聞 いたことがありますか 最 澄 が 修 業 で 使 った 灯 火 で 灯 火 を 守 るために 油 が 切 れないように 油 を 注 ぎ 芯 が 燃 え 尽 きそ うだと 新 しい 芯 に 代 える こうした 営 みを 永 遠 と 続 けてきた 日 本 の 宝 です 灯 火 を 見 ていると 一

Size: px
Start display at page:

Download "聞 いたことがありますか 最 澄 が 修 業 で 使 った 灯 火 で 灯 火 を 守 るために 油 が 切 れないように 油 を 注 ぎ 芯 が 燃 え 尽 きそ うだと 新 しい 芯 に 代 える こうした 営 みを 永 遠 と 続 けてきた 日 本 の 宝 です 灯 火 を 見 ていると 一"

Transcription

1 Stella Matutina クリスマス 号 暁 星 中 学 高 等 学 校 平 成 26 年 12 月 18 日 Stella Matutina ラテン 語 で 暁 星 の 意 味 頭 文 字 の S.M.はセーター 鞄 に 記 されています 創 立 記 念 日 式 典 暁 星 学 園 は1888 年 に 暁 星 学 校 として 始 まり 今 年 126 年 目 に 踏 み 出 しました 私 達 は 爽 やかな 稔 の 秋 の11 月 1 日 を 学 園 の 創 立 記 念 日 として 覚 え 記 念 の 式 典 を 挙 行 しており ます 学 園 創 立 の 精 神 とその 後 の 歴 史 に 思 いをいたし 現 在 と 将 来 への 糧 とする そのような 機 会 であります さて 正 門 で 毎 日 皆 さんの 登 下 校 を 見 守 っている 暁 の 星 なる 聖 母 の 絵 を 知 っていますね この 絵 は ローマ 駐 在 日 本 大 使 館 員 であった 山 本 信 次 郎 氏 がフランキ ムッシーニ 夫 人 に 制 作 を 依 頼 したものです 山 本 信 次 郎 氏 は 片 瀬 海 岸 に 避 暑 に 訪 れていたヘンリック 神 父 との 出 会 いが 縁 で4 期 生 として 入 学 しました 先 生 を 手 こ ずらせる 腕 白 少 年 であったそうですが 卒 業 後 は 海 軍 兵 学 校 に 進 み 日 露 戦 争 では 東 郷 平 八 郎 大 将 の 配 下 として 日 本 海 海 戦 で 武 勲 をたてました その 後 外 交 官 となり 第 一 次 世 界 大 戦 後 のパリ 講 和 会 議 では 西 園 寺 公 望 全 権 の 下 で 通 訳 と して 活 躍 しました この 時 代 は 現 在 以 上 に 日 本 が 国 際 社 会 で 活 躍 していた 時 代 でした その 後 日 本 は 国 際 社 会 から 孤 立 し 世 界 を 敵 に 回 した 戦 争 で 明 治 以 来 の 国 富 を 失 ったのは 皆 さんも 知 っての 通 りで す 独 り 善 がりで 閉 鎖 的 な 社 会 や 国 民 の 意 識 が どれだけ 大 きな 災 禍 を 招 くかという 史 訓 です 皆 さんが 内 向 きになり 視 野 が 狭 くなってしまうことは 十 年 後 二 十 年 後 の 日 本 を 危 うくし ます 昨 年 内 閣 府 がアメリカ イギリス フランス ドイツ スウェ ーデン 韓 国 日 本 の7カ 国 の 若 者 を 対 象 に 意 識 調 査 を 行 っ たところ 自 国 のために 役 立 ちたい と 思 っている 割 合 が 最 も 高 かったのは 日 本 の 皆 さんの 年 代 でした にもかかわらず 自 分 や 自 国 の 将 来 を 肯 定 的 に 捉 えている 割 合 は7カ 国 中 で 群 を 抜 いて 低 く 憂 慮 すべき 状 態 にあります その 大 きな 理 由 の 一 つが 経 済 成 長 の 時 代 に 代 わる 国 の モデルが 無 いことにあると 思 われます 成 長 が 続 く 時 代 にあ っては 計 画 を 管 理 遂 行 するリーダーが 求 められました 現 在 求 められるのは 新 たなモデルを 作 るリーダーです しかし 豊 かになった 結 果 平 等 を 求 める 風 潮 が 強 くなり リーダーが 育 ちにくい 状 況 にあります 天 然 資 源 に 乏 しく 働 く 人 口 が 減 少 の 一 途 を 辿 るこの 島 国 の 利 点 は 海 を 通 して 世 界 の 国 々と 直 接 交 わることができる ことです 交 易 に 生 存 と 発 展 をかける 開 放 的 な 国 造 りを 目 指 すべきだと 私 は 考 えています 山 本 信 次 郎 氏 のような 国 際 人 を 多 数 輩 出 してきた 学 園 には この 国 のリーダーを 育 てる という 大 きな 使 命 があり 皆 さん 一 人 ひとりに 期 待 がかかって いるのです そのために 英 仏 二 ヵ 国 語 をしっかり 学 んでください 国 を 挙 げて 英 語 力 の 強 化 に 取 り 組 んでいますが 英 語 が 話 せれ ばいい というものではありません 言 語 は 単 にコミュニケー ション 手 段 ではなく 思 考 の 土 台 だ とはある 生 徒 の 言 葉 です 二 ヵ 国 語 を 学 んでいるからこそ 見 えた 視 点 だと 思 います 外 国 語 を 学 ぶとは 外 国 を 知 り 他 国 と 深 く 交 わることです 価 値 観 や 文 化 の 異 なる 人 々と 対 等 に 渡 り 合 うには 自 らを 知 り 日 本 人 としてのアイデンティティを 持 っていなければなりませ ん また 私 達 は 島 国 で 暮 らしてきた 故 に 意 識 して 外 と 触 れ 合 う 機 会 を 作 って 行 かないと 独 自 に 文 化 や 技 術 を 進 化 発 展 させてゆく 癖 があります ガラ 携 のみならず 大 学 のガラパゴ ス 化 が 日 本 の 大 学 の 評 価 を 下 げています 国 際 社 会 では 何 が 正 しいとされ 何 が 好 ましいとされているのか グロー バルな 価 値 意 識 を 身 に 付 けることが 大 切 です キリスト 教 を 学 んで 世 界 宗 教 に 見 られる 人 類 愛 や 奉 仕 の 精 神 に 触 れ 利 他 の 精 神 を 育 んでください 祈 ることで 自 分 の 内 なる 声 を 聞 きぶれない 生 き 方 をするようになった とい う 声 をしばしば 耳 にします 特 定 の 宗 教 を 信 仰 しなくとも 一 人 ひとりが 自 分 の 中 に 神 様 を 見 出 すことは 大 切 だと 思 いま す 次 に 伝 統 を 守 るということについてお 話 しします 皆 さん は 比 叡 山 延 暦 寺 に 1200 年 の 間 幾 度 もの 災 害 に 遭 いながら 一 度 も 消 えたことがない 不 滅 の 法 灯 という 灯 明 があることを 行 事 予 定 12 月 1 月 2 月 8 月 期 末 試 験 (~11) 8 木 始 業 式 (10 時 ) 3 火 入 試 自 宅 学 習 (~5) 12 金 自 宅 学 習 (~15) 9 金 校 内 実 力 テスト(~10) 6 金 外 部 テスト( 高 1 2) 16 火 授 業 ( 答 案 返 却 ) 13 火 中 1 学 年 ミサ 7 土 外 部 テスト( 高 2) 17 水 自 宅 学 習 (~20) 17 土 センター 試 験 (~18) 10 火 生 徒 会 行 事 22 月 終 業 式 24 水 クリスマス イブ ミサ ( 講 堂 18 時 聖 堂 21 時 ) 20 火 高 2 学 年 ミサ 18 水 灰 の 水 曜 日 サッカー 大 会 (~26) 25 木 主 の 降 臨 23 金 後 援 会 講 演 会 17 火 生 徒 会 役 員 選 挙 22 木 福 者 シャミナード 記 念 日 20 金 保 護 者 会 学 校 での 行 事 は 特 にありません

2 聞 いたことがありますか 最 澄 が 修 業 で 使 った 灯 火 で 灯 火 を 守 るために 油 が 切 れないように 油 を 注 ぎ 芯 が 燃 え 尽 きそ うだと 新 しい 芯 に 代 える こうした 営 みを 永 遠 と 続 けてきた 日 本 の 宝 です 灯 火 を 見 ていると 一 つの 疑 問 が 涌 きます なぜ 守 り 続 けら れたのか 誰 がどのようにして 守 ってきたのか と 高 僧 は 答 えて 言 います 係 や 役 割 を 決 めたら 何 年 かはうまくいくけれど も 役 割 を 決 めた 瞬 間 に 誰 かの 仕 事 だという 甘 えが 出 てきて 他 人 事 になってしまう そこに 失 敗 の 原 因 が 隠 されています 比 叡 山 では 誰 も 役 割 を 持 っていません 気 付 いた 人 が 油 を 足 す 気 付 いた 人 が 芯 を 代 えるのです 命 に 代 えても 守 らな ければならないものはいけないものは 役 割 や 係 分 担 で 行 う ものではない 油 が 切 れたら 灯 火 は 消 えます それは 心 に 迷 いや 怠 慢 が 満 ちて 当 たり 前 のことが 当 たり 前 に 出 来 ないこと 記 念 講 演 東 京 大 学 総 合 博 物 館 教 授 遠 藤 秀 紀 氏 宗 教 部 では 今 年 の いのち のテーマを 死 から 考 えてみるこ とにしました 今 年 の 創 立 記 念 日 は 記 念 講 演 として 卒 業 生 の 遠 藤 秀 紀 氏 に お 願 いいたしました 遠 藤 先 生 は 東 京 大 学 総 合 博 物 館 教 授 と してお 勤 めです 解 剖 学 の 権 威 として 活 躍 していらっしゃいます 死 体 から 解 く 動 物 のなぞ ようこそ 死 体 の 世 界 へ ようこそ 解 剖 学 へ 東 大 で 仕 事 をしています 暁 星 には 幼 稚 園 の 第 1 期 生 開 園 した 時 の 入 園 生 です まさか 50 年 近 くたってここで 話 を するとは 思 いませんでした 今 日 は いのち を 皆 さんのとは 違 うとらえ 方 で 考 えていきたいと 思 っています 私 の 勤 め 先 は 大 学 では 死 んだ 動 物 の 骨 などを 集 めて 博 物 館 を 作 ってい ます 骨 ばかりではありません 剥 製 もあります これ 何 だか 知 っていますか 朱 鷺 です 皆 さんが 生 まれる 前 に 絶 滅 して しまいました これは? そうです 忠 犬 ハチ 公 です 朱 鷺 は 絶 滅 してしまった 鳥 ハチ 公 は ただの 犬 でも 人 間 との 間 にいろいろなエピソードがある 犬 です 戦 争 中 は ハチ 公 の ように 国 に 忠 誠 心 をもって 死 になさい と 言 われた 歴 史 を 背 負 ってしまった 犬 です 博 物 館 というのは こういったものを 集 めて 失 われてしまったものを 未 来 に 伝 え そこから 新 しい 見 方 を 作 り 出 すところなのです 今 日 は 死 体 は 進 化 の 歴 史 書 だということを 話 したいのです 死 体 を 集 め 剥 製 にし 標 本 にして 未 来 に 伝 える これが 私 の 仕 事 です 死 体 は 進 化 の 歴 史 書 これは パンダの 死 体 です これから こういった 写 真 が 何 枚 か 出 てきますが 画 面 がこわかったら 目 をつぶってくださ い 私 となら こわくないし 気 持 ち 悪 くもないはずです 死 ん だパンダの 皮 を 剥 ぎ 中 身 は 石 膏 で 型 を 取 る そこにプラス ティックを 流 して 絨 毯 (パンダの 皮 )をかぶせる それで 剥 製 ができあがる これが 上 野 の 国 立 博 物 館 にあるわけです パンダもクマの 仲 間 ですが クマは 獰 猛 で 爪 で 相 手 を 殺 し て その 肉 を 食 べます パンダは 笹 や 竹 を 食 べます パン を 意 味 します このことを 油 断 と 言 います と 油 断 とはこういう 意 味 だったのです 気 付 いた 人 が 油 を 足 す 気 付 いた 人 が 芯 を 代 える 守 らなければいけないもの は まず 自 分 から そういう 思 いで 取 り 組 むことが 大 事 なので す 山 本 信 次 郎 氏 は 暁 星 でキリスト 教 の 理 念 に 基 づく 善 良 で 品 位 ある 生 活 を 学 び 外 国 とその 文 化 に 触 れ 対 話 するため には 充 分 な 外 国 語 を 習 得 したので 外 交 交 渉 で 臆 することな く 主 張 することができました と 言 っています 学 園 のこの 伝 統 は 誰 かが 守 ってくれるだろうではなく まず 自 分 から 行 動 す る 人 になって 欲 しいと 思 います それが 地 の 塩 世 の 光 となって 生 きることであると 126 年 目 の 節 目 に 皆 さんにお 伝 えして 結 びとします ( 校 長 ) ダの 手 のひらにも 5 本 の 指 があり 爪 があります クマの 仲 間 で 獲 物 を 取 っていた 証 拠 です そんな 不 器 用 な 手 では 笹 を 食 べられません 不 器 用 な 手 が 器 用 になったのです CT スキャナーにパンダの 死 体 を 入 れました 1ミリ 刻 みで 手 のひ らを 切 り どうやって 物 を 掴 んでいるのか アニメを 作 ろうとし たのです 1ミリ 厚 で 200 枚 の 写 真 を 撮 りました 死 んだパン ダから 竹 を 掴 んでいたパンダの 絵 を 作 ったのです でき 上 が ったアニメを 動 かしてみましょう 5 本 指 ですが 6 本 目 7 本 目 の 骨 がここに 見 えます 6 本 目 7 本 目 の 指 が 掴 む 機 能 を 果 たしていることが 分 かったのです 普 通 のクマだったら 落 ち てしまうはずの 竹 を こうして 手 のひらに 収 めることができるの です 人 間 は 物 を 掴 むとき 親 指 と 向 かい 合 った 4 本 の 指 で 物 をはさみます 人 間 だけが 器 用 な 指 をしているのです クマは 5 本 の 指 を 一 緒 に 同 じ 向 きに 曲 げて 折 ってしまうので 物 をつかむことができません だから パンダは 物 を 掴 むた めに 6 本 目 7 本 目 の 指 が 必 要 になってきたのです パンダ の 死 体 が 発 見 させてくれたことです フェイフェイ ホアンホア ンのおかげです まさに 死 体 は 進 化 の 歴 史 書 といえます クマが 2 本 指 を 増 やした 4 足 歩 行 のサルが 2 足 歩 行 の 人 間 になった これらのことは 全 て 死 体 の 研 究 からわかったこと です 古 文 書 を 調 べるように 死 体 から 歴 史 がわかるのです 死 体 はすごいと 思 います いのち の 勉 強 の 仕 方 です 死 体 から 生 き 方 進 化 の 歴 史 が 研 究 できるのです 先 生 は 続 いて イルカのCT 画 像 像 の 死 体 大 アリ クイ の 写 真 を 提 示 し それぞれにどんな 特 徴 があり どんな 進 化 を 遂 げてきたのかを 説 明 してくださいました そして バ イカルアザラシ の 研 究 から これ 以 上 進 化 できない 動 物 の 説 明 もしてくださいました 死 体 を 前 にして これは 名 古 屋 のインドサイです 飼 育 係 さんにとっては 哀 しい 別 れです 30~40 年 いい 所 に 過 ごしてきた 家 族 と 過 ごす 時 間 より 長 かったりするわけです そんな 飼 育 係 さんが 死 んだら 私 達 は 何 にもしてやれない 学 問 で 生 かしてや ってくれないか とおっしゃいます 飼 育 係 さんの 気 持 ちを 考 え 死 体 に 接 することが 研 究 者 の 仕 事 だと 思 っています 宗 教 の 時 間 で 小 学 校 3 年 の 時 絵 本 みたいな 旧 約 聖 書 を 勉 強 していて 当 時 ずいぶん 進 歩 的 な 授 業 だと 思 いますが 清 水 神 父 様 が 科 学 と 聖 書 で 議 論 しなさい とおっしゃったんです それで 聖 書 対 科 学 の 議 論 が 始 まったのです 私 は アフリカの 化 石 の 話 なんかして 聖 書 派 を 泣 くぐらいに 言 い 負 かしました

3 それを 見 て 神 父 様 は 遠 藤 君 は 正 しい 間 違 い 無 い 遠 藤 君 の 言 っている 事 は 正 しい でも ひとつだけ 知 って 欲 し い 世 の 中 には この 本 ( 聖 書 )に 救 われて 生 きていかなけれ ばならない 人 がいる 好 きな 科 学 の 道 にまい 進 して 欲 しい と おっしゃいました これは 僕 の 人 生 にとって 大 きな 体 験 でし た 死 体 を 標 本 にして 未 来 に 伝 える 死 体 を 標 本 にして 後 世 に 知 の 宝 物 として 残 していく 骨 に して 保 存 します 骨 にするために 3 年 間 土 に 埋 めて 発 掘 し たり 大 きな 鍋 に 入 れ 80 で4~5 日 煮 たりして 肉 を 洗 い 落 とします こうして 博 物 館 に 収 め 後 世 の 為 に 残 すのです 死 や 死 体 から 隔 離 された 現 代 社 会 蝦 夷 人 ( 昔 のアイヌ)はオットセイの 狩 猟 をしていました マ タギは 撃 った 熊 を 分 けあって 暮 らしていました 死 体 の 一 部 を 軒 先 につるし 魔 除 けにしたりしていました 魂 を 山 に 返 す といった 意 味 もありました 土 佐 の 捕 鯨 も 何 も 無 駄 にせず 使 っていました そこには 命 と 死 がありました そこに 伝 統 的 儀 式 や 文 化 がありました 11 月 15 日 ( 土 ) ( 於 : 日 仏 会 館 ホール) 第 7 回 日 仏 会 館 フランス 語 コンクール 決 勝 大 会 暁 星 高 等 学 校 から 出 場 した 5 年 A 組 田 島 凜 太 郎 君 が 第 2 部 門 で La famille, aujourd hui (スピーチと 質 疑 応 答 15 名 出 場 ) という 題 でスピーチを 行 い 見 事 優 勝 しました パリ 往 復 航 空 券 と 4 週 間 の 語 学 研 修 を 獲 得 しました スピーチ 原 稿 を 紹 介 します Qu est-ce que la famille? Rintaro Tashima Je viens de passer un an en France et j ai appris beaucoup de choses, au lycée, dans l équipe de football dont je faisais partie et avec la famille qui m a accueilli. Comme c était la première fois que j habitais avec une autre famille que la mienne, cela m a fait réfléchir à ce qu est une famille. Au Japon, je vis à l intérieur de la famille ; mais en France, j'ai vécu avec une famille à laquelle je n appartenais pas, ce qui m a permis d'observer la famille «de l extérieur». Neuilly, une grande maison, deux parents bien sur et quatre enfants, plus un chat. Quatre enfants, c est-à-dire, deux filles, deux garçons, de 12 à 22 ans. La maison était donc très animée avec des conversations parfois agréables et parfois très bruyantes à cause des disputes. Tous les membres de ma famille d accueil prenaient autant que possible leur déjeuner et leur dîner ensemble, et ils en profitaient pour parler de ce qui s était passé dans la journée, ou de politique, ou pour raconter des histoires drôles. Je ne comprenais pas encore bien le français, mais dans cette ambiance conviviale, j'ai pu partager des moments agréables. 今 おじいちゃんやおばあちゃんは 自 宅 で 死 ぬことはあ りません 病 院 や 老 人 ホームで 亡 くなってしまいます 長 い 間 生 活 していたと 違 う 所 で 死 んでしまう 死 が 近 くにないのです また 理 科 の 解 剖 実 験 を 残 酷 だと 批 判 する 人 がいる 食 肉 文 化 を 見 る 人 間 の 目 もおかしくなっています たとえば 皮 革 職 人 への 偏 見 がいまだにあったりします 現 代 社 会 はゼロリスク やコンプライアンスで 思 考 停 止 した 潔 癖 社 会 となってしまっ ています 田 舎 では 鶏 をしめて 食 べています 都 会 では パックの 中 の 鶏 肉 しか 見 ることが 出 来 ません 生 きているものが 死 ん でいくものを 見 ることが 無 くなりました 見 たくもない このよう に 生 と 死 の 世 界 を 普 段 の 社 会 から 切 り 離 してしまって 良 いの でしょうか おじいちゃんが 畳 の 上 で 死 んでいくのを 見 て 命 について 考 えるのではないでしょうか ファストフードの 肉 に は 安 心 安 全 清 潔 とは 書 いてありますが 屠 殺 している 事 実 は 語 られません 壁 の 向 こうに 追 いやってしまっていま す 現 代 都 市 生 活 は 命 に 対 する 考 え 方 が 歪 み 始 めていると 感 じています Mais j ai vu que les parents étaient assez stricts: ils obligeaient leurs enfants à étudier sérieusement et ne leur permettaient presque pas de sortir. Donc, des disputes éclataient souvent. Rodrique! Qu est ce que tu fais sur l internet? Ca ne te regarde pas! Comment? Vas dans ta chambre! Les parents se souciaient beaucoup de ce que pensaient leur voisins ou leur proches. Et les enfants, à cause du stress qu ils resentaient, fumaient en cachette (des cigarettes bien sur) et essayaient de prendre un peu de distance. Chacun éprouvait sa part de mécontentement, d autant plus qu ils passaient de nombreux moments ensemble. Alors, ils sont malheureux? Non, pas du tout. C est leur style de vie et ils en sont tous satisfaits. Maintenant, je vais vous parler de ma famille, qui est tout à fait différente de cette famille française. Mes parents travaillent tous les deux, et ils sont souvent en déplacement au Japon ou à l étranger. Et de mon côté, comme je suis lycéen, mes cours me demandent beaucoup de travail à la maison. D'autre part, je fais partie d une équipe de foot, je suis très occupé par l entraînement. C est pourquoi nous ne mangeons presque jamais ensemble et nous n avons que très peu d occasions de partager des moments agréables. Mais malgré tout, nous nous soutenons les uns les autres et nous restons une vraie famille. Je n ai jamais éprouvé de sentiment de solitude. C est notre façon d'être, qui ne changera pas. Mais il y a une chose que je ne dois pas oublier. C est la présence de ma grand-mère. Elle vit avec nous et s occupe de la maison en l'absence de mes parents. Elle sert de pivot à notre famille. Chaque famille a son style de vie. Il y a des familles dans lesquelles il convient mieux d'entretenir des relations très étroites et il y en a d autres où chacun vit sa vie plus librement. Ce qu on peut dire, c est que toute famille peut connaître le bonheur quelle que soit sa manière d'être. Mais il

4 y a toujours une condition indispensable afin que chaque famille reste unie. Pour ma famille d accueil, c est de partager autant de moments ou de repas que possible. Et pour la mienne? Je pense que c est le respect que nous avons de la vie de chacun de nous et la présence de ma grand-mère. Je n y avais jamais pensé avant d aller vivre en France. On parle de «diversité» dans de nombreux domaines ces derniers temps. Il faut respecter cette notion quand il s agit de la famille également. Autant de familles, autant de styles. Chacun peut fonder une famille heureuse à sa façon, justement parce qu il n existe pas de réponse prédéfinie à la question : «Qu est-ce que la famille?» 感 想 今 回 のスピーチコンテストには 先 生 と 家 族 に 勧 めら れ また 自 分 のフランスでの 経 験 を 活 かせる 絶 好 の 場 だ と 思 い 挑 戦 してみました 原 稿 を 書 くにあたっては ど のような 内 容 にするのか 相 当 苦 労 し 何 度 も 書 き 直 した り フランス 語 科 の 先 生 方 に 助 けて 頂 いたりして 最 終 的 に 良 い 文 章 に 仕 上 げることができたと 思 います また さらに 大 変 だったことは どう 上 手 くスピーチし なる べく 楽 しくお 客 さんに 内 容 を 伝 えるかということでした 本 番 では 想 像 以 上 の 緊 張 感 と 不 安 の 気 持 ちで 足 はガタガ タ 震 えていました ただ 何 度 も 噛 みながらも フランス 語 での 5 分 間 のスピーチと 5 分 間 の 質 疑 応 答 を 最 後 まで やりきれたのは 本 当 に 貴 重 な 経 験 と 自 信 になりました 周 りの 参 加 者 は 同 年 代 より 大 学 生 やそれより 年 上 の 方 々 が 多 く その 方 たちの 話 からも 色 々と 学 ぶことができま した また 多 くの 審 査 員 の 方 からは 暁 星 高 校 は 以 前 か らフランス 語 で 有 名 だよね 是 非 これからも 頑 張 りなさ いと 声 をかけていただき 暁 星 高 校 の 生 徒 であること に 誇 りと 責 任 を 感 じた 日 でした このような 大 人 の 人 と 触 れ 合 う 機 会 は 普 段 なかなか 無 いので コンクールの 3 時 間 はとても 楽 しく あっという 間 でした 高 校 生 の うちにこのような 経 験 を 積 めたことは 有 り 難 いことで これからの 自 分 の 糧 にもなったと 思 います 僕 は 一 年 間 フランスへ 留 学 し 色 々なことを 学 校 や サッカーチーム そしてホストファミリーから 学 びました 自 分 の 家 族 以 外 の 家 族 と 過 ごすのは 初 めてだったので 家 族 とは 何 か 考 えさせられました 日 本 では 家 族 の 中 で 暮 らしているのに 対 し フランスでは 自 分 が 属 していない 家 族 と 暮 らしたため 家 族 というものを 外 から 見 ることが 出 来 ました 自 分 が 過 ごした 町 ニュイー 大 きな 家 もちろん 両 親 そして4 人 の 子 供 さらには 猫 まで!4 人 の 子 供 とは 12 歳 から2 2 歳 の2 人 の 娘 と2 人 の 息 子 そのため 時 には 楽 しい 会 話 時 にはもの 凄 くうるさい 喧 嘩 で 家 は 常 に 賑 やかでした ホストファミリーは 出 来 る 限 り 昼 食 や 夕 食 を 皆 で 取 り その 日 起 こった 出 来 事 や 時 には 政 治 の 話 そして 面 白 い 話 など を 皆 で 話 すようにしていました その 時 僕 はフランス 語 が 良 く 理 解 できませんでしたが その 楽 しい 場 にいることで 僕 も 皆 と 楽 しい 時 間 を 共 有 できました ただ 両 親 の 厳 しい 面 も 垣 間 見 ることも 出 来 ました 両 親 は 子 供 たちに 真 面 目 に 勉 強 するようしつけ 外 出 を 許 すことも ほとんど 無 かったです そのため 喧 嘩 もよく 起 こりました ロドリック!インターネットで 何 をしてるの! ほっといてよ! 何? 部 屋 へ 行 きなさい! 両 親 は 体 裁 をひどく 気 にしていました 一 方 子 供 たちは 親 からのストレスで 隠 れてタバコを 吸 ったり 親 からなるべく 距 離 を 取 ろうとしたりしていました 一 緒 にいる 時 間 が 長 ければ 長 いほど お 互 いへの 不 満 も 募 っていきます では 彼 らは 幸 せではないのでしょうか?い え そういうことでは 全 くありません それが 彼 らの 生 活 スタイルで 皆 それに 満 足 しています 次 に 自 分 の 家 族 について 話 したいとと 思 います 僕 の 家 族 は 両 親 共 に 働 いていて 国 内 や 海 外 へよく 出 張 に 出 かけて います そして 自 分 は 高 校 生 なので 家 での 勉 強 があります また サッカーもしていて 非 常 に 忙 しい 日 々を 送 っていま す そのため 家 族 全 員 でご 飯 を 食 べることが 少 なく ほんの 少 ししか 楽 しい 時 間 を 共 有 することができません それでも お 互 いに 支 え 合 い 本 当 の 家 族 としてあり 続 けています 一 度 も 寂 しいと 思 ったことはありません それが 僕 たちの 家 族 のス タイルであり これからも 変 わることのない 形 です ただ 一 つ 忘 れてはいけないことがあります それは 祖 母 の 存 在 です 祖 母 は 私 たちと 一 緒 に 住 み 親 の 代 わりに 家 事 を してくれています 祖 母 は 家 族 の 要 となっているのです それぞれの 家 族 にはそれぞれのスタイルがあります お 互 いの 距 離 がより 近 い 関 係 でありたい 家 族 もいれば お 互 いが それぞれ 自 由 に 生 活 したい 家 族 もいます つまり 全 ての 家 族 はそれぞれのやり 方 で 幸 せを 見 つけることができるので す しかし 常 に 一 つの 不 可 欠 な 条 件 があることにより 家 族 としてあり 続 けることができます ホームステイ 先 では なるべく 楽 しい 時 間 やご 飯 の 時 間 を 共 有 することです では 僕 の 家 族 は 何 でしょう?それは お 互 いが 尊 重 し 合 うことと 祖 母 の 存 在 だと 思 います フランスに 行 く 前 まではそのようなことを 一 度 も 考 えたことがありませんでした 私 たちは 多 様 性 ということを 様 々な 分 野 で 最 近 話 します この 概 念 は 家 族 という 場 でも 同 じく 尊 重 しなければいけませ ん 家 族 の 数 だけ それぞれのスタイルがあります 皆 が 幸 せな 家 族 をそれぞれのやり 方 で 探 し 出 せるからこそ 家 族 とい うものを 定 義 してこの 質 問 に 答 えることはできないでしょう 家 族 とは 何 か?

5 科 学 オリンピックを 目 指 す! 7 月 31 日 ( 木 )~8 月 7 日 ( 木 ) 富 士 吉 田 市 人 材 開 発 センター 今 年 の 八 月 僕 は 創 造 性 の 育 成 塾 という 合 宿 に 参 加 しました 元 東 京 大 学 総 長 で 塾 長 の 有 馬 朗 人 先 生 はじ め 化 学 や 生 物 医 学 工 学 など 様 々な 分 野 で 活 躍 され ている 先 生 方 の 講 義 を 受 けました 応 募 対 象 は 中 学 二 年 生 のみで 化 学 実 験 や 新 しい 形 状 の 薬 の 考 案 など 六 つ の 選 考 問 題 の 中 から 一 つを 選 びまとめたものと 作 文 を 提 出 し 全 国 から 選 ばれた 四 十 名 が 参 加 しました 今 年 は 中 国 韓 国 タイからも 八 名 が 参 加 しました 僕 は 音 速 を 計 る 課 題 を 選 びました 合 宿 は 七 泊 八 日 で 山 梨 県 の 富 士 山 の 麓 で 行 われ 実 験 や 講 義 で 毎 日 ぎっしりつ まっていました 初 日 に 塾 長 の 有 馬 先 生 から 子 供 時 代 にモーターやラジオを 作 る 事 に 夢 中 になったことや 大 学 院 時 代 の 研 究 について 詳 しく 聞 くこと ができました 先 生 は 大 学 院 の 時 その 頃 世 界 で 常 識 と 考 えられて いた 磁 気 モーメント 理 論 が 自 分 の 実 験 の 数 値 と 合 わなかった 事 から その 常 識 を 疑 い 自 分 が 正 しいと 信 じた 論 文 を 発 表 したの ですが 長 い 間 世 界 で 認 めてもら う 事 ができませんでした それで も 自 分 の 論 文 は 正 しいと 信 じて 二 十 年 間 主 張 し 続 けた 結 果 よう やく 認 められ 今 や 世 界 の 定 説 と なっています この 経 験 から 有 馬 先 生 は 世 界 の 通 説 は 信 じる な 常 識 を 破 る 事 を 恐 れるな ま た 自 分 が 正 しいと 信 じたならば 他 人 がどう 言 おうと 自 説 を 主 張 せよ というメッセージを 僕 達 に 送 って 下 さいました この 言 葉 は 僕 の 心 に 深 く 残 っています また 僕 が 一 番 楽 しみにしてい たのは 宇 宙 飛 行 士 の 星 出 彰 彦 さ んの 講 義 です 冒 頭 一 昨 年 国 際 宇 宙 ステーションに 長 期 滞 在 していた 時 の 生 活 や ミッション が 記 録 された 映 像 を 見 ながら 宇 宙 の 生 活 について 話 してくださ いました 意 外 だったのは 最 近 になって 宇 宙 の 生 活 は 地 上 の 生 活 に 大 分 近 づいて 来 ていて 快 適 になっているという 事 でした 逆 に 地 上 よりも 便 利 なことが 沢 山 あると 知 り 現 代 の 宇 宙 開 発 の 進 歩 に 驚 きました この 講 義 を 聞 い て 僕 の 将 来 宇 宙 開 発 に 携 わり たいという 夢 は 更 に 強 くなりま した そしてもう 一 つ 僕 がこの 合 宿 で 得 た 大 きなものがあります そ れは 以 前 からずっと 思 っていた なぜ 興 味 のない 科 目 まで 勉 強 しなければならないのか? という 疑 問 の 自 分 なりの 答 えです 多 くの 先 生 方 が 共 通 して 全 ての 学 問 はつながっている とおっしゃっていました ロボット の 研 究 に 心 理 学 を 応 用 している 大 阪 大 学 の 石 黒 浩 先 生 や 手 術 の 方 法 を 決 めるために スーパーコンピューターを 使 っている 自 治 医 科 大 学 長 の 永 井 良 三 先 生 は 一 見 関 係 なさそうな 技 術 や 学 問 を 結 びつけて 新 しい 事 に 挑 戦 さ れていました 僕 はどんな 学 問 もいつか 必 要 になるのだ と 気 付 き だからこそ 今 は 興 味 のない 事 でも 勉 強 する 事 が 大 切 なのだと 思 いました ここで 得 た 事 を 塾 長 の 有 馬 先 生 もおっしゃっていた ように 信 念 を 持 って これからの 人 生 に 役 立 てていこう と 思 います 2C 岡 本 斗 志 貴

untitled

untitled Pour Travailler comme interprète KIKUCHI Utako CNN BS CNN BS NHK DVD C est quelqu un qui jongle avec les mots de la langue française. PR Ça marche pour vous? Très très bien, ça marche très bien. Ça fait

More information

<8A778F7095B689BB8B49977632318D862E696E6462>

<8A778F7095B689BB8B49977632318D862E696E6462> La littérature française médiévale en Syrie, en Palestine, en Chypre et au Péloponnèse Les activités littéraires dans les états croisés Naoyuki Ogawa Abstract Les États latins établits dans la Méditerranée

More information

度 を 重 視 した また 授 業 の 最 初 20 分 を 用 いて 小 テスト+ 解 説 ( 復 習 )を 行 うこ とで 学 生 の 理 解 度 定 着 度 を 高 めた 尚, 授 業 は 全 て PowerPoint を 用 いて 行 った 4 月 [2] Introduction, 発 音

度 を 重 視 した また 授 業 の 最 初 20 分 を 用 いて 小 テスト+ 解 説 ( 復 習 )を 行 うこ とで 学 生 の 理 解 度 定 着 度 を 高 めた 尚, 授 業 は 全 て PowerPoint を 用 いて 行 った 4 月 [2] Introduction, 発 音 Rencontres Pédagogiques du Kansaï 2008 Hors-thème 2 年 間 でフランス 語 文 法 をどのように 教 えるか? 山 川 清 太 郎 Université d Econonie d Osaka bpr5000?saturn.dti.ne.jp 0- はじめに フランス 語 文 法 の 教 科 書 の 多 くは, 初 めに Alphabet(アルファべ)

More information

1 En japonais, demandez à votre partenaire ce qu il aime. A : B : C : D : A : B : C : D : 好 みの 聞 き 方 答 え 方 Demander et dire ce qu on aime Est-ce que t

1 En japonais, demandez à votre partenaire ce qu il aime. A : B : C : D : A : B : C : D : 好 みの 聞 き 方 答 え 方 Demander et dire ce qu on aime Est-ce que t Leçon 6 Vous aimez l Afrique? 学 習 目 標 1 L expression des goûts 2 Proposer de faire quelque chose 3 Interroger un ami 4 qui Le pronom relatif qui 5 Les centres d intérêt des Français 28-29 つづき (suite) Marie

More information

Sommaire Etude Comparative sur les Deux Romans d' Adultère - Les Bourgeois de Molinchart de Champfleury, Madame Bovary de Flaubert- Hisashi TAKIZAWA Les Bourgeois de Molinchart et Madame Bovary, ces deux

More information

L'amour suxuel dans la pensée russe ( I ) "La sonate à kreuzer" de L. Tolstoï AOUAMA Taro Dans "La sonate à Kreuzer" (1890) Tolstoï prêche l'abstinence complète de l'amour sexuel. L'acte sexuel est un

More information

Les journaux de deux bourgeois de Paris sous le règne de François rr (première partie) - nouvelles et bruits jusqu'à la défaite de Pavie - RIRA TE Tomohiko On dispose de journaux, de chroniques, de livres

More information

02_[019-038]國分(責)岩.indd

02_[019-038]國分(責)岩.indd 86 2012 1 CCCCCCCCC CCCCCCCCC 2 * 0 Transition 1 light verse 1 1 83 2011 1 pp. 19 43. Aoyama Gakuin University, Society of International Politics, Economics and Communication, 2012 1. Paul Eluard 1895

More information

橡恋愛小説の翻訳(王虹).PDF

橡恋愛小説の翻訳(王虹).PDF 79 La Dame aux Camélias 19 1899 (1852-1924) ( ) La Dame aux Camélias 35 (1902 ) (1871-1915) 197 La Dame aux Camélias 80 La Dame aux Camélias Alphonsine Plessis Marie Duplessis La dame aux camélias Dumas

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

...P.....\1_4.ai

...P.....\1_4.ai 1 20 16 1867 1867 11 9 1800-1914 18 1867 ( ) 18 29 19 = N.B. / N.B. / / A. / 1867 1867 / / 440 1867 3 31 20 440 21 1861 9 / 1868 ( 4 ) /1875 ( 8 ) A Guide-book to Nikko A.G.S. A Handbook for Travelers

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

Die Aufklärung und Halb-Asien Versuch über Karl Emil Franzos (1) Takashi NAITO Vers la fin de l ère Meiji et au début de l ère Taisho, la peinture japonaise a été obligée d envisager une modernisation

More information

_09田村.indd

_09田村.indd 84 3 2016 3 1935-2011 1956 4 1986 2 3 4 = 1 Agota Kristof, Le Grand Cahier, in Romans, Nouvelles, Theâtre complet, Edition du Seuil, 2011. 1991. 17 8 1995 p. 104. 2 p. 103. 3 2013. 4 35 1 1994 57 1 2007.

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

者よりかなり多いということである 50~65 歳女性の場合は CAP と BEP の所持者より初等教育 の高校 1~2 年生修了程度と考えられる人々が最も多いということであり 日本で これまで 全 体的に高校卒業者が最も多かったという状況と似ているといえるだろう また 男女とも 50~65 25~39 歳 40~49 歳 5 0~65 歳 1 ~4 年 5~10 年 とがわかる しかし 高等教育免状の所持者であっても

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

07“‡ŒØ

07“‡ŒØ Gilles Deleuze: CINÉMA2 L IMAGE-TEMPS, Ed. de Minuit, Le goût du caché Entretien avec Abbas Kiarostami par Serge Toubiana: Cahiers du cinéma n 518, novembre 97, p.68. Vidéo Abbas Kiarostami vérité et songes

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス 中 体 連 を 通 じて 学 んだこと 四 日 市 市 立 三 滝 中 学 校 柔 道 部 川 村 幸 穂 私 たちは 昨 年 の 中 体 連 県 大 会 の 準 決 勝 では 接 戦 の 末 に 負 けてしまい 目 標 だ った 全 国 大 会 出 場 を 逃 しとても 悔 しい 思 いをしました それから 次 の 夏 の 中 体 連 ではいい 結 果 が 出 せるように 必 死 に 練 習 に

More information

-Le La mort de Dieu et le destin de l'homme probl&me 6thique dans la pens6e de J.-P. Sartre- Masayuki HAKOISHI (Rksumk) Quelques-uns parmi les philosophes europkens d'aujourd'hui conqoivent l'&tre humain

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

340 1875 1889 19 19 3 3 100 209 1973 37 100 2000 19 1989 200 3 9 4.5 1900 19

340 1875 1889 19 19 3 3 100 209 1973 37 100 2000 19 1989 200 3 9 4.5 1900 19 64 339 358 2016 3 339 映 画 都 市 パリ エッフェル 塔 渡 辺 芳 敬 はじめに 1 2 1 建 築 都 市 パリ 3 340 1875 1889 19 19 3 3 100 209 1973 37 100 2000 19 1989 200 3 9 4.5 1900 19 341 19 20 1887 2 14 1891 63.5 [ M] 1894 158M 1900 178.2

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極 就 実 大 学 大 学 院 修 士 課 程 人 文 科 学 研 究 科 人 文 知 の 宝 庫 2017 年 度 入 学 案 内 知 の 探 究 に 年 齢 制 限 はない 人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

ラルカン.indd

ラルカン.indd ま え が き 本 書 は,フランス 語 を 初 めて 学 習 する 人 のために 編 まれています.1 年 目 でこれだけは 知 っておいてほしいベーシックな 知 識 を,まとめてみました. 0 課 と 綴 り 字 の 読 み 方 のページ まず,0 課 でフランス 語 の 挨 拶 表 現 を 学 びましょう. フランス 語 の 綴 り 字 の 読 み 方 は,わずか2ページにまとまった 規 則

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

untitled

untitled 第 66 号 平 25 10 31 翌 桧 2 修 ロ 州 フィ 農 民 宿 1 久 修 2 架 線 2 離 仲 恵 試 等 路 組 む 慣 充 送 志 仲 集 根 下 暮 我 協 調 機 元 夜 ソ フ ボ グ 駅 積 極 参 加 携 役 担 ピ 催 東 京 招 致 団 終 ゼ 晴 ビ 絶 賛 英 情 草 訴 ブ 毎 朝 糧 昨 春 緊 迎 式 協 調 志 化 嬉 針 市 川 歴 引 継 技 術

More information

No.3 30 4) Nico 5)

No.3 30 4) Nico 5) Mar.2003 29 11 1936 1) 2) 1892 1981 3) No.3 30 4) Nico 5) Mar.2003 31 1905 1996 14 6) 7) No.3 32 8) 9) 40 10) Mar.2003 33 11) 11 1903 1951 12 No.3 34 13 13) 14) 16 15) 16) Mar.2003 35 17) 18) 19) 20 No.3

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

瑞 穂 農 芸 ( 園 芸 科 学 畜 産 科 学 食 品 ) 1/26 作 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 ここにいる 皆 さんは 学 校 から 防 災 活 動 ボランティアとして 土 砂 災 害 の 避 難 所 へ 徒 歩

瑞 穂 農 芸 ( 園 芸 科 学 畜 産 科 学 食 品 ) 1/26 作 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 ここにいる 皆 さんは 学 校 から 防 災 活 動 ボランティアとして 土 砂 災 害 の 避 難 所 へ 徒 歩 平 成 27 年 度 都 立 高 推 薦 入 試 実 施 状 況 新 教 育 調 べ < 農 業 科 家 庭 科 商 業 科 ビジネスコミュニケーション 科 産 業 科 > 園 芸 ( 園 芸 食 品 動 物 ) 1/26 作 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 クラスの 話 し 合 いで 多 数 決 によって ものごとを 決 めることについて

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

参 加 資 格 (1) 中 高 生 スキット 部 門 の 学 習 歴 を 超 える 中 高 生 (2) 大 学 生 一 般 : 応 募 時 に 韓 国 語 学 習 歴 が 2 年 以 内 で 本 選 (2 次 審 査 )までの 学 校 等 での 学 習 時 間 が 100 時 間 を 目 安 とする

参 加 資 格 (1) 中 高 生 スキット 部 門 の 学 習 歴 を 超 える 中 高 生 (2) 大 学 生 一 般 : 応 募 時 に 韓 国 語 学 習 歴 が 2 年 以 内 で 本 選 (2 次 審 査 )までの 学 校 等 での 学 習 時 間 が 100 時 間 を 目 安 とする 第 1 回 話 してみよう 韓 国 語 岡 山 大 会 募 集 要 項 参 加 資 格 < 全 部 門 共 通 > (1) 韓 国 語 を 母 語 としない 中 学 生 以 上 の 者 国 籍 は 問 いません (2) 応 募 時 点 から 過 去 1 年 以 内 に 本 大 会 を 含 む 他 の 韓 国 語 コンテスト 等 の 本 選 で 最 上 位 ( 最 優 秀 賞 優 勝 大 賞 など)

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計

1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈 太 陽 浮 べ 両 祝 コ 般 的 民 祝 関 律 然 物 慈 敬 亡 偲 ぶ 昔 然 羽 ン ビ ュ 計 羽 義 昭 ン ビ ュ シ ズ 1 室 談 悪 発 数 3 千 2013 年 3 第 12 号 年 4 回 発 号 解 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 然 上 1 3 17 彩 メ モ ア 普 段 比 べ ゃ 初 要 何 ぱ 初 要 頃 講 檀 家 称 開 練 習 残 季 節 ぜ 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 夜 等 道 観 想 観 基 づ 真 沈

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

日 内 容 IN OUT 食 費 その 他 小 計 A 現 金 残 高 1/19 前 週 からの 繰 越 金 25,880 25,880 1/19 牛 乳 198 食 パン 128 326 25,554 貯 金 の 引 き 出 し 50,000 75,554 1/20 ドーナツ 105 105 75

日 内 容 IN OUT 食 費 その 他 小 計 A 現 金 残 高 1/19 前 週 からの 繰 越 金 25,880 25,880 1/19 牛 乳 198 食 パン 128 326 25,554 貯 金 の 引 き 出 し 50,000 75,554 1/20 ドーナツ 105 105 75 4 授 業 ワークシート 金 融 教 育 学 習 のねらい 中 学 校 卒 業 をすると, 大 人 のように お 金 の 管 理 を 自 分 自 身 で 行 う 場 面 が 増 えます それは, 例 えば,アルバイトをしたり, 携 帯 電 話 の 通 話 料 をお 小 遣 いの 中 から 捻 出 した り,ということです また, 社 会 人 として 働 くようになれば, 納 税 の 義 務 があります

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動 これまでの 本 校 での 学 校 説 明 会 や 各 所 開 催 の 説 明 会 での 質 疑 応 答 個 別 相 談 会 での 相 談 内 容 を Q&A の 形 式 でまとめました 学 校 理 解 のご 参 考 になれば 幸 いです 平 成 27 年 10 月 平 成 28 年 度 江 戸 川 学 園 取 手 小 学 校 説 明 会 Q&A 1 年 間 の 学 費 アフタースクール 代 (1)

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

<94D192CB2E696E6464>

<94D192CB2E696E6464> 総 空 S セ ESSION H OUSE オ 伊 藤 石 畳 毘 沙 門 天 数 多 並 ぶ 料 亭 芸 者 和 強 ゆ 東 西 線 駅 右 曲 赤 城 社 歩 突 グ 建 物 バエ ポ 音 聞 セ 世 界 活 数 多 輩 オオ 伊 藤 伺 文 飯 塚 美 香 ぬ 伊 藤 伺 結 婚 程 政 科 衣 服 研 究 研 究 室 研 究 田 舎 鹿 児 島 食 販 扱 協 同 組 屋 配 務 員 働 最

More information

Taro-16年春表紙.jtd

Taro-16年春表紙.jtd 第 97 号 全 国 脊 髄 損 傷 連 神 奈 県 支 平 成 8 4 ペ http://www.max.hi-ho.ne.jp/yawaragi/ メア yawaragi@max.hi-ho.ne.jp 学 び 講 師 全 脊 連 古 谷 理 迎 労 災 補 償 研 修 開 催 S S 〇 九 K 六 増 刊 巻 第 四 六 第 四 種 号 郵 便 八 認 可 五 六 毎 楽 語 研 修 & 忘

More information

2-2■海外【観光】PAR旅行者のハートを掴め!!

2-2■海外【観光】PAR旅行者のハートを掴め!! 旅 行 者 のハートを 掴 め!! ~パリ 国 際 観 光 博 覧 会 について~ パリ 事 務 所 2012 年 3 月 15 日 ( 木 )から 18 日 ( 日 )までの 間 フランスで 最 大 規 模 の 観 光 博 覧 会 であるパリ 国 際 観 光 博 覧 会 ( 通 称 Le Monde à Paris (ル モンド ア パリ) )が パリ 市 内 のポルト ド ヴェルサイユ(Porte

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

<95E694E8939982CC8E7B8D4882C98AD682B782E9928D88D38E968D802E584C53>

<95E694E8939982CC8E7B8D4882C98AD682B782E9928D88D38E968D802E584C53> 1 飯 盛 霊 園 墓 碑 等 施 工 に 関 する 注 意 事 項 当 霊 園 では 全 国 どこ 施 工 業 者 でも 同 じ 条 件 で 施 工 できますが こ 注 意 事 項 を 遵 守 して 下 さい 当 霊 園 で 施 工 される 業 者 方 は 注 意 事 項 を 確 認 いただき 受 取 書 提 出 し 工 事 申 請 が 必 要 です 違 反 された 場 合 過 料 や 園 内 で

More information

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調 その1 最 近 の 高 速 道 路 でよく 見 る 光 景 です えっ 何 が 間 違 っている の? と 思 われる 方 も 多 いのではないでしょうか?この 中 に 重 大 事 故 や 交 通 違 反 に 繋 がる 問 題 点 が 沢 山 あるのです!1 台 1 台 何 が 問 題 か 運 転 手 になった 気 持 ちで 確 認 してみましょう!! A 車 の 状 況 A 車 は トラックを 追

More information

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気 平 成 25 年 度 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 今 治 市 条 例 第 313 号 )に 基 づき 今 治 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

例 えば 諸 経 費 込 み1,000 万 の 家 を 買 って 月 額 10 万 ( 年 間 120 万 )で 貸 した 場 合 年 間 表 面 利 回 りは 120 万 1,000 万 =0.12(12%)です 72 12%=6ですので 6 年 で 倍 になるということです 賃 貸 物 件 は

例 えば 諸 経 費 込 み1,000 万 の 家 を 買 って 月 額 10 万 ( 年 間 120 万 )で 貸 した 場 合 年 間 表 面 利 回 りは 120 万 1,000 万 =0.12(12%)です 72 12%=6ですので 6 年 で 倍 になるということです 賃 貸 物 件 は 13. 年 収 1 億 円 を 達 成 したおばちゃんの 話 (1) 年 収 1 億 を 達 成 したおばちゃん! 先 日 テレビを 見 ていたら 年 収 1 億 円 のおばちゃん が 出 てきました 何 をしている 人 か? と 見 ていたら 汚 い 家 を 買 って 自 分 で 掃 除 をして 人 に 貸 すことをやり 続 けて15 年 で 賃 料 収 入 が 年 間 1 億 円 になった 人

More information

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2 2014 春 シンシア 博 士 1 < 天 使 のクラス> 日 時 :2014 年 3 月 15 日 ( 土 )9:30 16:30 料 金 :35,000 円 前 金 :20,000 円 場 所 : 488-0883 愛 知 県 尾 張 旭 市 城 山 (しろやま) 町 長 池 下 4517 番 地 1 電 話 番 号 :0561-52-1850 尾 張 旭 市 スカイワードあさひ くすのきAホール5F

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

untitled

untitled Ut Musica Cinematographia: Notes on the Japanese Reception of Jean-Luc Godard s Films HORI Junji This paper examines the history of the distribution and criticism of Jean-Luc Godard s films in Japan, covering

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

パーラーの紳士 The Gentleman in the Parlour

パーラーの紳士 The Gentleman in the Parlour The Gentleman in the Parlour *1 * 2 * 3 2013 4 24 *1 *2 c 2009 *3 c 2013 i iii 1 1 3 2 5 3 7 4 9 5 11 6 15 7 19 8 21 9 23 10 25 11 33 12 37 13 39 14 43 15 47 16 51 17 59 18 61 ii 19 63 20 65 21 67 22

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

Microsoft Word - ⑤写真付き瀬戸口アーナンダ病院訪問の旅20130325-26報告.docx

Microsoft Word - ⑤写真付き瀬戸口アーナンダ病院訪問の旅20130325-26報告.docx Ananda Hospital を 訪 問 して デリー 日 本 人 会 ボランティアグループ 瀬 戸 口 陽 子 1)アーナンダ 病 院 訪 問 2013 年 3 月 25~26 日 の 1 泊 2 日 にてボランティアグループメンバー3 人 での 訪 問 の 旅 で す アーナンダ 病 院 の 最 寄 り 空 港 は Gorakhpur ゴラクプール 空 港 から 約 50 キロ 車 で 約 1

More information

Elémentaire Leçon5-4 (初級5-4)

Elémentaire Leçon5-4 (初級5-4) FRANTIÈRE オフィシャル教材 Elémentaire Leçon5-4 ( 初級 5-4) L expression de la négation. ( 否定の表現 5-4) L'objectif de cette leçon ( このレッスンの目的 ) 否定表現の組み合わせ 否定疑問文 について学習します 単語学習では 国名 言語 国籍 について学習します Partie 1 ~ La conversation(

More information

こんな場合はどうなるの? 税務のポイント─事務所開業と事業の承継─

こんな場合はどうなるの?  税務のポイント─事務所開業と事業の承継─ 特 集 事 務 所 経 営 こんな 場 合 はどうなるの? 税 務 のポイント 事 務 所 開 業 と 事 業 の 承 継 下 田 * 絢 子 要 約 勤 務 経 験 も 相 当 積 んだので,そろそろこの 辺 りで 独 立 開 業 を! と 考 えている 先 生 も, サラリーマンな らとっくに 定 年 を 迎 えているのだから,そろそろこの 辺 りで 引 退 を と 考 えている 先 生 も,5

More information

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2 現 地 研 究 日 生 諸 島 報 告 以 下 に 現 地 研 究 日 生 諸 島 の 実 施 報 告 を 記 す 内 容 は 次 のとおりである 1) 参 加 者 募 集 の 掲 示 用 資 料 2) 参 加 者 のうちの 1 名 一 條 洸 太 君 の 事 後 提 出 レポートの 抜 粋 と そこに 担 当 者 中 俣 の 雑 感 などを 加 えたもの ( 雑 感 は 文 字 ポイントを 落 とし

More information

自立支援法について思う事

自立支援法について思う事 新 年 度 を 迎 えて 施 設 長 菅 原 敦 4 月 1 日 みどり 園 の 開 園 記 念 式 が 執 り 行 なわれました 利 用 者 さんに 新 任 の 施 設 長 としての 挨 拶 をしま した 利 用 者 さんの 顔 を 一 人 一 人 見 ていると 開 園 当 初 から 入 所 されている 方 は 皆 さんお 年 を 召 されたなぁ と 改 めて 思 いました 昔 は 厚 木 の 若

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63>

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63> ~ 学 びの 力 を 地 域 に 地 域 の 力 を 学 びに~ 平 成 28 年 度 対 馬 市 学 生 実 習 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 : 夏 休 みこども 寺 子 屋 ) ( 随 時 募 集 : 古 民 家 の 再 生 ) 対 馬 市 では 地 域 おこしの 現 場 に 学 び 課 題 解 決 を 図 りたいとう 熱 意 あふれる 実 習 生 を 次 のとおり 募 集 します 6

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

募集要綱H13年度

募集要綱H13年度 第 一 次 試 験 日 9 月 18 日 ( 日 ) 申 込 期 間 8 月 24 日 ( 水 )~8 月 26 日 ( 金 ) 持 参 による 申 込 みとなります 写 真 川 越 北 消 防 署 南 古 谷 分 署 警 備 担 当 消 防 士 沖 山 晃 平 (H26 年 採 用 ) 川 越 中 央 消 防 署 警 備 課 救 助 担 当 消 防 副 士 長 鶴 島 宏 治 (H18 年 採 用

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information