6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関"

Transcription

1 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利 用 状 況 と 保 険 料 税 の 納 付 状 況 を 国 が 一 体 で 把 握 する 仕 組 みを 整 え 社 会 保 障 費 の 抑 制 削 減 を 効 率 的 にすすめることを 狙 っていま す 当 初 マイナンバーの 利 用 は 年 金 医 療 介 護 福 祉 労 働 保 険 などの 社 会 保 障 制 度 国 税 地 方 税 の 税 制 災 害 対 策 に 関 する 3 分 野 に 限 定 していました ところが 今 国 会 で 利 用 範 囲 は 金 融 や 医 療 機 関 などの 分 野 にも 広 げていく 改 訂 案 が 審 議 されています この 改 訂 案 では 金 融 機 関 で 新 規 に 口 座 を 開 設 する 際 に マイナンバーの 記 入 を 求 め また 特 定 検 診 などの 履 歴 にも 付 番 して 一 元 的 に 把 握 できるようにしよう としています 今 後 さらに 高 い 個 人 情 報 を 利 用 する 事 になり よ り 深 刻 なプライバシー 侵 害 や 成 りすましなどの 犯 罪 を 招 く 恐 れが 増 すことになります

2 6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 の 情 報 管 理 を 請 け 負 っているIT 企 業 幹 部 は 次 か ら 次 へと 出 てくるウイルスの 対 策 は 追 いつかない と 嘆 いていると 報 道 されています 個 人 情 報 を 一 元 管 理 するマイナンバーがこのような 被 害 を 受 けれ ば 計 り 知 れない 情 報 量 の 流 出 となります これまで 議 会 では 直 接 番 号 をやり 取 りするのではなく 付 番 を つけてやり 取 りをする 国 が 示 している 安 全 措 置 に 基 づいて 対 策 を 講 じる との 答 弁 でしたが 厚 生 労 働 行 政 の 根 幹 にかかわる 年 金 情 報 流 出 問 題 の 徹 底 解 明 はまだされておらず 国 の 安 全 措 置 は 不 十 分 と 言 わざるを 得 ません 情 報 の 安 全 は 確 保 できるのでしょうか 市 長 の 認 識 をお 示 し 下 さい 今 後 企 業 は 社 員 やパート アルバイト 従 業 員 から 扶 養 控 除 や 源 泉 徴 収 社 会 保 険 の 届 出 などにマイナンバーが 必 要 になり 企 業 独 自 でマイナンバーを 集 め 管 理 をします 番 号 の 管 理 や 破 棄 について 政 府 は 企 業 にガイドラインを 示 しています 内 容 は 鍵 でのファイ

3 ル 管 理 や 不 正 アクセス 対 策 など 多 岐 に 及 びます 漏 えいには 最 大 で 4 年 以 下 の 懲 役 または200 万 円 以 下 の 罰 金 の 罰 則 があり ます 従 業 員 100 人 の 企 業 ではマイナンバー 対 応 の 初 期 費 用 が1 000 万 円 維 持 経 費 が 毎 年 400 万 円 との 試 算 もあります 多 くの 中 小 企 業 は 経 営 で 手 一 杯 でありマイナンバー 対 策 への 経 費 投 入 は 困 難 です 6 月 5 日 の 朝 日 新 聞 によると 準 備 が 出 来 てい ない 企 業 が8 割 とのことです いま 福 山 市 内 の 企 業 では マイナンバー 対 策 はどの 程 度 行 われて いるのか 市 は 把 握 しているのかお 示 し 下 さい また 多 くの 市 民 はマイナンバー 制 度 の 詳 細 を 知 りません 内 閣 府 の2 月 公 表 の 世 論 調 査 では 制 度 の 内 容 を 知 っていた 人 は 28.3% プライバシー 侵 害 の 恐 れが 32.6% 個 人 情 報 不 正 利 用 被 害 の 心 配 が 32.3% 国 による 監 視 の 恐 れが 18.2%です 多 くの 国 民 は 不 安 を 抱 いています 10 月 からの 番 号 通 知 を 中 止 するよう 国 に 要 望 することを 求 め ますが 市 長 のご 所 見 をお 示 し 下 さい

4 次 に 生 活 保 護 行 政 住 宅 扶 助 についてお 伺 いします 政 府 は 生 活 保 護 の 生 活 扶 助 基 準 を 2013 年 8 月 から3 年 間 で 670 億 円 期 末 一 時 扶 助 は 約 70 億 円 総 額 740 億 円 も 引 き 下 げ 保 護 受 給 者 は 厳 しい 生 活 を 強 いられています そのような 中 本 年 7 月 から 住 宅 扶 助 基 準 が 引 き 下 がります 引 き 下 げ 内 容 は 本 市 では 一 人 世 帯 3 万 5 千 円 から3 万 4 千 円 へ 千 円 引 き 下 げ 二 人 世 帯 は4 万 6 千 円 から4 万 1 千 円 へ5 千 円 の 引 き 下 げなど 世 帯 人 数 別 に 扶 助 額 が 引 き 下 げられます 5 月 13 日 厚 労 省 は 全 国 の 自 治 体 に 住 宅 扶 助 の 設 置 にかかる 留 意 事 項 について を 通 知 しました 主 な 内 容 は1 限 度 額 の 引 き 下 げによって 家 賃 等 の 金 額 が 限 度 額 を 上 回 る 場 合 家 主 等 にも 説 明 し 限 度 額 内 に 引 き 下 げてもらうこ とを 検 討 する 2 家 賃 引 き 下 げが 困 難 な 場 合 経 過 措 置 などを 検 討 し 限 度 額 内 の 住 宅 への 転 居 を 検 討 すること 3 生 活 保 護 を 開 始 す る 時 や 受 給 中 に 転 居 する 場 合 最 低 居 住 面 積 基 準 を 満 たす 住 宅 への 転 居 を 促 進 すること 4 住 環 境 が 著 しく 劣 悪 な 場 合 適 切 な 住 宅 へ の 転 居 を 促 すこと 等 です 多 くの 受 給 者 から 転 居 しなくてはならないのか など 不 安 の 声

5 が 寄 せられています 新 たな 基 準 により 現 在 の 家 賃 から 減 額 になる 受 給 世 帯 数 をお 答 え 下 さい また 住 宅 扶 助 額 が 下 がればその 差 額 分 は 保 護 受 給 者 の 生 活 費 の 中 で 補 てんするため 最 低 生 活 費 にくい 込 みます 受 給 者 の 生 活 への 影 響 について 認 識 をお 示 し 下 さい また 厚 労 省 は 居 住 の 安 定 に 配 慮 した 経 過 措 置 等 として 住 宅 扶 助 上 限 額 が 引 き 下 がる 場 合 最 低 限 度 の 生 活 の 維 持 に 支 障 が 生 じないよう 措 置 を 講 じることを 求 めています また 個 別 の 事 情 による 配 慮 措 置 として 高 齢 者 等 で 転 居 が 困 難 と 認 められる 場 合 や 住 宅 扶 助 の 上 限 額 の 範 囲 内 での 賃 貸 住 宅 が ない 場 合 などは 個 別 の 事 情 として 従 前 の 住 宅 扶 助 を 続 ける 配 慮 措 置 を 行 うことを 認 めています 広 島 市 では 幅 広 く 経 過 措 置 を 適 用 するよう 考 えたい 個 別 の 事 情 については 様 々な 事 情 を 考 慮 したい と 述 べています 5 日 の 民 生 福 祉 委 員 会 では これらの 措 置 について まだ 検 討 し ている との 答 弁 でしたが 実 施 に 当 たって 本 市 では 経 過 措 置 や 個 別 の 事 情 をどのように 運 用 するのか また これらの 措 置 の 対 象 世 帯 数 についてお 答 えください

6 また 個 別 の 事 情 や 経 過 措 置 に 該 当 しない 世 帯 数 はどのくらいあ り どのように 対 応 するのかお 答 え 下 さい 12 日 福 山 生 活 と 健 康 を 守 る 会 が 生 活 福 祉 課 と 懇 談 しました 参 加 者 からは 風 呂 も 入 れず 節 約 しても 節 約 しても 追 い 付 かない ギリギリの 生 活 だ これからどうやって 生 きていけばいいのか 日 々 みじめな 思 いをしている と 怒 りを 込 めて 訴 えていました 今 回 の 住 宅 扶 助 の 引 き 下 げは 憲 法 25 条 に 謳 われる 生 存 権 保 障 を 脅 かす 人 権 侵 害 ではありませんか 国 に 対 し 住 宅 扶 助 費 の 引 き 下 げの 撤 回 を 要 望 することを 強 く 求 めます ご 所 見 をお 示 し 下 さい 次 に 住 宅 施 策 について 伺 います いま 若 い 世 帯 の 貧 困 化 や 高 齢 者 世 帯 の 増 加 障 がい 者 の 地 域 移 行 の 促 進 に 対 応 するため 安 心 して 利 用 できる 公 営 住 宅 の 拡 充 が 求 められています 2014 年 度 市 営 住 宅 は116 戸 の 募 集 に 対 して 1043 世 帯 の 申 し 込 みがありました 応 募 倍 率 は 実 に 8.99 倍 です 市 内 の 民 間 アパートに 住 む ある 生 活 保 護 を 受 給 している 高 齢 者 夫 婦 は 市 営 住 宅 の 申 し 込 みをするけど 倍 率 が 高 く 何 年 も 入 居 出

7 来 ない 公 営 住 宅 を 増 やして 欲 しい と 訴 えられていました 今 年 度 中 に 福 山 市 の 住 宅 政 策 基 本 計 画 を 策 定 するとのことです が 公 営 住 宅 を 何 棟 増 加 するのか お 示 しください これまで 我 が 党 は 民 間 賃 貸 住 宅 を 借 り 上 げ 公 営 住 宅 として 活 用 することを 求 めてきましたが 現 在 の 進 捗 状 況 をお 示 し 下 さい また 高 齢 者 や 障 がい 者 外 国 人 など 保 証 人 がいなければ 入 居 できないケースもあります それは 家 主 が 身 寄 りがいない 高 齢 者 が 亡 くなった 場 合 のフォローや 入 居 中 のトラブルに 不 安 を 抱 き 入 居 を 拒 むからだと 言 われています これらを 解 消 するために 公 的 保 証 人 制 度 が 全 国 で 広 がりつつあります 広 島 県 内 では 2013 年 に 県 や 市 町 不 動 産 関 係 者 らがメンバーと なって 広 島 県 居 住 支 援 協 議 会 が 設 立 されました 活 動 内 容 は 円 滑 な 入 居 の 促 進 及 び 居 住 の 安 定 方 策 に 関 すること とされていま す この 会 を 有 効 に 機 能 させることが 必 要 ですが 市 として 取 り 組 み 状 況 をお 示 し 下 さい また 公 的 保 証 人 制 度 の 創 設 や 居 住 サポー トについての 検 討 はされているのか お 答 えください

8 次 に 高 齢 者 施 策 介 護 保 険 制 度 についてお 伺 います 2014 年 2 月 地 域 における 医 療 及 び 介 護 の 総 合 的 な 確 保 を 推 進 す るための 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 いわゆる 医 療 介 護 総 合 法 が 成 立 し 本 年 4 月 より 実 施 されています 今 回 の 介 護 保 険 法 の 改 定 は 様 々な 問 題 があります まず 高 齢 者 の 申 請 権 と 受 給 権 の 問 題 です これまで 高 齢 者 や 家 族 から 介 護 相 談 があった 場 合 市 町 村 の 窓 口 では 制 度 を 説 明 し 認 定 申 請 を 受 け 付 けていました しかし 国 のガイドラインによると サービス 事 業 を 説 明 した 上 で 明 らかに 要 介 護 認 定 が 必 要 な 場 合 は 要 介 護 認 定 等 の 申 請 手 続 きにつなぐが 市 町 村 が 実 施 する 総 合 事 業 によるサービスのみ 利 用 する 場 合 は 要 介 護 認 定 等 を 省 略 して 基 本 チェックリストを 用 いる とされています 基 本 チェックリストは バスや 電 車 で 一 人 で 外 出 していますか など25 項 目 の 質 問 に 答 え 一 定 項 目 以 上 に 該 当 すると 事 業 対 象 者 とされますが 介 護 や 支 援 が 必 要 かどうかを 判 定 するためのも のではありません 今 年 5 月 末 までの 市 内 の 事 業 対 象 者 と 認 定 された 方 は 405

9 名 にのぼる 事 が5 日 の 民 生 福 祉 委 員 会 で 明 らかになりました 我 が 党 の 調 査 によると 基 本 チェックリストでは 介 護 の 必 要 性 の 判 断 が 困 難 である 事 が 明 らかになりました 市 内 の80 歳 代 の 一 人 暮 らしの 女 性 は 基 本 チェックリストを 行 った 後 事 業 対 象 者 と 認 定 されました デイサービスを 週 1 回 利 用 していましたが 自 宅 での 調 理 は 困 難 であること 会 話 は 出 来 る が 忘 れてしまうなど 認 知 症 状 により 日 常 生 活 に 支 障 をきたす 状 況 だと 援 助 が 進 むにつれて 分 かりました その 後 介 護 保 険 を 申 請 し 要 介 護 1の 判 定 が 出 ました 5 日 の 民 生 福 祉 委 員 会 では 基 本 チェックリストの 使 用 は 本 人 の 状 態 をアセスメントし 本 人 の 選 択 で 実 施 している との 答 弁 で したが この 事 例 のように 介 護 相 談 に 来 た 人 に 対 して 基 本 チェ ックリストの 活 用 だけでは 高 齢 者 の 生 活 実 態 や 疾 病 など 十 分 な 把 握 は 困 難 です 窓 口 に 相 談 に 来 た 人 は 要 支 援 者 や 要 介 護 者 に 該 当 する 可 能 性 の ある 人 です 基 本 チェックリストでの 選 別 を 行 なわず 介 護 保 険 申 請 を 実 施 して 申 請 権 と 受 給 権 を 保 障 するべきですが ご 所 見 をお 示 し 下 さい

10 次 に 市 町 村 が 実 施 する 介 護 予 防 生 活 支 援 サービス 事 業 につ いて 伺 います 福 山 市 は 今 年 度 から 要 支 援 者 への 訪 問 介 護 と 通 所 介 護 を 保 険 給 付 から 外 し 市 が 実 施 する 地 域 支 援 事 業 に 段 階 的 に 移 行 しています 市 は 住 民 主 体 サービス をNPO 法 人 や 地 域 住 民 が 実 施 するよ う 準 備 しています ところが 住 民 からは 住 民 主 体 で 行 う 高 齢 者 の 居 場 所 づくりを 週 3 回 も 行 うのは 困 難 との 意 見 が 多 くだされ ました そして 市 は 要 綱 の 見 直 しを 検 討 するとのことですが ど のように 見 直 されるのかお 答 えください また 通 所 介 護 や 訪 問 介 護 の 緩 和 した 基 準 のサービス は 介 護 の 専 門 家 ではなく 無 資 格 者 でも 従 事 できることになり 事 故 など のリスクが 高 まる 恐 れがあります 市 は 緩 和 した 基 準 サービス を 実 施 する 方 針 で その 内 容 や 基 準 を 検 討 しているとのことですが その 詳 細 についてお 示 し 下 さい 次 に 介 護 報 酬 の 引 き 下 げの 影 響 について 伺 います 介 護 報 酬 は3 年 毎 に 改 定 されますが 保 険 制 度 が 始 まって 以 来 これまで2 回 計 4.7%もの 引 き 下 げが 実 施 されてきました さらに

11 今 年 度 の 改 定 は 処 遇 改 善 加 算 を 含 めても 2.27%もの 大 幅 引 き 下 げで す 報 酬 単 価 の 引 き 下 げにより 高 齢 者 と 事 業 所 へ 大 きな 影 響 が 出 てい ます 高 齢 者 には 食 費 の 引 き 上 げや 利 用 時 間 の 短 縮 など 事 業 所 では 介 護 職 員 の 非 正 規 化 や 賞 与 定 期 昇 給 の 見 直 しなどです 市 内 のある 小 規 模 事 業 所 では 報 酬 引 き 下 げのために 約 1 割 収 入 が 減 った 中 重 度 加 算 を 取 ろうとすると 複 数 の 看 護 師 の 配 置 が 必 要 になるが 人 件 費 がかかり 人 員 基 準 は 満 たせない 利 用 者 増 の 工 夫 しかないが 十 分 な 介 護 が 提 供 できる 体 制 が 保 て るかとても 不 安 と 語 っていました 本 年 2 月 三 重 県 の みえの 介 護 をよくする 会 は 介 護 保 険 制 度 改 悪 の 影 響 について 県 内 1984 の 介 護 事 業 者 へ アンケート 調 査 を 実 施 しました 980 件 の 回 答 があり その 結 果 によると 制 度 改 悪 が 利 用 者 や 事 業 者 に 深 刻 な 影 響 を 与 えかねないことが 浮 き 彫 りに なりました 4 月 からの 介 護 報 酬 引 き 下 げへの 対 応 は 賃 金 労 働 条 件 を 見 直 す が 22% 要 支 援 者 を 受 け 入 れないなど 事 業 を 見 直 す が 17% でした 記 述 欄 には 加 算 をとる 何 を 直 せばいいか 分 からない

12 などがあり 事 業 をやめる との 回 答 は 3%もありました 介 護 職 員 は 足 りているか との 問 いには 足 りている 45%に 対 し 不 足 している が 41% 大 変 不 足 している が 4%で 不 足 の 理 由 は 賃 金 水 準 が 低 い が 35%とトップでした 政 府 は 2025 年 にはあと 38 万 人 の 介 護 従 事 者 が 必 要 としています が 介 護 報 酬 の 引 き 下 げは 介 護 現 場 の 深 刻 な 人 材 不 足 に 拍 車 をか けるだけです 国 に 対 して 基 本 報 酬 の 引 き 下 げを 撤 回 すること 介 護 職 員 の 処 遇 改 善 交 付 金 を 復 活 させること 市 独 自 で 上 乗 せ 措 置 を 行 うことを 求 めますが ご 所 見 をお 示 し 下 さい また 市 内 介 護 事 業 所 の 制 度 改 正 の 影 響 調 査 を 本 市 独 自 で 行 うこ とを 求 めますが ご 所 見 をお 示 し 下 さい 次 に 建 設 都 市 行 政 神 辺 川 南 土 地 区 画 整 理 事 業 についてお 伺 いし ます 川 南 土 地 区 画 整 理 事 業 は 1969 年 に 都 市 計 画 決 定 されました 減 歩 により 土 地 を 供 出 させられることや 清 算 金 を 払 わされる 事 による 不 安 など 区 画 整 理 という 手 法 そのものに 同 意 が 得 られてい

13 ないこと また 行 政 主 導 で 住 民 の 意 見 を 反 映 させてこなかった 経 過 もあり 地 域 住 民 の 根 強 い 反 対 で 46 年 経 過 した 現 在 も 事 業 化 の 目 途 はたっていません 2015 年 1 月 ~2 月 に 行 われた 事 業 説 明 会 に 対 象 者 263 名 中 61 名 しか 参 加 せず 住 民 合 意 は 進 んでいません この3 年 間 審 議 会 は 3 回 協 議 会 は5 回 開 催 されましたが 話 し 合 いは 平 行 線 のままで す 市 が 賛 成 7 割 の 根 拠 としている 2011 年 1 月 から 3 月 にかけて 市 の 調 査 について 当 初 から 区 画 整 理 事 業 に 明 確 に 反 対 の 意 思 表 示 をし ている44 名 の 地 権 者 が 個 人 情 報 公 開 請 求 を 行 いました それによると 44 名 中 区 画 整 理 に 賛 成 が 8 名 不 明 6 名 反 対 30 名 となっていました これらの 人 は なぜ 市 の 資 料 には 自 分 の 意 思 とは 違 う 記 載 となっているのか 納 得 できない と 語 ってい ます 市 は 3 月 の 予 算 特 別 委 員 会 で 地 権 者 はその 時 その 時 の 思 い がある 賛 成 反 対 については その 当 時 我 々が 調 べた 時 の 我 々 が 感 じたこと と 述 べています 市 が 地 権 者 の 思 いはその 時 々で 違 う と 述 べること 自 体 市 の

14 示 している 賛 成 7 割 の 前 提 が 崩 れているではありませんか 住 民 が 合 意 しない 区 画 整 理 事 業 は これ 以 上 進 めることは 困 難 で す 区 画 整 理 事 業 は 白 紙 撤 回 することを 改 めて 強 く 求 めますが ご 所 見 をお 示 し 下 さい また 区 画 整 理 区 域 内 は 大 雨 が 降 ると 水 路 から 水 があふれ 道 路 が 水 没 する 地 区 があります 現 在 田 畑 が 水 ダムの 役 目 を 果 たし 最 小 限 の 水 没 に 留 まっています しかし 区 画 整 理 後 は 宅 地 化 する ことで 田 畑 がなくなり たとえ 調 整 池 があっても 水 害 の 危 険 が 高 まる 可 能 性 があります そして 温 暖 化 対 策 にも 田 畑 の 役 目 は 大 き く 宅 地 化 が 進 めばヒートアイランド 現 象 に 拍 車 がかかりかねませ ん 多 くの 地 権 者 の 願 いは 生 活 道 路 や 下 水 道 などの 住 環 境 の 整 備 です これらは 区 画 整 理 事 業 を 行 わなくても 可 能 と 思 いますが ご 所 見 をお 示 し 下 さい

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

強い・よい企業とは

強い・よい企業とは マイナンバー 制 度 の 概 要 ( 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ) 高 島 利 尚 ( 中 小 企 業 診 断 士 ITコーディネータ) ( 地 域 活 性 化 伝 道 師 ) toshi-takashima@nifty.com マイナンバー 制 度 の 概 要 Copyright 2015 T.Taka All rights reserved 2 マイナンバーとは マイナンバーは 住 民

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

「マイナンバー」基礎知識

「マイナンバー」基礎知識 平 成 27 年 10 月 から 住 民 票 のある 方 に 個 人 番 号 (マイナンバー)が 指 定 され 地 方 公 共 団 体 情 報 シス テム 機 構 ( 総 務 省 の 関 係 団 体 )から 通 知 カード 個 人 番 号 カード 交 付 申 請 書 などが 全 住 民 に 世 帯 単 位 で 順 次 郵 送 され 概 ね 平 成 27 年 11 月 末 頃 までに 届 く 予 定

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5 平 成 23 年 度 居 住 型 施 設 ( 軽 費 ) 実 態 調 査 アンケート 報 告 書 Ⅰ. 調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 本 調 査 は 軽 費 の 会 員 施 設 における 実 態 を 把 握 することを 目 的 として 実 施 したものである 2. 調 査 対 象 軽 費 会 員 施 設 :1,148 ヶ 所 3. 調 査 実 施 時 期 平 成 23 年 12 月 2

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考 マイナンバーに 係 るアンケートの 実 施 結 果 ( 概 要 ) 全 国 老 施 協 発 第 1507 号 ( 平 成 27 年 11 月 4 日 付 )にて 発 出 したアンケートにおい て 得 た 結 果 の 概 要 は 以 下 に 示 すとおり 1. 従 業 員 に 関 するマイナンバーの 取 り 扱 いについて 従 業 員 に 対 する 事 業 所 のマイナンバーの 取 り 扱 いに 関

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

調 査 詳 細 77%の 企 業 が どのような 対 応 をすべきかよく 分 からない と 回 答 2016 年 1 月 から 利 用 が 開 始 されるマイナンバー 制 度 について 企 業 はどのような 対 応 をすべき か 把 握 していますか の 質 問 では 33%の 人 が 制 度 名

調 査 詳 細 77%の 企 業 が どのような 対 応 をすべきかよく 分 からない と 回 答 2016 年 1 月 から 利 用 が 開 始 されるマイナンバー 制 度 について 企 業 はどのような 対 応 をすべき か 把 握 していますか の 質 問 では 33%の 人 が 制 度 名 NEWS RELEASE 2015 年 7 月 9 日 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービス (コード 番 号 :9928) 企 業 における マイナンバー 制 度 への 対 応 に 関 する 調 査 結 果 77%の 企 業 が どう 対 応 すべきかよく 分 からない 財 務 会 計 システム 及 び 経 営 情 報 サービスを 開 発 販 売 する 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービス(

More information

微収事務の手引き_CS5.indd

微収事務の手引き_CS5.indd 個人住民税 市町村民税 県民税 特別徴収の事務手引き 三重県 県内各市町 目 次 頁 (ページ) 1 個 人 住 民 税 について 1 2 特 別 徴 収 の 義 務 1 3 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 4 対 象 になる 人 2 5 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 2 6 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 4 7 納 期 と 納 入 方 法 5 8 退

More information

自 己 紹 介 : 中 尾 さゆり 税 理 士 評 価 士 准 認 定 ファンドレイザー 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 理 事 相 談 事 業 部 長 (NPO 相 談 あいちモリコロ 基 金 担 当 ) 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 NPO 会 計 税

自 己 紹 介 : 中 尾 さゆり 税 理 士 評 価 士 准 認 定 ファンドレイザー 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 理 事 相 談 事 業 部 長 (NPO 相 談 あいちモリコロ 基 金 担 当 ) 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 NPO 会 計 税 日 時 :2015 年 11 月 12 日 ( 水 )19:00-21:00 場 所 :とよた 市 民 活 動 センター NPOのためのマイナンバー 対 策 講 座 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 税 理 士 中 尾 さゆり 理 事 相 談 事 業 部 長 自 己 紹 介 : 中 尾 さゆり 税 理 士 評 価 士 准 認 定 ファンドレイザー 特 定 非 営 利 活 動

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや 国 民 向 け 項 目 質 問 内 容 回 答 回 答 者 通 知 カード 手 元 に 通 知 カードが 届 くのはいつ 頃 か 届 かない 場 合 は どこに 問 い 合 わせ ればよいのか 通 知 カードは 本 年 10 月 から 順 次 発 送 する 予 定 です 届 かない 場 合 など 各 種 お 問 い 合 せについては 個 人 番 号 カードコールセンターにおいて 対 応 する 予 定

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD955C9770974C97BF9856906C837A815B838082CC8CBB8FF382C689DB91E88740>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD955C9770974C97BF9856906C837A815B838082CC8CBB8FF382C689DB91E88740> 第 128 回 坂 出 30 昼 食 懇 談 会 資 料 有 料 老 人 ホームの 現 状 と 課 題 1 参 考 資 料 失 敗 しない 有 料 老 人 ホームの 事 業 戦 略 週 刊 ダイヤモンド 09-5-2 号 介 護 特 集 その 他 濱 田 孝 一 著 1 目 次 高 齢 化 社 会 と 高 齢 者 住 宅 の 現 状 3 介 護 保 険 制 度 導 入 で 有 料 老 人 ホームは

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど 環 境 行 政 について 新 浜 し 尿 中 継 施 設 建 設 計 画 についてお 伺 いします 福 山 市 は 現 在 箕 沖 町 に 広 域 的 な し 尿 処 理 の 統 合 施 設 として 汚 泥 再 生 処 理 施 設 を 建 設 しています そして これまで 3 か 所 で 運 営 されていた 新 浜 深 品 新 市 し 尿 処 理 場 を 統 合 し そ れらの 施 設 は し 尿

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選 厚 生 労 働 省 統 計 法 に 基 づく 国 の 統 計 調 査 です 調 査 票 情 報 の 秘 密 の 保 護 に 万 全 を 期 します 地 区 番 号 秘 単 位 区 番 号 調 査 員 記 入 欄 世 帯 番 号 世 帯 員 番 号 公 的 年 金 加 入 状 況 等 調 査 調 査 票 確 認 欄 調 査 のご 協 力 のお 願 い この 調 査 は 国 民 年 金 厚 生 年 金

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

中 小 企 業 の 健 全 性 支 援 マガジン( 毎 月 1 日 発 行 ) BUSINESS ONE POINT ニュースレター 2015.9No.289 今 月 のコンテンツ 健 全 性 支 援 実 績 No1を 目 指 す! & roup 税 理 士 法 人 株 式 会 社 東 亜 経 営 総 研 検 索 550-001 大 阪 市 西 区 阿 波 座 1-4-4-8F TEL(06)6538-0872(

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

13回会議録【概要】

13回会議録【概要】 第 13 回 兵 庫 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 会 議 録 1 会 議 の 日 時 及 び 場 所 (1) 日 時 平 成 26 年 12 月 22 日 ( 月 )13 時 ~14 時 30 分 (2) 場 所 兵 庫 県 庁 第 3 号 館 7 階 第 7 委 員 会 室 2 出 席 委 員 の 氏 名 柴 田 眞 里 申 吉 浩 塔 下 佳 里 中 川 丈 久 永 吉 一

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A> 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 様 全 国 老 施 協 発 第 1736 号 平 成 27 年 12 月 15 日 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 福 祉 施 設 協 議 会 会 長 石 川 憲 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 資 する 介 護 離 職 ゼロ 施 策 について( 要 望 ) 政 府 では 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 け 新 三 本 の

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の

事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 5 納 期 と 納 入 方 法 6 税 額 の 変 更 通 知 7 退 職 休 職 者 の

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx マイナンバー 制 度 の 概 要 について 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 内 閣 官 房 説 明 資 料 マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 です 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 所 得 や 他 の

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ 平 成 26 年 度 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 に 関 するQ&A 調 書 について ( 被 保 険 者 用 ) Q1.なぜ 毎 年 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 ( 調 書 )を 行 うのですか? A 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 50 条 に 基 づき 保 険 者 として 被 扶 養 者 資 格 の 再 確 認 を 実 施 し ています 就 職 や 収 入 超 過 等

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

原発避難者に対する支援の方法等の検討

原発避難者に対する支援の方法等の検討 大 学 用 平 成 27 年 度 東 北 文 化 学 園 大 学 授 業 料 減 免 制 度 について 学 校 法 人 東 北 文 化 学 園 大 学 が 設 置 する 東 北 文 化 学 園 大 学 では 学 業 優 秀 で 特 別 な 事 情 ( 天 災 失 業 など)により 経 済 的 に 困 窮 し 授 業 料 等 の 納 付 が 極 めて 困 難 な 学 生 に 対 して 学 生 本 人

More information

募集要綱H13年度

募集要綱H13年度 第 一 次 試 験 日 9 月 18 日 ( 日 ) 申 込 期 間 8 月 24 日 ( 水 )~8 月 26 日 ( 金 ) 持 参 による 申 込 みとなります 写 真 川 越 北 消 防 署 南 古 谷 分 署 警 備 担 当 消 防 士 沖 山 晃 平 (H26 年 採 用 ) 川 越 中 央 消 防 署 警 備 課 救 助 担 当 消 防 副 士 長 鶴 島 宏 治 (H18 年 採 用

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

Z eimu information 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 され 各 税 目 の 改 正 案 がそろい ました これらの 項 目 には 平 成 23 年 度 税

Z eimu information 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 され 各 税 目 の 改 正 案 がそろい ました これらの 項 目 には 平 成 23 年 度 税 32012 今 年 も 年 度 末 を 迎 えます 会 社 では 異 動 など 動 きの 多 い 時 期 ですが 皆 様 然 るべき 手 続 き はお 済 みでしょうか? 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 申 告 する

More information

平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再

平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再 213 年 NO.5 西 日 本 段 ボール 厚 生 年 金 基 金 平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再 建 に 対 する 不 透 明

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 2 月 号 掲 載 台 湾 税 法 における 個 人 に 対 する 課 税 所 得 の 範 囲 と 納 税 方 法 ( 下 ) 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース パートナー 加 藤 雅 規 マネージャー 周 泰 維 堀 越 大 三 郎 3. 居 住 者 と 非 居 住 者 に 対 する 課 税 方 法 (1) 居 住 者

More information

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化 平 成 28 年 度 東 京 子 育 て 応 援 事 業 公 募 要 項 平 成 28 年 3 月 公 益 財 団 法 人 東 京 都 福 祉 保 健 財 団 事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑 社 説 公 的 年 金 見 直 し 低 所 得 者 対 策 を 急 げ 東 京 新 聞 2015 年 1 月 23 日 厚 生 労 働 省 の 審 議 会 がまとめた 公 的 年 金 制 度 の 見 直 しに 関 する 報 告 書 は 給 付 抑 制 の 仕 組 み 強 化 が 柱 で 高 齢 者 に 痛 みを 強 いるものだ 高 齢 者 の 貧 困 が 拡 大 する 中 低 所 得 者 対 策 を

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information