目 次 1. 趣 旨 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題..."

Transcription

1 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市

2 目 次 1. 趣 旨 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題 就 職 段 階 における 市 の 現 状 結 婚 段 階 における 市 の 現 状 子 育 て 段 階 における 市 の 現 状 現 状 を 踏 まえた 市 の 課 題 将 来 人 口 の 推 計 及 び 分 析 (1) 将 来 人 口 の 推 計 結 果 の 比 較 (2) 将 来 人 口 の 分 析 人 口 の 将 来 展 望 (1) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 (2) 将 来 人 口... 26

3 1. 趣 旨 木 更 津 市 人 口 ビジョン は まち ひと しごと 創 生 法 ( 平 成 26 年 法 律 第 136 号 ) 第 10 条 の 規 定 により 本 市 の 人 口 について 分 析 を 行 い 平 成 54(2042) 年 ( 市 制 施 行 100 周 年 )を 展 望 する 中 で 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 将 来 人 口 を 示 し 市 民 と 認 識 を 共 有 するも のです 1

4 2. 人 口 の 動 向 分 析 (1) 総 人 口 の 推 移 本 市 の 総 人 口 は 昭 和 60 年 からの 長 期 にわたり 12 万 人 台 前 半 で 推 移 してきましたが 東 京 湾 アクアライン 通 行 料 金 の 引 下 げや その 効 果 である 大 型 商 業 施 設 等 の 相 次 ぐ 出 店 土 地 区 画 整 理 事 業 に 伴 う 住 宅 地 整 備 の 進 展 などを 背 景 に 平 成 18 年 以 降 人 口 が 年 々 増 え 続 けてい ます 平 成 27 年 10 月 現 在 の 人 口 は 132,974 人 で 平 成 17 年 からの 約 10 年 間 で 人 口 が 8.8% 増 加 しています 図 表 図 表 県 内 では 平 成 22 年 から 平 成 27 年 にかけて 人 口 が 増 加 した 自 治 体 が 42 市 区 中 15 市 区 あり ますが 本 市 の 人 口 増 加 率 (4.8%)は 沿 線 開 発 が 進 む 流 山 市 (6.6% 増 ) 印 西 市 (5.1% 増 ) 千 葉 市 緑 区 (5.0% 増 )に 次 いで4 番 目 の 伸 びとなっています 各 年 1 月 1 日 常 住 人 口 図 表 総 人 口 の 推 移 出 典 : 木 更 津 市 統 計 書 ( 各 年 10 月 1 日 現 在 の 常 住 人 口 ) 2

5 図 表 総 人 口 の 推 移 ( 増 減 数 増 減 率 ) S S50-59 (1975) (1976) (1977) (1978) (1979) (1980) (1981) (1982) (1983) (1984) 増 加 数 ( 人 ) 増 加 率 (%) 実 数 ( 人 ) 96, , , , , , , , , ,137 増 加 数 ( 人 ) 3,292 2,280 2,208 3,445 2,646 3,352 2,430 1,219 1,425 22, 増 加 率 (%) S H 元 S60-H6 (1985) (1986) (1987) (1988) (1989) (1990) (1991) (1992) (1993) (1994) 増 加 数 ( 人 ) 増 加 率 (%) 実 数 ( 人 ) 120, , , , , , , , , ,510 増 加 数 ( 人 ) 1, , , , 増 加 率 (%) H H7-16 (1995) (1996) (1997) (1998) (1999) (2000) (2001) (2002) (2003) (2004) 増 加 数 ( 人 ) 増 加 率 (%) 実 数 ( 人 ) 123, , , , , , , , , ,807 増 加 数 ( 人 ) 2, , 増 加 率 (%) H H17-26 (2005) (2006) (2007) (2008) (2009) (2010) (2011) (2012) (2013) (2014) 増 加 数 ( 人 ) 増 加 率 (%) 実 数 ( 人 ) 122, , , , , , , , , ,979 増 加 数 ( 人 ) , , , 増 加 率 (%) 出 典 : 木 更 津 市 統 計 書 ( 各 年 10 月 1 日 現 在 の 常 住 人 口 ) 年 齢 3 区 分 別 に 見 た 人 口 構 成 によると 老 年 人 口 (65 歳 以 上 )の 割 合 が 平 成 17 年 4 月 1 日 の 18.1%( 県 内 市 部 平 均 16.0%)から 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 は 25.7%( 同 24.4%)へ と 高 まっており 県 内 市 部 の 中 では 平 均 をやや 上 回 る 水 準 となっています 一 方 生 産 年 齢 人 口 (15 歳 ~64 歳 )や 年 少 人 口 (0 歳 ~14 歳 )が 占 める 割 合 は 年 々 減 少 して おり このような 人 口 構 造 の 変 化 は 支 え 手 である 生 産 年 齢 人 口 の 扶 養 負 担 を 高 めるものとな っています 本 市 の 老 年 人 口 当 たりの 生 産 年 齢 人 口 の 規 模 を 見 ると 平 成 7 年 は 老 年 人 口 1 人 に 対 して 生 産 年 齢 人 口 が 6.1 人 であったのに 対 し 平 成 17 年 は 3.8 人 平 成 27 年 は 2.4 人 へ と 大 きく 減 少 しています 図 表 図 表

6 図 表 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 構 成 年 少 人 口 (0~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 平 成 27 年 平 成 26 年 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 平 成 21 年 平 成 20 年 平 成 19 年 平 成 18 年 平 成 17 年 平 成 16 年 平 成 15 年 平 成 14 年 平 成 13 年 平 成 12 年 平 成 11 年 平 成 10 年 平 成 9 年 平 成 8 年 平 成 7 年 平 成 6 年 平 成 5 年 平 成 4 年 平 成 3 年 % 20% 40% 60% 80% 100% 出 典 : 木 更 津 市 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 各 年 4 月 1 日 ) 図 表 老 年 人 口 1 人 当 たりの 生 産 年 齢 人 口 の 人 数 ( 人 ) 平 成 年 出 典 : 木 更 津 市 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 各 年 4 月 1 日 ) 4

7 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移 出 生 や 死 亡 ( 自 然 動 態 )の 推 移 については 高 齢 化 に 伴 い 各 年 の 死 亡 数 が 増 える 一 方 出 生 数 についてはほぼ 横 ばいが 続 いていることから 平 成 18 年 に 初 めて 自 然 減 ( 出 生 数 993 人 < 死 亡 数 1,031 人 )となっています 引 き 続 き 少 子 高 齢 化 が 進 行 すれば 自 然 動 態 の 減 少 幅 が 拡 大 することが 見 込 まれています 図 表 図 表 自 然 動 態 の 推 移 人 1,400 1,200 1, 自 然 増 減 出 生 死 亡 自 然 増 減 出 生 死 亡 H 元 508 1, H , H , H , H , H , H , H , H , H , H , H , H , H , H , H , H ,076 1,035 H ,031 H ,011 H ,025 1,140 H ,055 1,155 H ,134 1,062 H ,104 1,176 H ,135 1,200 H ,101 1,152 H ,023 1,233 出 典 : 木 更 津 市 住 民 基 本 台 帳 人 口 (1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 5

8 H 元 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移 転 入 や 転 出 ( 社 会 動 態 )の 推 移 については 転 入 数 については 概 ね 横 ばいであるのに 対 し 転 出 数 については 長 期 的 に 逓 減 傾 向 にありましたが 平 成 18 年 以 降 転 出 数 が 大 幅 に 減 少 し たことで( 転 出 数 : 平 成 17 年 6,429 人 平 成 18 年 5,439 人 ) 社 会 動 態 ( 転 入 数 - 転 出 数 ) としてもプラスに 転 じています このため 本 市 の 人 口 が 年 々 増 え 続 けている 要 因 としては 交 通 利 便 性 の 向 上 等 に 伴 う 転 出 抑 制 による 効 果 が 大 きいと 言 えます 図 表 図 表 社 会 動 態 の 推 移 人 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1, ,000 2, , , ,2761,319 1, 社 会 増 減 転 入 転 出 転 入 社 会 動 態 社 会 増 計 県 内 から 県 外 から その 他 計 県 内 へ 県 外 へ その 他 男 女 男 女 男 女 男 女 元 年 522 6,818 1,591 1,359 2,187 1, ,307 1,622 1,431 1,972 1, 年 253 6,406 1,543 1,266 2,064 1, ,098 1,594 1,449 1,776 1, 年 1,060 7,601 1,635 1,332 2,553 1, ,636 1,816 1,547 2,012 1, 年 321 7,051 1,525 1,268 2,360 1, ,661 1,755 1,575 1,932 1, 年 355 6,807 1,676 1,362 2,092 1, ,126 1,863 1,716 1,984 1, 年 580 6,400 1,609 1,311 2,003 1, ,017 1,925 1,750 1,952 1, 年 958 5,825 1,448 1,325 1,777 1, ,734 1,891 1,765 1,800 1, 年 684 6,033 1,581 1,322 1,794 1, ,720 1,783 1,588 1,859 1, 年 1,001 5,763 1,526 1,324 1,606 1, ,805 1,826 1,737 1,889 1, 年 246 6,228 1,603 1,382 1,843 1, ,493 1,859 1,506 1,734 1, 年 200 6,479 1,656 1,454 1,850 1, ,325 1,621 1,554 1,788 1, 年 4 6,384 1,599 1,452 1,689 1, ,445 1,653 1,548 1,821 1, 年 331 6,100 1,565 1,390 1,687 1, ,266 1,609 1,494 1,821 1, 年 60 6,117 1,641 1,442 1,700 1, ,271 1,724 1,459 1,680 1, 年 428 6,563 1,687 1,496 1,871 1, ,159 1,580 1,479 1,674 1, 年 37 5,986 1,575 1,383 1,652 1, ,048 1,416 1,373 1,757 1, 年 17 6,416 1,609 1,451 1,780 1, ,429 1,538 1,337 1,894 1, 年 838 6,361 1,708 1,499 1,779 1, ,439 1,367 1,256 1,475 1, 年 871 6,421 1,712 1,484 1,847 1, ,458 1,294 1,243 1,392 1, 年 1,276 6,332 1,540 1,408 1,953 1, ,106 1,292 1,089 1, 年 1,319 6,294 1,634 1,411 1,876 1, ,096 1,185 1,081 1, 年 1,022 6,307 1,645 1,503 1,758 1, ,196 1,187 1,066 1,313 1, 年 599 5,811 1,481 1,335 1,693 1, ,148 1,190 1,112 1, 年 651 5,716 1,601 1,331 1,596 1, ,130 1,224 1,110 1, 年 810 6,215 1,531 1,402 1,811 1, ,400 1,342 1,150 1,602 1, 年 929 6,034 1,538 1,286 1,774 1, ,143 1,332 1,173 1,446 1, 出 典 : 木 更 津 市 住 民 基 本 台 帳 人 口 (1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 6 転 出

9 0~4 歳 5~9 歳 10~14 歳 15~19 歳 20~24 歳 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 65~69 歳 70~74 歳 75~79 歳 80~84 歳 85~89 歳 90 歳 以 上 0~4 歳 5~9 歳 10~14 歳 15~19 歳 20~24 歳 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 65~69 歳 70~74 歳 75~79 歳 80~84 歳 85~89 歳 90 歳 以 上 男 女 別 5 歳 階 級 別 に 見 た 純 移 動 数 ( 転 入 者 数 - 転 出 者 数 )については 転 入 超 過 であっ た 平 成 26 年 時 点 では 男 女 ともに 20 代 後 半 に 転 入 数 転 出 数 の 山 があり その 差 ( 転 入 超 過 )が 大 きなプラスとなっています 図 表 図 表 歳 階 級 別 の 純 移 動 数 ( 平 成 26 年 ) 人 男 性 転 入 超 過 数 転 入 転 出 人 女 性 転 入 超 過 数 転 入 転 出 出 典 : 木 更 津 市 住 民 基 本 台 帳 人 口 (1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 7

10 転 入 元 転 出 先 については 隣 接 する 君 津 市 との 間 で 最 も 社 会 移 動 が 大 きく 平 成 26 年 時 点 では 転 入 超 過 (263 人 )となっています このほか 周 辺 自 治 体 の 中 では 袖 ケ 浦 市 千 葉 市 市 原 市 との 間 でわずかに 転 出 超 過 である 一 方 富 津 市 との 間 で 転 入 超 過 となっています 図 表 図 表 転 入 元 転 出 先 の 状 況 ( 平 成 26 年 ) 人 君 津 市 袖 ヶ 浦 市 富 津 市 千 葉 市 市 原 市 船 橋 市 安 房 3 市 千 葉 県 内 他 市 町 村 562 東 京 都 特 別 区 部 471 東 京 都 内 他 市 町 村 横 浜 市 川 崎 市 神 奈 川 県 内 他 市 町 村 転 入 転 出 転 入 - 転 出 出 典 : 木 更 津 市 住 民 基 本 台 帳 人 口 (1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 8

11 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題 市 民 のライフステージ(1 就 職 2 結 婚 3 子 育 て)を 踏 まえた 本 市 の 現 状 と 課 題 を 整 理 すると 次 の 通 りです 1 就 職 段 階 における 市 の 現 状 ア) 企 業 進 出 に 追 い 風 本 市 は 東 京 湾 アクアラインや 首 都 圏 中 央 連 絡 自 動 車 道 の 整 備 進 展 による 交 通 利 便 性 の 向 上 京 浜 地 区 と 比 較 した 地 価 の 相 対 的 安 さ 基 盤 整 備 がなされた 産 業 用 地 の 存 在 など 企 業 誘 致 を 行 う 上 での 強 みを 有 しています また 東 京 湾 アクアラインの 通 行 料 金 引 下 げは 本 市 の 企 業 活 動 に 与 える 影 響 も 大 きく これまで 商 業 施 設 等 の 相 次 ぐ 開 業 や 産 業 道 路 としての 活 用 促 進 につながってきました そして 市 内 の 農 林 水 産 業 に 関 しては 小 規 模 ながらも 多 様 性 を 強 みとしていますが 厳 しい 競 争 環 境 や 従 事 者 の 減 少 高 齢 化 や 後 継 者 不 足 などの 問 題 が 山 積 しています しかし 六 次 産 業 化 地 産 地 消 法 による 農 林 水 産 大 臣 の 認 定 を 受 ける 事 業 者 が 市 内 にもあ るなど 高 付 加 価 値 化 経 営 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 が 一 部 に 見 られます イ) 就 職 に 伴 う 転 出 傾 向 が 縮 小 国 勢 調 査 を 基 に 昭 和 55 年 以 降 の 転 入 数 転 出 数 の 推 移 を5 年 間 隔 でみると 男 女 ともに 15~19 歳 から 20~24 歳 になる5 年 の 間 に 大 幅 な 転 出 超 過 が 見 られます 学 校 卒 業 時 の 就 職 に 伴 う 転 出 が 主 な 理 由 と 見 られますが 交 通 利 便 性 の 向 上 等 によって その 傾 向 は 縮 小 方 向 にあります 図 表 図 表 図 表

12 図 表 男 性 の5 歳 階 級 別 の 純 移 動 数 の 推 移 ファミリー 世 代 の 流 入 が 拡 大 転 出 超 過 数 が 縮 小 出 典 : 総 務 省 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 図 表 女 性 の5 歳 階 級 別 の 純 移 動 数 の 推 移 ファミリー 世 代 の 流 入 が 拡 大 転 出 超 過 数 が 縮 小 出 典 : 総 務 省 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 10

13 ウ) 通 勤 は 流 出 超 過 通 学 は 流 入 超 過 平 成 22 年 国 勢 調 査 によると 15 歳 以 上 市 民 ( 就 業 者 )のうち 市 内 で 働 く 割 合 は 男 性 が 48% 女 性 が 66%であり 近 隣 市 と 比 べると 女 性 の 市 内 勤 務 割 合 が 高 い 状 況 があります 参 考 : 男 性 千 葉 県 (33%) 君 津 市 (59%) 富 津 市 (47%) 袖 ケ 浦 市 (41%) 女 性 千 葉 県 (50%) 君 津 市 (60%) 富 津 市 (60%) 袖 ケ 浦 市 (51%) 通 勤 者 の 流 出 入 状 況 を 見 ると 本 市 からの 流 出 傾 向 が 強 いのは 都 内 や 千 葉 市 アクアラ イン 対 岸 地 域 です( 東 京 都 区 部 2,502 人 市 原 市 2,458 人 千 葉 市 中 央 区 1,407 人 袖 ケ 浦 市 522 人 千 葉 市 美 浜 区 471 人 君 津 市 423 人 川 崎 市 351 人 など) 一 方 本 市 への 流 入 傾 向 が 強 いのは 富 津 市 や 県 南 部 が 挙 げられます( 富 津 市 964 人 南 房 総 市 238 人 館 山 市 211 人 鋸 南 町 119 人 鴨 川 市 100 人 など) 図 表 通 学 に 関 しては 通 勤 と 異 なり 周 辺 市 町 村 から 本 市 への 流 入 傾 向 が 強 く 見 られます( 市 への 流 入 数 - 市 からの 流 出 数 : 市 原 市 945 人 袖 ケ 浦 市 362 人 君 津 市 333 人 富 津 市 284 人 ) 図 表 歳 以 上 通 勤 通 学 状 況 ( 流 入 = 木 更 津 市 へ 流 出 = 木 更 津 市 から) 11 出 典 : 平 成 22 年 国 勢 調 査

14 2 結 婚 段 階 における 市 の 現 状 ア) 未 婚 化 / 晩 婚 化 の 進 行 本 市 の 生 涯 未 婚 率 (=50 歳 平 均 未 婚 率 )について 経 年 比 較 を 行 うと 男 性 は 平 成 2 年 5.9% 平 成 12 年 13.3% 平 成 22 年 22.7% 女 性 は 同 3.6% 4.1% 8.6%であり 確 実 に 生 涯 未 婚 率 が 高 まっています 特 に 男 性 は 県 平 均 と 比 べてもその 割 合 が 高 い 状 況 にあります 参 考 : 生 涯 未 婚 率 の 県 平 均 は 男 性 20.6% 女 性 9.7%( 平 成 22 年 時 点 ) また 年 代 別 に 未 婚 率 を 見 ると 平 成 2 年 から 平 成 12 年 にかけて 男 性 は 30 代 以 降 女 性 は 20 代 後 半 以 降 で 未 婚 率 が 高 まっていますが 平 成 12 年 から 平 成 22 年 にかけては 未 婚 率 が 上 昇 する 年 代 層 は 男 性 が 30 代 後 半 以 降 女 性 が 30 代 以 降 に 限 定 されています この ため 直 近 の 10 年 間 に 関 しては 30 代 前 半 までの 男 性 や 20 代 の 女 性 について 結 婚 行 動 に 大 きな 変 化 はないものの その 年 齢 を 過 ぎた 層 について 非 婚 化 や 晩 婚 化 の 傾 向 が 見 られます 図 表 図 表 年 代 別 未 婚 率 % 男 性 ~24 歳 生 涯 未 婚 率 (=50 歳 平 均 未 婚 率 ) 平 成 2 年 5.9% 平 成 12 年 13.3% 平 成 22 年 22.7% ~29 歳 ~34 歳 ~39 歳 ~44 歳 ~49 歳 ~54 歳 % 女 性 ~24 歳 生 涯 未 婚 率 (=50 歳 平 均 未 婚 率 ) 平 成 2 年 3.6% 平 成 12 年 4.1% 平 成 22 年 8.6% ~29 歳 ~34 歳 ~39 40~44 45~49 50~54 歳 歳 歳 歳 平 成 2 年 平 成 12 年 平 成 22 年 平 成 2 年 平 成 12 年 平 成 22 年 出 典 : 国 勢 調 査 注 : 未 婚 率 の 計 算 式 のうち 分 母 には 婚 姻 状 況 が 不 明 な 人 を 含 む イ) 出 会 いの 必 要 性 と 結 婚 に 対 する 経 済 的 不 安 感 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 を 基 に 未 婚 者 が 現 在 独 身 でいる 理 由 を 見 ると 上 位 3 項 目 が 出 会 い と 経 済 的 な 不 安 に 関 するものとなっています 第 1 位 現 在 つきあっている 人 がいない(41.5%) 第 2 位 異 性 と 出 会 う 機 会 がない(35.4%) 第 3 位 経 済 的 な 不 安 がある(33.8%) 12

15 このうち 異 性 と 出 会 う 機 会 がない と 考 えているのは 年 代 別 に 見 るとその 割 合 は 20 代 で 25% 30 代 と 40 代 で 50%と 開 きがあります 同 様 に 現 在 つきあっている 人 がいない 人 の 割 合 も 年 代 が 高 いほど 多 く 見 られます このため 30 代 以 降 の 非 婚 化 や 晩 婚 化 が 進 んだ 理 由 として 出 会 いの 場 が 不 足 し 交 際 に 至 らないことが 考 えられます 図 表 また 結 婚 に 対 し 経 済 的 な 不 安 がある 人 は 特 に 男 性 に 多 く( 男 性 43% 女 性 25%) 年 代 による 差 は 見 られませんでした 年 収 別 では 年 収 400 万 円 超 600 万 円 未 満 の 層 で 10% 未 満 にとどまる 一 方 400 万 円 未 満 の 年 収 層 では 経 済 的 な 不 安 を 感 じる 割 合 が 約 40% 見 られます 図 表 独 身 でいる 理 由 ( 未 婚 者 年 代 別 ) 複 数 回 答 現 在 つきあっている 人 がいない 異 性 と 出 会 う 機 会 がない 経 済 的 な 不 安 がある 結 婚 の 必 要 性 を 感 じていない 趣 味 や 遊 びを 優 先 したい 自 由 になるお 金 や 時 間 が 減 る まだ 年 齢 が 若 い 精 神 的 な 余 裕 がない 仕 事 に 集 中 したい 交 際 相 手 から 結 婚 の 話 がない 子 供 を 持 ちたいと 思 えない 親 の 介 護 を 抱 えている 今 の 交 際 相 手 との 結 婚 に 不 安 がある 現 在 婚 約 中 である % ~29 歳 (75 件 ) ~39 歳 (28 件 ) ~49 歳 (26 件 ) 7.1 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) 13

16 ウ) 結 婚 をきっかけとした 転 入 本 市 が 行 った 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 によると 本 市 に 住 み 始 めたきっかけは 既 婚 者 の 場 合 結 婚 にあわせて という 理 由 が 男 女 ともに 最 も 多 い 理 由 になっています 図 表 図 表 木 更 津 市 に 住 み 始 めたきっかけ 子 供 の 頃 からずっと 結 婚 にあわせて 自 分 や 配 偶 者 の 就 職 転 職 にあわせて 親 との 同 居 近 居 にあわせて 子 供 の 小 学 校 入 学 を 控 えて 自 分 や 配 偶 者 の 妊 娠 出 産 にあわせて 自 分 の 進 学 にあわせて その 他 理 由 による 住 宅 購 入 ( 持 ち 家 ) そのほか 住 宅 事 情 による 転 居 ( 賃 貸 ) % 男 性 未 婚 者 (65 件 ) 8.3 女 性 未 婚 者 (65 件 ) 男 性 既 婚 者 (87 件 ) 4.6 女 性 既 婚 者 (193 件 ) 2.6 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) 14

17 3 子 育 て 段 階 における 市 の 現 状 ア) 子 供 数 に 対 する 現 実 と 理 想 のギャップ 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 から 子 供 数 について 集 計 すると 既 婚 者 の 実 子 数 は 平 均 1.6 人 であるのに 対 し 理 想 の 子 供 数 は 2.3 人 と 0.7 人 相 当 のギャップが 生 じています イ) 合 計 特 殊 出 生 率 は 県 内 で 高 い 水 準 にあるが 前 年 より 低 下 本 市 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 平 成 22 年 からの4 年 間 全 国 や 千 葉 県 平 均 を 上 回 り 平 成 25 年 時 点 (1.52)では 県 内 自 治 体 の 中 で 最 も 高 い 値 となっていました 平 成 26 年 は 1.43 で 全 国 平 均 (1.42)と 水 準 が 近 く 県 内 自 治 体 の 中 では6 位 となっています 図 表 図 表 合 計 特 殊 出 生 率 = 出 産 可 能 年 齢 (15~49 歳 )の 女 性 に 限 定 し 年 齢 ごとの 出 生 率 を 足 し 合 わせ 一 人 の 女 性 が 生 涯 何 人 の 子 供 を 産 むのかを 推 計 したもの 図 表 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 ( 全 国 千 葉 県 木 更 津 市 ) 木 更 津 市 千 葉 県 全 国 平 成 年 出 典 : 千 葉 県 人 口 動 態 統 計 15

18 図 表 合 計 特 殊 出 生 率 の 都 市 間 比 較 ( 平 成 26 年 の 出 生 率 が 高 い 順 ) 25 年 26 年 全 国 県 計 位 館 山 市 位 君 津 市 位 流 山 市 位 四 街 道 市 位 南 房 総 市 位 木 更 津 市 位 成 田 市 位 い す み 市 位 旭 市 位 市 原 市 位 市 川 市 位 船 橋 市 位 八 千 代 市 位 富 里 市 位 匝 瑳 市 位 千 葉 市 位 習 志 野 市 位 鎌 ヶ 谷 市 位 横 芝 光 町 位 東 金 市 位 松 戸 市 位 印 西 市 位 柏 市 位 袖 ヶ 浦 市 位 茂 原 市 位 大 網 白 里 市 年 26 年 27 位 神 崎 町 位 長 生 村 位 白 井 市 位 野 田 市 位 大 多 喜 町 位 白 子 町 位 我 孫 子 市 位 一 宮 町 位 佐 倉 市 位 勝 浦 市 位 鴨 川 市 位 富 津 市 位 香 取 市 位 東 庄 町 位 睦 沢 町 位 銚 子 市 位 八 街 市 位 多 古 町 位 芝 山 町 位 山 武 市 位 浦 安 市 位 長 南 町 位 九 十 九 里 町 位 鋸 南 町 位 酒 々 井 町 位 栄 町 位 長 柄 町 位 御 宿 町 出 典 : 千 葉 県 人 口 動 態 統 計 ( 太 字 は 君 津 地 域 4 市 ) 16

19 ウ) 子 育 てに 対 する 経 済 的 不 安 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 を 基 に 現 在 子 供 のいない 人 が 子 供 を 生 み 育 てること に 不 安 を 感 じていることを 見 たところ 上 位 3 項 目 は 経 済 的 な 問 題 や 不 安 で 占 められて います 図 表 子 供 はいない 人 の 回 答 第 1 位 食 費 や 衣 服 など 子 育 て 費 用 がかかる(39.6%) 第 2 位 高 校 大 学 への 進 学 費 用 が 高 い(34.3%) 第 2 位 収 入 が 不 安 定 である(34.3%) 図 表 子 供 を 生 み 育 てることへの 不 安 や 問 題 ( 子 供 の 有 無 学 齢 別 ) 複 数 回 答 % 高 校 大 学 への 進 学 費 用 が 高 い 食 費 や 衣 服 など 子 育 て 費 用 がかかる 子 育 ての 精 神 的 肉 体 的 負 担 が 大 きい 収 入 が 不 安 定 である 自 分 にとって 仕 事 との 両 立 が 難 しい 近 くに 子 育 てを 助 けてくれる 人 がいない 自 分 の 年 齢 が 高 い 子 供 はいない(169 件 ) 3 歳 未 満 の 子 がいる(74 件 ) 3 歳 以 上 小 学 校 入 学 前 の 子 がいる(75 件 ) 小 学 生 の 子 がいる(60 件 ) 中 学 生 高 校 生 の 子 がいる(82 件 ) 大 学 生 等 や 社 会 人 の 子 がいる(44 件 ) 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) 17

20 エ) 地 域 で 助 け 合 える 環 境 の 必 要 性 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 において 既 婚 者 に 親 との 同 居 近 居 の 希 望 をたずねた ところ 自 分 の 親 と 近 くに 住 みたい 割 合 が 67.5% 配 偶 者 の 親 と 近 くに 住 みたい 割 合 が 37.9%で 特 に 近 居 に 対 するニーズの 強 さがうかがえます 近 くに 住 むことで 安 心 感 を 得 たり 子 育 てや 介 護 が 必 要 になった 場 合 にお 互 い 助 け 合 いがしやすい 環 境 が 住 まいを 選 ぶ 上 で 重 視 されています 図 表 一 方 同 調 査 から 既 婚 者 のうち 親 と 同 居 近 居 していない 人 にとっては 子 育 てする 上 で 近 くに 子 育 てを 助 けてくれる 人 がいない (54% 全 体 平 均 17%)という 点 が 最 大 の 懸 念 事 項 となっています 図 表 親 との 同 居 近 居 状 況 ( 既 婚 者 ) 複 数 回 答 % 自 分 の 親 と 同 居 したい 実 際 5.4 希 望 配 偶 者 の 親 と 同 居 したい 3.9 自 分 の 親 と 近 くに 住 みたい 配 偶 者 の 親 と 近 くに 住 みたい 親 とは 同 居 近 居 したくない 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) 18

21 4 現 状 を 踏 まえた 市 の 課 題 ア) 雇 用 維 持 拡 大 のための 企 業 誘 致 や 企 業 支 援 の 促 進 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 によると 市 民 が 本 市 に 住 んでいる 最 大 の 理 由 が 勤 務 先 への 通 いやすさ であり 同 様 に 木 更 津 市 社 会 移 動 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 )によ ると 引 越 しを 行 う 最 大 の 理 由 が 自 分 の 就 職 転 勤 転 職 であるという 結 果 が 示 されま した このため 勤 務 先 として 選 ばれる 企 業 を 市 内 に 増 やすことが 人 口 の 増 加 に 大 きな 貢 献 をも たらすものと 言 えます 現 在 本 市 では かずさアカデミアパーク 金 田 地 区 インターチェンジ 周 辺 地 区 におけ る 誘 致 活 動 の 強 化 ( 平 成 26 年 6 月 に 木 更 津 市 企 業 誘 致 方 針 を 制 定 )や 創 業 や 経 営 に 関 する 相 談 や 情 報 提 供 等 を 一 元 的 に 行 う 木 更 津 市 産 業 創 業 支 援 センター らづサポ の 設 置 ( 平 成 27 年 10 月 に 市 が 設 置 し 木 更 津 商 工 会 議 所 が 運 営 )など さらなる 企 業 誘 致 支 援 を 強 めているところです このため これらの 取 組 が 企 業 のニーズに 合 うよう 市 内 交 通 網 の 改 善 や 住 環 境 の 整 備 と 合 わせて 民 間 や 県 と 連 携 した 企 業 誘 致 支 援 体 制 を 拡 充 すること が 課 題 となっています また 市 内 の 農 林 水 産 業 は 競 争 環 境 の 中 での 差 別 化 や 安 定 した 所 得 を 確 保 することに よる 産 業 としての 持 続 可 能 性 を 維 持 するため 生 産 物 の 高 付 加 価 値 化 や 移 住 促 進 等 による 農 村 集 落 の 活 性 化 農 観 連 携 による 東 京 湾 アクアラインを 活 用 した 観 光 需 要 の 取 り 組 みが 課 題 となっています イ) 東 京 湾 アクアラインや 地 域 資 源 を 活 かした 交 流 促 進 広 域 交 通 ネットワークの 強 化 や 大 型 商 業 施 設 等 の 開 業 を 受 け より 多 くの 人 が より 気 軽 に 本 市 を 訪 れることが 可 能 になりました 1 度 訪 れれば 満 足 という 観 光 地 のあり 方 ではな く より 多 頻 度 に 人 々が 訪 れるようになることで 地 元 商 業 や 観 光 産 業 の 拡 大 など 地 域 経 済 への 波 及 や 雇 用 の 創 造 が 期 待 されています その 効 果 を 市 域 全 体 に 波 及 させるため 市 内 の 地 域 資 源 を 効 果 的 につなぎ 多 様 な 交 流 を 生 み 出 すこと そして 地 域 の 持 つ 様 々な 魅 力 をより 多 くの 人 に 伝 えることが 課 題 となってい ます また 2020 年 の 東 京 オリンピック 開 催 を 控 え 外 国 人 観 光 客 の 集 客 可 能 性 も 高 まっていま す このため 東 京 湾 を 活 かした 観 光 資 源 の 開 発 に 取 り 組 むことが 大 切 です ウ) 学 生 に 向 けた 本 市 の 魅 力 発 信 市 民 の 通 勤 通 学 状 況 を 見 ると 通 勤 に 関 しては 流 出 傾 向 が 強 い 一 方 通 学 に 関 しては 流 入 傾 向 が 強 いことが 分 かります このため 周 辺 自 治 体 から 本 市 に 通 学 する 学 生 にとって 本 市 についてもふるさとである 19

22 ことの 意 識 を 持 ってもらうこと そして 将 来 的 には 本 市 に 暮 らしてみたいと 思 う 人 が 増 える よう 本 市 の 歴 史 や 文 化 まちづくりに 関 わる 機 会 を 増 やすことなどが 課 題 となっています また 就 職 先 として 市 内 企 業 を 選 ぶ 学 生 が 増 えるよう 市 内 企 業 に 関 する 事 業 紹 介 や 就 労 体 験 等 を 通 じて 学 生 と 市 内 企 業 をつなぐ 機 会 を 増 やすことが 大 切 です エ) 結 婚 や 子 育 てに 対 する 経 済 的 不 安 の 軽 減 結 婚 や 子 育 てに 共 通 する 課 題 として 経 済 的 不 安 の 大 きさがあります 具 体 的 に 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 から 結 婚 に 対 する 不 安 を 見 ると 結 婚 後 の 世 帯 収 入 が 低 いこと や 挙 式 や 生 活 準 備 など 結 婚 費 用 がないこと については 20 代 を 中 心 に 男 女 共 通 の 懸 念 事 項 となっています 図 表 また 少 子 化 への 対 応 策 として 効 果 的 と 考 える 施 策 についても 経 済 的 負 担 の 軽 減 に 関 す る 項 目 である 子 供 の 健 診 や 医 療 費 にかかる 費 用 負 担 の 軽 減 が 第 1 位 妊 婦 健 診 や 分 娩 に かかる 費 用 負 担 の 軽 減 が 第 2 位 高 校 や 大 学 等 の 進 学 にかかる 費 用 の 軽 減 が 第 4 位 と それぞれ 上 位 にきています 図 表 このため 経 済 的 不 安 を 少 しでも 解 消 できるよう 安 定 的 な 所 得 を 確 保 するための 雇 用 環 境 の 改 善 や 妊 娠 出 産 子 育 てに 対 する 経 済 的 支 援 に 引 き 続 き 取 り 組 む 必 要 があります また 同 調 査 の 自 由 意 見 からは 不 妊 治 療 に 対 する 経 済 的 負 担 が 大 きいとの 意 見 も 見 られ 出 産 の 希 望 をかなえる 上 でも 治 療 費 助 成 に 対 するニーズも 高 まっています 図 表 結 婚 に 対 する 不 安 複 数 回 答 % 結 婚 後 の 世 帯 収 入 が 低 い 自 分 の 仕 事 が 多 忙 である 挙 式 や 生 活 準 備 など 結 婚 費 用 がない 自 分 の 実 家 から 離 れる 自 分 の 仕 事 を 続 けられない 可 能 性 自 分 の 年 齢 が 若 い 又 は 高 い 自 分 に 健 康 上 の 不 安 がある 相 手 の 年 齢 が 若 い 又 は 高 い その 他 わからない 男 性 未 婚 者 (65 件 ) 無 回 答 女 性 未 婚 者 (65 件 ) 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) 20

23 図 表 少 子 化 への 対 応 策 として 効 果 的 と 考 える 施 策 複 数 回 答 子 どもの 健 診 や 医 療 費 にかかる 費 用 負 担 の 軽 減 妊 婦 健 診 や 分 娩 にかかる 費 用 負 担 の 軽 減 保 育 所 の 増 設 高 校 や 大 学 等 の 進 学 にかかる 費 用 の 軽 減 保 育 時 間 延 長 や 夜 間 休 日 の 保 育 サービスの 充 実 産 婦 人 科 小 児 科 等 の 医 療 施 設 の 充 実 一 時 的 な 預 かり 保 育 の 拡 充 放 課 後 の 子 どもが 過 ごす 場 ( 学 童 保 育 等 )の 充 実 病 児 病 後 児 保 育 の 充 実 子 どもの 遊 び 場 の 充 実 安 価 で 良 質 な 住 宅 の 供 給 企 業 に 対 する 育 児 休 業 の 取 得 促 進 不 妊 治 療 に 対 する 支 援 子 育 てに 関 する 情 報 提 供 や 相 談 機 会 の 充 実 夫 の 家 事 育 児 参 加 の 促 進 支 援 塾 や 習 い 事 の 費 用 の 軽 減 地 域 住 民 が 子 育 てを 助 ける 仕 組 みづくり 子 育 てをする 親 同 士 の 交 流 機 会 の 充 実 男 女 の 出 会 いの 場 づくり 若 者 世 代 への 妊 娠 出 産 に 関 する 教 育 情 報 提 供 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) % オ)ニーズの 変 化 に 合 わせた 保 育 サービスの 提 供 前 項 の 調 査 結 果 では 少 子 化 への 対 応 策 として 効 果 的 と 考 える 施 策 として 保 育 所 の 増 設 や 保 育 時 間 延 長 や 夜 間 休 日 の 保 育 サービスの 充 実 の 項 目 が 上 位 に 挙 げられています 図 表 これに 対 し 本 市 の 保 育 環 境 に 関 して 大 きな 変 化 が 見 られたのは 保 育 所 入 所 待 機 児 童 数 の 急 増 です 平 成 26 年 時 点 の 待 機 児 童 数 が 7 人 であったのに 対 し 平 成 27 年 現 在 の 待 機 児 童 数 は 65 人 へと 急 増 しており この 背 景 として ファミリー 世 代 が 一 部 地 域 に 集 中 している ことの 影 響 がうかがえます このため 本 市 の 保 育 環 境 に 関 しては 質 の 確 保 とともに 人 口 動 態 の 変 化 に 合 わせて 量 も 確 保 することが 重 要 な 課 題 となっています 図 表 図 表 保 育 所 入 所 待 機 児 童 数 ( 人 ) 木 更 津 市 君 津 市 富 津 市 袖 ケ 浦 市 千 葉 市 市 原 市 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 平 成 26 年 平 成 27 年 出 典 : 千 葉 県 ( 各 年 4 月 1 日 ) 参 考 : 待 機 児 童 数 が 急 減 している 千 葉 市 については 新 規 園 の 設 置 や 既 存 園 の 定 員 増 加 のほか 入 所 不 承 諾 児 童 に 対 する 入 所 あっせん 調 整 などの 取 組 の 効 果 です 21

24 カ) 人 々をつなげる 仕 掛 けづくり 実 家 の 近 くに 住 むことのニーズが 高 いことから Uターン 促 進 のための 情 報 発 信 や 街 な か 居 住 促 進 等 によるファミリー 世 代 の 転 入 のきっかけ 作 り 高 速 バスターミナルの 整 備 充 実 等 による 通 勤 環 境 の 改 善 などが 課 題 となっています 一 方 子 育 てを 助 けてくれる 人 が 近 くにいない 人 にとって 子 育 てする 上 での 不 安 や 困 り ごとが 解 消 できるよう 妊 婦 や 親 子 の 交 流 促 進 や 相 談 機 会 の 周 知 など 孤 立 した 子 育 てと ならないよう 地 域 で 支 える 子 育 て 環 境 の 整 備 が 求 められます キ) 本 市 の 魅 力 を 活 かした 生 活 環 境 の 整 備 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 から 本 市 が 住 みやすいと 思 う 割 合 を 見 ると 3 歳 未 満 の 子 がいる 人 で 88% 3 歳 以 上 小 学 校 入 学 前 の 子 がいる 人 で 81% 小 学 生 の 子 がいる 人 で 84%( 全 体 平 均 79%)と 住 みやすさに 対 しては 高 く 評 価 されています この 住 みやすさにつながる 要 因 として 同 調 査 から 子 育 て 面 で 重 視 する 住 環 境 に 対 する 意 見 を 見 ると 治 安 が 良 い 医 療 費 補 助 など 公 的 支 援 が 充 実 している 自 然 豊 かな 環 境 である という 点 が 上 位 に 挙 げられているほか 3 歳 未 満 の 子 がいる 人 にとっては 産 婦 人 科 や 小 児 医 療 施 設 が 充 実 している こと 小 学 校 入 学 前 の 子 がいる 人 にとっては 子 育 て 世 代 が 多 いこと も 重 要 な 要 因 であることが 分 かります 図 表 このため 地 域 の 安 全 を 守 るための 体 制 整 備 盤 洲 干 潟 をはじめとする 自 然 環 境 の 保 全 な ど 本 市 の 強 みを 活 かしたまちづくりの 展 開 が 求 められています また 急 速 な 高 齢 化 に 対 応 するためには ファミリー 世 代 にとって 暮 らしやすいだけでは なく 健 康 寿 命 を 延 伸 することも 大 きな 課 題 となっています 22

25 図 表 子 育 ての 面 で 重 視 する 住 環 境 複 数 回 答 治 安 が 良 い 医 療 費 補 助 など 公 的 支 援 が 充 実 している 自 然 豊 かな 環 境 である 公 園 など 子 供 の 遊 び 場 が 多 い 地 域 で 子 育 てを 支 援 する 仕 組 みがある 産 婦 人 科 や 小 児 医 療 施 設 が 充 実 している 子 育 て 世 帯 が 多 い 放 課 後 に 子 供 たちが 過 ごせる 場 所 がある 希 望 する 保 育 所 に 入 りやすい 高 校 に 通 いやすい 公 立 小 中 学 校 の 学 力 レベルが 高 い 広 い 住 宅 に 住 める 習 い 事 や 塾 などに 通 いやすい % 歳 未 満 の 子 がいる(74 件 ) 3 歳 以 上 小 学 校 入 学 前 の 子 がいる(75 件 ) 小 学 生 の 子 がいる(107 件 ) 出 典 : 木 更 津 市 結 婚 出 産 に 関 する 意 識 調 査 ( 平 成 27 年 ) 23

26 3. 将 来 人 口 の 推 計 及 び 分 析 (1) 将 来 人 口 の 推 計 結 果 の 比 較 本 市 の 将 来 人 口 については 次 の3パターンを 示 します 図 表 パターン1は 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 推 計 に 準 拠 したものです 平 成 22 年 を 基 準 年 とし 平 成 27 年 頃 には 人 口 減 少 すると 予 測 しています( 実 際 は 2.9%の 人 口 増 ) パターン2は 基 本 構 想 (H26.3 改 訂 )の 人 口 見 込 みです 将 来 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 平 成 23 年 の 本 市 の 出 生 率 1.47 に 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 将 来 出 生 率 ( 低 位 推 計 )の 対 前 年 度 伸 び 率 を 乗 じたものを 用 いています 移 動 率 は 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 高 い 移 動 率 が 10 年 間 継 続 すると 仮 定 しています パターン3は パターン2を 基 に 国 の 長 期 ビジョンにおける 合 計 特 殊 出 生 率 の 仮 定 値 平 成 42(2030) 年 に 1.8 平 成 52(2040) 年 には 2.07 程 度 まで 上 昇 に 設 定 したものです 図 表 将 来 人 口 パターン1: 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 推 計 準 拠 パターン2: 基 本 構 想 (H26.3 改 訂 )の 人 口 見 込 み パターン3: 独 自 推 計 (パターン2の 時 点 修 正 + 国 の 仮 定 した 出 生 率 ) 2010 年 2015 年 2020 年 2025 年 2030 年 2035 年 2040 年 2042 年 H22 H27 H32 H37 H42 H47 H52 H54 実 数 ( 人 ) 129, , , , , , ,874 - 増 減 率 (%) 対 H22 年 指 数 実 数 ( 人 ) 129, , , , , , , ,933 増 減 率 (%) 対 H22 年 指 数 実 数 ( 人 ) 129, , , , , , , ,263 増 減 率 (%) 対 H22 年 指 数 出 典 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 1 月 推 計 ) 注 1) 全 パターン H22 は 国 勢 調 査 の 値 パターン3の H27 は 住 民 基 本 台 帳 人 口 (1 月 1 日 )の 値 2)パターン1 2は H27 以 降 パターン3は H32 以 降 が 推 計 及 び 見 込 24

27 (2) 将 来 人 口 の 分 析 パターン2では 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 高 い 移 動 率 が 10 年 間 継 続 すると 仮 定 した 結 果 平 成 38 年 をピークに 減 少 に 転 じると 見 込 んでいます パターン3では パターン2を 基 に 合 計 特 殊 出 生 率 を 国 の 仮 定 値 に 合 わせる 政 策 的 な 要 因 を 加 味 した 結 果 平 成 52 年 まで 人 口 減 少 を 抑 制 できると 見 込 まれています このことから 将 来 における 人 口 減 少 を 阻 止 するためには 社 会 増 加 の 継 続 と 自 然 増 加 への 転 換 を 並 行 的 に 実 現 させる 必 要 があります このうち 社 会 増 加 に 関 しては これまで 転 出 抑 制 が 大 きく 寄 与 してきましたが 交 通 体 系 や 商 業 環 境 について 利 便 性 の 向 上 が 進 んでいることから 新 たな 転 入 を 促 進 する 余 地 は 大 きいと 考 えます 25

28 4. 人 口 の 将 来 展 望 (1) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 東 京 湾 アクアラインにより 東 京 都 心 に 近 接 し 優 れた 交 通 機 能 や 居 住 機 能 商 業 教 育 文 化 等 の 都 市 機 能 がバランス 良 く 展 開 する 一 方 豊 かな 自 然 環 境 や 里 海 里 山 と 共 生 するこ とのできる 本 市 が 有 する 強 みや 多 様 性 地 域 資 源 を 活 かした 施 策 を 展 開 するとともに 多 様 なライフスタイルを 実 現 できるまちとして 訴 求 力 のある 情 報 発 信 を 行 い また 国 の 政 策 に 呼 応 することにより 人 口 増 加 のトレンドの 維 持 をめざします そのため 地 方 創 生 に 向 けたまちづくりを 進 めるため 次 の3 点 を 重 点 項 目 とします 1 若 い 世 代 が 安 心 して 子 育 てできる 環 境 を 充 実 させ 出 生 率 を 更 に 高 めます 2 雇 用 の 創 出 と 通 勤 通 学 や 生 活 の 利 便 性 を 高 め 若 い 世 代 の 転 出 を 抑 制 します 3 東 京 に 近 接 しながら 豊 かな 自 然 と 共 生 できる 本 市 の 強 みを 活 かした 移 住 定 住 の 促 進 をします (2) 将 来 人 口 人 口 ビジョンで 見 通 す 将 来 人 口 は 前 項 の3 点 の 重 点 項 目 を 達 成 し かつ 将 来 の 合 計 特 殊 出 生 率 が 国 の 仮 定 値 となるよう 平 成 42 年 に 1.8 平 成 52 年 に 2.07 へと 上 昇 することを 前 提 にした 将 来 人 口 を 用 います この 結 果 市 制 施 行 100 周 年 にあたる 平 成 54 年 には パターン3で 示 した 14 万 5 千 人 程 度 の 総 人 口 が 推 計 されます 26

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

千 葉 市 銚 子 市 市 川 市 船 橋 市 館 山 市 木 更 津 市 松 戸 市 野 田 市 香 取 市 茂 原 市 成 田 市 佐 倉 市 東 金 市 匝 瑳 市 旭 市 習 志 野 市 柏 市 勝 浦 市 市 原 市 流 山 市 八 千 代 市 我 孫 子 市 鴨 川 市 鎌 ヶ 谷 市

千 葉 市 銚 子 市 市 川 市 船 橋 市 館 山 市 木 更 津 市 松 戸 市 野 田 市 香 取 市 茂 原 市 成 田 市 佐 倉 市 東 金 市 匝 瑳 市 旭 市 習 志 野 市 柏 市 勝 浦 市 市 原 市 流 山 市 八 千 代 市 我 孫 子 市 鴨 川 市 鎌 ヶ 谷 市 保 険 財 政 安 定 化 事 業 試 算 1 円 以 上 [ 所 得 順 ] 資 料 3-1 1 実 績 割 + 被 保 割 2 実 績 割 + 所 得 割 10+ 被 保 割 40 3 割 10+ 被 保 割 4 実 績 割 + 所 得 割 20+ 被 保 割 30 5 割 20+ 被 保 割 40 6 割 20+ 被 保 割 拠 出 額 合 計 7 割 30+ 被 保 割 30 8 割 30+

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

H28 地価公示結果1(黒)

H28 地価公示結果1(黒) 平 成 28 年 に 基 づく 地 価 動 向 について 千 葉 県 県 土 整 備 部 用 地 課 第 1 制 度 の 概 要 1 の 目 的 は 法 第 2 条 の 規 定 により 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 毎 年 1 回 標 準 地 の 正 常 な 価 格 を 調 査 し その 結 果 を 公 示 するものである この と 都 道 府 県 知 事 が 行 う 地 価

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

Microsoft Word - 0907施設あて通知.doc

Microsoft Word - 0907施設あて通知.doc 健 指 第 1568 号 平 成 21 年 9 月 7 日 各 社 会 福 祉 施 設 等 の 管 理 者 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 県 内 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 における 新 型 インフルエンザへの 対 応 に ついて このことについては 近 時 の 患 者 発 生 数 の 拡 大 状 況 新 型 インフルエンザの 症 状 社 会 福 祉 施 設

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

花巻市の現状

花巻市の現状 人 口 減 少 対 策 に 関 する 中 間 報 告 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 平 成 26 年 12 月 5 日 一 部 修 正 ) 花 巻 市 人 口 減 少 対 策 ワーキンググループ 1 目 次 1-1 本 市 人 口 の 現 状 と 将 来 推 計 3 1-2 自 然 減 の 状 況 ~ 出 生 率 の 低 迷 ~ 11 1-3 社 会 減 の 状 況 ~ 進 学 就 職

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

まち ひと しごと創生 東庄町総合戦略 案 平成 28 年 3 月 東 庄 町 目 次 第 1 章 東 庄 町 総 合 戦 略 について...1 (1) 総 合 戦 略 策 定 の 背 景...1 (2) 計 画 期 間...1 (3) 人 口 ビジョンとの 関 係...1 (4) 第 5 次 総 合 計 画 との 整 合 性 の 確 保...2 (5) 東 庄 町 における 方 向 性...2

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン 伊 勢 原 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 伊 勢 原 市 目 次 1. 伊 勢 原 市 人 口 ビジョンの 策 定 にあたって 1 1-1. 人 口 ビジョンの 基 本 的 な 考 え 方 1 1-2. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 2 1-3. 人 口 ビジョンの 全 体 構 成 2 2. 人 口 の 現 状 分 析 3 2-1. 人 口 構 造 人 口 動 向 等 の

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ. 笠

目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ. 笠 笠 岡 市 人 口 ビジョン ( 未 定 稿 ) 平 成 27 年 6 月 22 日 岡 山 県 笠 岡 市 目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ.

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の パブリックコメント 本 庄 市 人 口 ビジョン ( 案 ) 平 成 28 年 3 月 本 庄 市 目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

65

65 第 二 章 総 合 戦 略 つつじが 岡 公 園 64 65 Ⅰ 基 本 方 針 66 1 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 国 の 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方 や 政 策 5 原 則 等 を 踏 まえ 本 市 における 人 口 減 少 と 地 域 経 済 縮 小 の 克 服 まち ひと しごとの 創 生 と 好 循 環 の 確 立 を 目 指 します 国 の 総 合 戦 略

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

人 口 減 少 問 題 対 策 に 関 する 提 言 書 平 成 27 年 1 月 羽 生 市 人 口 減 少 問 題 対 策 プロジェクトチーム 目 次 1. 提 言 書 とりまとめの 目 的 1 2. 提 言 書 の 位 置 づけ 1 3. 本 市 人 口 の 現 状 1 4.アンケート 結 果 の 分 析 と 取 り 組 みの 方 向 性 4 5. 人 口 減 少 対 策 施 策 事 業 提

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

<4D F736F F D2091E682518FCD F5A91EE81458F5A8AC28BAB82CC8FF38BB52E646F63>

<4D F736F F D2091E682518FCD F5A91EE81458F5A8AC28BAB82CC8FF38BB52E646F63> 第 2 章 豊 中 市 の 住 宅 住 環 境 をとりまく 現 状 1 住 宅 住 環 境 の 状 況 1-1 人 口 世 帯 の 状 況 (1) 人 口 世 帯 数 人 口 は 今 後 減 少 傾 向 が 見 込 まれている 世 帯 数 は 緩 やかな 増 加 傾 向 がまだ 続 いているが 世 帯 の 小 規 模 化 が 進 行 している 人 口 は 昭 和 60 年 をピークに 漸 減 または

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0 平 成 28 年 2 月 29 日 第 3 回 倉 吉 市 議 会 定 例 会 議 案 提 案 理 由 説 明 倉 吉 市 長 議 案 の 説 明 に 先 立 ちまして 一 言 所 見 を 述 べさせていただきます 我 が 国 の 状 況 を 見 ますと 中 国 の 景 気 減 速 原 油 安 などの 影 響 で 国 内 でも 年 明 けから 円 高 や 株 安 が 続 き 日 本 銀 行 が 初

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73>

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73> 佐 賀 県 全 域 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) 佐 賀 県 佐 賀 市 唐 津 市 鳥 栖 市 多 久 市 伊 万 里 市 武 雄 市 鹿 島 市 小 城 市 嬉 野 市 神 埼 市 みやき 町 基 山 町 有 田 町 上 峰 町 大 町 町 江 北 町 白 石 町 太 良 町 佐 賀 県 住 宅 行 政 連 絡 協 議 会 ( 地 域 住 宅 協 議 会 ) 平 成 27

More information

01 表紙

01 表紙 2013( 平 成 25 年 ) ~ 千 葉 県 の 住 宅 事 情 と 住 宅 施 策 ~ 県 営 住 宅 建 設 工 事 ( 海 神 第 3 期 建 設 工 事 ) 第 3 期 建 替 前 第 3 期 完 成 外 装 改 修 工 事 ( 成 田 第 二 県 営 住 宅 ) 改 修 前 改 修 後 1 屋 上 断 熱 防 水 改 修 工 事 ( 西 五 所 県 営 住 宅 ) 改 修 前 改 修

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

遊 佐 町 若 者 定 住 住 宅 整 備 計 画 ( 仮 称 ) 町 営 若 者 夫 婦 向 け ア パ ー ト 平 成 27 年 1 月 遊 佐 町 地 域 生 活 課 1 事 業 の 位 置 付 け 平 成 25 年 1 月 策 定 遊 佐 町 定 住 促 進 計 画 における 住 宅 施 策 の 充 実 - 住 宅 取 得 等 支 援 の 重 点 施 策 として 事 業 を 実 施 します

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

Microsoft Word - LN01-1表紙

Microsoft Word - LN01-1表紙 知 っていますか? 国 民 年 金 って 実 は 納 めた 額 以 上 に 受 け 取 れます 老 後 も 万 一 のときも サポートします コンビニ インターネット からでも 納 付 できます 保 険 料 をまとめて 支 払 う と 割 引 があります 国 民 年 金 は あなたとみんなの 未 来 をつなぐ 大 切 な きずな です 支 え 合 って 将 来 にもっと 確 かな 安 心 を 厚 生

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画 秋 田 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 後 期 分 ) はじめに 平 成 15 年 7 月 に 次 世 代 育 成 対 策 推 進 法 が 成 立 し 急 速 な 少 子 化 の 進 行 と 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 対 応 するため 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 など 社 会 を 挙 げて 次 代 を 担 う 子 供

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 28 年 8 月 改 訂 京 都 市 教 育 委 員 会 ( 府 費 負 担 教 職 員, 高 等 学 校 幼 稚 園 教 員, 事 務 担 当 職 員 用 ) 目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

<8265826F8ED089EF95DB8CAF312E786C73>

<8265826F8ED089EF95DB8CAF312E786C73> FPデータ 集 平 成 20 年 10 月 作 成 A2 健 康 保 険 ( 医 療 保 険 ) 被 用 者 とその 被 扶 養 者 民 間 企 業 に 勤 める 人 公 務 員 私 立 学 校 の 教 職 員 など 自 営 業 者 退 職 者 などの 地 域 住 民 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 ( 協 会 けんぽ) 1 健 康 保 険 組 合 2 船 員 保 険 国 家

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A> 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 様 全 国 老 施 協 発 第 1736 号 平 成 27 年 12 月 15 日 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 福 祉 施 設 協 議 会 会 長 石 川 憲 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 資 する 介 護 離 職 ゼロ 施 策 について( 要 望 ) 政 府 では 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 け 新 三 本 の

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

- 1 -

- 1 - 子 どもと 子 育 てに 関 する 調 査 結 果 報 告 書 平 成 21 年 3 月 青 森 県 子 育 て 支 援 政 策 形 成 リサーチ 事 業 検 討 委 員 会 青 森 県 - 1 - 目 次 調 査 結 果 のまとめ まとめ1 調 査 概 要 1 調 査 結 果 回 答 者 のプロフィール 3 理 想 の 子 ども 数 予 定 の 子 ども 数 について 22 子 ども 数 の 減

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information