中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を"

Transcription

1 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの 正 確 性 についてジェト ロが 保 証 するものではないことを 予 めご 了 承 下 さい

2 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 制 定 す る 第 二 条 本 条 例 における 商 品 商 標 に 関 する 規 定 は 役 務 商 標 にも 適 用 する 第 三 条 商 標 法 及 び 本 条 例 にいう 商 標 の 使 用 とは 商 標 を 商 品 商 品 の 包 装 又 は 容 器 及 び 商 品 取 引 書 に 用 い 若 しくは 広 告 宣 伝 展 示 及 びその 他 の 商 業 活 動 に 商 標 を 用 いるこ とをいう 第 四 条 商 標 法 第 六 条 にいう 国 家 が 必 ず 登 録 商 標 を 使 用 しなければならないと 定 めた 商 品 とは 法 律 及 び 行 政 法 規 に 必 ず 登 録 商 標 を 使 用 しなければならない 商 品 であると 規 定 したものをいう 第 五 条 商 標 法 及 び 本 条 例 の 規 定 に 基 づき 商 標 登 録 商 標 再 審 の 過 程 において 紛 争 が 生 じた 場 合 であって 且 つ 関 係 当 事 者 がその 商 標 が 著 名 商 標 に 該 当 すると 認 める 場 合 に は 商 標 局 又 は 商 標 評 審 委 員 会 に 著 名 商 標 の 認 定 を 請 求 し 商 標 法 第 十 三 条 の 規 定 に 従 っ て 商 標 登 録 出 願 を 拒 絶 させ 又 は 商 標 法 第 十 三 条 に 違 反 した 商 標 登 録 を 取 消 させることが できる 当 事 者 が 請 求 する 場 合 には 著 名 商 標 に 該 当 する 証 拠 を 提 出 しなければならない 商 標 局 商 標 評 審 委 員 会 は 当 事 者 の 請 求 により 事 実 を 明 らかにした 上 商 標 法 第 十 四 条 の 規 定 に 基 づき その 商 標 が 著 名 商 標 に 該 当 するか 否 かを 認 定 することができる 第 六 条 商 標 法 第 十 六 条 に 規 定 した 地 理 的 表 示 を 商 標 法 及 び 本 条 例 の 規 定 に 基 づき 証 明 商 標 又 は 団 体 商 標 として 商 標 登 録 出 願 することができる 地 理 的 表 示 が 証 明 商 標 として 登 録 された 場 合 には その 商 品 が 当 該 地 理 的 表 示 の 使 用 条 件 を 満 たす 自 然 人 法 人 又 はその 他 の 組 織 は 当 該 証 明 商 標 の 使 用 を 請 求 することができ 当 該 証 明 商 標 を 管 理 する 団 体 はそれを 承 認 しなければならない 地 理 的 表 示 が 団 体 商 標 と して 登 録 された 場 合 には その 商 品 が 当 該 地 理 的 表 示 の 使 用 条 件 を 満 たす 自 然 人 法 人 又 はその 他 の 組 織 は 当 該 地 理 的 表 示 を 団 体 商 標 として 登 録 する 団 体 協 会 又 はその 他 の 組 織 への 参 加 を 請 求 することができ 当 該 団 体 協 会 又 はその 他 の 組 織 はその 定 款 により 会 員 として 受 け 入 れなければならない 当 該 地 理 的 表 示 を 団 体 商 標 として 登 録 した 団 体 協 会 又 はその 他 の 組 織 への 参 加 を 請 求 しない 場 合 であっても 当 該 地 理 的 表 示 を 正 当 に 使 用 することができ 係 る 団 体 協 会 又 はその 他 の 組 織 はそれを 禁 止 する 権 利 を 有 しない 第 七 条 当 事 者 が 商 標 代 理 組 織 に 委 託 し 商 標 登 録 出 願 又 はその 他 の 商 標 関 連 手 続 を 取 り 扱 わせる 場 合 には 代 理 委 託 書 を 提 出 しなければならない 代 理 委 託 書 には 代 理 内 容 及 びその 権 限 を 明 記 しなければならない 外 国 人 又 は 外 国 企 業 の 代 理 委 託 書 には 委 託 人 の 国 籍 を 明 記 しなければならない 外 国 人 又 は 外 国 企 業 の 代 理 委 託 書 及 びその 関 連 証 明 書 類 の 公 証 認 証 手 続 は 対 等 の 原

3 則 に 基 づき 行 わなければならない 商 標 法 第 十 八 条 にいう 外 国 人 又 は 外 国 企 業 とは 中 国 に 恒 常 的 居 所 又 は 営 業 所 を 有 して いない 外 国 人 又 は 外 国 企 業 のことをいう 第 八 条 商 標 登 録 出 願 又 はその 他 の 商 標 関 連 手 続 を 行 う 場 合 には 中 国 語 を 使 用 しなけ ればならない 商 標 法 及 び 本 条 例 に 規 定 した 各 種 の 証 書 証 明 書 類 及 び 証 拠 資 料 が 外 国 語 のものである 場 合 には 中 国 語 の 訳 文 を 添 付 しなければならない それを 添 付 していない 場 合 には 係 る 証 書 証 明 書 類 又 は 証 拠 資 料 を 提 出 していないものと 見 なす 第 九 条 商 標 局 商 標 評 審 委 員 会 の 職 員 は 以 下 に 掲 げる 情 状 の 一 がある 場 合 には 回 避 しなければならない 当 事 者 又 は 利 害 関 係 人 はその 回 避 を 要 求 することができる (1) 当 事 者 若 しくは 当 事 者 又 は 代 理 人 の 近 親 者 である 場 合 (2) 当 事 者 又 は 代 理 人 とその 他 の 関 係 を 有 し 公 正 を 妨 げるおそれがある 場 合 (3) 商 標 登 録 出 願 又 はその 他 の 商 標 関 連 手 続 について 利 害 関 係 を 有 する 場 合 第 十 条 本 条 例 に 別 途 の 規 定 がある 場 合 を 除 き 当 事 者 が 商 標 局 又 は 商 標 評 審 委 員 会 に 提 出 する 書 類 又 は 資 料 の 提 出 日 について 手 交 する 場 合 には 手 交 日 を 提 出 日 とし 郵 送 する 場 合 には 差 出 しの 消 印 日 を 提 出 日 とし 消 印 が 明 らかではなく 又 は 無 い 場 合 には 商 標 局 又 は 商 標 評 審 委 員 会 が 実 際 に 受 取 った 日 を 提 出 日 とする 但 し 当 事 者 が 実 際 の 消 印 日 の 証 拠 を 提 出 する 場 合 にはこの 限 りでない 第 十 一 条 商 標 局 又 は 商 標 評 審 委 員 会 は 各 種 書 類 を 郵 送 手 交 又 はその 他 の 方 式 に よって 当 事 者 に 送 達 することができる 当 事 者 が 商 標 代 理 組 織 に 委 託 する 場 合 には 書 類 が 代 理 人 に 送 達 したことにより 当 事 者 に 送 達 したものと 見 なす 商 標 局 又 は 商 標 評 審 委 員 会 が 当 事 者 に 送 達 する 各 種 書 類 の 送 達 日 について 郵 送 した 場 合 には 受 取 りの 消 印 日 を 提 出 日 とし 消 印 が 明 らかではなく 又 は 無 い 場 合 には 書 類 を 発 送 した 日 より 15 日 の 満 了 をもって 当 事 者 に 送 達 したものと 見 なす 手 交 する 場 合 には 手 交 日 を 提 出 日 とする 書 類 を 郵 送 又 は 手 交 することができない 場 合 には 公 告 をもって 当 事 者 に 送 達 することができ 公 告 を 発 布 する 日 より 30 日 の 満 了 をもって 当 事 者 に 送 達 したものと 見 なす 第 十 二 条 国 際 商 標 登 録 については わが 国 の 加 盟 した 関 連 国 際 条 約 に 基 づき 取 り 扱 わ れる 具 体 的 取 り 扱 いは 国 務 院 工 商 行 政 管 理 部 門 により 規 定 される 第 二 章 商 標 登 録 の 出 願 第 十 三 条 商 標 登 録 出 願 する 場 合 公 布 された 商 品 及 び 役 務 分 類 表 に 基 づき 区 分 毎 に 出 願 しなければならない 商 標 登 録 出 願 は 一 件 毎 に 商 標 登 録 願 書 一 通 商 標 見 本 5 部 色 彩 を 指 定 する 場 合 には 着 色 見 本 5 部 白 黒 見 本 1 部 を 提 出 しなければならない 商 標 見 本 は 明 瞭 で 貼 付 しやすく 光 沢 のある 丈 夫 な 紙 に 印 刷 されたものとし 又 は 代 用 写 真 を 用 いることとしなければならない 縦 横 それぞれ 10cm を 越 えず 5cm を 下 回 ら ない 大 きさのものでなければならない 立 体 的 形 状 を 商 標 登 録 出 願 する 場 合 には その 旨 を 願 書 に 声 明 し 且 つ 立 体 的 形 状 を 確

4 定 することができる 見 本 を 提 出 しなければならない 色 彩 の 組 合 せを 商 標 登 録 出 願 する 場 合 には その 旨 を 願 書 に 声 明 し 且 つ 文 字 による 説 明 を 合 わせて 提 出 しなければならない 団 体 商 標 証 明 商 標 を 商 標 登 録 出 願 する 場 合 には その 旨 を 願 書 に 声 明 し 且 つ 主 体 資 格 証 明 書 類 と 使 用 管 理 規 則 を 提 出 しなければならない 商 標 が 外 国 語 のものであり 又 は 外 国 語 を 含 む 場 合 には その 意 味 を 説 明 しなければな らない 第 十 四 条 商 標 登 録 出 願 する 場 合 には 出 願 人 はその 身 分 を 証 明 することができる 有 効 証 書 の 写 しを 提 出 しなければならない 商 標 登 録 出 願 人 の 名 義 は 提 出 した 証 書 と 同 一 にし なければならない 第 十 五 条 商 品 の 名 称 又 は 役 務 項 目 は 商 品 役 務 分 類 表 に 基 づき 記 入 しなければなら ない 商 品 の 名 称 又 は 役 務 項 目 が 商 品 役 務 分 類 表 に 含 まれていない 場 合 には その 商 品 又 は 役 務 の 説 明 を 付 さなければならない 商 標 登 録 出 願 などの 関 係 書 類 はタイプ 又 は 印 刷 しなければならない 第 十 六 条 同 一 の 商 標 を 共 同 で 商 標 登 録 出 願 する 場 合 には 願 書 において 代 表 者 を 一 名 指 定 しなければならない 代 表 者 を 指 定 していない 場 合 には 願 書 の 一 番 目 に 記 載 された 者 を 代 表 者 とする 第 十 七 条 出 願 人 がその 名 義 住 所 代 理 人 を 変 更 し 又 は 指 定 商 品 を 減 縮 する 場 合 に は 商 標 局 に 変 更 手 続 を 行 うことができる 出 願 人 がその 商 標 登 録 出 願 権 を 譲 渡 する 場 合 には 商 標 局 に 譲 渡 手 続 を 行 わなければな らない 第 十 八 条 商 標 登 録 の 出 願 日 は 商 標 局 が 出 願 書 類 を 受 領 した 日 とする 出 願 手 続 が 完 備 され 且 つ 規 定 した 通 りに 出 願 書 類 が 記 載 されている 場 合 には 商 標 局 はこれを 受 理 し 且 つ 書 面 により 出 願 人 に 通 知 する 出 願 手 続 に 不 備 があり 又 は 規 定 した 通 りに 出 願 書 類 が 記 載 されていない 場 合 には 商 標 局 はこれを 受 理 せず 書 面 により 出 願 人 に 通 知 し 且 つ 理 由 を 説 明 する 出 願 手 続 が 基 本 的 に 完 備 され 又 は 出 願 書 類 が 基 本 的 に 規 定 を 満 たしているが 補 正 を 必 要 とする 場 合 には 商 標 局 は 出 願 人 に 通 知 し 補 正 させ 通 知 を 受 領 した 日 より 30 日 以 内 に 指 定 した 内 容 に 基 づき 補 正 し 且 つ 商 標 局 に 提 出 した 場 合 には 出 願 日 を 維 持 する 期 間 内 に 補 正 しない 場 合 には 出 願 権 の 放 棄 と 見 なし 商 標 局 は 出 願 人 に 書 面 で 通 知 しなけれ ばならない 第 十 九 条 二 又 は 二 以 上 の 出 願 人 が 同 一 又 は 類 似 した 商 品 について 同 一 又 は 類 似 し た 商 標 をそれぞれ 同 日 に 登 録 出 願 した 場 合 には 各 出 願 人 は 商 標 局 の 通 知 を 受 領 した 日 よ り 30 日 以 内 に その 登 録 出 願 前 に 当 該 商 標 を 使 用 した 証 拠 を 提 出 しなければならない 同 日 に 使 用 し 又 はいずれも 使 用 していない 場 合 には 各 出 願 人 は 商 標 局 の 通 知 を 受 領 した 日 より 30 日 以 内 に 自 発 的 に 協 議 することができ 且 つ 協 議 書 を 商 標 局 に 送 付 しなけれ ばならない 協 議 に 応 じられない 又 は 協 議 が 整 わない 場 合 には 商 標 局 が 各 出 願 人 に 通 知 し 且 つ 抽 選 で 出 願 人 を 一 名 確 定 し その 他 の 出 願 人 による 登 録 出 願 を 拒 絶 する 商 標 局

5 は 既 に 通 知 したにもかかわらず 出 願 人 が 抽 選 に 参 加 しなかった 場 合 には 出 願 権 の 放 棄 と 見 なす 商 標 局 はその 旨 を 書 面 により 抽 選 に 参 加 しなかった 出 願 人 に 通 知 しなければなら ない 第 二 十 条 商 標 法 第 二 十 四 条 の 規 定 に 基 づき 優 先 権 を 主 張 する 場 合 には 出 願 人 は 第 一 国 に 提 出 した 商 標 登 録 出 願 書 類 の 副 本 について 当 該 出 願 を 受 理 した 商 標 主 管 機 関 から 証 明 を 受 け 且 つ 出 願 日 及 び 出 願 番 号 を 付 さなければならない 商 標 法 第 二 十 五 条 の 規 定 に 基 づき 優 先 権 を 主 張 する 場 合 には 出 願 人 は 提 出 した 証 明 書 類 について 国 務 院 工 商 行 政 管 理 部 門 から 認 証 を 受 けなければならない 商 品 が 展 示 された 国 際 展 覧 会 が 中 国 国 内 で 開 催 された 場 合 はこの 限 りでない 第 三 章 商 標 登 録 出 願 の 審 査 第 二 十 一 条 商 標 局 は 受 理 した 商 標 登 録 出 願 について 審 査 し 商 標 法 及 び 本 条 例 の 関 連 規 定 を 満 たす 登 録 出 願 又 は 一 部 の 指 定 商 品 について 登 録 要 件 を 満 たす 登 録 出 願 の 場 合 に は 初 歩 審 定 をし 且 つ 公 告 する 規 定 を 満 たさない 登 録 出 願 又 は 一 部 の 指 定 商 品 につい て 登 録 要 件 を 満 たさない 登 録 出 願 の 場 合 には これを 拒 絶 し 又 はその 一 部 の 指 定 商 品 につ いて 商 標 を 使 用 することを 拒 絶 し 且 つ 書 面 で 出 願 人 に 通 知 しその 理 由 を 説 明 する 商 標 局 がその 一 部 の 指 定 商 品 について 商 標 登 録 出 願 を 初 歩 審 定 した 場 合 出 願 人 は 異 議 申 立 期 間 内 に 一 部 の 指 定 商 品 について 商 標 登 録 出 願 を 取 り 下 げることができる 出 願 人 は 一 部 の 指 定 商 品 について 商 標 登 録 出 願 を 取 り 下 げる 場 合 には 商 標 局 は 当 該 初 歩 審 定 を 取 消 し 審 査 手 続 を 中 止 し 改 めて 公 告 しなければならない 第 二 十 二 条 商 標 局 に 初 歩 審 定 され 且 つ 公 告 された 商 標 について 異 議 を 申 立 てる 場 合 には 異 議 申 立 人 は 商 標 局 に 商 標 異 議 申 立 書 を 一 式 二 部 提 出 しなければならない 商 標 異 議 申 立 書 には 異 議 申 立 てされた 商 標 が 掲 載 された 商 標 公 告 の 発 行 号 数 及 びその 初 歩 審 定 番 号 を 明 記 しなければならない 商 標 異 議 申 立 書 には 明 確 な 請 求 と 事 実 根 拠 を 記 入 し 且 つ 関 連 証 拠 資 料 を 添 付 しなければならない 商 標 局 は 商 標 異 議 申 立 書 の 副 本 を 速 やかに 被 申 立 人 に 送 付 し 且 つ 商 標 異 議 申 立 書 の 副 本 を 受 領 した 日 より 30 日 以 内 に 答 弁 させなければならない 被 申 立 人 が 答 弁 しなくとも 商 標 局 の 審 決 は 妨 げられない 当 事 者 は 異 議 申 立 又 は 答 弁 した 後 関 連 証 拠 資 料 を 補 充 する 場 合 には 異 議 申 立 書 又 は 答 弁 書 にその 旨 を 声 明 し 且 つ 異 議 申 立 書 又 は 答 弁 書 を 提 出 した 日 より 3 ヶ 月 以 内 に 提 出 しなければならない 期 間 内 に 提 出 しない 場 合 には 当 事 者 は 関 連 証 拠 資 料 の 補 充 を 放 棄 したものと 見 なす 第 二 十 三 条 商 標 法 第 三 十 四 条 第 2 項 にいう 異 議 の 成 立 は 一 部 の 指 定 商 品 についての 成 立 を 含 む 異 議 が 一 部 の 指 定 商 品 について 成 立 する 場 合 には 当 該 指 定 商 品 についての 商 標 登 録 出 願 を 登 録 査 定 しない 異 議 を 申 立 てられた 商 標 の 異 議 審 決 が 発 効 される 前 に 登 録 公 告 を 発 行 した 場 合 にはそ の 登 録 公 告 を 取 消 す 異 議 審 決 により 登 録 を 認 められた 商 標 は 改 めて 公 告 する 異 議 審 決 により 登 録 査 定 された 商 標 は 当 該 商 標 の 異 議 申 立 期 間 満 了 日 より 異 議 審 決 が 発 効 されるまでに 他 人 の 同 一 又 は 類 似 した 商 品 について 当 該 商 標 と 同 一 又 は 類 似 した 標 章 の 使 用 に 対 しては 遡 及 力 を 有 しない 但 し 当 該 使 用 者 の 悪 意 により 商 標 登 録 人 に 損

6 失 を 及 ぼした 場 合 これを 賠 償 しなければならない 異 議 審 決 により 登 録 が 認 められた 商 標 について 審 判 請 求 の 期 限 は 異 議 審 決 の 公 告 日 よ り 起 算 する 第 四 章 登 録 商 標 の 変 更 譲 渡 更 新 第 二 十 四 条 商 標 登 録 人 の 名 義 住 所 又 はその 他 の 登 録 事 項 を 変 更 する 場 合 には 商 標 局 に 変 更 申 請 書 を 提 出 しなければならない 商 標 局 は 承 認 した 後 商 標 登 録 人 に 相 応 の 証 明 を 付 与 し 且 つ 公 告 する 承 認 しない 場 合 には 書 面 により 申 請 人 に 通 知 し 且 つその 理 由 を 説 明 しなければならない 商 標 登 録 人 の 名 義 を 変 更 する 場 合 には 関 係 登 録 機 関 により 出 された 変 更 証 明 書 類 を 提 出 しなければならない 変 更 証 明 書 類 を 提 出 しない 場 合 には 申 請 日 より 30 日 以 内 に 補 充 しなければならない 期 間 内 に 補 充 しない 場 合 には 変 更 申 請 を 放 棄 したものと 見 なす 商 標 局 はその 旨 を 書 面 により 申 請 人 に 通 知 しなければならない 商 標 登 録 人 の 名 義 又 は 住 所 を 変 更 する 場 合 には 商 標 登 録 人 はその 登 録 商 標 の 全 部 を 一 括 して 変 更 しなければならない 一 括 して 変 更 しない 場 合 には 変 更 申 請 を 放 棄 したもの と 見 なす 商 標 局 はその 旨 を 書 面 により 申 請 人 に 通 知 しなければならない 第 二 十 五 条 登 録 商 標 を 当 事 者 間 の 協 議 により 譲 渡 する 場 合 には 譲 渡 人 と 譲 受 人 は 商 標 局 に 登 録 商 標 譲 渡 申 請 書 を 提 出 しなければならない 登 録 商 標 譲 渡 申 請 の 手 続 きは 譲 受 人 により 行 う 商 標 局 は 認 可 した 後 譲 受 人 に 相 応 の 証 明 書 を 交 付 し 且 つ 公 告 する 登 録 商 標 を 譲 渡 する 場 合 には 商 標 登 録 人 はその 同 一 又 は 類 似 した 商 品 について 登 録 し た 同 一 又 は 類 似 した 商 標 を 一 括 して 譲 渡 しなければならない 一 括 して 譲 渡 しない 場 合 に は 商 標 局 は 通 知 し 期 限 を 限 り 補 正 させる 期 間 内 に 補 正 しない 場 合 には 商 標 登 録 人 の 当 該 登 録 商 標 の 譲 渡 申 請 は 取 下 げられたものと 見 なす 商 標 局 はその 旨 を 書 面 で 出 願 人 に 通 知 しなければならない 誤 認 混 同 又 はその 他 の 悪 影 響 をもたらすおそれがある 登 録 商 標 譲 渡 申 請 については 商 標 局 はこれを 認 可 せず 書 面 により 申 請 人 に 通 知 し 理 由 を 説 明 する 第 二 十 六 条 譲 渡 以 外 の 理 由 により 商 標 権 の 移 転 が 発 生 する 場 合 には 当 該 商 標 権 を 受 ける 当 事 者 は 関 係 証 明 文 書 をもって 商 標 局 に 商 標 権 の 移 転 手 続 をしなければならな い 商 標 権 を 移 転 する 場 合 には 商 標 権 者 は 同 一 又 は 類 似 した 商 品 について 登 録 した 同 一 又 は 類 似 した 商 標 を 一 括 して 移 転 しなければならない 一 括 して 移 転 しない 場 合 には 商 標 局 は 期 限 を 限 り 補 正 させる 期 間 内 に 補 正 しない 場 合 には 当 該 登 録 商 標 移 転 申 請 を 取 下 げたものと 見 なす 商 標 局 は 書 面 により 申 請 人 に 通 知 する 第 二 十 七 条 登 録 商 標 の 更 新 登 録 をする 必 要 がある 場 合 には 商 標 局 に 商 標 更 新 登 録 願 書 を 提 出 しなければならない 商 標 局 はそれを 認 可 し 相 応 の 証 明 書 を 発 行 し 且 つ 公 告 す る 更 新 された 商 標 権 の 有 効 期 間 は 前 回 の 有 効 期 間 が 満 了 する 日 の 翌 日 より 起 算 する 第 五 章 商 標 評 審

7 第 二 十 八 条 商 標 評 審 委 員 会 は 商 標 法 第 三 十 二 条 第 三 十 三 条 第 四 十 一 条 第 四 十 九 条 の 規 定 に 基 づいて 提 出 した 商 標 再 審 の 請 求 を 受 理 する 商 標 評 審 委 員 会 は 事 実 に 基 づい て 法 律 に 従 って 再 審 を 行 う 第 二 十 九 条 商 標 法 第 四 十 一 条 第 3 項 にいう 登 録 商 標 に 異 議 がある とは 先 願 に 係 る 登 録 商 標 の 商 標 登 録 人 が 後 願 に 係 る 他 人 の 商 標 登 録 は 自 分 の 登 録 商 標 と 同 一 又 は 類 似 の 商 品 について 同 一 又 は 類 似 する 商 標 であると 認 めることをいう 第 三 十 条 商 標 再 審 を 請 求 する 場 合 商 標 評 審 委 員 会 に 請 求 書 類 を 提 出 し 同 時 に 相 手 側 の 当 事 者 の 数 と 相 応 する 部 数 の 副 本 を 提 出 しなければならない 商 標 局 の 決 定 書 又 は 裁 定 書 に 基 づいて 再 審 を 請 求 する 場 合 同 時 に 商 標 局 の 決 定 書 又 は 裁 定 書 の 副 本 を 提 出 しな ければならない 商 標 評 審 委 員 会 は 請 求 書 類 を 受 取 った 後 審 査 し 受 理 条 件 に 合 致 しているものは 受 理 し 受 理 条 件 に 合 致 しないものは 書 面 により 請 求 人 に 理 由 を 通 知 し 受 理 しない 補 正 す る 必 要 のあるものは 請 求 人 に 通 知 し 請 求 人 は 30 日 以 内 に 補 正 する 補 正 しても 規 定 に 合 致 しないものは 商 標 評 審 委 員 会 は 受 理 せず 書 面 により 請 求 人 に 理 由 を 通 知 する 期 間 を 満 了 しても 補 正 しないものは 請 求 を 取 下 げたものと 見 なし 商 標 評 審 委 員 会 は 書 面 に より 請 求 人 に 通 知 する 商 標 評 審 委 員 会 は 商 標 再 審 の 請 求 を 受 理 した 後 に 受 理 条 件 に 合 致 しないことを 発 見 し た 場 合 それを 拒 絶 し 且 つ 書 面 により 請 求 人 に 理 由 を 通 知 する 第 三 十 一 条 商 標 評 審 委 員 会 は 商 標 再 審 の 請 求 を 受 理 した 後 即 時 に 請 求 書 類 の 副 本 を 相 手 側 の 当 事 者 に 送 付 し 30 日 以 内 に 答 弁 するよう 要 求 する 期 間 内 に 答 弁 しなかった 場 合 でも 商 標 評 審 委 員 会 の 再 審 は 妨 げられない 第 三 十 二 条 当 事 者 は 再 審 の 請 求 を 提 出 してから 又 は 答 弁 してから 関 係 証 拠 を 補 充 す る 必 要 がある 場 合 請 求 書 類 又 は 答 弁 書 にその 旨 を 声 明 し 請 求 書 類 又 は 答 弁 書 を 提 出 し てから 三 ヶ 月 以 内 に 提 出 しなければならない 期 間 内 に 提 出 しなかった 場 合 関 係 証 拠 を 補 充 しないものと 見 なす 第 三 十 三 条 商 標 評 審 委 員 会 は 当 事 者 の 要 求 に 応 じて 又 は 情 状 により 再 審 の 請 求 に 対 して 公 開 審 判 を 行 うことができる 商 標 評 審 委 員 会 は 再 審 の 請 求 に 対 して 公 開 審 判 を 行 うと 決 定 した 場 合 公 開 審 判 の 15 日 前 に 当 事 者 に 通 知 し 公 開 審 判 の 期 日 場 所 及 び 審 判 官 を 知 らせる 当 事 者 は 通 知 書 により 指 定 された 期 間 内 に 回 答 しなければならない 請 求 人 が 回 答 もせず 公 開 審 判 にも 参 加 しない 場 合 再 審 の 請 求 を 取 下 げたものと 見 な し 商 標 評 審 委 員 会 は 書 面 により 請 求 人 に 通 知 する 被 請 求 人 が 回 答 もせず 公 開 審 判 にも 参 加 しない 場 合 は 商 標 評 審 委 員 会 は 欠 席 のまま 公 開 審 判 をすることができる 第 三 十 四 条 請 求 人 は 商 標 評 審 委 員 会 が 決 定 裁 定 する 前 に 請 求 を 取 下 げを 求 める 場 合 書 面 により 商 標 評 審 委 員 会 に 理 由 を 説 明 し 取 下 げることができる 請 求 を 取 下 げた とき 再 審 は 終 結 する 第 三 十 五 条 請 求 人 は 商 標 の 再 審 を 取 下 げた 場 合 同 じ 理 由 又 は 事 実 により 再 び 再 審 を

8 請 求 することはできない 商 標 評 審 委 員 会 は 商 標 の 再 審 請 求 に 対 して 既 に 裁 定 又 は 決 定 を 下 した 場 合 何 人 も 同 じ 理 由 又 は 事 実 により 再 び 再 審 を 請 求 することはできない 第 三 十 六 条 商 標 法 第 四 十 一 条 の 規 定 により 取 消 した 登 録 商 標 に 対 して その 商 標 専 用 権 は 最 初 からなかったものと 見 なす 関 係 登 録 商 標 を 取 消 した 決 定 又 は 裁 定 は 取 消 す 前 に 人 民 法 院 が 既 に 執 行 した 商 標 権 侵 害 事 件 の 判 決 又 は 裁 定 工 商 行 政 管 理 部 門 が 既 に 執 行 した 商 標 権 侵 害 事 件 の 処 理 決 定 及 び 既 に 履 行 した 商 標 譲 渡 又 は 使 用 許 諾 契 約 に 対 しては 遡 及 しない 但 し 商 標 登 録 人 の 悪 意 により 他 人 に 損 失 を 与 えた 場 合 は これを 賠 償 しな ければならない 第 六 章 商 標 使 用 の 管 理 第 三 十 七 条 登 録 商 標 を 使 用 する 場 合 商 品 商 品 の 包 装 使 用 説 明 書 又 はその 他 の 付 随 するものに 登 録 商 標 又 は 登 録 マークを 表 記 することができる 登 録 マークは( 注 の 外 を で 囲 んだもの)と(Rの 外 を で 囲 んだもの)を 含 む 登 録 マークは 商 標 の 右 上 又 は 右 下 に 表 記 する 第 三 十 八 条 商 標 登 録 証 を 遺 失 し 又 は 破 損 した 場 合 商 標 局 に 再 交 付 を 申 請 しなけ ればならない 商 標 登 録 証 を 遺 失 した 時 は 商 標 公 告 に 遺 失 声 明 を 掲 載 しなければ ならない 破 損 した 商 標 登 録 証 は 再 交 付 申 請 を 提 出 すると 同 時 に 商 標 局 に 返 納 しな ければならない 商 標 登 録 証 を 偽 造 又 は 変 造 した 場 合 刑 法 の 国 家 機 関 証 明 文 書 偽 造 変 造 罪 又 はそ の 他 の 罪 に 対 する 規 定 に 照 らして 法 律 に 基 づき 刑 事 責 任 を 追 及 する 第 三 十 九 条 商 標 法 第 四 十 四 条 第 一 二 三 号 の 行 為 の 一 つがある 場 合 は 工 商 行 政 管 理 部 門 が 商 標 登 録 人 に 期 間 を 定 めて 是 正 を 命 じる 是 正 を 拒 んだ 時 は 商 標 登 録 人 の 所 在 地 の 工 商 行 政 管 理 部 門 が 商 標 局 に 報 告 し その 登 録 商 標 の 取 消 しを 求 める 商 標 法 第 四 十 四 条 第 四 号 の 行 為 がある 場 合 には 何 人 も 商 標 局 に 関 係 状 況 を 報 告 し 当 該 登 録 商 標 の 取 消 しを 求 めることができる 商 標 局 は 商 標 登 録 人 に 通 知 し 商 標 登 録 人 は 通 知 を 受 け 取 った 日 より 二 ヵ 月 以 内 に 当 該 商 標 の 取 消 請 求 が 提 出 される 前 の 商 標 使 用 の 証 拠 資 料 又 は 不 使 用 の 正 当 理 由 を 提 出 しなければならない 期 間 内 に 使 用 の 証 拠 資 料 を 提 出 せず 又 は 証 明 が 無 効 であり 且 つ 不 使 用 の 正 当 理 由 がない 場 合 は 商 標 局 はその 登 録 商 標 を 取 消 す 前 項 でいう 商 標 の 使 用 の 証 拠 資 料 とは 商 標 登 録 人 が 登 録 商 標 を 使 用 する 場 合 の 証 拠 資 料 と 商 標 登 録 人 が 他 人 に 登 録 商 標 の 使 用 を 許 諾 する 場 合 の 証 拠 資 料 を 含 む 第 四 十 条 商 標 法 第 四 十 四 条 第 四 十 五 条 の 規 定 に 従 い 取 消 した 登 録 商 標 について 商 標 局 は 公 告 する 当 該 商 標 専 用 権 は 商 標 局 の 取 消 し 決 定 がなされた 日 より 失 効 する 第 四 十 一 条 商 標 局 商 標 評 審 委 員 会 が 取 消 した 登 録 商 標 について 取 消 し 理 由 が 一 部 の 商 品 に 限 った 場 合 当 該 部 分 の 指 定 商 品 に 使 用 する 登 録 商 標 を 取 消 す 第 四 十 二 条 商 標 法 第 四 十 五 条 第 四 十 八 条 の 規 定 により 罰 金 を 科 す 場 合 その 罰 金 額 は 不 法 所 得 の 20% 以 下 又 は 不 法 利 益 の 2 倍 以 下 とする

9 商 標 法 第 四 十 七 条 の 規 定 により 罰 金 を 科 す 場 合 その 罰 金 額 は 不 法 所 得 の 10% 以 下 と する 第 四 十 三 条 商 標 登 録 人 が 他 人 にその 登 録 商 標 の 使 用 を 許 諾 する 場 合 は 許 諾 者 は 契 約 締 結 日 から 3 ヵ 月 以 内 に 許 諾 契 約 書 の 副 本 を 商 標 局 に 登 録 のために 届 出 なければならな い 第 四 十 四 条 商 標 法 第 四 十 条 第 2 項 の 規 定 に 違 反 した 場 合 工 商 行 政 管 理 部 門 は 期 限 を 定 め 是 正 を 命 じる 期 間 を 過 ぎても 是 正 しなかった 場 合 は その 商 標 標 識 を 没 収 し 商 標 標 識 と 商 品 が 分 割 しがたい 場 合 は 商 品 を 同 時 に 没 収 し 処 分 する 第 四 十 五 条 商 標 の 使 用 が 商 標 法 第 十 三 条 の 規 定 に 違 反 する 場 合 関 係 当 事 者 は 工 商 行 政 管 理 部 門 に 使 用 禁 止 を 請 求 することができる 当 事 者 は 請 求 を 申 請 する 場 合 当 該 商 標 が 著 名 商 標 であることを 証 明 する 材 料 を 提 出 しなければならない 商 標 局 は 商 標 法 第 十 四 条 の 規 定 に 基 づいて 著 名 商 標 と 認 定 した 場 合 工 商 行 政 管 理 部 門 は 権 利 侵 害 者 の 商 標 使 用 行 為 を 差 し 止 め 商 標 標 識 を 没 収 し 廃 棄 させる 商 標 標 識 と 商 品 が 分 割 しがたい 場 合 は 商 品 を 同 時 に 没 収 し 処 分 する 第 四 十 六 条 商 標 登 録 人 がその 登 録 商 標 の 抹 消 又 はその 登 録 商 標 の 一 部 の 指 定 商 品 の 抹 消 を 申 請 する 場 合 商 標 局 に 商 標 抹 消 請 求 書 を 提 出 し 元 商 標 登 録 証 を 返 納 しなけ ればならない 商 標 登 録 人 がその 登 録 商 標 の 抹 消 又 はその 登 録 商 標 の 一 部 の 指 定 商 品 の 抹 消 を 申 請 す る 場 合 当 該 商 標 の 専 用 権 又 は 当 該 登 録 商 標 の 指 定 商 品 における 効 力 は 商 標 局 が 抹 消 請 求 を 受 理 した 日 より 失 効 する 第 四 十 七 条 商 標 登 録 人 が 死 亡 又 は 消 滅 し 死 亡 又 は 消 滅 した 日 より 一 年 経 過 後 も 当 該 登 録 商 標 の 変 更 手 続 きをしなかった 場 合 何 人 も 商 標 局 に 当 該 登 録 商 標 の 抹 消 登 録 を 申 請 することができる 抹 消 を 申 請 する 場 合 商 標 登 録 人 の 死 亡 又 は 消 滅 の 証 拠 を 提 出 しなけ ればならない 登 録 商 標 を 商 標 登 録 人 の 死 亡 又 は 消 滅 により 抹 消 する 場 合 当 該 商 標 専 用 権 は 商 標 登 録 人 の 死 亡 又 は 消 滅 した 日 より 失 効 する 第 四 十 八 条 登 録 商 標 が 取 消 され 又 は 本 条 例 第 四 十 六 条 第 四 十 七 条 の 規 定 に 基 づい て 抹 消 された 場 合 もとの 商 標 登 録 証 は 失 効 する 当 該 商 標 は 一 部 の 指 定 商 品 を 取 消 された 場 合 又 は 商 標 登 録 人 が 一 部 の 指 定 商 品 での 取 消 を 申 請 した 場 合 商 標 局 はもとの 商 標 登 録 証 に 注 釈 を 加 えて 返 還 し 又 は 新 しい 商 標 登 録 証 を 発 行 し それを 公 告 する 第 七 章 商 標 権 の 保 護 第 四 十 九 条 登 録 商 標 にその 商 品 の 一 般 名 称 図 形 規 格 とサイズ 又 は 直 接 的 に 商 品 の 品 質 主 要 原 材 料 機 能 用 途 重 量 数 量 及 びその 他 の 特 徴 を 表 示 する 又 は 地 名 を 含 む 場 合 商 標 登 録 者 は 他 人 の 正 当 な 使 用 を 禁 止 することができない

10 第 五 十 条 次 に 掲 げる 行 為 の 一 つがある 場 合 は 商 標 法 第 五 十 二 条 第 五 号 でいう 登 録 商 標 の 専 用 権 を 侵 害 する 行 為 と 見 なす (1) 同 一 又 は 類 似 の 商 品 に 他 人 の 登 録 商 標 と 同 一 又 は 類 似 の 標 章 を 商 品 名 又 は 外 観 装 飾 として 使 用 し 公 衆 の 誤 認 を 生 じさせる 場 合 (2) 他 人 の 登 録 商 標 の 専 用 権 を 侵 害 する 行 為 のために 故 意 に 保 管 運 送 郵 送 隠 匿 などの 便 宜 を 図 る 場 合 第 五 十 一 条 登 録 商 標 の 専 用 権 の 侵 害 について 何 人 も 工 商 行 政 管 理 部 門 に 提 訴 又 は 告 発 することができる 第 五 十 二 条 登 録 商 標 の 専 用 権 を 侵 害 する 行 為 に 対 する 罰 金 額 は 不 法 所 得 の 3 倍 以 下 とする 不 法 所 得 が 算 出 しがたい 場 合 罰 金 額 は 10 万 元 以 下 とする 第 五 十 三 条 商 標 登 録 人 は 自 分 の 著 名 商 標 が 他 人 により 企 業 名 称 として 登 録 され 公 衆 を 騙 し 又 は 公 衆 誤 認 をもたらすと 考 える 場 合 企 業 名 称 登 記 主 管 機 関 に 当 該 企 業 名 称 の 登 録 の 取 消 しを 請 求 することができる 企 業 名 称 登 記 主 管 機 関 は 企 業 名 称 登 記 管 理 規 定 に 基 づき 処 理 する 第 八 章 附 則 第 五 十 四 条 1993 年 7 月 1 日 まで 継 続 して 使 用 してきた 役 務 商 標 については 同 一 又 は 類 似 する 役 務 区 分 で 既 に 登 録 された 他 人 の 役 務 商 標 と 同 一 又 は 類 似 する 場 合 であって も 引 き 続 き 使 用 することを 認 める 但 し 1993 年 7 月 1 日 より 使 用 を 三 年 以 上 中 断 し たものは 継 続 して 使 用 してはならない 第 五 十 五 条 商 標 代 理 の 具 体 的 管 理 方 法 は 国 務 院 より 別 途 規 定 する 第 五 十 六 条 商 標 登 録 用 の 商 品 及 び 役 務 分 類 表 は 国 務 院 工 商 行 政 管 理 部 門 が 制 定 し 公 布 する 商 標 登 録 出 願 及 びその 他 の 商 標 事 務 の 書 式 は 国 務 院 工 商 行 政 管 理 部 門 が 制 定 し 公 布 する 商 標 評 審 委 員 会 の 評 審 規 則 は 国 務 院 工 商 行 政 管 理 部 門 が 制 定 し 公 表 する 第 五 十 七 条 商 標 局 は 商 標 登 録 簿 を 置 き 登 録 商 標 及 び 関 係 登 録 事 項 を 記 載 する 商 標 局 は 商 標 公 告 を 編 集 発 行 し 商 標 登 録 及 びその 他 の 関 係 事 項 を 掲 載 する 第 五 十 八 条 商 標 登 録 又 はその 他 の 商 標 関 連 手 続 については 費 用 を 納 付 しなければな らない 費 用 納 付 の 項 目 と 基 準 は 国 務 院 工 商 行 政 管 理 部 門 と 国 務 院 価 格 主 管 部 門 が 共 同 して 制 定 し 公 布 する 第 五 十 九 条 本 条 例 は 2002 年 9 月 15 日 より 施 行 する 1983 年 3 月 10 日 国 務 院 公 布 1988 年 1 月 3 日 国 務 院 第 一 回 改 正 承 認 1993 年 7 月 15 日 国 務 院 第 二 回 改 正 承 認 した 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 細 則 及 び 1995 年 4 月 23 日 の 国 務 院 による 商 標 登 録 の 証 明 書 送 付 問 題 に 関 する 回 答 は これと 同 時 に 廃 止 する

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 2015 年 4 月 24 日 公 付 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に ミャンマー 連 邦 共 和 国 会 社 法 The Burma Companies Act (1914) 本 資 料 は 国 家 計 画 経 済 開 発 省 企 業 投 資 管 理 局 (DICA) 発 表 のミャンマー 会 社 法 をもとに 国 際 機 関 日 本 アセアンセンターが 株 式 会 社 icubeに 委 託 し 日 本 語 に 仮 訳 したものです なお 本 資 料 はあくまで 仮

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン)

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン) 平 成 24 年 5 月 税 理 士 法 人 の 手 引 日 本 税 理 士 会 連 合 会 目 次 一 はじめに 3 頁 二 税 理 士 法 人 制 度 の 意 義 4 1. 税 理 士 法 人 の 性 格 2. 税 理 士 法 人 の 人 的 構 成 3. 税 理 士 法 人 の 業 務 内 容 4. 税 理 士 法 人 の 業 務 執 行 5. 社 員 の 常 駐 6. 社 員 の 競 業 禁

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学 (1/10) 平 成 6 年 2 月 2 6 日 制 定 平 成 27 年 2 月 25 日 一 部 改 正 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 と 称 し( 以 下 本 会 という ) 英 文 では Tokyo Amateur Rowing Association(

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

Microsoft Word - WB201507CY.docx

Microsoft Word - WB201507CY.docx 中 国 知 的 財 産 権 最 新 ニュース Watson & Band Law Offices 目 次 1. 2014 年 度 知 識 産 権 局 年 報 による 特 許 審 査 状 況 2. 改 正 専 利 行 政 執 法 弁 法 の 施 行 (2015 年 7 月 1 日 ) 3. 改 正 広 告 法 の 施 行 (2015 年 9 月 1 日 ) 2015 年 6 月 15 日 号 (W&B

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ジェイティービーが 資 金 決 済 に 関 する 法 律 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 日 本 国 との 平 和 条 約 に 基 づき 日 本 の 国

第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ジェイティービーが 資 金 決 済 に 関 する 法 律 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 日 本 国 との 平 和 条 約 に 基 づき 日 本 の 国 MoneyT Global 会 員 規 約 ( 個 人 利 用 プラン) 目 次 第 1 条 ( 目 的 ) 第 2 条 ( 定 義 ) 第 3 条 ( 銀 行 等 が 行 う 為 替 取 引 との 誤 認 の 防 止 ) 第 4 条 ( 当 サービスの 概 要 ) 第 5 条 ( 入 会 申 込 ) 第 6 条 ( 入 会 審 査 ) 第 7 条 ( 入 会 契 約 の 成 立 時 期 ) 第 8

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information