目  次

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目  次"

Transcription

1 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区

2 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続 きフロー 5 4 開 発 許 可 の 基 準 ( 法 第 33 条 ) 7 5 開 発 許 可 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) 7 2 事 前 相 談 について 1 事 前 相 談 書 について 10 2 事 前 相 談 に 必 要 な 資 料 10 開 発 行 為 の 事 前 相 談 書 11 3 事 前 相 談 終 了 後 の 手 続 きについて 1 公 共 施 設 管 理 者 等 の 同 意 協 議 他 12 2 開 発 行 為 許 可 申 請 12 3 工 事 着 手 届 出 12 4 工 事 完 了 届 出 13 5 開 発 許 可 標 識 の 掲 示 14 4 開 発 行 為 許 可 申 請 について 1 開 発 行 為 許 可 申 請 添 付 書 類 15 2 開 発 行 為 許 可 申 請 添 付 図 面 21 3 開 発 行 為 許 可 等 申 請 手 数 料 31 1

3 5 その 他 の 届 出 等 について 1 開 発 行 為 の 変 更 許 可 32 2 建 築 制 限 特 例 許 可 申 請 等 33 3 開 発 行 為 の 廃 止 届 出 34 4 地 位 の 承 継 34 5 公 共 施 設 の 用 地 の 帰 属 35 6 他 法 との 関 連 35 参 考 資 料 事 前 相 談 図 書 開 発 許 可 申 請 書 のファイル 作 成 例 36 開 発 許 可 関 係 協 議 等 一 覧 表 37 注 :この 冊 子 の 中 では 都 市 計 画 法 を 法 同 施 行 令 を 令 同 施 行 規 則 を 規 則 同 施 行 細 則 を 細 として 略 記 しました 2

4 Ⅰ 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 開 発 許 可 制 度 とは 法 に 基 づく 都 市 計 画 制 限 のひとつです 開 発 行 為 を 許 可 制 とすることにより 無 秩 序 な 市 街 化 の 抑 制 を 図 ります 開 発 区 域 の 規 模 及 び 予 定 建 築 物 の 用 途 に 応 じて 必 要 な 公 共 施 設 の 整 備 等 を 義 務 付 け 良 好 な 水 準 の 都 市 形 成 の 誘 導 を 図 ります 2 開 発 行 為 とは? 開 発 行 為 とは 主 として 建 築 物 の 建 築 又 は 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 土 地 の 区 画 形 質 の 変 更 ( 法 第 4 条 第 12 項 )をいいます 土 地 の 区 画 の 変 更 とは 道 路 河 川 水 路 等 の 公 共 施 設 の 新 設 変 更 または 廃 止 により 一 団 の 土 地 利 用 形 態 を 変 更 する 行 為 土 地 の 形 の 変 更 とは 1m 以 上 の 切 土 盛 土 による 土 地 の 造 成 行 為 2mを 超 える 擁 壁 等 の 設 置 土 地 の 質 の 変 更 とは(ただし 開 発 区 域 面 積 3,000 m2 以 上 に 限 ります ) 宅 地 以 外 の 土 地 を 宅 地 にする 行 為 地 目 の 変 更 建 築 物 : 建 築 基 準 法 第 2 条 第 1 号 に 定 める 建 築 物 特 定 工 作 物 :1 コンクリートプラント 危 険 物 貯 蔵 施 設 等 の 周 辺 の 地 域 の 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのある 工 作 物 2 1ha 以 上 の 野 球 場 庭 球 場 遊 園 地 動 物 園 墓 園 等 ただし 次 の 場 合 は 開 発 行 為 に 該 当 しません 単 なる 土 地 の 分 合 筆 による 権 利 区 画 の 変 更 管 理 者 において 単 に 水 路 の 用 途 廃 止 と 売 払 い 等 を 行 う 場 合 建 築 工 事 と 一 体 の 工 事 と 認 められる 基 礎 打 ち 土 地 の 掘 削 等 の 行 為 建 築 物 のドライエリアなどについては 事 前 に 都 市 づくり 部 建 築 課 と 協 議 し 建 築 物 と 一 体 であると 認 められることを 確 認 してください 区 画 形 質 の 変 更 を 伴 わない 建 築 物 の 建 築 開 発 行 為 を 行 う 土 地 の 面 積 が500m2 以 上 の 場 合 は 区 長 の 許 可 が 必 要 です 3

5 事 例 次 のような 事 例 で 開 発 区 域 の 面 積 が500m2 以 上 ( 令 第 19 条 第 2 項 )のものにつ いては 開 発 行 為 の 許 可 が 必 要 となります 事 例 1 道 路 の 廃 止 建 ち 並 んでいる 家 屋 を 取 り 壊 して 事 務 所 やマンション 等 を 建 てる 目 的 で 道 路 を 廃 止 する 場 合 事 例 2 道 路 の 新 設 道 路 を 新 設 して 建 物 を 建 てる 場 合 廃 止 される 道 路 道 路 道 路 道 路 道 路 新 設 さ れ る 道 路 予 定 建 築 物 取 り 壊 される 建 物 予 定 建 築 物 事 例 3 形 質 の 変 更 高 低 差 のある 土 地 で 切 土 盛 土 をして 事 務 所 マンション 等 を 建 てようとする 場 合 事 例 4 水 路 の 廃 止 敷 地 内 に 残 る 水 路 敷 きを 廃 止 して 宅 地 と して 利 用 する 場 合 道 路 予 定 建 築 物 廃 止 さ れ る 水 路 切 土 1m 以 上 予 定 建 築 物 道 路 取 り 壊 される 建 物 盛 土 1m 以 上 4

6 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続 きフロー ( 原 則 : 都 市 計 画 法 第 29 条 に 基 づく 手 続 きの 流 れ) 申 請 者 許 可 権 者 ( 台 東 区 ) 公 共 施 設 管 理 者 等 事 前 相 談 事 前 相 談 開 始 事 前 相 談 書 提 出 相 談 指 導 検 討 指 導 相 談 指 導 協 議 同 意 開 発 許 可 申 請 書 提 出 ( 手 数 料 の 納 入 ) 許 可 申 受 付 審 査 請 許 可 許 可 書 の 交 付 標 識 の 掲 示 工 事 着 手 か ら 工 事 完 了 ま で 工 事 着 手 工 事 着 手 届 提 出 標 識 の 写 真 提 出 工 事 完 了 工 事 完 了 届 提 出 工 事 完 了 の 公 告 がある 前 に 建 築 又 は 建 設 を 行 う 場 合 は 次 ページの 手 続 き(37 条 申 請 ) を 参 照 のこと 完 了 検 査 検 査 済 証 の 交 付 工 事 完 了 の 公 告 用 地 の 所 有 権 の 移 転 登 記 のための 書 類 受 付 建 築 確 認 申 請 公 共 用 地 の 帰 属 5

7 許 可 書 交 付 ま で (37 条 申 請 : 工 事 完 了 公 告 前 の 建 築 承 認 を 受 ける 場 合 の 手 続 き) 申 請 者 許 可 権 者 ( 台 東 区 ) 公 共 施 設 管 理 者 等 標 識 の 掲 示 標 識 の 写 真 提 出 許 可 書 の 交 付 事 前 相 談 から 許 可 書 の 交 付 までの 手 続 きは 前 ページと 同 じです 開 発 区 域 内 等 の 私 道 の 変 更 又 は 廃 止 がある 場 合 は 別 途 手 続 きが 必 要 ( 建 築 基 準 法 施 行 細 則 第 18 条 ) 届 出 37 条 建 築 承 認 申 請 書 の 提 出 告 示 工 事 着 手 か ら 工 事 完 了 ま で 建 築 承 認 書 の 交 付 建 築 確 認 申 請 工 事 着 手 建 築 着 手 届 提 出 工 事 完 了 工 事 完 了 届 提 出 受 付 審 査 承 認 工 事 完 了 検 査 検 査 済 証 の 交 付 工 事 完 了 の 公 告 6

8 4 開 発 許 可 の 基 準 ( 法 第 33 条 ) 開 発 行 為 の 許 可 基 準 は 都 市 計 画 法 及 び 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 等 に 定 められて います これらの 許 可 基 準 に 適 合 した 設 計 整 備 が 必 要 となります 台 東 区 では 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 の 許 可 等 に 関 する 審 査 基 準 を 定 めており この 基 準 に 基 づいて 開 発 許 可 を 行 っています 都 市 計 画 課 の 窓 口 で 閲 覧 が 可 能 です 開 発 許 可 を 受 ける 際 の 設 計 は 法 第 33 条 第 1 項 に 規 定 する 基 準 ( 道 路 公 園 排 水 雨 水 流 出 抑 制 施 設 及 び 宅 地 の 安 全 性 等 の 基 準 )に 適 合 しなければなりません 許 可 基 準 の 概 要 (1) 許 可 申 請 の 手 続 きが 法 令 等 の 規 定 に 違 反 していないこと (2) 開 発 区 域 に 定 められている 都 市 計 画 に 適 合 していること (3) 予 定 建 築 物 の 用 途 が 用 途 地 域 の 指 定 に 適 合 していること (4) 道 路 公 園 広 場 その 他 の 公 共 の 用 に 供 する 空 地 が 開 発 区 域 の 規 模 周 辺 の 状 況 予 定 建 築 物 の 用 途 等 を 勘 案 し 適 切 な 規 模 及 び 構 造 で 適 正 に 配 置 され かつ 開 発 区 域 内 の 主 要 な 道 路 が 区 域 外 の 相 当 規 模 の 道 路 に 接 続 していること (5) 給 排 水 施 設 が 適 切 な 構 造 及 び 能 力 で 適 正 に 配 置 されていること (6) 利 便 の 増 進 と 環 境 の 保 全 とが 図 られるように 公 共 施 設 学 校 等 の 公 共 公 益 施 設 及 び 予 定 建 築 物 の 用 途 の 配 分 が 定 められていること (7) 地 盤 の 軟 弱 な 土 地 がけ 崩 れまたは 出 水 の 恐 れが 多 い 土 地 等 であるときは 地 盤 の 改 良 擁 壁 の 設 置 等 安 全 上 必 要 な 措 置 が 講 じられていること (8)1ヘクタール 以 上 の 開 発 行 為 にあっては 植 物 の 生 育 の 確 保 上 必 要 な 樹 木 の 保 存 表 土 の 保 全 その 他 必 要 な 措 置 が 講 じられていること (9)1ヘクタール 以 上 の 開 発 行 為 にあっては 騒 音 振 動 等 による 環 境 の 悪 化 の 防 止 上 必 要 な 緑 地 帯 その 他 の 緩 衝 帯 が 配 置 されていること (10) 申 請 者 に 開 発 行 為 を 行 うために 必 要 な 資 力 及 び 信 用 があること (11) 工 事 施 行 者 に 開 発 行 為 に 関 する 工 事 を 完 成 させるために 必 要 な 能 力 があること (12) 開 発 区 域 及 び 開 発 関 連 工 事 区 域 内 の 土 地 または 建 築 物 その 他 の 工 作 物 につき 開 発 行 為 の 施 行 または 開 発 関 連 工 事 の 実 施 の 妨 げとなる 権 利 を 有 する 者 の 相 当 数 の 同 意 を 得 ていること 5 開 発 許 可 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) ( 法 第 33 条 ほか) 道 路 の 技 術 的 基 準 ( 令 第 25 条 第 29 条 規 則 第 20 条 第 24 条 ) 環 境 の 保 全 上 通 行 の 安 全 上 支 障 がないよう 周 囲 の 道 路 との 関 連 を 十 分 考 慮 し 道 路 の 機 能 が 有 効 に 発 揮 されるように 計 画 してください 幅 員 勾 配 構 造 配 置 形 態 等 について 技 術 的 基 準 が 定 められています 7

9 (1) 開 発 区 域 内 の 敷 地 に 接 する 道 路 の 幅 員 開 発 区 域 内 の 道 路 は 予 定 建 築 物 の 用 途 敷 地 の 規 模 等 に 応 じて6m 以 上 12m 以 下 ( 小 区 間 で 通 行 上 支 障 がない 場 合 は4m 以 上 )の 幅 員 の 道 路 が 敷 地 に 接 するよ うに 配 置 されていること ( 令 第 25 条 第 2 号 ) 幅 員 については 下 表 の 幅 員 の 道 路 が 予 定 建 築 物 の 敷 地 に 接 するように 配 置 され ていること また 幅 員 9m 以 上 の 道 路 は 歩 車 道 が 分 離 されていること ( 規 則 第 20 条 ) 開 発 区 域 内 の 敷 地 に 接 する 道 路 の 幅 員 予 定 建 築 物 の 用 途 予 定 建 築 物 の 敷 地 規 模 道 路 幅 員 住 宅 6m 以 上 一 般 の 区 域 内 道 路 住 宅 以 外 1,000 m2 未 満 6m 以 上 1,000 m2 以 上 9m 以 上 人 車 の 発 生 交 通 量 が 特 に 大 きな 場 合 12m 以 上 住 宅 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 において 開 発 区 域 内 の 道 路 は6m 以 上 を 原 則 としますが 小 区 間 で 街 区 及 びその 周 辺 の 状 況 等 により 交 通 上 支 障 がない 場 合 は 下 表 を 使 用 することができます 小 区 間 の 区 画 道 路 の 幅 員 道 路 基 準 35m 以 下 の 延 長 もの 道 路 幅 員 35mを 超 え 60m 以 下 60mを 超 え 120m 以 下 120mを 超 え るもの 通 り 抜 け 型 4.5m 以 上 4.5m 以 上 5m 以 上 6m 以 上 行 き 止 まり 型 1 4.5m 以 上 5m 以 上 6m 以 上 2 6m 以 上 1 行 き 止 まり 道 路 の 終 端 部 の 形 状 は 道 路 中 心 線 に 対 して 直 角 とすること 2 転 回 広 場 を2 箇 所 以 上 設 ける 場 合 には 5m 以 上 とすることができる 注 ) 防 災 上 の 観 点 から 行 き 止 まり 道 路 は 極 力 避 けるようすること 8

10 (2) 接 続 先 の 既 存 道 路 開 発 区 域 内 の 主 要 な 道 路 は 開 発 区 域 外 の 表 の 幅 員 の 既 存 道 路 に 接 続 することと 定 められています ( 令 25 条 第 4 号 ) 開 発 区 域 内 道 路 の 接 続 先 の 既 存 道 路 の 幅 員 開 発 行 為 の 種 類 接 続 先 既 存 道 路 の 幅 員 一 般 の 開 発 行 為 主 として 住 宅 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 9m 以 上 6.5m 以 上 開 発 の 目 的 が 一 般 の 住 宅 地 分 譲 等 で 新 たな 交 通 の 発 生 が 少 なく 既 存 道 路 への 影 響 が 少 ない 場 合 は 上 記 の 幅 員 について 緩 和 される 場 合 があります 詳 細 について はご 相 談 ください 転 回 広 場 の 設 置 ( 規 則 第 24 条 第 5 号 ) 道 路 は 通 り 抜 けを 原 則 としますが やむを 得 ず 行 き 止 まり 道 路 とする 場 合 は 原 則 として 転 回 広 場 の 設 置 が 必 要 です 行 き 止 まり 道 路 をつくる 場 合 の 転 回 広 場 の 設 置 基 準 道 路 幅 員 6m 未 満 6m 以 上 転 回 広 場 の 設 置 が 必 要 な 道 路 基 準 延 長 転 回 広 場 の 設 置 箇 所 数 35mを 超 える 場 合 60m 区 間 ごとに1 箇 所 120mを 超 える 場 合 120mを 超 えた 120m 区 間 ごとに1 箇 所 開 発 区 域 内 に 道 路 を 設 置 する 場 合 は 道 路 の 幅 員 に 応 じて 隅 切 を 設 置 してください ( 規 則 第 24 条 第 6 号 ) 道 路 の 隅 切 りに 必 要 な 長 さ( 道 路 の 交 叉 角 が90 度 前 後 の 場 合 ) 道 路 幅 員 12m 以 下 10m 以 下 4m 以 下 12m 以 下 6m 5m 3m 10m 以 下 5m 5m 3m 4m 以 下 3m 3m 3m 道 路 幅 員 および 交 叉 角 が 上 記 以 外 の 場 合 には 別 途 規 定 があります 公 園 等 の 設 置 基 準 ( 施 行 令 第 25 条 第 29 条 の2 施 行 規 則 第 21 条 第 25 条 ) 9

11 開 発 区 域 の 面 積 が3,000m2 以 上 の 開 発 行 為 の 場 合 には 開 発 区 域 面 積 の3% 以 上 の 公 園 緑 地 又 は 広 場 を 設 置 してください 原 則 として 区 に 提 供 していただくことに なりますが 公 園 管 理 者 と 位 置 規 模 等 について 十 分 な 打 合 せが 必 要 となります 2 事 前 相 談 について 1 事 前 相 談 書 について 開 発 行 為 の 内 容 は 事 例 ごとに 異 なっており 開 発 許 可 が 必 要 かどうかの 判 断 について 詳 細 な 検 討 を 必 要 とする 場 合 があります 事 前 相 談 の 内 容 をもとに 開 発 許 可 の 有 無 また 開 発 区 域 の 規 模 形 状 区 域 周 辺 の 状 況 等 を 検 討 します このため 開 発 行 為 を 行 う 際 には 具 体 的 な 事 例 ごとに 事 前 にご 相 談 ください 大 筋 の 計 画 ができた 段 階 で 事 前 相 談 書 を 提 出 してください 事 前 相 談 書 は 正 副 の2 部 提 出 してください 開 発 許 可 要 件 等 についての 回 答 書 を 添 えて 副 本 の 返 却 をします 2 事 前 相 談 に 必 要 な 資 料 書 類 図 書 の 種 類 内 容 番 号 1 開 発 行 為 の 事 前 相 談 書 必 要 事 項 を 記 入 してください 2 位 置 図 開 発 区 域 の 位 置 ( 案 内 図 )を 明 示 してください 3 区 域 図 4 公 図 の 写 し 5 現 況 図 6 土 地 利 用 計 画 図 7 造 成 計 画 平 面 図 断 面 図 開 発 区 域 土 地 の 地 番 及 び 形 状 ( 実 測 地 形 図 に 公 図 の 各 筆 を 記 入 してください) 開 発 区 域 およびその 関 連 工 事 の 区 域 並 びに その 周 辺 の 区 域 の 土 地 の 公 図 の 写 し 地 形 地 盤 高 開 発 区 域 内 外 の 公 共 施 設 の 位 置 および 形 状 道 路 の 幅 員 ( 広 幅 員 道 路 までの 幅 員 も 明 記 ) 建 築 物 および 擁 壁 等 の 工 作 物 の 位 置 および 形 状 道 路 水 路 等 の 境 界 確 定 の 有 無 開 発 区 域 内 外 の 公 共 施 設 の 位 置 および 形 状 予 定 建 築 物 の 敷 地 の 形 状 予 定 建 築 物 の 配 置 および 用 途 擁 壁 の 位 置 および 種 類 公 益 的 施 設 の 位 置 切 土 盛 土 をする 土 地 の 部 分 擁 壁 の 位 置 種 類 および 高 さ 切 土 盛 土 を する 前 後 の 地 盤 面 地 盤 高 ( 切 土 は 黄 色 盛 土 は 赤 色 に 着 色 してください ) 8 関 係 権 利 者 一 覧 表 開 発 区 域 内 及 びその 関 連 工 事 の 区 域 内 の 土 地 家 屋 等 の 関 係 権 利 者 9 登 記 全 部 事 項 証 明 書 開 発 区 域 内 及 びその 関 連 工 事 の 区 域 内 の 土 地 家 屋 等 の 登 記 全 部 事 項 証 明 書 (コピーでも 可 ) 10 その 他 区 長 が 必 要 と 認 める 図 書 ( 例 ) 官 民 境 界 確 定 図 公 共 施 設 等 調 査 図 事 業 区 域 求 積 図 等 ( 特 記 事 項 ) 建 築 行 為 を 伴 わない 場 合 は 土 地 利 用 計 画 図 が 不 要 です 対 象 区 域 ( 権 利 を 有 する 範 囲 )を 明 示 してください 10

12 開 発 区 域 及 びその 周 辺 に 建 築 基 準 法 第 42 条 第 2 項 等 に 指 定 されている 道 路 がある 場 合 は (2) 及 び(3)に 中 心 線 現 況 等 を 明 示 してください 台 東 区 長 宛 事 業 者 住 所 氏 名 平 成 年 月 日 印 申 請 者 住 所 ( 相 談 者 ) 氏 名 印 開 発 行 為 の 事 前 相 談 書 下 記 の 行 為 について 関 係 書 類 を 添 えて 事 前 相 談 致 します 所 在 地 住 居 表 示 台 東 区 丁 目 番 号 地 名 地 番 台 東 区 丁 目 番 地 対 象 区 域 面 積 行 為 の 種 別 予 定 建 築 物 の 概 要 ( )m2 区 域 に 隣 接 している 関 係 権 利 者 の 有 する 土 地 は 対 象 区 域 に 含 めるものとする 道 路 廃 止 道 路 築 造 水 路 廃 止 付 替 え 切 土 盛 土 他 ( ) 用 途 共 同 住 宅 戸 建 住 宅 事 務 所 店 舗 その 他 ( ) 規 模 階 数 ( ) 階 延 床 面 積 ( )m2 行 為 の 説 明 添 付 書 類 位 置 図 区 域 図 公 図 の 写 し 現 況 図 土 地 利 用 計 画 図 登 記 全 部 事 項 証 明 書 ( 土 地 建 物 ) その 他 ( ) 11

13 3 事 前 相 談 終 了 後 の 手 続 きについて 1 公 共 施 設 管 理 者 等 の 同 意 協 議 他 ( 法 第 32 条 他 ) 開 発 許 可 申 請 する 際 には あらかじめ 当 該 開 発 行 為 に 関 係 がある 公 共 施 設 の 管 理 者 と 協 議 し 同 意 を 得 なければなりません 公 共 施 設 とは 道 路 公 園 下 水 道 緑 地 広 場 河 川 運 河 水 路 及 び 消 防 の 用 に 供 する 貯 水 施 設 です 公 共 施 設 の 管 理 者 とその 用 に 供 する 土 地 の 所 有 者 が 異 なる 場 合 には その 用 地 の 所 有 者 の 同 意 も 必 要 となります 新 たに 設 置 される 公 共 施 設 については 当 該 公 共 施 設 の 管 理 予 定 者 と 協 議 を 行 って ください 2 開 発 行 為 許 可 申 請 ( 法 第 29 条 他 ) 事 前 相 談 が 終 了 し 公 共 施 設 管 理 者 等 の 同 意 又 は 協 議 や 関 係 図 書 等 が 整 い 開 発 計 画 が 固 まった 段 階 で 開 発 行 為 許 可 申 請 書 を 提 出 してください 開 発 許 可 の 申 請 にあたっては 4 開 発 行 為 許 可 申 請 について(P15~P29)をご 参 照 ください 3 工 事 着 手 届 出 ( 提 出 部 数 :1 部 ) 開 発 許 可 を 受 けた 者 が 工 事 に 着 手 したときは 速 やかに 工 事 着 手 届 出 書 を 提 出 し てください 提 出 書 類 番 号 項 目 備 考 1 工 事 着 手 届 出 書 開 発 許 可 申 請 者 名 を 記 入 し 申 請 書 と 同 一 の 印 を 押 印 すること 2 工 事 工 程 表 開 発 許 可 に 係 る 作 業 内 容 を 記 した 工 事 工 程 表 を 作 成 し 添 付 すること 12

14 3 開 発 許 可 標 識 の 写 真 開 発 許 可 標 識 (14 ページ 参 照 )は 許 可 を 受 けた 翌 日 までに 開 発 区 域 の 見 えやすいところに 掲 示 し 設 置 状 況 のわかる 写 真 を 着 手 届 に 添 付 すること 4 工 事 完 了 届 出 ( 法 第 36 条 ) 開 発 行 為 に 関 する 工 事 が 完 了 した 場 合 には 速 やかに 工 事 完 了 届 出 書 を 提 出 して ください 提 出 書 類 番 号 項 目 1 公 共 施 設 工 事 完 了 届 出 書 内 容 開 発 許 可 を 受 けた 工 事 のう ち 公 共 施 設 に 関 する 工 事 が 完 了 したとき 届 け 出 るこ と 2 工 事 完 了 届 出 書 開 発 許 可 を 受 けたすべての 工 事 が 完 了 したとき 届 け 出 ること 3 工 事 写 真 以 下 の 箇 所 について 工 事 完 了 の 状 況 がわかる 写 真 を まとめて 提 出 すること 開 発 区 域 全 体 道 路 公 園 等 の 開 発 行 為 に 伴 う 公 共 施 設 整 備 がある 場 合 は 該 当 箇 所 擁 壁 の 設 置 廃 道 等 の 開 発 行 為 の 原 因 となる 箇 所 その 他 指 示 のあった 箇 所 提 出 部 数 正 副 1 備 考 開 発 許 可 を 受 けた すべての 工 事 が 同 時 に 完 了 した 場 合 は 公 共 施 設 工 事 完 了 届 出 書 は 省 略 して 工 事 完 了 届 出 書 のみを 提 出 すれ ばよい 工 事 の 着 手 前 施 工 中 完 了 時 の 写 真 等 を 添 付 する 詳 しくは 担 当 者 の 指 示 に 従 うこと 4 公 共 施 設 の 区 へ の 帰 属 を 証 する 書 類 公 共 施 設 の 土 地 の 寄 付 等 の 手 続 きを 行 っていることが わかる 書 類 寄 付 申 請 書 の 写 し 等 区 へ 帰 属 す る 道 路 公 園 等 がある 場 合 13

15 5 開 発 許 可 標 識 の 掲 示 ( 第 9 号 様 式 )( 細 第 7 条 関 係 ) 開 発 許 可 を 受 けたときは 許 可 日 の 翌 日 から 工 事 完 了 公 告 の 日 まで 下 表 の 標 識 を 開 発 区 域 内 の 公 衆 の 見 やすい 場 所 に 掲 出 してください 規 模 の 大 きな 開 発 行 為 の 場 合 は この 標 識 を 数 箇 所 に 掲 示 して 下 さい 開 発 行 為 の 変 更 許 可 を 受 けたり 軽 微 な 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 に 係 る 事 項 について 修 正 を 速 やかに 行 ってください 14

16 90センチメートル 開 発 許 可 標 識 許 可 番 号 許 可 年 月 日 第 号 年 月 日 工 事 予 定 期 間 年 月 日 から 年 月 日 まで 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 開 発 区 域 の 面 積 開 発 許 可 を 受 け た 者 の 住 所 氏 名 工 事 施 行 者 の 電 話 ( ) 80 セ ン チ メー ト ル 住 所 氏 名 電 話 ( ) 設 計 者 氏 名 工 事 現 場 管 理 者 氏 名 連 絡 場 所 電 話 ( ) この 開 発 行 為 について 詳 細 な 内 容 を 知 りたい 方 は 台 東 区 都 市 づくり 部 都 市 計 画 課 にそなえてある 開 発 登 録 簿 をご 覧 ください 4 開 発 行 為 許 可 申 請 について 開 発 許 可 の 申 請 にあたっては 次 の Ⅰ ( 書 類 )と Ⅱ ( 図 面 )を 作 成 し 提 出 し てください 作 成 の 際 は18~19 ページの 作 成 要 領 を 参 照 してください 1 開 発 行 為 許 可 申 請 添 付 書 類 番 項 目 必 要 添 付 書 類 15 提 出 部 数 摘 要

17 号 正 副 1 開 発 行 為 許 可 申 請 書 開 発 区 域 の 全 ての 地 番 表 示 ( 一 筆 の 一 部 がある 場 合 ~の 一 部 無 地 番 の 場 合 は 番 地 先 と 記 載 ) 面 積 は 実 測 値 工 区 に 分 けたときは その 位 置 区 域 規 模 を 明 記 代 理 人 に 委 任 する 場 合 余 白 に 代 理 人 住 所 氏 名 印 電 話 番 号 等 を 明 記 1-2 委 任 状 申 請 者 の 印 鑑 証 明 1-4 地 番 表 2 設 計 説 明 書 概 要 書 代 理 人 に 委 任 する 場 合 に 必 要 委 任 者 及 び 受 任 者 の 住 所 氏 名 開 発 区 域 及 び 面 積 委 任 日 等 を 明 記 印 鑑 証 明 書 は 発 行 後 3ヶ 月 以 内 のもの 申 請 書 委 任 状 の 印 影 と 合 致 している こと 区 域 内 及 び 隣 接 地 の 町 名 地 番 ( 若 番 順 ) 地 目 地 積 ( 公 簿 ) 所 有 者 名 等 区 域 内 については 乙 区 を 含 め 全 権 利 者 開 発 区 域 の 内 外 を 明 確 にする 土 地 の 現 況 は 登 記 事 項 証 明 書 実 測 値 と 整 合 していること 計 画 内 容 は 関 係 機 関 の 協 議 同 意 及 び 計 画 図 と 整 合 していること 設 計 者 の 氏 名 欄 は 必 ず 押 印 すること 3 資 金 計 画 書 4 公 共 施 設 管 理 者 ( 注 1) の 同 意 を 証 する 書 面 注 1: 区 都 ( 都 道 河 川 ) 建 設 局 建 設 事 務 所 国 ( 国 道 河 川 ) 関 東 地 方 整 備 局 等 工 事 費 等 に 関 す る 積 算 資 料 ( 見 積 書 等 ) 工 事 費 は 開 発 行 為 に 関 するもののみ 写 し( 要 原 本 照 合 )を 提 出 開 発 区 域 外 においても 開 発 行 為 に 伴 って 変 更 または 廃 止 される 公 共 施 設 が あればこれを 含 む 管 理 者 によっては 法 32 条 同 意 である ことを 明 記 していない 場 合 もあるが 即 した 内 容 であれば 可 5 公 共 施 設 管 理 予 定 者 ( 注 2)との 協 議 を したことを 示 す 書 面 注 2 注 1に 同 じ 写 し( 要 原 本 照 合 )を 提 出 国 有 財 産 の 処 理 が 伴 う 場 合 特 に 注 意 を 要 する 公 共 施 設 が 事 業 主 管 理 となる 場 合 将 来 に 問 題 が 生 じないように 手 当 てして おくことが 必 要 ( 特 に 公 園 緑 地 ) 番 号 項 目 必 要 添 付 書 類 提 出 部 数 正 副 摘 要 ha 以 上 の 開 発 行 為 の 諸 施 設 の 管 理 者 ( 注 写 し( 要 原 本 照 合 )を 提 出 40ha 未 満 の 場 合 は 345を 除 く 3)との 協 議 をしたこ 16

18 とを 示 す 書 面 注 義 務 教 育 施 設 設 置 義 務 者 2 水 道 事 業 者 3 電 気 事 業 者 4ガス 事 業 者 5JR 及 び 私 鉄 経 営 者 等 工 事 の 実 施 の 妨 げとな る 権 利 者 ( 注 4)の 同 意 を 証 する 書 面 注 4: 土 地 所 有 者 建 物 工 作 物 等 乙 区 権 利 者 を 含 む 登 記 事 項 証 明 書 公 図 から 権 利 者 を 判 断 建 物 工 作 物 は 建 物 登 記 事 項 証 明 書 課 税 台 帳 現 地 等 で 判 断 東 電 等 の 地 役 権 は 工 務 所 長 の 印 ( 印 鑑 証 明 書 は 不 要 ) 隣 接 地 の 権 利 者 については 必 要 に 応 じて 提 出 6-2 公 共 施 設 用 地 の 所 有 者 等 の 同 意 を 証 する 書 面 ( 行 政 財 産 普 通 財 産 ) 区 又 は 都 等 所 管 課 の 同 意 国 有 財 産 編 入 同 意 当 該 用 地 の 面 積 については 実 測 値 ( 設 計 説 明 書 求 積 図 等 で 確 認 ) 7 印 鑑 証 明 書 1 上 記 6の 同 意 者 の 印 鑑 証 明 書 ( 原 本 ) 登 記 事 項 証 明 書 の 住 所 と 違 う 場 合 は 住 民 票 等 と 照 合 同 意 年 月 日 の 前 後 3か 月 以 内 のもの 8 9 土 地 及 び 工 作 物 等 の 登 記 全 部 事 項 証 明 書 申 請 者 の 資 力 及 び 信 用 に 関 する 書 類 法 人 個 人 登 記 全 部 事 項 証 明 書 財 務 諸 表 事 業 経 歴 書 納 税 証 明 書 残 高 証 明 又 は 融 資 証 明 住 民 票 納 税 証 明 書 残 高 証 明 又 は 融 資 証 明 1 1 公 図 と 照 合 無 地 番 地 の 確 認 発 行 後 3か 月 以 内 のもの 登 記 全 部 事 項 証 明 書 住 民 票 は 発 行 後 3か 月 以 内 のものを 添 付 財 務 諸 表 及 び 事 業 経 歴 書 は 直 前 の 決 算 期 のもの ただし 開 発 区 域 が1ha 以 上 の 場 合 は3か 年 分 の 財 務 諸 表 納 税 証 明 書 ( 前 年 度 分 のもの) 法 人 - 法 人 事 業 税 または 都 ( 道 府 県 ) 民 税 個 人 - 個 人 事 業 税 または 住 民 税 残 高 証 明 又 は 融 資 証 明 は 金 融 機 関 が 2か 月 以 内 の 残 高 等 を 証 明 したもの( 複 数 機 関 のときは 同 一 日 付 の 残 高 を 証 明 したもの) 工 事 費 に 対 して 相 当 以 上 の 残 高 が あること 番 号 10 項 目 工 事 施 行 者 の 施 行 能 力 に 関 する 書 類 必 要 添 付 書 類 登 記 全 部 事 項 証 明 書 建 設 業 許 可 書 の 写 し 又 は 証 明 書 提 出 部 数 正 副 1 摘 要 建 設 業 許 可 の 種 類 については 土 木 工 事 業 であること(ただし 1 件 の 請 負 金 額 が 500 万 円 以 上 ( 消 費 税 を 含 む)の 工 事 ) 17

19 11 設 計 者 の 資 格 を 証 明 す る 書 類 工 事 経 歴 書 ( 過 去 2 年 ) 卒 業 証 明 書 技 術 士 一 級 建 築 士 実 務 経 験 証 明 書 その 他 1 登 記 全 部 事 項 証 明 書 は 発 行 後 3か 月 以 内 のもの 1ha 以 上 の 開 発 行 為 及 び 宅 地 造 成 規 制 区 域 で 地 上 高 が5mを 超 える 擁 壁 の 設 置 又 は 1,500 m2を 超 える 造 成 の 場 合 は 義 務 添 付 卒 業 証 明 書 および 実 務 経 験 証 明 書 のほ かは 写 しを 添 付 12 既 存 権 利 を 有 すること を 証 する 書 類 土 地 の 登 記 事 項 証 明 書 売 買 契 約 書 法 第 34 条 第 13 号 に 該 当 の 場 合 登 記 事 項 証 明 書 は 発 行 後 3か 月 以 内 の もの 売 買 契 約 書 については 写 し( 要 原 本 照 合 )を 提 出 13 その 他 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 認 可 等 が 必 要 な 場 合 はその 許 可 等 に 関 する 書 面 自 然 保 護 条 例 に 該 当 する 場 合 は 許 可 書 又 は 受 付 票 の 写 しを 添 付 消 防 水 利 の 確 認 書 の 写 しを 添 付 ( 消 防 法 ) 都 市 計 画 施 設 にかかる 場 合 には 計 画 線 の 証 明 ( 指 示 )をとる 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 に 該 当 しているか 確 認 する( 文 化 財 保 護 法 ) その 他 土 地 区 画 整 理 法 土 砂 災 害 防 止 法 森 林 法 自 然 公 園 法 鳥 獣 保 護 法 河 川 法 砂 防 法 公 有 地 拡 大 促 進 法 等 注 意 次 のいずれかに 当 てはまる 場 合 は 上 記 の 書 類 は 不 要 です 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 開 発 行 為 の 場 合 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 開 発 行 為 で 開 発 区 域 の 規 模 が1ha 未 満 の 場 合 18

20 開 発 行 為 許 可 申 請 書 作 成 要 領 ( 記 載 例 ) 別 記 様 式 第 二 ( 第 十 六 条 関 係 ) 捨 印 開 発 行 為 許 可 申 請 書 都 市 計 画 法 第 29 条 第 1 項 の 規 定 により 開 発 行 為 の 許 可 を 申 請 します 年 月 日 台 東 区 長 殿 1 手 数 料 欄 許 可 申 請 者 住 所 区 丁 目 番 号 氏 名 株 式 会 社 印 代 表 取 締 役 2 代 理 人 住 所 氏 名 電 話 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 台 東 区 丁 目 番 2 開 発 区 域 の 面 積. 平 方 メートル 開 発 行 為 の 概 要 3 予 定 建 築 物 の 用 途 4 工 事 施 行 者 住 所 氏 名 区 丁 目 番 号 株 式 会 社 代 表 取 締 役 5 工 事 着 手 予 定 年 月 日 年 月 日 6 工 事 完 了 予 定 年 月 日 年 月 日 自 己 の 居 住 の 用 に 供 するもの 7 自 己 の 業 務 の 用 に 供 するもの その 他 のものの 別 8 法 第 34 条 の 該 当 号 及 び 該 当 する 理 由 9 その 他 必 要 な 事 項 7 8 受 付 番 号 年 月 日 台 都 計 第 号 5 6 許 可 に 付 した 条 件 許 可 番 号 年 月 日 開 発 行 為 許 可 台 都 計 第 号 備 考 1 許 可 申 請 者 又 は 工 事 施 行 者 が 法 人 である 場 合 においては 氏 名 は その 法 人 の 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 を 記 載 すること 2 許 可 申 請 者 の 氏 名 ( 法 人 にあってはその 代 表 者 の 氏 名 )の 記 載 を 自 署 で 行 う 場 合 に おいては 押 印 を 省 略 することができる 3 印 のある 欄 は 記 載 しないこと 4 法 第 34 条 の 該 当 号 及 び 該 当 する 理 由 の 欄 は 申 請 に 係 る 開 発 行 為 が 市 街 化 調 整 区 域 内 において 行 われる 場 合 に 記 載 すること 5 その 他 必 要 な 事 項 の 欄 には 開 発 行 為 を 行 うことについて 農 地 法 その 他 の 法 令 による 許 可 認 可 等 を 要 する 場 合 には その 手 続 きの 状 況 を 記 載 すること 19

21 作 成 要 領 1 許 可 申 請 者 住 所 氏 名 欄 印 鑑 証 明 書 を 添 付 し 実 印 ( 法 人 の 場 合 は 代 表 者 印 )を 押 印 してください また 申 請 手 続 きを 代 理 人 が 行 う 場 合 には 申 請 手 数 料 欄 下 の 空 欄 に 代 理 人 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 を 記 入 してください 2 1 開 発 区 域 に 含 まれる 地 域 の 名 称 欄 登 記 事 項 証 明 書 に 記 載 されている 町 名 地 番 を 記 入 してください 3 2 開 発 区 域 の 面 積 欄 開 発 区 域 の 面 積 の 実 測 値 の 合 計 を 記 入 してください ( 小 数 点 以 下 第 3 位 を 切 り 捨 て 小 数 点 以 下 第 2 位 まで 記 載 してください ) なお 既 存 の 道 路 に 接 続 させるための 取 付 道 路 の 工 事 に 係 る 土 地 の 部 分 もふくまれ 4 3 予 定 建 築 物 の 用 途 欄 建 築 しようとする 予 定 建 築 物 の 用 途 は 独 立 住 宅 ( 自 己 用 ) 日 用 品 店 舗 (パン 屋 ) 一 般 工 場 ( 自 動 車 ) 一 般 事 務 所 ( 弁 護 士 ) 共 同 住 宅 ( 分 譲 ) 等 具 体 的 に 記 入 してください なお 分 譲 住 宅 の 造 成 等 の 場 合 は 独 立 住 宅 日 用 品 店 舗 等 と 記 入 して 個 々 については 土 地 利 用 計 画 図 に 明 示 してください 5 4 工 事 施 行 者 住 所 氏 名 欄 住 所 氏 名 のほか 電 話 番 号 を 記 入 してください 6 5 工 事 着 手 予 定 年 月 日 欄 あらかじめ 許 可 になる 日 が 予 測 できないため 相 当 の 期 間 をおいた 工 事 着 手 予 定 月 日 を 記 入 するか あるいは 許 可 の 日 の 翌 日 と 記 入 してください 7 6 工 事 完 了 予 定 年 月 日 欄 着 手 欄 で 許 可 の 日 の 翌 日 と 記 入 したときは 着 手 の 日 から 日 間 と 記 入 し てください 8 8 法 第 34 条 の 該 当 号 及 び 該 当 する 理 由 欄 市 街 化 調 整 区 域 の 場 合 に 記 載 する 欄 ですので 記 入 は 不 要 です 20

22 2 開 発 行 為 許 可 申 請 添 付 図 面 提 出 部 数 : 正 1 部 副 1 部 番 号 図 書 名 縮 尺 明 示 すべき 事 項 明 示 すべき 内 容 チェック ポイント 1 位 置 図 ( 法 ) ( 法 30 2) ( 規 ) ( 規 17 2) 2 区 域 図 ( 兼 現 況 図 ) ( 法 ) ( 法 ) ( 法 30 2) ( 規 16 2) ( 規 16 4) ( 規 ) ( 規 17 3) 3 公 図 の 写 し ( 細 3 1 1) 4 公 共 施 設 の 管 理 者 に 関 する 図 面 ( 細 3 1 5) 5 土 地 利 用 計 画 図 ( 法 ) ( 規 16 2) ( 規 16 4) 4 公 共 施 設 の 管 理 者 に 関 する 図 面 と 兼 ねることも 可 1/2500 程 度 1/500 以 上 原 本 と 同 縮 尺 1/500 以 上 1/500 以 上 1 方 位 2 開 発 区 域 3 既 設 道 路 4 河 川 水 路 5 都 市 計 画 施 設 6 目 標 物 1 方 位 2 開 発 区 域 3 市 町 村 界 4 町 字 界 5 都 市 計 画 区 域 界 6 地 番 7 権 利 者 氏 名 8 道 路 9 河 川 水 路 10 工 作 物 11 等 高 線 12 現 況 地 盤 高 1 方 位 2 開 発 区 域 3 地 番 4 地 目 5 権 利 者 氏 名 6 道 路 7 河 川 水 路 1 方 位 2 開 発 区 域 3 廃 止 される 公 共 施 設 4 変 更 される 公 共 施 設 5 新 設 される 公 共 施 設 6 新 旧 公 共 施 設 一 覧 表 1 方 位 2 開 発 区 域 3 接 続 先 道 路 4 取 付 道 路 5 開 発 区 域 内 道 路 廃 止 道 路 6 道 路 隅 切 り 7 公 園 広 場 8 緑 地 9 河 川 水 路 等 10 貯 水 施 設 11 未 利 用 地 12 街 区 敷 地 13 既 存 建 築 物 14 予 定 建 築 物 15 都 市 計 画 施 設 16 法 面 擁 壁 17 緩 衝 帯 等 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 公 道 ( 茶 ) 私 道 (こげ 茶 ) 幅 員 ( 青 色 ) 名 称 放 流 点 道 路 公 園 その 他 交 通 機 関 主 要 建 築 物 団 地 等 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 開 発 区 域 内 権 利 者 ( 乙 区 含 む) 隣 接 地 所 有 者 公 道 ( 茶 ) 私 道 (こげ 茶 ) ( 青 色 ) 用 途 高 さ 構 造 建 築 物 の 有 無 1.0 m 標 高 差 平 坦 地 は 2.0 m 以 上 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 開 発 区 域 内 権 利 者 ( 乙 区 含 む) 隣 接 地 所 有 者 公 道 ( 茶 ) 私 道 (こげ 茶 ) ( 青 色 ) 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 道 路 水 路 その 他 道 路 水 路 その 他 道 路 水 路 その 他 番 号 面 積 管 理 者 所 有 者 1 都 市 計 画 施 設 の 確 認 ( 付 近 の 都 市 計 画 道 路 予 定 線 を 記 入 ) ( 公 拡 法 国 土 法 の 関 連 ) 1 公 図 の 写 し 現 況 図 との 比 較 (この 図 面 は 現 況 図 に 公 図 の 各 筆 を 割 り 込 んだものとする) 2 開 発 区 域 内 だけではなく その 周 辺 の 現 況 把 握 時 に 造 成 に 伴 って 危 険 となるような 隣 接 家 屋 などの 位 置 を 確 認 し 開 発 区 域 の 範 囲 の 適 否 を 検 討 する 3 接 続 先 道 路 の 名 称 種 別 幅 員 を 記 入 する 4 仮 BMの 位 置 と 高 さを 記 入 する 1 国 有 地 ( 行 政 財 産 普 通 財 産 ) 農 地 等 に 注 意 2 周 辺 部 も 記 入 3 転 写 場 所 転 写 日 転 写 者 名 を 記 入 1 公 共 施 設 管 理 者 の 同 意 を 証 する 書 面 又 は 公 共 施 設 管 理 予 定 者 との 協 議 をしたことを 示 す 書 面 各 々 比 較 対 照 する 2 接 続 先 道 路 の 名 称 種 別 幅 員 を 記 入 する 3 公 共 施 設 一 覧 表 と 図 面 が 対 比 できるよう 着 色 する 1 取 付 道 路 : 開 発 区 域 内 の 主 幹 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 線 と 同 等 以 上 とする 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 2 開 発 区 域 内 道 路 :6.0 m 以 上 公 道 ( 茶 ) 私 道 (こげ 茶 ) 3 東 京 都 建 築 安 全 条 例 との 整 公 道 ( 茶 ) 私 道 (こげ 茶 ) 合 性 ( 第 2 条 ~ 第 6 条 の2 及 幅 員 延 長 勾 配 : 4 m 以 上 赤 色 び 特 殊 建 築 物 の 適 否 ) 5 m 以 上 桃 色 4 公 園 広 場 緑 地 街 路 に 注 6 m 以 上 橙 色 意 8 m 以 上 茶 色 5 接 続 先 道 路 の 名 称 種 別 幅 12 m 以 上 こげ 茶 員 を 記 入 する 辺 長 6 仮 BMの 位 置 と 高 さを 記 入 辺 長 面 積 出 入 口 ( 黄 緑 色 ) する 形 状 面 積 ( 緑 色 ) 形 状 幅 ( 青 色 ) 形 状 面 積 ( 水 色 ) 辺 長 面 積 番 号 辺 長 面 積 計 画 地 盤 高 位 置 位 置 ( 宅 地 分 譲 の 場 合 省 略 ) 位 置 名 称 ( 市 町 村 主 管 課 証 明 ) 位 置 構 造 形 状 高 さ 位 置 形 状 21

23 番 号 図 書 名 縮 尺 明 示 すべき 事 項 明 示 すべき 内 容 チェック ポイント 6 造 成 計 画 平 面 図 ( 法 ) ( 規 16 2) ( 規 16 4) 1/500 以 上 1 方 位 2 開 発 区 域 3 盛 土 切 土 の 範 囲 4 擁 壁 5 法 面 6 がけ 7 計 画 地 盤 高 8 開 発 区 域 周 辺 の 状 況 9 断 面 図 作 成 箇 所 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 切 土 ( 黄 ) 盛 土 ( 赤 ) 位 置 高 さ 延 長 着 色 位 置 形 状 位 置 形 状 隣 接 地 の 地 盤 高 建 物 の 位 置 道 路 宅 地 その 他 例 えばA-Aと 記 入 1 地 上 高 の 高 いRC 造 の 擁 壁 は 設 計 施 工 管 理 とも 技 術 的 に 十 分 に 配 慮 及 び 自 然 環 境 等 を 考 慮 2 斜 面 先 の 盛 土 は 極 力 避 ける 3 開 発 区 域 周 辺 の 家 屋 等 が 造 成 後 どのような 状 態 になる かを 注 意 する 4 現 況 図 上 に 記 入 する 5 仮 BMの 位 置 と 高 さを 記 入 する 7 造 成 計 画 断 面 図 ( 法 ) ( 規 16 2) ( 規 16 4) 8 排 水 施 設 計 画 平 面 図 兼 給 水 施 設 計 画 平 面 図 ( 法 ) ( 規 16 2) ( 規 16 4) 9 公 共 施 設 構 造 図 ( 細 3 1 5) 10 崖 の 断 面 図 ( 法 ) ( 規 16 2) ( 規 16 4) 11 擁 壁 の 断 面 図 ( 法 ) ( 規 16 2) ( 規 16 4) 1/500 以 上 1/500 以 上 1/50 以 上 1/50 以 上 1/50 以 上 1 開 発 区 域 2 在 来 地 盤 高 3 計 画 地 盤 高 4 切 土 盛 土 の 範 囲 5 擁 壁 6 がけ 7 法 面 1 集 水 区 域 2 管 渠 3 U 字 溝 4 人 孔 5 集 水 ます 6 吐 口 7 放 流 先 8 計 算 書 9 浸 透 施 設 10 給 水 施 設 11 取 水 方 法 12 消 火 栓 1 道 路 縦 断 図 2 道 路 横 断 図 3 排 水 施 設 縦 断 図 4 排 水 施 設 構 造 図 5 河 川 水 路 詳 細 図 6 公 園 広 場 計 画 図 7 貯 水 施 設 詳 細 図 8 その 他 施 設 詳 細 図 1 開 発 区 域 2 土 質 3 勾 配 4 垂 直 高 さ 5 在 来 地 盤 高 6 計 画 地 盤 高 7 保 護 の 方 法 1 種 類 2 断 面 図 3 高 さ 4 水 抜 穴 5 透 水 層 6 土 質 7 基 礎 杭 8 配 筋 図 9 地 盤 改 良 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 隣 接 地 まで 記 入 切 土 ( 黄 ) 盛 土 ( 赤 ) 構 造 垂 直 高 勾 配 垂 直 高 勾 配 垂 直 高 排 水 施 設 番 号 系 統 毎 に 色 分 け 流 下 方 向 種 類 位 置 内 径 延 長 勾 配 着 色 設 置 間 隔 内 径 又 は 内 法 幅 深 さ 位 置 名 称 断 面 寸 法 計 画 流 出 量 流 速 流 量 トレンチ 等 浸 透 ます トレンチ 等 取 水 地 点 在 来 高 計 画 高 延 長 勾 配 幅 員 舗 装 勾 配 土 被 り(1.2 m 以 上 ) 形 状 寸 法 施 設 の 種 類 形 状 寸 法 形 状 寸 法 開 発 区 域 は 一 点 鎖 線 ( 赤 ) 関 連 工 事 区 域 は 二 点 鎖 線 ( 赤 ) 石 張 り 芝 張 り モルタルの 吹 付 けその 他 各 種 類 毎 に 図 面 作 成 代 表 断 面 図 毎 に 図 面 作 成 耐 水 材 料 内 径 75 mm で3m2に 1 箇 所 以 上 材 料 寸 法 背 面 土 基 礎 地 盤 位 置 材 料 寸 法 RC 造 被 り 交 互 配 筋 は 不 可 改 良 範 囲 方 法 1 急 斜 面 の 盛 土 には 段 切 り 施 行 2 擁 壁 上 の 余 盛 りは 不 可 3 擁 壁 面 に 雨 水 が 流 下 するよ うな 集 水 方 法 は 不 可 4 二 段 擁 壁 のチェック 1 放 流 許 可 量 と 計 画 流 出 量 を 比 較 し 許 可 量 の 数 値 が 小 さ い 場 合 には 調 整 池 吸 込 槽 等 を 設 置 2 地 表 水 の 流 下 方 向 は 崖 と 反 対 方 向 とする 3 開 発 区 域 外 からの 流 入 範 囲 とその 処 理 に 注 意 4 管 渠 の 内 径 20 cm 以 上 とす る 5 排 水 施 設 を 着 色 する 6 東 京 都 水 道 局 と 協 議 7 井 戸 の 場 合 保 健 所 と 協 議 (100 t 以 上 ) 8 給 水 施 設 を 着 色 する 1 道 路 縦 断 勾 配 は 9% 以 下 やむを 得 ない 場 合 は 12% 以 下 2 詳 細 は 公 共 施 設 管 理 者 との 協 議 による 1 崖 の 種 類 毎 各 位 置 毎 に 標 準 図 を 作 成 する 2 長 大 法 の 場 合 は 別 途 基 準 に よる 1 練 積 法 : 切 土 ~5m まで 盛 土 部 分 に 基 礎 を 設 ける 場 合 ~3m まで 2 擁 壁 を 設 置 する 前 後 の 地 盤 高 を 記 入 22

24 番 号 図 書 名 縮 尺 明 示 すべき 事 項 明 示 すべき 内 容 チェック ポイント 12 擁 壁 の 構 造 計 算 書 ( 規 27 1) ( 細 3 1 5) 13 擁 壁 展 開 図 ( 細 3 1 5) 14 斜 面 の 安 定 計 算 書 ( 細 3 1 5) 15 地 盤 の 安 定 計 算 書 ( 規 23 3) ( 細 3 1 5) 1 設 計 条 件 2 土 圧 3 転 倒 に 対 する 安 定 4 滑 動 に 対 する 安 定 5 沈 下 に 対 する 安 定 6 各 部 断 面 の 検 討 7 掘 削 面 の 検 討 8 地 震 に 対 する 安 定 9 基 礎 杭 の 検 討 1 基 礎 幅 2 基 礎 前 端 厚 3 擁 壁 全 高 4 根 入 れ 深 さ 5 擁 壁 高 6 造 成 計 画 高 7 地 盤 高 8 単 距 離 9 距 離 1 設 計 条 件 2 土 圧 3 斜 面 先 崩 壊 の 検 討 4 斜 面 崩 壊 の 検 討 5 底 部 崩 壊 の 検 討 16 参 考 図 面 1 求 積 図 2 境 界 確 定 図 3 幅 員 証 明 4 その 他 17 開 発 登 録 簿 の 写 し ( 法 46) ( 法 47) ( 細 3 1 5) 1 開 発 登 録 簿 調 書 2 土 地 利 用 計 画 図 3 付 近 見 取 図 4 公 図 の 写 し 5 公 共 施 設 一 覧 表 安 全 率 1.5 以 上 安 全 率 1.5 以 上 m を 超 える 場 合 は 土 質 調 査 報 告 書 を 添 付 させる 2 土 圧 は 計 算 方 法 を 明 らかに すること 3 地 震 に 対 する 安 定 は 1 擁 壁 5m を 超 える 場 合 2 基 礎 地 盤 が 軟 弱 な 場 合 3 背 面 が 高 盛 土 の 場 合 検 討 する 1 伸 縮 目 地 は 原 則 として 20 m 以 内 につき1 箇 所 2 図 の 下 側 に 各 変 化 点 での 値 が 分 かるように 記 入 切 土 をする 場 合 において 切 土 をした 後 の 地 盤 に 滑 りやすい 土 質 の 層 があるとき 規 則 第 23 条 第 2 項 に 該 当 の 場 合 境 界 確 定 図 は 原 則 として 開 発 区 域 が 都 道 区 道 等 の 公 共 用 財 産 の 用 地 等 と 接 する 場 合 に 添 付 写 しを 3 部 ( 着 色 2 部 白 黒 1 部 )( 完 了 届 提 出 時 及 び 完 了 時 は 別 途 別 部 数 を 提 出 ) 注 意 1 申 請 添 付 図 面 には 図 面 作 成 者 の 記 名 押 印 が 必 要 です 2 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 建 築 をするための 開 発 行 為 の 場 合 は 給 水 施 設 計 画 図 は 不 要 です 23

25 図 面 作 成 要 領 (1) 位 置 図 区 域 図 現 況 図 は 以 下 のとおり 着 色 してください 項 目 色 等 1 既 存 道 路 公 道 : 茶 色 ( 幅 員 を 記 入 ) 私 道 :こげ 茶 色 ( 幅 員 を 記 入 ) 2 河 川 水 路 青 色 3 公 園 広 場 黄 緑 色 4 緑 地 緑 色 5 開 発 区 域 の 境 界 赤 色 の 一 点 鎖 線 6 取 り 付 け 道 路 等 の 開 発 行 為 に 関 連 す 赤 色 の 二 点 鎖 線 る 工 事 が 行 われる 区 域 の 境 界 (2) 土 地 利 用 計 画 図 は 以 下 のとおり 着 色 してください 項 目 1 道 路 : 幅 員 4m 以 上 赤 色 5m 以 上 桃 色 6m 以 上 橙 色 8m 以 上 茶 色 12m 以 上 こげ 茶 色 2 公 園 広 場 黄 緑 色 3 緑 地 緑 色 4 河 川 水 路 青 色 5 貯 水 施 設 水 色 6 公 益 的 施 設 用 地 うす 茶 色 色 等 (3) 造 成 計 画 平 面 図 は 以 下 のとおり 着 色 してください 項 目 色 等 1 土 をする 土 地 の 部 分 黄 色 2 土 をする 土 地 の 部 分 赤 色 3 崖 擁 壁 等 高 さ 及 び 種 類 ごとに 表 示 してくだ さい 3 壁 : 鉄 筋 コンクリート 造 擁 壁 黒 色 石 積 擁 壁 黒 色 ( 斜 線 ) なお 切 土 または 盛 土 をする 土 地 の 部 分 で 表 土 の 復 元 等 の 措 置 を 講 ずるものがあ るときは その 部 分 を 図 示 してください (4) 造 成 計 画 断 面 図 は 造 成 計 画 平 面 図 と 同 様 に 着 色 してください 高 低 差 が 著 しいときは 数 箇 所 の 断 面 ( 等 高 線 に 直 角 断 面 )を 取 ってください 縮 尺 は 水 平 垂 直 とも 同 じ 縮 尺 にしてください 24

26 標 高 線 在 来 地 盤 線 擁 壁 の 位 置 高 さ 排 水 施 設 の 位 置 法 面 の 勾 配 等 を 明 示 してください 擁 壁 排 水 施 設 等 は 特 にわかりやすく 表 示 してください (5) 排 水 施 設 計 画 平 面 図 2つ 以 上 の 系 統 に 分 けて 排 水 するとき 又 は 排 水 幹 線 が2つ 以 上 ある 場 合 は 集 水 流 域 別 に 色 分 けしてください 宅 地 内 地 表 面 の 雨 水 等 の 流 水 方 向 を 矢 印 等 で 表 示 してください 切 土 または 盛 土 をする 土 地 の 面 積 が 1,500 m2を 超 える 土 地 に 排 水 施 設 を 設 置 する 場 合 は それぞれ 集 水 区 域 を 定 め その 区 域 から 流 出 する 雨 水 に 応 じた 管 渠 とし 管 渠 の 勾 配 流 速 断 面 積 及 び 計 画 流 量 等 を 算 定 した 計 画 書 を 添 付 してください (6) 給 水 施 設 計 画 平 面 図 この 図 面 には 21ページ 表 中 の 明 示 すべき 事 項 を 記 入 するほか 水 源 の 種 類 及 び 取 水 地 点 を 記 入 してください (7) 崖 の 断 面 図 切 土 または 盛 土 によって 生 ずる 崖 ( 勾 配 が30 度 を 超 える 土 地 の 部 分 )の 共 通 断 面 図 を 切 土 部 分 と 盛 土 部 分 に 分 けて 作 成 してください それぞれの 崖 の 高 さ( 最 低 ~ 最 高 ) 勾 配 ( 最 低 ~ 最 高 ) 土 質 崖 面 の 保 護 方 法 等 を 記 入 してください (8) 擁 壁 の 断 面 図 鉄 筋 コンクリートの 擁 壁 の 場 合 は 配 筋 状 況 のわかる 正 面 及 び 基 礎 底 部 等 の 詳 細 図 を 添 付 してください 擁 壁 の 構 造 は 宅 地 造 成 等 規 制 法 および 建 築 基 準 法 を 準 用 してください 擁 壁 の 高 さ 1.0~2.0m 2.0~3.0m 3.0~4.0m 4.0~5.0mの 段 階 別 に 共 通 の 標 準 断 面 図 を 切 土 部 分 と 盛 土 部 分 に 分 けて 作 成 してください コンクリート 間 知 ブロックを 使 用 する 場 合 は そのカタログを 添 付 してください (9) 公 共 施 設 構 造 図 道 路 排 水 施 設 ( 雨 ます 集 水 ます 等 を 含 む) 等 の 公 共 施 設 については 基 礎 構 造 及 び 断 面 構 造 について その 形 状 材 料 が 明 示 される 図 面 を 作 成 してください (10) 開 発 登 録 簿 ( 調 書 ) 開 発 登 録 簿 とは 開 発 許 可 した 土 地 ごとに 作 成 された 調 書 及 び 土 地 利 用 計 画 図 等 により 構 成 されています 開 発 登 録 簿 に 記 載 されている 主 な 事 項 は 開 発 許 可 の 概 要 予 定 建 築 物 の 用 途 等 土 地 利 用 計 画 図 付 近 見 取 り 図 公 図 等 で 27~28ページの 作 成 要 領 をご 25

27 参 照 ください ( 目 次 : 記 載 例 ) 開 発 行 為 許 可 申 請 図 書 目 次 ( 書 類 ) 書 類 番 号 書 類 名 摘 要 1 開 発 行 為 許 可 申 請 書 1-2 委 任 状 1-3 地 番 表 2 設 計 説 明 書 3 資 金 計 画 書 4 公 共 施 設 管 理 者 の 同 意 を 証 する 書 面 5 公 共 施 設 管 理 予 定 者 との 協 議 をしたことを 示 す 書 面 ha 以 上 の 開 発 行 為 の 場 合 の 諸 施 設 管 理 者 との 協 議 をしたことを 示 す 書 面 6 工 事 の 実 施 の 妨 げとなる 権 利 者 の 同 意 を 証 する 書 面 6-2 公 共 施 設 用 地 の 所 有 者 等 の 同 意 を 証 する 書 面 7 印 鑑 証 明 8 土 地 及 び 工 作 物 の 登 記 事 項 証 明 書 9 申 請 者 の 資 力 及 び 信 用 に 関 する 書 類 10 工 事 施 行 者 の 施 行 能 力 に 関 する 書 類 11 設 計 者 の 資 格 を 証 する 書 類 12 その 他 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 認 可 等 が 必 要 な 場 合 はその 許 可 等 に 関 する 書 面 26

28 番 号 順 に 綴 じて 下 さい それぞれの 書 類 に 該 当 する 番 号 を 記 したインデックスを 付 けてください ( 目 次 : 記 載 例 ) 開 発 行 為 許 可 申 請 添 付 図 書 目 次 ( 図 面 ) 書 類 番 号 書 類 名 摘 要 1 位 置 図 2 区 域 図 ( 兼 現 況 図 ) 3 公 図 の 写 し 4 公 共 施 設 の 管 理 者 に 関 する 図 面 5 土 地 利 用 計 画 図 6 造 成 計 画 平 面 図 7 造 成 計 画 断 面 図 8 排 水 施 設 計 画 平 面 図 兼 給 水 施 設 計 画 平 面 図 9 公 共 施 設 構 造 図 10 崖 の 断 面 図 11 擁 壁 の 断 面 図 12 擁 壁 の 構 造 計 算 書 13 擁 壁 の 展 開 図 14 斜 面 の 安 定 計 算 書 15 地 盤 の 安 定 計 算 書 16 参 考 図 面 17 開 発 登 録 簿 ( 調 書 ) 別 添 参 照 番 号 順 に 綴 じて 下 さい それぞれの 書 類 に 該 当 する 番 号 を 記 したインデックスを 付 けてください 開 発 許 可 申 請 図 書 のファイル 作 成 例 (P34をご 参 照 ください ) 27

29 ファイルの 大 きさは A4サイズで 左 綴 じにして 下 さい 綴 じる 書 類 や 図 面 には 目 次 ( ページの 目 次 記 載 例 を 参 照 )を 付 け その 目 次 による 番 号 を 記 したインデックスを 付 けて 下 さい 28

30 開 発 登 録 簿 作 成 要 領 開 発 登 録 簿 縮 尺 土 地 利 用 計 画 図 付 近 見 取 図 公 図 写 開 発 登 録 簿 調 書 次 ページ 参 照 付 近 見 取 図 ( 位 置 図 ) 土 地 利 用 計 画 図 公 図 写 各 図 面 には 図 面 名 縮 尺 真 北 ( 方 位 )を 記 入 してください 29

31 前 ページ 右 上 調 書 部 分 拡 大 図 開 発 登 録 簿 調 書 開 発 許 可 番 号 年 月 日 開 発 行 為 許 可 号 開 発 区 域 に 含 ま れ る 東 京 都 台 東 区 開 発 区 域 地 域 の 名 称 丁 目 番 の 面 積 m2 開 発 許 可 を 受 けた 者 の 住 所 及 び 氏 名 TEL 工 事 施 行 者 の 住 所 及 び 氏 名 TEL 予 定 建 築 物 の 用 途 検 査 済 証 発 行 年 月 日 年 月 日 工 事 完 了 公 告 年 月 日 年 月 日 法 第 41 条 第 1の 規 定 に よ る 制 限 の 内 容 敷 地 面 積 に 対 する 建 築 面 積 の 割 合 高 さ 壁 面 の 位 置 許 可 に 基 づく 地 位 の 承 継 変 更 事 項 備 考 注 意 開 発 登 録 簿 は 申 請 時 に 添 付 する 必 要 はありませんが 開 発 許 可 を 受 ける 前 までに 提 出 し てください また 用 紙 の 規 格 は A2 判 を 使 用 してください ( 縮 尺 等 によりA2 判 によ りがたい 場 合 は A1 判 を 使 用 してください ) 30

32 3 開 発 行 為 許 可 申 請 手 数 料 開 発 行 為 許 可 申 請 書 を 提 出 する 際 に 下 記 のとおり 手 数 料 が 必 要 です (1) 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 開 発 行 為 許 可 申 請 0.1 未 満 0.1 以 上 規 模 (ha) ~0.3 未 満 0.3 以 上 ~0.6 未 満 0.6 以 上 ~1.0 未 満 手 数 料 13,000 円 34,000 円 65,000 円 133,000 円 規 模 (ha) 1.0 以 上 ~3.0 未 満 3.0 以 上 ~6.0 未 満 6.0 以 上 ~10.0 未 満 10.0 以 上 手 数 料 200,000 円 261,000 円 337,000 円 460,000 円 (2) 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 開 発 行 為 許 可 申 請 ( 住 宅 以 外 ) 0.1 未 満 0.1 以 上 0.3 以 上 規 模 (ha) ~0.3 未 満 ~0.6 未 満 0.6 以 上 ~1.0 未 満 手 数 料 20,000 円 46,000 円 100,000 円 185,000 円 規 模 (ha) 1.0 以 上 ~3.0 未 満 3.0 以 上 ~6.0 未 満 6.0 以 上 ~10.0 未 満 10.0 以 上 手 数 料 307,000 円 415,000 円 521,000 円 737,000 円 (3)その 他 の 開 発 行 為 許 可 申 請 0.1 未 満 0.1 以 上 規 模 (ha) ~0.3 未 満 0.3 以 上 ~0.6 未 満 0.6 以 上 ~1.0 未 満 手 数 料 131,000 円 199,000 円 292,000 円 348,000 円 規 模 (ha) 1.0 以 上 ~3.0 未 満 3.0 以 上 ~6.0 未 満 6.0 以 上 ~10.0 未 満 10.0 以 上 手 数 料 525,000 円 599,000 円 746,000 円 1,004,000 円 - 東 京 都 台 東 区 手 数 料 条 例 ( 平 成 21 年 6 月 4 日 改 正 )- 31

33 5 その 他 の 届 出 等 について 5 1 開 発 行 為 の 変 更 許 可 ( 法 第 35 条 の2) (1) 開 発 行 為 変 更 許 可 申 請 変 更 許 可 が 必 要 な 事 項 開 発 許 可 を 受 けた 者 が 右 に 掲 げ る 事 項 を 変 更 しようとするときは 変 更 許 可 を 受 けてください 変 更 項 目 に 応 じた 変 更 申 請 手 数 料 が 必 要 となります 1 開 発 区 域 の 位 置 区 域 規 模 2 予 定 建 築 物 等 の 用 途 3 開 発 行 為 に 関 する 設 計 4 工 事 施 行 者 ( 非 自 己 用 の 場 合 ) 5 自 己 用 非 自 己 用 居 住 用 業 務 用 の 別 6 資 金 計 画 提 出 書 類 番 号 項 目 内 容 1 開 発 行 為 変 更 許 可 申 請 書 開 発 許 可 申 請 書 作 成 要 領 を 参 照 のこと 2 委 任 状 委 任 を 受 ける 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 を 記 入 3 開 発 行 為 変 更 理 由 書 4 開 発 行 為 変 更 許 可 に 関 連 して 必 要 な 書 類 提 出 部 数 正 副 1 変 更 前 と 変 更 後 に 分 けて 変 更 内 容 変 更 理 由 等 を 項 目 ご とに 具 体 的 に 記 入 してくだ さい 開 発 許 可 申 請 に 準 じた 変 更 に 関 係 がある 書 類 及 び 図 面 備 考 開 発 許 可 申 請 時 と 同 じ 印 鑑 を 押 印 変 更 許 可 申 請 手 続 き を 委 任 する 場 合 変 更 箇 所 を 一 覧 表 に まとめてください 開 発 許 可 申 請 の 順 序 で 綴 じてください 都 市 計 画 法 第 32 条 による 公 共 施 設 管 理 者 の 同 意 協 議 書 が 新 たに 必 要 となる 場 合 は 公 共 施 設 管 理 者 と 打 ち 合 わせを 行 った 上 で 同 意 協 議 書 を 取 り 直 してください 2 開 発 行 為 変 更 届 出 ( 第 2 号 様 式 ( 第 3 条 関 係 )) 開 発 許 可 を 受 けた 者 が 以 下 に 掲 げる 事 項 等 軽 微 な 変 更 をしようとする 場 合 には 開 発 行 為 変 更 届 出 書 を 提 出 してください 軽 微 な 変 更 に 該 当 する 例 1 予 定 建 築 物 等 の 敷 地 形 状 の 軽 微 な 変 更 2 工 事 施 行 者 の 氏 名 名 称 又 は 住 所 の 変 更 3 工 事 の 着 手 予 定 年 月 日 又 は 工 事 の 完 了 予 定 年 月 日 の 変 更 提 出 書 類 上 記 (1) 開 発 行 為 変 更 許 可 申 請 の 提 出 書 類 の 表 中 1,3,4と 同 じ 32

34 2 建 築 制 限 特 例 許 可 申 請 等 ( 法 第 37 条 ) 工 事 完 了 公 告 前 に 建 築 物 等 を 建 築 または 特 定 工 作 物 を 建 設 しようとする 場 合 には 次 の 開 発 工 事 完 了 公 告 前 の 建 築 物 の 建 築 または 特 定 工 作 物 の 建 設 承 認 申 請 書 を 提 出 して 下 さい なお 本 申 請 は 下 記 のような 項 目 に 該 当 する 場 合 に 承 認 することができます ただし 戸 建 て 建 築 分 譲 等 の 場 合 は 認 めません 詳 細 はご 相 談 ください 37 条 申 請 に 該 当 する 例 1 予 定 建 築 物 等 と 一 体 の 雨 水 地 下 貯 留 施 設 を 築 造 する 場 合 2 予 定 建 築 物 等 により 斜 面 を 抑 える 場 合 3 開 発 行 為 により 新 設 する 擁 壁 と 予 定 建 築 物 等 が 近 接 しており 擁 壁 と 予 定 建 築 物 等 を 同 時 に 施 工 することが 適 当 である 場 合 4 開 発 行 為 又 は 開 発 行 為 に 関 する 工 事 の 完 了 前 に 建 築 等 の 工 事 を 行 わないと 道 路 等 の 公 共 施 設 を 著 しく 破 壊 するおそれがある 場 合 5 官 公 署 地 区 センターその 他 の 公 益 的 施 設 を 先 行 的 に 建 設 する 場 合 6 開 発 区 域 内 に 存 する 建 築 物 を 当 該 区 域 内 に 移 転 する 場 合 又 は 除 却 し 当 該 区 域 内 に 新 築 若 しくは 改 築 する 場 合 7 その 他 特 に 必 要 があると 認 められる 場 合 番 号 提 出 書 類 項 目 1 工 事 完 了 公 告 前 の 建 築 の 建 築 または 特 定 工 作 物 の 建 設 承 認 申 請 書 内 容 申 請 日 所 長 名 許 可 番 号 申 請 者 の 住 所 氏 名 印 工 事 着 手 予 定 年 月 日 建 築 物 の 用 途 等 2 委 任 状 委 任 を 受 ける 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 等 3 理 由 書 開 発 許 可 番 号 年 月 日 所 在 地 開 発 区 域 面 積 建 築 する 理 由 の 内 容 4 工 程 表 開 発 計 画 と 建 築 計 画 の 工 程 5 付 近 見 取 図 開 発 区 域 敷 地 の 位 置 方 位 周 辺 の 公 共 施 設 6 配 置 図 敷 地 建 物 の 道 路 との 位 置 関 係 形 態 大 きさ 7 建 築 物 の 概 要 予 定 建 築 物 の 用 途 構 造 階 数 規 模 等 の 概 要 書 8 建 築 物 の 計 画 配 置 図 各 階 平 面 図 立 面 図 断 面 図 等 33 提 出 部 数 正 副 1 備 考 開 発 許 可 申 請 時 と 同 じ 印 鑑 を 押 印 承 認 申 請 前 に 工 事 着 手 届 出 書 を 提 出 開 発 許 可 申 請 時 と 同 じ 印 鑑 を 押 印 開 発 計 画 は 工 事 公 共 施 設 工 事 ごとに 記 入 開 発 許 可 を 受 けた 資 料 を 用 いてもよい 規 模 に 応 じたわかり やすい 縮 尺 で 棟 別 建 築 物 がある 場 合 は その 計 画 図 も 添 付

35 3 開 発 行 為 の 廃 止 届 出 ( 法 第 38 条 ) 開 発 許 可 を 受 けた 者 は 開 発 行 為 に 関 する 工 事 を 廃 止 した 場 合 には 速 やかに 関 係 機 関 の 指 示 を 受 けて しかるべき 措 置 をとった 後 区 長 に 届 け 出 なければなりません 提 出 書 類 1 開 発 行 為 に 関 する 工 事 の 廃 止 の 届 出 書 2 その 他 区 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 4 地 位 の 承 継 (1) 一 般 承 継 ( 法 第 44 条 ) 相 続 又 は 法 人 の 合 併 ( 吸 収 合 併 新 設 合 併 等 )により 開 発 許 可 に 基 づく 地 位 の 承 継 を 受 けた 場 合 には 開 発 許 可 を 受 けた 者 の 相 続 人 又 は 合 併 後 の 法 人 等 が 地 位 の 承 継 届 出 書 を 提 出 してください 提 出 書 類 番 号 項 目 1 地 位 の 承 継 届 出 書 2 地 位 の 承 継 届 出 に 関 する 書 類 内 容 提 出 部 数 正 副 申 請 日 所 長 名 許 可 番 号 申 請 者 の 住 所 氏 名 印 工 事 着 手 予 定 年 月 日 建 築 物 の 用 途 等 ( 個 人 ) 印 鑑 証 明 書 ( 法 人 ) 登 記 全 部 事 項 証 明 書 印 鑑 証 明 書 等 適 法 に 継 承 したことを 証 明 する 書 類 備 考 承 継 理 由 は 具 体 的 に 記 入 法 44 条 の 一 般 承 継 人 とは 1 相 続 人 2 合 併 後 存 続 する 法 人 3 合 併 により 新 たに 設 立 された 法 人 を 指 す (2) 特 定 承 継 ( 法 第 45 条 ) 開 発 許 可 を 受 けた 者 から 開 発 区 域 内 の 土 地 の 所 有 権 その 他 の 開 発 行 為 に 関 する 工 事 を 施 行 する 権 原 を 取 得 した 場 合 には 土 地 の 所 有 権 その 他 工 事 を 施 行 する 権 原 を 取 得 した 方 が 地 位 の 承 継 の 承 認 申 請 書 を 提 出 してください 提 出 書 類 は 次 ページをご 参 照 ください 34

36 提 出 書 類 番 号 項 目 1 地 位 の 承 継 承 認 申 請 書 2 承 継 の 原 因 を 証 明 する 書 類 3 申 請 者 の 資 力 及 び 信 用 に 関 する 書 面 内 容 申 請 日 所 長 名 許 可 番 号 承 継 申 請 者 の 住 所 氏 名 所 有 権 取 得 年 月 日 土 地 の 売 買 契 約 書 等 工 事 施 行 に 関 する 権 原 を 承 継 した ことを 証 明 する 書 類 法 人 登 記 全 部 事 項 証 明 書 財 務 諸 表 事 業 経 歴 書 納 税 証 明 書 残 高 証 明 または 融 資 証 明 個 人 住 民 票 納 税 証 明 書 残 高 証 明 または 融 資 証 明 4 承 継 同 意 書 旧 事 業 主 が 新 事 業 主 への 承 継 を 認 める 内 容 の 書 面 旧 事 業 主 と 新 事 業 主 の 印 印 鑑 証 明 書 提 出 部 数 正 副 1 備 考 承 継 理 由 は 具 体 的 に 記 入 登 記 全 部 事 項 証 明 書 住 民 票 は 発 行 後 3か 月 以 内 のものを 添 付 書 式 は 任 意 印 鑑 証 明 書 は 正 本 だ けでよい 5 開 発 行 為 登 録 簿 様 式 提 出 部 数 は 許 可 申 請 に 準 じる 5 公 共 施 設 の 用 地 の 帰 属 ( 法 第 40 条 ) 開 発 行 為 またはその 関 連 工 事 により 従 前 の 公 共 施 設 に 代 えて 新 たな 公 共 施 設 が 設 置 される 場 合 には 従 前 の 公 共 施 設 の 用 地 で 国 都 または 区 が 所 有 するものは 工 事 完 了 公 告 の 日 の 翌 日 において 許 可 を 受 けた 方 に 帰 属 し これに 代 わるものとして 設 置 された 新 たな 公 共 施 設 の 用 地 は その 日 にそれぞれ 国 都 または 区 に 帰 属 するものとなります 開 発 行 為 またはその 関 連 工 事 により 設 置 された 公 共 施 設 の 用 地 は 上 記 に 述 べたもの 及 び 開 発 許 可 を 受 けた 方 が 自 ら 管 理 するものを 除 き 工 事 完 了 公 告 の 日 の 翌 日 において 公 共 施 設 を 管 理 すべき 者 に 帰 属 するものとなります 6 他 法 との 関 連 他 の 法 令 に 定 めがある 場 合 には その 規 定 に 従 って 必 要 な 許 認 可 届 出 等 を 必 ず 行 っ てください 例 : 建 築 基 準 法 道 路 法 河 川 法 等 についての 確 認 許 可 認 可 届 出 等 東 京 都 建 築 安 全 条 例 等 の 建 築 に 関 する 規 定 東 京 における 自 然 の 保 護 と 回 復 に 関 する 条 例 東 京 都 景 観 条 例 台 東 区 景 観 まちづくり 条 例 等 の 景 観 まちづくりに 関 する 規 定 東 京 都 中 高 層 建 築 物 の 建 築 に 係 る 紛 争 の 予 防 と 調 整 に 関 する 条 例 台 東 区 中 高 層 建 築 物 の 建 築 に 係 る 紛 争 の 予 35

37 防 と 調 整 に 関 する 条 例 等 の 建 築 紛 争 の 予 防 に 関 する 条 例 等 参 考 資 料 事 前 相 談 図 書 開 発 許 可 申 請 図 書 のファイル 作 成 例 ファイルの 大 きさは A4サイズで 左 綴 じにして 下 さい 綴 じる 書 類 や 図 面 には 目 次 を 付 けて その 目 次 による 番 号 を 記 したインデックスを 付 けて 下 さい 表 紙 の 記 入 正 副 の 別 ( 開 発 受 付 年 番 号 区 で 記 入 します ) 開 発 の 場 合 開 発 許 可 条 申 請 事 前 相 談 の 場 合 事 前 相 談 図 書 申 請 地 名 ( 地 番 表 示 ) 申 請 者 名 背 表 紙 の 記 入 正 副 の 別 開 発 の 場 合 開 発 許 可 条 申 請 事 前 相 談 の 場 合 事 前 相 談 図 書 申 請 地 名 ( 地 番 表 示 ) 申 請 者 名 ( 開 発 受 付 年 番 号 区 で 記 入 します ) 36

38 参 考 資 料 開 発 許 可 関 係 協 議 等 一 覧 表 協 議 内 容 担 当 部 署 所 在 地 連 絡 先 国 道 に 関 すること 国 土 交 通 省 東 京 国 道 工 事 事 務 所 葛 飾 区 新 宿 亀 有 出 張 所 : 都 道 に 関 すること 東 京 都 建 設 局 足 立 区 千 住 東 第 六 建 設 事 務 所 : 区 道 に 関 すること 台 東 区 都 市 づくり 部 台 東 区 東 上 野 4-5-6( 庁 舎 5 階 1) 道 路 管 理 課 : 私 道 に 関 すること 台 東 区 都 市 づくり 部 台 東 区 東 上 野 4-5-6( 庁 舎 5 階 11) 建 築 課 : 公 園 に 関 すること 台 東 区 都 市 づくり 部 台 東 区 東 上 野 4-5-6( 庁 舎 5 階 4) 公 園 課 : 水 道 に 関 すること 東 京 都 水 道 局 台 東 区 三 筋 台 東 給 水 管 工 事 事 務 所 : 都 ( 下 水 道 局 )が 管 理 する 下 水 施 東 京 都 下 水 道 局 台 東 区 蔵 前 設 に 関 すること 北 部 第 一 下 水 道 事 務 所 : 河 川 に 関 すること 東 京 都 建 設 局 足 立 区 千 住 東 第 六 建 設 事 務 所 : 国 有 財 産 に 関 すること 関 東 財 務 局 文 京 区 湯 島 東 京 財 務 事 務 所 : 消 防 施 設 に 関 すること 東 京 消 防 庁 台 東 区 東 上 野 上 野 消 防 署 : 東 京 消 防 庁 台 東 区 駒 形 浅 草 消 防 署 : 東 京 消 防 庁 台 東 区 千 束 日 本 堤 消 防 署 : 交 通 規 制 に 関 すること 警 視 庁 台 東 区 東 上 野 上 野 警 察 署 : 警 視 庁 台 東 区 下 谷 下 谷 警 察 署 : 警 視 庁 台 東 区 浅 草 浅 草 警 察 署 : 警 視 庁 台 東 区 蔵 前 蔵 前 警 察 署 :

39 協 議 内 容 担 当 部 署 所 在 地 連 絡 先 ガス 埋 設 施 設 に 関 するこ と 東 京 ガス 株 式 会 社 東 部 導 管 ネットワークセンター 荒 川 区 南 千 住 : 照 会 グループ 電 気 施 設 に 関 すること 東 京 電 力 株 式 会 上 野 支 社 ( 東 京 カスタマーセンター) 足 立 区 千 住 桜 木 : NTT 施 設 に 関 すること NTT 東 日 本 - 東 京 設 備 部 設 備 計 画 部 門 東 エリア 設 備 構 築 担 当 墨 田 区 京 島 : 東 京 における 自 然 の 保 護 と 回 復 に 関 する 条 例 に 関 すること 東 京 都 環 境 局 自 然 環 境 部 緑 環 境 課 新 宿 区 西 新 宿 都 庁 第 2 庁 舎 : 埋 蔵 文 化 財 に 関 すること 台 東 区 教 育 委 員 会 生 涯 学 習 課 文 化 財 担 当 台 東 区 西 浅 草 台 東 区 立 生 涯 学 習 センター : 東 京 都 台 東 区 景 観 まちづ くり 条 例 に 関 すること 台 東 区 都 市 づくり 部 都 市 計 画 課 台 東 区 東 上 野 4-5-6( 庁 舎 5 階 5) : ゴミ 置 き 場 に 関 すること 台 東 清 掃 事 務 所 台 東 区 今 戸 :

開発行為に関するご案内

開発行為に関するご案内 1 平 成 26 年 4 月 1 日 改 定 1 窓 口 相 談 の 手 引 き 窓 口 相 談 の 流 れ 開 発 行 為 事 前 相 談 カード 2 開 発 許 可 の 手 引 き 1 開 発 行 為 2 開 発 区 域 3 開 発 許 可 の 基 準 等 4 開 発 許 可 の 設 計 ( 技 術 的 基 準 ) 4-(1) 路 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) 4-(2) 公 園 等

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

はじめに

はじめに 第 3 版 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 の 手 引 き 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 施 行 規 則 を 一 部 改 正 し2011 年 4 月 1 日 に 施 行 しました (2012 年 7 月 17 日 付 庁 舎 移 転 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4A94AD8B9689C290A7937882CC8EE888F882AB816990A7937881458EE891B182AB95D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4A94AD8B9689C290A7937882CC8EE888F882AB816990A7937881458EE891B182AB95D2816A2E646F63> ( 制 度 手 続 き 編 ) 平 成 24 年 4 月 諫 早 市 建 設 部 開 発 支 援 課 も く じ 1. 都 市 計 画 について 1 2. 開 発 許 可 制 度 について 2-1 開 発 許 可 制 度 3 2-2 開 発 行 為 4 2-3 開 発 区 域 5 2-4 開 発 許 可 の 特 例 2-5 許 可 不 要 の 開 発 行 為 3. 開 発 許 可 の 基 準 ( 法

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464>

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464> この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 開 発 行 為 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 12 項 に 規 定 する 開 発 行 為 をいう (2) 建 築 行 為 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

目 次 第 1 章 開 発 許 可 基 準 1 開 発 許 可 基 準 の 法 規 定 技 1 2 技 術 基 準 の 主 旨 技 4 3 開 発 目 的 の 適 用 条 項 技 5 (1) 開 発 の 目 的 技 5 (2) 開 発 目 的 別 適 用 条 項 技 6 4 用 途 地 域 等 との

目 次 第 1 章 開 発 許 可 基 準 1 開 発 許 可 基 準 の 法 規 定 技 1 2 技 術 基 準 の 主 旨 技 4 3 開 発 目 的 の 適 用 条 項 技 5 (1) 開 発 の 目 的 技 5 (2) 開 発 目 的 別 適 用 条 項 技 6 4 用 途 地 域 等 との 技 術 基 準 編 目 次 第 1 章 開 発 許 可 基 準 1 開 発 許 可 基 準 の 法 規 定 技 1 2 技 術 基 準 の 主 旨 技 4 3 開 発 目 的 の 適 用 条 項 技 5 (1) 開 発 の 目 的 技 5 (2) 開 発 目 的 別 適 用 条 項 技 6 4 用 途 地 域 等 との 適 合 技 7 (1) 用 途 地 域 技 7 (2) 流 通 業 務 地 区

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20926D82C182C493BE82B782E98CC592E88E918E5990C582CC8E64916782DD2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20926D82C182C493BE82B782E98CC592E88E918E5990C582CC8E64916782DD2E70707478> 知 って 得 する 固 定 資 産 税 の 仕 組 み エース 鑑 定 コンサルティング( 株 ) 代 表 取 締 役 不 動 産 鑑 定 士 鈴 木 彰 1 固 定 資 産 税 の 種 類 土 地 田 畑 宅 地 塩 田 鉱 泉 地 山 林 牧 場 原 野 その 他 の 土 地 をいう 家 屋 住 家 店 舗 工 場 倉 庫 その 他 の 建 物 をいう 償 却 資 産 会 社 や 個 人 で 工

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 の 名 称 : 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 2. 業 務 の 場 所 : 四 日 市 市 大 字 羽 津 甲 地 内 3. 施 の 名 称 : 仮 称 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 4. 施 の 用 途 : 平

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

開発許可審査基準

開発許可審査基準 開 発 許 可 審 査 基 準 大 田 区 平 成 27 年 8 月 使 用 上 の 注 意 この 審 査 基 準 は 都 市 計 画 法 第 29 条 第 34 条 の2 第 35 条 の2 第 37 条 及 び 第 45 条 の 規 定 により 申 請 された 開 発 行 為 の 許 可 等 に 関 して 法 令 の 定 めに 従 って 判 断 するための 基 準 を 定 めたもの である 以

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww)

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww) 上 田 市 位 置 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 により の 位 置 指 定 を 行 うについて 上 田 市 位 置 指 定 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という )により 定 められた 具 体 的 な 基 準 を 定 め

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

Taro-1 建築基準法施行条例

Taro-1 建築基準法施行条例 福 島 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 昭 26. 8. 7 福 島 県 条 例 第 60 号 改 正 昭 35. 7.22 条 例 28 同 37. 7.31 同 36 同 44.12.10 同 66 同 46.10.20 同 55 同 52.10.21 同 45 同 59. 3.30 同 23 同 62.12.22 同 6l 平 4. 3.24 同 55 同 5. 3.23 同 3l 同

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 判 定 士 用 ) 愛 媛 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 連 絡 協 議 会 平 成 17 年 11 月 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3 委 託 業 務 内 容 1 委 託 名 称 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 2 業 務 内 容 学 校 の 校 舎 は 経 年 劣 化 による 老 朽 化 等 により 不 具 合 が 生 じているため 安 全 性 の 確 保 及 び 適 正 な 維 持 保 全 施 設 の 長 寿 命 化 を 目 的 とした 外 壁 改 修 工 事 に 伴 う

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

廃棄物保管場所等及び

廃棄物保管場所等及び 廃 棄 物 保 管 場 所 等 及 び 再 利 用 対 象 物 保 管 場 所 設 置 の 手 引 き 世 田 谷 区 体 験 学 習 用 ごみ 収 集 車 カティ のイメーシ キャラクターです! 世 田 谷 区 清 掃 リサイクル 部 目 次 1 事 前 協 議 設 置 届 ( 計 画 書 )の 提 出 時 期 1 2 届 出 の 対 象 となる 建 築 物 2 3 必 要 書 類 4 4 廃 棄

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積 : : 小 松 島 市 横 須 町 1 番 1 号 (S 棟 ) 鉄

委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積 : : 小 松 島 市 横 須 町 1 番 1 号 (S 棟 ) 鉄 平 成 27 年 度 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 小 松 島 市 委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物 熊 本 市 建 築 基 準 条 例 と 同 解 説 平 成 25 年 4 月 熊 本 市 建 築 指 導 課 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建

More information

風致地区条例許可事務マニュアル

風致地区条例許可事務マニュアル 立 川 市 風 致 区 条 例 申 請 の 手 引 き 平 成 26 年 4 月 都 市 計 画 課 風 致 区 とは 都 市 の 良 好 な 自 然 的 景 観 を 維 持 するために 都 市 計 画 法 で 定 められた 区 です 立 川 市 風 致 区 条 例 に 定 められている 一 定 の 行 為 を 行 う 場 合 は 市 長 の 許 可 を 受 けることが 必 要 です 風 致 区 内

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

道路位置指定(位置指定道路)とは

道路位置指定(位置指定道路)とは 位 置 指 定 手 引 き 1. 位 置 指 定 ( 位 置 指 定 )とは.. 建 築 基 準 法 ( 以 下 基 準 法 という )では 建 築 物 敷 地 は に2メートル 以 上 接 しなけ ればならない と 定 めています 建 築 物 を 計 画 している 敷 地 が ( 種 類 は 下 表 参 照 ) に 接 していない 場 合 や 新 たに 小 規 模 な 宅 地 造 成 を 行 う

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B> 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に

More information

空き家バンク

空き家バンク 9 八 街 市 イメージキャラクター ピーちゃん ナッちゃん 1. 空 き 家 バンク 制 度 の 概 要 空 き 家 の 売 却 または 賃 貸 を 希 望 する 所 有 者 などからの 申 請 により 登 録 された 空 き 家 情 報 を 空 き 家 の 利 用 を 希 望 する 人 に 対 して 八 街 市 が 提 供 する 制 度 で 登 録 された 空 き 家 情 報 については 市 のホームページに

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目 設 計 書 工 種 道 舗 修 課 副 主 担 設 計 担 当 者 道 路 維 持 課 維 持 第 二 担 当 当 席 リー 工 事 番 号 第 2 号 参 内 線 (55 245) 主 ダー 長 事 査 印 年 度 平 成 27 年 度 作 成 年 月 日 平 成 工 事 名 施 工 箇 所 設 計 金 額 市 道 秋 田 環 状 2 号 線 舗 装 道 改 良 工 事 および 交 通 安 全 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E98EA98CC897708F5A91EE82CC8C9A90DD8EE888F882AB81698276826482619770204832362E30382E3138816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E98EA98CC897708F5A91EE82CC8C9A90DD8EE888F882AB81698276826482619770204832362E30382E3138816A2E646F63> 市 街 化 調 整 区 域 における 自 己 用 住 宅 の 建 設 手 引 き 市 街 化 調 整 区 域 の 空 き 地 等 に 自 分 の 住 宅 を 建 てるためには 人 ( 分 家 又 は 地 縁 の 要 件 を 持 つ 人 等 )と 土 地 ( 線 引 き 前 から 所 有 又 は 相 続 等 )の 要 件 を 満 足 する 必 要 があります 自 己 用 住 宅 を 建 設 するために

More information

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて 開 発 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 22 年 6 月 版 上 尾 市 都 市 整 備 部 開 発 指 導 課 はじめに 平 成 12 年 5 月 に 都 市 計 画 法 と 建 築 基 準 法 の 一 部 が 改 正 されたことにより 開 発 許 可 制 度 につ いても 大 きな 改 正 が 行 われました 当 市 においては 平 成 15 年 6 月 1 日 付 けで 都 市 計 画

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

宝木新里ニュータウン地区のまちづくり

宝木新里ニュータウン地区のまちづくり ふれあいタウン 岩 曽 地 区 のまちづくり 地 区 計 画 届 出 の 手 引 き 宇 都 宮 市 目 次 1.はじめに 地 区 計 画 制 度 とは 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 2 3. 地 区 計 画 の 内 容 の 趣 旨 と 解 説 4 住 宅 地 区 4 沿 道 整 備 地 区 1 11 沿 道 整 備 地 区 2 13 文 教 地 区 15 4. 新 築 や 増 改 築 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに 改 訂 4 版 ( 先 着 順 販 売 区 画 ) さいたま 都 市 計 画 事 業 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 者 売 主 :さいたま 市 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 0 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

し 当 該 道 がその 中 心 線 からの 水 平 距 離 2m 未 満 でがけ 地 川 線 路 敷 地 その 他 これらに 類 するもの( 以 下 がけ 地 等 という )に 沿 う 場 合 に おいては 当 該 がけ 地 等 の 道 の 側 の 境 界 線 及 びその 境 界 線 から 道 の

し 当 該 道 がその 中 心 線 からの 水 平 距 離 2m 未 満 でがけ 地 川 線 路 敷 地 その 他 これらに 類 するもの( 以 下 がけ 地 等 という )に 沿 う 場 合 に おいては 当 該 がけ 地 等 の 道 の 側 の 境 界 線 及 びその 境 界 線 から 道 の 朝 倉 市 建 築 行 為 等 に 係 る 後 退 道 路 用 地 に 関 する 整 備 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 朝 倉 市 における 計 画 的 なみちづくりを 推 進 するため 建 築 主 等 の 協 力 による 道 路 整 備 を 促 進 し 安 全 で 良 好 な 市 街 地 の 形 成 と 居 住 環 境 の 整 備 を 図 り もって 住 みよいまちづくりに

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information