Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 参 考 資 料 4 当 別 町 人 口 ビジョン( 案 ) 平 成 27 年 7 月 版 当 別 町

2

3 目 次 1 人 口 動 向 分 析... 1 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 1 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移... 6 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響... 8 (5) 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況... 9 (6) 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況... 1 (7) 性 別 年 齢 別 の 人 口 移 動 数 の 状 況 ( 近 年 の 動 向 ) (8) 性 別 年 齢 別 の 人 口 移 動 数 の 状 況 ( 長 期 的 動 向 ) (9) 出 生 に 関 する 分 析 (1) 雇 用 や 就 労 等 に 関 する 分 析 将 来 人 口 推 計 (1) 将 来 人 口 推 計 (2) 将 来 人 口 の 及 ぼす 自 然 増 減 社 会 増 減 の 影 響 度 の 分 析 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 える 影 響 の 分 析 (1) 財 政 への 影 響 (2) 公 共 施 設 の 維 持 管 理 更 新 等 のへの 影 響 (3) 民 間 利 便 施 設 の 進 出 撤 退 状 況... 4 (4) 地 域 の 産 における 人 材 の 過 不 足 状 況 人 口 の 将 来 展 望 (1) 将 来 展 望 の 基 礎 となる 町 民 意 向 調 査 (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 (3) 人 口 の 将 来 展 望... 44

4

5 1 人 口 動 向 分 析 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 当 別 町 の 人 口 推 移 をみると 1965 年 ( 昭 和 4 年 )の 19,46 人 から 減 少 傾 向 にあり 1974 年 ( 昭 和 49 年 )には 減 少 割 合 が 緩 やかになったものの 199 年 ( 平 成 2 年 )には 約 1 万 5 千 人 にまで 減 少 し た 199 年 ( 平 成 2 年 )からは 太 美 地 区 の 開 発 によって 人 口 流 入 が 進 み 2 年 ( 平 成 12 年 )には 約 5 千 人 増 加 して 2 万 人 を 超 え 人 口 のピークを 迎 えた その 後 宅 地 開 発 が 終 息 すると 減 少 に 転 じ 21 年 ( 平 成 22 年 )には 18,76 人 となった 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 将 来 推 計 では 今 後 も 人 口 減 少 が 進 み 22 年 ( 平 成 32 年 )は 約 1 万 6 千 人 24 年 ( 平 成 52 年 )は 約 1 万 1 千 人 になると 推 計 されている 図 表 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 25, 実 績 値 社 人 研 による 推 計 値 2, 19,391 19,46 18,969 18,547 19,672 2,778 19,982 18,766 15, 人 口 ( 人 ) 17,351 17,316 16, 年 北 海 道 医 療 大 学 ( 当 時 東 日 本 学 園 大 学 )の 設 立 15,825 17,446 16,247 15,34 13,844 12,641 11,414 1, 太 美 地 区 への 人 口 流 入 (1988 年 札 幌 大 橋 完 成 ) 5, 1955 年 196 年 1965 年 197 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 地 域 別 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) 1

6 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 年 齢 3 区 分 別 に 人 口 推 移 をみると 生 産 年 齢 人 口 (15 歳 ~64 歳 )は 総 人 口 とほぼ 同 様 の 増 減 推 移 にあるが 年 少 人 口 ( 歳 ~14 歳 )は 199 年 ( 平 成 2 年 )の 太 美 地 区 への 人 口 流 入 があった 時 期 から 2 年 ( 平 成 12 年 )まで 増 加 したが それ 以 外 は 全 て 減 少 傾 向 にある 反 対 に 老 年 人 口 (65 歳 以 上 )はこれまで 一 貫 して 増 加 が 続 いている 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 推 計 では 年 少 人 口 および 生 産 年 齢 人 口 は 減 少 傾 向 が 進 み 老 年 人 口 は 23 年 ( 平 成 42 年 )まで 増 加 傾 向 が 進 むが それ 以 降 は 減 少 に 転 じると 推 計 され 235 年 ( 平 成 47 年 )には 老 年 人 口 が 生 産 年 齢 人 口 を 上 回 ると 推 計 されている 老 年 人 口 の 割 合 ( 高 齢 化 率 )は 増 加 し 続 け 21 年 ( 平 成 22 年 )の 24.6%から 24 年 ( 平 成 52 年 )には 5%を 超 えると 推 計 されている 図 表 年 齢 3 区 分 別 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 人 口 15, 人 ( ) 25, 2, 1, 5, 総 人 口 年 少 人 口 (~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 19,391 19,46 18,969 18,547 実 績 値 17, 年 北 海 道 医 療 大 学 ( 当 時 東 日 本 学 園 大 学 )の 設 立 11,2 11,857 12,781 12,63 11,68 11,939 17,316 16,57 19,672 15,825 11,418 11,2 13,27 2,778 19,982 18,766 13,732 13,1 11,992 17,446 1,563 16,247 9,335 社 人 研 による 推 計 値 15,34 8,121 13,844 12,641 11,414 7,142 6,672 太 美 地 区 への 人 口 流 入 6,878 5,664 5,657 5,896 6,8 (1988 年 札 幌 大 橋 完 成 ) 5,736 4,83 5,275 4,326 4,615 3,781 4,52 6,111 3,245 3,537 5,875 3,522 5,3 2, ,114 1,334 1,596 1,844 2,241 2,865 3,524 2,159 2,919 1,68 1,255 1, 年 196 年 1965 年 197 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 地 域 別 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) 2

7 58.% 61.1% 65.9% 図 表 年 齢 3 区 分 別 総 人 口 構 成 の 推 移 と 将 来 推 計 1% 実 績 値 社 人 研 による 推 計 値 9% 8% 4.3% 4.4% 5.% 6.% 7.7% 9.2% 11.2% 14.2% 14.6% 17.% 2.3% 24.6% 3.2% 34.8% 39.2% 44.1% 47.5% 7% 5.3% 6% 5% 4% 3% 2% 37.7% 34.4% 68.% 67.3% 68.9% 69.2% 69.5% 67.5% 66.1% 65.1% 63.9% 6.5% 57.5% 54.% 49.7% 46.5% 43.8% 29.2% 26.% 24.9% 1% % 21.8% 19.7% 16.3% 18.% 17.% 14.6% 11.5% 9.2% 7.7% 6.8% 6.2% 6.% 5.9% 1955 年 196 年 1965 年 197 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 年 少 人 口 (~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 地 域 別 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) 図 表 男 女 別 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 12, 総 人 口 ( 男 ) 年 少 人 口 ( 男 ) 生 産 年 齢 人 口 ( 男 ) 老 年 人 口 ( 男 ) 総 人 口 ( 女 ) 年 少 人 口 ( 女 ) 生 産 年 齢 人 口 ( 女 ) 老 年 人 口 ( 女 ) 実 績 値 社 人 研 による 推 計 値 1, 人 8, 口 ( 人 1974 年 北 海 道 医 療 大 学 ( 当 時 東 日 本 学 園 大 学 )の 設 立 ) 6, 4, 太 美 地 区 への 人 口 流 入 (1988 年 札 幌 大 橋 完 成 ) 2, 1965 年 197 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 地 域 別 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) 3

8 図 表 人 口 ピラミッドの 推 移 と 将 来 推 計 197 年 昭 和 45 年 男 9~ 198 年 女 85~89 昭 和 55 年 8~84 男 9~ 85~89 8~84 女 75~79 75~79 7~75 7~75 65~69 65~69 6~64 6~64 55~59 55~59 5~54 5~54 45~49 45~49 4~44 4~44 35~39 35~39 3~34 3~34 25~29 25~29 2~24 2~24 15~19 15~19 1~14 1~ ~9 ~ ~9 ~ 年 平 成 2 年 男 ~ 2 年 女 85~89 平 成 12 年 8~84 75~79 7~75 65~69 6~64 55~59 5~54 45~49 4~44 35~39 3~34 25~29 2~24 15~19 1~14 5~9 ~ 太 美 地 区 流 入 世 代 男 ~ 女 85~89 8~84 75~79 7~75 65~69 6~64 55~59 5~54 45~49 4~44 35~39 3~34 25~29 2~24 15~19 1~14 5~9 ~ 年 平 成 22 年 男 9~ 女 22 年 85~89 平 成 32 年 8~84 男 9~ 85~89 8~84 女 75~79 75~79 7~75 7~75 65~69 65~69 6~64 6~64 55~59 55~59 5~54 5~54 45~49 45~49 4~44 4~44 35~39 35~39 3~34 3~34 25~29 25~29 2~24 2~24 15~19 15~19 1~14 1~ ~9 ~ ~9 ~ 年 平 成 42 年 男 9~ 85~89 8~84 女 24 年 平 成 52 年 男 9~ 85~89 8~84 女 75~79 75~79 7~75 7~75 65~69 65~69 6~64 6~64 55~59 55~59 5~54 5~54 45~49 45~49 4~44 4~44 35~39 35~39 3~34 3~34 25~29 25~29 2~24 2~24 15~19 15~19 1~14 1~14 5~9 5~9 ~4 ~ 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 地 域 別 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) 4

9 出 産 可 能 年 齢 (15~49 歳 と 規 定 )の 女 性 人 口 の 推 移 をみると 197 年 まで 増 加 傾 向 にあったが 197 年 ~1975 年 の 間 に 急 減 し 19 年 まで 減 少 傾 向 で 推 移 した 太 美 地 区 の 宅 地 開 発 を 契 機 に 199 年 ~1995 年 に 急 増 したが 25 年 から 再 度 減 少 傾 向 で 推 移 して いる 将 来 も 減 少 傾 向 で 推 移 すると 予 測 され 23 年 には 約 2 千 人 になると 推 計 されている 図 表 出 産 可 能 年 齢 女 性 の 推 移 と 将 来 推 計 ( 出 産 可 能 な 年 齢 を15~49 歳 と 規 定 ) 歳 2 24 歳 歳 3 34 歳 歳 4 44 歳 歳 実 績 値 社 人 研 による 推 計 値 人 口 人 ( ) 年 196 年 1965 年 197 年 1975 年 198 年 1985 年 1 9 年 1 95 年 2 年 2 5 年 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 地 域 別 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) 5

10 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移 自 然 増 減 でみると 太 美 地 区 が 開 発 されるまでは 出 生 数 の 減 少 死 亡 数 の 微 増 により 自 然 増 加 で 推 移 していたものの その 差 は 小 さくなり 1989 年 ( 平 成 元 年 )ではほぼ 出 生 数 と 死 亡 数 が 同 程 度 となった 太 美 地 区 の 開 発 が 進 むと 再 び 自 然 増 へ 転 じたが 199 年 ( 平 成 11 年 )から 出 生 数 が 減 少 死 亡 数 の 増 加 が 進 み 自 然 減 少 で 推 移 し 減 少 数 は 大 きくなっている 社 会 増 減 でみると 7 年 代 前 半 は 団 塊 世 代 の 就 職 等 により 転 出 が 多 く 1,5 人 を 超 えていた 7 年 代 半 ばには 1,2 人 程 度 まで 落 ち 着 いたものの 8 年 代 まで 社 会 減 少 が 続 いた 太 美 地 区 の 開 発 が 進 むと 転 入 数 が 急 増 し 社 会 増 加 となったが 1994 年 ( 平 成 6 年 )から 転 入 数 が 急 減 したため 2 年 ( 平 成 12 年 )から 再 び 社 会 減 少 に 転 じ 社 会 減 少 数 は 増 加 してきて いる 図 表 出 生 数 死 亡 数 転 入 数 転 出 数 の 推 移 25, 総 人 口 出 生 死 亡 転 入 転 出 3, 総 15, 人 口 ( 人 2, ) 1, 1974 年 北 海 道 医 療 大 学 ( 当 時 東 日 本 学 園 大 学 )の 設 立 太 美 地 区 への 人 口 流 入 (1988 年 札 幌 大 橋 完 成 ) 2,5 2, 1,5 1, 転 入 転 出 数 / 出 生 死 亡 数 ( 人 ) 5, 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 214 年 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 6

11 図 表 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 減 数 の 推 移 4 自 然 増 減 出 生 死 亡 出 生 死 亡 1 数 ( 人 ) 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 214 年 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 図 表 転 入 数 転 出 数 社 会 増 減 数 の 推 移 3, 社 会 増 減 転 入 転 出 2,5 2,41 2, 転 1,5 入 転 出 1, 数 人 ) 5 1,666 1,31 1,218 1,173 1, ,819 1,83 1,121 1,81 1,136 1,118 1, ,13 1, , , 197 年 1975 年 198 年 1985 年 199 年 1995 年 2 年 25 年 21 年 214 年 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 7

12 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響 当 別 町 の 人 口 を 自 然 増 減 と 社 会 増 減 でみると 太 美 地 区 の 開 発 が 大 きく 総 人 口 に 影 響 を 及 ぼし 太 美 地 区 の 開 発 期 とその 前 後 期 間 の3 期 に 分 けられる 太 美 地 区 開 発 前 (~199 年 )は 出 生 数 が 減 少 しながらも 自 然 増 加 で 推 移 していたが 社 会 減 少 が 続 いていたため 人 口 減 少 が 進 んだ 太 美 地 区 の 開 発 期 (199 年 ~2 年 )になると 宅 地 開 発 による 人 口 流 入 は 大 きな 社 会 増 加 と なり 自 然 増 加 で 推 移 したため 人 口 増 加 へ 転 じた しかし 開 発 後 (2 年 以 降 )は 一 転 して 社 会 減 少 となり さらに 出 生 数 の 減 少 死 亡 数 の 増 加 によって 自 然 減 少 となったため 人 口 減 少 が 進 んでいる 図 表 転 入 数 転 出 数 社 会 増 減 数 の 推 移 6 4 自 然 増 減 数 ( 人 ) 年 ( 起 点 ) 196 年 ~199 年 自 然 増 加 社 会 減 少 199 年 ~2 年 自 然 増 加 社 会 増 加 214 年 ( 終 点 ) 2 年 ~ 自 然 減 少 社 会 減 少 1993 年 -2 人 口 減 少 ゾーン 人 口 増 加 ゾーン 社 会 増 減 数 ( 人 ) 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 )より 作 成 8

13 (5) 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 近 年 の 人 口 移 動 ( 社 会 増 減 )をみると 転 出 超 過 数 に 占 める 2~24 歳 25~29 歳 の 割 合 が 高 く 大 学 等 の 卒 後 に 町 外 の 企 に 就 職 する 者 が 多 いことが 考 えられる さらに 15~19 歳 の 転 出 超 過 数 に 占 める 割 合 も 多 く 高 校 卒 を 契 機 に 就 職 や 大 学 等 への 進 学 により 町 外 へ 転 出 する 者 が 多 いことも 考 えられる 図 表 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 人 ) 15 9 歳 以 上 1 85~89 歳 5 8~84 歳 75~79 歳 ~4 歳, 13 2~24 歳, ~29 歳, -51 3~34 歳,-17 45~49 歳, -13 ~4 歳, 28 15~19 歳, -17 2~24 歳, ~29 歳, ~49 歳, ~19 歳, ~19 歳, -39 2~24 歳, -1 2~24 歳, ~29 歳, -57 3~34 歳, -9 45~49 歳, ~19 歳, -13 2~24 歳, ~29 歳, -4 25~29 歳, -53 3~34 歳, -14 3~34 歳, -29 7~74 歳 65~69 歳 6~64 歳 55~59 歳 5~54 歳 45~49 歳 4~44 歳 35~39 歳 3~34 歳 25~29 歳 -3 2~24 歳 15~19 歳 -35 1~14 歳 5~9 歳 年 ( 全 体 -126) 211 年 ( 全 体 -127) 212 年 ( 全 体 -321) 213 年 ( 全 体 -265) 214 年 ( 全 体 -264) ~4 歳 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 9

14 (6) 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況 転 入 は 札 幌 市 と 道 内 ( 札 幌 市 以 外 ) 道 外 と 約 1/3ずつの 割 合 で 流 入 しているものの 転 出 は 札 幌 市 が 約 1/2 道 内 が 約 1/4 道 外 が 約 1/5となっており 社 会 増 減 数 ( 転 出 超 過 数 )でみると 札 幌 市 が ほとんどを 占 めている (5)の 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 と 併 せてみると 札 幌 市 へ 進 学 就 職 している 数 がほとんど 占 めてい ることが 考 えられる 1% 9% 8% 図 表 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 人 ) 転 入 年 ( 全 体 :671) 211 年 ( 全 体 :743) 年 ( 全 体 :614) 札 幌 市 道 内 道 外 国 外 転 入 札 幌 市 道 内 道 外 国 外 1.6% 1.1% 2.% 1.9% 3.6% 29.2% 28.8% 28.2% 25.6% 25.6% 年 ( 全 体 :634) 年 ( 全 体 :664) ( 人 ) 1, % 9% 8% 転 出 年 ( 全 体 :798) 211 年 ( 全 体 :866) 札 幌 市 道 内 道 外 国 外 年 ( 全 体 :934) 213 年 ( 全 体 :896) 214 年 ( 全 体 :895) 転 出 札 幌 市 道 内 道 外 国 外 1.5% 1.7% 1.1% 1.9% 2.6% 22.9% 23.1% 18.1% 19.8% 18.9% 7% 6% 5% 3.7% 36.6% 35.8% 38.% 34.% 7% 6% 5% 25.4% 27.6% 3.3% 27.1% 24.9% 4% 4% 3% 2% 1% 38.5% 33.5% 34.% 34.5% 36.7% 3% 2% 1% 5.1% 47.6% 5.5% 51.2% 53.6% % 21 年 211 年 212 年 213 年 214 年 % 21 年 211 年 212 年 213 年 214 年 ( 人 ) 1 社 会 増 減 数 札 幌 市 道 内 道 外 国 外 年 ( 全 体 :-127) 211 年 ( 全 体 :-123) 212 年 ( 全 体 :-32) 213 年 ( 全 体 :-262) 214 年 ( 全 体 :-231) 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 1

15 人 口 移 動 の 道 内 ( 札 幌 市 以 外 )の 内 訳 をみると 転 入 は 石 狩 空 知 が 約 4 割 を 占 めており 転 出 では 石 狩 空 知 で 約 5 割 を 占 めている 社 会 増 減 数 ( 転 出 超 過 数 )は 年 度 により 差 異 はあ るものの 石 狩 が 多 くの 割 合 を 占 めている 図 表 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 道 内 内 訳 ) ( 人 ) 転 入 年 ( 全 体 :26) 年 ( 全 体 :272) 年 ( 全 体 :22) 213 年 ( 全 体 :241) 214 年 ( 全 体 :226) 根 室 釧 路 十 勝 オホーツク 宗 谷 留 萌 上 川 檜 山 渡 島 日 高 胆 振 後 志 空 知 石 狩 ( 人 ) 転 出 年 ( 全 体 :23) 211 年 ( 全 体 :239) 年 ( 全 体 :283) 213 年 ( 全 体 :243) 年 ( 全 体 :223) 根 室 釧 路 十 勝 オホーツク 宗 谷 留 萌 上 川 檜 山 渡 島 日 高 胆 振 後 志 空 知 石 狩 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 転 入 7.8% 8.3% 4.4% 5.5% 7.% 14.6% 16.9% 29.6% 28.3% 4.8% 4.1% 11.8% 1.% 6.2% 8.2% 8.7% 9.1% 16.6% 9.5% 4.4% 8.4% 18.1% 23.6% 2.7% 23.% 21 年 211 年 212 年 213 年 214 年 根 室 釧 路 十 勝 オホーツク 宗 谷 留 萌 上 川 檜 山 渡 島 日 高 胆 振 後 志 空 知 石 狩 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 転 出 3.4% 1.3% 6.7% 4.2% 7.8% 8.4% 6.% 5.4% 1.9% 2.8% 11.8% 4.6% 12.1% 36.9% 34.3% 11.3% 11.7% 3.7% 1.3% 4.1% 7.4% 11.9% 42.4% 44.4% 5.8% 8.5% 4.% 7.2% 14.8% 38.6% 21 年 211 年 212 年 213 年 214 年 根 室 釧 路 十 勝 オホーツク 宗 谷 留 萌 上 川 檜 山 渡 島 日 高 胆 振 後 志 空 知 石 狩 ( 人 ) 8 社 会 増 減 数 根 室 年 ( 全 体 :3) 年 ( 全 体 :33) 年 ( 全 体 :-63) 年 ( 全 体 :-2) 年 ( 全 体 :3) 釧 路 十 勝 オホーツク 宗 谷 留 萌 上 川 檜 山 渡 島 日 高 胆 振 後 志 空 知 石 狩 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 11

16 近 隣 市 町 村 との 人 口 移 動 の 状 況 をみると 当 別 町 と 近 接 した 札 幌 市 北 区 や 札 幌 市 東 区 江 別 市 への 転 出 が 多 い 図 表 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 上 段 : 転 入 転 出 下 段 : 純 移 動 数 (= 転 入 - 転 出 )) 212 年 213 年 212 年 213 年 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 (まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 データ) 12

17 人 口 移 動 の 道 外 の 内 訳 をみると 近 年 は 転 入 と 転 出 数 が 均 衡 している さらに 社 会 増 減 ( 転 出 超 過 数 ) をみると 北 海 道 全 体 では 東 京 圏 がほとんどを 占 めているが 当 別 町 は 大 きな 偏 りはなく 年 度 によ り 差 異 がある 図 表 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 道 外 内 訳 ) ( 人 ) 25 転 入 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 ( 人 ) 25 転 出 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 転 入 1% 9% 8% 7% 6% 年 ( 全 体 :196) 8.7% 年 ( 全 体 214) 14.3% 1.7% 14.% 17.9% 14.% 年 ( 全 体 :173) 2.3% 17.9% 11.% 213 年 ( 全 体 :162)) 11.1% 7.4% 8.% 214 年 ( 全 体 :17) 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 2.4% 5.9% 8.2% 転 出 1% 9% 8% 7% 6% 年 ( 全 体 :183) 12.% 12.6% 年 ( 全 体 :2) 21.5% 18.% 212 年 ( 全 体 :169) 11.2% 5.3% 年 ( 全 体 :177) 6.6% 7.5% 7.7% 6.2% 6.8% 12.4% 年 ( 全 体 :169) 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 2.4% 8.3% 13.% 5% 4% 3% 2% 1% % 45.7% 55.3% 3.8% 35.2% 47.4% 4.2% 3.7% 6.1% 2.3% 2.9% 14.3% 23.8% 15.6% 22.2% 19.4% 21 年 211 年 212 年 213 年 214 年 5% 4% 3% 2% 1% % 42.1% 46.7% 43.5% 56.2% 36.5% 3.8% 7.3% 8.3% 2.4% 2.8% 3.5% 11.% 16.% 19.8% 17.2% 21 年 211 年 212 年 213 年 214 年 ( 人 ) 東 北 北 関 東 東 京 圏 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 社 会 増 減 年 ( 全 体 :13) 211 年 ( 全 体 :14) 212 年 ( 全 体 :4) 213 年 ( 全 体 :-15) 214 年 ( 全 体 :1) 資 料 : 当 別 町 資 料 ( 住 民 基 本 台 帳 ) 13

18 (7) 性 別 年 齢 別 の 人 口 移 動 数 の 状 況 ( 近 年 の 動 向 ) 純 移 動 数 は 男 女 ともに 2~24 歳 25~29 歳 が 突 出 しており 就 職 を 期 に 町 外 へ 転 出 していること が 多 いと 考 えられる さらに 15~19 歳 2~24 歳 及 び 25~29 歳 3~34 歳 の 転 出 超 過 数 が 多 く 高 校 卒 後 の 進 学 や 就 職 転 職 や 結 婚 等 を 機 に 転 出 していることが 伺 える また 55~59 歳 6~64 歳 は 男 女 ともに 転 入 超 過 数 が 多 く 退 職 後 に 当 別 町 へ 移 住 したと 考 えら れる また 65~69 歳 7~74 歳 の 女 性 や 75~79 歳 8~84 歳 の 男 性 において 転 出 超 過 となって いるのは 都 市 部 に 住 む 子 どもの 近 くで 居 住 するため 転 出 するといった 傾 向 も 考 えられる 図 表 男 女 別 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 近 年 ) 純 移 -1 動 数 -15 ( 人 ) 男 25 年 21 年 -3 女 25 年 21 年 ~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 1~14 歳 1~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 2~24 歳 2~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 3~34 歳 3~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 4~44 歳 4~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 5~54 歳 5~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 6~64 歳 6~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 7~74 歳 7~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 8~84 歳 8~84 歳 85~89 歳 85 歳 ~ 9 歳 ~ 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 (まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 データ) 年 齢 不 詳 人 口 は 年 齢 別 人 口 の 規 模 に 応 じて 比 例 按 分 している 男 女 5 歳 階 級 別 の 純 移 動 数 は, 上 記 国 勢 調 査 人 口 と 各 期 間 の 生 残 率 を 用 いて 推 定 した 値 生 残 率 は 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 都 道 府 県 別 生 命 表 より 求 めている 14

19 5 年 前 の 常 住 地 が 町 外 の 人 口 を 地 区 別 にみると 当 別 駅 周 辺 地 区 が 1369 人 と6 割 近 くを 占 め 太 美 駅 周 辺 地 区 が 約 2 割 を 占 めている ただし 転 出 数 は 含 まれておらず 学 生 等 の 転 出 人 口 も 多 いと 考 えられる 図 表 5 年 前 (25 年 )に 町 外 から 現 住 所 に 移 り 住 んだ 人 口 (21 年 ) ( 人 ) 5 1, 1,5 当 別 駅 周 辺 地 区 1,369 太 美 駅 周 辺 地 区 456 スウェーデンヒルズ 周 辺 地 区 239 その 他 314 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 ( 小 地 域 集 計 ) 当 別 町 の 周 辺 市 町 村 の 移 動 状 況 をみると 各 市 町 村 で 動 き 方 は 異 なるが 2 代 の 転 出 は 同 様 の 傾 向 で ある また 3~34 歳 35~39 歳 55~59 歳 6~64 歳 の 転 入 超 過 は 他 市 町 村 と 比 べるとやや 少 ない 状 況 である 図 表 男 女 別 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 他 都 市 との 比 較 ) 純 移 動 数 -2 ( 人 ) 当 別 町 石 狩 市 千 歳 市 恵 庭 市 南 幌 町 北 広 島 市 -12 ~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 1~14 歳 1~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 2~24 歳 2~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 3~34 歳 3~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 4~44 歳 4~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 5~54 歳 5~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 6~64 歳 6~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 7~74 歳 7~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 8~84 歳 8~84 歳 85~89 歳 85 歳 ~ 9 歳 ~ 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 (まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 データ) 年 齢 不 詳 人 口 は 年 齢 別 人 口 の 規 模 に 応 じて 比 例 按 分 している 男 女 5 歳 階 級 別 の 純 移 動 数 は, 上 記 国 勢 調 査 人 口 と 各 期 間 の 生 残 率 を 用 いて 推 定 した 値 生 残 率 は 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 都 道 府 県 別 生 命 表 より 求 めている 15

20 (8) 性 別 年 齢 別 の 人 口 移 動 数 の 状 況 ( 長 期 的 動 向 ) 長 期 的 な 動 向 をみても これまで 2~24 歳 25~29 歳 が 突 出 して 転 出 している 傾 向 は 続 いている 太 美 地 区 の 開 発 期 である 199 年 1995 年 において 男 女 ともに 25~29 歳 3~34 歳 3~34 歳 35~39 歳 ~5 歳 5~9 歳 の 転 入 超 過 数 は 多 かったが 開 発 期 を 過 ぎると この 転 入 した 世 代 が 縮 小 し 近 年 では 25~29 歳 3~34 歳 は 転 出 超 過 となっている 一 方 太 美 地 区 の 開 発 以 降 男 性 の 5~54 歳 55~59 歳 から 6~64 歳 7~74 歳 の 年 代 で 転 入 超 過 が 続 いており 定 年 後 の 住 まいとして 移 住 する 者 が 多 いことが 伺 える 図 表 男 女 別 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 長 期 的 動 向 ) 男 1 純 移 動 数 ( -1 人 ) 年 1985 年 1985 年 199 年 199 年 1995 年 1995 年 2 年 2 年 25 年 25 年 21 年 -5 ~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 1~14 歳 1~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 2~24 歳 2~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 3~34 歳 3~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 4~44 歳 4~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 5~54 歳 5~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 6~64 歳 6~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 7~74 歳 7~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 8~84 歳 8~84 歳 85~89 歳 85 歳 ~ 9 歳 ~ 女 1 純 移 動 数 ( -1 人 ) 年 1985 年 1985 年 199 年 199 年 1995 年 1995 年 2 年 2 年 25 年 25 年 21 年 -5 ~4 歳 5~9 歳 5~9 歳 1~14 歳 1~14 歳 15~19 歳 15~19 歳 2~24 歳 2~24 歳 25~29 歳 25~29 歳 3~34 歳 3~34 歳 35~39 歳 35~39 歳 4~44 歳 4~44 歳 45~49 歳 45~49 歳 5~54 歳 5~54 歳 55~59 歳 55~59 歳 6~64 歳 6~64 歳 65~69 歳 65~69 歳 7~74 歳 7~74 歳 75~79 歳 75~79 歳 8~84 歳 8~84 歳 85~89 歳 85 歳 ~ 9 歳 ~ 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 (まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 データ) 年 齢 不 詳 人 口 は 年 齢 別 人 口 の 規 模 に 応 じて 比 例 按 分 している 男 女 5 歳 階 級 別 の 純 移 動 数 は, 上 記 国 勢 調 査 人 口 と 各 期 間 の 生 残 率 を 用 いて 推 定 した 値 生 残 率 は 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 都 道 府 県 別 生 命 表 より 求 めている 16

21 (9) 出 生 に 関 する 分 析 当 別 町 における 出 生 数 および 合 計 特 殊 出 生 率 ( 一 人 の 女 性 が 一 生 の 間 に 生 む 子 供 の 平 均 数 )の 推 移 を みると 太 美 地 区 の 開 発 による 人 口 流 入 のため 192 年 ( 平 成 4 年 )から 出 生 数 は 増 加 傾 向 に 転 じた が 合 計 特 殊 出 生 率 は 北 海 道 と 同 程 度 の 水 準 で 低 下 が 進 んだ 25 年 から 全 国 と 北 海 道 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 増 加 傾 向 に 転 じたが 当 別 町 は 一 貫 して 低 下 が 進 んでお り 28 年 ( 平 成 2 年 )~212 年 ( 平 成 24 年 )は 1.1と 全 国 (1.43 )および 北 海 道 (1.28)を 下 回 り また 国 民 希 望 出 生 率 (1.8)や 人 口 置 換 基 準 (2.1)とは 大 きく 差 が 開 いている また 当 別 町 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 道 内 で2 番 目 に 低 くなっている 母 の 年 齢 2~24 歳 の 出 生 率 は 道 内 で 最 も 低 く 全 国 でも 36 番 目 の 低 さとなっている 当 別 町 には 北 海 道 医 療 大 学 等 の 学 生 が 多 く 居 住 していることが 要 因 と 考 えられ 町 全 体 の 合 計 特 殊 出 生 率 を 引 き 下 げていると 考 えられる 図 表 合 計 特 殊 出 生 率 と 出 生 数 の 推 移 2. 出 生 数 ( 当 別 町 ) 合 計 特 殊 出 生 率 ( 全 国 ) 合 計 特 殊 出 生 率 ( 北 海 道 ) 合 計 特 殊 出 生 率 ( 当 別 町 ) 合 計 特 殊 出 生 率 出 生 数 ( 人 ) 年 1986 年 1987 年 1988 年 1989 年 199 年 1991 年 1992 年 1993 年 1994 年 1995 年 1996 年 1997 年 1998 年 1999 年 2 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 27 年 28 年 29 年 21 年 211 年 212 年 213 年 資 料 : 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 保 健 所 市 町 村 別 統 計 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 保 健 所 市 町 村 別 統 計 は 5 年 ごとに 公 表 しているため 当 別 町 におけ る 合 計 特 殊 出 生 率 は 各 5 年 間 同 じ 数 値 を 記 載 している 17

22 図 表 道 内 市 町 村 における15~49 歳 女 性 人 口 と 合 計 特 殊 出 生 率 2. えりも 町 合 計 特 殊 出 生 率 ( ベ イ ズ 推 定 値 ) 別 海 町 美 唄 市 南 幌 町 奈 井 江 町 北 広 島 市 当 別 町 同 じ 人 口 規 模 で 最 も 低 い 小 樽 市 江 別 市 札 幌 市 清 田 区 札 幌 市 厚 別 区 札 幌 市 手 稲 区 札 幌 市 南 区 H22 全 国 (1.39) H22 北 海 道 全 体 (1.26) 札 幌 市 白 石 区 札 幌 市 西 区 札 幌 市 各 区 や 江 別 市 よりも 低 い 函 館 市 札 幌 市 豊 平 区 札 幌 市 中 央 区 札 幌 市 東 区 札 幌 市 北 区 旭 川 市.8 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 15~49 歳 女 性 人 口 ( 人 ) 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 保 健 所 市 町 村 別 統 計 図 表 道 内 市 町 村 における2~24 歳 の 女 性 人 口 と 出 生 率 12. 2~ 24 歳 に 1. お け る 出 8. 生 率 ( 女 性 6. 人 口 千 対 4. ベ イ ズ 推 2. 定 値 ). 当 別 町 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 1, 2~24 歳 女 性 人 口 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 保 健 所 市 町 村 別 統 計 18

23 1 人 あたり 課 税 対 象 所 得 をみると 当 別 町 は 約 261 万 円 であり 全 道 や 周 辺 市 町 村 と 比 べるとやや 低 い 合 計 特 殊 出 生 率 との 相 関 をみると 弱 い 相 関 関 係 があると 伺 える 図 表 1 人 あたり 課 税 対 象 所 得 の 近 隣 市 町 村 との 比 較 ( 万 円 ) 札 幌 市 北 海 道 北 広 島 市 千 歳 市 長 沼 町 江 別 市 恵 庭 市 南 幌 町 当 別 町 石 狩 市 栗 山 町 新 篠 津 村 由 仁 町 資 料 : 総 務 省 平 成 26 年 度 市 町 村 税 課 税 状 況 等 の 調 図 表 所 得 と 出 生 率 の 関 係 2 北 海 道 相 関 係 数 = 合 計 1.6 特 殊 出 生 率 1.4 ( ベ イ ズ 推 1.2 定 値 ) 1 北 海 道 1.28 当 別 町 人 あたり 課 税 対 象 所 得 ( 万 円 ) 資 料 : 総 務 省 平 成 26 年 度 所 市 町 村 別 統 計 市 町 村 税 課 税 状 況 等 の 調 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 保 健 19

24 (1) 雇 用 や 就 労 等 に 関 する 分 析 21 年 ( 平 成 22 年 )の 国 勢 調 査 から 当 別 町 で 働 く 産 別 男 女 別 の 就 者 数 をみると 男 女 とも に 農 が 最 も 多 い 次 いで 男 性 は 建 設 卸 売 小 売 公 務 教 育 学 習 支 援 が 多 く 女 性 は 医 療 福 祉 卸 売 小 売 製 造 が 多 い 就 者 数 の 少 ない 鉱 採 石 砂 利 採 取 を 除 いて 産 別 特 化 係 数 をみると 農 が 最 も 高 く 次 に 複 合 サービス 事 や 教 育 学 習 支 援 建 設 が 高 く これらの 産 が 全 国 と 比 べて 相 対 的 に 高 くなっている ある 産 の 特 化 係 数 = 当 別 町 の 就 者 比 率 / 全 国 の 就 者 比 率 図 表 当 別 町 で 働 く 産 別 男 女 別 就 者 数 と 特 化 係 数 男 女 特 化 係 数 ( 男 ) 特 化 係 数 ( 女 ) 就 6 者 5 数 ( 人 4 ) 特 化 係 数 2 1 農, 林 う ち 農 漁 13 2 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 117 建 設 239 製 造 18 5 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 2 33 金 融, 保 険 44 3 不 動 産, 物 品 賃 貸 1 24 学 術 研 究, 専 門 技 術 サ ー ビ ス 宿 泊, 飲 食 サ ー ビ ス 生 活 関 連 サ ー ビ ス, 娯 楽 256 教 育, 学 習 支 援 178 医 療, 福 祉 複 合 サ ー ビ ス 事 サ ー ビ ス ( 他 に 分 類 さ れ な い も の ) 97 公 務 ( 他 に 分 類 さ れ る も の を 除 く ) 分 類 不 能 の 産 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 2

25 当 別 町 に 住 む 就 者 数 でみると 男 性 が 建 設 女 性 は 卸 売 小 売 が 最 も 多 く 札 幌 市 等 への 通 勤 者 が 多 いため 当 別 町 で 働 く 就 者 数 と 違 いがある その 他 男 性 は 卸 売 小 売 運 輸 郵 便 教 育 学 習 支 援 が 多 く 女 性 は 製 造 が 多 くなっている 当 別 町 で 働 く 就 者 数 の 内 訳 をみると 他 市 町 村 に 住 む 就 者 数 は 建 設 や 製 造 教 育 学 習 支 援 などで 多 く 定 住 促 進 のターゲットになると 想 定 される 一 方 当 別 町 に 住 む 就 者 数 の 内 訳 をみると 他 市 区 町 村 で 働 く 就 者 は 建 設 卸 売 小 売 な どで 多 く 他 市 区 町 村 で 働 く 就 者 が 雇 用 創 出 のターゲットになると 考 えられる 図 表 当 別 町 に 住 む 産 別 男 女 別 就 者 数 9 就 者 数 ( 人 ) 農, 林 う ち 農 漁 1 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 建 設 製 造 3 4 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サ ー ビ ス 宿 泊, 飲 食 サ ー ビ ス 生 活 関 連 サ ー ビ ス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サ ー ビ ス 事 サ ー ビ ス ( 他 に 分 類 さ れ な い も の ) 公 務 ( 他 に 分 類 さ れ る も の を 除 く ) 分 類 不 能 の 産 男 女 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 図 表 当 別 町 で 働 く 産 別 就 者 数 ( 左 )と 当 別 町 に 住 む 産 別 就 者 数 ( 右 )の 内 訳 当 別 町 に 常 住 道 内 他 市 区 町 村 に 常 住 他 県 に 常 住 従 地 不 詳 で, 当 地 に 常 住 している 者 を 含 む ( 人 ) , 1,2 1,4 1,6 農, 林 うち 農 漁 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 1,325 1, 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 宿 泊, 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 サービス ( 他 に 分 類 されないもの) 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 分 類 不 能 の 産 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 自 宅 で 従 自 宅 外 の 自 市 区 町 村 で 従 他 市 区 町 村 で 従 ( 従 地 不 詳 も 含 む) 不 詳 ( 人 ) , 1,2 1,4 1,6 農, 林 うち 農 1,188 1, 漁 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 11 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 宿 泊, 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 1728 サービス ( 他 に 分 類 されないもの) 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 分 類 不 能 の 産

26 就 者 数 が 1 名 以 上 であり 特 化 係 数 が 1. 以 上 の 就 者 数 の 年 代 構 成 をみると 医 療 福 祉 複 合 サービス 事 公 務 は 男 女 ともに 39 歳 までの 若 手 が 比 較 的 多 い 産 であり その 他 男 性 では 製 造 女 性 では 建 設 教 育 学 習 支 援 が 若 手 の 割 合 は 比 較 的 多 くなっている 一 方 特 化 係 数 が 最 も 高 い 農 は 6 歳 以 上 が 占 める 割 合 が 最 も 高 く 高 齢 化 が 進 んでいる その 他 にも 生 活 関 連 サービス 娯 楽 サービス も 高 齢 者 割 合 が 高 く 今 後 高 齢 化 が 進 むことにより 担 い 手 不 足 の 課 題 が 深 刻 化 するおそれがある 図 表 産 別 年 齢 階 級 別 男 女 別 就 者 数 15~29 歳 3~39 歳 4~49 歳 5~59 歳 6~69 歳 7 歳 以 上 総 数 ( 男 性 ) 11.4% 19.4% 2.7% 23.2% 18.7% 6.6% ( 女 性 ) 12.3% 14.5% 26.7% 25.7% 16.3% 4.5% A 農, 林 ( 男 性 ) 6.5% 12.4% 15.1% 22.5% 25.1% 18.4% ( 女 性 ) 3.9% 9.7% 17.9% 23.9% 29.7% 14.9% うち 農 ( 男 性 ) 6.6% 12.5% 15.2% 22.7% 24.% 18.9% ( 女 性 ) 3.9% 9.8% 17.9% 23.6% 29.9% 15.% D 建 設 ( 男 性 ) 6.7% 16.4% 25.9% 27.3% 2.7% 3.1% ( 女 性 ) 11.1% 17.1% 21.4% 28.2% 17.9% 4.3% E 製 造 ( 男 性 ) 18.4% 3.5% 17.6% 18.4% 13.4% 1.7% ( 女 性 ) 9.3% 1.2% 3.2% 37.9% 11.2% 1.2% N 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 ( 男 性 ) 7.2% 8.6% 2.9% 25.2% 28.1% 1.1% ( 女 性 ) 12.% 1.4% 23.7% 23.2% 26.1% 4.6% O 教 育, 学 習 支 援 ( 男 性 ) 7.4% 2.% 32.9% 25.3% 12.6% 1.8% ( 女 性 ) 14.1% 28.5% 34.4% 16.8% 5.5%.8% P 医 療, 福 祉 ( 男 性 ) 2.8% 25.8% 16.9% 17.4% 15.7% 3.4% ( 女 性 ) 16.8% 16.6% 29.3% 26.5% 1.2%.6% Q 複 合 サービス 事 ( 男 性 ) 15.5% 23.3% 21.4% 25.2% 14.6% ( 女 性 ) 31.8% 25.% 27.3% 11.4% 4.5% R サービス ( 他 に 分 類 されないもの)( 男 性 ) 7.2% 21.7% 14.4% 25.6% 24.2% 6.9% ( 女 性 ) 7.4% 11.5% 23.8% 28.7% 24.6% 4.1% S 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く)( 男 性 ) 21.6% 31.5% 21.6% 18.4% 5.8% 1.1% ( 女 性 ) 11.3% 19.6% 3.9% 32.% 6.2% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 資 料 : 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 就 者 数 が 1 名 以 上 かつ 男 女 いずれかの 特 化 係 数 が 1. 以 上 の 産 について 掲 載 22

27 1 戸 あたりの 農 産 出 額 をみると 当 別 町 は 約 586 万 円 と 北 海 道 全 体 と 比 べると 低 くなっている 農 産 出 額 の 内 訳 をみると 麦 類 と 米 で 半 数 以 上 を 占 めており 販 売 農 家 数 をみてもこの2つが 中 心 となっている 図 表 農 家 1 戸 あたり 生 産 農 所 得 (26 年 ) ( 単 位 : 千 円 ) 5, 1, 15, 千 歳 市 南 幌 町 新 篠 津 村 北 海 道 江 別 市 長 沼 町 当 別 町 由 仁 町 恵 庭 市 北 広 島 市 栗 山 町 月 形 町 石 狩 市 9,615 8,149 7,548 6,333 6,13 5,965 5,856 5,827 5,767 5,543 5,382 5,272 3,381 資 料 : 農 林 水 産 省 平 成 18 年 生 産 農 所 得 統 計 参 考 農 産 出 額 の 内 訳 (26 年 ) 図 表 販 売 目 的 の 作 物 別 作 付 ( 栽 培 ) 農 家 数 (21 年 ) いも 類, 12, 2% 豆 類, 67, 1% 花 き, 78, 11% その 他, 38, 5% 野 菜, 92, 13% 米, 177, 26% 麦 類, 225, 33% ( 戸 ) 稲 297 麦 類 2 雑 穀 84 い も 類 223 豆 類 22 工 芸 農 作 物 212 野 菜 類 82 花 き 類 果 豚 樹 乳 用 牛 肉 用 牛 採 卵 鶏 ブ ロ イ ラ ー 資 料 : 農 林 水 産 省 平 成 18 年 生 産 農 所 得 統 計 資 料 : 農 林 水 産 省 21 年 世 界 農 林 センサス 23

28 国 勢 調 査 による 産 別 就 者 数 の 推 移 をみると 農 が 一 貫 して 減 少 している 担 い 手 の 高 齢 化 の 進 行 も 踏 まえると 新 規 就 農 者 の 増 加 などが 望 まれる また 建 設 は 平 成 17 年 から 急 速 に 減 少 している これは 事 所 の 廃 撤 退 によるものと 考 え られる 図 表 当 別 町 に 住 む 産 別 就 者 数 の 推 移 ( 参 考 値 ) ( 人 ) 3, 農 2,5 2, 1,5 1, 2,345 1,644 1,333 1,172 2,484 2,477 2,314 2,38 1,785 1,493 2,12 1,853 1,469 1,899 1,59 1,21 2,262 1,737 1, 林 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 運 輸 通 信 卸 売 小 売, 飲 食 店 金 融 保 険 不 動 産 サービス 5 公 務 ( 他 に 分 類 されないもの) H2 H7 H12 H17 H22 分 類 不 能 の 産 国 勢 調 査 の 年 度 により 産 分 類 が 異 なっているため 単 純 に 推 移 を 分 析 することは 難 しいため 参 考 値 とする 参 考 値 は 下 記 のように 産 分 類 をまとめた 場 合 の 推 移 である H2,H7,H12:D 鉱 H17:D 鉱 H22:C 鉱 採 石 砂 利 採 取 H2,H7,H12:H 運 輸 通 信 H17:H 情 報 通 信 I 運 輸 H22:G 情 報 通 信 H 運 輸 郵 便 H2,H7,H12:I 卸 売 小 売, 飲 食 店 H17:J 卸 売 小 売 M 飲 食 店, 宿 泊 H22:I 卸 売 小 売 M 宿 泊 飲 食 サービ ス H2 H7,H12:K 不 動 産 H17:L 不 動 産 H22:K 不 動 産 物 品 賃 貸 H2,H7,H12:Lサービス H17:N 医 療, 福 祉 O 教 育, 学 習 支 援 P 複 合 サービス 事 Qサービス ( 他 に 分 類 されないもの) H22:P 医 療 福 祉 O 教 育 学 習 支 援 Q 複 合 サービス Rサービス ( 他 に 分 類 されないもの) L 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス N 生 活 関 連 サービス 娯 楽 資 料 : 総 務 省 国 勢 調 査 24

29 平 成 21 年 と 平 成 24 年 における 新 設 事 所 および 廃 事 をみると 新 設 事 所 数 および 従 者 数 は 卸 売 小 売 宿 泊 飲 食 サービス で 多 くなっている 一 方 廃 事 所 数 は 卸 売 小 売 宿 泊 飲 食 サービス 不 動 産 物 品 賃 貸 建 設 で 多 く 従 者 数 でみると 建 設 が 最 も 多 い 図 表 新 設 事 所 数 および 従 者 数 新 設 事 所 数 (H21) 新 設 事 所 数 (H24) ( 事 所 ) 新 設 事 所 従 者 数 (H21) 新 設 事 所 従 者 数 (H24) ( 人 ) 農 林 漁 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 宿 泊, 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 サービス ( 他 に 分 類 されないもの) 農 林 漁 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 宿 泊, 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 サービス ( 他 に 分 類 されないもの) 資 料 : 総 務 省 経 済 産 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 存 続 新 設 廃 別 集 計 編 図 表 廃 事 所 数 および 従 者 数 廃 事 所 数 (H21) 廃 事 所 数 (H24) 農 林 漁 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 宿 泊, 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 教 育, 学 習 支 援 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 サービス ( 他 に 分 類 されないもの) ( 事 所 ) 廃 事 所 従 者 数 (H21) ( 人 ) 廃 事 所 従 者 数 (H24) 農 林 漁 4 38 鉱, 採 石, 砂 利 採 取 4 建 設 製 造 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 情 報 通 信 運 輸, 郵 便 卸 売, 小 売 金 融, 保 険 不 動 産, 物 品 賃 貸 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 6 1 宿 泊, 飲 食 サービス 生 活 関 連 サービス, 娯 楽 38 教 育, 学 習 支 援 6 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 サービス ( 他 に 分 類 されないもの) 資 料 : 総 務 省 経 済 産 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 存 続 新 設 廃 別 集 計 編 25

30 2 将 来 人 口 推 計 (1) 将 来 人 口 推 計 1 社 人 権 推 計 準 拠 (パターン1)と 日 本 創 成 会 議 推 計 準 拠 (パターン2)との 総 人 口 の 比 較 24 年 ( 平 成 52 年 )の 将 来 人 口 は パターン1が 11,41 人 人 口 移 動 が 縮 小 しないパターン2は 1,2 87 人 と 約 1 万 人 にまで 減 少 し 約 1 千 人 の 差 が 生 じる 推 計 となった 図 表 社 人 研 推 計 準 拠 (パターン1)と 日 本 創 成 会 議 推 計 準 拠 (パターン2)との 総 人 口 の 比 較 ( 人 ) 2, パターン1 18,763 17,444 18,763 16,248 17,444 パターン2 18, 16, 14, 12, 1, 8, 15,999 15,34 13,841 14,531 13,122 12,641 11,717 11,411 1,287 1,172 8,965 7,813 6,758 6, 4, 2, 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 図 表 社 人 研 推 計 準 拠 (パターン1)と 日 本 創 成 会 議 推 計 準 拠 (パターン2)の 推 計 の 考 え 方 移 動 出 生 死 亡 社 人 研 推 計 準 拠 (パターン1) 原 則 として 平 成 17~22 年 の 国 勢 調 査 ( 実 績 )に 基 づいて 算 出 された 純 移 動 率 が 平 成 27~32 年 までに 定 率 で.5 倍 に 縮 小 し その 後 はその 値 を 平 成 47~52 年 まで 一 定 と 仮 定 原 則 として 平 成 22 年 の 全 国 の 子 ども 女 性 比 と 各 市 町 村 の 子 ども 女 性 比 との 比 をとり その 比 が 平 成 27 年 以 降 平 成 52 年 まで 一 定 として 市 町 村 ごとに 仮 定 原 則 として 55~59 歳 6~64 歳 以 下 では 全 国 と 都 道 府 県 の 平 成 17 年 平 成 22 年 の 生 残 率 の 比 から 算 出 される 生 残 率 を 都 道 府 県 内 市 町 村 に 対 して 一 律 に 適 用 6~64 歳 65~69 歳 以 上 では 上 述 に 加 えて 都 道 府 県 と 市 町 村 の 平 成 12 年 平 成 17 年 の 生 残 率 の 比 から 算 出 される 生 残 率 を 市 町 村 別 に 適 用 子 ども 女 性 比 :15~49 歳 女 性 人 口 に 対 する~4 歳 人 口 の 比 日 本 創 成 会 議 推 計 準 拠 (パターン2) 全 国 の 移 動 総 数 が 社 人 研 の 平 成 22~27 年 の 推 計 値 から 縮 小 せずに 平 成 47~52 年 まで 概 ね 同 水 準 で 推 移 すると 仮 定 社 人 研 推 計 に 比 べて 純 移 動 率 (の 絶 対 値 )が 大 きな 値 となる パターン1と 同 様 パターン1と 同 様 26

31 2 人 口 減 少 段 階 の 分 析 65 歳 以 上 の 老 年 人 口 に 着 目 し 当 別 町 の 人 口 減 少 段 階 をみると 老 年 人 口 が 増 加 する 23 年 ( 平 成 42 年 )までが 第 1 段 階 となり 老 年 人 口 が6 千 人 前 後 で 維 持 微 減 となる 23 年 ~24 年 ( 平 成 42 年 ~52 年 )を 第 2 段 階 老 年 人 口 が 減 少 する 24 年 ( 平 成 52 年 ) 以 降 は 第 3 段 階 に 入 ると 考 えられる また 21 年 を 1として 周 辺 市 町 村 の 人 口 減 少 割 合 を 比 較 すると 当 別 町 は 全 国 や 北 海 道 周 辺 市 町 村 よりも 人 口 減 少 が 著 しく 進 行 すると 推 計 図 表 人 口 減 少 段 階 の 考 え 方 第 1 段 階 第 2 段 階 第 3 段 階 老 年 人 口 が 増 加 老 年 人 口 が 維 持 微 減 老 年 人 口 が 減 少 図 表 年 齢 3 区 分 別 人 口 推 計 (パターン1: 社 人 研 推 計 準 拠 ) ( 人 ) 2, 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 総 数 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 18,763 17,444 16,248 第 1 段 階 15,34 第 2 段 階 13,841 12,641 第 3 段 階 11,991 11,411 1,564 1,172 9,334 8,965 8,121 7,813 4,614 2,158 6,111 5,273 5,659 5,896 6,6 5,735 5,168 4,589 6,876 5,876 5,1 6,758 4,183 3,97 4,436 1,67 3,929 1,255 1,17 3, , 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 総 数 18,763 17,444 16,248 15,34 13,841 12,641 11,411 1,172 8,965 7,813 6,758 ~14 歳 2,158 1,67 1,255 1, ~64 歳 11,991 1,564 9,334 8,121 6,876 5,876 5,1 4,436 3,929 3,287 2,58 65 歳 以 上 4,614 5,273 5,659 5,896 6,111 6,6 5,735 5,168 4,589 4,183 3,97 ( 老 年 人 口 の 増 減 率 ) 14.3% 7.3% 4.2% 3.6% -1.7% -4.5% -9.9% -11.2% -8.8% -6.6% 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 総 数 ~14 歳 ~64 歳 歳 以 上 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 ( 社 人 研 推 計 準 拠 ) 27

32 図 表 人 口 減 少 段 階 の 分 析 ( 人 ) 総 数 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 第 1 段 階 第 2 段 階 第 3 段 階 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 図 表 周 辺 市 町 村 との 比 較 (パターン1: 社 人 研 推 計 準 拠 ) 11. 全 国 北 海 道 札 幌 市 石 狩 市 江 別 市 新 篠 津 村 当 別 町 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 札 幌 市 は 1 区 の 積 み 上 げで 計 算 28

33 (2) 将 来 人 口 の 及 ぼす 自 然 増 減 社 会 増 減 の 影 響 度 の 分 析 1 自 然 増 減 社 会 増 減 の 影 響 度 の 分 析 パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )をベースに 将 来 人 口 に 及 ぼす 自 然 増 減 社 会 増 減 の 影 響 度 を 分 析 す ると 当 別 町 における 自 然 増 減 の 影 響 度 は 5( 影 響 度 115% 以 上 ) 社 会 増 減 の 影 響 度 は 4( 影 響 度 12~13%) となり 自 然 増 減 の 影 響 度 の 方 が 大 きいことから 出 生 率 の 上 昇 につながる 施 策 に 取 り 組 むことが 人 口 減 少 割 合 を 抑 えることに 効 果 的 であると 考 えられる 図 表 パターン1 シミュレーションA シミュレーションBの 比 較 ( 人 ) 2, 18, 16, 14, 18,763 パターン1 シミュレーションA シミュレーションB 16,239 14,63 13,167 12, 1, 8, 6, 4, 2, 11,411 9,372 6, 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 図 表 自 然 増 減 社 会 増 減 の 影 響 度 分 類 計 算 方 法 影 響 度 自 然 増 減 の 影 響 度 1=1% 未 満 2=1 ~15% 3=15~ 11% 4=1~115% 5=115% 以 上 シミュレーションAの 24 年 推 計 人 口 =13,167 人 パターン1 の24 年 推 計 人 口 =11,411 人 13,167( 人 ) /11,411( 人 ) = 15.4% 5 社 会 増 減 の 影 響 度 1=1% 未 満 2=1 ~11% 3=11~ 12% 4=12~13% 5=13% 以 上 シミュレーションBの 24 年 推 計 人 口 =16,239 人 シミュレーションAの 24 年 推 計 人 口 =13,167 人 16,239( 人 ) /13,167( 人 ) = 123.3% 4 29

34 図 表 シミュレーションAとシミュレーションBの 推 計 の 考 え 方 シミュレーションA (1+ 出 生 率 上 昇 ) シミュレーションB (1+ 出 生 率 上 昇 + 移 動 ゼロ) 移 動 パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )と 同 様 移 動 ( 純 移 動 率 )がゼロ( 均 衡 )で 推 移 すると 仮 定 出 生 仮 に パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )において 合 計 特 殊 出 生 率 が 平 成 42 年 までに 人 口 置 換 水 準 (2.1)まで 上 昇 すると 仮 定 すでに 現 在 の 合 計 特 殊 出 生 率 が 人 口 置 換 水 準 を 上 回 っている 場 合 には 現 在 の 状 況 で 推 移 すると 仮 定 仮 に パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )において 合 計 特 殊 出 生 率 が 平 成 42 年 までに 人 口 置 換 水 準 (2.1)まで 上 昇 すると 仮 定 すでに 現 在 の 合 計 特 殊 出 生 率 が 人 口 置 換 水 準 を 上 回 っている 場 合 には 現 在 の 状 況 で 推 移 すると 仮 定 死 亡 パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )と 同 様 パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )と 同 様 図 表 道 内 市 町 村 における 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響 度 然 増 減 の 影 響 度 総 計 音 更 町, 芽 室 町, 更 別 村 千 歳 市, 恵 庭 市, 七 飯 町, 鹿 部 町,ニセコ 町, 東 神 楽 町, 東 川 町, 幕 別 町 北 区, 東 区, 白 石 区, 西 区, 厚 別 区, 手 稲 区, 清 田 区 中 央 区, 豊 平 区, 仁 木 町 11.2% 社 会 増 減 の 影 響 京 極 町, 泊 村 えりも 町 利 尻 富 士 町 留 寿 都 村, 赤 井 川 村, 月 形 町, 鷹 栖 町, 安 平 町, 清 水 町, 鶴 居 村, 中 標 津 町 旭 川 市, 室 蘭 市, 帯 広 市, 北 見 市, 網 走 市, 苫 小 牧 市, 名 寄 市, 砂 川 市, 富 良 野 市, 登 別 市, 伊 達 市, 石 狩 市, 北 斗 市, 今 金 町, 長 沼 町, 斜 里 町, 西 興 部 村, 中 札 内 村 南 区, 岩 見 沢 市, 北 広 島 市 江 別 市 16.% 知 内 町, 黒 松 内 町, 倶 知 安 町, 神 恵 内 村, 中 富 良 野 町, 下 川 町, 猿 払 村, 小 清 水 町, 大 空 町, 厚 真 町, 士 幌 町, 上 士 幌 町, 鹿 追 町, 大 樹 町, 広 尾 町 釧 路 市, 稚 内 市, 滝 川 市, 新 篠 津 村, 森 町, 八 雲 町, 寿 都 町, 余 市 町, 栗 山 町, 新 十 津 川 町, 秩 父 別 町, 北 竜 町, 当 麻 町, 比 布 町, 美 瑛 町, 剣 淵 町, 美 深 町, 枝 幸 町, 美 幌 町, 佐 呂 間 町, 遠 軽 町, 湧 別 町, 興 部 町, 白 老 町, 新 冠 町, 新 得 町, 池 田 町 函 館 市, 小 樽 市, 長 万 部 町, 雨 竜 町, 占 冠 村, 増 毛 町, 豊 浦 町 厚 沢 部 町, 乙 部 町, 島 牧 村, 真 狩 村, 喜 茂 別 町, 共 和 町, 上 富 良 野 町, 和 寒 町, 羽 幌 町, 初 山 別 村, 訓 子 府 町, 日 高 町, 本 別 町, 足 寄 町, 標 茶 町, 弟 子 屈 町, 別 海 町 紋 別 市, 士 別 市, 根 室 市, 深 川 市, 蘭 越 町, 岩 内 町, 積 丹 町, 奈 井 江 町, 由 仁 町, 浦 臼 町, 沼 田 町, 愛 別 町, 上 川 町, 南 富 良 野 町, 小 平 町, 浜 頓 別 町, 幌 延 町, 津 別 町, 置 戸 町, 滝 上 町, 壮 瞥 町, 洞 爺 湖 町,む かわ 町, 新 ひだか 町, 釧 路 町, 厚 岸 町, 浜 中 町, 標 津 町 27.1% 美 唄 市, 古 平 町, 雄 武 町 当 別 町 26.6% 奥 尻 町, 妹 背 牛 町, 中 川 町, 幌 加 内 町, 遠 別 町, 天 塩 町, 中 頓 別 町, 豊 富 町, 礼 文 町, 利 尻 町, 清 里 町, 平 取 町, 陸 別 町, 浦 幌 町 夕 張 市, 留 萌 市, 芦 別 市, 三 笠 市, 歌 志 内 市, 松 前 町, 木 古 内 町, 江 差 町, 上 ノ 国 町,せたな 町, 上 砂 川 町, 苫 前 町, 浦 河 町, 様 似 町, 豊 頃 町, 白 糠 町, 羅 臼 町 赤 平 市, 福 島 町, 南 幌 町 音 威 子 府 村 19.1% 総 計 4 2.1% % % % 6 3.2% 18 1.% 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 地 方 人 口 ビジョン 及 び 地 方 版 総 合 戦 略 の 策 定 に 向 けた 人 口 動 向 分 析 将 来 人 口 推 計 について 3

35 2 総 人 口 の 分 析 パターン1( 社 人 研 推 計 準 拠 )から 出 生 率 が 人 口 置 換 基 準 (2.1)まで 上 昇 した 場 合 (=シミュ レーションA) 24 年 ( 平 成 52 年 )には 13,167 人 とパターン1から 1,756 人 多 くなり さらに 人 口 移 動 が 均 衡 した 場 合 (=シミュレーションB) 24 年 ( 平 成 52 年 )には 16,239 人 と パタ ーン1から 4,828 人 多 くなると 推 計 された 26 年 ( 平 成 72 年 )までには さらにその 影 響 が 大 きくなり パターン1では 6,758 人 であるが シミュレーションAでは 9,37 2 人 とパターン1とは 2,614 人 の 差 シミュレーションBでは 14,63 人 と パターン1とは 7,35 人 の 差 ができると 推 計 された 図 表 総 人 口 の 推 計 結 果 (パターン1 パターン2 シミュレーションA シミュレーションB) ( 人 ) 2, パターン1 パターン2 シミュレーションA シミュレーションB 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 16,239 13,167 11,411 1,287 14,63 9,372 6, 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 31

36 3 人 口 構 造 の 分 析 パターン1 パターン2 シミュレーションA シミュレーションBの 推 計 人 口 について 年 齢 3 区 分 別 にみると ~14 歳 の 人 口 減 少 率 は パターン1 2だと 約 -7% 前 後 であるが シミュレー ションAでは- 約 16%と 低 くなり シミュレーションBでは 約 17%と 増 加 に 転 じている 一 方 65 歳 以 上 については パターン1 パターン2 シミュレーションA シミュレーショ ンBの 間 では 22%~25%と 大 きな 差 は 見 られなかった また 15~64 歳 および 2~39 歳 女 性 でみると パターン1では 約 -6%であるが シミュレ ーションAでは 約 -53~55%と 約 半 数 まで 低 くなり シミュレーションBで 約 -3%にまで 減 少 率 が 抑 えられることがわかる 図 表 推 計 結 果 ごとの 人 口 減 少 率 総 人 口 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 2~39 歳 女 性 21 年 現 状 18,763 2,158 11,991 4,614 1,74 24 年 パターン1 11, ,1 5, シミュレーションA 13,167 1,84 5,628 5, シミュレーションB 16,239 2,519 7,939 5,781 1,195 パターン2 1, ,76 5, 総 人 口 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 2~39 歳 女 性 21 年 パターン1-39.2% -68.7% -58.3% 24.3% -63.9% 24 年 シミュレーションA -29.8% -16.4% -53.1% 24.3% -55.3% シミュレーションB -13.5% 16.7% -33.8% 25.3% -31.5% パターン2-45.2% -73.9% -66.% 22.4% -76.3% 図 表 24 年 の 推 計 結 果 ごとの 年 齢 3 区 分 別 人 口 ( 人 ) 2, ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 1% ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 18, 16, 14, 12, 4,614 5,781 9% 8% 7% 6% 24.6% 5.3% 43.6% 35.6% 54.9% 1, 5,735 5% 8, 6, 4, 2, 11,991 2,158 5,735 5, ,628 1,84 7,939 2,519 5,647 4, % 3% 2% 1% % 63.9% 11.5% 43.8% 5.9% 42.7% 48.9% 13.7% 15.5% 39.6% 5.5% 21 年 24 年 (ハ ターン1) 24 年 (シミュレーションA) 24 年 (シミュレーションB) 24 年 (ハ ターン2) 21 年 24 年 (ハ ターン1) 24 年 (シミュレーションA) 24 年 (シミュレーションB) 24 年 (ハ ターン2) 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 32

37 図 表 年 齢 3 区 分 別 人 口 推 計 (シミュレーションA) ( 人 ) 2, 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 18,763 11,991 17,622 1,564 4,614 5,273 総 数 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 16,657 9,334 15,742 8,121 7,57 14,929 14,91 6,264 5,659 5,896 6,111 6,6 5,735 13,167 12,182 11,19 5,628 5,367 5,136 5,168 4,589 1,231 4,728 9,372 4,226 4,183 3,97 2,158 1,785 1,664 1,725 1,761 1,82 1,84 1,647 1,465 1,32 1, 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 総 数 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 33

38 図 表 年 齢 3 区 分 別 人 口 推 計 (シミュレーションB) ( 人 ) 2, 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 総 数 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 18,763 18,377 17,921 17,479 17,122 16,732 16,239 15,658 15,6 14,5 14,63 11,991 11,328 1,553 9,65 8,833 8,285 7,939 8,53 8,157 7,85 7,252 5,234 5,593 5,824 6,78 6,18 5,781 5,215 4,614 4,699 4,615 4,736 2,158 1,815 1,775 2,5 2,211 2,429 2,519 2,39 2,23 2,8 2,75 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 総 数 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 34

39 4 老 年 人 口 の 変 化 ( 長 期 推 計 ) パターン1とシミュレーションA シミュレーションBについて 24 年 ( 平 成 52 年 ) 時 点 の 仮 定 を 26 年 まで 延 長 して 推 計 すると 老 年 人 口 割 合 はパターン1では 26 年 ( 平 成 72 年 )まで 増 加 し 続 ける 一 方 シミュレーションAでは 24 年 ( 平 成 52 年 )で 43.6%とピークを 迎 え それ 以 降 は 減 少 するものの 26 年 ( 平 成 72 年 )で 再 度 老 年 人 口 割 合 が 増 加 する また シミュレーションBでは シミュレーションAよりも 早 く 235 年 ( 平 成 47 年 )で 36.% とピークを 迎 え その 後 はシミュレーションAと 同 様 に 減 少 するものの 25 年 ( 平 成 67 年 )か ら 再 度 老 年 人 口 割 合 が 増 加 する 図 表 老 年 人 口 割 合 の 長 期 推 計 (パターン1 シミュレーションA シミュレーションB) 7.% パターン1 シミュレーションA シミュレーションB 6.% 57.8% 5.% 4.% 34.8% 34.% 5.3% 43.6% 41.7% 3.% 31.2% 35.6% 33.7% 2.% 24.6% 1.%.% 第 1 段 階 第 2 段 階 第 3 段 階 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 図 表 総 人 口 と 年 齢 3 区 分 別 の 人 口 割 合 (1/2) 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 パターン1 総 数 18,763 17,44 16,248 15,34 13,841 12,641 11,41 1,172 8,965 7,813 6,758 ~14 歳 11.5% 9.2% 7.7% 6.8% 6.2% 6.% 5.9% 5.6% 5.% 4.4% 4.% 15~64 歳 63.9% 6.6% 57.4% 54.% 49.7% 46.5% 43.8% 43.6% 43.8% 42.1% 38.2% 65 歳 以 上 24.6% 3.2% 34.8% 39.2% 44.1% 47.5% 5.3% 5.8% 51.2% 53.5% 57.8% シミュレーションA 総 数 18,763 17,62 16,657 15,742 14,929 14,91 13,167 12,182 11,19 1,231 9,372 ~14 歳 11.5% 1.1% 1.% 11.% 11.8% 12.9% 13.7% 13.5% 13.1% 12.9% 13.2% 15~64 歳 63.9% 59.9% 56.% 51.6% 47.3% 44.5% 42.7% 44.1% 45.9% 46.2% 45.1% 65 歳 以 上 24.6% 29.9% 34.% 37.5% 4.9% 42.6% 43.6% 42.4% 41.% 4.9% 41.7% シミュレーションB 総 数 18,763 18,37 17,921 17,479 17,122 16,732 16,239 15,658 15,6 14,5 14,63 ~14 歳 11.5% 9.9% 9.9% 11.5% 12.9% 14.5% 15.5% 15.3% 14.6% 14.3% 14.8% 15~64 歳 63.9% 61.6% 58.9% 55.2% 51.6% 49.5% 48.9% 51.4% 54.2% 53.8% 51.6% 65 歳 以 上 24.6% 28.5% 31.2% 33.3% 35.5% 36.% 35.6% 33.3% 31.2% 31.8% 33.7% 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 35

40 図 表 総 人 口 と 年 齢 3 区 分 別 の 人 口 割 合 (2/2) 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % パターン1 ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 24.6% 3.2% 34.8% 39.2% 44.1% 47.5% 5.3% 5.8% 51.2% 53.5% 57.8% 63.9% 6.6% 57.4% 54.% 49.7% 46.5% 43.8% 43.6% 43.8% 42.1% 38.2% 11.5% 9.2% 7.7% 6.8% 6.2% 6.% 5.9% 5.6% 5.% 4.4% 4.% 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % シミュレーションA ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 24.6% 29.9% 34.% 37.5% 4.9% 42.6% 43.6% 42.4% 41.% 4.9% 41.7% 63.9% 59.9% 56.% 51.6% 47.3% 44.5% 42.7% 44.1% 45.9% 46.2% 45.1% 11.5% 1.1% 1.% 11.% 11.8% 12.9% 13.7% 13.5% 13.1% 12.9% 13.2% 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % シミュレーションB ~14 歳 15~64 歳 65 歳 以 上 24.6% 28.5% 31.2% 33.3% 35.5% 36.% 35.6% 33.3% 31.2% 31.8% 33.7% 63.9% 61.6% 58.9% 55.2% 51.6% 49.5% 48.9% 51.4% 54.2% 53.8% 51.6% 11.5% 9.9% 9.9% 11.5% 12.9% 14.5% 15.5% 15.3% 14.6% 14.3% 14.8% 21 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 245 年 25 年 255 年 26 年 資 料 :まち ひと しごと 創 生 本 部 提 供 ワークシートより 算 出 して 作 成 36

41 3 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 える 影 響 の 分 析 (1) 財 政 への 影 響 当 別 町 の 一 般 会 計 の 歳 入 は 全 体 的 に 減 少 傾 向 にあり 平 成 24 年 度 決 算 は 約 83 億 円 となっている 歳 入 のうち 地 方 交 付 税 の 占 める 割 合 が 約 46% 町 税 は 約 24%と 地 方 交 付 税 に 対 する 依 存 度 が 高 い 状 況 となっている 人 口 減 少 により 町 税 は 平 成 2 年 度 をピークにほぼ 横 ばいで 推 移 しているものの 今 後 は 微 減 傾 向 で 推 移 すると 見 込 まれている また 地 方 交 付 税 についても 交 付 税 総 額 の 減 額 が 予 測 されている 一 方 当 別 町 の 歳 出 は 平 成 24 年 度 決 算 は 約 82 億 円 であり 歳 出 額 全 体 は 全 体 的 に 減 少 傾 向 にある ものの 今 後 高 齢 化 の 進 展 による 社 会 保 障 費 の 増 大 が 予 測 され 扶 助 費 の 負 担 割 合 が 増 えると 考 えら れる また 普 通 建 設 事 費 については 今 後 老 朽 化 した 公 共 施 設 等 の 改 修 工 事 などにより 平 成 年 と 比 べると 膨 らんでいる 図 表 一 般 会 計 歳 入 決 算 額 と 見 込 み ( 百 万 円 ) 実 績 見 込 み 12, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 1,229 9,898 9,323 9,195 1,644 1,94 8,158 1,777 1,353 1,229 3,747 3,666 3,46 3,64 3,588 1,235 1, , ,7 1, ,196 9,211 9,31 1,293 1,26 1,299 3,649 3,754 3, ,525 1,49 1,476 8,343 8,474 7,527 7,715 1,25 1, ,85 7,81 7,682 1,22 1,22 1,23 3,818 3,548 3,489 3,469 3,488 3,47 3, , ,31 1,33 1,5 1,64 1, 8, 6, 4, 2, 1,93 1,913 1,98 2,123 2,123 2,48 2,73 1,987 2,1 1,936 1,921 1,878 1,862 1,851 1,88 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 H24 H25 予 算 H26 当 初 H27 見 込 H28 見 込 H29 見 込 H3 見 込 町 税 国 道 支 出 金 地 方 債 地 方 交 付 税 その 他 歳 入 合 計 1% 9% 実 績 見 込 み 16.1% 19.2% 19.1% 14.7% 15.1% 14.1% 13.7% 14.% 12.3% 11.1% 11.7% 11.9% 13.% 13.1% 13.3% 8% 7% 6% 5% 36.6% 37.% 38.7% 37.6% 44.% 39.7% 4.8% 4.% 45.8% 46.4% 45.% 41.9% 44.4% 43.7% 43.5% 4% 3% 2% 12.1% 1.6% 1.5% 16.% 16.6% 13.8% 1.5% 8.5% 7.4% 7.8% 8.8% 6.2% 7.3% 5.2% 6.2% 11.9% 5.7% 6.% 5.8% 8.8% 16.6% 15.3% 15.9% 1.6% 11.6% 12.3% 13.2% 13.5% 13.9% 12.2% 1% % 18.6% 19.3% 21.2% 23.1% 26.% 22.3% 22.5% 21.4% 24.1% 25.7% 24.9% 22.2% 23.7% 23.7% 23.5% H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 H24 H25 予 算 H26 当 初 H27 見 込 H28 見 込 H29 見 込 H3 見 込 町 税 国 道 支 出 金 地 方 債 地 方 交 付 税 その 他 歳 入 資 料 : 当 別 町 第 2 期 当 別 町 財 政 運 営 計 画 ( 平 成 26 年 5 月 )から 作 成 37

42 図 表 歳 出 決 算 額 と 見 込 み ( 百 万 円 ) 12, 実 績 見 込 み 12, 1, 1,92 9,772 9,159 9,27 9,5 8,941 9,187 9,51 1, 8, 6, 4, 2, 2,62 1, ,26 2,783 2,356 1,928 2, ,73 1, ,17 8,176 7,942 3,285 3,61 2,772 3,63 2,474 2,916 7,527 2,252 1,869 1,814 1,962 2,62 2,13 1,723 1, ,131 8,43 7,715 7,913 4,424 3,354 3,79 3,812 3,784 1,639 1,547 1,392 1,252 1, , 6, 4, 2, 1,927 1,831 1,829 1,654 1,687 1,75 1,792 1,697 1,656 1,683 1,729 1,717 1,694 1,641 1,624 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 H24 H25 予 算 H26 当 初 H27 見 込 H28 見 込 H29 見 込 H3 見 込 人 件 費 物 件 費 普 通 建 設 事 費 扶 助 費 公 債 費 その 他 歳 出 合 計 実 績 見 込 み 1% 9% 8% 25.8% 28.5% 25.7% 36.4% 31.2% 34.% 31.% 33.3% 35.7% 29.9% 43.5% 48.9% 45.6% 47.4% 47.8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 18.2% 19.7% 22.4% 2.9% 22.3% 25.3% 5.5% 21.8% 19.7% 22.8% 21.1% 5.6% 6.% 8.6% 21.9% 17.7% 14.8% 6.8% 6.2% 8.8% 11.3% 6.% 1.4% 4.2% 7.9% 9.3% 1.9% 5.9% 9.5% 2.1% 9.6% 9.7% 11.1% 11.2% 1.6% 1.7% 1.1% 1.2% 1.5% 12.2% 21.2% 17.1% 17.1% 15.6% 14.8% 9.4% 8.8% 9.9% 1.% 1.3% 3.5% 6.3% 6.6% 6.6% 6.6% 1% 19.1% 18.7% 2.% 18.3% 21.2% 19.4% 2.% 18.5% 2.3% 22.4% 22.4% 19.% 2.8% 2.4% 2.5% % H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 H24 H25 予 算 H26 当 初 H27 見 込 H28 見 込 H29 見 込 H3 見 込 資 料 : 当 別 町 第 2 期 当 別 町 財 政 運 営 計 画 ( 平 成 26 年 5 月 )から 作 成 図 表 財 政 収 支 見 込 みの 推 計 方 法 人 件 費 物 件 費 普 通 建 設 事 費 扶 助 費 公 債 費 その 他 歳 出 歳 入 区 分 推 計 方 法 町 税 過 年 度 実 績 を 考 慮 して 推 計 地 方 交 付 税 平 成 25 年 度 決 算 見 込 額 を 基 準 とし 町 税 の 推 計 国 による 交 付 税 総 額 の 抑 制 や 基 準 財 政 需 要 額 の 減 少 等 を 考 慮 し 推 計 国 道 支 出 金 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 費 を 積 算 地 方 債 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 費 に 現 行 起 債 制 度 で 推 計 ( 臨 時 財 政 対 策 債 は H25 年 度 当 初 予 算 と 同 額 を 見 込 む) その 他 の 歳 入 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 費 を 積 算 歳 出 区 分 推 計 方 法 人 件 費 各 年 度 の 退 職 と 新 規 採 用 による 職 員 数 の 増 減 等 を 考 慮 して 推 計 扶 助 費 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 費 を 積 算 公 債 費 既 借 入 分 の 償 還 は 償 還 計 画 に 基 づく 額 を 見 込 み 新 規 借 入 分 の 償 還 につい ては 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 分 を 現 在 の 利 率 及 び 償 還 期 間 から 推 計 普 通 建 設 事 費 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 費 を 積 算 その 他 の 歳 出 平 成 25 年 度 政 策 評 価 事 前 整 理 表 で 計 画 のあった 事 費 を 積 算 資 料 : 当 別 町 第 2 期 当 別 町 財 政 運 営 計 画 ( 平 成 26 年 5 月 ) 38

43 (2) 公 共 施 設 の 維 持 管 理 更 新 等 のへの 影 響 当 別 町 が 保 有 する 公 共 施 設 の 状 況 みると 総 務 省 公 共 施 設 状 況 調 から 合 計 で 約 1 万 m2 保 有 し ており( 平 成 24 年 度 ) その 内 訳 としては 学 校 公 営 住 宅 その 他 の 施 設 が 約 1/4ずつとなっている 当 別 町 の 人 口 17,835 人 ( 住 民 基 本 台 帳 (214 年 1 月 1 日 ))から 一 人 あたりの 公 共 施 設 面 積 は 5.76 m2/ 人 であり 道 内 市 町 村 と 比 較 すると 一 人 あたり 公 共 施 設 面 積 は 小 さいものの 今 後 人 口 減 少 に よる 人 口 密 度 の 低 下 で 一 人 あたりの 公 共 施 設 の 維 持 管 理 費 や 補 修 費 は 増 加 すると 予 測 される 公 共 施 設 総 合 管 理 計 画 の 分 析 内 容 を 反 映 予 定 図 表 当 別 町 における 公 共 施 設 の 保 有 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 面 積 (m2) 割 合 庁 舎 等 12, % 学 校 25,7 25.% 公 営 住 宅 25, % その 他 の 施 設 26, % 普 通 財 産 11, % 合 計 12,83 1.% その 他 の 施 設, 25.7% 普 通 財 産, 11.6% 公 営 住 宅, 25.2% 庁 舎 等, 12.6% 学 校, 25.% 資 料 : 総 務 省 公 共 施 設 状 況 調 経 年 比 較 表 図 表 一 人 あたり 公 共 施 設 面 積 の 道 内 市 町 村 との 比 較 道 内 市 町 村 のうち H22 人 口 が 5,~5, 人 の 市 町 村 を 抽 出 してグラフ 化 一 5. 人 あ た り4. 公 共 施 設 面 3. 積 ( m2 2. ) / 人 1. 当 別 町 y = e -1E-3x ,. 1,2. 可 住 地 面 積 による 人 口 密 度 ( 人 /km2) 資 料 : 総 務 省 公 共 施 設 状 況 調 経 年 比 較 表 総 務 省 平 成 22 年 国 勢 調 査 総 務 省 社 会 人 口 統 計 体 系 39

44 (3) 民 間 利 便 施 設 の 進 出 撤 退 状 況 平 成 21 年 と 平 成 24 年 における 卸 売 小 売 の 新 設 廃 状 況 をみると 新 設 廃 事 所 数 は 増 加 している 廃 率 は 平 成 21 年 から 平 成 24 年 にかけて 北 海 道 全 体 は 低 下 しているのに 対 し 当 別 町 は 平 成 21 年 が 13.6% 平 成 24 年 が 16.7%と 増 加 している また 卸 売 小 売 の 事 所 数 や 年 間 商 品 販 売 額 は 減 少 傾 向 にあることから 今 後 さらに 人 口 減 少 が 進 むことによって 商 圏 が 縮 小 し スーパー 等 の 小 売 の 撤 退 廃 事 所 数 が 増 え 町 民 生 活 の 負 担 が 大 きくなると 考 えられる 図 表 新 設 廃 した 民 営 事 所 数 ( 卸 売 小 売 ) ( 事 所 ) 3 新 設 事 所 数 廃 事 所 数 3.% 廃 率 % % 17.3% 16.3% % 16.7% % 13.6% 5 5.% 当 別 町 北 海 道 H21 H24.% H21 H24 資 料 : 総 務 省 経 済 産 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 存 続 新 設 廃 別 集 計 編 新 設 事 所 とは 調 査 日 現 在 に 存 在 した 事 所 のうち 平 成 21 年 基 礎 調 査 が 平 成 18 年 事 所 企 統 計 調 査 以 降 に 開 設 した 事 所 をいい 平 成 24 年 活 動 調 査 が 平 成 21 年 7 月 2 日 以 降 に 開 設 した 事 所 をいう 廃 事 所 とは 平 成 21 年 基 礎 調 査 は 平 成 18 年 事 所 企 統 計 調 査 で 調 査 された 事 所 のうち 平 成 21 年 基 礎 調 査 で 把 握 されなかった 事 所 をいい 平 成 24 年 活 動 調 査 は 平 成 21 年 基 礎 調 査 で 調 査 された 事 所 のうち 平 成 24 年 活 動 調 査 で 把 握 され なかった 事 所 をいう 廃 率 とは 廃 事 所 数 が 期 首 事 所 数 (= 存 続 事 所 数 + 廃 事 所 数 )に 占 める 割 合 のこ と 図 表 卸 売 小 売 における 事 所 数 年 間 商 品 販 売 額 の 推 移 ( 店 舗 ) 2 小 売 卸 売 ( 億 円 ) 25 小 売 卸 売 S49 S51 S54 S57 S6 S63 H3 H6 H9 H11 H14 H16 H19 H24 資 料 : 昭 和 49 年 ~ 平 成 19 年 : 総 務 省 経 済 産 省 商 統 計 調 査 平 成 24 年 : 総 務 省 経 済 産 省 平 成 24 経 済 センサス- 活 動 調 査 経 済 センサスは 参 考 値 とする S49 S51 S54 S57 S6 S63 H3 H6 H9 H11 H14 H16 H19 H24 4

45 (4) 地 域 の 産 における 人 材 の 過 不 足 状 況 当 別 町 が 管 轄 区 域 に 含 まれている 札 幌 北 公 共 職 安 定 所 における 有 効 求 人 倍 率 は 過 去 1 年 間 の 推 移 をみると 全 国 や 北 海 道 よりも 低 く 推 移 しており 平 成 26 年 度 の 有 効 求 人 倍 率 は 全 国 が 1. 北 海 道 が.86 札 幌 北 が.72である 札 幌 北 公 共 職 安 定 所 の 平 成 25 年 11 月 ~ 平 成 26 年 1 月 の1 年 間 における 職 別 有 効 求 人 数 およ び 有 効 求 職 者 数 をみると 特 に 専 門 的 技 術 的 職 やサービスの 職 保 安 の 職 建 設 採 掘 の 職 で 人 材 不 足 の 状 況 となっており 事 務 的 職 や 農 林 の 職 生 産 工 程 の 職 運 搬 清 掃 等 の 職 で 人 材 過 多 となっている 今 後 生 産 年 齢 人 口 が 減 少 するにつれ 人 材 過 多 の 産 は 人 材 不 足 の 状 況 となり 人 材 不 足 の 産 はよ り 担 い 手 不 足 が 深 刻 化 し 地 域 経 済 に 大 きく 影 響 すると 考 えられる 札 幌 北 公 共 職 安 定 所 の 管 轄 区 域 : 札 幌 市 のうち 北 区 東 区 石 狩 市 ( 浜 益 区 を 除 く) 当 別 町 図 表 有 効 求 人 倍 率 の 推 移 有.8 効 求 人 倍.6 率 ( 倍 ) 全 国 北 海 道.72 札 幌 北. H17 年 度 H18 年 度 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 資 料 : 北 海 道 労 働 局 安 定 所 別 月 間 有 効 求 人 倍 率 ( 常 用 )の 推 移 図 表 札 幌 北 安 定 所 の 職 別 有 効 求 職 者 数 と 有 効 求 人 数 (H25.11~H26.1) 有 効 求 人 数 有 効 求 職 者 数 ( 人 ) A 管 理 的 職 B 専 門 的 技 術 的 職 C 事 務 的 職 D 販 売 の 職 Eサービスの 職 F 保 安 の 職 G 農 林 漁 の 職 H 生 産 工 程 の 職 I 輸 送 機 械 運 転 の 職 J 建 設 採 掘 の 職 K 運 搬 清 掃 等 の 職 分 類 不 能 の 職 人 材 不 足 227 人 材 不 足 人 材 不 足 人 材 不 足 雇 用 の 場 不 足 雇 用 の 場 不 足 雇 用 の 場 不 足 5618 雇 用 の 場 不 足 雇 用 の 場 不 足 資 料 : 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS)のデータから 作 成 (データ 出 典 : 厚 生 労 働 省 職 安 定 務 統 計 ) 41

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援 圏 域 南 渡 島 市 町 村 名 函 館 市 北 斗 市 松 前 町 福 島 町 知 内 町 木 古 内 町 七 飯 町 市 町 村 別 地 域 生 活 支 援 拠 点 を 整 備 するための 課 居 住 支 援 機 能 及 び 地 域 包 括 支 援 機 能 のいずれも 受 け 入 れ 出 来 る 施 設 が 町 内 にないことが 課 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 所 については 今

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

(伺)

(伺) 校 コード 番 号 表 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 上 川 72 校 トマム 4490 風 連 日 進 4508 向 陵 3516 中 島 3514 旭 川 3656 南 富 良 野 5327 富 良 野 東 4010 琴 似 3527 中 の 島 5279 旭 川 第 二 3658 中 富 良 野 4480

More information

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx 美 瑛 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 4 日 美 瑛 町 目 次 Ⅰ 地 方 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 策 定 の 背 景... 1 1 背 景... 1 2 美 瑛 町 人 口 ビジョン 美 瑛 町 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって... 1 Ⅱ 美 瑛 町 の 成 り 立 ちと 発 展 の 経 過... 2 1 沿 革... 2 2 まちの 特 徴... 3

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

乳幼児医療費助成事業に係る審査支払事務の受託について

乳幼児医療費助成事業に係る審査支払事務の受託について 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 事 業 に 係 る 審 査 支 払 事 務 の 実 施 について 道 内 市 町 村 の 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 事 業 に 係 る 審 査 支 払 事 務 を 下 表 のとおり 実 施 いたしますのでお 知 らせいたします ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 市 町 村 名 美 唄 市 芦 別 市 赤 平 市 北 海 道 の 基 準 (

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業 全 国 青 年 経 営 者 会 平 成 23 年 度 メールニュース 6 平 成 24 年 2 月 29 日 号 発 行 責 任 者 久 木 元 司 編 集 責 任 者 土 山 徳 泰 http://www.zenkoku-skk.ne.jp/ 本 号 の 内 容 1. 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 が 開 催 される 2. 研 修 会 等 のご 案 内

More information

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 (

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 ( 都 道 府 県 別 災 害 派 遣 連 絡 窓 口 一 覧 表 (1/9) 参 考 2 区 分 地 域 等 連 絡 窓 口 所 在 地 電 話 番 号 北 道 陸 宗 谷 管 内 上 川 管 内 第 2 師 団 長 070-8630 (0166)51-6111 留 萌 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 紋 別 市 北 道 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 内 線 2793 ( 当

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 1 日 公 表 )に 基 づく コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 及 び 宿 舎 使 用 料 の 見 直 しについて 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

告示年月日

告示年月日 水 質 環 境 基 準 類 型 指 定 履 歴 一 覧 ( 告 示 番 別 ) 1/2 告 示 年 月 日 告 示 水 域 番 S45('70).9.1 閣 議 決 定 石 狩 川 上 流 (1)(2)(3) 石 狩 川 中 流 下 流 常 呂 川 上 流 下 流 及 び 十 勝 川 上 流 中 流 下 流 の 類 型 指 定 [H12 第 531 で 知 事 指 定 に 移 行 ] S46('71).5.25

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

平成21年度版 よくわかる青森県

平成21年度版 よくわかる青森県 平 成 21 年 度 版 よくわかる 青 森 県 現 在 の 姿 と 未 来 への 挑 戦 青 森 県 企 画 政 策 部 は じ め に 平 成 21 年 度 版 よくわかる 青 森 県 を 刊 行 いたしました よくわかる 青 森 県 は 昭 和 41 年 度 から 平 成 15 年 度 にわたって 刊 行 されていた 経 済 開 発 要 覧 をベースにグレードアップし 平 成 19 年 度 に

More information

C o n t e n t s 1 02 2 3 4 5 04 06 10 12 20 26 28 36 38 6 50 7 55 56 67 70 70 75 77 89 115 8 212 9 218 01

C o n t e n t s 1 02 2 3 4 5 04 06 10 12 20 26 28 36 38 6 50 7 55 56 67 70 70 75 77 89 115 8 212 9 218 01 HOKKAIDO BUIDING COMPONENTS CATAOG C o n t e n t s 1 02 2 3 4 5 04 06 10 12 20 26 28 36 38 6 50 7 55 56 67 70 70 75 77 89 115 8 212 9 218 01 HOKKAIDO BUIDING COMPONENTS CATAOG 02 03 HOKKAIDO BUIDING COMPONENTS

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

函 館 ~ 青 森 新 青 森 間 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 の 時 刻 を 変 更 します 東 北 新 幹 線 の 新 青 森 駅 時 刻 の 変 更 に 合 わせて 一 部 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 と 急 行 はま なす 青 森 ~ 函 館 間 の 時 刻 を 変 更 します

函 館 ~ 青 森 新 青 森 間 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 の 時 刻 を 変 更 します 東 北 新 幹 線 の 新 青 森 駅 時 刻 の 変 更 に 合 わせて 一 部 特 急 スーパー 白 鳥 白 鳥 と 急 行 はま なす 青 森 ~ 函 館 間 の 時 刻 を 変 更 します 平 成 25 年 12 月 20 日 平 成 26 年 3 月 ダイヤ 改 正 について 平 成 25 年 11 月 1 日 ( 金 )から 実 施 しております メンテナンス 体 制 強 化 に 向 けたダイヤ ダイヤの 変 更 によ り ご 利 用 のお 客 様 にご 不 便 ご 迷 惑 をお 掛 けしておりますことを 深 くお 詫 び 申 し 上 げます JR 北 海 道 では 平 成 26

More information

北海道の森林・林業・木材産業の 現状と課題

北海道の森林・林業・木材産業の  現状と課題 参 考 資 料 北 海 道 の 森 林 林 業 木 材 産 業 の 主 なデータ 214 年 7 月 北 海 道 水 産 林 務 部 目 次 1 森 林 資 源 等. (1) 森 林 資 源 の 状 況 2p (2) 森 林 に 期 待 する 役 割.. 4p 2 林 業 及 び 木 材 産 業. (1) 森 林 所 有 者 の 状 況 ( 林 業 経 営 の 状 況 ) 5p (2) 林 業 労

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

生 徒 定 員 名 称 学 科 訪 問 教 育 を 除 く 学 級 訪 問 教 育 1 年 2 年 3 年 学 級 クリーニン 北 海 道 高 等 聾 学 校 グ 科 8 8-16 計 イ 知 的 障 害 者 である 生 徒 に 対 する 教 育 を 行 う 特 別 支 援 学 校 生 徒 定 員

生 徒 定 員 名 称 学 科 訪 問 教 育 を 除 く 学 級 訪 問 教 育 1 年 2 年 3 年 学 級 クリーニン 北 海 道 高 等 聾 学 校 グ 科 8 8-16 計 イ 知 的 障 害 者 である 生 徒 に 対 する 教 育 を 行 う 特 別 支 援 学 校 生 徒 定 員 平 成 26 年 11 月 25 日 ( 火 曜 日 ) 北 海 道 教 育 委 員 会 公 報 第 6131 号 目 次 教 育 委 員 会 規 則 北 海 道 立 特 別 支 援 学 校 学 則 の 一 部 を 改 正 する 教 育 委 員 会 規 則 6 告 示 平 成 26 年 度 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 ( 学 芸 員 ) 採 用 選 考 の 実 施 について 10 平 成

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

であるか の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 代 表 者 の の 坂 本 良 哲 まちづくり 研 究 会 夕 張 郡 由 仁 町 本 町 269 番 坂 本 良 哲 宅 坂 本 良 哲 坂 本 雪 絵 国 会 議 員 関 係 以 外 の 空 知 支 所 佐 藤 えいじ 後 援 会 馬 追

であるか の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 代 表 者 の の 坂 本 良 哲 まちづくり 研 究 会 夕 張 郡 由 仁 町 本 町 269 番 坂 本 良 哲 宅 坂 本 良 哲 坂 本 雪 絵 国 会 議 員 関 係 以 外 の 空 知 支 所 佐 藤 えいじ 後 援 会 馬 追 政 治 資 金 規 正 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 194 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 による の 設 立 の 届 出 があったので 法 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき その 名 称 等 を 次 のとおり 公 表 する 平 成 23 年 5 月 26 日 北 海 道 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 永 井 利 幸 ( 平 成 23 年 4 月

More information

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477>

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477> Ⅰ 試 験 研 究 機 関 の 沿 革 明 治 大 正 昭 和 明 治 33.5 昭 和 11.8 昭 和 31.7 昭 和 37.3 農 事 試 験 場 ( 安 倍 郡 豊 田 村 曲 金 ) ( 静 岡 市 北 安 東 ) 農 業 試 験 場 改 築 昭 和 33.4 三 方 原 田 畑 転 換 試 験 地 ( 浜 松 市 東 三 方 町 ) 昭 和 40.4 西 遠 農 業 昭 和 11.3

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(3) 東 京 都 及 び 政 令 指 定 都 市 児 童 相 談 所 東 京 都 児 童 相 談 セ ン タ ー 169-0074 東 京 都 新 宿 区 北 新 宿 4-6-1 (ダイヤルイン 掲 載 番 号 は 事 業 課 ) 03 (5937) 2306 新 潟 市 児 童 相 談 所 95

(3) 東 京 都 及 び 政 令 指 定 都 市 児 童 相 談 所 東 京 都 児 童 相 談 セ ン タ ー 169-0074 東 京 都 新 宿 区 北 新 宿 4-6-1 (ダイヤルイン 掲 載 番 号 は 事 業 課 ) 03 (5937) 2306 新 潟 市 児 童 相 談 所 95 1. 関 係 機 関 名 簿 (1) 関 係 各 区 役 所 中 央 区 役 所 060-8612 中 央 区 南 3 条 西 11 丁 目 011 (231) 2400 北 区 役 所 001-8612 北 区 北 24 条 西 6 丁 目 011 (757) 2400 東 区 役 所 065-8612 東 区 北 11 条 東 7 丁 目 011 (741) 2400 白 石 区 役 所 003-8612

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

(10) 健 診 事 故 等 の 対 応 健 康 診 断 実 施 の 一 連 の 行 為 の 中 において 健 診 事 故 及 びトラブル 等 が 発 生 した 場 合 は 受 託 者 は 健 診 場 所 の 管 理 責 任 者 に 報 告 し 総 力 を 挙 げて 事 態 を 収 拾 するとともに

(10) 健 診 事 故 等 の 対 応 健 康 診 断 実 施 の 一 連 の 行 為 の 中 において 健 診 事 故 及 びトラブル 等 が 発 生 した 場 合 は 受 託 者 は 健 診 場 所 の 管 理 責 任 者 に 報 告 し 総 力 を 挙 げて 事 態 を 収 拾 するとともに 平 成 28 年 度 巡 回 健 康 診 断 業 務 処 理 要 領 ( 案 ) 1 実 施 期 間 及 び 時 間 (1) 巡 回 による 定 期 健 康 診 断 5 月 19 日 から11 月 2 日 ( 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 午 前 8 時 30 分 ~12 時 まで 祝 日 を 除 く) (2) 上 記 巡 回 による 定 期 健 康 診 断 の 未 受 診 者 に 対 する

More information

は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ

は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ 伊 那 市 統 計 書 平 成 2 7 年 版 長 野 県 伊 那 市 平 成 28 年 3 月 は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ 各

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影 伊 佐 市 人 口 ビジョン 伊 佐 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 鹿 児 島 県 伊 佐 市 若 い 世 代 が 魅 力 を 感 じ 楽 しみ 学 び 育 ち 交 流 するまち ~ 自 然 の 恵 みを 取 り 込 み 光 り 輝 く~ 目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1)

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化... 8 4. 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況... 9 5. 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等.

目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化... 8 4. 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況... 9 5. 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等. 資 料 3-3(1) どうおうけんれんらく 道 央 圏 連 絡 道 路 ( 一 般 国 道 337 号 ) しん 新 ちとせ 千 歳 空 港 関 連 事 後 評 価 結 果 準 備 書 説 明 資 料 平 成 27 年 度 北 海 道 開 発 局 目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

別添

別添 販 売 局 一 覧 都 道 府 県 局 名 郵 便 番 号 住 所 北 海 道 北 海 道 大 学 前 郵 便 局 001-0017 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 十 七 条 西 4-2-20 札 幌 北 二 十 八 条 郵 便 局 001-0028 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 二 十 八 条 西 15-3-10 札 幌 北 三 十 四 条 郵 便 局 001-0034 北 海 道 札

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

回収箱を設置している郵便局一覧

回収箱を設置している郵便局一覧 札 幌 北 郵 便 局 001-8799 北 海 道 札 幌 市 北 区 新 琴 似 四 条 2-12-5 篠 路 郵 便 局 002-8799 北 海 道 札 幌 市 北 区 篠 路 三 条 5-1-5 札 幌 白 石 郵 便 局 003-8799 北 海 道 札 幌 市 白 石 区 平 和 通 7- 南 4-1 厚 別 郵 便 局 004-8799 北 海 道 札 幌 市 厚 別 区 厚 別 中

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 平 成 17 年 (2005 年 ) 伊 万 里 市 本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 に 伊 万 里 市 からは 里 小 路 の 小

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 資 料 編 資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 資 - 6 資 料 5 災 害 時 における 北 海 道 及

More information

根 室 振 所 管 部 局 名 施 設 の 名 称 施 設 の 所 在 地 企 業 局 17 18 根 室 家 畜 保 健 衛 生 所 BSE 検 査 室 中 標 津 町 旭 ヶ 丘 9 番 地 4 S55.11 1 階 冷 凍 機 械 室 兼 真 空 ホ ンフ 室 2 階 空 調 室 ( 天 井

根 室 振 所 管 部 局 名 施 設 の 名 称 施 設 の 所 在 地 企 業 局 17 18 根 室 家 畜 保 健 衛 生 所 BSE 検 査 室 中 標 津 町 旭 ヶ 丘 9 番 地 4 S55.11 1 階 冷 凍 機 械 室 兼 真 空 ホ ンフ 室 2 階 空 調 室 ( 天 井 吹 付 けアスベスト 等 使 用 道 有 施 設 一 覧 道 が 管 理 する 平 成 8 年 度 以 前 に 竣 工 ( 改 修 を 含 む )した 物 のうち 吹 付 けアスベスト 等 を 使 用 している 施 設 を 掲 載 しています すべての 施 設 において アスベストが 飛 散 するおそれのない 安 全 な 状 態 を 確 保 しています 施 設 管 理 者 は 定 期 的 にアスベスト

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73>

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73> 岐 阜 県 付 儀 郡 板 取 川 浦 水 力 発 電 所 1 2 1997 年 8 月 1999 年 5 月 村 神 奈 川 県 川 崎 市 発 電 所 取 り 付 けトンネル 工 事 エステ シティ ツインタワー 川 崎 新 築 工 事 300m3/Hr 10m3/Hr 放 流 基 準 不 明 放 流 基 準 不 明 砕 石 の 洗 浄 水 のSS 除 去 原 水 3 2000 年 2 月 福

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

2013 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 市 章 市 民 憲 章 はク はラ は 吉 で クとラと 吉 を 組 み 合 わせてまとめたものです 円 形 を 型 どるは 円 満 なる 融 和 を 示 し 市 民 の 強 固 なる 団 結 を 表 現 また 中 央 の 突 起 は 将 来 倉 吉 市 の 発 展 を 表 徴 しています 昭 和 29 年 3 月 29 日 議 決 わたくしたち

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-20 号 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 一 部

More information

郵 便 局 北 海 道 1 青 森 県 5 岩 手 県 6 宮 城 県 7 秋 田 県 8 山 形 県 9 福 島 県 10 茨 城 県 11 栃 木 県 13 群 馬 県 14 埼 玉 県 15 千 葉 県 17 東 京 都 19 神 奈 川 県 24 新 潟 県 26 富 山 県 28 石 川

郵 便 局 北 海 道 1 青 森 県 5 岩 手 県 6 宮 城 県 7 秋 田 県 8 山 形 県 9 福 島 県 10 茨 城 県 11 栃 木 県 13 群 馬 県 14 埼 玉 県 15 千 葉 県 17 東 京 都 19 神 奈 川 県 24 新 潟 県 26 富 山 県 28 石 川 郵 便 局 北 海 道 1 青 森 県 5 岩 手 県 6 宮 城 県 7 秋 田 県 8 山 形 県 9 福 島 県 10 茨 城 県 11 栃 木 県 13 群 馬 県 14 埼 玉 県 15 千 葉 県 17 東 京 都 19 神 奈 川 県 24 新 潟 県 26 富 山 県 28 石 川 県 29 福 井 県 29 山 梨 県 30 長 野 県 31 岐 阜 県 32 静 岡 県 34 愛

More information

(Microsoft Word - \225\\\216\206.doc)

(Microsoft Word - \225\\\216\206.doc) 平 成 23 年 釧 路 市 統 計 書 2 0 1 1 年 釧 路 市 表 紙 : 市 章 = 外 側 の 星 は 北 極 星 を 内 側 の 円 はクシロを 意 味 する 腕 輪 を 表 し 北 海 道 を 象 徴 する 北 極 星 に 囲 まれ 釧 路 市 が 栄 えることを 祈 って 定 められました は じ め に 平 成 23 年 釧 路 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 平 成 27 年 11 月 沖 縄 県 八 重 山 事 務 所 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

入 札 入 札 の 勇 払 東 部 ( 二 期 ) 地 区 取 水 施 設 撤 去 設 計 等 業 務 厚 真 町 平 成 27 年 10 月 9 日 から 平 成 28 年 3 月 11 農 土 コンサル 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 七 条 39,074,400 34,689,600 88

入 札 入 札 の 勇 払 東 部 ( 二 期 ) 地 区 取 水 施 設 撤 去 設 計 等 業 務 厚 真 町 平 成 27 年 10 月 9 日 から 平 成 28 年 3 月 11 農 土 コンサル 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 七 条 39,074,400 34,689,600 88 勇 払 東 部 ( 二 期 ) 地 区 厚 幌 導 水 路 豊 沢 工 区 その 1 用 地 外 一 連 業 務 厚 真 町 平 成 27 年 10 月 2 日 から 平 成 28 年 2 月 8 入 札 入 札 の 道 建 コンサルタント 北 海 道 伊 達 市 舟 岡 町 18 5,896,800 5,346,000 90.659 2 番 地 室 蘭 港 絵 鞆 地 区 防 波 護 岸 改 良

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

Taro-03逶ョ谺。[1].jtd

Taro-03逶ョ谺。[1].jtd 労 働 相 談 ホットライン( 北 海 道 ) 北 海 道 では 労 働 条 件 その 他 様 々な 労 働 問 題 でお 困 りの 皆 さんからの 相 談 を フリー ダイヤル 電 話 でお 受 けしています 相 談 は 無 料 です フリーダイヤル < 月 ~ 金 曜 日 > 17:00~20:00 いずれも 祝 日 12 月 29 日 ~1 月 3 日 を 除 く < 土 曜 日 >13:00~16:00

More information

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 小 野 市 は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにしたものです 今 日 の 情 報 化 少 子 高

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

別添

別添 販 売 局 一 覧 都 道 府 県 局 名 郵 便 番 号 住 所 北 海 道 北 海 道 大 学 前 郵 便 局 001-0017 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 十 七 条 西 4-2-20 札 幌 北 二 十 八 条 郵 便 局 001-0028 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 二 十 八 条 西 15-3-10 札 幌 北 三 十 四 条 郵 便 局 001-0034 北 海 道 札

More information

登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 に 関 する 協 定 登 別 市 と 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ( 以 下 オロ フレクラブ という )の 間 に 次 のように 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市

登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 に 関 する 協 定 登 別 市 と 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ( 以 下 オロ フレクラブ という )の 間 に 次 のように 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 協 定 書 関 係 登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 に 関 する 協 定 登 別 市 と 社 団 法 人 日 本 アマチュア 無 線 連 盟 登 別 オロフレクラブ( 以 下 オロ フレクラブ という )の 間 に 次 のように 協 定 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 協 定 は 登 別 市 防 災 協 力 員 無 線 基 地 局 ( 以 下 基 地 局 という ) をオロフレクラブの

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

Microsoft Word - Urumeiwashi-P101111.doc

Microsoft Word - Urumeiwashi-P101111.doc 平 成 22 度 ニシン 北 海 道 の 資 源 評 価 責 任 担 当 水 研 : 北 海 道 区 水 産 研 究 所 ( 村 上 直 人 ) 参 画 機 関 : 独 立 行 政 法 人 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 水 産 研 究 本 部 要 約 1987 には 北 海 道 サハリン 系 群 を 主 体 に 過 去 最 大 となる97 万 トンが 漁 獲 され 最 重 要 種 であったものの

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information