1-5-1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1-5-1"

Transcription

1 1-5-1 過 去 における 主 な 災 害 一 覧 ( 地 震 火 山 を 除 く) 年 月 日 寛 文 ( 地 暴 風 雨 大 風 雨 稲 荷 川 洪 水 のため 沿 岸 の 人 家 300 戸 流 失 660 人 死 亡 ( 栃 木 風 土 記 ) 寛 文 元 禄 享 保 年 明 和 元 年 ~10 月 明 和 3.6~8 月 洪 水 暴 風 雨 暴 風 雨 ( 五 十 里 洪 水 ) 洪 水 ( 源 之 丞 洪 水 ) 洪 水 稲 荷 川 氾 らんし 東 照 宮 危 険 となる ( 栃 木 風 土 記 ) 字 都 宮 大 暴 風 雨 にて 民 家 の 8 割 が 倒 壊 した ( 栃 木 風 土 記 ) 8 月 8 日 より 大 雨 降 り 9 日 の 夜 半 より 10 日 にかけて 大 洪 水 となり 五 十 里 沼 決 壊 し 鬼 怒 川 田 川 沿 岸 の 人 畜 の 死 傷 無 数 家 屋 流 失 等 による 被 害 甚 大 ( 下 野 之 蚕 業 他 ) 決 壊 した 五 十 里 沼 は この 年 より 40 年 前 の 天 和 3 年 に 御 神 料 戸 板 山 の 山 崩 れが 男 鹿 川 を 堰 止 めてできたと 伝 え られる (お 天 気 日 本 史 ) 大 洪 水 となり. 新 田 町 ( 清 住 町 ) 池 上 坂 下 は 6 尺 以 上 宮 島 は 一 丈 以 上 の 濁 流 にて 流 失 家 屋 240 戸 水 死 300 余 人 関 東 りん 雨 洪 水 死 者 多 数 五 十 里 洪 水 とともに 徳 川 時 代 の 大 洪 水 の 一 つである ( 明 治 雑 記 他 ) 安 永 大 火 大 火 死 者 130 人 1,817 戸 焼 失 二 荒 山 神 杜 焼 失 ( 誌 ) ~10 月 天 明 3.6~9 月 飢 きん 諸 国 寒 冷 による 大 飢 きんで 関 東 奥 羽 で 飢 死 するもの 25 万 人 といわれ, 下 野 領 内 には 各 地 に 米 騒 動 を 生 じた ( 栃 木 風 土 記 ) 文 化 天 保 大 火 字 都 宮 大 火 死 者 10 人 2,000 軒 を 焼 失 ( 古 事 記 ) 大 火 字 都 宮 本 郷 町 より 馬 場 町 まで 7 町 焼 失 二 荒 山 神 杜 および 末 杜 を 焼 失 ( 城 史 ) ~8 月 天 保 7.5~8 月 天 保 飢 きん 暴 風 雨 関 東 奥 羽 諸 国 寒 冷 丙 甲 の 5 月 より 8 月 まで 冷 気 にて 雨 天 多 く 盛 夏 といえど も 寒 きこと 膚 をきるが 如 し 常 に 衣 を 重 ねたり 関 東 八 州 奥 羽 飢 民 夥 し ( 老 農 関 根 矢 作 ) 南 東 の 大 風 雨 河 川 大 洪 水 午 後 2 時 頃 より 北 西 の 大 風 にて にて 家 数 50 軒 余 吹 倒 され 雨 水 洪 水 家 々 床 に 乗 る ( 老 農 関 根 矢 作 ) 1837 年 天 保 8 年 弘 化 火 災 此 年 今 市 のほとんどを 焼 く ( 老 農 関 根 矢 作 ) 暴 風 雨 下 野 大 風 雨 洪 水 ( 続 泰 平 年 表 ) 弘 化 暴 風 雨 関 東 大 風 雨 洪 水 鬼 怒 川 荒 川 田 川 姿 川 小 倉 川 巴 波 川 思 川 近 年 稀 なる 洪 水 で 常 水 より 高 きこと 一 丈 七 尺 に 及 ぶ 潰 家 14 軒 流 失 1 軒 田 畑 石 砂 入 及 び 水 入 2,582 町 歩 ( 日 本 震 災 饉 ) 安 政 暴 風 雨 表 は 百 年 来 の 大 洪 水 大 荒 れ 大 日 堂 池 決 壊 稲 荷 川 氾 らん 甚 し ( 老 農 関 根 矢 作 )

2 明 治 (1885 年 ) ( 地 暴 風 雨 近 畿 中 部 関 東 大 風 雨 洪 水 下 野 の 鬼 怒 川 非 常 の 満 水 の 為 に 宝 積 橋 をも 流 失 した 程 なれば 四 川 の 水 も 溢 れ 那 珂 川 渡 良 瀬 川 も 出 水 したり ( 明 治 編 年 史 ) (mm) 最 大 風 速 (m/s) 明 治 ~28 (1902 年 ) 明 治 ~28 (1906 年 ) 明 治 ~14 (1910 年 ) 明 治 (1911 年 ) 足 尾 台 風 鬼 怒 川 渡 良 瀬 川 大 洪 水 死 者 156 行 方 不 明 63 負 傷 280 家 屋 全 壊 8,217 戸 半 壊 389 戸 流 失 412 戸 浸 水 1,722 戸 台 風 渡 良 瀬 川 氾 らんし 死 者 63 家 屋 および 農 作 物 の 被 害 多 し 台 風 ( 長 雨 ) 火 災 鬼 怒 川 渡 良 瀬 川 氾 らんし 死 者 15 被 害 甚 大 なるも 詳 細 不 明 矢 板 扇 町 より 出 火 烈 風 にあおられ 同 町 の 四 分 の 一 を 焼 失 焼 失 家 屋 300 棟 貨 車 1 両 焼 失 足 尾 ( 花 石 ) ( 中 宮 祠 ) 足 尾 塩 原 大 正 ~13 (1914 年 ) 台 風 ( 全 鬼 怒 川 氾 らん 死 着 20 負 傷 20 行 方 不 明 2 全 壊 家 屋 26 戸 半 壊 87 戸 流 失 97 戸 床 上 浸 水 4,777 戸 床 下 浸 水 6,554 戸 78.4 ( 中 宮 祠 ) 大 正 ~16 (1919 年 ) 台 風 ( 全 死 老 29 行 方 不 明 14 流 失 家 屋 89 倒 壊 家 屋 132 戸 浸 水 家 屋 1,339 戸 橋 梁 流 失 5O ヶ 所 農 作 物 被 害 5,000 町 歩 ( 花 石 ) ( 中 宮 祠 ) 足 尾 大 正 ~16 (1923 年 ) 台 風 ( 全 河 川 氾 らん 土 木 被 害 農 作 物 の 被 害 大 ( 詳 細 不 明 ) ( 花 石 ) ( 中 宮 祠 ) ( 花 石 ) 足 尾 昭 和 ~5 (1927 年 ) 大 雨 ( 全 渡 良 瀬 川 巴 波 川 永 野 川 思 川 氾 らん 浸 水 家 屋 1,500 戸 ( 足 利 ) 同 1,000 戸 ( 三 和 村 毛 野 村 ) 同 350 戸 ( ) 同 市 内 の 8 割 ( 栃 木 ) 田 畑 の 浸 冠 水 1,630 町 歩 塩 原 昭 和 ~9.1 (1938 年 ) 台 風 ( 全 死 者 8 傷 者 8 家 屋 全 壊 204 戸 同 半 壊 125 戸 同 流 失 248 戸 床 上 浸 水 5,914 戸 床 下 浸 水 10,431 戸 橋 梁 流 失 92 堤 防 決 壊 63 道 路 決 壊 41 田 畑 の 冠 水 2,836 町 歩 足 尾 ( 花 石 ) 昭 和 ~23 (1941 年 ) 台 風 ( 全 死 者 4 傷 者 1 行 方 不 明 1 全 壊 家 屋 3 戸 流 失 家 屋 13 戸 床 上 浸 水 8,225 戸 床 下 浸 水 19,200 戸 橋 梁 流 失 13 道 路 決 壊 63 堤 防 決 壊 31 田 畑 流 失 16,348 町 歩 黒 部 塩 原 ( 中 宮 祠 ) 昭 和 ~15 (1947 年 ) カスリー ン 台 風 ( 全 渡 良 瀬 川 氾 らんし 足 利 市 大 洪 水 となる 死 老 361 行 方 不 名 76 傷 者 549 被 災 者 214,895 人 倒 壊 家 屋 1,432 戸 流 失 家 屋 817 戸 浸 水 家 屋 44,610 戸 水 田 流 失 469 町 歩 水 田 冠 水 11,774 町 歩 畑 流 失 357 町 歩 畑 冠 水 3,661 町 歩 導 路 決 壊 178 橋 梁 流 失 215 堤 防 決 壊 235 8,480,000 千 円 足 尾 ( 中 宮 祠 ) 足 尾 黒 部 417.1

3 昭 和 ~17 (1948 年 ) 昭 和 ~9.1 (1949 年 ) 昭 和 (1959 年 ) 昭 和 (1966 年 ) 昭 和 (1966 年 ) 昭 和 ~2.1 (1970 年 ) 昭 和 (1970 年 ) 昭 和 (1970 年 ) 昭 和 (1970 年 ) 昭 和 (1971 年 ) 昭 和 (1971 年 ) ( 地 アイオン 台 風 ( 全 キテイ 台 風 ( 全 伊 勢 湾 台 風 ( 全 台 風 4 号 ( 全 台 風 26 号 ( 全 低 気 圧 強 風 雨 ( 全 死 者 2 負 傷 8 行 方 不 名 1 家 屋 全 壊 39 戸 同 半 壊 16 戸 同 流 失 13 戸 床 上 浸 水 822 戸 床 下 浸 水 3,343 戸 田 流 失 149 町 歩 畑 冠 水 1,404 町 歩 道 路 決 壊 70 橋 梁 流 失 27 堤 防 決 壊 86 2,553,230 千 円 死 者 12 負 傷 37 家 屋 全 壊 248 戸 同 半 壊 2,318 戸 家 屋 流 失 28 戸 床 上 浸 水 722 戸 床 下 浸 水 1,493 戸 非 住 家 被 害 1,818 棟 田 流 失 86 町 歩 田 冠 水 2,564 町 歩 畑 流 失 71 町 歩 畑 冠 水 1,194 町 歩 道 路 不 通 66 橋 梁 流 失 68 堤 防 決 壊 73 鉄 道 不 通 40 通 信 線 不 通 286 件 4,509,083 千 円 負 傷 4 家 屋 全 壊 44 戸 同 半 壊 70 戸 床 上 浸 水 7 戸 床 下 浸 水 19 戸 家 屋 破 損 1,222 棟 非 住 家 被 害 880 棟 水 陸 稲 の 被 害 41,000ha 家 屋 全 壊 1 戸 同 半 壊 3 戸 床 上 浸 水 164 戸 床 下 浸 水 2,564 戸 水 陸 稲 の 被 害 1,734ha 土 木 被 害 647 農 林 施 設 被 害 278 山 崩 れ 14 1,837,562 千 円 死 者 12 負 傷 51 家 屋 全 壊 167 同 半 壊 588 一 部 破 損 11,632 床 上 浸 水 363 床 下 浸 水 6,499 非 住 家 被 害 17,369 水 陸 稲 被 害 3,900ha 土 木 被 害 799 鉄 道 不 通 19 通 信 被 害 1,014 回 線 山 がけくずれ 88 5,451,819 千 円 低 気 圧 ( 台 湾 坊 主 ) 重 傷 2 軽 傷 9 家 屋 全 壊 4 同 半 壊 52 一 部 破 損 142 非 住 家 被 害 ,210 千 円 火 災 佐 野 市 医 療 法 人 秋 山 会 両 毛 病 院 より 出 火 病 棟 1 棟 全 焼 m2 死 者 17 名 突 風 降 8 月 6 日 降 ひょうを 伴 う 突 風 ひ ょ う 重 傷 1 軽 傷 4 家 屋 全 壊 1 同 半 壊 3 一 部 破 損 73 ( 上 三 川 179,566 千 円 町 南 河 内 町 ) 火 災 市 福 田 屋 百 貨 店 鉄 筋 コンクリート 地 下 2 地 上 8 階 延 13, m2 全 焼 負 傷 9 損 害 額 1,420,205 千 円 火 災 足 利 市 名 草 中 学 校 より 出 火 全 焼 14 棟 半 焼 3 棟 部 分 焼 9 棟 負 傷 2 損 害 額 37,410 千 円 火 災 藤 岡 町 森 メリヤス 工 業 藤 岡 工 場 より 出 火 全 焼 14 棟 損 害 額 172,741 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) ( 中 宮 祠 ) 足 尾 黒 部 塩 原 ( 中 宮 祠 ) 塩 原 足 尾 五 十 里 SE ( 中 宮 祠 ) 湯 西 川 五 十 里 SSE ( 中 宮 祠 ) 207 湯 西 川 215 黒 田 原 223 塩 原 ( 中 宮 祠 ) 319 足 尾 233 五 十 里 228 塩 原 243 湯 西 川 242

4 昭 和 (1971 年 ) ( 地 火 災 烏 山 町 宮 原 全 焼 44 棟 部 分 焼 2 棟 負 傷 5 損 害 額 31,525 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 昭 和 ~9.1 (1971 年 ) 台 風 23 号 ( 全 死 者 1 負 傷 3 家 屋 一 部 破 損 2 棟 床 上 浸 水 1 棟 床 下 浸 水 812 棟 土 木 施 設 被 害 25 4,859,036 千 円 169 ( 中 宮 祠 ) 305 湯 西 川 222 ( 花 石 ) 364 佐 野 127 黒 田 原 126 昭 和 ~17 (1972 年 ) 台 風 20 号 ( 全 死 者 1 負 傷 3 家 屋 全 壊 1 棟 半 壊 1 棟 一 部 破 損 6 棟 床 上 浸 水 48 棟 床 下 浸 水 416 棟 非 住 家 被 害 110 棟 道 路 66 橋 りょう 30 河 川 292 砂 防 16 水 道 15 がけくずれ 32 鉄 道 不 通 2 通 信 被 害 40 回 線 2,731,627 千 円 ( 中 宮 祠 ) 533 湯 西 川 325 佐 野 152 黒 田 原 113 昭 和 ~26 (1973 年 ) 林 野 火 災 ( 葛 生 町 栃 木 市 岩 舟 町 ) 葛 生 町 大 字 中 の 山 林 から 出 火 栃 木 市 柏 倉 地 区 岩 舟 町 小 野 寺 地 区 に 延 焼 焼 失 面 積 17,124a 59,067 千 円 14.7 昭 和 ~27 (1973 年 ) 昭 和 ~9.9 (1974 年 ) 林 野 火 災 ( 田 沼 町 ) 台 風 及 び 豪 雨 ( 全 田 沼 町 大 字 作 原 の 山 林 から 出 火 焼 失 面 積 6,274a 100,510 千 円 台 風 14 号 (8.25~26) 台 風 16 号 (8.31~9.2) 豪 雨 (9.9) 家 屋 一 部 破 損 1 床 上 浸 水 4 床 下 浸 水 202 道 路 147 橋 りょ う 12 河 川 379 砂 防 6 がけくずれ 1 鉄 道 不 通 2 3,386,163 千 円 14 号 16 号 ( 中 宮 祠 ) 湯 西 川 佐 野 黒 田 原 昭 和 ~7.17 (1975 年 ) 降 ひょう 芳 賀 河 内 塩 谷 下 都 賀 5 月 日 6 月 日 7 月 17 日 農 作 物 被 害 1,278,047 千 円 上 都 賀 那 須 ( 南 ) の 各 郡 市 昭 和 ~7.19 (1976 年 ) 豪 雨 と 台 風 9 号 那 須 塩 谷 両 郡 市 を のぞく 5 月 26 日 6 月 5 日 7 月 13 日 19 日 床 上 浸 水 176 床 下 浸 水 691 農 業 施 設 等 林 業 関 係 施 設 68 1,531,421 千 円 5 月 26 日 佐 野 159 足 利 県 下 各 地 6 月 4~5 日 113 栃 木 130 真 岡 173 ( 花 石 ) 136 上 三 川 144

5 昭 和 ~9.14 (1976 年 ) 昭 和 月 ~9 月 (1976 年 ) 昭 和 ~16 (1977 年 ) ( 地 台 風 17 号 と 豪 雨 ( 全 異 常 低 温 ( 全 林 野 火 災 ( 黒 羽 町 馬 頭 町 ) 重 傷 1 軽 傷 1 全 壊 2 半 壊 7 一 部 破 損 37 床 下 浸 水 6 非 住 家 被 害 40 農 業 用 施 設 1 83 林 業 関 係 施 設 ,985 千 円 農 作 物 被 害 8,694,971 千 円 黒 羽 町 大 字 北 滝 の 非 住 家 から 出 火 ( 放 火 ) 馬 頭 町 に 延 焼 林 野 焼 失 面 積 1,517ha 住 家 等 被 害 36 3,508,951 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 8 日 日 真 岡 52 馬 頭 75 高 根 沢 日 今 市 日 ( 花 石 ) 133 藤 原 84 昭 和 月 ~7 月 (1977 年 ) 昭 和 ~8.19 (1977 年 ) 昭 和 ~9.4 (1977 年 ) 降 ひょう ( 全 豪 雨 ( 全 豪 雨 ( 黒 磯 市 那 須 町 ) 農 作 物 被 害 1,601,375 千 円 床 下 浸 水 27 非 住 家 被 害 8 道 路 134 橋 りょう 11 河 川 305 砂 防 3 農 業 施 設 38 治 山 1 林 業 施 設 18 2,678,053 千 円 黒 磯 市 那 須 町 を 中 心 とする 集 中 豪 雨 被 害 軽 傷 1 半 壊 2 床 上 浸 水 65 床 下 浸 水 556 非 住 家 7 道 路 22 橋 りょう 3 河 州 24 農 業 施 設 ,228 千 円 13 日 粟 野 109 足 利 107 鹿 沼 日 那 須 215 黒 磯 138 足 尾 114 ( 花 石 ) 140 藤 原 日 黒 磯 355 (1 時 間 最 大 117) 昭 和 ~7.12 (1978 年 ) 豪 雨 ( 県 西 部 ) 死 者 1 重 傷 1 一 部 破 損 19 床 上 浸 水 1 床 下 浸 水 172 非 住 宅 6 田 流 失 埋 没 57.28ha 道 路 43 河 川 ,602 千 円 10~11 日 那 須 73 矢 板 今 市 165 足 利 77 昭 和 (1979 年 ) 昭 和 (1980 年 ) 台 風 20 号 ( 全 土 砂 崩 れ ( 田 沼 町 ) 死 者 1 重 傷 2 軽 傷 3 佳 家 全 壊 1 半 壊 7 一 部 破 損 21 床 上 浸 水 3 床 下 浸 水 31 非 住 家 被 害 33 り 災 者 11 世 帯 39 人 ,607 千 円 2,757,455 千 円 鉱 山 廃 土 石 堆 積 場 から 土 砂 流 出 死 者 5 重 傷 1 全 壊 2 非 住 家 3 り 災 者 2 世 帯 6 名 佐 野 42 18~19 日 最 大 瞬 間 風 速 S24.8 W28.6 昭 和 (1980 年 ) 火 災 ( 藤 原 町 ) 川 治 プリンスホテルの 火 災 鉄 骨 木 造 瓦 亜 鉛 メッキ 鋼 板 葺 一 部 陸 屋 根 4 階 焼 損 面 積 平 方 メートル 死 者 45 名 負 傷 者 22 名 損 害 額 533,751 千 円 昭 和 55. 7~9 月 (1980 年 ) 冷 害 ( 全 県 ) 異 常 低 温 による 冷 害 損 害 額 10,505,153 千 円

6 昭 和 ~12.24 (1980 年 ) ( 地 雪 害 八 溝 北 部 山 系 の 豪 湿 雪 による 杉 折 損 倒 伏 ( 黒 羽 町 被 害 面 積 1,860ha 那 須 町 ) 損 害 額 1,050,000 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 24 日 積 雪 (cm) 八 溝 30 那 須 NW18 昭 和 月 (1981 年 ) 昭 和 ~8.23 (1981 年 ) 昭 和 ~6.20 (1982 年 ) 昭 和 ~8.3 (1982 年 ) 昭 和 ~9.13 (1982 年 ) 豪 雨 ( 県 央 県 東 部 ) 台 風 15 号 ( 県 全 降 ひょう 那 須 塩 谷 河 内 芳 賀 上 都 賀 下 都 賀 安 蘇 の 各 郡 市 台 風 10 号 ( 全 台 風 18 号 ( 全 住 家 全 壊 1 半 壊 1 床 上 浸 水 174 床 下 浸 水 511 り 災 者 165 世 帯 504 人 の 公 共 施 設 ,118,104 千 円 住 家 一 部 破 損 15 床 上 浸 水 5 床 下 浸 水 22 り 災 者 5 世 帯 20 人 の 公 共 施 設 ,265 千 円 2,742,715 千 円 の 公 共 施 設 134,438 千 円 1,764,382 千 円 林 産 被 害 74,310 千 円 6,339,760 千 円 4 月 16 日 5 月 18 日 25 日 6 月 8 日 9 日 20 日 1,314,970 千 円 半 壊 7 一 部 破 損 73 床 上 浸 水 74 床 下 浸 水 460 非 住 家 被 害 6 り 災 者 80 世 帯 255 人 公 共 文 教 施 設 (26 ヶ 所 ) 5,651 千 円 874,740 千 円 (669 ヶ 所 ) 3,727,647 千 円 の 公 共 施 設 36,855 千 円 7,384,600 千 円 林 産 被 害 32,836 千 円 の 被 害 919,001 千 円 12,981,330 千 円 重 傷 1 軽 傷 4 全 壊 1 半 壊 2 一 部 破 損 13 床 上 浸 水 187 床 下 浸 水 1,841 り 災 者 209 世 帯 685 人 1,924,095 千 円 (1,264 ヶ 所 ) 6,990,216 千 円 3,929,110 千 円 林 産 被 害 3,012 千 円 の 被 害 3,515,946 千 円 16,362,379 千 円 13 日 14 日 17 日 21 日 八 溝 山 真 岡 高 根 沢 鳥 山 足 利 足 尾 ~23 日 590 足 尾 土 呂 部 日 那 須 WNW25 1 日 2 日 3 日 2 日 五 十 里 12 日 100 mm 以 上 S20.0 ENE17.8 SSE12.3 最 大 土 呂 部 343 NE11.6 鳥 山 E13.0 NNE12.1

7 昭 和 ~2.15 (1983 年 ) ( 地 林 野 火 災 ( 益 子 町 ) 益 子 町 大 字 上 大 羽 地 内 の 林 野 から 出 火 ( 不 明 ) 林 野 ( 国 有 林 ) 焼 失 面 積 20.08ha 24,986 千 円 ( 赤 松 杉 桧 等 ) (mm) 最 大 風 速 (m/s) ( 益 子 ) 天 気 晴 気 温 7.5 風 向 南 西 平 均 風 速 4.8m/s 7.0m/s 実 効 湿 度 60% 昭 和 ~8.18 (1983 年 ) 台 風 5 号 及 び 6 号 ( 県 全 重 傷 者 1 床 下 浸 水 2 崖 くずれ 1 鉄 道 不 通 1 道 路 通 行 止 ,136 千 円 (470 ヶ 所 ) 3,957,200 千 円 ( 水 稲 野 菜 桑 等 ) 82,600 千 円 1,183,800 千 円 5,357,736 千 円 最 大 (17 日 ) 方 塞 山 246 総 方 塞 山 510 八 方 原 430 (17 日 ) NE11.2 昭 和 ~9.29 (1983 年 ) 台 風 10 号 崖 くずれ 1 道 路 通 行 止 3 (387 ヶ 所 ) 85,000 千 円 1,582,200 千 円 1,667,200 千 円 最 大 (28 日 ) 土 呂 部 今 市 114 鹿 沼 100 佐 野 84 那 須 N8 (29 日 ) N9 (28 日 ) 小 山 NNE8 (29 日 ) 昭 和 59. 1~3 月 (1984 年 ) 雪 害 凍 害 寒 干 害 等 ( 道 路 400 ヶ 所 ) 林 産 被 害 の 公 共 施 設 26,763 千 円 1,396,562 千 円 82,270 千 円 346,570 千 円 2,013 千 円 1,854,178 千 円 日 最 低 気 温 0 未 溝 の 冬 日 が 3 月 15 日 までの 75 日 問 連 続 した (58 年 12 月 12 日 から 連 続 95 日 問 で 累 年 第 1 位 で ある ) 2 月 の 平 均 気 温 は -0.7 で 平 年 より 3.1 も 低 かかった ( 記 録 上 第 2 位 S20. 第 1 位 ) 昭 和 ~7.19 (1985 年 ) 昭 和 ~2.28 (1986 年 ) 梅 雨 前 線 豪 雨 及 び 台 風 6 号 ( 県 下 全 低 温 ( 県 中 央 県 北 部 ) 床 上 浸 水 1 床 下 浸 水 149 り 災 者 1 世 帯 4 人 崖 <ずれ 3 電 話 436 回 線 電 気 1,455 戸 330,157 千 円 (1,433 ヶ 所 ) 9,005,004 千 円 の 公 共 施 設 6,200 千 円 122,659 千 円 1,909,876 千 円 11,373,896 千 円 (292 ヶ 所 ) 1,726,918 千 円 1,726,918 千 円 6 月 30 日 大 田 原 栃 木 月 3 日 165 足 尾 103 (7 月 1 日 ) WSW 月 の 平 均 気 温 一 6.5 ( 平 年 一 4.O ) 月 をとおしてかなり 低 い 気 温 が 続 いた

8 昭 和 ~8.5 (1986 年 ) ( 地 台 風 10 号 及 びその 後 の 低 気 圧 による 大 雨 ( 県 下 全 死 者 人 6 行 方 不 明 者 人 0 負 傷 者 重 傷 人 7 軽 傷 人 59 棟 37 全 壊 世 帯 36 人 129 棟 100 半 壊 世 帯 94 人 370 棟 83 一 部 損 壊 世 帯 79 人 321 棟 1,849 床 上 浸 水 世 帯 1,799 人 6,900 棟 7,965 床 下 浸 水 世 帯 7,941 人 19,741 非 住 家 公 共 建 物 棟 6 棟 94 田 流 出 埋 没 ha 冠 水 ha 16,805.4 畑 流 出 埋 没 ha 冠 水 ha 2,449.4 文 教 施 設 箇 所 32 病 院 箇 所 8 道 路 箇 所 1,642 橋 りょう 箇 所 36 河 川 箇 所 1,925 砂 防 箇 所 678 清 掃 施 設 箇 所 2 崖 くずれ 箇 所 66 鉄 道 不 通 箇 所 3 水 道 戸 16,036 電 話 回 線 5,596 電 気 戸 16,225 ガス 戸 - ブロック 塀 等 箇 所 - り 災 世 帯 数 世 帯 1,929 り 災 者 数 人 7,399 公 立 文 教 施 設 千 円 128,846 千 円 9,409,970 千 円 22,649,591 の 公 共 施 設 千 円 554,739 小 計 千 円 32,743,146 公 共 施 設 被 害 市 町 村 数 団 体 48 被 人 害 的 住 家 被 害 そ の 他 そ の 他 千 円 6,619,080 林 産 被 害 千 円 48,311 畜 産 被 害 千 円 24,680 水 産 被 害 千 円 75,634 商 工 被 害 千 円 5,451,977 千 円 7,013,971 千 円 51,976,799 栃 木 県 災 害 対 策 本 部 設 置 8 月 5 日 10 時 10 分 解 散 10 月 14 日 10 時 00 分 災 害 対 策 本 部 設 置 市 町 村 数 17 災 害 救 助 法 適 用 市 町 村 数 3 消 防 職 員 出 動 延 人 数 2,139 消 防 団 員 出 動 延 人 数 9,212 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 7 月 29 日 21 時 フィ リピン 東 方 海 上 に 発 生 した 弱 い 熱 帯 低 気 圧 が 8 月 1 日 3 時 ルソン 島 の 東 で 台 風 第 10 号 となった その 後 台 風 は 北 東 進 して 沖 大 東 島 の 南 を 通 り 中 心 気 圧 985mb の 勢 力 を 保 ち ながら 速 度 を 速 めて 4 日 には 本 州 の 南 方 海 上 に 達 した 一 方 千 島 付 近 に 中 心 を 持 つ 冷 涼 な 高 気 圧 が あって 北 日 本 から 東 日 本 に 張 り 出 して い た この 状 況 下 で 台 風 は 4 日 21 時 石 廊 崎 の 南 約 1.20km の 海 上 で 温 帯 低 気 圧 (980mb)に 変 わり 5 日 未 明 にか けて 房 総 半 島 を 縦 断 し たが その 後 進 行 速 度 がきわ めて 遅 く な り 6 日 朝 には 三 陸 沖 でほとんど 停 滞 状 態 と なった 台 風 がもたら した 高 温 多 湿 な 気 流 に よって 低 気 圧 に 伴 う 前 線 が 活 発 化 し たこ と と 低 気 圧 の 移 動 速 度 が 遅 くなったことが 相 まって 総 雨 量 が 300 ~400mm という 多 量 の 雨 が 広 い 地 域 で 降 っ た 地 点 名 4 日 5 日 合 計 那 須 五 十 里 八 方 原 黒 磯 八 溝 山 土 呂 部 大 田 原 今 市 塩 谷 足 尾 方 塞 山 高 根 沢 烏 山 鹿 沼 葛 生 真 岡 足 利 佐 野 栃 木 小 山

9 昭 和 ~9.3 (1986 年 ) ( 地 台 風 15 号 ( 県 全 床 下 浸 水 27 (39 ヶ 所 ) の 公 共 施 設 8,500 千 円 387,913 千 円 550 千 円 525,861 千 円 854,800 千 円 1,777,624 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 2~3 日 五 十 里 158 八 方 原 310 土 呂 部 今 市 199 塩 谷 146 足 尾 191 方 塞 山 327 昭 和 ~4.16 (1987 年 ) 凍 霜 害 ( 県 南 西 部 県 東 部 県 北 部 ) 高 気 圧 におおわれ 上 空 には 強 い 寒 気 も 入 り 放 射 冷 却 が 加 わっ て 各 地 で 最 低 気 温 が 氷 点 下 まで 下 がった (なし 麦 類 等 ) 3,628,800 千 円 昭 和 ~5.12 (1987 年 ) 林 野 火 災 ( 栗 山 村 ) 粟 山 村 大 字 川 俣 字 鬼 怒 沼 国 有 林 33 林 班 ほ 1 班 から 出 火 ( 不 明 ) 焼 失 面 積 73.06ha 損 害 額 53,287 千 円 天 候 : 晴 れ 気 温 :18.6 風 向 : 東 南 東 平 均 風 速 :3.Om/s :9.6m/s 湿 度 :36.6% 最 終 降 雨 日 :5/3 1 mm 昭 和 (1987 年 ) 雷 雨 ( 県 全 前 線 が 本 県 をゆっくり 通 過 したため 地 表 付 近 の 昇 温 も 加 わっ て 熱 的 界 雷 が 発 生 した 床 上 浸 水 55 床 下 浸 水 516 り 災 者 59 世 帯 193 人 公 立 文 教 施 設 7,282 千 円 808,650 千 円 3,850,960 千 円 の 公 共 施 設 35,887 千 円 1,907,378 千 円 林 産 被 害 2,340 千 円 畜 産 被 害 2,100 千 円 673,000 千 円 7,287,597 千 円 10 日 八 方 原 136 八 溝 山 100 土 呂 部 116 大 田 原 153 字 都 宮 121 昭 和 ~8.13 (1988 年 ) 豪 雨 床 上 浸 水 10 床 下 浸 水 34 非 住 家 被 害 6 り 災 者 1O 世 帯 28 人 田 の 流 失 埋 没 5.61ha 畑 の 流 失 埋 没 2.09ha 道 路 199 橋 梁 3 河 川 572 砂 防 16 電 話 384 回 線 電 気 470 戸 333,518 千 円 5,636,031 千 円 林 産 被 害 28 千 円 381,430 千 円 6,351,007 千 円 10 日 11 日 今 市 真 岡 八 方 原 今 市 鹿 沼 栃 木 日 八 方 原 78 八 溝 山 92 鹿 沼 栃 木 78 昭 和 月 ~9 月 (1988 年 ) 異 常 気 象 ( 県 全 低 温 及 び 日 照 不 足 等 の 異 常 気 象 のため 農 作 物 の 生 育 遅 延 病 害 虫 の 発 生 等 による 被 害 総 被 害 面 積 81,400ha 総 ( ) 20,738,278 千 円

10 平 成 元 年 7.25~7.27 (1989 年 ) ( 地 大 雨 床 下 浸 水 41 道 路 13 河 川 91 砂 防 1 電 話 784 回 線 18,000 千 円 981,647 千 円 100,500 千 円 1,100,147 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 25 日 八 方 原 塩 谷 41 方 塞 山 日 八 方 原 塩 谷 111 方 塞 山 足 利 日 37 平 成 元 年 8.6~8.7 (1989 年 ) 平 成 元 年 8.26~8.28 (1989 年 ) 台 風 13 号 ( 県 央 県 北 県 東 部 ) 台 風 17 号 床 下 浸 水 3 道 路 41 河 川 65 電 話 555 回 線 13,000 千 円 897,783 千 円 の 公 共 施 設 220 千 円 168,370 千 円 35,100 千 円 1,114,473 千 円 床 下 浸 水 41 道 路 123 橋 梁 6 河 川 276 砂 防 1 電 話 359 回 線 307,125 千 円 3,216,038 千 円 の 公 共 施 設 16,000 千 円 28,767 千 円 林 産 被 害 290 千 円 426,325 千 円 3,994,545 千 円 方 塞 山 6 日 那 須 81 八 溝 山 101 土 呂 部 方 塞 山 102 鳥 山 日 八 方 原 土 呂 部 今 市 方 塞 山 小 山 27 日 那 須 八 方 原 八 溝 山 154 土 呂 部 今 市 122 方 塞 山 真 岡 55 小 山 31 平 成 2. 3 月 下 旬 ~4 月 上 旬 (1990 年 ) 低 温 ( 県 全 3 月 下 旬 から 4 月 上 旬 にかけて 最 低 気 温 が 氷 点 下 となる 日 が 数 日 あり 各 地 で 降 霜 があった このため 暖 冬 で 平 年 に 比 べや や 生 育 の 進 んでいた 麦 類 に 幼 穂 凍 死 等 の 被 害 が 発 生 した 総 被 害 面 積 2,312ha 総 被 害 金 額 ( ) 1,354,399 千 円 最 低 気 温 真 岡 3/ / / / / 6 1.O / O.7 塩 谷 烏 山 鹿 沼

11 平 成 ~8.11 (1990 年 ) 平 成 ~9.20 (1990 年 ) 平 成 ~8.21 (1991 年 ) 平 成 ~9.19 (1991 年 ) ( 地 台 風 11 号 ( 県 全 竜 巻 及 び 台 風 19 号 台 風 12 号 ( 県 全 台 風 18 号 ( 県 全 軽 傷 1( 小 山 市 ) 一 部 破 損 1 床 上 浸 水 10 床 下 浸 水 109 非 住 家 22 り 災 者 10 世 帯 35 人 道 路 263 橋 梁 7 河 川 705 砂 防 29 崖 くずれ 23 電 話 197 回 線 647,798 千 円 11,436,309 千 円 の 公 共 施 設 24,300 千 円 266,140 千 円 1,522,318 千 円 13,896,865 千 円 台 風 第 19 号 の 影 響 下 の 19 日 22 時 20 分 頃 壬 生 町 から 市 にかけて 竜 巻 が 発 生 し 軽 傷 者 及 び 住 家 の 被 害 等 がでた 軽 傷 25( 市 壬 生 町 ) 全 壊 30 半 壊 37 一 部 破 損 343 床 下 浸 水 16 非 住 家 335 り 災 者 67 世 帯 227 人 文 教 施 設 1 道 路 37 橋 梁 1 河 川 41 水 道 2 戸 電 話 510 回 線 電 気 170 戸 公 立 文 教 施 設 4,082 千 円 85,000 千 円 945,683 千 円 の 公 共 施 設 3,000 千 円 313,910 千 円 商 工 被 害 5,500 千 円 384,100 千 円 1,741,275 千 円 避 難 勧 告 実 施 壬 生 町 (9/20 0:20 頃 避 難 数 5 世 帯 13 人 ) 全 壊 2 半 壊 3 一 部 損 壊 1 床 上 浸 水 73 床 下 浸 水 795 非 住 家 141 り 災 者 82 世 帯 258 人 田 の 流 出 埋 没 12.00ha 畑 の 流 出 埋 没 0.04ha 文 教 施 設 5 道 路 265 橋 梁 28 河 川 670 砂 防 31 崖 崩 れ 54 水 道 5 戸 電 話 583 回 線 公 立 文 教 施 設 6,472 千 円 1,396,699 千 円 15,204,197 千 円 の 公 共 施 設 144,920 千 円 324,579 千 円 水 産 被 害 1,762 千 円 1,221,201 千 円 18,299,830 千 円 軽 傷 1( 藤 岡 町 ) 全 壊 1 床 上 浸 水 2 床 下 浸 水 168 非 住 家 27 り 災 者 3 世 帯 11 人 文 教 施 設 1 道 路 118 橋 梁 3 河 川 151 砂 防 1 崖 崩 れ 51 電 話 412 回 線 公 立 文 教 施 設 5,553 千 円 945,000 千 円 2,154,554 千 円 の 公 共 施 設 22,418 千 円 576,300 千 円 3,703,825 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 9 日 10 日 那 須 五 十 里 八 方 原 土 呂 部 今 市 塩 谷 足 尾 方 寒 山 鹿 沼 葛 生 足 利 佐 野 日 20 日 那 須 八 方 原 土 呂 部 今 市 塩 谷 足 尾 鹿 沼 葛 生 足 利 佐 野 日 21 日 五 十 里 八 方 原 黒 磯 今 市 塩 谷 足 尾 鹿 沼 葛 生 足 利 佐 野 栃 木 小 山 日 那 須 156 八 方 原 今 市 146 高 根 沢 140 烏 山 真 岡 145 小 山 129

12 平 成 ~10.13 (1991 年 ) ( 地 台 風 21 号 (おおむ 床 下 浸 水 31 非 住 家 3 文 教 施 設 1 道 路 9 橋 梁 1 河 川 32 崖 崩 れ 6 電 話 217 回 線 公 立 文 教 施 設 1,322 千 円 96,000 千 円 1,660,331 千 円 の 公 共 施 設 5,000 千 円 103,500 千 円 1,866,153 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 11 日 八 方 原 117 今 市 132 鹿 沼 足 利 132 佐 野 90 平 成 3. 8 月 末 ~10 月 中 旬 (1991 年 ) 台 風 及 び 長 雨 ( 県 全 8 月 31 日 の 台 風 第 14 号 に 伴 う 大 雨 9 月 に 入 り 8 日 の 台 風 第 15 号 に 伴 う 大 雨 13~14 日 の 台 風 第 17 号 に 伴 う 大 雨 19 日 の 台 風 第 18 号 に 伴 う 大 雨 28 日 の 台 風 第 19 号 に 伴 う 強 風 10 月 に 入 り 6~13 日 にかけて 秋 雨 前 線 を 活 発 化 させ た 台 風 第 21 号 により 大 雨 など 長 期 間 に 渡 り 雨 ( 風 )の 日 が 断 続 的 に 続 いたことにより 多 大 な 農 産 畜 産 被 害 が 発 生 し た 3,336,018 千 円 畜 産 被 害 2,700 千 円 3,338,718 千 円 平 成 ~5.27 (1992 年 ) 降 ひょう 竜 巻 ( 県 北 東 部 を 除 く 地 連 日 の 降 ひょう 及 び 5 月 23 日 の 竜 巻 により 農 作 物 農 業 用 施 設 に 被 害 が 発 生 した (なし ぶどう 麦 等 ) 988,767 千 円 87,009 千 円 千 円 1,147,776 千 円 平 成 (1992 年 ) 突 風 降 ひょう ( 県 央 部 県 東 部 県 西 部 ) 益 子 町 及 び 真 岡 市 の 一 部 に 突 風 が 発 生 し 住 家 被 害 を 受 けた ほか 市 東 部 及 び 芳 賀 郡 内 で 降 ひょうのため 農 作 物 に 被 害 が 発 生 した 全 壊 1 一 部 損 壊 64 床 下 浸 水 2 非 住 家 7 り 災 者 1 世 帯 7 人 電 話 1,288 回 線 14,193 千 円 1,328,477 千 円 122,000 千 円 1,464,671 千 円 降 雨 55 真 岡 真 岡 6 平 成 ~10.20 (1992 年 ) 大 雨 ( 県 北 部 県 南 西 部 ) 道 路 25 河 川 69 砂 防 6 1,432,035 千 円 40,000 千 円 1,472,035 千 円 20 日 103 今 市 110 八 方 114 佐 野 平 成 ~7.26 (1993 年 ) 台 風 4 号 ( 県 北 部 県 東 部 県 西 部 ) 道 路 14 橋 梁 2 河 川 80 砂 防 11 電 話 511 回 線 1,795,000 千 円 398,500 千 円 2,193,500 千 円

13 平 成 ~8.28 (1993 年 ) ( 地 台 風 11 号 ( 県 全 床 下 浸 水 29 非 住 家 1 道 路 141 橋 梁 3 河 川 541 砂 防 32 崖 崩 れ 4 電 話 143 回 線 182,000 千 円 12,239,000 千 円 の 公 共 施 設 12,381 千 円 262,049 千 円 595,500 千 円 13,290,930 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 27 日 那 須 107 烏 山 真 岡 74 小 山 95 平 成 5. 7 月 ~9 月 (1993 年 ) 平 成 ~5.27 (1994 年 ) 異 常 気 象 豪 雨 ( 県 央 部 県 北 部 県 南 部 県 西 部 ) 7 月 から 9 月 にかけての 低 温 日 照 不 足 等 の 異 常 気 象 のため 水 稲 をはじめとする 各 種 農 産 物 に 多 大 な 被 害 が 発 生 した 52,891,482 千 円 52,891,482 千 円 一 部 損 壊 1 床 上 浸 水 1 床 下 浸 水 3 り 災 者 1 世 帯 4 人 道 路 31 橋 梁 1 河 川 171 砂 防 8 22,500 千 円 2,278,660 千 円 の 公 共 施 設 18,810 千 円 57,502 千 円 林 産 被 害 500 千 円 266,500 千 円 3,094,472 千 円 26 日 27 日 那 須 大 田 原 今 市 烏 山 小 山 平 成 (1994 年 ) 台 風 26 号 軽 傷 1 一 部 破 損 2 床 上 浸 水 1 床 下 浸 水 3 り 災 者 1 世 帯 4 人 道 路 34 橋 梁 1 河 川 21 砂 防 2 55,500 千 円 864,217 千 円 の 公 共 施 設 20,300 千 円 143,748 千 円 林 産 被 害 92 千 円 212,300 千 円 1,296,157 千 円 30 日 那 須 44 大 田 原 4 今 市 21 烏 山 3 2 小 山 1 平 成 ~8.22 (1995 年 ) 豪 雨 ( 県 央 部 県 南 部 県 東 部 ) 床 上 浸 水 6 床 下 浸 水 73 り 災 者 6 世 帯 21 人 道 路 66 河 川 45 砂 防 5 電 話 1,267 回 線 電 気 2,773 戸 3,000 千 円 1,020,854 千 円 の 公 共 施 設 1,181 千 円 291,309 千 円 1,316,344 千 円 21 日 22 日 那 須 6 11 大 田 原 8 22 今 市 烏 山 小 山 1 33 平 成 ~9.17 (1995 年 ) 台 風 12 号 軽 傷 1 一 部 破 損 8 床 下 浸 水 1 道 路 23 橋 梁 1 砂 防 153 砂 防 3 21,000 千 円 2,223,764 千 円 173,321 千 円 109,000 千 円 2,527,085 千 円 16 日 17 日 那 須 大 田 原 今 市 烏 山 小 山 那 須

14 平 成 ~9.23 (1996 年 ) ( 地 台 風 17 号 死 者 1( 小 山 市 ) 全 壊 1 一 部 破 損 11 床 下 浸 水 2 非 住 家 15 ( 県 南 部 り 災 者 1 世 帯 3 人 道 路 65 橋 梁 1 河 川 289 砂 防 13 崖 県 央 部 崩 れ 5 電 話 329 回 線 電 気 4,343 戸 県 北 部 県 東 部 ) 29,000 千 円 5,660,000 千 円 の 公 共 施 設 7,284 千 円 1,719,593 千 円 36,500 千 円 7,452,377 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 大 田 原 71 今 市 117 鹿 沼 真 岡 78 小 山 91 那 須 鹿 沼 8 21 真 岡 7 小 山 7 平 成 ~5.25 (1997 年 ) 大 雨 一 部 損 壊 1 床 上 浸 水 1 床 下 浸 水 8 道 路 44 河 川 140 砂 防 6 崖 崩 れ 12 水 道 120 戸 76,500 千 円 2,200,000 千 円 の 公 共 施 設 2,100 千 円 28,222 千 円 61,000 千 円 2,367,822 千 円 24 日 25 日 大 田 原 烏 山 鹿 沼 真 岡 足 利 平 成 ~6.20 (1997 年 ) 台 風 7 号 床 下 浸 水 12 道 路 38 河 川 233 砂 防 14 崖 崩 れ 16 電 話 57 回 線 130,614 千 円 4,700,000 千 円 56,577 千 円 林 産 被 害 312 千 円 173,200 千 円 5,060,703 千 円 20 日 黒 磯 99 烏 山 108 鹿 沼 真 岡 83 足 利 83 平 成 ~8.31 (1998 年 ) 8 月 末 豪 雨 ( 県 全 人 被 害 的 住 家 被 害 死 者 人 5 行 方 不 明 者 人 2 負 傷 者 重 傷 人 軽 傷 人 19 棟 45 全 壊 世 帯 29 人 115 棟 50 半 壊 世 帯 37 人 186 棟 34 一 部 損 壊 世 帯 14 人 40 棟 486 床 上 浸 水 世 帯 427 人 1,478 棟 2,362 床 下 浸 水 世 帯 2,209 人 7,921 り 災 世 帯 数 世 帯 493 り 災 者 数 人 1,779 平 成 10 年 8 月 26 日 か ら 31 日 にかけて 前 線 が 日 本 付 近 に 停 滞 し 台 風 4 号 が 日 本 の 南 海 上 をゆっくりと 北 上 し た この 期 間 台 風 の 間 接 的 な 影 響 も 加 わり 前 線 に 向 かって 暖 かく 湿 った 空 気 が 南 から 流 入 して 前 線 の 活 動 が 活 発 となり 北 日 本 や 東 日 本 を 中 心 に 雨 が 断 続 的 に 続 き 北 日 本 の 太 平 洋 側 から 関 東 地 方 に かけて 記 録 的 な 大 雨 と なった 所 が 多 かった 那 須 町 では 26 日 から 5 日 間 連 続 して 130mm 以 上 の 日 を 観 測 し 総 が

15 ( 地 公 共 施 設 等 ララ イイ ンフ 農 業 関 係 林 業 関 係 土 木 関 係 田 流 出 埋 没 ha 584 畑 流 出 埋 没 ha 6 農 業 用 施 設 箇 所 1,567 農 協 等 共 同 利 用 施 設 箇 所 3 治 山 箇 所 382 林 道 箇 所 231 の 林 業 施 設 箇 所 154 河 川 箇 所 765 砂 防 箇 所 63 道 路 箇 所 387 橋 りょう 箇 所 35 の 土 木 施 設 箇 所 14 交 通 安 全 施 設 箇 所 33 箇 所 外 道 路 表 示 商 工 業 施 設 戸 324 病 院 回 線 1 福 祉 施 設 戸 4 学 校 施 設 戸 28 社 会 体 育 施 設 箇 所 11 鉄 道 不 通 箇 所 1 水 道 戸 11,841 電 話 回 線 8,949 電 気 戸 19,359 農 地 千 円 4,690,000 農 業 用 施 設 千 円 8,221,000 農 協 等 共 同 利 用 施 設 千 円 144,000 農 作 物 家 畜 等 千 円 4,791,208 小 計 千 円 17,846,208 治 山 千 円 8,677,700 林 道 千 円 724,450 林 産 物 等 千 円 74,357 の 林 業 施 設 千 円 322,950 小 計 千 円 9,799,457 河 川 千 円 58,044,845 砂 防 千 円 988,285 道 路 千 円 2,777,110 橋 りょう 千 円 1,453,884 の 土 木 施 設 千 円 398,659 小 計 千 円 63,662,783 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 1,254mm に 達 した 特 に 27 日 には 1 時 間 降 水 量 90mm(1 時 ~2 時 ) 3 時 間 205mm(0 時 から 3 時 ) 日 607mm の 豪 雨 を 記 録 し た ( 単 位 ;mm) 地 点 名 27 日 合 計 那 須 五 十 里 八 方 原 黒 磯 八 溝 山 土 呂 部 大 田 原 今 市 塩 谷 足 尾 方 塞 山 高 根 沢 烏 山 鹿 沼 葛 生 真 岡 足 利 佐 野 栃 木 小 山 商 工 業 施 医 設 療 等 関 文 係 教 そ の 他 商 工 業 施 設 千 円 2,878,860 小 計 千 円 2,878,860 病 院 千 円 1,000 福 祉 施 設 千 円 9,972 小 計 千 円 10,972 学 校 施 設 千 円 106,317 社 会 体 育 施 設 千 円 88,081 小 計 千 円 194,398 水 道 施 設 千 円 127,390 警 察 施 設 千 円 1,222 交 通 安 全 施 設 千 円 8,819 小 計 千 円 137,431 千 円 94,530,109 設 置 8 月 27 日 14 時 00 分 栃 木 県 災 害 対 策 本 部 解 散 11 月 24 日 12 時 00 分 災 害 対 策 本 部 設 置 市 町 村 数 17 災 害 救 助 法 適 用 市 町 村 数 4 消 防 職 員 出 動 延 人 数 7,899 消 防 団 員 出 動 延 人 数 43,408

16 平 成 ~9.16 (1998 年 ) ( 地 台 風 5 号 半 壊 1 一 部 損 壊 2 床 上 浸 水 8 床 下 浸 水 82 非 住 家 1 り 災 者 9 世 帯 37 人 道 路 57 橋 梁 5 河 川 122 砂 防 8 崖 崩 れ 97 電 話 605 回 線 電 気 2,477 戸 335,860 千 円 2,212,001 千 円 の 公 共 施 設 38,986 千 円 1,029,279 千 円 1,895,350 千 円 5,511,476 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 21 日 22 日 那 須 今 市 鹿 沼 栃 木 平 成 ~1.7 (1999 年 ) 古 タイヤ 火 災 佐 野 市 赤 見 町 地 内 の 野 積 古 タイヤから 出 火 焼 失 本 数 約 20 万 本 鎮 圧 1 月 7 日 鎮 火 9 月 24 日 天 候 : 晴 れ 気 温 :2.7 風 向 : 北 東 風 速 :1.9m/s 実 効 湿 度 :71.3% 平 成 ~7.14 (1999 年 ) 大 雨 軽 傷 1( 那 須 町 ) 全 壊 1 半 壊 14 一 部 損 壊 7 床 上 浸 水 24 床 下 浸 水 293 非 住 家 20 り 災 者 38 世 帯 151 人 田 の 流 出 埋 没 2.3ha 道 路 89 橋 梁 4 河 川 279 砂 防 12 崖 崩 れ 120 水 道 19 戸 電 話 245 回 線 公 立 文 教 施 設 38,574 千 円 1,223,641 千 円 6,145,524 千 円 の 公 共 施 設 7,284 千 円 1,944,559 千 円 9,352,298 千 円 12 日 13 日 14 日 那 須 八 方 黒 磯 大 田 原 烏 山 真 岡 平 成 ~8.23 (2001 年 ) 台 風 11 号 床 下 浸 水 15 道 路 29 橋 梁 9 河 川 280 砂 防 17 崖 崩 れ 21 水 道 370 戸 電 話 250 回 線 電 気 1,039 戸 73,440 千 円 6,188,633 千 円 の 公 共 施 設 17,200 千 円 24,026 千 円 722,800 千 円 7,026,099 千 円 21 日 22 日 那 須 五 十 里 八 方 土 呂 部 今 市 塩 谷 足 尾 方 寒 山 葛 生 平 成 ~9.11 (2001 年 ) 台 風 15 号 死 者 1( 栗 山 村 ) 床 上 浸 水 3 床 下 浸 水 37 り 災 者 3 世 帯 12 人 道 路 45 橋 梁 4 河 川 107 砂 防 6 崖 崩 れ 23 電 話 330 回 線 電 気 985 戸 151,446 千 円 2,866,166 千 円 の 公 共 施 設 62,018 千 円 98,028 千 円 水 産 被 害 19,592 千 円 579,650 千 円 3,776,900 千 円 10 日 11 日 那 須 八 方 土 呂 部 今 市 足 尾 方 寒 山

17 平 成 ~7.11 (2002 年 ) ( 地 梅 雨 前 線 豪 雨 及 び 台 風 6 号 半 壊 1 一 部 損 壊 1 床 上 浸 水 54 床 下 浸 水 184 り 災 者 112 世 帯 250 人 道 路 81 橋 梁 8 河 川 528 砂 防 24 崖 崩 れ 60 電 話 586 回 線 電 気 1,457 戸 717,057 千 円 10,211,746 千 円 665,820 千 円 商 工 被 害 7,800 千 円 779,000 千 円 12,375,123 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 10 日 11 日 那 須 八 方 黒 磯 土 呂 部 大 田 原 足 尾 方 寒 山 平 成 ~9.10 (2003 年 ) 大 規 模 工 場 火 災 ( 黒 磯 市 ) 黒 磯 市 上 中 野 のタイヤ 工 場 より 出 火 周 辺 住 民 5,000 名 余 に 避 難 指 示 が 出 される 焼 損 面 積 39,581 m2 損 害 額 4,390,000 千 円 タイヤ 製 品 約 16 万 5 千 本 を 焼 失 鎮 圧 9 月 9 日 鎮 火 9 月 10 日 天 候 くもり 気 温 24.8 湿 度 99.9% 風 速 1.4m/s 風 向 南 平 成 (2004 年 ) 台 風 6 号 軽 傷 1( 市 ) 一 部 損 壊 2 文 教 施 設 1 道 路 1 崖 崩 れ 1 電 話 19 回 線 電 気 180 戸 公 立 文 教 施 設 53 千 円 5,218 千 円 56,941 千 円 5,070 千 円 30,000 千 円 97,282 千 円 21 日 那 須 84, 塩 谷 33 五 十 里 81, 烏 山 14 黒 磯 30, 鹿 沼 22 土 呂 部 142, 14 大 田 原 25, 真 岡 10 奥 157, 佐 野 9 今 市 75, 小 山 12 平 成 ~10.10 (2004 年 ) 台 風 22 号 床 下 浸 水 1 道 路 11 河 川 103 砂 防 3 崖 崩 れ 4 電 話 8 回 線 8,544 千 円 1,293,540 千 円 の 公 共 施 設 15,000 千 円 2,608 千 円 16,800 千 円 1,336,492 千 円 9 日 那 須 144, 塩 谷 118 五 十 里 101, 烏 山 89 黒 磯 90, 鹿 沼 130 土 呂 部 125, 118 大 田 原 102, 真 岡 90 奥 124, 佐 野 112 今 市 151, 小 山 110 平 成 (2004 年 ) 台 風 23 号 軽 傷 1( 足 利 市 ) 床 下 浸 水 9 道 路 8 河 川 33 崖 崩 れ 12 電 話 20 回 線 91,726 千 円 423,973 千 円 の 公 共 施 設 2,200 千 円 13,137 千 円 125,500 千 円 656,536 千 円 20 日 那 須 153, 塩 谷 130 五 十 里 119, 烏 山 154 黒 磯 123, 鹿 沼 133 土 呂 部 150, 128 大 田 原 135, 真 岡 130 奥 140, 佐 野 80 今 市 164, 小 山 118 平 成 (2006 年 ) 雷 雨 (お おむね 県 全 軽 傷 1( 藤 原 町 ) 床 上 浸 水 2 床 下 浸 水 46 文 教 施 設 1 崖 崩 れ 6 道 路 11 河 川 2 電 話 137 回 線 電 気 429 戸 文 教 施 設 87 千 円 3,350 千 円 の 公 共 施 設 1,300 千 円 4,737 千 円

18 平 成 (2006 年 ) ( 地 豪 雨 (お おむね 県 全 軽 傷 2( 西 方 町 ) 一 部 損 壊 1 床 下 浸 水 11 道 路 9 橋 梁 1 河 川 40 崖 崩 れ 18 電 話 1 回 線 41,188 千 円 441,025 千 円 6,623 千 円 488,836 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 16 日 那 須 67, 塩 谷 91 五 十 里 44, 烏 山 105 黒 磯 79, 鹿 沼 98 土 呂 部 30, 100 大 田 原 97, 真 岡 87 68, 佐 野 62 今 市 79, 小 山 80 平 成 ~2.8 (2007 年 ) 林 野 火 災 ( 市 ) 市 古 賀 志 町 御 岳 山 の 林 野 から 出 火 ( 不 明 ) 林 野 焼 失 面 積 ( 民 有 林 ) 約 7ha 栃 木 群 馬 茨 城 埼 玉 福 島 県 防 災 ヘリ 及 び 自 衛 隊 ヘリ 消 化 活 動 実 施 平 成 ~3.15 (2007 年 ) 林 野 火 災 ( 佐 野 市 ) 佐 野 市 飛 駒 町 地 内 の 林 野 から 出 火 ( 不 明 ) 林 野 焼 失 面 積 約 12ha 栃 木 群 馬 埼 玉 県 防 災 ヘリ 及 び 自 衛 隊 ヘリ 消 化 活 動 実 施 平 成 ~9.7 (2007 年 ) 台 風 9 号 軽 傷 9( 市 足 利 市 市 ) 一 部 損 壊 11 棟 9 世 帯 13 人 床 上 浸 水 2 棟 床 下 浸 水 4 棟 非 住 家 1 棟 ( 那 珂 川 町 ) 田 ( 冠 水 )1ha 畑 ( 冠 水 )11ha 文 教 施 設 4 道 路 35 橋 梁 1 河 川 84 砂 防 1 清 掃 施 設 1 崖 くずれ 25 鉄 道 不 通 1 箇 所 水 道 ( 断 水 )125 戸 電 話 ( 不 通 )191 回 線 電 気 ( 停 電 )3,829 戸 公 立 文 教 施 設 800 千 円 291,172 千 円 918,182 千 円 の 公 共 施 設 9,336 千 円 74,964 千 円 624,000 千 円 1,918,454 千 円 栃 木 県 災 害 対 策 本 部 7 日 08:50 設 置 8 日 15:00 解 散 災 害 警 戒 本 部 等 設 置 設 置 市 町 数 13 市 町 市 災 害 対 策 本 部 7 日 10:20 設 置 8 日 15:30 解 散 平 成 19 年 7 日 00 時 前 に 伊 豆 半 島 南 部 に 上 陸 し その 後 市 付 近 を 通 って 東 北 地 方 へ 進 んだ 6 日 18 時 35 分 栃 木 県 全 域 に 大 雨 洪 水 警 報 を 発 表 鹿 沼 市 中 粕 尾 で 橋 の 冠 水 により2 世 帯 5 名 が 7 日 6:40~10:00 まで 自 主 避 難 市 湯 西 川 地 区 で 地 域 に 通 じる 道 路 の 土 砂 崩 落 と 路 肩 崩 壊 により 住 民 及 び 観 光 客 (569 名 )が 孤 立 状 態 となった ( 住 民 273 世 帯 観 光 客 を 含 めた 人 数 は 1,420 名 ) また 川 俣 地 区 では 雨 量 規 制 による 道 路 の 通 行 止 めにより 約 1 20 名 (うち 観 光 客 37 名 ) 奥 鬼 怒 地 区 でも 土 砂 の 崩 落 により 観 光 客 41 名 が 孤 立 状 態 にな った ( 単 位 ;mm) 地 点 名 5 日 6 日 7 日 那 須 五 十 里 黒 磯 土 呂 部 大 田 原

19 ( 地 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 今 市 塩 谷 足 尾 高 根 沢 烏 山 鹿 沼 葛 生 真 岡 足 利 佐 野 栃 木 小 山 平 成 (2008) 平 成 (2008) 平 成 (2008) 平 成 (2009) 大 雨 大 雨 大 雨 雷 ( 佐 野 市 那 須 町 那 珂 川 町 ) 強 風 大 雨 軽 傷 2( 鹿 沼 市 ) 床 下 浸 水 1 棟 1 世 帯 1 人 道 路 21 河 川 1 崖 崩 れ 3 電 話 ( 不 通 )10 回 線 11,600 千 円 6,300 千 円 の 公 共 施 設 1,925 千 円 3,660 千 円 23,485 千 円 死 者 1( 鹿 沼 市 ) 床 上 浸 水 22 棟 23 世 帯 71 人 床 下 浸 水 178 棟 195 世 帯 589 人 田 ( 冠 水 )4ha 道 路 99 河 川 11 崖 崩 れ 6 り 災 世 帯 数 15 世 帯 り 災 者 数 30 人 22,000 千 円 1,140 千 円 23,140 千 円 軽 傷 1( 那 珂 川 町 ) 道 路 2 崖 崩 れ 1 電 気 ( 停 電 )10 戸 6,000 千 円 12,552 千 円 18,552 千 円 自 主 避 難 那 珂 川 町 1 世 帯 1 名 軽 傷 3( 市 鹿 沼 市 真 岡 市 ) 一 部 破 損 1 棟 1 世 帯 2 人 崖 崩 れ 1 電 話 ( 不 通 )103 回 線 電 気 ( 停 電 )574 戸 7,000 千 円 7,000 千 円 20 日 那 須 115 塩 谷 102 五 十 里 103, 烏 山 44 黒 磯 113, 鹿 沼 100 土 呂 部 大 田 原 95.5 真 岡 , 佐 野 64.5 今 市 142, 小 山 日 那 須 41.5 塩 谷 73 五 十 里 53.5 烏 山 26.5 黒 磯 20, 鹿 沼 128 土 呂 部 大 田 原 54 真 岡 , 佐 野 76 今 市 74 小 山 60 6 日 那 須 40.5 塩 谷 47 五 十 里 11.5, 黒 磯 41 鹿 沼 7.5 土 呂 部 大 田 原 , 今 市 16.0 最 大 瞬 間 風 向 風 速 北 北 東 27.1 m/s 9:39( ) 平 成 (2009 年 ) 台 風 18 号 軽 傷 1( 那 須 町 ) 住 家 一 部 破 損 9 棟 9 世 帯 24 人 非 住 家 ( 公 共 建 物 )1 棟 非 住 家 ( )1 棟 道 路 6 電 気 ( 停 電 )928 戸 電 話 ( 不 通 )108 回 線 ブロック 塀 1 箇 所 公 立 文 教 施 設 2,748 千 円 21,200 千 円 1,000 千 円 7,884 千 円 3,000 千 円 35,832 千 円 8 日 那 須 121, 塩 谷 77.5 五 十 里 82, 烏 山 66 黒 磯 73, 鹿 沼 72.5 土 呂 部 179, 80.5 大 田 原 73, 真 岡 , 佐 野 38.5 今 市 110.5, 小 山 84.5

20 平 成 (2011) ( 地 地 震 ( 県 全 人 的 被 害 死 者 4 名 行 方 不 明 0 名 負 傷 者 134 名 (うち 重 傷 7 名 ) 住 家 被 害 全 壊 260 棟 ( 宇 都 宮 市 9 棟 足 利 市 1 棟 佐 野 市 1 棟 真 岡 市 12 棟 大 田 原 市 6 棟 矢 板 市 51 棟 那 須 塩 原 市 12 棟 さくら 市 2 棟 那 須 烏 山 市 66 棟 益 子 町 14 棟 市 貝 町 16 棟 芳 賀 町 16 棟 高 根 沢 町 7 棟 那 須 町 40 棟 那 珂 川 町 7 棟 ) 半 壊 2,099 棟 ( 市 242 棟 足 利 市 11 棟 栃 木 市 1 棟 佐 野 市 2 棟 鹿 沼 市 9 棟 市 7 棟 小 山 市 1 棟 真 岡 市 118 棟 大 田 原 市 116 棟 矢 板 市 90 棟 那 須 塩 原 市 37 棟 さくら 市 25 棟 那 須 烏 山 市 135 棟 下 野 市 13 棟 益 子 町 153 棟 茂 木 町 12 棟 市 貝 町 69 棟 芳 賀 町 129 棟 壬 生 町 5 棟 高 根 沢 町 716 棟 那 須 町 141 棟 那 珂 川 町 67 棟 ) 一 部 損 壊 70,265 棟 ( 市 17,917 棟 足 利 市 3,237 棟 栃 木 市 981 棟 佐 野 市 805 棟 鹿 沼 市 1,292 棟 市 538 棟 小 山 市 2,127 棟 真 岡 市 14,263 棟 大 田 原 市 2,513 棟 矢 板 市 2,589 棟 那 須 塩 原 市 1,125 棟 さくら 市 1,898 棟 那 須 烏 山 市 2,958 棟 下 野 市 1,048 棟 上 三 川 町 175 棟 益 子 町 2,102 棟 茂 木 町 2,012 棟 市 貝 町 1,812 棟 芳 賀 町 2,358 棟 壬 生 町 438 棟 野 木 町 313 棟 岩 舟 町 152 棟 塩 谷 町 249 棟 高 根 沢 町 2,666 棟 那 須 町 1,522 棟 那 珂 川 町 3,162 棟 ) 非 住 家 公 共 建 物 428 棟 7,155 棟 文 教 施 設 378 箇 所 ブロック 塀 等 7,670 箇 所 停 電 県 内 全 域 最 大 568,000 戸 電 話 812 回 線 公 立 文 教 施 設 2,512,886 千 円 3,895,631 千 円 2,354,784 千 円 の 公 共 施 設 4,204,929[34,329] 千 円 1,198,996 千 円 林 産 被 害 279,040 千 円 畜 産 被 害 415,138 千 円 水 産 被 害 8,914 千 円 商 工 被 害 不 明 5,437,659 千 円 計 20,307,977[34,329] 千 円 [] 内 は 未 査 定 額 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 地 震 の 発 生 日 時 平 成 23 年 3 月 11 日 14 時 46 分 頃 震 央 地 名 三 陸 沖 ( 北 緯 38.1 度 東 経 度 牡 鹿 半 島 の 東 南 東 130km 付 近 ) 震 源 の 深 さ 約 24km 規 模 マグニチュード 9.0 各 地 の 震 度 ( 県 内 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 6 強 (5 市 町 ) 宇 都 宮 市 真 岡 市 大 田 原 市 高 根 沢 町 市 貝 町 ( 県 震 度 計 デー タ) 3/30 気 象 庁 が 震 度 6 強 と 発 表 震 度 6 弱 (5 市 町 ) 那 須 烏 山 市 那 須 塩 原 市 那 須 町 芳 賀 町 那 珂 川 町 震 度 5 強 (13 市 町 ) 足 利 市 栃 木 市 佐 野 市 鹿 沼 市 市 小 山 市 矢 板 市 さくら 市 下 野 市 上 三 川 町 益 子 町 茂 木 町 岩 舟 町 震 度 5 弱 (4 町 ) 旧 西 方 町 ( 現 栃 木 市 ) 壬 生 町 野 木 町 塩 谷 町

21 平 成 (2012 年 ) ( 地 竜 巻 ( 県 全 人 的 被 害 負 傷 者 13 名 (うち 重 傷 1 名 ) 住 家 被 害 全 壊 13 棟 ( 真 岡 市 6 棟 益 子 町 7 棟 ) 半 壊 41 棟 ( 真 岡 市 9 棟 益 子 町 25 棟 茂 木 町 7 棟 ) 一 部 損 壊 422 棟 ( 真 岡 市 106 棟 益 子 町 190 棟 茂 木 町 126 棟 ) 非 住 家 公 共 建 物 3 棟 232 棟 文 教 施 設 4 箇 所 病 院 1 箇 所 道 路 4 箇 所 がけ 崩 れ 1 箇 所 鉄 道 不 通 1 箇 所 水 道 26 戸 電 話 674 回 線 電 気 3,105 戸 罹 災 世 帯 人 数 53 世 帯 157 人 公 立 文 教 施 設 64,156 千 円 155,259 千 円 の 公 共 施 設 3,390 千 円 農 業 被 害 232,242 千 円 林 業 被 害 3,000 千 円 畜 産 被 害 1,000 千 円 商 工 被 害 198,320 千 円 16,036 千 円 合 計 673,403 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 気 象 概 況 低 気 圧 が 日 本 海 沿 岸 を 東 北 東 に 進 み 上 空 には 寒 気 を 伴 った 気 圧 の 谷 が 接 近 していた このため 大 気 の 状 態 が 非 常 に 不 安 定 となっ た 風 速 等 状 況 最 低 海 面 気 圧 hPa 6 日 14 時 35 分 ( ) ( 風 向 ) 12.1m/s( 西 ) 6 日 12 時 43 分 ( ) 最 大 瞬 間 風 速 ( 風 向 ) 19.3m/s( 西 北 西 )6 日 12 時 41 分 ( ) 突 風 の 現 象 区 別 : 竜 巻 藤 田 スケール:F1~ F2 被 害 長 さ:32k m 被 害 幅 :650m

22 平 成 (2012 年 ) ( 地 台 風 4 号 人 的 被 害 負 傷 者 1 名 住 家 被 害 一 部 損 壊 1 棟 ( 市 ) 床 上 浸 水 1 棟 ( 市 ) 床 下 浸 水 8 棟 ( 市 7 棟 那 須 塩 原 市 1 棟 ) 非 住 家 公 共 建 物 1 棟 9 棟 文 教 施 設 1 箇 所 病 院 1 箇 所 道 路 20 箇 所 橋 梁 1 箇 所 河 川 58 箇 所 砂 防 1 箇 所 がけ 崩 れ 12 箇 所 電 話 57 回 線 公 立 文 教 施 設 470 千 円 96,150 千 円 799,636 千 円 の 公 共 施 設 55,350 千 円 56,504 千 円 255,911 千 円 合 計 1,264,021 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) 気 象 概 況 台 風 第 4 号 が 栃 木 県 付 近 を 通 過 し た 影 響 で 県 内 は19 日 から20 日 にかけて 雨 風 とも に 強 まった 各 地 の 6 月 19 日 那 須 135 黒 磯 77.5 大 田 原 58.5 奥 259 高 根 沢 55, 鹿 沼 葛 生 87 真 岡 50, 足 利 61.5 栃 木 64, 小 山 53 五 十 里 115 足 尾 佐 野 71 土 路 部 256 今 市 168 塩 谷 87.5 那 須 烏 山 61.5 降 雨 の 状 況 風 速 最 低 海 面 気 圧 984.6hPa 20 日 00 時 46 分 ( ) ( 風 向 ) 13.4m/s( 東 南 東 ) 19 日 21 時 50 分 ( 那 須 烏 山 ) 最 大 瞬 間 風 速 ( 風 向 ) 23.8 m / s ( 南 南 東 ) 20 日 00 時 08 分 ( ) 期 間 ( 平 年 比 ) 268.5mm(2,238 % ) 日 ( 土 呂 部 ) 最 大 日 259.0mm 19 日 ( ) 最 大 1 時 間 降 水 量 56.0mm 19 日 23 時 26 分 ( ) 最 大 10 分 間 降 水 量 10.5mm 19 日 22 時 46 分 ( )

23 平 成 (2013 年 ) ( 地 台 風 26 号 ( 県 全 人 的 被 害 負 傷 者 20 名 (うち 重 傷 1 名 ) 住 家 被 害 半 壊 2 棟 ( 市 1 棟 大 田 原 市 1 棟 ) 一 部 損 壊 205 棟 ( 市 21 棟 栃 木 市 7 棟 鹿 沼 市 26 棟 市 9 棟 小 山 市 14 棟 真 岡 市 6 棟 大 田 原 市 17 棟 矢 板 市 19 棟 那 須 塩 原 市 26 棟 さくら 市 9 棟 那 須 烏 山 市 1 棟 市 貝 町 3 棟 芳 賀 町 1 棟 壬 生 町 7 棟 岩 舟 町 3 棟 塩 谷 町 25 棟 那 須 町 11 棟 ) 床 下 浸 水 2 棟 ( 足 利 市 ) 非 住 家 公 共 建 物 53 棟 181 棟 文 教 施 設 13 箇 所 病 院 17 箇 所 道 路 132 箇 所 河 川 2 箇 所 清 掃 施 設 1 箇 所 崖 崩 れ 3 箇 所 鉄 道 不 通 1 箇 所 電 話 954 回 線 電 気 5514 戸 ブロック 塀 71 箇 所 り 災 世 帯 数 1 世 帯 り 災 者 数 2 人 139,524 千 円 21,318 千 円 の 公 共 施 設 2,536 千 円 851,811 千 円 畜 産 被 害 30,473 千 円 41,100 千 円 合 計 1,086,762 千 円 (mm) 最 大 風 速 (m/s) (1) 気 象 概 況 台 風 第 26 号 が16 日 未 明 から 朝 に かけて 関 東 の 東 海 上 を 通 過 した また 本 州 の 南 岸 に は 前 線 が 停 滞 し ていた このため 栃 木 県 では 暴 風 を 伴 った 大 雨 となった (3) 各 地 の 15 日 那 須 29.5 黒 磯 29 大 田 原 30.5 奥 25.5 高 根 沢 28, 鹿 沼 葛 生 27 真 岡 28.5, 足 利 32 栃 木 26, 小 山 23 五 十 里 24.5 足 尾 24 佐 野 26.5 土 路 部 25.5 今 市 24 塩 谷 27.5 那 須 烏 山 日 那 須 99 黒 磯 65 大 田 原 61.5 奥 67.5 高 根 沢 63.5 鹿 沼 葛 生 70.5 真 岡 58, 足 利 148 栃 木 63, 小 山 66 五 十 里 88 足 尾 58 佐 野 70 土 路 部 96 今 市 83.5 塩 谷 71.5 那 須 烏 山 68.5 降 雨 の 状 況 風 速 最 低 海 面 気 圧 : 977.6hPa 16 日 09 時 10 分 ( ) ( 風 向 ):21.3m/s( 北 北 東 ) 16 日 05 時 48 分 ( ) 最 大 瞬 間 風 速 ( 風 向 ):34.2m/s( 西 北 西 ) 16 日 11 時 39 分 ( 那 須 ) 期 間 ( 平 年 比 ) : 180.0mm (2,250%) 日 ( 足 利 ) 最 大 日 降 水 量 :148.0mm 16 日 ( 足 利 ) 最 大 1 時 間 : 35.0mm 16 日 06 時 26 分 ( 足 利 ) 最 大 10 分 間 降 水 量 :6.5mm 16 日 06 時 26 分 ( 足 利 ) 10 億 円 以 上 の 災 害 人 的 被 害 が 発 生 した 災 害 若 しくは 社 会 的 影 響 が 大 きかった 災 害 を 主 に 掲 載

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41 カ 地 震 防 災 対 策 事 業 の 状 況 学 校 施 設 については 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 はもとより 地 域 の 防 災 拠 点 としての 役 割 も 求 められて おり 建 物 の 耐 震 性 の 確 保 等 地 震 防 災 対 策 の 促 進 が 図 られている 地 震 防 災 対 策 事 業 としては 地 震 改 築 事 業 及 び 地 震 補 強 事 業 のいずれも 指

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

031 第3 固定資産税(土地)【第19表~第21表】○

031 第3 固定資産税(土地)【第19表~第21表】○ 第 3 固 定 資 産 税 ( 平 成 24 年 度 概 要 調 書 等 報 告 書 ) 第 19 表 平 成 24 年 度 土 地 に 係 る 納 税 義 務 者 数 ( 単 位 : 人 ) 納 税 義 務 者 数 個 人 法 人 合 計 市 町 名 総 数 未 満 のもの 以 上 のもの 総 数 未 満 のもの 以 上 のもの 総 数 未 満 のもの 以 上 のもの 01-01-01 01-01-02

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

総 則 編

総 則 編 資 料 11 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 2 水 害 3 台 風 暴 風 4 地 震 津 波 5 その 他 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 明 治 30 年 2 月 1 日 昭 和 9 年 8 月 30 日 昭 和 9 年 10 月 7 日 昭 和 16 年 4 月 15 日 昭 和 19 年 3 月 30 日 昭 和 21 年 7 月 4 日 昭 和 23 年 12 月 21

More information

4 消 防 名 称 所 在 地 電 話 番 号 峡 南 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 市 川 三 郷 町 下 大 鳥 居 27 055 272 1919 中 部 消 防 署 身 延 町 下 山 端 淵 231 52 0556 62 5119 中 部 消 防 署 下 部 分 駐 所 身 延

4 消 防 名 称 所 在 地 電 話 番 号 峡 南 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 市 川 三 郷 町 下 大 鳥 居 27 055 272 1919 中 部 消 防 署 身 延 町 下 山 端 淵 231 52 0556 62 5119 中 部 消 防 署 下 部 分 駐 所 身 延 防 災 関 係 組 織 等 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 1 町 名 称 所 在 地 電 話 番 号 身 延 町 役 場 ( 本 庁 舎 ) 身 延 町 切 石 350 0556 42 2111 下 部 支 所 身 延 町 常 葉 1093 0556 36 0011 身 延 支 所 身 延 町 梅 平 2483 36 0556 62 1111 久 那 土 出 張 所 身 延 町 三 沢

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

ÿþ

ÿþ 1 滑 川 市 の 気 象 災 害 情 報 この 年 表 の 作 成 には 富 山 県 気 象 災 異 誌 : 富 山 地 方 気 象 台 富 山 地 方 気 象 台 異 常 気 象 報 告 : 富 山 地 方 気 象 台 災 害 の 記 録 ( 昭 和 45 年 から 平 成 3 年 ) : 富 山 県 滑 川 の 火 災 史 : 滑 川 市 消 防 本 部 を 用 いた 年 月 日 種 類 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

第1節  計画の目的

第1節  計画の目的 真 审 川 町 地 域 防 災 計 画 真 审 川 町 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則... 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨... 3 第 2 節 真 审 川 町 の 概 況... 5 第 3 節 真 审 川 町 の 災 害 履 歴... 11 第 4 節 計 画 の 前 提 となる 災 害 の 想 定... 15 第 5 節 防 災 ビジョン... 22 第 6 節 防

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新 栃 木 県 塩 原 那 須 野 短 猪 苗 旧 東 那 須 野 今 市 鬼 怒 下 滝 栃 那 猪 苗 新 新 今 市 新 栃 木 安 西 宇 都 宮 西 宇 都 宮 白 沢 河 内 芳 賀 新 茂 木 栃 山 芳 賀 佐 野 佐 野 野 木 小 小 山 猪 苗 新 野 木 八 千 群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477>

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477> 新 潟 県 内 主 要 観 測 所 の 降 雨 確 率 [ 改 訂 版 ] 平 成 26 年 4 月 新 潟 県 土 木 部 河 川 管 理 課 目 次 1. 県 内 主 要 雨 量 観 測 所 1 1-1 アメダス 観 測 所 2 1-2 日 雨 量 観 測 所 4 1-3 時 間 雨 量 観 測 所 10 2. 観 測 所 毎 の 確 率 日 雨 量 及 び 確 率 2 日 雨 量 16 2-1

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

島 根 大 学 研 究 機 構 戦 略 的 研 究 推 進 センター 萌 芽 研 究 部 門 平 成 24-25 年 度 プロジェクト 山 陰 地 域 における 自 然 災 害 データベースの 構 築 および 防 災 研 究 拠 点 の 形 成 研 究 成 果 報 告 書 目 次 はじめに 1 汪

島 根 大 学 研 究 機 構 戦 略 的 研 究 推 進 センター 萌 芽 研 究 部 門 平 成 24-25 年 度 プロジェクト 山 陰 地 域 における 自 然 災 害 データベースの 構 築 および 防 災 研 究 拠 点 の 形 成 研 究 成 果 報 告 書 目 次 はじめに 1 汪 島 根 大 学 研 究 機 構 戦 略 的 研 究 推 進 センター 萌 芽 研 究 部 門 平 成 24-25 年 度 プロジェクト 山 陰 地 域 における 自 然 災 害 データベースの 構 築 および 防 災 研 究 拠 点 の 形 成 研 究 成 果 報 告 書 目 次 はじめに 1 汪 発 武 ( 研 究 代 表 者 島 根 大 学 大 学 院 総 合 理 工 学 研 究 科 ) 山 陰

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

防 災 総 合 防 災 センター 展 示 コーナー 平 成 24 年 11 月 消 防 フェア 1 災 害 対 策 本 部 警 戒 本 部 の 設 置 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 災 害 対 策 本 部 設 置 状 況 設 置 なし 災 害 警 戒 本 部 設 置 理 由 風 雪 注 意 報 発 令 設 置 状 況 設 置 4 月 4 日 6 時 00 分 廃 止 4 月 4 日 15

More information

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4 この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 千 代 田 区 飯 田 橋 二 丁 目 アパート 消 火 器 取 替 2 113 戸 第 2 四 半 期 中 央 区 明 石 町 アパート 共 用 灯 改 修 ( 高 層 ) 4 82 戸 第 2 四 半 期 佃 二 丁 目 アパート 給 水 ポンプ8 年

More information

第 4 節 各 機 関 の 実 施 責 任 この 計 画 において 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 公 共 的 団 体 等 並 び に 住 民 の 果 たす 責 任 について 定 める なお 防 災 業 務 の 推 進 にあたっ

第 4 節 各 機 関 の 実 施 責 任 この 計 画 において 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 公 共 的 団 体 等 並 び に 住 民 の 果 たす 責 任 について 定 める なお 防 災 業 務 の 推 進 にあたっ 第 1 節 計 画 の 目 的 第 1 章 総 第 1 章 総 則 則 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 防 災 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに とるべき 措 置 を 定 め 総 合 的 かつ 計 画 的 な 防 災 事 務 または 業 務 の 遂 行 により 市 の 地

More information

資料-第03

資料-第03 第 3 過 去 における 災 害 に 関 する 資 料 資 料 3-1 秋 田 県 に 被 害 をおよぼした 主 な 地 震 番 震 央 地 震 の 規 模 発 生 年 月 日 被 害 号 経 度 緯 度 マク ニチュート 1 830 年 2 月 3 日 140.1 39.8 7.0~7.5 天 長 地 震 秋 田 城 内 家 屋 倒 れる 圧 死 15 肢 体 折 損 100 余 名 地 割 れ

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

広 島 市 内 担 当 エリア 広 島 市 大 州 青 崎 一 ~ 二 丁 目 猿 猴 橋 町 大 州 一 ~ 五 丁 目 大 須 賀 町 小 磯 町 荒 神 町 月 見 町 西 蟹 屋 一 ~ 四 丁 目 西 荒 神 町 東 青 崎 町 東 駅 町 東 荒 神 町 堀 越 一 ~ 三 丁 目 松

広 島 市 内 担 当 エリア 広 島 市 大 州 青 崎 一 ~ 二 丁 目 猿 猴 橋 町 大 州 一 ~ 五 丁 目 大 須 賀 町 小 磯 町 荒 神 町 月 見 町 西 蟹 屋 一 ~ 四 丁 目 西 荒 神 町 東 青 崎 町 東 駅 町 東 荒 神 町 堀 越 一 ~ 三 丁 目 松 広 島 市 内 担 当 エリア 施 設 名 担 当 エ リ ア 広 島 市 基 町 基 町 広 島 市 幟 町 胡 町 銀 山 町 上 幟 町 上 八 丁 堀 新 天 地 鉄 砲 町 寺 町 流 川 町 (1~3 番 ) 西 十 日 市 町 西 白 島 町 幟 町 白 島 北 町 白 島 九 軒 町 白 島 中 町 橋 本 町 八 丁 堀 東 白 島 町 広 瀬 北 町 広 瀬 町 堀 川 町 弥

More information

彦根市地域防災計画案

彦根市地域防災計画案 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 章 の 体 系 第 1 編 総 則 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 地 域 防 災 計 画 第 2 編 一 般 対 策 編 第 3 編 震 災 対 策 編 第 2 部 災 害 予 防 第 3 部 災 害

More information

Microsoft Word - siryo8-2

Microsoft Word - siryo8-2 [ 危 険 ] 1 河 川 法 一 二 級 河 川 一 覧 表 < 資 料 8-3> 表 1 河 川 法 一 級 河 川 ( 単 位 :m)< 県 土 整 備 部 河 川 環 境 課 > 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 河 川 名 指 定 延 長 河 川 名 指 定 延 長 1 利 根 川 左 岸 22,500m 右 岸 100,640m 45 富 ヶ 沢 川 左 右 岸 各 510m 2

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

三 条 市 地 域 防 災 計 画 目 次

三 条 市 地 域 防 災 計 画    目    次 三 条 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 対 策 編 の 概 要 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 等 この 計 画 は 自 然 災 害 等 に 対 処 するため 市 及 び 防 災 機 関 がその 有 する 機 能 を 有 効 に 発 揮 し て 災 害 予 防 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 を 実 施 し 市 民 の 生 命 等 を 保 護 することを

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1- 参 考 5 津 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 24 年 度 修 正 案 津 市 防 災 会 議 津 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 被 害 想 定... 1 2 災 害 の 記 録... 14 3 過 去 の 主 な 地 震 災 害... 22 4 津 市 で 震 度 4 以 上 あった 主 な 地 震... 27 5 避 難 所 指 定 一 覧...

More information

訓子府町地域防災計画

訓子府町地域防災計画 訓 子 府 町 地 域 防 災 計 画 沿 革 昭 和 4 0 年 1 4 月 制 定 昭 和 5 6 年 1 1 月 修 正 平 成 1 0 年 1 0 月 修 正 平 成 2 2 年 1 3 月 修 正 平 成 2 3 年 1 5 月 修 正 訓 子 府 町 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 構 成 1 第 3 節

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30315F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F918D91A55F3032313681A1>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30315F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F918D91A55F3032313681A1> 自 然 災 害 対 策 ( 地 震 津 波 風 水 害 ) 節 計 画 の 目 的...3 2 節 防 災 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱...5 3 節 市 民 等 の 責 務... 0 4 節 南 あわじ 市 の 概 況... 2 5 節 災 害 履 歴... 4 6 節 災 害 の 危 険 性 と 被 害 の 特 徴... 9 2 節 計 画 の 目 的 節 計

More information

地域防災計画 資料編2016.indd

地域防災計画 資料編2016.indd 薩 摩 川 内 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 第 1 部 総 則 第 2 部 災 害 予 防 計 画 - 01 - 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 部 特 殊 災 害 対 策 計 画 - 02 - 1.4.1 薩 摩 川 内 市 域 における 年 間 降 水 量 -- 1 -- 1.4.2 災 害 の 記 録 発 生 日 時 川 内 地 域 川 位 等 速 額

More information

地 震 対 策 の 巻 の 沿 革 1 昭 和 54 年 ( 東 海 地 震 対 策 編 初 版 ) 県 防 災 会 議 昭 和 55 年 1 月 22 日 公 表 内 閣 総 理 大 臣 承 認 昭 和 55 年 6 月 24 日 1)4 編 で 構 成 し 地 震 防 災 強 化 計 画 の 範

地 震 対 策 の 巻 の 沿 革 1 昭 和 54 年 ( 東 海 地 震 対 策 編 初 版 ) 県 防 災 会 議 昭 和 55 年 1 月 22 日 公 表 内 閣 総 理 大 臣 承 認 昭 和 55 年 6 月 24 日 1)4 編 で 構 成 し 地 震 防 災 強 化 計 画 の 範 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 地 震 対 策 の 巻 平 成 2 7 年 6 月 静 岡 県 防 災 会 議 地 震 対 策 の 巻 の 沿 革 1 昭 和 54 年 ( 東 海 地 震 対 策 編 初 版 ) 県 防 災 会 議 昭 和 55 年 1 月 22 日 公 表 内 閣 総 理 大 臣 承 認 昭 和 55 年 6 月 24 日 1)4 編 で 構 成 し 地 震 防 災 強 化

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

2377“ƒec8.ec8

2377“ƒec8.ec8 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 発 行 宮 崎 県 印 刷 宮 崎 市 旭 1 丁 目 6 番 25 号 小 柳 印 刷 株 式 会 社 発 行 定 日 毎 週 月 木 曜 日 購 読 料 ( 送 料 共 ) 1 年 36,000 円 目 次 頁 告 示 歳 入 の 徴 収 の 事 務 の

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 :

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 : 1. 想 定 地 震 に 係 る 歴 史 地 震 の 整 理 について 本 編 2.2~2.3 節 で 抽 出 した 各 想 定 地 震 と 対 比 される 歴 史 地 震 ( で 表 示 )を 含 む 埼 玉 県 に 被 害 をもたらした 以 下 の 地 震 について 概 要 及 び 埼 玉 県 内 の 震 度 分 布 につい て 個 別 に 整 理 した 地 震 1: 818 年 関 東 諸 国

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

資 料 編 目 次 本 編 1 総 則 1-4 釜 石 市 防 災 会 議 1-4-1 釜 石 市 防 災 会 議 条 例 1-6 釜 石 市 の 概 況 1-6-1 災 害 記 録 2 災 害 予 防 計 画 2-2 自 主 防 災 組 織 等 育 成 計 画 2-2-1 自 主 防 災 組 織

資 料 編 目 次 本 編 1 総 則 1-4 釜 石 市 防 災 会 議 1-4-1 釜 石 市 防 災 会 議 条 例 1-6 釜 石 市 の 概 況 1-6-1 災 害 記 録 2 災 害 予 防 計 画 2-2 自 主 防 災 組 織 等 育 成 計 画 2-2-1 自 主 防 災 組 織 資 料 編 資 料 編 目 次 本 編 1 総 則 1-4 釜 石 市 防 災 会 議 1-4-1 釜 石 市 防 災 会 議 条 例 1-6 釜 石 市 の 概 況 1-6-1 災 害 記 録 2 災 害 予 防 計 画 2-2 自 主 防 災 組 織 等 育 成 計 画 2-2-1 自 主 防 災 組 織 の 現 況 2-5 通 信 確 保 計 画 2-5-1 衛 星 携 帯 電 話 配 備 先

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC924F8E7388EA94CA8C7689E695D291E682508FCD91E682518FCD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC924F8E7388EA94CA8C7689E695D291E682508FCD91E682518FCD2E646F63> 一 般 計 画 編 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 南 丹 市 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 総 合 化 と 計 画 化 を 図 るため 次 の 事 項 を 定 め その 万 全 を 期 すること を 目 的 とする

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

平成19年7月19日

平成19年7月19日 平 成 23 年 7 月 新 潟 福 島 豪 雨 の 概 要 平 成 23 年 9 月 15 日 9 時 現 在 長 岡 市 危 機 管 理 防 災 本 部 1 2 1 災 害 の 概 要 (1) 平 成 23 年 7 月 新 潟 福 島 豪 雨 の 発 生 状 況 前 線 が 朝 鮮 半 島 から 北 陸 地 方 関 東 甲 信 地 方 を 通 って 日 本 の 東 にのび 停 滞 してい た 前

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

小田原市地域防災計画

小田原市地域防災計画 小 田 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 小 田 原 市 防 災 会 議 目 次 目 次 1. 連 絡 先 総 則 関 係 資 料 1-1 関 係 機 関 等 一 覧 ---------------------------------------------------------- 1 資 料 1-2 過 去 の 災 害 記 録 ----------------------------------------------------------

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

12春季個人.xlsx

12春季個人.xlsx 一 覧 学 校 学 校 名 選 手 A 選 手 B ブロック 158107 上 野 数 尾 葛 城 35 明 法 8:45 312 158107 上 野 大 野 田 中 32 拓 大 一 12:00 281 158107 上 野 東 海 林 小 杉 58 明 法 12:00 518 158176 大 泉 元 島 神 門 1 拓 大 一 8:45 9 158176 大 泉 西 岡 寺 山 23 拓 大

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

須賀川市地域防災計画(表紙・目次)

須賀川市地域防災計画(表紙・目次) 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 修 正 須 賀 川 市 防 災 会 議 . 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 部 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 方 針... 3 第 1 計 画 の 目 的... 3 第 2 計 画 の 構 成... 3 第 3 計 画 の 修 正... 4 第 4 計 画 の 周 知 徹 底...

More information

井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 目 次 第 1 章 井 原 市 の 概 要 第 1 節 人 口 第 1 総 人 口 世 帯 数 の 推 移 1 第 2 年 齢 別 (3 区 分 ) 人 口 の 推 移 1 第 2 節 気 候 2 第 2 章 井 原 市 の 災 害 記 録 第

井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 目 次 第 1 章 井 原 市 の 概 要 第 1 節 人 口 第 1 総 人 口 世 帯 数 の 推 移 1 第 2 年 齢 別 (3 区 分 ) 人 口 の 推 移 1 第 2 節 気 候 2 第 2 章 井 原 市 の 災 害 記 録 第 井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 平 成 28 年 3 月 井 原 市 防 災 会 議 井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 目 次 第 1 章 井 原 市 の 概 要 第 1 節 人 口 第 1 総 人 口 世 帯 数 の 推 移 1 第 2 年 齢 別 (3 区 分 ) 人 口 の 推 移 1 第 2 節 気 候 2 第 2 章 井 原 市 の 災 害 記

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

Microsoft Word - 伝承指針_案_final修正0322.doc

Microsoft Word - 伝承指針_案_final修正0322.doc 3-2 天 竜 川 上 流 域 の 既 往 災 害 天 竜 川 上 流 域 では 局 地 的 な 豪 雨 や 長 雨 で 古 来 より 諏 訪 湖 や 天 竜 川 本 川 各 支 流 で 洪 水 や 土 砂 災 害 が 多 く 発 生 している 以 下 に 江 戸 時 代 以 前 から 平 成 までの 間 で 本 地 域 に 影 響 を 与 えた 主 な 災 害 についてまとめた なお 詳 細 な

More information

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149>

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149> 1:25,000 土 地 条 件 図 土 佐 中 村 四 万 十 町 黒 潮 町 四 万 十 市 宿 毛 市 土 佐 清 水 市 国 土 地 理 院 1:25,000 土 地 条 件 図 について 1. 土 地 条 件 図 の 構 成 1:25,000 土 地 条 件 図 は 自 治 体 等 が 作 成 するハザードマップをはじめ 地 域 の 適 正 な 開 発 保 全 防 災 対 策 などの 検

More information

橋 梁 近 畿 地 方 整 備 局 諸 元 判 定 区 分 滋 賀 草 津 1 山 中 橋 6.5 1956 12.90 RC 21 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 下 ) 10.82 1981 10.50 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 上 ) 10.88 1981 1

橋 梁 近 畿 地 方 整 備 局 諸 元 判 定 区 分 滋 賀 草 津 1 山 中 橋 6.5 1956 12.90 RC 21 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 下 ) 10.82 1981 10.50 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 上 ) 10.88 1981 1 別 添 資 料 リスト ( 平 成 23 版 ) 橋 梁 近 畿 地 方 整 備 局 諸 元 判 定 区 分 滋 賀 草 津 1 山 中 橋 6.5 1956 12.90 RC 21 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 下 ) 10.82 1981 10.50 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 上 ) 10.88 1981 10.60 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 西 出

More information