目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の"

Transcription

1 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議

2 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 推 移 6 (1) 総 人 口 の 推 移 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 (3) 年 齢 別 人 口 構 成 の 推 移 ( 人 口 ピラミッド) (4) 総 人 口 と 世 帯 数 の 推 移 (5) 地 区 別 人 口 の 推 移 2. 自 然 増 減 の 推 移 11 (1) 出 生 死 亡 数 の 推 移 (2) 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 (3) 年 齢 階 級 別 出 生 率 の 推 移 3. 社 会 増 減 の 推 移 14 (1) 転 入 転 出 数 の 推 移 (2) 年 齢 階 級 別 人 口 移 動 の 推 移 (3) 年 代 別 地 域 別 の 人 口 移 動 の 状 況 2

3 第 3 章 相 馬 市 における 産 業 の 現 状 分 析 1. 相 馬 市 の 経 済 指 標 ( 偏 差 値 )の 推 移 相 馬 市 の 産 業 の 特 徴 20 (1) 事 業 所 数 と 従 業 者 数 (2) 男 女 別 産 業 人 口 (3) 年 齢 階 級 別 産 業 人 口 3. 収 入 と 婚 姻 率 の 関 係 25 第 4 章 相 馬 市 人 口 の 将 来 展 望 1. 将 来 展 望 の 基 礎 となる 住 民 意 識 26 (1) 出 産 子 育 て 意 識 (2) 就 職 U ターン 意 識 2. 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 29 (1) 相 馬 市 の 現 状 ( 課 題 ) (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 3.これまでの 分 析 を 踏 まえた 相 馬 市 の 将 来 人 口 展 望 30 3

4 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 日 本 の 人 口 は 平 成 20(2008) 年 より 減 少 が 始 まり そのスピードは 今 後 高 齢 化 の 急 速 な 進 展 と 共 に 加 速 度 的 に 進 んでいくと 推 計 されています このような 中 国 では 昨 年 まち ひと しごと 創 生 法 が 制 定 され 同 年 12 月 に は わが 国 の 人 口 の 現 状 と 将 来 展 望 を 提 示 する まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン ( 以 下 国 の 長 期 ビジョン という ) が 閣 議 決 定 されました 国 の 長 期 ビジョンにおいては 国 民 の 希 望 を 実 現 し 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけること で 人 口 減 少 問 題 を 克 服 し 平 成 72(2060) 年 に 1 億 人 程 度 の 人 口 を 確 保 することを 展 望 しています このような 流 れを 受 け 今 般 相 馬 市 においても 国 の 長 期 ビジョン 等 を 踏 まえ 人 口 を 切 り 口 に 相 馬 市 における 現 状 を 分 析 しあるべき 将 来 像 を 展 望 する 相 馬 市 人 口 ビジ ョン を 策 定 いたしました 相 馬 市 人 口 ビジョン の 実 現 に 向 け 市 ではこれまでの 行 財 政 改 革 の 経 験 と さらに ISO9001 などの 行 政 手 法 を 最 大 限 に 活 用 し これまで 行 ってきた 各 施 策 を 継 続 すると ともに 転 入 の 促 進 や 転 出 抑 制 につながる 雇 用 の 確 保 や 職 場 環 境 の 充 実 整 備 定 住 につ ながる 将 来 を 見 据 えた 都 市 政 策 婚 姻 率 向 上 に 向 けた 出 会 いの 機 会 の 提 供 や 質 的 能 力 の 向 上 そして 出 生 力 向 上 へ 向 けた 安 心 して 出 産 子 育 てができる 環 境 の 整 備 充 実 や 子 育 てに 関 する 財 政 支 援 などに 努 め 将 来 にわたって 相 馬 市 が 相 馬 市 であり 続 ける ための 魅 力 あふれる 相 馬 市 づくりに 邁 進 してまいります 4

5 2. 人 口 ビジョンとは (1) 位 置 づけ 相 馬 市 人 口 ビジョンは 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けて 効 果 的 な 施 策 を 企 画 立 案 する 上 での 重 要 な 基 礎 と 位 置 付 けられるもので 今 後 の 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 える 影 響 の 分 析 考 察 目 指 すべき 将 来 の 方 向 等 を 提 示 するものです (2) 対 象 期 間 相 馬 市 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 は 国 の 長 期 ビジョンの 期 間 に 準 拠 し 平 成 72 (2060) 年 までとします (3) 国 の 長 期 ビジョン 国 の 長 期 ビジョンにおいては 人 口 減 少 時 代 が 到 来 しているとの 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識 の 下 1 東 京 一 極 集 中 の 是 正 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 子 育 ての 希 望 の 実 現 3 地 域 の 特 性 に 即 した 地 域 課 題 の 解 決 という 基 本 的 視 点 に 基 づき 将 来 にわたって 活 力 ある 日 本 社 会 を 維 持 することを 目 指 しています 具 体 的 には 若 い 世 代 の 希 望 実 現 による 出 生 率 の 向 上 ( 平 成 27(2015) 年 :1.42 平 成 42(2030) 年 :1.8 程 度 平 成 52(2040) 年 :2.07 程 度 )により 人 口 構 造 の 若 返 り を 進 展 させ 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけることで 平 成 72(2060) 年 に 1 億 人 程 度 の 人 口 を 確 保 するとともに 人 口 の 安 定 化 生 産 性 の 向 上 により 2050 年 代 に 実 質 GDP 成 長 率 を 1.5~2% 程 度 に 維 持 することを 目 指 しています 地 方 創 生 により 地 域 資 源 を 活 用 した 多 様 な 地 域 社 会 を 形 成 し 地 方 先 行 の 若 返 り を 実 現 させるとともに 外 部 ( 域 外 国 外 )とのつながり 連 携 により 新 たな 視 点 から 地 域 を 活 性 化 させ 東 京 圏 においては 世 界 に 開 かれた 国 際 都 市 へ 発 展 させていくこと を 期 待 しています 地 方 創 生 = 日 本 創 生 5

6 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 の 推 移 出 典 : 国 勢 調 査 より 作 成 本 市 の 総 人 口 は 大 正 9 年 には 27,858 人 であったが 昭 和 15(1940) 年 から 昭 和 25 (1950) 年 にかけ 大 幅 に 増 加 その 後 は 昭 和 45(1970) 年 まで 減 少 傾 向 にて 推 移 昭 和 55(1980) 年 以 降 の 総 人 口 は 増 減 しながらも 平 成 7(1995) 年 には 39,449 人 と 4 万 人 近 くまで 増 加 した ただし 平 成 7(1995) 年 以 降 については 同 年 をピークに 人 口 減 少 に 転 じ 平 成 22 (2010) 年 には 人 口 も 37,817 人 まで 減 少 その 後 東 日 本 大 震 災 による 甚 大 なる 被 災 の 影 響 もあり 平 成 27 年 8 月 1 日 現 在 では 35,950 人 ( 住 民 基 本 台 帳 ベース)まで 人 口 減 少 が 進 んでいる 6

7 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 出 典 : 国 勢 調 査 より 作 成 人 口 の 年 齢 3 区 分 年 少 人 口 0~14 歳 生 産 年 齢 人 口 15~64 歳 老 年 人 口 65 歳 以 上 昭 和 55(1980) 年 平 成 22(2010) 年 増 減 数 増 減 率 年 少 人 口 8,871 人 5,187 人 3,684 人 41.5% 生 産 年 齢 人 口 25,109 人 22,832 人 2,277 人 9.0% 老 年 人 口 4,352 人 9,577 人 5,225 人 120.0% 総 人 口 38,332 人 37,817 人 515 人 1.3% 昭 和 55(1980) 年 から 平 成 22(2010) 年 までの 年 齢 3 区 分 別 の 人 口 推 移 を 見 ると 総 人 口 は 微 減 に 留 まっているものの 年 少 人 口 及 び 生 産 年 齢 人 口 は 減 少 傾 向 で 推 移 して おり 特 に 年 少 人 口 の 減 少 傾 向 が 顕 著 に 見 てとれる 一 方 で 老 年 人 口 は 増 加 基 調 で 推 移 し 平 成 7(1995) 年 には 年 少 人 口 を 逆 転 本 市 に おいても 急 速 に 高 齢 化 が 進 んでいることが 分 かる 7

8 (3) 年 齢 別 人 口 構 成 の 推 移 ( 人 口 ピラミッド) 出 典 : 国 勢 調 査 より 作 成 8

9 人 口 ピラミッドの 推 移 を 見 てみると 昭 和 55(1980) 年 は 年 少 人 口 も 多 く 老 年 人 口 が 少 ない ピラミッド 型 に 近 かったものが 平 成 22(2010) 年 には 年 少 人 口 の 減 少 と 老 齢 人 口 が 増 加 し 形 状 は つぼ 型 に 変 化 昭 和 55(1980) 年 平 成 22(2010) 年 ともに 団 塊 及 び 団 塊 ジュニア 世 代 が 他 世 代 に 比 べ 比 較 的 多 い (4) 総 人 口 と 世 帯 数 の 推 移 ( 世 帯 ) 総 人 口 世 帯 数 出 典 : 国 勢 調 査 より 作 成 総 人 口 と 世 帯 数 の 推 移 を 見 ると 人 口 が 減 少 基 調 で 推 移 しているのに 対 し 世 帯 数 は 一 貫 して 増 加 基 調 にて 推 移 一 世 帯 あたりの 世 帯 人 数 は 昭 和 60(1985) 年 の 3.7 人 から 平 成 22(2010) 年 に は 2.8 人 まで 減 少 しており 本 市 においても 核 家 族 化 が 急 速 に 進 展 していると 考 えられ る 9

10 (5) 地 区 別 人 口 の 推 移 出 典 : 国 勢 調 査 ( 市 独 自 集 計 ) 地 区 別 の 人 口 推 移 を 見 ていくと 昭 和 60(1985) 年 と 平 成 22(2010) 年 では 大 野 地 区 ( 伸 び 率 12.2%) 山 上 地 区 ( 伸 び 率 5.2%)を 除 き 全 地 区 において 人 口 は 減 少 特 に 玉 野 地 区 については 対 昭 和 60(1985) 年 で 33.0% 人 口 が 減 少 しておりその 傾 向 が 顕 著 大 野 地 区 については 相 馬 中 核 工 業 団 地 ( 西 地 区 )からも 近 い 立 地 にあり 同 工 業 団 地 へ の 通 勤 の 利 便 性 が 高 いこと 等 が 人 口 増 加 の 一 因 と 考 えられる 10

11 2. 自 然 増 減 の 推 移 (1) 出 生 死 亡 数 の 推 移 昭 和 50 年 昭 和 55 年 昭 和 60 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 減 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 減 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 平 成 26 年 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 減 出 典 : 現 住 人 口 調 査 11

12 本 市 の 自 然 増 減 ( 出 生 数 - 死 亡 数 )については 昭 和 50(1975) 年 から 平 成 10(1998) 年 までは 減 少 基 調 ながらもプラスにて 推 移 していたが 平 成 11(1999) 年 に 初 めて 死 亡 数 が 出 生 数 を 上 回 ると 平 成 15(2003) 年 以 降 は 一 貫 して 死 亡 数 が 出 生 数 を 上 回 る 状 況 が 続 いている ここ 数 年 は 死 亡 数 が400 人 台 で 推 移 しているのに 対 し 出 生 数 は300 人 前 後 にとど まっており 少 子 高 齢 化 の 影 響 が 見 てとれる (2) 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 出 典 : 人 口 動 態 保 健 所 市 区 町 村 別 統 計 ベイズ 推 定 値 による ベイズ 推 定 値 対 象 の 市 区 町 村 と 同 質 と 考 えられる 周 辺 地 域 ( 二 次 医 療 圏 )のデータを 組 み 合 わせたベイズモ デルにより 合 計 特 殊 出 生 率 を 補 正 したもの 相 馬 市 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 昭 和 58(1983) 年 ~ 昭 和 62(1987) 年 には 人 口 置 換 水 準 である 2.07 を 上 回 る 2.09 だったものの 徐 々に 低 下 し 直 近 の 平 成 20(2008) 年 ~ 平 成 24(2012) 年 においては 1.63 まで 低 下 ただし 国 福 島 県 との 比 較 で は 高 い 出 生 率 を 維 持 している 人 口 置 換 水 準 人 口 が 増 加 も 減 少 もしない 均 衡 した 状 態 となる 合 計 特 殊 出 生 率 の 水 準 のこと 12

13 (3) 年 齢 階 級 別 出 生 率 の 推 移 出 典 : 人 口 動 態 保 健 所 市 区 町 村 別 統 計 出 生 率 当 該 5 年 間 での 出 生 数 = 1000 ( 人 口 千 対 ) 当 該 5 年 間 の 中 間 年 10 月 1 日 現 在 人 口 5 ベイズ 推 定 による 補 正 あり 年 齢 階 級 別 の 出 生 率 の 推 移 をみると 20 代 ~30 代 前 半 の 出 生 率 の 低 下 が 見 てとれる 特 に25~29 歳 の 出 生 率 の 低 下 が 顕 著 となっている 20~30 代 前 半 の 出 生 率 が 低 下 しているのに 対 し 30 代 後 半 以 上 の 出 生 率 が 上 昇 晩 婚 化 に 伴 い 出 産 年 齢 の 高 齢 化 が 進 んでいると 考 えられる 13

14 3. 社 会 増 減 の 推 移 (1) 転 入 転 出 数 の 推 移 昭 和 50 年 昭 和 55 年 昭 和 60 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 転 入 数 1,634 1,457 1,308 1,246 1,425 1,538 1,529 1,365 1,380 1,295 転 出 数 1,733 1,557 1,507 1,365 1,462 1,501 1,566 1,512 1,469 1,421 社 会 増 減 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 転 入 数 1,350 1,320 1,273 1,334 1,314 1,557 1,334 1,133 1,225 1,134 転 出 数 1,414 1,370 1,319 1,383 1,281 1,421 1,407 1,332 1,558 1,268 社 会 増 減 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 平 成 26 年 転 入 数 1,220 1,074 1,117 1,232 転 出 数 1,887 1,400 1,298 1,299 社 会 増 減 出 典 : 現 住 人 口 調 査 14

15 本 市 の 転 入 転 出 数 については 基 本 的 に 転 出 超 過 基 調 で 推 移 しているが 平 成 17(2005) 年 平 成 18(2006) 年 はプラスに 転 じている 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 原 発 事 故 の 影 響 もあり 平 成 23(2011) 年 平 成 24(2012) 年 と 大 幅 な 転 出 超 過 となったものの 徐 々に 転 出 増 は 収 まってきており 逆 に 転 入 数 が 増 加 ( 回 復 ) 傾 向 にあることから 社 会 増 減 のマイナス 幅 は 縮 小 傾 向 にある (2) 年 齢 階 級 別 人 口 移 動 の 推 移 出 典 : 総 務 省 統 計 局 国 勢 調 査 による 市 区 町 村 別 男 女 5 歳 階 級 別 人 口 と 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 都 道 府 県 別 生 命 表 を 用 いて 推 定 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 推 移 ( 転 入 数 - 転 出 数 )を 見 ると 10~14 歳 15~19 歳 か ら 15~19 歳 20~24 歳 までの 人 口 流 出 傾 向 が 顕 著 に 見 てとれ 大 学 専 門 学 校 等 への 進 学 や 就 職 のタイミングで 人 口 が 流 出 していると 考 えられる その 後 20~24 歳 25~29 歳 の 層 では 逆 に 転 入 超 過 傾 向 が 続 いており 一 定 の 層 が 社 会 人 となった 後 に U ターン 等 で 相 馬 市 に 戻 ってきていると 考 えられる 平 成 17(2005) 年 平 成 22(2010) 年 においては 45~49 歳 50~54 歳 か ら 60~64 歳 65~69 歳 の 層 の 転 入 が 超 過 しており 退 職 等 のタイミングにおいて も 一 定 層 が 相 馬 市 に 戻 ってきていることが 見 てとれる 15

16 (3) 年 代 別 地 域 別 の 人 口 移 動 の 状 況 転 出 者 に 占 める 20 代 30 代 の 比 率 ( 相 馬 市 情 報 政 策 課 調 べ) 平 成 18 年 平 成 26 年 ~19 歳 20~39 歳 40 歳 ~ 男 性 22% 17% 女 性 24% 20% 男 性 57% 51% 女 性 61% 55% 男 性 21% 32% 女 性 15% 25% 本 市 の 転 出 者 数 は 震 災 の 年 を 除 き 男 女 とも 概 ね 500 人 台 で 推 移 しており 女 性 に 比 べ 男 性 の 転 出 者 数 が 多 い 傾 向 にある 転 出 者 に 占 める 年 代 別 の 割 合 を 見 ていくと 20 代 30 代 の 若 者 子 育 て 世 代 の 転 出 割 合 が 高 いが 少 子 高 齢 化 の 影 響 もあり 年 代 別 の 比 率 では 40 代 以 上 の 比 率 が 増 加 傾 向 にある 16

17 ( 相 馬 市 情 報 政 策 課 調 べ) 転 出 先 の 傾 向 では 県 内 では 本 市 と 隣 接 する 南 相 馬 市 新 地 町 の 割 合 が 高 く 県 外 では 仙 台 圏 を 中 心 とした 宮 城 県 への 転 出 割 合 が 高 いことが 分 かる 男 女 別 での 傾 向 については 男 性 は 女 性 より 首 都 圏 や 県 内 の 主 要 都 市 ( 福 島 市 郡 山 市 いわき 市 )へ 転 出 する 傾 向 が 強 く 女 性 はより 近 場 ( 南 相 馬 新 地 宮 城 )へ 転 出 する 傾 向 が 強 いことが 分 かる 17

18 第 3 章 相 馬 市 における 産 業 の 現 状 分 析 1. 相 馬 市 の 経 済 指 標 ( 偏 差 値 )の 推 移 出 典 事 業 所 数 従 業 者 数 : 総 務 省 事 業 所 企 業 統 計 ( ) 経 済 セン サ ス 基 礎 調 査 (2009 年 ) 財 政 力 指 数 : 総 務 省 地 方 財 政 統 計 年 報 ( 年 ) ( 基 準 財 政 収 入 / 基 準 財 政 需 要 の 過 去 3 年 平 均 ) 課 税 対 象 所 得 納 税 義 務 者 数 : 総 務 省 市 町 村 別 課 税 状 況 等 の 調 ( 年 ) 農 業 産 出 額 : 農 林 水 産 省 生 産 農 業 所 得 統 計 ( 年 ) 卸 売 販 売 額 小 売 販 売 額 : 経 済 産 業 省 商 業 統 計 ( 年 ) ( 卸 売 業 年 間 商 品 販 売 額 小 売 業 年 間 商 品 販 売 額 ) 製 造 品 出 荷 額 等 : 経 済 産 業 省 工 業 統 計 ( 年 ) 各 時 点 に 最 も 近 い 時 点 のデータを 使 用 18

19 経 済 指 標 ( 合 成 版 ) 経 済 指 標 は 下 記 方 法 によって 各 構 成 要 素 を 一 本 に 合 成 し 算 出 している < 構 成 要 素 > ( 活 動 主 体 ) 事 業 所 数 従 業 者 数 ( 所 得 ) 財 政 力 指 数 課 税 対 象 所 得 ( 納 税 義 務 者 数 一 人 当 たり) ( 生 産 支 出 ) 第 1 次 産 業 : 農 業 産 出 額 卸 売 販 売 額 第 2 次 産 業 : 製 造 品 出 荷 額 等 卸 売 販 売 額 第 3 次 産 業 : 小 売 販 売 額 < 合 成 方 法 > 上 記 8つの 各 構 成 要 素 について 市 区 町 村 別 に 1975 年 データを 基 準 (=100)として 年 の4 時 点 を 指 数 化 した 上 で 各 指 数 の 偏 差 値 を 計 算 時 点 毎 に 市 区 町 村 別 に8つの 偏 差 値 の 算 術 平 均 を 算 出 し 各 時 点 の 経 済 指 標 とした 過 去 30 年 間 の 全 国 平 均 が 偏 差 値 50であり それと 比 較 した 好 不 調 を 示 している 偏 差 値 は ( 指 数 - 平 均 値 )/ 標 準 偏 差 によって 計 算 偏 差 値 を 算 出 する 際 上 位 下 位 5%は 平 均 値 及 び 標 準 偏 差 の 計 算 から 除 外 した また 特 定 項 目 の 影 響 が 大 きくなりすぎないように 偏 差 値 80 以 上 は 全 て80と 置 換 え 20 以 下 は 全 て20と 置 換 えた 各 項 目 のデータに 欠 損 がある 場 合 近 傍 地 点 のデータと 同 値 と 見 做 した 全 ての 地 点 のデータが 欠 損 の 場 合 各 時 点 の 指 数 を100とした 相 馬 市 の 経 済 指 標 を 偏 差 値 化 したデータを 見 ると 経 済 指 標 全 般 的 には 昭 和 55(1980) 年 以 降 良 化 傾 向 で 推 移 個 別 に 見 ていくと 製 造 品 の 経 済 指 標 の 良 化 傾 向 が 顕 著 であるものの 卸 売 小 売 部 門 は 漸 減 傾 向 にあることが 分 かるほか 事 業 所 数 についても 減 少 傾 向 にあることが 見 てとれる 農 業 については 平 成 22(2010) 年 に 大 きく 良 化 しているが その 後 の 東 日 本 大 震 災 に よる 津 波 原 発 の 影 響 が 想 定 され 風 評 被 害 の 払 拭 をいかに 進 めていくかが 喫 緊 の 課 題 と 言 える 19

20 2. 相 馬 市 の 産 業 の 特 徴 (1) 事 業 所 数 と 従 業 者 数 学 術 研 究 不 動 産 業 教 育 相 馬 市 宿 泊, 飲 食 サーヒ ス 業 16.3% 生 活 関 連 サービス 娯 楽 業 10.9% 製 造 業 8.0% 医 療, 福 祉 サーヒ ス 業 6.0% 6.0% 20

21 生 活 関 連 運 輸 郵 便 農 業 林 業 相 馬 市 宿 泊, 飲 食 サーヒ ス 業 10.0% 医 療 福 祉 9.4% サーヒ ス 業 7.5% 出 典 RESAS 地 域 経 済 分 析 システムより ( 総 務 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 総 務 省 経 済 産 業 省 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 再 編 加 工 ) 各 々 会 社 数 と 個 人 事 業 所 会 社 と 個 人 事 業 所 の 従 業 者 総 数 を 合 算 本 市 の 事 業 所 数 を 見 ると 卸 売 小 売 業 宿 泊 飲 食 サービス 業 建 設 業 で 全 体 の 5 割 を 超 える 構 成 比 について 国 県 と 比 べると 卸 売 小 売 業 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 の 割 合 が 高 く 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 や 情 報 通 信 業 の 割 合 が 低 い 従 業 者 数 の 割 合 では 事 業 所 数 同 様 卸 売 小 売 業 への 従 事 者 数 が 多 いものの 宿 泊 飲 食 サービス 業 従 事 者 の 割 合 が 低 下 し 逆 に 製 造 業 従 事 者 の 割 合 が 高 くなっている 21

22 (2) 男 女 別 産 業 人 口 産 業 人 口 ( 人 ) 相 馬 市 における 15 歳 以 上 の 産 業 別 男 女 別 の 就 業 者 数 出 典 : 平 成 22 年 国 勢 調 査 男 女 別 産 業 別 の 就 業 状 況 を 見 ると 男 性 は 製 造 業 建 設 業 への 就 業 者 が 特 に 多 くなっ ており 女 性 は 製 造 業 卸 小 売 業 医 療 福 祉 業 への 就 業 者 数 が 多 い 22

23 (3) 年 齢 階 級 別 産 業 人 口 出 典 : 平 成 22 年 国 勢 調 査 23

24 相 馬 市 の 主 要 産 業 における 男 女 別 就 業 者 の 年 齢 階 級 を 見 ると 農 業 漁 業 といった 一 次 産 業 で 20 代 の 占 める 割 合 が 低 く 60 代 以 上 の 占 める 比 率 が 高 い 特 に 農 業 においては 男 女 ともに 60 代 以 上 が 50% 超 を 占 めており 就 業 者 の 高 齢 化 が 進 んでいる 逆 に 製 造 業 にいては 15~29 歳 の 比 率 が 他 の 業 種 より 比 較 的 高 いことが 分 かり 製 造 業 が 若 者 の 雇 用 の 大 きな 受 け 皿 となっていることが 見 てとれる 24

25 3. 収 入 と 婚 姻 率 の 関 係 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 年 収 と 婚 姻 率 ( 平 成 27 年 相 馬 市 ) 男 性 女 性 出 典 : 相 馬 市 独 自 調 査 より( 相 馬 市 における 30 代 男 性 の 年 収 区 分 毎 の 結 婚 率 ) 相 馬 市 における 年 収 と 結 婚 率 の 相 関 を 見 ていくと 男 性 は 年 収 約 300 万 円 を 境 に 年 収 300 万 円 未 満 の 婚 姻 率 は 50%を 割 り 込 み 300 万 円 以 上 になると 50%を 超 えており 年 収 と 婚 姻 率 の 関 係 はほぼ 連 動 している 女 性 については 年 収 と 婚 姻 率 に 連 動 性 は 見 られず 逆 に 年 収 が 高 いと 婚 姻 率 が 低 くなる 傾 向 も 見 てとれる 25

26 第 4 章 相 馬 市 人 口 の 将 来 展 望 1. 将 来 展 望 の 基 礎 となる 住 民 意 識 本 市 人 口 の 将 来 展 望 をしていくにあたって 住 民 の 意 識 意 向 を 踏 まえた 展 望 とするた め 以 下 のとおりアンケート 調 査 を 実 施 した (1) 出 産 子 育 て 意 識 ( 子 育 て 世 代 向 けアンケート 結 果 より) 26

27 子 育 て 世 代 向 けアンケート 結 果 より 抜 粋 実 施 時 期 : 平 成 27 年 5 月 18 日 ~ 平 成 27 年 5 月 27 日 対 象 者 : 市 内 小 学 校 幼 稚 園 保 育 園 の 園 児 児 童 の 保 護 者 配 布 数 3,168 回 答 数 2,612( 回 答 率 82.4%) 第 2 章 で 見 てきたとおり 本 市 においても 合 計 特 出 生 率 の 低 下 出 産 年 齢 の 高 齢 化 が 進 ん でいるが 子 育 て 世 代 向 けに 実 施 したアンケート 結 果 によれば 現 在 の 子 どもの 人 数 が 平 均 2.30 人 であるのに 対 して 理 想 の 子 供 の 人 数 については 平 均 2.71 人 という 結 果 に なっている また アンケート 回 答 者 の55%が 子 育 て 支 援 策 を 充 実 させた 場 合 第 3 子 を 出 産 した い( 是 非 考 えたい 考 えたい 施 策 による の 合 計 )との 意 向 を 持 っており 出 産 子 育 て 環 境 を 更 に 整 備 充 実 させていくことで 出 生 率 を 改 善 させていくことは 十 分 可 能 と 思 われる 27

28 (2) 就 職 U ターン 意 識 ( 中 高 生 向 けアンケート 結 果 より) 中 高 生 向 けアンケート 結 果 より 抜 粋 実 施 時 期 : 平 成 27 年 5 月 18 日 ~ 平 成 27 年 5 月 27 日 対 象 者 : 市 内 中 学 校 高 等 学 校 の 生 徒 配 布 数 2,143 回 答 数 2,079( 回 答 率 97.0%) 相 馬 市 においては 進 学 就 職 のタイミングで 人 口 流 出 が 起 きていることが 見 てとれるが 市 内 の 中 学 高 校 の 在 学 生 向 けに 実 施 したアンケート 結 果 を 見 ても 相 馬 市 内 での 就 職 を 希 望 する 生 徒 の 割 合 は 全 体 の34%に 留 まっており 24%が 仙 台 圏 で 19%が 東 京 圏 での 就 職 を 希 望 している しかしながら 市 外 への 就 職 希 望 者 のうち 58%の 生 徒 が 定 年 までには U ターンした いと 考 えており 将 来 的 に 本 市 に 戻 ってきたいと 考 えている 割 合 は70%を 超 える 結 果 となっている 28

29 2. 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 (1) 相 馬 市 の 現 状 ( 課 題 ) 相 馬 市 の 人 口 は 既 に 減 少 段 階 に 突 入 しており 核 家 族 化 の 進 展 出 生 率 の 低 下 晩 婚 化 に 伴 う 出 産 年 齢 の 高 齢 化 等 を 背 景 とした 出 生 数 の 減 少 (= 年 少 人 口 の 減 少 )は 将 来 的 な 生 産 年 齢 層 の 減 少 にもつながり 高 齢 化 の 進 展 が 重 なることで 深 刻 な 影 響 を 及 ぼすこと が 懸 念 される 更 に 進 学 就 職 段 階 での 転 出 増 を 背 景 とした 社 会 減 が 続 けば 産 業 においても 人 材 の 確 保 が 困 難 となり 本 市 産 業 の 活 力 を 削 ぐ 懸 念 も 大 きい 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 の 影 響 は 既 に 担 い 手 の 高 齢 化 が 進 んでいる 農 業 漁 業 においては 更 に 大 きく 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 原 発 事 故 の 風 評 被 害 の 影 響 も 重 なり 後 継 者 不 足 は 更 に 大 きな 課 題 となってくると 思 われる こうした 厳 しい 現 状 を 克 服 していくためには 人 口 の 自 然 増 減 社 会 増 減 のプラス 化 へ 向 け 官 民 が 一 丸 となって 取 り 組 んでいく 必 要 がある 雇 用 の 確 保 や 婚 姻 率 の 向 上 出 生 力 の 上 昇 などにつながるさまざまな 施 策 を 継 続 的 に 実 施 していくことで 人 口 減 少 による 消 滅 の 危 機 に 陥 ることなく 将 来 的 にも 安 定 した 発 展 を 続 けることが 出 来 るようになると 考 える (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 相 馬 市 では 将 来 にわたって 相 馬 市 が 相 馬 市 であり 続 けるため 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけ るべく 出 生 数 と 死 亡 数 の 差 である 自 然 増 減 と 転 入 と 転 出 の 差 である 社 会 増 減 を それ ぞれマイナスからプラスにもっていくことが 重 要 であると 考 えており 特 に 出 生 数 の 増 加 を 図 るため 1 女 性 人 口 の 増 加 2 婚 姻 率 の 向 上 3 出 生 力 の 向 上 を 目 指 していくこと が 必 要 だと 考 える そのためには これまで 行 ってきた 各 施 策 を 今 後 とも 継 続 実 施 するとともに 1 転 入 の 促 進 や 転 出 抑 制 につながる 雇 用 の 確 保 職 場 環 境 の 充 実 整 備 や 定 住 につながる 将 来 を 見 据 えた 都 市 政 策 2 婚 姻 率 の 向 上 のための 出 会 いの 機 会 の 提 供 や 質 的 能 力 の 向 上 3 出 生 力 の 向 上 のための 安 心 して 出 産 子 育 てができる 環 境 の 充 実 整 備 や 子 育 てに 関 する 財 政 支 援 など 雇 用 の 確 保 をはじめ 婚 姻 率 や 出 生 力 の 向 上 につながる 各 種 施 策 を 実 施 して いく 必 要 があり これら 施 策 を 市 民 とともに 一 丸 となって 進 めていくことで 平 成 72 (2060) 年 において 現 状 程 度 の 人 口 を 維 持 していくことを 目 指 す 29

30 3.これまでの 分 析 を 踏 まえた 相 馬 市 の 将 来 人 口 展 望 本 市 では これまでの 現 状 分 析 や 住 民 アンケート 結 果 等 を 基 に 前 述 の 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 を 踏 まえ 将 来 の 人 口 展 望 ( 推 計 )を 行 った 将 来 展 望 にあたっての 前 提 条 件 推 計 方 法 自 然 増 減 数 及 び 社 会 増 減 数 の 各 数 値 を 設 定 して 推 計 出 生 自 然 増 減 のプラス 化 へ 向 けた 施 策 の 実 施 により 出 生 数 が 増 加 すると 仮 定 し 推 計 重 点 項 目 婚 姻 率 の 上 昇 ( 男 性 の 所 得 向 上 策 の 実 現 出 会 いの 機 会 の 提 供 等 ) 出 生 力 の 上 昇 ( 出 産 子 育 て 支 援 策 の 充 実 等 ) 死 亡 福 島 県 全 体 の 年 齢 階 級 別 生 存 率 を 用 い 推 計 転 入 転 出 社 会 増 減 のプラス 化 へ 向 けた 施 策 の 実 施 により 社 会 増 減 がプラス 化 する と 仮 定 し 推 計 重 点 項 目 職 場 雇 用 の 確 保 ( 企 業 誘 致 新 産 業 創 出 等 ) 定 住 定 着 促 進 ( 住 みやすい 社 会 の 実 現 郷 土 愛 醸 成 等 ) ( 単 位 : 人 ) 30

31 本 市 の 将 来 人 口 展 望 については 出 生 数 増 加 に 向 けた 施 策 の 充 実 と 転 入 促 進 転 出 抑 制 策 の 実 現 により 自 然 増 減 社 会 増 減 それぞれをマイナスからプラスに 改 善 させることで 当 面 の 人 口 減 少 を 最 小 限 に 抑 え 将 来 的 に 現 状 程 度 の 人 口 を 維 持 していくことを 目 指 す そのために 年 間 出 生 者 数 を 年 間 死 亡 者 数 と 同 数 以 上 に 増 加 させ また 特 に 若 者 の 転 出 者 の 抑 制 に 努 めるとともに 企 業 誘 致 などを 進 めることにより 新 たな 転 入 者 の 増 加 を 図 る 本 市 人 口 展 望 は これまで 行 ってきた 現 状 分 析 を 踏 まえると 達 成 へ 向 けてのハードルは 非 常 に 高 いものとなっている ただし 将 来 展 望 = 相 馬 市 のあるべき 姿 であり 本 市 のあるべき 姿 の 実 現 へ 向 け 市 民 の 英 知 を 結 集 し 産 官 学 金 労 言 とも 連 携 しながら 鋭 意 取 り 組 んでいくものである 31

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の パブリックコメント 本 庄 市 人 口 ビジョン ( 案 ) 平 成 28 年 3 月 本 庄 市 目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

参 考 資 料 4 当 別 町 人 口 ビジョン( 案 ) 平 成 27 年 7 月 版 当 別 町 目 次 1 人 口 動 向 分 析... 1 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 1 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移... 6 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン 伊 勢 原 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 伊 勢 原 市 目 次 1. 伊 勢 原 市 人 口 ビジョンの 策 定 にあたって 1 1-1. 人 口 ビジョンの 基 本 的 な 考 え 方 1 1-2. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 2 1-3. 人 口 ビジョンの 全 体 構 成 2 2. 人 口 の 現 状 分 析 3 2-1. 人 口 構 造 人 口 動 向 等 の

More information

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影 伊 佐 市 人 口 ビジョン 伊 佐 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 鹿 児 島 県 伊 佐 市 若 い 世 代 が 魅 力 を 感 じ 楽 しみ 学 び 育 ち 交 流 するまち ~ 自 然 の 恵 みを 取 り 込 み 光 り 輝 く~ 目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1)

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進 まち ひと しごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 平 成 27 年 12 月 青 森 県 鰺 ヶ 沢 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

地 方 公 務 員 制 度 の 概 要 ( 平 成 25 年 度 ) 和 歌 山 県 総 務 部 総 務 管 理 局 市 町 村 課 は し が き 平 成 25 年 度 は 地 方 公 務 員 の 給 与 減 額 に 関 する 国 からの 要 請 への 対 応 を はじめ 公 的 年 金 の 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げられることに 伴 う 雇 用 と

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ. 笠

目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ. 笠 笠 岡 市 人 口 ビジョン ( 未 定 稿 ) 平 成 27 年 6 月 22 日 岡 山 県 笠 岡 市 目 次 はじめに Ⅰ. 笠 岡 市 人 口 現 状 分 析 1. 人 口 推 移 2. 人 口 動 態 3. 年 齢 3 区 分 別 人 口 及 び 人 口 ピラミッド 4. 人 口 移 動 5. 昼 間 人 口 6. 出 生 率 と 出 生 数 7. 現 状 で 人 口 将 来 予 測 Ⅱ.

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378> 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 大 蔵 トマト リキュール 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1) 地 勢 及 び

More information

図 1 人 口 推 移 ( 人 ) 75,000 1954 年 ( 昭 和 29 年 ) 現 市 制 70,000 65,000 60,000 55,000 第 1 次 ベビーブーム 1980 年 ( 昭 和 55 年 ) 62,413 人 第 2 次 ベビーブーム 62,112 60,766 58

図 1 人 口 推 移 ( 人 ) 75,000 1954 年 ( 昭 和 29 年 ) 現 市 制 70,000 65,000 60,000 55,000 第 1 次 ベビーブーム 1980 年 ( 昭 和 55 年 ) 62,413 人 第 2 次 ベビーブーム 62,112 60,766 58 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 定 住 誘 発 型 プラットフォーム 構 築 による 移 住 定 住 促 進 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 氷 見 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 氷 見 市 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 (1) 氷 見 市 概 要 氷 見 市 は 富 山

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS) 第 Ⅱ 期 2 次 リリースについて 平 成 27 年 12 月 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局 2 1. 産 業 マップ 1-1. 全 産 業 花 火 図 ( 1) 1-2. 産 業 別 花 火 図 ( 1) 1-3. 企 業 別 花 火 図 ( 1) 1-4. 稼 ぐ 力 分 析 1-5. 特 許 分 布 図 1-6.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx 美 瑛 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 4 日 美 瑛 町 目 次 Ⅰ 地 方 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 策 定 の 背 景... 1 1 背 景... 1 2 美 瑛 町 人 口 ビジョン 美 瑛 町 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって... 1 Ⅱ 美 瑛 町 の 成 り 立 ちと 発 展 の 経 過... 2 1 沿 革... 2 2 まちの 特 徴... 3

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

1.2 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 本 市 の 第 6 次 東 海 市 総 合 計 画 を 上 位 計 画 とした 住 宅 政 策 部 門 の 基 本 計 画 という 位 置 付 けとし 国 及 び の 住 生 活 基 本 計 画 や 他 の 本 市 の 関 連 する 諸 計 画 とも

1.2 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 本 市 の 第 6 次 東 海 市 総 合 計 画 を 上 位 計 画 とした 住 宅 政 策 部 門 の 基 本 計 画 という 位 置 付 けとし 国 及 び の 住 生 活 基 本 計 画 や 他 の 本 市 の 関 連 する 諸 計 画 とも 審 議 事 項 (4) 東 海 市 の 住 宅 住 環 境 をめぐる 現 状 報 告 1. 計 画 の 概 要 1.1 計 画 の 背 景 と 目 的 本 市 では 平 成 18 年 度 に 東 海 市 住 宅 マスタープラン~ 定 住 から 活 力 へのシナリオ~( 以 下 第 一 次 計 画 という) を 策 定 し 誰 もが 住 み 続 けたくなる 魅 力 と 元 気 あふれる と うかい の

More information

( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して-

( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して- 参 考 2 まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョンについて 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 る まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョンについて 別 紙 のとおり 定 め ( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して- まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン ( 目

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

プレスリリース

プレスリリース 平 成 26 年 8 月 28 日 No.14-161 株 式 会 社 いよぎん 地 域 経 済 研 究 センター 人 口 推 計 にみる 愛 媛 の 23 年 - 働 き 手 の 激 減 後 期 高 齢 者 の 急 増 山 に 人 口 変 動 の 大 波 - 株 式 会 社 いよぎん 地 域 経 済 研 究 センター( 略 称 IRC 社 長 山 崎 正 人 )では この たび 下 記 のとおり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

愛 知 県 常 滑 市 人 口 /58,284 人 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 世 帯 /23,472 世 帯 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 面 積 /55.89 km2 北 緯 /34 度 53 分 東 経 /136 度 5 分 東 西 /6 km 南 北

愛 知 県 常 滑 市 人 口 /58,284 人 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 世 帯 /23,472 世 帯 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 面 積 /55.89 km2 北 緯 /34 度 53 分 東 経 /136 度 5 分 東 西 /6 km 南 北 常 滑 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 愛 知 県 常 滑 市 愛 知 県 常 滑 市 人 口 /58,284 人 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 世 帯 /23,472 世 帯 ( 平 成 28 年 1 月 末 日 現 在 ) 面 積 /55.89 km2 北 緯 /34 度 53 分 東 経 /136 度 5 分 東 西 /6 km 南

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

Microsoft Word - 1表紙2

Microsoft Word - 1表紙2 2015 とうけい 見 附 市 平 成 26 年 版 は し が き 平 成 26 年 版 見 附 市 統 計 書 をここに 発 行 いたします この 統 計 書 は 見 附 市 の 推 移 と 現 況 を 明 らかにし 市 勢 のようすを 正 しく 認 識 し ていただくため 編 さんしています 編 さんにあたっては 資 料 の 収 集 など 内 容 の 整 備 改 善 につとめていますが な

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

<91E591B2985F95B62E786C7378>

<91E591B2985F95B62E786C7378> 大 学 卒 程 等 採 用 試 験 第 二 次 試 験 一 般 論 文 の 出 題 ( 過 去 3 分 ) 区 分 テーマ 福 祉 土 木 建 築 機 械 電 気 農 業 造 園 環 境 衛 生 監 視 員 横 浜 市 は 緑 豊 かな 横 浜 を 次 世 代 に 引 き 継 ぐため 平 成 21 か ら 横 浜 みどりアップ 計 画 に 基 づき 緑 の 減 少 に 歯 止 めをかける 取 組 や

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information