(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成"

Transcription

1 5 騒 音 振 動 () 騒 音 振 動 の 概 要 と 環 境 基 準 騒 音 及 び 振 動 は 個 人 差 や 慣 れが 大 きく 作 用 し 同 じ 音 や 振 動 であってもその 種 類 や 性 質 によって 感 じ 方 が 異 なるという 特 徴 があります 騒 音 及 び 振 動 の 防 止 対 策 としては 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づき 市 長 ( 平 成 23 年 度 までは 県 知 事 )が 生 活 環 境 を 保 全 すべき 地 域 を 指 定 し この 指 定 地 域 内 の 工 場 事 業 場 の 事 業 活 動 や 建 設 作 業 に 伴 う 騒 音 振 動 を 規 制 しています また 自 動 車 による 交 通 騒 音 及 び 振 動 については 限 度 基 準 が 設 けられており これを 上 回 る 場 合 は 公 安 委 員 会 道 路 管 理 者 に 対 して 防 止 対 策 を 要 請 できることになっています 環 境 基 準 騒 音 の 環 境 基 準 は 人 の 健 康 の 保 護 や 生 活 環 境 を 保 全 するうえで 維 持 されることが 望 ましい 環 境 の 基 準 として 設 定 されています 平 成 年 4 月 日 からは 新 環 境 基 準 が 施 行 され 騒 音 の 評 価 手 法 としての 等 価 騒 音 レベルの 採 用 時 間 区 分 の 変 更 などがなされました 環 境 基 準 を 当 てはめる 地 域 の 指 定 は 住 居 地 域 や 商 業 地 域 などの 地 域 特 性 を 考 慮 し て 市 長 ( 平 成 23 年 度 までは 県 知 事 )が 行 うこととなっており 当 市 では 都 市 計 画 法 の 用 途 地 域 別 に 新 環 境 基 準 が 適 用 されています 地 域 の 類 型 AA A B C 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ( 道 路 に 面 する 地 域 を 除 く) 適 用 地 域 該 当 地 域 ( 平 成 年 静 岡 県 告 示 第 277 号 ) 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 住 居 専 用 地 域 準 住 居 地 域 市 街 化 調 整 区 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域 6 時 ~22 時 時 ~6 時 療 養 社 会 福 祉 施 設 等 が 集 合 して 設 置 される 地 域 など 特 に 静 穏 を 要 する 地 域 専 ら 住 居 の 用 に 供 される 地 域 主 として 住 居 の 用 に 供 される 地 域 相 当 数 の 住 居 と 併 せて 商 業 工 業 等 の 用 に 供 される 地 域 道 路 に 面 する 地 域 の 環 境 基 準 地 域 の 区 分 (6 時 ~22 時 ) (22 時 ~6 時 ) A 地 域 のうち2 車 線 以 上 の 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 6デシベル 以 下 55デシベル 以 下 B 地 域 のうち2 車 線 以 上 の 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 及 びC 地 域 のうち 車 65デシベル 以 下 6デシベル 以 下 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 幹 線 交 通 を 担 う 道 路 に 近 接 する 空 間 については 上 欄 にかかわらず 特 例 と して 右 欄 の 基 準 値 とする 7デシベル 以 下 65デシベル 以 下 車 線 とは 縦 列 の 自 動 車 が 安 全 かつ 円 滑 に 走 行 するために 必 要 な 一 定 の 幅 員 を 有 する 帯 状 の 車 道 部 分 をいう - 7 -

2 (2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成 23 年 度 までは 県 知 事 ) が 生 活 環 境 を 保 全 する 必 要 があるとして 指 定 した 地 域 内 にあって 騒 音 や 振 動 の 発 生 が 著 しい 施 設 として 定 められた 施 設 を 有 する 工 場 事 業 場 に 対 して 規 制 基 準 が 適 用 されています 当 市 では 昭 和 46 年 に 騒 音 に 係 る 地 域 指 定 を 昭 和 52 年 に 振 動 に 係 る 地 域 指 定 をそれぞれ 受 け( 平 成 24 年 度 より 市 長 が 指 定 ) 以 下 の 基 準 が 適 用 されていま す 騒 音 に 係 る 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 地 域 の 区 分 適 用 地 域 時 ~8 時 朝 夕 6 時 ~ 8 時 8 時 ~22 時 22 時 ~ 6 時 第 種 区 域 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 5デシベル 45デシベル 4デシベル 第 2 種 区 域 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 市 街 化 調 整 区 域 55デシベル 5デシベル 45デシベル 都 市 計 画 区 域 外 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 第 3 種 区 域 準 工 業 地 域 65デシベル 6デシベル 55デシベル 第 4 種 区 域 工 業 地 域 工 業 専 用 地 域 7デシベル 65デシベル 6デシベル 振 動 に 係 る 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 地 域 の 区 分 適 用 地 域 8 時 ~2 時 2 時 ~ 8 時 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 6デシベル 55デシベル 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 種 区 域 第 2 種 住 居 地 域 2 準 住 居 地 域 市 街 化 調 整 区 域 65デシベル 55デシベル 都 市 計 画 区 域 外 第 2 種 区 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 7デシベル 6デシベル 2 工 業 地 域 工 業 専 用 地 域 7デシベル 65デシベル 騒 音 振 動 に 関 する 規 制 基 準 適 用 場 所 は 工 場 事 業 場 の 敷 地 境 界 とする 2 第 2 種 区 域 第 3 種 区 域 又 は 第 4 種 区 域 の 区 域 内 に 所 在 する 学 校 保 育 所 病 院 診 療 所 図 書 館 特 別 養 護 老 人 ホームの 敷 地 の 周 囲 おおむね5mの 区 域 内 にお ける 規 制 基 準 は 規 制 基 準 の 欄 に 掲 げる 値 から5デシベルを 減 じた 値 とする 3 第 種 区 域 と 第 3 種 区 域 又 は 第 2 種 区 域 と 第 4 種 区 域 がその 境 界 線 を 接 している 場 合 における 当 該 第 3 種 区 域 及 び 第 4 種 区 域 の 当 該 境 界 線 から3mの 区 域 内 に おける 規 制 基 準 は 規 制 基 準 の 欄 に 掲 げる 値 から5デシベルを 減 じた 値 とする 4 工 業 専 用 地 域 及 び 都 市 計 画 区 域 外 は 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によっ て 規 制 されている

3 2 建 設 作 業 の 規 制 基 準 建 設 作 業 に 伴 う 騒 音 や 振 動 は 工 場 事 業 場 と 異 なり その 作 業 場 所 に 代 替 性 が ないことから 防 止 対 策 は 極 めて 困 難 な 場 合 が 多 い また 騒 音 や 振 動 の 発 生 は 一 時 的 であるもののそのレベルが 高 いため 届 出 時 には 低 騒 音 低 振 動 型 重 機 の 使 用 や 付 近 住 民 に 対 する 工 事 期 間 の 周 知 等 作 業 実 施 時 の 配 慮 を 指 導 しています なお 地 域 指 定 区 域 内 において 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 に 基 づく 特 定 建 設 作 業 を 行 う 場 合 は 届 出 と 規 制 基 準 の 遵 守 が 義 務 づけられています 騒 音 振 動 に 係 る 特 定 建 設 作 業 の 規 制 基 準 地 域 の 区 分 規 制 種 別 くい 打 機 くい 抜 機 等 を 使 用 騒 音 に 係 る 特 定 建 設 作 業 びょう 打 機 を 使 用 さく 岩 機 を 使 用 す る 作 業 空 気 圧 縮 機 を 使 用 コンクリート 又 はアスファルト フ ラントを 設 けて 行 う 作 業 振 動 に 係 る 特 定 建 設 作 業 くい 打 機 くい 抜 機 等 を 使 用 鋼 球 を 使 用 して 建 築 物 等 を 破 壊 する 作 業 舗 装 版 破 砕 機 を 使 用 する 作 業 ブレーカー ( 手 持 ち 式 を 除 く)を 使 用 する 作 業 基 準 値 85デシベル 75デシベル 第 一 号 区 域 作 業 時 刻 日 当 たり の 作 業 時 間 作 業 期 間 作 業 日 午 後 7 時 ~ 午 前 7 時 の 時 間 内 でないこと 時 間 / 日 を 超 えないこと 連 続 6 日 を 超 えないこと 日 曜 日 その 他 の 休 日 でないこと 基 準 値 85デシベル 75デシベル 第 二 号 区 域 作 業 時 刻 日 当 たり の 作 業 時 間 作 業 期 間 作 業 日 午 後 時 ~ 午 前 6 時 の 時 間 内 でないこと 4 時 間 / 日 を 超 えないこと 連 続 6 日 を 超 えないこと 日 曜 日 その 他 の 休 日 でないこと 規 制 基 準 適 用 場 所 は 特 定 建 設 作 業 の 敷 地 境 界 とする 2 第 号 区 域 : 地 域 指 定 区 域 のうち 第 2 号 区 域 を 除 いた 区 域 第 2 号 区 域 : 地 域 指 定 区 域 の 第 4 種 区 域 ( 振 動 の 場 合 第 2 種 区 域 の2)のうち 学 校 保 育 所 病 院 診 療 所 図 書 館 特 別 養 護 老 人 ホーム 等 の 周 囲 おおむね8m 以 内 の 区 域 を 除 いた 区 域

4 3 道 路 交 通 騒 音 自 動 車 のめざましい 普 及 は 一 方 で 交 通 騒 音 振 動 や 交 通 渋 滞 を 引 き 起 こし 生 活 環 境 の 悪 化 をもたらしています このような 状 況 の 中 で 道 路 に 面 する 地 域 の 環 境 基 準 が 定 められ これを 目 標 とし て 車 両 構 造 の 改 善 や 遮 音 施 設 の 設 置 などを 中 心 とした 自 動 車 騒 音 の 軽 減 対 策 が 実 施 さ れています また 道 路 に 面 する 区 域 の 自 動 車 騒 音 振 動 に 係 る 限 度 基 準 が 設 けられており こ の 限 度 基 準 を 超 えて 生 活 環 境 が 著 しく 損 なわれている 場 合 には 道 路 管 理 者 等 に 対 し て 意 見 や 改 善 要 請 ができることとなっています なお 平 成 2 年 4 月 日 施 行 の 法 改 正 により 限 度 基 準 は 環 境 基 準 と 同 じ 評 価 手 法 である 等 価 騒 音 レベルによることとなりました 2 3 自 動 車 騒 音 の 要 請 限 度 値 区 域 の 区 分 第 種 区 域 及 び 第 2 種 区 域 のうち 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 区 域 第 種 区 域 及 び 第 2 種 区 域 の 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 うち2 車 線 以 上 の 道 路 に 面 する 区 域 第 2 種 区 域 の 第 2 種 住 居 専 用 地 域 準 住 居 地 域 市 街 化 調 整 区 域 のうち2 車 線 以 上 の 道 路 に 面 する 区 域 及 び 第 3 種 区 域 第 4 種 区 域 の 工 業 地 域 のうち 車 線 を 有 す る 道 路 に 面 する 区 域 幹 線 交 通 を 担 う 道 路 に 近 接 する 空 間 については 上 欄 にかかわらず 特 例 として 右 欄 の 基 準 値 とする 6 時 ~22 時 22 時 ~6 時 65デシベル 55デシベル 7デシベル 65デシベル 75デシベル 7デシベル 75デシベル 7デシベル 車 線 とは 縦 列 の 自 動 車 が 安 全 かつ 円 滑 に 走 行 するために 必 要 な 一 定 の 幅 員 を 有 する 帯 状 の 車 道 部 分 をいう 2 第 種 区 域 第 2 種 区 域 第 3 種 区 域 及 び 第 4 種 区 域 は 騒 音 に 係 る 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 の 地 域 区 分 をいう 道 路 交 通 振 動 に 対 する 防 止 措 置 を 要 請 する 基 準 区 域 の 区 分 8 時 ~2 時 2 時 ~8 時 第 種 区 域 65デシベル 6デシベル 第 2 種 区 域 7デシベル 65デシベル

5 4 自 動 車 騒 音 の 常 時 監 視 自 動 車 騒 音 の 状 況 については 騒 音 規 制 法 に 基 づく 常 時 監 視 を 静 岡 県 が 実 施 してい ましたが 法 改 正 により 平 成 24 年 度 からは 市 が 実 施 するようになりました 常 時 監 視 は 道 路 に 面 した 地 域 の 住 居 等 を 対 象 にした 自 動 車 騒 音 の 測 定 と 測 定 地 点 を 含 む 評 価 区 間 について 騒 音 の 環 境 基 準 を 超 える 住 居 等 の 割 合 を 把 握 する 面 的 評 価 の 方 法 で 行 います 平 成 24 年 度 は 市 内 の 国 道 3 路 線 と 県 道 2 路 線 を 対 象 にして 自 動 車 騒 音 の 測 定 と 面 的 評 価 を 行 いました 自 動 車 騒 音 は 測 定 を 行 った 国 道 2 地 点 で ともに 環 境 基 準 を 超 過 し 県 道 地 点 で のみ 超 過 さらに 県 道 地 点 で のみ 超 過 し ましたが 騒 音 の 要 請 限 度 については 全 ての 地 点 でこれを 下 回 っていました ( 表 参 照 ) 面 的 評 価 の 結 果 については ともに 環 境 基 準 を 満 足 した 住 居 等 の 割 合 は65.2~%でした ( 表 2 参 照 ) 路 線 名 [ 表 ] 自 動 車 騒 音 測 定 結 果 ( 平 成 24 年 度 ) 測 定 地 点 測 定 結 果 LAeq (db) (7dB) 基 準 値 等 適 合 状 況 ( : 適 合 : 不 適 合 ) 環 境 基 準 要 請 限 度 (65dB) (75dB) (7dB) 一 般 国 道 38 号 萩 原 一 般 国 道 246 号 駒 門 一 般 国 道 469 号 板 妻 沼 津 小 山 線 西 田 中 御 殿 場 箱 根 線 茱 萸 沢 [ 表 2] 自 動 車 騒 音 面 的 評 価 結 果 ( 平 成 24 年 度 ) 調 査 単 位 区 間 番 号 道 路 名 評 価 区 間 延 長 (km) 住 居 等 戸 数 ( 戸 ) 昼 夜 とも 基 準 値 以 下 環 境 基 準 達 成 状 況 上 段 : 戸 数 ( 戸 ) 下 段 : 割 合 昼 のみ 基 準 値 以 下 夜 のみ 基 準 値 以 下 昼 夜 とも 基 準 値 超 過 93 一 般 国 道 38 号 (.%) 36 一 般 国 道 246 号 (82.8%) 6 (7.2%) 7 一 般 国 道 469 号 (65.2%) (.5%) 22 (33.3%) 6268 沼 津 小 山 線 (88.%) 3 (.6%) (.4%) 6278 御 殿 場 箱 根 線 (97.7%) 4 (2.3%) 全 体 (92.9%) 2 (2.%) 3 (2.9%) 23 (2.2%)

6 5 届 出 状 況 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 の 規 定 に 基 づ く 平 成 24 年 度 末 現 在 の 特 定 施 設 届 出 状 況 は 次 のとおりです 騒 音 規 制 法 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 に 基 づく 届 出 状 況 平 成 24 年 度 末 の 特 定 施 設 数 施 設 番 号 特 定 施 設 名 法 律 県 条 例 合 計 金 属 加 工 機 械 空 気 圧 縮 機 及 び 送 風 機 ,242 3 土 石 用 又 は 鉱 物 用 の 破 砕 機 等 繊 維 機 械 建 設 用 資 材 製 造 機 械 穀 物 用 製 粉 機 (ロール 式 のもの) 7 木 材 加 工 機 械 製 紙 機 械 及 び 紙 加 工 機 械 9 印 刷 機 械 ( 原 動 機 を 用 いるもの) 合 成 樹 脂 用 射 出 成 形 機 鋳 型 造 型 機 2 クーリングタワー 集 じん 施 設 冷 凍 機 ( 圧 縮 機 を 用 いるもの) 施 設 合 計,373 2,574 3,947 工 場 事 業 場 数 振 動 規 制 法 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 に 基 づく 届 出 状 況 平 成 24 度 末 の 特 定 施 設 数 施 設 番 号 特 定 施 設 名 法 律 県 条 例 合 計 金 属 加 工 機 械 圧 縮 機 土 石 用 又 は 鉱 物 用 の 破 砕 機 等 織 機 ( 原 動 機 を 用 いるもの) コンクリート 機 械 木 材 加 工 機 械 印 刷 機 械 ゴム 練 用 又 は 合 成 樹 脂 練 用 のロール 機 合 成 樹 脂 用 射 出 成 形 機 鋳 型 造 型 機 (ジョルト 式 のもの) 施 設 合 計 工 場 事 業 場 数

<95788E6D8E7382CC8AC28BAB4832382D3136322E786477>

<95788E6D8E7382CC8AC28BAB4832382D3136322E786477> 騒 音 振 動 Ⅰ 騒 音 振 動 公 害 の 現 況 1 環 境 基 準 騒 音 振 動 は 住 民 の 日 常 生 活 に 身 近 な 問 題 として 深 く 関 わり また 感 知 する 者 の 主 観 や 感 情 等 に 大 きく 左 右 される いわゆる 感 覚 公 害 の 1 つとされています 他 の 公 害 と 比 べ 苦 情 と しての 件 数 が 多 く 中 でも 工 場 事 業

More information

(2) 騒 音 に 係 る 規 制 基 準 1 騒 音 規 制 法, 熊 本 県 条 例 に 基 づく 特 定 工 場 等 ( 工 場 事 業 場 ) 及 び 特 定 に 係 る 騒 音 の 基 準 時 間 昼 午 前 8 時 から 間 午 後 7 時 まで 朝 午 前 6 時 から 午 前 8 時

(2) 騒 音 に 係 る 規 制 基 準 1 騒 音 規 制 法, 熊 本 県 条 例 に 基 づく 特 定 工 場 等 ( 工 場 事 業 場 ) 及 び 特 定 に 係 る 騒 音 の 基 準 時 間 昼 午 前 8 時 から 間 午 後 7 時 まで 朝 午 前 6 時 から 午 前 8 時 第 5 章 騒 音 振 動 1. 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 規 制 基 準 (1) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 地 域 の 類 型 昼 間 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 基 まで 準 夜 間 値 午 後 10 時 ~ 翌 日 の 午 前 6 時 まで 備 考 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 AA A 及 びB C 50デシベ 40デシベ 55デシベ 45デシベ

More information

2 騒音・振動

2 騒音・振動 2 騒 音 振 動 (1) 騒 音 振 動 の 現 況 騒 音 とは 一 般 的 に ない 方 がよい 音 あることが 好 ましくない 音 で 生 活 環 境 をそこなうもの ですが 漠 然 としたものであり 特 別 の 種 類 の 音 特 に 大 きな 音 でなくても 問 題 になるなど 多 分 に 感 覚 的 なものです 振 動 とは 一 般 的 に 物 体 の 振 動 により 生 じたエネルギーのうち

More information

(3) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ア 一 般 地 域 の 環 境 基 準 ( 平 成 10 年 環 境 庁 告 示 64 号 )( 平 成 24 年 市 告 示 75 号 ) 時 間 の 区 分 昼 間 夜 間 地 域 の 区 分 (6 時 22 時 ) (22 時 翌 日 6 時 ) A

(3) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ア 一 般 地 域 の 環 境 基 準 ( 平 成 10 年 環 境 庁 告 示 64 号 )( 平 成 24 年 市 告 示 75 号 ) 時 間 の 区 分 昼 間 夜 間 地 域 の 区 分 (6 時 22 時 ) (22 時 翌 日 6 時 ) A 5 騒 音 振 動 関 係 (1) 法 令 等 の 概 要 ア 騒 音 規 制 法 / 昭 和 43 年 法 律 98 号 振 動 規 制 法 / 昭 和 51 年 法 律 64 号 工 場 及 び 事 業 場 から 発 生 する 騒 音 振 動 を 規 制 し 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 を 推 進 する 法 律 です 法 で 定 める 特 定 施 設 を 設 置 する 工 場 及 び 事

More information

2 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 区 域 の 区 分 時 間 の 区 分 朝 昼 間 夕 夜 間 午 前 6 時 から 午 前 8 時 まで 午 前 8 時 から 午 後 8 時 まで 午 後 8 時 から 午 後 10 時 まで 午 後 10 時 から 翌

2 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 区 域 の 区 分 時 間 の 区 分 朝 昼 間 夕 夜 間 午 前 6 時 から 午 前 8 時 まで 午 前 8 時 から 午 後 8 時 まで 午 後 8 時 から 午 後 10 時 まで 午 後 10 時 から 翌 騒 音 規 制 法 に 基 づく 地 域 の 指 定 及 び 規 制 基 準 平 成 22 年 3 月 2 日 告 示 第 175 号 騒 音 規 制 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 98 号 ) 第 3 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 及 び 特 定 建 設 作 業 に 伴 って 発 生 する 騒 音 について 規 制 する 地

More information

(2) 騒 音 規 制 法 による 規 制 基 準 1 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 ( 弘 前 市 騒 音 規 制 地 域 図 参 照 ) 規 制 時 間 朝 6:00~8:00 昼 8:00~19:00 夕 19:00~21:00 夜 21:00~ 翌

(2) 騒 音 規 制 法 による 規 制 基 準 1 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 ( 弘 前 市 騒 音 規 制 地 域 図 参 照 ) 規 制 時 間 朝 6:00~8:00 昼 8:00~19:00 夕 19:00~21:00 夜 21:00~ 翌 1. 騒 音 (1) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 1 一 般 環 境 基 準 ( 弘 前 市 環 境 基 準 類 型 指 定 図 参 照 ) 地 域 の 類 型 時 間 の 区 分 6:00~22:00 基 準 値 22:00~ 翌 6:00 AA 地 域 50dB 以 下 40dB 以 下 A 地 域 及 びB 地 域 55dB 以 下 45dB 以 下 C 地 域 60dB 以 下 50dB

More information

Ⅲ 大 気 汚 染

Ⅲ 大 気 汚 染 第 3 章 騒 音 振 動 1: 概 要 騒 音 は 工 場 及 び 事 業 場 における 事 業 活 動 並 びに 建 設 工 事 による 固 定 発 生 源 自 動 車 鉄 道 航 空 機 等 の 交 通 機 関 による 移 動 発 生 源 とする 騒 音 だけでなく 商 店 の 商 業 宣 伝 放 送 飲 食 店 の 深 夜 営 業 冷 暖 房 機 楽 器 音 響 機 器 ペット 等 の 家

More information

第4章 騒音・振動

第4章 騒音・振動 第 4 章 騒 音 振 動 第 1 節 騒 音 振 動 の 現 状 騒 音 振 動 に 共 通 して 言 ることは 共 に 感 覚 的 心 理 的 もので 人 によってそ れぞれ 感 じ 方 に 違 があり その 影 響 が 発 生 源 とその 周 辺 の 地 域 に 限 られるど 局 地 的 場 合 が 多 とう 特 徴 がある また 騒 音 振 動 の 原 因 と 言 ば 以 前 では 工 場

More information

第6章 騒音・振動

第6章  騒音・振動 章 騒 音 振 動 () 自 動 車 交 通 騒 音 調 査 市 では 平 成 4 年 度 より 幹 線 交 通 を 担 う 道 路 に 面 する うち 等 が 存 在 する 区 において 自 動 車 交 通 騒 音 影 響 を 把 握 するため 常 監 視 を 行 っている 平 成 4 度 から 5 年 度 において 路 線 ( 評 価 距 離.3km) 調 査 を 実 施 し 対 象 戸 数,

More information

1.大気汚染の概要

1.大気汚染の概要 3. 騒 音 (1) 騒 音 公 害 の 概 要 やかましい 音 好 ましくない 音 の 総 称 を 騒 音 といいますが それが 好 ましいか 好 ましくないかは それを 聞 く 人 の 主 観 的 感 覚 的 な 判 断 によります とはいえ 大 多 数 の 人 に 好 ましくない 音 は 現 に 存 在 してお り 中 でも 事 業 活 動 その 他 人 の 活 動 に 伴 って 生 じる 相

More information

計画書

計画書 第 5 章 騒 音 振 動 1 概 要 騒 音 とは やかましい 音 好 ましくない 音 の 総 称 である 騒 音 であるか 否 かは 聞 く 人 の 主 観 に よって 決 まるため 個 人 差 があり その 人 の 心 理 状 態 や 健 康 状 態 などによっても 左 右 される 騒 音 振 動 発 生 源 のうち 工 場 事 業 場 特 定 建 設 作 業 道 路 交 通 については それぞれ

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 1 一 般 地 域 基 準 値 地 域 の 区 分 類 型 昼 間 午 前 6 時 ~ 午 後 1 時 夜 間 午 後 1 時 ~ 翌 午 前 6 時 特 に 静 穏 を 要 する 地 域 AA 5 デシベル 以 下 4 デシベル 以 下 専 ら 住 居 の 用

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 1 一 般 地 域 基 準 値 地 域 の 区 分 類 型 昼 間 午 前 6 時 ~ 午 後 1 時 夜 間 午 後 1 時 ~ 翌 午 前 6 時 特 に 静 穏 を 要 する 地 域 AA 5 デシベル 以 下 4 デシベル 以 下 専 ら 住 居 の 用 4. 騒 音 (1) 環 境 基 準 騒 音 は 人 の 感 覚 に 直 接 影 響 を 与 え 日 常 生 活 の 快 適 さを 損 なうことで 問 題 となるこ とが 多 く 感 覚 公 害 といわれています また 騒 音 の 発 生 形 態 としては 工 場 事 業 場 建 設 作 業 交 通 機 関 その 他 一 般 家 庭 から 発 生 する 生 活 騒 音 など 多 種 多 様 です 騒

More information

Microsoft Word - 【掲載版】騒音・振動規制のあらまし(H24.6)

Microsoft Word - 【掲載版】騒音・振動規制のあらまし(H24.6) 騒 音 振 動 規 制 のあらまし - 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 環 境 基 準 鳥 取 県 公 害 防 止 条 例 等 - 平 成 24 年 6 月 鳥 取 県 生 活 環 境 部 水 大 気 環 境 課 Ⅰ はじめに 1 騒 音 机 をたたいたり 手 を 打 ったりすると 音 が 出 ます 物 をこすったり ひっかいたりしても 音 が 出 ます 風 が 吹 いても 水 が 流 れても

More information

<8D488FEA939987402E786477>

<8D488FEA939987402E786477> 工 場 等 騒 音 の 規 制 のあらまし 愛 知 県 では 騒 音 規 制 法 規 制 法 及 び 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 ( 県 条 例 )により 著 しい 騒 音 を 発 生 させる 施 設 ( 特 定 施 設 騒 音 発 生 施 設 発 生 施 設 )を 設 置 している 工 場 事 業 場 ( 工 場 等 )に 対 し 騒 音 の 大 きさの 規

More information

目 次 第 1 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 による 規 制 1 1. 特 定 施 設 の 種 類 (1) 騒 音 規 制 法 施 行 令 (2) 振 動 規 制 法 施 行 令 2. 指 定 地 域 3. 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 振 動 の 規 制 基

目 次 第 1 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 による 規 制 1 1. 特 定 施 設 の 種 類 (1) 騒 音 規 制 法 施 行 令 (2) 振 動 規 制 法 施 行 令 2. 指 定 地 域 3. 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 振 動 の 規 制 基 工 場 事 業 場 に 対 する 騒 音 振 動 規 制 の 手 引 き 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 三 重 県 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 平 成 27 年 5 月 三 重 県 環 境 生 活 部 目 次 第 1 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 による 規 制 1 1. 特 定 施 設 の 種 類 (1) 騒 音 規 制 法 施 行 令 (2) 振

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68ED281458D488FEA90DD92758ED282CC8A46976C82D62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68ED281458D488FEA90DD92758ED282CC8A46976C82D62E646F63> ~ 事 業 者 工 場 設 置 者 の 皆 様 へ ~ 騒 音 及 び 振 動 は 以 下 の 法 令 によって 規 制 されています 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 1 規 制 対 象 と 届 出 工 場 事 業 場 に 設 置 される 施 設 のうち 著 しい 騒 音 振 動 が 発 生 する 施 設 を 特 定 施 設

More information

1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小

1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小 Ⅴ 騒 音 振 動 悪 臭 の 部 1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小 さい 音 であっても 聞 き 手 にとって 好 ましくない 音 は

More information

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 目 次 騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 P 指 定 地 域 P 3 規 制 基 準 P 4 特 定 施 設 一 覧 P3 5 特 定 建 設 作 業 一 覧 P4 6 届 出 様 式 一 覧 P5 7 その 他 P6,P7 山 陽 小 野 田 市 役 所 環 境 課 環 境 保 全 係 756 860

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 2. 法 律 と 基 準 道 路 交 通 騒 音 に 係 る 法 体 系 の 概 要 環 境 基 準 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.6~9) 要 請 限 度 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.10~13)の 順 に 示 す 法 体 系 の 概 要 をまとめると 図 -2.1 となる 環 境 基 本 法 において 環 境 の 保 全 についての 基 本 理 念 および 施 策 の 基

More information

(イ) 規 制 基 準 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 に 関 する 基 準 時 間 の 区 分 の 区 分 午 前 8 時 午 後 6 時 朝 夕 午 前 6 時 午 前 8 時 午 後 6 時 午 後 9 時 夜 間 午 後 9 時 翌 日 午 前 6 時 第 種

(イ) 規 制 基 準 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 に 関 する 基 準 時 間 の 区 分 の 区 分 午 前 8 時 午 後 6 時 朝 夕 午 前 6 時 午 前 8 時 午 後 6 時 午 後 9 時 夜 間 午 後 9 時 翌 日 午 前 6 時 第 種 () 騒 音 振 動 ア 環 境 基 準 及 び 規 制 基 準 (ア) 環 境 基 準 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 基 準 値 地 域 の 類 型 午 前 6 時 午 後 0 時 午 後 0 時 翌 日 の 午 前 6 時 AA 0dB 以 下 0dB 以 下 A 及 びB db 以 下 db 以 下 C db 以 下 0dB 以 下 ( 注 )AA: 療 養 施 設 社 会 福 祉 施

More information

環境時報

環境時報 騒 音 1 特 定 工 場 等 の 騒 音 規 制 ( 騒 音 規 制 法 宮 崎 市 公 害 防 止 条 例 ) < 表 -1> 規 制 区 域 の 区 分 及 び 基 準 値 区 域 の 区 分 都 市 計 画 用 途 地 域 の 当 てはめ( 目 安 ) 1 昼 間 8~19 時 基 準 値 2 3 朝 6~8 時 夕 19~22 時 夜 間 22~ 翌 6 時 第 1 種 第 1 2 種 低

More information

‹KŁ§‚Ì‚µ‚¨?−iH22−j

‹KŁ§‚Ì‚µ‚¨?−iH22−j 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 のしおり 目 次 規 制 の 概 要 [P] 指 定 地 域 [P] 3 規 制 基 準 () 特 定 工 場 等 に 対 する 規 制 基 準 [P~P] () に 対 する 規 制 基 準 [P] (3) 改 善 勧 告 等 [P] 4 届 出 が 必 要 な 特 定 施 設 の 一 覧 [3P] 5 届 出 が 必 要 な

More information

資 料 -19 庄 内 空 港 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 適 用 地 域 165

資 料 -19 庄 内 空 港 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 適 用 地 域 165 資 料 -18 山 形 空 港 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 適 用 地 域 及 び 監 視 地 点 164 資 料 -19 庄 内 空 港 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 適 用 地 域 165 資 料 -20 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ( 一 般 地 域 ) 地 域 の 類 型 基 準 値 AA A 及 びB C 50デシベル 以 下 55デシベル

More information

オ 環 境 基 準 の 達 成 状 況 の 地 域 としての 評 価 は 次 の 方 法 により 行 うものとする (ア) 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 については 原 則 として 一 定 の 地 域 ごとに 当 該 地 域 の 騒 音 を 代 表 すると 思 われる 地 点 を

オ 環 境 基 準 の 達 成 状 況 の 地 域 としての 評 価 は 次 の 方 法 により 行 うものとする (ア) 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 については 原 則 として 一 定 の 地 域 ごとに 当 該 地 域 の 騒 音 を 代 表 すると 思 われる 地 点 を Ⅲ 騒 音 関 係 1 騒 音 規 制 等 に 関 する 基 準 (1) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ( 平 成 10 環 告 64) 1 環 境 基 準 ア 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 地 域 の 類 型 基 準 値 昼 間 夜 間 AA A 及 びB C 50デシベル 以 下 55デシベル 以 下 60デシベル 以 下 40デシベル 以 下 45デシベル 以 下 50デシベル

More information

区 域 備 考 (2) 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 をあてはめる 地 域 の 指 定 を 平 成 16 年 4 月 1 日 に 調 布 飛 行 場 が 受 けました ( 東 京 都 では 他 に 東 京 国 際 空 港 横 田 飛

区 域 備 考 (2) 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 航 空 機 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 をあてはめる 地 域 の 指 定 を 平 成 16 年 4 月 1 日 に 調 布 飛 行 場 が 受 けました ( 東 京 都 では 他 に 東 京 国 際 空 港 横 田 飛 4 騒 音 騒 音 とは 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 の 総 称 です つまり 騒 音 という 特 別 な 音 があるわけではなく それは 聞 く 人 の 主 観 的 な 判 断 によって 起 こります 多 くの 人 が 騒 音 とする 音 として 1 概 して 大 きい 音 2 音 色 の 不 愉 快 な 音 3 音 声 聴 取 を 妨 害 する 音 4 休 養 や 安 眠 を 妨 害

More information

公害関係基準表・上田市環境保全関係条例集

公害関係基準表・上田市環境保全関係条例集 騒 音 関 係 騒 音 規 制 法 特 定 工 場 等 に 関 する 規 制 特 定 施 設 騒 音 規 制 法 第 2 条 第 1 項 の 規 定 による 特 定 施 設 ( 昭 和 43 年 11 月 27 日 政 令 第 324 号 最 終 改 正 : 平 成 19 年 11 月 21 日 政 令 第 339 号 騒 音 規 制 法 施 行 令 別 表 第 1) 番 号 用 途 名 称 規 模

More information

(1) 特 定 施 設 指 定 地 域 内 において 規 制 対 象 となる 騒 音 振 動 特 定 施 設 は 以 下 のとおりです 1 金 属 加 工 特 定 施 設 の 名 称 イ 圧 延 ロ 製 管 ハ ベンディングマシン 騒 音 規 制 法 原 動 の 定 格 出 力 の 合 計 が 22

(1) 特 定 施 設 指 定 地 域 内 において 規 制 対 象 となる 騒 音 振 動 特 定 施 設 は 以 下 のとおりです 1 金 属 加 工 特 定 施 設 の 名 称 イ 圧 延 ロ 製 管 ハ ベンディングマシン 騒 音 規 制 法 原 動 の 定 格 出 力 の 合 計 が 22 工 場 事 業 場 等 の 騒 音 振 動 に 関 する 規 制 の 概 要 ( 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 佐 賀 県 環 境 の 保 全 と 創 造 に 関 する 条 例 による と 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 は 工 場 事 業 場 における 事 業 活 動 にともなって 発 生 する 騒 音 振 動 を 規 制 の 対 象 とし 生 活 環

More information

面 的 評 価 * の 結 果 を 道 路 端 から50mの 範 囲 の 環 境 基 準 達 成 率 としてグラフにしました 調 査 した 道 路 全 体 で 環 境 基 準 達 成 率 は 昼 間 99.9% 夜 間 99.7%でした なお 環 境 基 準 達 成 率 とは 評 価 範 囲 内 の

面 的 評 価 * の 結 果 を 道 路 端 から50mの 範 囲 の 環 境 基 準 達 成 率 としてグラフにしました 調 査 した 道 路 全 体 で 環 境 基 準 達 成 率 は 昼 間 99.9% 夜 間 99.7%でした なお 環 境 基 準 達 成 率 とは 評 価 範 囲 内 の 騒 音 振 動 騒 音 振 動 の 発 生 源 としては 自 動 車 や 鉄 道 などの 交 通 機 関 から 発 生 するもの 工 場 や 事 場 から 発 生 するもの 建 物 の 建 築 や 道 路 工 事 に 伴 うものなど 多 種 多 様 です また 近 年 は 飲 食 店 などの 営 に 伴 う 騒 音 や 一 般 家 庭 の 日 常 生 活 から 出 る 騒 音 が 大 きな 問 題

More information

目 次 1 騒 音 振 動 に 関 する 規 制 等 の 概 要 1-1 特 定 施 設 ------- ---------- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 2 1-2 届 出 ------- ---------- ----- ----- ----- ---

目 次 1 騒 音 振 動 に 関 する 規 制 等 の 概 要 1-1 特 定 施 設 ------- ---------- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 2 1-2 届 出 ------- ---------- ----- ----- ----- --- 騒 音 振 動 防 止 の 手 引 き ( 平 成 20 年 4 月 現 在 ) 工 場 事 業 場 編 山 梨 県 森 林 環 境 部 大 気 水 質 保 全 課 目 次 1 騒 音 振 動 に 関 する 規 制 等 の 概 要 1-1 特 定 施 設 ------- ---------- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 2 1-2 届 出 -------

More information

出 典 : 環 境 基 準 ( 騒 音 ) 類 型 指 定 図 ( 平 成 24 年 大 津 市 ) 図 4.3.2-1 騒 音 環 境 基 準 指 定 状 況 4-83

出 典 : 環 境 基 準 ( 騒 音 ) 類 型 指 定 図 ( 平 成 24 年 大 津 市 ) 図 4.3.2-1 騒 音 環 境 基 準 指 定 状 況 4-83 (2) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 等 環 境 基 本 法 に 基 づく 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 を 表 4.3.2-4~6 に 示 す 事 業 計 画 地 は 図 4.3.2-1 のとおり C 類 型 に 指 定 されている 地 域 の 類 型 AA 表 4.3.2-4 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ( 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 ) 地 域 の 区

More information

騒音規制のしおり

騒音規制のしおり 騒 音 振 動 規 制 のしおり 長 崎 市 市 民 局 環 境 部 環 境 政 策 課 850-8685 長 崎 市 桜 町 - 電 話 89-1156 FAX 80-0316 目 次 (Ⅰ) 騒 音 規 制 について... - 1-1 騒 音 の 規 制 地 域 について...- 1 - 騒 音 の 規 制 対 象 について...- 1-3 騒 音 の 規 制 基 準 について...- 1 -

More information

2. 届 出 規 制 対 象 地 域 内 において 工 場 又 は 事 業 場 に 新 たに 規 制 対 象 施 設 を 設 置 しようとするなど 下 表 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 又 は 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する

2. 届 出 規 制 対 象 地 域 内 において 工 場 又 は 事 業 場 に 新 たに 規 制 対 象 施 設 を 設 置 しようとするなど 下 表 の 事 由 が 生 じた 場 合 には 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 又 は 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 工 場 等 騒 音 振 動 の 規 制 のあらまし 生 活 環 境 を 保 全 し 人 の 健 康 の 保 護 に 資 することを 目 的 として 著 しい 騒 音 振 動 を 発 生 す る 施 設 を 設 置 する 工 場 又 は 事 業 場 ( 以 下 特 定 工 場 等 という )から 発 生 する 騒 音 振 動 につ いては 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 県 民 の 生 活 環

More information

ÿþ

ÿþ 第 3 章 公 害 の 現 況 と 対 策 Ⅳ 騒 音 振 動 (1) 騒 音 に 係 る 基 準 ア 道 路 に 面 する 以 外 ( 一 般 )の ( 単 位 :デシベル) の 類 型 昼 間 時 間 の 区 分 夜 間 50 以 下 40 以 下 及 びB 55 以 下 45 以 下 60 以 下 50 以 下 ( 備 考 ) 基 本 法 では 騒 音 に 係 る 基 準 の 類 型 をあてはめる

More information

本 資 料 に 掲 載 する 情 報 について 様 々な 注 意 を 払 って 掲 載 しておりますが 内 容 の 正 確 性 有 用 性 安 全 性 その 他 いかなる 保 証 を 行 うものでもありません つきましては 本 資 料 の 情 報 を 参 考 に 取 られた 行 動 の 結 果 生 じた 損 害 等 であっても 当 社 は 一 切 責 任 を 負 いませんので あくまでご 自 身 の

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

第 1 種 区 域 第 2 種 区 域 第 3 種 区 域 第 4 種 区 域 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 1 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 近 隣 商 業 地 域 工 業 地 域 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地

第 1 種 区 域 第 2 種 区 域 第 3 種 区 域 第 4 種 区 域 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 1 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 近 隣 商 業 地 域 工 業 地 域 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 騒 音 の 概 況 1 騒 音 の 概 要 邪 魔 な 音 と 快 い 音 うるさい 音 と 静 かな 音 の 判 断 は 聞 き 手 により 違 います 騒 音 公 害 は 音 に 対 する 感 じ 方 の 個 人 差 及 び 慣 れにより 快 音 雑 音 騒 音 と 各 個 人 が 主 観 的 に 判 断 するものです 歌 っているカラオケの 音 は 心 地 よい 音 だが 店 から 漏 れるカラオケの

More information

駐車場の設置について

駐車場の設置について 駐 車 場 を 設 置 される 方 へ ~ 環 境 確 保 条 例 における ~~ 届 出 の 手 引 き~ 収 容 能 力 が20 台 以 上 の 駐 車 場 の 設 置 に 関 しては 環 境 確 保 条 例 ( 都 民 の 健 康 と 安 全 を 確 保 する 環 境 に 関 する 条 例 )における 規 制 の 対 象 となります 具 体 的 には 指 定 作 業 場 設 置 届 出 規 制

More information

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378>

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378> 1 概 要 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 指 針 項 目 チェックリスト 既 存 宅 地 ( 事 業 所 社 宅 跡 地 )にドラッグストアと 衣 料 品 店 を 新 設 する ( 法 第 5 条 第 1 項 ) 2 届 出 の 内 容 届 出 年 月 日 店 舗 設 置 者 小 売 業 者 店 舗 面 積 施 設 の 配 置 施 設 の 運 営 新 設 する 日 平 成 25 年 7 月

More information

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変 資 料 -1 審 議 事 項 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について ( 案 ) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

<7031303920919B89B992B28DB88C8B89CA2E786C73>

<7031303920919B89B992B28DB88C8B89CA2E786C73> 第 10 章 騒 音 振 動 騒 音 は 公 害 のなかで 最 も 身 近 で 日 常 生 活 と 関 係 が 深 く その 発 生 源 は 工 場 建 設 作 業 自 動 車 鉄 道 のほか 飲 食 店 等 の 深 夜 営 業 拡 声 機 を 使 用 する 宣 伝 活 動 など 多 種 多 様 な ものがあり あらゆるところに 存 在 するため 苦 情 が 発 生 しやすい 公 害 です 騒 音

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

shindou.docx

shindou.docx 自 動 車 騒 音 振 動 の 現 況 対 策 (1) 自 動 車 騒 音 振 動 の 発 生 自 動 車 の 走 行 に 伴 って 発 生 する 自 動 車 騒 音 は 走 行 条 件 によって 変 化 するが 騒 音 の 発 生 源 は 図 1に 示 すように 一 般 にエンジン 騒 音 冷 却 系 騒 音 吸 気 系 騒 音 排 気 系 騒 音 駆 動 系 騒 音 タイヤ 騒 音 に 大 別

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

< 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 目 次 > 付 表 14 別 紙 他 の 事 業 所 又 は 施 設 の 従 事 者 と 兼 務 する 相 談 支 援 専 門 員 について P1 別 紙 1 他 の 法 律 において 既 に 指 定

< 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 目 次 > 付 表 14 別 紙 他 の 事 業 所 又 は 施 設 の 従 事 者 と 兼 務 する 相 談 支 援 専 門 員 について P1 別 紙 1 他 の 法 律 において 既 に 指 定 資 料 2 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 平 成 25 年 1 月 18 日 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 < 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 目 次 > 付 表 14 別 紙 他 の 事 業 所 又 は 施 設 の 従 事 者 と 兼 務 する 相

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

42 騒 音 の 環 境 基 準 について 3 騒 音 の 環 境 基 準 は があります 1 幹 線 道 路 沿 ( 道 路 端 から15 15m 未 満 ): 国 道 県 道 等 2 道 路 沿 道 路 端 から 約 50m( 交 通 騒 音 が 主 な 地 域 ) 3 その 他 立 野 地 区

42 騒 音 の 環 境 基 準 について 3 騒 音 の 環 境 基 準 は があります 1 幹 線 道 路 沿 ( 道 路 端 から15 15m 未 満 ): 国 道 県 道 等 2 道 路 沿 道 路 端 から 約 50m( 交 通 騒 音 が 主 な 地 域 ) 3 その 他 立 野 地 区 騒 音 の 環 境 基 準 地 域 の 区 分 時 間 の 区 分 昼 間 (6~22 時 ) 夜 間 (22 22~6 時 ) 幹 線 交 通 を 担 う 道 路 に 近 接 する 空 間 70デシベル 65デシベル B 地 域 のうち2 車 線 以 上 の 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 及 びC 地 域 のうち 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 65デシベル

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を 工 場 立 地 法 届 出 の 手 引 き 1 工 場 立 地 法 とは (1) 法 律 の 目 的 この 法 律 は 工 場 立 地 が 環 境 の 保 全 を 図 りつつ 適 正 に 行 われるようにするため 工 場 立 地 に 関 する 調 査 を 実 施 し 工 場 立 地 に 関 する 準 則 を 公 表 及 びこれらに 基 づく 勧 告 命 令 等 を 行 い これ らを 通 じて 国

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169955C8E869574816A89768FE992AC82CC926E8BE68C7689E68DF492E88AEE967B95FB906A81458C7689E68AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169955C8E869574816A89768FE992AC82CC926E8BE68C7689E68DF492E88AEE967B95FB906A81458C7689E68AEE8F802E646F63> 熊 本 都 市 計 画 区 域 における 益 城 町 の 市 街 化 調 整 区 域 地 区 計 画 策 定 基 本 方 針 計 画 基 準 平 成 20 年 9 月 ( 平 成 22 年 7 月 一 部 改 正 ) ( 平 成 24 年 11 月 一 部 改 正 ) 熊 本 都 市 計 画 区 域 における 益 城 町 の 市 街 化 調 整 区 域 地 区 計 画 策 定 基 本 方 針 計 画

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目 設 計 書 工 種 道 舗 修 課 副 主 担 設 計 担 当 者 道 路 維 持 課 維 持 第 二 担 当 当 席 リー 工 事 番 号 第 2 号 参 内 線 (55 245) 主 ダー 長 事 査 印 年 度 平 成 27 年 度 作 成 年 月 日 平 成 工 事 名 施 工 箇 所 設 計 金 額 市 道 秋 田 環 状 2 号 線 舗 装 道 改 良 工 事 および 交 通 安 全 施

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

5 騒 音 振 動 悪 臭 (1) 騒 音 1 騒 音 の 現 状 騒 音 は 工 場 や 建 設 工 事 商 店 飲 食 店 などの 生 産 営 業 活 動 をはじめ 自 動 車 などの 走 行 に より 発 生 します 騒 音 についての 苦 情 は 近 年 増 加 傾 向 にあり 平 成 26

5 騒 音 振 動 悪 臭 (1) 騒 音 1 騒 音 の 現 状 騒 音 は 工 場 や 建 設 工 事 商 店 飲 食 店 などの 生 産 営 業 活 動 をはじめ 自 動 車 などの 走 行 に より 発 生 します 騒 音 についての 苦 情 は 近 年 増 加 傾 向 にあり 平 成 26 騒 音 振 動 悪 臭 5 騒 音 振 動 悪 臭 (1) 騒 音 1 騒 音 の 現 状 騒 音 は 工 場 や 建 設 工 事 商 店 飲 食 店 などの 生 産 営 業 活 動 をはじめ 自 動 車 などの 走 行 に より 発 生 します 騒 音 についての 苦 情 は 近 年 増 加 傾 向 にあり 平 成 26 年 度 の 全 公 害 苦 情 96 件 のうち 22 件 約 22.9%を

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

重要事項説明書

重要事項説明書 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 あいの 里 竜 間 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 当 施 設 は 介 護 保 険 の 指 定 を 受 けています 事 業 所 番 号 (2771900319) 当 施 設 はご 契 約 者 に 対 して 指 定 介 護 福 祉 施 設 サービスを

More information

2

2 1 2 3 4 5 種 類 ( 高 品 質 ) 再 生 骨 材 H ( 中 品 質 ) 再 生 骨 材 M ( 低 品 質 ) 再 生 骨 材 L JIS 番 号 名 称 制 定 時 期 JISの 性 格 主 な 用 途 JIS A5021(コンクリート 用 再 生 骨 材 H) 平 成 17 年 3 月 20 日 制 定 解 体 コンクリート 塊 に 対 し 破 砕 磨 砕 等 の 高 度 な 処

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

長 崎 県 大 村 市 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 火 災 の 概 要 1 発 生 日 時 等 発 生 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 19 分 頃 ( 推 定 ) 覚 知 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 32 分 2 発 生 場 所 住 所

長 崎 県 大 村 市 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 火 災 の 概 要 1 発 生 日 時 等 発 生 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 19 分 頃 ( 推 定 ) 覚 知 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 32 分 2 発 生 場 所 住 所 社 会 福 祉 施 設 の 近 年 の 火 災 事 例 1 長 崎 県 大 村 市 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 火 災 の 概 要 1 発 生 日 時 等 発 生 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 19 分 頃 ( 推 定 ) 覚 知 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 32 分 2 発 生 場 所 住 所 : 長 崎 県 大 村 市 用 途 : 認

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

untitled

untitled () 22.5kW 3.75kW 294kN 3.75kW 7.5kW 7.5kW 0.45m3 200kg 7.5kW 2.25kW 15kW 2.25kW 15kW 2.25kW 2.25kW 10 11 (1) (2) (3) (4) 6 自 動 車 騒 音 に 係 る 許 容 限 度 等 (2) 測 定 に 基 づく 要 請 及 び 意 見 [ 法 第 17 条

More information

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71 第 4 章 法 第 34 条 令 第 29 条 の 5 第 29 条 の 6 第 29 条 の 7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 基 準 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の 販 売 店 等 ( 法 第 34 条 第 1

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

Microsoft Word - 改正後全文(実施要綱)

Microsoft Word - 改正後全文(実施要綱) 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 老 発 第 0529001 号 平 成 1 8 年 5 月 2 9 日 最 終 改 正 老 発 0 7 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 7 月 2 5 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施 設 整 備 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63> 再 生 資 源 利 用 ( 促 進 ) 計 画 書 及 び 実 施 書 と 再 資 源 化 等 関 係 書 類 の 作 成 について 請 負 金 額 書 類 の 名 称 提 出 時 期 留 意 事 項 100 万 円 再 生 資 源 利 用 計 画 書 ( 様 式 1 イ) 施 工 計 画 書 に 再 生 資 材 の 利 用 及 び 副 以 上 ( 対 (クレダスにより 作 成 ) 含 めて 提 出

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

様 式 1-1 示 談 状 況 損 示 談 が 成 立 平 成 年 月 日 自 動 車 事 故 のき 保 険 会 社 から 賠 償 金 の 受 領 は 加 に 対 する 損 賠 償 の 請 求 損 賠 償 の 種 類 示 談 する 前 には 必 ず 健 保 にご 連 絡 ください 交 渉 中 成 立

様 式 1-1 示 談 状 況 損 示 談 が 成 立 平 成 年 月 日 自 動 車 事 故 のき 保 険 会 社 から 賠 償 金 の 受 領 は 加 に 対 する 損 賠 償 の 請 求 損 賠 償 の 種 類 示 談 する 前 には 必 ず 健 保 にご 連 絡 ください 交 渉 中 成 立 < 記 入 例 > 業 務 中 通 勤 途 中 の 事 故 の 場 合 健 康 保 険 は 使 えません 様 式 1-1 本 人 家 族 被 被 保 険 証 記 号 番 号 記 号 番 号 111-0034 東 京 都 台 東 区 雷 門 1-13-8 31 現 住 所 被 保 険 の 名 称 東 京 電 子 株 式 会 社 加 ( 相 手 方 ) 135-0016 東 京 都 江 東 区 東 陽

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information