Taro-SPC 130417 栄

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-SPC 130417 栄"

Transcription

1 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達 を 行 い 投 資 家 に 対 し 対 象 資 産 の 運 用 処 分 から 生 じるキャッシュフローを 分 配 する 法 人 である デッド 型 及 びエクイティ 型 の 双 方 の 資 産 担 保 証 券 (ABS:Asset Backed Security)を 発 行 することができ 資 産 を 流 動 化 させる 器 となることが 期 待 されている 特 定 の 資 産 から 生 じるキャッシュフローと 複 数 の 投 資 家 とを 結 ぶ 導 管 ( ビークル と も 呼 ばれる)の 役 割 を 果 たすことだけを 目 的 とするため 特 定 の 資 産 以 外 の 資 産 の 運 用 は 原 則 として 認 められず また 自 らが 運 用 機 関 となることも 認 められない 従 って 特 定 目 体 会 社 の 機 関 構 成 は 簡 素 化 されており 特 定 資 産 と 余 剰 資 金 及 び 資 金 調 達 の 管 理 業 務 のみを 行 う また 投 資 家 保 護 のため 業 務 運 営 は 国 の 監 視 下 に 置 かれ 特 定 資 産 の 運 用 計 画 及 び 資 金 調 達 計 画 である 資 産 流 動 化 計 画 等 の 届 出 が 義 務 化 されている このような 特 殊 な 法 人 形 態 であることから 二 重 課 税 の 排 除 のため 一 定 の 要 件 の 下 で 法 人 税 法 上 支 払 配 当 金 の 損 金 算 入 制 度 が 認 められている 特 定 目 的 会 社 を 規 制 する 法 律 は 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 ( 通 称 資 産 流 動 化 法 ) ( 平 成 10 年 法 律 第 105 号 )である - 1 -

2 2. 特 定 目 的 会 社 の 構 成 (1) 全 体 フロー 特 定 目 的 会 社 特 定 借 入 利 子 払 い 返 済 銀 行 オリジネ 資 産 の ーター 譲 渡 特 定 約 束 手 形 ( 特 定 資 特 定 資 産 特 定 社 債 等 利 子 払 い 産 の 原 保 有 者 ) 資 産 の 元 本 の 償 還 投 資 家 譲 渡 代 金 優 先 出 資 配 当 残 余 特 定 出 資 財 産 分 配 特 定 資 産 の 管 理 処 分 の 委 託 外 部 の 運 用 機 関 (2) 特 定 資 産 特 定 資 産 は 原 則 としてその 種 類 内 容 を 限 定 されない ただし 次 の 資 産 を 受 け 入 れることはできない( 資 産 流 動 法 2121 資 産 流 動 規 則 ) 1 組 合 契 約 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 1 項 に 定 める 対 象 組 合 契 約 を 除 く )の 出 資 の 持 分 2 匿 名 組 合 契 約 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 2 項 に 定 める 対 象 匿 名 組 合 契 約 を 除 く ) の 出 資 の 持 分 3 金 銭 の 信 託 受 益 権 ( 貸 付 信 託 の 受 益 権 投 資 信 託 の 受 益 権 特 定 目 的 信 託 の 受 益 権 を 除 く ) 4 合 資 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 有 限 責 任 社 員 に 係 るものを 除 く ) 5 合 同 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 社 員 に 係 るものを 除 く ) (3) 出 資 出 資 は 特 定 出 資 と 優 先 出 資 に 分 けられる - 2 -

3 特 定 出 資 とは 特 定 社 員 からの 出 資 をいう 特 定 社 員 とは 均 等 の 割 合 的 単 位 に 細 分 化 された 特 定 目 的 会 社 の 社 員 の 地 位 のうち 社 員 総 会 での 議 決 権 を 有 する 者 をいう 特 定 出 資 の 額 は1 円 以 上 であればよい 優 先 出 資 とは 優 先 出 資 社 員 からの 出 資 をいう 優 先 出 資 社 員 とは 均 等 の 割 合 的 単 位 に 細 分 化 された 特 定 目 的 会 社 の 社 員 の 地 位 のうち 利 益 の 配 当 及 び 残 余 財 産 の 分 配 を 特 定 社 員 に 先 立 って 受 ける 権 利 を 有 している 者 をいう 優 先 出 資 社 員 は 原 則 として 社 員 総 会 での 議 決 権 を 有 しない 優 先 出 資 については 優 先 出 資 証 券 ( 有 価 証 券 )を 発 行 できるが 特 定 出 資 につい ては 出 資 証 券 を 発 行 することができない( 資 産 流 動 法 48 37) (4) 特 定 社 債 等 特 定 社 債 等 には 特 定 社 債 転 換 特 定 社 債 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 特 定 短 期 社 債 がある ア. 特 定 社 債 会 社 法 上 の 社 債 とほぼ 同 様 であるが 手 続 的 にはより 簡 素 化 されている イ. 転 換 特 定 社 債 転 換 特 定 社 債 とは 優 先 出 資 に 転 換 することを 請 求 することのできる 権 利 を 付 され た 特 定 社 債 である ウ. 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 とは 優 先 出 資 を 引 き 受 けることのできる 権 利 が 付 さ れた 特 定 社 債 である エ. 特 定 短 期 社 債 特 定 短 期 社 債 とは 特 定 社 債 のうち 次 の 要 件 を 充 たすものをいう 1 各 特 定 社 債 の 金 額 が1 億 円 を 下 回 らないこと 2 元 本 の 償 還 について 募 集 特 定 社 債 の 総 額 の 払 込 みのあった 日 から1 年 未 満 の 日 とする 確 定 期 限 の 定 めがあり かつ 分 割 払 の 定 めがないこと 3 利 息 の 支 払 期 限 を 元 本 の 償 還 期 限 と 同 じ 日 とする 旨 の 定 めがあること 4 担 保 付 社 債 信 託 法 の 規 定 及 び 資 産 流 動 化 法 第 130 条 第 2 項 の 規 定 により 担 保 が 付 されるものでないこと (5) 外 部 の 運 用 機 関 特 定 目 的 会 社 は 特 定 資 産 の 運 用 及 び 処 分 業 務 ができず これを 原 則 として 信 託 会 社 そ の 他 の 金 融 機 関 に 信 託 しなければならない( 資 産 流 動 法 2001) ただし 特 定 資 産 が 次 のものであるときはその 他 の 外 部 者 に その 運 用 及 び 処 分 業 務 を 委 託 することができる( 資 産 流 動 法 2002 資 産 流 動 規 則 90) 1 不 動 産 2 指 名 債 権 3 電 子 記 録 債 権 ( 電 子 記 録 債 権 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 電 子 記 録 債 権 をいう ) 4 船 舶 ( 商 法 第 686 条 第 2 項 に 規 定 する 船 舶 を 除 く ) 5 道 路 運 送 車 両 法 により 登 録 を 受 けた 自 動 車 ( 自 動 車 抵 当 法 第 2 条 ただし 書 に 規 定 す - 3 -

4 る 大 型 特 殊 自 動 車 を 除 く ) 6 航 空 法 により 登 録 を 受 けた 飛 行 機 及 び 回 転 翼 航 空 機 7 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 有 価 証 券 及 び 同 条 第 2 項 ( 第 3 号 から 第 6 号 までを 除 く )の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 権 利 ( 指 名 債 権 を 除 く ) 8 約 束 手 形 (7に 掲 げるものを 除 く ) 9 組 合 契 約 ( 民 法 第 676 条 の 組 合 契 約 をいう )の 出 資 の 持 分 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 1 項 に 定 める 対 象 組 合 契 約 に 限 る ) 10 匿 名 組 合 契 約 ( 商 法 第 535 条 の 匿 名 組 合 契 約 をいう )の 出 資 の 持 分 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 2 項 に 定 める 対 象 匿 名 組 合 契 約 に 限 る ) 11 合 資 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 有 限 責 任 社 員 に 係 るものに 限 る ) 12 合 同 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 社 員 に 係 るものに 限 る ) 13 外 国 の 法 令 に 準 拠 して 設 立 された 法 人 の 出 資 の 持 分 であって 1011に 掲 げる 出 資 の 持 分 に 相 当 するもの( 業 務 執 行 権 を 有 しない 社 員 に 係 るものに 限 る ) 14 特 許 権 並 びにその 専 用 実 施 権 及 び 通 常 実 施 権 15 実 用 新 案 権 並 びにその 専 用 実 施 権 及 び 通 常 実 施 権 16 意 匠 権 並 びにその 専 用 実 施 権 及 び 通 常 実 施 権 17 商 標 権 並 びにその 専 用 使 用 権 及 び 通 常 使 用 権 18 育 成 者 権 並 びにその 専 用 利 用 権 及 び 通 常 利 用 権 19 回 路 配 置 利 用 権 並 びにその 専 用 利 用 権 及 び 通 常 利 用 権 20 著 作 権 及 び 著 作 隣 接 権 - 4 -

5 3. 特 定 目 的 会 社 の 機 関 構 成 社 員 総 会 取 締 役 監 査 役 会 計 参 与 会 計 監 査 人 1 名 以 上 1 名 以 上 設 置 は 任 意 (1) 社 員 総 会 特 定 社 員 及 び 法 令 又 は 定 款 の 定 めにより 議 決 権 を 与 えられた 優 先 出 資 社 員 から 構 成 され る 最 高 の 意 志 決 定 機 関 であって 特 定 目 的 会 社 の 組 織 運 営 管 理 その 他 特 定 目 的 会 社 に 関 する 一 切 の 事 項 について 決 議 をすることができる( 資 産 流 動 法 512) 優 先 出 資 社 員 の 議 決 権 については 原 則 として 認 められず その 代 わり 優 先 出 資 社 員 等 の 保 護 は 資 産 流 動 化 計 画 違 反 の 社 員 総 会 取 消 の 訴 えにより 図 られることとされる (2) 取 締 役 特 定 目 的 会 社 は1 名 以 上 の 取 締 役 を 置 かなくてはならない 取 締 役 は 特 定 目 的 会 社 の 業 務 を 執 行 するとともに 会 社 を 代 表 する 取 締 役 が2 名 以 上 であるときは 代 表 取 締 役 を 置 くことができる 特 定 目 的 会 社 の 業 務 は 取 締 役 の 過 半 数 をもって 決 定 する( 以 上 資 産 流 動 法 78 79) 取 締 役 の 忠 実 義 務 を 担 保 するために 次 の 者 は 取 締 役 となることはできない( 資 産 流 動 法 701 七 八 九 十 ) 1 資 産 流 動 化 計 画 に 定 められた 特 定 資 産 の 譲 渡 人 ( 当 該 譲 渡 人 が 法 人 であるときは その 役 員 ) 2 資 産 流 動 化 計 画 に 定 められた 特 定 資 産 ( 信 託 の 受 益 権 を 除 く )の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 わせるために 設 定 された 信 託 の 受 託 者 である 法 人 の 役 員 ( 第 200 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 委 託 したときは 当 該 業 務 の 受 託 者 ( 当 該 受 託 者 が 法 人 であるときは その 役 員 )) 3 資 産 流 動 化 計 画 に 定 められた 特 定 資 産 が 信 託 の 受 益 権 である 場 合 には 当 該 信 託 の 受 託 者 である 法 人 の 役 員 4 特 定 出 資 信 託 の 受 託 者 である 法 人 の 役 員 (3) 監 査 役 特 定 目 的 会 社 は1 名 以 上 の 監 査 役 を 置 かなくてはならない 監 査 役 は 業 務 監 査 及 び 会 計 監 査 を 行 う( 資 産 流 動 法 ) 監 査 役 の 資 格 制 限 について 上 記 の 取 締 役 と 同 様 の 規 制 が 置 かれている( 資 産 流 動 法 7 22) - 5 -

6 (4) 会 計 参 与 会 計 参 与 の 設 置 は 任 意 である( 資 産 流 動 法 672) 会 計 参 与 は 取 締 役 と 共 同 して 会 社 の 計 算 書 類 を 作 成 する 会 計 参 与 となる 者 は 公 認 会 計 士 監 査 法 人 税 理 士 及 び 税 理 士 法 人 である (5) 会 計 監 査 人 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 会 計 監 査 人 を 置 かなくてはならない( 資 産 流 動 法 671 資 産 流 動 令 24) 1 特 定 出 資 特 定 約 束 手 形 の 発 行 を 行 う 場 合 2 特 定 社 債 の 発 行 総 額 と 特 定 借 入 れの 総 額 との 合 計 額 が200 億 円 以 上 である 場 合 その 他 の 場 合 会 計 監 査 人 の 設 置 は 任 意 である( 資 産 流 動 法 673) 会 計 監 査 人 は 計 算 書 類 及 びその 附 属 明 細 書 の 会 計 監 査 を 行 う( 資 産 流 動 法 1025) 会 計 監 査 人 となる 者 は 公 認 会 計 士 及 び 監 査 法 人 である( 資 産 流 動 法 731) - 6 -

7 4. 資 産 流 動 化 計 画 (1) 資 産 流 動 化 計 画 の 提 出 特 定 目 体 会 社 設 立 後 資 産 流 動 化 計 画 を 所 轄 の 財 務 局 宛 に 提 出 する 当 該 資 産 流 動 化 計 画 は 社 員 総 会 での 承 認 が 必 要 である( 資 産 流 動 法 6) (2) 資 産 流 動 化 計 画 のポイント 資 産 流 動 化 計 画 のポイントは 次 の2 点 である( 資 産 流 動 法 22 参 照 ) 1 特 定 資 産 の 取 得 は 資 産 対 応 証 券 ( 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 及 び 優 先 出 資 )の 発 行 又 は 特 定 借 入 により 調 達 された 資 金 により 取 得 されるものであること 2 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 もしくは 特 定 借 入 又 は 受 益 証 券 に 係 る 債 務 の 履 行 と 優 先 出 資 に 係 る 利 益 の 配 当 消 却 のための 取 得 等 又 は 残 余 財 産 の 分 配 は 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 により 得 られる 資 金 をもって 行 うものであること (3) 資 産 流 動 化 計 画 の 記 載 内 容 資 産 流 動 化 計 画 には 次 の 事 項 を 記 載 する 1. 資 産 流 動 化 計 画 の 計 画 期 間 及 び 計 画 期 間 に 関 する 事 項 イ 資 産 流 動 化 計 画 の 計 画 期 間 ( 資 産 の 流 動 化 に 係 る 業 務 の 開 始 期 日 から 終 了 期 日 ( 資 産 流 動 化 計 画 に 従 って 優 先 出 資 の 消 却 残 余 財 産 の 分 配 並 びに 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 及 び 特 定 目 的 借 入 れに 係 る 債 務 の 履 行 を 完 了 する 日 をいう )ま での 期 間 であって 特 定 目 的 会 社 が 定 める 期 間 をいう ) 当 該 計 画 期 間 の 上 限 は 次 のとおりである( 資 産 流 動 令 3) 1 次 に 掲 げる 特 定 資 産 20 年 a 動 産 ( 有 価 証 券 を 除 く ) b aに 掲 げるもののみを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 2 次 に 掲 げる 特 定 資 産 25 年 a 特 許 権 実 用 新 案 権 意 匠 権 商 標 権 回 路 配 置 利 用 権 又 は 育 成 者 権 (こ れらの 権 利 を 利 用 する 権 利 を 含 む ) b aに 掲 げるもののみを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 又 はaに 掲 げるもの 及 び1 aに 掲 げるもののみを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 3 1 及 び2に 掲 げる 特 定 資 産 以 外 の 特 定 資 産 50 年 ロ 資 産 の 流 動 化 に 係 る 業 務 の 開 始 期 日 として 定 める 年 月 日 ハ イロに 掲 げる 事 項 について 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 2. 資 産 対 応 証 券 及 び 特 定 目 的 借 入 れに 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 優 先 出 資 においては 総 口 数 の 最 高 限 度 優 先 出 資 の 内 容 ( 利 益 の 配 当 又 は 残 余 財 産 の 分 配 についての 優 先 的 内 容 を 含 む 以 下 同 じ )その 他 の 発 行 及 び 消 却 に 関 する 次 の 事 項 1 優 先 出 資 の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 - 7 -

8 2 総 口 数 の 最 高 限 度 3 優 先 出 資 の 内 容 ( 利 益 の 配 当 又 は 残 余 財 産 の 分 配 の 方 法 を 含 む ) 4 種 類 ごとの 総 口 数 の 最 高 限 度 5 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 6 各 発 行 ごとの 種 類 別 の 発 行 口 数 払 込 金 額 又 はその 算 定 方 法 及 び 募 集 等 ( 証 券 取 引 法 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 有 価 証 券 の 募 集 又 は 有 価 証 券 の 私 募 をい う 以 下 同 じ )の 方 法 7 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 8 法 第 39 条 第 2 項 に 規 定 する 募 集 優 先 出 資 を 引 き 受 ける 者 に 対 する 特 に 有 利 な 発 行 に 関 する 事 項 その 他 の 各 発 行 ごとの 発 行 条 件 に 関 する 事 項 9 優 先 出 資 の 消 却 又 は 併 合 に 関 する 事 項 として 次 に 掲 げる 事 項 イ 法 第 47 条 第 2 項 の 規 定 による 優 先 出 資 の 消 却 ( 以 下 この 号 において 利 益 消 却 という )を 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 利 益 消 却 に 関 する 事 項 ロ 法 第 110 条 の 規 定 による 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 に 係 る 優 先 出 資 の 消 却 ( 以 下 簡 易 減 資 消 却 という )を 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 簡 易 減 資 消 却 に 関 する 事 項 ハ 法 第 159 条 の 規 定 による 手 続 を 経 て 行 う 優 先 出 資 の 消 却 ( 以 下 仮 清 算 消 却 という )を 予 定 する 場 合 は 仮 清 算 消 却 に 関 する 事 項 ニ 優 先 出 資 の 併 合 に 関 する 事 項 10 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 に 関 する 事 項 として 次 に 掲 げる 事 項 イ 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ロ 法 第 110 条 の 規 定 により 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 を 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 同 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 項 11 5から8までに 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 12 1から4まで 及 び9に 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 13 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ロ 特 定 社 債 ( 特 定 短 期 社 債 を 除 く )においては 総 額 特 定 社 債 の 内 容 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 社 債 ( 特 定 短 期 社 債 を 除 き 転 換 特 定 社 債 及 び 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 ( 以 下 この 条 において 転 換 特 定 社 債 等 という )を 含 む )の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 2 募 集 特 定 社 債 の 総 額 ( 発 行 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 募 集 特 定 社 債 の 内 容 4 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 5 各 募 集 特 定 社 債 の 払 込 金 額 若 しくはその 最 低 金 額 又 はこれらの 算 定 方 法 ( 転 換 特 定 社 債 等 を 発 行 する 場 合 は その 内 訳 を 含 む ) 利 率 及 び 募 集 等 の 方 法 - 8 -

9 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 特 定 社 債 に 係 る 信 用 補 完 又 は 流 動 性 補 完 ( 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 の 状 況 又 は 一 時 的 な 資 金 不 足 によって 債 務 を 履 行 することが 困 難 になった 場 合 に 当 該 債 務 の 履 行 を 担 保 するための 措 置 をいう 第 6 条 及 び 第 16 条 において 同 じ )の 概 要 元 本 の 償 還 及 び 利 息 支 払 の 方 法 及 び 期 限 に 関 する 事 項 期 限 前 償 還 を 予 定 する 場 合 は その 内 容 ( 期 限 前 償 還 の 対 象 となる 特 定 社 債 の 範 囲 期 限 前 償 還 の 要 件 及 び 利 息 の 計 算 方 法 を 含 む ) 法 第 126 条 本 文 に 規 定 する 特 定 社 債 管 理 者 又 は 特 定 社 債 に 物 上 担 保 を 付 す 場 合 における 担 保 付 社 債 信 託 法 第 1 条 に 規 定 する 信 託 会 社 の 商 号 法 第 128 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 全 部 又 は 一 部 の 種 類 の 特 定 社 債 に 係 る 特 定 社 債 権 者 が 同 項 本 文 の 先 取 特 権 を 有 しないこととする 場 合 は そ の 旨 特 定 社 債 権 者 集 会 に 関 する 事 項 ( 特 定 社 債 権 者 集 会 の 決 議 事 項 を 含 む ) 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ(2)から(6)までに 掲 げる 事 項 並 びに 第 4 号 か ら 第 11 号 まで 第 十 三 号 ロからホまで 及 び 前 号 に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ(1)に 掲 げる 事 項 並 びに 第 1 号 から 第 3 号 まで 第 12 号 及 び 第 13 号 イに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ(1)から(6)までに 掲 げる 事 項 及 び 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ハ 転 換 特 定 社 債 においては 総 額 転 換 の 条 件 転 換 によって 発 行 すべき 優 先 出 資 の 内 容 転 換 を 請 求 することができる 期 間 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 をロに 追 加 する 1 総 額 2 転 換 の 条 件 3 転 換 によって 発 行 すべき 優 先 出 資 の 内 容 4 転 換 を 請 求 することができる 期 間 5 法 第 131 条 第 2 項 に 規 定 する 優 先 出 資 社 員 以 外 の 者 に 対 する 有 利 な 発 行 に 関 する 事 項 ニ 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 においては 次 に 掲 げる 事 項 をロに 追 加 する 1 総 額 2 各 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 に 付 する 新 優 先 出 資 の 引 受 権 ( 以 下 この 号 に おいて 引 受 権 という )の 内 容 3 引 受 権 を 行 使 することができる 期 間 4 引 受 権 のみを 譲 渡 することができることとする 場 合 は その 旨 5 引 受 権 を 行 使 しようとする 者 の 請 求 があるときは 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 - 9 -

10 6 7 社 債 の 償 還 に 代 えてその 払 込 金 額 ( 第 122 条 第 1 項 第 14 号 に 規 定 する 払 込 金 額 をいう )をもって 第 145 条 第 2 項 の 払 込 みがあったものとする 旨 利 益 の 配 当 については 第 145 条 第 2 項 の 規 定 による 払 込 みをした 時 の 属 する 事 業 年 度 又 はその 前 事 業 年 度 終 了 の 日 において 新 優 先 出 資 の 発 行 があっ たものとみなす 旨 法 第 139 条 第 4 項 に 規 定 する 優 先 出 資 社 員 以 外 の 者 に 対 する 有 利 な 発 行 に 関 する 事 項 ホ 特 定 短 期 社 債 においては 限 度 額 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 短 期 社 債 の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 2 限 度 額 ( 発 行 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 特 定 短 期 社 債 の 内 容 4 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 5 法 第 128 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 全 部 又 は 一 部 の 種 類 の 特 定 短 期 社 債 に 係 る 特 定 社 債 権 者 が 同 項 本 文 の 先 取 特 権 を 有 しないこととする 場 合 は その 旨 6 各 募 集 特 定 短 期 社 債 の 払 込 金 額 若 しくはその 最 低 金 額 又 はこれらの 算 定 方 法 及 び 利 率 7 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 8 特 定 短 期 社 債 に 係 る 信 用 補 完 又 は 流 動 性 補 完 の 概 要 9 元 本 の 償 還 及 び 利 息 支 払 の 方 法 及 び 期 限 に 関 する 事 項 10 第 四 号 から 前 号 までに 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 11 1から3までに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 12 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ヘ 特 定 約 束 手 形 においては 限 度 額 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 約 束 手 形 の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 2 限 度 額 ( 発 行 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 特 定 約 束 手 形 の 内 容 4 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 5 各 発 行 ごとの 発 行 価 額 及 び 利 率 6 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 7 特 定 約 束 手 形 に 係 る 信 用 補 完 又 は 流 動 性 補 完 の 概 要 8 償 還 の 方 法 及 び 期 限 に 関 する 事 項 9 4から8までに 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 10 1から3までに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件

11 11 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ト 特 定 目 的 借 入 れにおいては 限 度 額 その 他 の 借 入 れ 及 び 弁 済 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 目 的 借 入 れを 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 2 限 度 額 ( 借 入 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 各 借 入 れに 関 する 事 項 として 次 に 掲 げる 事 項 イ 借 入 金 額 ロ 借 入 先 ハ 借 入 条 件 ( 弁 済 期 及 び 弁 済 方 法 に 関 することを 含 む ) ニ 借 入 金 の 使 途 ホ 担 保 設 定 に 関 する 事 項 4 前 号 に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するため の 要 件 及 び 手 続 5 1 及 び2に 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 6 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 3. 特 定 資 産 の 内 容 取 得 の 時 期 及 び 譲 渡 人 その 他 の 特 定 資 産 に 関 する 次 の 事 項 1 下 記 の 別 表 の 特 定 資 産 ( 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 は 当 該 取 得 予 定 資 産 以 下 同 じ )の 区 分 欄 に 掲 げる 特 定 資 産 の 区 分 に 応 じ 同 表 の 特 定 資 産 の 内 容 欄 に 掲 げる 事 項 別 表 特 定 資 産 の 内 容 の 記 載 事 項 表 ( 第 16 条 第 55 条 第 67 条 関 係 ) 番 号 特 定 資 産 の 区 分 特 定 資 産 の 内 容 一 不 動 産 1 不 動 産 の 種 類 2 土 地 にあっては 所 在 地 番 及 び 地 積 3 建 物 にあっては 所 在 家 屋 番 号 種 類 及 び 構 造 ( 開 発 により 取 得 する 場 合 は 所 在 並 び に 予 定 される 種 類 及 び 構 造 ) 4 その 他 当 該 不 動 産 を 特 定 するに 足 りる 事 項 二 不 動 産 に 関 する 所 有 権 以 外 の 1 権 利 の 種 類 存 続 期 間 その 他 の 設 定 契 約 の 権 利 内 容 に 関 する 事 項 2 権 利 の 目 的 物 について その 種 類 及 び 所 有 者 の 氏 名 商 号 又 は 名 称 3 権 利 の 目 的 物 が 土 地 である 場 合 は 土 地 の 所 在 地 番 及 び 地 積 4 権 利 の 目 的 物 が 建 物 である 場 合 は 建 物 の 所 在 家 屋 番 号 種 類 及 び 構 造 5 その 他 当 該 権 利 を 特 定 するに 足 りる 事 項

12 三 動 産 ( 次 項 から 六 の 項 までに 動 産 の 種 類 名 称 型 式 製 造 番 号 通 常 所 在 掲 げるもの 及 び 有 価 証 券 を 除 する 場 所 その 他 の 当 該 動 産 を 特 定 するに 足 りる く ) 事 項 四 船 舶 1 船 舶 の 種 類 名 称 船 籍 港 船 質 総 トン 数 進 水 の 年 月 機 関 の 種 類 数 その 他 の 機 関 に 関 する 事 項 推 進 器 の 種 類 数 その 他 の 推 進 器 に 関 する 事 項 及 び 帆 装 2 日 本 船 舶 にあっては 国 籍 取 得 の 年 月 日 ( 日 本 において 製 造 された 船 舶 にあっては その 旨 ) 3 外 国 船 舶 にあっては 国 籍 4 その 他 当 該 船 舶 を 特 定 するに 足 りる 事 項 五 航 空 機 ( 航 空 法 第 2 条 第 1 1 航 空 機 の 種 類 型 式 製 造 者 番 号 及 び 定 項 に 規 定 する 航 空 機 をいう ) 置 場 2 航 空 法 の 規 定 による 登 録 を 受 けている 場 合 は 登 録 記 号 及 び 新 規 登 録 年 月 日 3 外 国 の 国 籍 を 有 する 航 空 機 にあっては そ の 国 籍 4 その 他 当 該 航 空 機 を 特 定 するに 足 りる 事 項 六 自 動 車 ( 道 路 運 送 車 両 法 第 2 1 自 動 車 の 種 別 車 名 型 式 及 び 車 体 番 号 条 第 1 項 に 規 定 する 自 動 車 を 原 動 機 の 型 式 並 びに 現 在 の 使 用 の 本 拠 いう ) 2 道 路 運 送 車 両 法 の 規 定 による 登 録 又 は 検 査 を 受 けている 場 合 は 現 在 の 自 動 車 登 録 番 号 又 は 車 両 番 号 及 び 初 年 度 登 録 年 月 又 は 初 年 度 検 査 年 3 その 他 当 該 自 動 車 を 特 定 するに 足 りる 事 項 七 指 名 金 銭 債 権 ( 信 託 の 受 益 権 1 当 該 指 名 金 銭 債 権 の 総 額 貸 付 債 権 売 掛 を 除 く ) 債 権 その 他 の 種 類 構 成 及 び 担 保 の 設 定 状 況 そ の 他 当 該 指 名 金 銭 債 権 の 属 性 に 関 する 事 項 2 その 他 当 該 指 名 金 銭 債 権 の 内 容 を 特 定 する に 足 りる 事 項 八 有 価 証 券 ( 信 託 の 受 益 権 を 表 1 当 該 有 価 証 券 の 総 額 国 債 証 券 社 債 券 示 するものを 除 く ) 株 券 その 他 の 種 類 構 成 及 び 担 保 の 設 定 状 況 そ の 他 当 該 有 価 証 券 の 属 性 に 関 する 事 項 2 その 他 当 該 有 価 証 券 の 内 容 を 特 定 するに 足 りる 事 項 九 特 許 権 等 ( 特 許 権 又 はその 専 1 特 許 権 又 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 施 権 施 権 の 別 をいう ) 2 特 許 権 に 係 る 出 願 の 番 号 及 び 年 月 日 発 明 者 の 氏 名 発 明 の 名 称 及 び 概 要 査 定 又 は 審 決 があった 旨 及 びその 年 月 日 登 録 の 番 号 及 び 年

13 月 日 並 びに 特 許 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 実 施 権 にあって は 特 許 権 者 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 特 許 権 者 及 び 専 用 実 施 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 実 施 権 の 範 囲 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 当 該 専 用 実 施 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 )その 他 の 実 施 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 特 許 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 実 用 新 案 権 等 ( 実 用 新 案 権 又 1 実 用 新 案 権 又 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 施 権 の 別 常 実 施 権 をいう ) 2 実 用 新 案 権 に 係 る 出 願 の 番 号 及 び 年 月 日 考 案 者 の 氏 名 考 案 の 名 称 及 び 概 要 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 並 びに 登 録 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 実 施 権 にあって は 実 用 新 案 権 者 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 実 用 新 案 権 者 及 び 専 用 実 施 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 実 施 権 の 範 囲 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあって は 当 該 専 用 実 施 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 ) その 他 の 実 施 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 実 用 新 案 権 等 を 特 定 するに 足 り る 事 項 十 一 意 匠 権 等 ( 意 匠 権 又 はその 専 1 意 匠 権 又 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 施 権 施 権 の 別 をいう ) 2 意 匠 権 に 係 る 出 願 の 番 号 意 匠 の 創 作 をし た 者 の 氏 名 意 匠 法 施 行 規 則 第 7 条 の 規 定 によ る 物 品 の 区 分 意 匠 の 概 要 査 定 又 は 審 決 があ った 旨 及 びその 年 月 日 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 関 連 意 匠 に 関 する 事 項 並 びに 登 録 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 実 施 権 にあって は 意 匠 権 者 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 意 匠 権 者 及 び 専 用 実 施 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 実 施 権 の 範 囲 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 当 該 専 用 実 施 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 )その 他 の 実 施 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 意 匠 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事

14 項 十 二 商 標 権 等 ( 商 標 権 又 はその 専 1 商 標 権 又 はその 専 用 使 用 権 若 しくは 通 常 使 用 使 用 権 若 しくは 通 常 使 用 権 用 権 の 別 をいう ) 2 商 標 権 に 係 る 出 願 の 番 号 商 標 商 標 法 第 6 条 第 1 項 ( 同 法 第 68 条 第 1 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 指 定 した 商 品 又 は 役 務 査 定 又 は 審 決 があった 旨 及 びその 年 月 日 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 登 録 料 に 関 する 事 項 並 びに 商 標 の 現 在 の 使 用 状 況 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 使 用 権 にあって は 商 標 権 者 ( 専 用 使 用 権 についての 通 常 使 用 権 にあっては 商 標 権 者 及 び 専 用 使 用 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 使 用 権 の 範 囲 ( 専 用 使 用 権 についての 通 常 使 用 権 にあっては 当 該 専 用 使 用 権 及 び 当 該 通 常 使 用 権 の 範 囲 )その 他 の 使 用 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 商 標 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 三 育 成 者 権 等 ( 育 成 者 権 又 はそ 1 育 成 者 権 又 はその 専 用 利 用 権 若 しくは 通 常 の 専 用 利 用 権 若 しくは 通 常 利 利 用 権 の 別 用 権 をいう ) 2 育 成 者 権 に 係 る 出 願 の 番 号 品 種 の 属 する 農 林 水 産 植 物 の 種 類 品 種 の 名 称 品 種 の 特 性 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 登 録 料 に 関 する 事 項 並 びに 品 種 の 現 在 の 利 用 状 況 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 利 用 権 にあって は 育 成 者 権 者 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 育 成 者 権 者 及 び 専 用 利 用 権 者 ) の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 利 用 権 の 範 囲 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 当 該 専 用 利 用 権 及 び 当 該 通 常 利 用 権 の 範 囲 )その 他 の 利 用 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 育 成 者 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 四 回 路 配 置 利 用 権 等 ( 回 路 配 置 1 回 路 配 置 利 用 権 又 はその 専 用 利 用 権 若 しく 利 用 権 又 はその 専 用 利 用 権 若 は 通 常 利 用 権 の 別 しくは 通 常 利 用 権 をいう ) 2 回 路 配 置 利 用 権 に 係 る 回 路 配 置 の 創 作 をし た 者 の 氏 名 又 は 名 称 回 路 配 置 について 業 とし て 半 導 体 集 積 回 路 の 回 路 配 置 に 関 する 法 律 第 2 条 第 3 項 第 2 号 に 掲 げる 行 為 をしている 場 合 に あっては その 行 為 を 最 初 にした 年 月 日 回 路

15 配 置 を 用 いて 製 造 した 半 導 体 集 積 回 路 の 名 称 及 び 分 類 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 並 びに 手 数 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 利 用 権 にあって は 回 路 配 置 利 用 権 者 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 回 路 配 置 利 用 権 者 及 び 専 用 利 用 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 利 用 権 の 範 囲 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 当 該 専 用 利 用 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 )その 他 の 利 用 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 回 路 配 置 利 用 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 五 著 作 権 等 ( 著 作 権 出 版 権 又 1 著 作 権 出 版 権 又 は 著 作 隣 接 権 の 別 は 著 作 隣 接 権 をいう ) 2 著 作 権 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 ( 当 該 事 項 のうち 不 明 なものについては その 旨 ) イ 著 作 物 の 題 号 ( 題 号 がないときは その 旨 ) 著 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 著 作 物 が 最 初 に 公 表 さ れた 年 月 日 ( 未 公 表 の 著 作 物 であるときは そ の 旨 ) 著 作 物 の 種 類 及 び 内 容 又 は 体 様 並 びに 著 作 権 の 存 続 期 間 に 関 する 事 項 ロ 著 作 者 が 日 本 国 民 以 外 の 者 ( 以 下 この 号 に おいて 外 国 人 という )であるときは そ の 国 籍 (その 者 が 法 人 であるときは その 設 立 にあたって 準 拠 した 法 令 を 制 定 した 国 及 び 当 該 法 人 の 主 たる 事 務 所 が 所 在 する 国 の 国 名 ) ハ 公 表 された 著 作 物 にあっては 著 作 物 の 最 初 の 公 表 の 際 に 表 示 された 著 作 者 名 ( 無 名 で 公 表 された 著 作 物 であるときは その 旨 ) ニ 発 行 された 外 国 人 の 著 作 物 にあっては 著 作 物 が 最 初 に 発 行 された 国 の 国 名 3 出 版 権 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 ( 当 該 事 項 のうち 不 明 なものについては その 旨 ) イ 2イからニまでに 掲 げる 事 項 ロ 設 定 された 出 版 権 の 範 囲 設 定 行 為 で 定 め られた 存 続 期 間 ( 設 定 行 為 に 定 めがないときは その 旨 ) 設 定 行 為 に 著 作 権 法 第 80 条 第 2 項 又 は 第 81 条 ただし 書 の 別 段 の 定 めがあるとき は その 定 めその 他 の 出 版 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項

16 4 著 作 隣 接 権 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 ( 当 該 事 項 のうち 不 明 なものについては その 旨 ) イ 実 演 レコード 放 送 番 組 又 は 有 線 放 送 番 組 の 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) ロ 実 演 家 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) 実 演 家 の 氏 名 実 演 が 行 われた 年 月 日 及 びその 行 われた 国 の 国 名 実 演 の 種 類 及 び 内 容 並 びに 実 演 家 の 権 利 の 存 続 期 間 (2) 実 演 家 がその 氏 名 に 代 えて 通 常 用 いて いる 芸 名 があるときはその 芸 名 (3) 実 演 家 が 外 国 人 であるときはその 国 籍 (4) レコードに 固 定 されている 実 演 にあっ ては 当 該 レコードの 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) 及 びハ(1)に 掲 げる 事 項 並 びに 実 演 が 国 外 において 行 われたものである 場 合 にはハ (2)に 掲 げる 事 項 (5) 国 外 において 行 われ かつ 放 送 又 は 有 線 放 送 において 送 信 された 実 演 ( 実 演 家 の 承 諾 を 得 て 送 信 前 に 録 音 され 又 は 録 画 されてい るものを 除 く )で 著 作 権 法 第 八 条 各 号 のいず れかに 該 当 するレコードに 固 定 されているもの 以 外 のものにあっては 当 該 放 送 番 組 又 は 有 線 放 送 番 組 の 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) 並 びにニ(1) 及 び(2) 又 はホ(1) 及 び(2) に 掲 げる 事 項 (6) 映 画 の 著 作 物 において 録 音 され 又 は 録 画 されている 実 演 にあっては 当 該 映 画 の 著 作 物 の 題 号 ( 題 号 がないときは その 旨 ) 及 び 映 画 製 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 ハ レコード 製 作 者 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) レコード 製 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 (2) レコード 製 作 者 が 外 国 人 であるときは その 国 籍 及 びレコードに 固 定 されている 音 が 最 初 に 固 定 された 国 の 国 名 (3) レコードに 固 定 されている 音 が 最 初 に 固 定 された 年 月 日 レコードの 内 容 及 びレコー ド 製 作 者 の 権 利 の 存 続 期 間 (4) 商 業 用 レコードがすでに 販 売 されてい るレコードにあっては 最 初 に 販 売 された 商 業

17 用 レコードの 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) 体 様 及 び 製 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 ニ 放 送 事 業 者 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) 放 送 事 業 者 の 氏 名 又 は 名 称 (2) 放 送 事 業 者 が 外 国 人 であるときは そ の 国 籍 及 び 放 送 が 行 われた 放 送 設 備 のある 国 の 国 名 (3) 放 送 が 行 われた 年 月 日 放 送 事 業 者 の 権 利 の 存 続 期 間 放 送 の 種 類 及 び 放 送 番 組 の 内 容 ホ 有 線 放 送 事 業 者 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) 有 線 放 送 事 業 者 の 氏 名 又 は 名 称 (2) 有 線 放 送 事 業 者 が 外 国 人 であるときは その 国 籍 及 び 有 線 放 送 が 行 われた 有 線 放 送 設 備 のある 国 の 国 名 (3) 有 線 放 送 が 行 われた 年 月 日 有 線 放 送 事 業 者 の 権 利 の 存 続 期 間 有 線 放 送 の 種 類 及 び 有 線 放 送 番 組 の 内 容 5 その 他 当 該 著 作 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 六 前 各 項 に 掲 げる 資 産 以 外 の 特 前 各 項 の 特 定 資 産 の 内 容 欄 に 掲 げる 事 項 に 準 ず 定 資 産 ( 信 託 の 受 益 権 を 除 る 事 項 く ) 十 七 信 託 の 受 益 権 又 はこれを 表 示 1 受 託 者 委 託 者 及 び 信 託 管 理 人 ( 特 定 目 的 する 有 価 証 券 信 託 の 受 益 権 にあっては 代 表 権 利 者 又 は 特 定 信 託 管 理 者 )の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 2 信 託 の 目 的 信 託 財 産 の 管 理 方 法 信 託 終 了 の 事 由 その 他 信 託 の 条 項 3 信 託 財 産 の 内 容 に 関 する 事 項 十 八 対 象 組 合 契 約 出 資 持 分 等 ( 第 1 業 務 の 執 行 を 委 任 した 者 又 は 営 業 者 の 氏 名 95 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 又 は 名 称 及 び 住 所 めるものをいう ) 2 組 合 又 は 匿 名 組 合 の 事 業 3 第 九 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 対 象 資 産 の 内 容 に 関 する 事 項 ( 当 該 対 象 資 産 が 前 項 に 掲 げる ものに 該 当 する 場 合 にあっては 当 該 対 象 資 産 に 関 する 同 項 に 掲 げる 事 項 を 含 む ) 4 その 他 当 該 対 象 組 合 契 約 出 資 持 分 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項

18 2 特 定 資 産 の 権 利 の 移 転 に 関 する 事 項 ( 特 定 資 産 の 譲 渡 に 係 る 対 抗 要 件 の 具 備 又 は 買 戻 特 約 の 設 定 状 況 に 関 する 事 項 を 含 む ) 3 特 定 資 産 の 取 得 時 期 4 特 定 資 産 の 取 得 価 格 ( 法 第 40 条 第 1 項 第 7 号 に 規 定 する 特 定 資 産 の 価 格 を 知 る ために 必 要 な 事 項 の 概 要 同 項 第 8 号 又 は 法 第 122 条 第 1 項 第 18 号 に 規 定 す る 特 定 資 産 の 価 格 につき 調 査 した 結 果 ( 資 産 の 種 類 ごとの 内 訳 を 含 む ) 並 びに 当 該 調 査 を 行 った 者 ( 特 定 資 産 が 不 動 産 ( 土 地 若 しくは 建 物 又 はこれらに 関 する 所 有 権 以 外 の 権 利 をいう 第 107 条 及 び 第 126 条 において 同 じ )であると きは 法 第 40 条 第 1 項 第 8 号 又 は 第 122 条 第 1 項 第 18 号 の 規 定 により 鑑 定 評 価 を 行 った 者 を 含 む )の 氏 名 又 は 名 称 及 び 当 該 調 査 に 係 る 資 格 を 含 む ) 5 特 定 資 産 の 譲 渡 人 ( 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 は 当 該 開 発 に 係 る 契 約 を 特 定 目 的 会 社 と 締 結 した 者 )の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 6 7ロの 場 合 であって 取 得 する 特 定 資 産 を 一 定 の 条 件 に 基 づき 抽 出 する 場 合 は 第 七 条 第 一 項 第 三 号 の 業 務 の 委 託 契 約 を 特 定 目 的 会 社 と 締 結 した 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 7 次 に 掲 げる 場 合 であって 2から5までに 掲 げる 事 項 (5に 掲 げる 事 項 について は ロの 場 合 に 限 る )の 内 容 が 確 定 していないときは その 内 容 を 確 定 するた めの 要 件 及 び 手 続 イ 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 ロ 次 に 掲 げる 要 件 のすべてを 満 たす 場 合 (1) 取 得 する 特 定 資 産 が 指 名 金 銭 債 権 ( 指 名 債 権 であって 金 銭 の 支 払 を 目 的 と するものをいう 以 下 同 じ ) 若 しくは 約 束 手 形 又 はこれらを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 のみであること (2) 発 行 を 予 定 する 資 産 対 応 証 券 が 特 定 短 期 社 債 又 は 特 定 約 束 手 形 のみである こと (3) 特 定 目 的 借 入 れを 行 わないこと (4) 資 産 流 動 化 計 画 に(2) 及 び(3)について 変 更 を 禁 止 する 旨 の 定 めがあ ること ハ 次 に 掲 げる 要 件 のすべてを 満 たす 場 合 (1) 1の 特 定 資 産 の 内 容 欄 に 掲 げる 事 項 によって 特 定 が 可 能 な 指 名 金 銭 債 権 若 しくは 有 価 証 券 又 はこれらを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 であって 一 定 の 条 件 に 基 づい て 抽 出 される 資 産 を 特 定 目 的 会 社 が 将 来 継 続 して 取 得 する 場 合 (2) 発 行 される 資 産 対 応 証 券 が 担 保 付 社 債 信 託 法 の 規 定 又 は 法 第 130 条 第 2 項 の 規 定 により 担 保 が 付 された 特 定 社 債 であること (3) 資 産 流 動 化 計 画 に(2)について 変 更 を 禁 止 する 旨 の 定 めがあること 8 2から7までに 掲 げる 事 項 (5に 掲 げる 事 項 については 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 又 は7ロの 場 合 であって 取 得 する 特 定 資 産 を 一 定 の 条 件 に 基 づ き 抽 出 する 場 合 に 限 る )の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨

19 4. 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 の 方 法 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 わせるために 設 定 す 信 託 の 受 託 者 その 他 の 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 資 産 の 処 分 の 方 法 ( 特 定 資 産 を 貸 し 付 け 譲 渡 し 交 換 し 又 は 担 保 に 供 す ることを 予 定 する 場 合 は その 旨 及 びその 内 容 ( 時 期 及 び 理 由 を 含 む )を 含 む ) 2 法 第 200 条 第 1 項 の 規 定 により 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 わせる ための 信 託 の 受 託 者 又 は 受 託 予 定 者 ( 同 条 第 3 項 の 規 定 により 信 託 会 社 等 以 外 の 者 に 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 委 託 する 場 合 におけるその 受 託 者 又 は 受 託 予 定 者 を 含 む 以 下 この 条 において 受 託 者 等 という )の 氏 名 又 は 名 称 営 業 所 又 は 事 務 所 の 所 在 地 その 他 の 受 託 者 等 に 関 する 事 項 3 受 託 者 等 が 特 定 資 産 について 行 う 業 務 の 種 類 内 容 並 びに 資 産 対 応 証 券 の 保 有 者 特 定 目 的 借 入 れに 係 る 債 権 者 及 び 法 第 126 条 本 文 に 規 定 する 特 定 社 債 管 理 者 ( 特 定 社 債 に 物 上 担 保 を 付 す 場 合 は 担 保 付 社 債 信 託 法 第 1 条 に 規 定 する 信 託 会 社 )の 利 害 に 関 係 する 事 項 ( 特 定 資 産 が 指 名 金 銭 債 権 の 場 合 は その 回 収 の 方 法 を 含 む ) 4 1から3に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するため の 要 件 及 び 手 続 5 1から3までに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 6 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 5. 資 金 の 借 入 れ( 特 定 目 的 借 入 れを 除 く )に 関 する 次 の 事 項 1 限 度 額 ( 借 入 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 2 借 入 金 の 使 途 3 各 借 入 れに 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 借 入 金 額 ロ 借 入 先 ハ 借 入 条 件 ( 弁 済 期 及 び 弁 済 方 法 に 関 することを 含 む ) ニ 担 保 設 定 に 関 する 事 項 4 前 号 に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 5 1 及 び2に 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うた めの 条 件 6 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 6.その 他 の 事 項 1 資 産 流 動 化 計 画 の 概 要 2 特 定 社 員 があらかじめ 利 益 の 配 当 又 は 残 余 財 産 の 分 配 を 受 ける 権 利 を 放 棄 する 場 合 は その 旨 3 優 先 出 資 又 は 特 定 社 債 について 少 人 数 私 募 ( 証 券 取 引 法 第 2 条 第 3 項 に 規 定 す

20 る 有 価 証 券 の 私 募 のうち 同 項 第 2 号 ロに 該 当 するものをいう )を 行 う 場 合 は 資 産 流 動 化 計 画 の 謄 本 又 は 抄 本 を 交 付 する 旨 資 産 流 動 化 計 画 に 記 載 され 又 は 記 録 される 事 項 のうち 発 行 される 資 産 対 応 証 券 又 は 実 行 される 特 定 目 的 借 入 れに 関 する 事 項 の 内 容 を 変 更 するための 手 続 及 び 当 該 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 における 当 該 内 容 を 確 定 するための 手 続 (それぞれ 法 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を 含 む )は 当 該 発 行 又 は 実 行 が 行 われる 前 に 行 うものとする 旨 特 定 短 期 社 債 若 しくは 特 定 約 束 手 形 を 発 行 し 又 は 特 定 目 的 借 入 れを 行 っている 場 合 であって 法 第 151 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 資 産 流 動 化 計 画 の 変 更 を 行 うと きは 法 第 152 条 第 1 項 の 計 画 変 更 決 議 は 法 第 155 条 第 4 項 ( 法 第 156 条 第 3 項 及 び 第 157 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )に 規 定 する 相 当 の 財 産 の 信 託 が 完 了 した 後 に 行 う 旨 法 第 51 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 第 一 種 特 定 目 的 会 社 にあっては 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 が 終 了 した 後 新 たな 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 を 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 並 びに 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 及 び 特 定 目 的 借 入 れに 係 る 債 務 の 履 行 の 完 了 時 において 残 存 する 財 産 を 処 理 する 方 法 法 第 51 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 第 二 種 特 定 目 的 会 社 にあっては 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 が 終 了 した 後 新 たな 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 を 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 仮 清 算 消 却 の 完 了 時 において 残 存 する 財 産 を 処 理 す る 方 法 特 定 目 的 会 社 が 資 産 対 応 証 券 の 発 行 又 は 資 金 の 借 入 れ( 特 定 目 的 借 入 れを 含 む ) を 行 う 前 において 債 務 を 負 担 する 場 合 は 各 債 務 の 内 容 額 債 権 者 に 関 する 事 項 その 他 特 定 目 的 会 社 が 負 担 する 債 務 に 関 する 事 項 法 第 195 条 第 1 項 に 規 定 する 附 帯 業 務 に 関 する 事 項 外 国 為 替 相 場 の 変 動 による 影 響 資 産 の 流 動 化 に 係 る 法 制 度 の 概 要 資 産 の 流 動 化 に 係 るデリバティブ 取 引 の 利 用 の 方 針 その 他 投 資 者 保 護 の 観 点 から 記 載 又 は 記 録 が 必 要 な 事 項 6 及 び7に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するため の 要 件 及 び 手 続 前 各 号 に 掲 げる 事 項 について 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 5. 特 定 目 的 会 社 の 業 務 に 関 する 規 制 特 定 目 的 会 社 の 不 測 の 倒 産 を 予 防 するため( 倒 産 隔 離 性 の 確 保 ) 次 のような 様 々な 規 制 が 設 けられている 1 特 定 目 的 会 社 は 資 産 流 動 化 計 画 及 びその 付 帯 業 務 のほか 他 の 業 務 を 営 むことが できない( 資 産 流 動 法 1951) 2 特 定 目 的 会 社 は 合 名 会 社 又 は 合 資 会 社 の 無 限 責 任 社 員 となることができない( 資 産 流 動 法 1952)

21 3 資 産 流 動 化 計 画 外 の 借 入 を 原 則 として 行 ってはならない( 資 産 流 動 法 211) 4 資 産 流 動 化 計 画 外 で 特 定 資 産 を 貸 し 付 け 譲 渡 し 交 換 し 又 は 担 保 に 供 してはな らない( 資 産 流 動 法 213) 5 特 定 目 的 会 社 は 次 の 方 法 によるほか 業 務 上 の 余 裕 金 を 運 用 してはならない( 資 産 流 動 法 214 資 産 流 動 規 則 98) 一 国 債 その 他 内 閣 総 理 大 臣 の 指 定 する 有 価 証 券 の 保 有 二 内 閣 総 理 大 臣 の 指 定 する 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 への 預 金 三 金 銭 信 託 ( 元 本 の 損 失 の 補 てん 契 約 があるものに 限 る )

22 Ⅱ 特 定 目 的 会 社 の 税 務 1. 法 人 税 の 特 例 (1) 特 定 目 的 会 社 の 税 務 以 下 の 要 件 を 充 たすことにより 支 払 配 当 金 は 法 人 税 法 上 損 金 となる( 措 置 法 67の 141) 特 定 会 社 は 導 管 ( 又 はビークル)の 役 割 を 果 たすため 一 定 の 要 件 の 下 に 法 人 税 等 が 減 免 される 仕 組 みとなっている イ. 資 産 流 動 化 計 画 に 関 する 要 件 優 先 出 資 又 は 基 準 特 定 出 資 ( 次 行 を 参 照 )を 発 行 する 場 合 資 産 流 動 化 計 画 において その 発 行 をする 優 先 出 資 又 は 基 準 特 定 出 資 の 発 行 価 額 の 総 額 のうちに 国 内 において 募 集 又 は 割 当 てされる 優 先 出 資 又 は 基 準 特 定 出 資 の 発 行 価 額 の 占 める 割 合 ( 国 内 募 集 割 合 という )がそれぞれ100 分 の50を 超 える 旨 (2 以 上 の 種 類 の 優 先 出 資 を 発 行 する 場 合 における 資 産 流 動 化 計 画 にあつては それぞれの 種 類 の 優 先 出 資 ごとに 国 内 募 集 割 合 が100 分 の50を 超 える 旨 )の 記 載 又 は 記 録 があること( 措 置 法 67の141 一 ハ 措 置 令 39の32の23) なお 基 準 特 定 出 資 とは 特 定 出 資 のうち 資 産 流 動 化 計 画 に 特 定 社 員 の 利 益 の 配 当 を 受 ける 権 利 及 び 残 余 財 産 の 分 配 を 受 ける 権 利 に 係 る 事 項 として 特 定 社 員 があら かじめ 利 益 の 配 当 及 び 残 余 財 産 の 分 配 を 受 ける 権 利 を 放 棄 する 場 合 の その 旨 の 記 載 が あるもの 以 外 のものをいう( 措 置 法 67の141 一 八 措 置 規 22の18の43) ロ. 発 行 時 の 要 件 次 のいずれかに 該 当 すること( 措 置 法 67の141 一 ロ) 1 公 募 発 行 される 特 定 社 債 の 発 行 総 額 が1 億 円 以 上 であること 又 は 特 定 社 債 の 全 てが 適 格 機 関 投 資 家 のみにより 引 き 受 けられたものであること 2 優 先 出 資 者 が50 人 以 上 であること 又 は 優 先 出 資 の 全 てが 適 格 機 関 投 資 家 のみ により 引 き 受 けられたものであること 以 上 は 発 行 時 の 要 件 であって 投 資 家 の 事 情 により 発 行 後 に 変 更 があったとしても 要 件 違 反 とはならない ハ. 各 事 業 年 度 の 要 件 1 当 該 事 業 年 度 末 において 同 族 会 社 に 該 当 しないこと( 措 置 法 67の141 二 ニ) ただし 上 記 (1)ロ1の 場 合 を 除 く 2 当 該 事 業 年 度 に 係 る 支 払 配 当 の 額 が 当 該 事 業 年 度 の 配 当 可 能 所 得 ( 支 払 配 当 金 の 損 金 算 入 前 の 金 額 で 欠 損 金 の 繰 越 控 除 後 の 所 得 の 金 額 )の90% 超 であること( 措 置 法 67の141 二 ホ) ただし この 配 当 可 能 所 得 は 時 価 法 で 評 価 している 資 産 がある 場 合 はこれを 考 慮 しない 金 額 とされ( 措 置 令 39の32の24) 特 定 社 債 を 発 行 している 場 合 は 配 当 可 能 所 得 からさらに 一 定 の 額 を 控 除 することとして いる( 措 置 令 39の32の25)

23 ニ.その 他 の 要 件 資 産 流 動 化 法 に 違 反 していないこと (2) 利 益 の 配 当 及 び 中 間 配 当 の 源 泉 所 得 税 等 特 定 目 的 会 社 の 利 益 の 配 当 及 び 中 間 配 当 は 所 得 税 法 上 の 配 当 所 得 となるため( 所 得 税 2 41) 20%の 源 泉 所 得 税 を 徴 収 し 納 付 する( 所 得 税 1822) (3) 出 資 個 人 の 税 務 出 資 個 人 において 特 定 目 的 会 社 からの 受 取 配 当 金 の 配 当 控 除 規 定 の 適 用 はない( 措 置 法 91 六 ) (4) 出 資 法 人 の 税 務 出 資 法 人 において 特 定 目 的 会 社 からの 受 取 配 当 金 の 益 金 不 算 入 規 定 の 適 用 はない( 措 置 法 67の146) 2.その 他 の 税 制 上 の 特 例 (1) 中 小 法 人 優 遇 規 定 の 排 除 特 定 目 的 会 社 に 対 しては 次 の 事 項 について 中 小 法 人 の 優 遇 規 定 は 適 用 されない( 措 置 法 67の1423) よって 大 法 人 と 同 じ 取 扱 いとなる 1 中 小 法 人 の 軽 減 税 率 2 貸 倒 引 当 金 の 法 定 繰 入 率 の 適 用 3 交 際 費 の 損 金 不 算 入 の 特 例 (2) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 より 青 色 申 告 書 を 提 出 した 事 業 年 度 の 欠 損 金 及 び 災 害 による 損 失 金 の 繰 越 控 除 制 度 について 各 事 業 年 度 の 控 除 前 所 得 の 金 額 の1 00 分 の80 相 当 額 が 損 金 算 入 限 度 額 とされたが( 法 人 税 581) 上 記 1(1)に 掲 げ る 要 件 を 満 たす 特 定 目 的 会 社 については 従 前 と 同 様 に100 分 の100 相 当 額 が 損 金 算 入 限 度 額 とされている( 措 置 法 67の142) (3) 事 業 税 外 形 標 準 課 税 の 不 適 用 特 的 目 的 会 社 については 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 は 適 用 されない( 地 方 税 72の21 一 ロ) よって 所 得 割 のみが 課 税 されることになる (4) 登 録 免 許 税 不 動 産 取 得 税 登 録 免 許 税 について 所 有 権 の 移 転 の 登 記 にあつては1000 分 の13に 軽 減 される( 措 置 法 83の21) 不 動 産 取 得 税 ( 通 常 4%)は5 分 の2に 軽 減 される( 地 方 税 法 附 則 113)

24 Ⅲ 特 定 目 的 会 社 の 会 計 1. 特 定 目 的 会 社 に 関 する 会 計 法 令 基 準 の 概 要 特 定 目 的 会 社 の 会 計 を 規 制 する 法 令 及 び 基 準 は 次 のとおりである (1) 法 令 特 定 目 的 会 社 の 計 算 に 関 する 規 則 ( 平 成 18 年 4 月 20 日 号 外 内 閣 府 令 第 44 号 ) (2) 会 計 基 準 ア. 特 別 目 的 会 社 の 連 結 1 連 結 財 務 諸 表 制 度 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い ( 平 成 10 年 10 月 30 日 企 業 会 計 審 議 会 ) 2 監 査 委 員 会 報 告 第 60 号 連 結 財 務 諸 表 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 決 定 に 関 する 監 査 上 の 取 扱 い 3 連 結 財 務 諸 表 における 子 会 社 等 の 範 囲 の 決 定 に 関 するQ&A ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) イ. 不 動 産 の 流 動 化 1 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 15 号 特 別 目 的 会 社 を 活 用 した 不 動 産 の 流 動 化 に 係 る 譲 渡 人 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 2 特 別 目 的 会 社 を 活 用 した 不 動 産 の 流 動 化 に 係 る 譲 渡 人 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 についてのQ&A ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) ウ. 金 融 商 品 の 流 動 化 1 金 融 商 品 に 係 る 会 計 基 準 の 設 定 に 関 する 意 見 書 金 融 商 品 に 係 る 会 計 基 準 ( 平 成 11 年 1 月 22 日 企 業 会 計 審 議 会 ) 2 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 14 号 金 融 商 品 会 計 に 関 する 実 務 指 針 3 金 融 商 品 会 計 に 関 するQ&A ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) 4 流 動 化 目 的 の 債 権 の 適 正 評 価 について ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) 2. 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 ) 特 定 目 的 会 社 の 財 務 諸 表 については 計 算 書 類 として 特 定 目 的 会 社 の 計 算 に 関 する 規 則 に 定 められている 特 定 目 的 会 社 は 定 時 社 員 総 会 の 招 集 の 通 知 に 際 して 社 員 に 対 し 計 算 書 類 及 び 監 査 報 告 を 提 供 しなければならない( 資 産 流 動 法 1031) 当 該 計 算 書 類 の 種 類 は 次 のとおりである( 資 産 流 動 法 1022 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 221) 1 貸 借 対 照 表 2 損 益 計 算 書 3 社 員 資 本 等 変 動 計 算 書 4 注 記 表

25 (1) 貸 借 対 照 表 の 様 式 資 産 の 部 負 債 の 部 Ⅰ 特 定 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 負 債 1. 流 動 資 産 特 定 約 束 手 形 有 価 証 券 事 業 未 払 金 買 入 指 名 金 銭 債 権 特 定 短 期 社 債 特 定 借 入 れ(1 年 内 に 返 済 されないと 繰 延 税 金 資 産 認 められるものを 除 く ) 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 繰 延 税 金 負 債 (1) 有 形 固 定 資 産 土 地 Ⅱ 固 定 負 債 建 物 特 定 社 債 (2) 無 形 固 定 資 産 ) 特 定 借 入 れ(1 年 内 に 返 済 されないと 特 許 権 認 められるもの ) *** 映 画 著 作 隣 接 権 引 当 金 (3) 投 資 その 他 の 資 産 繰 延 税 金 負 債 買 入 指 名 金 銭 債 権 繰 延 税 金 資 産 純 資 産 の 部 3. 繰 延 資 産 Ⅰ 社 員 資 本 1 特 定 資 本 金 Ⅱ その 他 資 産 の 部 2 優 先 資 本 金 1 流 動 資 産 3 特 定 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 特 定 出 資 払 現 金 及 び 預 金 込 金 受 取 手 形 4 優 先 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 優 先 出 資 払 事 業 未 収 入 金 込 金 売 買 目 的 有 価 証 券 5 剰 余 金 (1) 任 意 積 立 金 繰 延 税 金 資 産 (2) 当 期 未 処 分 利 益 又 は 当 期 未 処 理 損 失 2 固 定 資 産 6 自 己 特 定 出 資 ( ) (1) 有 形 固 定 資 産 7 自 己 優 先 出 資 ( ) (2) 無 形 固 定 資 産 Ⅱ 評 価 換 算 差 額 等 (3) 投 資 その 他 の 資 産 Ⅲ 新 優 先 出 資 引 受 権 3 繰 延 資 産

26 (2) 損 益 計 算 書 の 様 式 Ⅰ 営 業 収 益 Ⅱ 営 業 費 用 営 業 利 益 ( 損 失 ) Ⅲ 営 業 外 収 益 Ⅳ 営 業 外 費 用 経 常 利 益 ( 損 失 ) Ⅴ 特 別 利 益 Ⅵ 特 別 損 失 税 引 前 当 期 純 利 益 ( 損 失 ) 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 法 人 税 等 調 整 額 当 期 純 利 益 ( 損 失 ) 前 期 繰 越 利 益 又 は 前 期 繰 越 損 失 の 額 一 定 の 目 的 のために 留 保 した 利 益 のその 目 的 に 従 う 取 り 崩 しの 額 中 間 配 当 額 当 期 未 処 分 利 益 又 は 当 期 未 処 理 損 失 (3) 社 員 持 分 等 変 動 計 算 書 の 様 式 例 当 期 首 残 高 当 期 変 動 額 当 期 末 残 高 Ⅰ 社 員 資 本 1 特 定 資 本 金 2 優 先 資 本 金 3 特 定 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 特 定 出 資 払 込 金 4 優 先 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 優 先 出 資 払 込 金 5 剰 余 金 (1) 任 意 積 立 金 (2) 当 期 未 処 分 利 益 又 は 当 期 未 処 理 損 失 6 自 己 特 定 出 資 ( ) 7 自 己 優 先 出 資 ( ) Ⅱ 評 価 換 算 差 額 等 Ⅲ 新 優 先 出 資 引 受 権

27 (4) 注 記 表 の 内 容 1 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 注 記 当 該 特 定 目 的 会 社 の 事 業 年 度 の 末 日 において 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 の 計 画 期 間 にわたって 事 業 を 継 続 するとの 前 提 に 重 要 な 疑 義 を 抱 かせる 事 象 又 は 状 況 が 存 在 する 場 合 における 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 する (1) 当 該 事 象 又 は 状 況 が 存 在 する 旨 及 びその 内 容 (2) 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 疑 義 の 存 在 の 有 無 (3) 当 該 事 象 又 は 状 況 を 解 消 又 は 大 幅 に 改 善 するための 取 締 役 の 対 応 及 び 経 営 計 画 (4) 当 該 重 要 な 疑 義 の 影 響 の 計 算 書 類 への 反 映 の 有 無 2 重 要 な 会 計 方 針 に 係 る 事 項 に 関 する 注 記 (1) 資 産 の 評 価 基 準 及 び 評 価 方 法 (2) 固 定 資 産 の 減 価 償 却 の 方 法 (3) 引 当 金 の 計 上 基 準 (4) 収 益 及 び 費 用 の 計 上 基 準 (5)その 他 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 3 会 計 方 針 の 変 更 に 関 する 注 記 4 表 示 方 法 の 変 更 に 関 する 注 記 5 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 に 関 する 注 記 6 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 注 記 7 貸 借 対 照 表 に 関 する 注 記 8 損 益 計 算 書 に 関 する 注 記 9 社 員 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 注 記 10 税 効 果 会 計 に 関 する 注 記 11 リースにより 使 用 する 固 定 資 産 に 関 する 注 記 12 金 融 商 品 に 関 する 注 記 13 賃 貸 等 不 動 産 に 関 する 注 記 14 関 係 当 事 者 ( 注 1)との 取 引 に 関 する 注 記 ただし 当 該 取 引 が 公 正 な 価 格 等 の 取 引 である 場 合 は 当 該 注 記 を 要 しない (1) 当 該 関 係 当 事 者 が 会 社 等 であるときは 次 に 掲 げる 事 項 イ その 名 称 ロ 当 該 関 係 当 事 者 の 総 株 主 の 議 決 権 の 総 数 に 占 める 特 定 目 的 会 社 が 有 する 議 決 権 の 数 の 割 合 ハ 当 該 特 定 目 的 会 社 の 総 社 員 の 議 決 権 の 総 数 に 占 める 当 該 関 係 当 事 者 が 有 する 議 決 権 の 数 の 割 合 (2) 当 該 関 係 当 事 者 が 個 人 であるときは 次 に 掲 げる 事 項 イ その 氏 名 ロ 当 該 特 定 目 的 会 社 の 総 社 員 の 議 決 権 の 総 数 に 占 める 当 該 関 係 当 事 者 が 有 する 議 決 権 の 数 の 割 合

28 (3) 当 該 特 定 目 的 会 社 と 当 該 関 係 当 事 者 との 関 係 (4) 取 引 の 内 容 (5) 取 引 の 種 類 別 の 取 引 金 額 (6) 取 引 条 件 及 び 取 引 条 件 の 決 定 方 針 (7) 取 引 により 発 生 した 債 権 又 は 債 務 に 係 る 主 な 項 目 別 の 当 該 事 業 年 度 の 末 日 に おける 残 高 (8) 取 引 条 件 の 変 更 があったときは その 旨 変 更 の 内 容 及 び 当 該 変 更 が 計 算 書 類 に 与 えている 影 響 の 内 容 15 一 口 当 たり 情 報 に 関 する 注 記 16 重 要 な 後 発 事 象 に 関 する 注 記 17 その 他 の 注 記 ( 注 1) 関 係 当 事 者 の 内 容 ( 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 584) 1 当 該 特 定 目 的 会 社 の 支 配 社 員 2 当 該 特 定 目 的 会 社 の 支 配 社 員 の 子 会 社 ( 当 該 支 配 社 員 が 会 社 でない 場 合 にあっては 当 該 支 配 社 員 の 子 会 社 に 相 当 するものを 含 む ) 3 当 該 特 定 目 的 会 社 のその 他 の 関 係 会 社 並 びに 当 該 その 他 の 関 係 会 社 の 親 会 社 ( 当 該 その 他 の 関 係 会 社 が 株 式 会 社 でない 場 合 にあっては 親 会 社 に 相 当 するものを 含 む ) 及 び 子 会 社 ( 当 該 その 他 の 関 係 会 社 が 会 社 でない 場 合 にあっては 子 会 社 に 相 当 す るものを 含 む ) 4 当 該 特 定 目 的 会 社 の 主 要 社 員 ( 自 己 又 は 他 人 の 名 義 をもって 当 該 特 定 目 的 会 社 の 総 特 定 社 員 又 は 総 社 員 の 議 決 権 の 総 口 数 の100 分 の10 以 上 の 議 決 権 ( 次 に 掲 げる 特 定 出 資 又 は 優 先 出 資 に 係 る 議 決 権 を 除 く )を 保 有 している 特 定 社 員 又 は 優 先 出 資 社 員 をいう ) 及 びその 近 親 者 イ 信 託 業 を 営 む 者 が 信 託 財 産 として 所 有 する 特 定 出 資 又 は 優 先 出 資 ロ 証 券 業 を 営 む 者 が 引 受 け 又 は 売 出 しを 行 う 業 務 により 取 得 した 優 先 出 資 ハ 証 券 取 引 法 第 156 条 の24 第 1 項 に 規 定 する 業 務 を 営 む 者 がその 業 務 として 所 有 する 優 先 出 資 5 当 該 特 定 目 的 会 社 の 役 員 及 びその 近 親 者 6 4 及 び5に 掲 げる 者 が 他 の 会 社 等 の 議 決 権 の 過 半 数 を 自 己 の 計 算 において 所 有 して いる 場 合 における 当 該 会 社 等 及 び 当 該 会 社 等 の 子 会 社 ( 当 該 会 社 等 が 会 社 でない 場 合 にあっては 子 会 社 に 相 当 するもの) 7 当 該 特 定 目 的 会 社 の 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 う 者 及 び 当 該 者 の 関 連 当 事 者 又 はこれに 準 ずる 者 3. 事 業 報 告 書 特 定 目 的 会 社 は 毎 事 業 年 度 毎 に 事 業 報 告 書 を 作 成 し 定 時 社 員 総 会 の 招 集 の 通 知 に 際 して 社 員 に 提 供 しなければならない( 資 産 流 動 法 1031) 事 業 報 告 書 の 内 容 は 次 のとおりである( 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 63) (1) 特 定 目 的 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項

29 (2) 特 定 目 的 会 社 の 役 員 ( 直 前 の 定 時 社 員 総 会 の 終 結 の 日 の 翌 日 以 降 に 在 任 していた 者 であって 当 該 事 業 年 度 の 末 日 までに 退 任 した 者 を 含 む )に 関 する 事 項 (3) 特 定 目 的 会 社 の 特 定 出 資 及 び 優 先 出 資 に 関 する 事 項 (4) 特 定 目 的 会 社 の 新 優 先 出 資 引 受 権 等 に 関 する 事 項 4. 附 属 明 細 書 特 定 目 的 会 社 は 毎 事 業 年 度 毎 に 附 属 明 細 書 を 作 成 し 会 社 内 に5 年 間 備 置 しなければ ならない( 資 産 流 動 法 1051) 附 属 明 細 書 の 内 容 は 次 のとおりである( 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 69) (1) 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 特 定 目 的 借 入 れ 特 定 目 的 借 入 れ 以 外 の 長 期 借 入 金 及 び 短 期 借 入 金 の 増 減 (2)その 他 の 資 産 の 部 における 固 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 の 明 細 (3) 特 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 の 明 細 (4) 引 当 金 の 明 細 並 びにその 計 上 の 理 由 及 び 額 の 算 定 の 方 法 ( 注 記 表 に 表 示 したもの を 除 く ) (5) 第 三 者 との 間 の 取 引 であって 特 定 目 的 会 社 と 役 員 又 は 支 配 社 員 との 利 益 が 相 反 するものの 明 細 (6) 特 定 目 的 会 社 が 取 得 し 又 は 所 有 している 他 の 会 社 特 定 目 的 会 社 その 他 の 法 人 の 発 行 済 株 式 又 は 出 資 の 持 分 (これらに 係 る 信 託 受 益 権 を 含 む 以 下 この 号 におい て 株 式 等 という )の 明 細 ( 種 類 及 び 銘 柄 並 びに 当 該 株 式 等 に 係 る 議 決 権 の 当 該 株 式 等 を 発 行 した 法 人 の 総 株 主 総 社 員 又 は 総 出 資 者 の 議 決 権 に 占 める 割 合 を 含 む ) (7) 他 の 会 社 の 業 務 執 行 取 締 役 執 行 役 業 務 を 執 行 する 社 員 又 は 会 社 法 第 598 条 第 1 項 の 職 務 を 行 うべき 者 を 兼 ねる 当 該 特 定 目 的 会 社 の 役 員 ( 会 計 参 与 を 除 く ) についての 兼 務 の 状 況 の 明 細 ( 当 該 他 の 会 社 の 事 業 が 当 該 特 定 目 的 会 社 の 事 業 と 同 一 の 部 類 のものであるときは その 旨 を 含 む ) (8) 営 業 収 益 及 び 営 業 費 用 の 明 細 (9) 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 第 58 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 省 略 した 事 項 がある ときは 当 該 事 項 5. 公 告 特 定 目 的 会 社 は 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 定 時 社 員 総 会 の 終 結 後 遅 滞 なく 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 ( 会 計 監 査 人 設 置 会 社 でない 特 定 目 的 会 社 にあっては 貸 借 対 照 表 )を 公 告 しなければならない( 資 産 流 動 法 1045) ただし その 公 告 方 法 が 下 記 の1 又 は2である 場 合 は 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 要 旨 を 公 告 することで 足 りる( 資 産 流 動 法 1046) 公 告 方 法 は 次 のとおりである( 資 産 流 動 法 1941) 1 官 報 に 掲 載 する 方 法 2 時 事 に 関 する 事 項 を 掲 載 する 日 刊 新 聞 紙 に 掲 載 する 方 法 1 電 子 公 告 ( 公 告 方 法 のうち 電 磁 的 方 法 ( 会 社 法 第 2 条 第 34 号 に 規 定 する 電 磁 的

30 方 法 をいう )により 不 特 定 多 数 の 者 が 公 告 すべき 内 容 である 情 報 の 提 供 を 受 ける ことができる 状 態 に 置 く 措 置 であって 同 号 に 規 定 するものをとる 方 法 をいう ) 6. 利 益 配 当 特 定 目 的 会 社 は 年 度 末 における 配 当 可 能 限 度 額 の 範 囲 内 で 利 益 配 当 を 行 うことがで きる( 資 産 流 動 法 114) また 事 業 年 度 を1 年 とする 特 定 目 的 会 社 については 定 款 の 定 めにより 期 中 1 回 に 限 り 一 定 の 日 において 中 間 配 当 ( 金 銭 分 配 )を 行 うことがで きる( 資 産 流 動 法 115)

31 Ⅳ 金 融 商 品 取 引 法 上 の 取 り 扱 い SPCの 発 行 する 特 定 社 債 券 優 先 出 資 証 券 および 新 優 先 出 資 引 受 権 証 券 は 金 融 証 券 取 引 法 上 の 有 価 証 券 となる( 金 融 商 品 取 引 法 21 四 八 ) なお 有 価 証 券 が 発 行 され ていない 特 定 社 債 優 先 出 資 および 新 優 先 出 資 引 受 権 は 金 融 商 品 取 引 法 上 有 価 証 券 と みなされる( 金 融 商 品 取 引 法 22 本 文 ) SPCの 発 行 する 特 定 社 債 優 先 出 資 および 新 優 先 出 資 引 受 権 は 有 価 証 券 が 発 行 され ている 場 合 も 発 行 されていない 場 合 も 機 関 投 資 家 に 対 するものを 除 き 1 億 円 以 上 およ び50 名 以 上 に 募 集 または 売 出 しが 行 われる 場 合 は 金 融 商 品 取 引 法 第 2 章 企 業 内 容 等 の 開 示 規 制 の 対 象 となり 有 価 証 券 届 出 書 等 の 金 融 庁 ( 財 務 省 )への 提 出 および 公 衆 縦 覧 が 必 要 となる( 金 融 商 品 取 引 法 4 55) SPCの 発 行 する 特 定 社 債 優 先 出 資 および 新 優 先 出 資 引 受 権 は その 投 資 家 の 投 資 判 断 に 重 要 な 影 響 を 及 ぼす 情 報 がその 発 行 者 が 行 う 資 産 の 運 用 その 他 これに 類 する 情 報 であ る 有 価 証 券 (これを 特 定 有 価 証 券 と 呼 ぶ )に 該 当 する( 金 融 証 券 取 引 法 51) そ の 有 価 証 券 届 出 書 およびその 後 に 継 続 開 示 される 有 価 証 券 報 告 書 の 記 載 要 領 は 特 定 有 価 証 券 の 内 容 等 の 開 示 に 関 する 内 閣 府 令 に 規 定 されている 有 価 証 券 届 出 書 を 提 出 したSPCは 爾 後 事 業 年 度 ごとに 有 価 証 券 報 告 書 および 半 期 報 告 書 を 提 出 しなければならない 有 価 証 券 報 告 書 および 半 期 報 告 書 には 公 認 会 計 士 ま たは 監 査 法 人 の 監 査 を 行 った 財 務 諸 表 が 含 まれる

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

損 益 計 算 書 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 304,971 営 業 費 用 566,243 営 業 総 損 失 261,271 営 業 外 収 益 受 取 利 息 3,545

損 益 計 算 書 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 304,971 営 業 費 用 566,243 営 業 総 損 失 261,271 営 業 外 収 益 受 取 利 息 3,545 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 9 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 2,014,876 流 動 負 債 487,803 現 金 及 び 預 金 1,351,485 短 期 借 入 金 400,000 営 業 投 資 有 価 証 券 422,517 一 年 内 返 済 予 定

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用.

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用. 平 成 26 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 会 社 名 SMBC 日 興 証 券 株 式 会 社 (URL http://www.smbcnikko.co.jp/ ) 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 久 保 哲 也 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 経 理 部

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63>

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63> 3 税 務 上 金 等 額 会 社 法 会 計 基 準 と 法 人 税 法 1. います 税 資 務 本 上 金 の 等 株 の 主 額 資 の 本 増 の 減 (1) 発 行 または 部 の 自 増 己 減 株 は 式 の 譲 人 渡 税 法 施 行 令 8 条 9 条 にそのすべてが 記 載 されて の 付 交 自 付 己 とされます( 株 式 の 譲 渡 は 計 規 会 計 36) では 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

Microsoft PowerPoint - 080509葉玉弁護士資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 080509葉玉弁護士資料.ppt インサイダー 取 引 の 問 題 点 TMI 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 葉 玉 匡 美 会 社 関 係 者 等 のインサイダー 取 引 (166 条 ) 要 件 = 1 会 社 関 係 者 等 が 2 重 要 事 実 の 発 生 後 3 公 表 前 に 4 重 要 事 実 を 知 りながら 5 特 定 有 価 証 券 等 の 6 売 買 等 をすること 重 要 事 実 の 発 生 1

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information