日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2"

Transcription

1 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1

2 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

3 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地 震 が 無 く よっ て 豪 雨 に 伴 う 土 砂 災 害 も 少 ないが 日 本 はこれらの 悪 条 件 の 全 てを 有 しており わが 国 に おける 土 砂 災 害 対 策 は 全 てのインフラ 整 備 の 基 礎 として 極 めて 重 要 火 山 国 日 本! 世 界 の 約 1 割 108の 活 火 山 が 分 布 ランクAの 火 山 ランクBの 火 山 ランクCの 火 山 ランク 分 け 対 象 外 の 火 山 多 雨 国 日 本! 梅 雨 台 風 等 がもたらす 豪 雨 は 世 界 有 数 台 15 日 本 の 活 火 山 分 布 台 18 台 台 台 台 23 台 台 22 台 11 H16に 上 陸 した 台 風 台 10 地 震 国 日 本! 世 界 の 約 2 割 の 地 震 が 分 布 1998 年 ~2000 年 マグニチュード3.0 以 上 の 地 震 の 震 央 分 布 厳 しい 国 土 条 件 のため 全 国 の 約 9 割 の 市 町 村 が 土 砂 災 害 の 危 険 と 隣 り 合 わせ 日 本 の 地 質 分 布 脆 弱 な 日 本 列 島! 3 断 層 が 多 く 複 雑 な 地 質 のため 崩 れやすい 国 土

4 土 砂 災 害 危 険 箇 所 数 全 国 で 合 計 約 21 万 箇 所! 土 石 流 危 険 渓 流 89,518 渓 流 (H14 公 表 ) 地 すべり 危 険 箇 所 11,288 箇 所 (H10 公 表 ) 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 箇 所 113,557 箇 所 (H14 公 表 ) 120,000 整 備 率 ( 平 成 14 年 度 末 ) 100,000 整 備 済 未 整 備 80,000 60,000 40,000 20,000 約 19% 約 20% 約 23% 土 石 流 危 険 渓 流 地 すべり 危 険 箇 所 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 箇 所 4

5 土 砂 災 害 の 種 類 5

6 集 中 豪 雨 による 災 害 の 形 態 がけ 崩 れ 雨 や 地 震 などの 影 響 によって 土 の 抵 抗 力 が 弱 まり 急 激 に 斜 面 が 崩 れ 落 ちる 現 象 ひと 度 人 家 を 襲 うと 逃 げ 遅 れる 人 も 多 く 死 者 の 割 合 も 高 くなっています 土 石 流 山 腹 や 渓 床 を 構 成 する 土 砂 石 礫 の 一 部 が 長 雨 や 集 中 豪 雨 などによって 水 と 一 体 となり 一 気 に 下 流 へ 押 し 流 される 現 象 流 れの 速 さ は20~40km/hという 速 度 で 一 瞬 のうちに 人 家 や 畑 などを 壊 滅 させてしまいます 地 すべり 斜 面 の 土 塊 が 地 下 水 などの 影 響 により 地 す べり 面 に 沿 ってゆっくりと 斜 面 下 方 へ 移 動 す る 現 象 一 般 的 に 広 範 囲 に 及 び 移 動 土 塊 量 が 大 きいため 甚 大 な 被 害 を 及 ぼす 可 能 性 が 高 い 6 資 料 : 日 本 の 砂 防 平 成 13 年 10 月

7 映 像 で 見 る 土 砂 災 害 社 団 法 人 全 国 治 水 砂 防 協 会 作 成 ( ) DVDソフト 土 砂 動 態 より 7

8 平 成 16 年 に 起 きた 災 害 8

9 台 風 21 大 野 号 原 町 による ( 水 谷 川 ) 山 地 崩 壊 発 生 状 況 集 中 豪 雨 の 多 発 に 伴 い 各 地 で 崩 壊 地 が 発 生 し 災 害 をもたらした 大 野 原 町 ( 水 谷 川 ) < 大 野 原 町 における 被 災 状 況 > 台 風 21 号 家 屋 一 部 損 壊 12 戸 大 坪 川 中 大 坪 川 赤 砂 川 西 赤 砂 川 東 大 造 西 川 大 造 西 川 高 尾 川 水 谷 川 中 尾 川 野 々 池 川 9 台 風 21 号 平 成 16 年 9 月 29~30 日 香 川 県 三 豊 郡 大 野 原 町 豊 浜 町

10 平 成 16 年 9 月 台 風 21 号 における 土 砂 災 害 状 況 ( 三 重 県 ) 発 生 日 時 : 平 成 16 年 9 月 28 日 発 生 場 所 : 三 重 県 ( 宮 川 村 等 ) 気 象 状 況 : 台 風 21 号 による 豪 雨 観 測 所 宮 川 観 測 所 連 続 雨 量 753mm (9/28~29) 最 大 時 間 雨 量 119mm/hr (9/29 9:00~10:00) < 台 風 21 号 全 国 の 被 害 > 土 砂 災 害 件 数 土 石 流 128 件 地 すべり 17 件 がけ 崩 れ 106 件 合 計 251 件 被 害 状 況 : 人 的 被 害 死 者 16 名 行 方 不 明 1 名 負 傷 者 8 名 家 屋 被 害 全 壊 46 戸 半 壊 57 戸 一 部 損 壊 89 戸 時 間 雨 量 (mm/h) 降 雨 状 況 ( 三 重 県 宮 川 村 ( 国 土 交 通 省 宮 川 雨 量 観 測 所 による) 119 時 間 雨 量 (mm/h) 累 計 雨 量 < 対 策 > 災 害 後 直 ちに 中 部 地 整 より 担 当 職 員 により 現 地 調 査 を 実 施 するとともに 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 より2 名 の 専 門 家 を 現 地 に 派 遣 し 現 地 状 況 の 把 握 を 行 った さらに 10 月 3 日 からは 三 重 県 の 要 請 により 二 次 災 害 防 止 のための 技 術 指 導 などのため 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 等 より8 名 を 現 地 に 派 遣 した (3~4 日 ) 9 月 28 日 9 月 29 日 9 月 30 日 累 計 雨 量 (mm) 被 害 状 況 三 重 県 宮 川 村 滝 谷 (たきや)2 地 区 ( 死 者 4 名 行 方 不 明 者 1 名 全 壊 3 棟 ) 宮 川 10

11 平 成 16 年 10 月 台 風 23 号 における 土 砂 災 害 状 況 ( 近 畿 地 方 ) 発 生 日 時 : 平 成 16 年 10 月 20 日 15:00 頃 発 生 場 所 : 京 都 府 宮 津 市 滝 馬 (たきば) 気 象 状 況 : 台 風 23 号 による 豪 雨 土 石 流 発 生 ( 宮 津 市 ) がけ 崩 れ 発 生 ( 出 石 市 ) ( 速 報 ) がけ 崩 れ 発 生 ( 舞 鶴 市 ) がけ 崩 れ 発 生 ( 一 宮 市 ) がけ 崩 れ 発 生 ( 津 名 町 ) は 写 真 箇 所 土 石 流 被 害 状 況 京 都 府 宮 津 市 滝 馬 (たきば) ( 死 者 2 名 全 壊 4 戸 半 壊 1 戸 一 部 破 損 12 戸 ) 11

12 平 成 16 年 7 月 福 井 豪 雨 における 土 砂 災 害 発 生 日 時 : 平 成 16 年 7 月 18 日 発 生 場 所 : 福 井 県 ( 鯖 江 市 今 立 町 美 山 町 等 ) 気 象 状 況 :7 月 17 日 から 活 発 化 した 梅 雨 前 線 による 豪 雨 観 測 所 美 山 観 測 局 連 続 雨 量 283mm (7/17~18) 最 大 時 間 雨 量 87mm/hr(7/18 6:00~7:00) 土 砂 災 害 件 数 土 石 流 104 件 地 すべり 4 件 がけ 崩 れ 30 件 合 計 138 件 被 害 状 況 : 人 的 被 害 死 者 1 名 負 傷 者 1 名 家 屋 被 害 全 壊 27 戸 半 壊 50 戸 一 部 損 壊 93 戸 時 間 雨 量 ( m m / h ) 降 雨 状 況 福 井 県 足 羽 郡 美 山 町 気 象 庁 アメダス 観 測 所 (N E ) 時 間 雨 量 (mm/h) 累 計 雨 量 (mm) 総 雨 量 分 布 図 累 計 雨 量 ( m m ) 福 井 県 足 羽 郡 美 山 町 蔵 作 ( 全 壊 12 戸 ) 時 7 月 17 日 7 月 18 日 0 福 井 県 足 羽 郡 美 山 町 蔵 作 ( 全 壊 12 戸 ) 12

13 平 成 11 年 ~16 年 の 土 砂 災 害 発 生 件 数 3,000 2,500 件 数 最 近 の 土 砂 災 害 の 発 生 件 数 がけ 崩 れ 地 すべり 土 石 流 2,537 2,000 1,500 1,501 1,511 1, H11 H12 H13 H14 H15 (H11~15) 平 均 H16 年 平 成 16 年 は 全 国 45 都 道 府 県 で 2537 件 ( 土 石 流 565 件 地 すべり461 件 がけ 崩 れ 1511 件 ) の 土 砂 災 害 が 発 生 しており 過 去 5カ 年 平 均 の 約 3.1 倍 である また 上 記 の 発 生 件 数 は 統 計 を 始 めた 昭 和 57 年 以 来 最 多 件 数 となっている( 第 2 位 は 長 崎 災 害 のあった 昭 和 57 年 の2,007 件 ) 被 害 状 況 のうち 人 的 被 害 については 死 者 61 名 ( 土 石 流 27 名 地 すべり7 名 がけ 崩 れ27 名 ) 行 方 不 明 者 1 名 (がけ 崩 れ1 名 ) 負 傷 者 57 名 である 13 平 成 16 年 12 月 31 日 現 在

14 平 成 16 年 の 各 気 象 状 況 別 土 砂 災 害 発 生 件 数 気 象 状 況 名 称 新 潟 福 島 豪 雨 発 生 月 日 7/12-18 福 井 豪 雨 7/ 台 風 号 7/31-8/2 74 台 風 15 号 台 風 16 号 台 風 18 号 8/ / /7-8 台 風 21 号 9/ 福 井 県 他 台 風 22 号 10/ 静 岡 県 神 奈 川 県 他 台 風 23 号 10/ 岡 山 県 兵 庫 県 他 新 潟 県 中 越 地 震 10/ 新 潟 県 その 他 合 計 発 生 件 数 2,537 死 者 人 的 被 害 2 行 方 不 明 61 1 負 傷 者 徳 島 県 高 知 県 他 57 家 屋 損 壊 数 全 壊 流 出 半 壊 253 一 部 損 壊 新 潟 県 他 香 川 県 愛 媛 県 他 徳 島 県 愛 媛 県 他 大 分 県 他 主 な 被 災 県 等 三 重 県 愛 媛 県 他 14 平 成 16 年 12 月 31 日 現 在

15 近 年 に 発 生 した 土 砂 災 害 ( 豪 雨 火 山 噴 火 地 震 ) 15

16 災 害 の 原 因 1 台 風 等 による 集 中 豪 雨 がけ 崩 れ 土 石 流 ( 流 木 災 害 を 含 む) 梅 雨 前 線 豪 雨 に よるがけ 崩 れ ( 熊 本 県 水 俣 市 : 平 成 9 年 7 月 ) 地 すべり 2 火 山 活 動 溶 岩 流 火 砕 流 三 宅 島 の 噴 火 状 況 ( 平 成 12 年 6 月 ) 火 山 泥 流 山 体 崩 壊 3 地 震 山 腹 崩 壊 等 天 然 ダムの 決 壊 地 震 後 の 豪 雨 災 害 山 体 崩 壊 長 野 県 西 部 地 震 による 山 腹 崩 壊 天 然 ダムを 形 成 ( 昭 和 59 年 9 月 ) 16 資 料 : 砂 防 部 とりまとめ

17 近 年 の 主 な 土 砂 災 害 発 生 年 月 日 概 要 昭 和 57 年 7 月 長 崎 災 害 集 中 豪 雨 により 土 砂 災 害 が 発 生 死 者 行 方 不 明 者 計 259 人 という 大 惨 事 となった 昭 和 60 年 7 月 長 野 県 梅 雨 前 線 による 集 中 豪 雨 により 土 砂 災 害 発 生 地 附 山 地 すべりでは 死 者 26 名 を 出 した 昭 和 63 年 7 月 中 国 地 方 梅 雨 前 線 豪 雨 による 土 砂 災 害 が 発 生 広 島 県 太 田 川 水 系 では 土 石 流 により11 名 死 亡 集 中 豪 雨 により 土 石 流 発 生 ( 愛 知 県 小 牧 市 ) 平 成 12 年 9 月 東 海 地 方 集 中 豪 雨 による 土 砂 災 害 が 発 生 17 資 料 : SABO 国 土 交 通 省 砂 防 部 監 修 及 び 土 砂 災 害 の 実 態 昭 和 57 年 ~ 平 成 12 年

18 近 年 の 主 な 火 山 活 動 昭 和 63 年 12 月 十 勝 岳 ( 北 海 道 ) 平 成 2 年 10 月 伊 豆 大 島 ( 東 京 都 ) 平 成 2 年 11 月 普 賢 岳 ( 長 崎 県 ) 平 成 9 年 5~8 月 秋 田 焼 山 ( 秋 田 県 ) 平 成 10 年 11 月 雌 阿 寒 岳 ( 北 海 道 ) 平 成 12 年 3 月 有 珠 山 ( 北 海 道 ) 平 成 12 年 7 月 三 宅 島 ( 東 京 都 ) 平 成 16 年 9 月 浅 間 山 ( 長 野 群 馬 ) この 他 の 活 動 が 活 発 な 火 山 火 柱 を 伴 う 噴 火 と 泥 流 が 発 生 ( 大 正 15 年 以 来 ) 翌 年 には15 回 の 噴 火 が 発 生 約 2 年 10ヶ 月 ぶりに 噴 火 少 量 の 降 灰 が 観 測 された 約 200 年 ぶりに 噴 火 翌 年 には 噴 火 後 の 降 雨 により 土 石 流 泥 流 が 多 数 発 生 し 死 者 40 人 行 方 不 明 者 3 人 を 出 した 水 蒸 気 爆 発 を 観 測 八 幡 平 で 発 生 した 地 すべりも 水 蒸 気 爆 発 が 関 連 している 噴 出 量 は 約 千 トン 平 成 8 年 11 月 の 噴 火 では 約 1 万 2 千 トンを 噴 出 している 1978 年 以 来 21 年 ぶりの 噴 火 迅 速 な 避 難 により 犠 牲 者 0 人 全 島 民 約 3,900 人 が 今 も 避 難 生 活 を 余 儀 なくされている 中 規 模 爆 発 を 観 測 1983 年 以 来 21 年 ぶり 樽 前 山 ( 北 海 道 ) 平 成 11 年 には18 年 ぶりに 日 地 震 回 数 100 回 を 越 えた 岩 手 山 ( 岩 手 県 ) 火 山 性 微 動 が 断 続 的 に 発 生 し 噴 気 は 今 も 観 測 されている 安 達 太 良 山 ( 福 島 県 ) 泥 水 やガスの 噴 出 が 多 く 平 成 9 年 には 登 山 者 4 名 が 硫 化 水 素 ガス 中 毒 で 死 亡 磐 梯 山 ( 福 島 県 ) 平 成 12 年 8 月 には1965 年 の 観 測 以 来 最 多 となる403 回 の 地 震 を 観 測 した 伊 豆 東 部 火 山 群 ( 静 岡 県 ) 伊 豆 半 島 の 周 辺 で 断 続 的 な 地 震 活 動 が 今 も 続 く 阿 蘇 山 ( 熊 本 県 ) 平 成 2 年 の 噴 火 以 来 小 規 模 な 噴 火 や 土 砂 噴 出 が 年 に 数 回 観 測 されている 桜 島 ( 鹿 児 島 県 ) 多 い 月 には60 回 / 月 以 上 も 噴 火 し 周 囲 に 降 灰 を 続 けている 18

19 近 年 の 主 な 地 震 の 発 生 状 況 昭 和 59 年 9 月 長 野 県 西 部 地 震 平 成 5 年 1 月 釧 路 沖 地 震 平 成 5 年 2 月 能 登 半 島 沖 地 震 平 成 5 年 7 月 北 海 道 南 西 沖 地 震 平 成 7 年 1 月 兵 庫 県 南 部 地 震 平 成 9 年 3~5 月 薩 摩 地 方 における 地 震 平 成 12 年 6 月 神 津 島 近 海 の 地 震 平 成 12 年 10 月 鳥 取 県 西 部 地 震 平 成 13 年 3 月 芸 予 地 震 平 成 15 年 5 月 宮 城 県 沖 地 震 平 成 15 年 7 月 宮 城 県 北 部 地 震 平 成 16 年 10 月 新 潟 県 中 越 地 震 M6.8の 地 震 が 御 嶽 山 南 麓 で 発 生 御 嶽 崩 れにより 天 然 ダムを 形 成 震 度 6 M7.8の 地 震 が 発 生 がけ 崩 れ 等 発 生 新 潟 県 でもがけ 崩 れが 発 生 した 推 定 震 度 6 M7.8の 地 震 が 発 生 奥 尻 町 ではがけ 崩 れにより30 名 が 死 亡 推 定 震 度 6 M7.3の 地 震 が 発 生 地 すべ り 災 害 で34 名 が 死 亡 M6クラスの 地 震 が 続 けて 発 生 し 110 件 のがけ 崩 れが 生 じた 震 度 6 強 の 地 震 がにより 32 件 の 土 砂 災 害 が 発 生 し 死 者 1 名 を 出 した 震 度 6 強 M 件 の 土 砂 災 害 が 発 生 し たが 死 者 はなかった 震 度 6 弱 M6.7 愛 媛 県 で 地 すべりが1 箇 所 がけ 崩 れは4 県 で52 箇 所 発 生 震 度 6 弱 M7.1 地 すべり1 箇 所 がけ 崩 れ7 件 発 生 したが 死 者 はなかった 震 度 6 強 M 件 の 土 砂 災 害 が 発 生 し たが 死 者 はなかった 震 度 7M6.8 芋 河 流 域 において 河 道 閉 塞 発 生 225 件 の 土 砂 災 害 が 発 生 し 死 者 4 名 を 出 した 地 震 による 山 腹 崩 壊 ( 東 灘 区 ) 兵 庫 県 南 部 地 震 による 崩 壊 箇 所 図 19 出 展 : 阪 神 淡 路 大 震 災 六 甲 砂 防 工 事 事 務 所 の 記 録

20 本 川 河 道 へ 多 量 の 土 砂 流 出 による 災 害 被 災 後 (H 撮 影 ) 被 災 前 20

21 土 砂 災 害 から 逃 げるにはどうするか? 21

22 1 自 分 の 家 が 避 難 する 必 要 がある 場 所 であるか を 事 前 に 確 認 土 砂 災 害 ハザードマップ ( 自 分 で 情 報 を 加 えることも 有 効 ) 都 道 府 県 のホームページの 情 報 土 石 流 危 険 渓 流 等 の 看 板 等 2 雨 が 降 ってきたとき 避 難 するタイミングを 知 る 市 町 村 役 場 からの 避 難 勧 告 天 気 予 報 (TV 等 ) 火 山 噴 火 情 報 (TV 等 ) 前 兆 現 象 をとらえて 素 早 く 避 難 テキストで 説 明 22

23 土砂災害ハザードマップ 23

24 土 砂 災 害 の 対 策 24

25 砂 防 施 設 の 効 果 の 事 例 ( 三 重 県 藤 原 町 西 之 貝 戸 川 ) 平 成 14 年 7 月 9 日 からの 台 風 6 号 7 号 および 梅 雨 前 線 による 豪 雨 で 発 生 した 土 石 流 約 51,000m 3 ( 西 之 貝 戸 川 約 25,000m 3 小 滝 川 約 26,000m 3 )を 砂 防 えん 堤 で 捕 捉 する 西 之 貝 戸 川 2 号 砂 防 えん 堤 土 石 流 発 生 前 土 石 流 発 生 後 いなべ にしのがいと 三 重 県 員 弁 郡 藤 原 町 西 之 貝 戸 川 平 成 14 年 7 月 17 日 お 昼 のNHK ニュースで 砂 防 施 設 による 効 果 発 現 について 全 国 報 道 25

26 砂 防 えん 堤 の 効 果 福 井 県 今 立 町 柳 格 子 型 砂 防 えん 堤 により 土 26 石 流 を 捕 捉

27 砂 防 施 設 の 効 果 の 事 例 だいぶがわ ( 福 岡 県 筑 穂 町 大 分 川 ) 平 成 15 年 7 月 19 日 からの 梅 雨 前 線 による 豪 雨 により 遠 賀 川 水 系 大 分 川 ( 福 岡 県 )において 土 石 流 が 発 生 したが 既 設 の 砂 防 えん 堤 にて 土 砂 を 捕 捉 した 大 分 川 1 号 砂 防 えん 堤 大 分 川 2 号 砂 防 えん 堤 砂 防 えん 堤 の 無 い 渓 流 だいぶがわ 大 分 川 1 号 砂 防 えん 堤 への 土 砂 流 入 状 況 かほ ちくほまちだいぶがわ 福 岡 県 嘉 穂 郡 筑 穂 町 大 分 川 梅 雨 前 線 による 土 石 流 が 発 生 し 砂 防 えん 堤 の 無 い 渓 流 では 下 流 で 土 砂 が 氾 濫 堆 積 したが 既 設 の 砂 防 えん 堤 がある 渓 流 では 上 流 からの 土 砂 を 捕 捉 した だいぶがわ 27 大 分 川 2 号 砂 防 えん 堤 への 土 砂 堆 積 状 況

28 こうちけん とさぐん とさちょう 土 石 流 対 策 の 効 果 ( 高 知 県 土 佐 郡 土 佐 町 /イシガ 谷 えん 堤 ) 吉 野 川 流 域 イシガ 谷 えん 堤 平 成 16 年 8 月 17 日 台 風 15 号 の 豪 雨 により 吉 野 川 上 流 域 で 崩 壊 が 発 生 し 土 石 流 となって 流 下 したが 砂 防 えん 堤 が 土 石 流 を 捕 捉 し 下 流 の 人 家 などへの 被 害 を 防 いだ 土 石 流 発 生 前 土 石 流 発 生 後 瀬 戸 川 H16.8 月 20 日 撮 影 豪 雨 により 発 生 した 崩 壊 H3 撮 影 土 石 流 として 流 下 土 石 流 を 捕 捉 イシガ 谷 堰 堤 イシガ 谷 雨 量 観 測 所 で の 雨 量 データ 時 間 雨 量 (mm/hr) 時 間 雨 量 :125mm ( 過 去 5 年 間 で2 番 目 ) 土 石 流 発 生 (18:00) 時 間 雨 量 :131mm ( 過 去 5 年 間 で 最 大 ) 連 続 雨 量 :1,086mm 過 去 5 年 間 で2 番 目 時 間 雨 量 累 加 雨 量 H16.8 月 20 日 撮 影 1, 累 加 雨 量 (mm) 保 全 対 象 人 家 戸 数 3 戸 南 川 会 館 ( 町 指 定 避 難 場 所 ) 南 川 老 人 憩 いの 家 保 全 対 象 人 家 0 1:00 4:00 7:00 10:00 13:00 16:00 19:00 22:00 1:00 4:00 7:00 8 月 17 日 8 月 18 日 8 月 19 日 10:00 13:00 日 雨 量 (8 月 17 日 ):626mm ( 過 去 5 年 間 で 最 大 ) 16:00 19:00 22:00 1:00 4:00 7:00 10:00 13:00 16:00 19:00 22:00 0 イシガ 谷 えん 堤 平 成 3 年 1 月 完 成 H=14.5m 28 貯 砂 量 3,200m 3

29 がけ 崩 れ 対 策 ~ 対 策 工 の 概 要 ~ がけ 崩 れ とは 雨 や 地 震 などの 影 響 により 土 の 抵 抗 力 が 弱 まり 急 激 に 斜 面 が 崩 れ 落 ちる 現 象 斜 面 の 安 定 を 図 る 様 々な 対 策 を 実 施 する がけ 崩 れ 災 害 ( 鹿 児 島 市 昭 和 61 年 ) 住 宅 地 を 保 全 法 枠 工 により 児 童 福 祉 施 設 を 保 全 がけ 崩 れ 対 策 のイメージ 避 難 場 所 の 施 設 を 保 全 29

30 地 すべり 対 策 ~ 対 策 工 の 概 要 ~ 地 すべり とは 斜 面 の 土 塊 が 地 下 水 等 の 影 響 により 地 すべり 面 に 沿 ってゆっくりと 斜 面 下 方 へ 移 動 する 現 象 地 すべり 対 策 抑 制 工 抑 止 工 地 すべりの 誘 因 となる 自 然 的 条 件 ( 地 形 土 質 地 下 水 など)を 低 減 除 去 する 構 造 物 により 地 すべりの 運 動 を 停 止 させ 安 全 度 を 高 めることを 目 的 とする 地 すべり 災 害 ( 長 野 市 昭 和 60 年 ) 地 下 水 を 集 めて 滑 動 の 抑 制 を 図 る 土 塊 の 滑 動 を 抑 制 し 山 麓 に 広 がる 住 宅 地 を 保 全 地 すべり 対 策 のイメージ 集 水 井 を 上 から のぞいた 様 子 30

31 直 轄 地 すべり 対 策 事 業 の 新 規 着 手 いはら ゆい - 静 岡 県 庵 原 郡 由 比 町 由 比 地 区 - 概 要 日 本 の 大 動 脈 ( 東 名 高 速 道 路 国 道 1 号 JR 東 海 道 本 線 及 び 情 報 通 信 網 等 )が 集 中 している 静 岡 県 庵 原 郡 由 比 地 区 において 豪 雨 や 東 海 地 震 等 により 大 規 模 な 地 すべりが 発 生 するおそれがあるこ とに 鑑 み 当 該 地 区 の 地 すべり 対 策 を 促 進 するため 直 轄 地 すべり 対 策 事 業 に 新 規 着 手 する 至 東 京 新 規 直 轄 地 すべり 対 策 事 業 要 求 箇 所 ( 由 比 地 区 ) JR 東 海 道 本 線 運 行 量 上 下 線 合 計 約 150 本 / 日 道 路 が 変 形 している 想 定 震 度 東 名 高 速 道 路 平 均 交 通 量 約 64,000 台 / 日 至 静 岡 国 道 1 号 平 均 交 通 量 約 67,000 台 / 日 31

32 河 道 閉 塞 対 応 状 況 ( 東 竹 沢 地 区 ) H 現 在 芋 川 EL=155.2m (12 月 4 日 15 時 ) 水 位 計 新 宇 賀 地 橋 P 傾 斜 計 伸 縮 計 監 視 カメラ P 緊 急 排 水 路 仮 排 水 路 仮 設 排 水 管 緊 急 排 水 口 状 況 移 設 水 面 上 に 出 た 新 宇 賀 地 橋 監 視 カメラ 梶 金 橋 EL=150.61m (12 月 14 日 15 時 ) 12 月 14 日 撮 影 ワイヤーセンサー 32 平 成 16 年 12 月 4 日 撮 影

33 終 わり 33

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3-1 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 火 山 防 災 対 策 の 推 進 に 係 る 検 討 会 1 第 3 回 検 討 会 における 委 員 意 見 への 対 応 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 に 対 するご 意 見 委 員 からの 主 なご 意 見 今 後 日 本 各 地 で 火 山 活 動 が 活 発 化

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

(2) 第 804 号 防 災 平 成 28 年 6 月 1 日 平 成 28 年 度 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 を 開 催 公 益 社 団 法 人 全 国 防 災 協 会 会 場 : 東 京 都 千 代 田 区 科 学 技 術 館 (サイエンスホール) 今 年 度 の 災 害 復 旧 実

(2) 第 804 号 防 災 平 成 28 年 6 月 1 日 平 成 28 年 度 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 を 開 催 公 益 社 団 法 人 全 国 防 災 協 会 会 場 : 東 京 都 千 代 田 区 科 学 技 術 館 (サイエンスホール) 今 年 度 の 災 害 復 旧 実 平 成 28 年 6 月 1 日 防 災 第 804 号 1 毎月1回1日発行 発行 公益社団法人 全国防災協会 103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 2-8 新小伝馬町ビル 6 F 電話 03 6661 9730 FAX 03 6661 9733 発行責任者 水落雅彦 印刷所 株 白 橋 平成28年熊本地震対応 阿蘇大橋地区復旧技術検討会 第 1 回 を開催しました 平成28年 5 月20日九州地方整備局

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

現 地 調 査 では 火 口 周 辺 の 地 形 や 噴 気 等 の 状 況 に 変 化 は 見 られませんでした また 赤 外 熱 映 像 装 置 5) による 観 測 では 2015 年 3 月 頃 から5 月 29 日 の 噴 火 前 に 温 度 上 昇 が 認 められていた 新 岳 火 口

現 地 調 査 では 火 口 周 辺 の 地 形 や 噴 気 等 の 状 況 に 変 化 は 見 られませんでした また 赤 外 熱 映 像 装 置 5) による 観 測 では 2015 年 3 月 頃 から5 月 29 日 の 噴 火 前 に 温 度 上 昇 が 認 められていた 新 岳 火 口 の 火 山 活 動 解 説 資 料 福 岡 管 区 気 象 台 地 域 火 山 監 視 警 報 センター 鹿 児 島 地 方 気 象 台 < 噴 火 警 戒 レベル5( 避 難 )を3( 入 山 規 制 )に 引 下 げました> では 2015 年 6 月 19 日 のごく 小 規 模 な 噴 火 後 噴 火 は 発 生 していません 火 映 1) は 観 測 されておらず 新 岳 火 口 の 西

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1- 参 考 5 津 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 24 年 度 修 正 案 津 市 防 災 会 議 津 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 被 害 想 定... 1 2 災 害 の 記 録... 14 3 過 去 の 主 な 地 震 災 害... 22 4 津 市 で 震 度 4 以 上 あった 主 な 地 震... 27 5 避 難 所 指 定 一 覧...

More information

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 (

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 ( 熊 本 県 南 阿 蘇 村 に 伝 わる 江 戸 時 代 中 期 の 土 砂 災 害 の 伝 承 と 自 治 会 による 防 災 活 動 への 利 用 徳 島 大 学 環 境 防 災 研 究 センター 西 山 賢 一 徳 島 県 立 博 物 館 中 尾 賢 一 防 災 科 学 技 術 研 究 所 若 月 強 はじめに 熊 本 県 阿 蘇 地 方 は,2012 年 7 月 11~12 日 にかけて,

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

地域防災計画 資料編2016.indd

地域防災計画 資料編2016.indd 薩 摩 川 内 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 第 1 部 総 則 第 2 部 災 害 予 防 計 画 - 01 - 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 部 特 殊 災 害 対 策 計 画 - 02 - 1.4.1 薩 摩 川 内 市 域 における 年 間 降 水 量 -- 1 -- 1.4.2 災 害 の 記 録 発 生 日 時 川 内 地 域 川 位 等 速 額

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

彦根市地域防災計画案

彦根市地域防災計画案 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 章 の 体 系 第 1 編 総 則 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 地 域 防 災 計 画 第 2 編 一 般 対 策 編 第 3 編 震 災 対 策 編 第 2 部 災 害 予 防 第 3 部 災 害

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単 < 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 単 位 認 定 制 度 について> 文 部 科 学 省 による 技 能 審 査 で 得 た 資 格 や 点 数 を 取 得 単 位 として 認 定 する 際 のガイドライン の 通 知 にしたがって 検 定 取 得 者 を 単 位 認 定 する 学 校 が 増 加 傾 向 にあります 現 在 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 において

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

参 考 資 料 2 防 災 基 本 計 画 添 付 資 料 平 成 26 年 1 月 中 央 防 災 会 議 目 次 1. 国 土 の 現 況 及 び 気 象 の 概 況 1 (1) 基 本 的 な 気 象 データ 1 (2) 主 要 活 断 層 帯 の 分 布 4 (3) 海 岸 延 長 距 離 13 (4) 風 水 害 14 (5) 火 山 の 分 布 18 (6) 豪 雪 地 帯 特 別 豪

More information

気象庁技術報告第134号表紙#.indd

気象庁技術報告第134号表紙#.indd 第 4 章 関 係 省 庁 合 同 調 査 と 防 災 気 象 情 報 の 課 題 * 4.1 合 同 調 査 の 概 要 23 7 23 12 15 23 7 12 4 15 4 100 * 4.2 新 潟 福 島 豪 雨 に 関 する 調 査 23 7 27 30 16 7 4 2 16 7 16 4.2.1 23 7 27 30 23 7 23 7 23 16 4.2.1 23 7 16 7

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

熊本県地域防災計画

熊本県地域防災計画 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 災 害 対 策 編 ) 平 成 27 年 度 修 正 熊 本 県 防 災 会 議 沿 革 平 成 9 年 6 月 3 日 作 成 平 成 14 年 5 月 16 日 修 正 平 成 19 年 5 月 23 日 修 正 平 成 10 年 5 月 19 日 修 正 平 成 15 年 5 月 19 日 修 正 平 成 20 年 5 月 27 日 修 正 平

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093878DAA8CA782CC93798DBB8DD08A5191CE8DF4205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093878DAA8CA782CC93798DBB8DD08A5191CE8DF4205B8CDD8AB78382815B83685D> 震 源 の 深 さ(m) 15 18 21 16 23 4 6 22 11 10 内 容 島 根 県 の 土 砂 災 害 対 策 2011 年 度 島 根 大 学 山 陰 防 災 フォーラム 2011 年 4 月 9 日 島 根 県 土 木 部 砂 防 課 大 賀 隆 宏 土 砂 災 害 の 現 状 土 砂 災 害 対 策 の 課 題 と 方 針 土 砂 災 害 対 策 (ソフト 対 策 )の 取

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477>

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477> 恵 庭 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 恵 庭 市 目 1 計 画 の 前 提 1-1 計 画 の 背 景 ---------------------------------------------------- 1 1-2 計 画 の 目 的 ---------------------------------------------------- 2 1-3 計 画

More information

三 条 市 地 域 防 災 計 画 目 次

三 条 市 地 域 防 災 計 画    目    次 三 条 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 対 策 編 の 概 要 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 等 この 計 画 は 自 然 災 害 等 に 対 処 するため 市 及 び 防 災 機 関 がその 有 する 機 能 を 有 効 に 発 揮 し て 災 害 予 防 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 を 実 施 し 市 民 の 生 命 等 を 保 護 することを

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

防災計画(基本編)

防災計画(基本編) 安 芸 高 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 基 本 編 ) 平 成 28 年 7 月 安 芸 高 田 市 防 災 会 議 基 本 編 目 次 ~ 目 次 ~ 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------- 1 第 1 節 防 災 計 画 作 成 の 目 的 --------------------------------------------------

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦 都 道 府 県 北 海 道 (19) 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 (8) 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 市 立 函 館 病 院 社 会 福 祉 法 人 函 館 厚 生 連 函 館 五 稜 郭 病 院 市 立 札 幌 病 院 JA 北 海 道 厚 生 連 札 幌 厚 生 病 院 社 会 医 療 法 人 恵 佑 会 札 幌 病 院 KKR 札

More information

5 市 本 部 名 護 市 災 害 対 策 本 部 をいう 6 市 現 地 本 部 名 護 市 現 地 災 害 対 策 本 部 をいう 7 市 水 防 本 部 名 護 市 水 防 対 策 本 部 をいう 8 県 本 部 沖 縄 県 災 害 対 策 本 部 をいう 9 県 地 方 本 部 沖 縄 県

5 市 本 部 名 護 市 災 害 対 策 本 部 をいう 6 市 現 地 本 部 名 護 市 現 地 災 害 対 策 本 部 をいう 7 市 水 防 本 部 名 護 市 水 防 対 策 本 部 をいう 8 県 本 部 沖 縄 県 災 害 対 策 本 部 をいう 9 県 地 方 本 部 沖 縄 県 第 1 章 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 目 的 災 害 は 一 瞬 にして 市 民 の 生 活 を 破 壊 し 多 大 な 損 害 をもたらす 名 護 市 は 市 民 の 生 命 身 体 財 産 を 守 り 災 害 に 強 く 安 心 して 住 めるまちをつくるため 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 を 名 護 市 地 域 防 災 計 画 に 定 める 第 1 節 目 的

More information

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73>

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73> 岐 阜 県 付 儀 郡 板 取 川 浦 水 力 発 電 所 1 2 1997 年 8 月 1999 年 5 月 村 神 奈 川 県 川 崎 市 発 電 所 取 り 付 けトンネル 工 事 エステ シティ ツインタワー 川 崎 新 築 工 事 300m3/Hr 10m3/Hr 放 流 基 準 不 明 放 流 基 準 不 明 砕 石 の 洗 浄 水 のSS 除 去 原 水 3 2000 年 2 月 福

More information

富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20947A957A8E9197BF5F94AD955C8E9197BF5F955C8E8696DA8E9F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20947A957A8E9197BF5F94AD955C8E9197BF5F955C8E8696DA8E9F2E646F6378> 講 演 大 規 模 斜 面 崩 壊 火 山 噴 火 による 土 砂 災 害 と 対 応 大 規 模 斜 面 崩 壊 火 山 噴 火 による 土 砂 災 害 と 対 応 独 立 行 政 法 人 土 木 研 究 所 土 砂 管 理 研 究 グループ 小 山 内 信 智 (Supported by Sabo division/nilim) 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

1-5-1

1-5-1 1-5-1 過 去 における 主 な 災 害 一 覧 ( 地 震 火 山 を 除 く) 年 月 日 1662.7.28 寛 文 2.6.3 ( 地 暴 風 雨 大 風 雨 稲 荷 川 洪 水 のため 沿 岸 の 人 家 300 戸 流 失 660 人 死 亡 ( 栃 木 風 土 記 ) 1667.7 寛 文 7.6 1700.9.30 元 禄 13.8.18 1723.9.9 享 保 8.8.10

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 25 年 度 水 巻 町 水 防 計 画 書 水 巻 町 水 防 協 議 会 文 書 分 類 コード A0 03 -- 04 目 次 第 1 章 総 則 1 第 2 章 町 における 水 防 組 織 並 びに 水 防 事 務 1 第 1 節 組 織 並 びに 事 務 分 掌 1~6 第 3 章 水 防 に 関 する 連 絡 及 び 水 位 雨 量 の 通 報 要 領 7 第 1 節 通 信

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 に 対 する 基 本 的 な 考 え 方 9 第 3 章 地 震 津 波 の 特 性 第 1 節 本

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模

目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模 遠 賀 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 6 月 遠 賀 町 目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 想

More information

第 2 編 災 害 予 防 計 画 2-1 気 象 等 観 測 予 報 計 画 第 2 編 災 害 予 防 計 画 第 1 章 気 象 等 観 測 予 報 計 画 ( 各 機 関 ) 第 1 節 計 画 の 方 針 気 象 等 の 観 測 及 び 予 想 した 状 況 を 迅 速 かつ 的 確 に 伝 達 するため 関 係 機 関 の 一 体 的 活 動 による 通 信 の 確 保 伝 達 組 織

More information

スライド 1

スライド 1 リモートセンシングを 活 用 した 国 土 地 理 院 の 防 災 への 取 り 組 み 国 土 防 災 リモートセンシング 研 究 会 ワークショップ2014 2014 年 11 月 27 日 国 土 地 理 院 地 理 地 殻 活 動 研 究 センター 地 理 情 報 解 析 研 究 室 長 中 島 秀 敏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport

More information

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 ( ) 平 成 27 年 3 月 豊 後 高 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 第 2 章 豊 後 高 田 市

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

神 戸 開 港 と 都 市 化 1867 年 : 神 戸 港 が 開 港 居 留 地 が 置 かれる 当 時 の 人 口 は2 万 数 千 人 1889 年 : 人 口 は13 万 4 千 人 (22 年 間 で6 倍 ) 飲 料 水 は 扇 状 地 伏 流 水 の 井 戸 水 であったが 生 活

神 戸 開 港 と 都 市 化 1867 年 : 神 戸 港 が 開 港 居 留 地 が 置 かれる 当 時 の 人 口 は2 万 数 千 人 1889 年 : 人 口 は13 万 4 千 人 (22 年 間 で6 倍 ) 飲 料 水 は 扇 状 地 伏 流 水 の 井 戸 水 であったが 生 活 西 宮 市 平 成 26 年 度 環 境 まちづくりフォーラム 2015.2.21 六 甲 山 とは ~ 環 境 と 防 災 の 切 っても 切 れない 関 係 ~ 六 甲 山 の 成 り 立 ちと 土 砂 災 害 の 危 険 性 について 規 模 : 北 東 ~ 南 西 約 30km 北 西 ~ 南 東 約 7km 歴 史 : 今 から150~200 万 年 前 から 隆 起 活 動 多 くの 断

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323631303888EA959489FC92F993FA93EC8E73926E88E696688DD08C7689E6967B95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323631303888EA959489FC92F993FA93EC8E73926E88E696688DD08C7689E6967B95D22E646F63> 日 南 市 地 域 防 災 計 画 平 成 2 6 年 6 月 日 南 市 防 災 会 議 日 南 市 地 域 防 災 計 画 第 1 編 総 論 第 1 章 総 則... 総 -1 第 1 節 計 画 の 目 的... 総 -1 第 2 節 計 画 の 基 本 方 針... 総 -1 第 3 節 計 画 の 構 成... 総 -2 第 4 節 用 語 の 定 義... 総 -2 第 2 章 防

More information

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378>

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378> 柱 状 体 圧 入 補 強 協 会 施 工 実 績 表 Kui Taishin - SSP 工 法 PCウェル - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ( 曲 げ 補 強 仕 様 ) 平 成 7 年 月 Kui Taishin-SSP 工 法 道 路 橋 耐 震 補 強 5 上 今 泉 跨 道 橋 外 耐 震 補 強 工 事 7, 袋 井 大 須 賀 線 ( 馬 伏

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

- 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料

- 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料 水 巻 町 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 水 巻 町 防 災 会 議 - 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料 編 - 町

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

総 則 編

総 則 編 資 料 11 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 2 水 害 3 台 風 暴 風 4 地 震 津 波 5 その 他 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 明 治 30 年 2 月 1 日 昭 和 9 年 8 月 30 日 昭 和 9 年 10 月 7 日 昭 和 16 年 4 月 15 日 昭 和 19 年 3 月 30 日 昭 和 21 年 7 月 4 日 昭 和 23 年 12 月 21

More information

4 消 防 名 称 所 在 地 電 話 番 号 峡 南 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 市 川 三 郷 町 下 大 鳥 居 27 055 272 1919 中 部 消 防 署 身 延 町 下 山 端 淵 231 52 0556 62 5119 中 部 消 防 署 下 部 分 駐 所 身 延

4 消 防 名 称 所 在 地 電 話 番 号 峡 南 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 市 川 三 郷 町 下 大 鳥 居 27 055 272 1919 中 部 消 防 署 身 延 町 下 山 端 淵 231 52 0556 62 5119 中 部 消 防 署 下 部 分 駐 所 身 延 防 災 関 係 組 織 等 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 1 町 名 称 所 在 地 電 話 番 号 身 延 町 役 場 ( 本 庁 舎 ) 身 延 町 切 石 350 0556 42 2111 下 部 支 所 身 延 町 常 葉 1093 0556 36 0011 身 延 支 所 身 延 町 梅 平 2483 36 0556 62 1111 久 那 土 出 張 所 身 延 町 三 沢

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information