Microsoft PowerPoint  22日修正最終確定.ppt

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt"

Transcription

1 工 賃 控 除 の 見 直 しについて

2 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と 工 賃 4 万 円 / 月 のみの 収 入 の 場 合 工 賃 約 4 万 円 障 ) 害 年 金 6. 6 万 < 現 在 の 取 扱 い> 利 用 者 負 担 食 費 ) 1.7 万 円 利 用 者 負 担 定 率 負 担 ) 約 1.9 万 円 手 元 金 約 0.5 万 円 手 元 金 2.5 万 円 利 用 者 負 担 食 費 ) 4.1 万 円 工 賃 約 4 万 円 障 ) 害 年 金 6. 6 万 <10 月 以 降 の 取 扱 い> 利 用 者 負 担 食 費 ) 1.7 万 円 手 元 金 約 2.4 万 円 手 元 金 2.5 万 円 利 用 者 負 担 食 費 ) 4.1 万 円 今 回 の 見 直 しにより しにより 定 率 負 担 はゼロ はゼロ 今 回 の 見 直 しにより しにより 万 円 年 万 円 ) ) まで まで 手 元 に 残 る 円 円

3 入 所 施 設 における 工 賃 控 除 の 見 直 し 平 成 18 年 10 月 より 実 施 ) 工 賃 控 除 の 額 手 元 に 残 る 額 2 級 年 金 工 賃 4 万 円 / 月 のみの 収 入 の 場 合 ) 現 行 3,000 円 約 5,000 円 6.0 万 円 / 年 ) 見 直 し 後 約 4 万 円 約 2.4 万 円 28.8 万 円 / 年 )

4 障 害 児 施 設 の 利 用 者 負 担 について

5 この 資 料 は 18 年 4 月 時 点 での 利 用 者 負 担 及 び 軽 減 措 置 を 記 載 したものであり 3 年 後 に 障 害 者 自 立 支 援 法 全 体 の 見 直 しを 行 う 際 に 利 用 者 負 担 についても 併 せて 見 直 しを 行 います 併 度 担 定 負 せ を を し 担 て 支 基 た 能 き え 本 上 力 め る と で に 細 こ し 応 やと 利 じ かと 国 用 て なし 民 者 限 軽 ま 全 の 度 減 す 体 1 割 額 措 が で 負 を 置 制 設 講 が を 実 じ 原 費 ま各 則 全 す種 注 額 の の 軽 1 ) 自 減 と 己 措 し 負 ま 置 担 す を サ ー ビ ス に つ い て の 費 用 食 費 光 熱 水 費 施 設 に 入 所 している 場 合 20 歳 以 上 ) あなたの 利 用 者 負 担 はこうなります 福 祉 サービス) グループホームを 利 用 している 場 合 通 所 サービスを 使 う 場 合 ホームヘルプサービスを 使 う 場 合 施 設 に 入 所 している 場 合 20 歳 未 満 ) 1 原 則 は1 割 負 担 ですが どの 方 でも 負 担 が 増 え 過 ぎないよう 上 限 額 を 設 定 するとともに 所 得 の 低 い 方 にはより 低 い 上 限 を 設 定 します < 法 第 29 条 第 3 項 < 法 第 29 条 第 4 項 令 第 18 条 第 1 項 関 係 >市 負 > 負 担 には 月 額 上 限 額 が 設 定 されま 町 担 一 般 市 町 村 民 税 課 税 世 帯 < 令 一 第 17 般 条 第 1 項 第 1 号 村 > 額 す 一 般 :37,200 円 市 低 所 得 2 市 町 村 民 税 非 課 税 40,200 世 帯 < 令 円 第 17 条 第 1 項 民 第 2 号 > 非 課 税 世 帯 の 範 囲 に 町 世 帯 3 人 世 帯 であれば 障 害 基 低 礎 所 年 得 金 21 級 を 含 めて 概 税 ね300 ついてあなたが 万 円 以 税 制 と 医 低 所 得 2:24,600 円 非 村 下 の 年 収 の 方 ) 24,600 円 非 課 療 保 険 で できます 被 扶 養 者 でな 低 所 得 1:15,000 円 民 低 所 得 1 市 町 村 民 税 非 課 税 世 低 帯 所 で 得 障 1害 者 の 収 入 が 課 年 収 80 税 ければ あなたと 万 円 配 偶 者 の 税 障 害 基 礎 年 金 2 級 相 当 額 ) 税 世 15,000 以 下 の 方 < 円 令 第 17 条 第 1 項 第 3 世 収 号 入 > < 令 第 17 条 第 3 項 > 生 活 保 護 :0 円 とすることもできます サービス 量 帯 さ ら に 帯 2 同 じ 世 帯 で 他 にも 障 害 福 祉 サービスを 受 けている 方 介 護 保 険 のサービスを 併 せて 受 けている 方 がいれば その 合 算 額 が1を 超 えないように 負 担 額 を 軽 減 します < 法 第 33 条 令 第 19 条 ~ 第 21 条 関 係 > さ ら に 3 さらに 収 入 に 応 じて 個 別 に 減 免 します 資 産 が350 万 円 以 下 の 方 ) < 令 附 則 第 11 条 関 係 > 収 入 が6.6 万 円 までなら 負 担 は0 円 です 収 入 が6.6 万 円 を 超 えても 超 えた 収 入 の 半 分 を 上 限 額 とし ます さらに グループホーム 入 居 の 方 については 6.6 万 円 超 え た 収 入 が 年 金 や 工 賃 等 の 収 入 であれば 超 えた 分 の15%を 上 限 額 とします 6 収 入 が 低 い 場 合 は サービスの 利 用 者 負 担 と 食 費 等 実 費 負 担 をしても 少 なくとも2.5 万 円 が 手 元 に 残 るよう 実 費 負 担 額 の 上 限 額 を 設 定 します < 身 障 法 第 17 条 の13の4 令 第 17 条 の5> < 知 障 法 第 15 条 の14の4 令 7 条 の5> 注 2) 従 前 からグループ ホームでの 食 費 等 は 自 己 負 担 していただいて おりますが 通 所 サービ スを 利 用 された 場 合 は 7の 減 額 措 置 が 適 用 さ れます 4 さらに 社 会 福 祉 法 人 の 提 供 するサービスを 受 ける 場 合 については 1の 上 限 額 を 半 額 にします 資 産 が350 万 円 以 下 の 方 等 ) < 予 算 措 置 > 低 所 得 1:15,000 円 7,500 円 低 所 得 2:24,600 円 12,300 円 通 所 サービスを 利 用 する 場 合 24,600 円 7,500 円 ) さ ら に 5 さらに 利 用 者 負 担 を 行 うことにより 生 活 保 護 世 帯 に 該 当 する 場 合 は 生 活 保 護 に 該 当 しなくなるまで 負 担 額 を 引 き 下 げます < 令 第 17 条 第 1 項 第 2 号 ~ 第 4 号 > 7あなたの 世 帯 の 所 得 が 低 い 場 合 は 食 費 負 担 額 を3 分 の1 に 減 額 します 月 22 日 利 用 の 場 合 5,100 円 程 度 の 負 担 ) < 告 示 法 第 2 9 条 第 3 項 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 ) > 注 1) 法 第 29 条 第 1 項 の 特 定 費 用 として 食 費 等 にかかる 費 用 は 給 付 の 対 象 外 となる 注 2) 食 費 等 の 負 担 軽 減 を 図 る 給 付 は 18 年 10 月 までは 身 障 法 知 商 法 の 規 定 に 基 づき 支 給 施 設 体 系 の 見 直 しに 伴 い 18 年 10 月 以 降 に 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づく 給 付 となる ) 所 得 を 判 断 する 世 帯 の 範 囲 につ いて 原 則 は 同 じ 世 帯 に 属 する 方 の 状 況 で 判 断 しますが あなたが 税 制 と 医 療 保 険 で 被 扶 養 者 でなければ あなたと 配 偶 者 の 収 入 とすることも 8 保 護 者 の 方 の 収 入 に 応 じ て 地 域 で 子 どもを 養 育 する 世 帯 において 通 常 かかる 程 度 の 負 担 となるよう 実 費 負 担 額 の 上 限 額 を 設 定 します < 身 障 法 第 17 条 の13の4 令 第 17 条 の5> < 知 障 法 第 15 条 の14の4 令 7 条 の5> 注 2)

6 障 害 福 祉 サービスに 係 る 利 用 者 負 担 の 見 直 しの 考 え 方 - 実 費 負 担 +サービス 量 と 所 得 に 着 目 した 負 担 - 居 宅 通 所 ) 応 能 負 担 現 在 の 平 均 負 担 率 約 1%) 実 費 負 担 +サービス 量 と 所 得 に 着 目 した 負 担 入 所 ) 応 能 負 担 現 在 の 平 均 負 担 率 約 10%) 実 費 負 担 +サービス 量 と 所 得 に 着 目 した 負 担 負 担 能 力 の 乏 しい 者 については 経 過 措 置 も 含 め 負 担 軽 減 措 置 を 講 ずる 居 宅 サ 定 ー 率 負 ビ 担 ス + 量 負 と 担 所 上 得 限 に ) 着 目 は 自 己 負 担 この 他 医 療 費 日 用 品 費 は 自 己 負 担 通 所 入 所 食 費 サ ー 定 ビ 率 ス 量 負 と 所 担 得 に +着 負 目 担 上 限 ) 食 費 光 熱 水 費 定 率 負 担 + 負 担 上 限 ) サ ー ビ ス 量 と 所 得 に 着 目 精 神 関 係 の 施 設 は 平 成 18 年 10 月 以 降 に 新 施 設 事 業 体 系 に 移 行 したものから 対 象 となる

7 利 用 者 負 担 の 月 額 上 限 措 置 について 児 童 福 祉 法 第 24 条 の2 第 3 項 児 童 福 祉 法 施 行 令 第 27 条 の2 第 1 項 ) 利 用 者 本 人 の 属 する 世 帯 の 収 入 等 に 応 じて 以 下 の4 区 分 に 設 定 1 生 活 保 護 : 生 活 保 護 世 帯 に 属 する 者 2 低 所 得 1: 市 町 村 民 税 均 等 割 非 課 税 世 帯 であって 支 給 決 定 に 係 る 障 害 者 又 は 障 害 児 の 保 護 者 の 収 入 が 年 間 80 万 円 以 下 の 者 3 低 所 得 2: 市 町 村 民 税 均 等 割 非 課 税 である 世 帯 に 属 する 者 4 一 障 害 者 を 含 む3 人 世 帯 で 障 害 基 礎 年 金 1 級 を 受 給 している 場 合 概 ね300 万 円 以 下 の 収 入 に 相 当 般 : 市 町 村 民 税 課 税 世 帯 負 担 額 定 率 負 担 1 割 ) サービス 量 に 応 じ) 一 般 37,200 円 月 額 負 担 上 限 所 得 に 応 じ) 低 所 得 2 24,600 円 低 所 得 1 15,000 円 生 活 保 護 0 円 サービス 量 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯

8 月 額 負 担 上 限 額 の 設 定 にかかる 世 帯 の 範 囲 の 特 例 障 害 者 自 立 支 援 法 施 行 令 第 17 条 第 3 項 ) 月 額 負 担 上 限 額 の 設 定 に 当 たっては 住 民 基 本 台 帳 上 の 世 帯 の 所 得 で 設 定 する ただし 以 下 の 要 件 を 満 たす 場 合 実 態 上 生 計 を 一 にしていないと 判 断 できることから 障 害 者 及 び 配 偶 者 の 所 得 に 基 づくことも 選 択 できることとする < 要 件 > 1 税 制 上 同 一 の 世 帯 に 属 する 親 兄 弟 子 供 等 が 障 害 児 の 保 護 者 を 扶 養 控 除 の 対 象 とし ていないこと かつ 2 健 康 保 険 制 度 において 同 一 世 帯 に 属 する 親 兄 弟 子 供 等 の 被 扶 養 者 となっていない こと 住 民 票 上 の 世 帯 世 帯 主 健 保 本 人 住 民 税 扶 養 控 除 無 障 害 児 の 配 偶 者 保 護 者 障 害 者 配 偶 者 が 国 保 世 帯 員 であるとき 又 は 障 害 児 の 保 護 者 及 び 配 偶 者 が 世 帯 主 と 異 な る 健 康 保 険 の 本 人 及 び 被 扶 養 者 であるとき 世 帯 主 が 国 保 で 障 害 児 の 保 護 者 及 びの 配 偶 者 が 国 保 の 場 合 も 同 様 の 取 り 扱 いとなる

9 生 活 保 護 への 移 行 防 止 について 児 童 福 祉 法 施 行 令 第 27 条 の2 第 1 項 第 2 号 から 第 4 号 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるもの) 本 来 適 用 されるべき 上 限 額 を 適 用 すれば 生 活 保 護 を 必 要 とするが 仮 に より 低 い 上 限 額 を 適 用 すれば 生 活 保 護 を 必 要 としない 状 態 にな る 者 については 本 来 適 用 されるべき 上 限 額 より 低 い 負 担 上 限 額 を 適 用 する 月 額 上 限 24,600 円 月 額 上 限 15,000 円 より 低 い 上 限 額 を 適 用 より 低 い 上 限 額 を 適 用 月 額 上 限 0 円 認 定 については 生 活 保 護 の 収 入 支 出 と 同 様 の 仕 組 みとする

10 負 担 上 限 月 額 の 引 き 下 げ 障 害 者 自 立 支 援 法 施 行 令 附 則 第 11 条 ) 1 3 年 間 の 経 過 措 置 期 間 終 了 までに 実 態 調 査 を 行 い 必 要 性 を 再 検 討 ) 制 度 施 行 後 3 年 間 食 事 提 供 や 人 的 サービスが 事 業 者 により 提 供 されるク ルーフ ホーム 入 所 施 設 20 歳 以 上 ) 利 用 者 又 は 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 利 用 者 のうち 一 定 の 者 精 神 障 害 者 退 院 促 進 施 設 利 用 者 ) に 対 して 定 率 負 担 に 係 る 個 別 の 減 免 制 度 を 実 施 する 低 所 得 1,2が 対 象 ) 2 費 用 基 準 と 収 入 を 比 較 一 定 の 預 貯 金 等 を 有 している 者 は 対 象 外 ) グループホーム 入 所 施 設 それぞれで 設 定 する 基 本 的 な 費 用 尺 度 と 本 人 の 収 入 を 比 較 し 定 率 負 担 の 個 別 減 免 の 範 囲 を 定 め 実 施 する なお 一 定 の 預 貯 金 等 を 有 している 者 は 対 象 外 とする 3 得 た 収 入 のすべてを 利 用 者 負 担 しなくてもよい 仕 組 み 6.6 万 円 を 超 えない 収 入 については 定 率 負 担 はゼロとする 6.6 万 円 を 超 える 収 入 については 障 害 者 が 得 た 収 入 のすべてを 利 用 者 負 担 として 負 担 しなくともよいよう 負 担 額 が 減 額 される 仕 組 みとする この 際 特 に 就 労 等 により 得 た 収 入 については 働 くことを 促 進 する 観 点 から より 負 担 額 を 減 額 する グループホーム 利 用 者 入 所 施 設 利 用 者 費 用 尺 度 6.6 万 円 定 率 負 担 費 用 尺 度 その 他 生 活 費 食 費 光 熱 水 費 5.8 万 円 4.8 万 +1.0 万 ) 定 率 負 担 負 担 減 免 負 担 減 免 収 入 年 金 工 賃 等 ) 収 入 年 金 工 賃 補 足 給 付 等 ) 障 害 基 礎 年 金 1 級 の 者 60 歳 以 上 の 者 等 はその 他 生 活 費 に3~5 千 円 加 算 して 計 算

11 高 額 障 害 福 祉 サービス 費 について 児 童 福 祉 法 第 24 条 の6 児 童 福 祉 法 施 行 令 第 27 条 の4 第 27 条 の5) 同 一 世 帯 に 障 害 福 祉 サービスを 利 用 する 者 が 複 数 いる 場 合 等 に 世 帯 の 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 償 還 払 い 方 式 により 世 帯 における 利 用 者 負 担 を 月 額 負 担 上 限 額 まで 軽 減 を 図 る < 合 算 の 対 象 とする 費 用 > 同 一 世 帯 に 属 する 者 が 同 一 の 月 に 受 けたサービスによりかかる1~5のいずれかの 負 担 額 を 合 算 する 1 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づく 介 護 給 付 費 等 に 係 る 定 率 負 担 額 2 身 体 障 害 者 福 祉 法 に 基 づく 施 設 訓 練 等 支 援 費 の 定 率 負 担 額 18 年 4 月 ~9 月 まで) 削 除 3 知 的 障 害 者 福 祉 法 に 基 づく 施 設 訓 練 等 支 援 費 の 定 率 負 担 額 18 年 4 月 ~9 月 まで) 削 除 4 児 童 福 祉 法 に 基 づく 障 害 児 施 設 給 付 費 18 年 10 月 以 降 ) 令 第 20 条 第 1 項 第 3 号 ) 5 介 護 保 険 の 利 用 者 負 担 額 高 額 介 護 サービス 費 により 償 還 された 費 用 を 除 く ) ただし 同 一 人 が 障 害 福 祉 サービス 等 を 併 用 している 場 合 に 限 る < 支 給 額 > 世 帯 における 利 用 者 負 担 額 が 月 額 負 担 上 限 額 の 額 と 同 じになるように 高 額 障 害 福 祉 サービス 費 を 償 還 する 1 低 所 得 1 15,000 円 2 低 所 得 2 24,600 円 3 一 般 世 帯 37,200 円 一 人 当 たりの 負 担 上 限 額 が 合 算 基 準 額 を 超 えた 世 帯 合 算 負 担 額 上 記 1~5を 合 算 したもの)を 個 人 の 負 担 額 の 割 合 で 按 分 した 額 となるよう 高 額 障 害 福 祉 サービス 費 を 支 払 う

12 入 所 施 設 における 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 食 費 光 熱 水 費 の 軽 減 措 置 ) 1 20 歳 以 上 の 入 所 者 に 係 る 実 費 負 担 の 軽 減 措 置 食 費 や 居 住 費 以 外 の その 他 の 生 活 費 と して 一 定 の 額 が 残 るように 食 費 光 熱 水 費 について 補 足 給 付 を 行 う その 他 生 活 費 の 額 については 2.5 万 円 とする 障 害 基 礎 年 金 1 級 の 者 60 歳 以 上 の 者 等 は3~5 千 円 を 加 算 2 20 歳 未 満 の 入 所 者 に 係 る 実 費 負 担 の 軽 減 措 置 収 入 のない20 歳 未 満 の 入 所 者 の 実 費 負 担 に ついて 子 どもを 養 育 する 一 般 の 世 帯 において 通 常 要 する 程 度 の 費 用 収 入 階 層 別 の 家 計 に おける 平 均 的 な 一 人 あたり 支 出 )の 負 担 となる ように 補 足 給 付 を 行 う その 他 生 活 費 の 額 については 2.5 万 円 と する 18 歳 未 満 の 場 合 は 教 育 費 として9 千 円 を 加 算 費 用 尺 度 その 他 の 生 活 費 2.5 万 円 ) 食 費 光 熱 水 費 2) 個 定 率 別 負 担 減 費 用 尺 度 その 他 の 生 活 費 2.5 万 円 ) 定 率 負 担 食 費 光 熱 水 費 2) 負 担 免 補 足 給 付 1) あ 負 担 補 足 給 付 認 定 収 入 年 金 工 賃 等 ) り ) 家 計 における 平 均 的 な1 人 あ たりの 支 出 額 1)20 歳 以 上 の 入 所 者 に 係 る 定 率 負 担 については グループホームと 同 様 の 個 別 減 免 措 置 を 講 じる 予 定 2) 食 費 光 熱 水 費 に 係 る 補 足 給 付 を 行 う 際 の 尺 度 として5.8 万 円 食 費 4.8 万 円 光 熱 水 費 1.0 万 円 )を 設 定 今 後 食 事 等 に 係 るコストの 実 態 に 応 じて3 年 ごとに 見 直 すものとする)

13 医 療 型 入 所 施 設 療 養 介 護 重 症 心 身 障 害 児 施 設 等 )の 利 用 者 負 担 20 歳 未 満 利 用 者 負 担 額 の 設 定 の 考 え 方 他 制 度 と 並 びをとった 上 限 額 を 設 定 した 上 で 福 祉 型 施 設 と 同 様 の 負 担 額 となるよう 軽 減 措 置 を 講 じる 他 制 度 と 並 びをとった 上 限 額 を 設 定 した 上 で 福 祉 型 施 設 と 同 様 の 負 担 額 となるよう 軽 減 措 置 を 講 じる 月 額 負 担 上 限 額 等 福 祉 部 分 の 利 用 者 負 担 上 限 額 福 祉 型 の 利 用 者 負 担 と 同 じ 額 生 活 保 護 0 円 低 所 得 Ⅰ 15,000 円 低 所 得 Ⅱ 24,600 円 一 般 37,200 円 医 療 部 分 の 利 用 者 負 担 上 限 額 老 人 保 健 制 度 の 上 限 額 を 参 考 に 設 定 生 活 保 護 0 円 低 所 得 Ⅰ 15,000 円 低 所 得 Ⅱ 24,600 円 一 般 40,200 円 食 費 標 準 負 担 額 ) 健 康 保 険 の 標 準 負 担 額 地 域 で 子 どもを 育 てるために 必 要 な 費 用 と 同 様 の 額 の 負 担 となるよう 食 費 及 び 医 療 の 定 率 負 担 の 軽 減 を 行 う 月 額 負 担 上 限 額 の 階 層 区 分 ごと) 一 定 収 入 預 貯 金 額 以 下 の 者 については さらに 社 福 減 免 を 適 用 福 祉 型 施 設 において 恒 久 的 な 措 置 として 地 域 で 暮 らす 場 合 にかかる 費 用 と 同 様 の 費 用 となるように 食 費 の 負 担 額 の 軽 減 策 を 講 じていることを 踏 まえ 医 療 型 についても 食 費 医 療 費 について 負 担 軽 減 策 を 講 じる 地 域 で 保 護 者 が 生 活 を 送 っていることを 踏 ま え 個 別 に 収 入 額 を 認 定 せず 所 得 階 層 ごとに 必 要 な 費 用 と 同 様 になるよう 費 用 を 設 定 する 負 担 軽 減 措 置 入 所 施 設 ) 2 0 歳 未 満 地 域 で 子 どもを 育 てるために 通 常 必 要 な 費 用 低 所 得 Ⅰ,Ⅱ, 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 5 万 円 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 7.9 万 円 その 他 生 活 費 負 担 額 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 の 標 準 負 担 額 Ⅰ. 減 免 額 =その 他 生 活 費 *+ 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 **+ 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 + 食 費 の 標 準 負 担 額 -5 万 円 *** 低 所 得 Ⅰ Ⅱ 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 )の 場 合 ) *18 歳 以 上 の 場 合 は 2.5 万 円 18 歳 未 満 は3.4 万 円 ** 低 所 得 Ⅱ 及 び 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 )の 場 合 には 1.5 万 円 が 上 限 *** 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 )の 場 合 は 7.9 万 円 Ⅱ.Ⅰにより 計 算 された 負 担 額 1+2+3が 利 用 者 負 担 額 ) A 食 費 の 標 準 負 担 額 > 減 免 額 の 場 合 1 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 2 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 3 減 免 後 食 費 負 担 額 = 食 費 の 標 準 負 担 額 - 減 免 額 B 食 費 の 標 準 負 担 額 減 免 額 の 場 合 1 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 2 減 免 後 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 = 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 + 食 費 の 標 準 負 担 額 - 減 免 額 3 減 免 後 食 費 負 担 額 =0 円 減 免 額

14 児 童 福 祉 施 設 医 療 型 )20 歳 未 満 の 利 用 者 負 担 額 入 所 ) 肢 体 不 自 由 児 施 設 平 均 事 業 費 福 祉 )6.7 )6.7 万 円 医 療 )46.5 )46.5 万 円 18 歳 未 満 の 場 合 現 行 ) 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 標 準 負 担 額 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 19,600 円 * 45,000 円 6,700 円 38,300 円 0 円 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 4,500 円 / 6,600 円 16,000 円 6,700 円 9,300 円 0 円 ) 低 所 得 Ⅱ 2,200 円 16,000 円 6,700 円 9,300 円 0 円 ) 低 所 得 Ⅰ 2,200 円 16,000 円 6,700 円 9,300 円 0 円 ) * 課 税 世 帯 の 平 均 徴 収 額 内 は 社 会 福 祉 法 人 減 免 後 の 額

15 児 童 福 祉 施 設 医 療 型 )20 歳 未 満 の 利 用 者 負 担 額 入 所 ) 重 症 心 身 障 害 児 施 設 平 均 事 業 費 福 祉 )22.9 )22.9 万 円 医 療 )41.4 )41.4 万 円 18 歳 未 満 の 場 合 現 行 ) 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 標 準 負 担 額 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 19,600 円 * 45,000 円 22,900 円 22,100 円 0 円 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 4,500 円 / 6,600 円 23,900 円 22,900 円 1,000 円 0 円 ) 低 所 得 Ⅱ 2,200 円 23,900 円 13,300 円 22,900 円 12,300 円 1,000 円 0 円 ) 低 所 得 Ⅰ 2,200 円 16,000 円 8,500 円 15,000 円 7,500 円 1,000 円 0 円 ) * 課 税 世 帯 の 平 均 徴 収 額 内 は 社 会 福 祉 法 人 減 免 後 の 額

16 児 童 福 祉 施 設 医 療 型 )20 歳 未 満 の 利 用 者 負 担 額 入 所 ) 第 1 種 自 閉 症 児 施 設 平 均 事 業 費 福 祉 )12.1 )12.1 万 円 医 療 )20.2 )20.2 万 円 18 歳 未 満 の 場 合 現 行 ) 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 標 準 負 担 額 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 19,600 円 * 45,000 円 12,100 円 20,200 円 12,700 円 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 4,500 円 / 6,600 円 16,000 円 12,100 円 3,900 円 0 円 ) 低 所 得 Ⅱ 2,200 円 16,000 円 12,100 円 3,900 円 0 円 ) 低 所 得 Ⅰ 2,200 円 16,000 円 11,400 円 12,100 円 7,500 円 3,900 円 0 円 ) * 課 税 世 帯 の 平 均 徴 収 額 内 は 社 会 福 祉 法 人 減 免 後 の 額

17 医 療 型 入 所 施 設 療 養 介 護 重 症 心 身 障 害 児 施 設 等 )の 利 用 者 負 担 20 歳 以 上 利 用 者 負 担 額 の 設 定 の 考 え 方 他 制 度 と 並 びをとった 上 限 額 を 設 定 した 上 で 福 祉 型 施 設 と 同 様 の 負 担 額 となるよう 軽 減 措 置 を 講 じる 他 制 度 と 並 びをとった 上 限 額 を 設 定 した 上 で 福 祉 型 施 設 と 同 様 の 負 担 額 となるよう 軽 減 措 置 を 講 じる 福 祉 部 分 の 利 用 者 負 担 上 限 額 医 療 部 分 の 利 用 者 負 担 上 限 額 食 費 標 準 負 担 額 ) 月 額 負 担 上 限 額 等 福 祉 型 の 利 用 者 負 担 と 同 じ 額 生 活 保 護 0 円 低 所 得 Ⅰ 15,000 円 低 所 得 Ⅱ 24,600 円 一 般 37,200 円 老 人 保 健 制 度 の 上 限 額 を 参 考 に 設 定 生 活 保 護 0 円 低 所 得 Ⅰ 15,000 円 低 所 得 Ⅱ 24,600 円 一 般 40,200 円 健 康 保 険 の 標 準 負 担 額 負 担 軽 減 措 置 入 所 施 設 ) 2 0 歳 以 上 資 産 が 少 ないこと 等 により 負 担 能 力 が 少 ない 者 について 食 費 負 担 と 個 別 減 免 後 の 利 用 者 負 担 額 を 合 わせて 一 定 のその 他 生 活 費 が 手 元 に 残 るように 個 別 減 免 を 実 施 3 年 間 の 経 過 措 置 ) 福 祉 型 施 設 において 経 過 措 置 として 定 率 負 担 部 分 について 個 別 減 免 を 実 施 していることを 踏 まえ 医 療 型 施 設 においても 福 祉 部 分 の 利 用 者 負 担 医 療 部 分 の 利 用 者 負 担 について 個 別 の 障 害 者 の 収 入 状 況 に 合 わせ 負 担 軽 減 措 置 を 実 施 認 定 収 入 額 負 担 額 その 他 生 活 費 食 費 の 標 準 負 担 額 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 Ⅰ. 減 免 額 =その 他 生 活 費 *+ 食 費 の 標 準 負 担 額 + 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 + 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 - 認 定 収 入 *その 他 生 活 費 は 2.5 万 円 Ⅱ.Ⅰにより 計 算 された 負 担 額 1+2+3が 利 用 者 負 担 額 ) A 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 > 減 免 額 の 場 合 1 食 事 の 標 準 負 担 額 2 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 3 減 免 後 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 = 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 - 減 免 額 B 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 減 免 額 の 場 合 1 食 事 の 標 準 負 担 額 2 減 免 後 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 = 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 + 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 - 減 免 額 3 減 免 後 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 =0 円 減 免 額

18 児 童 福 祉 施 設 医 療 型 )20 歳 以 上 の 利 用 者 負 担 額 入 所 ) 重 症 心 身 障 害 児 施 設 平 均 事 業 費 福 祉 )22.9 )22.9 万 円 医 療 )41.4 )41.4 万 円 現 行 ) 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 標 準 負 担 額 ) 一 般 90,000 円 * 87,280 円 22,900 円 40,200 円 24,180 円 ) 低 所 得 Ⅱ 年 金 1 級 ) 49,800 円 55,000 円 62,380 円 ) 22,900 円 22,900 円 ) 17,220 円 24,600 円 ) 14,880 円 ) 低 所 得 Ⅰ 年 金 2 級 ) 39,800 円 41,000 円 44,880 円 ) 15,000 円 15,000 円 ) 11,120 円 15,000 円 ) 14,880 円 ) * 負 担 上 限 額 ) 内 は 個 別 減 免 が 無 い 場 合 の 額 第 1 種 自 閉 症 児 施 設 平 均 事 業 費 福 祉 )12.1 )12.1 万 円 医 療 )20.2 )20.2 万 円 現 行 ) 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 標 準 負 担 額 ) 一 般 50,000 円 * 56,480 円 12,100 円 20,200 円 24,180 円 ) 低 所 得 Ⅱ 年 金 1 級 ) 49,800 円 47,180 円 12,100 円 個 別 減 免 不 要 ) 20,200 円 個 別 減 免 不 要 ) 14,880 円 ) 低 所 得 Ⅰ 年 金 2 級 ) 39,800 円 41,000 円 41,980 円 ) 12,100 円 12,100 円 ) 14,020 円 15,000 円 ) 14,880 円 ) * 負 担 上 限 額

19 児 童 福 祉 施 設 医 療 型 )20 歳 未 満 の 利 用 者 負 担 額 通 所 ) 福 祉 型 施 設 と 同 様 の 負 担 となるよう 実 費 負 担 の 軽 減 措 置 及 び 社 会 福 祉 法 人 減 免 を 適 用 肢 体 不 自 由 児 通 園 施 設 平 均 事 業 費 福 祉 )4.9 )4.9 万 円 医 療 )4.5 )4.5 万 円 現 行 ) 福 祉 部 分 利 用 者 負 担 額 医 療 部 分 利 用 者 負 担 額 食 費 実 費 ) 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 18,700 円 * 23,700 円 4,900 円 4,500 円 14,300 円 一 般 市 町 村 民 税 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 2,200 円 15,500 円 5,900 円 4,500 円 5,100 円 低 所 得 Ⅱ 1,100 円 12,240 円 6,200 円 4,500 円 1,540 円 低 所 得 Ⅰ 1,100 円 12,240 円 6,200 円 4,500 円 1,540 円 * 課 税 世 帯 の 平 均 徴 収 額

20 障 害 児 に 係 る 通 所 施 設 の 利 用 者 負 担 学 齢 期 前 の 障 害 児 に 係 る 通 所 施 設 の 食 費 光 熱 水 費 の 負 担 を 軽 減 することにより 障 害 児 の 通 所 施 設 の 利 用 者 負 担 を 保 育 所 の 保 育 料 程 度 の 負 担 水 準 に 抑 える 措 置 費 制 度 平 均 事 業 費 約 万 円 新 制 度 うち 食 費 光 熱 水 費 保 育 所 の 保 育 料 3 3 歳 未 満 ) ) 低 所 得 世 帯 1 1,100 円 9,040 円 1,540 円 9,000 円 低 所 得 世 帯 2 1,100 円 9,040 円 1,540 円 9,000 円 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 額 所 得 割 )<2 万 円 ) 2,200/3,300 円 20,500 円 5,100 円 19,500 円 一 般 世 帯 所 得 税 課 税 ) 4,500 円 ~ 全 額 28,700 円 14,300 円 30,000~ 80,000 円

21 障 害 児 に 係 る 入 所 施 設 の 利 用 者 負 担 の 見 直 し 障 害 児 の 入 所 施 設 の 食 費 光 熱 水 費 の 軽 減 措 置 について 育 成 医 療 における 負 担 軽 減 措 置 の 対 象 と 同 様 一 般 課 税 世 帯 のうち 市 町 村 民 税 額 所 得 割 )が2 万 円 未 満 の 世 帯 年 間 収 入 約 400 万 円 )まで 対 象 を 拡 大 する 措 置 費 制 度 平 均 事 業 費 約 万 円 低 所 得 世 帯 1 2,200 円 見 直 し 前 ) 見 直 し 後 ) 8,500 円 児 童 福 祉 法 契 約 制 度 )) うち 食 費 光 熱 水 費 1,000 円 補 足 給 付 57,000 円 ) 18 歳 未 満 の 場 合 低 所 得 世 帯 2 2,200 円 13,300 円 1,000 円 補 足 給 付 57,000 円 ) 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 額 所 得 割 )<2 万 円 ) 4,500 円 /6,600 円 一 般 世 帯 所 得 税 課 税 ) 9,000 円 ~ 全 額 45,000 円 19,600 円 45,000 円 26,400 円 1,000 円 補 足 給 付 57,000 円 ) 26,400 円 補 足 給 付 31,600 円 )

22 実 費 負 担 の 軽 減 措 置 ) 施 設 入 所 者 20 歳 未 満 )における 補 足 給 付 収 入 のない20 歳 未 満 の 入 所 者 の 実 費 負 担 について 子 どもを 養 育 する 一 般 の 世 帯 において 通 常 要 する 程 度 の 費 用 収 入 階 層 別 の 家 計 における 平 均 的 な 一 人 あたり 支 出 )の 負 担 となるように 補 足 給 付 を 行 う 20 歳 未 満 の 入 所 者 については 保 護 者 が 費 用 負 担 を 行 うことを 前 提 としており 入 所 者 個 人 の 収 入 のみを 把 握 すればよい 20 歳 以 上 の 者 とは 異 なり 地 域 で 世 帯 で 生 活 する 保 護 者 の 収 入 を 個 別 に 把 握 することが 困 難 であることから 定 率 負 担 の 個 別 減 免 措 置 を 講 ずる 代 わりに 補 足 給 付 を 給 付 する 際 の 費 用 尺 度 に 必 要 となる 費 用 として 定 率 負 担 分 を 加 え その 分 を 補 足 給 付 に 上 乗 せする その 他 生 活 費 の 額 については 2.5 万 円 とする 18 歳 未 満 の 場 合 は 教 育 費 として9 千 円 を 加 算 費 用 尺 度 その 他 生 活 費 2.5 万 円 ) 定 率 負 担 相 当 額 2) 負 担 食 費 光 熱 水 費 1) 補 足 給 付 1) 食 費 光 熱 水 費 に 係 る 補 足 給 付 を 行 う 際 の 尺 度 として5.8 万 円 食 費 4.8 万 円 光 熱 水 費 1.0 万 円 )を 設 定 今 後 食 事 等 に 係 るコストの 実 態 に 応 じて3 年 ごとに 見 直 すものとする) 2) 補 足 給 付 の 費 用 尺 度 として 一 定 額 を 設 定 生 活 保 護 世 帯 低 所 得 1 2の 世 帯 1.5 万 円 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 単 価 / 日 家 計 における 平 均 的 な 1 人 あたりの 支 出 額 3) 3) 生 活 保 護 世 帯 低 所 得 1 2の 世 帯 5.0 万 円 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 7.9 万 円 例 ) 事 業 費 19 万 円 食 費 等 実 費 負 担 額 5.8 万 円 の 場 合 低 所 得 1 2 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 未 満 ) 補 足 給 付 額 4.8 万 = )-5.0 実 費 負 担 額 =1.0 万 円 = 利 用 者 負 担 計 = 実 費 負 担 額 1.0)+ 定 率 負 担 額 低 所 得 1: =2.5 低 所 得 2 上 記 の 一 般 世 帯 : = 歳 未 満 の 場 合 は 2.5 万 円 に0.9 万 円 を 加 えて 計 算 一 般 世 帯 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 が 年 間 2 万 円 以 上 ) 補 足 給 付 額 =2.3 万 = )-7.9 実 費 負 担 額 =3.5 万 円 = 利 用 者 負 担 計 = 実 費 負 担 額 3.5)+ 定 率 負 担 1.9)= 歳 未 満 の 場 合 は 2.5 万 円 に0.9 万 円 を 加 えて 計 算 数 字 は 端 数 を 丸 めて 計 算 しており 実 際 の 数 値 とは 異 なる 実 際 は1 円 単 位 で 計 算 )

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

事務連絡

事務連絡 Ⅰ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 等 の 一 部 改 正 概 要 について 1 改 正 概 要 退 職 給 付 における 官 民 較 差 ( 平 均 402.6 万 円 )の 解 消 を 図 るための 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げに 準 じ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 本 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 に

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 19 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 担 当 部 局 御 中 内 閣 府 子 ども 子 育 て 本 部 参 事 官 ( 子 ども 子 育 て 支 援 担 当 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 幼 児 教 育 課 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 保 育 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 別 紙 新 篠 津 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,,,,.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 職 員 数 給 与 費 一 当

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

3. 支 給 決 定 について 個 別 のケアプラン(サービス 利 用 計 画 )に 基 づき 下 記 の 支 給 基 準 内 で 必 要 と 認 めた 時 間 数 を 決 定 します 原 則 小 学 生 以 下 の 児 童 は 利 用 できません ただし 下 記 に 該 当 する 場 合 には 個

3. 支 給 決 定 について 個 別 のケアプラン(サービス 利 用 計 画 )に 基 づき 下 記 の 支 給 基 準 内 で 必 要 と 認 めた 時 間 数 を 決 定 します 原 則 小 学 生 以 下 の 児 童 は 利 用 できません ただし 下 記 に 該 当 する 場 合 には 個 平 成 27 年 4 月 西 宮 市 障 害 者 移 動 支 援 事 業 に 関 する 留 意 事 項 1. 事 業 の 目 的 内 容 屋 外 での 移 動 が 困 難 な 障 害 者 ( 児 )について 社 会 生 活 上 必 要 不 可 欠 な 外 出 1 及 び 余 暇 活 動 等 社 会 参 加 のための 外 出 2への 支 援 を 目 的 とし 1 日 の 範 囲 内 で 用 務 を 終

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

自 分 にあった 健 康 保 険 を 見 つけよう! それぞれの 健 康 保 険 の 特 徴 を 踏 まえ 自 分 にあった 健 康 保 険 を 選 ぶようにしましょう! 今 までの 収 入 扶 養 家 族 の 有 無 によって どの 健 康 保 険 に 加 入 するとメリットがあるか 参 考 にし

自 分 にあった 健 康 保 険 を 見 つけよう! それぞれの 健 康 保 険 の 特 徴 を 踏 まえ 自 分 にあった 健 康 保 険 を 選 ぶようにしましょう! 今 までの 収 入 扶 養 家 族 の 有 無 によって どの 健 康 保 険 に 加 入 するとメリットがあるか 参 考 にし 退 職 後 の 健 康 保 険 について 今 までは 入 社 と 同 時 に 当 健 保 組 合 に 加 入 されていましたが 退 職 後 は 再 就 職 での 加 入 以 外 は ご 自 身 で 健 康 保 険 を 選 択 して いただくことになります 自 分 にとって ベストな 判 断 をするためには それぞれの 健 康 保 険 についてご 理 解 のうえ 自 分 にメリットのある 健 康 保

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7,

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7, 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 4 年 度 (4 年 度 末 ),7 4,,4 A 千 千 千,4 4, B. B/A 年 度 の 件 費 率. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度

More information

平成20年度 みどり市幼稚園就園奨励費補助金について

平成20年度 みどり市幼稚園就園奨励費補助金について 平 成 28 年 度 みどり 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 について ( 私 立 幼 稚 園 ) みどり 市 では 幼 稚 園 児 の 保 護 者 に 対 し 所 得 状 況 に 応 じて 経 済 的 負 担 を 軽 減 するために 補 助 金 を 支 給 しています 平 成 28 年 度 の 変 更 点 について 平 成 28 年 度 から 国 の 方 針 により 低 所 得 の

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業 について 別 紙 1-1. の 基 本 的 な 考 え 方 人 件 費 は 原 則 として 研 究 員 が 委 託 業 務 に 直 接 従 事 する 時 間 数 に 健 康 保 険 等 級 ( 健 保 等 級 ) 1 に 基 づく 表 の 単 価 を 乗 じて 算 出 します 研 究 員 の 区 分 に 基 づき 以 下 の2 種 類 の 一 覧 表 から を 決 定 してください 健 保 等 級

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費 高 第 7 4 4 号 平 成 22 年 3 月 9 日 各 軽 費 老 人 ホーム 施 設 長 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 長 ( 公 印 省 略 ) 軽 費 老 人 ホームサービス 提 供 費 補 助 金 事 務 の 適 正 な 実 施 について このことについて 当 課 において 今 年 度 に 軽 費 老 人 ホームの 現 地 調 査 を 実 施 した 結 果

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information