Microsoft Word P88~102 研究ノート 青木健.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc"

Transcription

1 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸 国 は 資 源 を 世 界 中 から 輸 入 している 同 時 に 資 源 不 足 を 解 消 するため 産 業 廃 棄 物 を 回 収 し 資 源 として 再 利 用 することや 廃 プラスチック 古 紙 などのリサイクル 資 源 を 輸 入 している 小 論 では 廃 プラスチックおよび 古 紙 を 例 に その 貿 易 構 造 を 分 析 する 樹 脂 (15.9%) ポリスチレン(8.5%) 1.ペットボトル PET 樹 脂 (4.4%)などで 熱 可 塑 性 樹 脂 合 計 90.6%である(2003 年 日 本 ペット(PET)ボトルは 1977 年 ( 昭 和 52 年 )にしょうゆ 瓶 に 採 用 され て 以 来 普 及 した ペットボトルは 軽 量 耐 久 性 安 全 さらにガスバリア ー 性 がありさらに 添 加 物 も 使 用 し ていないという 特 性 がある 2003 年 のプラスチックの 生 産 量 は 1362 万 トンである 樹 脂 別 生 産 構 成 では ペットボトルの 原 料 はポリ エチレンの 23.2%を 筆 頭 に 以 下 ポリ プロピレン(20.2%) 塩 化 ビニール プラスチック 工 業 連 盟 ) 日 本 のプラスチック 消 費 量 は 81 kg/ 人 年 で 米 国 をはじめベルギ ー ドイツの 150 kg/ 人 年 に 比 べ ほぼ 半 分 である(2002 年 ) しかも 日 本 の 消 費 量 は 近 年 低 下 傾 向 にある ( 日 本 プラスチック 工 業 連 盟 ) 1982 年 に 清 涼 飲 料 用 容 器 につか われ 現 在 ペットボトルは 清 涼 飲 料 用 として 8 割 を 占 める ペットボト ルは 石 油 から 作 られるプラスチック 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

2 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 の 一 種 類 であり PET とはポリエチ レンテレフタレートの 略 称 である ペットボトルの 回 収 率 は 2000 年 の 34.5%から 2001 年 の 44.0%を 経 て 2002 年 には 53.4%とはじめて 50% を 超 えた 2003 年 の 日 本 の 回 収 率 は 61.0%で 米 国 の 19.9%はもとより 欧 州 の 25%を 大 きく 上 回 る この 結 果 収 集 が 確 認 されていない 未 確 認 量 (リサイクル 輸 出 焼 却 埋 立 など) は 1999 年 の 25.6 万 トンをピークに となった(PET ボトルリサイクル 推 進 協 議 会 ) 回 収 ペットボトルの 用 度 別 使 用 は 表 1-1 のとおり 最 も 高 い のは 繊 維 の 46.2%で 以 下 シート (40.2%) ボトル(9.1%) 成 形 品 (3.1%)と 続 く 分 別 で 回 収 している 重 要 な 主 体 は 自 治 体 スーパーマー ケットとコンビニの 店 頭 である 自 治 体 が 回 収 するのは 東 京 方 式 であり 自 治 体 の 回 収 率 は 31%と 依 然 低 い (1998 年 末 時 点 ) その 後 減 少 し 2003 年 は 17.0 万 トン 表 1-1 指 定 法 人 ルートでの 再 生 PET の 用 途 別 年 次 推 移 実 績 年 度 繊 維 6,077 16,895 25,188 38,317 48,659 58,940 57,445 シート 1,112 5,218 11,450 23,407 37,510 45,632 50,021 ボトル ,312 成 形 品 366 1,265 2,530 3,802 5,330 5,314 3,944 その 他 ,723 3,032 1,993 1,576 合 計 8,398 23,909 39,605 68,575 94, , ,298 ( 出 所 ) 日 本 容 器 包 装 リサイクル 協 会 ボトル to ボトル ペットボトルの 原 料 は 回 収 すれば 何 にでも 使 える 増 大 を 続 けるペッ トボトルを 回 収 して 再 利 用 すれば 何 度 でも 使 える 化 学 分 解 法 を 帝 人 ファ イバーとペットリバース 社 が 開 発 し た この 方 法 は 使 用 済 みのボトルを 化 学 的 に 分 解 しテレフタル 酸 にまで 戻 し 新 しいボトルとする 利 用 方 法 で ボトル to ボトル であり 究 極 の リサイクルという( 注 1) こ れは 従 来 の 回 収 済 のペットボトルを フレーク 状 にして 加 熱 し 樹 脂 を 柔 ら くし 衣 料 などに 加 工 し 残 りは 焼 却 処 分 にされていたものを 超 えるも のである ボトル to ボトル の 処 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

3 理 能 力 は 年 間 約 9 万 トンであるとい う 排 出 抑 制 のため 500 ミリリット ル ペットボトルは 32gから 23gに, 2 リットル ペットボトルは 63gか ら 42gへと いずれも 軽 量 化 した ( 朝 日 新 聞 2004 年 10 月 28 日 付 け 朝 刊 ) 1リットル ペットボトルの 重 量 は 1999 年 の 50.8g から 2003 年 に は 46.1g となった これら 軽 量 化 に より 発 生 が 抑 制 (Reduce)されている 発 生 が 抑 制 された 量 は 2000 年 の 1.2 万 トンから 2003 年 には 4.2 万 トンと 4 年 間 累 計 で 10 万 トン 以 上 がリデュ ースされた(PET ボトルリサイクル 推 進 協 議 会 ) 新 しいペットボトルの 化 学 的 分 解 法 は 他 のポリエステル 製 品 にも 応 用 可 能 である 廃 プラスチックの 原 料 化 は 家 電 製 品 や 電 子 機 器 複 写 機 でもなされて いる シャープをはじめキャノン 松 下 電 器 産 業 富 士 ゼロックスなど は 既 に 廃 プラスチックを 再 利 用 し 自 社 製 品 に 利 用 している そのうち 富 士 ゼロックスは 再 生 樹 脂 を 100% 利 用 した 部 品 をデジタルカラー 複 写 機 に 採 用 しているという( 日 本 経 済 新 聞 2004 年 8 月 1 日 付 け 朝 刊 ) 石 川 播 磨 重 工 業 は 廃 プラスチックから 石 油 化 学 原 料 を 回 収 し 再 利 用 する 技 術 を 開 発 した 回 収 率 は 60%とい う 高 いものである( 日 本 経 済 新 聞 2004 年 8 月 19 日 付 け 朝 刊 ) 新 日 本 製 鉄 ( 北 九 州 市 )は 廃 プラスチックか ら 鉄 鋼 の 主 原 料 であるコークスを 作 る 炉 に 投 入 し 再 利 用 できるガスや 油 コークス 代 替 原 料 に 再 利 用 して いる( 日 本 経 済 新 聞 2005 年 3 月 18 日 付 け 朝 刊 ) 高 い 中 国 向 け 輸 出 比 率 ボトル to ボトル という 究 極 の 処 理 方 法 が 開 発 されたのにもか かわらず 回 収 されたペットボトル の 半 分 が 海 外 に 流 出 つまり 輸 出 され ている 2004 年 度 の 国 内 の 回 数 量 は 約 38 万 トンであったが このうち 約 半 分 19.5 万 トンが 中 国 や 香 港 向 けに 輸 出 されたと 推 計 されている( 日 本 経 済 新 聞 2005 年 10 月 5 日 付 け 朝 刊 ) 中 国 向 け 輸 出 が 増 加 した 理 由 は 中 国 で 玩 具 材 料 などの 樹 脂 製 品 を 生 産 するに 際 し 原 料 から 作 るより 樹 脂 製 ペットボトルから 作 るほうが 安 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

4 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 価 のためであるという 一 方 輸 出 する 日 本 側 の 理 由 として 例 えば 回 収 の 半 分 を 担 っている 自 治 体 のボト ルの 収 集 処 理 コストが 1 キロ 当 た り 円 と 高 いためである( 朝 日 新 聞 2005 年 1 月 30 日 付 け 朝 刊 ) 輸 出 業 者 の 買 い 付 け 価 格 はキロ 当 た り 20 円 以 上 である 2005 年 から 千 葉 県 習 志 野 市 は 全 量 輸 出 に 切 り 替 え ることを 検 討 した それは 輸 出 業 者 向 けの 販 売 価 格 がキロ 当 たり 22 円 と 国 内 業 者 向 けの 2 倍 以 上 であるか らである 中 国 への 廃 ペットボトル 輸 出 が 急 増 した 結 果 日 本 の 再 商 品 化 事 業 者 は 廃 ペットを 確 保 することが 困 難 に なった 事 業 者 の 処 理 能 力 を 示 す 再 商 品 化 可 能 量 はこの 数 年 増 加 し 2006 年 度 には 39.6 万 トンになると 見 込 まれるが 廃 ペットボトルの 供 給 量 は 処 理 能 力 の 約 4 割 にとどまる そこで 日 本 容 器 包 装 協 会 は リサイ クル 事 業 者 に 払 う 再 商 品 化 の 委 託 費 のもとになる 入 札 で マイナス 入 札 を 初 めて 容 認 した マイナス 入 札 とは 事 業 者 が 協 会 から 委 託 費 をもら うのとは 逆 に 協 会 に 廃 ペットボト ル 代 を 払 い 購 入 するという 仕 組 みで ある( 朝 日 新 聞 2006 年 1 月 21 日 朝 刊 ) ペットボトルの 国 際 貿 易 表 1-2(1)は HS3915(Waste, Parings and Scrap, of Plastics)つまり プラス チックのくず である 同 表 から 世 界 のプラスチックのくず 輸 入 につい て 以 下 のような 特 徴 を 指 摘 できる 1 世 界 のペットボトルの 輸 入 規 模 は 2000 年 をピークに 低 下 し 2002 年 には 15 億 4700 万 ドルとなった 2 輸 入 上 位 第 1 位 中 国 第 2 位 香 港 で 両 国 だけで 世 界 の 3 分 の 2 以 上 を 占 める 第 3 位 は 米 国 で そのシェア は 10.3%である 3 輸 入 規 模 が 1000 万 ドル 以 上 の 国 数 は 14 カ 国 で 累 計 シェアは 95.6%である 4 上 位 14 カ 国 に 入 っている 東 アジア 諸 国 は 中 国 香 港 および 台 湾 の 3 カ 国 のみで ある 3 カ 国 の 合 計 シェアは 68.3% である 世 界 のプラスチックのくず 輸 出 を みたのが 表 1-2(2)で 同 表 から 次 の ような 特 徴 を 指 摘 できる 1 世 界 の 輸 出 規 模 は 増 加 しており 2002 年 に は 15 億 2400 万 ドルに 達 した( 世 界 の 輸 入 規 模 とほとんど 同 じであるが 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

5 表 1-2(1)でみた 傾 向 とは 異 なる こ れはデータが 輸 入 と 同 様 に Reporting Country ベースつまり 報 告 国 数 がそれぞれ 違 うからである) 2 輸 出 上 位 国 は 台 湾 米 国 メキシコ および 日 本 の 4 カ 国 で いずれも 1 億 ドル 以 上 である 3 輸 出 規 模 1000 万 ドル 以 上 の 国 は 16 カ 国 で 累 積 シ ェアは 60.8%である 4 上 位 16 カ 国 において 東 アジアが 入 っているのは 香 港 日 本 台 湾 マレーシア タ イおよび 韓 国 で 合 計 シェアは 35.9%である( 以 上 いずれも 2002 年 値 ) 表 1-2(1) 世 界 のプラスチックくず 輸 入 順 位 輸 入 先 世 界 959 1,147 1,185 1,610 1,588 1,547 1 中 国 香 港 米 国 カナダ イタリア ベルギー ドイツ オランダ インド アイルランド 台 湾 スペイン フランス メキシコ ( 注 ) 順 位 は 2002 年 時 点 次 表 も 同 じ ( 出 所 ) World Trade Atlas. 以 下 表 1~6 まで 同 じ 表 1-2(2) 世 界 のプラスチックくず 輸 出 順 位 輸 出 先 世 界 881 1,072 1,200 1,489 1,512 1,524 1 香 港 米 国 メキシコ 日 本 フランス ドイツ オランダ ベルギー 台 湾 英 国 カナダ マレーシア イタリア タイ スイス 韓 国 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

6 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 廃 プラスチックの 最 大 の 輸 入 国 は 中 国 で さらに 輸 入 を 増 加 させよう としている 中 国 の 輸 入 構 造 の 特 徴 として 次 の 点 があげられよう( 表 1-3) 表 1-3 中 国 のプラスチックくず 輸 入 順 位 輸 入 先 世 界 , 香 港 台 湾 米 国 カナダ ドイツ 豪 州 韓 国 日 本 ベルギー ニュージーランド メキシコ オランダ イタリア ブラジル タイ スペイン シンガポール フランス ペルー 英 国 マレーシア インドネシア フィリピン バングラディシュ エジプト インドネシア パキスタン ルーマニア アルゼンチン ポーランド グアテマラ ウルグアイ ( 注 ) 順 位 は 2004 年 時 点 以 下 同 じ 1 中 国 の 輸 入 規 模 は 1995 年 の 億 ドルから 2004 年 には 億 ドルへと 急 増 した 2 最 大 の 輸 入 先 は 2000 年 以 降 香 港 で 2004 年 に は 中 国 の 総 輸 入 の 42.3%を 占 める 以 下 台 湾 と 米 国 が 続 き 上 位 3 カ 国 で 中 国 の 総 輸 入 の 約 3 分 の 2(62.2%)を 占 める 3 日 本 からの 輸 入 は 2004 年 の 8110 万 ドルをピーク にその 後 減 少 し 2004 年 には 4100 万 ドル(3.0%)と 半 減 した 2004 年 5 月 8 日 中 国 が 日 本 からの 廃 プラス チック 輸 入 を 全 面 禁 止 したことによ るものである それは 日 本 から 青 島 向 けに 輸 出 された 廃 プラスチック (4000 トン)にリサイクルできない 粗 悪 物 質 が 混 在 していたからである 中 国 が 特 定 一 国 を 対 象 に 再 生 資 源 の 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

7 輸 入 を 全 面 的 に 禁 止 したのは 初 めて である( 注 2) 4 中 国 の 日 本 からの 輸 入 を 禁 止 で 日 本 の 香 港 向 けが 急 増 した 2004 年 香 港 の 日 本 からの 輸 入 は 前 年 に 比 べ 2 倍 近 くの 金 額 に 達 した これに 呼 応 して 2004 年 香 港 の 中 国 向 け 輸 出 は 過 去 最 大 となった 中 国 の 最 大 の 輸 入 先 は 香 港 である が 香 港 は 対 中 輸 出 の 中 継 的 役 割 を 果 たしている 香 港 の 廃 プラスチッ クの 貿 易 構 造 を 分 析 すると まず 輸 入 ( 表 1-4(1))については 次 の 特 徴 を 指 摘 できる 1 廃 プラスチックの 輸 入 総 額 は 1997 年 の 3 億 9180 万 ドル から 2004 年 には 9 億 680 万 ドルと 急 増 した 2 最 大 の 輸 入 先 は 日 本 で 9210 万 ドルから 2 億 5720 万 ドルと 増 加 し 総 輸 入 に 占 める 日 本 の 比 率 は 23.5%から 28.3%に 上 昇 した 3 第 2 位 以 下 1000 万 ドル 以 上 の 国 数 は 16 カ 国 で 合 計 シェアは 93.1%であ る(2004 年 ) 42 位 以 下 上 位 国 は 全 部 欧 米 であるが 日 本 を 含 む 上 位 16 カ 国 のうち 東 アジアのシェアは 1997 年 の 39.0 %から 2004 年 は 39.6%で ほとんど 上 昇 していない 一 方 香 港 の 輸 出 構 造 ( 表 1-4(2))に ついて 次 のような 特 徴 と 変 化 を 指 摘 できる 1 輸 出 総 額 は 1997 年 の 3 億 1520 万 ドルから 2004 年 には 6 億 1380 万 ドルに 増 加 した 2 最 大 の 輸 出 先 は 中 国 で 総 輸 出 に 占 める 中 国 向 けシェアは 約 99%である つまり 香 港 の 廃 プラスチック 輸 出 はほぼ 全 量 中 国 向 けであるということである 3 中 国 の 香 港 からの 輸 入 規 模 (5 億 8230 万 ドル)は 香 港 の 中 国 向 け 輸 出 規 模 (6 億 6000 万 ドル)にほぼ 等 しい ( 注 3) 4 輸 出 先 上 位 14 カ 国 までの シェアは 表 1-4(2)でみるとおりであ る 金 額 ベースでは 中 国 の 香 港 から の 輸 入 規 模 と 香 港 の 中 国 向 け 輸 出 ( 再 輸 出 および 地 場 輸 出 )と 大 きな 乖 離 がないが 数 量 ベースだと 極 めて 大 きい 表 1-4(3)でみるように 例 えば 1998 年 において 中 国 の 輸 入 統 計 では 香 港 からの 輸 入 量 は 10.8 万 トンであるが 香 港 の 中 国 向 け 輸 出 統 計 では 万 トンと 10 倍 以 上 で ある その 後 両 者 の 乖 離 は 比 較 的 小 さくなったが 2001 年 と 2002 年 で も 香 港 からの 輸 出 のほうが 2.3 割 上 回 っている 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

8 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 表 1-4(1) 香 港 のプラスチックくず 輸 入 順 位 輸 入 先 世 界 日 本 米 国 ドイツ オランダ 英 国 ベルギー フランス 台 湾 カナダ マレーシア 豪 州 中 国 タイ 韓 国 シンガポール メキシコ 表 1-4(2) 香 港 のプラスチックくず 輸 出 順 位 輸 出 先 世 界 中 国 ベトナム 台 湾 フィリピン 米 国 マレーシア シンガポール スイス ナイジェリア カナダ 韓 国 ロシア タイ 南 アフリカ 日 本 表 1-4(3) 廃 プラスチックの 中 国 の 輸 入 香 港 の 中 国 向 け 輸 出 ( 単 位 :1,000 トン) 中 国 の 輸 入 統 計 香 港 の 中 国 向 け 輸 出 統 計 世 界 計 香 港 再 輸 出 地 場 輸 出 合 計 , , , , , , , , ,225 1,124 1, , ,457 1,293 1, , , , ,728 ( 出 所 ) 中 国 と 香 港 の 貿 易 統 計 による(アジア 経 済 研 究 所 ワールド トレン ド 2005 年 11 月 号 ) 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

9 中 国 の 事 実 上 の 主 要 輸 入 先 香 港 のプラスチックくず 輸 出 のほ ぼ 全 量 中 国 向 けである 2004 年 その 輸 入 先 は 第 1 位 が 日 本 (28.3%) 第 2 位 が 米 国 (23.0%)で 両 国 合 計 で 万 ドル 同 財 総 輸 入 に 占 めるシ ェアは 51.3%と 半 分 以 上 である 一 方 日 本 と 米 国 の 中 国 向 け 直 接 輸 出 ( 表 1-5 表 1-6)はそれぞれ 4640 万 ドル 8370 万 ドルであり 合 計 1 億 3010 万 ドルである 香 港 経 由 の 日 米 からの 輸 入 という 実 質 日 米 からの 輸 入 を 考 慮 すると 2004 年 中 国 の 両 国 からの 輸 入 額 は 1 億 7674 万 ドルとな る これは 2004 年 の 中 国 の 総 輸 入 額 を 上 回 るが 報 告 側 をベースとする 統 計 上 の 問 題 であり 事 実 上 中 国 の プラスチックくず 輸 入 は 日 本 と 米 国 であるといっても 過 言 ではない 表 1-5 日 本 のプラスチックくず 輸 出 順 位 輸 出 先 世 界 香 港 中 国 台 湾 韓 国 インド マレーシア 表 1-6 米 国 のプラスチックくず 輸 出 順 位 輸 出 先 世 界 香 港 中 国 カナダ メキシコ 台 湾 インド ベルギー ベトナム 英 国 マレーシア ドミニカ 共 和 国 韓 国 ドイツ フランス ブラジル エルサルバドル フィリピン グアテマラ イタリア 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

10 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 注 2. 古 紙 (1) エコノミスト 2005 年 2 月 14 日 号 (2) 1996 年 4 月 末 米 国 から 古 紙 と 称 し 輸 入 された 廃 棄 物 の 中 に 使 い 捨 て 注 射 器 紙 おむつ さらに 廃 タイ ヤ など 輸 入 禁 止 物 が 含 まれているこ とが 発 覚 し このいわゆる 洋 ごみ 事 件 を 契 機 に 全 面 的 禁 止 措 置 が 採 ら れたことがあった( 小 島 道 一 編 アジ アにおける 循 環 資 源 貿 易 アジア 経 済 研 究 所 2005 年 ページ) (3) 中 国 の 貿 易 統 計 では 香 港 からの 輸 入 のうち 香 港 の 再 輸 出 分 は 香 港 の 輸 入 先 である 原 産 国 からの 輸 入 として 記 録 さ れるので 数 字 は 必 ずしも 一 致 しない なお 中 国 側 からみて 香 港 からの 輸 入 規 模 が 香 港 の 輸 出 に 比 べて 小 さいのは 輸 入 業 者 の 通 関 価 格 の 過 小 申 告 や 輸 入 許 可 証 の 偽 造 もあるという( 同 上 48 ペ ージ) 日 本 から 輸 出 された 廃 コンピュ ータがいったん 香 港 に 陸 揚 げされた 後 フェリー 等 を 使 って 中 国 に 密 輸 される ケースもあり( 同 上 79 ページ) これ も 廃 プラスチックと 同 様 な 通 関 統 計 上 の 乖 離 を 引 き 起 こす 日 本 の 紙 板 紙 生 産 量 は 1987 年 ( 昭 和 62 年 )の 万 トンから 2000 年 ( 平 成 12 年 )には 万 トンに なった これは 米 国 の 万 トン の 生 産 量 に 次 ぐ 第 2 位 である 日 本 の 紙 板 紙 消 費 量 は 万 トンで 米 国 の 万 トン 中 国 の 万 トンに 次 ぎ 第 3 位 である 1 人 当 り 年 間 消 費 量 では 日 本 は 249.9kg で 世 界 第 1 位 のフィンランドの 351.7kg を 筆 頭 にベルギー(340.7kg) 米 国 (331.7kg)などに 続 き 第 8 位 であ る 上 位 20 カ 国 の 消 費 国 は 日 本 と 台 湾 (229.4kg)を 除 き いずれも 欧 米 先 進 国 である( 以 上 いずれも 2000 年 ) (Paper Recycling Promotion Center) このように 先 進 国 は 人 口 比 率 に 比 べ 古 紙 の 消 費 量 比 率 はそれを 大 きく 上 回 り 森 林 伐 採 や 地 球 環 境 保 護 の 観 点 から 古 紙 の 再 利 用 が 求 められてい る 日 本 の 紙 の 品 種 別 生 産 構 成 は 紙 59.8% 板 紙 である(2000 年 度 ) 内 容 は 紙 では 印 刷 情 報 用 紙 36.9% 新 聞 用 紙 10.7% 包 装 用 紙 3.3% 衛 生 用 紙 5.5% 雑 種 紙 3.4%であり 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

11 板 紙 では 段 ボ-ルが 30.4%と 大 きい シェアを 占 める 古 紙 の 回 収 古 紙 ( 入 荷 輸 入 輸 出 各 パルプ ベース)の 回 収 量 は 1990 年 の 万 トンから 2002 年 には 万 ト ンに 達 した 古 紙 回 収 率 ( 対 紙 板 紙 国 内 消 費 )は 1990 年 の 51.5%から 2002 年 には 59.6%に 高 まった 古 紙 需 給 では 毎 年 入 荷 と 消 費 はほぼ 均 衡 している 板 紙 生 産 のうち 約 3 分 の 1 を 占 め る 段 ボールのリサイクル 率 は( 国 内 製 紙 ベーカー ベースで 段 ボール 古 紙 / 段 ボール 原 紙 ) 1993 年 にほぼ 80%に 到 達 し その 後 ほぼ 上 昇 の 一 途 をたどり 1998 年 の 85.4%を 経 て 2003 年 には 96.2%になった 輸 出 入 を 算 入 すると 段 ボールのリサイク ル 率 は 2003 年 には 105.5%となる (( 段 ボール 古 紙 ベースで 製 紙 メーカ ー 入 荷 量 + 輸 出 量 輸 入 量 )/ 段 ボー ル 原 紙 )( 段 ボールリサイクル 協 議 会 ) なお 段 ボールに 関 して 次 のよう な 特 徴 が 挙 げられる 1 段 ボールの 軽 量 化 も 図 られている 重 量 は 1990 年 の 664.1g/m2 から 2003 年 には 644.9g/m2 となった 2 日 本 で 回 収 される 段 ボール 古 紙 の 8-10%は 輸 入 物 品 の 梱 包 に 使 用 されたものとい う 3 家 庭 から 排 出 される 段 ボール は 生 産 量 比 7.5% 販 売 包 装 5.2%( 約 95%が 輸 送 包 装 ) 4 段 ボール 原 紙 の 古 紙 の 含 有 量 は 92-93%という 高 いものである 日 本 の 紙 板 紙 および 古 紙 貿 易 日 本 の 1990 年 以 降 の 紙 板 紙 およ び 古 紙 の 輸 出 入 は 表 2-1 で 示 すとお りである 同 表 から 次 の 特 徴 が 挙 げ られるであろう 年 代 前 半 の 板 紙 の 輸 出 は 100 万 トンを 下 回 った が その 後 回 復 し 2002 年 には 150 万 トン 以 上 と 過 去 最 大 を 記 録 した 2 輸 入 は 一 貫 して 輸 出 を 上 回 ってい たが 2002 年 以 降 逆 転 した 3 古 紙 輸 出 は 1990 年 末 以 降 急 増 し 2001 年 以 降 輸 入 を 凌 駕 した 日 本 の 紙 板 紙 および 古 紙 輸 出 (HS4707)の 急 増 はいずれも 中 国 向 けによるものである( 表 2-2) 以 下 これを 分 析 する 年 から 2004 年 にかけて 日 本 の 古 紙 輸 出 額 は 890 万 ドルから 3 億 2500 万 ドルに 急 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

12 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 増 した 2 上 位 8 位 は 全 て 東 アジア 諸 国 で その 合 計 シェアは 99.9%で ある つまり 日 本 の 古 紙 輸 出 先 は 全 量 東 アジアであるということである 3 最 大 の 輸 出 先 は 中 国 で 総 輸 出 の 67.8%を 占 める(2004 年 ) 4 日 本 の 古 紙 輸 入 額 は 1995 年 の 億 ドル から 一 貫 して 低 下 し 2004 年 には 1650 万 ドルとなった 輸 入 規 模 は 輸 出 の 20 分 の 1(5%)である 5 最 大 の 輸 入 先 は 一 貫 して 米 国 であり 総 輸 入 に 占 める 割 合 は 86.0%である 第 2 位 はメキシコであるが その 輸 ( 注 ) 順 位 は 2004 年 時 点 ( 出 所 ) World Trade Atlas. 以 下 同 じ 表 2-2 日 本 の 古 紙 輸 出 入 額 はわずか 100 万 ドルである(い ずれも 2004 年 ) 表 2-1 日 本 の 紙 板 紙 および 古 紙 貿 易 紙 板 紙 古 紙 輸 出 輸 入 輸 出 輸 入 , ,044 1, ,053 1, , , , , , ,117 1, ,415 1, ,432 1, ,290 1,583 1, ,578 1,517 1, ( 出 所 ) 日 本 貿 易 概 況 順 位 輸 出 先 世 界 中 国 タイ 台 湾 韓 国 フィリピン ベトナム インドネシア 香 港 古 紙 の 世 界 貿 易 世 界 の 古 紙 貿 易 (HS4707)は 表 2-3(1)および 表 2-3(2)でみるとおり で 同 表 から 以 下 の 特 徴 と 変 化 があ げられる 1 世 界 の 古 紙 輸 出 は 増 加 の 一 途 を 辿 っている 1997 年 に 比 べ 2004 年 には 2.5 倍 以 上 となった 2 上 位 10 カ 国 の 累 積 シェアは 88.7%である 3 上 位 10 カ 国 に 入 っている 東 アジ ア 諸 国 は 日 本 および 香 港 の 2 カ 国 の みで 他 は 全 て 欧 米 諸 国 である 4 最 大 の 輸 出 国 は 米 国 で 世 界 総 輸 出 の 40.2%を 占 める(2004 年 ) 一 方 世 界 の 輸 入 についての 特 徴 は 次 の 通 り 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

13 1 世 界 の 古 紙 輸 入 規 模 は 2001 年 に 億 ドルまで 低 下 したが その 後 上 昇 に 転 じ 2004 年 には 億 ドル となった( 世 界 の 輸 出 規 模 とかなり 異 なるのは データが 報 告 ベースで 輸 出 入 の 国 数 が 違 うためである 調 整 額 ベースとは CIF ベースを FOB にしたものである) 2 輸 入 規 模 が 1000 万 ドル 以 上 の 上 位 32 カ 国 の 累 積 シェアは 98.6%となる 3 上 位 32 カ 国 のうち 東 アジア 日 本 を 含 め 10 カ 国 が 入 っており その 合 計 シェア は 52.9%である 4 最 大 の 輸 入 国 は 中 国 で 世 界 全 体 の 33.9%も 占 める 5 日 本 の 輸 入 シェアは 0.3%である 輸 出 規 模 の 5% 弱 である( 輸 入 に 関 し2 項 目 以 降 のシェアは 2004 年 値 ) 世 界 最 大 の 古 紙 輸 入 国 である 中 国 の 輸 入 の 特 徴 として 次 のような 点 が 挙 げられる( 金 額 ベース)( 表 2-4) 表 2-3(1) 世 界 の 古 紙 輸 出 順 位 輸 出 先 世 界 1, , , , , , 米 国 , , , , 英 国 日 本 ドイツ オランダ ベルギー ルクセンブルク フランス カナダ 香 港 イタリア デンマーク 豪 州 スペイン シンガポール スイス スウェーデン プエルトリコ オーストリア アラブ 首 長 国 連 邦 メキシコ ポーランド フィンランド ノルウェー ニュージーランド チェコ ポルトガル アイルランド サウジアラビア ギリシャ ロシア 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

14 廃 プラスチックと 古 紙 にみるリサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 年 以 降 輸 入 が 急 増 している 2004 年 には 1995 年 に 比 べ 10 倍 とな った 2 輸 入 先 上 位 4 カ 国 (1 億 ドル 以 上 )の 合 計 シェアは 80.1%である (2004 年 ) 3 最 大 の 輸 入 先 は 一 貫 し て 米 国 である ただし 中 国 の 総 輸 入 に 占 める 割 合 は 1995 年 の 61.1%か ら 2004 年 には 53.2%に 低 下 した 以 表 2-3(2) 世 界 の 古 紙 輸 入 ( 単 位 :100 万 ドル 調 整 額 ベース) 順 位 輸 入 先 世 界 2,200 3,646 2,722 3,053 3,885 4,589 1 中 国 ,108 1,554 2 イ ン ドネ シ ア ドイ ツ カ ナ ダ メキ シ コ 韓 国 イ ン ドネ シ ア オ ラ ン ダ タ イ オ ー ス トリ ア 台 湾 フ ラ ン ス イ タリ ア ベルギー ルクセンブルク ス ペ イ ン スウェーデン 米 国 ベ ネ ズ エ ラ マ レ ー シ ア フ ィリ ピ ン ス ロ ベ ニ ア ス イ ス チ リ ベ トナ ム バ ン グ ラ デ ィシ ュ 日 本 香 港 ウ ク ラ イ ナ コロンビア 英 国 パ キ ス タン デ ン マ ー ク 表 2-4 中 国 の 古 紙 輸 入 順 位 輸 入 先 世 界 , , 米 国 日 本 香 港 オランダ 英 国 ドイツ 豪 州 ベルギー カナダ フランス イタリア スペイン 韓 国 アイルランド ニュージーランド マカオ 台 湾 アラブ 首 長 国 連 邦 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

15 下 日 本 (27.4%) 香 港 (6.1%) オラ ンダ(6.0%)と 続 く 4 最 大 の 輸 入 先 である 米 国 に 関 し 輸 出 側 である 米 国 からみると( 表 2-5) 2003 年 から それ 以 前 の 最 大 の 輸 出 先 であったカ ナダを 抜 き 中 国 が 最 大 の 輸 出 先 と なる 5 同 様 に 輸 出 国 として 日 本 か らみると 2001 年 から 中 国 が 最 大 の 輸 出 先 となる 6 廃 プラスチックの 対 中 貿 易 で 中 継 港 として 香 港 の 役 割 が 極 めて 大 きかったが 古 紙 貿 易 では 何 らの 役 割 をしていない つま り 米 国 と 日 本 は 中 国 の 直 接 輸 出 をし ているということである 香 港 については 次 のような 特 徴 が ある 1 中 国 の 古 紙 輸 入 で 香 港 の 順 位 は 第 3 位 である 2 香 港 の 古 紙 総 輸 出 のほぼ 全 量 が 中 国 向 けである ( 表 2-6) 3 香 港 の 古 紙 総 輸 入 額 は 1430 万 ドルで 総 輸 出 (8990 万 ドル) の 16%である これは 地 場 の 古 紙 を 輸 出 しているからである 表 2-5 米 国 の 古 紙 輸 出 輸 出 先 世 界 1, , , , ,516.2 中 国 カナダ メキシコ 韓 国 インド インドネシア 台 湾 タイ イタリア ベネズエラ フィリピン チリ 日 本 バングラディシュ オランダ 表 2-6 香 港 の 古 紙 輸 出 順 位 輸 出 先 世 界 中 国 フィリピン インドネシア タイ 季 刊 国 際 貿 易 と 投 資 Spring 2006/No.63

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

第 2 節 ご み 排 出 量 等 の 推 移 1 ご み 排 出 量 本 市 に お け る 平 成 18 か ら 平 成 22 ま で の ご み 排 出 量 を 表 3-2-1 及 び 図 3-2-1 に 示 し ます ご み 排 出 量 は 可 燃 ご み 不 燃 ご み 粗 大 ご み 及

第 2 節 ご み 排 出 量 等 の 推 移 1 ご み 排 出 量 本 市 に お け る 平 成 18 か ら 平 成 22 ま で の ご み 排 出 量 を 表 3-2-1 及 び 図 3-2-1 に 示 し ます ご み 排 出 量 は 可 燃 ご み 不 燃 ご み 粗 大 ご み 及 第 3 章 ごみ 処 理 の 現 状 第 1 節 ご み 処 理 の 仕 組 み 1 ご み の 分 別 本 市 に お け るごみの 分 別 表 を 表 3-1-1 に 示 し ま す 本 市 の ご み は 燃 や せ る ご み 燃 や せ な い ご み 資 源 缶 金 属 類 び ん 類 新 聞 紙 雑 誌 類 ダ ン ボ ー ル 紙 パッ ク 布 類 ペ ッ トボトル 有 害 ご み 粗

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

「日本における投資信託の現状と課題」

「日本における投資信託の現状と課題」 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ B ブロック 日 本 における 投 資 信 託 の 現 状 と 課 題 関 西 大 学 商 学 部 田 村 ゼミナール B( 川 野 班 ) 目 次 はじめに.....2 第 1 章 投 資 信 託 の 概 要... 3 第 1 節 投 資 信 託 とはなにか....3 第 2 節 投 資 信 託 をめぐる 法 制 度... 4 第 3

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc) 酸 性 棄 物 とは 廃 棄 物 処 理 法 1で ごみ 粗 大 ごみ 燃 え 殻 汚 泥 ふん 尿 廃 油 廃 で 廃 アルカリ 動 物 の 死 体 その 他 の 汚 物 又 は 不 要 物 であって 固 形 状 又 は 液 状 のもの( 放 射 否 物 売 かは 質 却 及 することができないために びこれによって 占 有 者 の 意 思 その 汚 染 されたものを 性 状 不 等 要 を になったもの

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

平 成 26 年 宮 崎 県 観 光 入 込 客 統 計 調 査 結 果 宮 崎 県 観 光 推 進 課 本 県 の 観 光 統 計 に 関 する 調 査 結 果 は 国 におい 推 計 手 法 が 全 国 統 一 化 された 共 通 基 準 に 基 づき 平 成 22 年 より 宮 崎 県 観 光 入 込 客 統 計 調 査 とし 推 計 及 び 公 表 しお ります 共 通 基 準 の 詳 細

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1)

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1) 多 言 語 による 観 光 情 報 発 信 事 業 八 代 市 観 光 ポータルサイト 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 別 紙 1 1 概 要 本 市 に お け る 観 光 ポ ー タ ル サ イ ト を 構 築 し 外 国 語 ( 英 語 中 国 語 ( 簡 体 字 繁 体 字 ) 韓 国 語 ) 観 光 情 報 ペ ー ジ の 機 能 を 構 築 す る と と も に 市 内 観 光

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

台湾における国際航空貨物の現状

台湾における国際航空貨物の現状 第 6 章 台 湾 における 国 際 航 空 貨 物 の 現 状 池 上 寬 要 約 : 台 湾 では 1979 年 に 台 湾 桃 園 国 際 空 港 が 開 港 し, 台 湾 を 代 表 する 空 港 として 多 くの 貨 物 を 取 り 扱 っている 台 湾 のような 海 で 周 りを 囲 まれている 場 所 では, 航 空 貨 物 で 輸 送 される ものの 多 くが 国 際 貨 物 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

第 49 回 全 日 本 実 業 団 バドミントン 選 手 権 大 会 ( 長 岡 京 ) 男 子 団 体 1 N T T 東 日 本 ( 東 京 ) 77 ト ナ ミ 運 輸 ( 富 山 ) 2 日 立 高 崎 ( 群 馬 ) 5 89 105 78 北 陸 電 力 福 井 ( 福 井 ) 1 4 2 21 東 芝 姫 路 ( 兵 庫 ) 0 2 79 N E C 相 模 原 ( 神 奈 川 )

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

.10.中高美術

.10.中高美術 中 学 校 美 術 / 特 別 支 援 学 校 中 学 部 高 等 部 美 術 第 1 問 第 2 問 第 3 問 第 4 問 第 5 問 第 6 問 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 b c 配 点 3 3 備 考 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 c

More information

ITI

ITI 論 文 中 間 財 のサプライチェーンに 組 込 まれていないミャンマー カンボジア ~ 求 められるモノカルチャー 的 な 貿 易 構 造 からの 脱 却 ~ 高 橋 俊 樹 Toshiki Takahashi ( 一 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 研 究 主 幹 要 約 ミャンマーの 主 な 輸 出 先 はアジアで カンボジアの 主 な 輸 出 先 はアジ ア 以 上 に 先 進

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

2014GM58_h1

2014GM58_h1 Dec.2014 No.58 GM ハ イ 留 学 生 ち ん ホ ム ス テ イ は ど う? 困 て な い? あ ら 和 食 苦 手 な ん? え? パ ン で 伝 統? そ れ は ア ニ メ の お 約 束 て や つ で パ ン 朝 食 デ ア ノ 伝 統 的 日 本 文 化 ヲ 体 験 シ テ ミ タ イ! 納 豆 モ 焼 魚 モ ダ イ ス キ! デ モ ネ 一 度 デ イ イ カ

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項 野 市 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 野 市 平 成 22 年 1 月 平 成 24 年 1 月 10 日 改 訂 平 成 24 年 10 月 29 日 改 訂 平 成 25 年 12 月 10 日 改 訂 平 成 26 年 3 月 13 日 改 訂 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

一太郎 9/8 文書

一太郎 9/8 文書 3 技 術 資 料 3-1 リサイクル 関 連 法 令 Q&A 業 務 に 関 係 が 深 いと 思 われる7つのリサイクル 関 連 法 令 について 良 く 寄 せられる 質 問 とそ れらに 対 する 回 答 をまとめました 日 常 の 業 務 点 検 などの 際 にお 役 立 て 下 さい 3-1-1 資 源 有 効 利 用 促 進 法 ( 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information