第1回ごみ焼却施設用地検討部会議事録(概要)

Size: px
Start display at page:

Download "第1回ごみ焼却施設用地検討部会議事録(概要)"

Transcription

1 第 14 回 鎌 倉 市 生 活 環 境 整 備 審 議 会 議 事 録 ( 概 要 ) 1 開 催 日 時 平 成 27 年 2 月 27 日 ( 金 )14 時 00 分 から 16 時 00 分 まで 2 開 催 場 所 鎌 倉 市 笛 田 リサイクルセンター 3 出 席 者 坂 本 委 員 安 田 委 員 4 事 務 局 石 井 環 境 部 部 長 小 池 環 境 部 次 長 遠 藤 環 境 施 設 課 課 長 近 藤 環 境 施 設 課 課 長 補 佐 齋 藤 環 境 施 設 課 課 長 補 佐 大 宮 環 境 センター 担 当 課 長 補 佐 花 田 環 境 施 設 課 環 境 施 設 担 当 5 傍 聴 者 8 名 6 協 議 内 容 鎌 倉 市 ごみ 焼 却 施 設 基 本 計 画 ( 案 )について (1) 鎌 倉 市 ごみ 焼 却 施 設 基 本 計 画 ( 案 )の 修 正 事 項 について (2) 第 2 章 ごみ 焼 却 施 設 の 建 設 用 地 第 6 章 土 木 建 築 工 事 計 画 等 について (3) その 他 7 配 付 資 料 (1) 資 料 1 鎌 倉 市 ごみ 焼 却 施 設 基 本 計 画 ( 素 案 2) 8 会 議 の 概 要 主 な 質 疑 応 答 等 の 内 容 は 次 のとおりです 開 会 配 布 資 料 の 確 認 小 池 次 長 傍 聴 者 議 事 録 の 確 認 配 布 された 議 事 録 は 第 13 回 鎌 倉 市 生 活 環 境 整 備 審 議 会 の 議 事 録 である 配 布 された 内 容 でよ ろしいか ( 了 承 ) 特 に 意 見 がないようなので 前 回 の 議 事 録 を 確 定 とする 事 務 局 は 鎌 倉 市 のホームページへの 掲 載 をお 願 いしたい それでは 本 日 の 協 議 に 入 る 事 務 局 から 説 明 をお 願 いする 齋 藤 課 長 補 佐 資 料 1 鎌 倉 市 ごみ 焼 却 施 設 基 本 計 画 ( 素 案 2) を 基 に 説 明 を 行 った 前 回 の 審 議 会 における 指 摘 事 項 は 修 正 いただいた それ 以 外 にもご 感 想 ご 意 見 等 があればお 願 いしたい 1

2 P15 の 単 位 容 積 重 量 の 設 定 に 関 する 手 順 について 記 載 があるが ここでは 単 位 容 積 重 量 を 出 して 単 位 容 積 重 量 の 軽 いごみを 高 質 ごみ 重 いごみを 低 質 ごみとしているようにみえる 一 般 的 に ご み 質 とは 低 位 発 熱 量 を 指 すので 少 し 書 き 方 が 違 うのではないかと 思 う 次 に P20 に 焼 却 方 式 と ごみ 燃 料 化 方 式 炭 化 方 式 という 言 葉 が 出 てきており P24 に 焼 却 方 式 の 種 類 が 載 っている 一 方 P27 にも 焼 却 方 式 という 言 葉 が 出 てくるが この 焼 却 方 式 と 前 半 の 焼 却 方 式 の 意 味 が 違 っている P21 P22 にごみ 処 理 費 のことが 記 載 されており 焼 却 方 式 は 7,000 円 /t となっているが P28 では 焼 却 方 式 は 5,000 円 /t となっている 出 典 が 同 じであるのに 金 額 が 違 っている 書 くか 書 かないかは 別 として P51 に 水 銀 除 去 設 備 について 記 載 されているが 通 常 は 乾 電 池 蛍 光 灯 等 の 分 別 収 集 がしっかりとされていれば 仮 に 少 し 混 入 していたとしてもバグフィルタで 除 去 は 十 分 可 能 である しかし 血 圧 計 などが 大 量 に 入 ってくると 問 題 であるから 水 銀 を 含 む ごみの 排 出 については 排 出 者 向 けに 注 意 喚 起 と 周 知 を 図 ることが 大 切 です ということになるの で このようなことを 記 載 してはどうか P57 について 法 令 順 守 と 危 機 管 理 は 概 念 が 違 うのではないか P58 の 作 業 環 境 対 策 について 飲 料 用 タンク ポンプ 類 は 粉 じんの 発 生 しない 専 用 室 に 収 納 とあるが このような 記 載 は 初 めて 見 た また 4)に 散 水 設 備 排 水 設 備 換 気 設 備 とあるが 安 全 対 策 においては 換 気 設 備 の 重 要 性 が 高 いと 思 われるため 並 び 替 えをして 前 に 記 載 する 方 が 良 いのではないか それから P72 下 から 4 行 目 に 発 電 効 率 と 温 室 効 果 ガス 排 出 量 はトレードオフの 関 係 にある とされているが 発 電 効 率 が 上 がれば 温 室 効 果 ガスは 減 るので 両 方 にとって 良 いことになるの で トレードオフという 表 現 は 違 うのではないか P75 の 維 持 管 理 という 言 葉 の 概 念 が 曖 昧 である 補 修 を 指 す 場 合 と 施 設 全 体 の 運 営 を 指 す 場 合 があるため 場 内 使 用 といった 言 葉 にした 方 が 良 いのではないか P76 も 同 様 である P81 の 表 について 東 日 本 大 震 災 と 阪 神 淡 路 大 震 災 の 比 較 が 出 ているが 我 々の 記 憶 では 東 日 本 大 震 災 の 方 が 大 きな 災 害 であったと 思 うが 資 料 データが 阪 神 淡 路 大 震 災 の 方 が 多 くなっ ている これは 東 日 本 大 震 災 は 重 大 な 被 害 を 中 心 に 書 いているのに 対 して 阪 神 淡 路 大 震 災 は 小 ~ 中 程 度 の 被 害 までも 記 載 されているからだと 思 う 整 理 をするか 注 記 をした 方 が 良 い P92 の 表 に 規 模 別 建 設 単 価 が 記 載 されているが 2 炉 構 成 の 場 合 と 1 炉 構 成 の 場 合 とでは 違 ってくるはずである 概 算 費 用 であるため これで 良 いという 考 えもあるのかもしれないが 注 記 を 付 けた 方 が 良 い ありがとうございました 字 句 修 正 や 注 記 を 入 れるといったことは 事 務 局 にお 任 せしたいと 思 う 整 理 の 仕 方 について 焼 却 方 式 という 言 葉 に 灰 溶 融 を 入 れている 場 合 と 入 れていない 場 合 があった 整 理 の 仕 方 がページによって 違 うと このような 単 価 の 違 いも 出 てくるというご 指 摘 であった 注 意 して 整 理 していただき できればコストは 統 一 したほうが 誤 解 を 招 かなくて 良 い 水 銀 の 件 については 量 が 多 く 出 ることが 問 題 になると 思 われるが いかがか 2

3 安 田 委 員 持 込 の 際 に 展 開 検 査 をすればある 程 度 防 げると 思 われるので そういった 対 応 をするのが 良 い のではないか 通 常 焼 却 に 関 しては 水 銀 が 大 量 に 入 ってくることはないので あとは 分 別 を しっかりとしてもらうように 通 知 を 出 すと 良 い 用 語 の 使 い 方 について 危 機 管 理 とコンプライアンスはスタンスが 違 うのではないかというご 指 摘 があった また トレードオフというのはどちらかを 立 てればどちらかが 立 たない 場 合 を 指 すので 両 方 とも 立 つ 場 合 はトレードオフという 表 現 にならないといったご 意 見 であった 維 持 管 理 費 については どういう 区 分 けで 維 持 管 理 費 としているのかというご 意 見 であった どこまでの 範 囲 を 維 持 管 理 としているのかが 曖 昧 である 運 転 管 理 点 検 補 修 清 掃 すべてを 指 して 維 持 管 理 という 場 合 と 定 期 点 検 整 備 や 部 品 の 交 換 だけを 維 持 管 理 という 場 合 がある 単 位 容 積 重 量 データの 扱 い 方 のご 意 見 もあった 上 限 下 限 ではなく 軽 いものと 重 たいも ので 整 理 されていたということか 上 限 下 限 という 意 味 ではなかったということか 単 位 容 積 重 量 の 重 いものが 低 質 ごみ 軽 いものが 高 質 ごみになる ここでは 単 位 容 積 重 量 を 出 してそれをごみ 質 にあてはめている 各 施 設 の 実 績 値 より 90% 信 頼 区 間 の 両 端 によってごみ 質 の 上 下 限 値 の 算 定 を 行 うのとは 少 し 違 うと 思 われる 規 模 別 建 設 単 価 について 1 炉 構 成 と 2 炉 構 成 の 場 合 は 違 うので そのことにも 触 れるべきとの 意 見 があった この 表 の 実 績 はすべて 2 炉 構 成 なのか 前 回 の 議 論 では 1 炉 はほとんどな いのではないかという 話 があった 注 意 書 きを 入 れてもらうのが 良 い それから 東 日 本 大 震 災 と 阪 神 淡 路 大 震 災 の 被 害 の 並 べ 方 について 聞 くところによると 東 日 本 の 方 が 圧 倒 的 に 被 害 は 大 きかったが 被 害 の 受 け 方 が 違 っていたとのことである 福 島 宮 城 特 に 岩 手 の 方 では 構 造 物 の 被 害 はほとんどなく 津 波 による 被 害 が 多 かった 被 害 形 態 の 違 い が 表 の 書 き 方 にも 現 れていると 思 われる ほかに 意 見 はあるか P27 の 修 正 いただいた 箇 所 に エネルギーの 生 産 効 率 の 記 載 があるが これは P76 で 出 てくるエ ネルギーの 回 収 率 とは 別 物 である エネルギーの 生 産 効 率 という 言 葉 がこれ 以 降 に 出 てこないの であれば あえて 定 義 するよりも ここもエネルギーの 回 収 という 概 念 にした 方 が 分 かりやすい のではないか それから P81 の 表 を 付 けてくれたことはありがたいが 津 波 の 高 さは 分 か らないのか 過 去 に 起 こったことは 起 こり 得 るので 全 部 の 地 震 の 情 報 でなくても 最 大 でどの 程 度 であったのかという 情 報 があれば 参 考 になる 3

4 それから 先 ほど 温 室 効 果 ガスの 議 論 もあったが コンセプトに 含 まれていないものを 入 れて いる 意 図 は 何 なのか 必 要 がないのであれば 温 室 効 果 ガスや CO 2 削 減 に 言 及 する 必 要 はなく す っきりするのではないか P69 について 7 章 を 分 かりやすく 整 理 していただいたと 思 うが やはり 太 陽 光 や 自 然 エネルギ ーの 位 置 づけが 分 からない 独 立 して 回 収 利 用 できるということが 非 常 に 重 要 なことだと 思 わ れるが 経 済 性 にも 一 部 関 ってくる コンセプトである 4 エネルギーの 創 出 ができる 施 設 も 大 事 なことだと 思 うが 5 災 害 に 強 い 施 設 づくり も 加 味 する 必 要 がある よって P69 の 3 段 落 目 にも 災 害 に 強 い 施 設 づくり を 入 れておく 方 が 良 い 後 段 で 出 てくる 非 常 時 に 電 源 確 保 の 機 能 が 必 要 です に 関 連 し 風 力 太 陽 光 といった 自 然 エネルギーの 便 益 が 大 きくなると 思 われる 経 済 性 とは 全 く 別 問 題 であるため 災 害 に 強 い 施 設 づくり のコンセプトはあった 方 が 良 い あとは 環 境 学 習 であるが これが 必 要 かどうか 私 には これをどう 捉 えば 良 いのか 分 からないが この 辺 は 市 の 考 え 方 もあると 思 うので 事 務 局 にお 任 せしたい 安 田 委 員 地 震 による 津 波 の 情 報 について 地 層 を 調 べて 地 震 の 影 響 を 調 べたとの 新 聞 記 事 があった 時 間 は 掛 かるかもしれないが そういうデータをもらうことができるのではないか 地 質 から 津 波 の 高 さが 分 かるかを 確 認 していただき 補 足 すれば 良 いのではないか 齋 藤 課 長 補 佐 たまたま 昨 日 と 本 日 の 新 聞 に 記 事 が 掲 載 されており 鎌 倉 時 代 に 津 波 があったのではないか ということであった 合 わせて 再 度 確 認 させていただく 表 について 津 波 の 破 壊 による 被 害 と 浸 水 の 被 害 は 分 けて 整 理 した 方 が 良 いと 思 われる 東 日 本 大 震 災 でも 浸 水 によって 下 水 はほとんど 機 能 できないほど 破 壊 された 安 田 委 員 そこまでデータを 集 めることができれば 津 波 の 情 報 も 分 かる 過 去 に 起 こったことは 将 来 も 起 こるかもしれないし 確 率 の 高 い 情 報 だと 思 う 一 般 的 な 災 害 対 策 としては 震 度 7 程 度 の 地 震 に 耐 えられる 建 物 構 造 浸 水 では 水 害 津 波 に よるハザードマップの 浸 水 高 さを 考 慮 した 地 盤 面 (の 高 さ)や 機 器 の 配 置 ということになる ハザードマップに 地 質 学 的 な 情 報 が 入 っていれば 一 番 話 が 早 い もしそうでないのであれば 地 質 学 的 な 情 報 というのは 独 立 した 非 常 に 重 要 な 情 報 である 4

5 から 温 室 効 果 ガスとエネルギーの 利 活 用 とコンセプトの 整 理 がしっかりとされてい ないのではないかという 意 見 があった コンセプトでは 安 心 安 全 にごみを 処 理 する ということを 第 一 にしているので 将 来 的 な 法 規 制 や 補 助 金 等 を 鑑 みたものでないのであれば 記 載 しない 方 がすっきりすると 思 われる P69 において コンセプトにある 災 害 に 強 い 施 設 づくり を 強 調 しておくのが 良 いのではない かという 意 見 であった 後 ほど 用 地 の 議 題 の 際 にも 追 加 の 意 見 があればお 願 いしたい 環 境 学 習 についてはどこかで 触 れていたか 現 在 笛 田 リサイクルセンターでも 環 境 学 習 のための 太 陽 光 発 電 の 設 備 がある エネルギーと しての 活 用 と 併 せて 施 設 に 環 境 学 習 としての 役 割 を 持 たせることは 考 えていきたい どのよう に 設 備 していくかについてはこれからの 検 討 となる 具 体 的 な 検 討 はこれからとしても そういう 精 神 で 整 備 していきたいとのことである 坂 本 委 員 鎌 倉 市 には 鎌 倉 市 地 球 温 暖 化 対 策 地 域 推 進 計 画 があるので その 計 画 と 齟 齬 がないようにする のが 良 い 市 の 上 位 計 画 との 整 合 性 ということである 他 に 意 見 がないようであれば この 議 題 について は 以 上 とする 意 見 があった 箇 所 については 事 務 局 で 修 正 をお 願 いしたい 次 に 用 語 の 解 説 について 事 務 局 から 説 明 をお 願 いしたい 齋 藤 課 長 補 佐 資 料 編 の 用 語 集 について 追 加 することが 望 ましい 用 語 や 内 容 に 修 正 が 必 要 な 部 分 があれば ご 意 見 をお 願 いしたい なにかご 意 見 はあるか 特 にないようなので 次 に 進 みたい 事 務 局 から 説 明 をお 願 いしたい 資 料 1 鎌 倉 市 ごみ 焼 却 施 設 基 本 計 画 ( 素 案 2) を 基 に 説 明 を 行 った 5

6 ご 意 見 があればお 願 いしたい 用 地 検 討 のポイントは P62 の 表 に 集 約 されているのか 表 ではそれぞれの 候 補 地 における 配 置 案 の 基 本 的 な 考 え 方 を 示 している 防 災 拠 点 としての 位 置 付 けをどれくらい 重 視 するのかということに 依 存 するのかもしれないが 以 前 に 人 口 重 心 やハザードマップの 情 報 を 整 理 されていたと 思 うが それらをベースとして 防 災 拠 点 として 考 えた 場 合 の 良 し 悪 しはどこかで 評 価 しているのか 用 地 の 報 告 書 の 中 では それらの 状 況 を 示 している 洪 水 ハザードマップにおける 浸 水 や 土 砂 災 害 ハザードマップに 該 当 する 部 分 がそれぞれの 候 補 地 にあり その 点 は 示 している ただし それに 対 応 する 施 設 造 り 例 えば 浸 水 の 考 えられる 場 所 ではグランドレベルを 上 げるといった ような 対 策 は 可 能 と 考 えている 坂 本 委 員 この 2,400 平 方 メートルというのは 124t の2 炉 構 成 を 考 慮 しているのか 同 規 模 程 度 の 全 国 の 実 績 を 考 慮 し これぐらいの 面 積 であれば 建 設 は 可 能 という 前 提 で 配 置 案 を 作 成 した 用 地 の 確 保 が 厳 しいので できる 限 りコンパクトな 施 設 配 置 としている 4 箇 所 が 候 補 として 出 ているが いずれの 候 補 地 についても 現 在 のごみ 焼 却 施 設 程 度 ある いはそれ 以 上 の 環 境 対 策 ができる 施 設 を 造 ると 考 えてよいのか また 環 境 基 準 に 照 らし 合 わせ た 場 合 影 響 の 大 きさというのはどの 程 度 になると 考 えているのか 現 在 は2 箇 所 でごみ 焼 却 施 設 が 動 いているが バックグラウンド 濃 度 は 環 境 基 準 よりずっと 下 で 1/10 程 度 下 のはずである 施 設 を 建 設 し 環 境 対 策 設 備 を 付 けることによってバックグラウンド 濃 度 は 上 がるのか バックグラウンド 濃 度 というのは 現 状 のことで それに 対 してどれだけ 影 響 があるかというこ とか 環 境 基 準 の 数 値 より 抑 えることはできると 考 えている 現 状 の 施 設 と 比 較 しても 大 きな 変 化 はないと 考 えているが 現 段 階 で 正 確 な 話 をすることができない 一 般 的 に 現 在 の 排 ガス 設 備 であれば 環 境 に 対 する 影 響 というものはほとんど 出 ないといわれ ているので そのような 理 解 で 良 いか 6

7 そのような 機 器 ( 排 ガス 設 備 )を 使 用 して 影 響 が 少 なくなるようにしていく 必 要 があると 考 えている ごみ 焼 却 施 設 の 場 合 臭 気 のことがいろいろと 問 題 になるが 全 国 における 臭 気 対 策 の 状 況 はどのようになっているか 新 しい 施 設 については 出 入 り 口 の 二 重 シャッター 等 といった 構 造 となっている また はだ のクリーンセンター 等 では 建 物 の 中 で 洗 車 をするといった 臭 気 対 策 をしている 可 能 な 限 り そ ういうものに 近 い 対 策 をしていく 必 要 がある また 現 状 のごみ 焼 却 施 設 においては 施 設 単 体 での 苦 情 はないと 認 識 している いろいろな 形 での 対 策 は 可 能 だと 考 えている 騒 音 振 動 についてはどうか 騒 音 振 動 についても 基 礎 と 機 器 の 関 係 をしっかりと 考 慮 することで 振 動 を 軽 減 すること が 可 能 と 聞 いている 現 状 のごみ 焼 却 施 設 において 苦 情 はないが 今 後 は 更 に 新 しい 技 術 を 取 り 入 れることによって さらに 対 策 を 考 えていきたいと 考 えている 安 田 委 員 騒 音 振 動 については ごみの 収 集 車 両 の 運 行 が 一 番 問 題 になる 苦 情 もそれが 一 番 多 いよう である 車 両 がどこから 入 ってくるのかといったことに 対 する 検 討 もしていただきたい 第 2 章 が ごみ 焼 却 施 設 の 建 設 用 地 について ということで P6 にまとめが 記 載 されている この 件 についても 審 議 をしたい まずは 用 地 検 討 部 会 をとりまとめていただいた から ご 意 見 を 伺 いたい まとめの 所 を 読 むと どの 候 補 地 も 解 決 できない 課 題 はないと 考 えている ただし 敷 地 の 広 さの 問 題 は 物 理 的 な 問 題 なので なかなか 解 決 が 難 しい 部 分 もある また 住 民 の 皆 様 とのこれ までの 経 過 というものがあるようなので そういったことも 十 分 に 考 慮 していく 必 要 がある 設 備 的 に 考 えると エネルギー 活 用 や 災 害 対 策 施 設 周 辺 への 影 響 等 については どの 候 補 地 にな った 場 合 においても 十 分 な 対 応 が 可 能 と 考 えている 用 地 検 討 部 会 では 市 民 の 方 からも 意 見 をい ただき 市 民 の 声 も 聞 きながら 進 めていったが より 安 全 安 心 で 景 観 面 についても 十 分 考 慮 した 施 設 を 設 置 していくこと 地 域 にどのようなサービスや 付 加 価 値 を 提 供 できるか といっ 7

8 た 話 の 中 の 付 加 価 値 の 部 分 に 防 災 拠 点 の 話 があった つまり 地 域 の 状 況 を 十 分 認 識 し どのような 地 域 還 元 が 図 れるか 創 意 工 夫 を 凝 らして 考 えるということになる 景 観 面 については 一 般 的 な 施 設 からお 金 をかけた 施 設 もあり はだのクリーンセンターはレベルの 高 い 施 設 となっ ており 大 阪 の 舞 洲 クリーンセンターのようなとても 派 手 な 建 物 もある 地 域 にどのようなサー ビスや 付 加 価 値 を 提 供 できるか ということについては 市 の 職 員 がどれだけ 地 域 と 密 着 した 仕 事 ができているかにかかってくると 思 われる 長 野 県 の 事 例 では 顔 と 名 前 を 覚 えてもらうのに 5 年 掛 かったとのことであった 下 水 道 処 理 施 設 である 山 崎 については 建 設 時 に 地 元 住 民 との 約 束 事 があったと 聞 いている また 深 沢 クリーンセンターについても 文 書 化 されていないが 同 種 の 施 設 は 今 後 整 備 しないという 約 束 があると 聞 いているので 周 辺 住 民 との 信 頼 関 係 のために は 無 視 できない 点 であると 思 われる 以 上 のことから 解 決 できない 課 題 はない 地 元 との 信 頼 関 係 といったことが 重 要 である と 考 えられる 安 田 委 員 下 水 汚 泥 と 都 市 ごみの 処 理 は 補 助 金 の 対 象 が 違 うということで 今 までは 完 全 に 隔 離 さ れ 融 合 できない 状 態 であったが つい 最 近 の 廃 棄 物 資 源 循 環 学 会 のシンポジウムにおける 国 土 交 通 省 の 方 の 講 演 の 中 では 都 市 ごみと 汚 泥 のコラボレーションは 構 わないということ であった 実 際 に 横 浜 市 や 北 九 州 市 で 行 われている 条 件 にもよるため どこでもできると いうわけではないが 条 件 が 合 うのであればごみと 汚 泥 を 一 緒 に 燃 やすことは 問 題 ないよう である 熱 量 が 増 えることで 利 用 できる 発 電 量 も 増 え 用 地 利 用 も 融 通 がきくという 利 点 があるが データを 集 めて 詰 めないと 本 当 に 良 いかどうか 分 からない また ディスポー ザーを 入 れて 汚 泥 処 理 場 においてガス 化 等 によって 一 緒 に 処 理 をするということについて も 構 わないということで 状 況 は 変 わってきている 一 概 にそれが 良 いのかどうかは 別 とし ても そういうことも 合 わせて 議 論 していくのが 良 いのではないか 安 田 委 員 からもお 話 があったが ディスポーザー 等 といった 下 水 道 のインフラをいかに 使 うか ということが 食 品 リサイクル 法 案 でも 議 論 がされている 一 般 廃 棄 物 と 下 水 の 管 轄 の 違 いは 安 田 委 員 のお 話 のとおり 状 況 が 変 わってきている 利 用 できるものは 利 用 するということも 視 野 に 入 れて 良 いと 思 われる 先 ほどの 話 と 重 なるが 防 災 と 地 域 の 便 益 をいかに 捉 えるかという ことは 非 常 に 評 価 しにくいが そういったことが 明 確 になると かなり 見 方 が 変 わると 思 われ る 今 回 はなかなか 評 価 することが 難 しいということが 経 緯 としてあったと 思 われるが 有 事 の 際 における 便 益 や 平 常 時 における 電 気 の 利 活 用 について 整 理 することは 非 常 に 重 要 であると 考 えられる いずれの 候 補 地 においても エネルギー 活 用 や 災 害 対 策 等 については 十 分 な 対 応 が 可 能 と 考 える 市 の 意 向 もあるが 可 能 な 範 囲 でしっかり 評 価 する 方 が 良 いと 思 われる 坂 本 委 員 公 害 防 止 計 画 で 記 載 している 基 準 は おそらく 近 年 の 技 術 では 達 成 できると 考 えるが 狭 い 土 地 の 中 で 防 災 拠 点 としてどのようなものが 造 れるのかということについては 若 干 制 約 を 受 けるのではないか 地 元 の 方 とよく 相 談 して 進 めていただければと 思 う 8

9 市 民 の 意 見 も 踏 まえてとりまとめられているとのことであり まとめによると 解 決 できない 課 題 はなく これまでの 約 束 については 尊 重 して 信 頼 関 係 を 崩 さないように 進 めていく 必 要 があ るとのことである 安 田 委 員 からの 意 見 は これまでは 環 境 関 連 の 行 政 といっても 管 轄 が 分 かれていたが 最 近 は 状 況 が 変 わってきており ごみ 焼 却 と 下 水 道 処 理 のコラボレーションを 行 っている 自 治 体 も 出 て きているので 良 い 事 例 を 模 範 として 検 討 してはどうかという 意 見 であった からは 下 水 道 インフラの 利 用 と 防 災 拠 点 としての 便 益 や 平 常 時 の 熱 利 用 をどう 捉 えていくかということなども 含 めて 検 討 を 進 めてはどうかとの 意 見 があった 坂 本 委 員 からは 施 設 を 造 ることによって 良 くなるということは 難 しいが 環 境 への 負 荷 ΔC は 最 小 に 抑 えるべきという 意 見 であった また 環 境 への 負 荷 だけでなく 景 観 等 もある さらに 施 設 だけではなく 車 両 や 搬 入 路 の 計 画 についても 整 理 していく 必 要 があるという 意 見 があった 事 務 局 は 今 日 の 意 見 を 整 理 していただきたい 今 後 のことについて 答 申 の 際 には 送 付 文 も 必 要 であろうから 事 務 局 と 相 談 して 作 成 していきたいと 考 えている 審 議 会 としては 基 本 計 画 の 策 定 という 重 要 な 役 割 を 担 っているため 十 分 に 審 議 を 尽 くしたうえで 答 申 したいと 考 えて いる 本 日 の 審 議 の 状 況 から 判 断 すると 今 日 の 意 見 を 事 務 局 が 加 筆 修 正 した 後 に 委 員 の 皆 さ んには もう 一 度 報 告 書 の 中 身 を 熟 読 していただき 意 見 があれば 事 務 局 に 知 らせていただいて 修 正 をしたうえで 次 回 の 審 議 会 は 最 後 に 全 体 的 な 構 成 を 再 確 認 し 答 申 としたいと 思 うので もう 1 回 審 議 会 を 開 催 させていただき 最 終 の 取 りまとめをした 後 に 市 長 に 答 申 したいと 考 え ているが よろしいか ( 了 承 ) それでは3 月 中 にもう 一 度 審 議 会 を 開 催 したい ありがとうございます 日 程 については 調 整 させていただきます 事 務 局 で 調 整 準 備 をお 願 いしたい 本 日 予 定 されていた 議 事 はこれですべて 終 了 した これ で 第 14 回 鎌 倉 市 生 活 環 境 整 備 審 議 会 を 終 了 としたい 9

第1回ごみ焼却施設用地検討部会議事録(概要)

第1回ごみ焼却施設用地検討部会議事録(概要) 第 10 回 鎌 倉 市 生 活 環 境 整 備 審 議 会 議 事 録 ( 概 要 ) 1 開 催 日 時 平 成 26 年 10 月 22 日 ( 水 )14 時 00 分 から 15 時 30 分 まで 2 開 催 場 所 鎌 倉 市 役 所 本 庁 舎 402 会 議 室 3 出 席 者 坂 本 委 員 4 事 務 局 石 井 環 境 部 部 長 川 村 環 境 部 次 長 小 池 環 境

More information

02 【HP公開用】議事概要(第4回検討委員会)

02 【HP公開用】議事概要(第4回検討委員会) 第 4 回 厚 木 愛 甲 環 境 施 設 組 合 ごみ 中 間 処 理 施 設 整 備 検 討 委 員 会 議 事 概 要 日 時 平 成 26 年 9 月 19 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 4 時 06 分 場 所 厚 木 商 工 会 議 所 3 階 303 中 会 議 室 出 席 者 1 委 員 (15 名 / 定 数 15 名 ) 横 田 委 員 長 髙 澤 副 委

More information

てを 行 っていた 状 況 だった 昨 年 の 平 成 27 年 3 月 に 同 市 山 田 町 に 新 たな 焼 却 施 設 の 都 城 クリーンセンターが 稼 働 開 始 し ゴミの 高 温 焼 却 処 理 が 可 能 になったことで 当 初 作 った 計 画 とおりに 発 生 する 熱 を 利

てを 行 っていた 状 況 だった 昨 年 の 平 成 27 年 3 月 に 同 市 山 田 町 に 新 たな 焼 却 施 設 の 都 城 クリーンセンターが 稼 働 開 始 し ゴミの 高 温 焼 却 処 理 が 可 能 になったことで 当 初 作 った 計 画 とおりに 発 生 する 熱 を 利 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 環 境 審 議 会 の 議 事 録 平 成 28 年 2 月 3 日 審 議 事 項 1 宮 崎 県 環 境 計 画 の 改 定 最 終 案 について 2 平 成 28 年 度 公 共 用 水 域 及 び 地 下 水 の 水 質 測 定 計 画 案 について 報 告 事 項 1 環 境 影 響 評 価 ( 環 境 アセスメント)の 条 例 対 象 事 業

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

< 諮 問 > 事 務 局 学 校 法 人 二 本 松 学 院 京 都 美 術 工 芸 大 学 京 都 東 山 キャンパス 構 想 に 係 る 配 慮 書 案 に ついて, 環 境 配 慮 の 観 点 からの 意 見 を 求 める 事 務 局 次 に, 向 島 中 学 校 区 小 中 一 貫 教 育

< 諮 問 > 事 務 局 学 校 法 人 二 本 松 学 院 京 都 美 術 工 芸 大 学 京 都 東 山 キャンパス 構 想 に 係 る 配 慮 書 案 に ついて, 環 境 配 慮 の 観 点 からの 意 見 を 求 める 事 務 局 次 に, 向 島 中 学 校 区 小 中 一 貫 教 育 平 成 26 年 度 第 4 回 京 都 市 環 境 影 響 評 価 審 査 会 摘 録 日 時 : 平 成 27 年 3 月 18 日 13:30~16:15 場 所 : 職 員 会 館 かもがわ 大 多 目 的 室 出 席 者 委 員 :1 青 野 正 二 委 員,2 池 田 有 光 委 員,3 板 倉 豊 委 員,4 岩 嶋 樹 也 委 員 5 笠 原 三 紀 夫 委 員,6 勝 見 武 委

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63> 所 管 事 務 調 査 ( 先 進 地 視 察 ) 報 告 書 教 育 環 境 常 任 委 員 会 視 察 年 月 日 平 成 19 年 5 月 16 日 ( 水 )から17 日 ( 木 ) 目 的 本 委 員 会 が 所 管 する 事 業 及 び 施 策 について 調 査 研 究 するため 視 察 先 及 び 研 修 事 項 内 容 新 潟 県 上 越 市 汚 泥 リサイクルパークについて 保 育

More information

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み 生 駒 市 ごみ 減 量 市 民 会 議 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 29 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2.セイセイビル 404 会 議 室 3. 会 議 次 第 (1) 代 行 の 互 選 について (2) 活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について (3) ごみ 減 量 化 に 向 けて アンケート(

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

A. 1 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 場 合 書 面 で( 書 式 はありません) 速 やかに 所 有 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 及 び 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 旨 お 知 らせ 下 さい 2 管 理 責 任 者 に 変 更 がある 場 合 書 面 で( 書

A. 1 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 場 合 書 面 で( 書 式 はありません) 速 やかに 所 有 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 及 び 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 旨 お 知 らせ 下 さい 2 管 理 責 任 者 に 変 更 がある 場 合 書 面 で( 書 廃 棄 物 の 減 量 及 び 再 利 用 に 関 する 計 画 書 の 書 き 方 Q&A 提 出 書 類 は? A. 提 出 していただく 書 類 は 第 1 号 様 式 の 廃 棄 物 管 理 責 任 者 選 任 届 と 第 2 号 様 式 1 2の 廃 棄 物 の 減 量 及 び 再 利 用 に 関 する 計 画 書 になります 記 入 の 方 法 は 送 付 いたしました 見 本 (または

More information

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築 2013 年 度 環 境 活 動 レポート (2013 年 4 月 ~2014 年 3 月 ) 認 証 登 録 番 号 0004215 (2009 年 10 月 2 日 登 録 ) (2013 年 10 月 2 日 更 新 ) 作 成 : 改 訂 : 2014 年 3 月 31 日 環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計 小 松 島 市 葬 斎 場 整 備 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 小 松 島 市 目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計 画 6

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

市長挨拶

市長挨拶 第 63 回 北 見 市 行 政 評 価 委 員 会 会 議 録 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 27 年 2 月 25 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 2 時 45 分 北 見 市 役 所 北 2 条 仮 庁 舎 3 階 庁 議 室 行 政 評 価 委 員 : 矢 萩 委 員 長 上 野 副 委 員 長 松 浦 委 員 渡 邊 委 員 事 務 局 : 我 妻 企

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

H16.3.27 会議録

H16.3.27 会議録 平 成 28 年 4 月 定 例 会 滑 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 4 月 19 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~ 2 開 催 場 所 市 役 所 西 館 4 階 第 4 会 議 室 3 委 員 の 定 数 5 名 4 委 員 の 現 在 数 5 名 5 出 席 委 員 氏 名 吉 田 達 郎 水 野 敏 江 千 保 史 雄 石 原 大 三 伊

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

こうした 誤 解 を 持 たれないよう 研 究 会 報 告 書 等 の 中 で 説 明 していくことが 重 要 ではないか インフラ 事 業 は 投 資 のために 借 金 をして 減 価 償 却 を 通 じてそれを 回 収 して また 再 投 資 に 回 していくというサイクルが 循 環 していくべ

こうした 誤 解 を 持 たれないよう 研 究 会 報 告 書 等 の 中 で 説 明 していくことが 重 要 ではないか インフラ 事 業 は 投 資 のために 借 金 をして 減 価 償 却 を 通 じてそれを 回 収 して また 再 投 資 に 回 していくというサイクルが 循 環 していくべ 公 営 企 業 の 経 営 戦 略 の 策 定 等 に 関 する 研 究 会 第 1 回 財 政 計 画 WG 議 事 メモ 1 日 時 平 成 25 年 12 月 25 日 ( 火 ) 10 時 00 分 ~12 時 30 分 2 場 所 砂 防 会 館 3 階 穂 高 ( 東 京 都 千 代 田 区 平 河 町 ) 3 出 席 者 堀 場 座 長 石 井 委 員 井 手 委 員 宇 野 委 員

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De 資 料 5 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 の 安 全 上 重 要 な 施 設 に 関 する 再 評 価 の 状 況 について ( 中 間 報 告 ) 1. 経 緯 平 成 28 年 1 月 27 日 原 子 力 規 制 庁 ⑴ 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 については 原 子 炉 等 規 制 法 においてバックフィット 規 定 が 設 けられていないが 安 全 性 の 更 なる 向 上

More information

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について 日 本 経 団 連 環 境 自 主 行 動 計 画 循 環 型 社 会 形 成 編 全 国 清 涼 飲 料 工 業 会 2011 年 度 以 降 の 目 標 < 産 業 廃 棄 物 最 終 処 分 量 > 最 終 処 分 量 3,000t 以 下 とする(2000 年 度 比 約 74% 削 減 ) < 業 種 別 独 自 目 標 > 再 資 源 化 率 99% 以 上 を 維 持 する 1. 目

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454D5393FC96E5B6DEB2C4DECCDEAFB82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454D5393FC96E5B6DEB2C4DECCDEAFB82E646F63> 3. 省 エネルギーに 取 り 組 みましょう まずは 現 状 把 握 から 始 めましょう 今 まで 以 上 に 効 果 的 な 省 エネルギー 活 動 に 取 り 組 んでいくには まずは 現 状 把 握 に 努 める 必 要 があります 担 当 者 を 中 心 に 次 のような 流 れで 現 状 把 握 活 動 を 始 めましょう 電 気 や 燃 料 の 使 用 状 況 の 確 認 が 必 要

More information

Ⅱ. 調 査 データ 第 一 章 住 まいの 購 入 に 関 する 調 査 結 果 対 象 者 既 婚 男 女 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 以 上 全 体 1,600 1,600 1,600 1,600 1,600 8,000 調 査 地 域 北 海 道 東 北 地 方 関 東

Ⅱ. 調 査 データ 第 一 章 住 まいの 購 入 に 関 する 調 査 結 果 対 象 者 既 婚 男 女 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 以 上 全 体 1,600 1,600 1,600 1,600 1,600 8,000 調 査 地 域 北 海 道 東 北 地 方 関 東 NEWS RELEASE 2016 年 2 月 18 日 株 式 会 社 LIXIL 住 宅 研 究 所 ジーエルホームカンパニー 株 式 会 社 LIXIL 住 宅 研 究 所 株 式 会 社 LIXIL 住 宅 研 究 所 ( 本 社 : 東 京 都 江 東 区 / 代 表 取 締 役 社 長 : 今 城 幸 )は 全 国 の 既 婚 男 女 8,000 名 を 対 象 に 住 まいの 購 入

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書に関するQ&A

産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書に関するQ&A 産 業 廃 棄 物 管 理 票 (マニフェスト) 交 付 等 状 況 報 告 書 に 関 するQ&A 1. 報 告 対 象 期 間 Q1-1 当 社 は 決 算 が12 月 締 めのため 各 種 伝 票 やデータについても 暦 年 でまとめています が 当 該 報 告 もこれによってまとめてよいでしょうか A1-1 廃 棄 物 処 理 法 施 行 規 則 第 8の27 条 により 毎 年 6 月 30

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

とになると 思 います 場 所 として 相 応 しいのか 疑 問 に 感 じていますので ご 意 見 を 聞 かせてください 行 政 としては 市 内 に 民 間 保 育 園 を 作 っていただきたいというのが 本 音 です 用 地 の 確 保 について 行 政 としては 立 地 上 の 課 題 を

とになると 思 います 場 所 として 相 応 しいのか 疑 問 に 感 じていますので ご 意 見 を 聞 かせてください 行 政 としては 市 内 に 民 間 保 育 園 を 作 っていただきたいというのが 本 音 です 用 地 の 確 保 について 行 政 としては 立 地 上 の 課 題 を タウンミーティング あったかいまち ふじみ 野 を 目 指 して 日 時 平 成 26 年 9 月 21 日 ( 日 ) 午 後 6 時 ~7 時 30 分 会 場 赤 土 原 分 館 ( 亀 久 保 669) 天 気 晴 れ 59 人 主 な 意 見 等 最 近 1 時 間 あたり100ミリという 報 道 が 連 続 して 見 られるように 集 中 豪 雨 に よる 被 害 が 多 発 しているが

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

生 産 活 動 量 の 規 模 に 依 らずBAUからの 削 減 量 が 一 定 という 目 標 は 分 かりにくい 生 産 活 動 量 に 比 例 的 なものにすべき ( 鉄 連 ) 目 標 指 標 の 選 択 についてはフォローアップ 開 始 当 初 から 悩 みの 種 であり 議 論 が 二

生 産 活 動 量 の 規 模 に 依 らずBAUからの 削 減 量 が 一 定 という 目 標 は 分 かりにくい 生 産 活 動 量 に 比 例 的 なものにすべき ( 鉄 連 ) 目 標 指 標 の 選 択 についてはフォローアップ 開 始 当 初 から 悩 みの 種 であり 議 論 が 二 参 考 資 料 3 平 成 25 年 度 評 価 検 証 WGにおける 主 な 指 摘 事 項 1. 目 標 設 定 (1) 指 標 ( 指 標 の 在 り 方 ) 原 単 位 目 標 とすべき 地 球 を 温 暖 化 から 守 るという 大 前 提 からすれば 総 量 目 標 を 宣 言 する 方 が 良 いが 生 産 者 の 立 場 では 生 産 台 数 のうちどの 程 度 を 国 内 で 生

More information

下 水 道 とは(1) 下 水 道 とは(2) 下 水 とは 下 水 処 理 場 市 街 地 に 発 生 する 全 ての 不 要 な 水 の 総 称 汚 水 ( 分 合 流 ) 雨 水 自 然 水 ( 雨 水 ) + 廃 水 ( 汚 水 ) 下 水 道 とは(3) 下 水 道 とは(4) 役 割 公

下 水 道 とは(1) 下 水 道 とは(2) 下 水 とは 下 水 処 理 場 市 街 地 に 発 生 する 全 ての 不 要 な 水 の 総 称 汚 水 ( 分 合 流 ) 雨 水 自 然 水 ( 雨 水 ) + 廃 水 ( 汚 水 ) 下 水 道 とは(3) 下 水 道 とは(4) 役 割 公 目 次 土 木 機 械 ほか ( 環 境 創 造 局 ) ~ 下 水 道 事 業 の 紹 介 ~ 平 成 28 年 3 月 2 日 横 浜 市 環 境 創 造 局 1) 自 己 紹 介 組 織 編 制 2) 下 水 道 とは 3) 横 浜 市 の 下 水 道 事 業 4) 職 場 の 様 子 5) アンケート 結 果 6) おわりに 0 1 はじめに 環 境 創 造 局 について 自 己 紹 介 主

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

もくじ C O N T E N C T O S N T E N T S 府 中 市 民 のみなさまへ 家 庭 ごみの 燃 やすごみ 燃 やさないごみ 容 器 包 装 プラスチック は 市 指 定 の 有 料 袋 で 出 します ごみ 資 源 の 出 し 方 ( 戸 建 住 宅 集 合 住 宅 ) ご

もくじ C O N T E N C T O S N T E N T S 府 中 市 民 のみなさまへ 家 庭 ごみの 燃 やすごみ 燃 やさないごみ 容 器 包 装 プラスチック は 市 指 定 の 有 料 袋 で 出 します ごみ 資 源 の 出 し 方 ( 戸 建 住 宅 集 合 住 宅 ) ご 平成21 年12月発行 平成27 年10月 6版 もくじ C O N T E N C T O S N T E N T S 府 中 市 民 のみなさまへ 家 庭 ごみの 燃 やすごみ 燃 やさないごみ 容 器 包 装 プラスチック は 市 指 定 の 有 料 袋 で 出 します ごみ 資 源 の 出 し 方 ( 戸 建 住 宅 集 合 住 宅 ) ごみ 資 源 の 出 し 方 一 覧 表 ごみ 資 源

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン 資 料 10 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 (FIT 制 度 )における 木 質 バイオマス 発 電 に 対 する 要 望 平 成 24 年 4 月 3 日 日 本 製 紙 連 合 会 製 紙 業 界 は 我 が 国 において マテリアル 利 用 サーマル 利 用 を 通 じて 最 も 多 く 木 質 バイオマスを 利 用 している 業 界 として 再 生 可 能 エネルギーの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2097888FEA8ED2834183938350815B8367918D8D878E9696B18BC78267826F97702E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2097888FEA8ED2834183938350815B8367918D8D878E9696B18BC78267826F97702E707074> 結 果 報 告 書 2008.12 アンケート 結 果 1 1 Q1. 近 年 異 常 ともいえる 規 模 や 頻 度 の 洪 水 高 潮 土 砂 災 害 等 が 全 国 各 地 で 発 生 しています あなたの 地 域 でも 今 後 このような 水 害 が 起 こりうると 予 想 していますか Q3. 日 頃 から 災 害 に 備 えるために 知 っておきたい 情 報 は 何 ですか ( 複 数

More information

<8A8893AE838C837C815B8367825136944E398C8E2E786C736D>

<8A8893AE838C837C815B8367825136944E398C8E2E786C736D> エコアクション21 環 境 活 動 レポート 平 成 27 年 10 月 26 日 発 行 啓 大 建 設 有 限 会 社 高 知 県 高 知 市 長 浜 4550 番 地 運 用 期 間 平 成 26 年 9 月 ~ 平 成 27 年 8 月 目 次 1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 ( 認 証 登 録 範 囲 ) レポートの 対 象 期 間 及 び 発 行 日 3. 環 境 方 針

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担 ECO ACTION 21 環 境 活 動 レポート 2014 年 度 (2014 年 4 月 ~2015 年 3 月 ) 発 行 日 : 2015 年 5 月 30 日 有 限 会 社 日 本 テック 1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古

More information

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx クリーンな 電 力 会 社 選 べる? 電 力 小 売 全 面 自 由 化 を 前 に 電 力 会 社 のクリーン 度 調 査 を 実 施 2016 年 3 月 発 行 グリーンピースレポート 2016 年 4 月 からスタートする 電 力 小 売 市 場 の 全 面 自 由 化 を 前 に 国 際 環 境 NGO グ リーンピース ジャパンは 一 般 電 気 事 業 者 に 代 わるクリーンな 電

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63> 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 ( 第 3 回 ) 議 事 要 旨 1. 日 時 : 平 成 25 年 11 月 22 日 ( 金 ) 15:00~16:45 2. 場 所 : 銀 行 会 館 5 階 講 堂 3. 参 加 者 : 小 林 委 員 内 池 委 員 大 西 委 員 奥 川 委 員 新 井 代 理 ( 片 岡 委 員 ) 菊 池 委 員 新 名 代 理 ( 佐

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc)

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc) 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 中 間 報 告 平 成 1 3 年 3 月 1 中 間 報 告 の 提 出 にあたって 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 は, 平 成 12 年 7 月 18 日 に 発 足 以 来, 今 日 に 至 るまで 官 と 民 の 役 割 分 担, 官 から 民 への 委 託 の 観 点 から16 項 目 について 議 論 を 重 ねてきた この 間,

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容 第 一 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 5 月 29 日 ( 木 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 702 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 堂 教 授 ) 委 員 平 田 健 正

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

gomi

gomi 春 日 井 市 告 示 第 52 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 以 下 廃 棄 物 処 理 法 という ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたの で 春 日 井 市 廃 棄 物 の 減 量 及 び 適 正 処 理 に 関 する 条

More information

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 告 示 第 3 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたので 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378> 大 学 評 価 担 当 者 集 会 2013 第 一 分 科 会 評 価 と IR: 活 用 編 計 画 2-2: 習 熟 度 別 学 習 を 充 実 させて 英 語 コミュニケーション 力 を 向 上 させる 一 方 で 本 学 では グローバル 化 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 に 学 長 が 英 語 でのコミュニケーション 能 力 の 涵 養 を 重 視 する 方 針 を 打 ち 出 した

More information

審議会等の会議開催のお知らせ

審議会等の会議開催のお知らせ 会 議 録 1 会 議 名 上 越 市 新 クリーンセンター 生 活 環 境 保 全 協 議 会 2 議 題 ( 公 開 非 公 開 の 別 ) ⑴ 委 嘱 状 交 付 ( 公 開 ) ⑵ 会 長 副 会 長 の 選 出 ( 公 開 ) ⑶ 議 事 ( 公 開 ) 1) 新 クリーンセンターの 建 設 工 事 進 捗 状 況 について 2) 今 後 のスケジュールについて 3) 意 見 交 換 ⑷

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

パブコメ

パブコメ 一 般 廃 棄 物 処 理 基 本 計 画 (ごみ 処 理 基 本 計 画 ) 平 成 24 年 度 ~ 平 成 33 年 度 平 成 24 年 3 月 佐 世 保 市 もくじ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 及 び 基 本 的 考 え 方 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 づけ 1 (1) 他 計 画 等 との 関 係 (2) 計 画 対 象 区 域 (3) 計 画 の

More information

第42回埼玉県大規模小売店舗立地審議会議事録

第42回埼玉県大規模小売店舗立地審議会議事録 第 75 回 埼 玉 県 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 25 年 8 月 16 日 ( 金 )13:30~16:00 2 場 所 JA 全 農 さいたま 高 砂 ビル 401 会 議 室 3 出 席 者 委 員 6 名 ( 敬 称 略 ) 海 野 恵 美 子 尾 崎 晴 男 佐 谷 和 江 森 田 茂 夫 横 山 栄 清 水 武 信 ( 左 記 は

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

概要4(P26~38).xls

概要4(P26~38).xls 4-4 中 間 処 理 4-4-1 中 間 処 理 施 設 (ごみ 焼 却 処 理 施 設 ) 施 設 名 称 富 士 市 環 境 クリーンセンター ( 旧 称 第 一 清 掃 工 場 ) 所 管 部 課 名 環 境 部 環 境 クリーンセンター 所 在 地 富 士 市 大 淵 232 番 地 電 話 番 号 0545-35-0081 敷 地 面 積 18,630m2 施 設 周 辺 状 況 市 街

More information

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに 平 成 27 年 12 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 (1) 開 会 及 び 閉 会 に 関 する 事 項 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 三 好 市 教 育 委 員 会 1F 中 会 議 室 開 会 閉 会 午 後 13 時 30 分 午 後 14 時 20 分 (2) 出 席 委 員 の 氏 名 委 員 長 小 松 正 委 員 長 職 務 代 理 者 谷 敏 司

More information

<332D322E8B638E969776985E816991E63189F1939D8D879084906988CF88F589EF816A2E786477>

<332D322E8B638E969776985E816991E63189F1939D8D879084906988CF88F589EF816A2E786477> 第 1 回 滝 野 川 第 六 小 学 校 紅 葉 小 学 校 統 合 推 進 会 議 事 要 録 日 時 場 所 参 加 者 (1) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )19 時 00 分 ~20 時 57 分 (2) 場 所 : 北 区 役 所 滝 野 川 分 庁 舎 大 会 議 室 (3) 出 席 者 : 統 合 推 進 会 20 名 傍 聴 者 :0 名 1 自 己 紹

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

(1) 借 地 権 の 時 価 評 価 土 地 を 借 りた 人 が その 土 地 の 上 に 自 分 の 名 義 の 建 物 を 建 てると 借 地 借 家 法 の 適 用 を 受 けることになります これがなんとも 不 思 議 な 法 律 で ひとたび 土 地 を 貸 してしま うと その 土

(1) 借 地 権 の 時 価 評 価 土 地 を 借 りた 人 が その 土 地 の 上 に 自 分 の 名 義 の 建 物 を 建 てると 借 地 借 家 法 の 適 用 を 受 けることになります これがなんとも 不 思 議 な 法 律 で ひとたび 土 地 を 貸 してしま うと その 土 借 地 権 と 底 地 の 評 価 - 相 続 から 見 た 借 地 権 底 地 - 平 成 21 年 12 月 22 日 ( 火 ) 高 橋 雄 三 ( 不 動 産 鑑 定 士 ) 株 式 会 社 福 島 市 北 五 老 内 町 1-3 高 橋 不 動 産 鑑 定 事 務 所 福 島 法 曹 ビル2F ( http://www3.plala.or.jp/kantei/ ) TEL FAX 024-531-8288

More information

<4D F736F F D2091E63389F C838B834D815B A ED97AA8CA48B8689EF F31325F A2D8B638E96985E816988C4816A2D30322E646F63>

<4D F736F F D2091E63389F C838B834D815B A ED97AA8CA48B8689EF F31325F A2D8B638E96985E816988C4816A2D30322E646F63> No.2(2009.12.08) 第 3 回 エネルギーシナリオ 戦 略 研 究 会 議 事 録 ( 案 ) 日 時 / 場 所 / 参 加 者 日 時 : 平 成 21 年 12 月 4 日 ( 金 )15:00 17:10 場 所 : 京 都 大 学 工 学 部 2 号 館 335 号 室 参 加 者 ( 敬 称 略 ): 西 川 禕 一 財 団 法 人 応 用 科 学 研 究 所 理 事 長

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

議事内

議事内 新 名 寄 市 総 合 計 画 ( 第 1 次 ) 後 期 計 画 第 4 回 保 健 医 療 福 祉 部 会 議 案 日 時 平 成 23 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 後 6 時 30 分 ~ 場 所 市 役 所 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. あいさつ 3. 議 題 (1) 総 合 計 画 後 期 計 画 ( 素 案 )について Ⅱ-5 高 齢 者 福 祉 の 充 実 Ⅱ-6

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等 第1回資料 これまでの検討経緯

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等  第1回資料 これまでの検討経緯 実 証 実 験 結 果 資 料 2-1 目 次 1. 実 証 実 験 概 要 2. 実 証 実 験 結 果 2 実 証 実 験 概 要 日 時 場 所 1 平 成 28 年 1 月 19 日 ( 火 )@ 豊 洲 ( 東 京 ) 2 平 成 28 年 1 月 21 日 ( 木 )@ 所 沢 ( 埼 玉 ) 被 験 者 < 通 報 者 > 聴 覚 障 がい 者 :8 名 ( 内 訳 ) スマートフォンの

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転 住 民 投 票 に 関 する 市 民 説 明 会 ( 市 長 とのタウンミーティングと 同 時 開 催 ) 市 民 意 見 要 旨 10 月 17 日 ( 土 )14:00~15:30 和 泉 市 コミュニティセンター1 階 大 会 議 室 意 見 概 要 有 権 者 に 投 票 に 関 する 情 報 を 浸 透 させることができるのか 本 日 が 第 1 回 目 であるが これから21 小 学 校

More information

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項 野 市 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 野 市 平 成 22 年 1 月 平 成 24 年 1 月 10 日 改 訂 平 成 24 年 10 月 29 日 改 訂 平 成 25 年 12 月 10 日 改 訂 平 成 26 年 3 月 13 日 改 訂 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本 第 三 回 総 合 教 育 会 議 開 催 日 時 : 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 )9:30~11:15 場 所 : 岡 垣 町 役 場 新 館 庁 議 室 出 席 者 : < 岡 垣 町 総 合 教 育 会 議 構 成 員 > 町 長 宮 内 實 生 教 育 委 員 長 大 村 武 彦 教 育 委 員 花 田 悦 子 教 育 委 員 佐 々 木 敏 幸 教 育 委 員 細 山 田

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反 髙 木 工 業 所 対 象 期 間 : 2015 年 1 月 1 日 ~2015 年 12 月 31 日 発 行 日 2016 年 3 月 4 日 改 定 日 2016 年 3 月 29 日 1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information