普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)

Size: px
Start display at page:

Download "普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)"

Transcription

1

2 2

3 1

4 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 2

5 Ⅵ Ⅶ 3

6 4

7 5

8 6 6

9 7 7

10 Ⅰ Ⅰ 8

11 Ⅱ Ⅱ 9

12 10

13 11 11 Ⅱ

14 12

15 13 13 Ⅱ

16 14

17 Ⅱ 15

18 16 16

19 17 17 Ⅱ

20 18

21 Ⅱ 19

22 Ⅲ 20

23 Ⅲ 21

24 22

25 Ⅲ 23

26 24

27 Ⅲ 25

28 26

29 Ⅲ 27

30 28 28

31 Ⅲ 29

32 30

33 31 31 Ⅲ

34 32

35 Ⅳ 33 Ⅳ

36 34 34

37 35 Ⅳ

38 36 36

39 37 37 Ⅳ

40 Ⅴ 38

41 Ⅴ 39

42

43 Ⅵ 41

44 42 Ⅶ Ⅶ

45 (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 故 によって 保 険 の 対 象 について 生 じた 損 害 ( 注 1) に 対 して この 約 款 に 従 い 損 害 保 険 金 を 支 払 います 1 火 災 2 落 雷 3 破 裂 または 爆 発 ( 注 2) ( 注 1) 損 害 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 置 によって 保 険 の 対 象 について 生 じた 損 害 を 含 みます 以 下 同 様 とします ( 注 2) 破 裂 または 爆 発 気 体 または 蒸 気 の 急 激 な 膨 張 を 伴 う 破 壊 またはその 現 象 を いいます 以 下 この 条 において 同 様 とします (2) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 故 によって 保 険 の 対 象 ( 注 1) が 損 害 を 受 け その 損 害 の 額 が20 万 円 以 上 となった 場 合 には その 損 害 に 対 して この 約 款 に 従 い 損 害 保 険 金 を 支 払 ( 注 2) います この 場 合 において 損 害 の 額 の 認 定 は 敷 地 内 ごとに 保 険 の 対 象 のすべてについて 一 括 して 行 うものとし 別 表 1に 掲 げる 物 の 損 害 の 額 は 除 きます ( 注 3) 1 風 災 ひょう 2 雹 災 ( 注 4) 3 雪 災 ( 注 1) 損 害 ひょう じ ん 雨 雪 雹 または 砂 塵 の 吹 込 みによって 生 じた 損 害 につい ては 建 物 またはその 開 口 部 が1から3までの 事 故 によっ て 直 接 破 損 したために 生 じた 場 合 に 限 ります 以 下 (2) において 同 様 とします なお 建 物 とは 土 地 に 定 着 し 屋 根 および 柱 または 壁 を 有 するものをいい 屋 外 設 備 装 置 を 除 きます 以 下 同 様 とします ( 注 2) 敷 地 内 特 別 の 約 定 がないかぎり 囲 いの 有 無 を 問 わず 保 険 の 対 象 の 所 在 する 場 所 およびこれに 連 続 した 土 地 で 同 一 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 によって 占 有 されているものをいい ます また 公 道 河 川 等 が 介 在 していても 敷 地 内 は 中 断 されることなく これを 連 続 した 土 地 とみなします 以 下 同 様 とします ( 注 3) 風 災 台 風 旋 風 暴 風 暴 風 雨 等 をいい 洪 水 高 潮 等 を 除 き ます ( 注 4) 雪 災 な だ れ 豪 雪 雪 崩 等 をいい 融 雪 洪 水 を 除 きます (3) 当 会 社 は (1)または(2)の 損 害 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において それぞれの 事 故 によって 保 険 の 対 象 が 損 害 を 受 け たため 臨 時 に 生 ずる 費 用 に 対 して この 約 款 に 従 い 臨 時 費 用 保 険 金 を 支 払 います (4) 当 会 社 は (1)または(2)の 損 害 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において それぞれの 事 故 によって 損 害 を 受 けた 保 険 の 対 象 の 残 存 物 の 取 片 づけに 必 要 な 費 用 に 対 して この 約 款 に 従 い 残 存 物 取 片 づけ 費 用 保 険 金 を 支 払 います 残 存 物 の 取 片 づけに 必 要 な 費 用 43

46 取 りこわし 費 用 取 片 づけ 清 掃 費 用 および 搬 出 費 用 をいいま す 以 下 残 存 物 取 片 づけ 費 用 といいます (5) 当 会 社 は 次 に 掲 げる1の 事 故 によって2の 損 害 が 生 じた 場 合 には それによって 生 ずる 見 舞 金 等 の 費 用 に 対 して この 約 款 に 従 い 失 火 見 舞 費 用 保 険 金 を 支 払 います 1 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 から 発 生 した ( 注 1) 火 災 破 裂 または 爆 発 ただし 第 三 者 の 所 有 物 で 被 ( 注 2) 保 険 者 以 外 の 者 が 占 有 する 部 分 から 発 生 した 火 災 破 裂 または 爆 発 による 場 合 を 除 きます ( 注 3) 2 第 三 者 の 所 有 物 の 滅 失 損 傷 または 汚 損 ただし 煙 損 害 または 臭 気 付 着 の 損 害 を 除 きます ( 注 1) 第 三 者 保 険 契 約 者 と 被 保 険 者 が 異 なる 保 険 契 約 の 場 合 の 保 険 契 約 者 を 含 み 被 保 険 者 と 生 計 を 共 にする 同 居 の 親 族 を 除 きま す 以 下 2において 同 様 とします ( 注 2) 被 保 険 者 以 外 の 者 が 占 有 する 部 分 区 分 所 有 建 物 の 共 用 部 分 を 含 みます ( 注 3) 第 三 者 の 所 有 物 動 産 については その 所 有 者 によって 現 に 占 有 されている 物 で その 者 の 占 有 する 場 所 にあるものに 限 ります (6) 当 会 社 は 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 を 直 接 または 間 接 の 原 因 とする 火 災 によって 保 険 の 対 象 である 建 物 屋 外 設 備 装 置 または 建 物 もしくは 屋 外 設 備 装 置 内 収 容 の 保 険 の 対 象 である 動 産 が 損 害 を 受 け その 損 害 の 状 況 が 次 に 該 当 する 場 合 ( 注 1) には それによって 臨 時 に 生 ずる 費 用 に 対 して この 約 款 に 従 い 地 震 火 災 費 用 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 において 損 害 の 状 況 の 認 定 は 保 険 の 対 象 が 建 物 であるとき はその 建 物 ごとに 保 険 の 対 象 が 屋 外 設 備 装 置 ( 注 2) である ときは1 基 ( 注 3) ごとに 保 険 の 対 象 が 動 産 であるときはこれ を 収 容 する 建 物 またはこれを 収 容 する 屋 外 設 備 装 置 1 基 ごと に それぞれ 行 い また 門 塀 または 垣 が 保 険 の 対 象 に 含 ま れるときは これらが 付 属 する 建 物 の 損 害 の 状 況 の 認 定 による ものとします 1 保 険 の 対 象 が 建 物 である 場 合 には その 建 物 が 半 焼 以 上 と なったとき ( 注 4) 2 保 険 の 対 象 が 屋 外 設 備 装 置 である 場 合 には 火 災 による 損 害 の 額 が その 屋 外 設 備 装 置 の 時 価 額 の50% 以 上 となっ たとき 3 保 険 の 対 象 が 家 財 である 場 合 には その 家 財 を 収 容 する 建 物 が 半 焼 以 上 となったとき その 家 財 を 収 容 する 屋 外 設 備 装 置 の 火 災 による 損 害 の 額 が その 屋 外 設 備 装 置 の 時 価 額 の50% 以 上 となったときまたは 建 物 に 収 容 されるすべての 家 財 ( 注 5) が 保 険 の 対 象 である 場 合 には その 家 財 が 全 焼 と なったとき ( 注 6) 4 保 険 の 対 象 が 家 財 以 外 の 動 産 である 場 合 には その 動 産 を 収 容 する 建 物 が 半 焼 以 上 となったときまたはその 動 産 を 収 容 する 屋 外 設 備 装 置 の 火 災 による 損 害 の 額 が その 屋 外 設 備 装 置 の 時 価 額 の50% 以 上 となったとき ( 注 1) 次 に 該 当 する 場 合 1から4までに 該 当 する 場 合 においては 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )(2)2の 規 定 は 適 用 しません ( 注 2) 屋 外 設 備 装 置 門 塀 および 垣 を 除 きます 以 下 (6)において 同 様 とし ます ( 注 3)1 基 主 体 となる 屋 外 設 備 装 置 およびこれと 機 能 上 分 離 できな い 関 連 付 属 の 屋 外 設 備 装 置 については これらの 全 体 を 44

47 1 基 とみなします 以 下 (6)において 同 様 とします ( 注 4) 建 物 が 半 焼 以 上 となったとき 建 物 の 主 要 構 造 部 の 火 災 による 損 害 の 額 が その 建 物 の 時 価 額 の20% 以 上 となった 場 合 または 建 物 の 焼 失 した 部 分 の 床 面 積 のその 建 物 の 延 べ 床 面 積 に 対 する 割 合 が20% 以 上 となった 場 合 をいいます 以 下 3および4において 同 様 と します なお 時 価 額 とは 損 害 が 生 じた 地 および 時 に おける 保 険 の 対 象 の 価 額 をいいます 以 下 同 様 とします ( 注 5) 家 財 第 3 条 ( 保 険 の 対 象 の 範 囲 )(2)4に 掲 げる 物 は 含 みま せん 以 下 3において 同 様 とします ( 注 6) 家 財 が 全 焼 となったとき 家 財 の 火 災 による 損 害 の 額 が その 家 財 の 時 価 額 の80% 以 上 となった 場 合 をいいます (7) 当 会 社 は (1)の 事 故 によって 保 険 の 対 象 に 損 害 が 生 じた 結 果 その 保 険 の 対 象 の 復 旧 にあたり 次 のいずれかに 該 当 する 費 用 ( 注 1) が 発 生 した 場 合 は その 費 用 のうち 当 会 社 の 承 認 を 得 て 支 出 した 必 要 かつ 有 益 な 費 用 ( 以 下 修 理 付 帯 費 用 とい います )に 対 して この 約 款 に 従 い 修 理 付 帯 費 用 保 険 金 を 支 払 います 1 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 を 復 旧 するために 要 するその 損 害 の 原 因 の 調 査 費 用 ( 注 2) 2 保 険 の 対 象 に 生 じた 損 害 の 範 囲 を 確 定 するために 要 する 調 査 費 用 ただし 保 険 の 対 象 に 損 害 が 生 じた 時 からその 保 険 の 対 象 の 復 旧 完 了 までの 期 間 ( 注 3) を 超 える 期 間 に 対 応 する 費 用 を 除 きます 3 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 である 設 備 または 装 置 を 再 稼 働 す るために 要 する 保 険 の 対 象 の 点 検 費 用 調 整 費 用 または 試 運 転 費 用 ただし 副 資 材 または 触 媒 の 費 用 を 除 きます 4 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 の 仮 修 理 の 費 用 ただし 本 修 理 の 一 部 をなすと 認 められる 部 分 の 費 用 および 仮 修 理 のために 取 得 した 物 の 保 険 の 対 象 の 復 旧 完 了 時 における 価 額 を 除 きま す 5 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 の 代 替 として 使 用 する 物 の 賃 借 費 用 ( 注 4) ただし 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 をその 地 におい て 借 用 する 場 合 に 要 する 賃 借 費 用 を 超 えるものを 除 きます 6 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 の 代 替 として 使 用 する 仮 設 物 の 設 置 費 用 ( 注 5) および 撤 去 費 用 ならびにこれに 付 随 する 土 地 の 賃 借 費 用 7 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 を 迅 速 に 復 旧 するための 工 事 に 伴 う 残 業 勤 務 深 夜 勤 務 または 休 日 勤 務 に 対 する 割 増 賃 金 の 費 用 ( 注 1) 次 のいずれかに 該 当 する 費 用 居 住 の 用 に 供 する 部 分 にかかわる 費 用 を 除 きます ( 注 2) 調 査 費 用 被 保 険 者 またはその 親 族 もしくは 使 用 人 にかかわる 人 件 費 および 被 保 険 者 が 法 人 である 場 合 に その 理 事 取 締 役 も しくはその 他 の 機 関 にある 者 またはその 従 業 員 にかかわる 人 件 費 を 除 きます 以 下 2において 同 様 とします ( 注 3) 復 旧 完 了 までの 期 間 保 険 の 対 象 を 損 害 発 生 直 前 の 状 態 に 復 旧 するために 通 常 要 すると 認 められる 期 間 を 超 えないものとします 以 下 ( 注 4)において 復 旧 期 間 といいます ( 注 4) 賃 借 費 用 敷 金 その 他 賃 貸 借 契 約 終 了 時 に 返 還 されるべき 一 時 金 およ び 復 旧 期 間 を 超 える 期 間 に 対 応 する 費 用 を 除 きます 以 下 5および6において 同 様 とします ( 注 5) 仮 設 物 の 設 置 費 用 保 険 の 対 象 の 復 旧 完 了 時 における 仮 設 物 の 価 額 を 除 きま 45

48 す (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 ( 注 1) に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません ( 注 2) 1 保 険 契 約 者 被 保 険 者 またはこれらの 者 の 法 定 代 理 人 の 故 意 もしくは 重 大 な 過 失 または 法 令 違 反 2 被 保 険 者 でない 者 が 保 険 金 の 全 部 または 一 部 を 受 け 取 るべ ( 注 3) き 場 合 においては その 者 またはその 者 の 法 定 代 理 人 の 故 意 もしくは 重 大 な 過 失 または 法 令 違 反 ただし 他 の 者 が 受 け 取 るべき 金 額 については 除 きます 3 前 条 の 事 故 の 際 における 保 険 の 対 象 の 紛 失 または 盗 難 4 保 険 の 対 象 に 対 する 加 熱 作 業 または 乾 燥 作 業 ただし こ れらの 作 業 によって 前 条 の 事 故 が 生 じた 場 合 を 除 きます ( 注 1) 保 険 金 損 害 保 険 金 臨 時 費 用 保 険 金 残 存 物 取 片 づけ 費 用 保 険 金 失 火 見 舞 費 用 保 険 金 地 震 火 災 費 用 保 険 金 または 修 理 付 帯 費 用 保 険 金 をいいます 以 下 同 様 とします ( 注 2) 保 険 契 約 者 被 保 険 者 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 または 法 人 の 業 務 を 執 行 するその 他 の 機 関 をい います ( 注 3)その 者 その 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 または 法 人 の 業 務 を 執 行 するその 他 の 機 関 をいいます (2) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 ( 注 1) に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 戦 争 外 国 の 武 力 行 使 革 命 政 権 奪 取 内 乱 武 装 反 乱 ( 注 2) その 他 これらに 類 似 の 事 変 または 暴 動 2 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 ( 注 3) 3 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された ( 注 4) 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 またはこれら の 特 性 による 事 故 ( 注 1) 損 害 1から3までの 事 由 によって 発 生 した 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 が 延 焼 または 拡 大 して 生 じた 損 害 およ び 発 生 原 因 がいかなる 場 合 でも 同 条 の 事 故 が1から3まで の 事 由 によって 延 焼 または 拡 大 して 生 じた 損 害 を 含 みます ( 注 2) 暴 動 群 衆 または 多 数 の 者 の 集 団 の 行 動 によって 全 国 または 一 部 の 地 区 において 著 しく 平 穏 が 害 され 治 安 維 持 上 重 大 な 事 態 と 認 められる 状 態 をいいます ( 注 3) 核 燃 料 物 質 使 用 済 燃 料 を 含 みます 以 下 3において 同 様 とします ( 注 4) 汚 染 された 物 原 子 核 分 裂 生 成 物 を 含 みます (3) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 損 害 に 対 しては 前 条 の 事 故 による 場 合 を 除 き 保 険 金 を 支 払 いません 1 電 気 的 事 故 による 炭 化 または 溶 融 の 損 害 2 発 酵 または 自 然 発 熱 の 損 害 3 機 械 の 運 動 部 分 または 回 転 部 分 の 作 動 中 に 生 じた 分 解 飛 散 の 損 害 き 4 亀 裂 変 形 その 他 これらに 類 似 の 損 害 (4) 当 会 社 は 別 表 1に 掲 げる 物 について 生 じた 前 条 (2)の 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません (1)この 保 険 契 約 における 保 険 の 対 象 は 日 本 国 内 に 所 在 する 保 46

49 険 証 券 記 載 の 建 物 屋 外 設 備 装 置 または 動 産 とします (2) 次 に 掲 げる 物 は 保 険 証 券 に 明 記 されていない 場 合 は 保 険 の 対 象 に 含 まれません 1 門 塀 もしくは 垣 または 物 置 車 庫 その 他 の 付 属 建 物 2 自 動 車 3 通 貨 有 価 証 券 印 紙 切 手 その 他 これらに 類 する 物 と う 4 貴 金 属 宝 玉 および 宝 石 ならびに 書 画 骨 董 彫 刻 物 その 他 の 美 術 品 で 1 個 または1 組 の 価 額 が30 万 円 を 超 えるもの ひ な い 5 稿 本 設 計 書 図 案 雛 型 鋳 型 木 型 紙 型 模 型 証 書 帳 簿 その 他 これらに 類 する 物 自 動 車 自 動 三 輪 車 および 自 動 二 輪 車 を 含 み 総 排 気 量 が125cc 以 下 の 原 動 機 付 自 転 車 を 除 きます (3) 建 物 が 保 険 の 対 象 である 場 合 には 次 に 掲 げる 物 のうち 被 保 険 者 の 所 有 するものは 特 別 の 約 定 がないかぎり 保 険 の 対 象 に 含 まれます 1 畳 建 具 その 他 これらに 類 する 物 2 電 気 通 信 ガス 給 排 水 衛 生 消 火 冷 房 暖 房 エ レベーター リフト 等 の 設 備 のうち 建 物 に 付 加 したもの 3 浴 槽 流 し ガス 台 調 理 台 棚 その 他 これらに 類 する 物 のうち 建 物 に 付 加 したもの (4) 家 財 が 保 険 の 対 象 である 場 合 には 被 保 険 者 と 生 計 を 共 にす る 親 族 の 所 有 する 家 財 で 保 険 証 券 記 載 の 建 物 に 収 容 されている ものは 特 別 の 約 定 がないかぎり 保 険 の 対 象 に 含 まれます (1) 当 会 社 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)または(2) の 損 害 保 険 金 として 支 払 うべき 損 害 の 額 は 時 価 額 によって 定 めます (2) 保 険 金 額 が 時 価 額 と 同 額 である 場 合 またはこれを 超 える 場 合 は 当 会 社 は 時 価 額 を 限 度 とし (1)の 規 定 による 損 害 の 額 を 損 害 保 険 金 として 支 払 います (3) 保 険 金 額 が 時 価 額 より 低 い 場 合 は 当 会 社 は 次 の 算 式 に よって 算 出 した 額 を 損 害 保 険 金 として 支 払 います (1)の 規 定 に よる 損 害 の 額 (4) 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(3)の 臨 時 費 用 保 険 金 として 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 を 支 払 います た だし 1 回 の 事 故 につき 1 敷 地 内 ごとに500 万 円 を 限 度 とし ます 第 1 条 (1)または (2)の 損 害 保 険 金 保 険 金 額 = 時 価 額 支 払 割 合 = (30%) 損 害 保 険 金 の 額 臨 時 費 用 保 険 金 の 額 (5) 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)または (2)の 損 害 保 険 金 の10%に 相 当 する 額 を 限 度 とし 残 存 物 取 片 づけ 費 用 の 額 を 同 条 (4)の 残 存 物 取 片 づけ 費 用 保 険 金 とし て 支 払 います (6) 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(5)の 失 火 見 舞 費 用 保 険 金 として 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 を 支 払 いま す ただし 1 回 の 事 故 につき 同 条 (5)1の 事 故 が 生 じた 敷 地 内 に 所 在 する 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 の20%に 相 当 する 額 を 限 度 とします 47

50 第 1 条 (5)2の 損 害 が 生 じた 世 帯 または 法 人 ( 以 下 被 災 世 帯 といいます )の 数 保 険 金 額 保 険 金 額 が 時 価 額 を 超 える 場 合 は 時 価 額 とし また 被 保 険 者 が2 名 以 上 ある 場 合 は それぞれの 被 保 険 者 に 属 する 保 険 の 対 象 に 対 して 割 り 当 てられるべき 保 険 金 額 をいいます (7) 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(6)の 地 震 火 災 費 用 保 険 金 として 次 の 算 式 ( 注 1) によって 算 出 した 額 を 支 払 います ただし 1 回 の 事 故 ( 注 2) につき 1 敷 地 内 ごとに300 万 円 を 限 度 とします 支 払 割 合 保 険 金 額 = (5%) 1 被 災 世 帯 あ たりの 支 払 額 = (20 万 円 ) ( 注 1) 次 の 算 式 保 険 金 額 が 時 価 額 を 超 える 場 合 は 算 式 の 保 険 金 額 は 時 価 額 とします ( 注 2)1 回 の 事 故 72 時 間 以 内 に 生 じた2 以 上 の 地 震 もしくは 噴 火 またはこれ らによる 津 波 は これらを 一 括 して 1 回 の 事 故 とみなし ます (8) 当 会 社 は 1 回 の 事 故 につき 1 敷 地 内 ごとに 損 害 が 生 じた 保 険 の 対 象 の 所 在 する 敷 地 内 にかかるこの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 に30%を 乗 じて 得 た 額 または1,000 万 円 のいずれか 低 い 額 を 限 度 とし 修 理 付 帯 費 用 の 額 を 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(7)の 修 理 付 帯 費 用 保 険 金 として 支 払 います 保 険 金 額 保 険 金 額 が 時 価 額 を 超 える 場 合 は 時 価 額 とし また 被 保 険 者 が2 名 以 上 ある 場 合 は それぞれの 被 保 険 者 に 属 する 保 険 の 対 象 に 対 して 割 り 当 てられるべき 保 険 金 額 をいいます (9)(4)から(6)までの 場 合 または(8)の 場 合 において 当 会 社 は (4)から(6)までの 規 定 または(8)の 規 定 に よってそれぞれ 支 払 うべき 臨 時 費 用 保 険 金 残 存 物 取 片 づけ 費 用 保 険 金 失 火 見 舞 費 用 保 険 金 または 修 理 付 帯 費 用 保 険 金 と 他 の 保 険 金 との 合 計 額 が 保 険 金 額 を 超 えるときでも これらの 費 用 保 険 金 を 支 払 います (1) 他 の 保 険 契 約 等 がある 場 合 において それぞれの 保 険 契 約 または 共 済 契 約 につき 他 の 保 険 契 約 等 がないものとして 算 出 した 支 払 うべき 保 険 金 または 共 済 金 の 額 ( 以 下 支 払 責 任 額 といいます )の 合 計 額 が 保 険 金 の 種 類 ごとに 別 表 2に 掲 げ る 支 払 限 度 額 ( 以 下 支 払 限 度 額 といいます )を 超 えると きは 当 会 社 は 次 に 定 める 額 を 保 険 金 として 支 払 います 1 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 が 支 払 われていな い 場 合 この 保 険 契 約 の 支 払 責 任 額 2 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 が 支 払 われた 場 合 支 払 限 度 額 から 他 の 保 険 契 約 等 から 支 払 われた 保 険 金 ま たは 共 済 金 の 合 計 額 を 差 し 引 いた 残 額 ただし この 保 険 契 約 の 支 払 責 任 額 を 限 度 とします 他 の 保 険 契 約 等 この 保 険 契 約 における 保 険 の 対 象 と 同 一 の 敷 地 内 に 所 在 する 48 失 火 見 舞 費 用 保 険 金 の 額 地 震 火 災 費 用 保 険 金 の 額

51 被 保 険 者 所 有 の 建 物 または 建 物 以 外 のものについて 締 結 され た 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 または 費 用 を 補 償 す る 他 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をいいます 以 下 同 様 とします (2)(1)の 場 合 において 他 の 保 険 契 約 等 に 再 調 達 価 額 を 基 準 として 算 出 した 損 害 の 額 からこの 保 険 契 約 によって 支 払 わ れるべき 損 害 保 険 金 の 額 を 差 し 引 いた 残 額 について 保 険 金 また は 共 済 金 を 支 払 う 旨 の 約 定 があるときは 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)または(2)の 損 害 保 険 金 については その 他 の 保 険 契 約 等 がないものとして(1)の 規 定 に 基 づいて 算 出 した 額 を 支 払 います 再 調 達 価 額 保 険 の 対 象 と 同 一 の 構 造 質 用 途 規 模 型 能 力 のもの を 再 築 または 再 取 得 するのに 要 する 額 をいいます (3)(1)の 場 合 において 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(3) の 臨 時 費 用 保 険 金 および 同 条 (4)の 残 存 物 取 片 づけ 費 用 保 険 金 につき 支 払 責 任 額 を 算 出 するにあたっては 同 条 (1)また は(2)の 損 害 保 険 金 の 額 は (1)または(2)の 規 定 を 適 用 して 算 出 した 額 とします (4) 損 害 が2 種 類 以 上 の 事 故 によって 生 じた 場 合 は 同 種 の 事 故 による 損 害 について (1)の 規 定 をおのおの 別 に 適 用 します 2 以 上 の 保 険 の 対 象 を1 保 険 金 額 で 契 約 した 場 合 には それ ぞれの 時 価 額 の 割 合 によって 保 険 金 額 を 比 例 配 分 し その 比 例 配 分 額 をそれぞれの 保 険 の 対 象 に 対 する 保 険 金 額 とみなし 第 4 条 ( 保 険 金 の 支 払 額 )(2) (3)および(7)の 規 定 をお のおの 別 に 適 用 します (1) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 ( 以 下 保 険 期 間 といいます )の 初 日 の 午 後 4 時 に 始 まり 末 日 の 午 後 4 時 に 終 わります 初 日 の 午 後 4 時 保 険 証 券 にこれと 異 なる 時 刻 が 記 載 されている 場 合 はその 時 刻 とします (2)(1)の 時 刻 は 日 本 国 の 標 準 時 によるものとします (3) 保 険 期 間 が 始 まった 後 でも 当 会 社 は 保 険 料 領 収 前 に 生 じ た 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 になる 者 は 保 険 契 約 締 結 の 際 危 険 ( 注 1) に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 保 険 契 約 申 込 書 の 記 載 事 項 とすることによって 当 会 社 が 告 知 を 求 めたもの ( 注 2) につ いて 当 会 社 に 事 実 を 正 確 に 告 げなければなりません ( 注 1) 危 険 損 害 の 発 生 の 可 能 性 をいいます 以 下 同 様 とします ( 注 2) 当 会 社 が 告 知 を 求 めたもの 他 の 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 を 含 みます 以 下 告 知 事 項 といいます (2) 当 会 社 は 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 告 知 事 項 について 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 事 実 を 告 げなかった 場 合 または 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 49

52 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 適 用 しま せん 1 (2)に 規 定 する 事 実 がなくなった 場 合 2 当 会 社 が 保 険 契 約 締 結 の 際 (2)に 規 定 する 事 実 を 知 っ ていた 場 合 または 過 失 によってこれを 知 らなかった 場 合 3 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 の 発 生 前 に 告 知 事 項 につき 書 面 を もって 訂 正 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 なお 当 会 社 が 訂 正 の 申 出 を 受 けた 場 合 において そ の 訂 正 を 申 し 出 た 事 実 が 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 に 告 げ られていたとしても 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 していたと 認 めるときに 限 り これを 承 認 するものとします 4 当 会 社 が (2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 保 険 契 約 締 結 時 か ら5 年 を 経 過 した 場 合 (2)に 規 定 する 事 実 を 知 っていた 場 合 または 過 失 によって これを 知 らなかった 場 合 当 会 社 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 う 者 が 事 実 を 告 げることを 妨 げた 場 合 または 事 実 を 告 げないこともしくは 事 実 と 異 なることを 告 げることを 勧 めた 場 合 を 含 みます (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っ ていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができま す (5)(4)の 規 定 は (2)に 規 定 する 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 については 適 用 しません (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 次 のいずれかに 該 当 する 事 実 が 発 生 した 場 合 には 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません ただし その 事 実 がなく なった 場 合 には 当 会 社 への 通 知 は 必 要 ありません 1 保 険 の 対 象 である 建 物 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 の 構 造 または 用 途 を 変 更 したこと 2 保 険 の 対 象 を 他 の 場 所 に 移 転 したこと 3 1および2のほか 告 知 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせる 事 実 が 発 生 したこと 告 知 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせる 事 実 告 知 事 項 のうち 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 においてこの 条 の 適 用 がある 事 項 として 定 めたものに 関 す る 事 実 に 限 ります (2)(1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 にお いて 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 に よって 遅 滞 なく(1)の 規 定 による 通 知 をしなかったときは 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 危 険 増 加 告 知 事 項 についての 危 険 が 高 くなり この 保 険 契 約 で 定 めら れている 保 険 料 がその 危 険 を 計 算 の 基 礎 として 算 出 される 保 険 料 に 不 足 する 状 態 になることをいいます 以 下 同 様 とします (3)(2)の 規 定 は 当 会 社 が (2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 が あることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 危 険 増 加 50

53 が 生 じた 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 には 適 用 しません (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 第 1 条 の 事 故 による 損 害 に 対 しては 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いませ ん この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は その 危 険 増 加 をもたらした 事 実 に 基 づかず に 発 生 した 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 に ついては 適 用 しません (6)(2)の 規 定 にかかわらず (1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 が 生 じ この 保 険 契 約 の 引 受 範 囲 を 超 えることとなっ た 場 合 には 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 を もって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます この 保 険 契 約 の 引 受 範 囲 保 険 料 を 増 額 することにより 保 険 契 約 を 継 続 することができ る 範 囲 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 に おいて 定 めたものをいいます (7)(6)の 規 定 による 解 除 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 第 1 条 の 事 故 による 損 害 に 対 しては 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いませ ん この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます 保 険 契 約 者 が 保 険 証 券 記 載 の 住 所 または 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 保 険 契 約 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなけ ればなりません (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 被 保 険 者 が 保 険 の 対 象 を 譲 渡 する 場 合 に は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく 書 面 をもってそ の 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません (2)(1)の 場 合 において 保 険 契 約 者 がこの 保 険 契 約 に 適 用 さ れる 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 関 する 権 利 および 義 務 を 保 険 の 対 象 の 譲 受 人 に 移 転 させるときは (1)の 規 定 にかかわらず 保 険 の 対 象 の 譲 渡 前 にあらかじめ 書 面 をもってその 旨 を 当 会 社 に 申 し 出 て 承 認 を 請 求 しなければなりません (3) 当 会 社 が(2)の 規 定 による 承 認 をする 場 合 には 第 14 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 )(1)の 規 定 にかかわらず (2)の 権 利 お よび 義 務 は 保 険 の 対 象 が 譲 渡 された 時 に 保 険 の 対 象 の 譲 受 人 に 移 転 します 当 会 社 は いつでも 保 険 の 対 象 またはこれを 収 容 する 建 物 も しくは 敷 地 内 を 調 査 することができます 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 をもって 締 結 した 保 険 契 約 は 無 効 とします (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 事 実 が 発 生 した 時 に 保 険 契 約 は 効 力 を 失 います 1 保 険 の 対 象 の 全 部 が 滅 失 した 場 合 ただし 第 32 条 ( 保 険 金 支 払 後 の 保 険 契 約 )(1)の 規 定 により 保 険 契 約 が 終 了 し た 場 合 を 除 きます 2 保 険 の 対 象 が 譲 渡 された 場 合 (2)おのおの 別 に 保 険 金 額 を 定 めた 保 険 の 対 象 が2 以 上 ある 場 合 には それぞれについて (1)の 規 定 を 適 用 します 51

54 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 詐 欺 または 強 迫 によって 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 には 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 す る 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことがで きます (1) 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 金 額 が 保 険 の 対 象 の 価 額 を 超 えてい たことにつき 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 が 善 意 でかつ 重 大 な 過 失 がなかった 場 合 には 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 通 知 をもって その 超 過 部 分 について この 保 険 契 約 を 取 り 消 すこ とができます (2) 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 の 対 象 の 価 額 が 著 しく 減 少 した 場 合 には 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 通 知 をもって 将 来 に 向 かって 保 険 金 額 について 減 少 後 の 保 険 の 対 象 の 価 額 に 至 る までの 減 額 を 請 求 することができます 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって こ の 保 険 契 約 を 解 除 することができます ただし 保 険 金 請 求 権 の 上 に 質 権 または 譲 渡 担 保 権 が 設 定 されている 場 合 は この 解 除 権 は 質 権 者 または 譲 渡 担 保 権 者 の 書 面 による 同 意 を 得 た 後 でなければ 行 使 できません (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 がある 場 合 には 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 1 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 当 会 社 にこの 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせることを 目 的 として 損 害 を 生 じさせ または 生 じさせようとしたこと 2 被 保 険 者 が この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 の 請 求 につい て 詐 欺 を 行 い または 行 おうとしたこと 3 1および2に 掲 げるもののほか 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 1および2の 事 由 がある 場 合 と 同 程 度 に 当 会 社 のこれ らの 者 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 と する 重 大 な 事 由 を 生 じさせたこと (2)(1)の 規 定 による 解 除 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 次 条 の 規 定 にかかわらず (1)1から3までの 事 由 が 生 じた 時 か ら 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 第 1 条 の 事 故 による 損 害 に 対 しては 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 におい て 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じま す (1) 第 8 条 ( 告 知 義 務 )(1)により 告 げられた 内 容 が 事 実 と 異 なる 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づき 計 算 した 保 険 料 を 返 還 または 請 求 します (2) 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 または 危 険 が 減 少 した 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 次 の 保 険 料 を 返 還 または 請 求 します 1 保 険 料 を 返 還 する 場 合 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づき 算 出 さ ( 注 1) ( 注 れた 保 険 料 から その 保 険 料 の 既 経 過 期 間 に 対 し 月 割 2) をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いて 計 算 した 保 険 料 2 保 険 料 を 請 求 する 場 合 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づき 未 ( 注 3) 経 過 期 間 に 対 し 月 割 をもって 計 算 した 保 険 料 ( 注 1) 既 経 過 期 間 52

55 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 申 出 に 基 づく 危 険 の 増 加 ま たは 危 険 の 減 少 が 生 じた 時 以 前 の 期 間 をいいます ( 注 2) 月 割 12か 月 に 対 する 月 数 の 割 合 をいい 未 経 過 期 間 および 既 経 過 期 間 において1か 月 に 満 たない 期 間 は1か 月 とします 以 下 同 様 とします ( 注 3) 未 経 過 期 間 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 申 出 に 基 づく 危 険 の 増 加 ま たは 危 険 の 減 少 が 生 じた 時 以 降 の 期 間 をいいます (3) 当 会 社 は 保 険 契 約 者 が(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 の 支 払 を 怠 った 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができま す 追 加 保 険 料 の 支 払 を 怠 った 場 合 当 会 社 が 保 険 契 約 者 に 対 し 追 加 保 険 料 の 請 求 をしたにもか かわらず 相 当 の 期 間 内 にその 支 払 いがなかった 場 合 に 限 りま す (4)(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において (3)の 規 定 によりこの 保 険 契 約 を 解 除 できるとき は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 す ることができます (5)(4)の 規 定 は 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 における その 危 険 増 加 が 生 じた 時 より 前 に 発 生 した 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 については 適 用 しません (6)(1)および(2)のほか 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 契 約 者 が 書 面 をもって 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 を 当 会 社 に 通 知 し 承 認 の 請 求 を 行 い 当 会 社 がこれを 承 認 する 場 合 において 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 保 険 契 約 条 件 の 変 更 日 以 後 の 期 間 に 対 し 次 の 保 険 料 を 返 還 または 請 求 しま す 1 保 険 料 を 返 還 する 場 合 変 更 前 の 保 険 料 と 変 更 後 の 保 険 料 との 差 額 から その 保 険 料 の 差 額 について 既 経 過 期 間 に 対 し 月 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いて 計 算 した 保 険 料 2 保 険 料 を 請 求 する 場 合 変 更 前 の 保 険 料 と 変 更 後 の 保 険 料 との 差 額 について 未 経 過 期 間 に 対 し 月 割 をもって 計 算 した 保 険 料 保 険 契 約 条 件 の 変 更 日 (6)に 定 める 通 知 を 当 会 社 が 受 領 し 承 認 した 時 以 後 で 保 険 契 約 条 件 を 変 更 すべき 期 間 の 初 日 をいいます ただし そ の 日 が(6)の 通 知 を 当 会 社 が 受 領 した 日 と 同 じ 日 である 場 合 は 当 会 社 が 保 険 契 約 条 件 の 変 更 を 承 認 した 時 とします 以 下 この 条 において 同 様 とします (7)(6)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において 当 会 社 の 請 求 に 対 して 保 険 契 約 者 が 保 険 契 約 条 件 の 変 更 日 まで にその 支 払 を 怠 ったときは 当 会 社 は 追 加 保 険 料 領 収 前 に 生 じた 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 契 約 条 件 の 変 更 の 承 認 の 請 求 がなかったものとして この 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います (1) 第 13 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 無 効 とな る 場 合 には 当 会 社 は 保 険 料 を 返 還 しません (2) 保 険 契 約 が 失 効 となる 場 合 には 当 会 社 は 領 収 した 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 し 月 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いて その 残 額 を 返 還 します 53

56 失 効 保 険 契 約 の 全 部 または 一 部 の 効 力 が 保 険 契 約 締 結 後 に 失 わ れることをいいます 以 下 同 様 とします 第 15 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 取 り 消 した 場 合 には 当 会 社 は 保 険 料 を 返 還 しません (1) 第 16 条 ( 保 険 金 額 の 調 整 )(1)の 規 定 により 保 険 契 約 者 が 保 険 契 約 を 取 り 消 した 場 合 には 当 会 社 は 保 険 契 約 締 結 時 さかのぼ に 遡 って 取 り 消 された 部 分 に 対 応 する 保 険 料 を 返 還 します (2) 第 16 条 ( 保 険 金 額 の 調 整 )(2)の 規 定 により 保 険 契 約 者 が 保 険 金 額 の 減 額 を 請 求 した 場 合 には 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 金 額 と 変 更 後 の 保 険 金 額 に 基 づき 算 出 した 保 険 料 の 差 額 か ら その 保 険 料 の 差 額 について 既 経 過 期 間 に 対 し 月 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いて その 残 額 を 返 還 します (1) 第 8 条 ( 告 知 義 務 )(2) 第 9 条 ( 通 知 義 務 )(2)もしく は(6) 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 )(1)または 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 ー 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 ) (3)の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 には 当 会 社 は 領 収 した 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 し 月 割 をもっ て 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いて その 残 額 を 返 還 します (2) 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )の 規 定 により 保 険 契 約 者 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 には 当 会 社 は 領 収 し た 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 し 別 表 3に 掲 げる 短 期 料 率 によっ て 計 算 した 保 険 料 を 差 し 引 いて その 残 額 を 返 還 します (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 保 険 の 対 象 について 損 害 が 生 じたことを 知 った 場 合 は 損 害 の 発 生 ならびに 他 の 保 険 契 約 等 ( 注 の 有 無 および 内 容 ) を 当 会 社 に 遅 滞 なく 通 知 しなければなり ません 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 既 に 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 の 支 払 を 受 けた 場 合 には その 事 実 を 含 みます (2) 保 険 の 対 象 について 損 害 が 生 じた 場 合 は 当 会 社 は 事 故 が 生 じた 建 物 もしくは 敷 地 内 を 調 査 することまたはそれらに 収 容 されていた 被 保 険 者 の 所 有 物 の 全 部 もしくは 一 部 を 調 査 するこ ともしくは 一 時 他 に 移 転 することができます (3) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 がなく(1)の 規 定 に 違 反 した 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 が 発 生 したことを 知 った 場 合 は 損 害 の 発 生 および 拡 大 の 防 止 に 努 めなければなりません (2)(1)の 場 合 において 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)の 損 害 の 発 生 および 拡 大 の 防 止 のために 必 要 または 有 益 な 費 用 を 支 出 したときにおいて 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )に 掲 げる 事 由 に 該 当 しないと きおよび 第 7 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 )(3)または 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )(4)の 規 定 が 適 用 されないときは 当 会 社 は 次 に 掲 げ る 費 用 に 限 り これを 負 担 します ( 注 1) ( 注 ただし 保 険 金 額 2) から 第 1 条 (1)の 損 害 保 険 金 の 額 を 差 し 引 いた 残 額 を 限 度 とします 1 消 火 活 動 のために 費 消 した 消 火 薬 剤 等 の 再 取 得 費 用 ( 注 3) 2 消 火 活 動 に 使 用 したことにより 損 傷 した 物 の 修 理 費 54

57 用 または 再 取 得 費 用 3 消 火 活 動 のために 緊 急 に 投 入 された 人 員 または 器 材 にかか わる 費 用 ( 注 4) ( 注 1) 次 に 掲 げる 費 用 に 限 り これを 負 担 します 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(6)の 損 害 の 発 生 および 拡 大 の 防 止 のために 支 出 した 費 用 は 負 担 しません ( 注 2) 保 険 金 額 保 険 金 額 が 時 価 額 を 超 える 場 合 は 時 価 額 とします ( 注 3) 損 傷 した 物 消 火 活 動 に 従 事 した 者 の 着 用 物 を 含 みます ( 注 4) 人 員 または 器 材 にかかわる 費 用 人 身 事 故 に 関 する 費 用 損 害 賠 償 に 要 する 費 用 または 謝 礼 に 属 するものを 除 きます (3) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 がなく(1)に 規 定 する 義 務 を 履 行 しなかった 場 合 は 当 会 社 は 次 の 算 式 によっ て 算 出 した 額 を 損 害 の 額 とみなします 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 の 額 損 害 の 発 生 および 拡 大 を 防 止 することができ たと 認 められる 額 = 損 害 の 額 (4) 第 4 条 ( 保 険 金 の 支 払 額 )(3) 第 5 条 ( 他 の 保 険 契 約 等 が ある 場 合 の 保 険 金 の 支 払 額 )(1)および 第 6 条 ( 包 括 して 契 約 した 場 合 の 保 険 金 の 支 払 額 )の 規 定 は (2)に 規 定 する 負 担 金 を 算 出 する 場 合 にこれを 準 用 します この 場 合 において 第 5 条 (1)の 規 定 中 別 表 2に 掲 げる 支 払 限 度 額 とあるの は それぞれの 保 険 契 約 もしくは 共 済 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 からそれぞれの 保 険 契 約 もしくは 共 済 契 約 によって 支 払 わ れるべき 損 害 保 険 金 もしくは 共 済 金 の 合 計 額 を 差 し 引 いた 残 額 または 第 26 条 ( 損 害 防 止 義 務 および 損 害 防 止 費 用 )(2) 本 文 によって 当 会 社 が 負 担 する 費 用 のいずれか 低 い 額 と 読 み 替 え るものとします それぞれの 保 険 契 約 もしくは 共 済 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 それぞれの 保 険 契 約 または 共 済 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 が 時 価 額 を 超 える 場 合 は 時 価 額 とします 当 会 社 が 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)または(2) の 損 害 保 険 金 を 支 払 った 場 合 でも 保 険 の 対 象 の 残 存 物 につい て 被 保 険 者 が 有 する 所 有 権 その 他 の 物 権 は 当 会 社 がこれを 取 得 する 旨 の 意 思 を 表 示 しないかぎり 当 会 社 に 移 転 しません (1) 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 損 害 が 発 生 した 時 から 発 生 し これを 行 使 す ることができるものとします (2) 被 保 険 者 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 保 険 証 券 に 添 え て 次 の 書 類 または 証 拠 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 当 会 社 に 提 出 しなければなりません 1 保 険 金 の 請 求 書 2 損 害 見 積 書 3 その 他 当 会 社 が 次 条 (1)に 定 める 必 要 な 事 項 の 確 認 を 行 うために 欠 くことのできない 書 類 または 証 拠 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 めたもの (3) 当 会 社 は 事 故 の 内 容 または 損 害 の 額 等 に 応 じ 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 対 して (2)に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もし くは 証 拠 の 提 出 または 当 会 社 が 行 う 調 査 への 協 力 を 求 めること があります この 場 合 には 当 会 社 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 やかに 提 出 し 必 要 な 協 力 をしなければなりません (4) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 がなく(3)の 規 55

58 定 に 違 反 した 場 合 または(2)もしくは(3)の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 しもし くは 変 造 した 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 前 条 (2)の 手 続 を 完 了 した 日 ( 以 下 この 条 において 請 求 完 了 日 といいます )からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 います 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 損 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 とし て 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 損 害 の ( 注 額 ) および 事 故 と 損 害 との 関 係 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 において 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 5 1から4までのほか 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 損 害 について 被 保 険 者 が 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 および 既 に 取 得 したものの 有 無 および 内 容 等 当 会 社 が 支 払 うべき 保 険 金 の 額 を 確 定 するために 確 認 が 必 要 な 事 項 損 害 の 額 時 価 額 を 含 みます (2)(1)の 確 認 をするため 次 に 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 には (1)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は ( 注 1) 請 求 完 了 日 からその 日 を 含 めて 次 に 掲 げる 日 数 を 経 過 す る 日 までに 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 において 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 に 対 して 通 知 するものとします 1 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するための 警 察 検 察 ( 注 2) 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 180 日 2 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するための 専 門 機 関 に よる 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 における(1)1から5までの 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 4 (1)1から5までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 う ための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 ( 注 1) 日 数 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 とします ( 注 2) 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 号 )に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みます (3)(1)および(2)に 掲 げる 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なくその 確 認 を 妨 げ また はこれに 応 じなかった 場 合 には これにより 確 認 が 遅 延 し た 期 間 については (1)または(2)の 期 間 に 算 入 しないも のとします 正 当 な 理 由 なくその 確 認 を 妨 げ またはこれに 応 じなかった 場 合 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みます 56

59 保 険 金 請 求 権 は 第 28 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(1)に 定 める 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 します (1) 損 害 が 生 じたことにより 被 保 険 者 が 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 を 取 得 した 場 合 において 当 会 社 がその 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 ったときは その 債 権 は 当 会 社 に 移 転 します ただ し 移 転 するのは 次 の 額 を 限 度 とします 1 当 会 社 が 損 害 の 額 の 全 額 を 保 険 金 として 支 払 った 場 合 被 保 険 者 が 取 得 した 債 権 の 全 額 2 1 以 外 の 場 合 被 保 険 者 が 取 得 した 債 権 の 額 から 保 険 金 が 支 払 われてい ない 損 害 の 額 を 差 し 引 いた 額 (2)(1)2の 場 合 において 当 会 社 に 移 転 せずに 被 保 険 者 が 引 き 続 き 有 する 債 権 は 当 会 社 に 移 転 した 債 権 よりも 優 先 して 弁 済 されるものとします (3) 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 は 当 会 社 が 取 得 する(1)また は(2)の 債 権 の 保 全 および 行 使 ならびにそのために 当 会 社 が 必 要 とする 証 拠 および 書 類 の 入 手 に 協 力 しなければなりませ ん この 場 合 において 当 会 社 に 協 力 するために 必 要 な 費 用 は 当 会 社 の 負 担 とします (1) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)または(2)の 損 害 保 険 金 の 支 払 額 がそれぞれ1 回 の 事 故 につき 保 険 金 額 の80% に 相 当 する 額 を 超 えた 場 合 は 保 険 契 約 は その 保 険 金 支 払 の 原 因 となった 損 害 の 発 生 した 時 に 終 了 します 保 険 金 額 保 険 金 額 が 時 価 額 を 超 える 場 合 は 時 価 額 とします (2)(1)の 場 合 を 除 き 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 におい ても この 保 険 契 約 の 保 険 金 額 は 減 額 することはありませ ん (3)(1)の 規 定 により 保 険 契 約 が 終 了 した 場 合 には 当 会 社 は 保 険 料 を 返 還 しません (4)おのおの 別 に 保 険 金 額 を 定 めた 保 険 の 対 象 が2 以 上 ある 場 合 には それぞれについて (1)から(3)までの 規 定 を 適 用 します (1)この 保 険 契 約 について 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が2 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 代 表 者 1 名 を 定 めることを 求 める ことができます この 場 合 において 代 表 者 は 他 の 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 を 代 理 するものとします (2)(1)の 代 表 者 が 定 まらない 場 合 またはその 所 在 が 明 らかで ない 場 合 には 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 中 の1 名 に 対 して 行 う 当 会 社 の 行 為 は 他 の 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 対 して も 効 力 を 有 するものとします (3) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が2 名 以 上 である 場 合 には 各 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 連 帯 してこの 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 関 する 義 務 を 負 うものとします この 保 険 契 約 に 関 する 訴 訟 については 日 本 国 内 における 裁 判 所 に 提 起 するものとします この 約 款 に 規 定 のない 事 項 については 日 本 国 の 法 令 に 準 拠 します 57

60 1. 仮 設 の 建 物 ( 年 間 の 使 用 期 間 が3か 月 以 下 のものをいいま す )およびこれに 収 容 される 動 産 ならびにゴルフネット (ポールを 含 みます ) 2. 建 築 中 の 屋 外 設 備 装 置 3. 桟 橋 護 岸 およびこれらに 取 り 付 けられた 設 備 装 置 4. 海 上 に 所 在 する 建 物 およびこれに 収 容 される 動 産 ならびに 設 備 装 置 5. 屋 外 にある 原 料 材 料 仕 掛 品 半 製 品 製 品 商 品 副 産 物 および 副 資 材 6. 第 3 条 ( 保 険 の 対 象 の 範 囲 )(2)2に 規 定 する 自 動 車 保 険 金 の 種 類 支 払 限 度 額 1 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 損 害 の 額 合 )(1)または(2)の 損 害 保 険 金 2 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(3)の 臨 時 費 用 保 険 金 1 回 の 事 故 につき 1 敷 地 内 ごとに500 万 円 500 万 円 他 の 保 険 契 約 等 に 限 度 額 が500 万 円 を 超 えるものがあ る 場 合 は これらの 限 度 額 の うち 最 も 高 い 額 とします 3 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 残 存 物 取 片 づけ 費 用 の 額 合 )(4)の 残 存 物 取 片 づけ 費 用 保 険 金 4 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(5)の 失 火 見 舞 費 用 保 険 金 1 回 の 事 故 につき 20 万 円 に 被 災 世 帯 の 数 を 乗 じて 得 た 額 20 万 円 他 の 保 険 契 約 等 に 1 被 災 世 帯 あたりの 支 払 額 が20 万 円 を 超 えるものがある 場 合 は これらの1 被 災 世 帯 あたりの 支 払 額 のうち 最 も 高 い 額 とし 5 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) ( 6) の 地 震 火 災 費 用 保 険 金 ます ( 1) そ れ ぞ 1 回 の 事 故 につき 1 敷 地 内 れの 保 険 契 約 ごとに300 万 円 または 共 済 契 300 万 円 約 の 支 払 責 任 他 の 保 険 契 約 等 に 限 度 額 額 の 合 計 額 が が300 万 円 を 超 えるものがあ 1 回 の 事 故 に る 場 合 は これらの 限 度 額 の つ き 1 敷 地 うち 最 も 高 い 額 とします 内 ごとに300 万 ( 注 円 ) を 超 え る 場 合 300 万 円 他 の 保 険 契 約 等 に 限 度 額 が300 万 円 を 超 えるものがあ る 場 合 は こ れらの 限 度 額 のうち 最 も 高 い 額 とします 58

61 (2) 上 記 ( 1) に 該 当 しない 場 合 で あ っ て そ れ ぞれの 保 険 契 約 または 共 済 契 約 のおのお のの 保 険 の 対 象 についての 支 払 責 任 額 の 合 計 額 が 1 回 の 事 故 につ き 保 険 の 対 象 ご と に そ の 保 険 の 対 象 の 時 価 額 に 5 % を 乗 じて 得 た 額 を 超 えるとき 5% 他 の 保 険 契 約 等 に 支 払 割 合 が5%を 超 えるものが あ る 場 合 は これらの 支 払 割 合 のうち 最 も 高 い 割 合 と します 6 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(7)の 修 理 付 帯 費 用 保 険 金 1 回 の 事 故 につき 保 険 の 対 象 ごとに その 保 険 の 対 象 の 時 価 額 に5% を 乗 じて 得 た 額 5% 他 の 保 険 契 約 等 に 支 払 割 合 が5%を 超 えるものがある 場 合 は これらの 支 払 割 合 の うち 最 も 高 い 割 合 とします 1 回 の 事 故 につき 1 敷 地 内 ごとに1,000 万 円 または 修 理 付 帯 費 用 の 額 のいずれか 低 い 額 1,000 万 円 他 の 保 険 契 約 等 に 限 度 額 が1,000 万 円 を 超 えるものが ある 場 合 は これらの 限 度 額 のうち 最 も 高 い 額 とします 短 期 料 率 は 年 料 率 に 下 記 割 合 を 乗 じたものとします 既 経 過 期 間 割 合 (%) 7 日 まで 日 まで 15 1か 月 まで 25 2か 月 まで 35 3か 月 まで 45 4か 月 まで 55 5か 月 まで 65 6か 月 まで 70 7か 月 まで 75 8か 月 まで 80 9か 月 まで 85 10か 月 まで 90 11か 月 まで 95 1 年 まで

62 この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 に よります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 ( 注 価 額 ) の3% 以 上 20% 未 満 である 損 害 をいいま す なお 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 には 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)の 損 害 が 生 じ た 建 物 の 原 状 回 復 のため 地 盤 等 の 復 旧 に 直 接 必 要 一 部 損 とされる 最 小 限 の 費 用 を 含 むものとします 門 塀 または 垣 が 保 険 の 対 象 に 含 まれる 場 合 であっても これらの 保 険 価 額 は 含 みま せん ( 生 活 用 動 産 の 場 合 ) 生 活 用 動 産 の 損 害 の 額 が その 生 活 用 動 産 の 保 険 価 額 の10% 以 上 30% 未 満 である 損 害 をいいます 危 険 損 害 の 発 生 の 可 能 性 をいいます 危 険 増 加 警 戒 宣 言 告 知 事 項 敷 地 内 地 震 等 地 震 保 険 法 生 活 用 動 産 全 損 告 知 事 項 についての 危 険 が 高 くなり この 保 険 契 約 で 定 められている 保 険 料 がその 危 険 を 計 算 の 基 礎 として 算 出 される 保 険 料 に 不 足 する 状 態 になる ことをいいます 大 震 法 第 9 条 ( 警 戒 宣 言 等 ) 第 1 項 に 基 づく 地 震 災 害 に 関 する 警 戒 宣 言 をいいます 危 険 に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 保 険 契 約 申 込 書 の 記 載 事 項 とすることによって 当 会 社 が 告 知 を 求 めたものをいいます 他 の 保 険 契 約 に 関 する 事 項 を 含 みます 特 別 の 約 定 がないかぎり 囲 いの 有 無 を 問 わず 保 険 の 対 象 の 所 在 する 場 所 およびこれに 連 続 した 土 地 で 同 一 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 によって 占 有 されているものをいいます また 公 道 河 川 等 が 介 在 していても 敷 地 内 は 中 断 されることな く これを 連 続 した 土 地 とみなします 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 をいい ます 地 震 保 険 に 関 する 法 律 ( 昭 和 41 年 法 律 第 73 号 )を いいます 生 活 の 用 に 供 する 家 具 衣 服 その 他 の 生 活 に 必 要 な 動 産 をいいます ただし 建 物 に 収 容 されてい る 物 に 限 ります ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 ( 注 価 額 ) の50% 以 上 である 損 害 または 建 物 の 焼 失 もしくは 流 失 した 部 分 の 床 面 積 のその 建 物 の 延 べ 床 面 積 に 対 する 割 合 が70% 以 上 である 損 害 をいい ます なお 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 には 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)の 損 害 が 生 じた 建 物 の 原 状 回 復 のため 地 盤 等 の 復 旧 に 直 接 必 要 とされる 最 小 限 の 費 用 を 含 むものとします 門 塀 または 垣 が 保 険 の 対 象 に 含 まれる 場 合 であっても これらの 保 険 価 額 は 含 みま せん ( 生 活 用 動 産 の 場 合 ) 生 活 用 動 産 の 損 害 の 額 が その 生 活 用 動 産 の 保 険 60

63 損 害 大 震 法 建 物 建 物 の 主 要 構 造 部 他 の 保 険 契 約 半 損 保 険 価 額 保 険 期 間 価 額 の80% 以 上 である 損 害 をいいます 地 震 等 が 生 じた 後 における 事 故 の 拡 大 防 止 または 緊 急 避 難 に 必 要 な 処 置 によって 保 険 の 対 象 につい て 生 じた 損 害 を 含 みます 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 )をいいます 土 地 に 定 着 し 屋 根 および 柱 または 壁 を 有 するも のをいい 門 塀 垣 タンク サイロ 井 戸 物 干 等 の 屋 外 設 備 装 置 を 除 きます ただし 居 住 の 用 に 供 する 建 物 に 限 ります 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 338 号 ) 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 号 の 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 をいいます ( 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 でない 場 合 ) この 保 険 契 約 における 保 険 の 対 象 と 同 一 の 敷 地 内 に 所 在 する 第 5 条 ( 保 険 金 の 支 払 額 )(2)1ま たは2の 建 物 または 生 活 用 動 産 について 締 結 され た 地 震 等 による 事 故 に 対 して 保 険 金 を 支 払 う 他 の 保 険 契 約 をいいます ( 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 である 場 合 ) この 保 険 契 約 における 保 険 の 対 象 と 同 一 の 敷 地 内 に 所 在 する 第 5 条 ( 保 険 金 の 支 払 額 )(3)1ま たは2の 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 生 活 用 動 産 について 締 結 された 地 震 等 による 事 故 に 対 し て 保 険 金 を 支 払 う 他 の 保 険 契 約 をいいます ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 ( 注 価 額 ) の20% 以 上 50% 未 満 である 損 害 または 建 物 の 焼 失 もしくは 流 失 した 部 分 の 床 面 積 のその 建 物 の 延 べ 床 面 積 に 対 する 割 合 が20% 以 上 70% 未 満 である 損 害 をいいます なお 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 には 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1)の 損 害 が 生 じた 建 物 の 原 状 回 復 のため 地 盤 等 の 復 旧 に 直 接 必 要 とされる 最 小 限 の 費 用 を 含 む ものとします 門 塀 または 垣 が 保 険 の 対 象 に 含 まれる 場 合 であっても これらの 保 険 価 額 は 含 みま せん ( 生 活 用 動 産 の 場 合 ) 生 活 用 動 産 の 損 害 の 額 が その 生 活 用 動 産 の 保 険 価 額 の30% 以 上 80% 未 満 である 損 害 をいいます 損 害 が 生 じた 地 および 時 における 保 険 の 対 象 の 価 額 をいいます 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 をいいます (1) 当 会 社 は 地 震 等 を 直 接 または 間 接 の 原 因 とする 火 災 損 壊 埋 没 または 流 失 によって 保 険 の 対 象 について 生 じた 損 害 が 全 損 半 損 または 一 部 損 に 該 当 する 場 合 は この 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います (2) 地 震 等 を 直 接 または 間 接 の 原 因 とする 地 すべりその 他 の 災 害 による 現 実 かつ 急 迫 した 危 険 が 生 じたため 建 物 全 体 が 居 住 不 能 に 至 った 場 合 は これを 地 震 等 を 直 接 または 間 接 の 原 因 とする 火 災 損 壊 埋 没 または 流 失 によって 生 じた 建 物 の 全 損 とみなして 保 険 金 を 支 払 います 一 時 的 に 居 住 不 能 となった 場 合 を 除 きます 61

64 (3) 地 震 等 を 直 接 または 間 接 の 原 因 とする 洪 水 融 雪 洪 水 等 の 水 災 によって 建 物 が 床 上 浸 水 ( 注 1) または 地 盤 面 ( 注 2) より45cmを 超 える 浸 水 を 被 った 結 果 その 建 物 に 損 害 が 生 じた 場 合 ( 注 3) に は これを 地 震 等 を 直 接 または 間 接 の 原 因 とする 火 災 損 壊 埋 没 または 流 失 によって 生 じた 建 物 の 一 部 損 とみなして 保 険 金 を 支 払 います ( 注 1) 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 床 を 超 える 浸 水 をいいます なお 床 とは 畳 敷 または 板 張 等 のものをいい 土 間 たたきの 類 を 除 きます ( 注 2) 床 面 が 地 盤 面 より 下 にある 場 合 はその 床 面 をいいま す ( 注 3) その 建 物 に 生 じた(1)の 損 害 が 全 損 半 損 または 一 部 損 に 該 当 する 場 合 を 除 きます 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 でな い 場 合 (4)(1)から(3)までの 損 害 の 認 定 は 保 険 の 対 象 が 建 物 で ある 場 合 には その 建 物 ごとに 行 い 保 険 の 対 象 が 生 活 用 動 産 である 場 合 には これを 収 容 する 建 物 ごとに 行 います また 門 塀 または 垣 が 保 険 の 対 象 に 含 まれる 場 合 には これらが 付 属 する 建 物 の 損 害 の 認 定 によるものとします 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 であ る 場 合 (4) 保 険 の 対 象 が 区 分 所 有 建 物 の 専 有 部 分 または 共 用 部 分 である 場 合 には (1)から(3)までの 損 害 の 認 定 は 専 有 部 分 に ついては 個 別 に 行 い また 共 用 部 分 については その 区 分 所 有 建 物 全 体 の 損 害 の 認 定 によるものとします また 門 塀 または 垣 が 保 険 の 対 象 に 含 まれる 場 合 には これらが 付 属 する 区 分 所 有 建 物 の 共 用 部 分 の 損 害 の 認 定 によるものとします (5) 保 険 の 対 象 が 生 活 用 動 産 である 場 合 には (1)から(3) までの 損 害 の 認 定 は その 生 活 用 動 産 の 全 体 について これを 収 容 する 専 有 部 分 ごとに 行 います (1) 当 会 社 は 地 震 等 の 際 において 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません ( 注 1) 1 保 険 契 約 者 被 保 険 者 またはこれらの 者 の 法 定 代 理 人 の 故 意 もしくは 重 大 な 過 失 または 法 令 違 反 2 被 保 険 者 でない 者 が 保 険 金 の 全 部 または 一 部 を 受 け 取 るべ ( 注 2) き 場 合 においては その 者 またはその 者 の 法 定 代 理 人 の 故 意 もしくは 重 大 な 過 失 または 法 令 違 反 ただし 他 の 者 が 受 け 取 るべき 金 額 については 除 きます 3 保 険 の 対 象 の 紛 失 または 盗 難 4 戦 争 外 国 の 武 力 行 使 革 命 政 権 奪 取 内 乱 武 装 反 乱 ( 注 3) その 他 これらに 類 似 の 事 変 または 暴 動 ( 注 4) ( 注 4) 5 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 さ ( 注 5) れた 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 またはこ れらの 特 性 による 事 故 ( 注 1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 または 法 人 の 業 務 を 執 行 するその 他 の 機 関 をいいます ( 注 2) 被 保 険 者 でない 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 または 法 人 の 業 務 を 執 行 す るその 他 の 機 関 をいいます ( 注 3) 群 衆 または 多 数 の 者 の 集 団 の 行 動 によって 全 国 また は 一 部 の 地 区 において 著 しく 平 穏 が 害 され 治 安 維 持 上 重 大 な 事 態 と 認 められる 状 態 をいいます ( 注 4) 使 用 済 燃 料 を 含 みます ( 注 5) 原 子 核 分 裂 生 成 物 を 含 みます 62

65 (2) 当 会 社 は 地 震 等 が 発 生 した 日 の 翌 日 から 起 算 して10 日 を 経 過 した 後 に 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 でな い 場 合 (1)この 保 険 契 約 における 保 険 の 対 象 は この 保 険 契 約 が 付 帯 さ れている 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 のうち 建 物 または 生 活 用 動 産 に 限 られます (2)(1)の 建 物 が 保 険 の 対 象 である 場 合 において この 保 険 契 約 が 付 帯 されている 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 に 門 塀 もしくは 垣 または 物 置 車 庫 その 他 の 付 属 建 物 が 含 まれているときは こ れらのものは この 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 に 含 まれます (3)(1)の 生 活 用 動 産 には 建 物 の 所 有 者 でない 者 が 所 有 する 次 に 掲 げる 物 を 含 みます 1 畳 建 具 その 他 これらに 類 する 物 2 電 気 通 信 ガス 給 排 水 衛 生 消 火 冷 房 暖 房 エレベーター リフト 等 の 設 備 のうち 建 物 に 付 加 したもの 3 浴 槽 流 し ガス 台 調 理 台 棚 その 他 これらに 類 する 物 のうち 建 物 に 付 加 したもの (4)(1)および(3)の 生 活 用 動 産 には 次 に 掲 げる 物 は 含 ま れません 1 通 貨 有 価 証 券 預 金 証 書 または 貯 金 証 書 印 紙 切 手 その 他 これらに 類 する 物 2 自 動 車 と う 3 貴 金 属 宝 玉 および 宝 石 ならびに 書 画 骨 董 彫 刻 物 そ の 他 の 美 術 品 で 1 個 または1 組 の 価 額 が30 万 円 を 超 える もの 4 稿 本 設 計 書 図 案 証 書 帳 簿 その 他 これらに 類 する 物 じゅう 5 商 品 営 業 用 什 器 備 品 その 他 これらに 類 する 物 自 動 三 輪 車 および 自 動 二 輪 車 を 含 み 総 排 気 量 が125cc 以 下 の 原 動 機 付 自 転 車 を 除 きます 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 であ る 場 合 (1)この 保 険 契 約 における 保 険 の 対 象 は この 保 険 契 約 が 付 帯 さ れている 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 のうち 専 有 部 分 もしくは 共 用 ( 注 部 分 ) または 生 活 用 動 産 に 限 られます 居 住 の 用 に 供 されない 専 有 部 分 およびその 共 用 部 分 の 共 有 持 分 は 保 険 の 対 象 に 含 まれません (2)(1)の 共 用 部 分 が 保 険 の 対 象 である 場 合 において この 保 険 契 約 が 付 帯 されている 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 に 門 塀 もしく は 垣 または 物 置 車 庫 その 他 の 付 属 建 物 が 含 まれているとき は これらのものは この 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 に 含 まれま す (3)(1)の 生 活 用 動 産 には 専 有 部 分 の 所 有 者 でない 者 が 所 有 する 次 に 掲 げる 物 を 含 みます 1 畳 建 具 その 他 これらに 類 する 物 2 電 気 通 信 ガス 給 排 水 衛 生 消 火 冷 房 暖 房 エレベーター リフト 等 の 設 備 のうち 専 有 部 分 に 付 加 した もの 3 浴 槽 流 し ガス 台 調 理 台 棚 その 他 これらに 類 する 物 のうち 専 有 部 分 に 付 加 したもの (4)(1)および(3)の 生 活 用 動 産 には 次 に 掲 げる 物 は 含 ま れません 1 通 貨 有 価 証 券 預 金 証 書 または 貯 金 証 書 印 紙 切 手 その 他 これらに 類 する 物 2 自 動 車 63

66 と う 3 貴 金 属 宝 玉 および 宝 石 ならびに 書 画 骨 董 彫 刻 物 そ の 他 の 美 術 品 で 1 個 または1 組 の 価 額 が30 万 円 を 超 える もの 4 稿 本 設 計 書 図 案 証 書 帳 簿 その 他 これらに 類 する 物 じゅう 5 商 品 営 業 用 什 器 備 品 その 他 これらに 類 する 物 自 動 三 輪 車 および 自 動 二 輪 車 を 含 み 総 排 気 量 が125cc 以 下 の 原 動 機 付 自 転 車 を 除 きます 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 でな い 場 合 (1) 当 会 社 は 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 保 険 金 として 次 の 金 額 を 支 払 います 1 保 険 の 対 象 である 建 物 または 生 活 用 動 産 が 全 損 となった 場 合 は その 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 に 相 当 する 額 ただし 保 険 価 額 を 限 度 とします 2 保 険 の 対 象 である 建 物 または 生 活 用 動 産 が 半 損 となった 場 合 は その 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 の50%に 相 当 する 額 ただし 保 険 価 額 の50%に 相 当 する 額 を 限 度 とします 3 保 険 の 対 象 である 建 物 または 生 活 用 動 産 が 一 部 損 となっ た 場 合 は その 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 の5%に 相 当 する 額 ただし 保 険 価 額 の5%に 相 当 する 額 を 限 度 とします (2)(1)の 場 合 において この 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 である 次 の 建 物 または 生 活 用 動 産 について この 保 険 契 約 の 保 険 金 額 が それぞれ 次 に 規 定 する 限 度 額 を 超 えるときは その 限 度 額 をこ の 保 険 契 約 の 保 険 金 額 とみなし(1)の 規 定 を 適 用 します 1 同 一 敷 地 内 に 所 在 し かつ 同 一 被 保 険 者 の 所 有 に 属 す る 建 物 5,000 万 円 2 同 一 敷 地 内 に 所 在 し かつ 同 一 被 保 険 者 の 世 帯 に 属 す る 生 活 用 動 産 1,000 万 円 (3)(2)1または2の 建 物 または 生 活 用 動 産 について 地 震 保 険 法 第 2 条 ( 定 義 ) 第 2 項 の 地 震 保 険 契 約 でこの 保 険 契 約 以 外 のものが 締 結 されている 場 合 において それぞれの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 が(2)1または2に 規 定 する 限 度 額 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 を 超 えるときは 当 会 社 は 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 をもってこの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 とみな し (1)の 規 定 を 適 用 します 1 建 物 5,000 万 円 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 2 生 活 用 動 産 1,000 万 円 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 この 保 険 契 約 の 建 物 について の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 建 物 について の 保 険 金 額 の 合 計 額 この 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 の 合 計 額 (4) 当 会 社 は (2)1の 建 物 のうち 被 保 険 者 の 世 帯 と 異 なる 世 帯 が 居 住 する 他 の 建 物 がある 場 合 または(2)1の 建 物 が2 以 上 の 世 帯 の 居 住 する 共 同 住 宅 である 場 合 は 居 住 世 帯 を 異 に するその 建 物 または 戸 室 ごとに(2)および(3)の 規 定 をそ れぞれ 適 用 します (5)(2)から(4)までの 規 定 により 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 には 次 の 残 額 に 対 する 保 険 料 を 返 還 します 1 (2)の 規 定 により 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は この 保 険 契 64

67 約 の 保 険 金 額 から(2)1または2に 規 定 する 限 度 額 を 差 し 引 いた 残 額 ( 注 2 (3)の 規 定 により 保 険 金 を 支 払 った 場 合 ) は この 保 険 契 約 の 保 険 金 額 から 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 を 差 し 引 いた 残 額 ア. 建 物 この 保 険 契 約 の 建 物 について (2)1に 規 定 する 限 度 額 イ. 生 活 用 動 産 (2)2に 規 定 する 限 度 額 の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 建 物 について の 保 険 金 額 の 合 計 額 この 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 の 合 計 額 (2)1または2の 建 物 または 生 活 用 動 産 について そ れぞれの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 が(2)1また は2に 規 定 する 限 度 額 を 超 える 場 合 に 限 ります (6) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 でも 保 険 の 対 象 の 残 存 物 の 所 有 権 その 他 の 物 権 は 当 会 社 に 移 転 しません 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 であ る 場 合 (1) 当 会 社 は 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 保 険 金 として 次 の 金 額 を 支 払 います 1 保 険 の 対 象 である 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 生 活 用 動 産 が 全 損 となった 場 合 は その 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 に 相 当 する 額 ただし 保 険 価 額 を 限 度 とします 2 保 険 の 対 象 である 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 生 活 用 動 産 が 半 損 となった 場 合 は その 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 の50%に 相 当 する 額 ただし 保 険 価 額 の50%に 相 当 する 額 を 限 度 とします 3 保 険 の 対 象 である 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 生 活 用 動 産 が 一 部 損 となった 場 合 は その 保 険 の 対 象 の 保 険 金 額 の5%に 相 当 する 額 ただし 保 険 価 額 の5%に 相 当 す る 額 を 限 度 とします (2) 専 有 部 分 および 共 用 部 分 を1 保 険 金 額 で 契 約 した 場 合 には それぞれの 部 分 を 別 の 保 険 の 対 象 とみなして(1)および (4)の 規 定 を 適 用 します この 場 合 において それぞれの 部 ( 注 分 の 保 険 価 額 の 割 合 ) によって 保 険 金 額 を 比 例 配 分 し その 比 例 配 分 額 をそれぞれの 部 分 に 対 する 保 険 金 額 とみなします 専 有 部 分 の 保 険 価 額 と 共 用 部 分 の 共 有 持 分 の 保 険 価 額 との 合 計 額 に 対 する 専 有 部 分 の 保 険 価 額 の 割 合 が 保 険 証 券 に 明 記 されていない 場 合 には 専 有 部 分 の 保 険 価 額 の 割 合 は40%とみなします (3)(1)の 場 合 において この 保 険 契 約 の 保 険 の 対 象 である 次 の 専 有 部 分 の 保 険 金 額 と 共 用 部 分 の 保 険 金 額 との 合 計 額 または 生 活 用 動 産 の 保 険 金 額 がそれぞれ 次 に 規 定 する 限 度 額 を 超 える 場 合 は その 限 度 額 をこの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 とみなし(1) の 規 定 を 適 用 します 1 同 一 敷 地 内 に 所 在 し かつ 同 一 被 保 険 者 の 所 有 に 属 す る 専 有 部 分 および 共 用 部 分 5,000 万 円 2 同 一 敷 地 内 に 所 在 し かつ 同 一 被 保 険 者 の 世 帯 に 属 す る 生 活 用 動 産 1,000 万 円 (4)(3)1または2の 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 生 活 用 65

68 動 産 について 地 震 保 険 法 第 2 条 ( 定 義 ) 第 2 項 の 地 震 保 険 契 約 でこの 保 険 契 約 以 外 のものが 締 結 されている 場 合 において それぞれの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 が(3)1もしくは2 に 規 定 する 限 度 額 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 を 超 えると きは 当 会 社 は 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 をもってこの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 とみなし (1)の 規 定 を 適 用 します 1 専 有 部 分 5,000 万 円 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 2 共 用 部 分 5,000 万 円 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 3 生 活 用 動 産 1,000 万 円 または 保 険 価 額 のいずれか 低 い 額 (5) 当 会 社 は (3)1の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 のうち 被 保 険 者 の 世 帯 と 異 なる 世 帯 が 居 住 する 他 の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 がある 場 合 または(3)1の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 が2 以 上 の 世 帯 の 居 住 する 共 同 住 宅 である 場 合 は 居 住 世 帯 を 異 にす るその 専 有 部 分 および 共 用 部 分 または 戸 室 ごとに(3)および (4)の 規 定 をそれぞれ 適 用 します (6)(3)から(5)までの 規 定 により 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 には 次 の 残 額 に 対 する 保 険 料 を 返 還 します 1 (3)の 規 定 により 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は この 保 険 契 約 の 保 険 金 額 から(3)1または2に 規 定 する 限 度 額 を 差 し 引 いた 残 額 2 (4)の 規 定 により 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は この 保 険 契 約 の 保 険 金 額 から 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 を 差 し 引 いた 残 額 ア. 専 有 部 分 および 共 用 部 分 (3)1に 規 定 する 限 度 額 イ. 生 活 用 動 産 (3)2に 規 定 する 限 度 額 この 保 険 契 約 の 専 有 部 分 の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 についての 保 険 金 額 の 合 計 額 この 保 険 契 約 の 共 用 部 分 の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 についての 保 険 金 額 の 合 計 額 この 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 の 合 計 額 この 保 険 契 約 の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 についての 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 についての 保 険 金 額 の 合 計 額 この 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 それぞれの 保 険 契 約 の 生 活 用 動 産 について の 保 険 金 額 の 合 計 額 (3)1または2の 専 有 部 分 および 共 用 部 分 または 生 活 用 動 産 について それぞれの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 の 合 計 額 が(3)1または2に 規 定 する 限 度 額 を 超 えるときに 限 ります (7) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 でも 保 険 の 対 象 の 残 存 物 の 所 有 権 その 他 の 物 権 は 当 会 社 に 移 転 しません 66

69 2 以 上 の 保 険 の 対 象 を1 保 険 金 額 で 契 約 した 場 合 には それ ぞれの 保 険 価 額 の 割 合 によって 保 険 金 額 を 比 例 配 分 し その 比 例 配 分 額 をそれぞれの 保 険 の 対 象 に 対 する 保 険 金 額 とみなし おのおの 別 に 前 条 の 規 定 を 適 用 します (1) 地 震 保 険 法 第 4 条 ( 保 険 金 の 削 減 )の 規 定 により 当 会 社 が 支 払 うべき 保 険 金 を 削 減 するおそれがある 場 合 は 当 会 社 は 同 法 およびこれに 基 づく 法 令 の 定 めるところに 従 い 支 払 うべき 保 険 金 の 一 部 を 概 算 払 し 支 払 うべき 保 険 金 が 確 定 した 後 に その 差 額 を 支 払 います (2) 地 震 保 険 法 第 4 条 ( 保 険 金 の 削 減 )の 規 定 により 当 会 社 が 支 払 うべき 保 険 金 を 削 減 する 場 合 には 当 会 社 は 同 法 およびこ れに 基 づく 法 令 の 定 めるところに 従 い 算 出 された 額 を 保 険 金 と して 支 払 います この 保 険 契 約 においては 72 時 間 以 内 に 生 じた2 以 上 の 地 震 等 は これらを 一 括 して1 回 の 地 震 等 とみなします ただし 被 災 地 域 が 全 く 重 複 しない 場 合 には おのおの 別 の 地 震 等 とし て 取 り 扱 います ( 注 (1) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 保 険 期 間 の 初 日 の 午 後 4 時 ) に 始 ま り 末 日 の 午 後 4 時 に 終 わります 保 険 証 券 にこれと 異 なる 時 刻 が 記 載 されている 場 合 はそ の 時 刻 とします (2)(1)の 時 刻 は 日 本 国 の 標 準 時 によるものとします (3) 保 険 期 間 が 始 まった 後 でも 当 会 社 は この 保 険 契 約 の 保 険 料 とこの 保 険 契 約 が 付 帯 されている 保 険 契 約 の 保 険 料 との 合 計 額 を 領 収 する 前 に 生 じた 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 になる 者 は 保 険 契 約 締 結 の 際 告 知 事 項 について 当 会 社 に 事 実 を 正 確 に 告 げなければなりま せん (2) 当 会 社 は 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 告 知 事 項 について 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 事 実 を 告 げなかった 場 合 または 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 適 用 しま せん 1 (2)に 規 定 する 事 実 がなくなった 場 合 2 当 会 社 が 保 険 契 約 締 結 の 際 (2)に 規 定 する 事 実 を 知 っ ていた 場 合 または 過 失 によってこれを 知 らなかった 場 合 3 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 の 発 生 前 に 告 知 事 項 につき 書 面 をもって 訂 正 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 なお 当 会 社 が 訂 正 の 申 出 を 受 け た 場 合 において その 訂 正 を 申 し 出 た 事 実 が 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 に 告 げられていたとしても 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 していたと 認 めるときに 限 り これを 承 認 するものと します 4 当 会 社 が (2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 保 険 契 約 締 結 時 か ら5 年 を 経 過 した 場 合 当 会 社 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 う 者 が 事 実 を 告 げることを 妨 げた 場 合 または 事 実 を 告 げないことも 67

70 しくは 事 実 と 異 なることを 告 げることを 勧 めた 場 合 を 含 みます (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 20 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわ らず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は (2)に 規 定 する 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべ き 損 害 については 適 用 しません 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 でな い 場 合 (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 次 のいずれかに 該 当 する 事 実 が 発 生 した 場 合 には 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません ただし その 事 実 がなく なった 場 合 には 当 会 社 への 通 知 は 必 要 ありません 1 保 険 の 対 象 である 建 物 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 の 構 造 または 用 途 を 変 更 したこと 2 保 険 の 対 象 を 他 の 場 所 に 移 転 したこと 3 1および2のほか 告 知 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせる ( 注 事 実 ) が 発 生 したこと 告 知 事 項 のうち 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 す る 書 面 等 においてこの 条 の 適 用 がある 事 項 として 定 め たものに 関 する 事 実 に 限 ります 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 であ る 場 合 (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 次 のいずれかに 該 当 する 事 実 が 発 生 した 場 合 には 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません ただし その 事 実 がなく なった 場 合 には 当 会 社 への 通 知 は 必 要 ありません 1 保 険 の 対 象 である 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 の 構 造 または 用 途 を 変 更 したこと 2 保 険 の 対 象 を 他 の 場 所 に 移 転 したこと 3 1および2のほか 告 知 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせる ( 注 事 実 ) が 発 生 したこと 告 知 事 項 のうち 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 においてこの 条 の 適 用 がある 事 項 として 定 めたも のに 関 する 事 実 に 限 ります (2)(1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 において 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 遅 滞 なく(1)の 規 定 による 通 知 をしなかったときは 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 当 会 社 が (2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 が あることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 危 険 増 加 が 生 じた 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 には 適 用 しません (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 20 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわ らず 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 ま でに 発 生 した 第 2 条 の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 に 対 しては 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 におい て 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます 68

71 (5)(4)の 規 定 は その 危 険 増 加 をもたらした 事 実 に 基 づかず に 発 生 した 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 については 適 用 しません 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 でな い 場 合 (6)(2)の 規 定 にかかわらず (1)の 事 実 の 発 生 によって 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 居 住 の 用 に 供 されな くなった 場 合 には 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 保 険 の 対 象 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 建 物 が 区 分 所 有 建 物 であ る 場 合 (6)(2)の 規 定 にかかわらず (1)の 事 実 の 発 生 によって 保 険 の 対 象 である 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 または 保 険 の 対 象 を 収 容 する 専 有 部 分 もしくは 共 用 部 分 が 居 住 の 用 に 供 されなくなっ た 場 合 には 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 共 用 部 分 が 居 住 の 用 に 供 されなくなった 場 合 とは 共 用 部 分 を 共 有 する 区 分 所 有 者 の 所 有 に 属 するこの 区 分 所 有 建 物 の 専 有 部 分 のすべてが 居 住 の 用 に 供 されなくなった 場 合 をいいます (7)(6)の 規 定 による 解 除 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 20 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわ らず (1)の 事 実 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 第 2 条 の 事 故 による 保 険 金 を 支 払 うべき 損 害 に 対 して は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 す ることができます 保 険 契 約 者 が 保 険 証 券 記 載 の 住 所 または 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 保 険 契 約 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなけ ればなりません (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 被 保 険 者 が 保 険 の 対 象 を 譲 渡 する 場 合 に は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく 書 面 をもってそ の 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません (2)(1)の 場 合 において 保 険 契 約 者 がこの 保 険 契 約 に 適 用 さ れる 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 関 する 権 利 および 義 務 を 保 険 の 対 象 の 譲 受 人 に 移 転 させるときは (1)の 規 定 にかかわらず 保 険 の 対 象 の 譲 渡 前 にあらかじめ 書 面 をもってその 旨 を 当 会 社 に 申 し 出 て 承 認 を 請 求 しなければなりません (3) 当 会 社 が(2)の 規 定 による 承 認 をする 場 合 には 第 15 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 )(1)の 規 定 にかかわらず (2)の 権 利 お よび 義 務 は 保 険 の 対 象 が 譲 渡 された 時 に 保 険 の 対 象 の 譲 受 人 に 移 転 します (1) 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 をもって 締 結 した 保 険 契 約 は 無 効 とします (2) 警 戒 宣 言 が 発 せられた 場 合 は 大 震 法 第 3 条 ( 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 の 指 定 等 ) 第 1 項 の 規 定 により 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 として 指 定 された 地 域 のうち その 警 戒 宣 言 に 係 る 地 域 内 に 所 在 する 保 険 の 対 象 についてその 警 戒 宣 言 が 発 せられた 時 から 同 法 第 9 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 地 震 災 害 に 関 する 警 戒 解 除 宣 言 が 発 せられた 日 までの 間 に 締 結 された 保 険 契 約 は 無 効 とし ます ただし 警 戒 宣 言 が 発 せられた 時 までに 締 結 されていた 保 険 契 約 の 期 間 満 了 に 伴 い 被 保 険 者 および 保 険 の 対 象 を 同 一 69

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会

More information

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用 エイ ワン 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 賃 貸 入 居 者 あんしん 総 合 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 第 1 章 総 則 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 別 約 款 において 使 用 され る 用 語 の 定 義 は 次 の 各 号 に 掲 げる 通 りとします ただし 別

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 火 災 保 険 オールリスク 補 償 特 約 の ご 案 内 はじめに 拝 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 社 業 務 に 関 しまして は 平 素 より 格 別 のご 高 配 を 賜 り ありがたく 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 近 年 のリスクマネジメントの 考 え 方 の 浸 透

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 する 死 亡 を 含 みます )または 財 物 の 滅 失 き 損 もしくは 汚 損 ( 以 下 損 壊 といいます )について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによ って 被 る 損 害 をてん

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土 木 工 事 業 者 の 皆 さまの 保 険

の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土 木 工 事 業 者 の 皆 さまの 保 険 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 包 括 契 約 方 式 土 木 工 事 保 険 土 木 工 事 を これひとつで!! の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もしくは 汚 損 2) ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま) に 対 して この 約 款 に 従

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 生 産 物 を

補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 生 産 物 を 補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 施 設 所 有 管 理 者 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 事 務 所 店 舗 工 場 等 さまざまな 施 設 ( 昇 降 機 を 含 みます )の 所 有 者

More information

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限 2015.10 専 門 業 務 事 業 者 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 保 険 募 集 人 特 約 他 保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

タフ・クルマの保険

タフ・クルマの保険 P.4 P.6 P.8 P.9 P.12 P.16 P.21 P.30 P.46 P.56 P.100 N1 4 6 8 9 12 1 2 3 4 5 6 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 12 13 13 14 15 16 17 17 18 18 19 19 20 20 20 21 1 21 2 21 3 22 4 25 5 26 28 30 1 2 46 1 2 3 4

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火

普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火 2015年10月1日以降始期契約用 普通火災保険 工場物件用 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火 による 火 災 消 防 活 動 による

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

10310659_05.indd

10310659_05.indd 2016 年 4 月 1 日 以 降 保 険 始 期 用 学 研 災 付 帯 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 のしおり A コース B コース C コース 学 生 教 育 研 究 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称 学 研 賠 ) インターンシップ 教 職 資 格 活 動 等 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称 インターン 賠 ) 医 学 生 教 育 研 究 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

SBI_普約特約_改訂版.indd

SBI_普約特約_改訂版.indd 2014 年 4 月 改 定 普 通 保 険 約 款 特 約 SBI の 自 動 車 保 険 個 人 総 合 自 動 車 保 険 このたびは 弊 社 SBI 損 保 の 自 動 車 保 険 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうございまた この 小 冊 子 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されております ご 一 読 のうえ 大 切 に 保 管 て ご 利 用 ください ご

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した 自治体提携慶弔共済保険 やすらぎ 全福ネット慶弔共済保険 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 ご契約のしおり 普通保険約款 特約 冊子 2013 年6月版 一般財団法人 全国勤労者福祉 共済振興協会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

商工団体総合賠償責任保険制度

商工団体総合賠償責任保険制度 1 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もし くは 汚 損 ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによっ て 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま)に 対 して この 約 款

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約) 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が 異 なる 場 合 は ご 契 約 者 よりこの 内 容 を 補 償 の 対 象 となる 方 にもご 説

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73>

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73> 平 成 28 年 度 一 般 財 団 法 人 日 本 建 築 設 備 昇 降 機 センター 情 報 交 流 会 会 員 準 会 員 対 象 建 築 設 備 定 期 検 査 業 務 に 携 わる 方 々のための 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 請 負 業 者 賠 償 責 任 保 険 + 受 託 者 賠 償 責 任 保 険 + 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 ) 保 険 契 約 者 一 般

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

住宅安心保険ご契約のしおり

住宅安心保険ご契約のしおり 1 はじめに 本 冊 子 は 住 宅 安 心 保 険 および 地 震 保 険 についての 大 切 なこ とがらを 記 載 したものです 必 ずご 一 読 いただき 内 容 をご 確 認 いただきますようお 願 いいたします 本 冊 子 には ご 契 約 後 のお 手 続 き 事 故 が 発 生 した 場 合 の お 手 続 き についても 記 載 しておりますので ご 契 約 後 も 保 険 証 券

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相 TOHOKUJIKYO 自 動 車 共 済 約 款 ( 普 通 共 済 約 款 および 特 約 条 項 平 成 27 年 10 月 東 北 自 動 車 共 済 協 同 組 合 980-0011 仙 台 市 青 葉 区 上 杉 一 丁 目 9 番 15 号 022-264-1188 FAX 022-264-1166 ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21

1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21 Architects & Engineers Liability Insurance NEW P9 JAPAN FEDERATION OF ARCHITECTS & BUILDING ENGINEERS ASSOCIATIONS 1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21 NEW 1 1 NEW 2 2 3 3 4 5,000 1 1 1 5,000 5,000

More information

新しい賠償基準について

新しい賠償基準について 新 しい 賠 償 基 準 について 避 難 指 示 区 域 内 から 避 難 されている 方 々へのご 説 明 資 料 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 1 新 しい 賠 償 基 準 に 関 する 説 明 資 料 ( 避 難 指 示 区 域 用 ) 目 次 Ⅰ. 新 しい 賠 償 基 準 の 方 針 Ⅱ. 新 しい 賠 償 基 準 の 全 体 像 Ⅲ. 財 物 賠 償 Ⅳ. 営 業 損 害

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 4. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 )の 請 求 事 由 が 発 生 したとき 4 5.

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

< C A4F96CA CA82CD8B8C2E706466>

< C A4F96CA CA82CD8B8C2E706466> 重 要 事 項 説 明 書 契 約 概 要 のご 説 明 ご 契 約 いただく 保 険 の 特 に 重 要 な 情 報 をご 説 明 します 1. 商 品 のしくみ この 保 険 は 火 災 や 爆 発 落 雷 などを 始 め 風 災 雹 災 雪 災 や 水 災 などの 自 然 災 害 水 濡 れ 盗 難 などの 偶 然 な 事 故 で 賃 貸 住 宅 内 にある 家 財 が 損 害 を 受 けたときに

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

大 家 さん 向 け GK すまいの 保 険 建 物 の 補 償 建 物 のリスクに 対 応 した 契 約 プランをお 選 びください : 補 償 さ れ ま す( 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 ) : 補 償 されません マンション アパートの 主 なリスク 契 約 プラン オススメ

大 家 さん 向 け GK すまいの 保 険 建 物 の 補 償 建 物 のリスクに 対 応 した 契 約 プランをお 選 びください : 補 償 さ れ ま す( 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 ) : 補 償 されません マンション アパートの 主 なリスク 契 約 プラン オススメ 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 家 庭 用 火 災 保 険 GK すまいの 保 険 ( 保 険 期 間 5 年 以 下 用 ) GK すまいの 保 険 スーパーロング GK すまいの 保 険 ローン 団 体 扱 用 すま い の 保 険 大 家 さん 向 け 大 家 さん 向 け GK すまいの 保 険 建 物 の 補 償 建 物 のリスクに 対 応 した 契 約 プランをお

More information

【PDF用】1304テナント総合保険:本文(重説).indd

【PDF用】1304テナント総合保険:本文(重説).indd 13.04 改 テナント 総 合 保 険 重 要 事 項 のご 説 明 株 式 会 社 アソシア ASJY002-004 もくじ 重 要 事 項 のご 説 明 契 約 概 要 のご 説 明 2 1. 商 品 の 仕 組 みおよび 引 受 条 件 等 2 2. 保 険 料 3 3. 保 険 料 の 払 込 方 法 について 3 4. 契 約 者 配 当 金 3 5. 解 約 返 戻 金 3 注 意 喚

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 日 本 口 腔 ケア 学 会 会 員 の 皆 さまへ 医 療 従 事 者 看 護 職 向 け 保 険 制 度 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 を 行 うにあたり 事 故 が 発 生 した 場 合 に その 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 法 律 上 の を 負 担 することによって 被 る 損 害 を 補 償

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

ファイル共有サービス利用規約

ファイル共有サービス利用規約 平 成 28 年 3 月 22 日 東 北 インテリジェント 通 信 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 利 用 規 約 の 適 用... 1 第 2 条 利 用 規 約 の 変 更... 1 第 3 条 用 語 の 定 義... 1 第 2 章 サービスの 種 別 等... 3 第 4 条 種 別 等... 3 第 3 章 サービスの 提 供 区 間... 4 第 5

More information

日本商工会議所.indd

日本商工会議所.indd 1 2 3 Ⅵ 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 共 通 費 用 損 害 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 事 故 または 行 為 に 起 因 する 損 害 1 被 保 険 者 の 犯 罪 行 為 ( 過 失 犯 を 除 きます ) 2 被 保 険 者 の 故 意 または 重 過 失 による 法 令 違 反 3 被 保 険 者 が 他 人 に 損 失 を 与 えることを 認

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63> 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 普 通 保 険 約 款 および 特 約 事 業 総 合 傷 害 保 険 (この 保 険 の 趣 旨 ) この 保 険 は 中 小 企 業 の 法 人 または 個 人 事 業 主 が 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 ( 以 下 当 法 人 といいます )の 会 員 として 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 になり 事 業 主 および

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 ( 始 期 日 )が 平 成 22 年 4 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

一般社団法人全日本建築士会の会員の皆様へ

一般社団法人全日本建築士会の会員の皆様へ 一 般 社 団 法 人 全 日 本 建 築 士 会 の 会 員 の 皆 さまへ 一 般 社 団 法 人 全 日 本 建 築 士 会 会 員 専 用 団 体 契 約 建 築 士 賠 償 責 任 補 償 制 度 ( 建 築 家 賠 償 責 任 保 険 ) のご 案 内 はじめに ご 存 知 のとおり 今 日 においては 自 動 車 事 故 だけでなく 個 人 の 日 常 生 活 や 企 業 活 動 など

More information

傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神

傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 ジェイアイ 傷 害 火 災 保 険 株 式 会 社 2014.4.1 以 降 保 険 始 期 インターネットオンライン 契 約 用 国 内 旅 行 保 険 約 款 ( 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 および 特 約 ) 普 通 保 険 約 款 特 約 頁 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 国 内 旅 行 傷 害 保 険 特 約 23 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 国

More information

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ〜Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2012年7月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ〜Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2012年7月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 が 平 成 24 年 7 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

工 事 概 要 工 事 名 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 その 他 工 事 工 事 概 要 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 工 金 城 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 稲 永 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 潮 凪 ふ 頭 西 側 護 岸 補 修 工 1 式 1 式 1 式 1 式 施 行 箇 所 図 :

工 事 概 要 工 事 名 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 その 他 工 事 工 事 概 要 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 工 金 城 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 稲 永 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 潮 凪 ふ 頭 西 側 護 岸 補 修 工 1 式 1 式 1 式 1 式 施 行 箇 所 図 : 入 札 公 告 次 のとおり 事 後 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( 特 別 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 5 日 入 札 に 付 す る 事 項 競 争 入 札 参 加 資 格 [1] 工 事 名 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 概 要 [4] 工 期 [5] 予 定 価 格 ( 税 抜 き) [6] 前 払 金 及 び

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

家 財 をとり 巻 くさまざまなリスクをまとめて 補 償 します 損 害 保 険 金 補 償 内 容 詳 しくは ~ P4 へ 自 動 的 にセット 火 災 失 火 やもらい 火 などに よる 火 災 の 損 害 を 補 償 します 風 災 雹 災 雪 災 水 災 建 物 外 部 からの 物 体 の

家 財 をとり 巻 くさまざまなリスクをまとめて 補 償 します 損 害 保 険 金 補 償 内 容 詳 しくは ~ P4 へ 自 動 的 にセット 火 災 失 火 やもらい 火 などに よる 火 災 の 損 害 を 補 償 します 風 災 雹 災 雪 災 水 災 建 物 外 部 からの 物 体 の 平 成 27 年 10 月 改 定 賃 貸 住 宅 内 収 容 家 財 用 三 菱 地 所 ハウスネット 火 災 保 険 家 財 をとり 巻 くさまざまなリスクをまとめて 補 償 します 損 害 保 険 金 補 償 内 容 詳 しくは ~ P4 へ 自 動 的 にセット 火 災 失 火 やもらい 火 などに よる 火 災 の 損 害 を 補 償 します 風 災 雹 災 雪 災 水 災 建 物 外 部

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information