<937996D88E7B8D488AC7979D93C E786C73>

Size: px
Start display at page:

Download "<937996D88E7B8D488AC7979D93C1935482502E786C73>"

Transcription

1 特 典 1 転 写 したら 不 合 格 になります 参 考 例 文 1 ここでは 一 般 的 な 参 考 になりそうな 参 考 文 を 用 意 した 今 まで 経 験 記 述 に 対 しての 具 体 的 な 記 述 方 法 を 書 いてきたが では 実 際 にどのようにして 書 いて 良 いか? 他 の 受 験 者 は どんな 経 験 記 述 を 記 述 してきたのか? といった 疑 問 点 が 出 てく ると 思 い 私 が 参 考 となる 例 文 を 各 建 設 会 社 の 土 木 部 で 一 級 土 木 施 工 管 理 技 士 の 実 技 講 習 ( 社 内 研 修 )で 使 用 されているから 例 文 収 集 してみた 大 いに 参 考 してほしい ここで 注 意 したいのはこの 例 文 をそのまま 実 際 の 試 験 のときに 使 うのは 辞 めてほしい! あくまでも どのように 経 験 記 述 を 書 いていけば 良 いか?といった 参 考 例 文 として この 例 文 から 自 分 はどのように 経 験 記 述 を 書 けるか? を 考 えて ほしい すこしでも 経 験 記 述 を 書 く 上 で 参 考 になると 嬉 しい 使 用 した 参 考 資 料 は 社 名 は 企 業 秘 密 1 ページ

2 特 典 1 参 考 事 例 目 録 参 考 例 文 1 工 程 品 質 管 理 工 事 管 路 布 設 工 事 工 種 下 水 管 布 設 工 事 工 程 品 質 管 理 工 事 路 床 路 盤 舗 装 工 事 工 種 路 床 工 路 盤 工 工 程 工 程 管 理 工 事 道 路 補 修 工 事 工 種 打 換 え 工 工 程 工 程 管 理 工 事 管 路 布 設 工 事 工 種 雨 水 管 布 工 工 程 安 全 管 理 工 事 下 水 道 管 布 設 工 事 工 種 下 水 道 管 布 設 工 参 考 例 文 2 工 程 事 故 防 止 対 策 工 事 鉄 道 工 事 工 種 躯 体 工 工 程 出 来 高 管 理 工 事 橋 梁 下 部 工 事 工 種 橋 梁 下 部 工 工 程 安 全 管 理 工 事 鉄 道 工 事 工 種 躯 体 工 工 程 環 境 保 全 工 事 鉄 道 工 事 工 種 躯 体 工 2 ページ

3 参 考 例 文 3 工 程 安 全 管 理 工 事 下 水 道 工 事 工 種 下 水 道 管 布 設 工 工 程 施 工 計 画 工 事 舗 装 工 事 工 種 工 事 契 約 条 件 の 確 保 工 程 環 境 保 全 工 事 下 水 道 管 布 設 工 事 工 種 下 水 道 管 布 工 工 程 環 境 保 全 対 策 工 事 基 礎 工 事 工 種 場 所 打 ち 杭 工 工 程 環 境 保 全 工 事 基 礎 工 事 工 種 場 所 打 ち 杭 工 3 ページ

4 工 程 品 質 管 理 工 事 管 路 布 設 工 事 工 種 下 水 管 布 設 工 事 (1) 工 事 名 工 事 名 町 地 区 下 水 道 管 布 設 替 工 事 (2) 工 事 の 内 容 発 注 者 工 事 場 所 工 期 町 建 設 課 県 町 3-2 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 下 水 道 管 布 設 工 5 施 工 量 塩 化 ビニル 管 UVφ300- 延 長 389.6m 掘 削 埋 戻 し 土 量 750m 3 立 場 現 場 監 督 4 ページ

5 設 問 2 品 質 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 上 水 道 と 並 行 して 下 水 道 管 φ300mm 延 長 mを 布 設 し 21 箇 所 の 人 孔 を 設 置 するものであった 事 前 調 査 では, 深 さ2mまで 砂 礫 まじり 土 で 2m 以 下 は 高 含 水 比 の 粘 性 土 であった 流 用 土 を 用 いた 埋 戻 し 施 工 において, 舗 装 面 のする 不 等 沈 下 を 防 止 することを 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 下 水 管 の 布 設 後 における 埋 戻 し 舗 装 部 の 不 等 沈 下 を 防 止 するため 次 の 工 法 を 採 用 した (1) 深 さ2m 程 度 までの 砂 礫 層 をバックホウで 掘 削 し, 流 用 土 の 仮 置 場 に, 厚 さ30cm 程 度 に 敷 き 均 し, 直 径 15cm 以 上 の 玉 石 は, 人 力 によ り 取 り 除 いて 締 固 めを 容 易 にした (2) 深 さ2m 以 下 から 掘 削 した 高 含 水 比 粘 性 土 は 厚 さ20cm 程 度 に 敷 き 均 し 天 日 で 乾 燥 させ 含 水 比 を 低 下 させることで 締 固 めを 容 易 にした タンパとランマを 用 いて 厚 さ15cm 以 下 で 十 分 に 締 め 固 めた 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 埋 戻 し 舗 装 面 の 不 等 沈 下 を 防 止 するため 次 の 処 置 をした 路 体 部 の 下 水 道 管 の 基 礎 は 砂 基 礎 とし 粘 性 土 で 十 分 に 締 め 固 め 下 層 路 盤 は 流 用 砂 礫 質 土 を15cm 厚 としてタンパで 仕 上 げ 上 層 路 盤 は 指 定 の 粒 度 調 整 材 で 埋 戻 し 舗 装 面 の 不 等 沈 下 を 防 止 した 5 ページ

6 工 程 品 質 管 理 工 事 路 床 路 盤 舗 装 工 事 工 種 路 床 工 路 盤 工 (1) 工 事 名 工 事 名 国 道 号 線 道 路 改 良 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 県 局 道 路 課 2 工 事 場 所 県 市 町 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 路 床 工 路 盤 工 5 施 工 量 路 床 工 施 工 土 量 200m 3 路 盤 工 施 工 土 量 290m 3 立 場 現 場 監 督 員 6 ページ

7 設 問 2 品 質 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は, 打 換 え 工 法 として 約 490m 3 の 路 床 と 路 盤 を 施 工 し その 後 アスファルト 混 合 物 で 舗 装 するものである 施 工 にあたり, 幹 線 道 路 であることから 仕 様 書 により 設 計 CBR6 以 上 に 改 良 すること が 求 められた このため 路 床 の 品 質 を 確 保 するための 施 工 法 を 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 路 床 の 品 質 を 確 保 するため, 次 のように 検 討 した (1)マンホール 取 付 部 の 施 工 機 械 の 選 定 マンホールと 道 路 取 付 部 は, 施 工 範 囲 が 狭 いため,ミニバックホウを 用 いて, 石 灰 を 混 合 し, 小 型 振 動 ローラと 組 み 合 わせて 締 固 め 処 理 し, 品 質 を 確 保 するようにした (2) 車 道 部 施 工 機 械 の 選 定 車 道 部 は 大 型 スタビライザにより 試 験 配 合 で 定 めた 石 灰 を 混 合 し タイヤローラで 締 固 め 路 床 の 締 固 めを 確 保 した 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 検 討 の 結 果 次 の 処 置 をした 消 石 灰 (6%)を 路 上 散 布 機 で 散 布 して 散 水 車 で 一 散 肥 後,スタビライザで 混 合 し タイ ヤローラで 仮 転 圧 し その 後 モータグレー ダでならし タイヤローラ12tで 締 固 め 現 場 密 度 を 求 め 所 要 の 締 固 め 度 93% 以 上 となり 路 床 の 品 質 を 確 保 した 7 ページ

8 工 程 工 程 管 理 工 事 道 路 補 修 工 事 工 種 打 換 え 工 (1) 工 事 名 工 事 名 県 道 号 線 地 区 改 良 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 県 建 設 部 2 工 事 場 所 県 町 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 路 床 工 5 施 工 量 路 床 改 修 面 積 630m 2 立 場 現 場 監 督 員 8 ページ

9 設 問 2 工 程 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 県 道 線 の 地 区 は 地 形 的 に 谷 部 にあり 地 下 水 位 が 表 層 からわずか1.5mと 浅 い 当 該 工 事 は, 亀 裂 の 多 い 区 間 について 路 床 工 から 打 換 え 工 面 積 630m 2 を 改 修 する もので さらに 新 設 部 取 付 部 の 追 加 注 文 を 受 注 し 工 期 を 遵 守 するため より 合 理 的 な 工 程 確 保 することを 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 改 修 工 事 新 設 工 事 の 工 期 を 確 保 するため 次 のように 検 討 した (1) 班 別 編 成 の 組 替 えと 増 班 による 工 程 確 保 のため 舗 装 の 取 壊 し 作 業 4 名 1 班 を2 班 として 始 点 と 工 区 の1/4 地 点 からの 同 時 撤 去 作 業 とした 後 追 作 業 で まず 路 盤 を 掘 削 除 去 し 路 床 露 出 後 8%のセメント 安 定 処 理 をして 8 日 間 の 短 縮 とした (2) 新 設 部 について 舗 装 撤 去 後 路 床 路 盤 を 連 続 施 工 することで 新 規 の 作 業 工 程 を 改 修 工 程 に 取 入 れ 工 程 確 保 するようにした 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 検 討 の 結 果 次 の 処 置 をした 舗 装 の 撤 去 工 を2 斑 編 成 とし 撤 去 工 の 工 程 を8 日 間 短 縮 することで, 路 床 工 のセメン ト 安 定 処 理 工 を 新 設 する 取 付 工 の 路 床 と 同 時 施 工 することができ 路 盤 工 基 層 表 層 工 ともに 連 続 施 工 することができ 所 定 の 工 程 確 保 をすることができた 9 ページ

10 工 程 工 程 管 理 工 事 管 路 布 設 工 事 工 種 雨 水 管 布 工 (1) 工 事 名 工 事 名 公 共 下 水 道 町 雨 水 幹 線 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 市 役 所 2 工 事 場 所 県 町 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 雨 水 管 布 工 5 施 工 量 UV 雨 水 管 φ400mm 延 長 860m 人 孔 築 造 12 基 立 場 現 場 主 任 10 ページ

11 設 問 2 工 程 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 市 の 新 興 住 宅 地 からの 雨 水 を 集 水 するもので 県 道 19 号 三 下 に 延 長 860mを 開 削 して 雨 水 管 を 布 設 するもので ある 施 工 にあたり 開 削 を 始 めたところ 雨 水 管 に 平 行 する 排 水 本 管 の 防 護 工 が 支 障 する ため 工 程 確 保 することを 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 防 護 工 の 支 障 による 工 程 の 遅 れを 回 避 する ため 次 の 対 策 を 検 討 した (1) 防 護 工 の 位 置 を 水 道 事 業 者 の 立 合 で 確 認 し 協 議 して 簡 易 鉄 矢 板 8 枚 を1 組 とする 保 護 工 で 囲 み 配 水 管 の 防 護 工 のコンクリー ト 工 が 沈 下 変 位 しないようにした (2) 工 程 の 遅 れを 防 止 するため 簡 易 矢 板 に よる 保 護 工 と 開 削 による 雨 水 管 の 布 設 を 並 行 し 防 護 工 の 支 障 による 工 程 への 影 響 を 排 除 した また 人 孔 の 築 造 は 布 設 工 と2 斑 編 成 として 工 程 を 確 保 するようにした 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 工 程 確 保 のため 次 の 処 置 をした (1) 配 水 管 の 防 護 工 の 保 全 のため バイブロ ハンマにより 8 枚 の 簡 易 鉄 矢 板 で 取 り 囲 み 雨 水 管 の 開 削 時 の 支 障 を 除 去 した (2) 保 全 工 と 開 削 布 設 工 および 埋 戻 しエと 人 孔 築 造 二 ついて それぞれ 並 行 作 業 と することで 雨 水 管 の 布 設 工 程 を 確 保 した 11 ページ

12 工 程 安 全 管 理 工 事 下 水 道 管 布 設 工 事 工 種 下 水 道 管 布 設 工 (1) 工 事 名 工 事 名 市 町 丁 目 管 路 布 設 工 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 県 市 2 工 事 場 所 県 町 - 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 下 水 道 布 設 工 人 孔 設 置 工 5 施 工 量 φ420mmuv 管 延 長 617m 人 孔 (3 号 )8 基 設 置 立 場 現 場 監 督 12 ページ

13 設 問 2 安 全 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 工 事 延 長 L=61.7m 内 径 200 mmの 塩 ビ 管 および3 号 人 孔 を8 基 設 置 する ものである 施 工 にあたり 地 盤 が 砂 地 質 で 地 下 水 位 の 高 い 区 間 であったため 掘 削 中 にボイリン グを 生 じるおそれがあった このため 安 全 施 工 する 施 工 法 を 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 ボイリングを 防 止 する 工 法 について 次 の ように 検 討 した (1) 地 下 水 位 の 調 査 をしたところ 地 形 的 に 低 くなっている 3 箇 所 約 35mの 区 間 について ボイリングの 生 じるおそれがある 区 間 を 特 定 するため ボーリング 調 査 をした (2)ボイリングの 予 想 される 区 間 には ウエ ルポイントを2m 間 隔 に 深 さ5.5mで 設 置 し 地 下 水 位 を4.5mまで 低 下 させて 開 削 工 法 で バックホウで 掘 削 し ソイルセメント 基 礎 によ り 安 全 に 布 設 するようにした 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 検 討 の 結 果 次 の 処 置 をした 川 沿 いとなる3 区 間 は, 特 に 低 地 であ り 川 の 水 位 の 影 響 を 受 けるため 地 下 水 位 が 路 面 下 80cmまであることを 確 認 し ボイリ ング 防 止 のため ウエルポイントエ 法 を 用 い て 地 下 水 位 を 低 下 させて ボイリングを 防 止 し UV 管 を 安 全 布 設 した 13 ページ

14 転 写 したら 不 合 格 になります 参 考 例 文 2 ここでは 1つの 現 場 に 対 して 複 数 の 管 理 を 記 述 した 参 考 例 を 示 していく 決 して 現 場 の 数 が 多 く 経 験 しなくても 印 象 が 深 か った 現 場 を 一 つにクローズアップし その 中 で 各 管 理 の 記 述 を 用 意 することができることを 参 考 に 見 て 欲 しい 14 ページ

15 工 程 事 故 防 止 対 策 工 事 鉄 道 工 事 工 種 躯 体 工 (1) 工 事 名 工 事 名 鉄 道 線 駅 延 伸 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 鉄 道 営 繕 局 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 土 留 工 ホーム 仮 受 工 躯 体 工 5 施 工 量 杭 打 ちH-300 L=6m 30 本 ホーム 仮 受 け4,000m2 コンクリート1,050m 3 立 場 工 事 主 任 15 ページ

16 設 問 2 事 故 防 止 対 策 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 線 の 複 線 化 に 伴 い 駅 のホ ーム 拡 幅 と 地 下 道 新 設 を 行 うものである 現 場 は 営 業 路 線 の 駅 舎 内 であり 7~15 分 おきに 列 車 の 出 入 りがある 典 型 的 な 営 業 線 近 接 工 事 である ため 列 車 に 対 する 安 全 には 細 心 の 注 意 を 払 わねば ならないので 元 請 の 営 繕 局 からも 工 事 による 列 車 接 触 事 故 には 細 心 の 注 意 を 払 うよう 求 められていた 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 事 故 防 止 のために 以 下 の 検 討 を 行 なった 1 営 業 路 線 の 駅 舎 内 工 事 の 経 験 者 が 元 請 から 求 め られため 支 店 内 で 安 全 担 当 者 を 選 定 してもらった 2 列 車 見 張 員 も 熟 練 者 をが 求 められたため 経 験 者 を2 人 以 上 出 すように 派 遣 会 社 に 要 請 した 3 夜 間 作 業 の 可 能 性 と 見 通 しの 悪 い 箇 所 もあるため 複 数 の 作 業 員 に 列 車 見 張 り 員 の 講 習 を 受 けさせた 4 作 業 員 と 列 車 見 張 員 のトラブルを 防 止 するため 安 全 管 理 に 関 しては 列 車 見 張 員 に 権 限 を 与 えた 5 慣 れからくる 事 故 を 防 止 するため 合 図 を 統 一 し 朝 礼 で 毎 日 繰 返 し 練 習 させた 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 1 営 業 線 近 接 工 事 経 験 延 べ10 年 の 職 員 を 現 場 の 安 全 担 当 に 選 定 した 28 名 の 見 張 員 に 営 業 近 接 工 事 講 習 を 受 けさせた 3 毎 日 3 名 ( 内 1 名 は 経 験 者 )の 見 張 員 をつけた 4 職 員 作 業 員 全 員 に 営 業 線 近 接 工 事 講 習 を 受 けさ せ また 朝 礼 にて 指 差 歓 呼 を 毎 日 練 習 し 徹 底 を 図 る ことで 事 故 もなく 無 事 工 事 を 終 了 できた 16 ページ

17 工 程 出 来 高 管 理 工 事 橋 梁 下 部 工 事 工 種 橋 梁 下 部 工 (1) 工 事 名 工 事 名 橋 梁 下 部 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 県 土 木 部 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 先 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 橋 梁 下 部 工 5 施 工 量 橋 梁 2 基 : 掘 削 150m3 コンクリート(21N/mm2)350m3 場 所 杭 (φ1200mm L=25m) 10 本 立 場 工 事 主 任 17 ページ

18 設 問 2 出 来 高 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 橋 梁 下 部 工 にφ1200mmのオールケーシング 杭 を 基 礎 杭 とし て 施 工 する 工 事 である 上 戸 鉄 筋 の 内 外 主 筋 が115~170mm スランプ 配 力 筋 が150mmピッチと 鉄 筋 量 が 多 く コンクリートの スランプが15cmと 硬 い 上 に 月 の 気 温 が25 度 以 上 の 比 較 的 高 い 日 が 予 想 されるという 事 もあって 所 長 からコンクリート 打 設 に 伴 う 杭 頭 部 の 品 質 不 良 からくる 断 面 不 足 が 予 想 される 為 杭 頭 部 の 出 来 形 確 保 が 課 題 となった 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 杭 頭 部 の 断 面 が 出 来 形 不 足 になる 原 因 を 改 めて 調 査 した 結 果 次 のような 項 目 を 検 討 した 1 場 所 打 杭 のコンクリートは トレミー 管 を 使 用 し 常 に 打 設 コンクリートの 上 面 より2m 下 げた 状 態 でゆっくりと 打 設 する 事 を 検 討 した 2 鉄 筋 内 部 のコンクリートは 配 筋 の 隙 間 から 外 側 に 回 るが 回 りにくい 場 合 に 内 部 と 外 部 のコンクリート 天 端 の 差 が 大 きくなり 内 部 のコンクリートが 杭 頭 まで 来 た 時 不 純 物 の 混 じったコンク 出 来 形 不 足 の 杭 にならないように 検 討 した 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 打 設 コンクリート 面 の 鉄 筋 籠 内 外 部 の 段 差 の 解 消 のために 次 の 対 策 を 行 った 1 発 注 者 に コンクリート 標 準 示 方 書 通 りスランプ18cmへの 変 更 を 依 頼 した 2バイブレーターは 健 全 なコンクリートに 達 した 後 にスイッチを 入 れ ケーシングの 引 き 抜 きは 揺 動 しながらゆっくりと 行 った 以 上 により 杭 頭 の 出 来 形 不 足 を 起 こすことなく 完 成 できた 18 ページ

19 工 程 安 全 管 理 工 事 鉄 道 工 事 工 種 躯 体 工 (1) 工 事 名 工 事 名 市 モノレール 第 4 工 区 基 礎 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 市 交 通 局 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 土 留 工 ( 鋼 矢 板 ) 躯 体 コンフリートエ 5 施 工 量 土 留 鋼 矢 板 平 均 L=5.5m 15m 12m 3ヶ 所 掘 削 量 540m3 3ヶ 所 コンクリート350m 3 3 基 立 場 工 事 主 任 19 ページ

20 設 問 2 安 全 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 埠 頭 突 堤 内 に 新 設 される 高 架 モノレール 駅 舎 の 直 接 基 礎 3 基 を 施 工 するもので 台 付 けはGL-3.5 mであった 突 堤 は 明 治 に 施 工 された 際 に 約 3m 角 の 捨 石 を 使 用 しており 床 付 面 下 から 捨 石 の 間 は 地 盤 改 良 を 行 うことに なっていたが 捨 石 の 深 さごとに 異 なり 不 明 確 なため 土 留 め 鋼 矢 板 も 地 盤 改 良 も 施 工 量 がつかめず 工 程 管 理 上 の 大 きな 課 題 であった 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 土 留 の 安 全 管 理 に 対 して 以 下 の 検 討 を 行 った 1 地 下 水 位 と 港 湾 潮 位 との 時 間 的 ずれを 把 握 するため 現 揚 敷 地 境 界 付 近 に3 本 のボーリングを 行 い 地 下 水 位 計 を 設 置 し 時 間 的 ずれが2 時 間 であることを 確 認 した これにより 干 潮 時 から2 時 間 後 の 時 間 帯 に 集 中 して 掘 削 作 業 を 行 うよう 工 程 計 画 を 検 討 した 2 多 量 の 湧 水 の 処 理 を 一 時 に 行 なう 必 要 があるため 強 力 な 水 中 ポンプを 導 入 するとともに 隣 接 の2 工 区 と 打 合 せ を 行 い 3 工 区 の 掘 削 躯 体 構 築 の 工 程 を 合 わせ 同 時 期 に 釜 場 排 水 を 行 って 地 下 水 位 低 下 を 助 長 するように 図 り 工 程 を 安 全 に 進 めらるように 検 討 を 行 い 採 用 した 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 13 基 の 基 礎 のそれぞれの 掘 削 コーナー 部 にφ200mm 15kwの 水 中 ポンプを2 基 ずつ 設 置 し 隣 接 の2 工 区 と 同 時 間 帯 に 釜 場 排 水 掘 削 を 行 った 2 干 潮 から 一 2~+6 時 間 に 合 わせたフレックス 作 業 とし 地 下 水 位 の 低 い 時 期 の 掘 削 作 業 を 行 った これにより 作 業 中 の 土 留 崩 壊 もボイリングも 発 生 せず 安 全 な 作 業 で 竣 工 し 工 事 を 完 了 した 20 ページ

21 工 程 環 境 保 全 工 事 鉄 道 工 事 工 種 躯 体 工 (1) 工 事 名 工 事 名 市 モノレール 第 4 工 区 基 礎 工 事 (2) 工 事 の 内 容 上 の 技 術 的 1な 課 題 例 検 討 と 採 用 に 至 った 理 由 例 対 応 処 置 例 市 交 通 局 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 土 留 工 ( 鋼 矢 板 ) 躯 体 コンフリートエ 5 施 工 量 土 留 鋼 矢 板 平 均 L=5.5m 15m 12m 3ヶ 所 掘 削 量 540m3 3ヶ 所 コンクリート350m 3 3 基 立 場 工 事 主 任 21 ページ

22 設 問 2 環 境 保 全 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 埠 頭 突 堤 内 に 新 設 される 高 架 モノレ ール 駅 舎 の 直 接 基 礎 3 基 を 施 工 するものである 床 付 けはGL-3.5m 地 下 水 位 はGL-2mであったが 突 堤 は 明 治 初 期 に 沈 設 された 捨 石 上 に 埋 め 立 てられた 砂 礫 層 からなっており 掘 削 施 工 に 伴 って 揚 水 を 行 うと 突 堤 内 の 建 物 や 道 路 が 不 等 沈 下 を 起 こす 可 能 性 があり 周 辺 へ の 影 響 の 少 ない 施 工 を 行 う 必 要 があった 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 土 周 辺 地 盤 の 不 等 沈 下 防 止 のため 以 下 の 検 討 を 行 った 1 潮 位 と 地 下 水 位 の 関 係 を 把 握 するため 自 主 的 なボー 水 位 があまり 変 わらないような 透 水 性 の 高 い 地 盤 であるこ とを 確 認 した 2ポンプ 排 水 はほぼ 不 可 能 と 判 断 したため 水 中 掘 削 水 中 コンクリート 施 工 に 切 り 替 えることを 検 討 した 3 掘 削 泥 水 は 海 水 混 じりの 濁 水 であり そのままでは 下 水 放 流 海 洋 放 流 は 難 しいこと 運 搬 中 の 泥 水 や 乾 燥 粉 塵 飛 散 の 懸 念 があったこと 等 の 理 由 から 濁 水 処 理 泥 水 や 粉 塵 飛 散 防 止 措 置 を 行 なった 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 1 水 中 掘 削 水 中 コンクリート 施 工 の 設 計 変 更 を 行 うこ とを 発 注 者 に 提 唱 し 承 認 されて 施 工 実 施 した 21~2 日 仮 置 きして 天 日 乾 燥 させ 泥 水 飛 散 を 防 止 し 運 搬 ダンプにはシートかけを 行 って 粉 塵 飛 散 を 防 いだ 3 掘 削 泥. 水 は 沈 砂 層 を 設 けて 処 理 水 は 掘 削 現 場 に 戻 した これにより 突 堤 内 での 不 等 沈 下 も 工 事 車 両 によ るクレームも 一 切 無 く 無 事 に 竣 工 を 迎 えた 22 ページ

23 転 写 したら 不 合 格 になります 参 考 例 文 3 23 ページ

24 工 程 安 全 管 理 工 事 下 水 道 工 事 工 種 下 水 道 管 布 設 工 (1) 工 事 名 工 事 名 市 幹 線 下 水 道 布 設 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 市 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 下 水 道 管 布 設 工 人 孔 設 置 工 5 施 工 量 コンクリートヒューム 管 φ560mm 1 号 人 孔 8 基 立 場 現 場 主 任 24 ページ

25 設 問 2 安 全 管 理 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 幹 線 の 基 点 となる 人 孔 から 長 さ1020mにわたる 新 興 住 宅 団 地 までを 下 水 道 の 本 管 を 布 設 するもので 工 事 は 国 道 号 線 沿 の 浜 側 に 設 置 するものである 施 工 にあたり 地 盤 調 査 の 結 果 から 一 部 120m 区 間 に, 地 下 水 位 の 高 い 箇 所 でボイリ ングを 防 止 する 施 工 法 を 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 ボイリングを 防 止 及 び 労 働 災 害 を 防 止 し かつ 住 宅 地 の 地 盤 沈 下 を 防 止 するため 次 の 措 置 を 検 討 した (1) 地 下 水 位 が 非 常 に 高 い 箇 所 もあることか ら 施 工 中 常 時 地 下 水 位 を 低 下 させておく 必 要 があった このため ウエルポイントを 掘 削 位 置 の 山 側 に2m 間 隔 に 深 さ5m 挿 入 し て 地 下 水 位 を 低 下 させて 掘 削 した (2) 掘 削 中 に 湧 水 の 見 られた 箇 所 は 簡 易 鋼 矢 板 を 住 宅 地 との 境 界 に 打 込 み 釜 場 に 集 水 し て 水 中 ポンプで 常 時 排 水 して 施 工 した 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 ボイリングを 防 止 し 労 働 災 害 周 辺 地 盤 沈 下 を 防 止 する 処 置 をした ウエルポイントにより 地 下 水 位 を5.0m まで 低 下 させて ドライの 状 態 にして 掘 削 布 設 埋 戻 しをした また 湧 水 箇 所 には 簡 易 滋 藤 で 釜 場 をつくり 水 中 ポンプで 常 時 排 水 て ボイリングを 防 止 して 布 設 した 25 ページ

26 工 程 施 工 計 画 工 事 舗 装 工 事 工 種 工 事 契 約 条 件 の 確 保 (1) 工 事 名 工 事 名 駅 前 広 場 舗 装 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 鉄 道 株 式 会 社 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 アスファルト 舗 装 工 5 施 工 量 舗 装 面 積 4995m 2 立 場 現 場 監 督 26 ページ

27 設 問 2 施 工 計 画 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 線 駅 東 ロ 広 場 を 改 修 して 4995m 2 をアスファルトで 表 層 を 舗 装 する ものである 施 工 にあたり アスファルト 混 合 物 を 施 エ する 時 期 が 厳 冬 期 の2 月 となるため アス ファル 幌 合 物 の 温 度 低 下 を 防 止 し 工 事 契 約 条 件 を 確 保 する 施 工 計 画 を 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 工 事 契 約 条 件 の 確 保 めの 施 工 計 画 につ いて 次 のように 検 討 した (1)アスファルト 混 合 物 については 表 層 の 品 質 確 保 のため 荷 おろし 時 の 温 度 140C 以 上 2 次 転 圧 温 度 70C ~90 の 温 度 を 確 認 して 施 工 するよう 試 験 施 工 で 温 度 を 定 めた (2) 施 工 機 械 については 初 転 圧 仕 上 げ 転 圧 は 10tのロードローラを2 次 転 圧 には 2tのタイヤローラを 用 い 舗 装 面 の 温 度 一 が 50 以 下 となってから 一 般 の 交 通 に 開 放 する ように 施 工 した 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 検 討 の 結 果 次 の 処 置 をした スファルト 混 合 物 は 荷 おろし 時 初 転 等 時 2 次 転 圧 時 に 温 度 計 で 測 定 し 温 度 管 理 し アスファルト 混 合 物 の 表 層 を 施 工 して 固 め 度 94% 以 上 を 確 保 した このことで 工 事 契 約 書 の 通 りの 舗 装 を 施 工 した 27 ページ

28 工 程 環 境 保 全 工 事 下 水 道 管 布 設 工 事 工 種 下 水 道 管 布 工 (1) 工 事 名 工 事 名 区 第 期 下 水 道 本 管 布 設 替 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 東 京 都 下 水 道 局 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 下 水 道 管 布 設 工 5 施 工 量 掘 削 土 量 320rn 3 UV 管 φ400 一 延 長 403 m 立 場 現 場 監 督 28 ページ

29 設 問 2 環 境 保 全 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 工 事 延 長 L=40.3m 内 径 400 mmのuv 管 を 既 設 のヒューム 管 と 交 換 する ものである 施 工 区 間 には 商 店 街 があり 歩 行 者 も 多 く さらに 住 宅 地 域 でもある 一 般 車 両 の 通 行 を 優 先 するため 夜 間 の 工 事 となり 現 場 周 辺 を 配 慮 し 環 境 保 全 を 課 題 とした. 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 現 場 周 辺 の 地 域 の 夜 間 の 現 場 の 保 全 するた め 次 のように 検 討 した (1) 一 般 車 両 が 現 場 内 に 進 入 しないように 現 場 との 境 界 に 沿 って H-300の 型 鋼 を 設 置 し 高 さ80cmの 手 すりを 溶 接 して これに 明 工 するよう 試 験 施 工 で 温 度 を 定 めた (2) 施 工 機 械 については 初 転 圧 仕 上 げ 転 圧 は 10tのロードローラを2 次 転 圧 には 2tのタイヤローラを 用 い 舗 装 面 の 温 度 一 が 50 以 下 となってから 一 般 の 交 通 に 開 放 する ように 施 工 した 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 検 討 の 結 果 次 の 処 置 をした 長 さ6mのH 型 鋼 上 面 に90 90の 山 形 鋼 を 用 いて 高 さ80cmの 手 すりを 設 け 点 滅 ランプを1mごとに 設 置 した ダンプトラック は 交 通 流 の 背 面 から 流 入 させ 停 車 中 は アイドリングストップを 実 施 し 掘 削 現 場 に は 常 時 散 水 して 環 境 保 全 をした 29 ページ

30 工 程 環 境 保 全 対 策 工 事 基 礎 工 事 工 種 場 所 打 ち 杭 工 (1) 工 事 名 工 事 名 杭 基 礎 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 株 式 会 社 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 場 所 打 ち 杭 工 5 施 工 量 φ1200mmリバース 杭 18 本 平 均 長 さ 30.5m 立 場 現 場 監 督 30 ページ

31 設 問 2 環 境 保 全 対 策 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 工 事 延 長 L=40.3m 内 径 mの 基 礎 として 18 本 のリバースサーキ ュレーションエ 法 による 場 所 打 ち 杭 を 施 工 す るものである 施 工 にあたり 工 事 現 場 が 市 街 地 にあり 隣 接 する 事 務 所 や 住 居 も 多 いため 施 工 計 画 時 に 現 場 の 環 境 保 全 対 策 を 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 市 街 地 の 現 場 環 境 を 保 全 するため 次 のよ うに 検 討 した 1) 低 公 害 機 械 の 選 定 として 掘 削 工 法 にリ バースエ 法 を 採 用 し 連 続 作 業 することで 作 業 時 間 を 午 後 7 時 置 でに 終 了 できるように 検 した このことで 夜 間 作 業 をなくした (2) 掘 削 汚 泥 の 搬 出 は 夜 間 通 行 車 両 が 減 少 する 午 後 11 時 以 降 からとして 交 通 障 害 を 緩 和 するようにした (3)コンクリートの 打 込 みは 午 後 7 時 までに 終 了 させをした 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 討 の 結 果 次 の 処 置 をした リバース 工 法 による 掘 削 作 業 は 午 前 8 時 から 午 後 7 時 までとした 夜 間 の 交 通 量 の 少 ない11 時 以 降 に 汚 泥 の 搬 出 鉄 筋 篭 の 搬 入 などを 行 い 交 通 障 害 を 緩 和 した コンタ リート 打 設 音 が 大 きいので 7 時 までに 打 ち わり 現 場 の 環 境 保 全 をした 31 ページ

32 工 程 環 境 保 全 工 事 基 礎 工 事 工 種 場 所 打 ち 杭 工 (1) 工 事 名 工 事 名 区 第 期 下 水 道 本 管 布 設 替 工 事 (2) 工 事 の 内 容 1 発 注 者 株 式 会 社 2 工 事 場 所 県 市 丁 目 番 地 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 主 な 工 種 場 所 打 ち 杭 工 5 施 工 量 φ1200mmリバース 杭 18 本 平 均 長 さ 30.5m 立 場 現 場 監 督 32 ページ

33 設 問 2 環 境 保 全 対 策 で 特 に 留 意 した 技 術 的 課 題 本 工 事 は 工 事 延 長 L=40.3m 内 径 mの 基 礎 として 18 本 のリバースサーキ ュレーションエ 法 による 場 所 打 ち 杭 を 施 工 す るものである 施 工 にあたり 工 事 現 場 が 市 街 地 にあり 隣 接 する 事 務 所 や 住 居 も 多 いため 施 工 計 画 時 に 現 場 の 環 境 保 全 対 策 を 課 題 とした 課 題 を 解 決 するために 検 討 した 内 容 と 採 用 に 至 った 理 由 市 街 地 の 現 場 環 境 を 保 全 するため 次 のよ うに 検 討 した 1) 低 公 害 機 械 の 選 定 として 掘 削 工 法 にリ バースエ 法 を 採 用 し 連 続 作 業 することで 作 業 時 間 を 午 後 7 時 置 でに 終 了 できるように 検 した このことで 夜 間 作 業 をなくした (2) 掘 削 汚 泥 の 搬 出 は 夜 間 通 行 車 両 が 減 少 する 午 後 11 時 以 降 からとして 交 通 障 害 を 緩 和 するようにした (3)コンクリートの 打 込 みは, 午 後 7 時 までに 終 了 させをした 現 場 で 実 施 した 対 応 処 置 検 討 の 結 果 次 の 処 置 をした リバース 工 法 による 掘 削 作 業 は 午 前 8 時 から 午 後 7 時 までとした 夜 間 の 交 通 量 の 少 ない11 時 以 降 に 汚 泥 の 搬 出 鉄 筋 篭 の 搬 入 などを 行 い 交 通 障 害 を 緩 和 した コンタ リート 打 設 音 が 大 きいので 7 時 までに 打 ち おわり 現 場 を 終 了 した 33 ページ

1.施工パッケージ型積算方式の概要

1.施工パッケージ型積算方式の概要 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 に 関 する 説 明 会 千 葉 県 県 土 整 備 部 技 術 管 理 課 平 成 26 年 8 月 27 日 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 とは 国 が 平 成 24 年 10 月 から 試 行 導 入 を 開 始 した 新 たな 積 算 方 式 直 接 工 事 費 の 算 出 従 来 の 積 上 げ 方 式 : 歩 掛 施 工 パッケージ 型

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

untitled

untitled 報 告 No. No.117 参 考 資 料 橋 梁 の 基 礎 杭 として 用 いられたSTマイクロパイル 一 般 図 柱 状 図 施 工 場 所 岩 手 県 久 慈 市 市 道 日 吉 町 宇 部 線 通 学 橋 橋 梁 補 修 工 事 岩 手 県 久 慈 市 平 成 25 年 07 月 16 日 ~07 月 23 日 橋 梁 基 礎 杭 本 数 5 本 総 延 長 32.5m L=6.5m L=6.5m

More information

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目 設 計 書 工 種 道 舗 修 課 副 主 担 設 計 担 当 者 道 路 維 持 課 維 持 第 二 担 当 当 席 リー 工 事 番 号 第 2 号 参 内 線 (55 245) 主 ダー 長 事 査 印 年 度 平 成 27 年 度 作 成 年 月 日 平 成 工 事 名 施 工 箇 所 設 計 金 額 市 道 秋 田 環 状 2 号 線 舗 装 道 改 良 工 事 および 交 通 安 全 施

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

Taro 公表用表紙・トビラ

Taro 公表用表紙・トビラ 平 成 2 4 年 度 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 ( H 2 4. 4 月 定 期 改 訂 ) 島 根 県 農 林 水 産 部 土 木 部 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 に つ い て 1. こ の 設 計 資 材 単 価 表 は 島 根 県 農 林 水 産 部 及 び 土 木 部 が 発 注 す る 土 木 工 事 に 係 る 設 計 資 材 単 価 の う ち 県

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

Microsoft Word - 施工計画書の作成の手引き.doc

Microsoft Word - 施工計画書の作成の手引き.doc 施 工 計 画 書 の 作 成 の 手 引 き 平 成 27 年 10 月 長 崎 県 土 木 部 建 設 企 画 課 目 次 1 施 工 計 画 の 目 的 P 1 2 施 工 計 画 書 記 載 事 項 の 内 容 P 2 3 施 工 計 画 書 作 成 の 留 意 点 P 3 4 施 工 計 画 書 作 成 のフロー 図 P 4 5 施 工 計 画 書 作 成 要 領 P 5 5-1 表 紙

More information

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 別 紙 -11 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 細 別 1. 施 工 体 制 Ⅰ. 施 工 体 制 一 般 施 工 体 制 が 適 切 である 他 の

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

施 工 の 合 理 化 記 述 例 1( 工 程 短 縮 による 施 工 の 合 理 化 ) 問 題 あなたが 経 験 した 建 築 工 事 のうち, 施 工 の 合 理 化 を 行 った 工 事 を1つ 選 び, 工 事 概 要 を 記 入 した 上 で, 次 の 問 いに 答 えなさい なお, 建 築 工 事 とは, 建 築 基 準 法 に 定 める 建 築 物 に 係 る 工 事 とする ただし,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損 5. 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 各 地 方 整 備 局 長 北 海 道 開 発 局 長 あて 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 長 最 終 改 正 国 官 技 第 276 号 平 成 26 年 3 月 14 日 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 審 議 官 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 の 一 部 改 定 について

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

Microsoft Word - ガイドライン第3章140929

Microsoft Word - ガイドライン第3章140929 第 3 章 用 途 と 活 用 方 法 3.1 海 岸 堤 防 復 興 資 材 を 海 岸 堤 防 の 盛 土 材 として 活 用 する 場 合 盛 土 材 としての 適 性 を 確 認 し 必 要 に 応 じて 土 質 改 良 を 行 う 復 興 資 材 の 海 岸 堤 防 への 活 用 においては 各 部 位 の 要 求 品 質 および 復 興 資 材 の 土 質 特 性 に 応 じ 復 興 資

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 14 節 技 術 者 の 配 置 1 受 注 者 は 工 事 を 適 正 に 実 施 する

土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 14 節 技 術 者 の 配 置 1 受 注 者 は 工 事 を 適 正 に 実 施 する 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 2 節 用 語 の 定 義 6 監 督 員 とは 工 事 が 確 実 に 施 工 されるよう 監 督 し 工 事 の 受 注 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 の 処 理 を

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

出 するものと 第 4 条 ( 作 業 時 間 および 休 日 ) (1) 作 業 時 間 1. 平 常 の 作 業 時 間 は 原 則 として 夏 期 (3 月 ~11 月 ) 午 前 8 時 より 午 後 6 時 迄 とする( 作 業 準 備 片 付 け 清 掃 を 含 む) 冬 期 (12 月

出 するものと 第 4 条 ( 作 業 時 間 および 休 日 ) (1) 作 業 時 間 1. 平 常 の 作 業 時 間 は 原 則 として 夏 期 (3 月 ~11 月 ) 午 前 8 時 より 午 後 6 時 迄 とする( 作 業 準 備 片 付 け 清 掃 を 含 む) 冬 期 (12 月 工 事 協 定 書 東 京 都 小 平 市 学 園 西 町 1 丁 目 11MM-NNNN( 地 名 地 番 )に 建 設 される( 仮 称 )D レスティア 学 園 西 町 計 画 ( 以 下 本 件 建 物 という )の 建 築 工 事 ( 以 下 本 件 工 事 という )に 関 し 近 隣 住 民 ( 以 下 甲 という )と 建 築 主 : 大 和 ハウス 工 業 株 式 会 社 東 京

More information

<5461726F2D90DD8C7695CF8D58834B83438368838983438393814590DD8C76>

<5461726F2D90DD8C7695CF8D58834B83438368838983438393814590DD8C76> 設 計 変 更 ガイドライン 設 計 変 更 集 Q&A 平 成 24 年 3 月 北 海 道 建 設 部 建 設 管 理 局 技 術 管 理 課 16-1 設 計 変 更 ガイドライン 1 本 ガイドライン 策 定 の 背 景 1) 土 木 請 負 工 事 の 特 徴 土 木 工 事 では 個 別 に 設 計 された 極 めて 多 岐 にわたる 目 的 物 を 多 種 多 様 な 現 場 の 自

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

一 般 土 木 工 事 大 規 模 部 門 平 成 26 年 度 東 奥 谷 町 雨 水 枝 線 その2 工 事 施 工 事 業 者 : 有 限 会 社 協 和 工 業 施 工 場 所 : 東 奥 谷 町 施 工 延 長 L=88.7m ボックスカルバート B1400 H700 L=83.4m 付

一 般 土 木 工 事 大 規 模 部 門 平 成 26 年 度 東 奥 谷 町 雨 水 枝 線 その2 工 事 施 工 事 業 者 : 有 限 会 社 協 和 工 業 施 工 場 所 : 東 奥 谷 町 施 工 延 長 L=88.7m ボックスカルバート B1400 H700 L=83.4m 付 一 般 土 木 工 事 大 規 模 部 門 市 道 大 橋 川 東 津 田 線 新 田 橋 外 2 橋 耐 震 補 強 工 事 施 工 事 業 者 : 一 畑 工 業 株 式 会 社 施 工 場 所 : 東 津 田 町 外 新 田 橋 施 工 延 長 ひび 割 れ 補 修 工 表 面 含 浸 工 伸 縮 継 手 工 橋 面 防 水 工 新 小 浜 橋 施 工 延 長 伸 縮 継 手 工 断 面 修

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27 繰 十 町 区 画 整 理

公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27 繰 十 町 区 画 整 理 平 成 28 年 度 公 共 発 注 見 通 し 一 覧 当 初 分 ( 平 成 28 年 5 月 2 日 公 表 ) 指 宿 市 公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27

More information

<4D F736F F F696E74202D20819F918D8D87955D89BF95FB8EAE82CC92D482E895FB8BB38EBA2E >

<4D F736F F F696E74202D20819F918D8D87955D89BF95FB8EAE82CC92D482E895FB8BB38EBA2E > 提 案 書 章 の 綴 り 教 室 提 案 書 章 の 綴 り 教 室 1 技 術 提 案 とは 提 案 書 の 書 き 2 技 術 提 案 とは 技 術 提 案 とは 発 注 者 を 説 得 するために 技 術 提 案 の 項 ずつについて 的 何 の 為 にその 技 術 提 案 をするのか 標 また その 結 果 何 をどれくらい 変 えるのか 指 すのか 段 それをどう 施 するのか 実 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63> 再 生 資 源 利 用 ( 促 進 ) 計 画 書 及 び 実 施 書 と 再 資 源 化 等 関 係 書 類 の 作 成 について 請 負 金 額 書 類 の 名 称 提 出 時 期 留 意 事 項 100 万 円 再 生 資 源 利 用 計 画 書 ( 様 式 1 イ) 施 工 計 画 書 に 再 生 資 材 の 利 用 及 び 副 以 上 ( 対 (クレダスにより 作 成 ) 含 めて 提 出

More information

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 の 運 用 について 1 中 間 検 査 について( 第 3 条 ) 中 間 検 査 の 実 施 は 別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 によるものとする 2 検 査 の 対 象 について( 第 4 条 ) (1) 本 庁 検 査 の 対 象 となる 検 査 は 知 事 部 局 に 係 る 建 設 工 事 の 検 査 であるが 教 育 委 員 会

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43> 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 460-8508 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対

More information

Microsoft Word 秋田報告書3章

Microsoft Word 秋田報告書3章 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 29 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 老 朽 化 状 況 の 把 握 フロー 老 朽 化 状 況 は 1 躯 体 の 健 全 性 調 査 と2 躯 体 以 外 の 劣 化 状 況 調 査 の2つに 分 けて

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

18 その 他 (1) 条 件 付 一 般 競 争 入 札 基 本 事 項 のとおり (2) (3) (4) 落 札 者 は 申 請 書 類 に 記 載 した 配 置 予 定 技 術 者 を 当 該 工 事 の 現 場 に 配 置 させること なお やむを 得 ない 事 由 により 長 が 承 認

18 その 他 (1) 条 件 付 一 般 競 争 入 札 基 本 事 項 のとおり (2) (3) (4) 落 札 者 は 申 請 書 類 に 記 載 した 配 置 予 定 技 術 者 を 当 該 工 事 の 現 場 に 配 置 させること なお やむを 得 ない 事 由 により 長 が 承 認 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 公 告 する 1 公 告 日 2 契 約 担 当 者 下 水 道 事 業 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 5 完 成 工 期 6 工 事 主 管 課 7 工 事 の 種 別 一 般 土 木 工 事 8 工 事 概 要 建 設 工 事 条 件 付 一 般 競 争 入 札 の 参 加 者 募 集 について

More information

5. 第 5 号 内 訳 書 機 械 器 具 損 料 で イ 裏 込 注 入 設 備 及 び 気 泡 材 注 入 設 備 の 供 用 日 及 び 運 転 日 損 料 率 係 数 は 札 幌 市 の H25 年 度 下 水 道 用 設 計 標 準 歩 掛 表 - 別 冊 参 考 資 料 - によって

5. 第 5 号 内 訳 書 機 械 器 具 損 料 で イ 裏 込 注 入 設 備 及 び 気 泡 材 注 入 設 備 の 供 用 日 及 び 運 転 日 損 料 率 係 数 は 札 幌 市 の H25 年 度 下 水 道 用 設 計 標 準 歩 掛 表 - 別 冊 参 考 資 料 - によって < 管 理 番 号 000002> 1. 単 -10 号 コンクリート 生 コンクリートは 定 山 渓 地 区 単 価 で 宜 しいでしょうか よろしいです 2. 単 -4 号 後 続 車 設 備 後 続 車 据 付 ( 泥 土 圧 式 )の 歩 掛 では 諸 雑 費 ( 率 )は 設 置 労 務 の1% + 撤 去 労 務 の1%となっていますが 労 務 費 合 計 の2%を 計 上 しているのでしょうか

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 道 路 の 老 朽 化 対 策 に 関 する 講 演 会 道 路 橋 の 劣 化 損 傷 と 対 策 - 既 設 橋 の 主 な 損 傷 と 対 応 の 考 え 方 - 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 構 造 物 メンテナンス 研 究 センター(CAESAR) 鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 鋼 橋 の 損 傷 ~1

More information

平成12年11月5日

平成12年11月5日 平 成 28 年 度 千 葉 幸 町 団 地 エレベーター 設 置 土 質 調 査 業 務 仕 様 書 業 務 名 称 : 平 成 28 年 度 千 葉 幸 町 団 地 エレベーター 設 置 土 質 調 査 業 務 調 査 地 : 千 葉 県 千 葉 市 美 浜 区 幸 町 2 調 査 期 間 : 契 約 締 結 日 の 翌 日 ~ 平 成 28 年 8 月 22 日 ( 最 短 90 日 間 )

More information

は じ め に 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 は,5 市 6 町 ( 仙 台 市 ( 太 白 区 の 一 部 ), 白 石 市, 名 取 市, 角 田 市, 岩 沼 市, 蔵 王 町, 大 河 原 町, 村 田 町, 柴 田 町, 丸 森 町, 亘 理 町 )の 汚 水 を 処 理 す

は じ め に 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 は,5 市 6 町 ( 仙 台 市 ( 太 白 区 の 一 部 ), 白 石 市, 名 取 市, 角 田 市, 岩 沼 市, 蔵 王 町, 大 河 原 町, 村 田 町, 柴 田 町, 丸 森 町, 亘 理 町 )の 汚 水 を 処 理 す 平 成 26 年 度 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 維 持 管 理 年 報 平 成 27 年 11 月 宮 城 県 中 南 部 下 水 道 事 務 所 は じ め に 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 は,5 市 6 町 ( 仙 台 市 ( 太 白 区 の 一 部 ), 白 石 市, 名 取 市, 角 田 市, 岩 沼 市, 蔵 王 町, 大 河 原 町, 村 田 町, 柴

More information

Microsoft Word - 議案第号.doc

Microsoft Word - 議案第号.doc 議 案 第 39 号 建 設 関 係 事 業 の 取 扱 いについて( 協 定 項 目 39) 建 設 関 係 事 業 の 取 扱 いについて, 次 のとおり 提 案 する 建 設 土 木 1. 町 道 については, 現 行 のとおり 新 町 に 引 き 継 ぐ 2. 道 路 新 設 改 良 事 業 については, 現 行 のとおり 新 町 に 引 き 継 ぎ 計 画 的 に 実 施 する 3. 港

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E528EE88FAC8A778D5A8376838C836E83758BB38EBA92C091DD8ED88E64976C8F9132372E31302E32335B315D2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E528EE88FAC8A778D5A8376838C836E83758BB38EBA92C091DD8ED88E64976C8F9132372E31302E32335B315D2E646F6378> 明 石 市 立 山 手 小 学 校 プレハブ 教 室 賃 貸 借 仕 様 書 1. 住 所 明 石 市 大 久 保 町 大 窪 1600 番 地 ( 明 石 市 立 山 手 小 学 校 敷 地 内 ) 2. 賃 貸 借 建 物 軽 量 鉄 骨 造 2 階 建 1 棟 ( 建 物 及 び 設 備 の 仕 様 については 別 添 図 面 を 参 照 ) 延 床 面 積 約 704m2( 建 物 本 体

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

荒 木 中 学 校 管 理 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備 工 事 荒 木 町 荒 木 90 管 工 事 便 所 のバリアフリー 化 ドライ 化 洋 式 化 に 伴 う 機 械 設 備 工 事 1/4 競 争 入 札 青 陵 中 学 校 校 舎 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備

荒 木 中 学 校 管 理 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備 工 事 荒 木 町 荒 木 90 管 工 事 便 所 のバリアフリー 化 ドライ 化 洋 式 化 に 伴 う 機 械 設 備 工 事 1/4 競 争 入 札 青 陵 中 学 校 校 舎 棟 便 所 内 部 改 修 機 械 設 備 高 良 山 神 籠 石 保 存 整 備 工 事 御 井 町 210 とび 土 工 工 事 法 枠 工 53 平 方 メートル カゴ 枠 工 150 平 方 メートル 1/4 競 争 入 札 草 場 団 地 解 体 工 事 三 潴 町 草 場 120 とび 土 工 工 事 老 朽 補 強 CB 造 平 屋 建 市 営 住 宅 33 戸 の 解 体 1/4 競 争 入 札 平 成 28 年 度 老 朽

More information

Microsoft Word - 価格調査書.doc

Microsoft Word - 価格調査書.doc 不 動 産 価 格 調 査 書 発 行 番 号 第 999 号 発 行 日 付 平 成 99 年 99 月 99 日 サンプル 株 式 会 社 御 中 サンプル 架 空 の 賃 貸 マンションの 価 格 調 査 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 会 員 札 幌 市 中 央 区 南 二 条 西 六 丁 目 14 番 地 メグロオフィス 株 式 会 社 代 表

More information

目 次 1 一 般 事 項 1 2 工 事 概 要 3 3 工 程 管 理 計 画 6 4 品 質 計 画 7 5 安 全 対 策 12 6 共 通 仮 設 計 画 21 7 産 業 廃 棄 物 の 適 正 処 理 22 8 その 他 24

目 次 1 一 般 事 項 1 2 工 事 概 要 3 3 工 程 管 理 計 画 6 4 品 質 計 画 7 5 安 全 対 策 12 6 共 通 仮 設 計 画 21 7 産 業 廃 棄 物 の 適 正 処 理 22 8 その 他 24 作 成 例 工 事 総 合 施 工 計 画 書 平 成 年 月 建 設 ( 株 ) 現 場 代 理 人 印 目 次 1 一 般 事 項 1 2 工 事 概 要 3 3 工 程 管 理 計 画 6 4 品 質 計 画 7 5 安 全 対 策 12 6 共 通 仮 設 計 画 21 7 産 業 廃 棄 物 の 適 正 処 理 22 8 その 他 24 1. 一 般 事 項 本 総 合 施 工 計 画 書

More information

高松市水道局工事写真撮影要綱

高松市水道局工事写真撮影要綱 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準 ( 案 ) [ 高 松 市 上 下 水 道 局 ] ( 本 仕 様 書 は, 上 水 道 事 に 適 用 する) 第 1 回 平 成 20 年 4 月 1 日 発 行 第 2 回 平 成 22 年 6 月 1 日 改 訂 第 3 回 平 成 23 年 5 月 1 日 部 分 改 訂 目 次 1. 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準... 3 1-1.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095698EBF8AC7979D8ECA905E8E42896589D38F8A88EA9797955C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095698EBF8AC7979D8ECA905E8E42896589D38F8A88EA9797955C2E646F63> 章 種 河 川 海 岸 ( 施 ) 質 毎 に の 含 水 比 試 含 水 比 に 変 化 が 認 められ た コー 指 数 の 測 定 ラフィカビリティが 悪 い 砂 防 質 毎 に ( 施 ) 質 毎 に プルフローリグ 種 毎 に 平 板 載 荷 試 現 場 CBR 試 質 毎 に コ ク リ ー セメ コクリー ( 転 圧 コクリー コ クリーダム 覆 コ クリー 吹 付 けコク リーを 除

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物 第 2 章 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 9 1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物 です 対 象 施 設 :52 施 設 68 棟 延

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

南 本 牧 ふ 頭 連 絡 臨 港 道 路 整 備 事 業 橋 脚 基 礎 工 事 説 明 会 横 浜 市 港 湾 局 港 湾 整 備 部 南 本 牧 事 業 推 進 課 横 浜 市 港 湾 局 港 湾 整 備 部 南 本 牧 事 業 推 進 課 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 神 奈 川

南 本 牧 ふ 頭 連 絡 臨 港 道 路 整 備 事 業 橋 脚 基 礎 工 事 説 明 会 横 浜 市 港 湾 局 港 湾 整 備 部 南 本 牧 事 業 推 進 課 横 浜 市 港 湾 局 港 湾 整 備 部 南 本 牧 事 業 推 進 課 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 神 奈 川 南 本 牧 ふ 頭 連 絡 臨 港 道 路 整 備 事 業 橋 脚 基 礎 工 事 説 明 会 日 時 : 平 成 24 年 2 月 5 日 ( 日 ) 午 前 10:00~11:30 場 所 : 大 鳥 中 学 校 コミュニティハウス - 議 事 次 第 - 1 南 本 牧 ふ 頭 の 概 要 2 南 本 牧 ふ 頭 連 絡 臨 港 道 路 整 備 事 業 の 概 要 3 首 都 高 速 湾 岸

More information

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神 平 成 27 年 1 月 5 日 ( 株 ) 昭 建 滋 賀 県 大 津 市 浜 大 津 259 名 神 高 速 道 路 滋 賀 高 速 道 路 事 務 所 管 内 舗 装 補 修 工 事 滋 賀 県 東 近 江 市 尻 無 町 ~ 滋 賀 県 大 津 市 追 分 町 他 舗 装 工 事 本 工 事 は 車 線 規 制 内 で 行 う 切 削 オーバーレイ 工 による 舗 装 補 修 工 事 を 行

More information

静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5

静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 番 0 号 静 岡 県 三 島 市 一 番 町 5 平 成 年 度 県 営 住 宅 原 団 地 外 壁 補 (,D 号 棟 ) 集 会 所 図 面 目 録 設 計 図 図 面 番 号 称 図 面 番 号 称 共 通 図 表 紙 図 面 目 録 NON SLE 集 会 所 - 前 平 面 詳 細 図 / S - 特 仕 様 書 ( ) NON SLE 意 匠 図 - 0 平 面 詳 細 図 / S - 特 仕 様 書 ( ) NON SLE - 展 開

More information

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 する 事 項 を 定 めるものであり 鎌 倉 市 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義 本 特

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

西 土 佐 地 域 IP 告 知 屋 外 放 送 システム 整 備 設 計 業 務 委 託 西 土 佐 地 域 IP 告 知 屋 外 放 送 システム 整 備 工 事 工 事 名 業 務 名 工 事 場 所 工 事 期 間 工 事 種 別 工 事 概 要 発 注 時 期 備 考 ホテル 星 羅 四

西 土 佐 地 域 IP 告 知 屋 外 放 送 システム 整 備 設 計 業 務 委 託 西 土 佐 地 域 IP 告 知 屋 外 放 送 システム 整 備 工 事 工 事 名 業 務 名 工 事 場 所 工 事 期 間 工 事 種 別 工 事 概 要 発 注 時 期 備 考 ホテル 星 羅 四 平 成 24 年 度 四 万 十 市 公 共 工 事 発 注 見 通 し 公 表 区 分 当 初 見 直 し(10 月 分 ) 入 札 区 分 指 名 競 争 入 札 角 崎 汚 水 枝 線 工 事 工 事 名 業 務 名 工 事 場 所 工 事 期 間 工 事 種 別 工 事 概 要 発 注 時 期 備 考 汚 水 管 敷 設 L=200m 角 崎 都 市 整 備 課 角 崎 線 他 角 崎 舗

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033335F91E682528FCD5F88DB8E9D8F4391558B7982D1955C96CA8F88979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033335F91E682528FCD5F88DB8E9D8F4391558B7982D1955C96CA8F88979D2E646F63> 第 3 章 維 持 修 繕 及 び 表 面 処 理 1 舗 装 の 維 持 修 繕 第 1 節 維 持 修 繕 舗 装 の 補 修 とは 舗 装 の 供 用 性 能 ( 安 全 性 快 適 性 経 済 性 )を 一 定 水 準 以 上 にたもつための 行 為 をいい 維 持 と 修 繕 がある 維 持 は 舗 装 の 供 用 性 能 の 保 持 や 若 干 の 向 上 を 目 的 として 行 う 日

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 り 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 す る 事 項 を 定 めるものであり 開 成 町 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義

More information

目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水

目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 会 計 決 算 書 丸 亀 市 目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 剰 余

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

Microsoft Word - 3-00_見出し.doc

Microsoft Word - 3-00_見出し.doc 3. 検 査 について 93 94 3-1 検 査 の 役 割 と 責 任 3. 検 査 について (1) 検 査 の 役 割 1 会 計 法 に 基 づいて 執 行 される 国 の 請 負 工 事 においては 検 査 職 員 が 工 事 目 的 物 の 契 約 図 書 との 適 合 を 確 認 して 初 めて 代 価 の 支 払 いが 可 能 となる 即 ち 検 査 職 員 以 外 の 者 によって

More information

2

2 1 2 3 4 5 種 類 ( 高 品 質 ) 再 生 骨 材 H ( 中 品 質 ) 再 生 骨 材 M ( 低 品 質 ) 再 生 骨 材 L JIS 番 号 名 称 制 定 時 期 JISの 性 格 主 な 用 途 JIS A5021(コンクリート 用 再 生 骨 材 H) 平 成 17 年 3 月 20 日 制 定 解 体 コンクリート 塊 に 対 し 破 砕 磨 砕 等 の 高 度 な 処

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

工事 年 度 工 事 路 8 平成 年 河 川 工事 箇 所 築上 図 面 位 置 図 縮 尺 図 築 上 示 号 位 置 図 工 区 図面 番 号 地区 大字 築 城 全 9 葉 之 内 N =:5,000 地 内 号 事務 所 築 上 し 尿 処 理 設 建 設 工 事 回変 更 回変 更 A

工事 年 度 工 事 路 8 平成 年 河 川 工事 箇 所 築上 図 面 位 置 図 縮 尺 図 築 上 示 号 位 置 図 工 区 図面 番 号 地区 大字 築 城 全 9 葉 之 内 N =:5,000 地 内 号 事務 所 築 上 し 尿 処 理 設 建 設 工 事 回変 更 回変 更 A 平 成 8 年 度 築 上 し 尿 処 理 設 建 設 工 事 土 木 図 面 目 録 番 号 称 枚 数 備 考 番 号 称 枚 数 備 考 位 置 図 5 土 工 図 ()~() 計 画 平 面 図 6 工 計 画 図 計 画 縦 断 図 計 画 横 断 図 5 機 械 棟 下 部 水 槽 構 造 図 6 機 械 棟 下 部 水 槽 配 図 7 7 機 械 棟 下 部 水 槽 差 計 画 図 6

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結 改 訂 版 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 給 水 設 計 施 工 基 準 平 成 24 年 4 月 1 日 改 定 高 崎 市 水 道 局 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建

More information

Microsoft Word - 平成24年度施工計画書.docx

Microsoft Word - 平成24年度施工計画書.docx 28. 施 工 計 画 書 の 作 成 の 手 引 き 平 成 2 4 年 4 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 目 次 1 施 工 計 画 について 2 2 施 工 計 画 書 の 提 出 にあたり 2 3 施 工 計 画 書 の 提 出 時 期 2 4 施 工 計 画 の 概 要 3 5 施 工 計 画 書 作 成 例 と 留 意 事 項 4 1. 工 事 概 要 4 2. 計 画 工 程 表

More information

Microsoft Word - 07H26第7編黒..doc

Microsoft Word - 07H26第7編黒..doc 第 7 編 河 川 海 岸 編 第 1 章 堤 防 護 岸 第 1 節 適 用 1. 適 用 工 種 本 章 は 海 岸 工 事 における 海 岸 土 工 軽 量 盛 土 工 地 盤 改 良 工 護 岸 基 礎 工 護 岸 工 擁 壁 工 天 端 被 覆 工 波 返 工 裏 法 被 覆 工 カルバート 工 排 水 構 造 物 工 付 属 物 設 置 工 構 造 物 撤 去 工 付 帯 道 路 工 付

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

道 路 を 維 持 管 理 するための 手 引 札 幌 市 建 設 局 土 木 部 道 路 維 持 課 まえがき 道 路 は 社 会 経 済 活 動 や 地 域 生 活 を 支 える 社 会 基 盤 として また 自 動 車 や 歩 行 者 の 通 行 を 確 保 する 交 通 機 能 等 とともに 災 害 発 生 時 の 防 災 空 間 や 地 下 鉄 上 下 水 道 等 の 収 容 空 間 として

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

各課集約①【7月以降分】

各課集約①【7月以降分】 1 生 見 林 口 線 道 路 改 良 工 事 宮 若 市 宮 田 字 林 口 90 日 間 工 事 長 L=60.0メートル 幅 員 W=2.5メートル 2 市 内 一 円 交 通 安 全 施 設 設 置 工 事 (1 工 区 ) 宮 若 市 内 一 円 100 日 間 交 通 安 全 施 設 一 式 安 全 施 設 7 月 指 名 競 争 入 札 3 釜 底 堤 防 線 道 路 改 良 工 事

More information