Microsoft Word  写真ページ.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 8101 写真ページ.docx"

Transcription

1 195 新 体 操 促 進 運 動 における 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 (1905)の 意 義 Significance of the 1905 Third Arts Education Conference on Advancement of Rhythmical Gymnastics Movement 安 則 貴 香 1. はじめに 2. ドイツの 学 校 社 会 体 育 におけるシュピース=マウル 方 式 の 全 盛 3. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 (1905) 開 催 に 至 る 経 緯 (1) ドイツにおける 新 教 育 運 動 の 興 隆 (2) 芸 術 教 育 運 動 と 第 1 回 第 2 回 芸 術 教 育 会 議 の 開 催 4. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 実 際 (1) プログラム 構 成 (2) 第 3 回 芸 術 会 議 に 見 る 新 体 操 的 理 念 の 主 張 - 体 操 と 音 楽 と 美 の 融 合 を 求 めて- (3) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 意 義 5. おわりに 1. はじめに 我 が 国 における 戦 後 体 育 の 理 念 は 全 体 的 画 一 的 教 育 から 個 別 的 創 造 的 な 教 育 へ 教 師 中 心 の 一 斉 指 導 から 児 童 中 心 の 自 主 的 学 習 へと 移 行 したが この 理 念 を 最 も 象 徴 的 に 示 し 具 現 化 しているのが ダンス 領 域 とみられる( 松 本, 2008, p.208) 従 来 行 われていたダンス 教 育 は 戦 後 一 定 の 型 を 受 けいれる 既 成 作 品 の 一 斉 指 導 から 自 己 表 現 を 引 き 出 す 自 主 創 造 の 教 育 へと 変 革 し 自 己 表 現 を 拓 くという 人 間 の 生 の 欲 求 に 応 じた 芸 術 的 創 造 的 な 教 材 へと 移 行 した 表 現 運 動 であるダンスは 他 の 運 動 領 域 のように 一 定 の 技 術 を 獲 得 する 方 向 への 志 向 だけでなく 個 々の 欲 求 に 応 じて 新 しいリズミカルな 動 きの 体 験 と 喜 びをもたらすことができ 体 育 の 中 でも 芸 術 的 創 造 的 な 運 動 の 実 現 という 独 自 の 特 色 をもっている 文 部 科 学 省 の 学 習 指 導 要 領 改 訂 によ り 平 成 24 年 度 から 中 学 1 2 年 生 の 保 健 体 育 において 男 女 必 修 化 されたダンス 教 育 は 量 的 拡 大 だけでなく さらに 質 的 拡 大 にも 発 展 をもたらすとの 期 待 は 大 きい( 中 村, 2012, p.18) 我 が 国 のダンス 教 育 の 質 的 発 展 のためには ダンスに 求 められる 人 間 の 生 の 欲 求 に 応 じた 自 主 創 造 性 の 身 体 教 育 について 一 度 振 り 返 る 必 要 があると 思 われる それによって 今 後 のダンス 教 育 に 関 する 理 念 や 運 動 形 成 に 向 けた 指 導 実 践 に 多 くの 示 唆 を 与 えることができると 考 えるからである その 原 点 は 19 世 紀 末 か ら 20 世 紀 初 頭 に 体 操 家 や 舞 踊 家 音 楽 家 らの 新 体 操 諸 流 派 (1)によって 新 しい 体 操 と して 具 現 化 した 新 体 操 促 進 運 動 (Gymnastikbewegung)に 遡 らなければならない 新 体 操 促 進 運 動 は 20 世 紀 初 頭 ドイツをはじめヨーロッパ 各 地 で 自 然 主 義 への 回 帰 および 人 間 性 の 回 復 を 目 指 した 生 活 の 様 々な 側 面 に 関 わる 改 革 運 動 が 展 開 される 中 で 運 動 のリズムや 表 現 を 重 んじた 人 間 の 本 質 への 問 い 直 しという 基 本 的 な 観 念 をも

2 196 ち ドイツの 学 校 体 育 の 中 で 広 く 実 施 されていた 形 式 的 体 操 の 克 服 を 目 的 として 新 教 育 運 動 の 一 つである 芸 術 教 育 運 動 を 端 緒 に 興 隆 した 当 時 の 学 校 体 育 で 実 践 されて いたシュピース=マウル 方 式 の 体 操 (トゥルネン, Turnen)は 身 体 形 成 のために 画 一 形 式 的 な 動 きを 行 うだけで 人 間 の 自 然 な 表 現 能 力 の 保 持 や 自 然 な 発 達 に 合 った 身 体 教 育 とは 趣 を 異 にしていたのである(A.リヒトヴァルク 岡 本 訳, 1985, p.17) こ の 状 況 の 克 服 を 目 的 として 1905 年 に 音 楽 と 体 操 (Musik und Gymnastik)を テーマにした 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 (Der dritte Kunsterziehungstage)が 開 催 され これを 契 機 に 音 楽 と 結 びついた 新 たな 体 操 が 体 操 家 や 舞 踊 家 音 楽 家 らによって 取 り 組 まれ 新 体 操 促 進 運 動 として 興 隆 していった そして 新 体 操 促 進 運 動 は その 後 の 身 体 教 育 に 多 大 な 影 響 を 与 え 今 日 行 われている 新 体 操 競 技 誕 生 の 原 動 力 になり 古 典 バレエから 脱 したモダンダンスの 礎 となり さらには 戦 後 ドイツ オーストリア においては 自 然 体 育 として 学 校 教 育 に 組 み 込 まれ 我 が 国 においても 新 体 操 促 進 運 動 から 進 展 した 自 然 体 育 は 現 代 体 育 の 源 流 として 今 も 息 づいている しかし 新 体 操 促 進 運 動 の 興 隆 する 契 機 となった 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 について 従 前 の 研 究 ではその 実 態 が 詳 細 には 明 らかにされていない (2) そこで 本 研 究 の 目 的 とするところは 19 世 紀 から20 世 紀 初 頭 の 学 校 体 育 を 支 配 していたシュピース=マウル 方 式 の 体 操 の 克 服 を 目 的 として 開 催 された 同 会 議 のプログラム 構 成 とその 内 容 そして 同 会 議 のもつ 意 義 を 明 らかにすることである 2. ドイツの 学 校 社 会 体 育 におけるシュピース=マウル 方 式 の 全 盛 ドイツ 国 民 体 育 といわれるトゥルネンが 正 式 に 誕 生 したのは ベルリンの 郊 外 のハ ーゼンハイデに 体 育 場 が 開 設 された 1811 年 で 教 師 をしていたヤーン(F.L. Jahn, )を 中 心 に 始 められた ヤーンの 実 践 したトゥルネンは 走 跳 投 など の 陸 上 競 技 的 な 運 動 器 具 を 用 いた 体 操 (3) その 他 に 水 泳 剣 術 遊 戯 ハイキング などであり これらの 活 動 をヤーンは 学 校 外 の 自 主 的 な 社 会 体 育 活 動 として 位 置 付 けた そして 彼 は 各 地 域 別 のクラブ 組 織 であるトゥルネンクラブを 結 成 その 会 員 をトゥルナーと 呼 んだ トゥルネンクラブの 会 員 数 は 急 速 に 増 え トゥルネンはプロ イセンの 政 府 によって 積 極 的 に 受 け 入 れられた( 稲 垣, 1987, p.849) しかしヤーンの 国 家 統 一 身 分 制 度 の 撤 廃 多 面 的 調 和 的 人 間 形 成 というトゥルネンでの 社 会 体 育 の 政 治 的 教 育 的 意 図 は プロイセン 政 府 と 利 害 が 対 立 するようになり 後 に 反 政 治 体 制 の 象 徴 と 見 なされ トゥルネンはプロイセンをはじめ 他 の 連 邦 国 において 1819 年 に 禁 止 されることとなった( 木 村, 1989, p.91) トゥルネン 禁 止 令 (Turnsperre, )の 期 間 は トゥルネンは 非 政 治 的 な 名 称 Gymnastik( 体 操 )に 変 更 し トゥルネン 活 動 のうち 政 治 的 な 性 格 をもつ 部 分 をすべて 排 除 して 活 動 を 継 続 していた が そのことによってトゥルネンの 運 動 内 容 が 貧 困 になったとされる( 木 村, 1989, pp.91-92) トゥルネンは 1842 年 にトゥルネン 禁 止 令 が 解 除 されてから 従 順 で 奉 仕 的 な 臣 民 軍 人 形 成 とした 国 民 教 育 に 必 要 不 可 欠 なものとして 社 会 体 育 だけでなく 学 校 体 育 成 立 に 多 大 な 影 響 を 与 えるようになった ドイツ 学 校 体 育 の 父 と 呼 ばれているシ ュピース(A.Spiess, )は ヤーンのトゥルネン 活 動 から 運 動 の 中 心 を 徒 手

3 197 体 操 や 手 具 体 操 集 団 運 動 に 移 行 させ 集 団 秩 序 体 操 (Ordnungsübung)を 内 容 と する 学 校 体 育 設 立 に 指 導 的 な 役 割 を 果 たした 当 時 のヨーロッパ 列 強 は 帝 国 主 義 の 道 を 歩 み 軍 事 強 化 とともに 権 威 主 義 が 一 世 を 風 靡 している 時 期 であった ドイツに おいても 産 業 都 市 化 の 急 速 な 進 展 に 対 し 国 家 経 済 を 支 える 労 働 力 のために 国 家 の 軍 事 力 強 化 を 目 的 として 健 康 で 命 令 に 従 順 な 兵 士 の 養 成 に 向 けた 身 体 育 成 の 必 要 性 か ら( 松 尾, 2010, p.8) シュピースは 規 律 と 秩 序 (Zucht und Ordnung) による 陶 冶 を 教 育 の 本 質 的 課 題 と 考 え 集 団 秩 序 体 操 を 重 んじた( 木 村, 1989, p.92) シュピ ースの 理 論 と 実 践 は 学 校 と 社 会 の 体 育 に 徐 々に 浸 透 していき 彼 の 弟 子 であるマウ ル(A,Maul, )によって 完 成 された( 東 京 教 育 大 学 体 育 史 研 究 室 編, 1964, pp ) マウルの 学 校 体 育 は クラス 年 齢 性 別 能 力 に 応 じて 系 統 的 に 教 材 を 配 列 し 反 復 練 習 によって 各 運 動 を 正 確 かつ 美 しく 実 施 できるよう 明 確 にこま かく 記 された 教 授 体 系 によるもので 器 械 体 操 を 中 心 に 集 団 秩 序 体 操 徒 手 体 操 棒 体 操 走 跳 などであった マウルの 運 動 の 特 色 として 有 名 なのは シュピースの 運 動 体 系 と 同 様 に 合 図 に 従 って 一 斉 に 実 施 する 集 団 運 動 で 彼 はシュピースの 集 団 秩 序 体 操 をもとに 5 段 階 の 指 導 の 型 に 確 立 させた( 成 田, 1975, pp ) 1870 年 代 には 小 学 校 にも 体 育 が 教 科 として 採 用 され 各 地 域 別 のクラブ 組 織 である トゥルネンクラブが 統 合 され ドイツトゥルネン 連 盟 (Deutsche Turnerschaft)と して 全 ドイツ 的 組 織 化 に 達 成 するときであった マウルは 1875 年 にドイツトゥルネ ン 連 盟 委 員 1887 年 にはその 初 代 会 長 にも 就 任 しており ドイツ 近 代 学 校 社 会 体 育 の 成 立 期 に シュピース=マウル 方 式 のトゥルネンがそれを 支 配 し 軍 人 帝 国 ドイ ツの 体 制 強 化 の 一 翼 を 担 って 第 一 次 世 界 大 戦 に 至 るまで 学 校 体 育 を 支 配 し 続 けた( 成 田, 1975, p.154) このような 学 校 体 育 の 様 相 を 呈 しながら 19 世 紀 後 半 のドイツでは 人 間 の 自 然 性 と 自 由 の 精 神 に 結 びついた 遊 戯 やイギリス 産 のスポーツ 活 動 (4) スウェーデンやデンマ ークから 医 学 や 解 剖 学 生 理 学 衛 生 学 の 最 新 の 成 果 を 体 操 の 中 に 応 用 しながら 健 康 の 保 持 増 進 に 役 立 てるために 体 系 化 された 徒 手 体 操 をはじめとする 北 欧 体 操 の 伝 播 また 女 子 の 身 体 教 育 の 重 要 性 が 強 調 され 始 めた 時 代 が 到 来 した( 稲 垣, 1987, p.449) これらは 19 世 紀 後 半 から 20 世 紀 初 頭 にかけて 学 校 や 社 会 体 育 に 遊 戯 スポーツ 活 動 や 北 欧 体 操 といった 新 しい 動 きが 導 入 され 始 める 契 機 となり 本 研 究 の 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 (1905)は その 真 っ 只 中 で 開 催 されたと 言 えよう 3. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 (1905) 開 催 に 至 る 経 緯 (1) ドイツにおける 新 教 育 運 動 の 興 隆 1871 年 にドイツ 帝 国 の 成 立 という 形 で 政 治 的 な 統 一 をなしとげたドイツは ヨーロ ッパにおいては 後 進 資 本 主 義 国 として 何 よりも 経 済 の 発 展 と 国 力 の 増 強 に 力 を 注 ぎ それにより 19 世 紀 末 から 20 世 紀 初 頭 にかけて 科 学 や 技 術 が 飛 躍 的 に 進 歩 し 物 質 文 明 至 上 主 義 と 合 理 主 義 的 思 考 様 式 が 台 頭 した( 平 野 長 尾, 1988, p.54) このよう な 社 会 情 勢 において 学 校 は 教 師 中 心 の 生 徒 に 対 する 文 化 伝 達 の 場 であるに 過 ぎず 当 時 のドイツの 教 育 形 態 では 授 業 中 のドリル 学 習 や 強 制 的 処 置 教 育 における 画 一 主 義 や 形 式 主 義 見 せかけの 教 師 の 優 位 性 子 どもの 人 格 発 達 への 抑 圧 などの 結 果 と

4 198 して 思 考 力 知 識 自 主 性 創 造 性 を 育 てる 余 地 はなかった( 木 内 アンドレアス, 2010, p.2) この 状 況 全 体 に 対 して 鋭 い 批 判 の 矢 を 放 ったのが 教 養 批 判 を 主 要 な 内 実 とした 文 化 批 判 の 運 動 であり 人 間 の 生 の 全 体 性 の 回 復 と 個 性 的 創 造 的 発 達 を 目 的 とする 新 教 育 運 動 (reformpädagogische Bewegung)であった 新 教 育 運 動 は 伝 統 的 な 教 育 と 教 育 観 の 行 き 詰 まりを 実 感 していた 教 育 学 者 と 新 しい 教 育 観 や 文 化 観 に 鼓 舞 されていた 若 い 世 代 の 教 育 学 者 達 に 強 烈 なインパクトを 与 え 彼 らはこの 運 動 の 中 で 育 まれた 児 童 観 教 育 観 教 育 の 新 しい 在 り 方 そのものを 学 び 取 り 後 に 新 しい 教 育 学 の 端 緒 を 創 り 上 げていくこととなった 新 教 育 運 動 にお ける 教 育 形 態 は 画 一 的 一 斉 教 授 から 個 性 的 合 科 教 授 へ 教 育 方 法 としての 主 知 主 義 ( 書 物 主 義 ) 注 入 主 義 から 活 動 主 義 ( 事 物 主 義 ) 自 学 主 義 へ 教 師 中 心 主 義 から 児 童 中 心 主 義 へ 思 弁 的 哲 学 的 教 育 研 究 から 実 験 的 科 学 的 研 究 へ 等 々に 及 び 初 等 学 校 教 員 から アカデミズムの 学 者 や 文 化 機 関 行 政 機 関 関 係 者 までを 巻 き 込 んだ 国 民 的 教 育 運 動 として 発 展 し その 影 響 力 と 層 の 広 さ 学 問 的 水 準 の 高 さにおいて 特 異 な 位 置 を 占 める 教 育 運 動 を 創 り 上 げていった( 鈴 木, 1999, p.37) そして 新 教 育 運 動 の 中 で 子 どもとその 能 力 の 最 大 限 の 尊 重 という 方 向 を 最 も 早 くに 明 示 し これをすべての 学 校 改 革 や 教 授 計 画 の 一 原 理 とするのに 決 定 的 な 契 機 を 与 えたのは 芸 術 教 育 運 動 であ った(A. リヒトヴァルク 岡 本 訳, 1985, p.17) (2) 芸 術 教 育 運 動 と 第 1 回 第 2 回 芸 術 教 育 会 議 の 開 催 初 期 の 芸 術 教 育 運 動 は 19 世 紀 中 葉 に 造 形 美 術 家 たちから 生 じた 彼 らは 当 時 の 学 者 的 理 想 を 掲 げた 形 式 主 義 の 圧 力 のもとで いかに 自 分 たちの 独 創 的 な 芸 術 能 力 が 失 われたかを 感 じ 取 り それを 乗 り 越 える 方 向 に 新 しい 理 想 を 見 出 していた 従 来 の 教 養 や 文 化 に 対 する 闘 争 が まずは 芸 術 家 たちの 独 自 な 生 存 のために そしてドイツ 人 一 般 とその 人 間 性 のために 芸 術 教 育 運 動 が 台 頭 した その 運 動 は 主 知 主 義 からの 離 反 を 表 明 し 身 分 や 社 会 的 業 績 とはかかわりなく 感 性 や 身 体 に 対 する 根 源 的 なも のである 表 現 に 向 けた 新 たな 価 値 を 見 出 すものであった そして 19 世 紀 後 半 に 至 り この 表 現 に 向 けた 新 たな 価 値 は 自 然 や 郷 土 に 対 する 新 しい 関 係 や 医 学 的 観 点 ド イツの 工 芸 の 経 済 的 実 際 的 必 要 性 等 の 影 響 を 受 けながら 教 育 的 な 方 向 での 芸 術 教 育 運 動 が 興 隆 してきた(ノール 平 野 訳, 1987, 119) この 教 育 的 方 向 性 での 芸 術 教 育 運 動 は 母 国 語 であるドイツ 語 音 楽 図 画 体 育 などの 授 業 を 内 容 的 方 法 的 に 構 成 していくうえで 貴 重 な 刺 激 となったばかりでなく 教 育 における 子 どもの 主 体 的 位 置 づけを 前 提 としていた それは 子 どもが 本 来 知 的 な 学 習 に 興 味 を 持 つ 知 性 的 存 在 で あるだけでなく 何 よりも 豊 かな 芸 術 的 才 能 をもった 創 造 的 で 感 性 的 存 在 であるとい う 捉 え 方 であった 芸 術 教 育 運 動 は 先 ず 1896 年 のハンブルクにおける 芸 術 教 育 保 護 の 為 の 教 員 集 会 (Lehrevereinigung für die Pflege der künstlerischen Bildung in Hamburg) で 明 確 な 組 織 的 な 運 動 となり その 後 の 3 回 にわたる 芸 術 教 育 会 議 により 芸 術 教 育 運 動 はドイツ 全 土 に 拡 大 していった その 中 心 的 な 役 割 を 果 たしたのが A. リヒトヴァ ルク (5) であった 彼 は 芸 術 教 育 運 動 を 教 師 を 主 体 とする 組 織 的 運 動 へとつなげるこ とで 固 有 な 教 育 運 動 へと 転 化 させ この 運 動 の 全 ドイツ 的 規 模 での 成 立 に 決 定 的 な

5 199 役 割 を 果 たした(A. リヒトヴァルク 岡 本 訳, 1985, pp.36-37) そして 芸 術 教 育 運 動 は 20 世 紀 初 頭 の 3 回 にわたる 芸 術 教 育 会 議 の 開 催 によってドイツ 新 教 育 運 動 の 推 進 力 となった 新 教 育 運 動 として 成 立 した 最 初 の 分 野 が 芸 術 教 育 の 分 野 であり この 会 議 を 大 きな 区 切 りとして 芸 術 教 育 の 理 念 は この 後 に 続 くドイツ 新 教 育 運 動 に 発 展 的 に 継 承 されていった(A.リヒトヴァルク 岡 本 訳, 1985, p.35) 第 1 回 芸 術 教 育 会 議 のプログラムの 中 心 は 1901 年 9 月 28 日 29 日 にドレスデ ンで 造 形 芸 術 (bildende Kunst) をテーマに 開 催 された この 会 議 には 約 250 名 の 幅 広 い 階 層 の 人 々が 参 加 し 政 府 機 関 関 係 者 や 市 当 局 の 代 表 者 の 多 くが 出 席 した 第 1 回 芸 術 教 育 会 議 では 図 画 教 育 の 教 育 的 意 味 についての 理 論 的 基 礎 づけがなされ た( 鈴 木, 2001, pp.31-32) そして 会 議 のプログラムの 中 心 は 学 校 や 家 庭 での 青 少 年 における 芸 術 教 育 に 関 する 課 題 を 取 り 上 げたチュービンゲン 大 学 教 授 である K. ラ ンゲの 講 演 芸 術 的 な 教 育 の 本 質 から とリヒトヴァルクの 講 演 未 来 のドイツ 人 であった(Diem, 1991, p.15) ランゲは 芸 術 教 育 の 本 質 を 青 少 年 の 問 題 と 位 置 づけ 子 どもたち 一 人 一 人 の 享 受 能 力 や 美 的 享 受 能 力 に 向 けた 教 育 を 行 うこ とが 重 要 であると 強 調 した そして 芸 術 を 理 解 していない 教 師 によって 多 くの 学 校 では 授 業 が 子 どもたちの 精 神 を 殺 すような 仕 方 で 実 施 されているとして 伝 統 の 装 飾 文 様 や 抽 象 的 な 空 間 形 式 を 模 倣 する 図 式 的 な 図 画 教 育 を 批 判 した(Konrad, 1902, p.30) リヒトヴァルクは 学 校 改 革 のすべてが 教 師 の 在 り 方 にかかっており 教 師 の 影 響 力 の 核 心 は 教 師 が 授 業 において 展 開 する 生 き 生 きとした 力 であると 主 張 した(A. リヒトヴァルク 岡 本 訳, 1985, p.191) 教 材 と 指 導 技 術 より 創 造 的 な 図 画 教 育 の 実 践 不 足 は 否 めないものの 第 1 回 芸 術 教 育 会 議 の 成 果 としては はじめて 芸 術 教 育 について 理 論 的 に 討 論 されたことであった( 鈴 木, 2001, pp.31-32) 第 2 回 芸 術 教 育 会 議 は 1903 年 10 月 9 日 から 11 日 までワイマールで 母 国 語 と 詩 (Sprache und Dichtung) をテーマに 開 催 された この 会 議 には 225 名 が 参 加 し 第 1 回 会 議 と 同 様 に 政 府 機 関 関 係 者 や 市 当 局 の 代 表 者 と 多 数 の 教 員 連 盟 の 代 表 者 たち が 出 席 した( 歡 喜, 2004, p.3) 第 2 回 の 会 議 では 言 語 芸 術 である 詩 や 作 文 の 表 現 能 力 を 中 心 に 討 論 され 子 どもたちの 日 常 的 経 験 や 子 供 らしい 観 点 周 囲 世 界 の 観 察 に よる 自 由 作 文 などの 実 践 報 告 がなされた( 歡 喜, 2004, pp.6-7) リヒトヴァルク は 芸 術 的 な 教 育 の 統 一 と 題 する 講 演 を 行 い その 際 次 回 の 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 のテーマは 音 楽 と 体 操 (Musik und Gymnastik) について 討 論 する 予 定 であると 宣 言 して 学 校 における 体 育 授 業 について 以 下 のように 述 べた(Lichtwark, 1929, p.123) 子 どもは 学 校 に 行 く 前 は 大 昔 から 人 間 が 受 け 継 いできた 性 質 である 遊 びや 踊 りの 中 で 身 体 と 意 志 の 諸 能 力 を 発 達 させきた このような 本 来 の 遊 びや 踊 りの 源 泉 を 認 めない 体 育 によって 都 会 の 子 どもは 遊 びや 踊 りとのつながりが 断 絶 してしまい この 遊 びや 踊 りの 中 での 生 き 生 きとした 諸 能 力 が 眠 ってしまい 枯 れてしまうので ある なぜなら どんな 身 体 的 な 努 力 も 体 育 のことを 思 い 出 してしまい つまらない 気 持 ちになるからである

6 200 さらに 彼 は 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 のテーマの 一 つである 体 操 (Gymnastik) に ついても 次 のように 述 べている(Lichtwark, 1929, p ) 体 操 の 中 では ドイツ 的 な 方 法 でもイギリス 的 な 方 法 でも 我 々の 欲 求 を 満 たすこ とができない 両 方 ともに 美 学 的 な 要 因 が 欠 けているのである 我 々のトゥルネンは 中 身 のない 教 師 ぶった 人 間 の 中 で 硬 直 化 している 傾 向 があり それを 魅 力 的 に 蘇 らせ るということは 天 才 的 な 教 育 的 素 質 が 必 要 である イギリスのスポーツと 競 技 はま だ 人 間 的 であり ますますドイツ 国 内 で 行 われているトゥルネンの 基 盤 を 脅 かしてい る その 中 で 今 日 的 な 形 態 での 目 標 は 同 様 に 粗 野 な 19 世 紀 的 な 諸 要 因 を 断 ち 切 る 必 要 があり トゥルネンがどのように 健 康 の 育 成 に 目 標 を 向 けるかなのである ( 中 略 ) 両 方 の 方 法 に 有 する 脅 威 と 一 面 性 なものから 野 蛮 な 力 とか 競 争 による 最 高 記 録 を 達 成 させるようなものではなく 何 よりも 音 楽 との 関 わりを 通 して 表 現 の 発 達 や 主 として 美 しさを 目 標 とするような 体 操 の 新 しい 形 態 だけが 我 々を 救 うことができる それゆえ 新 しい 体 操 の 中 心 になるのは それは 19 世 紀 以 前 の 時 代 にかつて 踊 られた 舞 踊 に 我 々がこれまでに 獲 得 した 能 力 から 自 由 で 芸 術 的 に 至 るような 舞 踊 を 目 標 に することなのである つまりリヒトヴァルクは 身 体 教 育 に 対 しても 創 造 的 で 感 性 的 な 教 育 を 必 要 とし 学 校 体 育 で 実 施 されているトゥルネンに 異 議 を 唱 え 集 団 秩 序 体 操 を 主 とした 体 育 を 芸 術 教 育 として 改 革 するには 音 楽 との 関 わりを 通 した 表 現 の 発 達 を 目 標 とした 新 しい 体 操 によって 達 成 できると 考 え 第 3 回 の 芸 術 教 育 会 議 のテーマの 一 つに 体 操 (Gymnastik) を 取 り 入 れることにしたのである 4. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 実 際 (1) プログラム 構 成 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 は 1905 年 10 月 13 日 から 15 日 に 音 楽 と 体 操 をテー マにハンブルクの 芸 術 ホールの 中 にあるマカルト 広 間 にて 開 催 された リヒトヴァル クは 会 議 1 日 目 の 冒 頭 で 音 楽 と 体 操 について 講 演 し その 冒 頭 で 当 会 議 の 目 的 を 次 のように 述 べている(Lichtwark, 1906, pp.25-26) 我 々の 会 議 の 目 的 は 音 楽 と 青 少 年 教 育 に 関 する 体 操 の 有 能 な 代 表 者 たちが 集 ま り 彼 らの 分 野 の 中 での 考 えや 要 望 について 自 由 に 討 議 し この 会 議 を 通 して 我 々の 国 民 に 提 示 することである そしてリヒトヴァルクは 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 をとおしてドイツ 国 民 に 一 般 的 に 行 われている 運 動 を 意 識 させること 第 1 回 第 2 回 会 議 から 芸 術 教 育 に 関 する 議 論 が 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 ではどのように 展 開 していくのか 全 参 加 者 に 提 示 することを 目 的 としていた(Lichtwark, 1906, p.25-26) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 名 誉 理 事 には 学 長 閣 下 でありハンブルク 市 長 である J.G. メッケベルク 市 政 府 大 臣 であり 高 等 学 校 省 の 指 導 司 祭 である W. メレ 市 政 府 大 臣

7 201 であり 高 等 学 校 省 指 導 司 祭 の J.F.C.レファルドが 就 任 した 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 準 備 委 員 会 のメンバーは 第 1 回 と 第 2 回 からの 継 続 委 員 と 新 たに 音 楽 と 体 操 による 専 門 分 野 の 代 表 者 たちにより 構 成 された 会 議 準 備 委 員 会 の メンバーは 表 1 のとおりである 表 1. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 準 備 委 員 メンバー 氏 名 役 職 : 勤 務 地 R.バース 教 授 :ハンブルク A.リヒトヴァルク ハンブルク 美 術 館 長 :ハンブルク O.エルンスト Gr.Flottbeck:ハンブルク K.ミュラー トゥルネン 視 察 官 :アルトナ M.フィードラー 音 楽 学 校 長 :ハンブルク A.ニキシュ ケヴァントハウスコンサート 指 揮 者 :ライプツィヒ C.フライシュレン ベルリン L.パラート 教 授 :ベルリン-ハーレンゼー H.フリッケ 学 校 視 察 官 :ハンブルク D.リュール ドイツトゥルネン 連 盟 役 員 地 方 視 学 官 :シュテッティーン C.ゲッツェ 芸 術 的 教 養 育 成 に 向 けた 教 員 協 会 理 事 長 :ハンブルク G.ザルヴュルク 枢 密 顧 問 官 :カールスルーエ H.ハーン ドイツトゥルネン 連 盟 代 理 理 事 長 :ハンブルク P.シャルヴェンカ 王 室 教 授 王 室 芸 術 アカデミー 構 成 員 :ベルリン P.イエッセン 王 室 美 術 工 芸 博 物 館 図 書 館 長 :ベルリン E.T.G.シェンケンドルフ 州 議 会 議 員 :ゲルリッツ J.ヨアヒム 王 室 楽 団 指 揮 者 王 室 音 楽 高 等 学 校 長 :ベルリン F.A.シュミッド 衛 生 評 議 員 :ボン L. カルクロイス 王 室 芸 術 アカデミー 長 :シュトゥットガルト P.シュルツェ 教 授 :ナウムルブルク ザーレック G.ケルシェンシュタイナー 第 2 回 芸 術 教 育 会 議 理 事 長 :ミュンヘン W.ザイドリッツ 枢 密 顧 問 官 第 1 回 芸 術 教 育 会 議 理 事 長 :ドレスデン W.ヴュムバッハ 演 習 音 楽 教 員 :ハンブルク J.シュペンゲル 王 室 音 楽 局 長 :ハンブルク P.クルムブホルツ 参 事 官 視 学 官 :ワイマール F.シュタインバッハ 総 合 音 楽 局 長 地 方 音 楽 局 長 ケルン 音 楽 学 校 長 :ケルン H.ヴォルガスト 教 頭 :ハンブルク K.ランゲ 大 学 教 授 :チュービンゲン R.レーマン 教 授 :ベルリン F.ヴォイルシュ 教 授 :アルトナ (Kunsterziehung R. Voigtländer Verlag in Leipzig, 1906, p.10.より 作 成 ) 音 楽 専 門 分 野 の 代 表 者 は M. フィードラー A. ニキッシュ P. シャルヴェンカ J. ヨアヒム W.K. ヴュムバッハ J. シュペンゲル F. シュタインバッハの 7 名 で あった 一 方 体 操 の 専 門 分 野 の 委 員 は K. ミュラー H. フリッケ D. リュール H. ハーン F.A. シュミットの 5 名 であった 会 議 には 第 1 回 第 2 回 の 芸 術 教 育 会 議 と 同 様 に 政 府 機 関 や 市 当 局 の 関 係 者 (6) 教

8 202 育 関 係 者 や 芸 術 家 はもちろんのこと 新 聞 や 雑 誌 の 評 論 家 たちも 参 加 した さらに 会 議 には 45 の 連 盟 12 のジャーナリムの 代 表 者 62 名 の 芸 術 家 と 学 者 153 名 の 教 育 者 と 学 校 友 の 会 が 出 席 した 会 議 参 加 者 は 全 員 で 333 名 と 一 連 の 芸 術 教 育 会 議 の 中 で 最 多 となった(Braun, 1957, p.53-54) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 のプログラムは 表 2 のとおりである 表 2. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 プログラム 内 容 表 第 回 術 教 育 会 議 容 1905 年 10 月 13 日 金 曜 日 ( 場 所 : 芸 術 ホールのマカルト 広 間 ) 1 日 目 タイムスケジュール 会 議 内 容 担 当 者 名 : 勤 務 地 午 前 9:00-1 音 楽 と 体 操 A リヒトヴァーグ:ハンブルク 2 家 庭 での 音 楽 育 成 R バトカ:プラハ 3 芸 術 的 な 感 覚 に 向 けた 教 育 手 段 としての 唱 歌 H ヨハンセン:キール 4 コンサートとオペラにおける 青 少 年 R バース:ハンブルク 5 音 楽 的 な 享 受 M デッソイアー:ベルリン 午 後 15:00-17:30 トゥルネンの 公 開 演 技 披 露 場 所 :St.パウリ 体 育 館 徒 手 体 操 手 具 体 操 器 械 体 操 輪 舞 ダンス 1905 年 10 月 14 日 土 曜 日 ( 場 所 : 芸 術 ホールのマカルト 広 間 ) 2 日 目 タイムスケジュール 会 議 内 容 担 当 者 名 : 勤 務 地 午 前 9:00-1 体 育 による 身 体 美 F.A.シュミッド:ボン 2 徒 手 体 操 と 手 具 体 操 におけるトゥルネン ディーボウ:ベルリン 3 遊 戯 と 国 民 的 な 運 動 J シュパールビアー:ハンブルク 4 学 校 の 水 泳 授 業 H.フリッケ:ハンブルク 5 ダンス G フーフス:ミュンヘン 午 後 15:00-16: 年 10 月 15 日 日 曜 日 3 日 目 タイムスケジュール 男 子 校 と 女 子 校 での 公 開 水 泳 授 業 場 所 :リューベックエアトアー 公 営 プール 会 議 内 容 午 前 8:30-10:15 10:30-11:00 公 開 遊 戯 披 露 場 所 :ハイリゲン-ガイストフェルデス 児 童 公 園 タンバリンバルとファウストバル ラウンダーズ 陣 取 り 場 所 :ハンブルクトゥルネン 連 盟 のSt.パウリ 体 育 館 走 跳 投 による 国 民 的 な 運 動 11:30-13:00 公 開 講 演 場 所 :コンサートホール ハンブルク St.Pauli 担 当 者 名 : 勤 務 地 1 音 楽 的 な 文 化 R バトカ:プラハ 2 美 学 的 な 教 育 における 体 育 の 意 義 K ミュラー:アルトナ 3 我 々の 芸 術 教 育 会 議 C ゲッツェ:ハンブルク 午 後 14:30- 小 学 生 のためのコンサート ハンブルグ 音 楽 愛 好 家 サークル 楽 団 指 揮 者 :リッヒ バース(ハンブルク) 協 力 :ハンブルグ 教 員 声 楽 連 盟 (Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig, 1906, pp より 作 成 ) プログラム 1 日 目 の 午 前 中 は 最 初 に 本 会 議 のテーマである 音 楽 と 体 操 につい てリヒトヴァルクが 講 演 を 行 った 続 いて 本 会 議 のテーマの 一 つである 音 楽 専 門 分 野 を 中 心 に 家 庭 での 音 楽 育 成 についてプラハの R. バトカが 芸 術 的 な 感 覚 に 向 け た 教 育 手 段 としての 唱 歌 をキールのパイプオルガン 奏 者 で 音 楽 教 員 である H. ヨハ ンセンが コンサートとオペラにおける 青 少 年 についてハンブルグの 大 学 教 授 であ る R. バースが 音 楽 的 な 享 受 についてベルリンの 大 学 教 授 である M. デッゾイア ーが 講 演 を 行 った 1 日 目 の 午 後 は ハンブルクトゥルネン 連 盟 の St. パウリ 体 育 館 にて トゥルネンの 公 開 演 技 披 露 が 行 われた プログラム 2 日 目 の 午 前 中 は 体 操 についての 講 演 が 行 われた はじめに 体 育 に よる 身 体 美 をボンの 衛 生 評 議 員 である F.A. シュミットが 次 に 徒 手 体 操 と 手 具 体 操 におけるトゥルネン についてベルリンの 王 室 トゥルネン 教 員 育 成 機 関 長 である ディーボウが 遊 戯 と 国 民 的 な 運 動 についてハンブルの 教 員 である J. シュパルビ アーが 学 校 の 水 泳 授 業 についてハンブルクの 学 校 視 察 官 である H. フリッケが ダンス についてミュンヘンの 編 集 者 である G. フーフスが 講 演 を 行 った 午 後 は ハンブルクからリューベックに 場 所 を 移 し リューベックエアトアー 公 営 プールにて

9 203 男 子 校 と 女 子 高 における 公 開 水 泳 授 業 が 実 施 された プログラム 3 日 目 の 午 前 中 は 1. 公 開 遊 戯 披 露 2. 走 跳 投 による 国 民 的 な 運 動 3. 公 開 講 演 が 行 われた 公 開 講 演 はハンブルクコンサートホールにて 音 楽 的 な 文 化 について R. バトカが 美 学 的 な 教 育 における 体 育 の 意 義 についてアルト ナのトゥルネン 視 察 官 である K. ミュラーが 我 々の 芸 術 教 育 会 議 について 教 員 で あり 雑 誌 種 を 撒 く 人 の 編 集 者 である C. ゲッツェが 講 演 した 午 後 は 本 会 議 の 締 め 括 りとして 小 学 生 たちのためのコンサート と 題 して ハンブルクの 音 楽 愛 好 家 サークル 楽 団 と 国 民 学 校 男 子 生 徒 たちによる 公 開 コンサートが 開 演 された プログ ラム 1 日 目 と2 日 目 の 午 前 中 に 開 催 された 各 講 演 の 際 には その 講 演 内 容 について 参 加 者 たちとの 討 論 会 が 実 施 された (2) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 に 見 る 新 体 操 的 理 念 の 主 張 - 体 操 と 音 楽 と 美 の 融 合 を 求 めて- 会 議 1 日 目 の 冒 頭 でリヒトヴァルクは 音 楽 と 体 操 は 歌 唱 もしくは 音 楽 にとっ て ダンスや 輪 舞 (7)のリズム 的 な 運 動 が 伴 う 共 通 の 身 体 的 な 根 源 を 持 っており この 根 源 は 本 来 高 尚 で 非 常 に 古 い 関 係 があるものの 世 間 一 般 では 実 際 には 評 価 されてお らず 体 育 授 業 においての 美 学 的 な 効 果 は 本 質 的 に 音 楽 との 関 連 によって 達 成 する (Lichtwark, 1906, p.26)と 主 張 した そして 本 会 議 のテーマの 一 つである 体 操 の 教 育 的 意 義 について 体 操 が 身 体 教 育 の 手 段 や 能 力 青 少 年 の 健 康 を 獲 得 するだけ でなく 芸 術 教 育 に 向 けても 非 常 に 重 要 な 力 添 えとなると 考 えた また 彼 は 従 来 の 音 楽 と 体 育 の 授 業 であるトゥルネンについて 自 身 の 体 験 を 以 下 のように 述 べている (Lichtwark, 1906, p.26) 私 の 少 年 時 代 音 楽 とトゥルネンの 授 業 を 根 本 的 にまじめに 考 えていなかった 我 々は 学 校 での 指 導 が 多 かれ 少 なかれつまらないと 評 価 しており 早 期 に 声 変 りを したときの 歌 唱 の 時 間 と 医 師 の 診 断 書 によってトゥルネンの 授 業 が 免 除 されること が 嬉 しかった 教 師 の 熱 狂 などどうでもよく ただ 憎 まれないようにするだけであっ た リヒトヴァルクは 自 身 の 体 験 した 学 校 体 育 でのトゥルネンが 規 律 の 側 面 ばかり が 強 調 されており そのような 身 体 教 育 を 次 の 世 代 は 必 要 としないだろう と 述 べ 新 しい 思 想 でのトゥルネンが 必 要 であるとして 次 のように 主 張 した(Lichtwark, 1906, p.27) 成 人 する 前 の 子 どもたちが 学 んだ 昔 の 遊 戯 に 生 命 を 与 えること 自 立 した 決 意 で 最 後 までやり 抜 く 能 力 に 力 を 注 ぐこと 全 身 全 霊 でゲームのルールを 尊 重 すること 勝 利 者 を 嫉 妬 のない 賛 美 で 称 賛 すること これらはドイツトゥルネンに 一 つの 新 しい 生 存 競 争 に 対 する 心 構 えをさせる 思 考 様 式 となるだろう そしてリヒトヴァルクは 音 楽 と 体 操 は ダンスと 輪 舞 の 原 型 の 中 に 位 置 しており 生 徒 たちの 自 立 した 人 間 を 育 成 することに 役 立 つことができると 主 張 した

10 204 (Lichtwark, 1906, p.27) リヒトヴァルクの 講 演 が 終 了 した 後 音 楽 専 門 分 野 の 代 表 者 たちの 講 演 が 続 いた プラハのバトカは 家 庭 での 音 楽 育 成 と 題 して 家 庭 の 中 での 音 楽 育 成 について 講 演 を 行 なった 彼 は 従 来 音 楽 教 育 の 主 流 であったピアノとバイオリンによる 一 面 的 な 育 成 に 異 議 を 唱 え 様 々な 楽 器 を 導 入 すること さらに 音 楽 を 楽 しむために 重 要 な ことは 音 感 を 正 確 に 把 握 する 聴 覚 訓 練 ではなく 音 楽 とより 密 接 な 関 係 を 作 り 上 げ ることであり 偉 大 な 作 曲 家 が 彼 らの 精 神 を 表 現 し 作 曲 した 音 楽 そのものを 主 観 的 に 感 じ 取 る 教 育 が 重 要 であることを 説 いた(Batka, 1906, p.44) また 彼 は 公 開 講 演 音 楽 的 な 文 化 の 中 で 従 来 の 音 楽 教 師 に 見 られる 高 慢 性 虚 栄 心 自 己 賛 美 に 異 議 を 唱 え 教 師 は 生 徒 たちに 音 楽 を 特 定 の 形 式 に 当 て 嵌 めるのではなく 幅 広 い 基 盤 で 音 楽 を 理 解 させることを 重 視 した(Tervooren, 1987, p.126) キールのヨハンセンは 芸 術 的 な 感 覚 に 向 けた 教 育 手 段 としての 唱 歌 と 題 して 講 演 を 行 った 彼 はドイツ 国 民 と 一 般 社 会 に 考 慮 して 国 民 学 校 は 芸 術 的 な 教 育 方 法 として 唱 歌 の 授 業 を 強 化 すべてきである (Johannsen, 1906, p.65)と 主 張 し 国 民 学 校 での 音 楽 授 業 における 2 週 間 授 業 の 承 認 方 法 論 の 確 立 学 校 教 育 にふさわしい 唱 歌 本 の 開 発 情 熱 ある 芸 術 家 と 芸 術 的 教 養 に 向 けた 教 員 の 養 成 を 要 望 した (Johannsen, 1906, p.77) 体 操 の 専 門 分 野 では まずシュミットが 講 演 を 行 った 彼 は 体 育 による 身 体 美 と 題 して 生 理 学 的 な 知 見 から 人 間 の 姿 勢 と 身 体 運 動 の 一 つの 理 想 型 を 提 示 し 身 体 美 に 向 けた 教 育 方 法 について 述 べた 彼 は 一 つの 動 きを 幅 広 い 歩 幅 で 活 気 あるリ ズムとテンポで 優 美 な 姿 勢 で という 課 題 によって 発 展 させ 身 体 に 負 担 をかけな い 方 法 で しなやかな 体 型 を 作 り 上 げることを 目 標 とした 教 育 を 提 唱 した そしてこ の 目 標 は 美 的 な 上 にバランスのとれた 運 動 に 寄 与 することができ 全 ての 運 動 の 基 礎 になると 主 張 した シュミットはまた トゥルネンのような 身 体 を 酷 使 した 方 法 に よって 不 必 要 に 歪 曲 した 運 動 を 防 止 することの 重 要 性 を 説 いた そして 学 校 体 育 で 実 施 されているトゥルネンが 身 体 に 対 して 生 理 学 的 知 見 のない 不 自 然 な 教 育 目 標 で 行 われており それを 如 何 に 軽 快 で 自 信 に 満 ちたものに 達 成 されようとも 意 味 がなく 重 要 なのは 運 動 表 現 の 中 にある 美 しさと 完 璧 さである という 極 めて 高 い 教 育 目 標 を 掲 げた(Schmidt, 1906, pp ) シュパルビアーは 均 整 のとれた 自 然 な 運 動 として 遊 戯 と 国 民 的 な 運 動 につい て 講 演 した 彼 は 運 動 する 喜 びは 即 時 に 起 こる 喜 びで 創 造 的 な 喜 びであり こ れは 現 代 的 な 体 操 の 基 礎 とならなければならない (Sparbier,1906, p.195)と 強 調 した そして 彼 は トゥルネンが 本 来 個 々 人 の 運 動 の 欲 求 や 感 覚 を 十 分 に 満 たす 遊 戯 領 域 であること 主 張 し さらにトゥルネンに 創 造 能 力 を 養 う 教 育 を 付 け 加 えることを 要 望 したのである(Sparbier, 190, p.186) ミュラーは 3 日 目 の 公 開 講 演 で 美 学 的 な 教 育 における 体 育 の 意 義 について 講 演 した 彼 は 新 しい 美 学 的 な 原 理 とは 美 しさに 向 けた 教 育 を 基 本 方 針 とした 新 しい スタイルであり 身 体 のエネルギッシュな 解 放 と 自 然 な 運 動 形 式 に 伴 う 自 然 法 則 に 従 った 教 育 方 法 によって 初 めて 表 面 化 させることができると 主 張 した(Möller, 1906, pp )

11 205 体 操 専 門 分 野 での 公 開 実 技 披 露 (トゥルネンの 公 開 演 技 披 露 公 開 水 泳 授 業 公 開 遊 戯 披 露 )は 3 日 間 の 会 議 でそれぞれ 行 われた 1 日 目 は トゥルネンの 公 開 演 技 披 露 と 題 して 国 民 学 校 の 児 童 たち トゥルネン クラブに 所 属 している 女 性 や 男 性 たちによる 徒 手 体 操 と 手 具 体 操 器 械 体 操 ダンス 運 動 が 披 露 された まず アルトナのトゥルネン 視 察 官 であるミュラーの 指 揮 で ア ルトナトゥルネンクラブの 女 性 たちが 棍 棒 を 使 った 簡 単 な 振 動 運 動 を 披 露 した 次 にトゥルネン 教 員 のデッペが 鉄 の 棒 を 使 用 したいくつかの 女 性 向 けのトレーニング を 紹 介 した さらにトゥルネン 教 員 のジーペルド 指 導 の 下 国 民 学 校 の 女 子 児 童 たち が 鉄 棒 での 簡 単 なトレーニングを 披 露 した シュパルビアーとミュラーは 児 童 たち による 自 然 で 美 学 的 な 運 動 のまとめとして 軽 快 で 自 然 に 即 した 走 り 方 をどのように 教 育 することができるか 提 示 した 国 民 学 校 の 男 子 生 徒 たちが 腕 立 て 伏 せトレーニ ングを 披 露 し アルトナの 実 科 ギムナジウムの 男 子 生 徒 たちが 鉄 の 棒 を 腕 の 振 動 の 運 動 の 手 掛 かりとして 支 柱 として 武 器 としてどのように 活 用 できるか 例 を 挙 げた 器 械 体 操 と 徒 手 体 操 を 男 性 たちと 男 子 生 徒 たちが 跳 び 箱 の 演 技 や 跳 馬 鉄 棒 等 の 演 技 を 行 なった( 作 者 不 明, 1906, pp ) トゥルネンの 公 開 演 技 披 露 の 最 後 は クリューガー 女 性 のただ 一 人 の 講 師 として M. ラドツヴィル デッペとシェールが 音 楽 と 体 操 を 関 連 させた 演 技 を 紹 介 した まずクリューガーは 国 民 学 校 の 女 子 児 童 たちを 整 列 させ 拍 子 に 合 わせて 歩 く 跳 ねるというステップを 中 心 とした 運 動 を 提 示 した ラドツヴィルは 子 供 の 遊 戯 とフ ォークダンスに 関 連 して 民 謡 の 音 楽 に 合 わせたダンス 運 動 を 紹 介 した デッペとシ ェールは シューベルトの 音 楽 に 合 わせて 変 化 に 富 んだダンスを 披 露 させた( 作 者 不 明, 1906, p.119) トゥルネンの 公 開 演 技 披 露 は これらの 内 容 を 1 時 間 という 短 い 時 間 で 披 露 された 2 日 目 の 公 開 水 泳 授 業 では 国 民 学 校 で 実 施 されている 水 泳 授 業 が 披 露 された こ の 水 泳 授 業 は 泳 法 の 指 導 ではなく 児 童 たちに 自 分 の 姿 勢 を 気 づかせるために 仰 向 けとうつ 伏 せでの 蹴 伸 びをすることで 胸 郭 を 意 識 させることを 中 心 として 行 われ た 公 開 水 泳 授 業 の 最 後 は 水 中 でのリレーや 綱 引 きなどの 遊 戯 を 男 子 児 童 たちによ って 実 施 され 水 の 中 に 一 斉 に 飛 び 込 んだすべての 男 子 児 童 たちによるバタ 足 は 公 開 水 泳 授 業 による 愉 快 な 印 象 を 会 議 参 加 者 たちに 形 づけた( 作 者 不 明, 1906, p.120) 3 日 目 の 公 開 遊 戯 披 露 では 国 民 学 校 や 上 級 学 校 の 生 徒 たちやトゥルネンクラブに 所 属 している 参 加 者 たちが 合 同 で 技 術 的 能 力 の 精 通 と 肉 体 的 能 力 による 気 力 あふれ る 緊 張 と 楽 しさを 身 体 的 な 教 養 として 試 みたものであった ここでは 球 技 である ファウストバルやタンバリンバル コルプバル シュラグバル (8) サッカーをはじめ 遊 戯 として 陣 取 りが 行 われた 次 に 走 跳 投 による 国 民 的 な 運 動 が 披 露 され 棒 高 跳 び 幅 跳 び 石 投 げ 砲 丸 投 げ 槍 投 げ 円 盤 投 げやハードル 競 走 などが 上 級 学 校 の 生 徒 たちによって 行 われた( 作 者 不 明, 1906, pp ) (3) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 意 義 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 は 教 育 問 題 として 従 来 の 学 校 体 育 が 公 的 に 取 り 上 げられた 初 めての 会 議 であった 会 議 のプログラムからみると 体 操 専 門 分 野 の 実 践 的 な 公 開 実

12 206 技 披 露 (トゥルネン 水 泳 遊 戯 )が 会 議 3 日 間 の 全 行 程 で 披 露 されたことからも 学 校 体 育 の 改 革 を 目 的 とする 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 意 図 が 見 受 けられる 会 議 の 準 備 委 員 会 のメンバーであった L. パラートは 後 に 雑 誌 ドイツ 学 校 改 革 (Die deutsche Schulreform) で トゥルネンに 対 して 以 下 のように 述 べている(Pallat, 1920, p.128) トゥルネン それ 自 身 は 100 年 間 にわたってより 多 く 育 成 しているのにも 関 わら ず 未 だに 芸 術 に 近 い 関 係 を 獲 得 してこなかった トゥルネンでの 芸 術 性 はほんの 少 ししかなく その 多 くは 造 型 性 に 役 立 つものである パラートの 主 張 する 当 時 の 学 校 体 育 におけるトゥルネンは 国 家 経 済 を 支 える 労 働 力 のために 国 家 の 軍 事 力 強 化 の 必 要 性 から 健 康 で 命 令 に 従 順 な 兵 士 の 養 成 を 目 的 とした 身 体 形 成 に 価 値 が 置 かれていた 教 師 の 指 導 は 生 徒 たちが 集 団 の 中 で 号 令 と ともに 迅 速 に 動 けるように 規 律 と 秩 序 による 鋳 型 化 された 運 動 認 識 で 実 施 されて いたのである この 指 導 方 法 では 生 徒 たち 個 々の 身 体 的 特 性 は 無 視 され 一 人 一 人 の 個 性 を 抑 制 した 一 糸 乱 れぬ 集 団 運 動 が 尊 重 されることになる 衛 生 評 議 員 であるシ ュミットは 会 議 の 中 で 生 理 学 的 知 見 のない 不 自 然 な 教 育 目 標 から 実 施 されているト ゥルネンに 異 議 を 唱 え 新 しい 体 操 は 身 体 に 負 担 をかけない 方 法 で 美 的 でバランス のとれた 運 動 によるしなやかな 体 型 作 りを 教 育 目 標 に 掲 げ これは 全 ての 運 動 の 基 礎 となると 主 張 した この 主 張 は トゥルネンの 国 防 や 産 業 のための 手 段 化 された 集 団 による 身 体 運 動 や 生 理 学 的 知 見 のない 身 体 形 成 から 個 々の 身 体 性 に 向 けた 教 育 と さらに 自 らの 身 体 を 意 識 する 自 己 目 的 化 された 身 体 形 成 の 重 要 性 を 説 いたと 言 える またシュパルビアーは 均 整 のとれた 自 然 な 運 動 として 遊 戯 と 国 民 的 な 運 動 を 講 演 し 運 動 する 喜 びは 即 時 に 起 こる 喜 びで 創 造 的 な 喜 びであり これは 現 代 的 な 体 操 の 基 礎 とならなければならない と 強 調 した 規 律 と 秩 序 を 重 視 する 従 来 の 学 校 体 育 では 生 徒 たちの 運 動 する 喜 びや 創 造 的 な 喜 びは 皆 無 に 等 しく トゥルネ ンに 創 造 能 力 を 養 う 教 育 の 必 要 性 を 主 張 したシュパルビアーの 理 念 は 新 しい 体 育 の 方 向 性 を 示 したものであった 同 様 にミュラーが 公 開 講 演 で 身 体 のエネルギッシュ な 解 放 と 自 然 な 運 動 形 式 に 伴 う 自 然 法 則 に 従 った 教 育 方 法 の 重 要 性 を 提 示 したことも 従 来 の 学 校 体 育 によるトゥルネンの 運 動 認 識 から 新 しい 認 識 での 体 操 の 在 り 方 を 指 示 すものであった リヒトヴァルクは 音 楽 と 体 操 をテーマとした 講 演 で 体 育 授 業 における 美 学 的 な 効 果 は 音 楽 との 関 連 によって 達 すると 述 べたが その 具 体 例 は 1 日 目 のトゥル ネンの 公 開 演 技 披 露 の 最 後 に クリューガーの 拍 子 に 合 わせて 歩 く 跳 ねるというス テップを 中 心 とした 運 動 ラドツヴィルの 民 謡 の 音 楽 に 合 わせたダンス 運 動 デッペ とシェールのシューベルトの 音 楽 に 合 わせたダンスを 短 い 時 間 で 紹 介 したのみであっ た パラートは 後 に 本 会 議 の 成 果 について 芸 術 教 育 会 議 の 枠 内 で 新 しい 体 操 を 演 出 するのに 体 操 家 や 舞 踊 家 の 具 体 例 が 挙 げられず 会 議 は 思 わしい 結 果 にはならなか った (Pallat, 1926, p.65)と 述 べている また トゥルネンから 自 然 体 育 に 向 けた ドイツの 体 育 改 革 に 貢 献 した E. ハルテは トゥルネンによる 公 開 演 技 披 露 について 美 学 的 な 自 然 の 革 新 とトゥルネン 的 な 美 的 原 理 を 合 致 させるとき ドイツトゥルネ

13 207 ンでの 改 革 は その 時 ただ 腰 掛 けただけであり それは 深 刻 であった (Harte, 1927, p273)と 述 べている しかしクリューガー ラドツヴィル デッペとシェールによる 音 楽 と 体 操 を 関 連 させた 演 技 披 露 は 具 体 例 としてはほんのわずかではあるものの 従 来 のトゥルネンによる 学 校 体 育 の 内 容 から 鑑 みると 画 期 的 な 試 みであったと 言 え よう 本 会 議 を 契 機 として 人 間 の 本 質 への 問 い 直 しを 基 本 的 な 観 念 とする 新 体 操 促 進 運 動 が リズムと 音 楽 と 結 びついた 人 間 の 美 的 な 基 本 運 動 として 価 値 が 認 められ 実 体 化 していくこととなったことを 考 慮 すると 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 は その 後 の 学 校 体 育 の 改 革 と 新 体 操 促 進 運 動 の 原 点 となり その 功 績 は 非 常 に 大 きく 意 義 のある 会 議 で あったと 言 える おわりに 本 研 究 の 目 的 は 新 体 操 促 進 運 動 が 興 隆 する 契 機 となり 19 世 紀 から 20 世 紀 初 頭 のドイツの 学 校 体 育 を 支 配 していたシュピース=マウル 方 式 の 体 操 の 克 服 を 目 的 とし て 1905 年 にハンブルグで 開 催 された 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 のプログラム 構 成 とその 内 容 そして 同 会 議 のもつ 意 義 を 明 らかにすることであった 本 論 で 検 討 した 結 果 を 整 理 すると 以 下 のようにまとめられる 世 紀 から 20 世 紀 初 頭 にかけてドイツの 学 校 体 育 を 支 配 していたのは トゥル ネンと 呼 ばれるシュピース=マウル 方 式 の 体 操 で これは 健 康 で 命 令 に 従 順 な 兵 士 の 養 成 に 向 けた 身 体 育 成 の 必 要 性 から 規 律 と 秩 序 を 重 視 した 集 団 秩 序 体 操 を 主 としていた その 一 方 で 19 世 紀 後 半 から 人 間 の 自 然 性 と 自 由 の 精 神 に 結 びついた 遊 戯 イギリス 産 のスポーツ 活 動 と スウェーデンやデンマークから 医 学 や 解 剖 学 生 理 学 衛 生 学 の 最 新 の 成 果 を 体 操 の 中 に 応 用 し 体 系 化 された 徒 手 体 操 はじめ とする 北 欧 体 操 の 伝 播 また 女 子 の 身 体 教 育 の 重 要 性 が 強 調 され 始 めていた 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 は このような 状 況 の 中 で 開 催 されていた 2. ドイツ 新 教 育 運 動 の 一 つである 芸 術 教 育 運 動 は 子 どもとその 能 力 の 最 大 限 の 尊 重 という 方 向 を 最 も 早 くに 明 示 し これをすべての 学 校 改 革 や 教 授 計 画 の 一 原 理 と するのに 決 定 的 な 契 機 を 与 えた この 芸 術 教 育 運 動 は 3 回 にわたる 芸 術 教 育 会 議 を 開 催 し その 中 心 的 な 役 割 を 果 たしたのが A. リヒトヴァルクであった 第 1 回 芸 術 教 育 会 議 は 1901 年 にドレスデンで 造 形 芸 術 を 第 2 回 会 議 は 1903 年 にワイマールで 母 国 語 と 詩 をテーマに 開 催 された 3. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 は 1905 年 音 楽 と 体 操 をテーマにハンブルクで 開 催 さ れた リヒトヴァルクは 従 来 の 学 校 体 育 で 行 われている 規 律 と 秩 序 を 重 視 し たトゥルネンを 芸 術 教 育 の 中 で 改 革 するには 音 楽 とのかかわりを 通 した 表 現 の 発 達 を 目 標 とした 新 しい 体 操 によって 達 成 できる 主 張 した 会 議 では 従 来 の 学 校 体 育 のトゥルネンから 生 理 学 的 知 見 をとおして 自 らの 身 体 を 意 識 する 自 己 目 的 化 された 身 体 形 成 創 造 能 力 を 養 う 教 育 を 目 指 す 新 しい 体 育 の 在 り 方 自 然 な 運 動 形 式 に 伴 う 自 然 法 則 に 従 った 運 動 認 識 による 教 育 の 重 要 性 が 提 示 された またトゥル ネンによる 公 開 演 技 披 露 では 具 体 例 としてはほんのわずかではあるものの 音 楽 と 体 操 を 関 連 させた 演 技 が 披 露 され それは 従 来 のトゥルネンによる 学 校 体 育 の 内

14 208 容 から 鑑 みると 画 期 的 な 試 みであった 4. 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 では 教 育 問 題 として 学 校 体 育 が 公 的 な 会 議 で 取 り 上 られた ことは 初 めてのことであり この 会 議 を 契 機 として 人 間 の 本 質 への 問 い 直 しを 基 本 的 な 観 念 とする 新 体 操 促 進 運 動 が リズムと 音 楽 と 結 びついた 人 間 の 美 的 な 基 本 運 動 として 価 値 が 認 められ 実 体 化 していくこととなる 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 は そ の 後 の 学 校 体 育 の 改 革 と 新 体 操 促 進 運 動 の 要 因 となり その 功 績 は 非 常 に 大 きく 意 義 のある 会 議 であった 注 (1) 新 体 操 諸 流 派 における 体 操 の 系 譜 を 明 確 に 整 理 することは 系 譜 間 の 近 接 性 から 困 難 をともな うが おおよそ 医 学 的 な 機 能 的 効 果 を 主 眼 にしたデンマーク 体 操 などの 北 欧 体 操 演 劇 的 発 想 か ら 感 情 の 表 出 を 重 視 した 表 現 体 操 音 楽 リズムと 運 動 リズムを 結 合 させたリズム 体 操 古 典 バレ エを 打 破 しようとする 新 たなダンス 的 発 想 に 基 づく 芸 術 体 操 に 分 類 される ( 松 本 芳 明 (2006) 最 新 スポーツ 科 学 事 典 平 凡 社,p.626.) (2) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 を 検 討 の 俎 上 に 載 せた 主 な 研 究 は 以 下 のとおりである 音 楽 教 育 の 分 野 から 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 の 詳 細 を 明 らかにしたもの 工 藤 千 晶 (2012) 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 (ハンブルク,1905)における 家 庭 での 音 楽 育 成 に 関 する 一 考 察. 広 島 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科, 音 楽 文 化 教 育 学 研 究 紀 要 ⅩⅩⅣ. 供 田 武 嘉 津 (1991) 西 欧 音 楽 教 育 史 音 楽 之 友 社. Tervooren, H(1987)Die rhythmisch-musikalische Erziehung im ersten Drittel unseres Jahrhunderts,Frankfurt am Main:PETER LANG. 体 育 スポーツの 分 野 で 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 を 取 り 上 げたもの 菅 井 京 子 (2010) ドイツ 体 操 同 盟 の 設 立 に 果 たした F. ヒルカーの 役 割 について スポー ツ 史 研 究 第 24 号,スポーツ 史 学 会,pp Diem,L (1991) Die Gymnastikbewegung, ein Beitrag zur Entwicklung des Frauensports: Herausgeber, Carl-Diem-Institut Academia Verlag. 教 育 学 の 分 野 で 第 3 回 芸 術 教 育 会 議 を 取 り 上 げたもの 歡 喜 隆 司 (2004) 学 校 改 革 教 育 学 運 動 の 先 駆 けとしての 芸 術 教 育 運 動 とその 民 衆 学 校 教 授 への 生 徒 能 動 化 の 刺 激 (Ⅱ) ワイマール(1903) ハンブルク(1905)での 芸 術 教 育 会 議 の 研 究 教 授 研 究 第 25 巻 第 2 号,pp (3) 特 に 器 具 を 用 いた 体 操 は 鞍 馬 跳 馬 吊 り 輪 平 行 棒 鉄 棒 など 今 日 の 体 操 競 技 における 多 くの 種 目 の 原 点 になった (4) イギリスでは 遊 びや 賭 を 楽 しむ 伝 統 的 国 民 性 と 産 業 革 命 を 早 く 達 成 し 世 界 貿 易 の 覇 者 とな ったことなどによって スポーツの 近 代 化 を 強 力 にさせた サッカーがドイツに 伝 播 したのは 1875 年 頃 であるが ドイツサッカー 連 盟 が 設 立 されたのは 1900 年 である (5) Lichtwark,Alfred( )はドイツの 美 術 史 家 である 1886 年 新 設 のハンブルク 美 術 館 長 に 就 任 し 同 年 ハンブルク 芸 術 友 の 会 (die Gesellschaft Hamburger Kunstfreunde)を 1896 年 には 学 校 における 芸 術 教 育 育 成 のためのハンブルク 教 員 連 盟 (die Hamburger Lehrervereinigung zur Pflege der künstlerischen Bildung in den Schulen)を 創 立 し その 活 動 を 通 して 青 少 年 や 成 人 層 における 深 い 芸 術 理 解 を 促 進 することに 貢 献 した また 広 くドイツの

15 209 芸 術 教 育 全 般 においてつねに 指 導 的 立 場 で 活 躍 した (ヘルマン ノール 平 野 正 久 訳 (1987) ドイツの 新 教 育 運 動 明 治 図 書 出 版,p.227.) (6) 政 府 機 関 関 係 ではバーデン ザクセン アルターブルグ エルザス ロートリンゲン メッツ シュレスヴィック カッセルの 州 政 府 とハンザ 都 市 ブレーメン リューベックとハンブルクの 政 府 が 招 待 された 市 当 局 の 関 係 者 は シュレスヴィックとドルトムント フランクフルト アル トナ シャルロッテンブルク ケムニッツ ドレスデン ライプチッヒ キール ザール 地 方 の ハレ マクデブルク ミュンヘンの 代 表 者 たちが 出 席 した (7) 輪 舞 (Reigen)は シュピースが 女 子 の 体 育 のために 考 案 した 音 楽 とダンスと 体 操 を 結 合 した 運 動 で 幾 何 学 的 な 美 と 秩 序 を 求 める 集 団 秩 序 体 操 である 女 子 に 最 も 効 果 的 に 秩 序 を 与 え ることができると 考 えられ 女 子 体 育 に 強 い 影 響 を 与 えた 教 材 である (8) ファウストバル(Faustball)は こぶしを 用 いるドイツ 式 バレーボール タンバリンバル (Tamburinball)は バドミントンに 似 たイタリアの 遊 戯 コルプバル(Korbball)は バス ケットボールに 似 た 女 子 の 球 技 シュラグバル(Schlagball)は ラウンダーズと 呼 ばれる 12 人 制 の 野 球 に 似 た 球 技 である 参 考 文 献 稲 垣 正 浩 (1987) 最 新 スポーツ 大 事 典 大 修 館 書 店. 歡 喜 隆 司 (2004) 学 校 改 革 教 育 学 運 動 の 先 駆 けとしての 芸 術 教 育 運 動 とその 民 衆 学 校 教 授 への 生 徒 能 動 化 の 刺 激 (Ⅱ) ワイマール(1903) ハンブルク(1905)での 芸 術 教 育 会 議 の 研 究 教 授 研 究 第 25 巻 第 2 号, 学 習 活 動 研 究 会. 木 内 陽 一 アンドレアス ペーンケ 小 林 万 里 子 (2010) 19 世 紀 末 20 世 紀 初 頭 におけるハンブル クの 新 教 育 鳴 門 教 育 大 学 研 究 紀 要 第 25 巻, 鳴 門 教 育 大 学. 木 村 真 知 子 (1989) 自 然 体 育 の 成 立 と 展 開 不 昧 堂. 鈴 木 幹 雄 (2001) ドイツにおける 芸 術 教 育 学 成 立 過 程 の 研 究 芸 術 教 育 運 動 から 初 期 G オットー の 芸 術 教 育 学 へ 風 間 書 房. 鈴 木 幹 雄 (1999) ハンブルクにおける 新 教 育 運 動 の 光 と 陰 教 育 観 の 革 新 と リーダー 的 教 師 の 苦 悩 との 接 点 に 位 置 する 教 育 改 革 運 動 神 戸 大 学 発 達 科 学 部 研 究 紀 要 第 6 巻 第 2 号, 神 戸 大 学. 東 京 教 育 大 学 体 育 史 研 究 室 編 (1964) 図 説 世 界 体 育 史 新 思 潮 社. 中 村 恭 子 (2012) ダンス 教 育 の 展 望 と 課 題 体 育 科 教 育 2 月 号, 大 修 館 書 店. 成 田 十 次 郎 (1975) 世 界 教 育 史 大 系 31 体 育 史 講 談 社. 平 野 正 久 長 尾 十 三 二 (1988) 新 教 育 運 動 の 生 起 と 展 開 明 治 図 書 出 版. ヘルマン ノール 平 野 正 久 訳 (1987) ドイツの 新 教 育 運 動 明 治 図 書 出 版. 松 尾 順 一 (2010) ドイツ 体 操 祭 と 国 民 統 合 創 文 企 画. 松 本 千 代 栄 (2008) 舞 踊 論 叢 明 治 図 書 出 版. A. リヒトヴァルク 岡 本 定 男 訳 (1985) 芸 術 教 育 と 学 校 ドイツ 芸 術 教 育 運 動 の 源 流 明 治 図 書 出 版. Batka,R (1906) Musikpflege im Hause,In: Kunsterziehung. Ergebnisse und Anregungen des 3. Kunsterziehungstages in Hamburg am 13.,14.,15.Oktober 1905, R. Voigtländer Verlag in Leipzig.

16 210 Braun,G (1957) Die Schulmusikerziehung in Preußen, Kassel/Basel. Diem,L (1991) Die Gymnastikbewegung. Herausgeber, Carl-Diem-Institut Academia Verlag. Harte,E (1927) Die Verschiedenen Gymnastikschulen,In:Die deutschen Leibesübungen.Großes Handbuch für Turnen, Spiel und Sport, Berlin,Wilhelm Andermann Verlag. Johannsen,H (1906) Der Schulgesang als Bildungsmittel, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Konrad,L. (1902) Das Wesen der künstlerischen Erziehung, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Lichtwark,A (1929) Die Einheit der künstlerischen Erziehung, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Lichtwark,A (1906) Musik und Gymnastik, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Möller,K (1906) Bedeutung der Leibesübung in der ästhetischen Erziehung, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Pallat,L (1920) Kunsterziehung,Die deutsche Schulreform, Leipzig. Pallat,L (1926) Gymnastische Körperbildung,GYMNASTIK, Nr.6. Schmidt,F.A (1906) Körperschönheit durch Leibesübungen, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Sparbier,J (1906) Spiele und volkstümliche Übungen, In: Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. Tervooren, H (1987) Die rhythmisch-musikalische Erziehung im ersten Drittel unseres Jahrhunderts, Frankfurt am Main:PETER LANG. 作 者 不 明 (1906) Vorführungen aus dem Gebiete des Turnens, Jugendspiels und Schwimmens, In:Kunsterziehung. R. Voigtländer Verlag in Leipzig. (2013 年 1 月 7 日 受 理 )

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介 第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 )14 時 ~15 時 40 分 開 催 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 出 席 者 窪 田 吉 信 委 員 長 並 木 裕 之 副 委 員 長 新 井 鷗 子 委 員 稲 田 奈 緒 美 委 員 逢 坂 恵 理 子 委 員 佐 々 木 謙 二

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

01.活性化計画(上大久保)

01.活性化計画(上大久保) 別 記 様 式 第 1 号 ( 第 四 関 係 ) か み お お く ぼ 上 大 久 保 ち く 地 区 か っ せ い か 活 性 化 け い か く 計 画 栃 木 県 鹿 沼 市 平 成 26 年 2 月 1 活 性 化 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 計 画 の 名 称 上 大 久 保 地 区 活 性 化 計 画 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 鹿 沼 市 地

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1 松 山 市 条 制 定 時 の 市 民 意 見 聴 取 経 過 表 ( 3 月 市 議 会 提 出 分 ) 総 務 部 文 書 法 制 作 成 条 名 条 の 概 要 提 出 日 番 号 手 続 の 種 別 実 施 日 ( 期 間 ) 実 施 した 聴 取 手 続 の 内 容 を 実 施 しない 場 合 はその 理 由 担 当 1 松 山 市 職 員 の 分 限 に 関 する 条 等 の 一 部 を

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

47 高 校 講 座 モ オ モ 圏 比 較 危 述 覚 普 第 章 : 活

47 高 校 講 座 モ オ モ 圏 比 較 危 述 覚 普 第 章 : 活 46 高 校 講 座 モ オ モ 型 新 古 前 材 広 前 半 筆 覚 推 追 求 従 推 流 丁 寧 追 次 ぞ 押 捉 筆 析 構 造 後 半 始 旧 友 賀 状 転 例 図 察 深 成 子 親 友 先 周 々 方 身 選 成 長 偏 覚 性 直 今 作 エ 解 深 講 師 吉 田 光 ポイ 空 虚 二 第 二 1 2 3 第 1 好 2 3 第 章 : 活 第 章 : 活 47 高 校 講

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

ほかに パート 従 業 員 らの 厚 生 年 金 加 入 の 拡 大 を 促 す 従 業 員 五 百 人 以 下 の 企 業 を 対 象 に 労 使 が 合 意 すれば 今 年 十 月 から 短 時 間 で 働 く 人 も 加 入 できる 対 象 は 約 五 十 万 人 五 百 人 超 の 企 業

ほかに パート 従 業 員 らの 厚 生 年 金 加 入 の 拡 大 を 促 す 従 業 員 五 百 人 以 下 の 企 業 を 対 象 に 労 使 が 合 意 すれば 今 年 十 月 から 短 時 間 で 働 く 人 も 加 入 できる 対 象 は 約 五 十 万 人 五 百 人 超 の 企 業 低 年 金 の 高 齢 者 に 打 撃 改 革 関 連 法 案 支 給 さらに 抑 制 東 京 新 聞 2016 年 3 月 12 日 政 府 は 十 一 日 二 〇 一 八 年 四 月 から 公 的 年 金 の 額 の 伸 びを 低 く 抑 えることを 柱 とする 年 金 制 度 改 革 関 連 法 案 を 衆 院 に 提 出 した 将 来 世 代 に 年 金 財 源 を 渡 す 狙 いがあるが

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378> ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 の 承 認 のもとに 国 務 院 弁 公 庁 ( 事 務 局 )が1998 年 6 月 10 日 に 施 行 科 学 技 術 部 および 衛 生 部 中 華 人 民 共 和 国 第 1 章 総 則 第 1 条 ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 ( 以 後 経

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 大 字 藤 久 保 1100 番 地 1 三 芳 町 役 場 本 庁 舎 4 階 ウ 提 出 方 法 : 持 参 または 郵 送 による 提 出 とする ただし 提 出 期 限 必 着 とし 郵 送 の 場 合 は 必 ず 到 着 を 確 認 するものとする (3

埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 大 字 藤 久 保 1100 番 地 1 三 芳 町 役 場 本 庁 舎 4 階 ウ 提 出 方 法 : 持 参 または 郵 送 による 提 出 とする ただし 提 出 期 限 必 着 とし 郵 送 の 場 合 は 必 ず 到 着 を 確 認 するものとする (3 様 式 第 5 号 ( 第 9 条 関 係 ) 三 芳 政 発 第 8 号 平 成 26 年 4 月 1 日 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 提 案 書 募 集 に 関 する 公 表 プロポーザル 選 定 委 員 会 委 員 長 三 芳 町 プロポーザル 方 式 業 者 選 定 実 施 要 綱 第 7 条 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 提 案 書 を 募 集 します 1 業

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

愛知淑徳学園 規程集

愛知淑徳学園 規程集 第 2 編 大 ( 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 規 程 ) 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 ( 以 下 研 究 とい う )が 愛 知 淑 徳 大 大 院 則 ( 以 下 大 院 則 という ) 第 1 条 に 則 り 次 の 各 号 に 掲 げる 的 を 達 成 するため

More information

34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに 該 当 する 1 文 化 的 活 動 や 体 育 的 活 動 において 地 区 大 会 を 経 て 県 大 会 に 出

34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに 該 当 する 1 文 化 的 活 動 や 体 育 的 活 動 において 地 区 大 会 を 経 て 県 大 会 に 出 32 県 立 鶴 岡 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 規 準 (A 調 査 書 習 の 記 録 :B 調 査 書 習 の 記 録 以 外 :C 面 接 : D 作 文 :E 基 礎 力 検 査 ) 基 礎 力 検 査 34 県 立 鶴 岡 工 業 高 等 校 ( 全 日 制 ) 工 業 科 ( 機 械 科 電 気 電 子 科 情 報 通 信 科 建 築 科 環 境 化 科 ) 次 のいずれかに

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information