Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策

2

3 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に 関 する 町 民 の 意 識 や 意 向 に 基 づく 住 宅 施 策 の 検 討 を 行 うため アンケート 調 査 を 実 施 しました 調 査 の 概 要 と 回 収 状 況 は 以 下 に 示 すとおりです 1 アンケート 調 査 の 概 要 1) 調 査 対 象 以 下 の 施 設 の 利 用 者 八 雲 地 域 :シルバープラザ 熊 石 地 域 : 熊 石 総 合 支 所 2) 配 布 数 131 票 八 雲 地 域 :シルバープラザ 配 布 数 101 票 熊 石 地 域 : 熊 石 総 合 支 所 配 布 数 30 票 3) 配 布 回 収 方 法 各 施 設 に 調 査 票 を 置 き 施 設 利 用 者 に 自 由 に 記 入 していただき 記 入 後 は 回 収 箱 に 投 函 していただく 5) 調 査 期 間 平 成 22 年 10 月 1 日 ( 金 )~ 平 成 22 年 10 月 15 日 ( 金 ) 6) 調 査 項 目 回 答 者 の 属 性 子 どもを 育 てやすい 環 境 づくりについて これからの 住 まいづくり 住 環 境 づくりとして 力 を 入 れてほしいこと 公 営 住 宅 にあればよいと 思 うこと 老 朽 化 した 公 営 住 宅 の 建 て 替 えにおいて 留 意 すべきこと 公 営 住 宅 の 整 備 する 場 所 について 7) 調 査 主 体 八 雲 町 建 設 課 管 理 係 2 アンケート 回 収 状 況 地 域 名 配 布 数 回 収 数 回 収 率 八 雲 地 域 市 街 地 93 票 92.0% 101 票 八 雲 地 域 市 街 地 外 8 票 8.0% 熊 石 地 域 30 票 16 票 53.3% 合 計 131 票 117 票 90.0% 62

4 3 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 の 概 要 1) 回 答 者 の 属 性 ( 第 1 問 1~4) 回 答 者 の 属 性 は 職 業 は 公 務 員 年 齢 は 30~39 歳 が 最 も 多 いです 世 帯 主 の 職 業 は 公 務 員 が 35.0%と 最 も 多 く 次 いで 会 社 員 が 26.5%となっています 世 帯 主 の 年 齢 は 30~39 歳 が 30.8%と 最 も 多 く 次 いで 20~29 歳 が 27.4%となって います 家 族 数 は 三 人 が 34.2%と 最 も 多 く 次 いで 四 人 が 25.6%となっています 第 1 問 1 世 帯 主 の 職 業 公 務 員 :35.0% 会 社 員 :26.5% 無 職 :17.1% 自 営 業 :7.7% 農 林 業 :4.3% 第 1 問 3 家 族 数 三 人 :34.2% 四 人 :25.6% 二 人 :17.9% 五 人 以 上 :13.7% 一 人 :8.5% 第 1 問 2 世 帯 主 の 年 齢 30~39 歳 :30.8% 20~29 歳 :27.4% 50~59 歳 :10.3% 40~49 歳 /60~64 歳 :8.5% 第 1 問 4 お 住 まいの 地 域 八 雲 地 域 市 街 地 :79.5% 八 雲 地 域 市 街 地 外 :6.8% 熊 石 地 域 :13.7% 2) 子 どもを 育 てやすい 環 境 づくりについて( 第 2 問 ) 保 育 所 や 児 童 館 などの 施 設 の 充 実 安 全 な 公 園 通 学 路 などの 整 備 が 望 まれています 1 番 多 い 回 答 は 子 育 てをしながら 安 心 して 働 くことができる 施 設 ( 保 育 所 児 童 館 など)の 充 実 69.2% 2 番 目 に 多 い 回 答 は 子 どもが 安 全 安 心 に 遊 ぶことができる 広 場 や 公 園 などの 整 備 61.5% 3 番 目 に 多 い 回 答 は 安 全 に 通 園 や 通 学 することができる 道 路 交 通 の 整 備 55.6%です 子 育 てをしながら 安 心 して 働 くことができる 施 設 ( 保 育 所 児 童 館 など)の 充 実 :69.2% 子 どもが 安 全 安 心 に 遊 ぶことができる 広 場 や 公 園 などの 整 備 :61.5% 安 全 に 通 園 や 通 学 することができる 道 路 交 通 の 整 備 :55.6% 地 域 や 住 民 間 で 助 け 合 いながら 子 育 てができる 環 境 の 形 成 49.6% 子 育 てに 配 慮 した 住 宅 の 間 取 り 安 全 性 のある 公 営 住 宅 等 の 整 備 :34.2% 快 適 で 健 康 に 暮 らせる(シックハウスなどの 問 題 のない) 住 宅 の 整 備 に 向 けた 誘 導 :29.1% 63

5 3)これからの 住 まいづくり 住 環 境 づくりとして 力 を 入 れてほしいこと( 第 3 問 ) 中 古 住 宅 などの 有 効 活 用 不 動 産 に 関 する 情 報 提 供 が 望 まれています 1 番 多 い 回 答 は 中 古 住 宅 や 空 き 家 の 有 効 活 用 44.4% 2 番 目 に 多 い 回 答 は 緊 急 時 対 応 配 食 サービスなどの 受 けられる 高 齢 者 向 け 民 間 賃 貸 住 宅 の 建 設 の 誘 導 31.6% 3 番 目 に 多 い 回 答 は 八 雲 町 内 の 不 動 産 情 報 の 提 供 26.5%です 中 古 住 宅 や 空 き 家 の 有 効 活 用 :44.4% 緊 急 時 対 応 配 食 サービスなどの 受 けられる 高 齢 者 向 け 民 間 賃 貸 住 宅 の 建 設 の 誘 導 :31.6% 八 雲 町 内 の 不 動 産 情 報 の 提 供 :26.5% 菜 園 が 付 くなど 比 較 的 広 い 敷 地 で 自 然 の 中 でゆったりと 住 める 住 宅 地 の 分 譲 :24.8% Iターン Uターン 者 への 住 宅 のあっせん :23.9% 住 宅 改 修 リフォームについての 情 報 の 提 供 及 びアドバイス :21.4% よりよい 住 宅 地 の 分 譲 :17.9% 4) 今 後 八 雲 町 内 の 公 営 住 宅 にあればよいと 思 うこと( 第 4 問 ) 子 どもが 安 全 に 遊 べる 公 園 などがある 団 地 高 齢 者 への 見 守 りや 生 活 相 談 などのサービス が 充 実 した 公 営 住 宅 が 望 まれています 1 番 多 い 回 答 は 子 どもも 安 全 に 遊 べる 公 園 広 場 がある 団 地 59.8% 2 番 目 に 多 い 回 答 は 高 齢 者 の 見 守 りや 緊 急 時 の 対 応 があり 生 活 相 談 などのサービスを 受 けられる 公 営 住 宅 47.9% 3 番 目 に 多 い 回 答 は 若 者 から 高 齢 者 まで さまざまな 世 代 が 暮 らす 団 地 43.6%です 子 どもも 安 全 に 遊 べる 公 園 広 場 がある 団 地 :59.8% 高 齢 者 の 見 守 りや 緊 急 時 の 対 応 があり 生 活 相 談 などのサービスを 受 けられる 公 営 住 宅 :47.9% 若 者 から 高 齢 者 まで さまざまな 世 代 が 暮 らす 団 地 :43.6% 子 育 て 支 援 の 受 けられる 公 営 住 宅 :40.2% 景 観 やデザインに 配 慮 した 団 地 :11.1% わからない :5.1% 64

6 5) 八 雲 町 内 の 老 朽 化 した 公 営 住 宅 の 建 て 替 えにおいて 留 意 すべきこと( 第 5 問 ) 高 齢 者 や 子 育 て 世 帯 が 安 心 して 生 活 できるよう 配 慮 した 建 て 替 え が 望 まれています 1 番 多 い 回 答 は 高 齢 者 が 安 心 して 暮 らすことができるように 配 慮 する 47.9% 2 番 目 に 多 い 回 答 は 子 育 て 世 帯 など 若 い 世 帯 が 生 活 しやすいように 配 慮 する 20.5% 3 番 目 に 多 い 回 答 は 生 活 利 便 性 ( 買 い 物 や 通 勤 のなどの 便 利 さ)の 高 いエリアを 中 心 に 建 設 する 12.0%です 高 齢 者 が 安 心 して 暮 らすことができるように 配 慮 する :47.9% 子 育 て 世 帯 など 若 い 世 帯 が 生 活 しやすいように 配 慮 する :20.5% 生 活 利 便 性 ( 買 い 物 や 通 勤 のなどの 便 利 さ)の 高 いエリアを 中 心 に 建 設 する :12.0% 周 辺 環 境 に 配 慮 して 建 設 する :6.8% わからない :4.3% 小 規 模 団 地 について 移 転 集 約 を 行 うなどして 効 率 よく 管 理 できるようにする :1.7% 6) 八 雲 町 内 の 公 営 住 宅 の 整 備 する 場 所 について( 第 6 問 ) 生 活 利 便 性 の 高 い 場 所 や 子 育 てなどのしやすい 場 所 さまざまな 世 代 が 交 流 できるにぎわ いのある 場 所 に 整 備 することが 望 まれています 1 番 多 い 回 答 は 日 常 の 買 い 物 等 に 便 利 で 病 院 や 福 祉 施 設 等 に 比 較 的 近 く 公 共 交 通 機 関 などに より 周 辺 との 連 携 がとれているところ 59.0% 2 番 目 に 多 い 回 答 は 公 園 や 広 場 などが 近 くに 整 備 されていて 子 育 てなどのしやすい 安 全 なところ 14.5% 3 番 目 に 多 い 回 答 は 多 くの 人 が 集 まり 若 者 から 高 齢 者 までさまざまな 世 代 が 交 流 でき にぎわいのあるところ 10.3%です 日 常 の 買 い 物 等 に 便 利 で 病 院 や 福 祉 施 設 等 に 比 較 的 近 く 公 共 交 通 機 関 などにより 周 辺 との 連 携 がとれているところ :59.0% 公 園 や 広 場 などが 近 くに 整 備 されていて 子 育 てなどのしやすい 安 全 なところ 14.5% 多 くの 人 が 集 まり 若 者 から 高 齢 者 までさまざまな 世 代 が 交 流 でき にぎわいのあるところ 10.3% 市 街 地 から 多 少 遠 くても 自 然 の 多 い 静 かな 周 辺 環 境 のよいところ :3.4% 特 にない :3.4% 7) 自 由 意 見 について 保 育 施 設 の 充 実 や 老 朽 化 した 公 営 住 宅 の 取 り 壊 しなどに 関 するご 意 見 がありました 24 時 間 保 育 や 土 日 も 子 どもを 預 かってくれる 施 設 がほしい 地 域 の 安 全 性 を 含 めて 老 朽 化 した 公 営 住 宅 を 取 り 壊 すべき などのご 意 見 がありました 65

7 2. 住 まい 住 環 境 の 現 況 と 課 題 展 開 方 向 八 雲 町 の 現 況 上 位 関 連 計 画 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 より 八 雲 町 における 住 まい 住 環 境 における 課 題 及 び 展 開 方 向 を 導 き 出 します 1 八 雲 町 の 現 況 5 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 6 住 まい 住 環 境 の 課 題 ( 案 ) 7 展 開 方 向 平 成 17 年 10 月 に 八 雲 町 と 熊 石 町 が 合 併 し 新 八 雲 町 が 誕 生 気 候 ( 資 料 : 平 成 21 年 アメダス) 道 内 の 中 でも 温 暖 な 気 候 年 間 平 均 気 温 は 八 雲 地 域 の 8 に 対 し て 日 本 海 側 の 熊 石 地 域 は 暖 流 の 影 響 で 9.4 と 比 較 的 高 いです 2 月 の 積 雪 量 では 八 雲 地 域 が 熊 石 地 域 よりも 30 cm 以 上 多 いです 人 口 世 帯 数 人 口 は 20,131 人 (H17 国 勢 調 査 )/19,224 人 (H21 9 月 末 住 基 台 帳 ) 年 々 減 少 傾 向 世 帯 数 は 8,004 世 帯 (H17 国 勢 調 査 )/8,696 世 帯 (H21 9 月 末 住 基 台 帳 ) 横 這 い 状 態 で 小 規 模 世 帯 化 が 進 行 しています 年 齢 構 成 ( 資 料 : 国 勢 調 査 ) H17 の 65 歳 以 上 の 比 率 は 24.2% 15 歳 未 満 は 13.5% 少 子 化 率 高 齢 化 率 ともに 年 々 進 行 しています 2 住 まい 住 環 境 の 現 況 居 住 状 況 ( 資 料 : 国 勢 調 査 ) 持 ち 家 の 世 帯 が 最 も 多 く 62%(4,931 世 帯 ) 次 いで 民 営 借 家 で 18%(1,411 世 帯 ) 公 営 借 家 は 9%(730 世 帯 )です 高 齢 者 の 居 住 状 況 ( 資 料 : 国 勢 調 査 ) 持 ち 家 に 居 住 する 世 帯 が 最 も 多 く 87% 次 いで 公 営 借 家 で 8% 民 営 借 家 は 5%となっています 1 世 帯 あたりの 人 員 ( 資 料 : 国 勢 調 査 ) S55で3.36 人 / 世 帯 H2で3.02 人 / 世 帯 H17で2.52 人 / 世 帯 と 1 世 帯 当 たりの 人 員 は 減 少 傾 向 にあります 住 宅 建 設 の 状 況 ( 資 料 : 町 の 総 合 統 計 ) H12~H14 頃 に 約 120 戸 / 年 の 新 築 住 宅 戸 数 は H20 には 53 戸 / 年 と 約 半 数 まで 減 少 3 上 位 関 連 計 画 新 八 雲 町 総 合 計 画 八 雲 町 都 市 計 画 マスタープラン 八 雲 町 過 疎 地 域 自 立 促 進 市 町 村 計 画 八 雲 町 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 第 4 期 介 護 保 険 事 業 計 画 八 雲 町 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 住 生 活 基 本 法 <1. 住 生 活 の 安 定 の 確 保 及 び 向 上 の 促 進 に 関 する 施 策 > 安 全 安 心 で 良 質 な 住 宅 ストック 居 住 環 境 の 形 成 住 宅 の 取 引 の 適 正 化 流 通 円 滑 化 のための 住 宅 市 場 の 環 境 整 備 住 宅 困 窮 者 に 対 する 住 宅 セーフティネットの 構 築 <2. 住 生 活 基 本 計 画 の 策 定 > 良 質 な 住 宅 ストックの 形 成 と 将 来 世 代 への 承 継 良 好 な 住 環 境 の 形 成 国 民 の 多 様 なニーズが 適 切 に 実 現 される 住 宅 市 場 の 環 境 整 備 住 宅 の 確 保 に 特 に 配 慮 を 要 する 者 の 居 住 安 定 確 保 4 地 区 別 の 現 況 八 雲 地 域 ( 落 部 地 区 を 含 む) 特 性 旧 八 雲 町 で 内 浦 湾 に 面 し 道 南 の 交 通 の 要 衝 として 発 展 町 内 で 最 も 大 きな 市 街 地 基 幹 産 業 の 一 つでホタテ 貝 養 殖 漁 業 の 中 心 地 人 口 世 帯 数 ( 資 料 : 国 勢 調 査 ) 八 雲 町 の 人 口 の 83% 世 帯 数 の 83%が 居 住 し 人 口 は 減 少 傾 向 世 帯 数 は 微 増 傾 向 にあります 熊 石 地 域 特 性 旧 熊 石 町 で 日 本 海 に 面 し 漁 業 が 盛 んな 地 区 ですが 地 域 活 性 化 のために 農 業 基 盤 整 備 や 平 地 区 の 開 発 等 が 進 められています 人 口 世 帯 数 ( 資 料 : 国 勢 調 査 ) 町 の 人 口 世 帯 数 の 17%が 居 住 し 人 口 世 帯 数 ともに 減 少 傾 向 調 査 方 法 回 収 状 況 調 査 方 法 : 町 内 施 設 の 利 用 者 による 回 答 (2 施 設 に 調 査 票 を 据 え 置 き 回 答 記 入 後 回 収 箱 に 投 函 ) 回 収 数 : 合 計 117 票 八 雲 地 域 シルバープラザ :101 票 熊 石 地 域 熊 石 総 合 支 所 : 16 票 調 査 結 果 概 要 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 31%が 30 歳 代 27%が 20 歳 代 65 歳 以 上 は 14%で 若 年 層 が 多 いです 65 歳 以 上 は 八 雲 地 域 で 10% 熊 石 地 域 で 44%と 熊 石 地 域 で 高 齢 者 が 多 いです 35%が 公 務 員 27%が 会 社 員 熊 石 地 域 で 56%が 無 職 回 答 者 の 家 族 構 成 は 34%が 三 人 世 帯 26%が 四 人 世 帯 熊 石 地 域 で 単 身 が 25% 二 人 が 44%と 少 人 数 世 帯 が7 割 を 占 めています( 八 雲 地 域 の 少 人 数 世 帯 は 20%) 子 どもを 育 てやすい 環 境 づくりのために 行 政 に 望 むこと 町 全 体 では 子 どもを 預 けられる 施 設 の 充 実 (69%) 安 心 して 遊 べる 遊 び 場 の 整 備 (62%) 道 路 交 通 の 整 備 (56%) (5 割 以 上 の 人 が 回 答 した 選 択 肢 を 掲 載 ) 地 域 別 では 八 雲 地 域 の 上 位 3つは 町 全 体 の 傾 向 と 同 じで 熊 石 地 域 の 第 1 位 は 子 どもを 預 けられる 施 設 の 充 実 (63%) 第 2 位 は 助 け 合 いながら 子 育 てができる 環 境 づくり(50%) 第 3 位 は 安 心 して 遊 べる 遊 び 場 の 整 備 (25%) と 第 2 位 の 回 答 に 特 徴 が 見 られます これからの 八 雲 町 の 住 まいづくり 住 環 境 づくりについて 町 全 体 で 上 位 3つは 第 1 位 中 古 住 宅 等 の 有 効 活 用 (44%) と 第 2 位 高 齢 者 向 け 民 間 賃 貸 住 宅 の 建 設 誘 導 (32%) 第 3 位 町 内 の 不 動 産 情 報 の 提 供 (27%) 地 域 別 では 八 雲 地 域 の 第 1 位 は 中 古 住 宅 等 の 有 効 活 用 (44%) 第 2 位 町 内 の 不 動 産 情 報 の 提 供 (28%) 第 3 位 高 齢 者 向 け 民 間 賃 貸 住 宅 の 建 設 誘 導 (27%) 熊 石 地 域 では 回 答 者 に 高 齢 者 が 比 較 的 多 いため 第 1 位 は 高 齢 者 向 け 民 間 賃 貸 住 宅 の 建 設 誘 導 (63%) 第 2 位 中 古 住 宅 等 の 有 効 活 用 (44%) となっています 八 雲 町 で 望 まれる 公 営 住 宅 について 町 全 体 では 第 1 位 安 全 に 遊 べる 公 園 等 がある 団 地 (60%) 第 2 位 高 齢 者 へのサービスが 充 実 した 住 宅 (48%) 第 3 位 さまざまな 世 代 が 暮 らす 団 地 (44%) 地 域 別 では 熊 石 地 域 で 高 齢 者 へのサービスが 充 実 した 住 宅 (75%) が 突 出 して 多 いのが 特 徴 です 老 朽 化 した 公 営 住 宅 の 建 て 替 えで 留 意 すべきこと 町 全 体 では 約 半 数 が 高 齢 者 への 配 慮 (48%) の 回 答 第 2 位 は 子 育 て 世 帯 への 配 慮 (21%) 第 3 位 は 生 活 利 便 性 の 高 いエリアを 中 心 に 建 設 (12%) である 地 域 別 では 熊 石 地 域 で 高 齢 者 への 配 慮 (56%) が 突 出 して 多 いのが 特 徴 です 八 雲 町 内 で 公 営 住 宅 を 整 備 すべき 場 所 について 町 全 体 では 生 活 利 便 性 が 高 く 周 辺 との 連 携 がとれる ところ(59%) が 突 出 して 多 く 次 いで 子 育 てのしや すい 安 全 なところ(15%) となっている 熊 石 地 域 で 子 育 てのしやすい 安 全 なところ は 回 答 なし 自 由 意 見 保 育 施 設 の 充 実 地 域 の 安 全 性 景 観 面 から 除 却 予 定 の 公 営 住 宅 の 速 やかな 除 却 のご 意 見 がありました 課 題 1 少 子 化 高 齢 化 への 対 応 高 齢 化 のさらなる 進 行 において 高 齢 期 にも 安 心 快 適 に 住 み 続 けるための 住 環 境 づくりが 必 要 です 少 子 化 が 進 行 していることから 住 まい 住 環 境 に おける 子 育 て 支 援 方 策 を 検 討 する 必 要 があります 子 育 てをしながら 安 心 して 働 くことができる 環 境 地 域 住 民 で 助 け 合 いながら 子 育 てができる 環 境 など 子 どもを 育 てやすい 環 境 づくりを 検 討 する 必 要 があります 課 題 2 持 ち 家 に 居 住 する 世 帯 に 対 する 対 応 持 ち 家 に 居 住 する 世 帯 が 6 割 強 を 占 めていることか ら 住 み 慣 れた 家 に 安 心 して 長 く 暮 らし 続 けるための 改 修 リフォームができる 環 境 づくりが 必 要 です 住 宅 設 備 (トイレの 水 洗 化 など)の 向 上 を 図 るため の 検 討 が 必 要 です 課 題 3 若 年 層 が 持 ち 家 しやすい 環 境 づくりと 移 住 定 住 の 促 進 中 古 住 宅 の 有 効 活 用 町 内 不 動 産 情 報 の 円 滑 な 流 通 住 宅 地 の 分 譲 など 若 年 層 が 持 ち 家 しやすい 環 境 づく りに 向 けた 住 まい 住 環 境 の 取 組 の 検 討 が 必 要 です 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなか 移 住 定 住 促 進 に 向 け た 施 策 の 検 討 が 必 要 です 課 題 4 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 の 推 進 と 良 質 なストック 形 成 のための 検 討 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 を 図 るため 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 を 策 定 し 良 質 なストックを 形 成 するた めの 方 針 を 検 討 する 必 要 があります 課 題 5 気 候 条 件 や 環 境 への 配 慮 健 康 に 住 まうことや 地 域 住 環 境 に 配 慮 した 住 まい づくりの 取 組 検 討 が 必 要 です 環 境 負 荷 の 低 減 自 然 環 境 の 保 全 観 点 からも 高 断 熱 高 気 密 住 宅 づくりの 推 進 が 望 まれます 課 題 6 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 災 害 に 強 い 住 まいづくりへ 向 けて 昭 和 56 年 の 新 耐 震 基 準 以 前 の 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 促 進 が 望 まれま す 住 み 慣 れた 家 で 安 心 して 長 く 暮 らすことができる 安 全 快 適 に 暮 らすことができる 安 全 安 心 に 子 どもを 生 み 育 てることができる 若 年 層 が 持 ち 家 しやすい 環 境 づくりと 定 住 促 進 のための 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 の 推 進 と 良 質 なストック 形 成 地 域 に 根 ざし 自 然 環 境 に 配 慮 した 災 害 に 強 い 安 全 安 心 な 66

8 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 (1) 住 宅 施 策 の 体 系 八 雲 町 の 目 指 す 住 まい 住 環 境 の 基 本 理 念 基 本 目 標 の 実 現 に 向 けて 住 宅 施 策 の 展 開 方 向 より 推 進 施 策 を 設 定 します 基 本 理 念 基 本 目 標 展 開 方 向 推 進 施 策 ~ 豊 か な 自 然 の 中 笑 顔 と ぬ く も り あ ふ れ る 住 ま い 住 環 境 づ く り ~ 人 と こ こ ろ は ぐ く み こ こ に 住 む こ と の 誇 り と 価 値 を 感 じ ら れ る 住 ま い づ く り 心 豊 かに 安 心 して 長 く 暮 らすことができる 若 い 世 代 がこの 地 域 で 長 く 暮 らすことを 選 択 できる 質 の 高 い 地 域 に 根 ざし 自 然 環 境 との 調 和 に 配 慮 した 住 み 慣 れた 家 で 安 心 して 長 く 暮 らすことができる 安 全 快 適 に 暮 らすことができる 安 全 安 心 に 子 どもを 住 み 育 てることができる 若 年 層 が 持 ち 家 しやすい 環 境 づくりと 定 住 促 進 のための 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 の 推 進 と 良 質 なストック 形 成 地 域 に 根 ざし 自 然 環 境 に 配 慮 した 災 害 に 強 い 安 全 安 心 な 誰 もが 安 全 安 心 に 長 く 暮 らすことができる 住 まいづくり それぞれの 年 齢 層 身 体 状 況 に 応 じて 住 み 慣 れた 家 で 安 全 安 心 に 長 く 暮 らすことができる 住 まいづくりの 推 進 地 域 や 福 祉 との 連 携 による 安 心 居 住 の 推 進 緊 急 通 報 システムや 地 域 高 齢 者 支 援 など 介 護 事 業 と 連 携 し 高 齢 者 が 安 全 安 心 に 暮 らすことができる 住 環 境 づくりの 推 進 住 まい 住 環 境 に 関 する 相 談 対 応 各 課 と 協 力 連 携 し 住 宅 に 関 する 情 報 提 供 や 相 談 対 応 良 質 な 住 宅 リフォーム 改 修 の 推 進 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくりの 推 進 へ 向 けた 住 宅 リフォームに 関 する 情 報 提 供 水 洗 化 の 整 備 へ 向 けた 検 討 清 潔 で 快 適 な 住 環 境 を 実 現 するため 水 洗 化 普 及 促 進 のための 計 画 的 な 整 備 へ 向 けた 検 討 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 の 登 録 円 滑 制 度 の 普 及 促 進 町 内 民 間 賃 貸 住 宅 における 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 の 登 録 円 滑 制 度 の 普 及 促 進 に 向 けた 情 報 提 供 子 育 てに 配 慮 した 住 まいづくりの 推 進 安 心 して 子 どもを 生 み 育 てることができる 住 環 境 づくりに 向 けた 子 育 て 健 康 に 配 慮 した 良 質 な 公 営 住 宅 等 のストック 形 成 及 び 子 どもたちが 安 全 安 心 な 日 常 生 活 を 送 ることができる 環 境 づくりへ 向 けた 検 討 子 育 て 世 帯 が 住 みやすい へ 向 けた 情 報 提 供 子 育 て 世 帯 が 安 心 して 暮 らせる 住 まいづくりの 支 援 へ 向 けた 情 報 提 供 中 古 住 宅 の 有 効 活 用 に 向 けた 町 内 不 動 産 情 報 の 流 通 開 示 の 円 滑 化 若 年 層 が 持 ち 家 をしやすい 環 境 づくりと 良 質 な 中 古 住 宅 の 有 効 活 用 に 向 けた 町 内 不 動 産 情 報 の 円 滑 な 流 通 開 示 地 域 景 観 と 調 和 した 優 良 な 八 雲 町 の 恵 まれた 自 然 環 境 を 活 かし 自 然 の 中 でゆったりと 住 むことができる 住 宅 地 分 譲 の 検 討 移 住 定 住 促 進 へ 向 けた 住 まい 住 環 境 に 関 する 情 報 の 発 信 町 ホームページ パンフレット 等 による 八 雲 町 への 移 住 定 住 を 促 進 するための 情 報 発 信 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 へ 向 けた 活 用 方 針 の 設 定 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 に 基 づき 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 を 図 り 良 質 なストックを 形 成 するための 活 用 方 針 の 設 定 環 境 負 荷 の 低 減 に 向 けた 住 宅 づくりの 推 進 積 雪 寒 冷 に 対 応 するとともに 省 エネルギー 性 に 配 慮 した 住 宅 や 北 方 型 住 宅 に 関 する 情 報 提 供 雪 処 理 の 円 滑 化 を 図 れる 住 環 境 の 形 成 高 齢 者 等 の 除 雪 の 負 担 を 軽 減 し 安 心 して 暮 らすことができる 住 環 境 づくりの 推 進 廃 棄 物 の 減 量 化 とリサイクルの 推 進 環 境 への 負 荷 を 低 減 するため 廃 棄 物 の 減 量 化 と 一 般 家 庭 ゴミの 分 別 リサイクルについての 情 報 提 供 指 導 等 の 実 施 住 宅 の 耐 震 化 の 向 上 八 雲 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づく 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 の 促 進 住 宅 用 火 災 警 報 器 設 置 に 関 する 促 進 のための 情 報 提 供 及 び 相 談 対 応 67

9 (2) 推 進 施 策 の 内 容 展 開 方 向 住 み 慣 れた 家 で 安 心 して 長 く 暮 らすことができる 誰 もが 安 全 安 心 に 長 く 暮 らすことができる 住 まいづくり それぞれの 年 齢 層 身 体 状 況 に 応 じて 住 み 慣 れた 家 で 安 全 安 心 に 長 く 暮 らすことができる 住 まいづくりを 目 指 します 公 営 住 宅 については 入 居 世 帯 の 年 代 身 体 状 況 に 合 った 住 戸 規 模 型 別 の 住 宅 選 定 住 み 替 え に 努 めます 高 齢 者 障 がい 者 等 の 身 体 状 況 に 合 わせて 介 護 保 険 制 度 を 利 用 した 住 宅 改 修 費 の 支 給 等 の 活 用 により 誰 もが 住 み 慣 れた 住 宅 で 安 心 して 住 まうことができる 環 境 づくりを 進 めます 地 域 や 福 祉 との 連 携 による 安 心 居 住 の 推 進 緊 急 通 報 システムや 地 域 高 齢 者 支 援 など 介 護 事 業 と 連 携 し 高 齢 者 が 安 全 安 心 に 暮 らすことが できる 住 環 境 づくりを 推 進 します 緊 急 通 報 システム 設 置 制 度 により 一 人 暮 らしの 高 齢 者 が 安 全 安 心 に 暮 らすことができる よう 継 続 して 事 業 を 進 めます やくも 安 心 キット( 救 急 医 療 情 報 キット) 配 布 事 業 により 緊 急 時 に 必 要 な 情 報 を 冷 蔵 庫 に 保 管 し 迅 速 な 救 急 活 動 に 役 立 て 安 全 対 策 の 充 実 を 図 ります やくも 安 心 キット( 救 急 医 療 情 報 キット) とは 緊 急 時 に 必 要 な 持 病 服 薬 内 容 などの 医 療 情 報 や 健 康 保 険 証 ( 写 )などを 専 用 の 容 器 に 入 れ 自 宅 の 冷 蔵 庫 に 保 管 する もし 救 急 車 を 呼 んでも 本 人 の 病 状 などで 説 明 ができない 場 合 救 急 隊 員 が 医 療 情 報 と して 活 用 し 迅 速 な 救 急 活 動 に 役 立 てるとともに 緊 急 連 絡 先 の 把 握 により 親 族 などにいち 早 く 連 絡 が 取 れる 冷 蔵 庫 に 保 管 するのは 駆 けつけた 救 急 隊 員 がすぐにキットを 探 し 出 すのに 最 適 な 場 所 なため 展 開 方 向 安 全 快 適 に 暮 らすことができる 住 まい 住 環 境 に 関 する 相 談 対 応 各 課 と 協 力 連 携 し 住 宅 に 関 する 情 報 提 供 や 相 談 対 応 に 応 じます 町 民 からの 住 宅 に 係 る 相 談 に 応 じるため 関 連 各 課 と 協 力 連 携 して 安 心 快 適 に 暮 らすための 住 情 報 の 提 供 や 住 環 境 に 対 する 不 安 の 解 消 を 図 るなど 相 談 対 応 を 継 続 して 行 います 68

10 良 質 な 住 宅 リフォーム 改 修 の 推 進 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくりの 推 進 へ 向 けた 住 宅 リフォームに 関 する 情 報 を 提 供 し 安 全 安 心 な 住 まいづくりを 推 進 します 町 民 が 安 心 してリフォームを 行 える 環 境 づくりに 向 けて 住 宅 リフォームに 関 する 情 報 を 町 ホー ムページ パンフレット 等 により 提 供 していきます 住 宅 リフォームに 関 するパンフレットの 配 布 やリフォームに 関 する 不 安 を 解 消 するための 相 談 対 応 を 行 います 水 洗 化 の 整 備 へ 向 けた 検 討 清 潔 で 快 適 な 住 環 境 を 実 現 するため 水 洗 化 の 普 及 促 進 を 目 指 します 下 水 道 の 計 画 的 な 整 備 を 推 進 するほか 水 洗 化 率 の 向 上 に 向 けて 環 境 保 全 と 快 適 な 生 活 環 境 の 確 保 についての 啓 発 に 努 めます 下 水 道 処 理 計 画 区 域 外 においては 合 併 浄 化 槽 の 設 置 を 促 進 します 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 の 登 録 円 滑 制 度 の 普 及 促 進 町 内 民 間 賃 貸 住 宅 における 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 の 登 録 円 滑 制 度 の 普 及 促 進 に 向 けた 情 報 提 供 を 行 います 民 間 賃 貸 住 宅 をお 探 しの 高 齢 者 が 安 心 して 円 滑 に 住 まいを 選 択 することができるよう 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 登 録 制 度 の 情 報 を 町 ホームページで 情 報 提 供 します 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 の 登 録 円 滑 制 度 とは 高 齢 者 円 滑 入 居 賃 貸 住 宅 とは 高 齢 者 の 入 居 を 拒 まない 民 間 賃 貸 住 宅 のこと 高 齢 者 の 方 が 円 滑 に 入 居 できる( 高 齢 者 の 入 居 を 拒 まない) 賃 貸 住 宅 の 情 報 を 貸 主 が 都 道 府 県 に 登 録 し 賃 貸 住 宅 をお 探 しの 方 が 登 録 情 報 を 閲 覧 できるように 公 開 する 制 度 のこと 展 開 方 向 安 全 安 心 に 子 どもを 住 み 育 てることができる 子 育 てに 配 慮 した 住 まいづくりの 推 進 安 心 して 子 どもを 生 み 育 てることができる 住 環 境 づくりに 向 けた 子 育 て 健 康 に 配 慮 した 良 質 な 公 営 住 宅 等 のストック 形 成 及 び 子 どもたちが 安 全 安 心 な 日 常 生 活 を 送 ることができる 環 境 づく りを 目 指 します 老 朽 化 により 居 住 性 の 低 い 公 営 住 宅 の 建 替 にあたっては 子 育 て 世 帯 が 安 心 して 子 どもを 育 てる ことができる 良 質 な 住 宅 の 整 備 を 進 めます 子 どもの 心 身 の 健 全 な 発 達 を 促 すため 子 どもたちが 安 全 かつ 安 心 な 日 常 生 活 が 送 れる 環 境 づ くりへ 向 けた 検 討 を 行 います 69

11 子 育 て 世 帯 が 住 みやすい へ 向 けた 情 報 提 供 子 育 て 世 帯 が 安 心 して 暮 らせる 住 まいづくりの 支 援 へ 向 けた 情 報 提 供 を 行 います 北 海 道 が 推 進 する 安 全 で 健 康 快 適 に 暮 らせる 家 づくりとした 北 方 型 住 宅 の 基 準 や 仕 様 等 の 情 報 提 供 を 図 ります 展 開 方 向 若 年 層 が 持 ち 家 しやすい 環 境 づくりと 定 住 促 進 のための 中 古 住 宅 の 有 効 活 用 に 向 けた 町 内 不 動 産 情 報 の 流 通 開 示 の 円 滑 化 若 年 層 が 持 ち 家 をしやすい 環 境 づくりと 良 質 な 中 古 住 宅 の 有 効 活 用 に 向 けた 町 内 不 動 産 の 情 報 提 供 を 行 います 町 ホームページにて 町 内 の 不 動 産 情 報 の 提 供 を 継 続 して 行 います また 物 件 の 情 報 について は 民 間 との 連 携 も 視 野 に 入 れた 体 制 づくりに 努 め 不 動 産 情 報 の 充 実 を 図 ります 地 域 景 観 と 調 和 した 優 良 な 八 雲 町 の 恵 まれた 自 然 環 境 を 活 かし 自 然 の 中 でゆったりと 住 むことができる 住 宅 地 分 譲 へ 向 け た 検 討 を 行 います 八 雲 町 の 豊 かな 自 然 を 感 じることができる 住 宅 と 公 園 緑 が 一 体 となった 住 環 境 づくりを 進 め ます 広 い 敷 地 と 上 下 水 道 公 園 などが 整 備 された 快 適 な 都 市 空 間 のもと ゆとりある 魅 力 的 な 住 まい づくりを 推 進 します 移 住 定 住 促 進 へ 向 けた 住 まい 住 環 境 に 関 する 情 報 の 発 信 移 住 定 住 促 進 事 業 により 八 雲 町 の 移 住 定 住 を 促 進 します 町 ホームページ パンフレット 等 による 八 雲 町 への 移 住 定 住 を 促 進 するための 情 報 発 信 を 行 い ます 移 住 者 の 受 け 入 れ 体 制 を 推 進 するため ワンストップ 窓 口 の 充 実 を 図 ります 団 塊 の 世 代 を 中 心 とした 移 住 希 望 者 へプロモーション 活 動 を 行 うことで 移 住 促 進 に 向 けた 具 体 策 について 検 討 します 70

12 展 開 方 向 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 の 推 進 と 良 質 なストック 形 成 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 へ 向 けた 活 用 方 針 の 設 定 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 に 基 づき 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 を 図 り 良 質 なストックを 形 成 す るための 活 用 方 針 を 定 めます 公 営 住 宅 等 の 構 造 建 設 年 度 耐 用 年 限 経 過 状 況 入 居 者 の 意 向 把 握 等 に 基 づき 団 地 別 住 棟 別 の 活 用 方 針 を 設 定 し 公 営 住 宅 等 の 長 寿 命 化 を 進 めます 高 齢 者 や 障 がい 者 への 配 慮 や 子 育 て 支 援 の 視 点 を 取 り 入 れた 公 営 住 宅 等 事 業 の 展 開 を 図 ります 展 開 方 向 地 域 に 根 ざし 自 然 環 境 に 配 慮 した 環 境 負 荷 の 低 減 に 向 けた 住 宅 づくりの 推 進 住 まいにおける 省 エネルギー 新 エネルギーの 活 用 により 環 境 負 荷 を 低 減 し 自 然 環 境 に 配 慮 し た 住 まいづくりを 目 指 します 冬 に 過 ごしやすい 環 境 づくりとして 高 断 熱 高 気 密 による 環 境 負 荷 の 低 減 に 配 慮 した 住 宅 づく りを 目 指 します 住 宅 省 エネルギー 対 応 の 推 進 のための 情 報 提 供 を 行 い CO2 削 減 による 環 境 負 荷 の 低 減 化 石 燃 料 の 使 用 量 削 減 光 熱 費 のコスト 削 減 を 通 した 自 然 と 共 生 する 住 環 境 づくりを 推 進 します 冬 に 過 ごしやすい 住 まいづくりとして 高 断 熱 高 気 密 による 環 境 負 荷 の 低 減 に 配 慮 した 住 宅 づ くりに 関 する 情 報 提 供 を 行 います 雪 処 理 の 円 滑 化 を 図 れる 住 環 境 の 形 成 高 齢 者 等 の 除 雪 の 負 担 を 軽 減 し 安 心 して 暮 らすことができる 住 環 境 づくりを 推 進 します 冬 に 過 ごしやすい 住 まいづくりとして 雪 処 理 の 軽 減 に 配 慮 した 住 宅 づくりに 関 する 情 報 提 供 を 行 います 冬 期 間 に 除 雪 が 困 難 な 高 齢 者 等 について 除 雪 サービス 事 業 を 行 い 除 雪 負 担 軽 減 を 図 ります 廃 棄 物 の 減 量 化 とリサイクルの 推 進 廃 棄 物 の 減 量 化 と 一 般 家 庭 ゴミの 分 別 リサイクルについての 情 報 提 供 指 導 等 を 行 い 環 境 負 荷 の 低 減 や 住 環 境 の 保 全 を 図 ります 家 庭 系 一 般 ゴミの 分 別 リサイクルについては 分 別 の 情 報 提 供 や 相 談 対 応 を 継 続 して 行 い ま ちの 美 化 保 全 に 努 めます 71

13 展 開 方 向 災 害 に 強 い 安 全 安 心 な 住 宅 の 耐 震 化 の 向 上 八 雲 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づき 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 し 災 害 に 強 い 住 まいづく りを 目 指 します 安 心 して 耐 震 診 断 改 修 が 行 える 環 境 づくりとして 耐 震 診 断 改 修 に 係 る 相 談 体 制 の 整 備 や 耐 震 診 断 改 修 に 係 る 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります 住 宅 建 築 物 の 地 震 防 災 対 策 に 関 する 啓 発 知 識 の 普 及 として パンフレットなどを 活 用 し 普 及 啓 発 資 料 の 配 布 など 情 報 提 供 を 行 います 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 の 促 進 住 宅 用 火 災 警 報 器 設 置 に 関 する 促 進 のための 情 報 提 供 及 び 相 談 対 応 を 行 い 安 全 安 心 な 住 まい づくりを 目 指 します 町 民 が 火 災 から 自 らを 守 るための 対 策 取 組 を 積 極 的 に 行 っていく 環 境 づくりを 進 めるため 町 民 が 防 災 防 火 に 対 して 関 心 を 持 つよう 情 報 提 供 を 行 います 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 未 設 置 部 分 の 解 消 に 向 けて 情 報 発 信 相 談 対 応 啓 発 活 動 を 行 います 72

14

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

第7章

第7章 4. 成 果 指 標 (1) 成 果 指 標 の 設 定 住 生 活 基 本 計 画 の 目 標 実 現 に 向 けた 基 本 方 針 について その 達 成 状 況 を 市 民 住 宅 関 連 事 業 者 行 政 等 が 評 価 できるよう 成 果 指 標 を 次 のように 定 めます 基 本 目 標 基 本 方 針 成 果 指 標 安 全 に 安 心 し て 生 活 で き る 住 まい まちづ

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

市営住宅総合再生計画

市営住宅総合再生計画 第 3 章 公 営 住 宅 の 役 割 とめざす 方 向 3-1 公 営 住 宅 の 役 割 (1) 新 たな 住 宅 政 策 の 背 景 これまでの 住 宅 政 策 の 基 本 的 な 枠 組 みは 政 策 手 法 の 三 本 柱 である 公 営 住 宅 制 度 日 本 住 宅 公 団 ( 現 在 の 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ) 住 宅 金 融 公 庫 ( 現 在 の 独

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information

高齢者の居住安定確保プラン 第3章 高齢者の居住の安定確保に向けた基本的方針

高齢者の居住安定確保プラン 第3章 高齢者の居住の安定確保に向けた基本的方針 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 向 けた 基 本 的 方 針 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 向 けた 基 本 的 方 針 1 節 高 齢 者 の 住 まいを 取 り 巻 く 課 題 (1) 高 齢 化 の 動 向 や 住 まいの 現 状 と 課 題 東 京 は 今 本 格 的 な 高 齢 社 会 を 迎 えようとしており 今 後 とりわけ 75 歳 以 上 の 後

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

25 年 度 アクションプラン 補 助 制 度 目 標 定 住 人 口 :198 人 増 1 九 州 大 学 学 生 への 電 動 バイクレンタル 事 業 学 研 都 市 づくり 課 進 学 糸 島 市 内 に 居 住 する 九 州 大 学 の 学 生 に 民 間 業 者 と 連 携 し て 電 動

25 年 度 アクションプラン 補 助 制 度 目 標 定 住 人 口 :198 人 増 1 九 州 大 学 学 生 への 電 動 バイクレンタル 事 業 学 研 都 市 づくり 課 進 学 糸 島 市 内 に 居 住 する 九 州 大 学 の 学 生 に 民 間 業 者 と 連 携 し て 電 動 直 接 的 施 策 25 年 度 アクションプラン 一 覧 表 補 助 制 度 1. 九 州 大 学 学 生 への 電 動 バイクレンタル 事 業 進 学 期 2. 九 州 大 学 学 生 への 自 転 車 購 入 補 助 事 業 進 学 期 3. 九 州 大 学 と 連 携 した 空 き 家 リノベーション 進 学 期 4. 空 き 家 リフォーム 補 助 金 就 職 期 結 婚 期 子 育 て

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929> 芦 屋 町 町 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 月 芦 屋 町 目 次 1. 計 画 の 目 的 と 方 針 (1) 計 画 の 目 的 と 背 景 1 (2) 計 画 策 定 の 流 れ 1 (3) 計 画 の 位 置 づけ 2 (4) 計 画 期 間 2 2. 芦 屋 町 の 住 宅 事 情 (1) 人 口 世 帯 数 等 3 (2) 住 宅 事 情 5 3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 秋 田 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 27 年 10 月 秋 田 県 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 世

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

社 会 資 本 整 備 総 合 計 画 ( 地 域 住 宅 計 画 ) 計 画 の 名 称 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 地 域 住 宅 計 画 の 名 称 香 川 県 地 域 都 道 府 県 名 香 川 県 作 成 主 体 名 計 画 期

社 会 資 本 整 備 総 合 計 画 ( 地 域 住 宅 計 画 ) 計 画 の 名 称 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 地 域 住 宅 計 画 の 名 称 香 川 県 地 域 都 道 府 県 名 香 川 県 作 成 主 体 名 計 画 期 か が わ け ん 香 川 県 し ゃ か い 社 会 し ほ ん 資 本 そ う ご う 総 合 せ い び 整 備 け い か く 計 画 計 画 名 : 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 第 6 回 変 更 か が わ けん ま る が め し さ か い で し ぜ ん つ う じ し か ん お ん じ し し ひがし し み と よ

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

青 森 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 青 森 県 目 次 Ⅰ 計 画 の 目 的 と 背 景 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 1 2 計 画 期 間 2 3 高 齢 者 と 高 齢 者 の 住 まいに 関 する 現 状 と 将 来 推 計 3 (1) 青 森 県 の 人 口 と 世 帯 数 (2) 青 森 県 の 高 齢 化 率 (3) 青

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

<92508F838F578C76816948509770816A2E786C73>

<92508F838F578C76816948509770816A2E786C73> 平 成 24 年 2 月 1 日 現 在 ( 単 純 集 ) ( 大 槌 町 復 興 局 復 興 推 進 室 ) 1/26 住 宅 再 建 に 関 する 意 向 調 査 について 1. 調 査 目 的 被 災 者 住 宅 再 建 について 見 通 しや 考 え 方 を 明 らかにすることにより 大 槌 町 東 日 本 大 震 災 津 波 復 興 画 ( 実 施 画 ) 策 定 に 係 る 基 礎 資

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

Microsoft Word - Łsfi®”YŠ¬™Ê‰Æ.doc

Microsoft Word - Łsfi®”YŠ¬™Ê‰Æ.doc 不 動 産 流 通 業 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 < 第 10 回 ( 度 )> 調 査 結 果 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 17 年 9 月 社 団 法 人 不 動 産 流 通 経 営 協 会 第 10 回 不 動 産 流 通 業 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 要 旨 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 5 分 5 乗 方 式 と 相 続

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63> 計 画 策 定 の 趣 旨 わが 国 は 世 界 に 例 のないスピードで 高 齢 化 が 進 んでおり 世 界 でも 最 高 水 準 の 前 例 のない 高 齢 社 会 を 迎 えました 今 後 も 一 層 の 高 齢 化 が 進 行 し ねたきりや 認 知 症 高 齢 者 の 増 加 介 護 期 間 の 長 期 化 など 介 護 に 対 するニーズがますます 増 大 することが 見 込 まれます

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

Microsoft Word - Ⅱ章.doc

Microsoft Word - Ⅱ章.doc Ⅱ. 公 営 住 宅 需 要 の 把 握 1. 公 営 住 宅 の 需 要 予 測 (1) 公 営 住 宅 需 要 予 測 ここでは 将 来 必 要 となる 公 営 住 宅 の 整 備 目 標 量 を 算 出 する なお 本 市 における 公 営 住 宅 の 需 要 予 測 を 行 うに 当 たっては 平 成 20 年 を 基 準 年 次 として 目 標 年 次 を 平 成 29 年 とする 以 下

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203132957393AE8E598352839383568346838B8357838592868D91926E8BE68BA68B6389EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203132957393AE8E598352839383568346838B8357838592868D91926E8BE68BA68B6389EF2E70707478> 不 動 産 コンシェルジュ 中 国 地 区 協 議 会 のご 紹 介 平 成 26 年 3 月 25 日 1 1. 不 動 産 コンシェルジュ 中 国 地 区 協 議 会 の 事 業 目 的 目 標 (1) 事 業 の 目 的 消 費 者 が 安 心 して 住 宅 を 取 得 でき リフォームを 行 うことができる 環 境 を 整 備 するため 中 古 住 宅 の 売 買 においては 売 主 に 瑕

More information

Microsoft Word - h28rifo

Microsoft Word - h28rifo 作 成 日 : 平 成 28 年 6 月 14 日 大 村 市 の 住 宅 リフォーム 支 援 事 業 住 宅 リフォームをお 考 えの 方 へ 大 村 市 では いろいろな 住 宅 のリフォーム 支 援 事 業 を 実 施 しています あなたの 目 的 に 応 じた 支 援 事 業 をご 利 用 ください 図 はあくまでイメージです 注 1) となる 部 分 は 各 支 援 事 業 によって 異

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

札幌市住宅マスタープラン2011概要版

札幌市住宅マスタープラン2011概要版 ( 仮 ) 市 政 等 資 料 番 号 1-A1-11-5 札 幌 市 住 宅 マスタープラン 211 概 要 版 住 宅 マスタープランの 目 的 と 見 直 しの 必 要 性 札 幌 市 では 本 市 の 住 宅 施 策 の 目 標 と 具 体 的 施 策 の 方 向 性 を 明 確 化 し 将 来 の 住 宅 住 環 境 のあり 方 を 展 望 しながら 総 合 的 な 住 宅 施 策 を 展

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information