PowerPoint Presentation

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint Presentation"

Transcription

1 資 料 3 放 送 番 組 の 権 利 処 理 の 現 状 2006 年 12 月 25 日 (TBS 作 成 ) 1

2 局 制 作 と 外 部 制 作 番 組 A. 局 制 作 番 組 放 送 外 利 用 には 実 演 家 の 許 諾 が 必 要 放 送 局 の 製 作 番 組 は 著 作 権 法 第 92 条 1 項 に 規 定 する 放 送 権 の 許 諾 を 得 たことにより 同 法 第 9 3 条 1 項 により 放 送 のための 固 定 を 行 ったこととさ れるため 放 送 は 同 法 第 91 条 1 項 による 実 演 家 が 権 利 を 専 有 する 録 音 録 画 の 許 諾 を 得 ていない つまり 一 次 放 送 以 外 の 二 次 利 用 はそれぞれの 実 演 家 に 改 めて 許 諾 を 受 けることが 必 要 であり T V 番 組 のコンテンツ 流 通 がスムーズにいかない 最 大 の 理 由 のひとつがここにある 実 演 家 放 送 させ てください いいですよ! 放 送 だけなら 放 送 局 B. 外 部 制 作 番 組 放 送 外 利 用 でも 実 演 家 の 許 諾 は 不 要 映 画 の 著 作 物 は 著 作 権 法 第 91 条 2 項 の 規 定 に より 実 演 家 の 許 諾 を 得 て 映 画 の 著 作 物 におい て 録 音 され 又 は 録 画 された 実 演 となるので こ れを 録 音 物 に 録 音 する 場 合 を 除 き 実 演 家 には 権 利 が 制 限 される いわゆる 実 演 家 の ワン チャ ンス 主 義 により 許 諾 を 得 ずに 利 用 が 可 能 である 実 演 家 録 音 録 画 させてください 全 ていいですよ! 制 作 会 社 2

3 著 作 隣 接 権 者 著 作 隣 接 権 著 作 物 を 公 衆 に 伝 達 する 者 に 与 えられる 権 利 実 演 家 人 格 権 財 産 権 氏 名 表 示 権 同 一 性 保 持 権 録 音 権 録 画 権 放 送 権 有 線 放 送 権 送 信 可 能 化 権 譲 渡 権 貸 与 権 レコード 製 作 者 複 製 権 送 信 可 能 化 権 譲 渡 権 貸 与 権 放 送 事 業 者 省 略 3

4 放 送 局 との 契 約 関 係 等 A. 局 制 作 番 組 文 芸 原 作 者 脚 本 家 日 本 文 藝 家 協 会 日 脚 連 シナ 協 著 作 物 使 用 規 程 実 務 協 定 著 作 物 使 用 契 約 脚 本 使 用 料 規 程 団 体 協 約 放 送 局 音 楽 実 演 レ コ ー ド 作 詞 家 作 曲 家 実 演 家 製 作 者 JASRAC 他 所 属 事 務 所 個 人 芸 団 協 CPRA 日 本 レコード 協 会 音 楽 著 作 物 利 用 許 諾 契 約 ( 包 括 契 約 ) 出 演 契 約 使 用 料 規 程 基 本 協 定 書 使 用 料 規 程 二 次 使 用 料 に 関 する 協 定 書 ( 包 括 契 約 ) 一 次 利 用 団 体 に 所 属 しない 権 利 者 4

5 著 作 権 管 理 受 託 事 業 者 等 文 芸 原 作 者 日 本 文 藝 作 家 協 会 A. 局 制 作 番 組 脚 本 家 日 本 脚 本 家 連 盟 シナリオ 作 家 協 会 放 送 番 組 音 楽 実 演 レ コ ー ド 作 詞 家 作 曲 家 実 演 家 製 作 者 JASRAC 他 日 本 音 楽 事 業 者 協 会 芸 団 協 / CPRA 日 本 レコード 協 会 一 次 利 用 二 次 利 用 団 体 に 所 属 しない 権 利 者 5

6 Q1.テレビドラマ セーラー 服 と 機 関 銃 の 地 上 波 放 送 再 放 送 BS 放 送 CS 放 送 にあたり それぞれどのような 権 利 を 持 つ か? 1 原 作 者 脚 本 家 赤 川 次 郎 いずみ 吉 紘 2テーマ 曲 セーラー 服 と 機 関 銃 の 作 詞 家 来 生 (きすぎ)えつこ 作 曲 家 来 生 (きすぎ)たかお 3テーマ 曲 を 歌 う 長 澤 まさみ 4テーマ 曲 のCDを 製 作 した ビクターエンタテインメント 5 出 演 者 である 長 澤 まさみ 堤 真 一 等 Answer: 公 衆 送 信 権 12 報 酬 請 求 権 34 放 送 権 5 1 原 作 者 脚 本 家 には 全 ての 放 送 について 許 諾 を 得 る 必 要 がある 2 作 詞 家 作 曲 家 には 全 ての 放 送 について 許 諾 を 得 る 必 要 がある 34ビクターエンタテインメント(レコード 製 作 者 )と 長 澤 まさみ( 歌 手 = 実 演 家 ) は CD(= 商 業 用 レコード)の 報 酬 を 請 求 することが 出 来 る 5 出 演 者 には 地 上 波 放 送 の 段 階 で 放 送 について 許 諾 を 得 る 必 要 がある 参 考 : 権 利 者 配 分 合 計 11~15% 程 度 6

7 Q2.テレビドラマ セーラー 服 と 機 関 銃 の 市 販 DVDの 製 作 販 売 をするにあたり 以 下 はそれぞれどのような 権 利 を 持 つか? 1 原 作 者 脚 本 家 赤 川 次 郎 いずみ 吉 紘 2テーマ 曲 セーラー 服 と 機 関 銃 の 作 詞 家 来 生 (きすぎ)えつこ 作 曲 家 来 生 (きすぎ)たかお 3テーマ 曲 を 歌 う 長 澤 まさみ 4テーマ 曲 のCDを 製 作 した ビクターエンタテインメント 5 出 演 者 である 長 澤 まさみ 堤 真 一 等 Answer: 複 製 権 124 録 音 録 画 権 35 全 ての 者 が 許 諾 権 (= 禁 止 権 )を 有 する ひとりでも NO と 言 えば 市 販 DVDの 製 作 販 売 はできなくなる 参 考 : 権 利 者 配 分 合 計 11~15% 程 度 7

8 Q3.テレビドラマ セーラー 服 と 機 関 銃 のネット 配 信 にあたり それぞれどのような 権 利 を 持 つか? 1 原 作 者 脚 本 家 赤 川 次 郎 いずみ 吉 紘 2テーマ 曲 セーラー 服 と 機 関 銃 の 作 詞 家 来 生 (きすぎ)えつこ 作 曲 家 来 生 (きすぎ)たかお 3テーマ 曲 を 歌 う 長 澤 まさみ 4テーマ 曲 のCDを 製 作 した ビクターエンタテインメント 5 出 演 者 である 長 澤 まさみ 堤 真 一 等 Answer: 自 動 公 衆 送 信 権 ( 送 信 可 能 化 権 を 含 む)12 送 信 可 能 化 権 345 全 ての 者 が 許 諾 権 (= 禁 止 権 )を 有 する ひとりでも NO と 言 えばネット 配 信 をすることはできなくなる 参 考 : 権 利 者 配 分 合 計 ( 暫 定 ) 8.95% 8

9 9

10 ( 参 考 ) 著 作 権 法 抜 粋 ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところ による 八 放 送 公 衆 送 信 のうち 公 衆 によつて 同 一 の 内 容 の 送 信 が 同 時 に 受 信 されること を 目 的 として 行 う 無 線 通 信 の 送 信 をいう 九 放 送 事 業 者 放 送 を 業 として 行 なう 者 をいう 十 映 画 製 作 者 映 画 の 著 作 物 の 製 作 に 発 意 と 責 任 を 有 する 者 をいう ( 映 画 の 著 作 物 の 著 作 権 の 帰 属 ) 第 二 十 九 条 映 画 の 著 作 物 ( 第 十 五 条 第 一 項 次 項 又 は 第 三 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける ものを 除 く )の 著 作 権 は その 著 作 者 が 映 画 製 作 者 に 対 し 当 該 映 画 の 著 作 物 の 製 作 に 参 加 することを 約 束 しているときは 当 該 映 画 製 作 者 に 帰 属 する 2 もつぱら 放 送 事 業 者 が 放 送 のための 技 術 的 手 段 として 製 作 する 映 画 の 著 作 物 ( 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けるものを 除 く )の 著 作 権 のうち 次 に 掲 げる 権 利 は 映 画 製 作 者 としての 当 該 放 送 事 業 者 に 帰 属 する 一 その 著 作 物 を 放 送 する 権 利 及 び 放 送 されるその 著 作 物 を 有 線 放 送 し 又 は 受 信 装 置 を 用 いて 公 に 伝 達 する 権 利 二 その 著 作 物 を 複 製 し 又 はその 複 製 物 により 放 送 事 業 者 に 頒 布 する 権 利 ( 録 音 権 及 び 録 画 権 ) 第 九 十 一 条 実 演 家 は その 実 演 を 録 音 し 又 は 録 画 する 権 利 を 専 有 する 2 前 項 の 規 定 は 同 項 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 の 許 諾 を 得 て 映 画 の 著 作 物 におい て 録 音 され 又 は 録 画 された 実 演 については これを 録 音 物 ( 音 を 専 ら 影 像 とともに 再 生 することを 目 的 とするものを 除 く )に 録 音 する 場 合 を 除 き 適 用 しない ( 放 送 権 及 び 有 線 放 送 権 ) 第 九 十 二 条 実 演 家 は その 実 演 を 放 送 し 又 は 有 線 放 送 する 権 利 を 専 有 する 2 前 項 の 規 定 は 次 に 掲 げる 場 合 には 適 用 しない 一 放 送 される 実 演 を 有 線 放 送 する 場 合 二 次 に 掲 げる 実 演 を 放 送 し 又 は 有 線 放 送 する 場 合 イ 前 条 第 一 項 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 の 許 諾 を 得 て 録 音 され 又 は 録 画 され ている 実 演 ロ 前 条 第 二 項 の 実 演 で 同 項 の 録 音 物 以 外 の 物 に 録 音 され 又 は 録 画 されてい るもの ( 送 信 可 能 化 権 ) 第 九 十 二 条 の 二 実 演 家 は その 実 演 を 送 信 可 能 化 する 権 利 を 専 有 する 2 前 項 の 規 定 は 次 に 掲 げる 実 演 については 適 用 しない 一 第 九 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 の 許 諾 を 得 て 録 画 されている 実 演 二 第 九 十 一 条 第 二 項 の 実 演 で 同 項 の 録 音 物 以 外 の 物 に 録 音 され 又 は 録 画 されて いるもの ( 放 送 のための 固 定 ) 第 九 十 三 条 実 演 の 放 送 について 第 九 十 二 条 第 一 項 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 の 許 諾 を 得 た 放 送 事 業 者 は その 実 演 を 放 送 のために 録 音 し 又 は 録 画 することができる ただし 契 約 に 別 段 の 定 めがある 場 合 及 び 当 該 許 諾 に 係 る 放 送 番 組 と 異 なる 内 容 の 放 送 番 組 に 使 用 する 目 的 で 録 音 し 又 は 録 画 する 場 合 は この 限 りでない 2 次 に 掲 げる 者 は 第 九 十 一 条 第 一 項 の 録 音 又 は 録 画 を 行 なつたものとみなす 一 前 項 の 規 定 により 作 成 された 録 音 物 又 は 録 画 物 を 放 送 の 目 的 以 外 の 目 的 又 は 同 項 ただし 書 に 規 定 する 目 的 のために 使 用 し 又 は 提 供 した 者 二 前 項 の 規 定 により 作 成 された 録 音 物 又 は 録 画 物 の 提 供 を 受 けた 放 送 事 業 者 で これらをさらに 他 の 放 送 事 業 者 の 放 送 のために 提 供 したもの ( 放 送 のための 固 定 物 等 による 放 送 ) 第 九 十 四 条 第 九 十 二 条 第 一 項 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 がその 実 演 の 放 送 を 許 諾 し たときは 契 約 に 別 段 の 定 めがない 限 り 当 該 実 演 は 当 該 許 諾 に 係 る 放 送 のほか 次 に 掲 げる 放 送 において 放 送 することができる 一 当 該 許 諾 を 得 た 放 送 事 業 者 が 前 条 第 一 項 の 規 定 により 作 成 した 録 音 物 又 は 録 画 物 を 用 いてする 放 送 二 当 該 許 諾 を 得 た 放 送 事 業 者 からその 者 が 前 条 第 一 項 の 規 定 により 作 成 した 録 音 物 又 は 録 画 物 の 提 供 を 受 けてする 放 送 三 当 該 許 諾 を 得 た 放 送 事 業 者 から 当 該 許 諾 に 係 る 放 送 番 組 の 供 給 を 受 けてする 放 送 ( 前 号 の 放 送 を 除 く ) 2 前 項 の 場 合 において 同 項 各 号 に 掲 げる 放 送 において 実 演 が 放 送 されたときは 当 該 各 号 に 規 定 する 放 送 事 業 者 は 相 当 な 額 の 報 酬 を 当 該 実 演 に 係 る 第 九 十 二 条 第 一 項 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 に 支 払 わなければならない

(協定書添付文書)

(協定書添付文書) 平 成 22 年 (2010) 年 4 月 1 日 改 定 平 成 22 年 (2010) 年 8 月 1 日 一 部 改 定 外 画 動 画 出 演 実 務 運 用 表 この 外 画 動 画 出 演 実 務 運 用 表 ( 以 下 運 用 表 という )は 甲 一 般 社 団 法 人 日 本 音 声 製 作 者 連 盟 ( 以 下 音 声 連 という )と 乙 協 同 組 合 日 本 俳 優 連

More information

(Microsoft PowerPoint -

(Microsoft PowerPoint - 著 作 権 法 其 第 の 壱 拾 壱 話 1 巷 にあふれる 著 作 権 問 題 著 作 権 法 違 反 : 中 学 生 週 刊 少 年 誌 の マンガを 動 画 としてYouTubeで 公 開 ふなっしー 想 起 の 無 許 可 グッズ 正 規 グッズと 混 ぜて 販 売 通 販 業 者 摘 発 サルの 自 撮 り 写 真 の 著 作 権 はサル 自 身 に 米 動 物 愛 護 団 体 が 訴

More information

< 金 額 > CDパッケージ( 百 万 円 ) 2015 年 生 産 実 績 デジタル 配 信 ( 百 万 円 ) 2015 年 有 料 音 楽 配 信 売 上 実 績 シングル 41,688 シングルトラックDL * 18,992 アルバム 138,422 アルバムDL 9,229 ストリーミン

< 金 額 > CDパッケージ( 百 万 円 ) 2015 年 生 産 実 績 デジタル 配 信 ( 百 万 円 ) 2015 年 有 料 音 楽 配 信 売 上 実 績 シングル 41,688 シングルトラックDL * 18,992 アルバム 138,422 アルバムDL 9,229 ストリーミン 資 料 4 私 的 録 音 録 画 に 係 るクリエーターへの 対 価 還 元 についての 現 状 平 成 28 年 6 月 クリエーターへの 適 切 な 対 価 還 元 に 関 する 主 な 論 点 に 挙 げられた1つ 目 の 論 点 である 私 的 録 音 録 画 に 係 るクリエーターへの 対 価 還 元 についての 現 状 を 把 握 するため, 本 小 委 員 会 では,コンテンツの 種

More information

第 2 回 (11 月 シーズン) 誰 に 許 諾 を 申 請 したらよいのか 許 諾 を 得 ずに 使 った 場 合 どのようなペナルティが 科 されるのかという 著 作 権 法 の 柱 の 部 分 を 紹 介 著 作 権 法 で 保 護 されたコンテンツを 使 う 場 合 著 作 権 法 以 外

第 2 回 (11 月 シーズン) 誰 に 許 諾 を 申 請 したらよいのか 許 諾 を 得 ずに 使 った 場 合 どのようなペナルティが 科 されるのかという 著 作 権 法 の 柱 の 部 分 を 紹 介 著 作 権 法 で 保 護 されたコンテンツを 使 う 場 合 著 作 権 法 以 外 第 1 回 (11 月 シーズン) 著 作 権 法 がどのように 構 成 されているか その 仕 組 みを 大 きく 把 握 することを 目 的 として 解 説 コンテンツを 使 う 場 合 に どう 権 利 者 の 許 諾 を 得 なければならないか それとも 許 可 なく 使 用 できるかの 判 断 基 準 を 紹 介 著 作 権 法 の 全 体 構 造 1 著 作 権 法 が 保 護 する5つの

More information

使用料規程

使用料規程 一 般 社 団 法 人 映 像 コンテンツ 権 利 処 理 機 構 使 用 料 規 程 平 成 27 年 2 月 25 日 届 出 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 一 般 社 団 法 人 映 像 コンテンツ 権 利 処 理 機 構 ( 以 下 arma という )が 管 理 する 実 演 の 利 用 に 係 る 使 用 料 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 条 ( 減 額 措

More information

1 資 料 2 放 送 分 野 におけるコンテンツ 流 通 の 概 況 第 1 市 場 の 概 況 1 市 場 規 模 映 像 コンテンツの 流 通 規 模 は, 近 年, 約 5 兆 円 で 停 滞 している 映 像 コンテンツ 市 場 の 流 通 メディア 別 の 内 訳 は, 新 興 のインターネット 配 信 が 占 める 割 合 が 平 成 20 年 度 においても 1パーセント 程 度 であり(

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

H28.4 / 11 28 7 1 28 28 1 27 29 30 4 1 29 5 5 2 2 1 2 2 28 3 1 28 http://www.city.saitama.jp/005/001/018/003/p036471.html 2 28 7 11 28 8 31 3 CD DVD 4 4 5 7 11 8 31 9 1 9 30 10 1 10 31 11 1 11

More information

使用料規程全文 平成28年3月3日届出

使用料規程全文 平成28年3月3日届出 使 用 料 規 程 平 成 13 年 10 月 2 日 届 出 一 部 変 更 平 成 14 年 2 月 28 日 届 出 一 部 変 更 平 成 15 年 6 月 27 日 届 出 一 部 変 更 平 成 16 年 6 月 1 日 届 出 一 部 変 更 平 成 17 年 2 月 25 日 届 出 一 部 変 更 平 成 17 年 11 月 25 日 届 出 一 部 変 更 平 成 18 年 11

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73>

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73> 倫 理 規 程 行 動 規 範 (2015 年 12 月 4 日 施 行 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 鑑 定 人 協 会 倫 理 規 程 行 動 規 範 目 次 前 文 : 倫 理 規 程 行 動 規 範 制 定 の 趣 旨 第 1 章 倫 理 綱 領 第 1 条 ( 使 命 ) 1 第 2 条 ( 使 命 の 自 覚 ) 1 第 3 条 ( 信 義 誠 実 ) 1 第 4

More information

目 次 1. 目 的 1 2. 趣 旨 1 3. 実 施 手 順 対 象 とする 図 書 方 法 及 び 期 間 費 用 インターネット 上 での 公 表 に 関 する 留 意 事 項 著 作 権 の 取 扱 2 (1) 環 境 影 響

目 次 1. 目 的 1 2. 趣 旨 1 3. 実 施 手 順 対 象 とする 図 書 方 法 及 び 期 間 費 用 インターネット 上 での 公 表 に 関 する 留 意 事 項 著 作 権 の 取 扱 2 (1) 環 境 影 響 環 境 影 響 評 価 図 書 のインターネットによる 公 表 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 平 成 24 年 3 月 環 境 省 総 合 環 境 政 策 局 環 境 影 響 評 価 課 目 次 1. 目 的 1 2. 趣 旨 1 3. 実 施 手 順 1 3.1 対 象 とする 図 書 1 3.2 方 法 及 び 期 間 2 3.3 費 用 2 3.4 インターネット 上 での 公 表

More information

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に 3-1 補 助 金 の 適 正 な 管 理 執 行 等 について 本 資 料 は 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 研 究 成 果 公 開 促 進 費 )( 以 下 補 助 金 という )につ いて 補 助 金 を 管 理 執 行 する 際 にご 留 意 いただきたい 点 を 簡 潔 にまとめたものです 本 経 費 は 国 の 補 助 金 であり 会 計 検 査 院 等 の 検 査 の 対 象 となっているものですので

More information

株主優待ポイント制度運用規約

株主優待ポイント制度運用規約 株 主 優 待 ポイント 制 度 運 用 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 積 水 ハウス 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )の 株 主 に 対 する 優 待 制 度 とし て 当 社 が 運 用 するポイント 付 与 制 度 に 関 する 諸 条 件 を 定 めることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 約 において 次 の 各 号 記 載 の

More information

17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) (1) (3) 25. (1) (3) 26. (1) 27. (1) (3) 28. (1) 29. (1) 2

17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) (1) (3) 25. (1) (3) 26. (1) 27. (1) (3) 28. (1) 29. (1) 2 1. (1) 2. 2 (1) 4. (1) 5. (1) 6. (1) 7. (1) 8. (1) 9. (1) 10. (1) 11. (1) 12. (1) 13. (1) 14. (1) 15. (1) (3) 16. (1) 1 17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) 24. 1 (1) (3)

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

定 員 現 員 1 1 氏 名 職 業 任 期 柏 原 雅 史 広 福 寺 住 職 H2.4.1 ~ H29.3.31 親 族 等 特 殊 関 係 者 の の 親 資 格 親 族 他 の 社 会 族 社 会 福 祉 地 域 の 福 地 域 の 代 施 設 長 利 用 者 の 施 設 整 備 又 は

定 員 現 員 1 1 氏 名 職 業 任 期 柏 原 雅 史 広 福 寺 住 職 H2.4.1 ~ H29.3.31 親 族 等 特 殊 関 係 者 の の 親 資 格 親 族 他 の 社 会 族 社 会 福 祉 地 域 の 福 地 域 の 代 施 設 長 利 用 者 の 施 設 整 備 又 は Ⅲ 組 織 定 員 現 員 役 職 氏 名 職 業 任 期 親 族 等 特 殊 関 係 者 の 親 族 他 の 社 会 福 祉 法 人 の 役 員 社 会 福 祉 事 業 の 学 識 経 験 者 地 域 の 福 祉 関 係 者 資 格 施 設 長 施 設 整 備 又 は 運 営 と 密 接 に 関 連 する 業 務 を 行 う 者 報 酬 職 員 給 与 ともに 支 給 報 酬 ( 職 員 と 兼

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

17 18 2

17 18 2 17 18 2 18 2 8 17 4 1 8 1 2 16 16 4 1 17 3 31 16 2 1 2 3 17 6 16 18 1 11 4 1 5 21 26 2 6 37 43 11 58 69 5 252 28 3 1 1 3 1 3 2 3 3 4 4 4 5 5 6 5 2 6 1 6 2 16 28 3 29 3 30 30 1 30 2 32 3 36 4 38 5 43 6

More information

目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格 の 決 定 方 法 Ⅱ 原 則 的 な 課 税 価 格 の 決 定 方 法 3 1. 輸 入 貨 物 の 課 税 価 格 1 輸 入 取 引 2 買 手 と 売 手 2. 加 算 要

目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格 の 決 定 方 法 Ⅱ 原 則 的 な 課 税 価 格 の 決 定 方 法 3 1. 輸 入 貨 物 の 課 税 価 格 1 輸 入 取 引 2 買 手 と 売 手 2. 加 算 要 輸 入 者 のための 関 税 評 価 セミナー 輸 入 貨 物 代 金 とは 別 に 買 手 により 負 担 される 加 算 要 素 ( 無 償 提 供 費 用 等 )の 取 扱 いについて 平 成 27 年 1 月 23 日 東 京 税 関 業 務 部 首 席 関 税 評 価 官 目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

仕様書

仕様書 クリエイティブ 業 務 誘 致 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 名 クリエイティブ 業 務 誘 致 事 業 業 務 委 託 2 目 的 本 市 においては 小 売 業 や 卸 売 業 等 の 第 3 次 産 業 が 多 く 事 業 所 数 では 全 体 の 約 85%を 占 めている 今 後 市 内 の 中 小 企 業 等 の 振 興 を 図 るには この 第 3 次 産 業

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

2. 電 子 出 版 権 ( 仮 称 )の 内 容 インターネット 上 で 流 通 する 違 法 電 子 書 籍 の 問 題 については 著 作 権 者 であ る 作 家 個 々 人 で 対 処 することは 事 実 上 不 可 能 である 他 方 出 版 者 は 紙 の 違 法 出 版 物 に 対

2. 電 子 出 版 権 ( 仮 称 )の 内 容 インターネット 上 で 流 通 する 違 法 電 子 書 籍 の 問 題 については 著 作 権 者 であ る 作 家 個 々 人 で 対 処 することは 事 実 上 不 可 能 である 他 方 出 版 者 は 紙 の 違 法 出 版 物 に 対 資 料 3 電 子 書 籍 の 流 通 と 利 用 の 促 進 に 資 する 電 子 出 版 権 の 新 設 を 求 める 2013 年 2 月 19 日 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 1. 基 本 認 識 デジタル 化 ネットワーク 化 の 流 れのなか 従 来 紙 媒 体 であった 書 籍 や 雑 誌 が 電 子 媒 体 として 配 信 される 時 代 が 本 格

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF34817A92C596BC8D5C90AC88F58376838C835B83938365815B8356838783938E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF34817A92C596BC8D5C90AC88F58376838C835B83938365815B8356838783938E9197BF2E70707478> 資 料 4 2012( 平 成 24) 年 4 月 5 日 情 報 通 信 審 議 会 情 報 通 信 政 策 部 会 デジタル コンテンツの 流 通 の 促 進 等 に 関 する 検 討 委 員 会 クラウド コンピューティング について 公 益 社 団 法 人 日 本 芸 能 実 演 家 団 体 協 議 会 実 演 家 著 作 隣 接 権 センター(CPRA) 運 営 委 員 椎 名 和 夫 1.クラウドコンピューティングに

More information

の 土 地 の 取 引 価 格 の 指 標 となり 公 共 事 業 用 地 の 取 得 価 格 算 定 の 基 準 ともなる 12 基 準 地 標 準 価 格 は 都 道 府 県 が 毎 年 7 月 1 日 を 基 準 日 として9 月 下 旬 頃 に 発 表 する 公 示 価 格 の 補 完 とな

の 土 地 の 取 引 価 格 の 指 標 となり 公 共 事 業 用 地 の 取 得 価 格 算 定 の 基 準 ともなる 12 基 準 地 標 準 価 格 は 都 道 府 県 が 毎 年 7 月 1 日 を 基 準 日 として9 月 下 旬 頃 に 発 表 する 公 示 価 格 の 補 完 とな FP3 級 試 験 対 策 とポイント < 不 動 産 > 1. 不 動 産 の 見 方 1 更 地 とは 建 物 等 が 建 っておらず 所 有 者 が 自 由 に 使 用 できる 未 利 用 の 状 態 の 土 地 の ことである 2 建 付 地 とは 建 物 等 の 敷 地 になっている 土 地 で 建 物 等 とその 敷 地 の 所 有 者 が 同 じで かつその 所 有 者 により 使 用

More information

文化審議会 著作権分科会 私的録音録画小委員会(第3回)議事録・配付資料 [参考資料1]

文化審議会 著作権分科会 私的録音録画小委員会(第3回)議事録・配付資料 [参考資料1] 参 考 資 料 1 コピーワンス 問 題 と 補 償 金 制 度 に 関 する 合 同 記 者 会 見 第 6 弾 ~メーカーの 社 会 的 責 任 と 補 償 金 制 度 ~ デジタル 私 的 録 画 問 題 に 関 する 権 利 者 会 議 1.メーカーのやっていることは ちゃぶ 台 返 し (ノ-_-)ノ~ 理 解 不 能 な 懸 念 事 項 1HDD 内 蔵 の 一 体 型 の 機 器 は

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

付物/はしがき

付物/はしがき 1963 IT 1992 20 iii CM 5 2010 iv 23 4 v 目 次 序 章 総 論 1 章 音 楽 1 節 音 楽 ビジネス 2 節 音 楽 制 作 3 節 音 楽 出 版 ビジネス 4 節 その 他 の 音 楽 ビジネス 1 15 2 章 映 画 ビ デ オ 1 節 映 画 ビデオビジネスの 概 況 2 節 映 画 ビデオビジネスに 関 係 する 諸 権 利 3 節 映 画 の

More information

別冊

別冊 別 冊 目 次 問 1 大 工 左 官 とび 職 等 の 受 ける 報 酬 に 係 る 所 得 税 の 取 扱 い 1 問 2 大 工 左 官 とび 職 等 の 意 義 2 問 3 契 約 によって 所 得 区 分 が 判 定 できないときの 判 定 基 準 4 問 4 所 得 区 分 の 判 定 基 準 (1) 他 人 が 代 替 して 業 務 を 遂 行 すること 又 は 役 務 を 提 供 することが

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

007-228.indb

007-228.indb 2010 135 1. 2003 2004 1 2 136 2. 1 2 KBS 2002 2003 6 NHK 10 NHK BS 20.6 2005 9 2 3 2 10 2 2 2 2 137 3. 20 40 50 2 20 14 40 50 19 a b c d e a b DVD c DVD d a b c d e a b c d e a b c d a b c d e a b a b

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事 電 気 通 信 事 業 法 改 正 後 の 消 費 者 保 護 ルール 平 成 28 年 3 月 総 務 省 総 合 通 信 基 盤 局 電 気 通 信 事 業 部 消 費 者 行 政 課 改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の

More information

Title 金 沢 大 学 五 十 年 史 通 史 編 Author(s) Citation Issue Date 1999-06 Type Book Text version URL http://hdl.handle.net/2297/3178 Right *KURAに 登 録 されているコンテンツの 著 作 権 は, 執 筆 者, 出 版 社 ( 学 協 会 )などが 有 します *KURAに

More information

Title 金 沢 大 学 五 十 年 史 通 史 編 Author(s) Citation Issue Date 1999-06 Type Book Text version URL http://hdl.handle.net/2297/3178 Right *KURAに 登 録 されているコンテンツの 著 作 権 は, 執 筆 者, 出 版 社 ( 学 協 会 )などが 有 します *KURAに

More information

Title 金 沢 大 学 五 十 年 史 通 史 編 Author(s) Citation Issue Date 1999-06 Type Book Text version URL http://hdl.handle.net/2297/3178 Right *KURAに 登 録 されているコンテンツの 著 作 権 は, 執 筆 者, 出 版 社 ( 学 協 会 )などが 有 します *KURAに

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

-1-

-1- STBかんたんマニュアル (TZ-DCH821) 目 次 テレビとSTBの 接 続 例 1 テレビ 録 画 機 器 とSTBの 接 続 例 2 テレビに 合 わせたリモコンのメーカー 設 定 3 リモコン 操 作 4 STBでデジタル 放 送 を 見 るとき 5 設 置 設 定 6 録 画 予 約 7 予 約 設 定 時 の 操 作 (STB) 8 デジタル 放 送 サービス 契 約 約 款 9 CATV

More information

天草ケーブルネットワーク株式会社 加入約款

天草ケーブルネットワーク株式会社 加入約款 天 草 ケーブルネットワーク 株 式 会 社 加 入 約 款 ACNケーブルテレビ 放 送 契 約 約 款 天 草 ケーブルネットワーク 株 式 会 社 ( 以 下 ACN という)と ACNが 設 置 する 施 設 によ り サービス 提 供 を 受 ける 者 ( 以 下 加 入 者 という)との 間 で 締 結 する 契 約 ( 以 下 加 入 者 契 約 という)は 次 の 条 項 によるものとします

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

法人関係情報

法人関係情報 はじめに 法 人 関 係 情 報 ( 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 )(2013.07.17) 同 志 社 大 学 川 口 恭 弘 Ⅰ 法 人 関 係 情 報 の 意 義 ( 範 囲 ) 法 163 条 1 項 に 規 定 する 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 または 財 産 に 関 する 公 表 されていない 重 要 な 情 報 であって 顧 客 の 投 資 判 断 に 影 響

More information

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要 金 融 システムの 諸 問 題 FinTech 仮 想 通 貨 などを 巡 る 銀 行 法 等 改 正 法 案 の 概 要 2016 年 3 月 25 日 全 6 頁 5%ルール グループ 経 営 管 理 仮 想 通 貨 交 換 業 者 など 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2016 年 3 月 4 日 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化

More information

経営の健全化のための計画フォローアップ

経営の健全化のための計画フォローアップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( 億 円 ) 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 ( 図 表 18) 評 価 損 益 総 括 表 ( 平 成 13 年 3 月 末 連 結 ) 有 価 証 券 ( 億 円

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を 農 林 水 産 省 補 助 事 業 韓 国 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 ( 仮 訳 ) 2016 年 7 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ソウル 事 務 所 農 林 水 産 食 品 部 農 林 水 産 食 品 課 本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください 契 約 書 作 成 の 手 引 ( 建 築 関 係 業 務 用 ) 平 成 17 年 3 月 ( 最 終 改 正 平 成 28 年 5 月 ) 京 丹 後 市 財 務 部 入 札 契 約 課 TEL 0772 69 0170 FAX 0772 69 0903 契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE96F297DE905C90BF8EE891B1939982CC8EE888F882AB32322E332E3330>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE96F297DE905C90BF8EE891B1939982CC8EE888F882AB32322E332E3330> 火 薬 類 申 請 手 続 等 の 手 引 ( 平 成 22 年 3 月 30 日 一 部 改 正 ) 鳥 取 県 目 次 第 1 使 用 するに 当 たって 1 第 2 用 語 1 第 3 申 請 書 等 の 提 出 先 等 1 第 4 火 薬 類 譲 渡 又 は 譲 受 許 可 を 受 ける 場 合 2 第 5 火 薬 類 譲 受 消 費 の 許 可 を 受 ける 場 合 4 第 6 煙 火 消

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

NHKが 本 サービスのために 運 営 するポータルサイト (9)プラットフォーム 機 能 ハードウェア ソフトウェアおよび 人 によるオペレーションによって 実 現 される 動 画 管 理 動 画 配 信 メタデータ 管 理 顧 客 管 理 課 金 管 理 等 を 一 括 する 動 画 配 信 サ

NHKが 本 サービスのために 運 営 するポータルサイト (9)プラットフォーム 機 能 ハードウェア ソフトウェアおよび 人 によるオペレーションによって 実 現 される 動 画 管 理 動 画 配 信 メタデータ 管 理 顧 客 管 理 課 金 管 理 等 を 一 括 する 動 画 配 信 サ NHKオンデマンド 利 用 規 約 (プラットフォーム 経 由 型 ) 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 動 画 配 信 サービス 事 業 者 が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 するNHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 規

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

利用規約(プラットフォーム経由型)

利用規約(プラットフォーム経由型) NHKオンデマンド 利 用 規 約 in U-NEXT 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 株 式 会 社 U-NEXT( 以 下 動 画 配 信 サービス 事 業 者 といいます )が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 する NHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1

More information

4. 消 費 税 特 別 地 方 消 費 税 その 他 消 費 税 1 税 目 につき 所 得 税 又 は 法 人 税 に 定 める の50% 相 当 額 ( 注 ) 複 数 の 事 業 所 があるときは 事 業 所 ごとに 受 任 1 件 として 取 り 扱 う ただし 消 費 税 については 事

4. 消 費 税 特 別 地 方 消 費 税 その 他 消 費 税 1 税 目 につき 所 得 税 又 は 法 人 税 に 定 める の50% 相 当 額 ( 注 ) 複 数 の 事 業 所 があるときは 事 業 所 ごとに 受 任 1 件 として 取 り 扱 う ただし 消 費 税 については 事 税 務 顧 問 報 酬 ( 月 額 ) ( 税 務 代 理 及 び 税 務 相 談 を 含 み 税 務 書 類 の 作 成 報 酬 は 別 に 受 ける ) 1. 所 得 税 総 所 得 金 額 基 準 年 取 引 金 額 基 準 200 万 円 未 満 2,000 万 円 未 満 20,000 円 300 万 円 3,000 万 円 30,000 円 500 万 円 5,000 万 円 45,000

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information