Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc"

Transcription

1 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 3 月 東 北 地 方 整 備 局 福 島 河 川 国 道 事 務 所

2

3 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) ~ 目 次 ~ 1. 河 川 の 概 要 流 域 の 概 要 流 域 の 自 然 特 性 および 社 会 特 性 地 形 地 質 気 候 流 況 人 口 と 産 業 河 道 特 性 被 災 履 歴 河 道 特 性 河 川 堤 防 築 造 の 変 遷 阿 武 隈 川 の 洪 水 流 出 特 性 洪 水 による 被 害 渇 水 による 被 害 河 道 内 樹 木 の 状 況 土 砂 移 動 特 性 等 の 状 況 河 川 環 境 の 状 況 河 川 の 自 然 環 境 河 川 の 空 間 環 境 河 川 の 維 持 管 理 上 留 意 すべき 河 道 特 性 等 河 川 の 維 持 管 理 上 留 意 すべき 河 道 の 特 性 狭 窄 部 と 盆 地 部 が 交 互 に 存 在 支 川 合 流 部 狭 窄 部 上 流 部 の 堆 砂 交 互 砂 州 の 発 達 に 伴 う 低 水 路 局 所 洗 掘 樹 木 群 による 流 下 阻 害 侵 食 破 堤 の 危 険 性 が 高 い 支 川 荒 川 河 川 の 区 間 区 分 (ランク 分 け) 維 持 管 理 目 標 の 設 定 河 川 の 状 態 把 握 河 道 の 状 態 把 握 護 岸 等 ( 高 水 護 岸 低 水 護 岸 根 固 め 水 制 等 )の 点 検 異 常 洗 掘 調 査 土 砂 堆 積 調 査 中 州 砂 州 の 発 生 箇 所 移 動 状 況 の 継 続 調 査 河 川 空 間 の 状 態 把 握 河 川 巡 視 点 検 ( 不 法 占 用 不 法 工 作 物 不 法 盛 土 不 法 掘 削 廃 棄 物 投 棄 の 監 視 )29

4 河 川 利 用 者 の 安 全 確 保 点 検 ( 護 岸 坂 路 散 策 路 手 すり 天 端 道 路 等 ) 水 面 利 用 の 監 視 河 川 空 間 利 用 実 態 調 査 調 査 観 測 等 のデータ 蓄 積 河 道 特 性 情 報 集 の 更 新 市 町 村 や 市 民 団 体 等 との 連 携 協 働 市 町 村 等 との 連 携 調 整 NPO 市 民 団 体 等 との 連 携 協 働 意 見 交 換 会 等 の 開 催 効 果 的 効 率 的 な 河 川 維 持 管 理 を 実 施 するための 課 題 調 査 及 び 巡 視 の 重 点 箇 所 実 施 頻 度 等 の 設 定 維 持 管 理 対 策 実 施 基 準 の 設 定 監 視 調 査 結 果 のデータベース 化 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 の 更 新... 34

5 はじめに 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 について 近 年 わが 国 においては これまでに 経 験 したことのない 規 模 の 集 中 豪 雨 や 大 型 台 風 の 来 襲 による 水 害 大 規 模 な 自 然 災 害 が 相 次 いでいる 一 方 で 限 られた 人 員 体 制 で 国 民 生 活 の 安 心 安 全 を 確 保 するための 河 川 維 持 管 理 を 行 っていかなければならない 状 況 であり 効 果 的 か つ 効 率 的 な 維 持 管 理 を 実 施 することが 緊 急 の 課 題 となっている 特 に 阿 武 隈 川 は 東 北 地 方 一 級 水 系 の 中 でも 出 水 頻 度 が 高 く 近 年 においても 昭 和 61 年 平 成 10 年 平 成 14 年 に 大 規 模 な 洪 水 が 発 生 している また 平 成 10 年 8 月 洪 水 を 契 機 に 着 工 し た 平 成 の 大 改 修 によって 河 川 管 理 施 設 が 増 大 していることや 老 朽 化 施 設 も 増 大 していること から 河 川 維 持 管 理 が 果 たすべき 役 割 は 大 きい こうした 背 景 を 踏 まえ 阿 武 隈 川 上 流 では 地 域 の 安 全 安 心 快 適 な 河 川 空 間 の 維 持 を 目 的 とし 戦 略 的 な 河 川 維 持 管 理 を 展 開 していく 必 要 がある 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 は 阿 武 隈 川 水 系 の 福 島 河 川 国 道 事 務 所 直 轄 管 理 区 間 を 対 象 とし 河 川 維 持 管 理 の 方 針 や 具 体 的 な 実 施 項 目 を 総 括 的 に 示 したものである なお 本 計 画 は 河 川 の 状 態 把 握 の 結 果 を 反 映 し 5 年 に 一 度 を 目 安 に 更 新 していくことと する 使 用 されている 基 準 書 類 計 画 について 本 計 画 の 中 で 引 用 されている 基 準 書 類 計 画 は 以 下 のとおりである これらに 記 載 されている 具 体 的 内 容 は 割 愛 し 本 文 中 には 記 載 していないため 必 要 の 際 には 各 基 準 書 類 を 参 照 すること 水 文 観 測 業 務 規 定 河 川 巡 視 マニュアル( 案 ) 平 成 16 年 4 月 東 北 地 方 整 備 局 河 川 巡 視 規 定 ( 案 ) 河 川 堤 防 モニタリング 技 術 ガイドライン( 案 ) 同 解 説 平 成 16 年 3 月 目 視 点 検 によるモニタリングに 関 する 技 術 資 料 平 成 17 年 3 月 河 川 砂 防 技 術 基 準 ( 案 ) 河 川 砂 防 技 術 基 準 維 持 管 理 編 ( 河 川 編 ) 平 成 23 年 5 月 阿 武 隈 川 上 流 樹 木 管 理 計 画 ( 案 ) 平 成 19 年 3 月 阿 武 隈 川 水 系 河 川 水 辺 の 国 勢 調 査 全 体 調 査 計 画 書 平 成 18 年 1 月 阿 武 隈 川 水 系 河 川 空 間 環 境 管 理 計 画 平 成 元 年 3 月 荒 川 樹 林 帯 の 維 持 管 理 計 画 浜 尾 遊 水 地 操 作 規 則 ( 案 )

6 語 句 の 定 義 について 本 計 画 の 中 で 使 用 されている 語 句 の 定 義 は 以 下 のとおりである 洪 水 河 川 水 位 がはん 濫 注 意 水 位 を 上 回 る 程 度 の 規 模 大 規 模 洪 水 避 難 判 断 水 位 を 上 回 る 洪 水 ( 福 島 観 測 所 で 避 難 判 断 水 位 を 上 回 る 洪 水 の 規 模 は 福 島 基 準 地 点 で 概 ね 30 年 に 1 回 の 洪 水 ) 洪 水 期 前 4 月 ~5 月 とする 洪 水 時 水 防 団 待 機 水 位 を 超 え はん 濫 注 意 水 位 を 上 回 り 水 防 団 待 機 水 位 程 度 に 水 位 が 下 がるまでの 期 間 とする 洪 水 後 洪 水 が 発 生 し 水 防 団 待 機 水 位 程 度 まで 水 位 が 下 がった 直 後 洪 水 規 模 の 目 安 となる 基 準 水 位 について 管 理 区 間 内 の 水 位 観 測 所 で 設 定 されている 基 準 水 位 は 以 下 のとおりである 河 川 名 観 測 所 名 水 防 団 待 機 水 位 はん 濫 注 意 水 位 避 難 判 断 水 位 はん 濫 危 険 水 位 計 画 高 水 位 伏 黒 福 島 阿 武 隈 川 二 本 松 本 宮 阿 久 津 須 賀 川 荒 川 八 木 田 上 名 倉 摺 上 川 瀬 ノ 上 広 瀬 川 大 関 松 川 清 水 釈 迦 堂 川 西 川 黒 字 : 大 臣 管 理 区 間 青 字 : 県 管 理 区 間

7 1. 河 川 の 概 要 1-1. 流 域 の 概 要 阿 武 隈 川 は その 源 を 福 島 県 西 白 河 郡 西 郷 村 大 字 鶴 生 の 旭 岳 ( 標 高 1,835m)に 発 し 大 滝 根 川 荒 川 摺 上 川 等 の 支 川 を 合 わせて 福 島 県 中 通 り 地 方 を 北 流 し 阿 武 隈 渓 谷 の 狭 窄 部 を 経 て 宮 城 県 に 入 り さらに 白 石 川 等 の 支 川 を 合 わせて 太 平 洋 に 注 ぐ 幹 川 流 路 延 長 239km 流 域 面 積 5,400km 2 の 一 級 河 川 である その 流 域 は 福 島 宮 城 山 形 の3 県 にまたがり 福 島 県 主 要 都 市 である 郡 山 市 や 福 島 市 宮 城 県 南 部 の 岩 沼 市 等 の 都 市 が 上 流 から 下 流 まで 縦 断 的 に 存 在 する 阿 武 隈 川 流 域 はこれらの 地 域 における 社 会 経 済 文 化 の 基 盤 を 成 すとともに 自 然 環 境 河 川 景 観 に 優 れていることから 本 水 系 の 治 水 利 水 環 境 についての 意 義 は きわめて 大 きい 凡 例 基 準 地 点 主 要 な 地 点 県 境 流 域 界 大 臣 管 理 区 間 宮 城 県 名 取 市 岩 沼 市 岩 沼 ( 治 水 ) 阿 武 隈 川 青 森 県 山 形 県 栗 子 山 摺 上 川 ダム 白 石 市 七 ヶ 宿 ダム 白 石 川 角 田 市 舘 矢 間 ( 利 水 ) 丸 森 太 平 洋 秋 田 県 岩 手 県 福 東 吾 妻 山 島 県 安 達 太 良 山 伏 黒 米 沢 市 福 島 市 伊 達 市 福 島 ( 治 水 ) 荒 川 摺 上 川 松 川 二 本 松 市 広 瀬 川 霊 山 山 形 県 新 潟 県 福 島 県 宮 城 県 阿 武 隈 川 流 域 本 宮 市 本 宮 日 山 栃 木 県 群 馬 県 茨 城 県 猪 苗 代 湖 郡 山 市 阿 久 津 三 春 ダム 田 村 市 大 滝 根 山 項 目 流 路 延 長 諸 元 239km 備 考 全 国 第 6 位 笹 原 川 流 域 面 積 5,400km 2 全 国 第 11 位 旭 岳 三 本 槍 岳 白 河 市 釈 迦 堂 川 須 賀 川 須 賀 川 市 流 域 内 諸 元 市 町 村 福 島 県 8 市 10 町 8 村 宮 城 県 4 市 8 町 山 形 県 1 市 合 計 13 市 18 町 8 村 約 135 万 人 流 域 内 市 町 村 人 口 平 成 24 年 3 月 時 点 平 成 22 年 度 国 勢 調 査 速 報 値 図 1-1 阿 武 隈 川 流 域 図 福 島 河 川 国 道 事 務 所 管 理 区 間 は 阿 武 隈 川 本 川 の 他 以 下 の 6 支 川 が 管 理 区 間 となっており 本 計 画 の 対 象 はこれらの 支 川 を 含 めたものとなっている 河 川 名 阿 武 隈 川 上 流 釈 迦 堂 川 笹 原 川 荒 川 松 川 摺 上 川 広 瀬 川 合 計 表 1-1 福 島 河 川 国 道 事 務 所 の 管 理 区 間 および 延 長 区 間 上 流 端 下 流 端 須 賀 川 市 大 字 前 田 川 字 深 田 22 番 の1 地 先 の 国 道 橋 左 宮 城 県 伊 具 郡 丸 森 町 耕 野 字 岩 92 番 の1 地 先 右 福 島 県 伊 達 郡 梁 川 町 大 字 舟 生 字 明 神 前 5 番 の2 地 先 須 賀 川 市 大 字 西 川 字 牛 袋 171 番 の1 地 先 の 国 道 橋 阿 武 隈 川 への 合 流 点 左 郡 山 市 安 積 町 荒 井 字 道 場 67 番 の4 地 先 右 同 市 安 積 町 笹 川 字 広 町 28 番 の1 地 先 左 福 島 市 佐 原 字 山 神 前 3 番 の1 地 先 右 同 市 荒 井 字 地 蔵 原 61 番 地 先 阿 武 隈 川 への 合 流 点 阿 武 隈 川 への 合 流 点 福 島 市 本 内 字 松 川 畑 2 番 の4 地 先 の 国 道 橋 阿 武 隈 川 への 合 流 点 福 島 県 伊 達 郡 伊 達 町 字 諏 訪 前 1 番 地 先 の 道 路 橋 阿 武 隈 川 への 合 流 点 左 福 島 県 伊 達 郡 梁 川 町 字 上 川 原 16 番 の1 地 先 右 同 町 字 鶴 ヶ 岡 16 番 の1 地 先 延 長 (km) 阿 武 隈 川 への 合 流 点

8 1-2. 流 域 の 自 然 特 性 および 社 会 特 性 地 形 南 北 に 走 る 阿 武 隈 山 地 と 奥 羽 山 脈 との 間 を 流 れる 阿 武 隈 川 その 流 域 の 形 状 は 南 北 に 長 い 羽 根 状 をなしており 各 支 川 が 東 西 から 櫛 状 に 本 川 に 合 流 する 流 域 の 西 側 奧 羽 山 脈 には 旭 岳 安 達 太 良 山 東 吾 妻 山 などいずれも 標 高 1,000m 以 上 の 峰 々 が 連 なり 北 は 名 取 川 流 域 南 は 久 慈 川 流 域 西 は 最 上 川 流 域 阿 賀 野 川 流 域 に 接 している 一 方 阿 武 隈 川 の 東 側 は 標 高 800m 級 の 山 が 連 なる 阿 武 隈 山 地 で 太 平 洋 に 注 ぐ 中 小 河 川 と 流 域 を 異 にしている 中 央 を 北 流 する 阿 武 隈 川 本 川 の 縦 断 勾 配 は 白 河 郡 山 福 島 角 田 などの 盆 地 付 近 では 緩 やかで 盆 地 と 盆 地 の 間 では 山 が 迫 って 峡 谷 をなし 急 勾 配 となっている 急 峻 な 地 形 を 呈 している 奥 羽 山 脈 と それとは 対 照 的 に 緩 慢 な 地 形 となっている 阿 武 隈 山 地 その 間 を 流 れる 阿 武 隈 川 は 奥 羽 山 脈 からの 流 出 土 砂 のため 東 側 の 阿 武 隈 山 地 に 偏 った 流 れとな っている 途 中 郡 山 本 宮 間 狭 窄 部 二 本 松 福 島 間 狭 窄 部 阿 武 隈 峡 および 福 島 県 と 宮 城 県 との 県 境 付 近 の 狭 窄 部 阿 武 隈 渓 谷 を 貫 流 している 岩 沼 市 名 取 市 白 石 市 角 田 市 七 ヶ 宿 ダム 栗 子 山 摺 上 川 ダム 0m~ 20m~ 50m~ 200m~ 400m~ 600m~ 800m~ 1000m~ 1500m~ 2000m~ 奥 羽 山 脈 米 沢 市 東 吾 妻 山 安 達 太 良 山 本 宮 市 福 島 市 二 本 松 市 伊 達 市 霊 山 日 山 阿 武 阿 武 隈 渓 谷 隈 郡 山 市 三 春 ダム 田 村 市 大 滝 根 山 山 地 阿 武 隈 峡 須 賀 川 市 凡 例 基 準 地 点 流 域 界 大 臣 管 理 区 間 (ダム 区 間 除 く) 旭 岳 三 本 槍 岳 白 河 市 図 1-2 阿 武 隈 川 流 域 地 形 概 要 図 2

9 地 質 阿 武 隈 山 地 側 に 沿 うように 流 れる 本 川 の 東 側 は 地 形 が 比 較 的 穏 やかで 花 崗 岩 質 の 阿 武 隈 山 地 丘 陵 からなり 比 較 的 緩 勾 配 の 諸 支 川 が 本 川 に 合 流 している 西 側 には 那 須 火 山 帯 に 属 する 奥 羽 山 脈 が 南 北 に 走 り 急 峻 な 地 形 で 火 山 噴 出 物 からな るため 気 象 の 影 響 を 受 けて 多 くの 支 川 が 櫛 状 に 急 峻 な 地 形 を 開 折 し 多 量 の 土 砂 を 流 出 して 山 麓 地 帯 に 扇 状 地 を 形 成 し 洪 積 層 沖 積 層 が 発 達 し ている 流 域 の 地 質 状 態 は 阿 武 隈 山 地 側 はほぼ 全 域 に わたり 花 崗 岩 類 が 占 めており 比 較 的 単 純 ではあ るが 奧 羽 山 脈 側 及 び 最 上 流 部 は 安 山 岩 類 中 新 第 3 期 上 部 層 中 部 層 下 部 層 流 紋 岩 花 崗 岩 新 期 火 山 岩 などが 入 乱 れている 複 雑 な 地 質 状 態 を 示 している 図 1-3 阿 武 隈 川 流 域 地 質 図 気 候 阿 武 隈 川 流 域 の 気 候 は 全 般 的 には 温 暖 な 太 平 洋 型 気 候 となっているが 阿 武 隈 川 西 部 の 奥 羽 山 脈 側 の 気 候 は 日 本 海 型 気 候 の 影 響 もあって 冬 期 間 は 降 雪 の 多 い 豪 雪 地 帯 である 阿 武 隈 川 流 域 の 年 平 均 気 温 は 最 も 北 に 位 置 する 河 口 部 や 盆 地 部 である 福 島 郡 山 市 付 近 で 12 となり 最 も 南 に 位 置 する 白 河 市 付 近 で 約 10 となる 一 般 的 には 北 方 の 気 温 が 低 くなる が 阿 武 隈 川 流 域 は 盆 地 部 を 除 いて 南 方 の 気 温 が 低 くなることが 大 きな 特 徴 である 流 域 の 年 平 均 降 水 量 は 奧 羽 山 脈 側 では 1,500mm 程 度 であるが 山 岳 部 の 蔵 王 および 吾 妻 山 系 では 2,700mm に 達 することもあり 平 成 10 年 8 月 末 豪 雨 においては 約 6 日 間 で 1,200mm を 超 える 雨 も 記 録 している 福 島 県 中 通 りから 阿 武 隈 山 地 ではおおよそ 1,200mm 程 度 宮 城 県 南 部 の 平 野 部 では 約 1,100mm 程 度 であり 東 北 地 方 においては 少 ない 方 となっている 図 1-4 阿 武 隈 川 流 域 年 平 均 降 水 量 平 均 気 温 (1971 年 ~2000 年 ) 3

10 流 況 阿 武 隈 川 の 主 な 地 点 における 流 況 は 下 記 に 示 すとおりである 3 月 から 5 月 にかけての 融 雪 期 は 山 々からの 雪 解 け 水 が 流 れ 込 み 流 量 が 豊 富 な 期 間 とな る 4 月 下 旬 から 融 雪 量 が 減 少 し 流 量 が 5 月 に 少 なくなる 傾 向 があるが 毎 年 6 月 頃 から 梅 雨 になり さらに 7 月 から 9 月 にかけて 台 風 や 前 線 による 降 雨 が 発 生 するため 10 月 中 旬 まで は 流 量 が 豊 富 な 期 間 となる 表 1-2 主 要 観 測 所 地 点 の 平 均 流 量 (S38~H21,47 ヵ 年 ) 観 測 所 名 集 水 面 積 豊 水 流 量 平 水 流 量 低 水 流 量 渇 水 流 量 観 測 期 間 (km2) (m3/s) (m3/s) (m3/s) (m3/s) 舘 矢 間 4, S38~H16 福 島 3, S38~H21 阿 久 津 1, S38~H 館 矢 間 福 島 阿 久 津 流 量 (m 3 /s) 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 図 1-5 主 要 観 測 所 地 点 の 月 別 平 均 流 量 (S38~H21,47 ヵ 年 ) 4

11 人 口 と 産 業 阿 武 隈 川 流 域 の 福 島 県 内 の 人 口 は 約 114 万 人 (56%) 宮 城 県 内 の 人 口 は 約 22 万 人 (9%) 合 計 約 136 万 人 であり 特 に 福 島 県 における 阿 武 隈 川 の 位 置 づけは 大 きいことがうかがえる 流 域 内 の 人 口 は 経 済 成 長 が 著 しかった 昭 和 40 年 代 から 平 成 12 年 まで 増 加 を 続 けていたが 近 年 は 若 干 の 減 少 傾 向 となっている 福 島 県 総 人 口 約 203 万 人 福 島 県 総 世 帯 約 72 万 世 帯 阿 武 隈 川 流 域 内 約 114 万 人 (56%) 阿 武 隈 川 流 域 内 約 41 万 世 帯 (56%) 図 1 6 県 総 人 口 に 対 する 阿 武 隈 川 流 域 内 人 口 の 割 合 (H22 国 勢 調 査 ) T09 T14 S05 S10 S15 S22 S25 S30 S35 S40 S45 S50 S55 S60 H02 H07 H12 H17 H 図 1 7 阿 武 隈 川 流 域 内 人 口 の 推 移 ( 国 勢 調 査 ) 宮 城 県 内 福 島 県 内 ( 万 人 ) 昭 和 39 年 に 郡 山 市 が 常 磐 郡 山 新 産 業 都 市 に 指 定 され 全 国 的 な 経 済 成 長 と 共 に 阿 武 隈 川 流 域 の 産 業 は 大 きく 成 長 した 製 造 品 出 荷 額 は 平 成 7 年 から 平 成 17 年 にかけても 増 加 しており 今 もなおその 成 長 は 続 いている 産 業 別 就 業 者 数 の 構 成 は 都 市 化 や 工 業 の 発 展 などにより 第 2 次 3 次 産 業 の 割 合 が 年 々 増 加 しており 第 1 次 産 業 が 顕 著 な 減 少 傾 向 にある それに 伴 い 農 業 産 出 額 も 減 少 傾 向 にあるが 就 業 者 数 は 著 しく 減 少 しているのに 対 して 農 業 産 出 額 の 減 少 規 模 は 小 さく 生 産 性 は 向 上 し ていることがうかがえる S50 S55 S60 H02 H07 H12 H17 2,372 2,544 3,044 2,829 2,414 2,008 1,900 農 業 産 出 額 22,558 製 造 品 出 荷 額 等 27,809 33,198 39,408 41,361 43,381 44,752 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 ( 億 円 ) 出 典 : 製 造 品 出 荷 額 等 工 業 統 計 表 農 業 産 出 額 生 産 農 業 所 得 統 計 各 県 統 計 年 鑑 S50 S60 H07 H17 29% 23% 19% 15% 11% 9% 9% 第 1 次 産 業 第 2 次 産 業 第 3 次 産 業 29% 31% 34% 36% 36% 35% 31% 43% 46% 47% 49% 54% 56% 60% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 出 典 : 産 業 別 就 業 者 数 国 勢 調 査 図 1 8 阿 武 隈 川 流 域 の 製 造 品 出 荷 額 農 業 産 出 額 ( 左 ) 産 業 別 就 業 者 数 の 割 合 ( 右 ) 5

12 岩 沼 市 1-3 河 道 特 性 被 災 履 歴 河 道 特 性 阿 武 隈 川 の 河 道 特 性 として 特 徴 的 な 点 は 河 川 名 の 由 来 が 盆 地 及 び 平 野 部 で 大 きく 蛇 行 しているため 大 曲 (おほく ま) 川 と 言 われたのが 語 源 とされている とおり 大 きく 蛇 行 した 河 川 であるこ と と 岩 河 床 からなる 狭 窄 部 を 境 に 緩 流 と 急 流 が 交 互 する 所 にある 狭 窄 区 間 は 宮 城 県 ~ 福 島 県 の 県 境 にある 阿 武 隈 渓 谷 と 阿 武 隈 峡 の2つが 代 表 的 であるが 阿 武 隈 峡 の 上 流 におい ても 小 規 模 な 狭 窄 部 が 存 在 する これら 狭 窄 部 では 岩 露 出 が 多 く 河 床 勾 配 は 急 な 区 間 で 1/75 程 度 となっており 阿 武 隈 峡 では 局 所 的 に 1/30 程 度 とかなり の 急 流 となっている 箇 所 もある 各 々の 狭 窄 部 の 上 流 側 は 1/1,000 程 度 の 緩 勾 配 となっており 流 れも 緩 やか になっていることから 河 床 材 料 も 比 較 的 粒 径 が 細 かい 砂 になっている 白 河 市 伊 達 市 福 島 市 二 本 松 市 郡 山 市 須 賀 川 市 角 田 市 図 1 9 阿 武 隈 川 における 狭 窄 部 位 置 図 標 高 T.P.m 須 賀 川 240 阿 久 津 二 本 松 本 宮 阿 武 隈 狭 80 福 島 60 伏 黒 40 丸 森 舘 矢 間 20 岩 沼 0 阿 武 隈 渓 谷 狭 窄 部 距 離 km セク メント 河 床 勾 配 1/3,715 1/1,850 1/1,990 1/420 1/1,105 1/950 1/1,870 1/390 1/155 1/220 1/900 1/1,800 1/1,005 1/995 1/740 1/1,020 1/75 1/330 1/1,280 1/985 1/320 1/990 1/1,350 1/4,830 1/50 代 表 粒 径 dr(mm) 岩 露 出 岩 露 出 岩 露 出 岩 露 出 岩 露 出 km 図 1 10 阿 武 隈 川 における 平 均 河 床 高 縦 断 図 と 河 道 特 性 図 6

13 上 流 域 ( 阿 武 隈 川 55.0k~109.0k) この 区 間 は 狭 窄 と 盆 地 が 交 互 し 緩 流 急 流 を 繰 り 返 す 区 間 である 狭 窄 区 間 では 河 床 勾 配 が 1/300 程 度 であるのに 対 し 盆 地 を 流 れる 緩 流 区 間 では 1/1,000 程 度 以 上 となっている 川 幅 は 狭 窄 部 で 50~70m, 盆 地 区 間 で 200m 程 度 であり 河 床 材 料 も 岩 露 出 から 5mm 程 度 の 砂 ま で 様 々な 粒 径 が 存 在 し 変 化 に 富 んだ 河 道 特 性 を 有 する 区 間 である 80.0k 付 近 阿 武 隈 峡 ( 阿 武 隈 川 33.0k~55.0k) 阿 武 隈 峡 と 呼 ばれる 狭 窄 部 となっており 山 間 地 を 縫 うように 流 れ 川 幅 50~100m 河 床 勾 配 1/75 の 急 流 となっており ところによ っては 1/30 もの 急 勾 配 を 呈 している 箇 所 もあ る この 区 間 には 信 夫 ダム 蓬 莱 ダムの2つの 発 電 ダムがあり 一 部 区 間 湛 水 域 となっている 30.0k 付 近 中 流 域 ( 阿 武 隈 川 5.0k~33.0k) 福 島 盆 地 を 流 下 する 区 間 では 河 床 勾 配 1/450~1/1,200 程 度 の 比 較 的 緩 やかな 流 れを 呈 しており 幅 約 350mの 河 川 幅 内 を 単 純 交 互 砂 州 を 形 成 しながら 流 下 する 所 々に 岩 河 床 が 見 られる 区 間 も 存 在 し 多 様 な 流 れを 呈 してい る 瀬 淵 が 所 々に 存 在 し 発 達 した 砂 州 にはヤナ ギ 林 や 湿 性 植 物 が 点 在 している 河 床 材 料 の 代 表 粒 径 は 22~26mm 程 度 である 17.0k 付 近 阿 武 隈 渓 谷 (0.0km~5.0km) この 区 間 は 宮 城 県 と 福 島 県 の 県 境 にあたり 周 囲 を 山 地 に 囲 まれ 河 床 勾 配 1/420 程 度 の 急 な 流 れになっている この 区 間 はU 字 谷 状 になっており 川 幅 は 100~150m 程 度 と 狭 くなっている 0.0k 付 近 7

14 河 川 堤 防 築 造 の 変 遷 阿 武 隈 川 上 流 及 び 直 轄 管 理 支 川 の 堤 防 は 大 正 時 代 から 本 格 的 に 整 備 が 進 められ 平 成 10 年 8 月 洪 水 を 契 機 に 着 工 した 平 成 の 大 改 修 によって 拡 充 されている このうち 伊 達 地 区, 福 島 地 区, 郡 山 地 区, 摺 上 川, 松 川, 荒 川 では にほと んどの 堤 防 が 整 備 されている しかし 当 該 地 区 に 整 備 された 堤 防 の 多 くは 築 造 年 度 が 明 ら かではなく 土 質 状 況 が 十 分 に 把 握 されていないことから 有 堤 区 間 の 変 状 を 常 にモニタリン グしていくことが 不 可 欠 である 阿 武 隈 川 本 川 右 岸 大 正 9 年 ~ 昭 和 4 年 大 正 9 年 ~ 昭 和 4 年 大 正 12 年 ~ 昭 和 8 年 大 正 12 年 ~ 昭 和 8 年 大 正 10 年 ~ 昭 和 2 年 昭 和 3 年 ~ 昭 和 8 年 左 岸 昭 和 24 年 ~ 昭 和 30 年 大 正 9 年 ~ 昭 和 4 年 大 正 9 年 ~ 昭 和 4 年 大 正 12 年 ~ 昭 和 8 年 昭 和 23 年 ~ 昭 和 25 年 右 岸 昭 和 3 年 ~ 昭 和 8 年 左 岸 昭 和 7 年 ~ 昭 和 12 年 右 岸 昭 和 30 年 以 降 左 岸 平 成 12 年 右 岸 昭 和 30 年 以 降 平 成 11 年 昭 和 30 年 以 降 平 成 11 年 平 成 11 年 大 正 13 年 ~ 昭 和 9 年 大 正 13 年 ~ 昭 和 9 年 左 岸 平 成 11 年 平 成 11 年 昭 和 30 年 以 降 平 成 12 年 平 成 11 年 昭 和 6 年 大 正 13 年 ~ 昭 和 9 年 右 岸 大 正 13 年 ~ 昭 和 9 年 昭 和 30 年 以 降 昭 和 30 年 以 降 平 成 11 年 平 成 13 年 左 岸 平 成 11 年 昭 和 30 年 以 降 平 成 14 年 平 成 11 年 平 成 11 年 平 成 11 年 平 成 14 年 平 成 14 年 右 岸 距 離 標 広 瀬 川 昭 和 61 年 平 成 6 年 ~ 平 成 7 年 昭 和 30 年 以 降 昭 和 61 年 ~ 昭 和 62 年 摺 上 川 昭 和 25 年 松 川 昭 和 19 年 笹 原 川 昭 和 50 年 昭 和 43 年 不 明 釈 迦 堂 川 昭 和 47 年 昭 和 54 年 平 成 7 年 左 岸 平 成 5 年 ~ 平 成 6 年 昭 和 63 年 平 成 11 年 ~ 平 成 12 年 昭 和 30 年 以 降 昭 和 25 年 昭 和 19 年 昭 和 30 年 以 降 昭 和 3 年 昭 和 47 年 昭 和 30 年 以 降 荒 川 距 離 標 右 岸 昭 和 25 年 ~ 昭 和 7 年 ~ 昭 和 13 年 昭 和 2 年 ~ 昭 和 9 年 左 岸 昭 和 3 年 ~ 昭 和 21 年 平 成 10 年 ~ 昭 和 2 年 ~ 昭 和 9 年 昭 和 43 年 ~ 昭 和 46 年 平 成 2 年 ~ 平 成 3 年 昭 和 2 年 ~ 昭 和 9 年 距 離 標 図 1-11 阿 武 隈 川 上 流 堤 防 築 造 の 変 遷 8

15 太 平 洋 凡 例 都 道 府 県 界 市 町 村 界 大 臣 管 理 区 間 ダ ム 基 準 地 点 凡 例 : 完 成 箇 所 : 暫 定 箇 所 : 無 堤 箇 所 ( 堤 防 必 要 区 間 ) 図 1-12 阿 武 隈 川 上 流 堤 防 整 備 状 況 9

16 阿 武 隈 川 の 洪 水 流 出 特 性 阿 武 隈 川 流 域 の 地 形 は 上 流 福 島 県 側 では 宮 城 福 島 県 境 の 阿 武 隈 渓 谷 や 福 島 市 と 二 本 松 市 の 間 の 阿 武 隈 峡 などに 代 表 されるように 大 小 の 狭 窄 部 が 盆 地 を 挟 んで 交 互 に 連 なっている 阿 武 隈 川 本 流 はこの 盆 地 と 狭 窄 部 を 貫 くように 南 北 に 流 下 している 河 床 勾 配 は 狭 窄 部 で 1/100 ~1/1000 程 度 盆 地 部 で 1/1000~1/2000 程 度 であり 狭 窄 部 の 影 響 を 受 けやすい 盆 地 部 の 沿 川 市 街 地 などでは 度 々 甚 大 な 洪 水 被 害 を 被 ってきた 阿 武 隈 川 の 洪 水 の 特 徴 としては 南 北 に 長 い 羽 根 状 の 流 域 形 状 に 加 え 洪 水 の 流 下 方 向 と 台 風 の 進 路 が 一 致 しやすいため 台 風 性 降 雨 の 場 合 には 洪 水 流 出 量 が 増 大 する 傾 向 が 挙 げられる これまでの 大 規 模 な 洪 水 被 害 の 殆 どは 台 風 による 降 雨 が 原 因 となっている 岩 沼 市 角 田 市 伊 達 市 福 島 市 二 本 松 市 平 成 14 年 7 月 洪 水 台 風 6 号 の 経 路 本 宮 市 岩 沼 地 点 の 実 績 流 量 の 順 位 ( 昭 和 33 年 以 降 の 洪 水 ) 第 1 位 昭 和 61 年 8 月 洪 水 台 風 10 号 7,591m 3 /s 第 2 位 平 成 14 年 7 月 洪 水 台 風 6 号 6,689m 3 /s 第 3 位 昭 和 57 年 9 月 洪 水 台 風 18 号 5,729m 3 /s 第 4 位 平 成 10 年 8 月 洪 水 台 風 4 号 5,401m 3 /s 郡 山 市 須 賀 川 市 台 風 が 太 平 洋 側 を 北 上 し た 場 合 北 へ 流 下 する 洪 水 の 流 れと 台 風 の 進 路 が 重 なり 洪 水 流 出 量 が 増 加 標 高 (m) 白 河 市 狭 窄 部 による 堰 上 げがスムーズな 流 下 を 阻 害 H10 洪 水 最 深 河 床 高 平 均 河 床 高 H10 洪 水 距 離 標 (km) 図 1-13 阿 武 隈 川 の 河 道 部 と 地 形 特 性 および 台 風 の 進 路 模 式 図 平 成 14 年 7 月 洪 水 痕 跡 水 位 ( 左 右 岸 の 高 い 方 ) 10

17 洪 水 による 被 害 阿 武 隈 川 では 近 年 計 画 高 水 位 を 越 える 程 の 大 規 模 な 洪 水 が 相 次 いで 発 生 しており 戦 後 最 大 の 出 水 を 記 録 した 昭 和 61 年 8 月 の 台 風 による 洪 水 では 死 者 4 名 被 災 家 屋 20,216 戸 浸 水 面 積 15,117ha という 甚 大 な 被 害 を 発 生 した その 後 約 5 日 間 で 計 画 高 水 位 を 2 回 も 超 過 するほどの 大 雨 であった 平 成 10 年 8 月 洪 水 では 死 者 負 傷 者 20 名 被 災 家 屋 3,659 戸 浸 水 面 積 3,631ha に 達 する 被 害 が 生 じ 社 会 及 び 地 域 経 済 に 大 きな 損 害 を 与 えた 中 上 流 部 ではこの 洪 水 に 対 する 改 修 事 業 を 平 成 の 大 改 修 と 称 し 無 堤 部 の 築 堤 を 中 心 とした 治 水 対 策 が 実 施 されている しかし 狭 窄 部 や 集 落 が 分 散 する 地 域 など 連 続 堤 による 治 水 対 策 が 困 難 な 箇 所 や 暫 定 堤 防 までの 整 備 であった 本 宮 町 では 平 成 14 年 7 月 においても 浸 水 被 害 が 発 生 した また 平 成 23 年 9 月 台 風 による 洪 水 においては 二 本 松 観 測 所 本 宮 観 測 所 阿 久 津 観 測 所 須 賀 川 観 測 所 で 戦 後 最 高 水 位 を 観 測 し さらに 阿 久 津 観 測 所 須 賀 川 観 測 所 で HWL を 超 える 規 模 の 出 水 となった 表 1-3 近 年 の 主 な 洪 水 流 域 平 均 実 績 流 量 (m3/s) 洪 水 発 生 年 2 日 雨 量 ( 水 位 (m)) 被 害 状 況 福 島 岩 沼 福 島 岩 沼 昭 和 13 年 9 月 1 日 ( 台 風 ) ,320 4,430 床 下 浸 水 2,918 戸 全 半 壊 79 戸 床 上 浸 水 1,068 戸 死 者 負 傷 者 25 人 昭 和 16 年 7 月 23 日 ( 台 風 8 号 ) ,310 5,450 昭 和 22 年 9 月 15 日 (カスリン 台 風 ) ,880 3,400 昭 和 23 年 9 月 17 日 (アイオン 台 風 と 低 気 圧 ) ,780 4,450 昭 和 25 年 8 月 4 日 ( 台 風 11 号 ) ,670 3,170 床 下 浸 水 16,582 戸 床 上 浸 水 17,708 戸 床 上 床 下 浸 水 合 計 33,470 戸 床 下 浸 水 24,558 戸 床 上 浸 水 18,834 戸 床 下 浸 水 17,097 戸 床 上 浸 水 8,414 戸 全 半 壊 208 戸 死 者 負 傷 者 69 人 全 半 壊 209 戸 死 者 負 傷 者 38 人 全 半 壊 737 戸 死 者 負 傷 者 95 人 全 半 壊 686 戸 死 者 負 傷 者 115 人 昭 和 33 年 9 月 19 日 ( 台 風 21 号 ) (6.72m) 昭 和 33 年 9 月 27 日 ( 台 風 22 号 ) ,140 4,730 昭 和 41 年 6 月 29 日 ( 台 風 4 号 ) ,340 3,660 昭 和 41 年 9 月 25 日 ( 台 風 26 号 とその 温 帯 低 気 圧 ) ,200 3,580 昭 和 46 年 9 月 1 日 ( 台 風 23 号 ) ,710 2,920 昭 和 56 年 8 月 23 日 ( 台 風 15 号 ) ,010 3,910 昭 和 57 年 9 月 13 日 ( 台 風 18 号 ) ,950 5,730 昭 和 61 年 8 月 5 日 ( 台 風 10 号 とその 温 帯 低 気 圧 ) ,140 7,590 平 成 元 年 8 月 7 日 ( 台 風 13 号 ) ,960 5,240 平 成 3 年 9 月 19 日 ( 台 風 18 号 ) ,350 3,170 平 成 10 年 8 月 30 日 ( 停 滞 前 線 と 台 風 4 号 ) ,990 5,400 平 成 14 年 7 月 11 日 ( 台 風 6 号 ) ,120 6,690 床 下 浸 水 29,233 戸 床 上 浸 水 9,549 戸 床 下 浸 水 床 上 浸 水 戸 戸 床 下 浸 水 床 上 浸 水 1,935 戸 床 下 浸 水 床 上 浸 水 床 下 浸 水 床 上 浸 水 357 戸 37 戸 176 戸 24 戸 床 下 浸 水 4,204 戸 床 上 浸 水 675 戸 床 下 浸 水 11,733 戸 床 上 浸 水 8,372 戸 床 下 浸 水 床 上 浸 水 床 下 浸 水 床 上 浸 水 668 戸 412 戸 273 戸 79 戸 床 下 浸 水 1,713 戸 床 上 浸 水 1,877 戸 床 下 浸 水 床 上 浸 水 886 戸 605 戸 全 半 壊 707 戸 死 者 負 傷 者 68 人 全 半 壊 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 338 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 1 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 23 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 111 戸 死 者 負 傷 者 4 人 全 半 壊 16 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 1 戸 死 者 負 傷 者 人 全 半 壊 69 戸 死 者 負 傷 者 20 人 全 半 壊 戸 死 者 負 傷 者 人 平 成 23 年 9 月 21 日 ( 台 風 15 号 ) ,760 4,500 出 典 : 昭 和 33 年 以 前 東 北 に 影 響 を 及 ぼした 台 風 昭 和 33 年 以 降 水 害 統 計 ( 流 域 内 市 町 村 の 合 計 値 ) 詳 細 については 現 在 調 整 中 11

18 阿 武 隈 川 谷 田 川 写 真 1-1 昭 和 61 年 8 月 洪 水 の 浸 水 状 況 郡 山 市 谷 田 川 合 流 点 付 近 写 真 1-2 昭 和 61 年 8 月 洪 水 の 浸 水 状 況 食 品 工 業 団 地 の 浸 水 状 況 ( 郡 山 市 ) 浜 尾 遊 水 地 逢 瀬 川 阿 武 隈 川 釈 迦 堂 川 写 真 1-3 平 成 23 年 9 月 洪 水 の 浸 水 状 況 須 賀 川 市 釈 迦 堂 川 合 流 点 付 近 写 真 1-4 平 成 23 年 9 月 洪 水 の 浸 水 状 況 郡 山 市 逢 瀬 側 合 流 点 付 近 12

19 内 水 被 害 について 阿 武 隈 川 では 平 成 10 年 8 月 洪 水 の 再 度 災 害 の 防 止 対 策 として 実 施 した 平 成 の 大 改 修 な どにより 堤 防 整 備 率 が 向 上 したため 4 年 後 の 平 成 14 年 7 月 に 発 生 した 洪 水 では 外 水 による 氾 濫 被 害 は 大 幅 に 解 消 された しかしその 反 面 各 地 で 内 水 排 水 不 良 による 浸 水 が 発 生 し 平 成 23 年 9 月 台 風 による 洪 水 では 二 本 松 市 ~ 須 賀 川 市 にかけて 被 害 が 集 中 するなど 内 水 被 害 が 顕 在 化 しつつある 阿 武 隈 川 水 系 における 内 水 対 策 は これまでに 救 急 内 水 排 水 施 設 や 排 水 機 場 の 整 備 排 水 ポ ンプ 車 の 配 備 運 用 などが 行 われている しかし 近 年 では 有 堤 区 間 が 増 加 したことに 加 え 沿 川 氾 濫 域 内 の 農 地 だったところに 大 型 ショッピングセンターが 立 地 し 住 宅 も 増 加 してきて いるなど 土 地 利 用 の 転 換 が 図 られてきており 内 水 被 害 に 対 する 住 民 の 危 機 意 識 も 高 くなって いる そのため 内 水 浸 水 に 対 しても 現 状 の 安 全 度 を 適 正 に 評 価 し 内 水 被 害 を 軽 減 するため の 対 策 を 県 や 市 町 村 と 連 携 して 進 めていく 必 要 がある 平 成 10 年 8 月 洪 水 平 成 14 年 7 月 洪 水 : 外 水 氾 濫 による 浸 水 域 : 内 水 氾 濫 による 浸 水 域 須 賀 川 市 街 地 平 成 の 大 改 修 による 築 堤 図 1-14 内 水 被 害 の 顕 在 化 の 例 ( 須 賀 川 市 ) 郡 山 市 安 積 町 での 救 出 作 業 須 賀 川 市 古 屋 敷 写 真 1-5 平 成 14 年 7 月 洪 水 内 水 氾 濫 被 害 の 状 況 13

20 渇 水 による 被 害 阿 武 隈 川 流 域 では 主 に 昭 和 42 年 昭 和 48 年 昭 和 53 年 昭 和 62 年 平 成 6 年 平 成 9 年 に 渇 水 が 発 生 しており 取 水 制 限 や 農 作 物 への 影 響 水 質 悪 化 など 生 活 に 深 刻 な 影 響 を 及 ぼしている 表 1-4 阿 武 隈 川 流 域 における 渇 水 被 害 渇 水 発 生 年 被 害 状 況 昭 和 42 年 亘 理 町 の500ha 山 元 町 の700haが 水 不 足 のため 田 植 え 不 能 一 部 地 区 では 苗 しろの 苗 が 枯 れはじめる 食 器 洗 い 消 毒 不 可 のため 学 校 給 食 をストップ 昭 和 48 年 福 島 県 内 の 干 ばつによる 農 作 物 の 被 害 は47 億 8 千 万 円 4 万 ha 水 質 が 悪 化 蓬 莱 橋 BOD 7.05mg/l 丸 森 ph 9.0を 記 録 宮 城 県 内 32 工 場 に 対 し 排 水 量 50% 以 上 のカット 命 令 名 所 乙 字 ヶ 滝 の 滝 が 消 える( 見 えなくなる) 昭 和 53 年 昭 和 49 年 制 度 制 定 以 来 初 の 渇 水 情 報 を 出 す 各 利 水 者 に 節 水 を 呼 びかける 昭 和 62 年 須 賀 川 市 の8 千 戸 が 断 水 自 衛 隊 の 大 型 給 水 車 16 台 出 動 阿 武 隈 川 初 の 取 水 制 限 20% 発 令 郡 山 市 の800haの 水 田 で 水 不 足 代 かきできず 牧 草 の 育 ちが 悪 く 放 牧 を 延 期 平 成 6 年 阿 武 隈 川 上 流 渇 水 情 報 連 絡 会 より 節 水 協 力 要 請 福 島 県 内 の 約 8000ha 農 作 物 の 生 育 不 足 などの 影 響 がでる 支 川 石 田 川 で 異 臭 発 生 平 成 9 年 下 流 の 水 質 が 悪 化 岩 沼 BOD 4.3mg/l 柴 田 町 3.5mg/l 上 流 3 地 点 で 水 質 環 境 基 準 を 上 回 る 水 質 注 意 報 発 令 支 川 広 瀬 川 で 魚 の 死 がい 約 500 匹 が 浮 く 写 真 1-6 昭 和 62 年 渇 水 干 上 がった 乙 字 ヶ 滝 須 賀 川 市 14

21 河 道 内 樹 木 の 状 況 阿 武 隈 川 上 流 では 全 体 的 に 竹 林 の 占 有 面 積 (25.6%)が 広 く また 外 来 種 であるハリエ ンジュ クロバナエンジュ 群 落 が 全 体 の 13.2%を 占 めている 福 島 市 や 郡 山 市 等 の 有 堤 区 間 で はヤナギの 分 布 が 顕 著 である 一 方 で 阿 武 隈 峡 ( 二 本 松 福 島 間 狭 窄 部 ) では 落 葉 広 葉 樹 林 と 常 緑 針 葉 樹 が 広 く 分 布 していることが 特 徴 的 である また ハリエンジュは 上 流 域 ( 郡 山 市 ~ 須 賀 川 市 )での 分 布 が 目 立 つことから 今 後 さらに 下 流 域 への 分 布 拡 大 が 懸 念 され 流 域 単 位 でハリエンジュを 管 理 する 必 要 性 が 示 唆 されている さらに 河 道 内 樹 木 の 繁 茂 により 河 道 の 流 下 能 力 が 低 下 している 区 間 がみられるため 動 植 物 の 生 息 生 育 環 境 を 保 全 する 観 点 等 河 川 環 境 への 影 響 に 配 慮 しつつ 河 道 内 樹 木 を 適 切 に 管 理 していく 必 要 がある 果 樹 園 クワ 畑 植 栽 樹 林 群 49.5ha (15.3%) ヤナギ 群 落 46.5ha (14.3%) ハリエンジュ クロバナエンジュ 42.8ha (13.2%) 落 葉 広 葉 樹 林 79.8ha (24.6%) 竹 林 83.1ha (25.6%) 常 緑 針 葉 樹 林 22.7ha (7.0%) 図 1-15 阿 武 隈 川 上 流 の 樹 木 群 分 布 状 況 ( 平 成 13 年 度 河 川 水 辺 の 国 勢 調 査 結 果 より) 平 成 14 年 7 月 洪 水 写 真 1-7 砂 州 上 に 発 達 した 樹 木 群 写 真 1-8 河 岸 に 繁 茂 する 樹 木 の 状 況 15

22 1-4. 土 砂 移 動 特 性 等 の 状 況 阿 武 隈 川 流 域 は 支 川 流 域 に 多 くの 砂 防 堰 堤 が 存 在 し 信 夫 蓬 莱 ダム 阿 武 隈 大 堰 と 多 く の 横 断 工 作 物 の 存 在 により 供 給 土 砂 が 減 少 するとともに 長 年 にわたる 砂 利 採 取 や 河 道 掘 削 な ど 河 道 外 への 土 砂 搬 出 がこれまで 行 われたことに 伴 って 阿 武 隈 川 中 下 流 部 では 全 体 的 に 河 床 が 低 下 傾 向 にある また 河 口 部 ( 仙 台 湾 南 部 海 岸 )においても 沿 岸 漂 砂 の 減 少 と 相 まっ て 河 岸 侵 食 による 砂 浜 の 消 失 や 海 岸 堤 防 決 壊 などの 被 害 が 生 じている 出 典 ) 仙 台 湾 南 部 海 岸 における 漂 砂 系 を 考 慮 した 最 適 養 浜 手 法 に 関 する 調 査 業 務 報 告 書 図 1-16 土 砂 動 態 マップ( 昭 和 50 年 ~ 平 成 14 年 ) 16

23 1-5. 河 川 環 境 の 状 況 河 川 の 自 然 環 境 上 流 域 ( 阿 武 隈 川 55.0k~109.0k) 郡 山 盆 地 を 流 下 する 上 流 域 は 流 れが 緩 やか であり 沿 川 には 郡 山 市 須 賀 川 市 本 宮 市 等 の 都 市 が 形 成 されている 高 水 敷 には 帰 化 植 物 が 多 く 侵 入 しているも のの オオムラサキの 生 息 場 となるエノキ 等 の 樹 林 が 小 面 積 ながらも 形 成 されており また 水 際 にはタコノアシも 確 認 されている 白 河 盆 地 と 須 賀 川 盆 地 の 境 にある 渓 流 区 間 には 日 本 の 滝 百 選 にも 選 ばれている 乙 字 ヶ 滝 が 存 在 し 壮 大 な 流 れを 見 せている 写 真 1-9 乙 字 ヶ 滝 阿 武 隈 峡 ( 阿 武 隈 川 33.0k~55.0k) 上 流 から 中 流 にかかる 阿 武 隈 峡 は 蓬 莱 岩 や 稚 児 舞 台 等 をはじめとする 数 多 くの 奇 岩 が 点 在 する 壮 大 な 峡 谷 景 観 となっており 福 島 県 指 定 名 勝 及 び 天 然 記 念 物 となっている 水 域 では 阿 武 隈 川 を 代 表 する 天 然 のアユや サケ サクラマスが 約 33k 地 点 にある 信 夫 ダ ム 直 下 まで 遡 上 し 砂 礫 河 床 である 早 瀬 付 近 は アユやサケの 産 卵 場 となっている 19.0k 写 真 1-10 稚 児 舞 台 中 流 域 ( 阿 武 隈 川 5.0k~33.0k) 福 島 盆 地 を 流 下 する 中 流 域 は 福 島 市 街 地 が 形 成 されており 川 幅 もやや 広 くなる 高 水 敷 には 帰 化 植 物 の 侵 入 が 多 く 見 られる ものの 水 際 にはカワヂシャ 等 の 湿 性 植 物 やヨ シ オギ 群 落 が 生 育 するなど 良 好 な 自 然 環 境 が 保 たれている 冬 にはオオハクチョウやカモ 類 の 渡 り 鳥 の 飛 来 も 多 く 砂 礫 河 床 となっている 早 瀬 付 近 は アユやサケの 産 卵 場 となっており 体 長 30 cm を 超 える 尺 アユも 確 認 されている k 写 真 1-11 摺 上 川 合 流 点 付 近 アユの 産 卵 床 阿 武 隈 渓 谷 (0.0km~5.0km) 中 流 から 下 流 にかかる 宮 城 福 島 県 境 の 阿 武 隈 渓 谷 は サルパネ 岩 などを 代 表 に 数 多 くの 奇 岩 が 点 在 し 壮 大 な 渓 谷 景 観 を 形 成 している 写 真 1-12 サルパネ 岩 17

24 河 川 の 空 間 環 境 隈 畔 ( 福 島 県 福 島 市 ) 阿 武 隈 川 の 河 畔 を 略 した 造 語 で 明 治 時 代 から 使 われたと 伝 えられている 当 時 は 阿 武 隈 川 の 河 畔 全 体 を 示 していたが 大 正 の 頃 か らは 現 在 の 県 庁 裏 の 阿 武 隈 川 左 岸 を 指 すよう になった 背 後 に 流 れる 阿 武 隈 川 の 風 光 明 媚 な 景 観 は 常 に 人 々の 心 をいやす 存 在 となっており 毎 年 灯 篭 流 しと 共 に 花 火 大 会 も 実 施 され 多 くの 人 々で 賑 っている 写 真 1-13 花 見 で 賑 う 隈 畔 水 辺 の 楽 校 身 近 にある 河 川 を 活 用 し 子 どもたちに 自 然 教 育 や 情 操 教 育 となる 自 然 との 触 れ 合 いや 体 験 の 場 を 提 供 し 河 川 愛 護 思 想 の 高 揚 を 図 るこ とを 目 的 に 水 辺 の 楽 校 が 整 備 された 平 成 16 年 には 土 木 学 会 デザイン 賞 優 秀 賞 に 選 ばれ 街 並 みと 調 和 した 親 水 空 間 は 現 在 も 人 々に 活 用 されている 土 木 学 会 デザイン 賞 2004 優 秀 賞 受 賞 写 真 1-14 渡 利 水 辺 の 楽 校 ( 福 島 市 ) 荒 川 桜 づつみ 公 園 荒 川 の 堤 防 を 利 用 して 作 られた 川 沿 いに 東 西 800mにわたる 公 園 荒 川 の 旧 川 跡 が 園 内 を 流 れているため 水 遊 びにも 利 用 されるほか 春 には 約 220 本 の 桜 が 咲 き 誇 り 新 しい 花 見 の 名 所 になっている 阿 武 隈 漕 艇 場 蓬 莱 ダム 湖 のほとりにあるカヌースポーツ のための 本 格 的 な 施 設 で 第 50 回 福 島 国 体 (H7 年 )のカヌー 競 技 の 会 場 として 整 備 されたもの 漕 艇 場 は 福 島 県 内 の 学 校 のボート 部 の 練 習 に 使 われているほか カヌースラロームの 愛 好 者 からトップクラスの 選 手 までが 参 加 する 全 日 本 阿 武 隈 ウォーター 大 会 も 開 催 され 阿 武 隈 川 の 自 然 の 流 れを 使 った 競 技 が 行 われている 写 真 1-15 荒 川 桜 づつみ 公 園 写 真 1-16 蓬 莱 ダム 湖 のカヌーレーシング 18

25 サルパネ 岩 隈 畔 摺 上 川 合 流 点 付 近 アユの 産 卵 床 渡 利 水 辺 の 楽 校 荒 川 桜 づつみ 公 園 蓬 莱 ダム 湖 のカヌーレーシング 稚 児 舞 台 乙 字 ヶ 滝 図 1-17 河 川 環 境 の 状 況 19

26 2. 河 川 の 維 持 管 理 上 留 意 すべき 河 道 特 性 等 阿 武 隈 川 上 流 直 轄 管 理 区 間 における 河 川 の 維 持 管 理 の 観 点 から 留 意 すべき 河 道 の 特 性 と 施 設 の 特 性 は 下 表 のとおりであり その 最 大 の 特 徴 は 平 成 の 大 改 修 が 実 施 されたことによって 管 理 点 検 を 要 する 施 設 が 急 増 したことである 区 間 別 にみた 場 合 伊 達 地 区 福 島 地 区 有 堤 区 間 では 交 互 砂 州 の 発 達 に 伴 う 高 水 敷 の 陸 地 化 局 所 洗 掘 が 顕 在 化 していること 郡 山 地 区 では 高 水 敷 の 樹 木 が 流 下 阻 害 となっており 適 切 な 樹 木 管 理 が 必 要 であること 本 宮 地 区 や 福 島 地 区 では 目 視 点 検 が 困 難 である 小 口 径 (1m 未 満 )が 数 多 く 存 在 していることが 維 持 管 理 上 の 特 筆 事 項 として 挙 げられる また 阿 武 隈 川 本 川 では 狭 窄 部 と 盆 地 部 が 交 互 に 存 在 することも 留 意 すべき 河 道 特 性 の 一 つである 加 えて 支 川 合 流 部 狭 窄 部 上 流 部 では 堆 砂 による 砂 州 の 発 達 が 見 られ 河 床 の 状 況 を 注 視 する 必 要 がある 一 方 支 川 荒 川 は 河 川 勾 配 が 1/35~1/150 と 非 常 に 急 勾 配 であり 平 成 10 年 9 月 洪 水 時 に 侵 食 による 破 堤 が 発 生 していることから 維 持 管 理 を 実 施 する 上 で 特 に 留 意 が 必 要 である 20

27 2-1. 河 川 の 維 持 管 理 上 留 意 すべき 河 道 の 特 性 狭 窄 部 と 盆 地 部 が 交 互 に 存 在 阿 武 隈 川 流 域 の 地 形 は 宮 城 福 島 県 境 の 阿 武 隈 渓 谷 や 福 島 市 と 二 本 松 市 の 間 の 阿 武 隈 峡 などに 代 表 されるように 大 小 の 狭 窄 部 が 盆 地 を 挟 んで 交 互 に 連 なっている 狭 窄 部 と 盆 地 では 河 床 勾 配 等 の 河 道 特 性 や 沿 川 資 産 の 張 り 付 きを 含 めた 土 地 利 用 形 態 が 大 きく 異 なるため 連 続 堤 によ る 一 貫 した 河 川 整 備 が 難 しい 状 況 にある また 狭 窄 部 上 端 では 洪 水 の 堰 上 げが 生 じやすく 狭 窄 部 の 影 響 を 受 けやすい 盆 地 部 の 沿 川 市 街 地 などでは 度 々 甚 大 な 洪 水 被 害 を 被 ってきた 岩 沼 市 角 田 市 伊 達 市 福 島 市 二 本 松 市 平 成 14 年 7 月 洪 水 二 本 松 安 達 地 区 郡 山 市 須 賀 川 市 白 河 市 平 成 10 年 8 月 洪 水 支 川 滑 川 合 流 点 付 近 図 2-1 狭 窄 部 位 置 図 21

28 支 川 合 流 部 狭 窄 部 上 流 部 の 堆 砂 支 川 合 流 部 狭 窄 部 上 流 部 では 堆 砂 による 砂 州 の 発 達 が 見 られる( 摺 上 川 合 流 点 松 川 合 流 点 荒 川 合 流 点 釈 迦 堂 川 合 流 点 等 ) このため 支 川 合 流 部 狭 窄 部 上 流 部 では 河 積 の 確 保 等 治 水 上 の 安 全 性 が 保 たれているかどうか 注 視 していく 必 要 がある 阿 武 隈 川 摺 上 川 阿 武 隈 川 松 川 阿 武 隈 川 阿 武 隈 川 荒 川 釈 迦 堂 川 写 真 2-1 支 川 合 流 部 の 砂 州 の 状 況 (H16 撮 影 ) 阿 武 隈 川 釈 迦 堂 川 写 真 2-2 釈 迦 堂 川 合 流 点 の 土 砂 堆 積 状 況 22

29 交 互 砂 州 の 発 達 に 伴 う 低 水 路 局 所 洗 掘 伊 達 地 区 や 福 島 地 区 では 交 互 砂 州 の 発 達 に 伴 う 高 水 敷 の 陸 地 化 が 進 行 している これにより 低 水 路 河 床 が 低 下 し 堤 防 前 面 に 局 所 洗 掘 が 発 生 している 局 所 洗 掘 が 発 生 した 箇 所 の 河 川 管 理 施 設 については 適 切 な 対 策 を 行 うことが 必 要 である また 高 水 敷 の 陸 地 化 の 要 因 について 分 析 し 未 然 に 局 所 洗 掘 を 防 止 するための 対 策 を 講 じる ことが 必 要 である 低 水 路 局 所 洗 掘 が 顕 著 な 区 間 伊 達 地 区 ( 4.0k~19.0k) 福 島 地 区 (19.0k~28.0k) 堤 防 前 面 の 局 所 洗 掘 図 2-2 低 水 路 河 床 高 の 経 年 変 化 ( 福 島 地 区 有 堤 区 間 ) 樹 木 群 による 流 下 阻 害 高 水 敷 上 に 繁 茂 した 樹 木 群 は 洪 水 時 に 流 下 阻 害 となり 水 位 上 昇 を 引 き 起 こす 要 因 となる 郡 山 地 区 はこの 傾 向 が 顕 著 であり 河 川 整 備 計 画 流 量 流 下 時 には 計 画 高 水 位 を 超 過 する 区 間 となっ ている よってこの 区 間 では 高 水 敷 上 の 樹 木 群 を 伐 採 するなど 適 切 な 管 理 を 実 施 することが 必 要 と されている 樹 木 群 による 流 下 阻 害 が 顕 著 な 区 間 郡 山 地 区 (80.0k~91.0k) 写 真 2-3 樹 木 群 の 状 況 ( 左 : 安 原 橋 右 岸 上 流 右 : 金 山 橋 右 岸 下 流 ) 23

30 侵 食 破 堤 の 危 険 性 が 高 い 支 川 荒 川 支 川 荒 川 は 河 川 勾 配 が 1/35~1/150 と 非 常 に 急 勾 配 であり 東 北 地 方 の 中 でも 有 数 の 急 流 河 川 である 平 成 10 年 9 月 洪 水 時 には 堤 防 直 接 侵 食 による 破 堤 が 発 生 しているため 侵 食 に 対 する 堤 防 の 評 価 を 適 切 に 実 施 するとともに 低 水 路 の 蛇 行 を 抑 制 するための 対 策 を 実 施 する 必 要 があ る 侵 食 破 堤 の 危 険 性 が 高 い 区 間 支 川 荒 川 (0.0k~13.0k) 写 真 2-4 H10.9 洪 水 日 の 倉 橋 上 流 右 岸 の 破 堤 図 2-5 荒 川 と 主 要 河 川 の 河 道 縦 断 比 較 図 24

31 3. 河 川 の 区 間 区 分 (ランク 分 け) 河 川 維 持 管 理 指 針 ( 案 )では 維 持 管 理 目 標 や 実 施 内 容 にメリハリを 付 ける 目 的 で 河 川 をA B 区 間 に 区 分 するよう 定 めている 区 間 区 分 は 氾 濫 域 に 多 くの 人 口 資 産 を 有 し 堤 防 によって 背 後 地 を 守 るべき 区 間 はA 区 間 ( 大 部 分 の 直 轄 区 間 ( 主 要 河 川 の 重 要 区 間 )) 堤 防 を 必 要 としな い 区 間 や 山 間 部 や 支 川 などの 一 部 区 間 をB 区 間 ( 主 要 河 川 の 通 常 区 間 )と 区 分 することを 基 本 と しながら 各 河 川 の 特 性 に 応 じて 設 定 するものである 阿 武 隈 川 上 流 を 上 記 の 有 堤 無 堤 の 判 断 をもとに 区 間 区 分 すると 下 図 の 様 になり 有 堤 区 間 と 無 堤 区 間 が 交 互 に 連 なる 状 況 が 判 る しかしながら 阿 武 隈 川 上 流 の 場 合 には 前 述 の 維 持 管 理 上 留 意 すべき 河 道 特 性 から 見 て も 有 堤 無 堤 の 判 定 を 中 心 とした 区 間 分 けだけでは 全 ての 維 持 管 理 項 目 において 適 切 に 安 全 性 を 維 持 できるとは 考 えづらく 維 持 管 理 対 象 ( 堤 防 樋 門 護 岸 等 ) 毎 に 過 去 の 被 災 や 変 状 履 歴, 河 道 の 変 動 特 性, 構 造 物 の 設 置 改 修 時 期, 季 節 等 を 考 慮 してランク 分 けすることが 現 実 的 と 考 えられる よって 阿 武 隈 川 上 流 では 管 理 区 間 全 域 を 一 律 A 区 間 ( 全 て 同 レベルとの 扱 い)とし 維 持 管 理 対 象 毎 に 詳 細 を 規 定 することとする 有 堤 区 間 山 付 区 間 無 堤 区 間 管 理 区 間 全 域 をA 区 間 とする 図 3-1 有 定 区 間 と 山 付 無 堤 区 間 の 概 略 図 25

32 4. 維 持 管 理 目 標 の 設 定 河 道 河 川 敷 堤 防 及 びその 他 の 河 川 管 理 施 設 がその 本 来 の 機 能 を 発 揮 できるように 河 川 管 理 施 設 の 状 態 を 的 確 に 把 握 する さらに その 状 態 を 評 価 し 評 価 に 応 じた 改 善 を 行 うことで 治 水 利 水 環 境 の 目 的 を 達 成 するための 必 要 なレベルを 持 続 させていくことを 目 指 す 26

33 5. 河 川 の 状 態 把 握 5-1. 河 道 の 状 態 把 握 護 岸 等 ( 高 水 護 岸 低 水 護 岸 根 固 め 水 制 等 )の 点 検 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 河 川 管 理 施 設 として 整 備 された 諸 施 設 は 洪 水 時 に 国 民 の 生 命 財 産 を 守 るために 重 要 な 施 設 であり 洪 水 時 にはその 機 能 を 万 全 に 果 たす 必 要 があることから 年 間 を 通 じた 点 検 を 実 施 する 必 要 がある また 洪 水 時 には 護 岸 等 の 機 能 が 安 全 に 保 たれているかどうかを 監 視 し 水 防 活 動 の 必 要 性 の 判 断 材 料 とする 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 管 理 区 間 全 てにおいて 河 川 巡 視 及 び 洪 水 期 前 後 の 堤 防 モニタリング 調 査 の 際 に 実 施 す る 洪 水 期 前 に 実 施 する 点 検 では 必 要 に 応 じて 船 上 からの 巡 視 も 行 う また 水 防 団 待 機 水 位 を 超 え はん 濫 注 意 水 位 に 達 すると 予 想 される 場 合 は 管 理 区 間 全 てにおいて 護 岸 等 の 変 状 を 確 認 する 特 写 真 5-1 に 被 災 履 歴 がある 箇 所 や 水 衝 部 に 留 意 して 監 支 川 荒 川 信 夫 橋 護 岸 の 崩 壊 の 状 況 視 を 実 施 する 洪 水 後 の 点 検 は 過 去 の 災 害 発 生 状 況 を 勘 案 してはん 濫 注 意 水 位 以 上 の 洪 水 を 対 象 とする 3 実 施 にあたっての 留 意 点 過 去 の 被 災 状 況 及 び 現 地 状 況 を 把 握 し 特 に 水 衝 部 や 局 所 洗 掘 部 の 箇 所 については 重 点 的 に 監 視 する 異 常 洗 掘 調 査 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 洪 水 後 に 洪 水 前 と 比 較 し 異 常 に 河 床 が 洗 掘 している 箇 所 の 変 状 を 把 握 して 次 の 洪 水 に 備 えるため 異 常 洗 掘 調 査 を 実 施 する 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 洪 水 がはん 濫 注 意 水 位 を 超 えるような 大 規 模 洪 水 後 に 管 理 区 間 全 てにおいて 状 態 を 把 握 するための 調 査 を 実 施 する 3 実 施 にあたっての 留 意 事 項 伊 達 地 区 (4.0k~19.0k)と 福 島 地 区 有 堤 区 間 (19.0k~28.0k)では 過 去 に 河 床 の 局 所 洗 掘 や 低 水 路 護 岸 の 損 傷 被 害 が 発 生 していることから 当 該 箇 所 周 辺 の 写 真 を 洪 水 前 後 に 撮 影 し 河 道 や 施 設 の 変 状 の 確 認 に 用 いる また 当 該 区 間 では 砂 面 計 や 洗 掘 センサーを 用 いて 洪 水 時 の 河 床 の 変 化 を 調 査 することも 検 討 する 図 5-1 河 道 の 経 年 変 化 (14.0k) 27

34 土 砂 堆 積 調 査 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 洪 水 後 に 洪 水 前 と 比 較 して 土 砂 が 顕 著 に 堆 積 している 箇 所 を 調 査 し 次 の 洪 水 に 備 える ため 土 砂 堆 積 調 査 を 実 施 する 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 洪 水 がはん 濫 注 意 水 位 を 超 えるような 大 規 模 洪 水 後 に 管 理 区 間 全 てにわたり 状 態 を 把 握 するための 調 査 を 実 施 する 3 実 施 にあたっての 留 意 事 項 実 施 にあたっては 洪 水 後 の 河 川 巡 視 及 び 職 員 によるモニタリング 調 査 を 実 施 する 写 真 5-2 釈 迦 堂 川 合 流 点 の 土 砂 堆 積 状 況 中 州 砂 州 の 発 生 箇 所 移 動 状 況 の 継 続 調 査 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 河 道 内 の 中 州 砂 州 について 洪 水 時 の 流 向 流 速 や 土 砂 堆 積 洗 掘 の 把 握 を 行 い 河 道 の 疎 通 能 力 や 護 岸 等 の 保 全 のために 必 要 な 調 査 を 継 続 的 に 実 施 する 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 特 に 砂 州 の 発 達 が 顕 著 な 摺 上 川 松 川 荒 川 等 の 支 川 合 流 部 については 毎 年 1 回 平 面 横 断 測 量 を 継 続 して 調 査 を 実 施 する 中 州 砂 州 の 樹 林 化 が 予 測 される 伊 達 地 区 福 島 地 区 有 堤 区 間 については 樹 木 伐 採 等 適 切 な 維 持 管 理 が 必 要 なことから 要 監 視 箇 所 と 位 置 付 け 2 年 に1 回 調 査 を 行 うものとする 他 の 区 間 においては 5 年 に1 回 調 査 を 行 う ものとする 3 実 施 にあたっての 留 意 事 項 砂 州 の 動 向 を 左 右 する 土 砂 移 動 については 長 期 的 短 期 的 視 点 から 河 床 材 料 調 査 洪 水 時 漂 流 砂 捕 捉 調 査 等 の 河 道 特 性 調 査 と 併 せ て 検 討 を 行 う 堤 防 の 決 壊 写 真 5-3 低 水 路 の 蛇 行 による 堤 防 決 壊 平 成 元 年 8 月 洪 水 支 川 荒 川 28

35 5-2. 河 川 空 間 の 状 態 把 握 河 川 巡 視 点 検 ( 不 法 占 用 不 法 工 作 物 不 法 盛 土 不 法 掘 削 廃 棄 物 投 棄 の 監 視 ) 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 河 川 巡 視 は 河 川 巡 視 規 定 ( 案 ) 河 川 巡 視 マニュアル( 案 ) に 基 づき 管 理 する 区 域 を 日 常 的 に 巡 回 することにより 河 川 区 域 における 異 常 や 変 化 把 握 する 河 川 管 理 行 為 であり 異 常 の 早 期 発 見 と 巡 回 による 違 法 行 為 の 抑 制 を 備 えたものである 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 管 理 区 間 全 てにおいて 通 常 巡 視 としてA 区 間 は 週 2 回 B 区 間 週 1 回 実 施 する なお B 区 間 について 必 要 が 生 じた 場 合 は 週 2 回 実 施 するものとする また 河 川 巡 視 マニュアル( 案 ) に 基 づき 特 定 巡 視 を 実 施 する 3 実 施 にあたっての 留 意 点 特 になし 写 真 5-4 自 動 車 の 不 法 投 棄 写 真 5-5 古 タイヤの 不 法 投 棄 河 川 利 用 者 の 安 全 確 保 点 検 ( 護 岸 坂 路 散 策 路 手 すり 天 端 道 路 等 ) 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 河 川 利 用 が 盛 んな 箇 所 について 河 川 における 安 全 利 用 及 び 水 面 利 用 の 安 全 点 検 に 関 する 実 施 要 領 ( 案 ) に 基 づき 実 施 する 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 実 施 の 場 所 : 下 記 のとおり 回 数 :ゴールデンウィーク 前 と 夏 休 み 前 の 2 回 実 施 する 表 5-1 河 川 利 用 者 の 安 全 確 保 点 検 実 施 箇 所 3 実 施 にあたっての 留 意 事 項 あらかじめ 他 の 管 理 者 ( 自 治 体 及 び 関 係 機 関 )との 調 整 を 行 い 共 同 で 実 施 する 29

36 水 面 利 用 の 監 視 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 河 川 の 適 切 な 利 用 のため 水 面 利 用 の 状 況 を 把 握 するために 実 施 する 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 管 理 区 間 全 てにおいて 河 川 巡 視 と 併 せて 実 施 する 3 実 施 にあたっての 留 意 点 特 になし 写 真 5-6 カヌー 教 室 の 様 子 河 川 空 間 利 用 実 態 調 査 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 河 川 事 業 河 川 管 理 を 円 滑 に 推 進 させるため 河 川 利 用 状 況 を 把 握 するものとする 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 管 理 区 間 全 てにおいて3 年 に1 回 実 施 する 3 実 施 にあたっての 留 意 点 河 川 利 用 形 態 ( 水 辺 の 楽 校 桜 づつみ サイクリングロード 運 動 広 場 等 )を 考 慮 する 5-3. 調 査 観 測 等 のデータ 蓄 積 河 道 特 性 情 報 集 の 更 新 1 実 施 の 基 本 的 な 考 え 方 調 査 観 測 等 のデータを 確 実 に 蓄 積 し 今 後 の 阿 武 隈 川 上 流 維 持 管 理 計 画 に 反 映 していく ために 河 川 の 状 態 把 握 を 実 施 した 際 には 随 時 河 道 特 性 情 報 集 を 更 新 する 2 実 施 の 場 所 頻 度 時 期 河 道 特 性 情 報 集 は 管 理 区 間 全 てを 対 象 に 作 成 更 新 する 基 本 的 には 調 査 観 測 記 録 を 随 時 河 道 特 性 情 報 集 に 反 映 していくこととするが 5 年 に 1 回 情 報 集 全 体 の 更 新 を 行 う 3 実 施 にあたっての 留 意 点 情 報 集 の 更 新 にあたっては 調 査 観 測 等 の 実 施 年 度 を 確 実 に 整 理 しておくことが 重 要 で ある このため 調 査 観 測 実 施 時 には 下 表 に 実 施 年 度 の 記 述 しておく 30

37 6. 市 町 村 や 市 民 団 体 等 との 連 携 協 働 6-1. 市 町 村 等 との 連 携 調 整 堤 防 除 草 委 託 地 元 住 民 の 阿 武 隈 川 への 愛 護 活 動 等 の 高 まりと 危 機 管 理 意 識 の 向 上 等 を 図 るため 市 町 村 への 堤 防 除 草 委 託 を 推 進 するものとする 排 水 ポンプの 運 転 調 整 破 堤 氾 濫 等 重 大 な 被 害 が 発 生 する 恐 れがある 時 を 想 定 し 関 係 する 排 水 ポンプの 運 転 停 止 について 調 整 を 行 うものとする ( 平 成 19 年 9 月 現 在 の 操 作 要 領 では HWL が 運 転 調 整 のタ イミングとなっている ) 避 難 判 断 の 参 考 となる 情 報 提 供 阿 武 隈 川 圏 域 災 害 情 報 協 議 会 を 通 じて 沿 川 市 町 村 が 避 難 判 断 の 参 考 となる 水 位 状 況 など の 水 防 情 報 を 沿 川 市 町 村 福 島 県 へ 提 供 するものとする 水 防 団 等 と 連 携 して 行 う 重 要 水 防 箇 所 の 点 検 阿 武 隈 川 上 流 洪 水 予 報 水 防 連 絡 会 を 通 じて 沿 川 市 町 村 担 当 者 水 防 団 福 島 県 担 当 者 等 が 参 加 する 重 要 水 防 箇 所 合 同 点 検 を 洪 水 期 前 に 実 施 し 危 険 箇 所 等 の 情 報 共 有 を 図 るもの とする 避 難 情 報 被 災 情 報 の 共 有 化 福 島 県 及 び 沿 川 市 町 村 との 避 難 情 報 被 災 情 報 について 情 報 共 有 を 図 るものとする 事 例 : 災 害 情 報 協 議 会 洪 水 ハザードマップに 関 する 市 町 村 での 作 成 にあたっての 支 援 住 民 への 普 及 促 進 の 支 援 などを 行 っている 写 真 6-1 阿 武 隈 川 圏 域 災 害 情 報 協 議 会 ( 上 流 )の 様 子 31

38 水 防 団 等 と 連 携 して 行 う 重 要 水 防 箇 所 の 点 検 阿 武 隈 川 上 流 洪 水 予 報 水 防 連 絡 会 を 通 じて 沿 川 市 町 村 担 当 者 水 防 団 福 島 県 担 当 者 等 が 参 加 する 重 要 水 防 箇 所 合 同 点 検 を 洪 水 期 前 に 実 施 し 危 険 箇 所 等 の 情 報 共 有 を 図 るもの とする 事 例 : 重 要 水 防 箇 所 の 巡 視 毎 年 出 水 期 前 に 関 係 機 関 等 と 合 同 で 重 要 水 防 箇 所 の 巡 視 を 行 い 災 害 の 発 生 に 備 えてい る 写 真 6-2 合 同 巡 視 の 様 子 避 難 情 報 被 災 情 報 の 共 有 化 福 島 県 及 び 沿 川 市 町 村 との 避 難 情 報 被 災 情 報 について 情 報 共 有 を 図 るものとする 6-2.NPO 市 民 団 体 等 との 連 携 協 働 河 川 清 掃 活 動 市 民 団 体 等 が 行 う 河 川 清 掃 活 動 については 主 催 者 からの 依 頼 があった 場 合 に 収 集 した 塵 芥 等 の 運 搬 を 河 川 管 理 者 として 協 力 することとする 事 例 : 阿 武 隈 川 サミット 阿 武 隈 川 サミットは 次 世 代 を 担 う 子 供 達 に 川 の 役 割 の 大 切 さや 楽 しさなどを 体 験 か ら 学 んでもらい 上 流 から 下 流 までの 方 々が 相 互 の 連 携 と 交 流 を 深 め 魅 力 ある 河 川 環 境 づくりを 目 指 していくことを 目 的 に 沿 川 自 治 体 により 組 織 されている 沿 川 首 長 による 会 議 上 下 流 交 流 会 等 を 開 催 ( 隔 年 )するほか 毎 年 7 月 上 旬 に 阿 武 隈 川 河 口 クリーンアップ 作 戦 を 開 催 している 写 真 6-3 阿 武 隈 川 サミットの 様 子 写 真 6-4 上 下 流 一 体 となった 河 口 清 掃 の 様 子 32

39 許 可 工 作 物 の 合 同 点 検 許 可 工 作 物 及 びその 周 辺 の 状 況 確 認 情 報 交 換 を 図 るため 河 川 管 理 者 と 許 可 工 作 物 管 理 者 との 合 同 点 検 を 実 施 する 一 般 住 民 からの 浸 水 漏 水 情 報 の 収 集 河 川 広 報 活 動 等 を 通 して 浸 水 漏 水 等 の 被 災 があった 時 の 連 絡 過 去 の 浸 水 漏 水 情 報 について 収 集 するものとする 6-3. 意 見 交 換 会 等 の 開 催 福 島 河 川 国 道 事 務 所 では 学 識 者 から 河 川 維 持 管 理 計 画 についての 改 善 点 や 維 持 工 事 対 策 についての 意 見 を 頂 く 場 ( 意 見 交 換 会 )や 沿 川 住 民 から 地 先 の 状 況 や 河 川 の 経 年 的 変 化 について 伺 う 場 を 必 要 に 応 じて 設 けることとする 事 例 : 樹 木 管 理 検 討 会 洪 水 を 安 全 に 流 下 させる 上 で 支 障 となっている 樹 木 や 樹 木 群 の 影 響 で 陸 地 化 が 進 行 し ている 箇 所 を 対 象 に 伐 採 を 行 うなどして 適 切 な 樹 木 管 理 に 努 めている また 樹 木 管 理 検 討 会 を 定 期 的 に 開 催 し 動 植 物 河 川 工 学 関 係 の 専 門 家 からの 意 見 を 参 考 にしながら 伐 採 木 の 選 定 や 伐 採 後 のフォローアップを 行 っている 写 真 6-5 樹 木 管 理 検 討 会 ( 現 地 視 察 ) 33

40 7. 効 果 的 効 率 的 な 河 川 維 持 管 理 を 実 施 するための 課 題 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 )H23.3 は 河 川 管 理 実 施 中 に 生 じた 課 題 等 に 応 じて 記 載 内 容 を 更 新 していくものである ここでは 現 段 階 で 明 らかになっている 範 囲 で 効 率 的 効 果 的 な 河 川 維 持 管 理 を 実 施 し ていくために 今 後 対 応 すべき 課 題 を 記 載 する 7-1. 調 査 及 び 巡 視 の 重 点 箇 所 実 施 頻 度 等 の 設 定 阿 武 隈 川 上 流 直 轄 管 理 区 間 においては 河 川 区 間 区 分 を 全 川 A 区 間 に 設 定 している しかし 効 果 的 効 率 的 な 河 川 維 持 管 理 を 実 施 していくためには 河 川 の 状 態 把 握 のための 調 査 及 び 巡 視 の 際 の 監 視 項 目 別 の 要 注 意 箇 所 や 季 節 等 による 適 正 実 施 頻 度 を 検 討 設 定 することが 重 要 であり これがメリハリのある 河 川 維 持 管 理 につながる 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 )H23.3 では できる 限 りこうした 情 報 を 記 載 しているものの 特 定 記 述 できていないものがある このことから 今 後 は 事 務 所 職 員 と 伏 黒 郡 山 出 張 所 職 員 等 が 協 議 を 行 い 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 に 調 査 及 び 巡 視 の 重 点 箇 所 実 施 頻 度 適 切 な 管 理 手 法 等 を 加 えていく 必 要 があるものと 考 えられる 7-2. 維 持 管 理 対 策 実 施 基 準 の 設 定 施 設 や 河 道 がどこまで 変 状 した 場 合 に 対 策 ( 維 持 工 事 更 新 改 修 )を 実 施 するのか と いった 適 正 な 維 持 管 理 対 策 実 施 基 準 を 設 けることが 被 災 の 未 然 防 止 に 繋 がる 現 行 の 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 )H23.3 は 全 国 的 あるいは 阿 武 隈 川 上 流 の 河 川 特 性 を 踏 まえた 実 施 基 準 設 定 のための 分 析 等 が 十 分 に 行 われていないことから 基 準 が 定 性 的 なものに 留 まっている 項 目 が 多 い このため 今 後 は 各 項 目 の 実 施 基 準 について 検 討 を 行 い 職 員 が 定 期 的 に 変 わった 場 合 でも 同 レベルでの 判 断 が 可 能 となるような 定 量 的 な 基 準 を 追 加 する ように 努 めることが 必 要 と 考 えられる 7-3. 監 視 調 査 結 果 のデータベース 化 限 られた 人 員 の 中 で 効 果 的 効 率 的 な 河 川 維 持 管 理 を 実 施 していくためには 監 視 調 査 結 果 を 確 実 に 蓄 積 し 活 用 していくことが 不 可 欠 である このためには 様 々な 監 視 調 査 結 果 ( 河 川 カルテや 巡 視 日 報 環 境 調 査 結 果 等 )を 電 子 データベース 化 して 一 元 管 理 していくことが 有 効 である 今 後 は GIS システムやマイクロソフト ACCESS 等 を 駆 使 した 河 川 データベース を 作 成 し 運 用 していくことが 必 要 になる 7-4. 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 の 更 新 河 川 維 持 管 理 計 画 は 河 川 の 状 態 把 握 等 の 結 果 を 反 映 し 5 年 に 一 度 を 目 安 に 更 新 してい く 但 し 河 川 管 理 の 実 情 と 乖 離 が 生 じた 場 合 や 河 川 の 変 状 等 によって 新 たな 河 川 の 状 態 把 握 項 目 が 追 加 となった 場 合 には 適 時 河 川 維 持 管 理 計 画 を 更 新 していく 必 要 がある 34

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

淀川水系 湖東圏域

淀川水系 湖東圏域 淀 川 水 系 湖 東 圏 域 河 川 整 備 計 画 計 画 概 要 説 明 資 料 平 成 25 年 12 月 滋 賀 県 目 次 1. 圏 域 河 川 の 概 要 1 1.1 湖 東 圏 域 の 概 要 1 1.2 河 川 の 現 状 と 課 題 15 2. 河 川 整 備 計 画 の 目 標 に 関 する 事 項 39 2.1 計 画 対 象 期 間 計 画 対 象 河 川 39 2.2

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾 名 古 屋 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 < 平 成 22 年 度 修 正 案 > 名 古 屋 市 防 災 会 議 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

彦根市地域防災計画案

彦根市地域防災計画案 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 章 の 体 系 第 1 編 総 則 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 地 域 防 災 計 画 第 2 編 一 般 対 策 編 第 3 編 震 災 対 策 編 第 2 部 災 害 予 防 第 3 部 災 害

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案)

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案) 2. 河 川 の 現 状 と 課 題 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 2.1.1 過 去 の 主 要 な 洪 水 の 概 要 い せ の 流 域 及 びその 近 傍 で 発 生 した 主 要 な 洪 水 被 害 としては 1959 年 ( 昭 和 34 年 )の 伊 勢 わんたいふう 湾 台 風 時 に 流 域 を 含 む 広 い 範 囲 で 高 潮 被 害 が 発 生 した 1974 年

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

目 次 第 1 章 目 的... 1 第 2 章 仙 台 市 地 域 防 災 計 画 との 関 係... 1 第 3 章 用 語 の 意 義... 1 第 4 章 水 防 組 織... 6 第 1 実 施 機 関 及 び 任 務... 6 第 2 消 防 署 消 防 団 の 組 織... 6 第 3

目 次 第 1 章 目 的... 1 第 2 章 仙 台 市 地 域 防 災 計 画 との 関 係... 1 第 3 章 用 語 の 意 義... 1 第 4 章 水 防 組 織... 6 第 1 実 施 機 関 及 び 任 務... 6 第 2 消 防 署 消 防 団 の 組 織... 6 第 3 平 成 28 年 度 仙 台 市 水 防 計 画 仙 台 市 目 次 第 1 章 目 的... 1 第 2 章 仙 台 市 地 域 防 災 計 画 との 関 係... 1 第 3 章 用 語 の 意 義... 1 第 4 章 水 防 組 織... 6 第 1 実 施 機 関 及 び 任 務... 6 第 2 消 防 署 消 防 団 の 組 織... 6 第 3 水 防 活 動 従 事 者 の 安 全

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測 速 報 版 平 成 26 年 8 月 27 日 平 成 26 年 8 月 9 日 ~11 日 台 風 第 11 号 による 揖 斐 及 び 長 良 流 域 の 出 水 状 況 ( 第 2 報 ) 揖 斐 揖 斐 の 出 水 状 況 (8 月 10 日 19 時 頃 ) 揖 斐 大 橋 付 近 ( 岐 阜 県 大 垣 市 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 木 曽 上 流 河 事 務

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

平 成 27 年 度 能 代 市 水 防 計 画 能 代 市 目 次 第 1 章 総 則 1.1 目 的 1 1.2 用 語 の 定 義 1 1.3 水 防 の 責 任 等 3 1.4 水 防 計 画 の 作 成 及 び 変 更 4 1.5 津 波 における 留 意 事 項 5 1.6 安 全 配 慮 5 第 2 章 水 防 組 織 2.1 市 の 水 防 組 織 6 2.2 災 害 対 策 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

資料 4 検討対象水域の水質予測結果について

資料 4 検討対象水域の水質予測結果について 2. 荒 川 中 流 2.1 荒 川 の 概 要 荒 川 はその 源 を 秩 父 山 塊 の 甲 武 信 岳 (2,475m)に 発 し 奥 秩 父 特 有 の 中 古 生 層 地 帯 の 峡 谷 を 流 下 して 秩 父 盆 地 をすぎ 長 瀞 の 結 晶 片 岩 地 帯 を 流 下 し 寄 居 付 近 より 関 東 平 野 を 東 南 に 流 下 しつつ 中 流 部 で 都 市 化 の 著 しい

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<322D312089CD90EC939982CC8FF38BB58160322D362D2833292082AA82AF95F682EA8AEB8CAF89D38F8A2E786477>

<322D312089CD90EC939982CC8FF38BB58160322D362D2833292082AA82AF95F682EA8AEB8CAF89D38F8A2E786477> 2 危 険 区 域 及 び 防 災 施 設 等 に 関 する 資 料 2- 河 川 等 の 状 況 () 国 土 交 通 省 管 理 河 川 ( 直 轄 区 間 ) 河 川 名 流 域 面 積 延 長 上 流 端 下 流 端 計 画 高 水 流 量 測 定 地 点 川 幅 (,900km2) (367km) 観 測 所 長 野 県 南 佐 久 間 郡 川 上 村 信 濃 川 左 岸 28.0km 海

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

< F2D DEC8BC C8E868E6490D82E>

< F2D DEC8BC C8E868E6490D82E> 資 料 1. 指 定 水 防 管 理 団 体 一 覧 表 指 定 水 防 区 域 主 要 河 川 指 定 水 防 区 域 主 要 河 川 管 理 団 体 管 理 団 体 佐 保 川 東 生 駒 川 秋 篠 川 生 駒 市 生 駒 市 地 内 別 院 川 岩 井 川 竜 田 川 富 雄 川 下 川 奈 良 市 奈 良 市 地 内 能 登 川 鳥 居 川 地 蔵 院 川 香 芝 市 香 芝 市 地 内

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

庄 内 国 有 林 の 地 域 別 の 森 林 計 画 書 ( 案 ) ( 庄 内 森 林 計 画 区 ) 計 画 期 間 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 35 年 3 月 31 日 東 北 森 林 管 理 局 目 次 Ⅰ 計 画 の 大 綱 1 森 林 計 画 区 の 概 況 1 2 前 期 計 画 の 実 行 結 果 の 概 要 及 びその 評 価 4 3 計 画 樹 立 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20288DE490EC90AE94F58C7689E6967B95B681698AAE90AC29288D908EA693FA92C789C1292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20288DE490EC90AE94F58C7689E6967B95B681698AAE90AC29288D908EA693FA92C789C1292E646F63> 二 級 河 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 26 年 4 月 広 島 県 二 級 河 川 水 系 河 川 整 備 計 画 目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 1.1 流 域 の 概 要 1 1.2 現 状 と 課 題 5 1.2.1 治 水 に 関 する 現 状 と 課 題... 5 1.2.2 利 水 に 関 する 現 状 と 課 題... 7 1.2.3 河 川 環 境 に

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

28)_

28)_ 計 画 策 定 年 度 計 画 主 体 平 成 26 年 度 八 幡 蒲 生 郡 日 野 蒲 生 郡 竜 王 地 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 連 絡 先 担 当 部 署 名 所 在 地 電 話 番 号 FAX 番 号 メールアドレス 八 幡 都 産 業 部 農 業 振 興 課 滋 賀 県 八 幡 桜 宮 236 番 地 0748-36-5514 0748-32-5032 0011002@city.omihachiman.lg.jp

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

Microsoft Word - 01_一宮川水系河川整備計画_本文

Microsoft Word - 01_一宮川水系河川整備計画_本文 二 級 河 川 一 宮 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 27 年 8 月 7 日 千 葉 県 目 次 頁 1. 流 域 及 び 河 川 の 概 要 1 2. 河 川 整 備 の 現 状 と 課 題 4 (1) 治 水 の 現 状 と 課 題 4 (2) 河 川 利 用 の 現 状 と 課 題 8 (3) 環 境 の 現 状 と 課 題 8 3. 河 川 整 備 計 画 の 目 標 に 関

More information

第5節  災害危険箇所

第5節  災害危険箇所 災 害 危 険 箇 所 等 資 料 1.4.1 第 1 章 第 4 節 災 害 危 険 箇 所 災 害 危 険 箇 所 等 所 管 箇 所 数 備 考 1 危 険 河 川 市 6 2 水 防 箇 所 市 8 3 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 箇 所 市 19 市 計 24 4 災 害 危 険 河 川 県 6 5 重 要 水 防 区 域 県 5 6 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 箇 所 県 111

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264>

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264> 岐 阜 県 農 業 用 小 水 力 発 電 導 入 技 術 検 討 会 恵 電 測 第 2601 号 県 営 農 村 環 境 整 備 事 業 ( 小 水 力 発 電 整 備 型 ) 鎌 瀬 用 水 地 区 基 本 設 計 業 務 小 水 力 発 電 計 画 概 要 書 平 成 26 年 8 月 19 日 目 次 page 1. 計 画 概 要 -----------------------------------------------------

More information

参 議 院 議 員 岩 城 光 英 様 要 望 書 国 道 3 4 9 号 整 備 促 進 に つ い て 平 成 25 年 8 月 国 道 349 号 建 設 促 進 期 成 同 盟 会 会 長 根 本 匠 国 道 349 号 の 整 備 促 進 について 国 道 349 号 は 昭 和 50 年 4 月 に 国 道 へ 昇 格 以 来 漸 次 改 良 整 備 が 進 めら れ 着 々とその 成

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E589AA90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58C7689E62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E589AA90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58C7689E62E646F6378> 大 岡 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 27 年 5 月 神 奈 川 県 大 岡 川 水 系 河 川 整 備 計 画 目 次 第 1 章 流 域 及 び 河 川 の 概 要 3 第 1 節 流 域 の 概 要 3 第 2 節 河 川 の 概 要 9 第 2 章 河 川 の 現 状 と 課 題 12 第 1 節 洪 水 による 災 害 の 発 生 の 防 止 又 は 軽 減 に 関 する

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information

美 浜 町 地 域 防 災 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 美 浜 町 地 域 防 災 計 画 一 般 災 害 対 策 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 一 般 災 害 対 策 計 画 : 目 次 第 1 章 総 則...1 第 1 節 計 画 の 目 的...1 第 2 節 町 の 概 況...2 第 3 節 計 画 の 基 本...4

More information

豊田市地域防災計画

豊田市地域防災計画 豊 田 市 水 防 計 画 [ 平 成 2 7 年 度 改 訂 版 ] 豊 田 市 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 用 語 の 定 義 1 第 3 節 水 防 の 責 任 等 2 第 4 節 安 全 確 保 3 第 2 章 水 防 組 織 第 1 節 水 防 組 織 と 機 構 4 第 3 章 水 防 施 設 等 第 1 節 水 防 倉 庫 及 び 水 防

More information

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建 平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 1 石 積 埋 立 処 分 場 第 2 期 整 備 搬 入 道 路 改 良 測 量 設 計 業 務 土 木 設 計 黒 川 郡 富 谷 町 石 積 字 堀 田 6ケ 月 石 積 埋 立 処 分 場

More information

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部 事 事 業 業 評 価 項 目 大 和 覧 川 表 名 一 級 河 ( 川 初 瀬 大 やまと 川 和 ) 川 河 ( 川 初 はせ 改 瀬 修 川 事 ) 業 事 業 箇 主 所 体 奈 桜 良 さくらいし 井 県 市 おおいずみ 大 泉 地 内 ~ 三 みわ 河 川 の 概 と 事 業 の 目 的 及 び 必 要 性 評 価 項 目 及 び 評 価 の 内 容 輪 地 内 河 川 の 概 要 流

More information

防災計画(基本編)

防災計画(基本編) 安 芸 高 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 基 本 編 ) 平 成 28 年 7 月 安 芸 高 田 市 防 災 会 議 基 本 編 目 次 ~ 目 次 ~ 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------- 1 第 1 節 防 災 計 画 作 成 の 目 的 --------------------------------------------------

More information

1-5-1

1-5-1 1-5-1 過 去 における 主 な 災 害 一 覧 ( 地 震 火 山 を 除 く) 年 月 日 1662.7.28 寛 文 2.6.3 ( 地 暴 風 雨 大 風 雨 稲 荷 川 洪 水 のため 沿 岸 の 人 家 300 戸 流 失 660 人 死 亡 ( 栃 木 風 土 記 ) 1667.7 寛 文 7.6 1700.9.30 元 禄 13.8.18 1723.9.9 享 保 8.8.10

More information

目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被

目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 27 年 度 計 画 主 体 相 生 市 相 生 市 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 相 生 市 建 設 農 林 部 農 林 水 産 課 所 在 地 相 生 市 旭 一 丁 目 1 番 3 号 電 話 番 号 0791(23)7156 F A X 番 号 0791(23)7160 メールアドレス

More information

untitled

untitled 国 土 を 整 え 全 力 で 備 える お 知 ら せ 平 成 27 年 4 月 9 日 資 料 提 供 先 : 島 根 県 政 記 者 会 平 成 27 年 度 直 轄 事 業 ( 島 根 県 分 ) 予 算 概 要 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 中 国 地 方 整 備 局 浜 田 河 川 国 道 事 務 所 ( 河 川 ) 副 所 長 のもと 野 元 ( 道 路 ) 副 所 長 ふじはら

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

目 次 1. 流 域 の 概 要...1 1-1 西 除 ブロックの 構 成... 1 1-2 流 域 の 歴 史... 1 1-3 流 域 の 現 状... 2 1) 自 然 環 境 特 性...2 2) 社 会 環 境 特 性...4 3) 河 特 性... 5 4) 水 利 用 と 空 間 利

目 次 1. 流 域 の 概 要...1 1-1 西 除 ブロックの 構 成... 1 1-2 流 域 の 歴 史... 1 1-3 流 域 の 現 状... 2 1) 自 然 環 境 特 性...2 2) 社 会 環 境 特 性...4 3) 河 特 性... 5 4) 水 利 用 と 空 間 利 大 和 水 系 西 除 ブロック 河 整 備 計 画 平 成 17 年 4 月 大 阪 府 目 次 1. 流 域 の 概 要...1 1-1 西 除 ブロックの 構 成... 1 1-2 流 域 の 歴 史... 1 1-3 流 域 の 現 状... 2 1) 自 然 環 境 特 性...2 2) 社 会 環 境 特 性...4 3) 河 特 性... 5 4) 水 利 用 と 空 間 利 用...

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木)

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木) 1 2 地 域 の 主 要 渋 滞 箇 所 近 江 八 幡 竜 王 線 等 の 事 業 推 進 2 路 線 彦 根 八 日 市 甲 西 線 等 の 通 学 路 の 歩 道 整 備 事 業 の 推 進 6 路 線 近 江 八 幡 竜 王 線 ( 六 枚 橋 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 国 道 421 ( 四 ツ 辻 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 彦 根 八 日 市 甲 西 線 (

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information