費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21"

Transcription

1 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである (1) 主 張 事 実 の 要 旨 ア 北 海 道 議 会 ( 以 下 道 議 会 という )における 各 会 派 及 び 各 議 員 に 対 しては 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 100 条 第 14 項 及 び 北 海 道 議 会 の 会 派 及 び 議 員 の 政 務 活 動 費 に 関 する 条 例 ( 平 成 13 年 北 海 道 条 例 第 41 号 以 下 条 例 という ) 第 1 条 に 基 づき 道 議 会 議 員 の 調 査 研 究 その 他 の 活 動 に 資 するため 必 要 な 経 費 の 一 部 として 政 務 活 動 費 を 交 付 することが 認 められている イ 道 議 会 において 年 度 ごとに 交 付 される 政 務 活 動 費 の 金 額 は 各 会 派 については 各 会 派 に 所 属 する 議 員 数 に10 万 円 を 乗 じた 額 である ウ 平 成 25 年 度 において 自 由 民 主 党 道 民 会 議 北 海 道 議 会 議 員 会 ( 以 下 自 民 党 道 民 会 議 という )は 自 由 民 主 党 北 海 道 支 部 連 合 会 ( 以 下 自 民 党 道 連 という )に 対 して 調 査 委 託 費 として 合 計 4,032 万 5,040 円 の 支 出 を 行 った エ 平 成 25 年 度 において 北 海 道 議 会 民 主 党 道 民 連 合 議 員 会 ( 以 下 民 主 党 道 民 連 合 とい う )は 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 ( 以 下 民 主 党 北 海 道 という )に 対 して 調 査 委 託 費 として 合 計 2,730 万 円 の 支 出 を 行 うとともに A 団 体 に 対 して 同 じく 調 査 委 託 費 と して 合 計 114 万 420 円 の 支 出 を 行 った オ 上 記 ウ 及 びエに 係 る 支 出 ( 以 下 本 件 支 出 という )については 領 収 書 等 添 付 票 の 使 途 項 目 の 欄 には 単 に 調 査 委 託 費 と 記 載 されているのみであり 具 体 的 にいかなる 使 途 に 用 いられたのか 全 く 判 然 とせず 真 に 議 員 の 調 査 研 究 その 他 の 活 動 に 資 するために 必 要 な 経 費 であったかどうか 明 らかでない むしろ 自 民 党 道 連 及 び 民 主 党 北 海 道 に 対 する 支 出 については 支 出 先 が 会 派 の 所 属 す る 政 党 の 支 部 であること 支 出 金 額 が1 箇 月 ごとにおおむね 一 定 額 であることなどに 照 ら すと 本 件 支 出 は 具 体 的 な 調 査 を 委 託 し その 対 価 として 支 出 されたものとは 認 定 しが たく 政 務 活 動 費 を 政 務 活 動 以 外 の 用 途 に 用 いるための 方 便 として 利 用 した 可 能 性 すらう かがわれる したがって 本 件 支 出 の 全 額 は 議 員 の 調 査 研 究 その 他 の 活 動 に 資 するため 必 要 な 経 - 1 -

2 費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 年 度 の 政 務 調 査 費 のうち 自 民 党 道 民 会 議 及 び 民 主 党 道 民 連 合 から 自 民 党 道 連 及 び 民 主 党 北 海 道 に 対 して 調 査 委 託 費 として 支 出 された 政 務 調 査 費 の 使 途 の 適 法 性 につ いて 判 断 した 判 決 である 自 民 党 道 民 会 議 及 び 民 主 党 道 民 連 合 が 自 民 党 道 連 及 び 民 主 党 北 海 道 に 対 し それぞれ 支 出 した 調 査 委 託 費 について 調 査 研 究 活 動 と 政 党 活 動 の 両 方 の 側 面 があるとして 現 実 の 支 出 額 のうち 政 務 調 査 費 を 充 てることが 許 される 支 出 額 は2 分 の1のみであり その 余 の 支 出 額 は 違 法 となるとの 判 断 が 下 された また 同 判 決 においては 民 主 党 道 民 連 合 からA 団 体 に 対 する 調 査 委 託 費 の 支 出 につい ては その 全 額 が 違 法 とされている キ 以 上 のような7 月 11 日 判 決 の 判 旨 を 平 成 25 年 度 政 務 活 動 費 の 支 出 についてあてはめる と 平 成 25 年 度 における 自 民 党 道 民 会 議 及 び 民 主 党 道 民 連 合 の 各 政 党 支 部 への 調 査 委 託 費 の 支 出 についても 少 なくともその2 分 の1は 違 法 となるものである また 民 主 党 道 民 連 合 からA 団 体 への 調 査 委 託 費 の 支 出 は その 全 額 が 違 法 となるもの である ク 道 議 会 作 成 の 政 務 活 動 費 の 手 引 ( 以 下 手 引 という )によれば 政 務 活 動 費 につ いても 政 党 活 動 に 支 出 されることは 許 されておらず 政 務 活 動 と 政 党 活 動 が 混 在 する 場 合 は 活 動 実 態 や 使 用 実 態 に 応 じた 合 理 的 割 合 での 按 分 が 必 要 とされている したがって 本 監 査 請 求 書 において 問 題 としている 政 務 活 動 費 からの 調 査 委 託 費 の 支 出 についても 少 なくとも2 分 の1は 違 法 とされなければならない (2) 措 置 内 容 北 海 道 が 道 議 会 の 各 会 派 及 び 各 議 員 に 対 し 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 ま での 間 に 支 給 した 政 務 活 動 費 のうち6,876 万 5,460 円 は 違 法 又 は 不 当 な 公 金 の 支 出 であるの で 北 海 道 知 事 に 対 し 北 海 道 が 行 ったかかる 違 法 不 当 な 支 出 により 被 った 損 害 につき 支 出 額 相 当 額 の 返 還 を 求 めるなど 損 害 を 填 補 するための 必 要 な 措 置 及 び 今 後 の 損 害 を 未 然 に 防 止 するための 条 例 改 正 等 の 措 置 を 講 ずるよう 勧 告 することを 求 める 第 2 監 査 委 員 の 除 斥 監 査 委 員 丸 岩 公 充 及 び 監 査 委 員 佐 々 木 恵 美 子 は 政 務 活 動 費 の 支 出 について 直 接 の 利 害 関 係 を 有 することから 法 第 199 条 の2の 規 定 により 除 斥 とした 第 3 請 求 の 要 件 審 査 本 件 住 民 監 査 請 求 においては 法 第 242 条 の 所 定 の 要 件 を 具 備 しているものと 認 め 平 成 26 年 11 月 20 日 付 けをもって これを 受 理 した - 2 -

3 第 4 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 平 成 25 年 度 における 自 民 党 道 民 会 議 及 び 民 主 党 道 民 連 合 の 政 務 活 動 費 のうち 調 査 研 究 費 ( 調 査 委 託 費 に 限 る )に 係 る 支 出 が 違 法 又 は 不 当 な 公 金 の 支 出 に 当 たるか 否 かを 監 査 の 対 象 とし た 2 監 査 対 象 部 局 道 議 会 事 務 局 3 請 求 人 の 陳 述 及 び 証 拠 の 提 出 (1) 法 第 242 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 26 年 12 月 2 日 請 求 人 の 陳 述 を 実 施 した その 要 旨 は 次 のとおりであった ア 道 議 会 の 政 務 調 査 費 について 平 成 20 年 度 の 支 出 分 から 毎 年 住 民 監 査 請 求 を 行 ってきた 5 回 の 住 民 監 査 請 求 のうち 平 成 20 年 度 から 平 成 22 年 度 までの3 回 については いずれも 訴 訟 を 提 起 した イ 平 成 26 年 7 月 11 日 道 議 会 の 平 成 21 年 度 の 政 務 調 査 費 について 札 幌 地 方 裁 判 所 から 自 民 党 道 民 会 議 の 自 民 党 道 連 に 対 する 調 査 委 託 費 民 主 党 道 民 連 合 の 民 主 党 北 海 道 に 対 する 調 査 委 託 費 について いずれも2 分 の1を 超 える 部 分 については 違 法 であり 北 海 道 に 返 還 すべきであるという 判 断 が 下 された 理 由 は これらの 調 査 委 託 費 と 称 されるお 金 の 実 質 的 な 使 途 は 各 会 派 の 議 員 控 室 において 勤 務 する 職 員 の 人 件 費 であり これらの 職 員 が 行 ってきた 活 動 には 政 党 活 動 が 含 まれており 調 査 研 究 活 動 と 明 確 に 区 分 すること ができないためとされている そのため 手 引 に 記 載 された 基 準 にしたがって 2 分 の1 の 支 出 に 限 って 許 されるとしたものである 裁 判 上 にあらわれた 資 料 を 基 に 調 査 委 託 費 の 使 途 を 認 定 し 道 議 会 自 身 が 策 定 した 政 務 調 査 費 の 使 途 のルールに 従 った 判 断 を 下 したものであり 至 って 常 識 的 で 妥 当 な 判 断 を 下 したものである ウ 本 来 であれば 全 額 が 違 法 と 判 断 されるべきであるという 思 いは 変 わっていないが 少 な くとも 7 月 11 日 判 決 は これまで 監 査 請 求 において 全 額 が 適 法 と 判 断 された 支 出 につい て 一 定 の 限 界 があると 判 断 した 点 で 大 きな 意 義 がある エ 政 務 活 動 費 と 名 前 を 変 え 法 の 条 文 に 議 員 の 調 査 研 究 その 他 の 活 動 という6 文 字 を 付 け 加 えたことにより 従 来 に 比 べると 若 干 使 途 の 範 囲 が 広 くなると 解 釈 する 余 地 がある しかし 住 民 監 査 請 求 書 でも 詳 しく 述 べたが 政 務 活 動 と 政 党 活 動 が 混 在 する 場 合 は 按 分 しなければならず 平 成 25 年 度 の 政 務 活 動 費 について 平 成 21 年 度 の 政 務 調 査 費 と 同 様 の 使 い 方 をしているのであれば それは 7 月 11 日 判 決 に 照 らして 違 法 とな - 3 -

4 らざるを 得 ない オ 7 月 11 日 判 決 の 控 訴 審 ( 以 下 控 訴 審 という )において 被 告 北 海 道 知 事 は 滋 賀 県 議 会 の 自 民 党 会 派 が 自 民 党 滋 賀 県 連 に 対 して 政 務 調 査 費 から 調 査 委 託 費 を 支 出 したことに ついて 適 法 と 判 断 した 判 決 を 証 拠 として 提 出 し 道 議 会 の 支 出 も 適 法 と 主 張 している しかし 上 記 判 決 は 政 務 調 査 費 の 使 途 について はっきりとしたコンセンサスが 出 来 ていない 時 期 の 支 出 についての 判 断 であり 各 地 の 地 方 議 会 で 政 務 調 査 費 や 政 務 活 動 費 に ついての 使 途 基 準 やマニュアルが 作 成 され また 多 くの 司 法 判 断 によって 政 務 調 査 費 の 使 途 が 厳 しく 断 罪 されるようになった 今 日 現 在 においては 平 成 13 年 度 から 平 成 16 年 度 当 時 のような 調 査 委 託 費 の 支 出 をすることは 到 底 許 されない 滋 賀 県 議 会 でも 平 成 17 年 度 に 政 務 調 査 費 のしおり が 改 訂 され 政 務 調 査 費 の 実 費 支 出 の 原 則 や 按 分 支 出 の 原 則 が 定 められて 以 降 調 査 委 託 費 の 支 出 は 劇 的 に 減 っている カ また 仙 台 市 議 会 の 政 務 調 査 費 に 係 る 仙 台 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 11 月 27 日 判 決 では 道 議 会 と 同 様 会 派 の 議 員 控 室 で 勤 務 していた 職 員 の 人 件 費 が 争 点 の 一 つとされていたが 政 務 調 査 費 を 人 件 費 に 全 額 支 出 するには 調 査 研 究 への 専 従 性 が 必 要 であるとした 上 で これ らの 職 員 には 専 従 性 が 認 められないため 2 分 の1は 違 法 と 判 断 している キ 平 成 26 年 10 月 29 日 最 高 裁 判 所 は 岡 山 県 議 会 の 政 務 調 査 費 について 1 万 円 を 下 回 る 領 収 書 についても 全 て 証 拠 として 提 出 するよう 命 じる 決 定 を 下 しており 司 法 は 政 務 調 査 費 の 使 途 の 透 明 性 適 法 性 を 重 くみている ク 調 査 委 託 費 については 過 去 5 回 の 監 査 請 求 でも 問 題 としてきたところだが いずれも 棄 却 されている しかし 今 年 は これまでの 監 査 請 求 とは 異 なり 道 議 会 の 政 務 調 査 費 については 既 に 司 法 判 断 が 下 されている 司 法 の 判 断 の 潮 流 は 明 らかであり また 兵 庫 県 議 の 問 題 を 皮 切 りに 地 方 議 会 の 公 金 の 支 出 に 対 する 市 民 の 目 は いっそう 厳 しくなっている 監 査 委 員 だけが 判 断 について 及 び 腰 になることは その 重 たい 職 責 に 照 らして 決 して 許 されることではなく その 職 責 に 相 応 しい 適 切 な 判 断 を 今 年 こそ 下 していただきたい (2) 法 第 242 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づく 請 求 人 からの 新 たな 証 拠 の 提 出 はなかった 4 実 地 監 査 平 成 26 年 12 月 5 日 道 議 会 事 務 局 に 対 し 政 務 活 動 費 に 係 る 支 出 事 務 等 について 実 地 監 査 を 実 施 し その 後 も 必 要 に 応 じ 調 査 を 行 った 5 監 査 対 象 部 局 からの 事 情 聴 取 平 成 26 年 12 月 15 日 及 び 同 月 25 日 監 査 対 象 部 局 である 道 議 会 事 務 局 から 請 求 人 が 違 法 又 は 不 当 な 支 出 と 主 張 する 事 項 に 対 する 見 解 等 について 聴 取 を 行 った その 主 な 内 容 は 次 の(1) 及 び (2)のとおりであった - 4 -

5 (1) 政 務 活 動 費 について ア 政 務 活 動 費 は 地 方 議 会 の 審 議 能 力 の 強 化 に 向 け 地 方 議 員 の 調 査 活 動 基 盤 の 充 実 を 図 るため 平 成 12 年 の 法 の 一 部 改 正 により 政 務 調 査 費 として 法 制 化 された その 後 全 国 都 道 府 県 議 会 議 長 会 ( 以 下 全 国 議 長 会 という )により 幅 広 い 議 員 活 動 又 は 会 派 活 動 に 充 てることができるよう 法 律 改 正 を 求 める 要 望 が 提 出 されたことなどから 平 成 24 年 9 月 に 政 務 調 査 費 を 政 務 活 動 費 に 改 める 法 の 一 部 改 正 がなされた イ この 改 正 により 交 付 の 趣 旨 が 議 会 の 議 員 の 調 査 研 究 その 他 の 活 動 に 資 するため と 改 められ 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 を 条 例 で 定 めることとされた 道 議 会 においては 全 国 議 長 会 が 示 した 政 務 活 動 費 の 交 付 に 関 する 条 例 ( 例 ) ( 以 下 交 付 条 例 ( 例 ) という ) 及 び 政 務 活 動 費 の 交 付 に 関 する 規 程 ( 例 ) を 参 考 として 平 成 24 年 第 4 回 定 例 道 議 会 において 条 例 を 改 正 し 交 付 の 対 象 となる 活 動 に 要 請 陳 情 等 活 動 費 が 明 記 されるなど 制 度 の 改 正 が 行 われた ウ 道 議 会 では 政 務 活 動 費 を 会 派 及 び 議 員 に 交 付 することとし 会 派 には 月 額 10 万 円 に 会 派 所 属 議 員 数 を 乗 じて 得 た 額 を 議 員 には 月 額 38 万 円 を それぞれ 毎 月 交 付 し 交 付 を 受 けた 会 派 及 び 議 員 は 年 度 終 了 後 30 日 以 内 に 収 支 報 告 書 を 道 議 会 議 長 に 提 出 し 残 余 があ る 場 合 はその 額 を 返 納 することとしている エ 条 例 の 制 定 に 併 せ 制 度 の 趣 旨 や 手 続 き 経 費 の 範 囲 等 を 盛 り 込 んだ 手 引 を 作 成 し 各 会 派 及 び 各 議 員 に 配 布 するとともに 道 議 会 事 務 局 において 随 時 説 明 を 行 い 制 度 内 容 等 について 周 知 に 努 めている オ 政 務 活 動 費 への 制 度 改 正 に 伴 い 調 査 委 託 費 や 事 務 所 費 等 に 係 る 契 約 書 等 を 収 支 報 告 書 に 併 せて 提 出 することとするなどの 改 正 が 行 われた なお 検 討 に 際 しては 全 国 議 長 会 事 務 局 から 示 されている 政 務 活 動 費 に 関 する 考 え 方 も 参 考 としている カ 北 海 道 議 会 の 会 派 及 び 議 員 の 政 務 活 動 費 に 関 する 規 程 ( 以 下 規 程 という ) 第 2 条 第 1 項 では 議 長 は 条 例 第 2 条 に 規 定 する 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 に 関 し 運 用 方 針 を 定 めるものとする とされていることから 道 議 会 では 政 務 活 動 費 の 経 費 の 範 囲 に 関 する 運 用 方 針 ( 以 下 運 用 方 針 という )を 定 めるとともに 手 引 に 収 支 報 告 書 領 収 書 等 の 写 し 等 ( 以 下 収 支 報 告 書 等 という )の 提 出 に 関 する 事 項 等 について 示 している 運 用 方 針 については 政 務 活 動 費 の 取 扱 いの 適 正 を 期 すため その 目 的 や 充 当 の 範 囲 按 分 の 考 え 方 等 について 全 般 的 に 示 すほか 政 務 活 動 費 の 項 目 ごとに 具 体 的 な 経 費 の 範 囲 等 について 必 要 な 事 項 が 定 められている 運 用 方 針 を 含 め 手 引 については 道 議 会 議 長 が 定 めるものであることから 会 派 及 び 議 員 が 政 務 活 動 費 を 執 行 する 上 での 判 断 基 準 と 考 えている キ 議 長 の 調 査 権 は 法 上 は 明 示 されていないが 全 国 議 長 会 が 政 務 調 査 費 の 交 付 に 関 する 条 例 等 の 標 準 例 を 作 成 した 際 に 都 道 府 県 が 支 出 する 経 費 については 予 算 の 適 正 な 執 行 の 観 点 から 一 般 的 には 知 事 の 調 査 検 査 の 権 限 が 及 ぶものであるが 議 員 の 政 治 活 動 の - 5 -

6 自 由 を 確 保 する 観 点 から 全 面 的 に 知 事 の 調 査 検 査 権 に 委 ねることは 適 当 でない 政 務 調 査 費 が 常 に 制 度 の 趣 旨 に 即 して 適 正 な 執 行 が 確 保 されるべきとの 観 点 に 立 って 議 長 に 対 し 必 要 に 応 じ 所 要 の 調 査 が 行 えるよう 条 例 において 定 めることが 適 当 との 考 え 方 が 示 されている 道 議 会 においても その 趣 旨 に 沿 って 条 例 第 10 条 に 道 議 会 議 長 の 調 査 権 を 規 定 し 政 務 活 動 費 に 改 正 した 後 も 同 様 としている 道 議 会 事 務 局 においては 道 議 会 議 長 の 調 査 を 補 佐 するため 道 議 会 議 長 に 提 出 された 収 支 報 告 書 等 について 収 支 や その 内 容 の 整 合 性 など 所 定 の 要 件 を 備 えているかどうかの 確 認 を 行 っている また 平 成 21 年 の 条 例 改 正 により 道 議 会 議 長 の 調 査 を 補 佐 するため 学 識 経 験 者 で 構 成 する 第 三 者 機 関 の 北 海 道 議 会 政 務 活 動 費 調 査 等 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )が 設 置 され 平 成 25 年 度 の 政 務 活 動 費 に 係 る 収 支 報 告 書 等 について 弁 護 士 大 学 教 授 及 び 公 認 会 計 士 の3 名 の 委 員 によって 抽 出 調 査 が 実 施 されている その 後 規 程 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 道 議 会 議 長 から 知 事 に 対 して 収 支 報 告 書 等 の 写 しが 送 付 され 通 知 を 受 けた 知 事 は 当 該 通 知 に 基 づき 残 余 額 が 生 じた 議 員 及 び 会 派 に 対 して 返 納 を 求 めることになる ク 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 関 しては 条 例 第 2 条 第 2 項 により 会 派 に 係 る 政 務 活 動 費 については 別 表 第 1 議 員 に 係 る 政 務 活 動 費 については 別 表 第 2にお いて 規 定 されている 別 表 第 1においては 会 派 が 行 う 道 の 事 務 地 方 行 財 政 等 に 関 する 調 査 研 究 及 び 調 査 委 託 に 要 する 経 費 を 内 容 とする 調 査 研 究 費 などが また 別 表 第 2においては 議 員 が 行 う 活 動 のために 必 要 な 事 務 所 の 設 置 及 び 管 理 に 要 する 経 費 を 内 容 とする 事 務 所 費 議 員 が 行 う 活 動 を 補 助 する 職 員 を 雇 用 する 経 費 を 内 容 とする 人 件 費 などが それぞれ 政 務 活 動 の 経 費 の 項 目 として 定 められている ケ 政 務 活 動 とその 他 の 活 動 が 混 在 する 場 合 の 按 分 については 運 用 方 針 の 第 4において 会 派 及 び 議 員 の 活 動 は 政 務 活 動 と 政 党 活 動 又 は 後 援 会 活 動 等 が 混 在 する 場 合 もあるこ とから 活 動 実 態 や 使 用 実 態 に 応 じた 合 理 的 割 合 で 按 分 する ものとしており 例 えば 後 援 会 等 の 事 務 所 と 兼 ねている 場 合 の 事 務 所 の 賃 借 料 管 理 運 営 費 は 使 用 面 積 や 使 用 頻 度 により 按 分 することなど 費 目 ごとの 客 観 的 な 基 準 により 按 分 方 法 の 例 を 示 している また 活 動 の 実 態 により 明 確 に 区 分 することができない 場 合 は 例 えば 政 務 活 動 と 後 援 会 活 動 とが 混 在 するときは 2 分 の1までとするなどの 按 分 率 の 上 限 を 定 めている いずれにしても 議 員 の 活 動 の 内 容 は 議 員 個 々によって 異 なるため 按 分 比 率 は 議 員 が 活 動 実 態 に 応 じて 判 断 しており 一 律 的 な 整 理 になるものではない なお このことは 会 派 交 付 分 についても 同 様 と 考 えている コ 政 務 活 動 費 については 道 議 会 事 務 局 において 道 議 会 議 長 の 調 査 を 補 佐 するため 書 類 の 確 認 を 行 うとともに 第 三 者 機 関 である 協 議 会 の 委 員 によっても 抽 出 調 査 が 行 われて いる その 際 政 務 活 動 費 としての 計 上 に 疑 義 かし 又 は 運 用 方 針 とのかい 離 が 生 じてい る 場 合 は 当 該 議 員 からの 申 し 出 により 後 日 修 正 した 収 支 報 告 書 が 改 めて 提 出 され 道 議 会 議 長 において これを 受 理 している なお これまでの 措 置 例 の 主 なものとしては 資 料 購 入 費 や 事 務 費 について 計 上 誤 り - 6 -

7 などの 理 由 から 議 員 からの 申 し 出 により 修 正 した 収 支 報 告 書 が 提 出 され 新 たに 生 じ た 残 余 額 の 返 納 が 行 われた 事 例 があった (2) 請 求 人 の 主 張 に 対 する 見 解 等 について ア 自 民 党 道 民 会 議 の 自 民 党 道 連 に 対 する 支 出 について (ア) 法 では 政 務 活 動 費 の 交 付 の 対 象 額 及 び 交 付 の 方 法 については 各 自 治 体 が 条 例 で 定 めることとされており 収 支 報 告 書 の 様 式 記 載 方 法 添 付 書 類 等 についても 各 議 会 の 裁 量 にゆだねられている 条 例 に 定 める 収 支 報 告 書 の 様 式 記 載 方 法 等 は 全 国 議 長 会 が 平 成 24 年 に 示 した 交 付 条 例 ( 例 )に 準 拠 したもので 他 府 県 と 同 様 の 標 準 的 な 取 扱 いとなっている また 道 議 会 においては 平 成 22 年 度 からは 業 務 委 託 調 査 を 行 っ たときなどは 政 務 調 査 活 動 の 内 容 を 記 録 した 活 動 記 録 簿 の 添 付 を 義 務 付 けており 政 務 活 動 費 においても 同 様 の 取 扱 いとしている (イ) 自 民 党 道 民 会 議 の 自 民 党 道 連 に 対 する 支 出 については 会 派 が 行 う 道 の 事 務 地 方 行 財 政 等 に 関 する 調 査 研 究 及 び 調 査 委 託 に 要 する 経 費 として 条 例 で 定 める 収 支 報 告 書 の 様 式 に 基 づき 記 載 され 必 要 な 書 類 が 添 付 されている (ウ) 前 記 支 出 については 活 動 記 録 簿 において 委 託 業 務 の 内 容 や 自 民 党 道 連 による 使 途 の 区 分 が 記 載 されている さらに 自 民 党 道 民 会 議 に 聴 取 したところ 道 政 に 関 する 市 町 村 や 各 種 団 体 の 要 望 等 を 取 りまとめ 道 政 に 反 映 させることなどを 目 的 として 会 派 の 様 々な 政 務 活 動 に 要 す る 業 務 について 専 門 的 なノウハウを 有 し また 会 派 の 目 指 す 道 政 の 方 向 性 を 熟 知 し ている 自 民 党 道 連 に 委 託 したものであり 会 派 の 政 務 活 動 のために 必 要 な 経 費 であると の 説 明 を 受 けている また 委 託 契 約 に 基 づき 自 民 党 道 連 の 職 員 は 過 去 の 定 例 会 における 議 会 議 論 の 分 析 執 行 機 関 に 対 する 照 会 や 説 明 の 聴 取 将 来 において 議 会 議 論 が 想 定 される 事 案 に 係 る 情 報 収 集 や 資 料 の 整 理 など 一 年 を 通 じて 日 常 的 な 連 絡 調 整 の 業 務 に 従 事 していたほ か 代 表 質 問 や 意 見 書 の 作 成 補 助 移 動 政 調 会 団 体 政 策 懇 談 会 定 例 懇 談 会 の 開 催 準 備 業 務 会 派 のホームページの 運 営 管 理 等 の 業 務 に 従 事 していたと 会 派 から 説 明 を 受 けている (エ) 平 成 21 年 度 の 政 務 調 査 費 については 平 成 26 年 7 月 11 日 に 札 幌 地 方 裁 判 所 から 判 決 が 言 い 渡 され 被 告 である 北 海 道 知 事 は この 判 決 を 不 服 として 同 月 24 日 付 けで 札 幌 高 等 裁 判 所 に 控 訴 し 現 在 審 理 が 進 められている 控 訴 理 由 として 自 民 党 道 民 会 議 は 政 務 調 査 業 務 そのものを 委 託 したものであって 委 託 先 である 自 民 党 道 連 が 受 託 業 務 を 処 理 する 過 程 において 受 託 業 務 自 体 に 政 務 調 査 活 動 以 外 の 活 動 が 混 在 する 余 地 は 全 く なく 按 分 の 問 題 が 生 ずることもないと 主 張 している また 北 海 道 知 事 からの 控 訴 に 伴 い 補 助 参 加 人 である 自 民 党 道 民 会 議 の 訴 訟 代 理 人 からも 受 託 者 が 政 党 支 部 であることをもって 委 託 業 務 の 内 容 が 政 党 活 動 に 転 化 した - 7 -

8 り 政 党 活 動 が 混 在 したりすることはなく 判 決 が 按 分 の 根 拠 として 指 摘 した 業 務 を 政 党 活 動 と 評 価 することがそもそも 不 当 であり 政 党 活 動 が 混 在 する 余 地 はないなどの 主 張 をしている なお 平 成 20 年 度 の 政 務 調 査 費 に 関 し 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 4 月 23 日 判 決 におい ては 人 件 費 に 関 し 専 ら 政 務 調 査 活 動 に 従 事 することも 考 えられることから 政 務 調 査 費 全 額 を 計 上 することが 認 められる 旨 判 示 されている 控 訴 審 におけるこれらの 主 張 等 にかんがみ 平 成 25 年 度 の 調 査 委 託 についても 控 訴 審 における 主 張 と 同 様 に 政 務 活 動 以 外 の 活 動 が 混 在 していないことから 按 分 の 問 題 が 生 じないものと 考 えている (オ) 平 成 21 年 度 と 平 成 25 年 度 の 委 託 業 務 は 両 年 度 とも 自 民 党 道 民 会 議 が 自 民 党 道 連 に 道 政 調 査 に 係 る 事 務 等 補 助 業 務 を 委 託 することを 内 容 とした 契 約 であり 契 約 形 態 や 内 容 に 大 きな 変 更 はないものと 承 知 している 平 成 21 年 度 に 支 出 した 政 務 調 査 費 に 関 して 札 幌 地 裁 では 訴 訟 代 理 人 から 北 海 道 出 納 局 が 示 している 調 査 研 究 業 務 委 託 料 積 算 基 準 に 基 づき 委 託 金 額 を 試 算 し 実 際 の 調 査 委 託 費 が 不 当 に 高 額 ではないことを 主 張 しており 平 成 25 年 度 においても 同 様 の 状 況 にあることから 試 算 による 委 託 金 額 が 実 際 の 調 査 委 託 費 を 上 回 っていると 考 えて いる (カ) 会 派 から 党 支 部 に 対 する 委 託 費 に 政 務 活 動 費 を 充 当 することは 大 阪 高 等 裁 判 所 平 成 23 年 9 月 30 日 判 決 においても 認 められている (キ) 仙 台 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 11 月 27 日 判 決 においては 仙 台 市 議 会 における 会 派 控 室 の 常 勤 職 員 が 電 話 来 客 の 対 応 取 次 ぎ 等 の 業 務 に 従 事 したことが 認 められているが 政 務 調 査 活 動 に 従 事 した 業 務 の 内 容 については 判 決 文 に 記 載 されていない 一 方 で 7 月 11 日 判 決 においては 委 託 業 務 に 従 事 している 自 民 党 道 連 の 職 員 が 道 議 会 庁 舎 において 支 援 者 や 後 援 会 マスメディアへの 対 応 の 事 実 は 認 められないと 判 示 されている 道 議 会 の 会 派 における 電 話 来 客 対 応 取 次 ぎ 等 の 業 務 は 道 議 会 事 務 局 が 任 用 する 非 常 勤 職 員 が 対 応 していることから 前 記 仙 台 地 方 裁 判 所 の 判 決 内 容 が 当 てはまるもの ではないと 考 えている イ 民 主 党 道 民 連 合 の 民 主 党 北 海 道 に 対 する 支 出 について (ア) 民 主 党 道 民 連 合 の 民 主 党 北 海 道 に 対 する 支 出 について 民 主 党 道 民 連 合 に 聴 取 したと ころ 道 政 に 関 する 市 町 村 や 各 種 団 体 の 要 望 等 を 取 りまとめ 道 政 に 反 映 させることな どを 目 的 として 会 派 の 様 々な 政 務 活 動 に 要 する 業 務 について 専 門 的 なノウハウを 有 し また 会 派 の 目 指 す 道 政 の 方 向 性 を 熟 知 している 民 主 党 北 海 道 に 委 託 したものであ り 会 派 の 政 務 活 動 のために 必 要 な 経 費 であるとの 説 明 を 受 けている また 委 託 契 約 に 基 づき 民 主 党 北 海 道 の 職 員 は 会 派 の 政 務 活 動 に 関 わる 様 々な 業 務 に 従 事 しているが 自 民 党 道 連 の 職 員 と 同 様 に 過 去 の 定 例 会 における 議 会 議 論 の 分 析 執 行 機 関 に 対 する 照 会 や 説 明 の 聴 取 将 来 において 議 会 議 論 が 想 定 される 事 案 に 係 る 情 報 収 集 や 資 料 の 整 理 など 一 年 を 通 じて 日 常 的 な 連 絡 調 整 の 業 務 に 従 事 していたほ - 8 -

9 か 代 表 質 問 や 意 見 書 の 作 成 補 助 道 政 懇 話 会 の 開 催 準 備 業 務 道 議 会 活 動 の 報 告 の 作 成 などの 業 務 に 従 事 していたと 会 派 から 説 明 を 受 けている (イ) 道 議 会 事 務 局 では 収 支 報 告 書 が 提 出 された 際 に 活 動 記 録 簿 等 について 記 載 内 容 の 整 合 性 や 所 定 の 要 件 を 備 えているかなどの 確 認 を 行 っており 前 記 支 出 に 係 る 収 支 報 告 書 は 条 例 で 定 める 様 式 に 基 づき 記 載 されている (ウ) 平 成 21 年 度 の 政 務 調 査 費 については 控 訴 審 において 知 事 及 び 補 助 参 加 人 が 自 民 党 道 民 会 議 と 同 様 の 主 張 を 行 っており 平 成 25 年 度 においても 政 務 活 動 以 外 の 活 動 が 混 在 していないことから 按 分 の 問 題 が 生 じないものと 考 えている (エ) 平 成 21 年 度 と 平 成 25 年 度 の 委 託 業 務 は 両 年 度 とも 民 主 党 道 民 連 合 が 民 主 党 北 海 道 に 道 政 調 査 に 係 る 事 務 等 補 助 業 務 を 委 託 することを 内 容 とした 契 約 であり 契 約 形 態 や 内 容 に 大 きな 変 更 はないものと 承 知 している 平 成 21 年 度 に 支 出 した 政 務 調 査 費 に 関 して 札 幌 地 裁 では 訴 訟 代 理 人 から 北 海 道 出 納 局 が 示 している 調 査 研 究 業 務 委 託 料 積 算 基 準 に 基 づき 委 託 金 額 を 試 算 し 実 際 の 調 査 委 託 費 が 不 当 に 高 額 ではないことを 主 張 しており 平 成 25 年 度 においても 同 様 の 状 況 にあることから 試 算 による 委 託 金 額 が 実 際 の 調 査 委 託 費 を 上 回 っていると 考 えて いる (オ) 仙 台 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 11 月 27 日 判 決 においては 仙 台 市 議 会 における 会 派 控 室 の 常 勤 職 員 が 電 話 来 客 の 対 応 取 次 ぎ 等 の 業 務 に 従 事 したことが 認 められているが 政 務 調 査 活 動 に 従 事 した 業 務 の 内 容 については 判 決 文 に 記 載 されていない 一 方 で 7 月 11 日 判 決 においては 委 託 業 務 に 従 事 している 民 主 党 北 海 道 の 職 員 が 道 議 会 庁 舎 において 支 援 者 や 後 援 会 マスメディアへの 対 応 の 事 実 は 認 められないと 判 示 されている 道 議 会 の 会 派 における 電 話 来 客 対 応 取 次 ぎ 等 の 業 務 は 道 議 会 事 務 局 が 任 用 する 非 常 勤 職 員 が 対 応 していることから 前 記 仙 台 地 方 裁 判 所 の 判 決 内 容 が 当 てはまるものでは ないと 考 えている ウ 民 主 党 道 民 連 合 のA 団 体 に 対 する 支 出 について (ア) 民 主 党 道 民 連 合 のA 団 体 に 対 する 支 出 について 民 主 党 道 民 連 合 に 聴 取 したところ 雇 用 対 策 や 地 域 医 療 原 発 エネルギー 政 策 等 道 政 に 関 する 代 表 質 問 や 意 見 書 の 文 案 を 作 成 する 際 などに 参 考 とする 政 策 課 題 に 関 する 資 料 や 情 報 の 提 供 等 のための 委 託 である との 説 明 を 受 けている (イ) 道 議 会 事 務 局 においては 収 支 報 告 書 の 活 動 記 録 簿 等 について 記 載 内 容 の 整 合 性 な ど 所 定 の 要 件 を 備 えているかどうかの 確 認 を 行 っており 前 記 支 出 に 係 る 収 支 報 告 書 は 条 例 で 定 める 様 式 に 基 づき 記 載 されている (ウ) 7 月 11 日 判 決 では 平 成 21 年 度 において A 団 体 から 代 表 質 問 や 意 見 書 の 文 案 を 作 成 する 際 などに 政 策 課 題 に 関 する 資 料 や 情 報 の 提 供 を 受 けていたことが 認 められている しかしながら 平 成 20 年 度 以 前 においても 同 様 の 情 報 提 供 を 受 けているにもかかわ らず 平 成 19 年 度 及 び 平 成 20 年 度 においては 政 務 調 査 費 から 調 査 委 託 費 を 支 出 してい - 9 -

10 なかったことから A 団 体 による 資 料 や 情 報 の 提 供 は 対 価 の 支 払 いを 必 須 とするもので はないと 判 示 されている (エ) 控 訴 審 においては 平 成 18 年 度 から 平 成 20 年 度 においても A 団 体 による 資 料 や 情 報 の 提 供 に 対 する 対 価 の 支 払 いが 存 在 していたことから 平 成 21 年 度 における 支 出 が 適 法 であることを 民 主 党 道 民 連 合 の 訴 訟 代 理 人 から 主 張 している (オ) 平 成 25 年 度 においても 平 成 21 年 度 の 委 託 と 同 様 A 団 体 からの 資 料 や 情 報 の 提 供 に 対 する 対 価 が 支 払 われており 控 訴 審 における 主 張 と 同 様 であると 考 えている (カ) A 団 体 への 支 出 については 会 派 から 契 約 書 の 写 しが 提 出 されたほか この 度 の 住 民 監 査 請 求 の 際 に 代 表 質 問 や 意 見 書 等 を 作 成 するための 基 礎 資 料 として A 団 体 から 各 定 例 会 前 に 提 供 された 資 料 等 が 成 果 物 として 会 派 から 提 出 されている なお 平 成 21 年 度 の 調 査 委 託 の 成 果 物 については 民 主 党 道 民 連 合 の 訴 訟 代 理 人 から 訴 訟 の 過 程 で 裁 判 所 へ 提 出 している エ 全 体 について (ア) 政 務 活 動 費 については 条 例 規 程 運 用 方 針 などにより 制 度 内 容 が 具 体 的 に 示 さ れており 併 せて 調 査 委 託 費 として 交 付 されていた 平 成 22 年 度 からは 収 支 報 告 書 と ともに 全 ての 領 収 書 等 の 写 しや 政 務 活 動 の 内 容 を 記 載 した 活 動 記 録 簿 などの 添 付 書 類 の 提 出 が 義 務 付 けられている また 制 度 内 容 や 経 費 の 範 囲 等 についても 必 要 の 都 度 各 会 派 及 び 各 議 員 に 対 して その 周 知 を 図 ってきている (イ) 道 議 会 議 長 に 提 出 された 収 支 報 告 書 及 び 添 付 書 類 については 道 議 会 事 務 局 において 収 支 及 びその 内 容 の 整 合 性 など 所 定 の 要 件 を 備 えているかどうかの 確 認 を 行 うととも に 協 議 会 において 執 行 内 容 の 調 査 を 行 っており 現 行 制 度 の 趣 旨 に 沿 って 適 正 に 処 理 されているものと 考 えている 第 5 監 査 の 結 果 本 件 住 民 監 査 請 求 については 次 のとおり 決 定 した 本 請 求 は これを 棄 却 する 以 下 事 実 関 係 の 確 認 判 断 及 び 意 見 について 述 べる 1 事 実 関 係 の 確 認 (1) 政 務 活 動 費 の 制 度 等 について ア 法 令 の 定 めについて 政 務 活 動 費 は 地 方 議 会 の 活 性 化 を 図 る 趣 旨 から 議 員 の 調 査 活 動 の 基 盤 を 強 化 するな どの 目 的 のため 政 務 調 査 費 として 平 成 12 年 度 に 制 度 化 されたもので 平 成 24 年 9 月 の 法 改 正 により 政 務 活 動 費 へ 制 度 が 改 められた 政 務 活 動 費 は 法 第 100 条 第 14 項 にその 根 拠 を 有 し 同 項 では 交 付 の 対 象 額 及 び 交 付

11 の 方 法 並 びに 当 該 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 は 条 例 で 定 めなければな らない と 規 定 し 同 条 第 15 項 では 条 例 の 定 めるところにより 当 該 政 務 活 動 費 に 係 る 収 入 及 び 支 出 の 報 告 書 を 議 長 に 提 出 するものとする と 規 定 している イ 条 例 及 び 規 程 の 定 めについて 北 海 道 では 法 第 100 条 第 14 項 及 び 第 15 項 に 基 づく 条 例 及 び 規 程 において 次 のとおり 交 付 対 象 等 について 定 めている (ア) 交 付 対 象 について 条 例 第 3 条 において 会 派 及 び 議 員 の 職 にある 者 に 対 し 交 付 する と 定 めている (イ) 交 付 する 額 について 条 例 第 4 条 第 1 項 において 月 額 10 万 円 に 当 該 会 派 の 所 属 議 員 の 数 を 乗 じて 得 た 額 を 会 派 に 対 し 交 付 する と 定 め 同 条 第 2 項 において 所 属 議 員 の 数 は 月 の 初 日 にお ける 各 会 派 の 所 属 議 員 数 による と 定 めている (ウ) 収 支 報 告 書 及 び 添 付 書 類 の 提 出 について 条 例 第 9 条 第 1 項 において 会 派 の 代 表 者 及 び 議 員 は それぞれ 年 度 終 了 日 の 翌 日 か ら 起 算 して30 日 以 内 に 道 議 会 議 長 に 収 支 報 告 書 を 提 出 しなければならないとし 同 条 第 4 項 において 収 支 報 告 書 を 提 出 する 場 合 は すべての 支 出 について 領 収 書 等 の 写 しを 添 付 しなければならないと 定 めている (エ) 議 長 の 調 査 等 について 条 例 第 10 条 において 道 議 会 議 長 は 政 務 活 動 費 の 適 正 な 運 用 を 期 するため 収 支 報 告 書 等 に 関 し 必 要 な 調 査 を 行 うものとし 当 該 調 査 の 遂 行 を 補 佐 させるため 道 議 会 議 長 が 指 名 する3 名 以 内 の 学 識 経 験 を 有 する 者 をもって 構 成 する 協 議 会 を 置 き 当 該 協 議 会 に 必 要 な 調 査 等 を 行 わせることができると 定 めている また 規 程 第 7 条 において 道 議 会 議 長 は 収 支 報 告 書 等 の 確 認 を 行 うとともに 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 従 い 使 用 されているかについて 調 査 等 を 行 うと 定 めている (オ) 政 務 活 動 費 の 返 納 について 条 例 第 11 条 において 会 派 の 代 表 者 又 は 議 員 は その 年 度 において 交 付 を 受 けた 政 務 活 動 費 の 総 額 から 当 該 会 派 又 は 議 員 がその 年 度 において 行 った 政 務 活 動 費 による 支 出 ( 第 2 条 に 規 定 する 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 従 って 行 った 支 出 を いう )の 総 額 を 控 除 して 残 余 がある 場 合 当 該 残 余 の 額 に 相 当 する 額 の 政 務 活 動 費 を 返 納 しなければならない と 定 めている (カ) 証 拠 書 類 等 の 整 理 保 管 等 について 規 程 第 8 条 において 会 派 の 政 務 活 動 費 経 理 責 任 者 及 び 議 員 は 政 務 活 動 費 の 支 出 に ついて 会 計 帳 簿 を 調 製 し その 内 訳 を 明 確 にするとともに 証 拠 書 類 等 を 整 理 保 管 し これらの 書 類 を 当 該 政 務 活 動 費 の 収 支 報 告 書 の 提 出 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 起 算 して5 年 を 経 過 する 日 まで 保 存 しなければならない と 定 めている

12 ウ 運 用 方 針 手 引 について 規 程 第 2 条 第 1 項 において 議 長 は 条 例 第 2 条 に 規 定 する 政 務 活 動 費 を 充 てることが できる 経 費 に 関 し 運 用 方 針 を 定 めるものとする と 定 め 道 議 会 議 長 においては 政 務 活 動 費 の 取 扱 いの 適 正 を 期 するため 運 用 方 針 として 経 費 の 範 囲 の 取 扱 い 等 について 必 要 な 事 項 を 定 めている 道 議 会 議 長 は 政 務 活 動 費 の 概 要 具 体 的 な 経 費 の 範 囲 等 を 定 めた 運 用 方 針 交 付 の 手 続 き 等 をまとめた 手 引 を 定 め 会 派 及 び 議 員 に 対 して 周 知 を 図 っている また 平 成 25 年 3 月 には 議 会 改 革 等 検 討 協 議 会 において 通 算 6 回 にわたる 検 討 を 行 った 上 で 運 用 方 針 等 の 改 正 を 行 っている (2) 調 査 委 託 費 として 充 当 できる 経 費 の 範 囲 等 について ア 政 務 活 動 費 を 充 当 できる 経 費 について 条 例 第 2 条 第 1 項 において 政 務 活 動 費 は 会 派 及 び 議 員 が 実 施 する 調 査 研 究 研 修 広 聴 広 報 要 請 陳 情 住 民 相 談 各 種 会 議 への 参 加 等 道 政 の 課 題 及 び 道 民 の 意 思 を 把 握 し 道 政 に 反 映 させる 活 動 その 他 の 住 民 福 祉 の 増 進 を 図 るために 必 要 な 活 動 ( 以 下 政 務 活 動 という )に 要 する 経 費 に 対 して 交 付 する と 定 め 同 条 第 2 項 において 政 務 活 動 費 は 会 派 にあっては 別 表 第 1に 議 員 にあっては 別 表 第 2に 定 める 政 務 活 動 に 要 する 経 費 に 充 てることができるものとする と 定 めている イ 経 費 の 範 囲 について 条 例 別 表 第 1において 会 派 が 充 てることができる 経 費 として 調 査 研 究 費 は 会 派 が 行 う 道 の 事 務 地 方 行 財 政 等 に 関 する 調 査 研 究 及 び 調 査 委 託 に 要 する 費 用 と 定 めて いる なお 道 の 事 務 地 方 行 財 政 等 には 国 政 に 関 する 事 項 も 含 まれている ウ 経 費 の 範 囲 の 取 扱 いについて 運 用 方 針 では 経 費 の 範 囲 の 取 扱 いとして 調 査 委 託 費 については 業 務 委 託 を 行 っ た 場 合 は 活 動 記 録 を 整 理 するものとし 契 約 書 成 果 物 などにより 実 績 確 認 する とさ れている エ 按 分 による 充 当 運 用 方 針 では 会 派 及 び 議 員 の 活 動 は 政 務 活 動 と 政 党 活 動 又 は 後 援 会 活 動 等 が 混 在 す る 場 合 もあることから 会 派 及 び 議 員 が 政 務 活 動 費 を 充 当 するに 当 たっては 活 動 実 態 や 使 用 実 態 に 応 じた 合 理 的 割 合 で 按 分 するものとする ただし 合 理 的 に 区 分 することが 困 難 な 場 合 は 活 動 等 の 実 態 を 踏 まえ 別 に 掲 げる 按 分 率 を 上 限 として 適 切 に 按 分 するもの とする と 定 めている (3) 道 議 会 の 取 組 みについて ア 道 議 会 事 務 局 による 調 査 について 条 例 第 9 条 の 規 定 により 道 議 会 議 長 に 提 出 された 収 支 報 告 書 等 については 道 議 会 議 長

13 の 調 査 を 補 佐 するため 道 議 会 事 務 局 において 収 支 及 びその 内 容 の 整 合 性 など 所 定 の 要 件 を 備 えているかどうかの 確 認 を 行 っている その 後 規 程 第 6 条 の 規 定 により 道 議 会 議 長 から 知 事 へ 収 支 報 告 書 等 の 写 しが 送 付 されている イ 協 議 会 による 調 査 等 について 条 例 第 10 条 の 規 定 により 収 支 報 告 書 等 に 関 する 道 議 会 議 長 の 調 査 を 補 佐 させるため 弁 護 士 大 学 教 授 及 び 公 認 会 計 士 の3 名 の 学 識 経 験 者 で 構 成 する 協 議 会 を 設 置 している 平 成 25 年 度 支 出 分 については 3 名 の 委 員 が 2 回 一 定 期 間 それぞれ 抽 出 調 査 を 実 施 し その 都 度 協 議 会 で 協 議 の 上 その 調 査 結 果 を 道 議 会 議 長 に 対 し 報 告 している なお 平 成 25 年 度 における 運 用 方 針 を 含 めた 手 引 の 改 正 では 協 議 会 からの 助 言 を 参 考 として 調 査 委 託 費 や 人 件 費 等 に 係 る 契 約 書 を 関 係 帳 票 として 道 議 会 議 長 に 提 出 するこ ととされた (4) 平 成 25 年 度 における 政 務 活 動 費 の 交 付 及 び 返 納 について 平 成 25 年 度 の 政 務 活 動 費 の 交 付 額 については 条 例 に 基 づき 各 会 派 及 び 各 議 員 に 対 して 総 額 で5 億 7,600 万 円 を 支 出 し 2,629 万 1,456 円 が 返 納 されている このうち 自 民 党 道 民 会 議 には5,760 万 円 が 民 主 党 道 民 連 合 には4,560 万 円 が 支 出 され 民 主 党 道 民 連 合 から 残 余 額 129 万 2,050 円 が 返 納 されている (5) 監 査 請 求 の 対 象 となる 支 出 について ア 自 民 党 道 連 への 委 託 について 自 民 党 道 民 会 議 と 自 民 党 道 連 は 平 成 25 年 4 月 1 日 付 けで 政 務 調 査 業 務 委 託 契 約 を 締 結 した この 契 約 に 基 づき 自 民 党 道 民 会 議 は 自 民 党 道 連 に 対 し 毎 月 調 査 委 託 費 を 支 出 しており 当 該 年 度 の 支 出 額 の 合 計 は4,032 万 5,040 円 である イ 民 主 党 北 海 道 への 委 託 について 民 主 党 道 民 連 合 と 民 主 党 北 海 道 は 平 成 25 年 4 月 1 日 付 けで 政 務 調 査 業 務 委 託 契 約 を 締 結 した この 契 約 に 基 づき 民 主 党 道 民 連 合 は 民 主 党 北 海 道 に 対 し 毎 月 調 査 委 託 費 を 支 出 しており 当 該 年 度 の 支 出 額 の 合 計 は2,730 万 円 である ウ A 団 体 への 委 託 について 民 主 党 道 民 連 合 とA 団 体 は 平 成 25 年 4 月 1 日 付 けで 政 務 調 査 業 務 委 託 契 約 を 締 結 した 民 主 党 道 民 連 合 は A 団 体 に 対 し 平 成 25 年 12 月 6 日 に 調 査 委 託 費 として114 万 420 円 を 支 出 している 2 判 断 (1) 政 務 活 動 費 に 係 る 違 法 性 等 について ア 政 務 活 動 費 の 手 続 及 び 執 行 の 基 準 について 政 務 活 動 費 は 上 記 1の(1)のアのとおり 法 に 定 められており 北 海 道 においては 同 イ

14 のとおり 条 例 において 交 付 対 象 額 等 が 規 定 されているとともに 収 支 報 告 書 等 の 提 出 に 係 る 規 定 が 定 められている また 政 務 活 動 費 の 経 費 の 範 囲 については 上 記 1の(2)の とおり 具 体 的 な 項 目 が 定 められ 経 費 の 範 囲 の 取 扱 い 等 については 議 会 改 革 等 検 討 協 議 会 で 協 議 の 上 道 議 会 議 長 が 運 用 方 針 や 交 付 手 続 など 制 度 全 般 についてまとめた 手 引 を 定 め 会 派 及 び 議 員 に 対 して 周 知 を 図 っており 会 派 及 び 議 員 が 政 務 活 動 費 を 執 行 する 上 で の 判 断 基 準 としていることが 認 められる イ 政 務 活 動 費 の 交 付 及 び 返 納 について 平 成 25 年 度 における 政 務 活 動 費 の 支 出 は 条 例 で 定 められた 額 が 各 会 派 及 び 各 議 員 に 交 付 され 道 議 会 議 長 への 収 支 報 告 書 の 提 出 や 領 収 書 等 の 写 しの 添 付 も 条 例 の 規 定 どおり 行 われていた また 残 額 も 適 正 に 返 納 されていた ウ 本 件 における 違 法 性 判 断 について 次 に 政 務 活 動 費 の 支 出 の 違 法 又 は 不 当 については 政 務 調 査 費 に 関 する 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 21 年 9 月 29 日 判 決 ( 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 20 年 11 月 28 日 判 決 を 引 用 )では 本 件 各 支 出 が 区 政 に 関 する 調 査 研 究 に 資 するために 必 要 な 経 費 以 外 の 経 費 に 係 る 支 出 であるか 否 か は 本 件 各 支 出 が 本 件 使 途 基 準 及 び 本 件 申 合 せ 事 項 に 反 するか 否 かを 基 準 に 判 断 するのが 相 当 である と 判 示 されている こうしたことから 本 件 住 民 監 査 請 求 に 当 たっては 交 付 された 政 務 活 動 費 が 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 で 定 められた 経 費 の 範 囲 や 手 引 の 運 用 に 係 る 事 項 に 照 らし これらを 逸 脱 している 場 合 当 該 支 出 は 違 法 又 は 不 当 なものと 判 断 さ れることになると 解 する エ 自 民 党 道 民 会 議 の 自 民 党 道 連 に 対 する 支 出 について (ア) 支 出 の 事 実 及 び 提 出 すべき 書 類 について 自 民 党 道 民 会 議 は 平 成 25 年 度 において 政 務 活 動 費 として5,760 万 円 の 交 付 を 受 け 自 民 党 道 連 に 対 して 調 査 委 託 費 として4,032 万 5,040 円 を 支 出 している 収 支 報 告 書 委 託 業 務 の 内 容 が 記 載 された 活 動 記 録 簿 領 収 書 等 添 付 票 及 び 契 約 書 に ついては 条 例 規 程 運 用 方 針 その 他 手 引 に 従 い 提 出 されていることを 確 認 した (イ) 自 民 党 道 連 への 委 託 の 適 否 について 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 において 特 に 調 査 委 託 先 の 制 限 等 は 設 けられていない ま た 大 阪 高 等 裁 判 所 平 成 23 年 9 月 30 日 判 決 が 県 から 交 付 を 受 けた 本 件 政 務 調 査 費 等 を もって 県 連 に 要 望 事 項 聴 取 活 動 等 の 委 託 費 を 支 払 ったことが 本 件 条 例 等 に 定 める 本 件 政 務 調 査 費 等 の 使 途 基 準 に 反 したものと 認 めることはできない と 判 示 していることか らも 自 民 党 道 連 に 対 し 調 査 委 託 費 を 支 出 することは 認 められるものと 解 される (ウ) 経 費 の 範 囲 の 適 合 性 について a 自 民 党 道 民 会 議 から 自 民 党 道 連 に 対 する 調 査 委 託 の 内 容 は 道 政 に 反 映 させること を 目 的 とした 資 料 情 報 収 集 整 理 地 域 における 政 策 調 査 調 査 結 果 の 集 計 及 び 分 析 連 絡 調 整 を 含 めた 道 政 調 査 に 係 る 事 務 等 補 助 業 務 であることを 確 認 した b 委 託 契 約 に 基 づき 事 業 の 実 績 として 提 出 された 資 料 を 確 認 したところ 委 託 の 実 施

15 過 程 において 作 成 された 代 表 質 問 の 骨 子 や 会 議 の 開 催 案 内 政 策 集 意 見 書 ホーム ページの 写 し 等 の 資 料 が 提 示 され これらが 委 託 の 成 果 物 であることを 確 認 した c 具 体 的 な 事 務 等 補 助 業 務 の 内 容 は 過 去 の 定 例 会 における 議 会 議 論 の 分 析 執 行 機 関 に 対 する 照 会 や 説 明 の 聴 取 将 来 において 議 会 議 論 が 想 定 される 事 案 に 係 る 情 報 収 集 や 資 料 の 整 理 など 一 年 を 通 じて 日 常 的 な 連 絡 調 整 の 業 務 に 従 事 していたほか 代 表 質 問 や 意 見 書 の 作 成 補 助 移 動 政 調 会 団 体 政 策 懇 談 会 定 例 懇 談 会 の 開 催 準 備 業 務 会 派 のホームページの 運 営 管 理 などであった d 業 務 の 実 施 に 当 たっては 自 民 党 道 連 から 自 民 党 道 民 会 議 へ4 名 の 職 員 が 出 向 し 委 託 業 務 に 専 従 したほか 必 要 に 応 じて 自 民 党 道 連 に 勤 務 する 職 員 から1 人 工 程 度 の 応 援 を 受 けながら 上 記 cの 業 務 を 実 施 していた e 本 件 調 査 委 託 費 については 自 民 党 道 連 からの 出 向 者 である 自 民 党 道 民 会 議 の 政 策 審 議 委 員 会 の 職 員 らの 給 与 や 社 会 保 険 料 等 の 人 件 費 移 動 政 調 会 の 開 催 や 中 央 要 請 等 への 出 席 に 係 る 旅 費 などの 経 費 事 務 用 品 の 購 入 費 等 に 用 いられていた f 会 派 は 主 義 や 主 張 を 同 じくする 議 員 により 道 議 会 内 で 結 成 され 法 により 議 員 に 付 与 された 議 決 権 選 挙 権 監 視 権 意 見 表 明 権 等 の 広 範 な 権 限 と 職 責 の 行 使 に 当 た り 結 束 した 行 動 を 取 ることにより 道 政 において 自 らの 目 指 す 政 策 を 実 現 させるこ とを 目 的 とするものであって 政 策 実 現 や 議 会 における 審 議 の 活 性 化 を 図 るための 会 派 の 調 査 研 究 等 に 要 する 経 費 については 法 において 政 務 活 動 費 の 交 付 対 象 とされ ている 本 件 における 委 託 の 成 果 物 や 会 派 の 説 明 により 示 された 調 査 委 託 の 業 務 内 容 は 条 例 に 規 定 する 道 政 の 課 題 や 道 民 の 意 向 を 把 握 し 道 政 に 反 映 させる 活 動 の 範 囲 内 であり 会 派 が 行 うこのような 広 範 な 活 動 を 支 えるための 事 務 等 補 助 業 務 であると 認 められる g このような 調 査 委 託 に 対 して 政 務 活 動 費 を 支 出 することは 条 例 や 運 用 方 針 で 定 め られた 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 を 逸 脱 するものではない (エ) 請 求 人 の 主 張 について a 請 求 人 は 調 査 委 託 費 の 支 出 先 が 会 派 の 所 属 する 政 党 の 支 部 等 の 団 体 であること 支 出 金 額 が1 箇 月 ごとにおおむね 一 定 額 であることなどに 照 らすと 上 記 支 出 は 具 体 的 な 調 査 を 委 託 し その 対 価 として 支 出 されたものとは 認 定 しがたく 政 務 活 動 費 を 政 務 活 動 以 外 の 用 途 に 用 いるための 方 便 として 利 用 した 可 能 性 すらうかがわれると 主 張 している しかし 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 において 委 託 先 については 制 限 されていないのは 上 記 (イ)のとおりであり 委 託 料 の 支 払 いは 契 約 で 定 めたとおり 行 われており 一 定 期 間 を 通 じて 継 続 して 業 務 を 遂 行 することを 目 的 とする 委 託 契 約 において 分 割 して 毎 月 一 定 額 の 支 払 いを 行 うことは 一 般 に 認 められる 支 払 方 法 であると 考 えられる また 成 果 物 等 から 委 託 業 務 を 実 施 した 事 実 を 確 認 した

16 b 請 求 人 は 上 記 委 託 には 政 党 活 動 としての 側 面 があるとして 少 なくとも2 分 の 1は 違 法 であると 主 張 している この 点 について 前 記 (ウ)のbで 確 認 した 成 果 物 の 大 部 分 は 自 民 党 道 民 会 議 の 名 前 で 行 われた 業 務 に 関 するものであったが 一 部 に 自 民 党 道 連 及 びその 構 成 団 体 ( 以 下 自 民 党 道 連 等 という )の 名 前 で 行 っているもの 自 民 党 道 民 会 議 と 自 民 党 道 連 が 共 催 の 形 式 をとったものがあった また 同 成 果 物 の 中 には 国 の 施 策 や 予 算 など 国 政 に 関 する 事 項 を 扱 うものが 含 ま れていた しかし 監 査 の 過 程 において 監 査 対 象 部 局 から 自 民 党 道 連 が 行 っている 業 務 に ついては 情 報 収 集 のため 会 議 に 出 席 したものであり 自 民 党 道 連 等 と 共 催 した 業 務 に ついては 費 用 や 労 務 の 分 担 を 行 っているなどの 説 明 が 行 われており これを 否 定 する 事 実 は 認 められなかった また 国 政 に 関 する 事 項 を 含 む 業 務 も 意 見 書 の 作 成 や 国 への 要 望 提 示 代 表 質 問 等 の 参 考 となるなど 道 政 に 関 する 情 報 収 集 を 目 的 とした 業 務 であり さらに 運 用 方 針 等 においては 国 政 に 関 する 事 項 を 含 む 業 務 が 調 査 委 託 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 含 まれていることが 明 確 化 されている 本 件 と 同 様 の 会 派 から 政 党 支 部 への 業 務 委 託 に 関 する 支 出 について 争 われた 大 阪 高 等 裁 判 所 平 成 23 年 9 月 30 日 判 決 では 本 件 各 会 派 の 活 動 と 県 連 のそれとは 重 なる 部 分 も 多 く 政 治 的 理 念 も 共 通 する 面 が 多 いと 解 されるから 県 連 が 本 件 委 託 に 係 る 業 務 を 受 託 者 である 県 連 の 名 前 で 行 っていたからといって そのことから 直 ちに 本 件 各 会 派 からの 委 託 業 務 の 遂 行 の 仕 方 として 不 当 とまではいえないし 当 該 業 務 が 県 連 の 業 務 であり 本 件 各 会 派 の 業 務 ではないということもできない と 判 示 しているとお り 自 民 党 道 連 等 の 名 前 で 行 われた 業 務 が 直 ちに 不 当 となるものではない なお 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 25 年 1 月 31 日 判 決 では 特 定 の 活 動 が 政 務 調 査 活 動 と 政 治 活 動 の 性 質 を 併 せ 持 つ 場 合 があることは 否 定 できないから その 活 動 のための 政 務 調 査 費 を 支 出 する 場 合 その 活 動 が 専 らあるいは 主 として 選 挙 で 当 選 することを 目 的 とする 政 治 活 動 であることが 明 白 な 場 合 は 格 別 そうでないときは その 支 出 が 本 件 規 程 に 定 める 政 務 調 査 費 の 使 途 基 準 に 合 致 している 場 合 は 当 該 支 出 をもって 違 法 ということは 困 難 である と 判 示 しており 本 件 において 専 らあるいは 主 として 選 挙 で 当 選 することなどを 目 的 とする 活 動 は 含 まれていなかった したがって 本 件 委 託 業 務 には 請 求 人 が 主 張 するような 政 党 活 動 の 側 面 は 認 めら れなかった (オ) 結 論 上 記 のとおり 監 査 の 過 程 で 確 認 した 書 類 等 と 監 査 対 象 部 局 の 説 明 には 整 合 性 があり これに 反 する 事 実 は 認 められなかった よって 請 求 人 の 主 張 を 考 慮 してもなお 上 記 (ア) の 支 出 が 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 で 定 められた 経 費 の 範 囲 や 手 引 の 運 用 に 係 る 事 項 から

17 逸 脱 したものと 解 することはできず 同 支 出 が 違 法 又 は 不 当 な 支 出 であるとは 認 められ ない オ 民 主 党 道 民 連 合 の 民 主 党 北 海 道 に 対 する 支 出 について (ア) 支 出 の 事 実 及 び 提 出 すべき 書 類 について 民 主 党 道 民 連 合 は 平 成 25 年 度 において 政 務 活 動 費 として4,560 万 円 の 交 付 を 受 け 民 主 党 北 海 道 に 対 して 調 査 委 託 費 として2,730 万 円 を 支 出 したことを 確 認 した 収 支 報 告 書 委 託 業 務 の 内 容 が 記 載 された 活 動 記 録 簿 領 収 書 等 添 付 票 及 び 契 約 書 に ついては 条 例 規 程 運 用 方 針 その 他 手 引 に 従 い 提 出 されていることを 確 認 した (イ) 民 主 党 北 海 道 への 委 託 の 適 否 について 上 記 エの(イ)のとおり 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 並 びに 判 例 により 民 主 党 北 海 道 に 対 し 調 査 委 託 費 を 支 出 することは 認 められていると 解 される (ウ) 経 費 の 範 囲 の 適 合 性 について a 民 主 党 道 民 連 合 から 民 主 党 北 海 道 に 対 する 調 査 委 託 内 容 は 道 政 に 反 映 させること を 目 的 とした 資 料 情 報 収 集 整 理 地 域 における 政 策 調 査 調 査 結 果 の 集 計 及 び 分 析 調 査 結 果 に 基 づく 提 言 などの 策 定 補 助 連 絡 調 整 を 含 めた 道 政 調 査 に 係 る 事 務 等 補 助 業 務 であることを 確 認 した b 委 託 契 約 に 基 づき 事 業 の 実 績 として 提 出 された 資 料 を 確 認 したところ 委 託 の 実 施 過 程 において 作 成 された 代 表 質 問 の 要 旨 や 要 望 提 言 を 含 む 議 会 活 動 報 告 や 会 議 の 開 催 概 要 次 第 及 び 出 席 者 名 簿 提 言 要 望 書 等 の 資 料 が 提 示 され これらが 委 託 の 成 果 物 であることを 確 認 した c 具 体 的 な 事 務 等 補 助 業 務 の 内 容 は 過 去 の 定 例 会 における 議 会 議 論 の 分 析 執 行 機 関 に 対 する 照 会 や 説 明 の 聴 取 将 来 において 議 会 議 論 が 想 定 される 事 案 に 係 る 情 報 収 集 や 資 料 の 整 理 など 一 年 を 通 じて 日 常 的 な 連 絡 調 整 の 業 務 に 従 事 していたほか 代 表 質 問 や 意 見 書 の 作 成 補 助 道 政 懇 話 会 の 開 催 準 備 業 務 道 議 会 活 動 の 報 告 の 作 成 などであった d 業 務 の 実 施 に 当 たっては 民 主 党 北 海 道 から 民 主 党 道 民 連 合 へ3 名 の 職 員 が 出 向 し 上 記 cの 業 務 に 専 従 していた e 本 件 調 査 委 託 費 については 民 主 党 北 海 道 からの 出 向 者 である 民 主 党 道 民 連 合 の 政 策 審 議 会 の 職 員 の 給 与 や 社 会 保 険 料 等 の 人 件 費 に 用 いられていた f 会 派 は 主 義 や 主 張 を 同 じくする 議 員 により 道 議 会 内 で 結 成 され 法 により 議 員 に 付 与 された 議 決 権 選 挙 権 監 視 権 意 見 表 明 権 等 の 広 範 な 権 限 と 職 責 の 行 使 に 当 た り 結 束 した 行 動 を 取 ることにより 道 政 において 自 らの 目 指 す 政 策 を 実 現 させるこ とを 目 的 とするものであって 政 策 実 現 や 議 会 における 審 議 の 活 性 化 を 図 るための 会 派 の 調 査 研 究 等 に 要 する 経 費 については 法 において 政 務 活 動 費 の 交 付 対 象 とされ ている 本 件 における 委 託 の 成 果 物 や 会 派 の 説 明 により 示 された 調 査 委 託 の 業 務 内 容 は 条

18 例 に 規 定 する 道 政 の 課 題 や 道 民 の 意 向 を 把 握 し 道 政 に 反 映 させる 活 動 の 範 囲 内 であり 会 派 が 行 うこのような 広 範 な 活 動 を 支 えるための 事 務 等 補 助 業 務 であると 認 められる g このような 調 査 委 託 に 対 して 政 務 活 動 費 を 支 出 することは 条 例 や 運 用 方 針 で 定 め られた 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 を 逸 脱 するものではない (エ) 請 求 人 の 主 張 について a 請 求 人 は 調 査 委 託 費 の 支 出 先 が 会 派 の 所 属 する 政 党 の 支 部 等 の 団 体 であること 支 出 金 額 が1 箇 月 ごとにおおむね 一 定 額 であることなどに 照 らすと 上 記 支 出 は 具 体 的 な 調 査 を 委 託 し その 対 価 として 支 出 されたものとは 認 定 しがたく 政 務 活 動 費 を 政 務 活 動 以 外 の 用 途 に 用 いるための 方 便 として 利 用 した 可 能 性 すらうかがわれると 主 張 している しかし 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 において 委 託 先 については 制 限 されておらず 委 託 料 の 支 払 いは 契 約 で 定 めたとおり 行 われており 一 定 期 間 を 通 じて 継 続 して 業 務 を 遂 行 することを 目 的 とする 委 託 契 約 において 分 割 して 毎 月 一 定 額 の 支 払 いを 行 うこ とは 一 般 に 認 められる 支 払 方 法 であると 考 えられる また 成 果 物 等 から 委 託 業 務 を 実 施 した 事 実 を 確 認 した b 請 求 人 は 上 記 委 託 には 政 党 活 動 としての 側 面 があるとして 少 なくとも2 分 の 1は 違 法 であると 主 張 している この 点 について 前 記 (ウ)のbで 確 認 した 成 果 物 の 大 部 分 は 民 主 党 道 民 連 合 の 名 前 で 行 われた 業 務 に 関 するものであったが 一 部 に 民 主 党 道 民 連 合 と 民 主 党 北 海 道 及 びその 地 域 組 織 ( 以 下 民 主 党 北 海 道 等 という )が 共 催 の 形 式 を 取 ったものがあっ た また 同 成 果 物 の 中 には 国 の 施 策 や 予 算 など 国 政 に 関 する 事 項 を 扱 うものが 含 ま れていた しかし 監 査 の 過 程 において 監 査 対 象 部 局 から 民 主 党 北 海 道 等 と 共 催 の 形 式 を 取 っている 業 務 については 開 催 名 義 を 慣 習 上 共 催 としているに 過 ぎず 会 派 の 業 務 として 実 施 しているなどの 説 明 が 行 われており これを 否 定 する 事 実 は 認 められなか った また 政 務 活 動 費 において 国 政 に 関 する 事 項 を 含 む 業 務 も 意 見 書 の 作 成 や 国 へ の 要 望 提 言 代 表 質 問 等 の 参 考 となるなど 道 政 に 関 する 情 報 収 集 を 目 的 とした 業 務 であり さらに 運 用 方 針 等 においては 国 政 に 関 する 事 項 を 含 む 業 務 が 調 査 委 託 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 含 まれることが 明 確 化 されている 民 主 党 北 海 道 等 の 名 前 で 行 われた 業 務 が 直 ちに 不 当 となるものではないことは 前 記 エの(エ)のbで 引 用 した 大 阪 高 等 裁 判 所 平 成 23 年 9 月 30 日 で 判 示 しているとおりであ る なお 本 件 において 前 記 エの(エ)のbで 示 すような 専 らあるいは 主 として 選 挙 で 当 選 することなどを 目 的 とする 活 動 は 認 められなかった

19 したがって 本 件 委 託 業 務 には 請 求 人 が 主 張 するような 政 党 活 動 の 側 面 は 認 めら れなかった (オ) 結 論 上 記 のとおり 監 査 の 過 程 で 確 認 した 書 類 等 と 請 求 人 の 主 張 を 考 慮 してもなお 上 記 (ア) の 支 出 が 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 で 定 められた 経 費 の 範 囲 や 手 引 の 運 用 に 係 る 事 項 から 逸 脱 したものと 解 することはできず 同 支 出 が 違 法 又 は 不 当 な 支 出 であるとは 認 められ ない カ 民 主 党 道 民 連 合 のA 団 体 に 対 する 支 出 について (ア) 支 出 の 事 実 及 び 提 出 すべき 書 類 について 民 主 党 道 民 連 合 は 平 成 25 年 度 において 政 務 活 動 費 として4,560 万 円 の 交 付 を 受 け A 団 体 に 対 して 調 査 委 託 費 として114 万 円 420 円 を 支 出 している 収 支 報 告 書 委 託 業 務 の 内 容 が 記 載 された 活 動 記 録 簿 領 収 書 等 添 付 票 及 び 契 約 書 に ついては 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 に 従 い 提 出 されている (イ) 経 費 の 範 囲 の 適 合 性 について 民 主 党 道 民 連 合 からA 団 体 に 対 する 調 査 委 託 内 容 は 雇 用 対 策 や 地 域 医 療 原 発 エ ネルギー 政 策 等 道 政 に 関 する 代 表 質 問 や 意 見 書 の 文 案 を 作 成 する 際 などに 政 策 課 題 に 関 する 資 料 や 情 報 の 提 供 等 に 係 る 委 託 業 務 であることを 確 認 した また 委 託 契 約 に 基 づき 事 業 の 実 績 として 提 出 された 資 料 を 確 認 したところ 各 定 例 道 議 会 毎 に 提 供 された 資 料 やアンケート 調 査 に 係 る 資 料 の 提 示 を 受 け 委 託 の 成 果 物 で あることを 確 認 した 本 件 調 査 委 託 費 については 各 定 例 道 議 会 毎 の 意 見 交 換 に 係 る 会 場 使 用 料 等 の 会 議 費 や 資 料 作 成 に 係 る 経 費 に 用 いられていた このような 調 査 委 託 に 対 して 政 務 活 動 費 を 支 出 することは 条 例 及 び 運 用 方 針 に 定 め られた 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 として 認 められるものである (ウ) 請 求 人 の 主 張 について 請 求 人 は 7 月 11 日 判 決 を 引 用 し 同 様 に 全 額 を 違 法 とすべきと 主 張 している しかし 成 果 物 等 から 委 託 業 務 を 実 施 した 事 実 が 確 認 できており また 委 託 業 務 に おいて A 団 体 から7 町 村 で 実 施 した 原 子 力 防 災 訓 練 に 関 する 住 民 アンケート 調 査 の 結 果 などが 情 報 提 供 されており 道 議 会 でこの 点 について 質 問 が 行 われていることから 平 成 25 年 度 における 委 託 業 務 が 対 価 を 支 払 うことを 要 しないものであるとは 評 価 できな い (エ) 結 論 以 上 により 請 求 人 の 主 張 を 考 慮 してもなお 上 記 (ア)の 支 出 が 条 例 規 程 及 び 運 用 方 針 で 定 められた 経 費 の 範 囲 や 手 引 の 運 用 に 係 る 事 項 から 逸 脱 したものと 解 することはで きず 同 支 出 が 違 法 又 は 不 当 な 支 出 であるとは 認 められない

20 (2) 条 例 の 改 正 等 について 上 記 (1)で 述 べたとおり 政 務 活 動 費 の 交 付 に 違 法 性 が 認 められないこと 政 務 活 動 費 への 制 度 の 改 正 に 伴 い 条 例 に 議 長 は 政 務 活 動 費 の 使 途 の 透 明 性 の 確 保 に 努 めるものとする と 新 たに 定 められたことから 条 例 の 改 正 等 については 消 極 的 に 解 するものである 第 6 意 見 今 回 の 監 査 を 通 じての 監 査 委 員 としての 意 見 を 述 べる 議 会 は 法 上 付 与 された 権 限 を 行 使 することにより 執 行 機 関 に 対 する 監 視 の 機 能 を 果 たしてい る 政 務 活 動 費 は 議 会 がこのような 機 能 を 果 たすために 行 われる 会 派 及 び 議 員 の 広 範 な 活 動 に 使 用 されており その 使 途 については 執 行 機 関 や 他 の 会 派 からの 干 渉 を 防 止 する 必 要 がある ことなどから 使 途 や 報 告 書 への 記 載 には 議 会 の 自 律 や 議 員 の 合 理 的 判 断 に 委 ねられている 部 分 があると 考 えられている 一 方 で 交 付 される 政 務 活 動 費 の 原 資 は 貴 重 な 税 金 等 であることから 条 例 等 に 沿 った 適 切 な 執 行 が 求 められるとともに 議 員 等 の 判 断 の 合 理 性 に 疑 いが 向 けられた 場 合 には その 使 途 等 について 説 明 責 任 を 果 たすことが 求 められる これまで 道 議 会 では 政 務 調 査 費 に 関 する 条 例 及 び 規 程 について 平 成 21 年 3 月 31 日 の 改 正 では 収 支 報 告 書 にすべての 支 出 について 領 収 書 等 の 写 しを 添 付 することとされ 同 年 7 月 10 日 の 改 正 では 道 議 会 議 長 の 収 支 報 告 書 等 の 調 査 に 当 たり これを 補 佐 するために 道 議 会 議 長 が 指 名 する3 名 以 内 の 学 識 経 験 者 からなる 協 議 会 を 置 くこととされた また 政 務 調 査 費 か ら 政 務 活 動 費 に 制 度 が 改 められた 際 の 平 成 25 年 3 月 25 日 の 運 用 方 針 改 正 では 第 三 者 機 関 であ る 協 議 会 の 意 見 を 踏 まえて 道 議 会 議 長 において 保 管 する 書 類 の 範 囲 を 広 げるなどの 取 組 みも 行 われてきたところである しかし 今 回 の 監 査 においては 活 動 記 録 簿 に 内 容 が 具 体 的 に 記 載 されていないもの 契 約 の 仕 様 や 成 果 が 書 面 で 明 らかになっていないもの 変 更 契 約 の 書 面 を 作 成 していないものが 見 受 けられた これらは 直 ちに 支 出 自 体 が 不 当 となるものではないが 納 税 者 である 道 民 に 対 する 説 明 責 任 といった 面 からは その 責 任 を 十 分 に 果 たしているとは 言 い 難 いものである 近 年 政 務 活 動 費 については 全 国 的 に 関 心 が 高 まっており 現 在 道 においても3 件 の 訴 訟 が 係 属 中 であり その 行 方 に 対 して 道 民 の 厳 しい 目 が 向 けられている このようなことから 道 議 会 においては 道 議 会 議 長 が 行 う 調 査 を 補 佐 させるために 設 置 さ れた 第 三 者 機 関 である 協 議 会 の 機 能 を 十 分 に 活 用 するなどして 今 後 とも 政 務 活 動 費 の 規 程 やそ の 運 用 等 について 不 断 に 改 善 や 工 夫 を 行 うとともに 各 会 派 及 び 各 議 員 においては その 使 途 等 に 関 し 今 後 一 層 の 透 明 性 を 確 保 し 道 民 に 対 して 説 明 責 任 を 果 たしていくことを 強 く 期 待 す るものである

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2004年度第2回定期監査(学校)事情聴取事項

2004年度第2回定期監査(学校)事情聴取事項 写 10 町 監 第 75 号 の3 2010 年 7 月 29 日 請 求 人 様 町 田 市 監 査 委 員 小 西 弘 子 同 木 下 健 治 同 佐 藤 洋 子 同 藤 田 学 町 田 市 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 通 知 書 ( 町 田 市 職 員 措 置 請 求 について) 2010 年 6 月 2 日 付 けで 請 求 のあった 標 記 のことについて 地 方 自 治 法

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県 諮 問 庁 : 秋 田 県 知 事 諮 問 日 : 平 成 19 年 5 月 17 日 ( 諮 問 第 89 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 11 月 16 日 ( 答 申 第 51 号 ) 事 件 名 : 国 民 健 康 保 険 審 査 会 に 係 る 文 書 の 部 分 公 開 決 定 処 分 に 対 する 異 議 申 立 てに 関 する 件 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 秋

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

固定資産評価審査申出とは

固定資産評価審査申出とは H28.4 伊 那 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 1 固 定 資 産 評 価 審 査 申 出 とは 固 定 資 産 税 の 納 税 者 は 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 価 格 に 不 服 がある 場 合 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 審 査 の 申 出 ( 以 下 審 査 申 出 といいます )ができます 固 定 資 産 評 価 審 査 委

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

Taro-1-14A記載例.jtd

Taro-1-14A記載例.jtd 募 集 株 式 の 発 行 ( 非 公 開 会 社 のうち 非 取 締 役 会 設 置 会 社 ) 受 付 番 号 票 貼 付 欄 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 会 社 法 人 等 番 号 0000-00 - 000000 分 かる 場 合 に 記 載 してください 1. 商 号 1. 本 店 1. 登 記 の 事 由 商 事 株 式 会 社 県 市 町 丁 目 番 号 募 集

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 1 8 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 9 5 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 2 年 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 5 1 4 号 ) 事 件 名 : 法 人 課 税 部 門 における 消 費 税 還 付 申 告 に 係 る 事 務 処 理 手

More information

1 物品管理の内部統制について

1 物品管理の内部統制について 22 高 行 管 第 135 号 平 成 22 年 6 月 30 日 高 知 県 監 査 委 員 様 高 知 県 知 事 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 する 措 置 について( 通 知 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 付 け 21 高 監 報 第 15 号 で 報 告 のありました 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 して 下 記 のとおり 措 置

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

別 紙

別 紙 答 申 第 179 号 ( 諮 問 第 225 号 ) 答 申 1 審 査 会 の 結 論 埼 玉 県 知 事 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 平 成 23 年 10 月 23 日 付 けで 行 った 現 在 の 男 女 共 同 参 画 推 進 センターの 事 業 コーディネータが 前 任 者 から 引 き 受 けた 事 務 引 継 書 ( 相 当 文 書 を 含 む) を 作 成 していないとして

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information