<4D F736F F D D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>"

Transcription

1 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係

2

3 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要 あなた( 市 の 各 取 設 り 回 問 組 答 の みについて...21 者 調 )ご 査 結 自 果 身 について まちへの まちづくりについて...55 産 業 ( 商 業 思 いについて 環 公 境 共 について...61 交 通 について...63 工 業 農 林 水 産 業 )について コミュニティについて コミュニティについて 福 子 祉 育 について 生 涯 て 学 習 教 スポーツ 育 について 広 協 報 働 のまちづくりについて...79 広 聴 について...76 振 興 について 今 後 行 のふじみ 政 運 営 野 について...85 資 料. 調 査 票... 市... 関 するご 意 見... や 提 案 ( 自 由 記... 述 ) 調 2 調 3 各

4 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) くりの で 本 調 査 は ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 前 期 基 本 計 画 )を 引 き 継 ぎ 平 成 25~29 年 度 のまちづ のです 実 施 指 してきた 針 となる ふじみ 取 り 組 みに 野 対 市 する 総 合 市 振 民 興 の 計 評 画 価 ( と 後 期 今 基 後 本 の 計 取 画 り ) を 組 みに 策 対 定 する するにあたり これまで 市 民 の 意 識 を 調 査 するも市 本 調 査 対 象 者 数 歳 と 以 実 上 施 の 概 市 要 民 の 方 人 の 方 々を 住 民 基 本 台 帳 より 無 作 為 で 抽 出 してい 調 ます 査 対 象 者 数 回 調 収 査 率 対 象 調 査 対 象 者 数 有 効 回 収 数 有 効 回 収 率 は 20 から 3,000 実 施 概 ふじみ 野 市 人 件 % 要 調 期 間 平 成 年 月 日 ~ 平 年 月 日 配 布 査 査 対 回 象 形 収 地 方 域 式 法 ふじみ アンケート 郵 送 配 野 布 市 調 郵 全 査 送 域 回 収 (お 礼 状 兼 督 促 状 送 付 回 ) 24 1 の 見 方 本 報 告 書 では 回 答 すべき 箇 所 が 回 答 されていないものは 無 回 答 として 扱 います 比 率 はすべて 百 分 率 (%)で 表 し 小 点 以 下 位 を 四 捨 五 入 し 算 出 しているため 合 計 については 3.0% にならない 図 や 表 文 章 場 では 合 があります 未 選 満 択 の 肢 数 の 値 一 を 部 省 や 略 数 している 値 を 省 略 して 表 記 しています 特 にクロス 集 計 の 棒 グラフ - 1 箇 - 所 があります 1 調 査 概 要 1 調 査 の 目 的 2 調 査 の 概 要 3 集 計 方 法 民 3, 第 2 成 1, が100%

5 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) ふじみ 8 割 市 を 外 越 野 に える 市 引 は っ 方 越 がふじみ 住 したい みやすいまち と7 野 の 市 理 に 由 は 住 み 移 続 割 動 けたい と を や 越 買 える い 物 方 に 回 が 不 答 回 便 答 という 回 答 が 多 くありました 政 全 般 に2 割 以 上 の 方 が 満 足 5 割 以 上 方 が どちらともいえない と 回 答 市 役 仕 所 事 の ぶりの 仕 事 ぶりに 不 満 の 理 満 由 足 は と 仕 改 事 善 のやり や 改 革 方 の に 必 柔 要 軟 がある ともに3 性 がない 職 割 員 弱 の 対 回 応 答 や 態 度 が 悪 い 満 で3 割 を 越 える 回 答 19 足 度 指 数 3 22 項 目 指 数 順 位 重 4 循 環 型 社 会 の 推 進 広 要 健 生 域 度 康 活 涯 行 指 づくりの 基 スポーツ レクリエーションの 政 盤 の 数 推 整 進 備 と 医 療 の 充 実 推 進 項 目 指 数 順 位 指 6 健 康 づくりの 推 進 と 医 療 の 充 実 社 満 数 高 児 安 会 (あまり 満 齢 童 心 保 足 算 福 して 障 ( 出 祉 重 方 の 暮 要 法 充 らせるまちづくりの 実 推 進 者 の 合 計 無 回 答 数 点 除 やや く)で 点 割 満 ったもので 足 不 (やや 満 ( 重 要 指 数 が5に 点 近 いほど 点 として 満 足 回 ( 答 重 人 要 数 )で 1に 点 に やや 掛 け 近 回 い不 ほど 不 満 ( 重 要 でない)であることを 示 す 数 値 答 )=5 )=4 どちらでもない=3 でない)=2 でない)= 調 査 結 果 の 概 要 1 ふじみ 野 市 について( 問 7~8) 2 市 の 取 り 組 みについて( 問 9~12)

6 市 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 進 実 で で3~4 進 社 めている23の 会 保 割 障 の 回 充 答 実 取 り 組 高 みのうち 齢 福 祉 の 充 重 実 要 度 の 健 高 康 いものは づくりの 推 安 進 心 と して 医 療 暮 の らせるまちづくりの 充 実 児 童 福 祉 の 推 充 ふじみ に 愛 着 を 感 じている と7 割 弱 の 方 回 答 える 回 答 一 良 方 いところは 良 くないところは 買 い 物 など 道 路 日 事 常 情 生 が 活 悪 が い 便 利 医 療 災 サービスが 害 が 少 ない で5~6 不 十 分 割 を 公 越 共 ふじみ 交 通 機 関 が 充 実 していない で2~4 割 の 回 答 東 久 保 野 中 市 央 の 公 魅 園 力 的 西 な の 資 原 源 中 は 央 公 園 大 など) 井 弁 天 の 森 桜 の 名 公 所 園 が が 多 多 い い( 福 新 岡 河 中 岸 央 川 公 などの 園 東 回 原 答 親 水 公 園 ふじみ くり 野 医 市 療 を 体 魅 制 力 や あるまちにするためには 健 康 づくりの 充 実 など 市 民 事 の 故 健 や 康 犯 支 罪 援 が 少 なく 誰 もがその 災 害 にも 人 らしく 強 い 安 心 全 して なまちづ 生 活 将 が 送 れるような 福 祉 の 充 実 で4~6 割 の 回 答 4 などのレクリエーション 割 来 回 土 答 地 利 用 ( 土 地 の 使 施 い 設 方 の )については 整 備 教 育 文 豊 化 かな スポーツ 自 然 環 境 施 保 設 全 の 整 備 公 を 園 や 優 広 先 場 すべきで2~ 観 光 施 設 市 長 割 内 の が の 回 期 産 答 待 業 できる をさらに 産 業 活 ( 性 企 化 業 するためには )の 誘 致 勤 労 地 者 域 福 の 祉 商 や 店 雇 街 用 や 対 駅 策 周 の 辺 充 の 実 商 を 店 街 優 の 先 活 すべきで 2~4 性 化 支 援 成 地 援 答 球 環 境 森 を 林 守 などの るために 保 全 ごみの 太 陽 光 減 風 量 力 化 バイオマスなどのクリーンエネルギーの 及 び 資 源 化 再 商 品 化 を 優 先 すべきで 2~4 活 用 導 割 入 の 支 回 まちへの 思 いについて( 問 13~15) 4 まちづくりについて( 問 16~18) 5 産 業 ( 商 業 工 業 農 林 水 産 業 )について( 問 19) 6 環 境 について( 問 20)

7 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 市 べき 内 循 環 バスの 自 主 運 今 行 後 バスはやめ については 別 のやり 自 主 運 方 行 に バスは 変 えるべき で4 廃 止 対 象 を 割 特 前 定 後 した の 回 運 答 賃 補 助 に 切 り 替 える は 町 会 の 参 自 加 治 については 会 活 動 への 参 加 参 加 していない が4 地 域 での 祭 りやイベント 割 を 越 えていますが 活 動 への 参 加 などで 参 加 しているもので 約 2~3 割 を 地 越 える 回 答 場 域 所 活 の 動 使 をより いやすさ を 活 発 にするための 優 先 すべきで 2~4 支 援 策 としては 割 の 回 答 活 動 機 会 の 情 報 提 供 活 動 の 拠 点 となる 住 み 高 慣 齢 れた 者 や 地 障 域 がいのある で 安 心 して 方 暮 の らしていくためには 入 所 施 設 の 充 実 住 民 健 が 康 共 診 に 断 などの え 合 う 保 仕 健 組 医 みづくりへの 療 サービスの 支 充 援 実 を 高 優 先 すべきで それぞれ2 割 を 越 回 答 充 齢 実 社 会 を 医 迎 療 えるにあたって ひとり 体 制 の 充 実 を 優 先 すべきで2~3 暮 らしの 高 割 齢 を 者 越 への える 支 回 援 答 在 宅 施 設 福 祉 サービスの 安 心 心 して して 遊 子 べる どもを 場 生 整 み 備 てるためには さまざまな 安 心 して 登 下 校 できる 交 通 保 安 育 全 サービスの 対 策 防 犯 充 対 実 策 施 子 設 どもが の 耐 震 安 化 全 に 産 安 子 科 小 児 科 医 療 の 充 実 を 優 先 すべきで2~4 の 回 答 識 どもたちに や 技 能 向 上 対 への する 取 教 り 育 組 を み を 充 実 させるためには 優 先 すべきで3 割 弱 教 ~4 職 員 割 の を 資 越 質 える の 向 回 上 答 子 どもの 基 礎 的 な 知 生 講 涯 座 学 習 行 スポーツ 事 の 充 実 振 興 情 を 報 充 提 実 供 させていくためには の 充 実 を 優 先 すべきで 施 約 設 の 3 割 充 ~4 実 割 整 を 備 越 える 初 心 回 者 答 向 けの 教 室 公 共 交 通 について( 問 21) 8 コミュニティについて( 問 22~23) 9 福 祉 について( 問 24~25) 10 子 育 て 教 育 について( 問 26~27) 11 生 涯 学 習 スポーツ 振 興 について( 問 28)

8 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 回 からの 覧 板 情 掲 報 示 は 板 で4 市 の 割 広 を 報 越 で える 入 回 手 答 しているが8 割 を 越 える 回 答 また 町 会 自 治 会 などの 市 イベントに 役 所 から 得 関 たい する 情 報 は で4~6 医 療 割 健 の 康 回 に 答 関 する 情 報 ごみ 収 集 などの 生 活 情 報 催 し 物 や るが しつけにならないよう 協 働 のまちづくりについては 意 味 や 効 果 範 慎 囲 重 がわからないのでなんともいえない まちづくりには に 進 めるべき で 積 極 的 に 約 推 3~4 進 充 割 実 の が 回 望 答 ましい で2 割 を 越 える 必 要 だが 回 答 であ 押 協 くり が 働 を 推 進 必 するためには みんなの 要 だと 思 うで3~4 割 の 回 意 答 識 の 変 化 情 報 の 提 供 や 活 動 に 参 加 しやすい 仕 組 みづ ひとの かわからない が5 役 に 立 ちたいと 割 思 を いますかについては 越 える 回 答 また 社 社 会 貢 会 貢 献 献 活 活 動 動 を に 行 参 っている は 加 したいが どうしたらいい 約 1 割 の 回 答 これからの スの 負 担 提 増 はやむをえない では3 供 で4 行 サービスの 割 を 越 える 水 回 準 答 と 割 また 市 を 民 越 負 える 担 行 のあり 回 政 答 サービスの 方 については 種 類 によって サービスを 財 政 状 況 に 応 じた 行 受 政 ける サービ 人 の さらなる 割 弱 行 ~4 政 内 割 行 部 を 財 の 越 政 経 える 改 費 革 の 回 について 適 答 正 化 削 今 減 後 の 徹 進 めなければならないことは 底 民 間 にできることを 積 行 極 政 的 組 に 織 民 の 間 簡 に 素 任 せる で3 合 理 化 12 広 報 広 聴 について( 問 29~30) 13 協 働 のまちづくりについて( 問 31~33) 14 行 政 運 営 について( 問 34~35) - 5 -

9 1あなた( が43.8% ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 問 1 回 答 あなたの 者 は 男 性 別 をおたずねします あてはまる 女 性 が55.1%で やや 番 号 1つに 印 をおつけください 1.1%(18 無 回 答 件 ) 女 性 が 多 く 回 答 してきています 女 (891 性 55.1% 件 ) 43.8%(709 男 件 性 ) 回 答 者 性 別 年 と 代 年 では 代 顕 中 著 学 校 区 のクロス 歳 代 で 集 他 計 の また 居 住 の 花 中 の 学 木 校 中 区 学 では 校 区 では 大 井 西 中 男 学 女 校 の 区 割 が 合 がほぼ 他 年 の 代 地 半 より 区 々となっています より 男 性 男 が 性 少 が なく 少 なく 女 性 女 が 性 多 が く 多 回 くなっています 答 しています に % 20% 43.0% 42.9% 43.3% 40% 60% 56.7% 80% 100% 30 年 39.4% 48.6% 56.6% 56.7% 0.0% 42.2% 48.5% 60.0% 49.6% 51.4% 件 % 0.6% 0.3% 数 7060 歳 歳 以 代 319 福 岡 上 40.2% 46.8% 36.4% 49.4% 56.7% 1.9% 花 の 葦 木 原 53.2% 49.8% 1.0% 260 大 井 46.3% 62.7% 59.1% 0.0% 西 0.8% 289 大 井 東 中 学 校 区 53.7% 0.7% % 259 男 性 0.0% 女 性 無 回 答 各 設 問 の 調 査 結 果 1 あなた( 回 答 者 )ご 自 身 について

10 問 2 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 回 答 あなたの 者 の 年 代 年 齢 をおたずねします あてはまる 歳 代 が21.3%で 歳 代 最 も 多 く 番 号 1つに 次 割 を 下 印 回 をおつけください 歳 っています 代 歳 代 が 20 0% 5% 10% 8.3% 15%20% 25% は 60 いで 40 が19.7% %となっています また では 8.3%と1 18.7% 件 % % 302 数 60 歳 代 21.3% 歳 以 上 16.1% 243 無 回 答 0.9% 345 代 回 答 者 の 歳 年 性 以 代 別 上 と では でやや 性 別 顕 中 著 男 学 性 校 が 区 多 のクロス くなっています 歳 代 で 集 他 計 の N= 居 住 歳 代 で 多 いのが 大 年 井 代 東 より 中 学 男 校 性 区 が 少 葦 原 歳 代 で 多 いの 歳 が 井 中 花 学 代 の 校 で 木 区 多 中 いのが 学 校 歳 区 以 花 上 の で 葦 木 多 原 中 中 学 学 校 校 区 区 福 岡 歳 中 代 学 で 校 多 区 いのが 歳 代 大 で 井 多 東 いのが 中 学 校 区 大 井 西 大 中 井 学 中 校 学 区 校 区 大 に 60 いのが 福 岡 中 学 校 区 葦 原 中 学 校 なくなっています また 50 区 となっています 70 では 性 0% 20% 40% 60% 80% 100% 男 別 8.2% % 18.3% 19.2% 19.3% 20.3% 16.6% 14.0% 19.2% 23.2% 17.8% 14.5% 0.2% 0.6% 件 女 性 709 数 891 福 葦 岡 原 7.3% 6.9% 9.4% 15.2%21.0% 20.8%19.7% 17.0%15.0% 19.0% 7.4% 8.0% 18.5% 22.8% 18.9% 10.1% 17.1% 21.0% 18.9% 14.6% 20.8% 19.2% 15.7%22.1% 16.6%11.4% 12.3% 26.1% 17.8% 19.7% 13.9% 26.3%24.8% 17.1% 13.8% 12.1% 0.3% 0.0% 0.4% 0.8% 0.4% 0.0% 289 花 の 大 木 井 233 西 大 井 東 中 学 校 区 歳 代 30 歳 代 40 歳 代 - 50 歳 7 代 - 60 歳 代 70 歳 以 上 無 回 答 歳

11 問 3 あなたのお ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) なお お 住 まいの 住 まいの 地 区 中 の 学 校 区 をおたずねします あてはまる がわからない 場 合 は 住 所 番 の 号 町 1つに 名 字 名 印 を をおつけください 下 表 から 選 んで をおつけください ( 大 回 井 答 町 中 者 学 名 の 校 住 字 区 まいは が17.1%となっています 名 の 大 井 東 が19.0%で 最 も 多 く 次 いで 福 岡 中 学 校 区 が17.9% 福 回 答 者 は 中 学 校 区 に 振 り 分 けて 集 計 しています ) 葦 岡 原 0% 10% 14.4% 20% 17.9% 30% 件 花 の 木 16.0% 289 大 井 17.1% 233 数 西 13.4%19.0% 259 大 井 東 中 学 校 区 276 回 答 者 の 中 性 学 別 校 では 区 と 性 無 花 別 回 性 が 多 くなっています の 答 木 年 中 代 学 のクロス 2.3% 217 校 区 で 集 男 計 性 年 代 では 福 岡 中 学 校 歳 以 上 が が 多 く く 葦 大 原 井 中 N= 学 校 区 大 井 西 歳 中 以 学 上 校 が 区 で 多 く女 多 く 歳 代 大 が 井 歳 東 代 多 中 が く 学 校 他 区 の 大 地 井 区 中 に 学 比 校 べ 歳 区 少 代 なくなっています また 歳 代 が 多 くなっています く 大 花 井 の 西 木 中 中 学 学 校 校 区 区 歳 代 が で 70 でも 70 なり 60 性 0% 20% 40% 60% 80% 100% では で 60 でも 60 男 別 17.2% で % 15.4% 13.9% 14.5% 18.1% 18.3% 15.7% 11.1% 15.3% 20.0% 18.5% 1.1% 2.5% 件 女 性 709 数 年 % 15.7% 16.4% 18.8% 16.2% 13.4% 15.9% 20.2% 14.4% 19.5% 16.4%16.9% 11.9%12.3% 23.1% 14.4% 15.4%20.2% 18.2%14.0% 10.7%14.8% 21.3% 19.5% 23.1% 9.9% 17.7% 13.3% 13.8% 20.9% 14.6% 16.5%14.2% 22.0% 14.4% 14.2% 1.4% 2.1% 1.3% 1.0% 3.0% 歳 歳 以 代 243 福 岡 中 上 学 校 区 葦 原 中 学 校 区 花 の 木 中 学 校 区 大 井 中 2.3% 学 8 校 - 区 大 井 西 中 学 校 区 大 井 東 中 学 校 区 無 回 答 260

12 問 4 あなたのお 住 まいの 形 態 をおたずねします あてはまる 番 号 ふじみ 1つに 野 市 総 印 合 をおつけください 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) となっています 回 答 次 者 いで の 住 まいの 持 ち 家 形 (マンション) が13.1% 態 は 持 ち 家 ( 一 戸 建 て) が66.1%で 民 間 の 賃 貸 (アパート マンション) が11.4% 最 も 多 割 弱 の 方 が 回 答 してい く 7 0% 20% 40% 60% 13.1% 66.1% 80% 持 ち 家 (マンション) て) 民 間 民 間 の 賃 貸 ( 一 戸 建 て) 1.7%11.4% ( 公 の 旧 的 賃 公 賃 貸 団 貸 (アパート マンション) ) 住 公 宅 社 ( 寮 都 市 再 生 機 構 1.2% 4.3% 間 県 社 借 営 宅 り 市 下 官 営 宿 舎 ) 0.4% 無 その 回 答 他 0.8% 1.0% 件 1069 数 N=

13 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 回 答 者 の 住 まいと 性 別 では あまり 年 代 中 学 校 差 区 はありませんが のクロス 集 計 女 性 の 方 が 持 ち 家 ( 一 戸 建 て) の 割 合 ち が 多 くなっています ています 年 代 では 年 齢 が 高 くなるに 従 って 持 ち 家 ( 一 戸 建 て) の 割 合 が 多 くなっています また 持 多 家 くなっています (マンション) の 民 間 の 賃 貸 割 合 が 高 歳 代 が く 次 歳 代 歳 代 と 比 較 歳 代 的 となっ 若 い 方 に 続 居 住 の 中 学 校 区 では 持 ち 家 ( 一 戸 建 て) が 最 も 多 いのは 大 井 西 中 学 校 区 次 いで 花 の いのは 50 いで り 木 いています また 多 中 くなっています 学 校 区 が 多 く 福 葦 持 岡 ち 家 (マンション) が 民 間 多 の いのが 賃 貸 (アパート マンション) が 大 井 東 中 学 校 区 大 井 中 学 他 校 の 区 地 区 とよ (アパート マンション) では 20 原 中 学 校 区 では 公 的 賃 貸 住 宅 も 多 30 くなっています 性 男 0% 20% 65.0% 40% 60% 44.8%54.3%62.4% 67.2% 13.8% 80% 12.8% 11.7% 16.4%12.9%16.0%16.9%11.3% 25.4%25.5%11.6% 11.2% 4.8% 3.8% 100% 女 別 性 件 年 % 891 数 %78.0% 54.0%64.4%79.9% 81.2% 7.7% 5.3%3.5% 55.0% 67.0% 15.2%10.7% 17.3% 4.2% 5.8%4.6% 4.1% 3.3% 歳 代 3.5% 歳 以 上 花 の 福 葦 木 岡 原 87.1% 26.1% 17.0% 12.4% 12.0%3.7% 10.4% 7.6% 大 井 大 西 東 井 中 学 校 区 持 ( 一 ち 戸 家 建 て) 持 (マンション) ち 家 民 ( 一 間 戸 の 建 賃 て) 貸 民 (アパート 間 の 賃 貸 14.0% マンション) 公 住 的 宅 賃 貸 寮 官 社 舎 宅 間 借 り 下 宿 その 他 無 回 答

14 問 5 あなたのご 職 業 をおたずねします あてはまる 番 号 1つに ふじみ 印 をおつけください 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) り ます 回 答 無 者 職 の という 職 業 は 方 も18.8%となっています また パート アルバイト が15.5%と 会 社 員 団 体 職 員 が33.1%で 最 も 多 く 次 いで 家 事 専 業 が19.2%とな 続 いてい 会 社 員 団 体 職 0% 10% 20% 30% 2.8% 5.1% 33.1% 40% 公 務 員 件 自 営 業 ( 商 工 業 医 院 など) 536 農 1.0% 45 数 パート アルバイト 家 事 学 専 生 業 1.8% 15.5% その 無 職 他 2.0% 18.8% 19.2% 無 回 答 0.8% 304 N=

15 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 女 性 回 では 答 者 の 職 家 業 事 と 専 性 業 別 パート アルバイト などが では 年 代 男 中 性 学 で 校 区 会 のクロス 社 員 団 集 体 計 職 員 くなっています が 多 く 無 職 も くなっています では パート アルバイト が れ 以 年 外 代 項 目 歳 歳 代 代 まで では 多 会 社 学 員 生 が 団 体 多 職 員 が 歳 多 代 く では 歳 代 割 では 家 事 専 割 家 業 の 事 が 方 専 となっています そ 業 多 や 無 職 が 歳 多 代 っています また パート アルバイト が 以 上 では 無 職 割 の 方 となっています では 20~50 から5 居 住 の 中 学 校 区 では 会 社 員 団 体 職 員 が いのが 花 の 木 葦 原 中 学 校 区 とな では 20 く 30 く 40~50 なっています 大 井 中 学 校 区 大 井 東 中 学 校 区 無 職 が 多 いのが 多 いのが 大 井 福 西 岡 中 中 学 学 校 校 区 区 家 事 大 専 井 業 西 が 中 学 多 校 いのが 区 くなっています また 60 が60.0%と6 性 男 0% 20% 18.7% 51.6% 40% 4.5% 8.0% 60% 4.8% 80% 47.0% 24.2% 43.2% 48.3% 50.3% 4.5% 15.7% 5.8% 4.5%6.6% 3.6% 12.7%15.2%20.7% 34.6% 25.7%13.0% 100% 女 別 性 件 年 % 8.1% 17.7% 3.4% 18.7% 20.2% 14.4% 21.2% 27.0% 14.1% 4.7% 4.3% 4.5% 891 数 %4.2% 32.5% 22.3% 26.7% 7.0% 歳 代 歳 以 上 27.9% 37.8% 27.2%34.5% 39.0% 5.9% 4.3% 4.6% 5.1% 6.9% 14.5% 60.0% 福 岡 3.9% 3.0% 13.3%15.4% 19.4% 4.9% 20.7%14.3% 15.9% 21.7% 18.9%15.1% 21.8% 260 花 葦 大 の 原 井 木 18.9% 西 19.8% 14.3% 289 大 井 東 中 学 校 区 21.2% 20.7% 17.6% 18.1% 会 団 社 体 員 職 員 公 務 員 自 ( 医 商 営 院 工 など) 業 農 業 パート アルバイト 学 生 家 事 専 業 無 職 その 他 無 回 答 く 70 歳 約 4

16 問 5-1 問 5で 1. 会 社 団 体 職 員 から 6. 学 生 までを ふじみ 野 選 市 ばれた 総 合 振 方 興 計 市 画 民 ( 通 意 後 勤 識 期 調 基 査 本 通 報 計 学 告 画 先 書 ) についてもあてはまる 会 社 員 団 体 職 員 番 号 1つに 印 をおつけください じみ の 埼 玉 野 県 市 内 は26.5%となっています が37.5%で 最 も 多 割 弱 の 学 回 生 答 と となっています 回 答 した 方 の 通 次 勤 いで 通 学 東 先 京 は ふじみ 都 内 が29.0% ふ 野 市 以 外 から 6. く 4 ふじみ 野 市 以 外 ふじみ の 埼 野 玉 市 県 0% 10% 20% 26.5% 30% 3.5% 29.0% 37.5% 40% 件 東 無 京 その 回 都 答 他 内 数 3.4% 非 該 当 N=961 : 問 5で

17 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 内 が 年 代 中 学 校 区 のクロス 集 計 年 回 代 答 多 者 くなっています の 通 勤 通 学 歳 先 代 と までは ふじみ 性 別 男 性 が 野 市 東 以 京 外 都 の 内 埼 が 玉 県 女 性 と より 多 東 く 京 都 女 内 性 が では ふじみ 多 くなっていま 野 市 み 歳 以 上 で ふじみ くなり 東 京 都 内 は 少 なくなっています が 野 居 福 市 住 岡 以 の 中 外 学 の 校 埼 区 玉 県 では ふじみ 内 葦 が 原 中 多 学 いのが 校 野 区 市 内 花 が 大 の 井 木 多 中 いのが 学 校 区 となっています 大 井 大 東 井 中 西 学 中 校 学 区 校 区 大 井 東 西 京 中 都 学 内 校 が 区 ふじ 多 いの では 20~50 すが 60~70 性 男 0% 14.5% 20% 18.8% 40.0% 38.9% 40% 60% 36.0% 37.7% 80% 23.2% 26.1% 28.9% 41.1% 19.0% 5.1% 100% 女 別 性 40.9% 30.7% 36.8% 34.8% 25.3% 36.1% 32.6%38.6% 32.3% 29.2% 5.4% 3.1% 3.7% 件 年 数 % 34.2% 19.6% 3.3% 3.8% 7.8% 4.0% %30.6% 21.6% 28.2% 35.3%42.9% 33.1% 5.6% 36.1% 25.0% 3.3% 歳 代 歳 以 上 花 の 福 葦 木 岡 原 32.0% 39.0%41.1% 33.1%23.2% 33.7% 32.7%19.4% 7.2% 3.0% 大 井 大 西 東 井 中 学 校 区 29.2% 3.2% 4.4% 5.6%3.8% ふじみ 野 市 内 ふじみ 野 市 以 外 の 埼 玉 県 内 東 京 都 内 その 他 無 回 答

18 も1 問 6 あなたがふじみ 野 市 に 住 年 数 をおたずねします あてはまる ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 番 民 ( 号 意 後 1つに 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 印 書 ) 回 答 をおつけください なお 算 者 してお の 居 住 答 年 えください 数 住 みはじめてからの 年 数 は 上 福 岡 市 及 び 大 井 町 での 居 住 年 数 を 通 年 す 未 満 が13.4%となっています また 年 以 上 が44.9%で 生 まれてからずっと という 最 も 多 く 次 回 答 年 未 満 割 強 となっていま は 20 いで 10~20 が18.8% 5 5~10 5 0% 10% 11.3%18.8% 13.4% 20% 30% 40% 50% 件 10~20 未 満 217 数 生 まれてからずっと 無 年 回 以 答 上 0.5% 11.1% 44.9% N=

19 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 年 以 回 上 答 で 者 の 男 居 性 住 より 年 数 多 と くなっています 性 別 では 年 代 男 中 性 学 が 校 生 区 まれてからずっと が のクロス 集 計 女 性 より 多 く また 女 性 満 年 代 では 年 代 が 上 がるに 従 居 住 年 数 も 多 くなっています 居 住 の 年 未 満 が 多 いのは 大 井 大 井 東 中 学 校 区 年 未 は 20 ずっと が 大 井 多 東 いのは 中 多 学 いのは 校 区 葦 原 中 花 学 の 年 校 木 以 区 中 上 学 が 校 大 区 井 多 東 いのは 中 葦 学 原 校 中 区 大 学 井 校 西 区 中 となっています 学 校 年 区 未 満 が 福 岡 多 中 いのは 学 校 区 大 井 生 中 まれてから 学 校 区 では 5 5~10 10~20 20 性 男 別 0% 12.1% 14.4% 11.6% 20% 14.7%28.5% 29.9% 11.3% 18.9% 40% 60% 18.6% 43.4% 80% 11.9% 7.4% 8.6% 15.4% 23.2% 19.4%14.6% 46.5% 13.7% 100% 件 女 性 20.1% 9.2% 709 年 891 数 % 23.0% 34.8% 50.2% 15.9% 18.7% 22.6% 17.9% % 9.7% 15.2% 6.2% 70.7% 12.5% % 歳 代 3.1% 3.5% 5.2% 15.5% 9.3% 16.3% 10.8%8.3% 15.5% 16.6%29.0% 14.5%11.6% 81.5%51.2% 45.2% 42.1% 9.3% 5.0% 6.1% 歳 以 上 花 の 福 葦 木 岡 原 16.3% 18.4% 38.0% 17.4%8.3% 15.0% 大 井 大 西 東 井 中 学 校 区 %7.4% 15.0% 20.8% 58.1% 40.1% 11.1% 年 未 満 5~10 年 未 満 10~20 年 未 満 20 年 以 上 生 まれてからずっと 7.8% 217 無 回 答

20 問 7 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) ふじみ あなたにとって ふじみ ださい 野 市 は 住 みやすいまちですか あてはまる 番 号 1つに 印 をおつけく 割 野 を 市 越 の える 住 みやすさは 方 が 住 みやすいと 住 みやすい が65.5%で とても 回 答 しています 住 みやすい の9.1%と 合 わせ ると 7 とても みやすい0% 9.1% 20% 40% 60% 65.5% 80% あまり 住 みやすくない 住 みにくい 3.2%8.5% 12.9% 1059 件 147 数 わからない 209 無 回 答 0.9% 51 N= ふじみ 前 回 と 野 同 市 じ の 設 住 問 みやすさ: で 比 較 すると 前 回 住 調 みやすさについては あまり 査 (H18 H18)と 比 較 変 化 がないようです 前 (H18) 0% 10.1% 20% 40% 9.1% 65.5% 64.6% 60% 11.5% 80% 12.9% 4.0% 3.2% 8.1% 100% 今 回 調 査 (H24) とても 住 みやすい 住 みやすいあまり 住 みやすくない 住 みにくいわからない 8.5% 1232 件 数 無 回 答

21 ふじみ ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 住 みやすくない が 年 代 中 学 校 区 のクロス 集 計 年 代 では あまり 野 市 の 住 みやすさと 男 性 よりわずかに 性 別 では 多 くなっています 男 性 で 住 みやすい が 女 性 より 多 く 女 性 では あまり 歳 代 大 きな 以 上 差 となっています また あまり はありませんが とても 住 みやすい 住 みやすくない みやすい を 住 みにくい を わせて 合 わせて 多 歳 代 歳 代 福 居 岡 住 中 大 の 学 井 中 校 西 学 区 中 校 学 となっています また あまり 区 校 では とても 区 花 の 木 住 中 みやすい 学 校 区 となっています 住 みやすい を 住 みやすくない 合 わせて 多 住 いのが みにくい を 大 井 東 合 中 わせて 学 校 区 多 い のが いのが 性 男 別 0% 8.5% 20% 40% 8.2% 9.5% 69.0% 60% 80% 63.5% 8.2% 10.3% 66.4% 13.9% 11.6% 7.2% 9.4% 64.2% 63.9% 13.4% 3.1% 3.0% 7.3% 100% 件 女 性 68.0% 10.6% 4.5% 9.5% 709 年 891 数 % 11.5% 67.0% 11.9% 12.2% 4.3%2.5% 7.5% 65.0% 15.4% 3.7%2.0% 10.7% 10.9% % 歳 代 6.9% 7.3% 69.2% 13.5% 10.1% 12.0% 63.7%64.5% 66.1% 13.5%12.7% 12.9% 11.8% 4.2% 2.7% 7.8% 歳 以 上 6.5% 花 の 福 葦 木 岡 原 2.6% 5.4% 6.9% 11.4% 58.5%70.4% 17.5%9.4% 3.7% 2.5% 9.9% 289 大 井 9.7% 233 西 9.2% 8.3% 大 井 東 中 学 校 区 とても 住 みやすい 住 みやすいあまり 住 みやすくない 住 みにくいわからない 7.8% 217 無 回 答

22 問 8 あなたは ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) さい 今 後 もふじみ 野 市 に 住 み 続 けたいですか あてはまる 番 号 1つに 印 をおつけくだ ます 住 み ふじみ 続 けたい の24.5%と 野 市 に 住 み 続 けたいかについては できれば 合 住 み 続 けたい が58.8%と 最 も 多 く ぜひ 2.0% 割 を 越 える 方 がふじみ 野 市 に 住 み 続 けたいと 回 答 してい わせると 8 ( % 件 (33 ) 件 ) ( % 件 ) ( % 件 ) ぜひ できれば 住 み 続 けたい 無 回 答 住 市 み 外 続 に 引 けたい っ 越 したい ふじみ できれば 前 回 と 野 同 市 じ 外 に 設 に 住 問 引 み で っ 続 比 越 けたいか: 較 したい が すると 住 前 み 少 回 続 なくなっています 調 けたいかについては できれば 査 (H18 H18)と 比 較 住 み 続 けたい が 多 くなり 前 (H18) 0% 24.5% 26.0% 20% 40% 54.8% 60% 80% 58.8% 17.1% 100% 今 回 調 査 ぜひ (H24) 住 み 続 けたいできれば 住 み 続 けたいできれば 市 外 に 引 っ 越 したい 14.6% 1232 件 数 無 回 答

23 ふじみ ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 野 市 に 住 み 続 けたいかと 性 別 では 年 代 男 中 性 学 が できれば 校 区 のクロス 住 集 み 計 続 けたい が 女 性 より 多 く 女 の 性 では できれば 年 代 年 代 が 市 上 外 がるに に 引 っ 従 越 って したい が 住 み 男 続 性 けたい できれば より 多 くなっています 住 み 続 けたい が 多 く 若 い 年 代 人 ほど できれば 引 っ 越 したい と 回 答 しています 多 いのは 居 住 の 中 大 学 福 井 校 岡 東 区 中 では あまり 学 校 区 大 差 井 はありませんが 西 中 中 学 学 校 校 区 区 となっています また できれば が 多 くなっています 住 み 続 けたい できれば 住 引 み っ 続 越 けたい が したい が多 性 男 別 0% 24.3% 20% 40% 10.4%20.5% 24.7% 63.3% 60% 80% 56.1% 11.3% 100% 件 女 性 21.6% 61.9%60.6% 17.1% 709 年 891 数 % 63.9% 26.9% 30.4% 34.2% 60.9% 18.2% % % 54.6% 14.4% 歳 代 12.2% 歳 以 上 8.8% 花 の 福 葦 岡 21.8% 22.3% 26.4% 27.0% 58.5% 61.4% 56.8% 17.6% 大 木 原 井 25.1% 25.8% 57.1% 60.1% 14.2% % 233 西 12.0% 259 大 井 東 中 学 校 区 61.9% 16.1% 276 ぜひ 住 み 続 けたいできれば 住 み 続 けたいできれば 市 外 に 引 っ 越 したい 12.4% 217 無 回 答

24 問 8-1 問 8で 3.できれば 市 外 に 引 っ 越 したい を 選 択 した ふじみ 方 野 は その 市 総 合 振 理 興 由 計 についてもあて 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) に 活 市 気 外 はまる がないので が14.8% に 引 っ 番 越 号 したい 1つに 理 由 印 は をおつけください 保 移 健 動 や 医 買 療 い 物 福 に 祉 不 サービスが 便 なので が22.4%で 不 十 分 なので が11.8% ふじみ 最 も 多 く 次 いで まち 野 などとなっています 市 への 愛 着 ないので が11.4%となっています ( その 理 由 他 を2つ の 回 答 以 では 上 の 回 職 答 場 の が 方 遠 も く 集 通 計 勤 に に 含 不 めています ) 便 道 が 狭 く 交 通 が 不 便 安 心 できる 病 院 がない 移 動 や まちに 買 い 物 活 に 気 不 がないので 便 0% 5% 10% 15% 14.8% 20% 22.4% 25% 件 保 健 医 療 福 祉 サービスが 十 分 なので 11.8% 53 ふじみ 野 市 への 愛 着 がないので 7.6%9.3%11.4% 35 数 防 犯 防 災 面 や 道 路 の 安 全 面 で 不 安 があるので 28 美 しく 快 適 な 住 少 27 自 然 環 境 に 恵 まれていないので 22 教 育 文 化 環 境 良 くないので 町 会 自 治 会 や 市 民 活 動 に 参 加 しにくいので 3.0% 人 権 に 対 する 施 策 が 不 十 分 なので 1873 無 その 回 他 答 1.3% 20.3% 非 該 当 N=237 : 問 や 満 9 市 足 政 市 を 全 政 般 全 合 については どちらともいえない が56.4%で 般 わせると24.0% やや について どの 程 度 満 足 不 していますか あてはまる 満 不 満 を 合 わせると16.2%で 半 数 を 番 超 号 えています また 1つに 満 印 足 をおつけください ます が 多 くなってい 満 足 や やや 満 足 0% 3.6% 10%20%30%40%50%60% どちらともいえない やや 12.2% 20.4% 件 不 満 4.0% 56.4% 330 数 無 回 答 3.3% N= 市 の 取 り 組 みについて

25 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) えない で 年 代 中 学 校 区 のクロス 集 計 年 市 政 代 全 では 般 男 の 性 よりやや 度 と 性 多 別 くなっています では 男 性 が やや 満 足 で 女 性 よりやや 多 く 女 性 が どちらともい 代 で 多 満 足 やや 満 歳 足 以 を 上 では 合 割 と 歳 多 代 くなっています また で 少 歳 不 代 満 ではほぼ やや 不 同 満 様 となっています また が 合 わせて 多 歳 代 歳 代 となっています 校 区 居 となっています 住 の 中 学 校 区 では 満 不 足 満 やや やや 満 不 足 満 を が 合 わせて 合 わせて 多 多 いのが いのは 葦 原 大 中 井 学 西 校 中 区 学 校 区 福 岡 中 大 学 井 校 中 区 学 わせて 20 なく 30~50 くなり 70 いのは 性 男 別 0% 19.5% 21.7% 20% 40% 55.6% 60% 80% 3.9% 13.4% 57.2% 11.3% 3.0% 3.4% 18.5% 67.2% 12.8% 17.6% 16.5% 60.6% 10.4% 3.7% 4.5%3.0% 100% 3.4% 件 女 性 709 年 891 数 % 7.3% 21.2%32.3% 60.1% 53.6%38.8% 62.7% 11.1% 11.3% 3.2% 13.3% 12.5% 18.1% 23.5% 16.3% 26.6% 58.3%57.1% 55.7% 13.1% 6.4% 5.3% 4.0% 3.7% 3.6% 歳 代 歳 以 上 3.4% 4.2% 8.7%7.7% 4.6% 3.9% 19.5% 18.9% 60.1% 13.5% 4.2% 3.5% 5.0% 花 の 福 葦 木 岡 原 51.2% 13.8% 57.0% 16.6% 12.7% 5.5% 4.0% 3.5% 3.8% 3.3% 3.0% 289 大 西 井 2.7% 大 井 東 中 学 校 区 4.9% 3.2% 満 足 やや 満 足 どちらともいえない やや 不 満 不 満 無 回 答 歳 約 4

26 問 10 市 役 所 の 仕 事 ぶりにどの 程 度 満 足 していますか あてはまる ふじみ 番 号 野 1つに 市 総 合 振 印 興 をおつけください 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) る を 満 市 足 役 やや 合 所 わせると28.5%で の 仕 事 満 ぶりについては どちらともいえない が41.4%で 足 を 合 わせると27.9% 不 満 が 多 くなっており 改 善 すべき 改 善 して 点 がある 欲 しい 点 最 があると 思 も い 多 切 くなっています また った 回 答 改 しています 革 をすべきであ やや 満 足 0% 6.0% 10% 20% 21.9% 30% 40% 50% 件 思 い 切 った 改 どちらともいえない 善 革 をすべきである 点 がある 4.6% 23.9% 41.4% 354 数 無 回 答 2.3% 386 N=

27 市 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 仕 役 事 所 ぶりの の 仕 事 ぶりの 度 と 満 性 足 別 度 では と 性 別 男 性 年 が やや 代 中 学 満 校 足 区 で のクロス 女 性 よりやや 集 計 多 く 女 性 が どちらともい す また えない やや 年 代 では 不 満 不 やや 足 満 やや で 男 不 性 満 よりやや 足 が を 合 合 わせて 多 くなっています 多 多 歳 代 以 上 歳 代 歳 代 で 歳 多 くなっていま 代 となって 区 います 中 学 となっています また 居 校 住 区 の 中 学 校 区 では 満 足 不 やや 満 やや 満 足 を 不 満 合 が わせて 合 わせて 多 いのが 多 いのは 福 岡 中 花 学 の 校 木 区 中 学 校 大 区 井 西 中 大 学 校 井 いのが いのは 性 男 別 0% 6.8% 24.1% 20% 40% 17.9% 20.4% 39.6% 60% 42.6% 21.3% 80% 5.2% 5.4% 6.6% 16.3% 14.8% 22.8% 52.2% 25.9% 6.2% 3.3% 41.1% 6.9% 11.2% 26.1%31.2% 46.1% 45.7%38.0%31.2% 27.2% 14.9% 5.2% 5.0% 27.9% 3.4% 100% 件 女 性 709 年 891 数 % 24.7% 23.8% 6.6% 5.0% 5.8% 6.4% 19.3% 22.7% 24.6% 37.4% 18.8% 3.9% 7.8% 21.7% 43.2% 42.5% 23.9% 4.2% 4.1% 3.4% 歳 代 歳 以 上 花 の 福 葦 木 岡 原 22.8% 21.7% 39.1% 26.6% 21.9% 4.2% 4.9% 44.0% 41.5% 27.5% 5.4% 4.7% 大 西 井 20.5% 23.5% 4.0% 259 大 井 東 中 学 校 区 5.2% 3.7% 満 足 やや 満 足 どちらともいえない 改 善 すべき 点 がある 思 い 切 った 改 革 をすべきである 無 回 答

28 10で4または5とお 答 えの 方 にお 聞 きします ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 問 改 善 10-1 や 改 革 その を 必 理 要 由 とする は 何 ですか あてはまる 点 については 仕 事 番 のやり 号 に3つまで 方 に 柔 軟 印 性 をおつけください 不 次 便 いで 職 員 の 対 応 や 態 度 が 悪 い が32.0% 職 員 にコスト 意 識 がない が26.8% がない が32.2%で 最 利 も 用 多 時 間 く また その である が26.2%となっています 他 については 市 役 所 が 遠 い 支 所 がなく 不 便 窓 口 を 土 日 も 開 けて 欲 しい など が の 回 答 がありました 仕 事 のやり の 対 方 応 に や 柔 態 軟 度 性 が がない0% 悪 い 10% 20% 30% 26.8% 32.0% 32.2% 40% 件 にコスト 意 識 がない 149 数 利 手 用 続 時 きがわかりにくい 間 が 不 便 である 21.0% 22.5% 26.2% 職 仕 員 事 の 仕 が 責 事 遅 任 が い 感 縦 が 待 割 足 たされる りである りない その 他 14.6% 16.5% 20.4% 無 回 答 0.6% 98 N= 非 該 当 :

29 問 11 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 度 ふじみ 野 市 のまちづくりに 対 するあなたの 満 足 度 と 重 要 度 をおたずねします 次 の 項 目 の 足 テーマかどうか という ださい なお 重 要 度 についてあなたのお 重 要 度 については 観 点 で お 考 えに 考 今 えください また 最 後 も ふじみ 近 い 番 号 野 をそれぞれ1つずつ 市 として 現 在 の 取 満 り 足 組 度 むべき で やや 選 び 政 策 不 印 として 満 をおつけく 重 不 要 満 な 満 足 の 度 方 は 不 満 の 理 由 ( は1つ)にもお 答 政 全 体 的 前 後 が どちらともいえない で 多 くなっていますが 満 足 やや 満 足 を 合 わ 備 せて の 充 高 推 実 い 進 項 9 となっています また やや 目 は 19 社 会 保 障 循 の 環 充 型 実 社 2 会 の 推 進 不 行 4 満 財 政 改 不 革 満 健 の を 康 推 づくりの 進 合 となっています わせて 推 高 進 い と 項 利 目 用 は 23 の 充 実 3 交 通 網 広 の 域 行 整 1 開 かれた 行 運 営 0% 12.1% 4.9% 9.3%20.4% 20% 13.2%20.4% 50.0% 52.2% 40% 60% 10.1% 13.9% 49.8%42.2% 49.8% 24.3%14.6% 20.6% 80% 3.5% N= % 19.7% 5.3% 8.1% 11.8% 13.2% 44.8% 56.2% 57.8% 20.0% 2.5% 10.1% 20.5% 5.1% 9.6% 100% 4 健 康 づくりの 2 3 行 財 政 改 革 5 広 域 行 政 推 進 3.3% 17.5% 4.9% 6 推 進 と 医 療 9.0% 59.1% 19.8% 4.6% 7.7% 7 児 高 障 童 齢 害 10.9% 53.8% 23.7%18.0% 3.3% 9.5% 3.0% 8.2% 10.4% 11.2% 59.6% 58.2% 17.6% 8.0% 9.6% 地 生 域 涯 福 保 学 祉 障 習 15.9% 58.6% 16.0% 4.0% 9.1% 5.1% 7.5% 10.0% 45.4% 60.4% 15.8% 4.8% 7.8% 14.1% 3.3% 9.0% 学 校 10.9% 10.3%18.1% 22.2% 54.8% 56.0% 21.9%15.0% 3.6% 9.9% 14 市 民 文 化 の 振 興 と 12 文 化 社 財 会 の 教 保 育 存 の 充 活 実 用 3.0% 4.0% 9.8% 58.1% 49.6% 21.3%11.8% 19.5% 6.1% 4.0% 2.7% 9.4% 16 生 涯 安 スポーツ レクリエーションの 心 15 ふれあいの 地 域 形 成 9.0% 9.1% 18 して 総 暮 17 合 らせるまちづくりの 的 地 な 域 経 境 済 行 の 政 活 性 化 10.7% 42.5% 50.1%49.6% 20.9%15.9% 16.3% 5.5% 8.1% 4.1% 2.6% 9.6% 8.8% 21 快 適 で 20 魅 19 環 循 境 環 保 型 全 社 対 会 策 推 進 25.0% 10.0% 8.0% 8.7% 3.9% 4.5% 9.1% 23 力 22 ある 交 通 生 都 網 活 市 の 基 空 整 盤 間 備 の 整 充 備 実 9.6% 8.8% 満 足 やや 満 足 どちらともいえない やや 不 満 不 満 無 回 8.0% 答 割 に5

30 不 満 の 理 由 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) ツ レクリエーションの 全 体 必 的 要 には もっと ない が 多 い 項 進 目 めるべき や は 13 市 民 内 文 容 化 がわからない が 振 興 と 文 化 財 の 多 保 くなっています 存 活 用 14 生 涯 スポー 地 効 果 が 期 待 できない が 推 進 10 多 い 項 目 は 13 生 涯 学 習 の 推 市 進 民 となっています 文 化 の 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 17 8 域 経 内 済 容 の がわからない が 活 性 化 15 ふれあいの は 1 地 域 形 成 開 となっています かれた 行 政 運 営 の 推 進 3 広 域 行 政 の 推 進 ちづくりの もっと 地 域 推 福 進 祉 めるべき が 4 の 推 進 となっています 健 康 多 づくりの い 項 目 は 23 推 進 と 医 療 交 の 通 充 網 実 の となっています 整 備 充 実 16 安 心 して 暮 らせるま 1 開 かれた 2 行 財 行 政 改 運 革 営 0% 8.2% 13.4% 7.2% 15.2% 20% 40% 50.3% 73.7% 60% 80% 5.6%11.9% 5.9% 7.1% 26.3% 33.5% 61.6% 30.9% 10.3% 100% 件 3 広 域 行 政 推 進 26.6% 健 康 づくりの 推 進 と 医 療 39.9%54.7% 64.3% 559 数 5 児 童 57.5% 高 齢 4.8% 12.4% 8.7%14.2% 14.3%14.8% 26.5% 59.0% 51.7%38.0%22.9% 障 害 地 域 福 祉 保 障 47.7% 7.0% 13.9% 15.4% 16.5%15.8% 18.5% 40.6% 56.8% 生 涯 学 習 4.7% 50.3% 24.9% 学 校 47.4% 48.2%29.3%18.2% 社 会 教 育 の 充 実 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 生 涯 スポーツ レクリエーションの 5.9% 5.8% 7.5%17.4% 36.8% 53.4% 15.3% 24.2% 33.2%22.6% ふれあいの 地 域 形 成 安 心 18 して 総 暮 17 合 らせるまちづくりの 的 地 な 域 経 境 済 行 の 政 活 性 化 5.4% 8.4%12.4% 10.3% 10.8% 39.2% 38.5%52.8% 67.1% 循 環 型 社 会 37.8%25.4% 快 適 で 20 魅 力 環 ある 境 保 都 全 市 対 空 策 間 推 進 41.1% 10.2% 11.0% 29.1% 30.8% 50.5% 46.6% 生 活 基 盤 の 整 備 73.7%61.0% 45.8% 交 通 網 の 整 備 充 実 必 4.0% 533 要 ない 効 果 が 期 - 待 27 できない - 内 容 がわからないもっと 進 めるべき 無 回 答

31 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 心 重 要 度 ない 重 要 やや 重 要 を 合 わせて 高 い 項 目 は 4 健 康 づくりの 推 進 と 医 療 の 充 実 16 安 生 して 涯 スポーツ レクリエーションの 暮 重 らせるまちづくりの 要 でない を 合 わせて 推 進 高 9 い 推 項 進 目 10 は 13 社 会 保 障 生 の 市 涯 充 民 学 実 文 習 となっています また あまり 化 の の 推 振 進 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 14 重 要 で 1 開 かれた 行 運 営 0% 13.7% 20.4% 20% 20.5%42.2% 28.9%27.9% 40% 25.1% 34.7% 34.7% 60% 18.9% 40.6% 27.6% 30.0% 27.3%25.5% 29.2% 3.0% 80% 18.7% N= % 17.7% 100% 4 健 康 づくりの 2 3 行 財 政 改 革 5 広 域 行 政 推 進 12.5%29.4% 42.6% 24.7% 27.4% 19.0% 19.2% 6 推 進 と 医 療 17.7% 14.7% 7 児 高 障 童 齢 害 25.2% 29.2% 16.9% 8.5% 10.8% 15.6% 20.9% 33.7% 24.0% 26.8% 39.9% 16.1% 4.3% 16.6% 14.3% 地 生 域 涯 福 保 学 祉 障 習 9.6% 16.7% 25.4% 18.8% 37.1% 7.2% 17.6% 16.7% 14.1% 学 校 15.1% 19.8% 42.2% 17.7%26.1% 40.9% 41.3% 24.4% 44.1% 10.8% 16.2% 14 市 民 文 化 の 振 興 と 12 文 化 社 財 会 の 教 保 育 存 の 充 活 実 用 28.4% 8.7% 4.8% 17.0% 20.2% 20.6% 23.2% 15.7% 31.2% 36.7% 7.1% 3.9% 3.3% 17.8% 16 生 涯 安 スポーツ レクリエーションの 心 15 ふれあいの 地 域 形 成 17.2% 26.0% 28.5% 33.7%22.9% 5.6% 17.6% 18 して 総 暮 17 合 らせるまちづくりの 的 地 な 域 経 境 済 行 の 政 活 性 化 30.6% 26.5%31.3% 30.7% 5.8% 17.6% 16.8% 13.8% 21 快 適 で 20 魅 19 環 循 境 環 保 型 全 社 対 会 策 推 進 28.8% 30.8%24.2% 17.9% 17.0% 23 力 22 ある 交 通 生 都 網 活 市 の 基 空 整 盤 間 備 の 整 充 備 実 20.5% 4.2% 16.6% 16.5% 16.3% 重 要 やや 重 要 どちらでもない あまり 重 要 でない 重 要 でない 無 回 答

32 =5 =4 満 足 度 重 要 度 の 指 数 による 分 析 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 足 指 数 の 算 : 出 満 方 足 法 やや 満 足 点 やや 不 満 不 満 重 要 度 指 数 : が5に 近 として いほど 満 回 足 答 で 1に 人 数 に 掛 近 け いほど 回 答 不 者 満 の であることを 合 計 ( 無 回 答 示 数 す 除 数 く)で 値 割 ったもので 指 数 もので 重 要 指 点 数 やや が5に 点 近 として 重 いほど 要 重 点 回 要 答 人 数 に 掛 け 回 答 者 の 点 合 あまり 計 ( 無 回 重 答 要 数 除 く)で 割 点 った どちらでもない=3 度 が 高 く 1に 近 いほど 重 要 度 が 低 いことを 示 す 数 値 どちらでもない=3 でない=2 でない=1 Ⅰ スリムで 協 働 のまちづくり 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 健 やかに 康 福 祉 暮 のまちづくり らせる 9 保 障 学 習 推 進 学 校 社 会 教 育 充 実 市 民 文 化 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 Ⅲ 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 推 進 Ⅳ 夢 安 学 のある 心 びのまちづくり して 暮 心 らせる 豊 かな 15 ふれあいの 安 地 総 心 域 合 して 経 的 済 な 暮 環 らせるまちづくりの 地 境 活 域 行 性 形 政 化 成 の 推 進 推 進 Ⅴ 環 ふれあい あふれるまちづくり 境 と 共 生 連 する 携 活 のまちづくり 力 19 循 環 型 社 会 の 推 進 環 境 保 全 対 策 の 推 進 Ⅵ 個 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 全 備 充 体 実 平 均 =1 点 点 =5 点 =4 点 =2-29 -

33 満 足 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 生 活 基 盤 の 整 備 となり 低 19 循 環 位 型 23 社 会 の 交 通 網 の 整 位 3 備 充 広 実 域 行 政 の 2 推 進 行 財 位 22 政 改 革 せるまちづくりの 推 進 位 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 となっています の 重 要 度 指 数 の 高 位 4 健 康 づくりの 推 進 と 利 用 の 充 実 位 いものは いものは 安 心 して 暮 ら ふれあいの 振 興 と 文 化 地 財 域 の 形 推 保 成 進 存 となっています 活 用 位 9 位 社 会 保 障 生 の 涯 充 スポーツ レクリエーションの 実 となり 低 推 位 進 13 市 位 民 文 化 いものは いものは 満 足 3.00 度 指 数 健 康 2 開 3 づくりの かれた 行 広 財 域 政 行 推 改 政 進 革 運 と 営 推 医 の 進 療 推 の 進 重 児 高 障 童 齢 害 充 実 要 度 4.00 指 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 社 会 教 育 の 充 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 15 ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの の 成 保 存 推 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 推 進 の 進 交 生 通 活 網 基 の 盤 整 の 備 整 充 備 実 整 備 全 体 平 均 (2.88) 全 体 平 均 (3.80)

34 まちづくりに 対 する 満 足 度 指 数 と 重 要 度 指 数 の 散 布 図 による 分 ふじみ 析 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 散 のまちづくりに ており 布 図 について 各 項 目 を 対 明 横 する 確 軸 に 市 区 満 民 分 足 の するものではありません ) 度 意 指 識 数 を 表 縦 したもの( 軸 に 重 要 度 全 体 指 の 数 平 から 均 値 を 全 体 基 の 準 として 平 均 値 相 を 対 基 準 的 として な 評 価 とし 市 高 重 要 度 3.75重 要 度 平 均 (3.80) 低 低 2.80満 満 足 足 度 度 平 均 (2.88) 2.95 高

35 散 布 図 を4つに 区 分 し 項 目 を 分 類 し 整 理 したものが 下 表 となっています ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) ( 平 均 値 と 同 じ 指 数 の 場 合 は 重 要 度 ともに い に 含 めて 分 類 しています ) 1: 社 安 交 会 心 通 保 して 網 障 暮 整 充 く らせるまちづくりの 備 実 充 実 が 低 い 優 推 先 進 順 位 の 高 い 項 目 2: 広 健 児 重 域 康 童 要 行 づくりの 度 政 が 高 く 推 満 進 足 と 医 度 療 も の 高 充 い 実 継 続 して 行 う 必 要 のある 項 目 高 障 学 齢 害 校 福 教 祉 育 充 22 循 環 型 社 会 の 3: 実 1 重 要 活 度 基 が 盤 低 く 整 満 推 備 足 進 2 8 開 行 かれた 財 政 福 改 祉 行 革 政 運 営 の 度 推 も 進 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 生 地 涯 域 学 経 習 済 推 活 進 4: 総 合 的 な 環 境 行 性 政 化 12 快 適 で 魅 力 ある 都 市 の 空 推 間 進 13 重 要 度 が 低 く 満 足 度 が 高 い 整 比 備 14 社 市 生 会 民 涯 教 文 スポーツ レクリエーションの 育 化 の 充 振 実 興 と 文 化 財 の 保 存 較 推 活 的 進 用 優 先 順 位 の 低 い 項 目 15 ふれあいの 20 環 境 保 全 対 地 策 域 の 形 推 成 進

36 まちづくりに 指 数 と 中 学 校 区 のクロス 集 計 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 活 基 盤 対 の する 整 備 満 が 足 度 全 と 体 居 の 住 平 の 均 中 より 学 校 高 区 く 21 では 福 快 岡 適 中 で 学 魅 校 力 区 ある で 9 都 市 空 間 社 の 会 整 保 備 障 の 充 実 っています の 木 で 21 葦 大 原 井 中 学 校 区 快 で 21 で 21 適 で 魅 力 ある 快 都 適 市 で 空 魅 間 力 の ある ある 整 都 備 23 市 空 間 の 整 交 備 通 が が 網 の 高 低 整 くなっています 備 充 実 が 低 くな大 花 校 井 財 で 21 西 の 中 保 学 存 校 区 活 で 10 用 快 16 適 で 魅 力 生 ある 安 涯 心 学 都 して 習 市 の 空 暮 推 間 らせるまちづくりの 進 の 11 整 備 が 高 学 くなっています 校 教 推 育 進 の が 充 実 高 13 くなっています 市 民 文 化 の 振 大 興 井 と 東 文 中 化 学 満 足 度 指 数 と 中 学 校 区 全 体 福 中 岡 学 校 区 葦 中 原 学 校 区 花 中 の 学 木 校 区 大 中 井 学 校 区 中 学 西 校 区 大 中 井 学 東 校 区 行 広 開 財 かれた 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 全 体 2.86中 福 学 岡 校 2.93 区 中 葦 学 原 校 2.93 区 中 花 学 の 校 満 木 2.77 区 足 度 指 中 数 大 学 井 校 区 中 大 学 井 校 西 区 中 大 学 井 校 東 4 健 康 づくりの と 医 療 の 充 実 区 児 障 地 高 童 害 域 齢 福 保 祉 障 学 社 市 生 校 会 民 涯 学 教 文 スポーツ レクリエーションの 習 育 化 充 推 振 実 進 興 と 文 化 財 の 保 存 推 活 進 用 ふれあいの 地 域 形 成 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 推 進 地 域 経 済 活 性 化 総 合 的 な 環 境 行 政 の 推 進 循 環 型 社 会 の 推 進 環 境 保 全 対 策 の 推 進 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 生 活 基 盤 の 整 備 交 通 網 の 整 備 充 実 全 体 平 均 平 均 より0.1ホ イント 以 上 低 高 い 生

37 まちづくりに ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 涯 スポーツ レクリエーションの 対 する 重 要 度 指 と 数 居 と 住 中 の 学 中 校 学 区 校 推 のクロス 区 進 では 20 集 福 計 岡 環 中 境 学 保 校 全 区 対 で 12 策 の 推 進 が 社 全 会 体 教 の 育 平 の 均 充 より 実 進 総 低 くなっています 葦 原 中 学 校 区 で 7 障 害 福 祉 の 充 実 11 学 校 教 育 の 充 実 18 の が 合 的 高 な くなっています 環 境 行 政 の 推 進 が 大 低 井 くなっています 西 中 学 校 区 で 7 大 井 中 障 学 害 福 校 祉 区 で 18 充 実 18 総 合 的 総 な 合 環 的 境 な 行 環 政 境 の 行 推 政 4.5推 進 花 20 の 木 中 学 校 環 区 境 保 全 大 対 井 策 東 の 中 推 学 進 校 が では 高 く 2 行 財 政 改 革 の 推 進 が 低 くなっています 重 要 度 指 全 数 体 と 平 中 学 均 校 とあまり 区 差 のあるものはありませんでした 全 体 福 中 岡 学 校 区 葦 中 原 学 校 区 花 中 の 学 木 校 区 大 中 井 学 校 区 中 学 西 校 区 大 中 井 学 東 校 区 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 全 体 3.63中 福 学 岡 校 3.66 区 中 葦 学 原 校 3.70 区 中 花 学 の 校 重 木 3.60 区 要 度 指 中 数 大 学 井 校 区 中 大 学 井 校 西 区 中 大 学 井 校 東 4 健 康 づくりの と 医 療 の 充 実 区 児 高 障 地 童 齢 害 域 福 保 祉 障 学 社 市 生 校 会 民 涯 学 教 文 スポーツ レクリエーションの 習 育 化 充 推 振 実 進 興 と 文 化 財 の 保 存 推 活 進 用 ふれあいの 地 域 形 成 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 推 進 地 域 経 済 活 性 化 総 合 的 な 環 境 行 政 の 推 進 循 環 型 社 会 の 推 進 環 境 保 全 対 策 の 推 進 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 生 活 基 盤 の 整 備 交 通 網 の 整 備 充 実 全 体 平 均 平 均 より0.1ホ イント 3.80以 上 低 高 3.83 い 生

38 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 福 足 岡 度 中 学 重 校 要 区 度 の 指 数 Ⅰ スリムで 協 働 のまちづくり 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 健 やかに 康 福 祉 暮 のまちづくり らせる 9 10 保 学 障 習 推 進 学 校 社 会 教 育 充 実 市 民 文 化 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 Ⅲ Ⅳ 夢 安 学 のある 心 豊 かな ふれあい 心 びのまちづくり して 暮 らせる 連 携 のまちづくり ふれあいの 生 涯 スポーツ レクリエーションの 地 域 形 成 推 進 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 推 進 地 域 経 済 活 性 化 Ⅴ 環 あふれるまちづくり 境 と 共 生 する 活 力 総 循 合 環 的 型 な 社 環 会 境 の 行 推 政 進 の 推 進 環 境 保 全 対 策 の 推 進 Ⅵ 個 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 全 備 充 体 実 平 均 満 足 1 開 かれた 運 営 の 推 進 - 4 健 康 2 3 づくりの 行 広 財 政 行 推 改 政 進 革 と 医 療 重 要 児 高 障 童 齢 害 の 充 実 度 4.00 指 数 度 指 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 12 社 会 教 育 の 充 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 15 ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 成 保 存 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 快 適 で 魅 力 推 進 進 交 生 通 活 網 - ある 基 の 35 盤 整 都 の - 備 市 整 空 充 備 間 実 の 整 備 全 体 平 均 (2.91) 全 体 平 均 (3.78) 中 学 校 区 別 の 分 析

39 散 布 図 分 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 4.50 類 表 高 重 要 4.00 度 重 要 度 平 21 均 (3.78) 低 : 行 児 障 社 重 財 童 害 会 要 政 福 保 度 改 祉 障 が 低 革 高 2.85 の く 推 満 進 足 度 満 が 満 足 低 足 度 い 度 平 優 均 先 (2.91) 3.00 順 位 の 高 い 項 目 : 3 4 広 健 重 安 交 域 康 要 心 通 行 づくりの 度 して 網 政 が 高 暮 整 く らせるまちづくりの 推 備 満 進 充 足 と 実 医 度 療 も 高 の い 充 実 継 推 続 進 6 11 高 学 齢 校 教 育 充 実 して 行 う 必 要 のある 項 目 : 8 10 循 生 環 活 涯 福 型 基 学 祉 社 盤 習 会 く の 整 推 推 備 進 進 地 総 域 合 経 的 済 な 環 境 活 行 性 政 化 も 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 21 4: 開 重 快 社 市 かれた 要 適 会 民 度 で 教 文 が 魅 育 化 行 低 力 の 政 く ある 充 振 運 満 実 興 営 都 足 と の 市 度 文 推 空 が 化 進 間 高 財 い の 整 保 比 備 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 存 較 活 的 用 優 先 順 位 の 低 い 項 目 15 ふれあいの 20 環 境 保 全 対 地 策 域 の 形 推 成 進 推 進

40 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 葦 足 原 度 中 学 重 校 要 区 度 指 数 Ⅰ スリムで 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 協 働 のまちづくり 健 やかに 康 福 祉 暮 のまちづくり らせる 9 保 障 学 校 学 習 推 進 社 会 教 育 充 実 市 生 民 涯 文 スポーツ レクリエーションの 化 振 興 と 文 化 財 の 保 存 推 活 進 用 Ⅳ Ⅲ 安 夢 ふれあい 学 心 のある びのまちづくり して 暮 心 らせる 豊 かな 15 ふれあいの 地 域 形 成 Ⅴ 環 あふれるまちづくり 境 と 共 生 連 する 携 活 のまちづくり 力 安 地 総 循 心 域 合 環 して 経 的 型 済 な 社 暮 環 会 らせるまちづくりの 境 活 の 行 性 推 政 化 進 の 推 進 推 進 環 境 保 全 対 策 の 推 進 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 備 充 実 Ⅵ 個 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 全 体 平 均 満 足 健 康 2 開 3 づくりの かれた 行 広 財 政 行 推 改 政 進 革 運 と 営 医 の 療 推 の 進 重 要 児 高 障 童 齢 害 充 実 3.70 度 指 数 度 指 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 社 会 教 育 の 充 13 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 15 ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 成 保 存 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 推 進 の 進 交 生 整 備 通 活 網 37 基 の - 盤 整 の 備 整 充 備 3.97 実 3.76 全 体 平 均 (2.89) 全 体 平 均 (3.78) 3.98

41 散 布 図 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 4.50 分 類 表 高 重 要 4.00 度 重 要 度 平 均 (3.78) 低 低 2.85 満 足 度 満 平 足 均 度 (2.89) 3.00 高 : 行 重 財 要 政 度 改 が 革 高 く 推 満 進 足 度 が 低 い 優 先 順 位 の 高 い 項 目 高 社 齢 会 福 保 祉 障 23 学 校 教 育 の 充 2: 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 実 3 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 推 備 進 4 5 重 交 要 通 度 網 が 高 整 く 備 満 充 足 実 7 広 域 行 政 度 も 高 い 継 続 して 行 う 必 要 のある 項 目 健 児 康 童 づくりの 推 進 と 医 療 の 充 実 3: 8 障 循 害 環 型 社 会 充 の 実 18 生 活 基 盤 整 推 備 進 20 4: 地 域 福 祉 の 推 く 進 も 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 1 10 総 環 合 境 的 保 な 全 環 対 境 策 行 の 政 推 進 開 重 かれた 要 度 が 行 低 政 く 運 満 営 足 の 度 推 が 進 高 い 比 較 的 優 先 順 位 の 低 い 項 目 ふれあいの 社 会 学 教 習 育 推 充 進 17 市 生 地 民 涯 域 文 スポーツ レクリエーションの 経 化 済 の 地 振 活 域 実 興 性 形 と 化 文 成 化 財 の 保 存 活 用 推 進

42 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 花 足 の 度 木 中 重 学 要 校 度 区 の 指 数 Ⅰ スリムで 協 働 のまちづくり 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 健 やかに 康 福 祉 暮 のまちづくり らせる 9 保 障 学 校 学 習 推 進 社 会 教 育 充 実 市 民 文 化 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 Ⅲ Ⅳ 夢 安 学 のある 心 豊 かな ふれあい 心 びのまちづくり して 暮 らせる 連 携 のまちづくり ふれあいの 16 生 安 涯 心 スポーツ レクリエーションの して 暮 らせるまちづくりの 地 域 形 成 推 進 推 進 Ⅴ 環 あふれるまちづくり 境 と 共 生 する 活 力 地 総 域 合 経 的 済 な 環 境 活 行 性 政 化 の 推 進 循 環 環 境 型 保 社 全 会 対 の 策 推 の 進 推 進 Ⅵ 個 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 全 備 充 体 実 平 均 満 足 健 康 2 開 3 づくりの かれた 行 広 財 政 行 推 改 政 進 革 運 と 営 医 の 療 推 の 進 重 児 高 障 童 齢 害 充 実 要 度 指 数 度 指 2.77 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 12 社 会 教 育 の 充 13 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 成 保 存 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 推 進 の 進 交 生 通 活 基 盤 の 整 備 整 備 網 39 の 整 - 備 充 実 全 体 平 均 (2.85) 全 体 平 均 (3.79) 3.93

43 散 布 図 分 類 表 高 重 要 度 低 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 重 要 度 平 均 (3.79) 低 平 均 (2.85) 満 足 度 3.00 高 : : 行 財 政 改 革 の く 推 進 が 低 い 優 先 順 位 の 高 い 項 目 3 4 社 交 会 通 保 網 障 整 備 5 重 要 度 が 高 く 満 充 足 実 6 広 域 行 政 度 も 高 い 継 続 して 行 う 必 要 のある 項 目 7 11 健 児 康 童 づくりの 推 進 と 医 療 の 充 実 高 障 齢 害 福 祉 20 学 校 教 育 充 22 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 実 3: 循 環 型 社 会 の 推 進 推 進 1 8 環 境 活 保 基 全 盤 対 策 整 の 備 推 進 開 重 かれた 要 度 が 行 低 政 く 運 満 営 足 度 も 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 生 涯 福 学 祉 習 推 4: 地 域 経 済 活 進 12 総 合 的 な 環 境 行 性 政 化 13 快 適 で 魅 力 ある 都 市 の 空 推 間 進 14 重 要 度 が 低 く 満 足 度 が 高 い 整 比 備 15 ふれあいの 社 市 生 会 民 涯 教 文 スポーツ レクリエーションの 育 化 の 地 充 振 域 実 興 形 と 較 的 優 先 順 位 の 低 い 項 目 - 文 成 40 化 - 財 の 保 存 推 活 進 用 3 4

44 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 大 足 井 度 中 学 重 校 要 区 度 の 指 数 Ⅰ スリムで 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 協 働 のまちづくり 健 やかに 康 福 祉 暮 のまちづくり らせる 9 10 保 学 障 習 推 進 学 校 社 会 教 育 充 実 市 民 文 化 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 生 涯 スポーツ レクリエーションの 推 進 Ⅳ Ⅲ 安 夢 ふれあい 学 心 のある びのまちづくり して 暮 心 らせる 豊 かな 15 ふれあいの 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 地 域 形 成 推 進 Ⅴ 環 あふれるまちづくり 境 と 共 生 連 する 携 活 のまちづくり 力 地 総 循 環 域 合 環 境 経 的 型 保 済 な 社 全 環 会 対 境 活 の 策 行 性 推 の 政 化 進 推 の 進 推 進 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 全 備 充 体 実 平 均 Ⅵ 個 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 満 足 健 康 2 開 3 づくりの かれた 行 広 財 政 行 推 改 政 進 革 運 と 営 医 の 療 推 の 進 重 児 高 障 童 齢 害 充 実 要 度 指 数 度 指 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 社 会 教 育 の 充 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 15 ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 成 保 存 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 推 進 の 進 交 生 通 活 基 盤 の 整 備 整 備 - 網 41 の 整 - 備 充 実 全 体 平 均 (2.89) 全 体 平 均 (3.79) 3.94

45 散 布 図 分 類 表 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 4.50 高 重 要 度 重 要 度 平 均 (3.80) 低 低 2.85 平 均 (2.89) 満 足 度 3.00 高 : 児 童 く が 低 い 優 先 順 位 の 高 い 項 目 23 2: 障 社 害 会 保 障 4 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 6 交 通 網 整 備 充 実 推 進 健 重 康 要 づくりの 度 が 高 く 推 満 進 足 と 医 度 療 も 高 の い 充 実 継 続 して 行 う 必 要 のある 項 目 高 学 齢 校 福 教 祉 育 充 3: 循 環 型 社 会 の 実 1 環 境 保 全 対 策 推 の 進 2 活 基 盤 整 備 推 進 8 10 開 重 かれた 要 度 が 行 低 政 く 運 満 営 足 度 も 進 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 行 財 政 福 改 祉 革 4: 3 生 地 涯 学 経 習 済 活 12 総 合 的 な 環 境 行 性 政 化 13 重 要 度 が 低 く 満 足 度 の が 推 高 進 14 広 域 行 政 推 進 い 比 較 的 優 先 順 位 の 低 い 項 目 15 ふれあいの 21 社 市 生 快 会 民 涯 適 教 文 スポーツ レクリエーションの で 魅 育 化 力 の 地 ある 充 振 域 実 興 都 形 と 文 化 財 保 存 活 用 - 市 成 42 空 間 - の 整 備 推 進

46 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 大 足 井 度 西 中 重 学 要 校 度 区 指 数 Ⅰ スリムで 協 働 のまちづくり 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 健 やかに 康 福 祉 暮 らせる 9 保 障 学 習 推 進 学 校 社 会 教 育 充 実 Ⅲ Ⅳ 夢 安 学 のある 心 豊 かな ふれあい 心 びのまちづくり して 暮 らせる 連 携 のまちづくり ふれあいの 16 市 生 安 民 涯 心 文 スポーツ レクリエーションの して 化 暮 らせるまちづくりの 地 振 域 興 形 と 文 成 化 財 の 保 推 存 進 推 活 進 用 地 域 経 済 活 性 化 Ⅴ 環 あふれるまちづくり 境 と 共 生 する 活 力 18 総 合 的 な 環 境 行 政 の 推 進 循 環 型 社 会 の 推 進 環 境 保 全 対 策 の 推 進 Ⅵ 個 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 備 充 実 全 体 平 均 満 足 健 康 2 開 3 づくりの かれた 行 広 財 政 行 推 改 政 進 革 運 と 営 医 の 療 推 の 進 重 児 高 障 童 齢 害 充 実 3.59 要 度 4.00 指 数 度 2.82 指 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 12 社 会 教 育 の 充 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 15 ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 成 保 存 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 21 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 推 進 の 進 交 生 整 備 通 活 43 網 基 の - 盤 整 の 備 整 充 備 実 全 体 平 均 (2.92) 全 体 平 均 (3.83) 4.08

47 散 布 図 分 類 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 4.50 表 高 重 要 度 3.75重 要 度 平 均 (3.83) 低 低 2.85 満 足 度 満 平 足 均 度 (2.92) : 高 齢 福 祉 く が 低 い 優 先 順 位 の 高 い 項 目 23 2: 社 環 会 境 保 障 全 対 策 4 生 活 基 盤 整 の 備 推 進 5 7 重 交 要 通 度 網 が 高 整 く 備 満 充 足 実 11 健 康 づくりの 推 進 と 医 度 療 も 高 の い 充 実 継 続 して 行 う 必 要 のある 項 目 児 障 童 害 福 祉 3: 学 校 教 育 充 1 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 実 2 循 環 型 社 会 推 進 開 かれた 行 政 く 運 営 も 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 21 4: 行 地 財 政 経 改 済 革 活 推 性 進 3 総 合 的 な 環 境 行 政 化 8 快 適 で 魅 力 ある 都 市 の 空 推 間 進 10 重 要 度 が 低 く 満 足 度 が 高 い 整 比 備 12 広 行 政 較 的 優 先 順 位 の 低 い 項 目 地 域 福 学 祉 習 推 15 ふれあいの 社 市 生 会 民 涯 教 文 スポーツ レクリエーションの 育 化 の 地 充 振 域 進 実 興 形 と 文 成 化 財 の 保 存 活 用 推 進 3 4

48 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 満 大 足 井 度 東 中 重 学 要 校 度 区 指 数 Ⅰ スリムで 施 効 策 率 の 的 大 な綱 開 行 広 かれた 財 政 行 改 政 行 革 政 の 運 項 営 の 目 推 進 指 数 満 順 足 位 度 平 均 指 数 順 位 平 均 健 児 高 障 康 童 齢 害 づくりの と 医 療 の 充 実 重 要 度 地 域 福 祉 Ⅱ 協 働 のまちづくり 健 やかに 康 福 祉 暮 のまちづくり らせる 9 保 障 学 習 推 進 学 校 社 会 教 育 充 実 市 民 文 化 振 興 と 文 化 財 の 保 存 活 用 生 涯 スポーツ レクリエーションの 推 進 Ⅳ Ⅲ 安 夢 ふれあい 学 心 のある びのまちづくり して 暮 心 らせる 豊 かな 15 ふれあいの 地 域 形 成 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 推 進 Ⅴ 環 あふれるまちづくり 境 と 共 生 連 する 携 活 のまちづくり 力 地 総 循 環 域 合 環 境 経 的 型 保 済 な 社 全 環 会 対 境 活 の 策 行 性 推 の 政 化 進 推 の 進 推 進 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 の 整 備 生 交 活 通 基 網 盤 の の 整 整 備 全 備 充 体 実 平 均 Ⅵ 個 魅 性 力 輝 あるまちづくり く 快 適 で 満 足 健 康 2 開 3 づくりの かれた 行 広 財 政 行 推 改 政 進 革 運 と 営 医 の 療 推 の 進 重 要 児 高 障 童 齢 害 充 実 度 指 数 度 2.82 指 2.77 数 地 生 学 域 涯 校 福 保 学 祉 障 習 推 社 会 教 育 の 充 市 民 文 化 の 振 興 と 文 化 財 進 14 生 涯 スポーツ レクリエーションの 15 ふれあいの 地 域 形 実 16 安 心 して 暮 らせるまちづくりの 成 保 存 推 活 進 用 総 環 合 地 循 境 的 域 環 保 な 経 型 環 全 済 社 境 対 の 会 行 策 活 政 の 性 の 推 化 快 適 で 魅 力 ある 都 市 空 間 推 進 の 進 交 生 整 備 通 活 45 網 基 の - 盤 整 の 備 整 充 備 実 全 体 平 均 (2.87) 全 体 平 均 (3.81) 4.06

49 散 布 図 分 類 表 ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 市 画 民 ( 意 後 識 期 調 基 査 本 報 計 告 画 書 ) 4.50 高 重 23 要 度 重 要 度 平 均 (3.81) 低 低 満 足 度 2.85 平 均 (2.87) 満 足 度 : 高 齢 福 祉 く が 低 い 優 先 順 位 の 高 い 項 目 2: 3 社 学 会 校 保 教 障 育 充 4 交 通 網 整 備 実 5 重 要 度 が 高 く 満 充 足 実 7 広 域 行 政 度 も 高 い 継 続 して 行 う 必 要 のある 項 目 健 児 康 童 づくりの 推 進 と 医 療 の 充 実 22 3: 障 安 害 心 福 して 祉 暮 充 らせるまちづくりの 実 1 循 環 型 社 会 推 進 2 8 重 要 活 度 基 が 盤 低 く 整 満 備 10 開 かれた 行 政 運 営 足 の 度 推 も 進 低 い 検 討 が 必 要 な 項 目 行 財 政 福 改 祉 革 社 会 学 教 習 育 推 充 進 4: 市 民 文 化 振 実 14 地 域 経 済 の 活 興 性 と 化 文 化 財 の 保 存 活 用 15 ふれあいの 20 重 総 要 合 度 的 が な 低 環 く 境 満 行 足 政 度 の が 推 高 進 21 生 環 快 涯 境 適 スポーツ レクリエーションの 保 で 魅 全 力 対 地 ある 策 域 の 都 形 推 市 成 進 い 比 較 推 的 進 優 先 順 位 の 低 い 項 目 - 空 46 間 の - 整 備

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc 平 成 25 年 度 伊 丹 市 民 意 識 調 査 報 告 書 - 概 要 版 - 伊 丹 市 はじめに 伊 丹 市 では 平 成 23 年 に みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 を 本 市 の 将 来 像 に 掲 げ 平 成 23 年 度 から 平 成 32 年 度 までの 10 年 間 のまちづくりの 指 針 となる 第 5 次 総 合 計 画 を 策 定 いたしました 総

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

doc_file

doc_file 転 出 者 アンケート 調 査 票 4 アンケート 用 紙 (1) 転 出 者 アンケート 問 1 今 回 転 出 されるのは 単 身 ですか 世 帯 ですか あてはまる 一 つに をつけてください 1 単 身 で 2 夫 婦 で 3 二 世 代 世 帯 ( 親 と 子 ) 4 三 世 代 世 帯 ( 親 と 子 と 孫 ) 5 その 他 問 2 転 出 される 方 の 年 齢 は ( 世 帯 で

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

平成26年度 関市

平成26年度 関市 1 閲 覧 用 2 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 方 法... 2 (4) 回 収 結 果... 2 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2 調 査 結 果... 5 (1) 回 答 者 の 属 性... 6 (2) 関 市 への 居 住 意 向 につて... 15 (3) 市 の 主 な 施 策

More information

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴 益 城 町 復 興 計 画 策 定 のための 住 民 アンケート 調 査 この 調 査 は 益 城 町 の 復 興 計 画 づくりの 検 討 に 活 かすことを 目 的 としています この 調 査 票 は 本 調 査 票 が 届 いた 世 帯 の 主 たる 家 計 の 支 持 者 がお 答 えください 選 択 式 の 質 問 は 当 てはまると 思 われる 選 択 肢 の を で 囲 み かっこ 内

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票 地 域 の 福 祉 活 動 に 関 する 市 民 意 識 調 査 平 成 22 年 9 月 札 幌 市 日 ごろから 札 幌 市 の 福 祉 行 政 にご 協 力 をいただき ありがとうございます 札 幌 市 では 多 くの 市 民 が 参 加 し 市 民 事 業 者 ( 会 社 など) 行 政 ( 市 役 所 区 役 所 など)が 一 体 となり 安 心 して 暮 らせるぬくもりのある 地 域 福

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

商 品 日 用 雑 貨 ( 食 器 潜 在 等 ) 医 薬 品 化 粧 品 衣 料 品 服 飾 品 アクセサリー 家 電 文 具 書 籍 買 物 場 所 等 1. 岩 内 町 2. 小 樽 市 3. 札 幌 市 4.その 他 市 町 村 ( 市 町 村 ) 5. 宅 配 通 販 1. 岩 内 町 2

商 品 日 用 雑 貨 ( 食 器 潜 在 等 ) 医 薬 品 化 粧 品 衣 料 品 服 飾 品 アクセサリー 家 電 文 具 書 籍 買 物 場 所 等 1. 岩 内 町 2. 小 樽 市 3. 札 幌 市 4.その 他 市 町 村 ( 市 町 村 ) 5. 宅 配 通 販 1. 岩 内 町 2 資 料 9-1 岩 内 町 まち ひと しごと 創 生 アンケート 調 査 ご 協 力 のお 願 い 岩 内 町 ではこの 度 町 民 の 皆 さまのご 意 見 を 今 後 の 地 方 創 生 のため 役 立 てていきたいと 考 え アンケー ト 調 査 を 実 施 することといたしました お 答 えいただいた 内 容 は 岩 内 町 のまち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 策 定 のための

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

川西市市民意識調査(中学生)

川西市市民意識調査(中学生) 川 西 市 市 民 意 識 調 査 ( 中 学 生 ) 調 査 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 兵 庫 県 川 西 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要...1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 設 計... 2 3. 回 収 結 果... 2 4. 報 告 書 の 見 方... 3 Ⅱ 調 査 結 果... 5 回 答 者 について... 6 問 3 あなたは 川 西

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

基 本 構 想 基 本 構 想 ᄢጽㄘ㓸 ᄢ㊁ㄘ㓸 㨀 㨀 Ꮉፉಣℂಽ ሶㄘ㓸 㨀 ፒಣℂಽ ᪉䊱ਐಣℂಽ 䉿ፉ Ⅳಣℂ ᶏ Ⅳಣℂ ᨹᧁ Ⅳಣℂ ⴕ ㄘ㓸 ᄢᱞಣℂಽ ን ጊಣℂಽ Ꮉ ፒಣℂಽ ጟንಣℂಽ ጊಣℂಽ 㨀 ᣇ Ⅳಣℂ ዊፄ ㊁ㄘ㓸 Ꮉਛಣℂಽ 㨀 ᅱ ਅ ಣℂ႐ 㓏ಣℂಽ ർಣℂಽ ᕡንಣℂಽ ᄤਅ Ⅳಣℂ ᗲቪಣℂಽ ᐭಣℂಽ ਅ ベ Ⅳಣℂ 18,900 22,400 10,000

More information

国土技術政策総合研究所 研究報告

国土技術政策総合研究所 研究報告 アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) 春 日 部 市 南 3 丁 目 地 区 備 後 東 7 丁 目 地 区 におけるアンケート 調 査 票 Ⅰ. 現 在 のお 住 まいの 状 況 以 前 のお 住 まいの 状 況 についてお 尋 ねします Q1 ご 家 族 は 何 人 家 族 ですか 11 人 22 人 33 人 44 人 55 人

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6 第 2 次 枚 方 市 ひとり 親 家 庭 等 自 立 促 進 計 画 策 定 のための アンケート 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 目 次 1. 実 施 概 要 1 2. 実 施 結 果 3 2-1. 母 子 世 帯 3 2-2. 父 子 世 帯 18 2-3. 寡 婦 32 2-4.アンケートの 自 由 記 述 ( 抜 粋 ) 40 参 考 資 料 (アンケート 調 査 票 )

More information

目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収 結 果... 1 調 査 の 結 果... 2 1.あなたご 自 身 について... 2

目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収 結 果... 1 調 査 の 結 果... 2 1.あなたご 自 身 について... 2 ( 仮 称 ) 蕨 市 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョンおよび 総 合 戦 略 の 策 定 にかかる 市 民 アンケート 結 果 報 告 書 ( 案 ) 平 成 27 年 9 月 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014 年 6 月 23 日 賃 貸 住 宅 におけるDIY 意 向 調 査 借 主 負 担 DIY 型 賃 貸 借 契 約 の 利 用 意 向 を 示 している 人 は46.9% 実 際 のリフォームやカスタマイズの 実 施 経 験 は4.2% 株 式 会 社 リクルート 住 まいカンパニー( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 野 口 孝 広 )は このたび

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

人 口 減 少 問 題 対 策 に 関 する 提 言 書 平 成 27 年 1 月 羽 生 市 人 口 減 少 問 題 対 策 プロジェクトチーム 目 次 1. 提 言 書 とりまとめの 目 的 1 2. 提 言 書 の 位 置 づけ 1 3. 本 市 人 口 の 現 状 1 4.アンケート 結 果 の 分 析 と 取 り 組 みの 方 向 性 4 5. 人 口 減 少 対 策 施 策 事 業 提

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information

Microsoft PowerPoint - 新市のくらし.ppt

Microsoft PowerPoint - 新市のくらし.ppt 目 次 町 名 字 名 組 織 窓 口 受 付 地 方 税 上 下 水 道 料 金 保 育 主 な 使 用 料 手 数 料 公 営 住 宅 国 民 健 康 保 険 介 護 保 険 児 童 福 祉 乳 幼 児 医 療 高 齢 者 福 祉 障 害 者 福 祉 保 健 衛 生 病 院 P2 P2 P2 P3 P3 P3 P4 P4 P4 P4 P5 P5 P5 P6 P6 交 通 防 犯 P6 広 報 及

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

市営住宅総合再生計画

市営住宅総合再生計画 第 3 章 公 営 住 宅 の 役 割 とめざす 方 向 3-1 公 営 住 宅 の 役 割 (1) 新 たな 住 宅 政 策 の 背 景 これまでの 住 宅 政 策 の 基 本 的 な 枠 組 みは 政 策 手 法 の 三 本 柱 である 公 営 住 宅 制 度 日 本 住 宅 公 団 ( 現 在 の 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ) 住 宅 金 融 公 庫 ( 現 在 の 独

More information

Microsoft Word - 調査結果の概要 .doc

Microsoft Word - 調査結果の概要 .doc 調 査 結 果 の 概 要 調 査 の 概 要 熊 本 を 中 心 とする5 6 1 村 に 対 し 郵 送 配 布 郵 送 回 収 形 式 (WEB 回 収 併 用 )にて 調 査 を 実 施 した 本 体 調 査 は 村 別 の 目 標 サンプル 率 を 十 分 に 確 保 できた また 付 帯 調 査 についても 高 い 回 収 率 となった 調 査 の 概 要 調 査 地 域 : 熊 本 を

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F8D5D93EC8E738169926A8F97816A834183938350815B836795F18D908F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F8D5D93EC8E738169926A8F97816A834183938350815B836795F18D908F91> Ⅴ.アンケート 調 査 票 113 114 江 南 市 男 女 共 同 参 画 に 関 するアンケート 調 査 江 南 市 男 女 共 同 参 画 に 関 するアンケート 調 査 ご 協 力 のお 願 い 市 民 の 皆 さまには 日 ごろから 市 政 にご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 誠 にありがとうございます 本 市 では 平 成 13 年 度 に こうなん 男 女 共 同 参 画 プラン~ライフスタイルの

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

居 住 地 福 島 県 内 が 約 8 割 福 島 県 外 が 約 2 割 となっている 福 島 県 内 ではいわき 市 が 36.1%と 最 も 割 合 が 高 く 次 いで 会 津 若 松 市 が 19.2% 郡 山 市 が 10.7%と 続 いている その 他 の 福 島 県 内 の 市 町

居 住 地 福 島 県 内 が 約 8 割 福 島 県 外 が 約 2 割 となっている 福 島 県 内 ではいわき 市 が 36.1%と 最 も 割 合 が 高 く 次 いで 会 津 若 松 市 が 19.2% 郡 山 市 が 10.7%と 続 いている その 他 の 福 島 県 内 の 市 町 大 熊 町 第 二 次 復 興 計 画 ( 中 間 報 告 )に 対 するアンケート 集 計 結 果 集 計 結 果 の 報 告 実 施 期 間 : 2014 年 12 月 15 日 ~2015 年 1 月 20 日 発 送 数 : 約 5,400 世 帯 回 収 数 : 568 通 回 収 率 : 約 10.5% 平 成 27 年 3 月 大 熊 町 役 場 性 別 世 帯 主 を 対 象 としていることもあり

More information

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73>

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73> 佐 賀 県 全 域 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) 佐 賀 県 佐 賀 市 唐 津 市 鳥 栖 市 多 久 市 伊 万 里 市 武 雄 市 鹿 島 市 小 城 市 嬉 野 市 神 埼 市 みやき 町 基 山 町 有 田 町 上 峰 町 大 町 町 江 北 町 白 石 町 太 良 町 佐 賀 県 住 宅 行 政 連 絡 協 議 会 ( 地 域 住 宅 協 議 会 ) 平 成 27

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

第5次犬山市総合計画の策定に向けた

第5次犬山市総合計画の策定に向けた 第 2 回 第 5 次 犬 山 市 総 合 計 画 の 策 定 に 向 けた 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 22 年 9 月 犬 山 市 目 次 1 調 査 の 概 要...1 1 調 査 の 概 要... 1 2 調 査 結 果 の 見 方... 1 参 考 標 本 誤 差... 2 2 回 答 者 の 属 性...3 3 まちづくりの 考 え 方 について...6 4 市 民 のみなさんの

More information

- 1 -

- 1 - 子 どもと 子 育 てに 関 する 調 査 結 果 報 告 書 平 成 21 年 3 月 青 森 県 子 育 て 支 援 政 策 形 成 リサーチ 事 業 検 討 委 員 会 青 森 県 - 1 - 目 次 調 査 結 果 のまとめ まとめ1 調 査 概 要 1 調 査 結 果 回 答 者 のプロフィール 3 理 想 の 子 ども 数 予 定 の 子 ども 数 について 22 子 ども 数 の 減

More information

目 次 1.アンケート 調 査 概 要... 1 2. 住 民 アンケート... 2 2 1. 調 査 の 概 要... 2 2 2. 回 答 者 の 属 性... 3 2 3.アンケート 調 査 内 容 結 果... 4 3. 首 都 圏 居 住 者 のU I Jターンに 関 する 意 向 調 査

目 次 1.アンケート 調 査 概 要... 1 2. 住 民 アンケート... 2 2 1. 調 査 の 概 要... 2 2 2. 回 答 者 の 属 性... 3 2 3.アンケート 調 査 内 容 結 果... 4 3. 首 都 圏 居 住 者 のU I Jターンに 関 する 意 向 調 査 参 考 資 料 株 式 会 社 情 報 通 信 総 合 研 究 所 平 成 28 年 3 月 目 次 1.アンケート 調 査 概 要... 1 2. 住 民 アンケート... 2 2 1. 調 査 の 概 要... 2 2 2. 回 答 者 の 属 性... 3 2 3.アンケート 調 査 内 容 結 果... 4 3. 首 都 圏 居 住 者 のU I Jターンに 関 する 意 向 調 査...

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7396AF834183938350815B836795F18D908F9181698E7396AF8CFC82AF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7396AF834183938350815B836795F18D908F9181698E7396AF8CFC82AF816A2E646F63> 茨 木 市 まちづくり 関 すアンケート 報 告 書 平 成 25 年 (2013 年 )3 月 茨 木 市 目 次 I. はじめ 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 概 要... 1 II. 集 計 結 果 概 要 1. 回 答 者 属 性... 2 2. 今 後 定 意 向 つて... 6 3. 茨 木 市 現 状 へ 満 足 度 と 今 後 充 実 へ 期 待 度 つて... 15

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

あなた 自 身 のことについておうかがいします 問 1 あなたの 年 齢 と 性 別 家 族 構 成 ( 続 柄 )について それぞれあてはまるものを1つ 選 び をつけてください ( 年 齢 ) 平 成 27 年 6 月 1 日 時 点 1.18 歳 2.19 歳 3.20 歳 4.21 歳 5.

あなた 自 身 のことについておうかがいします 問 1 あなたの 年 齢 と 性 別 家 族 構 成 ( 続 柄 )について それぞれあてはまるものを1つ 選 び をつけてください ( 年 齢 ) 平 成 27 年 6 月 1 日 時 点 1.18 歳 2.19 歳 3.20 歳 4.21 歳 5. 本 調 査 は 市 内 在 住 の 大 学 生 短 期 大 学 生 専 門 学 校 生 相 当 年 齢 (18~22 歳 )の 方 を 無 作 為 に 抽 出 し アンケート 調 査 のご 協 力 をお 願 いするものです p 平 成 27 年 6 月 新 潟 市 長 篠 田 昭 ( 公 印 省 略 ) まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケートのお 願 い 市 民 の 皆 様 には 日 頃

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378> 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって -------------------------------------------------------- 1 (1) 背 景 と 目 的 ----------------------------------------------------------------- 2 (2) 計 画 の 位 置 づけと 構 成 -------------------------------------------------------

More information

資 料 1 1-1 空 家 調 査 結 果 (1) 調 査 の 方 針 本 市 における 空 家 対 策 を 検 討 する 上 で まず 市 内 空 家 の 現 況 を 把 握 することが 必 要 で あるが 水 道 使 用 者 情 報 等 のデータによる 抽 出 が 難 しいことから 自 治 会

資 料 1 1-1 空 家 調 査 結 果 (1) 調 査 の 方 針 本 市 における 空 家 対 策 を 検 討 する 上 で まず 市 内 空 家 の 現 況 を 把 握 することが 必 要 で あるが 水 道 使 用 者 情 報 等 のデータによる 抽 出 が 難 しいことから 自 治 会 第 2 回 西 脇 市 住 宅 審 議 会 次 第 平 成 26 年 11 月 26 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 西 脇 市 生 涯 学 習 ま ち づ く り セ ン タ ー 2 階 会 議 室 2 1 開 会 2 議 事 等 ⑴ 本 審 議 会 の 審 議 内 容 に つ い て 報 告 事 項 ⑵ 空 き 家 の 状 況 と 対 策 に つ い て 資 料 1 ( 1 ~

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63>

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63> 第 81 回 住 宅 審 議 会 資 料 7 参 考 資 料 住 宅 事 情 関 係 資 料 ( 案 ) - - 目 次 1. 人 口 世 帯 状 況 1 図 1-1 人 口 動 向 ( 大 阪 ) 図 1-2 一 般 世 帯 数 及 び 世 帯 人 員 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-3 外 国 人 登 録 者 数 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-4 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率

More information

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要 概 要 版 さかい 魅 力 安 心 住 まいプラン ( 堺 市 住 生 活 基 本 計 画 ) - 堺 市 はじめに 策 定 の 目 的 本 市 では に 堺 市 住 宅 マスタープラン を 策 定 し 住 みたい 住 みよいま ち 堺 をめざして 取 り 組 みを 行 うとともに 7 の 堺 市 住 宅 まちづくり 審 議 会 答 申 を 受 け さまざまな 施 策 の 推 進 に 取 り 組 んできました

More information

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会

現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 健 康 強 み 健 康 への 意 識 が 高 い 病 院 が 多 い 6 8 年 間 を 通 して 健 康 づくり 活 動 を 行 なっている 高 齢 者 の 学 習 の 場 がたくさんある 運 動 意 識 が 高 い ( 高 齢 者 運 動 会 現 状 把 握 グループ 協 議 結 果 Aグループ 福 祉 強 み 参 考 資 料 河 内 総 合 福 祉 センターまでのバスが 巡 回 ( 温 泉 入 浴 が 可 ) 福 祉 施 設 の 充 実 地 区 内 に 河 内 総 合 福 祉 センターがある 福 祉 の 拠 点 として,もっと 利 用 し よう 介 護 施 設 等 では 軒 先 まで 送 迎 してもらえるので,とても 便 利 に 思 います

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91> 平 成 17 度 民 間 住 宅 ローンの 実 態 に 関 する 調 査 ( 住 宅 関 連 事 業 者 向 け) 結 果 報 告 書 平 成 18 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 及 び Ⅲ 調 査 集 計 データ (カッコ 内 は 調 査 集 計 データ 掲 載 頁 ) ポイント 3 Q1 回 答 者 が 所 属 する 企 業 の

More information

2013大京グループお住まいに関するアンケート

2013大京グループお住まいに関するアンケート 各 位 2013 年 4 月 10 日 大 京 グループ -お 住 まいに 関 するアンケート 調 査 - 2013 年 1 月 調 査 では 住 まいに 対 し 今 後 充 実 させたいのは 安 心 安 全 快 適 などで +α の 精 神 的 な 満 足 度 を 高 める 要 素 が 重 視 されている 大 京 グループでは このたびグループ 各 社 にお 問 い 合 わせいただいたお 客 さまを

More information

遊 佐 町 若 者 定 住 住 宅 整 備 計 画 ( 仮 称 ) 町 営 若 者 夫 婦 向 け ア パ ー ト 平 成 27 年 1 月 遊 佐 町 地 域 生 活 課 1 事 業 の 位 置 付 け 平 成 25 年 1 月 策 定 遊 佐 町 定 住 促 進 計 画 における 住 宅 施 策 の 充 実 - 住 宅 取 得 等 支 援 の 重 点 施 策 として 事 業 を 実 施 します

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構 島 根 県 建 設 産 業 実 態 調 査 結 果 平 成 25 年 5 月 アンケート 調 査 は 平 成 25 年 1 月 の 島 根 県 入 札 参 加 資 格 申 請 書 の 提 出 に 併 せて 県 内 の 建 設 業 者 を 対 象 に 調 査 の 協 力 を 依 頼 した 回 収 率 は 下 表 のとおり 松 江 雲 南 出 雲 県 央 浜 田 益 田 隠 岐 不 明 計 アンケート

More information

< 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について... 2 1 性 別... 2 2 年 齢... 2 3 居

< 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について... 2 1 性 別... 2 2 年 齢... 2 3 居 資 料 5 橿 原 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 平 成 27 年 12 月 橿 原 市 < 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について...

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください 住 生 活 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 平 成 2 7 年 1 1 月 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 対 象 全 国 20 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数 1,736 人 ( 回 収 率 57.9%) 調 査 時 期 1 日 ~10 月 11 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 住 生

More information

行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 における5 年 間 実 績 本 報 告 は 平 成 16 年 度 を 基 準 年 度 に 平 成 17~21 年 度 の5 年 間 の 累 計 節 減 等 額 を 取 りまとめたものです 1 経 費 節 減 等 39,194,153 千 円 内 訳 33,

行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 における5 年 間 実 績 本 報 告 は 平 成 16 年 度 を 基 準 年 度 に 平 成 17~21 年 度 の5 年 間 の 累 計 節 減 等 額 を 取 りまとめたものです 1 経 費 節 減 等 39,194,153 千 円 内 訳 33, 静 岡 市 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 ( 平 成 17~21 年 度 ) 事 務 事 業 実 績 報 告 書 平 成 2 2 年 8 月 静 岡 市 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 における5 年 間 実 績 本 報 告 は 平 成 16 年 度 を 基 準 年 度 に 平 成 17~21 年 度 の5 年 間 の 累 計 節 減 等 額 を 取 りまとめたものです 1

More information

<95F18D908F91>

<95F18D908F91> 平 成 21 年 度 新 入 社 員 意 識 調 査 調 査 結 果 報 告 書 Ⅰ 調 査 概 要 Ⅱ 調 査 のポイント Ⅲ 調 査 結 果 平 成 21 年 5 月 作 成 熊 本 商 工 会 議 所 Ⅰ 調 査 概 要 実 施 主 熊 本 商 工 会 議 所 調 査 目 的 本 調 査 は 企 業 繁 栄 の 原 動 力 となる 新 入 社 員 の 就 職 決 定 までのプロ セスや 新 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information