(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ"

Transcription

1 糖 質 とは 炭 水 化 物 のうち, 消 化 管 内 で 消 化 酵 素 によって 加 水 分 解 を 受 けて 吸 収 される 物 質,あるいはそのま ま 吸 収 を 受 ける 物 質 を 糖 質 という また, 消 化 吸 収 を 受 けない 炭 水 化 物 を 食 物 繊 維 という 糖 質 には,そのまま 小 腸 で 吸 収 を 受 けるグルコース(ブドウ 糖 ),フルクトース( 果 糖 ),ガラクト ースなどの 単 糖 類,スクロース(ショ 糖 ),マルトース( 麦 芽 糖 ),ラクトース( 乳 糖 )などの 二 糖 類, デンプンやグリコーゲンなどの 多 糖 類 が 存 在 する 糖 質 の 役 割 右 の 図 は, 水 分 を 除 く 食 事 組 成 としての 一 般 的 な 栄 養 素 の 構 成 比 と, 成 人 男 性 における 対 組 成 としての 栄 養 素 の 構 成 比 である 図 に 示 すように, 糖 質 は, 食 事 組 成 で 約 60% を 占 めているが, 体 組 成 としては,わずか 1% 程 度 でしかない このことから, 糖 質 は 毎 日 の 食 事 では 多 く 摂 取 しているものの, 日 々 消 費 されていることを 示 している この 消 費 と は,エネルギー 源 としての 利 用 ( 糖 質 1g あた り 4kcal)である 構 成 比 (%) 栄 養 素 構 成 比 の 比 較 食 事 組 成 体 組 成 ( 成 人 男 性 ) たんぱく 質 脂 質 糖 質 ビタミン ミネラル 糖 質 の 種 類 (1) 単 糖 類 糖 質 の 最 小 単 位 を 単 糖 類 といい,その 骨 格 に 炭 素 を6つ 持 つ 六 単 糖 と 炭 素 を5つ 持 つ 五 単 糖 に 大 き く 分 類 される なお, 六 単 糖 には,グルコース,フルクトース,ガラクトース,マンノースなどがあ り, 五 単 糖 にはリボースがある 次 の 図 は 単 糖 類 (グルコースとフルクトース)の 構 造 である なお, 赤 い 数 字 は, 炭 素 の 位 置 的 な 番 号 である また,グルコースの 構 造 の 部 分 の 赤 い 点 線 の で 囲 んだ 部 分 について,D-グルコースは 水 溶 液 中 で 鎖 状 構 造 以 外 に 環 状 構 造 (ピラノース 型 )をとって 存 在 す る 環 状 構 造 をとった 場 合 C1 炭 素 は 不 斉 炭 素 原 子 になり 新 しい 異 性 が 生 じる これをアノマーと いい α 型 とβ 型 で 表 す(フルクトースの 場 合 は1の 位 置 の 違 いによる) -1-

2 (2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものである (3) 多 糖 類 多 糖 類 は,さらに 単 糖 類 がグリコシド 結 合 してできたもので, 代 表 としてはデンプンとグリコーゲ ンがある なお,デンプンは, 多 数 のグルコースが 連 結 したものであるが, 結 合 の 仕 方 によって,ア ミロースとアミロペクチンに 分 類 される アミロースは, 次 の 図 のように 多 数 の(α-グルコース)が 次 々に(1 位 と4 位 )で 縮 合 (α-1, 4 結 合 )して 直 鎖 状 に 連 結 した 構 造 を 持 ち (らせん 構 造 )をとる 普 通 のでんぷんの 中 に(20~2 5%) 含 まれる ヨウ 素 でんぷん 反 応 を 示 す 一 方,アミロペクチンは, 次 の 図 のように 多 数 のαーグルコースが 次 々に1 位 と4 位 で 縮 合 してい るほか (1 位 と6 位 )との 縮 合 (α-1,6 結 合 )も 含 まれ ( 枝 分 かれした 網 状 の 構 造 )を 持 つ 普 通 のでんぷんの 中 に(75~80%) 含 まれる もち 米 は100%アミロペクチンからできている 赤 紫 色 のヨウ 素 でんぷん 反 応 を 示 す -2-

3 糖 質 の 消 化 吸 収 (1) デンプンの 消 化 摂 取 された 食 物 は, 口 腔 で 咀 嚼 されて 唾 液 とよく 混 合 される この 過 程 で,デンプンは 唾 液 に 含 ま れる 加 水 分 解 酵 素 である 唾 液 アミラーゼによって 分 解 され, 一 部 はマルトース( 麦 芽 糖 )まで 加 水 分 解 さ れる 嚥 下 された 後, 唾 液 アミラーゼは 胃 酸 によって 失 活 し, 一 旦 分 解 はストップする その 後, 十 二 指 腸 に 到 達 すると, 胃 酸 によって 酸 性 となった 内 容 物 が 膵 液 によって 中 和 され, 膵 液 中 に 含 まれる 膵 アミラーゼの 作 用 によってデキストリンとマルトースに 分 解 される (2) 二 糖 類 の 消 化 摂 取 された 食 物 中 のスクロース,マルトース,ラクトースなどの 二 糖 類 や,デンプンの 消 化 過 程 で 生 成 されたマルトースやイソマルトース(グルコースのα-1,6 結 合 によるマルトース)は, 小 腸 粘 膜 上 皮 細 胞 の 膜 組 織 からなる 微 絨 毛 ( 刷 子 縁 )に 存 在 する 酵 素 によって 加 水 分 解 されて 単 糖 類 となり, 分 解 と 同 時 に 上 皮 細 胞 内 に 吸 収 される( 消 化 の 最 終 段 階 と 吸 収 の 開 始 に 明 確 な 区 切 りがない) この 過 程 を 膜 消 化 という 吸 収 された 単 糖 類 は, 小 腸 上 皮 細 胞 内 で 毛 細 血 管 に 入 り, 門 脈 を 通 じて 肝 臓 に 送 られる この 消 化 に 関 わる 消 化 酵 素 として,スクラーゼ(スクロースをグルコースとフルクトースに 分 解 ), マルターゼ(マルトースをグルコース2 分 子 に 分 解 ),イソマルターゼ(イソマルトースのα-1,6 グリコシド 結 合 を 切 断 してグルコース2 分 子 に 分 解 ),ラクターゼ(ラクトースをグルコースとガラク トースに 分 解 )がある なお,ラクターゼの 活 性 は, 一 般 に 子 どものうちは 高 いが, 成 長 と 共 に 低 下 する そのため, 子 どものときに 牛 乳 を 飲 んでもなんともなかったのが, 大 人 になって 牛 乳 を 飲 むと お 腹 がゴロゴロいったり,ひどい 場 合 には 下 痢 を 起 こす 人 もいる このラクターゼ 活 性 が 極 端 に 低 下 した 状 態 を 乳 糖 不 耐 症 というが,これは,ラクターゼ 活 性 の 低 下 によって, 乳 糖 を 分 解 できず, 消 化 不 良 を 起 こした 状 態 である (3) 単 糖 類 の 吸 収 膜 消 化 を 受 けて 作 られた 単 糖 類 は, 小 腸 粘 膜 上 皮 細 胞 へ 吸 収 される 単 糖 類 の 吸 収 は,その 種 類 に よって 吸 収 機 構 と 度 合 いが 異 なる 吸 収 機 構 には, 能 動 輸 送, 受 動 輸 送 ( 単 純 拡 散 と 促 進 拡 散 )があ る 能 動 輸 送 は,エネルギー(ATP:アデノシン3リン 酸 )を 必 要 とする 代 わりに, 膜 の 内 外 の 濃 度 差 に 依 存 しないで 吸 収 速 度 が 速 い 一 方, 受 動 輸 送 は,エネルギーを 必 要 としないが, 濃 度 差 ( 濃 度 勾 配 )に 依 存 するため, 膜 の 内 外 で 濃 度 が 同 じになると 吸 収 できない また, 受 動 輸 送 のうち 促 進 拡 散 は, 能 動 輸 送 のように 担 体 ( 運 び 屋 )が 存 在 するため, 単 純 拡 散 に 比 べて 吸 収 速 度 は 速 いが, 基 本 的 に 受 動 輸 送 であるため, 濃 度 勾 配 に 逆 らうことはできない グルコースやガラクトースの 大 多 数 は 能 動 輸 送 によって 効 率 的 に 吸 収 される また,フルクトースな どの 単 糖 類 は 単 純 拡 散 や 促 進 拡 散 で 吸 収 されるが,その 種 類 によって 吸 収 効 率 に 差 がある 血 糖 値 血 糖 値 とは, 血 液 中 のグルコース 濃 度 である なお, 小 腸 での 吸 収 後 に 門 脈 を 通 じて 肝 臓 に 送 られ たフルクトースとガラクトースは, 肝 臓 内 でグルコースに 転 換 される 血 糖 値 は, 組 織 (とくに 脳 神 経 などほとんどグルコースしかエネルギー 源 として 利 用 できない 組 織 ) -3-

4 へのエネルギー 源 供 給 の 確 保 のために,ホルモンなどの 内 分 泌 系 や 自 律 神 経 系 によって 厳 密 に 調 節 さ れており, 健 常 人 で 空 腹 時 には 60~100mg/dL の 範 囲 である この 血 糖 値 は 食 事 摂 取 によって 上 昇 す るが, 食 後 30~1 時 間 で 最 大 となり, 食 後 3 時 間 には 空 腹 時 レベルに 低 下 する 血 糖 値 を 低 下 させる 作 用 を 持 つのは,インスリンのみである インスリンは, 膵 臓 のランゲルハン ス 島 のβ 細 胞 から 分 泌 され, 肝 臓 や 筋 肉 に 作 用 して 血 中 のグルコースを 取 り 込 んでグリコーゲンに 変 換 したり(グリコーゲン 合 成 ), 取 り 込 んだグルコースを 直 接 エネルギー 代 謝 に 利 用 するほか, 脂 肪 細 胞 に 働 いて, 取 り 込 んだグルコースを 材 料 として 脂 肪 ( 中 性 脂 肪 )の 合 成 を 促 進 して 皮 下 脂 肪 として 貯 蔵 させることによって, 結 果 として 血 糖 値 を 低 下 させている 一 方, 血 糖 値 を 上 昇 させる 作 用 を 示 すホルモンは, 次 の 表 に 示 すように 複 数 存 在 する ホルモン 分 泌 器 官 血 糖 値 への 作 用 機 序 グルカゴン 膵 臓 ランゲルハンス 島 α 細 胞 肝 グリコーゲン 分 解 促 進 糖 新 生 促 進 糖 質 コルチコイド(コルチゾール) 副 腎 皮 質 たんぱく 質 異 化 亢 進 ( 糖 新 生 ) 末 梢 組 織 の 糖 利 用 抑 制 アドレナリン 副 腎 髄 質 肝 グリコーゲン 分 解 促 進 グルカゴン 作 用 の 増 強 成 長 ホルモン 脳 下 垂 体 前 葉 肝 グリコーゲン 分 解 促 進 末 梢 組 織 の 糖 利 用 抑 制 甲 状 腺 ホルモン 甲 状 腺 消 化 管 からの 糖 質 吸 収 促 進 糖 質 のエネルギー 代 謝 糖 質 の 主 な 代 謝 には 次 の 表 のような 過 程 があり,もっとも 基 本 となるのは, 解 糖 系 とクエン 酸 回 路, グリコーゲン 合 成 分 解 などである 解 糖 系 無 酸 素 でエネルギー 産 生 を 行 う,グルコースからピルビン 酸,または 乳 酸 までの 過 程 細 胞 質 で 行 われる 基 質 準 位 のリン 酸 化 反 応 なお, 生 成 された 乳 酸 は, 肝 臓 へ 送 られてグルコースに 変 換 される クエン 酸 回 路 ミトコンドリアで 行 われ, 酸 素 を 使 ってエネルギーを 産 生 基 質 準 位 のリン 酸 化 反 応 と 酸 化 的 リン 酸 化 ( 電 子 伝 達 系 )があり, 水 と 二 酸 化 炭 素 を 産 出 する なお,こ のときにできる 水 を 酸 化 水 ( 代 謝 水 )という ペントースリン 酸 回 路 リボース 5 リン 酸 の 生 成 DNA,RNA の 合 成 (ヌクレオチド 生 成 ) NADPH の 生 成 脂 肪 酸,コレステロール 等 の 合 成 に 関 与 細 胞 質 で 行 われるが,エネルギーは 産 生 しない 糖 新 生 糖 質 以 外 ( 乳 酸,アミノ 酸 など)からグルコースを 生 成 する 脂 肪 について,グリセロールからは 糖 新 生 がおこるが, 脂 肪 酸 からは 行 われない ウロン 酸 回 路 グルクロン 酸 抱 合 によって 解 毒 や 直 接 ビリルビンを 合 成 -4-

5 次 の 図 は,グルコースを 中 心 とした 代 謝 経 路 の 基 本 である( 一 部 省 略 ) 解 糖 系 は, 単 糖 類 の 中 でも 代 表 的 なグルコース(ブドウ 糖 )がピルビン 酸 または 乳 酸 に 酸 化 される 過 程 である なお,ピルビン 酸 は, 無 酸 素 状 態 では 乳 酸 となり, 有 酸 素 状 態 では,アセチル CoA とな るが,このときには 補 酵 素 型 ビタミンB1 が 必 要 である グリコーゲン 合 成 は, 肝 臓 や 筋 肉 において,グルコースなどの 単 糖 類 からのグリコーゲンを 合 成 し, 貯 蔵 する 過 程 であり,グリコーゲン 分 解 は,グリコーゲンを 分 解 してグルコースに 戻 したり, 解 糖 系 につなげる 過 程 である なお, 肝 臓 のグリコーゲンは, 活 動 のためのエネルギー 生 成 として 直 接 解 糖 系 につなげることはできないが,グルコースとして 血 糖 値 の 維 持 に 役 立 つ 一 方, 筋 肉 のグリコーゲ ンは,グルコースに 変 換 して 血 糖 値 を 維 持 する 目 的 に 利 用 することはできないが, 活 動 のための 貯 蔵 エネルギーとして 利 用 が 可 能 である TCA 回 路 は,アセチル CoA が 二 酸 化 炭 素 と 水 に 完 全 酸 化 される 過 程 であり, 解 糖 系 から TCA 回 路 までの 一 連 のこの 代 謝 反 応 を 化 学 式 で 示 すと,C6H12O6+6O2 6CO2+6H2O+38ATP(ただし,グル コースのリン 酸 化 とフルクトース 6 リン 酸 のリン 酸 化 でそれぞれ 1ATP で 合 計 2ATP を 利 用 すること から ATP 産 生 量 を 36ATP とする 場 合 もある ) となる したがって, 糖 質 を 100%エネルギー 源 と して 利 用 した 場 合, 呼 吸 商 ( 酸 性 CO2/ 消 費 O2)は 6/6 で 1.0 となる なお,ATP(アデノシン 3 リン 酸 )は,アデニン,リボース,3 リン 酸 からなるヌクレオチドであ り,とくに 3 リン 酸 の 部 分 は,エネルギー 担 体 として 重 要 である この 3 リン 酸 の 部 分 が 加 水 分 解 に よって 無 機 リン 酸 を 生 ずるときに 熱 ( 自 由 エネルギー)が 発 生 し,これをエネルギーとして 利 用 して いる(ATP ADP+Pi) また,ATP の 加 水 分 解 によって 生 じた ADP(アデノシン 2 リン 酸 )は,ニコチンアミドアデニンジ -5-

6 ヌクレオチド(NADH)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FADH2)によって,ATP の 再 合 成 に 利 用 することができる この 反 応 は,ミトコンドリア 内 の 電 子 伝 達 系 ( 酸 化 的 リン 酸 化 )によって 行 わ れる( 下 図 参 照 ) -6-

4) 舌 (172) 有 郭 乳 頭 味 蕾 ++( 味 覚 受 容 器 ) 葉 状 乳 頭 味 蕾 + 舌 乳 頭 舌 の 構 造 糸 状 乳 頭 角 化 する 乳 頭 茸 状 乳 頭 味 蕾 ± 舌 扁 桃 リンパ 装 置 咽 頭 リンパ 輪 を 構 成 味 覚 細 胞 と 神 経 支 配 域

4) 舌 (172) 有 郭 乳 頭 味 蕾 ++( 味 覚 受 容 器 ) 葉 状 乳 頭 味 蕾 + 舌 乳 頭 舌 の 構 造 糸 状 乳 頭 角 化 する 乳 頭 茸 状 乳 頭 味 蕾 ± 舌 扁 桃 リンパ 装 置 咽 頭 リンパ 輪 を 構 成 味 覚 細 胞 と 神 経 支 配 域 F 消 化 器 系 のしくみと 働 き 1 消 化 器 系 (170) 生 体 が 活 動 し 健 康 を 維 持 するためには 食 物 を 摂 取 し 栄 養 分 を 吸 収 することが 必 須 である 消 化 とは 吸 収 とは 吸 収 に 適 したより 小 さい 分 機 械 的 消 化 咀 嚼 混 合 蠕 動 運 動 による 子 に 分 解 される 過 程 化 学 的 消 化 消 化 酵 素

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

<4040208D918E8E89DF8B8E96E22D826C828F82948288828582922D82638261>

<4040208D918E8E89DF8B8E96E22D826C828F82948288828582922D82638261> 過 去 問 クラブ 回 ~8 回 kakomon-club.com 柔 整 鍼 灸 あマ 指 共 通 科 目 Hyper-Mix [ 科 目 名 ]=0 解 剖 学 [ 章 名 ]=08 内 分 泌 系 < > 005 H08 00 H07 H06 00 J00 J08 009 J05 下 垂 体 について 誤 っている 記 述 はどれか トルコ 鞍 の 中 に 位 置 する 腺 性 下 垂 体 と

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

APH06.mcd

APH06.mcd 平 成 年 保 育 士 試 験 問 題 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 会 場 名 教 室 名 を 確 認 し 誤 りがある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に 申 し 出 ること 漢 字 氏 名 を 必 ず 記

More information

解剖・栄養生理学

解剖・栄養生理学 栄 養 生 理 学 消 化 器 系 と 栄 養 参 考 書 山 本 ら: 第 18 章 この 講 義 で 身 に 付 けること 消 化 と 吸 収 の 概 念 について 理 解 する 内 臓 の 一 般 的 な 構 造 について 理 解 する 口 腔 から 胃 までで 起 きる 消 化 メカニズムについ て 学 ぶ 小 腸 と 大 腸 の 役 割 について 理 解 する 分 泌 液 に 含 まれる

More information

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性 2016 年 6 月 23 日 放 送 新 しい 糖 尿 病 治 療 薬 の 使 い 方 虎 の 門 病 院 内 分 泌 代 謝 科 部 長 森 保 道 糖 尿 病 の 90% 以 上 を 占 める 2 型 糖 尿 病 は インスリン 作 用 の 障 害 とインスリン 分 泌 不 全 の 2 つの 病 態 によって 血 糖 調 節 機 構 が 破 たんし 慢 性 の 高 血 糖 を 呈 する 疾 患

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

Unknown

Unknown 視 床 下 部 下 垂 体 関 連 76 視 床 下 部 下 垂 体 関 連 77 甲 状 腺 関 連 甲 状 腺 関 連 78 副 甲 状 腺 関 連 副 甲 状 腺 関 連 79 副 甲 状 腺 関 連 副 腎 髄 質 関 連 80 副 甲 状 腺 関 連 副 腎 髄 質 関 連 副 腎 髄 質 関 連 副 腎 髄 質 関 連 81 副 腎 皮 質 関 連 82 副 腎 皮 質 関 連 副 腎

More information

薬物とは

薬物とは 薬 理 学 とは 薬 と 生 体 との 相 互 作 用 の 結 果 起 こる 現 象 を 研 究 する 科 学 である 1) 病 気 病 態 についての 知 識 が 必 要 2) 薬 物 そのものや 薬 物 とその 薬 物 を 与 えられるヒト( 患 者 )との 関 係 についての 十 分 な 知 識 が 必 要 この 知 識 を 重 点 的 に 与 えるのが 薬 理 学 である 病 気 の 治 療

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

5 要 介 護 認 定 の 申 請 先 はどれか (1) 市 町 村 (2) 保 健 所 (3) 主 治 医 (4) 介 護 保 険 施 設 (5) 社 会 福 祉 協 議 会 6 最 近 の 国 民 医 療 費 ( 年 間 国 民 1 人 当 たり)に 最 も 近 いのはどれか (1)10 万 円

5 要 介 護 認 定 の 申 請 先 はどれか (1) 市 町 村 (2) 保 健 所 (3) 主 治 医 (4) 介 護 保 険 施 設 (5) 社 会 福 祉 協 議 会 6 最 近 の 国 民 医 療 費 ( 年 間 国 民 1 人 当 たり)に 最 も 近 いのはどれか (1)10 万 円 1 世 界 保 健 機 関 (WHO) 憲 章 では 健 康 とは 身 体 的 にも 精 神 的 にも 的 にも 完 全 に 良 好 な 状 態 をいい 単 に 病 気 がないとか 病 弱 でないということではない と 定 義 している に 入 る 語 句 はどれか (1) 経 済 (2) 衛 生 (3) 機 能 (4) 社 会 (5) 家 庭 2 最 近 のわが 国 の 死 因 順 位 の1 位

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

Microsoft Word - Japan4

Microsoft Word - Japan4 ソフィーβグルカン β グルカン 培 養 液 ベーター1.3-1.6 β-グルカン 1.3-1.6 培 養 液 について グルカンとは? ブドウ 糖 のみが 多 数 つながった 多 糖 類 の 総 称 です 代 表 例 デンプン セルロース 多 糖 ( 類 )とは? ブドウ 糖 果 糖 などの 糖 質 の 最 小 単 位 を 単 糖 と 呼 び つながった 単 糖 の 数 で 二 糖 類 三 糖 類

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

Microsoft Word - 2.武藤(修正版

Microsoft Word - 2.武藤(修正版 カリウムの 有 効 性 と 安 全 性 武 藤 重 明 自 治 医 科 大 学 透 析 部 / 腎 臓 内 科 教 授 1. 体 液 とは? 私 たちの 身 体 の 約 60% は 水 (これを 体 液 と 呼 びます) で 構 成 されています( 図 1) すなわち 体 重 60 kg の 人 で はその 60% 36 l が 水 で これを 総 体 液 量 (または 全 体 液 量 )といいます

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

二 糖 類 や 単 糖 類 を 構 成 する 主 要 な 糖 体 内 でこの 形 で 消 費 される 水 飼 料 ともに 絶 やさないようにした 週 2 回 掃 除 した 糖 類 で 最 も 甘 い 果 汁 蜂 蜜 などに 存 在 する (4) 予 備 実 験 目 的 大 まかな 血 糖 値 の 推

二 糖 類 や 単 糖 類 を 構 成 する 主 要 な 糖 体 内 でこの 形 で 消 費 される 水 飼 料 ともに 絶 やさないようにした 週 2 回 掃 除 した 糖 類 で 最 も 甘 い 果 汁 蜂 蜜 などに 存 在 する (4) 予 備 実 験 目 的 大 まかな 血 糖 値 の 推 山 﨑 賞 40 糖 の 種 類 によるマウスの 血 糖 量 変 化 の 違 い 1 はじめに 血 糖 値 の 変 化 は 私 たちの 健 康 と 密 接 な 関 わり 合 いを 持 っている 例 えば 低 血 糖 は 目 眩 や 昏 睡 などを 引 き 起 こす また 糖 の 過 剰 摂 取 による 慢 性 的 な 高 血 糖 によって 現 在 社 会 問 題 となってい る 糖 尿 病 が 引

More information

輸液のレシピ_01基礎知識.indd

輸液のレシピ_01基礎知識.indd これで これで OK! 静脈栄養 のレシピ O K! 静脈栄養 の レシピ 監修 濵田 康弘 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 疾患治療栄養学分野 教授 編集 川添 和義 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 臨床薬剤学分野 准教授 著 徳島大学病院栄養サポートチーム NST 監修 濵田 康弘 編集 川添 和義 静脈栄養輸液_レシピ_表紙.indd 1 14/12/19 15:56

More information

で 味 を 感 じています 歯 について 乳 歯 は 20 本 永 久 歯 は 32 本 あります 咀 嚼 することは 食 べ ものを 飲 み 込 めるように 細 かく 噛 み 砕 くことだけではなく 顎 の 成 長 発 育 脳 の 働 きを 良 くする 等 の 効 果 があります 唾 液 について

で 味 を 感 じています 歯 について 乳 歯 は 20 本 永 久 歯 は 32 本 あります 咀 嚼 することは 食 べ ものを 飲 み 込 めるように 細 かく 噛 み 砕 くことだけではなく 顎 の 成 長 発 育 脳 の 働 きを 良 くする 等 の 効 果 があります 唾 液 について 市 民 公 開 講 座 2015 子 どものときから 持 とう!! 健 康 生 活 への 関 心 を 講 師 : 堀 田 法 子 山 口 孝 子 山 口 大 輔 日 時 :11 月 29 日 ( 日 )13:30~14:45 場 所 : 桜 山 キャンパス 看 護 学 部 308 308 講 義 室 定 員 : 小 学 生 と 保 護 者 30 組 (60 名 ) 参 加 費 :500 円 内 容

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt) 小 林 クリニック 外 来 看 護 部 糖 尿 病 糖 尿 病 とは 食 事 で 摂 った 糖 質 をうまくエネルギーとして 活 用 できず 血 液 中 のブドウ 糖 の 濃 度 ( 血 糖 値 )が 慢 性 的 に 高 くなる 状 態 を 言 います ブドウ 糖 を 細 胞 内 に 取 り 込 んでエネルギーに 変 えるには 膵 臓 から 分 泌 されるインスリンが 必 要 ですが その 分 泌

More information

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉 脂 質 栄 養 に 関 する 日 中 比 較 とオメガ 3 系 列 脂 肪 酸 の 生 理 機 能 に 関 する 研 究 家 政 教 育 専 修 59 黄 鐘 倩.はじめに 日 本 では 過 去 年 間 に 食 生 活 の 欧 米 化 により 脂 質 摂 取 量 が 3 倍 以 上 に 増 大 し メタボリ ック 症 候 群 や 生 活 習 慣 病 が 増 加 した こうした 量 的 変 化 の 弊

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

<4D F736F F D208E8E8CB196E291E881698CDF8CE382CC A955C8E862E646F63>

<4D F736F F D208E8E8CB196E291E881698CDF8CE382CC A955C8E862E646F63> 午 後 の 部 受 験 番 号 氏 名 平 成 23 年 度 香 川 県 登 録 販 売 者 試 験 問 題 ( 問 61~ 問 120) 問 61~ 問 80 人 体 の 働 きと 医 薬 品 問 81~ 問 100 薬 事 関 係 法 規 制 度 問 101~ 問 120 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 注 意 事 項 1. 指 示 があるまで 開 いてはいけません 2. 試 験

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

栄養管理 応用編 「嚥下評価、嚥下訓練・胃瘻、 経管栄養・IVH《

栄養管理 応用編 「嚥下評価、嚥下訓練・胃瘻、 経管栄養・IVH《 岸 暁 子 1 1. 嚥 下 評 価 訓 練 2. 胃 瘻 腸 瘻 3. 経 管 栄 養 4.IVH( 中 心 静 脈 栄 養 ) 2 ( 食 べ 物 を 使 う) 十 分 な 咀 嚼 するめ 飴 などを 口 に 含 んでもらって 練 習 する 摂 食 ペース ゆっくりと 頚 部 前 屈 嚥 下 反 射 が 誘 発 されやすい 随 意 的 な 咳 咳 を 意 識 的 にすることで 既 往 に 針 かかった

More information

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し の ど の 仕 事 2 0 1 5 年 3 月 4 日 黒 川 理 科 研 究 会 永 澤 義 人 私 は ふ だ ん は 自 分 の か ら だ に つ い て 深 く 考 え る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で も 一 昨 年 食 道 癌 に な り 担 当 医 か ら 食 道 癌 の 後 遺 症 で い ち ば ん 多 く 恐 ろ し い の は 誤 飲 に よ る 肺 炎

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

目 次 本 研 究 の 背 景 と 目 的 メタボリックシンドローム 食 料 自 給 率 地 産 地 消 今 回 開 発 したメニュー 2

目 次 本 研 究 の 背 景 と 目 的 メタボリックシンドローム 食 料 自 給 率 地 産 地 消 今 回 開 発 したメニュー 2 平 成 26 年 度 東 海 地 域 食 料 自 給 率 向 上 研 究 会 メタボリックシンドローム 予 防 メニュー 開 発 - 地 産 地 消 の 取 り 組 みによる 東 海 3 県 で 生 産 される 食 材 の 利 用 - 椙 山 女 学 園 大 学 生 活 科 学 部 管 理 栄 養 学 科 臨 床 栄 養 学 研 究 室 伊 藤 千 恵 美 清 水 真 菜 華 霜 鳥 有 里 1 目

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

小 腸 のうち 十 二 指 腸 に 続 く 部 分 の 概 ね 上 部 40%が 空 腸 残 り 約 60%が 回 腸 であるが 明 確 な 境 目 はない * 小 腸 の 項 において 脂 質 の 消 化 に 関 する 記 載 が 詳 細 になった 脂 質 (トリグリセリド)は 消 化 酵 素 (

小 腸 のうち 十 二 指 腸 に 続 く 部 分 の 概 ね 上 部 40%が 空 腸 残 り 約 60%が 回 腸 であるが 明 確 な 境 目 はない * 小 腸 の 項 において 脂 質 の 消 化 に 関 する 記 載 が 詳 細 になった 脂 質 (トリグリセリド)は 消 化 酵 素 ( 登 録 販 売 者 試 験 問 題 作 成 の 手 引 き ( 平 成 26 年 3 月 ) 改 訂 における 主 な 変 更 点 ご 利 用 についてのご 注 意 ここに 掲 載 しているのは 読 者 の 皆 様 の 受 験 勉 強 の 補 助 となるよう 手 引 き における 主 な 変 更 点 をまとめたものです 今 回 の 登 録 販 売 者 試 験 問 題 作 成 の 手 引 き ( 平

More information

解答

解答 はじめて 学 ぶ 健 康 スポーツ 科 学 シリーズ6 スポーツ 健 康 栄 養 学 復 習 トレーニング 解 答 解 説 1 章 1 生 物, 化 学, 生 化 学, 解 剖 生 理 学, 栄 養 学, 運 動 生 理 学 2 脚 気 はビタミン B 1 の 欠 乏 によって 生 じるが,ビタミン B 1 は 炭 水 化 物 の 代 謝 に 必 要 な 栄 養 素 であるため, 炭 水 化 物 を

More information

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓 D 循 環 器 系 のしくみと 働 き 1. 循 環 器 系 とは (113) 血 液 によって 酸 素 や 栄 養 を 組 織 細 胞 に 供 給 し 組 織 で 生 成 された 老 廃 物 の 二 酸 化 炭 素 や 尿 素 アンモニアなどを 処 理 する 器 官 ( 肺 と 腎 臓 )まで 運 搬 血 液 循 環 体 循 環 心 臓 ポンプで 全 身 に 動 脈 血 を 運 び 静 脈 血 を

More information

Chap01.indd

Chap01.indd A 栄 養 の 定 義 1 栄 養 の 概 念 A 栄 養 の 定 義 生 命 の 維 持 ヒトに 限 らず,あらゆる 生 物 は" 外 界 からの 物 質 の 摂 取 代 謝 不 要 物 の 排 泄 " という 過 程 によりエネルギーを 獲 得 し, 生 命 を 維 持 している この 現 象 を 栄 養 と 呼 ぶ ヒトは, 外 界 からの 物 質 を 食 物 から 補 給 している 食 物

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

獣医学教育モデル・コア・カリキュラム

獣医学教育モデル・コア・カリキュラム 獣 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 平 成 23 年 度 版 獣 医 学 教 育 モデル コア カリキュラムに 関 する 調 査 研 究 委 員 会 獣 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 緒 言 近 年 獣 医 学 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 変 貌 しています 国 際 的 には 公 共 獣 医 事 (Veterinary Service)を 担 う 人 材 の

More information

植 物 性 たんぱく 質 : 豆 類 穀 類 など 構 成 するアミノ 酸 の 種 類 や 量 が 異 なるので それぞれのたんぱく 質 を 含 む 食 品 をバランスよく 食 べ ましょう 3 脂 質 脂 肪 は 炭 水 化 物 と 同 様 に 体 の 熱 を 産 出 するエネルギー 源 で 糖

植 物 性 たんぱく 質 : 豆 類 穀 類 など 構 成 するアミノ 酸 の 種 類 や 量 が 異 なるので それぞれのたんぱく 質 を 含 む 食 品 をバランスよく 食 べ ましょう 3 脂 質 脂 肪 は 炭 水 化 物 と 同 様 に 体 の 熱 を 産 出 するエネルギー 源 で 糖 体 温 を 上 げる 食 事 について 食 事 は 食 事 誘 発 性 熱 代 謝 により 熱 の 産 出 を 高 めると 同 時 に 体 がそこから 得 た 栄 養 素 を 使 って 生 命 活 動 を 行 うために 必 要 不 可 欠 なものです 食 事 に 関 して 体 温 を 高 めるためには 栄 養 素 食 材 食 べ 方 などを 考 慮 する 必 要 があります 1. 栄 養 素 私 たちが

More information

寺さんのもっと健康セミナー (その3) 脳血管疾患

寺さんのもっと健康セミナー (その3) 脳血管疾患 脳 血 管 疾 患 はガン 心 疾 患 についで 死 亡 率 が 高 い 右 図 参 照 親 鴨 会 会 員 には 脳 血 管 疾 患 を 患 っている 方 がおられるため 発 病 後 の 改 善 を 中 心 に 書 きます 疾 患 の 予 防 に 関 しても 第 6 章 に 書 きました 近 年 話 題 となっている 認 知 症 に 関 しては 死 亡 率 よりも 介 護 の 観 点 が 高 いた

More information

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ はじめに 近 年 はエルニーニョ 現 象 のため 高 温 の 日 が 何 日 も 続 くようになってきまし た また 原 発 停 止 による 節 電 のため 冷 房 をなるべく 使 わず じっと 暑 さを 耐 え しのぐ 生 活 を 強 いられるようになってきました 高 温 の 日 には 熱 中 症 搬 送 者 が 何 人 いたかが 報 道 され この 人 数 が 暑 さのバロメータになっています

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393> 1 2 がん 情 報 局 第 1 回 大 腸 がん 市 民 公 開 講 座 3 上 行 結 腸 盲 腸 虫 垂 大 腸 = 結 腸 + 直 腸 横 行 結 腸 直 腸 結 腸 大 腸 下 行 結 腸 S 状 結 腸 4 粘 膜 (m) 粘 膜 下 層 (sm) 筋 層 (mp) 粘 膜 粘 膜 下 層 筋 層 浸 潤 (しんじゅん): 細 胞 が 周 囲 の 組 織 を 壊 しながら 入 り 込 み,

More information

はじめに 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 は 全 ての 疾 患 の 治 療 の 基 本 であり 特 に 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 高 血 圧 など 生 活 習 慣 関 連 疾 患 の 投 薬 を 含 む 治 療 においては その 効 果 的 実 践 が 望 まれる インスリン 以 外

はじめに 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 は 全 ての 疾 患 の 治 療 の 基 本 であり 特 に 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 高 血 圧 など 生 活 習 慣 関 連 疾 患 の 投 薬 を 含 む 治 療 においては その 効 果 的 実 践 が 望 まれる インスリン 以 外 報 告 要 旨 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 指 導 における 問 題 点 と 実 践 による 有 効 性 児 成 会 生 習 センター 済 生 会 千 里 病 院 内 科 kkニチダン 栄 養 究 所 国 立 循 環 器 病 研 究 センター 客 員 研 究 員 原 納 優 はじめに 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 は 全 ての 疾 患 の 治 療 の 基 本 であり 特 に 糖

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

三 大 ( 炭 水 化 物 たんぱく 質 脂 質 ) たんぱく 質 脂 質 炭 水 化 物 水 分 灰 分 暫 定 上 限 量 目 標 量 推 定 平 均 必 要 量 目 安 量 or 推 奨 量 耐 容 上 限 量 15~34g 46g~102g 102g 29.52g 45.9g 推 定 平 均

三 大 ( 炭 水 化 物 たんぱく 質 脂 質 ) たんぱく 質 脂 質 炭 水 化 物 水 分 灰 分 暫 定 上 限 量 目 標 量 推 定 平 均 必 要 量 目 安 量 or 推 奨 量 耐 容 上 限 量 15~34g 46g~102g 102g 29.52g 45.9g 推 定 平 均 カロリーSlism 摂 取 適 正 値 算 出 基 準 について 内 容 適 用 サイト 参 考 文 献 カロリーSlism 内 で 利 用 する 利 用 者 向 けの 摂 取 適 正 値 を 機 械 的 に 算 出 するにあたり 参 考 にしたデータと 摂 取 適 正 値 の 算 出 基 準 について 記 載 いたします カロリーSlism http://slism.jp/calorie/ 日 本

More information

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先 各 位 2015 年 6 月 2 日 オプジーボ( 一 般 名 :ニボルマブ)の 第 Ⅰ/Ⅱ 相 臨 床 試 験 で 肝 細 胞 がん 患 者 における 抗 腫 瘍 活 性 を PD-1 免 疫 チェックポイント 阻 害 薬 として 初 めて 示 す (ニュージャージー 州 プリンストン 2015 年 5 月 29 日 )-ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 (NYSE:BMY)は 治 療 歴 を

More information

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ No.11 かまぼこには DNA を 守 る 力 がある! 研 究 タイトル; 新 たに 開 発 した 脱 塩 基 DNA 法 で 評 価 する かまぼこ の 癌 予 防 効 果 主 任 研 究 者 ; 原 田 和 樹 (( 独 ) 水 産 大 学 校 食 品 科 学 科 食 品 加 工 利 用 学 講 座 教 授 ) 研 究 目 的 ; かまぼこには 癌 の 予 防 効 果 があるかどうかを 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

Microsoft PowerPoint - 12メタボリックシンドローム(20120901) (NXPowerLite).ppt

Microsoft PowerPoint - 12メタボリックシンドローム(20120901) (NXPowerLite).ppt 目 次 メタボリックシンドローム メタボリックシンドロームとは? どんな 人 がなるの? どうすれば 内 臓 脂 肪 を 減 らせるの? 運 動 で 減 らす 食 事 で 減 らす メタボリックシンドローム 人 口 該 当 者 数 約 1070 万 人 予 備 軍 数 約 940 万 人 合 計 約 2010 万 人 (%) 60 50 40 30 20 10 0 30.3 40 歳 ~74 歳 男

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

Microsoft PowerPoint - 【講習会用】食品表示法

Microsoft PowerPoint - 【講習会用】食品表示法 資 料 4 食 品 表 示 法 保 健 事 項 に 係 る 表 示 について 沖 縄 県 保 健 医 療 部 健 康 長 寿 課 1 食 品 表 示 法 原 材 料 JAS 法 品 質 名 称 消 費 賞 味 期 限 保 存 方 法 食 品 衛 生 法 食 品 安 全 の 確 保 添 加 物 原 産 地 内 容 量 等 遺 伝 子 組 み 換 え 製 造 者 名 簿 アレルギー 等 健 康 増 進

More information

321カルシウム 剤 < 企 業 提 案 例 > L-アスパラギン 酸 カルシウム 水 和 物 くすりのしおり 3200000A0000 333333333 内 服 剤 2009 年 7 月 作 成 薬 には 効 果 (ベネフィット)だけでなく 副 作 用 (リスク)があります 副 作 用 をなるべ

321カルシウム 剤 < 企 業 提 案 例 > L-アスパラギン 酸 カルシウム 水 和 物 くすりのしおり 3200000A0000 333333333 内 服 剤 2009 年 7 月 作 成 薬 には 効 果 (ベネフィット)だけでなく 副 作 用 (リスク)があります 副 作 用 をなるべ 滋 養 強 壮 薬 薬 効 中 分 類 及 び 事 例 321 カルシウム 剤 L-アスパラギン 酸 カルシウム 水 和 物 322 無 機 質 製 剤 剤 クエン 酸 第 一 鉄 ナトリウム 323 糖 類 剤 ブドウ 糖 324 有 機 酸 製 剤 なし 325 タンパクアミノ 酸 製 剤 アミノ 酸 糖 質 脂 質 ほか 326 臓 器 製 剤 なし 327 乳 幼 児 製 剤 なし 329

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

白馬を振り返って

白馬を振り返って 登 山 時 の 食 料 と 水 分 摂 取 について H24.06.12 坂 口 仁 治 1. 行 動 食 と 昼 食 登 山 の 行 動 中 に 調 理 の 手 間 をかけ 無 いですぐ 食 べられるように 用 意 した ものを 行 動 食 と 言 います 冬 山 登 山 やロッククライミングなどでは 腰 を 下 ろして 休 める 場 所 が 少 な く また 時 間 をかけて 食 事 を 取 れないことが

More information

はじめに

はじめに 中 毒 ガイドライン 湘 南 地 区 メディカルコントロール 協 議 会 1 A. 本 ガイドラインについて 本 ガイドラインは 急 性 中 毒 に 対 する 病 院 前 の 救 急 対 応 の 指 針 を 明 らかにする 目 的 で 湘 南 救 急 活 動 研 究 協 議 会 の 救 急 プレホスピタル 中 毒 マニュアル 救 急 現 場 の 中 毒 診 療 学 ( 第 4 版 )および 救 急

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 -- - 0 - -- 貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 た 赤 血 球 これらの 状 況 は 体 の 各 器 官 の 酸 素 不 足

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718F9190D09770819A8FA49569926D8EAF967B95B6815B2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718F9190D09770819A8FA49569926D8EAF967B95B6815B2E646F6378> 食 品 の 基 礎 知 識 1. 食 品 の 機 能 と 大 切 さ 食 品 には 以 下 の3つの 機 能 があります 食 品 の3つの 機 能 ➊ 栄 養 機 能 生 命 の 維 持 タンパク 質 糖 質 ビタミン 等 必 要 な 栄 養 素 を 補 給 して 生 命 を 維 持 する 機 能 ❷ 嗜 好 食 感 機 能 おいしさ 色 香 り 歯 ごたえ 舌 触 りなど 食 べた 時 においしさを

More information

Microsoft Word - 20140421最終高砂報252号174回透析予防、SGLT2阻害薬20140320.docx

Microsoft Word - 20140421最終高砂報252号174回透析予防、SGLT2阻害薬20140320.docx 高 砂 報 252 号 第 174 回 葛 飾 高 砂 会 平 成 26 年 3 月 20 日 編 集 担 当 鈴 木 恒 久 大 越 松 司 加 藤 光 敏 院 長 加 藤 則 子 管 理 栄 養 士 校 正 平 成 26 年 3 月 20 日 ( 木 ) 午 後 12 時 30 分 から 同 2 時 30 分 まで クリニック B1 集 会 室 にて 多 数 参 加 のもと 3 月 定 例 患

More information

食育論

食育論 食 育 論 発 育 発 達 と 栄 養 香 川 雅 春 mskagawa@eiyo.ac.jp この 講 義 から 学 ぶこと 1. 発 育 と 発 達 の 違 いについて 理 解 する 2. 発 育 パターンと 性 差 について 学 ぶ 3. 日 本 人 の 食 事 摂 取 基 準 の 概 要 について 学 ぶ 4. 主 要 な 栄 養 素 が 発 育 発 達 に 及 ぼす 影 響 を 考 える

More information

平成23年度長崎県登録販売者試験問題

平成23年度長崎県登録販売者試験問題 医 薬 品 に 共 通 する 特 性 と 基 本 的 な 知 識 以 下 の 設 問 中 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 旧 称 : 薬 事 法 )を 医 薬 品 医 療 機 器 等 法 と 表 記 する 問 1 医 薬 品 の 本 質 に 関 する 以 下 の 記 述 の 正 誤 について 正 しい 組 み 合

More information

< F2D91E682518FCD208DC CC B8A D8EAF2E>

< F2D91E682518FCD208DC CC B8A D8EAF2E> 補 足 事 項 第 2 章 最 新 の 栄 養 学 的 知 識 1. 動 物 性 タンパク 質 の 過 剰 摂 取 の 害 2. 牛 乳 信 仰 の 弊 害 と カルシウム パラドックス 牛 乳 は 悪 い 食 品!? 3. 砂 糖 の 過 剰 摂 取 の 害 4. 第 6の 栄 養 素 食 物 繊 維 5.ますます 明 らかになってきた 腸 内 細 菌 の 重 要 性 6. 脂 肪 油 の 摂 り

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

新技術説明会 様式例

新技術説明会 様式例 1 虫 歯 菌 のATP 合 成 酵 素 を 標 的 とする 抗 菌 薬 スクリーニングシステム 岩 手 医 科 大 学 薬 学 部 分 子 生 物 薬 学 講 座 助 教 荒 木 信 Streptococcus mutansについて グラム 陽 性 の 通 性 嫌 気 性 の 連 鎖 球 菌 う 歯 の 原 因 菌 虫 歯 菌 とも 呼 ばれる 糖 を 分 解 して 乳 酸 を 分 泌 し 酸 性

More information

News Letter 2014.08.JP

News Letter 2014.08.JP 台 湾 に 於 けるサプリメント 輸 入 管 理 規 範 前 書 き 台 湾 が 高 齢 化 社 会 へ 進 むに 伴 い 人 々は 益 々 健 康 志 向 が 高 まり 日 々の 食 事 か らの 栄 養 摂 取 するほか サプリメントを 通 じて 不 足 しがちな 栄 養 を 補 足 しよ うと 望 むようになった サプリメントの 形 態 も 従 来 のビタミン 剤 から 現 在 の 人 体 特

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

Microsoft Word - 第25回臨床栄養学TTK252

Microsoft Word - 第25回臨床栄養学TTK252 25-121 医 療 と 臨 床 栄 養 に 関 する 組 合 せである 正 しいのはどれか (1)クリニカルパス - 代 替 医 療 (2)インフォームドコンセント - 障 がい 者 との 共 生 (3)リスボン 宣 言 - 患 者 の 自 己 決 定 権 (4)QOL - 医 療 の 質 (5)ヘルシンキ 宣 言 - 医 療 者 の 権 利 (1) まず クリティカルパス(critical path)の

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

ⅰ_本扉.indd

ⅰ_本扉.indd 1 2 2 2 3 2 4 3 5 4 6 4 7 9 8 9 1 28 2 33 3 36 4 40 5 41 6 43 7 47 8 49 1 1 52 1 2 56 1 3 60 2 64 3 1 66 3 2 66 4 67 5 1 68 5 2 76 5 3 84 6 92 7 96 8 97 9 98 10 1 102 10 2 104 11 108 12 109 13 109 14 110

More information

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選 2015 年 度 習 熟 度 テスト 1. 肘 関 節 を 構 成 するのは 上 腕 骨 と 橈 骨 の 他 はどれか 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 基 節 骨 (B) 尺 骨 (C) 手 根 骨 (D) 脛 骨 2. 2080 運 動 の 説 明 として 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 20 本 の 歯 を80 歳 まで 保 とうとする 運 動 (B)

More information

(無断転写を禁ず)

(無断転写を禁ず) ( 無 断 転 写 を 禁 ず) 解 答 はすべて 解 答 用 紙 に 記 入 してください 第 3 回 健 康 検 定 協 会 認 定 試 験 問 題 用 紙 回 答 2 級 注 意 事 項 1. 解 答 はすべて 解 答 用 紙 に 記 入 してください 2. 問 題 用 紙 は 試 験 終 了 後 回 収 致 します お 持 ち 帰 りにならないようお 願 い 致 します 3. 解 答 は 各

More information

目 次 頁 < 審 議 の 経 緯 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 委 員 名 簿 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 専 門 委 員 名 簿 >... 2 要 約... 3 Ⅰ. 評 価 対 象 品 目 の 概 要 製

目 次 頁 < 審 議 の 経 緯 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 委 員 名 簿 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 専 門 委 員 名 簿 >... 2 要 約... 3 Ⅰ. 評 価 対 象 品 目 の 概 要 製 ( 案 ) 特 定 保 健 用 食 品 評 価 書 キリン 午 後 の 紅 茶 ヘルシーストレート 2014 年 12 月 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 目 次 頁 < 審 議 の 経 緯 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 委 員 名 簿 >... 2 < 食 品 安 全 委 員 会 新 開 発 食 品 専 門 調 査 会 専 門 委 員 名 簿 >...

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information