14 25 10 31 193 22 2013. 11 194 195 196 ⑴ 196 196 197 ⑵ 197 197 198 198 10 1839 198 200 200 200 201 ⑴ 201 201 201 201 ⑵ 201 201 201 202 ⑶ 204 205 1970 A B A (1) (2) (3) (4)

More information

Microsoft Word - 24年4月(No.636).doc

Microsoft Word - 24年4月(No.636).doc 発 行 所 香 川 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 高 松 市 番 町 2 丁 目 4 番 27-301 号 TEL(087)822-0303 FAX(087)851-1787 http : //www.midorinet-kagawa.or.jp/ 鎌 田 池 ( 坂 出 市 ) 目 次 1. 第 54 回 通 常 総 会 開 催 2~3 2. 第 51 回 土 地 改 良 功 労

More information

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単 < 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 単 位 認 定 制 度 について> 文 部 科 学 省 による 技 能 審 査 で 得 た 資 格 や 点 数 を 取 得 単 位 として 認 定 する 際 のガイドライン の 通 知 にしたがって 検 定 取 得 者 を 単 位 認 定 する 学 校 が 増 加 傾 向 にあります 現 在 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 において

More information

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )1 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )2 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )3 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )4 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )5 戦 時 国 際 法 規

More information

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金 一 紅 会 第 15 回 渡 辺 房 男 先 生 を 囲 ん で 歴 史 研 究 同 好 会 参 加 者 名 簿 ( 敬 称 略 ) 黄 金 の 国 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 平 成 25 年 (2013)11 月 17 日 ( 日 ) 午 後 1:30~3:30( 受 付 開 始 1:00~) 於 中 野 ゼロホール 酉 館 2F 学 習 室 1 中 野 区 中

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2016 年 3 月 2 9 日 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 ( 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 支 社 長 矢 﨑 敏 幸 )の 人 事 異 動 について 次 のとおりお 知 らせします (2016 年 4 月 1 日 付 ) 近 畿 支 社 近 畿 支 社 経 営 管 理 本 部 副 本 部

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

準 決 勝 第 2 会 場 湘 南 CC 組 み 合 わせ 5 月 14 日 ( 月 ) 1 8:00 岩 橋 史 弥 ( 横 浜 ) 菊 地 哲 也 ( 寒 川 ) 清 野 浩 弥 ( 横 浜 ) 1 8:00 山 﨑 洋 介 ( 茅 ケ 崎 ) 中 村 剛 秀 ( 横 浜 ) 河 原 伸 光 (

準 決 勝 第 2 会 場 湘 南 CC 組 み 合 わせ 5 月 14 日 ( 月 ) 1 8:00 岩 橋 史 弥 ( 横 浜 ) 菊 地 哲 也 ( 寒 川 ) 清 野 浩 弥 ( 横 浜 ) 1 8:00 山 﨑 洋 介 ( 茅 ケ 崎 ) 中 村 剛 秀 ( 横 浜 ) 河 原 伸 光 ( 準 決 勝 第 1 会 場 戸 塚 CC 西 コース 組 み 合 わせ 5 月 7 日 ( 月 ) 1 8:00 工 藤 桂 ( 横 浜 ) 藤 本 歩 ( 鎌 倉 ) 馬 場 輝 雄 ( 横 浜 ) 髙 瀬 幸 史 郎 ( 横 浜 ) 1 8:00 藤 本 和 大 ( 川 崎 ) 河 本 剛 ( 秦 野 ) 長 田 時 良 ( 川 崎 ) 一 田 靖 ( 横 浜 ) 2 8:08 岡 本 直 樹

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴 1 鶴 岡 市 鶴 岡 西 郷 農 事 組 合 法 人 4,728.90 2,464.20 7,193.10 水 稲 大 豆 枝 豆 花 卉 2 鶴 岡 市 鶴 岡 齋 藤 健 一 400.00 400.00 水 稲 3 鶴 岡 市 鶴 岡 後 藤 幸 一 100.00 100.00 水 稲 4 鶴 岡 市 鶴 岡 柴 田 正 則 50.00 50.00 100.00 水 稲 メロ ン 5 鶴 岡

More information

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd 富 山 始 審 裁 判 所 ができるまで 1 県 庁 における 裁 判 時 代 ( 1) 明 治 4 年 7 月 14 日, 廃 藩 置 県 によって 富 山 藩 は 廃 せられ, 旧 藩 領 に 富 山 県 が 設 置 された だ 裁 判 事 務 は, 富 山 藩 時 代 には 藩 において 行 われており, 富 山 県 もこれを 引 き 継 い 同 年 11 月 20 日 には, 富 山 県 が

More information

中 央 部 隊 歴 史 全 般 34 陸 軍 北 方 部 隊 略 歴 (その7) 内 地 転 用 部 隊 (1401 頁 ~1551 頁 ) 他 戦 域 転 用 部 隊 (1 601 頁 ~1614 頁 ) その 他 の 部 隊 (2011 厚 生 省 援 護 局 頁 ~2018 頁 ) 中 央 部

中 央 部 隊 歴 史 全 般 34 陸 軍 北 方 部 隊 略 歴 (その7) 内 地 転 用 部 隊 (1401 頁 ~1551 頁 ) 他 戦 域 転 用 部 隊 (1 601 頁 ~1614 頁 ) その 他 の 部 隊 (2011 厚 生 省 援 護 局 頁 ~2018 頁 ) 中 央 部 中 央 部 隊 歴 史 全 般 1 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 目 次 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 2 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 目 次 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 3 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 その1 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 4 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 その2 厚 生 省 援 護 局 中

More information

51 愛 大 コ 第 14 号 香 川 由 美 子 愛 媛 大 学 医 学 部 附 属 病 院 看 護 師 52 松 山 赤 十 字 第 1 号 桧 垣 みち 子 松 山 赤 十 字 病 院 看 護 師 53 松 山 赤 十 字 第 2 号 門 田 優 子 松 山 赤 十 字 病 院 看 護 師 5

51 愛 大 コ 第 14 号 香 川 由 美 子 愛 媛 大 学 医 学 部 附 属 病 院 看 護 師 52 松 山 赤 十 字 第 1 号 桧 垣 みち 子 松 山 赤 十 字 病 院 看 護 師 53 松 山 赤 十 字 第 2 号 門 田 優 子 松 山 赤 十 字 病 院 看 護 師 5 1 愛 媛 県 コ 第 1 号 中 岡 初 枝 四 国 がんセンター 看 護 師 2 愛 媛 県 コ 第 3 号 廣 澤 光 代 四 国 がんセンター 看 護 師 3 愛 媛 県 コ 第 5 号 田 中 雅 美 四 国 がんセンター 看 護 師 4 愛 媛 県 コ 第 6 号 井 上 るり 子 四 国 がんセンター 看 護 師 5 愛 媛 県 コ 第 9 号 山 口 育 子 松 山 赤 十 字 病

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E > 独 立 行 政 法 人 地 域 医 療 機 能 推 進 機 構 法 案 説 明 資 料 平 成 21 年 10 月 19 日 社 会 保 険 庁 社 会 保 険 病 院 厚 生 年 金 病 院 船 員 保 険 病 院 の 今 後 の 運 営 体 制 1. 病 院 の 設 置 経 緯 (1) 社 会 保 険 病 院 (53 病 院 )や 船 員 保 険 病 院 (3 病 院 )は 主 に 昭 和 20

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

1. 県 内 市 町 村 の 基 準 宅 地 に 係 る 路 線 価 等 ( 案 ) 団 体 名 所 在 地 ( 近 隣 の 主 要 な 建 築 物 等 ) ( 単 位 : 円 /m2) H24 固 定 路 線 価 等 H21 固 定 路 線 価 等 固 定 変 動 率 (H20.1.1 H23.1

1. 県 内 市 町 村 の 基 準 宅 地 に 係 る 路 線 価 等 ( 案 ) 団 体 名 所 在 地 ( 近 隣 の 主 要 な 建 築 物 等 ) ( 単 位 : 円 /m2) H24 固 定 路 線 価 等 H21 固 定 路 線 価 等 固 定 変 動 率 (H20.1.1 H23.1 平 成 23 年 度 第 1 回 高 知 県 固 定 資 産 評 価 審 議 会 資 料 日 時 平 成 2 3 年 1 2 月 1 日 ( 木 ) 1 0 : 0 0 ~ 場 所 高 知 城 ホ ー ル 2 階 小 会 議 室 1 開 会 2 議 事 ( 1 ) 会 長 の 選 任 に つ い て ( 2 ) 平 成 2 4 基 準 年 度 評 価 替 え に 係 る 基 準 地 価 格 の 調

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 8 月 (1/11ページ) 1797 匿 名 千 葉 県 20,000 3 1798 匿 名 大 阪 府 10,000 2 1799 匿 名 鹿 児 島 県 10,000 2 1800 比 嘉 良 幸 様 兵 庫 県 10,000 1 1801 匿 名 東 京 都 10,000 4 1802 匿 名 千 葉 県 10,000 1 1803 匿 名 和 歌 山 県 10,000 3

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊 ノ 髙 宗 平 じ 筆 常 象 絞 主 敦 煌 外 籍 常 察 間 敦 煌 察 続 養 老 公 的 け 受 容 斑 天 長 纂 象 誰 詳 だ 残 ち 現 最 民 俗 物 従 遅 成 過 ろ 漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

Microsoft Word - 頭紙.doc

Microsoft Word - 頭紙.doc 認 定 病 院 一 覧 機 能 種 別 版 評 価 項 目 3rdG:Ver.1.0 ( 主 たる 機 能 種 別 副 機 能 ) 機 能 種 別 について 病 院 の 役 割 機 能 に 応 じた 最 も 適 した 機 能 種 別 を 以 下 の5つから 選 択 し 受 審 します 機 能 種 別 名 種 別 の 説 明 主 として 日 常 生 活 圏 域 等 の 比 較 的 狭 い 地 域 において

More information

概 要 目 次 寒 川 町 の 概 要 1 寒 川 町 消 防 のあゆみ 3 歴 代 消 防 長 12 消 防 機 構 図 13 消 防 本 部 署 事 務 分 掌 14 管 内 の 面 積 人 口 16 管 内 の 面 積 世 帯 数 17 消 防 総 務 平 成 26 年 度 消 防 予 算 1

概 要 目 次 寒 川 町 の 概 要 1 寒 川 町 消 防 のあゆみ 3 歴 代 消 防 長 12 消 防 機 構 図 13 消 防 本 部 署 事 務 分 掌 14 管 内 の 面 積 人 口 16 管 内 の 面 積 世 帯 数 17 消 防 総 務 平 成 26 年 度 消 防 予 算 1 は じ め に 近 年 当 町 においても 経 済 の 発 展 や 情 報 化 高 齢 化 等 の 社 会 変 化 また 都 市 化 とともに 地 域 住 民 の 生 活 環 境 も 著 しい 変 化 があり 発 生 する 災 害 救 急 等 も 益 々 複 雑 多 様 化 しています このような 状 況 の 中 町 民 の 皆 様 や 地 域 にとって 安 心 で 安 全 な 住 みよい 寒 川

More information

女 子 学 校 対 抗 1 横 浜 商 業 2 拓 大 紅 陵 樹 徳 4 明 秀 学 園 文 大 杉 並 6 和 洋 女 子 7 21 18 1 11 25 1 18 1 2 19 12 5 1 22 11 1 26 111 真 岡 女 子 8 41 42 星 野 吉 田 1 大 成 女 子 相

女 子 学 校 対 抗 1 横 浜 商 業 2 拓 大 紅 陵 樹 徳 4 明 秀 学 園 文 大 杉 並 6 和 洋 女 子 7 21 18 1 11 25 1 18 1 2 19 12 5 1 22 11 1 26 111 真 岡 女 子 8 41 42 星 野 吉 田 1 大 成 女 子 相 男 子 学 校 対 抗 栄 1 21 18 1 1 11 25 2 1 19 1 2 12 2 22 2 11 1 1 1 26 14 111 2 2 112 15 27 11 2 26 2 2 11 1 1 16 4 1 24 114 2 17 28 16 経 大 附 東 海 大 菅 生 2 17 高 専 商 大 付 日 大 豊 山 18 横 浜 商 業 4 19 伊 勢 崎 商 業 桐 蔭 学

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2012 年 9 月 28 日 郵 便 事 業 株 式 会 社 東 北 支 社 郵 便 局 株 式 会 社 東 北 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 平 成 24 年 10 月 1 日 付 の 日 本 郵 便 株 式 会 社 ( 郵 便 事 業 株 式 会 社 と 郵 便 局 株 式 会 社 との 合 併 後 の 新 会 社 ) 東 北 支 社 の 人 事 異 動 について お 知 らせいたします

More information

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山 13 空 手 木 下 朋 紀 ( 法 4) 添 田 一 寿 ( 法 4) 因 泥 祐 馬 ( 文 4) 鈴 木 重 輝 ( 文 4) 浦 上 靖 令 ( 経 4) 前 田 稔 ( 商 4) 杉 山 美 里 ( 商 4) 鈴 木 成 美 ( 商 4) 染 谷 隆 嘉 ( 生 4) 美 濃 部 春 佳 ( 生 4) 橋 翼 ( 法 3) 藤 沼 拓 己 ( 法 3) 石 川 桃 子 ( 文 3) 佐 藤

More information

untitled

untitled 男 子 シングルス 1 星 野 武 蔵 3 ( 学 館 浦 安 星 野 武 蔵 3 志 賀 正 人 2 志 賀 正 人 2 ( 秀 明 八 千 代 42 2 澤 田 俊 博 3 ( 市 立 船 橋 澤 田 俊 博 3 佐 久 間 優 人 3 養 碩 祐 太 3 ( 敬 愛 八 日 市 場 43 3 4 5 小 川 勝 也 3 ( 市 立 銚 子 岩 崎 寛 3 ( 土 気 野 崎 敦 2 ( 八 千

More information

兵庫県公報(平成25年4月5日 第2480号)

兵庫県公報(平成25年4月5日 第2480号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2480 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 平 成 17 年 兵 庫 県 告 示 第 918 号 ( 農 振 興 地 域 の 変 更 )の

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information