教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領"

Transcription

1 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 )

2 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 も 同 じ 主 旨 を 明 記 しました 教 科 書 の 検 定 基 準 は この 教 育 目 標 に 即 した 教 科 書 の 作 成 を 義 務 つ けています 従 って 教 科 書 採 択 にあたっては この 教 育 目 標 を 最 もよく 体 現 している 教 科 書 の 採 択 を 実 現 してまいりましょう この 度 中 学 校 用 教 科 書 の 検 定 結 果 が 公 表 され 教 育 委 員 会 での 採 択 が 始 まります 平 成 20 年 教 科 用 図 書 検 定 調 査 審 議 会 は 公 正 かつ 適 切 な 教 科 書 採 択 を 提 言 し 文 部 科 学 省 は 採 択 にあたっては 教 科 書 の 装 丁 や 見 映 えを 重 視 するのではなく 内 容 を 考 慮 し た 十 分 な 調 査 研 究 が 必 要 である ことや 教 育 基 本 等 の 改 正 や 新 しい 学 習 指 導 要 領 の 趣 旨 を 踏 まえた 教 科 書 改 善 に 当 たっての 基 本 的 な 方 向 性 を 参 考 にし 各 採 択 権 者 の 権 限 と 責 任 の 下 十 分 な 調 査 研 究 が 行 われ 適 切 な 採 択 がなされること と 通 知 しました 私 共 は 教 育 委 員 会 がこの 趣 旨 を 踏 まえ 公 正 に 教 科 書 を 採 択 されることを 強 く 望 みます 新 教 育 基 本 第 一 条 ( 教 育 の 目 的 ) 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康 な 国 民 の 育 成 を 期 して 行 わなけ ればならない 第 二 条 ( 教 育 の 目 標 ) 教 育 は その 目 的 を 実 現 するため 学 問 の 自 由 を 尊 重 しつつ 次 に 掲 げる 目 標 を 達 成 するよう 行 われるものとする 一 幅 広 い 知 識 と 教 養 を 身 に 付 け 真 理 を 求 める 態 度 を 養 い 豊 かな 情 操 と 道 徳 心 を 培 うとともに 健 やかな 身 体 を 養 うこと 二 個 人 の 価 値 を 尊 重 して その 能 力 を 伸 ばし 創 造 性 を 培 い 自 主 及 び 自 律 の 精 神 を 養 うとともに 職 業 及 び 生 活 との 関 連 を 重 視 し 勤 労 を 重 んずる 態 度 を 養 うこと 三 正 義 と 責 任 男 女 の 平 等 自 他 の 敬 愛 と 協 力 を 重 んずるとともに 公 共 の 精 神 に 基 づき 主 体 的 に 社 会 の 形 成 に 参 画 し その 発 展 に 寄 与 する 態 度 を 養 うこと 四 生 命 を 尊 び 自 然 を 大 切 にし 環 境 の 保 全 に 寄 与 する 態 度 を 養 うこと 五 伝 統 と 文 化 を 尊 重 し それらをはぐくんできた 我 が 国 と 郷 土 を 愛 するとともに 他 国 を 尊 重 し 国 際 社 会 の 平 和 と 発 展 に 寄 与 する 態 度 を 養 うこと 中 学 校 学 習 指 導 要 領 社 会 科 の 目 標 広 い 視 野 に 立 って 社 会 に 対 する 関 心 を 高 め 諸 資 料 に 基 づいて 多 面 的 多 角 的 に 考 察 し 我 が 国 の 国 土 と 歴 史 に 対 する 理 解 と 愛 情 を 深 め 公 民 としての 基 礎 的 教 養 を 培 い 国 際 社 会 に 生 きる 平 和 で 民 主 的 な 国 家 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 公 民 的 資 質 の 基 礎 を 養 う

3 歴 史 公 民 地 理 教 科 書 の 内 容 を 点 検 する 私 どもは 我 が 国 と 郷 土 の 歴 史 伝 統 文 化 や 現 状 宗 教 に 関 する 教 養 など 学 習 指 導 要 領 とその 解 説 書 に 示 された 内 容 が 教 科 書 にどのように 反 映 されたのか 公 正 中 立 な 評 価 となるよう 心 がけ 指 導 要 領 解 説 書 を 指 標 と 定 めて 調 査 研 究 を 行 ないました また 学 習 指 導 要 領 に 記 載 されている 項 目 以 外 でも 時 局 問 題 となっている 外 国 人 参 政 権 問 題 などに ついても 各 社 の 記 述 内 容 を 調 べ その 調 査 結 果 の 一 例 をここに 紹 介 します 1 社 会 科 歴 史 分 野 の 目 標 について( 歴 史 ) ポイント 我 が 国 の 歴 史 への 理 解 と 愛 情 を 深 めた 上 で 国 際 社 会 に 生 きる 日 本 人 となる ことをめざす 教 科 書 の 結 論 となっているか 解 説 書 の 要 旨 ( 歴 史 ) 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 1 我 が 国 の 国 土 と 歴 史 に 対 する 理 解 と 愛 情 を 前 提 に 国 際 社 会 に 生 きる 観 点 から 記 述 されているか(4 点 ) [ 採 点 ] 4 点 満 点 ( 註 )4 点 満 点 で 採 点 4 点 2 点 1 点 0 点 ご 参 考 歴 史 分 野 の 教 科 書 本 文 の 結 びの 部 分 の 各 社 の 記 述 の 概 要 育 鵬 教 出 清 水 わが 国 は 過 去 の 歴 史 を 通 じて 国 民 が 一 体 感 を 持 ち 続 け 勤 勉 に 礼 節 を 重 んじて くるなかで さまざまな 困 難 を 克 服 し 世 界 でもまれな 安 全 で 豊 かな 国 をつくってきま した これからもすぐれた 国 民 性 を 発 揮 して 国 内 の 問 題 を 解 決 するとともに 世 界 の 人 々から 信 頼 され 感 謝 されるような 国 際 貢 献 に 努 めていくことが 求 められています これからの 未 来 をひらくために わたしたちは 戦 争 の 放 棄 を 宣 言 した 日 本 国 憲 や 非 核 三 原 則 を 守 り 世 界 の 平 和 と あらゆる 国 や 地 域 の 人 々との 対 等 なつながりを 求 めて いま 生 きる 場 所 から ともに 力 を 出 し 合 っていきましょう 私 たちは 世 界 の 人 びととの 交 流 や 対 話 を 活 発 に 続 け 核 兵 器 のない 世 界 平 和 の 実 現 と 普 遍 的 な 人 権 の 確 立 途 上 国 の 発 展 への 援 助 地 球 環 境 問 題 への 対 処 など 人 類 共 通 の 課 題 の 解 決 に 努 めていかなければならない 自 由 独 自 の 文 化 と 伝 統 を 持 つ 日 本 が 自 国 の 安 全 と 自 由 をしっかりと 確 保 しつつ 今 後 帝 国 東 書 日 文 世 界 の 平 和 と 繁 栄 にいかに 貢 献 していくかが 問 われている 日 本 らしさ とは 何 かがあらためて 問 われています これまで 学 んできたように 多 く の 知 恵 や 文 化 が 日 本 の 歴 史 のなかにたくわえられています 私 たちには それらを 世 界 に 発 信 することも 求 められています グローバル 化 が 進 んだ 現 在 日 本 は 歴 史 のな かでつちかわれた 技 術 力 を 生 かしてさまざまな 分 野 で 世 界 に 貢 献 しています グローバル 化 の 中 で わたしたちは 日 本 国 民 としての 意 識 だけでなく 地 球 に 生 きる 人 間 ( 地 球 市 民 )としての 意 識 を 持 つことが 求 められています 私 たちは 日 本 国 憲 のもと 一 人 一 人 が 歴 史 をつくりあげる 主 人 公 であることを 自 覚 し 国 際 社 会 に 生 きる 日 本 人 として 歩 んでいこうではありませんか

4 2 わが 国 の 神 話 伝 承 と 人 々の 信 仰 について( 歴 史 ) ポイント 自 然 崇 拝 や 農 耕 儀 礼 に 基 づく 信 仰 が 人 々の 中 に 息 づいていたことが 記 述 さ れているか 指 導 要 領 解 説 書 の 要 旨 1 古 事 記 日 本 書 紀 など 神 話 伝 承 を 通 し て 当 時 の 人 々の 信 仰 やものの 見 方 に 気 付 かせる(4 点 ) 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 [ 採 点 ] 4 点 満 点 大 和 朝 廷 の 表 記 について( 歴 史 ) ポイント 学 習 指 導 要 領 の 示 す 通 り 大 和 朝 廷 と 表 記 されているか 指 導 要 領 解 説 書 の 要 旨 1 学 習 指 導 要 領 通 り 大 和 朝 廷 と 記 載 されているか(2 点 ) 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 大 和 朝 廷 大 和 政 権 ヤマト 王 権 大 和 朝 廷 ヤマト 王 権 大 和 政 権 ヤマト 政 権 [ 採 点 ] 2 点 満 点 国 家 社 会 文 化 の 発 展 に 尽 くした 人 物 について( 歴 史 ) ポイント 学 習 指 導 要 領 が 示 す 国 家 社 会 文 化 等 につくした 人 物 が 過 足 なく 取 り 上 げられているか 人 物 名 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 1 神 武 天 皇 ( 古 代 ) 2 仁 徳 天 皇 ( 古 代 ) 3 柿 本 人 痲 呂 ( 古 代 ) 4 菅 原 道 真 ( 古 代 ) 5 中 江 藤 樹 ( 近 世 ) 6 徳 川 光 圀 ( 近 世 ) 7 新 井 白 石 ( 近 世 ) 8 二 宮 尊 徳 ( 近 世 ) 9 勝 海 舟 ( 近 代 ) 10 渋 沢 栄 一 ( 近 代 ) 11 東 郷 平 八 郎 ( 近 代 ) 12 小 村 寿 太 郎 ( 近 代 ) 13 湯 川 秀 樹 ( 現 代 ) 教 科 書 への 掲 載 人 物 数

5 5 明 治 の 帝 国 憲 制 定 と 条 約 改 正 について( 歴 史 ) ポイント アジアで 唯 一 の 立 憲 国 家 であったこと 条 約 改 正 への 先 人 の 努 力 が 記 述 され ているか 解 説 書 の 要 旨 ( 歴 史 公 民 ) 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 1 大 日 本 帝 国 憲 制 定 により 当 時 アジ アで 唯 一 の 立 憲 制 国 家 が 誕 生 したこ との 意 義 が 記 述 されているか(4 点 ) 2 条 約 改 正 に 携 わった 人 々の 努 力 につ いて 記 述 されているか(4 点 ) [ 採 点 ] 8 点 満 点 ( 註 )8 点 満 点 で 採 点 4 点 2 点 1 点 0 点 6 わが 国 の 伝 統 と 文 化 について( 公 民 ) ポイント 日 本 社 会 に 生 きる 伝 統 的 な 信 仰 自 然 観 は 記 述 されているか 指 導 要 領 解 説 書 の 要 旨 1 私 たちの 生 活 には 我 が 国 の 伝 統 的 な 考 え 方 や 信 仰 習 慣 の 影 響 がある(4 点 ) 2 我 が 国 の 伝 統 と 文 化 が 自 然 や 社 会 の 中 で 継 承 されてきたことを 考 えさせ 日 本 人 の 心 情 や 考 え 方 の 特 色 に 気 付 かせる (4 点 ) 3 自 国 の 伝 統 と 文 化 を 大 切 にすることを 通 して 他 国 の 伝 統 と 文 化 を 認 め 尊 重 する(2 点 ) 公 民 的 分 野 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 [ 採 点 ] 10 点 満 点 ( 註 )8 点 満 点 で 採 点 4 点 2 点 1 点 0 点 7 国 旗 国 歌 の 尊 重 と 国 際 儀 礼 について( 公 民 ) ポイント 国 旗 国 歌 の 尊 重 について 具 体 的 場 面 を 例 示 しているか 公 民 的 分 野 解 説 書 の 要 旨 ( 公 民 ) 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 1 国 旗 及 び 国 歌 はそれぞれの 国 の 象 徴 であること(2 点 ) 2 相 互 に 尊 重 することが 国 際 的 な 儀 礼 で あることを 具 体 的 な 場 面 を 例 示 して 教 え る(2 点 ) [ 採 点 ] 4 点 満 点

6 8 わが 国 の 領 土 領 域 について( 地 理 公 民 ) ポイント 北 方 領 土 や 竹 島 が の 領 土 であることが 記 述 されているか 指 導 要 領 解 説 書 の 要 旨 ( 地 理 公 民 ) 1 北 方 領 土 は 我 が 国 の の 領 土 で ること( 地 理 )(2 点 ) 2 北 方 領 土 は に 占 拠 されている こと( 地 理 )(2 点 ) 3 竹 島 をめぐって 主 張 に 相 違 がある が 北 方 領 土 と 同 様 に 理 解 させる( 地 理 )(4 点 ) 育 鵬 教 育 公 民 的 分 野 清 自 帝 水 由 国 東 書 日 文 教 育 地 理 的 分 野 帝 東 国 書 日 文 主 張 占 拠 [ 得 点 ] 8 点 満 点 ( 註 ) 評 価 略 号 = ( の 領 土 ) ( に 占 拠 ) 占 拠 ( 占 拠 されている) 主 張 ( 相 手 国 の 主 張 ) ご 参 考 各 社 の 記 述 の 概 要 尖 閣 諸 島 についての 各 社 の 取 り 扱 い( 公 民 的 分 野 ) 育 鵬 地 図 解 説 尖 閣 諸 島 沖 縄 県 八 重 山 諸 島 北 方 の 尖 閣 諸 島 は 日 本 の 領 土 です し 教 出 清 水 自 由 帝 国 かし 中 国 は 1970 年 後 半 東 シナ 海 大 陸 棚 の 石 油 開 発 の 動 きが 表 面 化 するに 及 びはじ めて 尖 閣 諸 島 の 領 権 を 問 題 とする ようになりました ただし 中 国 が 挙 げている 根 拠 はいずれも 領 権 の 主 張 を 裏 付 けるに 足 る 国 際 上 効 な 論 拠 とはいえません ( 外 務 省 ウェブサイトより 引 用 ) コラム また 東 シナ 海 に 位 置 する 尖 閣 諸 島 ( 沖 縄 県 )については 中 国 もその 領 を 主 張 しています コラム 日 本 の 領 土 と 経 済 水 域 沖 縄 県 先 島 諸 島 の 北 方 の 東 シナ 海 にある 尖 閣 諸 島 は 他 国 の 領 の 跡 がないことを 確 認 のうえ 1895 年 正 式 に 日 本 の 領 土 に 編 入 し 南 西 諸 島 の 一 部 となったが 1970 年 代 ごろから 中 国 が 領 権 を 主 張 するようになった 本 文 わが 国 の 尖 閣 諸 島 は 中 国 が 領 権 を 主 張 し 多 くの 漁 船 が 違 操 業 を 繰 り 返 しています コラム 尖 閣 諸 島 はわが 国 の 領 土 である この 周 辺 海 域 に1970 年 代 はじめ 望 な 油 田 が 確 認 された すると 中 国 はこの 尖 閣 諸 島 を 自 国 の 領 土 であると 主 張 しはじめ た 近 年 尖 閣 周 辺 海 域 では 中 国 漁 船 がしばしば 違 操 業 を 行 っている また 領 海 を めぐっては 2004 年 ごろから 日 中 両 国 の 中 間 線 上 にガス 油 田 採 掘 施 設 を 設 置 し 採 掘 しはじめた 油 田 はわが 国 のEEZの 海 底 につながっており 採 掘 は 資 源 の 横 取 りではな いかと わが 国 は 改 善 を 求 めている なし 東 書 コラム 尖 閣 諸 島 沖 縄 県 先 島 諸 島 の 北 方 に 位 置 する 尖 閣 諸 島 は 日 本 の 領 土 です 日 文 が 中 国 がその 領 を 主 張 しています コラム 沖 縄 県 西 方 の 尖 閣 諸 島 は 第 二 次 世 界 大 戦 後 アメリカの 統 治 下 におかれま したが 沖 縄 返 還 とともに 日 本 の 領 土 にもどりました しかし 中 国 もその 領 を 主 張 し ています な し 主 張 主 張 主 張

7 9 自 衛 隊 の 役 割 と 国 際 貢 献 について( 公 民 ) ポイント 自 衛 隊 と 日 米 安 保 が 果 たしている 役 割 は 記 述 されているか 公 民 的 分 野 指 導 要 領 解 説 書 の 要 旨 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 1 自 衛 隊 が 我 が 国 の 防 衛 や 世 界 の 平 和 と 安 全 に 果 たしている 役 割 (4 点 ) 2 自 衛 隊 日 米 安 保 を 通 した 我 が 国 の 安 全 と 世 界 の 平 和 の 実 現 (4 点 ) ご 参 考 各 社 の 記 述 の 概 要 [ 採 点 ] 8 点 満 点 自 衛 隊 の 果 たしている 役 割 についての 各 社 の 取 り 扱 い 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 本 文 自 衛 隊 は 日 本 の 防 衛 には 可 欠 な 存 在 であり また 災 害 時 の 救 助 活 動 など の 面 でも 国 民 から 大 きく 期 待 されています なし 本 文 警 察 予 備 隊 は 保 安 隊 と 改 められ 1954 年 に わが 国 を 防 衛 することを 主 たる 任 務 とする 自 衛 隊 に 改 編 された 本 文 自 衛 隊 の 発 足 は 東 西 冷 戦 が 厳 しさを 増 すなか わが 国 と 東 アジアの 平 和 と 安 全 を 確 保 するうえで 大 きな 意 義 をもちました 本 文 自 衛 隊 は 日 本 の 安 全 を 保 つことを 任 務 として 発 足 し 冷 戦 の 時 代 を 通 して 自 衛 隊 はその 人 員 や 装 備 を 増 強 してきました また 自 衛 隊 は 災 害 派 遣 などでも 活 動 しています 本 文 日 本 国 憲 は 戦 力 の 保 持 を 定 めていますが 日 本 は 国 を 防 衛 するため に 自 衛 隊 をもっています しかし 平 和 と 安 全 を 守 るためであっても 武 器 をもたな いというのが 日 本 国 憲 の 立 場 ではなかったかという 意 見 もあります なし 日 米 安 保 条 約 の 果 たしている 役 割 についての 各 社 の 取 り 扱 い 育 鵬 教 出 清 水 自 由 帝 国 東 書 日 文 本 文 戦 後 の 日 本 の 平 和 は 自 衛 隊 の 存 在 とともにアメリカ 軍 の 抑 止 力 に 負 うところ も 大 きいと 言 えます また この 条 約 は 日 本 だけでなく 東 アジア 地 域 の 平 和 と 安 全 の 維 持 にも 大 きな 役 割 を 果 たしています 本 文 日 本 はソ 連 の 脅 威 に 備 えるため 1951 年 にアメリカと 日 米 安 全 保 障 条 約 を 締 結 し 日 本 の 安 全 を 確 保 する 政 策 を 進 めてきました なし 本 文 わが 国 は 国 連 を 中 心 とする 国 際 平 和 の 推 進 に 貢 献 しながら 自 衛 隊 と 日 米 安 全 保 障 体 制 によって 安 全 を 確 保 しようとしています 本 文 防 衛 については アメリカとの 間 で 日 米 安 全 保 障 条 約 を 結 びました 本 文 日 本 は 防 衛 のために アメリカと 日 米 安 全 保 障 条 約 ( 日 米 安 保 条 約 )を 結 んで います この 条 約 は 他 国 が 日 本 の 領 土 を 攻 撃 してきたときに 共 同 して 対 処 すること を 約 束 しています 本 文 現 在 わが 国 は 日 米 安 全 保 障 意 条 約 を 締 結 し 日 本 の 安 全 と 極 東 におけ る 国 際 平 和 と 安 全 保 障 のために 基 地 を 提 供 しアメリカ 軍 の 駐 留 を 認 めています

8 10 外 国 人 参 政 権 問 題 の 取 り 扱 いについて( 公 民 ) ご 参 考 外 国 人 参 政 権 問 題 に 関 する 各 社 の 記 述 の 概 要 育 鵬 外 国 人 にも 人 権 は 保 障 されますが 権 利 の 性 質 上 日 本 国 民 のみにあたえられた 権 利 は 外 国 人 には 保 障 されません 例 えば 選 挙 権 や 公 務 員 になる 権 利 は 国 家 の 意 思 を 形 成 するという 国 民 主 権 にかかわる 権 利 であるため 本 来 国 民 のみに 保 障 された 権 利 であると 考 えられています 教 出 現 在 日 本 に 住 む 外 国 人 には 選 挙 権 や 被 選 挙 権 公 務 員 になることなどに 制 限 があ ります これらについては 違 憲 ではないかとする 訴 訟 がしばしば 起 こっています 清 水 日 本 でともに 生 活 しながら 日 本 国 籍 をもたない 在 日 韓 国 朝 鮮 人 には 参 政 権 や 公 務 員 になる 権 利 などにも 制 約 が 残 っている 自 由 この(1995 年 の 最 高 裁 判 所 の) 判 決 は 日 本 の 選 挙 権 を 日 本 国 民 に 付 与 し 外 国 人 に 付 与 しないことは 合 憲 であり 権 利 の 平 等 平 等 の 問 題 ではないことを 示 した 帝 国 在 日 韓 国 朝 鮮 人 に 対 しては 戦 前 からあった 挑 戦 の 人 々への 蔑 視 から 就 職 や 結 婚 での 差 別 いじめなどが 残 っています また 日 本 国 籍 がないため 日 本 に 永 住 し 納 税 の 義 務 をはたしても 参 政 権 はありません 職 種 によっては 公 務 員 になれず 社 会 保 障 も 十 分 に 受 けられません 東 書 しかし 就 職 や 結 婚 などで 差 別 がなくなっていません また 日 本 国 籍 を 持 たないた め 選 挙 権 や 公 務 員 になることなども 制 限 されています 日 本 で 生 まれ 生 活 しているこ とやその 歴 史 的 事 実 を 配 慮 して 人 権 保 障 を 推 進 していくことが 求 められています 日 文 しかし 公 務 員 への 門 戸 は 広 がりつつあるものの 選 挙 権 はなお 制 限 されています ま た 入 居 や 就 職 などでの 差 別 も 残 っています これらの 人 々の 人 権 保 障 については 日 本 で 生 まれ 生 活 していることや 歴 史 的 な 事 情 が 考 慮 されなければなりません 新 教 育 基 本 と 学 習 指 導 要 領 に 最 もふさわしい 教 科 書 を 子 供 たちに

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

基 本 2013. 1 月 25 日 新 春 の 集 い 復 帰 41 年 を 経 た 沖 縄 で 日 本 国 憲 法 の 原 理 である 基 本 的 人 権 の 尊 重 国 民 主 権 平 和 主 義 は 実 現 してきたでしょうか 沖 縄 の 現 状 は 憲 法 の とは 逆 に 構 造 的 差

基 本 2013. 1 月 25 日 新 春 の 集 い 復 帰 41 年 を 経 た 沖 縄 で 日 本 国 憲 法 の 原 理 である 基 本 的 人 権 の 尊 重 国 民 主 権 平 和 主 義 は 実 現 してきたでしょうか 沖 縄 の 現 状 は 憲 法 の とは 逆 に 構 造 的 差 けいこの 政 策 この 気 持 ち この 思 い すべてを 沖 縄 のために 基 本 2013. 1 月 25 日 新 春 の 集 い 復 帰 41 年 を 経 た 沖 縄 で 日 本 国 憲 法 の 原 理 である 基 本 的 人 権 の 尊 重 国 民 主 権 平 和 主 義 は 実 現 してきたでしょうか 沖 縄 の 現 状 は 憲 法 の とは 逆 に 構 造 的 差 別 におかれてき ました

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

受理番号 23-80

受理番号 23-80 意 見 書 6 枚 中 1 枚 目 受 理 2380 1 6 13 私 たちの 時 代 と 歴 史 ( 全 体 ) 運 動 会 の 歴 史 は 学 習 指 導 要 領 に 示 す 内 容 の (1)の 現 代 の 社 会 やその 諸 課 題 が 歴 史 的 に 形 成 されたものであるという 観 点 から, 近 現 代 の 歴 史 的 事 象 と 現 在 との 結 び 付 きを 考 える 活 動 を

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

0605調査用紙(公民)

0605調査用紙(公民) 社 会 公 民 番 号 2 略 称 東 京 書 籍 書 名 新 編 新 し 公 民 1 基 礎 基 本 確 実 な 定 着 を 図 るため を 促 すため や 個 応 じた 3 単 元 ( 単 元 設 定 4 各 年 ( び や 考 え 展 開 5 特 徴 的 な 単 元 おけ る 課 題 関 わり 等 ア 1 単 位 時 間 ( 見 開 き 2 頁 ) 毎 課 題 を 設 定 し 課 題 関 連

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

教科書採択.indd

教科書採択.indd よりよい 教 科 書 を 子 どもたちへ 学 校 教 育 は 一 人 ひとりの 子 どもの 成 長 をうながすとともに 未 来 の 主 権 者 を 育 む 役 割 を 果 たしています 憲 法 や 子 ども の 権 利 条 約 の 精 神 にのっとり 教 科 書 の 比 較 検 討 をすすめ ることが 重 要 です さらに 開 かれた 教 科 書 採 択 にむけ 学 校 保 護 者 地 域 の 多

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

15-0505No2.indd

15-0505No2.indd 嘉 手 納 ~ 普 天 間 ~ 岩 国 ~ 小 松 ~ 厚 木 ~ 横 田 全 国 の 軍 事 基 地 被 害 者 の 思 いを 結 ぶ 全 国 爆 音 訴 訟 ニュース 全 国 基 地 爆 音 訴 訟 連 絡 会 岩 国 支 援 行 動 (2/5-2/6) 目 次 安 倍 政 権 における 集 団 的 自 衛 権 行 使 容 認 と 憲 法 の 危 機 1~2 各 原 告 団 からの

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

Microsoft Word - jsd66544.doc

Microsoft Word - jsd66544.doc 第 2 章 第 2 節 社 会 ( 平 成 20 年 3 月 28 日 告 示 ) 中 学 校 学 習 指 導 要 領 新 旧 対 比 表 東 京 書 籍 2008 年 4 月 現 行 新 備 考 第 1 目 標 広 い 視 野 に 立 って, 社 会 に 対 する 関 心 を 高 め, 諸 資 料 に 基 づいて 多 面 的 多 角 的 に 考 察 し, 我 が 国 の 国 土 と 歴 史 に 対

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費 総 行 応 第 2 3 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 3 日 各 都 道 府 県 担 当 部 局 長 殿 ( 財 政 担 当 課 市 町 村 担 当 課 扱 い) ( 地 域 おこし 協 力 隊 担 当 課 扱 い) 総 務 省 地 域 力 創 造 グループ 地 域 自 立 応 援 課 長 ( 公 印 省 略 ) 地 域 おこし 協 力 隊 推 進 要 綱 の 一 部 改 正 について(

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

一太郎 10/9/8 文書

一太郎 10/9/8 文書 公 民 館 の 管 理 運 営 事 業 1 大 津 市 立 公 民 館 運 営 基 本 方 針 大 津 市 の 公 民 館 は 昭 和 22 年 5 月 に 大 津 公 民 館 を 開 設 して 以 来 各 学 区 に 整 備 を 進 め 地 域 の 社 会 教 育 の 中 心 的 施 設 として 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 平 成 24 年 3 月 に 策 定 された 大 津 市 生 涯

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続 平 成 27 年 6 月 18 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10266 号 商 標 登 録 取 消 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 4 月 23 日 判 決 原 告 株 式 会 社 太 鼓 亭 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 清 原 直 己 弁 理 士 清 原 義 博 北 本 友 彦 西 村 直 也 今 岡 大 明 被 告 特

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

音楽827・828

音楽827・828 ( 教 育 基 本 法 との 対 照 表 ) 受 理 番 号 学 校 教 科 種 目 学 年 2266--1155 中 学 校 音 楽 一 般 第 2 3 学 年 発 行 者 の 番 号 略 称 教 科 書 の 記 号 番 号 教 科 書 名 2277 教 芸 音 楽 882277,,882288 中 学 生 の 音 楽 2 3 上, 中 学 生 の 音 楽 2 3 下 1. 編 修 の 趣 旨 及

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

第 26 回 みどりの 文 化 賞 森 の 再 生 と 心 の 再 生 - 豊 かな 森 が 持 つ 可 能 性 を 信 じて- 受 賞 者 C.W.ニコル 氏 (75 歳 ) 1.C.W.ニコル 氏 は 昭 和 37 年 に 初 来 日 した 日 本 の 美 しい 自 然 に 魅 せられ それ 以

第 26 回 みどりの 文 化 賞 森 の 再 生 と 心 の 再 生 - 豊 かな 森 が 持 つ 可 能 性 を 信 じて- 受 賞 者 C.W.ニコル 氏 (75 歳 ) 1.C.W.ニコル 氏 は 昭 和 37 年 に 初 来 日 した 日 本 の 美 しい 自 然 に 魅 せられ それ 以 プレスリリース 平 成 28 年 4 月 27 日 公 益 社 団 法 人 国 土 緑 化 推 進 機 構 第 26 回 みどりの 文 化 賞 受 賞 者 の 決 定 について 公 益 社 団 法 人 国 土 緑 化 推 進 機 構 は 第 26 回 みどりの 文 化 賞 受 賞 者 を 下 記 のとおり 決 定 いたしました みどりの 文 化 賞 の 表 彰 は 来 る5 月 14 日 ( 土 )

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の 大 阪 市 立 菅 南 幼 稚 園 平 成 26 年 度 運 営 に 関 する 計 画 自 己 評 価 ( 総 括 シート) 1 学 校 運 営 の 中 期 目 標 現 状 と 課 題 思 いを 相 手 に 伝 えたい 気 持 ちはあるが うまく 伝 えられなかったり に 応 じた 言 葉 の 使 い 方 がわからなかったりする 子 どもの 実 態 から 様 々な 人 の 話 を 聞 く 力 の 育

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc 平 成 年 度 洛 陽 総 合 高 等 学 校 社 会 第 次 入 学 考 査 問 題 選 択 (50 分 ) 受 験 番 号 Ⅰ. 以 下 の 地 図 を 見 て あとの 問 いに 答 えなさい ( 氏 名 は 書 かないこと) コペンハーゲン A B 東 京 リオデジャネイロ () 地 図 中 のAとBの 大 陸 の 名 称 を 下 の 語 群 よりそれぞれ 一 つずつ 選 び 記 号 ア~カで

More information

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27 閣 議 及 び 閣 僚 懇 談 会 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 8:13~8:28 開 催 場 所 : 総 理 大 臣 官 邸 閣 議 室 出 席 者 : 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 国 務 大 臣 ( 副 総 理, 財 務 大 臣, 内 閣 府 特 命 担 当 大 臣 ) 高 市 早 苗 国 務 大 臣 ( 総 務 大

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く 長 浜 子 どものちかい 及 び 長 浜 子 育 て 憲 章 について 1 策 定 の 趣 旨 全 国 的 に いじめや 虐 待 の 問 題 を 始 め 非 行 の 低 年 齢 化 児 童 生 徒 の 社 会 性 や 主 体 性 の 弱 さ さらには 忍 耐 力 や 集 中 力 規 範 意 識 や 公 共 の 意 識 等 の 欠 如 が 指 摘 されて 久 しくなります 社 会 構 造 や 生 活

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

フェンシング-表紙.indd

フェンシング-表紙.indd フェンシング 競 技 プログラム 期 間 平 成 28 年 8 月 27 日 ( 土 )~28 日 ( 日 ) 場 所 箕 輪 町 社 会 体 育 館 開 催 の 趣 旨 国 民 体 育 大 会 の 趣 旨 に 則 り その 予 選 会 として 北 信 越 地 域 の 人 々 に 広 くスポーツを 普 及 し スポーツ 精 神 の 高 揚 を 図 り 健 康 増 進 と 体 力 向 上 を 目 指

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本 国 際 裁 判 管 轄 法 制 ( 人 事 訴 訟 事 件 及 び 家 事 事 件 関 係 ) 部 会 資 料 4-3 検 討 課 題 失 踪 宣 告 不 在 者 財 産 管 理 事 件 第 1 失 踪 宣 告 関 係 事 件 1 裁 判 所 は, 失 踪 の 宣 告 に 関 する 審 判 事 件 ( 注 1)について, 不 在 者 等 ( 不 在 者 及 び 失 踪 者 ( 注 2)をいう 以 下

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

報 道 によると 米 韓 軍 は 2 月 7 日 恒 例 の 軍 事 演 習 を 過 去 最 大 規 模 の 合 同 軍 事 演 習 キー リゾ ルブ と 野 外 機 動 訓 練 フォール イーグル を 韓 国 や 周 辺 海 域 で 開 始 した 演 習 には 北 朝 鮮 が 核 ミサイルを 発

報 道 によると 米 韓 軍 は 2 月 7 日 恒 例 の 軍 事 演 習 を 過 去 最 大 規 模 の 合 同 軍 事 演 習 キー リゾ ルブ と 野 外 機 動 訓 練 フォール イーグル を 韓 国 や 周 辺 海 域 で 開 始 した 演 習 には 北 朝 鮮 が 核 ミサイルを 発 基 調 報 告 宮 里 政 玄 ( 沖 縄 対 外 問 題 研 究 会 顧 問 ) 福 岡 高 裁 那 覇 支 部 は 国 と 県 に 対 し 和 解 を 勧 告 し それが 受 け 入 れられた 勧 告 文 には 次 の 指 摘 がある 本 来 あるべき 姿 としては 沖 縄 を 含 めオールジャパンで 最 善 の 解 決 策 を 合 意 して 米 国 に 協 力 を 求 めるべきである そうなれば

More information

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a 巻 末 資 料 最 近 の 主 要 公 安 動 向 国 際 関 係 主 要 公 安 動 向 1 月 6 日 1 2 月 3 月 3 日 4 月 13 日 5 月 1 我 が 国 の 海 上 保 安 庁 が, 島 根 県 の 隠 岐 島 沖 で 北 朝 鮮 からの 漂 流 船 の 乗 員 3 人 を 発 見, 保 護 した 後, 中 国 大 連 に 出 国 させ, 北 朝 鮮 側 に 引 渡 (9 日

More information

⑵ 幼 児 児 童 生 徒 の 体 位 比 較 男 子 校 種 年 齢 身 長 体 重 座 高 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 幼 4 104.2 16.6 59.2 稚 園 5 110.6 110.5 110.7 18.9 18.9 19.1 62.3 61

⑵ 幼 児 児 童 生 徒 の 体 位 比 較 男 子 校 種 年 齢 身 長 体 重 座 高 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 幼 4 104.2 16.6 59.2 稚 園 5 110.6 110.5 110.7 18.9 18.9 19.1 62.3 61 5. 資 料 ⑴ 公 私 立 学 校 校 名 所 在 地 電 話 校 名 所 在 地 電 話 大 阪 大 学 山 田 丘 1-1 6877-5111 大 大 阪 学 院 大 学 岸 部 南 2-36-1 6381-8434 朝 日 幼 稚 園 高 浜 町 10-38 6381-5539 西 吹 田 幼 稚 園 泉 町 4-41-10 6384-4748 学 関 西 大 学 山 手 町 3-3-35

More information

第 3 章 教 育 を 取 り 巻 く 動 向 と 豊 島 区 の 対 応 第 3 章 1 5 年 間 の 社 会 状 況 等 の 変 化 (1) 社 会 状 況 の 変 化 教 育 ビジョン2010 が 策 定 された 平 成 22 年 3 月 以 降 これまでの 5 年 間 日 本 の 社 会 は 大 きく 激 動 している 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大

More information