Taro-SPC 130417 栄

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-SPC 130417 栄"

Transcription

1 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達 を 行 い 投 資 家 に 対 し 対 象 資 産 の 運 用 処 分 から 生 じるキャッシュフローを 分 配 する 法 人 である デッド 型 及 びエクイティ 型 の 双 方 の 資 産 担 保 証 券 (ABS:Asset Backed Security)を 発 行 することができ 資 産 を 流 動 化 させる 器 となることが 期 待 されている 特 定 の 資 産 から 生 じるキャッシュフローと 複 数 の 投 資 家 とを 結 ぶ 導 管 ( ビークル と も 呼 ばれる)の 役 割 を 果 たすことだけを 目 的 とするため 特 定 の 資 産 以 外 の 資 産 の 運 用 は 原 則 として 認 められず また 自 らが 運 用 機 関 となることも 認 められない 従 って 特 定 目 体 会 社 の 機 関 構 成 は 簡 素 化 されており 特 定 資 産 と 余 剰 資 金 及 び 資 金 調 達 の 管 理 業 務 のみを 行 う また 投 資 家 保 護 のため 業 務 運 営 は 国 の 監 視 下 に 置 かれ 特 定 資 産 の 運 用 計 画 及 び 資 金 調 達 計 画 である 資 産 流 動 化 計 画 等 の 届 出 が 義 務 化 されている このような 特 殊 な 法 人 形 態 であることから 二 重 課 税 の 排 除 のため 一 定 の 要 件 の 下 で 法 人 税 法 上 支 払 配 当 金 の 損 金 算 入 制 度 が 認 められている 特 定 目 的 会 社 を 規 制 する 法 律 は 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 ( 通 称 資 産 流 動 化 法 ) ( 平 成 10 年 法 律 第 105 号 )である - 1 -

2 2. 特 定 目 的 会 社 の 構 成 (1) 全 体 フロー 特 定 目 的 会 社 特 定 借 入 利 子 払 い 返 済 銀 行 オリジネ 資 産 の ーター 譲 渡 特 定 約 束 手 形 ( 特 定 資 特 定 資 産 特 定 社 債 等 利 子 払 い 産 の 原 保 有 者 ) 資 産 の 元 本 の 償 還 投 資 家 譲 渡 代 金 優 先 出 資 配 当 残 余 特 定 出 資 財 産 分 配 特 定 資 産 の 管 理 処 分 の 委 託 外 部 の 運 用 機 関 (2) 特 定 資 産 特 定 資 産 は 原 則 としてその 種 類 内 容 を 限 定 されない ただし 次 の 資 産 を 受 け 入 れることはできない( 資 産 流 動 法 2121 資 産 流 動 規 則 ) 1 組 合 契 約 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 1 項 に 定 める 対 象 組 合 契 約 を 除 く )の 出 資 の 持 分 2 匿 名 組 合 契 約 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 2 項 に 定 める 対 象 匿 名 組 合 契 約 を 除 く ) の 出 資 の 持 分 3 金 銭 の 信 託 受 益 権 ( 貸 付 信 託 の 受 益 権 投 資 信 託 の 受 益 権 特 定 目 的 信 託 の 受 益 権 を 除 く ) 4 合 資 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 有 限 責 任 社 員 に 係 るものを 除 く ) 5 合 同 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 社 員 に 係 るものを 除 く ) (3) 出 資 出 資 は 特 定 出 資 と 優 先 出 資 に 分 けられる - 2 -

3 特 定 出 資 とは 特 定 社 員 からの 出 資 をいう 特 定 社 員 とは 均 等 の 割 合 的 単 位 に 細 分 化 された 特 定 目 的 会 社 の 社 員 の 地 位 のうち 社 員 総 会 での 議 決 権 を 有 する 者 をいう 特 定 出 資 の 額 は1 円 以 上 であればよい 優 先 出 資 とは 優 先 出 資 社 員 からの 出 資 をいう 優 先 出 資 社 員 とは 均 等 の 割 合 的 単 位 に 細 分 化 された 特 定 目 的 会 社 の 社 員 の 地 位 のうち 利 益 の 配 当 及 び 残 余 財 産 の 分 配 を 特 定 社 員 に 先 立 って 受 ける 権 利 を 有 している 者 をいう 優 先 出 資 社 員 は 原 則 として 社 員 総 会 での 議 決 権 を 有 しない 優 先 出 資 については 優 先 出 資 証 券 ( 有 価 証 券 )を 発 行 できるが 特 定 出 資 につい ては 出 資 証 券 を 発 行 することができない( 資 産 流 動 法 48 37) (4) 特 定 社 債 等 特 定 社 債 等 には 特 定 社 債 転 換 特 定 社 債 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 特 定 短 期 社 債 がある ア. 特 定 社 債 会 社 法 上 の 社 債 とほぼ 同 様 であるが 手 続 的 にはより 簡 素 化 されている イ. 転 換 特 定 社 債 転 換 特 定 社 債 とは 優 先 出 資 に 転 換 することを 請 求 することのできる 権 利 を 付 され た 特 定 社 債 である ウ. 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 とは 優 先 出 資 を 引 き 受 けることのできる 権 利 が 付 さ れた 特 定 社 債 である エ. 特 定 短 期 社 債 特 定 短 期 社 債 とは 特 定 社 債 のうち 次 の 要 件 を 充 たすものをいう 1 各 特 定 社 債 の 金 額 が1 億 円 を 下 回 らないこと 2 元 本 の 償 還 について 募 集 特 定 社 債 の 総 額 の 払 込 みのあった 日 から1 年 未 満 の 日 とする 確 定 期 限 の 定 めがあり かつ 分 割 払 の 定 めがないこと 3 利 息 の 支 払 期 限 を 元 本 の 償 還 期 限 と 同 じ 日 とする 旨 の 定 めがあること 4 担 保 付 社 債 信 託 法 の 規 定 及 び 資 産 流 動 化 法 第 130 条 第 2 項 の 規 定 により 担 保 が 付 されるものでないこと (5) 外 部 の 運 用 機 関 特 定 目 的 会 社 は 特 定 資 産 の 運 用 及 び 処 分 業 務 ができず これを 原 則 として 信 託 会 社 そ の 他 の 金 融 機 関 に 信 託 しなければならない( 資 産 流 動 法 2001) ただし 特 定 資 産 が 次 のものであるときはその 他 の 外 部 者 に その 運 用 及 び 処 分 業 務 を 委 託 することができる( 資 産 流 動 法 2002 資 産 流 動 規 則 90) 1 不 動 産 2 指 名 債 権 3 電 子 記 録 債 権 ( 電 子 記 録 債 権 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 電 子 記 録 債 権 をいう ) 4 船 舶 ( 商 法 第 686 条 第 2 項 に 規 定 する 船 舶 を 除 く ) 5 道 路 運 送 車 両 法 により 登 録 を 受 けた 自 動 車 ( 自 動 車 抵 当 法 第 2 条 ただし 書 に 規 定 す - 3 -

4 る 大 型 特 殊 自 動 車 を 除 く ) 6 航 空 法 により 登 録 を 受 けた 飛 行 機 及 び 回 転 翼 航 空 機 7 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 有 価 証 券 及 び 同 条 第 2 項 ( 第 3 号 から 第 6 号 までを 除 く )の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 権 利 ( 指 名 債 権 を 除 く ) 8 約 束 手 形 (7に 掲 げるものを 除 く ) 9 組 合 契 約 ( 民 法 第 676 条 の 組 合 契 約 をいう )の 出 資 の 持 分 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 1 項 に 定 める 対 象 組 合 契 約 に 限 る ) 10 匿 名 組 合 契 約 ( 商 法 第 535 条 の 匿 名 組 合 契 約 をいう )の 出 資 の 持 分 ( 資 産 流 動 規 則 95 条 2 項 に 定 める 対 象 匿 名 組 合 契 約 に 限 る ) 11 合 資 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 有 限 責 任 社 員 に 係 るものに 限 る ) 12 合 同 会 社 の 出 資 の 持 分 ( 定 款 において 業 務 執 行 権 を 有 しないものとされている 社 員 に 係 るものに 限 る ) 13 外 国 の 法 令 に 準 拠 して 設 立 された 法 人 の 出 資 の 持 分 であって 1011に 掲 げる 出 資 の 持 分 に 相 当 するもの( 業 務 執 行 権 を 有 しない 社 員 に 係 るものに 限 る ) 14 特 許 権 並 びにその 専 用 実 施 権 及 び 通 常 実 施 権 15 実 用 新 案 権 並 びにその 専 用 実 施 権 及 び 通 常 実 施 権 16 意 匠 権 並 びにその 専 用 実 施 権 及 び 通 常 実 施 権 17 商 標 権 並 びにその 専 用 使 用 権 及 び 通 常 使 用 権 18 育 成 者 権 並 びにその 専 用 利 用 権 及 び 通 常 利 用 権 19 回 路 配 置 利 用 権 並 びにその 専 用 利 用 権 及 び 通 常 利 用 権 20 著 作 権 及 び 著 作 隣 接 権 - 4 -

5 3. 特 定 目 的 会 社 の 機 関 構 成 社 員 総 会 取 締 役 監 査 役 会 計 参 与 会 計 監 査 人 1 名 以 上 1 名 以 上 設 置 は 任 意 (1) 社 員 総 会 特 定 社 員 及 び 法 令 又 は 定 款 の 定 めにより 議 決 権 を 与 えられた 優 先 出 資 社 員 から 構 成 され る 最 高 の 意 志 決 定 機 関 であって 特 定 目 的 会 社 の 組 織 運 営 管 理 その 他 特 定 目 的 会 社 に 関 する 一 切 の 事 項 について 決 議 をすることができる( 資 産 流 動 法 512) 優 先 出 資 社 員 の 議 決 権 については 原 則 として 認 められず その 代 わり 優 先 出 資 社 員 等 の 保 護 は 資 産 流 動 化 計 画 違 反 の 社 員 総 会 取 消 の 訴 えにより 図 られることとされる (2) 取 締 役 特 定 目 的 会 社 は1 名 以 上 の 取 締 役 を 置 かなくてはならない 取 締 役 は 特 定 目 的 会 社 の 業 務 を 執 行 するとともに 会 社 を 代 表 する 取 締 役 が2 名 以 上 であるときは 代 表 取 締 役 を 置 くことができる 特 定 目 的 会 社 の 業 務 は 取 締 役 の 過 半 数 をもって 決 定 する( 以 上 資 産 流 動 法 78 79) 取 締 役 の 忠 実 義 務 を 担 保 するために 次 の 者 は 取 締 役 となることはできない( 資 産 流 動 法 701 七 八 九 十 ) 1 資 産 流 動 化 計 画 に 定 められた 特 定 資 産 の 譲 渡 人 ( 当 該 譲 渡 人 が 法 人 であるときは その 役 員 ) 2 資 産 流 動 化 計 画 に 定 められた 特 定 資 産 ( 信 託 の 受 益 権 を 除 く )の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 わせるために 設 定 された 信 託 の 受 託 者 である 法 人 の 役 員 ( 第 200 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 委 託 したときは 当 該 業 務 の 受 託 者 ( 当 該 受 託 者 が 法 人 であるときは その 役 員 )) 3 資 産 流 動 化 計 画 に 定 められた 特 定 資 産 が 信 託 の 受 益 権 である 場 合 には 当 該 信 託 の 受 託 者 である 法 人 の 役 員 4 特 定 出 資 信 託 の 受 託 者 である 法 人 の 役 員 (3) 監 査 役 特 定 目 的 会 社 は1 名 以 上 の 監 査 役 を 置 かなくてはならない 監 査 役 は 業 務 監 査 及 び 会 計 監 査 を 行 う( 資 産 流 動 法 ) 監 査 役 の 資 格 制 限 について 上 記 の 取 締 役 と 同 様 の 規 制 が 置 かれている( 資 産 流 動 法 7 22) - 5 -

6 (4) 会 計 参 与 会 計 参 与 の 設 置 は 任 意 である( 資 産 流 動 法 672) 会 計 参 与 は 取 締 役 と 共 同 して 会 社 の 計 算 書 類 を 作 成 する 会 計 参 与 となる 者 は 公 認 会 計 士 監 査 法 人 税 理 士 及 び 税 理 士 法 人 である (5) 会 計 監 査 人 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 会 計 監 査 人 を 置 かなくてはならない( 資 産 流 動 法 671 資 産 流 動 令 24) 1 特 定 出 資 特 定 約 束 手 形 の 発 行 を 行 う 場 合 2 特 定 社 債 の 発 行 総 額 と 特 定 借 入 れの 総 額 との 合 計 額 が200 億 円 以 上 である 場 合 その 他 の 場 合 会 計 監 査 人 の 設 置 は 任 意 である( 資 産 流 動 法 673) 会 計 監 査 人 は 計 算 書 類 及 びその 附 属 明 細 書 の 会 計 監 査 を 行 う( 資 産 流 動 法 1025) 会 計 監 査 人 となる 者 は 公 認 会 計 士 及 び 監 査 法 人 である( 資 産 流 動 法 731) - 6 -

7 4. 資 産 流 動 化 計 画 (1) 資 産 流 動 化 計 画 の 提 出 特 定 目 体 会 社 設 立 後 資 産 流 動 化 計 画 を 所 轄 の 財 務 局 宛 に 提 出 する 当 該 資 産 流 動 化 計 画 は 社 員 総 会 での 承 認 が 必 要 である( 資 産 流 動 法 6) (2) 資 産 流 動 化 計 画 のポイント 資 産 流 動 化 計 画 のポイントは 次 の2 点 である( 資 産 流 動 法 22 参 照 ) 1 特 定 資 産 の 取 得 は 資 産 対 応 証 券 ( 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 及 び 優 先 出 資 )の 発 行 又 は 特 定 借 入 により 調 達 された 資 金 により 取 得 されるものであること 2 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 もしくは 特 定 借 入 又 は 受 益 証 券 に 係 る 債 務 の 履 行 と 優 先 出 資 に 係 る 利 益 の 配 当 消 却 のための 取 得 等 又 は 残 余 財 産 の 分 配 は 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 により 得 られる 資 金 をもって 行 うものであること (3) 資 産 流 動 化 計 画 の 記 載 内 容 資 産 流 動 化 計 画 には 次 の 事 項 を 記 載 する 1. 資 産 流 動 化 計 画 の 計 画 期 間 及 び 計 画 期 間 に 関 する 事 項 イ 資 産 流 動 化 計 画 の 計 画 期 間 ( 資 産 の 流 動 化 に 係 る 業 務 の 開 始 期 日 から 終 了 期 日 ( 資 産 流 動 化 計 画 に 従 って 優 先 出 資 の 消 却 残 余 財 産 の 分 配 並 びに 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 及 び 特 定 目 的 借 入 れに 係 る 債 務 の 履 行 を 完 了 する 日 をいう )ま での 期 間 であって 特 定 目 的 会 社 が 定 める 期 間 をいう ) 当 該 計 画 期 間 の 上 限 は 次 のとおりである( 資 産 流 動 令 3) 1 次 に 掲 げる 特 定 資 産 20 年 a 動 産 ( 有 価 証 券 を 除 く ) b aに 掲 げるもののみを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 2 次 に 掲 げる 特 定 資 産 25 年 a 特 許 権 実 用 新 案 権 意 匠 権 商 標 権 回 路 配 置 利 用 権 又 は 育 成 者 権 (こ れらの 権 利 を 利 用 する 権 利 を 含 む ) b aに 掲 げるもののみを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 又 はaに 掲 げるもの 及 び1 aに 掲 げるもののみを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 3 1 及 び2に 掲 げる 特 定 資 産 以 外 の 特 定 資 産 50 年 ロ 資 産 の 流 動 化 に 係 る 業 務 の 開 始 期 日 として 定 める 年 月 日 ハ イロに 掲 げる 事 項 について 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 2. 資 産 対 応 証 券 及 び 特 定 目 的 借 入 れに 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 優 先 出 資 においては 総 口 数 の 最 高 限 度 優 先 出 資 の 内 容 ( 利 益 の 配 当 又 は 残 余 財 産 の 分 配 についての 優 先 的 内 容 を 含 む 以 下 同 じ )その 他 の 発 行 及 び 消 却 に 関 する 次 の 事 項 1 優 先 出 資 の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 - 7 -

8 2 総 口 数 の 最 高 限 度 3 優 先 出 資 の 内 容 ( 利 益 の 配 当 又 は 残 余 財 産 の 分 配 の 方 法 を 含 む ) 4 種 類 ごとの 総 口 数 の 最 高 限 度 5 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 6 各 発 行 ごとの 種 類 別 の 発 行 口 数 払 込 金 額 又 はその 算 定 方 法 及 び 募 集 等 ( 証 券 取 引 法 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 有 価 証 券 の 募 集 又 は 有 価 証 券 の 私 募 をい う 以 下 同 じ )の 方 法 7 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 8 法 第 39 条 第 2 項 に 規 定 する 募 集 優 先 出 資 を 引 き 受 ける 者 に 対 する 特 に 有 利 な 発 行 に 関 する 事 項 その 他 の 各 発 行 ごとの 発 行 条 件 に 関 する 事 項 9 優 先 出 資 の 消 却 又 は 併 合 に 関 する 事 項 として 次 に 掲 げる 事 項 イ 法 第 47 条 第 2 項 の 規 定 による 優 先 出 資 の 消 却 ( 以 下 この 号 において 利 益 消 却 という )を 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 利 益 消 却 に 関 する 事 項 ロ 法 第 110 条 の 規 定 による 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 に 係 る 優 先 出 資 の 消 却 ( 以 下 簡 易 減 資 消 却 という )を 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 簡 易 減 資 消 却 に 関 する 事 項 ハ 法 第 159 条 の 規 定 による 手 続 を 経 て 行 う 優 先 出 資 の 消 却 ( 以 下 仮 清 算 消 却 という )を 予 定 する 場 合 は 仮 清 算 消 却 に 関 する 事 項 ニ 優 先 出 資 の 併 合 に 関 する 事 項 10 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 に 関 する 事 項 として 次 に 掲 げる 事 項 イ 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ロ 法 第 110 条 の 規 定 により 優 先 資 本 金 の 額 の 減 少 を 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 同 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 項 11 5から8までに 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 12 1から4まで 及 び9に 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 13 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ロ 特 定 社 債 ( 特 定 短 期 社 債 を 除 く )においては 総 額 特 定 社 債 の 内 容 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 社 債 ( 特 定 短 期 社 債 を 除 き 転 換 特 定 社 債 及 び 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 ( 以 下 この 条 において 転 換 特 定 社 債 等 という )を 含 む )の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 2 募 集 特 定 社 債 の 総 額 ( 発 行 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 募 集 特 定 社 債 の 内 容 4 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 5 各 募 集 特 定 社 債 の 払 込 金 額 若 しくはその 最 低 金 額 又 はこれらの 算 定 方 法 ( 転 換 特 定 社 債 等 を 発 行 する 場 合 は その 内 訳 を 含 む ) 利 率 及 び 募 集 等 の 方 法 - 8 -

9 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 特 定 社 債 に 係 る 信 用 補 完 又 は 流 動 性 補 完 ( 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 の 状 況 又 は 一 時 的 な 資 金 不 足 によって 債 務 を 履 行 することが 困 難 になった 場 合 に 当 該 債 務 の 履 行 を 担 保 するための 措 置 をいう 第 6 条 及 び 第 16 条 において 同 じ )の 概 要 元 本 の 償 還 及 び 利 息 支 払 の 方 法 及 び 期 限 に 関 する 事 項 期 限 前 償 還 を 予 定 する 場 合 は その 内 容 ( 期 限 前 償 還 の 対 象 となる 特 定 社 債 の 範 囲 期 限 前 償 還 の 要 件 及 び 利 息 の 計 算 方 法 を 含 む ) 法 第 126 条 本 文 に 規 定 する 特 定 社 債 管 理 者 又 は 特 定 社 債 に 物 上 担 保 を 付 す 場 合 における 担 保 付 社 債 信 託 法 第 1 条 に 規 定 する 信 託 会 社 の 商 号 法 第 128 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 全 部 又 は 一 部 の 種 類 の 特 定 社 債 に 係 る 特 定 社 債 権 者 が 同 項 本 文 の 先 取 特 権 を 有 しないこととする 場 合 は そ の 旨 特 定 社 債 権 者 集 会 に 関 する 事 項 ( 特 定 社 債 権 者 集 会 の 決 議 事 項 を 含 む ) 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ(2)から(6)までに 掲 げる 事 項 並 びに 第 4 号 か ら 第 11 号 まで 第 十 三 号 ロからホまで 及 び 前 号 に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ(1)に 掲 げる 事 項 並 びに 第 1 号 から 第 3 号 まで 第 12 号 及 び 第 13 号 イに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 法 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ(1)から(6)までに 掲 げる 事 項 及 び 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ハ 転 換 特 定 社 債 においては 総 額 転 換 の 条 件 転 換 によって 発 行 すべき 優 先 出 資 の 内 容 転 換 を 請 求 することができる 期 間 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 をロに 追 加 する 1 総 額 2 転 換 の 条 件 3 転 換 によって 発 行 すべき 優 先 出 資 の 内 容 4 転 換 を 請 求 することができる 期 間 5 法 第 131 条 第 2 項 に 規 定 する 優 先 出 資 社 員 以 外 の 者 に 対 する 有 利 な 発 行 に 関 する 事 項 ニ 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 においては 次 に 掲 げる 事 項 をロに 追 加 する 1 総 額 2 各 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 社 債 に 付 する 新 優 先 出 資 の 引 受 権 ( 以 下 この 号 に おいて 引 受 権 という )の 内 容 3 引 受 権 を 行 使 することができる 期 間 4 引 受 権 のみを 譲 渡 することができることとする 場 合 は その 旨 5 引 受 権 を 行 使 しようとする 者 の 請 求 があるときは 新 優 先 出 資 引 受 権 付 特 定 - 9 -

10 6 7 社 債 の 償 還 に 代 えてその 払 込 金 額 ( 第 122 条 第 1 項 第 14 号 に 規 定 する 払 込 金 額 をいう )をもって 第 145 条 第 2 項 の 払 込 みがあったものとする 旨 利 益 の 配 当 については 第 145 条 第 2 項 の 規 定 による 払 込 みをした 時 の 属 する 事 業 年 度 又 はその 前 事 業 年 度 終 了 の 日 において 新 優 先 出 資 の 発 行 があっ たものとみなす 旨 法 第 139 条 第 4 項 に 規 定 する 優 先 出 資 社 員 以 外 の 者 に 対 する 有 利 な 発 行 に 関 する 事 項 ホ 特 定 短 期 社 債 においては 限 度 額 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 短 期 社 債 の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 2 限 度 額 ( 発 行 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 特 定 短 期 社 債 の 内 容 4 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 5 法 第 128 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 全 部 又 は 一 部 の 種 類 の 特 定 短 期 社 債 に 係 る 特 定 社 債 権 者 が 同 項 本 文 の 先 取 特 権 を 有 しないこととする 場 合 は その 旨 6 各 募 集 特 定 短 期 社 債 の 払 込 金 額 若 しくはその 最 低 金 額 又 はこれらの 算 定 方 法 及 び 利 率 7 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 8 特 定 短 期 社 債 に 係 る 信 用 補 完 又 は 流 動 性 補 完 の 概 要 9 元 本 の 償 還 及 び 利 息 支 払 の 方 法 及 び 期 限 に 関 する 事 項 10 第 四 号 から 前 号 までに 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 11 1から3までに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 12 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ヘ 特 定 約 束 手 形 においては 限 度 額 その 他 の 発 行 及 び 償 還 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 約 束 手 形 の 発 行 を 予 定 する 場 合 は その 旨 2 限 度 額 ( 発 行 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 特 定 約 束 手 形 の 内 容 4 各 発 行 ごとの 発 行 時 期 5 各 発 行 ごとの 発 行 価 額 及 び 利 率 6 各 発 行 により 調 達 される 資 金 の 使 途 7 特 定 約 束 手 形 に 係 る 信 用 補 完 又 は 流 動 性 補 完 の 概 要 8 償 還 の 方 法 及 び 期 限 に 関 する 事 項 9 4から8までに 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 10 1から3までに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件

11 11 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 ト 特 定 目 的 借 入 れにおいては 限 度 額 その 他 の 借 入 れ 及 び 弁 済 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 目 的 借 入 れを 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 2 限 度 額 ( 借 入 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 3 各 借 入 れに 関 する 事 項 として 次 に 掲 げる 事 項 イ 借 入 金 額 ロ 借 入 先 ハ 借 入 条 件 ( 弁 済 期 及 び 弁 済 方 法 に 関 することを 含 む ) ニ 借 入 金 の 使 途 ホ 担 保 設 定 に 関 する 事 項 4 前 号 に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するため の 要 件 及 び 手 続 5 1 及 び2に 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 6 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 3. 特 定 資 産 の 内 容 取 得 の 時 期 及 び 譲 渡 人 その 他 の 特 定 資 産 に 関 する 次 の 事 項 1 下 記 の 別 表 の 特 定 資 産 ( 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 は 当 該 取 得 予 定 資 産 以 下 同 じ )の 区 分 欄 に 掲 げる 特 定 資 産 の 区 分 に 応 じ 同 表 の 特 定 資 産 の 内 容 欄 に 掲 げる 事 項 別 表 特 定 資 産 の 内 容 の 記 載 事 項 表 ( 第 16 条 第 55 条 第 67 条 関 係 ) 番 号 特 定 資 産 の 区 分 特 定 資 産 の 内 容 一 不 動 産 1 不 動 産 の 種 類 2 土 地 にあっては 所 在 地 番 及 び 地 積 3 建 物 にあっては 所 在 家 屋 番 号 種 類 及 び 構 造 ( 開 発 により 取 得 する 場 合 は 所 在 並 び に 予 定 される 種 類 及 び 構 造 ) 4 その 他 当 該 不 動 産 を 特 定 するに 足 りる 事 項 二 不 動 産 に 関 する 所 有 権 以 外 の 1 権 利 の 種 類 存 続 期 間 その 他 の 設 定 契 約 の 権 利 内 容 に 関 する 事 項 2 権 利 の 目 的 物 について その 種 類 及 び 所 有 者 の 氏 名 商 号 又 は 名 称 3 権 利 の 目 的 物 が 土 地 である 場 合 は 土 地 の 所 在 地 番 及 び 地 積 4 権 利 の 目 的 物 が 建 物 である 場 合 は 建 物 の 所 在 家 屋 番 号 種 類 及 び 構 造 5 その 他 当 該 権 利 を 特 定 するに 足 りる 事 項

12 三 動 産 ( 次 項 から 六 の 項 までに 動 産 の 種 類 名 称 型 式 製 造 番 号 通 常 所 在 掲 げるもの 及 び 有 価 証 券 を 除 する 場 所 その 他 の 当 該 動 産 を 特 定 するに 足 りる く ) 事 項 四 船 舶 1 船 舶 の 種 類 名 称 船 籍 港 船 質 総 トン 数 進 水 の 年 月 機 関 の 種 類 数 その 他 の 機 関 に 関 する 事 項 推 進 器 の 種 類 数 その 他 の 推 進 器 に 関 する 事 項 及 び 帆 装 2 日 本 船 舶 にあっては 国 籍 取 得 の 年 月 日 ( 日 本 において 製 造 された 船 舶 にあっては その 旨 ) 3 外 国 船 舶 にあっては 国 籍 4 その 他 当 該 船 舶 を 特 定 するに 足 りる 事 項 五 航 空 機 ( 航 空 法 第 2 条 第 1 1 航 空 機 の 種 類 型 式 製 造 者 番 号 及 び 定 項 に 規 定 する 航 空 機 をいう ) 置 場 2 航 空 法 の 規 定 による 登 録 を 受 けている 場 合 は 登 録 記 号 及 び 新 規 登 録 年 月 日 3 外 国 の 国 籍 を 有 する 航 空 機 にあっては そ の 国 籍 4 その 他 当 該 航 空 機 を 特 定 するに 足 りる 事 項 六 自 動 車 ( 道 路 運 送 車 両 法 第 2 1 自 動 車 の 種 別 車 名 型 式 及 び 車 体 番 号 条 第 1 項 に 規 定 する 自 動 車 を 原 動 機 の 型 式 並 びに 現 在 の 使 用 の 本 拠 いう ) 2 道 路 運 送 車 両 法 の 規 定 による 登 録 又 は 検 査 を 受 けている 場 合 は 現 在 の 自 動 車 登 録 番 号 又 は 車 両 番 号 及 び 初 年 度 登 録 年 月 又 は 初 年 度 検 査 年 3 その 他 当 該 自 動 車 を 特 定 するに 足 りる 事 項 七 指 名 金 銭 債 権 ( 信 託 の 受 益 権 1 当 該 指 名 金 銭 債 権 の 総 額 貸 付 債 権 売 掛 を 除 く ) 債 権 その 他 の 種 類 構 成 及 び 担 保 の 設 定 状 況 そ の 他 当 該 指 名 金 銭 債 権 の 属 性 に 関 する 事 項 2 その 他 当 該 指 名 金 銭 債 権 の 内 容 を 特 定 する に 足 りる 事 項 八 有 価 証 券 ( 信 託 の 受 益 権 を 表 1 当 該 有 価 証 券 の 総 額 国 債 証 券 社 債 券 示 するものを 除 く ) 株 券 その 他 の 種 類 構 成 及 び 担 保 の 設 定 状 況 そ の 他 当 該 有 価 証 券 の 属 性 に 関 する 事 項 2 その 他 当 該 有 価 証 券 の 内 容 を 特 定 するに 足 りる 事 項 九 特 許 権 等 ( 特 許 権 又 はその 専 1 特 許 権 又 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 施 権 施 権 の 別 をいう ) 2 特 許 権 に 係 る 出 願 の 番 号 及 び 年 月 日 発 明 者 の 氏 名 発 明 の 名 称 及 び 概 要 査 定 又 は 審 決 があった 旨 及 びその 年 月 日 登 録 の 番 号 及 び 年

13 月 日 並 びに 特 許 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 実 施 権 にあって は 特 許 権 者 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 特 許 権 者 及 び 専 用 実 施 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 実 施 権 の 範 囲 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 当 該 専 用 実 施 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 )その 他 の 実 施 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 特 許 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 実 用 新 案 権 等 ( 実 用 新 案 権 又 1 実 用 新 案 権 又 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 施 権 の 別 常 実 施 権 をいう ) 2 実 用 新 案 権 に 係 る 出 願 の 番 号 及 び 年 月 日 考 案 者 の 氏 名 考 案 の 名 称 及 び 概 要 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 並 びに 登 録 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 実 施 権 にあって は 実 用 新 案 権 者 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 実 用 新 案 権 者 及 び 専 用 実 施 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 実 施 権 の 範 囲 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあって は 当 該 専 用 実 施 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 ) その 他 の 実 施 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 実 用 新 案 権 等 を 特 定 するに 足 り る 事 項 十 一 意 匠 権 等 ( 意 匠 権 又 はその 専 1 意 匠 権 又 はその 専 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 用 実 施 権 若 しくは 通 常 実 施 権 施 権 の 別 をいう ) 2 意 匠 権 に 係 る 出 願 の 番 号 意 匠 の 創 作 をし た 者 の 氏 名 意 匠 法 施 行 規 則 第 7 条 の 規 定 によ る 物 品 の 区 分 意 匠 の 概 要 査 定 又 は 審 決 があ った 旨 及 びその 年 月 日 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 関 連 意 匠 に 関 する 事 項 並 びに 登 録 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 実 施 権 にあって は 意 匠 権 者 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 意 匠 権 者 及 び 専 用 実 施 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 実 施 権 の 範 囲 ( 専 用 実 施 権 についての 通 常 実 施 権 にあっては 当 該 専 用 実 施 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 )その 他 の 実 施 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 意 匠 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事

14 項 十 二 商 標 権 等 ( 商 標 権 又 はその 専 1 商 標 権 又 はその 専 用 使 用 権 若 しくは 通 常 使 用 使 用 権 若 しくは 通 常 使 用 権 用 権 の 別 をいう ) 2 商 標 権 に 係 る 出 願 の 番 号 商 標 商 標 法 第 6 条 第 1 項 ( 同 法 第 68 条 第 1 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 指 定 した 商 品 又 は 役 務 査 定 又 は 審 決 があった 旨 及 びその 年 月 日 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 登 録 料 に 関 する 事 項 並 びに 商 標 の 現 在 の 使 用 状 況 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 使 用 権 にあって は 商 標 権 者 ( 専 用 使 用 権 についての 通 常 使 用 権 にあっては 商 標 権 者 及 び 専 用 使 用 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 使 用 権 の 範 囲 ( 専 用 使 用 権 についての 通 常 使 用 権 にあっては 当 該 専 用 使 用 権 及 び 当 該 通 常 使 用 権 の 範 囲 )その 他 の 使 用 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 商 標 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 三 育 成 者 権 等 ( 育 成 者 権 又 はそ 1 育 成 者 権 又 はその 専 用 利 用 権 若 しくは 通 常 の 専 用 利 用 権 若 しくは 通 常 利 利 用 権 の 別 用 権 をいう ) 2 育 成 者 権 に 係 る 出 願 の 番 号 品 種 の 属 する 農 林 水 産 植 物 の 種 類 品 種 の 名 称 品 種 の 特 性 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 登 録 料 に 関 する 事 項 並 びに 品 種 の 現 在 の 利 用 状 況 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 利 用 権 にあって は 育 成 者 権 者 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 育 成 者 権 者 及 び 専 用 利 用 権 者 ) の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 利 用 権 の 範 囲 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 当 該 専 用 利 用 権 及 び 当 該 通 常 利 用 権 の 範 囲 )その 他 の 利 用 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 育 成 者 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 四 回 路 配 置 利 用 権 等 ( 回 路 配 置 1 回 路 配 置 利 用 権 又 はその 専 用 利 用 権 若 しく 利 用 権 又 はその 専 用 利 用 権 若 は 通 常 利 用 権 の 別 しくは 通 常 利 用 権 をいう ) 2 回 路 配 置 利 用 権 に 係 る 回 路 配 置 の 創 作 をし た 者 の 氏 名 又 は 名 称 回 路 配 置 について 業 とし て 半 導 体 集 積 回 路 の 回 路 配 置 に 関 する 法 律 第 2 条 第 3 項 第 2 号 に 掲 げる 行 為 をしている 場 合 に あっては その 行 為 を 最 初 にした 年 月 日 回 路

15 配 置 を 用 いて 製 造 した 半 導 体 集 積 回 路 の 名 称 及 び 分 類 登 録 の 番 号 及 び 年 月 日 並 びに 手 数 料 に 関 する 事 項 3 設 定 行 為 により 設 定 された 利 用 権 にあって は 回 路 配 置 利 用 権 者 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 回 路 配 置 利 用 権 者 及 び 専 用 利 用 権 者 )の 氏 名 又 は 名 称 設 定 された 利 用 権 の 範 囲 ( 専 用 利 用 権 についての 通 常 利 用 権 にあっては 当 該 専 用 利 用 権 及 び 当 該 通 常 実 施 権 の 範 囲 )その 他 の 利 用 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項 4 その 他 当 該 回 路 配 置 利 用 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 五 著 作 権 等 ( 著 作 権 出 版 権 又 1 著 作 権 出 版 権 又 は 著 作 隣 接 権 の 別 は 著 作 隣 接 権 をいう ) 2 著 作 権 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 ( 当 該 事 項 のうち 不 明 なものについては その 旨 ) イ 著 作 物 の 題 号 ( 題 号 がないときは その 旨 ) 著 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 著 作 物 が 最 初 に 公 表 さ れた 年 月 日 ( 未 公 表 の 著 作 物 であるときは そ の 旨 ) 著 作 物 の 種 類 及 び 内 容 又 は 体 様 並 びに 著 作 権 の 存 続 期 間 に 関 する 事 項 ロ 著 作 者 が 日 本 国 民 以 外 の 者 ( 以 下 この 号 に おいて 外 国 人 という )であるときは そ の 国 籍 (その 者 が 法 人 であるときは その 設 立 にあたって 準 拠 した 法 令 を 制 定 した 国 及 び 当 該 法 人 の 主 たる 事 務 所 が 所 在 する 国 の 国 名 ) ハ 公 表 された 著 作 物 にあっては 著 作 物 の 最 初 の 公 表 の 際 に 表 示 された 著 作 者 名 ( 無 名 で 公 表 された 著 作 物 であるときは その 旨 ) ニ 発 行 された 外 国 人 の 著 作 物 にあっては 著 作 物 が 最 初 に 発 行 された 国 の 国 名 3 出 版 権 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 ( 当 該 事 項 のうち 不 明 なものについては その 旨 ) イ 2イからニまでに 掲 げる 事 項 ロ 設 定 された 出 版 権 の 範 囲 設 定 行 為 で 定 め られた 存 続 期 間 ( 設 定 行 為 に 定 めがないときは その 旨 ) 設 定 行 為 に 著 作 権 法 第 80 条 第 2 項 又 は 第 81 条 ただし 書 の 別 段 の 定 めがあるとき は その 定 めその 他 の 出 版 権 の 設 定 行 為 の 内 容 に 関 する 事 項

16 4 著 作 隣 接 権 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 ( 当 該 事 項 のうち 不 明 なものについては その 旨 ) イ 実 演 レコード 放 送 番 組 又 は 有 線 放 送 番 組 の 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) ロ 実 演 家 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) 実 演 家 の 氏 名 実 演 が 行 われた 年 月 日 及 びその 行 われた 国 の 国 名 実 演 の 種 類 及 び 内 容 並 びに 実 演 家 の 権 利 の 存 続 期 間 (2) 実 演 家 がその 氏 名 に 代 えて 通 常 用 いて いる 芸 名 があるときはその 芸 名 (3) 実 演 家 が 外 国 人 であるときはその 国 籍 (4) レコードに 固 定 されている 実 演 にあっ ては 当 該 レコードの 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) 及 びハ(1)に 掲 げる 事 項 並 びに 実 演 が 国 外 において 行 われたものである 場 合 にはハ (2)に 掲 げる 事 項 (5) 国 外 において 行 われ かつ 放 送 又 は 有 線 放 送 において 送 信 された 実 演 ( 実 演 家 の 承 諾 を 得 て 送 信 前 に 録 音 され 又 は 録 画 されてい るものを 除 く )で 著 作 権 法 第 八 条 各 号 のいず れかに 該 当 するレコードに 固 定 されているもの 以 外 のものにあっては 当 該 放 送 番 組 又 は 有 線 放 送 番 組 の 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) 並 びにニ(1) 及 び(2) 又 はホ(1) 及 び(2) に 掲 げる 事 項 (6) 映 画 の 著 作 物 において 録 音 され 又 は 録 画 されている 実 演 にあっては 当 該 映 画 の 著 作 物 の 題 号 ( 題 号 がないときは その 旨 ) 及 び 映 画 製 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 ハ レコード 製 作 者 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) レコード 製 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 (2) レコード 製 作 者 が 外 国 人 であるときは その 国 籍 及 びレコードに 固 定 されている 音 が 最 初 に 固 定 された 国 の 国 名 (3) レコードに 固 定 されている 音 が 最 初 に 固 定 された 年 月 日 レコードの 内 容 及 びレコー ド 製 作 者 の 権 利 の 存 続 期 間 (4) 商 業 用 レコードがすでに 販 売 されてい るレコードにあっては 最 初 に 販 売 された 商 業

17 用 レコードの 名 称 ( 名 称 がないときは その 旨 ) 体 様 及 び 製 作 者 の 氏 名 又 は 名 称 ニ 放 送 事 業 者 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) 放 送 事 業 者 の 氏 名 又 は 名 称 (2) 放 送 事 業 者 が 外 国 人 であるときは そ の 国 籍 及 び 放 送 が 行 われた 放 送 設 備 のある 国 の 国 名 (3) 放 送 が 行 われた 年 月 日 放 送 事 業 者 の 権 利 の 存 続 期 間 放 送 の 種 類 及 び 放 送 番 組 の 内 容 ホ 有 線 放 送 事 業 者 の 権 利 にあっては 次 に 掲 げる 事 項 (1) 有 線 放 送 事 業 者 の 氏 名 又 は 名 称 (2) 有 線 放 送 事 業 者 が 外 国 人 であるときは その 国 籍 及 び 有 線 放 送 が 行 われた 有 線 放 送 設 備 のある 国 の 国 名 (3) 有 線 放 送 が 行 われた 年 月 日 有 線 放 送 事 業 者 の 権 利 の 存 続 期 間 有 線 放 送 の 種 類 及 び 有 線 放 送 番 組 の 内 容 5 その 他 当 該 著 作 権 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項 十 六 前 各 項 に 掲 げる 資 産 以 外 の 特 前 各 項 の 特 定 資 産 の 内 容 欄 に 掲 げる 事 項 に 準 ず 定 資 産 ( 信 託 の 受 益 権 を 除 る 事 項 く ) 十 七 信 託 の 受 益 権 又 はこれを 表 示 1 受 託 者 委 託 者 及 び 信 託 管 理 人 ( 特 定 目 的 する 有 価 証 券 信 託 の 受 益 権 にあっては 代 表 権 利 者 又 は 特 定 信 託 管 理 者 )の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 2 信 託 の 目 的 信 託 財 産 の 管 理 方 法 信 託 終 了 の 事 由 その 他 信 託 の 条 項 3 信 託 財 産 の 内 容 に 関 する 事 項 十 八 対 象 組 合 契 約 出 資 持 分 等 ( 第 1 業 務 の 執 行 を 委 任 した 者 又 は 営 業 者 の 氏 名 95 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 又 は 名 称 及 び 住 所 めるものをいう ) 2 組 合 又 は 匿 名 組 合 の 事 業 3 第 九 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 対 象 資 産 の 内 容 に 関 する 事 項 ( 当 該 対 象 資 産 が 前 項 に 掲 げる ものに 該 当 する 場 合 にあっては 当 該 対 象 資 産 に 関 する 同 項 に 掲 げる 事 項 を 含 む ) 4 その 他 当 該 対 象 組 合 契 約 出 資 持 分 等 を 特 定 するに 足 りる 事 項

18 2 特 定 資 産 の 権 利 の 移 転 に 関 する 事 項 ( 特 定 資 産 の 譲 渡 に 係 る 対 抗 要 件 の 具 備 又 は 買 戻 特 約 の 設 定 状 況 に 関 する 事 項 を 含 む ) 3 特 定 資 産 の 取 得 時 期 4 特 定 資 産 の 取 得 価 格 ( 法 第 40 条 第 1 項 第 7 号 に 規 定 する 特 定 資 産 の 価 格 を 知 る ために 必 要 な 事 項 の 概 要 同 項 第 8 号 又 は 法 第 122 条 第 1 項 第 18 号 に 規 定 す る 特 定 資 産 の 価 格 につき 調 査 した 結 果 ( 資 産 の 種 類 ごとの 内 訳 を 含 む ) 並 びに 当 該 調 査 を 行 った 者 ( 特 定 資 産 が 不 動 産 ( 土 地 若 しくは 建 物 又 はこれらに 関 する 所 有 権 以 外 の 権 利 をいう 第 107 条 及 び 第 126 条 において 同 じ )であると きは 法 第 40 条 第 1 項 第 8 号 又 は 第 122 条 第 1 項 第 18 号 の 規 定 により 鑑 定 評 価 を 行 った 者 を 含 む )の 氏 名 又 は 名 称 及 び 当 該 調 査 に 係 る 資 格 を 含 む ) 5 特 定 資 産 の 譲 渡 人 ( 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 は 当 該 開 発 に 係 る 契 約 を 特 定 目 的 会 社 と 締 結 した 者 )の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 6 7ロの 場 合 であって 取 得 する 特 定 資 産 を 一 定 の 条 件 に 基 づき 抽 出 する 場 合 は 第 七 条 第 一 項 第 三 号 の 業 務 の 委 託 契 約 を 特 定 目 的 会 社 と 締 結 した 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 7 次 に 掲 げる 場 合 であって 2から5までに 掲 げる 事 項 (5に 掲 げる 事 項 について は ロの 場 合 に 限 る )の 内 容 が 確 定 していないときは その 内 容 を 確 定 するた めの 要 件 及 び 手 続 イ 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 ロ 次 に 掲 げる 要 件 のすべてを 満 たす 場 合 (1) 取 得 する 特 定 資 産 が 指 名 金 銭 債 権 ( 指 名 債 権 であって 金 銭 の 支 払 を 目 的 と するものをいう 以 下 同 じ ) 若 しくは 約 束 手 形 又 はこれらを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 のみであること (2) 発 行 を 予 定 する 資 産 対 応 証 券 が 特 定 短 期 社 債 又 は 特 定 約 束 手 形 のみである こと (3) 特 定 目 的 借 入 れを 行 わないこと (4) 資 産 流 動 化 計 画 に(2) 及 び(3)について 変 更 を 禁 止 する 旨 の 定 めがあ ること ハ 次 に 掲 げる 要 件 のすべてを 満 たす 場 合 (1) 1の 特 定 資 産 の 内 容 欄 に 掲 げる 事 項 によって 特 定 が 可 能 な 指 名 金 銭 債 権 若 しくは 有 価 証 券 又 はこれらを 信 託 する 信 託 の 受 益 権 であって 一 定 の 条 件 に 基 づい て 抽 出 される 資 産 を 特 定 目 的 会 社 が 将 来 継 続 して 取 得 する 場 合 (2) 発 行 される 資 産 対 応 証 券 が 担 保 付 社 債 信 託 法 の 規 定 又 は 法 第 130 条 第 2 項 の 規 定 により 担 保 が 付 された 特 定 社 債 であること (3) 資 産 流 動 化 計 画 に(2)について 変 更 を 禁 止 する 旨 の 定 めがあること 8 2から7までに 掲 げる 事 項 (5に 掲 げる 事 項 については 開 発 により 特 定 資 産 を 取 得 する 場 合 又 は7ロの 場 合 であって 取 得 する 特 定 資 産 を 一 定 の 条 件 に 基 づ き 抽 出 する 場 合 に 限 る )の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨

19 4. 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 の 方 法 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 わせるために 設 定 す 信 託 の 受 託 者 その 他 の 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 関 する 次 の 事 項 1 特 定 資 産 の 処 分 の 方 法 ( 特 定 資 産 を 貸 し 付 け 譲 渡 し 交 換 し 又 は 担 保 に 供 す ることを 予 定 する 場 合 は その 旨 及 びその 内 容 ( 時 期 及 び 理 由 を 含 む )を 含 む ) 2 法 第 200 条 第 1 項 の 規 定 により 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 わせる ための 信 託 の 受 託 者 又 は 受 託 予 定 者 ( 同 条 第 3 項 の 規 定 により 信 託 会 社 等 以 外 の 者 に 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 委 託 する 場 合 におけるその 受 託 者 又 は 受 託 予 定 者 を 含 む 以 下 この 条 において 受 託 者 等 という )の 氏 名 又 は 名 称 営 業 所 又 は 事 務 所 の 所 在 地 その 他 の 受 託 者 等 に 関 する 事 項 3 受 託 者 等 が 特 定 資 産 について 行 う 業 務 の 種 類 内 容 並 びに 資 産 対 応 証 券 の 保 有 者 特 定 目 的 借 入 れに 係 る 債 権 者 及 び 法 第 126 条 本 文 に 規 定 する 特 定 社 債 管 理 者 ( 特 定 社 債 に 物 上 担 保 を 付 す 場 合 は 担 保 付 社 債 信 託 法 第 1 条 に 規 定 する 信 託 会 社 )の 利 害 に 関 係 する 事 項 ( 特 定 資 産 が 指 名 金 銭 債 権 の 場 合 は その 回 収 の 方 法 を 含 む ) 4 1から3に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するため の 要 件 及 び 手 続 5 1から3までに 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うための 条 件 6 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 5. 資 金 の 借 入 れ( 特 定 目 的 借 入 れを 除 く )に 関 する 次 の 事 項 1 限 度 額 ( 借 入 予 定 残 高 の 上 限 をいう ) 2 借 入 金 の 使 途 3 各 借 入 れに 関 する 次 に 掲 げる 事 項 イ 借 入 金 額 ロ 借 入 先 ハ 借 入 条 件 ( 弁 済 期 及 び 弁 済 方 法 に 関 することを 含 む ) ニ 担 保 設 定 に 関 する 事 項 4 前 号 に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するための 要 件 及 び 手 続 5 1 及 び2に 掲 げる 事 項 について 変 更 があり 得 る 場 合 は その 旨 及 び 変 更 を 行 うた めの 条 件 6 前 各 号 に 掲 げる 事 項 の 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 6.その 他 の 事 項 1 資 産 流 動 化 計 画 の 概 要 2 特 定 社 員 があらかじめ 利 益 の 配 当 又 は 残 余 財 産 の 分 配 を 受 ける 権 利 を 放 棄 する 場 合 は その 旨 3 優 先 出 資 又 は 特 定 社 債 について 少 人 数 私 募 ( 証 券 取 引 法 第 2 条 第 3 項 に 規 定 す

20 る 有 価 証 券 の 私 募 のうち 同 項 第 2 号 ロに 該 当 するものをいう )を 行 う 場 合 は 資 産 流 動 化 計 画 の 謄 本 又 は 抄 本 を 交 付 する 旨 資 産 流 動 化 計 画 に 記 載 され 又 は 記 録 される 事 項 のうち 発 行 される 資 産 対 応 証 券 又 は 実 行 される 特 定 目 的 借 入 れに 関 する 事 項 の 内 容 を 変 更 するための 手 続 及 び 当 該 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 における 当 該 内 容 を 確 定 するための 手 続 (それぞれ 法 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を 含 む )は 当 該 発 行 又 は 実 行 が 行 われる 前 に 行 うものとする 旨 特 定 短 期 社 債 若 しくは 特 定 約 束 手 形 を 発 行 し 又 は 特 定 目 的 借 入 れを 行 っている 場 合 であって 法 第 151 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 資 産 流 動 化 計 画 の 変 更 を 行 うと きは 法 第 152 条 第 1 項 の 計 画 変 更 決 議 は 法 第 155 条 第 4 項 ( 法 第 156 条 第 3 項 及 び 第 157 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )に 規 定 する 相 当 の 財 産 の 信 託 が 完 了 した 後 に 行 う 旨 法 第 51 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 第 一 種 特 定 目 的 会 社 にあっては 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 が 終 了 した 後 新 たな 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 を 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 並 びに 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 及 び 特 定 目 的 借 入 れに 係 る 債 務 の 履 行 の 完 了 時 において 残 存 する 財 産 を 処 理 する 方 法 法 第 51 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 第 二 種 特 定 目 的 会 社 にあっては 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 が 終 了 した 後 新 たな 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づく 業 務 を 行 うことを 予 定 する 場 合 は その 旨 及 び 仮 清 算 消 却 の 完 了 時 において 残 存 する 財 産 を 処 理 す る 方 法 特 定 目 的 会 社 が 資 産 対 応 証 券 の 発 行 又 は 資 金 の 借 入 れ( 特 定 目 的 借 入 れを 含 む ) を 行 う 前 において 債 務 を 負 担 する 場 合 は 各 債 務 の 内 容 額 債 権 者 に 関 する 事 項 その 他 特 定 目 的 会 社 が 負 担 する 債 務 に 関 する 事 項 法 第 195 条 第 1 項 に 規 定 する 附 帯 業 務 に 関 する 事 項 外 国 為 替 相 場 の 変 動 による 影 響 資 産 の 流 動 化 に 係 る 法 制 度 の 概 要 資 産 の 流 動 化 に 係 るデリバティブ 取 引 の 利 用 の 方 針 その 他 投 資 者 保 護 の 観 点 から 記 載 又 は 記 録 が 必 要 な 事 項 6 及 び7に 掲 げる 事 項 の 内 容 が 確 定 していない 場 合 は その 内 容 を 確 定 するため の 要 件 及 び 手 続 前 各 号 に 掲 げる 事 項 について 変 更 を 禁 止 する 場 合 は その 旨 5. 特 定 目 的 会 社 の 業 務 に 関 する 規 制 特 定 目 的 会 社 の 不 測 の 倒 産 を 予 防 するため( 倒 産 隔 離 性 の 確 保 ) 次 のような 様 々な 規 制 が 設 けられている 1 特 定 目 的 会 社 は 資 産 流 動 化 計 画 及 びその 付 帯 業 務 のほか 他 の 業 務 を 営 むことが できない( 資 産 流 動 法 1951) 2 特 定 目 的 会 社 は 合 名 会 社 又 は 合 資 会 社 の 無 限 責 任 社 員 となることができない( 資 産 流 動 法 1952)

21 3 資 産 流 動 化 計 画 外 の 借 入 を 原 則 として 行 ってはならない( 資 産 流 動 法 211) 4 資 産 流 動 化 計 画 外 で 特 定 資 産 を 貸 し 付 け 譲 渡 し 交 換 し 又 は 担 保 に 供 してはな らない( 資 産 流 動 法 213) 5 特 定 目 的 会 社 は 次 の 方 法 によるほか 業 務 上 の 余 裕 金 を 運 用 してはならない( 資 産 流 動 法 214 資 産 流 動 規 則 98) 一 国 債 その 他 内 閣 総 理 大 臣 の 指 定 する 有 価 証 券 の 保 有 二 内 閣 総 理 大 臣 の 指 定 する 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 への 預 金 三 金 銭 信 託 ( 元 本 の 損 失 の 補 てん 契 約 があるものに 限 る )

22 Ⅱ 特 定 目 的 会 社 の 税 務 1. 法 人 税 の 特 例 (1) 特 定 目 的 会 社 の 税 務 以 下 の 要 件 を 充 たすことにより 支 払 配 当 金 は 法 人 税 法 上 損 金 となる( 措 置 法 67の 141) 特 定 会 社 は 導 管 ( 又 はビークル)の 役 割 を 果 たすため 一 定 の 要 件 の 下 に 法 人 税 等 が 減 免 される 仕 組 みとなっている イ. 資 産 流 動 化 計 画 に 関 する 要 件 優 先 出 資 又 は 基 準 特 定 出 資 ( 次 行 を 参 照 )を 発 行 する 場 合 資 産 流 動 化 計 画 において その 発 行 をする 優 先 出 資 又 は 基 準 特 定 出 資 の 発 行 価 額 の 総 額 のうちに 国 内 において 募 集 又 は 割 当 てされる 優 先 出 資 又 は 基 準 特 定 出 資 の 発 行 価 額 の 占 める 割 合 ( 国 内 募 集 割 合 という )がそれぞれ100 分 の50を 超 える 旨 (2 以 上 の 種 類 の 優 先 出 資 を 発 行 する 場 合 における 資 産 流 動 化 計 画 にあつては それぞれの 種 類 の 優 先 出 資 ごとに 国 内 募 集 割 合 が100 分 の50を 超 える 旨 )の 記 載 又 は 記 録 があること( 措 置 法 67の141 一 ハ 措 置 令 39の32の23) なお 基 準 特 定 出 資 とは 特 定 出 資 のうち 資 産 流 動 化 計 画 に 特 定 社 員 の 利 益 の 配 当 を 受 ける 権 利 及 び 残 余 財 産 の 分 配 を 受 ける 権 利 に 係 る 事 項 として 特 定 社 員 があら かじめ 利 益 の 配 当 及 び 残 余 財 産 の 分 配 を 受 ける 権 利 を 放 棄 する 場 合 の その 旨 の 記 載 が あるもの 以 外 のものをいう( 措 置 法 67の141 一 八 措 置 規 22の18の43) ロ. 発 行 時 の 要 件 次 のいずれかに 該 当 すること( 措 置 法 67の141 一 ロ) 1 公 募 発 行 される 特 定 社 債 の 発 行 総 額 が1 億 円 以 上 であること 又 は 特 定 社 債 の 全 てが 適 格 機 関 投 資 家 のみにより 引 き 受 けられたものであること 2 優 先 出 資 者 が50 人 以 上 であること 又 は 優 先 出 資 の 全 てが 適 格 機 関 投 資 家 のみ により 引 き 受 けられたものであること 以 上 は 発 行 時 の 要 件 であって 投 資 家 の 事 情 により 発 行 後 に 変 更 があったとしても 要 件 違 反 とはならない ハ. 各 事 業 年 度 の 要 件 1 当 該 事 業 年 度 末 において 同 族 会 社 に 該 当 しないこと( 措 置 法 67の141 二 ニ) ただし 上 記 (1)ロ1の 場 合 を 除 く 2 当 該 事 業 年 度 に 係 る 支 払 配 当 の 額 が 当 該 事 業 年 度 の 配 当 可 能 所 得 ( 支 払 配 当 金 の 損 金 算 入 前 の 金 額 で 欠 損 金 の 繰 越 控 除 後 の 所 得 の 金 額 )の90% 超 であること( 措 置 法 67の141 二 ホ) ただし この 配 当 可 能 所 得 は 時 価 法 で 評 価 している 資 産 がある 場 合 はこれを 考 慮 しない 金 額 とされ( 措 置 令 39の32の24) 特 定 社 債 を 発 行 している 場 合 は 配 当 可 能 所 得 からさらに 一 定 の 額 を 控 除 することとして いる( 措 置 令 39の32の25)

23 ニ.その 他 の 要 件 資 産 流 動 化 法 に 違 反 していないこと (2) 利 益 の 配 当 及 び 中 間 配 当 の 源 泉 所 得 税 等 特 定 目 的 会 社 の 利 益 の 配 当 及 び 中 間 配 当 は 所 得 税 法 上 の 配 当 所 得 となるため( 所 得 税 2 41) 20%の 源 泉 所 得 税 を 徴 収 し 納 付 する( 所 得 税 1822) (3) 出 資 個 人 の 税 務 出 資 個 人 において 特 定 目 的 会 社 からの 受 取 配 当 金 の 配 当 控 除 規 定 の 適 用 はない( 措 置 法 91 六 ) (4) 出 資 法 人 の 税 務 出 資 法 人 において 特 定 目 的 会 社 からの 受 取 配 当 金 の 益 金 不 算 入 規 定 の 適 用 はない( 措 置 法 67の146) 2.その 他 の 税 制 上 の 特 例 (1) 中 小 法 人 優 遇 規 定 の 排 除 特 定 目 的 会 社 に 対 しては 次 の 事 項 について 中 小 法 人 の 優 遇 規 定 は 適 用 されない( 措 置 法 67の1423) よって 大 法 人 と 同 じ 取 扱 いとなる 1 中 小 法 人 の 軽 減 税 率 2 貸 倒 引 当 金 の 法 定 繰 入 率 の 適 用 3 交 際 費 の 損 金 不 算 入 の 特 例 (2) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 より 青 色 申 告 書 を 提 出 した 事 業 年 度 の 欠 損 金 及 び 災 害 による 損 失 金 の 繰 越 控 除 制 度 について 各 事 業 年 度 の 控 除 前 所 得 の 金 額 の1 00 分 の80 相 当 額 が 損 金 算 入 限 度 額 とされたが( 法 人 税 581) 上 記 1(1)に 掲 げ る 要 件 を 満 たす 特 定 目 的 会 社 については 従 前 と 同 様 に100 分 の100 相 当 額 が 損 金 算 入 限 度 額 とされている( 措 置 法 67の142) (3) 事 業 税 外 形 標 準 課 税 の 不 適 用 特 的 目 的 会 社 については 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 は 適 用 されない( 地 方 税 72の21 一 ロ) よって 所 得 割 のみが 課 税 されることになる (4) 登 録 免 許 税 不 動 産 取 得 税 登 録 免 許 税 について 所 有 権 の 移 転 の 登 記 にあつては1000 分 の13に 軽 減 される( 措 置 法 83の21) 不 動 産 取 得 税 ( 通 常 4%)は5 分 の2に 軽 減 される( 地 方 税 法 附 則 113)

24 Ⅲ 特 定 目 的 会 社 の 会 計 1. 特 定 目 的 会 社 に 関 する 会 計 法 令 基 準 の 概 要 特 定 目 的 会 社 の 会 計 を 規 制 する 法 令 及 び 基 準 は 次 のとおりである (1) 法 令 特 定 目 的 会 社 の 計 算 に 関 する 規 則 ( 平 成 18 年 4 月 20 日 号 外 内 閣 府 令 第 44 号 ) (2) 会 計 基 準 ア. 特 別 目 的 会 社 の 連 結 1 連 結 財 務 諸 表 制 度 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い ( 平 成 10 年 10 月 30 日 企 業 会 計 審 議 会 ) 2 監 査 委 員 会 報 告 第 60 号 連 結 財 務 諸 表 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 決 定 に 関 する 監 査 上 の 取 扱 い 3 連 結 財 務 諸 表 における 子 会 社 等 の 範 囲 の 決 定 に 関 するQ&A ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) イ. 不 動 産 の 流 動 化 1 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 15 号 特 別 目 的 会 社 を 活 用 した 不 動 産 の 流 動 化 に 係 る 譲 渡 人 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 2 特 別 目 的 会 社 を 活 用 した 不 動 産 の 流 動 化 に 係 る 譲 渡 人 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 についてのQ&A ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) ウ. 金 融 商 品 の 流 動 化 1 金 融 商 品 に 係 る 会 計 基 準 の 設 定 に 関 する 意 見 書 金 融 商 品 に 係 る 会 計 基 準 ( 平 成 11 年 1 月 22 日 企 業 会 計 審 議 会 ) 2 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 14 号 金 融 商 品 会 計 に 関 する 実 務 指 針 3 金 融 商 品 会 計 に 関 するQ&A ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) 4 流 動 化 目 的 の 債 権 の 適 正 評 価 について ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 ) 2. 財 務 諸 表 ( 計 算 書 類 ) 特 定 目 的 会 社 の 財 務 諸 表 については 計 算 書 類 として 特 定 目 的 会 社 の 計 算 に 関 する 規 則 に 定 められている 特 定 目 的 会 社 は 定 時 社 員 総 会 の 招 集 の 通 知 に 際 して 社 員 に 対 し 計 算 書 類 及 び 監 査 報 告 を 提 供 しなければならない( 資 産 流 動 法 1031) 当 該 計 算 書 類 の 種 類 は 次 のとおりである( 資 産 流 動 法 1022 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 221) 1 貸 借 対 照 表 2 損 益 計 算 書 3 社 員 資 本 等 変 動 計 算 書 4 注 記 表

25 (1) 貸 借 対 照 表 の 様 式 資 産 の 部 負 債 の 部 Ⅰ 特 定 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 負 債 1. 流 動 資 産 特 定 約 束 手 形 有 価 証 券 事 業 未 払 金 買 入 指 名 金 銭 債 権 特 定 短 期 社 債 特 定 借 入 れ(1 年 内 に 返 済 されないと 繰 延 税 金 資 産 認 められるものを 除 く ) 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 繰 延 税 金 負 債 (1) 有 形 固 定 資 産 土 地 Ⅱ 固 定 負 債 建 物 特 定 社 債 (2) 無 形 固 定 資 産 ) 特 定 借 入 れ(1 年 内 に 返 済 されないと 特 許 権 認 められるもの ) *** 映 画 著 作 隣 接 権 引 当 金 (3) 投 資 その 他 の 資 産 繰 延 税 金 負 債 買 入 指 名 金 銭 債 権 繰 延 税 金 資 産 純 資 産 の 部 3. 繰 延 資 産 Ⅰ 社 員 資 本 1 特 定 資 本 金 Ⅱ その 他 資 産 の 部 2 優 先 資 本 金 1 流 動 資 産 3 特 定 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 特 定 出 資 払 現 金 及 び 預 金 込 金 受 取 手 形 4 優 先 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 優 先 出 資 払 事 業 未 収 入 金 込 金 売 買 目 的 有 価 証 券 5 剰 余 金 (1) 任 意 積 立 金 繰 延 税 金 資 産 (2) 当 期 未 処 分 利 益 又 は 当 期 未 処 理 損 失 2 固 定 資 産 6 自 己 特 定 出 資 ( ) (1) 有 形 固 定 資 産 7 自 己 優 先 出 資 ( ) (2) 無 形 固 定 資 産 Ⅱ 評 価 換 算 差 額 等 (3) 投 資 その 他 の 資 産 Ⅲ 新 優 先 出 資 引 受 権 3 繰 延 資 産

26 (2) 損 益 計 算 書 の 様 式 Ⅰ 営 業 収 益 Ⅱ 営 業 費 用 営 業 利 益 ( 損 失 ) Ⅲ 営 業 外 収 益 Ⅳ 営 業 外 費 用 経 常 利 益 ( 損 失 ) Ⅴ 特 別 利 益 Ⅵ 特 別 損 失 税 引 前 当 期 純 利 益 ( 損 失 ) 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 法 人 税 等 調 整 額 当 期 純 利 益 ( 損 失 ) 前 期 繰 越 利 益 又 は 前 期 繰 越 損 失 の 額 一 定 の 目 的 のために 留 保 した 利 益 のその 目 的 に 従 う 取 り 崩 しの 額 中 間 配 当 額 当 期 未 処 分 利 益 又 は 当 期 未 処 理 損 失 (3) 社 員 持 分 等 変 動 計 算 書 の 様 式 例 当 期 首 残 高 当 期 変 動 額 当 期 末 残 高 Ⅰ 社 員 資 本 1 特 定 資 本 金 2 優 先 資 本 金 3 特 定 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 特 定 出 資 払 込 金 4 優 先 出 資 申 込 証 拠 金 又 は 優 先 出 資 払 込 金 5 剰 余 金 (1) 任 意 積 立 金 (2) 当 期 未 処 分 利 益 又 は 当 期 未 処 理 損 失 6 自 己 特 定 出 資 ( ) 7 自 己 優 先 出 資 ( ) Ⅱ 評 価 換 算 差 額 等 Ⅲ 新 優 先 出 資 引 受 権

27 (4) 注 記 表 の 内 容 1 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 注 記 当 該 特 定 目 的 会 社 の 事 業 年 度 の 末 日 において 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 の 計 画 期 間 にわたって 事 業 を 継 続 するとの 前 提 に 重 要 な 疑 義 を 抱 かせる 事 象 又 は 状 況 が 存 在 する 場 合 における 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 する (1) 当 該 事 象 又 は 状 況 が 存 在 する 旨 及 びその 内 容 (2) 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 疑 義 の 存 在 の 有 無 (3) 当 該 事 象 又 は 状 況 を 解 消 又 は 大 幅 に 改 善 するための 取 締 役 の 対 応 及 び 経 営 計 画 (4) 当 該 重 要 な 疑 義 の 影 響 の 計 算 書 類 への 反 映 の 有 無 2 重 要 な 会 計 方 針 に 係 る 事 項 に 関 する 注 記 (1) 資 産 の 評 価 基 準 及 び 評 価 方 法 (2) 固 定 資 産 の 減 価 償 却 の 方 法 (3) 引 当 金 の 計 上 基 準 (4) 収 益 及 び 費 用 の 計 上 基 準 (5)その 他 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 3 会 計 方 針 の 変 更 に 関 する 注 記 4 表 示 方 法 の 変 更 に 関 する 注 記 5 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 に 関 する 注 記 6 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 注 記 7 貸 借 対 照 表 に 関 する 注 記 8 損 益 計 算 書 に 関 する 注 記 9 社 員 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 注 記 10 税 効 果 会 計 に 関 する 注 記 11 リースにより 使 用 する 固 定 資 産 に 関 する 注 記 12 金 融 商 品 に 関 する 注 記 13 賃 貸 等 不 動 産 に 関 する 注 記 14 関 係 当 事 者 ( 注 1)との 取 引 に 関 する 注 記 ただし 当 該 取 引 が 公 正 な 価 格 等 の 取 引 である 場 合 は 当 該 注 記 を 要 しない (1) 当 該 関 係 当 事 者 が 会 社 等 であるときは 次 に 掲 げる 事 項 イ その 名 称 ロ 当 該 関 係 当 事 者 の 総 株 主 の 議 決 権 の 総 数 に 占 める 特 定 目 的 会 社 が 有 する 議 決 権 の 数 の 割 合 ハ 当 該 特 定 目 的 会 社 の 総 社 員 の 議 決 権 の 総 数 に 占 める 当 該 関 係 当 事 者 が 有 する 議 決 権 の 数 の 割 合 (2) 当 該 関 係 当 事 者 が 個 人 であるときは 次 に 掲 げる 事 項 イ その 氏 名 ロ 当 該 特 定 目 的 会 社 の 総 社 員 の 議 決 権 の 総 数 に 占 める 当 該 関 係 当 事 者 が 有 する 議 決 権 の 数 の 割 合

28 (3) 当 該 特 定 目 的 会 社 と 当 該 関 係 当 事 者 との 関 係 (4) 取 引 の 内 容 (5) 取 引 の 種 類 別 の 取 引 金 額 (6) 取 引 条 件 及 び 取 引 条 件 の 決 定 方 針 (7) 取 引 により 発 生 した 債 権 又 は 債 務 に 係 る 主 な 項 目 別 の 当 該 事 業 年 度 の 末 日 に おける 残 高 (8) 取 引 条 件 の 変 更 があったときは その 旨 変 更 の 内 容 及 び 当 該 変 更 が 計 算 書 類 に 与 えている 影 響 の 内 容 15 一 口 当 たり 情 報 に 関 する 注 記 16 重 要 な 後 発 事 象 に 関 する 注 記 17 その 他 の 注 記 ( 注 1) 関 係 当 事 者 の 内 容 ( 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 584) 1 当 該 特 定 目 的 会 社 の 支 配 社 員 2 当 該 特 定 目 的 会 社 の 支 配 社 員 の 子 会 社 ( 当 該 支 配 社 員 が 会 社 でない 場 合 にあっては 当 該 支 配 社 員 の 子 会 社 に 相 当 するものを 含 む ) 3 当 該 特 定 目 的 会 社 のその 他 の 関 係 会 社 並 びに 当 該 その 他 の 関 係 会 社 の 親 会 社 ( 当 該 その 他 の 関 係 会 社 が 株 式 会 社 でない 場 合 にあっては 親 会 社 に 相 当 するものを 含 む ) 及 び 子 会 社 ( 当 該 その 他 の 関 係 会 社 が 会 社 でない 場 合 にあっては 子 会 社 に 相 当 す るものを 含 む ) 4 当 該 特 定 目 的 会 社 の 主 要 社 員 ( 自 己 又 は 他 人 の 名 義 をもって 当 該 特 定 目 的 会 社 の 総 特 定 社 員 又 は 総 社 員 の 議 決 権 の 総 口 数 の100 分 の10 以 上 の 議 決 権 ( 次 に 掲 げる 特 定 出 資 又 は 優 先 出 資 に 係 る 議 決 権 を 除 く )を 保 有 している 特 定 社 員 又 は 優 先 出 資 社 員 をいう ) 及 びその 近 親 者 イ 信 託 業 を 営 む 者 が 信 託 財 産 として 所 有 する 特 定 出 資 又 は 優 先 出 資 ロ 証 券 業 を 営 む 者 が 引 受 け 又 は 売 出 しを 行 う 業 務 により 取 得 した 優 先 出 資 ハ 証 券 取 引 法 第 156 条 の24 第 1 項 に 規 定 する 業 務 を 営 む 者 がその 業 務 として 所 有 する 優 先 出 資 5 当 該 特 定 目 的 会 社 の 役 員 及 びその 近 親 者 6 4 及 び5に 掲 げる 者 が 他 の 会 社 等 の 議 決 権 の 過 半 数 を 自 己 の 計 算 において 所 有 して いる 場 合 における 当 該 会 社 等 及 び 当 該 会 社 等 の 子 会 社 ( 当 該 会 社 等 が 会 社 でない 場 合 にあっては 子 会 社 に 相 当 するもの) 7 当 該 特 定 目 的 会 社 の 特 定 資 産 の 管 理 及 び 処 分 に 係 る 業 務 を 行 う 者 及 び 当 該 者 の 関 連 当 事 者 又 はこれに 準 ずる 者 3. 事 業 報 告 書 特 定 目 的 会 社 は 毎 事 業 年 度 毎 に 事 業 報 告 書 を 作 成 し 定 時 社 員 総 会 の 招 集 の 通 知 に 際 して 社 員 に 提 供 しなければならない( 資 産 流 動 法 1031) 事 業 報 告 書 の 内 容 は 次 のとおりである( 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 63) (1) 特 定 目 的 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項

29 (2) 特 定 目 的 会 社 の 役 員 ( 直 前 の 定 時 社 員 総 会 の 終 結 の 日 の 翌 日 以 降 に 在 任 していた 者 であって 当 該 事 業 年 度 の 末 日 までに 退 任 した 者 を 含 む )に 関 する 事 項 (3) 特 定 目 的 会 社 の 特 定 出 資 及 び 優 先 出 資 に 関 する 事 項 (4) 特 定 目 的 会 社 の 新 優 先 出 資 引 受 権 等 に 関 する 事 項 4. 附 属 明 細 書 特 定 目 的 会 社 は 毎 事 業 年 度 毎 に 附 属 明 細 書 を 作 成 し 会 社 内 に5 年 間 備 置 しなければ ならない( 資 産 流 動 法 1051) 附 属 明 細 書 の 内 容 は 次 のとおりである( 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 69) (1) 特 定 社 債 特 定 約 束 手 形 特 定 目 的 借 入 れ 特 定 目 的 借 入 れ 以 外 の 長 期 借 入 金 及 び 短 期 借 入 金 の 増 減 (2)その 他 の 資 産 の 部 における 固 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 の 明 細 (3) 特 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 の 明 細 (4) 引 当 金 の 明 細 並 びにその 計 上 の 理 由 及 び 額 の 算 定 の 方 法 ( 注 記 表 に 表 示 したもの を 除 く ) (5) 第 三 者 との 間 の 取 引 であって 特 定 目 的 会 社 と 役 員 又 は 支 配 社 員 との 利 益 が 相 反 するものの 明 細 (6) 特 定 目 的 会 社 が 取 得 し 又 は 所 有 している 他 の 会 社 特 定 目 的 会 社 その 他 の 法 人 の 発 行 済 株 式 又 は 出 資 の 持 分 (これらに 係 る 信 託 受 益 権 を 含 む 以 下 この 号 におい て 株 式 等 という )の 明 細 ( 種 類 及 び 銘 柄 並 びに 当 該 株 式 等 に 係 る 議 決 権 の 当 該 株 式 等 を 発 行 した 法 人 の 総 株 主 総 社 員 又 は 総 出 資 者 の 議 決 権 に 占 める 割 合 を 含 む ) (7) 他 の 会 社 の 業 務 執 行 取 締 役 執 行 役 業 務 を 執 行 する 社 員 又 は 会 社 法 第 598 条 第 1 項 の 職 務 を 行 うべき 者 を 兼 ねる 当 該 特 定 目 的 会 社 の 役 員 ( 会 計 参 与 を 除 く ) についての 兼 務 の 状 況 の 明 細 ( 当 該 他 の 会 社 の 事 業 が 当 該 特 定 目 的 会 社 の 事 業 と 同 一 の 部 類 のものであるときは その 旨 を 含 む ) (8) 営 業 収 益 及 び 営 業 費 用 の 明 細 (9) 特 定 目 的 会 社 計 算 規 則 第 58 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 により 省 略 した 事 項 がある ときは 当 該 事 項 5. 公 告 特 定 目 的 会 社 は 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 定 時 社 員 総 会 の 終 結 後 遅 滞 なく 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 ( 会 計 監 査 人 設 置 会 社 でない 特 定 目 的 会 社 にあっては 貸 借 対 照 表 )を 公 告 しなければならない( 資 産 流 動 法 1045) ただし その 公 告 方 法 が 下 記 の1 又 は2である 場 合 は 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 要 旨 を 公 告 することで 足 りる( 資 産 流 動 法 1046) 公 告 方 法 は 次 のとおりである( 資 産 流 動 法 1941) 1 官 報 に 掲 載 する 方 法 2 時 事 に 関 する 事 項 を 掲 載 する 日 刊 新 聞 紙 に 掲 載 する 方 法 1 電 子 公 告 ( 公 告 方 法 のうち 電 磁 的 方 法 ( 会 社 法 第 2 条 第 34 号 に 規 定 する 電 磁 的

30 方 法 をいう )により 不 特 定 多 数 の 者 が 公 告 すべき 内 容 である 情 報 の 提 供 を 受 ける ことができる 状 態 に 置 く 措 置 であって 同 号 に 規 定 するものをとる 方 法 をいう ) 6. 利 益 配 当 特 定 目 的 会 社 は 年 度 末 における 配 当 可 能 限 度 額 の 範 囲 内 で 利 益 配 当 を 行 うことがで きる( 資 産 流 動 法 114) また 事 業 年 度 を1 年 とする 特 定 目 的 会 社 については 定 款 の 定 めにより 期 中 1 回 に 限 り 一 定 の 日 において 中 間 配 当 ( 金 銭 分 配 )を 行 うことがで きる( 資 産 流 動 法 115)

31 Ⅳ 金 融 商 品 取 引 法 上 の 取 り 扱 い SPCの 発 行 する 特 定 社 債 券 優 先 出 資 証 券 および 新 優 先 出 資 引 受 権 証 券 は 金 融 証 券 取 引 法 上 の 有 価 証 券 となる( 金 融 商 品 取 引 法 21 四 八 ) なお 有 価 証 券 が 発 行 され ていない 特 定 社 債 優 先 出 資 および 新 優 先 出 資 引 受 権 は 金 融 商 品 取 引 法 上 有 価 証 券 と みなされる( 金 融 商 品 取 引 法 22 本 文 ) SPCの 発 行 する 特 定 社 債 優 先 出 資 および 新 優 先 出 資 引 受 権 は 有 価 証 券 が 発 行 され ている 場 合 も 発 行 されていない 場 合 も 機 関 投 資 家 に 対 するものを 除 き 1 億 円 以 上 およ び50 名 以 上 に 募 集 または 売 出 しが 行 われる 場 合 は 金 融 商 品 取 引 法 第 2 章 企 業 内 容 等 の 開 示 規 制 の 対 象 となり 有 価 証 券 届 出 書 等 の 金 融 庁 ( 財 務 省 )への 提 出 および 公 衆 縦 覧 が 必 要 となる( 金 融 商 品 取 引 法 4 55) SPCの 発 行 する 特 定 社 債 優 先 出 資 および 新 優 先 出 資 引 受 権 は その 投 資 家 の 投 資 判 断 に 重 要 な 影 響 を 及 ぼす 情 報 がその 発 行 者 が 行 う 資 産 の 運 用 その 他 これに 類 する 情 報 であ る 有 価 証 券 (これを 特 定 有 価 証 券 と 呼 ぶ )に 該 当 する( 金 融 証 券 取 引 法 51) そ の 有 価 証 券 届 出 書 およびその 後 に 継 続 開 示 される 有 価 証 券 報 告 書 の 記 載 要 領 は 特 定 有 価 証 券 の 内 容 等 の 開 示 に 関 する 内 閣 府 令 に 規 定 されている 有 価 証 券 届 出 書 を 提 出 したSPCは 爾 後 事 業 年 度 ごとに 有 価 証 券 報 告 書 および 半 期 報 告 書 を 提 出 しなければならない 有 価 証 券 報 告 書 および 半 期 報 告 書 には 公 認 会 計 士 ま たは 監 査 法 人 の 監 査 を 行 った 財 務 諸 表 が 含 まれる

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

38 様式第17号の3【付属明細表】

38 様式第17号の3【付属明細表】 様 式 第 十 七 号 の 三 ( 第 四 条 第 十 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 附 属 明 細 表 平 成 年 月 日 現 在 1 完 成 工 事 未 収 入 金 の 詳 細 相 手 先 別 内 訳 滞 留 状 況 相 手 先 金 額 発 生 時 完 成 工 事 未 収 入 金 当 期 上 分 前 期 以 前 上 分 2 短 期 貸 付 金 明 細 表 相 手 先 金 額 3 長 期 貸

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx)

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx) 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 昭 島 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 電 子 顕 微

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information