再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課"

Transcription

1 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室

2 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 題 に 係 る 平 成 年 月 日 付 け 委 託 契 約 書 ( 以 下 原 契 約 という )に 従 い 甲 が 乙 に 原 契 約 に 基 づく 委 託 業 務 の 一 部 を 再 委 託 すること( 以 下 単 に 再 委 託 とい う )について 次 のとおり 合 意 し 再 委 託 契 約 書 ( 以 下 本 契 約 という )を 締 結 する 留 意 事 項 機 構 から 甲 への 委 託 業 務 の 一 部 を 再 委 託 することに 関 する 契 約 であること を 明 記 ください ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 契 約 書 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 発 明 特 許 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 121 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 発 明 をいう (2) 考 案 実 用 新 案 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 123 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 考 案 をいう (3) 意 匠 意 匠 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 125 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 意 匠 をいう (4) 回 路 配 置 半 導 体 集 積 回 路 の 回 路 配 置 に 関 する 法 律 ( 昭 和 60 年 法 律 第 43 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 回 路 配 置 をいう (5)プログラム 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 10 号 の2に 規 定 するプログラムをいう (6) 著 作 物 著 作 権 法 第 2 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 著 作 物 をい う (7) 著 作 権 著 作 権 法 第 17 条 第 1 項 に 規 定 する 著 作 権 ( 外 国 の 法 令 に 基 づくこれに 相 当 する 権 利 を 含 む )をいう (8) 著 作 者 人 格 権 著 作 権 法 第 17 条 第 1 項 に 規 定 する 著 作 者 人 格 権 ( 外 国 の 法 令 に 基 づくこれに 相 当 する 権 利 を 含 む )をい う (9) 産 業 財 産 権 特 許 法 に 基 づく 特 許 権 実 用 新 案 法 に 基 づく 実 用 新 案 権 意 匠 法 に 基 づく 意 匠 権 半 導 体 集 積 回 路 の 回 路 配 受 託 者 再 受 託 者 間 で 必 要 と 判 断 さ れる 場 合 には 再 委 託 契 約 書 に 残 してく ださい 以 降 の 再 委 託 契 約 書 ひな 形 各 条 文 においても 緑 字 で 記 載 のもの は 必 須 ではありま せんので 受 託 者 再 受 託 者 が 必 要 と 判 断 される 場 合 に は 再 委 託 契 約 書 に 残 してください

3 置 に 関 する 法 律 に 基 づく 回 路 配 置 利 用 権 及 び 種 苗 法 ( 平 成 1 0 年 法 律 第 83 号 )に 基 づく 育 成 者 権 ( 外 国 の 法 令 に 基 づくこれ らに 相 当 する 各 権 利 を 含 む )をいう (10) 産 業 財 産 権 を 受 ける 権 利 特 許 法 に 基 づく 特 許 を 受 ける 権 利 実 用 新 案 法 に 基 づく 実 用 新 案 登 録 を 受 ける 権 利 意 匠 法 に 基 づく 意 匠 登 録 を 受 ける 権 利 及 び 半 導 体 集 積 回 路 の 回 路 配 置 に 関 する 法 律 に 基 づく 回 路 配 置 利 用 権 の 設 定 の 登 録 を 受 ける 権 利 ( 外 国 の 法 令 に 基 づくこれらに 相 当 する 各 権 利 を 含 む )をいう (11) 知 的 財 産 権 産 業 財 産 権 産 業 財 産 権 を 受 ける 権 利 及 び 著 作 権 をいう (12)ノウハウ 知 的 財 産 権 の 対 象 とならない 技 術 情 報 のうち 秘 匿 することが 可 能 なものをいう (13) 発 明 等 産 業 財 産 権 及 び 著 作 権 の 対 象 となる 発 明 考 案 意 匠 の 創 作 回 路 配 置 の 創 作 植 物 体 の 品 種 及 びその 育 成 並 びに 著 作 物 の 創 作 をいう ( 委 託 業 務 ) 第 2 条 甲 は 次 に 掲 げる 項 目 に 係 る 研 究 開 発 の 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )の 実 施 を 乙 に 委 託 し 乙 は 本 契 約 (この 契 約 書 別 紙 の 実 施 計 画 書 による 契 約 をいい この 契 約 の 内 容 に 変 更 が あったときは その 変 更 後 の 契 約 をいう 以 下 同 じ )の 定 めると ころに 従 い これを 履 行 することを 受 託 する 原 契 約 研 究 開 発 課 題 の 研 究 開 発 の 内 課 題 - 原 契 約 で 定 める 委 託 業 務 の 内 再 委 託 する 研 究 開 発 課 題 を 約 定 くださ い 尚 再 委 託 でき るのは 原 契 約 で 定 める 委 託 業 務 の 一 部 となります ( 契 約 金 額 等 ) 第 3 条 甲 は 次 に 掲 げる 金 額 ( 以 下 契 約 金 額 という )の 限 度 内 において 乙 が 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 を 乙 に 支 払 う なお 委 託 業 務 実 施 期 間 中 本 委 託 業 務 に 対 し 機 構 が 行 う 評 価 等 により 研 究 計 画 の 見 直 しや 経 費 の 増 額 又 は 減 額 を 行 うことが ある 契 約 金 額 金 円 (うち 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 含 む) ただし 各 事 業 年 度 (4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 までの 間 の1 年 受 託 者 が 再 受 託 者 に 支 払 う 経 費 の 限 度 額 を 年 度 毎 の 内 訳 がわかるよう に 約 定 ください

4 間 をいう )において 甲 が 乙 に 支 払 う 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 の 限 度 額 は 次 のとおりとする 平 成 年 度 金 円 (うち 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 含 む) 平 成 年 度 金 円 (うち 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 含 む) ( 委 託 期 間 ) 第 4 条 委 託 業 務 の 実 施 期 間 ( 以 下 委 託 期 間 という )は 次 のと おりとし 乙 は 委 託 期 間 内 に 委 託 業 務 を 完 了 しなければならな い 平 成 年 月 日 から 平 成 年 3 月 31 日 まで 原 契 約 で 定 める 実 施 期 間 内 となる よう 約 定 ください ( 実 施 計 画 書 ) 第 5 条 委 託 期 間 全 体 を 通 じた 委 託 業 務 の 目 標 内 容 及 び 実 施 に 要 する 経 費 の 内 訳 等 は 実 施 計 画 書 に 定 めるとおりとする ただ し 実 施 計 画 書 が 変 更 されたときは 変 更 された 実 施 計 画 書 に 定 めるとおりとする 再 受 託 者 も 受 託 者 と 同 等 の 実 施 計 画 書 を 作 成 するよう 約 定 ください ( 委 託 業 務 の 実 施 ) 第 6 条 乙 は 委 託 業 務 を 実 施 計 画 書 に 定 めるところに 従 い 信 義 誠 実 の 原 則 に 則 り 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 をもって 実 施 しなけれ ばならない ( 再 委 託 ) 第 7 条 乙 は 委 託 業 務 をさらに 第 三 者 に 委 託 してはならない 再 委 託 業 務 をさ らに 委 託 すること ( 再 々 委 託 )を 禁 止 するよう 約 定 くださ い ( 権 利 義 務 の 承 継 ) 第 8 条 乙 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 により 生 じる 権 利 を 譲 渡 し 又 は 義 務 を 承 継 させようとするときは 機 構 が 別 に 定 める 様 式 に よる 権 利 義 務 承 継 承 認 申 請 書 を 甲 に 提 出 し あらかじめ 甲 の 承 認 を 得 なければならない 再 受 託 者 の 権 利 義 務 の 承 継 にあた っては 事 前 の 承 認 が 必 要 となるよう 約 定 ください

5 ( 委 託 業 務 の 管 理 ) 第 9 条 甲 及 び 機 構 は 委 託 業 務 の 実 施 状 況 を 把 握 するために 必 要 があると 認 めるときは 次 の 各 号 に 掲 げる 措 置 を 講 じることが できるものとする (1) 委 託 業 務 の 進 捗 状 況 実 施 方 法 等 について 期 限 を 定 めて 調 査 し 報 告 させること (2) 甲 の 社 員 又 は 機 構 の 職 員 を 委 託 業 務 の 実 施 場 所 へ 派 遣 し 委 託 業 務 の 実 施 に 立 ち 合 わせること 2 甲 は 前 項 の 措 置 を 講 じた 結 果 特 に 必 要 があると 認 めるとき は 乙 と 協 議 し 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 指 示 を 乙 に 行 うことが できるものとする 3 前 2 項 の 規 定 は 委 託 業 務 の 完 了 若 しくは 中 止 又 は 本 契 約 が 解 除 された 後 5 年 間 は なおその 効 力 を 有 するものとする 委 託 業 務 の 管 理 のために 必 要 な 事 項 について 再 受 託 者 も 受 託 者 と 同 等 の 義 務 ( 実 施 状 況 の 報 告 実 施 場 所 への 立 会 いの 了 承 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 指 示 の 受 諾 )を 負 うように 約 定 ください また この 期 間 が 終 了 後 5 年 間 であることを 約 定 ください 1 項 2 号 の 甲 の 社 員 とある 部 分 は 大 学 等 においては 適 切 な 語 句 に 修 正 ください ( 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 の 支 出 ) 第 10 条 乙 は 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 を 直 接 的 な 経 費 と 間 接 的 な 経 費 に 分 けて 実 施 計 画 書 に 記 載 された 経 費 の 内 訳 に 従 って 支 出 しなければならない ただし 実 施 計 画 書 に 記 載 された 事 業 年 度 毎 の 経 費 の 内 訳 について 次 に 揚 げるIからⅣの 項 目 の 相 互 において 流 用 することができる 直 接 的 な 経 費 Ⅰ 物 品 費 Ⅱ 人 件 費 謝 金 Ⅲ 旅 費 Ⅳ その 他 間 接 的 な 経 費 Ⅴ 一 般 管 理 費 直 接 的 な 経 費 と 間 接 的 な 経 費 に 分 けて 実 施 計 画 書 に 記 載 された 経 費 の 内 訳 に 従 って 支 出 するよう 約 定 くだ さい

6 ( 帳 簿 等 の 整 理 ) 第 11 条 乙 は 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 に 関 し 専 用 の 帳 簿 を 備 え 支 出 額 を 明 確 に 記 載 しておかなければならない 2 乙 は 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 を 機 構 が 別 に 定 める 原 価 報 告 書 作 成 要 領 に 定 める 経 費 項 目 に 従 って 前 項 の 帳 簿 に 記 載 し かつ その 支 出 内 容 を 証 明 し 又 は 説 明 する 書 類 を 整 理 して 保 管 しなければならない 3 前 項 の 帳 簿 及 び 書 類 ( 以 下 帳 簿 等 という )の 保 管 期 間 は 作 成 した 時 から 終 了 事 業 年 度 の 終 了 日 の 翌 日 から 起 算 して 5 年 間 経 過 した 日 までとする ただし 第 21 条 に 規 定 する 取 得 資 産 に 係 る 見 積 書 完 成 図 書 ( 建 築 工 事 土 木 工 事 電 気 工 事 及 び 機 器 の 配 置 図 を 含 む )に 関 しては 当 該 財 産 の 処 分 が 完 了 する 日 までとする 4 乙 は 乙 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 前 項 に 掲 げる 保 管 期 間 内 に 帳 簿 等 を 消 失 した 場 合 であって 甲 が 提 示 を 求 めたときは これに 代 わる 書 類 を 提 示 し 当 該 書 類 に 記 載 された 支 出 内 容 につい て 正 当 な 根 拠 を 示 して 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 である 旨 を 甲 に 証 明 しなければならない 帳 簿 等 の 整 理 に 関 し 再 受 託 者 も 受 託 者 と 同 等 の 義 務 ( 専 用 帳 簿 の 準 備 原 価 報 告 書 作 成 要 領 に 従 った 記 載 5 年 間 の 保 管 )を 負 う ように 約 定 くださ い ( 評 価 等 の 実 施 ) 第 12 条 機 構 は 研 究 開 発 の 実 施 方 法 研 究 開 発 計 画 の 妥 当 性 研 究 開 発 成 果 目 標 の 達 成 状 況 等 について 委 託 期 間 中 に 中 間 評 価 を 行 うことができる 2 甲 は 前 項 の 評 価 結 果 に 基 づき 委 託 期 間 内 においても 甲 の 判 断 により 本 契 約 の 解 除 又 は 変 更 等 を 行 うことができる 3 機 構 は 委 託 期 間 終 了 後 に 同 期 間 内 に 実 施 した 委 託 業 務 の 内 容 実 用 化 等 の 計 画 状 況 等 について 終 了 評 価 実 用 化 等 状 況 調 査 及 び 追 跡 評 価 を 行 うことができる ただし 機 構 が 必 要 あると 認 めるときは 終 了 評 価 を 終 了 事 業 年 度 に 行 うことができる ものとする 4 第 1 項 及 び 第 3 項 の 評 価 等 の 結 果 は 機 構 が 公 表 することがで きる NICT による 中 間 評 価 終 了 評 価 追 跡 評 価 の 実 施 に 関 し 再 受 託 者 も 受 託 者 と 同 等 の 義 務 を 負 い 中 間 評 価 の 結 果 に 基 づき 契 約 解 除 契 約 変 更 が 可 能 となるように 約 定 ください

7 ( 契 約 変 更 ) 第 13 条 甲 又 は 乙 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 協 議 のうえ 本 契 約 の 内 容 を 変 更 することができるものとする (1) 委 託 期 間 の 中 途 において 契 約 金 額 ( 年 度 別 契 約 金 額 を 除 く) 委 託 期 間 又 は 実 施 計 画 書 に 定 める 委 託 業 務 の 目 標 の 変 更 を 行 う 必 要 が 生 じたとき (2) 著 しい 経 済 情 勢 の 変 動 天 災 地 変 等 により 本 契 約 に 定 める 条 件 で 契 約 の 一 部 の 履 行 が 困 難 となったとき 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 国 の 予 算 又 は 方 針 の 変 更 等 により 本 契 約 の 変 更 を 行 う 必 要 が 生 じたときは 甲 は 乙 に 通 知 後 本 契 約 の 内 容 を 変 更 することができるものとする 3 前 1 項 の 規 定 に 基 づき 本 契 約 の 内 容 を 変 更 する 場 合 は 乙 は 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 委 託 契 約 変 更 申 請 書 2 通 ( 正 1 通 副 1 通 )を 変 更 後 の 実 施 計 画 書 と 併 せて 速 やかに 甲 に 提 出 し 甲 と 変 更 契 約 を 締 結 する 4 乙 は 第 1 項 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 場 合 において 実 施 計 画 書 の 内 容 について 変 更 する 必 要 が 生 じたときは 機 構 が 別 に 定 める 実 施 計 画 変 更 申 請 書 2 通 ( 正 1 通 副 1 通 )を 変 更 後 の 実 施 計 画 書 と 併 せて 各 事 業 年 度 ( 終 了 事 業 年 度 にあっては 当 初 の 委 託 期 間 )の 終 了 日 の2か 月 前 までに(ただし 甲 からの 指 示 があったときはこの 限 りでない ) 甲 に 提 出 し あらかじめ 承 認 を 得 なければならない ただし 乙 の 申 し 出 により 委 託 業 務 の 実 施 に 支 障 を 及 ぼさない 軽 微 な 変 更 であるとあらかじめ 甲 が 認 めた 場 合 において 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 実 施 計 画 変 更 届 出 1 通 ( 正 1 通 )に 従 い 乙 により 実 施 計 画 書 の 変 更 の 届 出 がな されたときは この 限 りではない 5 前 項 の 規 定 による 承 認 又 は 届 出 があったときは 当 該 承 認 又 は 届 出 の 日 に 変 更 契 約 が 締 結 されたものとみなす 契 約 変 更 に 関 す る 本 条 文 を 再 委 託 契 約 に 盛 り 込 むか 再 委 託 の 業 務 にお ける 実 施 計 画 書 の 変 更 手 続 き 等 につ いてはより 簡 便 な 手 続 きとしていただい ても 結 構 です ( 概 算 払 ) 第 14 条 甲 は 必 要 があると 認 めるときは 委 託 期 間 の 中 途 におい て 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 の 一 部 を 乙 に 支 払 うこと( 以 下 概 算 払 という )ができる 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 概 算 払 を 請 求 するときは 支 払 請 求 書 に 甲 の 指 示 する 書 類 を 添 付 するものとする 本 条 文 を 再 委 託 契 約 書 に 盛 り 込 む かどうかは 任 意 で す

8 ( 実 績 報 告 書 等 の 提 出 ) 第 15 条 乙 は 委 託 業 務 が 完 了 したときは 完 了 の 日 ( 第 12 条 及 び 第 36 条 から 第 38 条 の 規 定 により 本 契 約 が 解 除 されたときは そ の 解 除 された 日 )の 翌 日 から 起 算 して 甲 の 指 示 する 日 数 以 内 に 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 委 託 業 務 実 績 報 告 書 ( 以 下 実 績 報 告 書 という )1 通 ( 正 1 通 ) 及 びこれを 電 子 ファイル 化 したもの を 甲 に 提 出 しなければならない 2 乙 は 委 託 期 間 が 事 業 年 度 を 超 える 契 約 を 締 結 した 場 合 は 事 業 年 度 の 終 了 日 の 翌 日 から 起 算 して 甲 の 指 示 する 日 数 以 内 に 機 構 が 別 に 定 める 様 式 により 当 該 事 業 年 度 に 実 施 した 委 託 業 務 に 関 する 中 間 実 績 報 告 書 1 通 ( 正 1 通 ) 及 びこれを 電 子 ファイル 化 したものを 甲 に 提 出 しなければならない 経 理 処 理 に 関 す る 各 種 書 類 は 受 託 者 を 通 じて NICT に 提 出 いただきま す したがって こ れに 先 立 ち 実 績 報 告 書 が 再 受 託 者 から 受 託 者 に 提 出 されるよう 約 定 くだ さい ( 検 査 及 び 報 告 の 徴 収 ) 第 16 条 甲 及 び 機 構 は 前 条 に 規 定 する 実 績 報 告 書 を 受 理 したと きは その 内 容 が 本 契 約 に 適 合 するものであるか 否 かについて 速 やかに 検 査 を 行 うものとする 2 甲 及 び 機 構 は 前 項 の 検 査 のほか 次 の 各 号 に 掲 げる 検 査 を 行 うことができるものとする (1) 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 の 支 出 状 況 についての 委 託 期 間 中 の 検 査 (2) その 他 甲 又 は 機 構 が 必 要 と 認 めた 検 査 3 甲 及 び 機 構 は 前 2 項 の 検 査 を 行 うにあたって 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 調 査 し 必 要 に 応 じ 乙 に 対 して 参 考 とする 報 告 及 び 資 料 の 提 出 を 求 めることができる (1) 委 託 業 務 の 内 容 と 支 出 した 経 費 との 整 合 性 (2) 実 施 計 画 書 と 実 績 報 告 書 の 内 容 の 整 合 性 (3) 機 械 装 置 等 の 建 設 状 況 又 は 製 作 状 況 等 及 びこれらの 利 用 又 は 操 作 状 況 (4) 帳 簿 等 の 内 容 (5) その 他 甲 又 は 機 構 が 委 託 業 務 に 関 して 必 要 と 認 める 事 項 4 甲 及 び 機 構 は 第 1 項 及 び 第 2 項 の 検 査 を 乙 の 工 場 研 究 施 設 その 他 の 事 業 所 において 行 うことができる 5 甲 及 び 機 構 は 第 1 項 及 び 第 2 項 の 検 査 を 実 施 しようとするとき は あらかじめ 乙 に 検 査 場 所 検 査 日 時 検 査 職 員 その 他 検 査 を 実 施 するために 必 要 な 事 項 を 通 知 するものとする 再 受 託 者 の 検 査 を 受 託 者 と NICT が 一 緒 に 行 なえるよう に 約 定 ください 検 査 する 事 項 は 甲 又 は NICT の 少 なくと もどちらかが 必 要 と 認 める 事 項 である よう 約 定 ください ま た 検 査 できる 期 間 について 事 業 終 了 年 度 の 終 了 日 の 翌 日 から 5 年 間 である ことを 約 定 ください

9 6 乙 は 前 項 の 通 知 を 受 けたときは 甲 及 び 機 構 が 指 定 する 検 査 確 認 書 月 別 費 目 発 生 額 明 細 表 帳 簿 等 の 内 容 その 他 甲 及 び 機 構 があらかじめ 指 定 する 書 類 を 準 備 し 委 託 業 務 の 内 容 及 び 経 理 内 容 を 説 明 できる 者 を 甲 及 び 機 構 の 指 定 する 検 査 場 所 に 乙 の 負 担 で 派 遣 するものとする 7 機 構 は 必 要 があると 認 めるときは 機 構 の 主 務 官 庁 である 総 務 省 の 職 員 を 立 ち 合 わせることができるものとし 乙 はこれを 受 け 入 れるものとする 8 甲 及 び 機 構 が 検 査 できる 期 間 は 検 査 対 象 になった 時 から 終 了 事 業 年 度 の 終 了 日 の 翌 日 から 起 算 して5 年 間 経 過 した 日 までと する ( 甲 が 支 払 うべき 額 の 確 定 ) 第 17 条 甲 は 前 条 第 1 項 の 検 査 の 結 果 委 託 業 務 の 実 施 に 要 し た 経 費 が 本 契 約 の 内 容 に 適 合 すると 認 めたときは 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 の 額 ( 実 施 計 画 書 に 定 める 年 度 別 の 経 費 に 限 る )と 契 約 金 額 のいずれか 低 い 額 を 甲 が 支 払 う 金 額 として 確 定 し 乙 に 通 知 する ( 以 下 確 定 した 甲 が 支 払 う 金 額 を 確 定 額 という ) 2 前 項 の 額 の 確 定 は 原 価 報 告 書 作 成 要 領 による 3 第 11 条 第 4 項 の 規 定 に 従 い 乙 が 正 当 な 根 拠 を 示 して 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 である 旨 を 甲 に 証 明 できない 経 費 並 びに 前 条 の 規 定 による 検 査 及 び 報 告 の 要 求 に 乙 が 応 じず 検 査 の 実 施 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 な 経 費 は 乙 が 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 に 含 まれない 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 の 額 と 契 約 金 額 の いずれか 低 い 方 を 受 託 者 が 再 受 託 者 に 支 払 うべき 額 とし て 確 定 し 再 受 託 者 に 通 知 することを 約 定 ください また 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 であること を 証 明 できない 経 費 は 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 に 含 まれないことを 約 定 ください ( 確 定 額 の 請 求 及 び 支 払 ) 第 18 条 乙 は 前 条 第 1 項 の 通 知 を 受 けた 場 合 甲 が 別 に 定 める 様 式 による 請 求 書 及 び 請 求 内 訳 書 1 通 ( 正 1 通 )を 提 出 し 確 定 額 を 請 求 するものとする ただし 既 に 第 14 条 に 規 定 する 概 算 払 を 受 けているときは 確 定 額 から 当 該 概 算 払 の 額 を 控 除 した 額 を 請 求 するものとする

10 2 甲 は 前 項 の 規 定 により 請 求 書 を 受 理 したときは 受 理 した 日 か ら 起 算 して30 日 ( 以 下 約 定 期 間 という ) 以 内 に これを 乙 に 支 払 うものとする ただし 約 定 期 間 が 機 構 から 甲 への 委 託 業 務 に 係 わる 機 構 から 甲 への 入 金 日 より 前 の 場 合 は 機 構 から 甲 へ の 入 金 後 甲 は 速 やかに 請 求 書 に 記 載 された 金 額 を 乙 に 支 払 う ものとする また かかる 場 合 約 定 期 間 は 機 構 から 甲 への 入 金 後 10 日 をいうものとする 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 甲 は 乙 の 請 求 書 を 受 理 した 後 そ の 内 容 の 全 部 又 は 一 部 を 不 当 と 認 めたときは その 理 由 を 明 示 して 当 該 請 求 書 を 乙 に 返 付 することができるものとする この 場 合 において 当 該 請 求 書 を 返 付 した 日 から 是 正 された 請 求 書 を 甲 が 受 理 した 日 までの 期 間 は 約 定 期 間 に 算 入 しない ( 支 払 遅 延 利 息 ) 第 19 条 甲 が 約 定 期 間 内 に 確 定 額 を 乙 に 支 払 わないときは 未 払 金 額 に 対 して 約 定 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から 甲 の 取 引 銀 行 に おいて 支 払 手 続 をとった 日 までの 日 数 に 応 じ 契 約 締 結 時 におい て 適 用 されている 政 府 契 約 の 支 払 遅 延 に 対 する 遅 延 利 息 の 年 率 を 乗 じて 算 出 した 金 額 を 遅 延 利 息 として 乙 に 支 払 うものとする ただし 約 定 期 間 内 に 支 払 わないことが 天 災 地 変 等 甲 の 責 に 帰 すことができない 事 由 によるときは 当 該 事 由 の 継 続 する 期 間 は 遅 延 利 息 の 算 定 日 数 に 算 入 しない 2 前 項 の 定 めにより 計 算 した 金 額 が100 円 未 満 であるときは 遅 延 利 息 を 支 払 うことを 要 せず その 額 に100 円 未 満 の 端 数 があ るときは その 端 数 を 切 り 捨 てるものとする ( 過 払 金 等 の 返 還 ) 第 20 条 乙 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 甲 の 請 求 により 既 に 概 算 払 を 受 けた 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 のう ち 過 払 部 分 ( 以 下 過 払 金 という )を 甲 に 返 還 しなければならな い (1) 概 算 払 の 額 が 第 17 条 第 1 項 に 規 定 する 確 定 額 を 超 えると き (2) 概 算 払 の 額 が 第 39 条 第 1 項 に 規 定 する 甲 の 負 担 すべき 額 を 超 えるとき (3) 概 算 払 の 額 が 第 39 条 第 2 項 に 規 定 する 甲 の 支 払 い 義 務 の

11 全 部 又 は 一 部 を 免 除 した 後 の 甲 が 負 担 すべき 額 を 超 えると き (4) その 他 過 払 金 のあるとき 2 第 16 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 による 検 査 の 結 果 において す でに 支 払 いを 受 けた 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 のうち 過 払 部 分 ( 以 下 確 定 後 過 払 金 という )が 明 らかになった 場 合 には 乙 は 甲 の 請 求 により その 確 定 後 過 払 金 を 甲 に 返 還 しなければな らない なお 甲 は 第 11 条 第 4 項 の 規 定 に 従 い 乙 が 正 当 な 根 拠 を 示 して 委 託 業 務 の 実 施 に 要 する 経 費 である 旨 を 甲 に 証 明 で きない 経 費 並 びに 第 16 条 の 規 定 による 検 査 及 び 報 告 の 要 求 に 乙 が 応 じず 検 査 の 実 施 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 な 経 費 を 確 定 後 過 払 い 金 として 請 求 することができる 3 乙 は 前 各 項 の 過 払 金 又 は 確 定 後 過 払 金 を 甲 の 指 定 する 期 日 までに 返 還 しないときは 未 返 還 金 額 に 対 して 指 定 期 日 の 翌 日 から 返 還 する 日 までの 日 数 に 応 じ 契 約 締 結 時 において 適 用 さ れている 政 府 契 約 の 支 払 遅 延 に 対 する 遅 延 利 息 の 年 率 を 乗 じて 計 算 した 延 滞 金 を 付 して 返 還 しなければならない ( 取 得 資 産 の 管 理 ) 第 21 条 乙 が 委 託 業 務 を 実 施 するために 購 入 又 は 製 造 した 資 産 の 所 有 権 は 乙 が 検 収 又 は 竣 工 の 検 査 をした 時 をもって 機 構 に 帰 属 するものとし 同 時 に 機 構 は 機 構 に 帰 属 した 資 産 ( 以 下 取 得 資 産 という )を 乙 が 使 用 することを 認 めるものとする 2 乙 は 取 得 資 産 を 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 乙 が 当 該 取 得 資 産 の 検 収 又 は 竣 工 の 検 査 をした 日 から 機 構 の 指 示 に 基 づき 機 構 又 は 機 構 が 指 定 する 相 手 先 に 引 き 渡 す 日 まで 管 理 する 3 乙 は 取 得 資 産 について 他 の 財 産 と 区 別 するために 機 構 が 支 給 する 表 示 票 を 貼 付 して 管 理 しなければならない 4 乙 は 取 得 資 産 を 委 託 業 務 以 外 の 目 的 に 使 用 してはならない ただし 機 構 の 承 認 を 得 た 場 合 には この 限 りではない 5 取 得 資 産 の 管 理 に 要 する 乙 の 経 費 のうち 委 託 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 と 機 構 が 認 めた 費 用 以 外 の 費 用 及 び 委 託 期 間 終 了 後 又 は 本 契 約 が 解 除 された 日 以 降 の 費 用 は 乙 の 負 担 とする 6 乙 は 取 得 資 産 について 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 取 得 資 産 管 理 台 帳 を 作 成 し その 写 しを 別 途 機 構 が 指 定 する 日 までに 甲 を 通 じて 機 構 に 提 出 しなければならない 委 託 業 務 で 購 入 した 資 産 について は NICT に 帰 属 する こと 表 示 票 を 貼 付 して 管 理 すること 取 得 資 産 管 理 台 帳 を 作 成 して 指 定 の 期 日 までに NICT に 提 出 することを 約 定 ください

12 7 乙 は 機 構 の 取 得 資 産 に 係 る 公 租 公 課 の 支 払 手 続 及 び 損 害 に 対 する 保 険 の 付 保 に 必 要 な 手 続 に 関 し 機 構 に 協 力 するものと する 8 第 2 項 から 第 5 項 までの 規 定 及 び 第 7 項 の 規 定 は 乙 が 委 託 業 務 の 実 施 のため その 実 施 場 所 に 設 置 して 使 用 する 資 産 であっ て 機 構 が 所 有 し 又 は 機 構 が 第 三 者 から 借 用 しているものの 管 理 について 準 用 する 9 乙 は 本 条 に 規 定 する 取 得 資 産 に 対 し 抵 当 権 質 権 譲 渡 担 保 権 その 他 の 担 保 物 権 を 設 定 してはならない ( 取 得 資 産 等 の 弁 償 ) 第 22 条 乙 は 取 得 資 産 又 は 甲 から 貸 与 された 資 産 を 滅 失 又 は 毀 損 した 場 合 は 当 該 取 得 資 産 又 は 甲 から 貸 与 された 資 産 につい て 補 修 部 品 の 取 替 製 造 等 を 行 うことにより 機 構 又 は 甲 に 弁 償 するものとする ただし 機 構 又 は 甲 から 特 段 の 指 示 があっ た 場 合 は その 指 示 に 従 うものとする 再 受 託 者 も 取 得 資 産 を 減 失 又 は 毀 損 した 場 合 は 弁 償 の 義 務 を 負 うこと を 約 定 ください ( 瑕 疵 の 修 正 ) 第 23 条 甲 は 委 託 期 間 の 中 途 又 は 終 了 後 のいずれの 場 合 にお いても 本 契 約 に 関 する 報 告 の 内 容 が 甲 の 承 認 した 実 施 計 画 書 と 著 しく 異 なると 認 めたときは 当 該 報 告 の 内 容 のうち 瑕 疵 のあ る 部 分 について 乙 の 負 担 による 修 正 を 乙 に 対 して 請 求 すること ができる 2 前 項 の 請 求 は 各 事 業 年 度 の 成 果 報 告 書 の 提 出 日 の 翌 日 から 1 年 以 内 に 行 わなければならない ただし 隠 れた 瑕 疵 について 請 求 できる 期 間 は その 瑕 疵 を 知 り 得 た 時 から 起 算 して1 年 とす る 再 受 託 者 からの 報 告 が 実 施 計 画 書 と 著 しく 異 なる 場 合 は 報 告 後 1 年 以 内 であれば 瑕 疵 部 分 について 再 受 託 者 の 負 担 による 修 正 を 請 求 できるこ とを 約 定 ください ( 成 果 報 告 書 ) 第 24 条 乙 は 次 の 各 号 に 掲 げる 成 果 に 関 する 文 書 ( 機 構 が 別 に 定 める 様 式 によるもので 電 子 ファイル 化 したものとする )を 各 事 業 年 度 の 終 了 日 (ただし 終 了 事 業 年 度 においては 委 託 業 務 の 完 了 した 日 )の 翌 日 から 甲 の 指 示 する 日 数 以 内 に 甲 に 提 出 しなければならない (1) 研 究 開 発 成 果 概 要 書 (2) 開 発 成 果 報 告 書 ( 以 下 成 果 報 告 書 という ) 再 委 託 に 係 わる 成 果 は 委 託 業 務 の 一 部 としてまとめ て 受 託 者 を 通 じて NICT に 報 告 いただ きますので これに 先 立 ち 再 委 託 に 係 わる 成 果 が 再 受 託

13 2 成 果 報 告 書 には 乙 が 委 託 業 務 を 実 施 することにより 得 られた 成 果 の 詳 細 並 びに 成 果 の 公 表 に 係 る 情 報 発 明 等 及 びその 他 の 技 術 情 報 を 漏 れなく 記 載 するものとする 3 甲 は 成 果 報 告 書 に 関 して 必 要 があると 認 めるときは 更 に 詳 細 な 説 明 資 料 の 提 出 を 乙 に 求 めることができるものとする 者 から 受 託 者 に 報 告 されるよう 約 定 く ださい ( 成 果 の 発 表 又 は 公 開 ) 第 25 条 乙 は 委 託 業 務 の 結 果 得 られた 成 果 を 適 切 に 発 表 又 は 公 開 することとする ただし 未 出 願 又 は 未 公 開 の 産 業 財 産 権 等 未 公 開 論 文 及 びノウハウに 係 るものについてはこの 限 りでない 2 乙 が 委 託 業 務 の 成 果 を 発 表 又 は 公 開 するときは 特 段 の 理 由 がある 場 合 を 除 き その 内 容 が 機 構 の 委 託 業 務 の 結 果 得 られた ものであることを 明 示 しなければならない 3 乙 は 第 1 項 の 発 表 又 は 公 開 したことを 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 外 部 発 表 一 覧 表 にて 6 ヶ 月 以 内 ごと(ただし 甲 からの 指 示 があったときはこの 限 りではない )に 甲 を 通 じて 機 構 に 報 告 し なければならない 4 前 3 項 の 適 用 期 間 は 委 託 期 間 の 開 始 日 から 終 了 事 業 年 度 の 終 了 日 の 翌 日 から 起 算 して5 年 間 経 過 した 日 までとする ただ し 甲 乙 協 議 によりこの 期 間 を 延 長 又 は 短 縮 することができるも のとする 再 委 託 業 務 によ り 得 られた 成 果 は 適 切 に 発 表 又 は 公 開 すること 再 委 託 業 務 の 成 果 を 発 表 する 場 合 は NICT の 委 託 業 務 の 結 果 得 られた 成 果 であるこ とを 明 示 すること 受 託 者 から NICT へ の 外 部 発 表 一 覧 表 の 提 出 に 先 立 ち 外 部 発 表 一 覧 表 が 再 受 託 者 から 受 託 者 に 提 出 されること を 約 定 ください ま たこれらの 適 用 期 間 が 5 年 間 であるこ とを 約 定 ください ( 内 部 規 則 の 整 備 ) 第 26 条 乙 は 乙 の 役 員 又 は 臨 時 雇 用 者 を 含 む 従 業 員 ( 以 下 これ らを 一 括 して 役 職 員 という )が 委 託 業 務 を 実 施 した 結 果 得 た 成 果 に 係 る 産 業 財 産 権 を 受 ける 権 利 及 び 著 作 権 を 役 職 員 から 乙 に 帰 属 させる 旨 の 契 約 を 本 契 約 の 締 結 後 速 やかにその 役 職 員 と 締 結 し 又 はその 旨 を 規 定 する 内 部 規 則 を 定 めなければならな い ただし 乙 が 産 業 財 産 権 を 受 ける 権 利 及 び 著 作 権 を 役 職 員 等 から 乙 に 帰 属 させる 旨 の 契 約 を 乙 の 役 職 員 等 と 既 に 締 結 し 又 はその 旨 を 規 定 する 内 部 規 則 を 定 めており これらを 委 託 業 再 委 託 業 務 によ り 得 られた 成 果 に 係 わる 産 業 財 産 権 を 受 ける 権 利 及 び 著 作 権 を 役 職 員 か ら 再 受 託 者 に 帰 属 させる 旨 の 内 部 規 則 の 制 定 を 約 定 くだ さい

14 務 に 適 用 できる 場 合 は この 限 りでない ( 守 秘 義 務 ) 第 27 条 乙 は 機 構 秘 密 であることを 示 して 乙 に 開 示 する 情 報 に ついては 委 託 期 間 中 はもとより 委 託 業 務 が 完 了 し 若 しくは 中 止 され 又 は 本 契 約 が 解 除 された 後 においても 当 該 委 託 業 務 の 完 了 日 若 しくは 中 止 日 又 は 本 契 約 の 解 除 日 の 翌 日 から 起 算 して 原 則 として5 年 間 守 秘 義 務 を 負 うものとする ただし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 情 報 については この 限 りでない (1) 開 示 を 受 け 又 は 知 得 した 際 既 に 自 己 が 保 有 していたことを 証 明 できる 情 報 (2) 開 示 を 受 け 又 は 知 得 した 際 既 に 公 知 となっている 情 報 (3) 開 示 を 受 け 又 は 知 得 した 後 自 己 の 責 めによらずに 公 知 とな った 情 報 (4) 正 当 な 権 限 を 有 する 第 三 者 から 適 法 に 取 得 したことを 証 明 で きる 情 報 (5) 相 手 方 から 開 示 された 情 報 によることなく 独 自 に 開 発 取 得 し ていたことを 証 明 できる 情 報 (6) 書 面 により 事 前 に 相 手 方 の 同 意 を 得 た 情 報 NICT より 秘 密 で あることを 示 して 再 受 託 者 に 開 示 する 情 報 については 5 年 間 守 秘 義 務 を 負 うことを 約 定 くださ い (ノウハウの 指 定 等 ) 第 28 条 甲 及 び 機 構 は 成 果 報 告 書 に 記 載 すべき 委 託 業 務 の 成 果 に 係 るノウハウについて 乙 からの 申 し 出 に 基 づき 甲 乙 及 び 機 構 協 議 のうえ 指 定 し 速 やかに 乙 に 通 知 するものとする 2 甲 乙 及 び 機 構 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 を 除 き 前 項 の 規 定 により 甲 が 指 定 したノウハウを 当 該 指 定 の 日 から5 年 間 秘 匿 し 自 己 の 役 職 員 に 対 しても 知 る 必 要 のある 者 の 範 囲 を 超 えてア クセスを 認 めてはならない ただし 甲 乙 及 び 機 構 協 議 の 上 秘 匿 期 間 を 延 長 又 は 短 縮 することができる (1) 国 に 対 し 輸 出 許 可 の 取 得 のために 守 秘 義 務 を 付 して 開 示 する 場 合 (2) 委 託 業 務 を 実 施 するため 又 は 自 己 の 研 究 開 発 を 行 う 目 的 のために 必 要 な 第 三 者 に 対 し 守 秘 義 務 を 付 して 開 示 する 場 合 (3) 甲 が 機 構 又 は 国 に 対 する 責 務 を 遂 行 するために 守 秘 義 務 再 受 託 者 がノウ ハウの 指 定 を 必 要 とする 場 合 は 約 定 く ださい またこの 条 文 を 規 定 する 場 合 は NICT が 国 に 対 する 責 務 を 遂 行 す るために 守 秘 義 務 を 付 して 開 示 する 場 合 は 例 外 であること を 約 定 ください

15 を 付 して 開 示 する 場 合 ( 知 的 財 産 権 の 帰 属 ) 第 29 条 乙 が 委 託 業 務 を 実 施 した 成 果 として 発 明 等 を 行 ったとき は 当 該 発 明 等 に 係 る 知 的 財 産 権 は 乙 に 帰 属 するものとする 2 乙 は 前 項 により 乙 に 帰 属 するとした 知 的 財 産 権 ( 以 下 本 条 に おいて 本 知 的 財 産 権 という )に 関 し 以 下 の 各 号 について 遵 守 しなければならない (1) 委 託 業 務 に 係 る 研 究 開 発 成 果 が 得 られた 場 合 には 遅 滞 な く 甲 にその 旨 を 報 告 するものとする (2) 総 務 大 臣 の 要 請 に 応 じて 機 構 が 甲 を 通 じて 公 共 の 利 益 の ために 特 に 必 要 があるとしてその 理 由 を 明 らかにして 求 め る 場 合 には 無 償 で 本 知 的 財 産 権 を 利 用 する 権 利 を 機 構 又 は 国 に 許 諾 しなければならない (3) 本 知 的 財 産 権 を 相 当 期 間 活 用 していないと 認 められ かつ 本 知 的 財 産 権 を 相 当 期 間 活 用 していないことについて 正 当 な 理 由 が 認 められない 場 合 において 総 務 大 臣 の 要 請 に 応 じて 機 構 が 甲 を 通 じて 本 知 的 財 産 権 の 活 用 を 促 進 するた めに 特 に 必 要 があるとしてその 理 由 を 明 らかにして 求 めると きは 本 知 的 財 産 権 を 利 用 する 権 利 を 第 三 者 に 許 諾 しなけ ればならない (4) 本 知 的 財 産 権 の 移 転 又 は 特 許 権 実 用 新 案 権 若 しくは 意 匠 権 についての 専 用 実 施 権 又 は 回 路 配 置 利 用 権 若 しくは 育 成 者 権 についての 専 用 利 用 権 ( 以 下 専 用 実 施 権 等 という )の 設 定 若 しくは 移 転 の 承 諾 をしようとするときは あらかじめ 機 構 の 承 認 を 受 けるものとすること ただし 合 併 又 は 分 割 により 移 転 する 場 合 及 び 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 ( 以 下 本 知 的 財 産 権 の 活 用 に 支 障 を 及 ぼすおそれがない 場 合 という ) は この 限 りではない イ 乙 が 株 式 会 社 であって その 子 会 社 または 親 会 社 に 本 知 的 財 産 権 の 移 転 又 は 専 用 実 施 権 等 を 設 定 若 しくは 移 転 の 承 諾 をする 場 合 ロ 乙 が 大 学 等 における 技 術 に 関 する 研 究 成 果 の 民 間 事 業 者 への 移 転 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 承 認 事 業 者 もしく は 認 定 事 業 者 に 本 知 的 財 産 権 の 移 転 又 は 専 用 実 施 権 等 を 再 受 託 者 の 委 託 業 務 による 知 的 財 産 権 が 再 受 託 者 に 帰 属 するよう 約 定 ください また 再 受 委 託 者 が 受 託 者 と 同 等 の 義 務 ( 知 的 財 産 権 が 得 られた 場 合 の 報 告 総 務 大 臣 の 要 請 を 受 け ての 利 用 権 の 許 諾 移 転 や 専 用 利 用 権 設 定 の 場 合 の 事 前 承 認 )を 負 うこ と またこの 義 務 に 違 反 した 場 合 の 対 応 (NICT への 無 償 譲 渡 )について 約 定 ください

16 設 定 若 しくは 移 転 の 承 諾 をする 場 合 ハ 乙 が 技 術 研 究 組 合 であって 組 合 員 に 本 知 的 財 産 権 の 移 転 又 は 専 用 実 施 権 等 を 設 定 若 しくは 移 転 の 承 諾 をする 場 合 3 機 構 は 乙 が 前 項 各 号 のいずれかに 違 反 した 場 合 であって 違 反 したことについて 正 当 な 理 由 がないと 機 構 が 認 める 場 合 乙 か ら 本 知 的 財 産 権 を 無 償 で 譲 り 受 けるものとする 4 乙 は 本 知 的 財 産 権 を 第 三 者 に 移 転 又 は 実 施 許 諾 する 場 合 は 前 2 項 並 びに 第 30 条 から 第 34 条 まで 及 び 第 52 条 の 規 定 の 適 用 に 支 障 を 与 えないよう 当 該 第 三 者 に 約 させなければならな い 5 乙 は 本 知 的 財 産 権 を 第 三 者 に 移 転 又 は 専 用 実 施 権 等 を 許 諾 する 場 合 には 合 併 もしくは 分 割 により 移 転 する 場 合 及 び 本 知 的 財 産 の 活 用 に 支 障 を 及 ぼすおそれがない 場 合 を 除 き 機 構 が 別 に 定 める 知 的 財 産 権 移 転 等 承 認 申 請 書 を 機 構 に 提 出 し その 承 認 を 受 けなければならない 6 機 構 は 本 知 的 財 産 権 ( 著 作 権 を 除 く )について 自 らの 研 究 の 目 的 で 実 施 することができる 7 第 1 項 の 規 定 により 乙 に 帰 属 するとした 著 作 権 について 乙 は 機 構 に 対 し 第 三 者 の 著 作 権 その 他 の 権 利 を 侵 害 していないこ とを 保 証 するものとし 第 三 者 から 著 作 権 その 他 の 権 利 の 侵 害 等 の 主 張 があったときは その 責 任 においてこれに 対 処 するもの とし 損 害 賠 償 等 の 義 務 が 生 じたときは 乙 がその 全 責 任 を 負 う ただし 乙 が 機 構 の 指 示 に 従 った 結 果 著 作 権 の 侵 害 の 主 張 があったときは この 限 りではない ( 成 果 の 利 用 行 為 ) 第 30 条 乙 は, 前 条 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 委 託 業 務 によっ て 作 成 し 甲 又 は 機 構 に 提 出 された 著 作 物 ( 成 果 報 告 書 その 他 これに 類 するものを 除 く )に 係 る 著 作 権 について 機 構 による 当 該 著 作 物 の 利 用 に 必 要 な 範 囲 において 機 構 が 利 用 する 権 利 及 び 機 構 が 第 三 者 に 利 用 を 許 諾 する 権 利 を 許 諾 したものとする 2 乙 は 前 項 に 規 定 する 甲 機 構 及 び 第 三 者 による 著 作 物 の 利 用 について 著 作 者 人 格 権 を 行 使 しないものとする また 当 該 著 作 物 の 著 作 者 が 乙 以 外 の 者 であるときは 乙 は 当 該 著 作 者 が 著 作 者 人 格 権 を 行 使 しないように 必 要 な 措 置 をとらなければなら ない 再 受 託 者 より 提 出 された 著 作 物 の 著 作 権 について NICT が 利 用 する 権 利 及 び NICT が 第 三 者 に 利 用 を 許 諾 す る 権 利 を 許 諾 する 義 務 を 負 うことを 約 定 ください

17 ( 出 願 ) 第 31 条 乙 は, 第 29 条 第 1 項 の 発 明 等 について 速 やかに 産 業 財 産 権 の 出 願 をしなければならない 2 乙 は 委 託 業 務 の 完 了 後 に 第 29 条 第 1 項 の 発 明 等 のあること が 判 明 したときは 速 やかに 出 願 しなければならない 再 受 託 者 が 発 明 等 を 行 なった 場 合 は 速 やかに 出 願 をしなければならな いこと またこの 義 務 は 再 委 託 の 業 務 が 完 了 後 も 継 続 す ることを 約 定 くださ い ( 出 願 の 通 知 ) 第 32 条 乙 は 前 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 出 願 を 行 ったときは 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 産 業 財 産 権 出 願 通 知 書 1 通 ( 正 1 通 ) を 出 願 の 日 から90 日 以 内 (ただし 甲 からの 指 示 があったとき はこの 限 りではない )に 甲 に 提 出 するものとする ただし 回 路 配 置 利 用 権 の 設 定 の 登 録 は 次 条 の 産 業 財 産 権 出 願 後 状 況 通 知 書 によるものとする 2 乙 は 前 項 に 係 る 国 内 の 産 業 財 産 権 の 出 願 を 行 う 場 合 は 記 載 例 を 参 考 にして 出 願 書 類 に 国 等 の 委 託 研 究 の 成 果 に 係 る 出 願 で ある 旨 を 記 載 しなければならない 特 許 出 願 の 記 載 例 ( 願 書 面 国 等 の 委 託 研 究 の 成 果 に 係 る 記 載 事 項 欄 に 記 入 ) 平 成 年 度 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 /( 研 究 開 発 課 題 名 ) 産 業 技 術 力 強 化 法 第 19 条 の 適 用 を 受 ける 特 許 出 願 3 乙 は 前 項 に 定 める 記 載 を 怠 ったことが 判 明 し かつ 甲 又 は 機 構 の 指 導 に 従 わないときは 当 該 産 業 財 産 権 を 無 償 で 機 構 に 譲 り 渡 さなければならない 4 乙 は 外 国 に 出 願 を 行 ったときは 第 1 項 の 産 業 財 産 権 出 願 通 知 書 1 通 ( 正 1 通 )を 出 願 の 日 から120 日 以 内 (ただし 甲 から の 指 示 があったときはこの 限 りではない )に 甲 に 提 出 するものと する 再 受 託 者 からの 出 願 の 通 知 が 受 託 者 を 通 じて 指 定 の 期 日 内 に 提 出 さ れるよう 約 定 くださ い また 出 願 を 行 な う 場 合 には 出 願 書 類 に 国 等 の 委 託 研 究 の 成 果 に 係 わ る 出 願 である 旨 記 載 しなければならな いことを 約 定 くださ い

18 ( 出 願 後 の 維 持 管 理 ) 第 33 条 乙 は 出 願 後 の 状 況 に 変 化 があったときは 機 構 別 に 定 める 様 式 による 産 業 財 産 権 出 願 後 状 況 通 知 書 1 通 ( 正 1 通 )を 甲 に 提 出 するものとする 出 願 後 の 状 況 に 変 化 があった 場 合 に 再 受 託 者 から 報 告 されるよう 約 定 ください ( 知 的 財 産 権 の 実 施 ) 第 34 条 乙 は 委 託 業 務 により 生 じた 知 的 財 産 権 を 自 ら 実 施 したと き 又 は 第 三 者 に 知 的 財 産 権 等 を 実 施 許 諾 したときは 機 構 が 別 に 定 める 様 式 による 知 的 財 産 権 等 実 施 届 出 書 1 通 ( 正 1 通 )を 遅 滞 なく 機 構 に 提 出 するものとする ただし プログラムを 除 く 著 作 権 等 については 機 構 が 求 めた 場 合 に 限 り 自 己 による 実 施 及 び 第 三 者 への 実 施 許 諾 の 状 況 を 報 告 するものとする 再 受 託 者 が 知 的 財 産 権 を 実 施 もしく は 実 施 許 諾 した 場 合 には 遅 滞 なく 報 告 するよう 約 定 くだ さい ( 通 知 の 発 効 ) 第 35 条 甲 から 乙 又 は 乙 から 甲 に 対 する 文 書 の 通 知 は 通 知 を 受 信 した 日 から 効 力 を 発 するものとする ( 甲 の 解 除 権 ) 第 36 条 甲 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 し 甲 から 乙 への 催 告 に より 是 正 されない 場 合 は 本 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 すること ができる (1) 乙 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 乙 が 本 契 約 又 は 本 契 約 に 基 づく 甲 の 指 示 に 違 反 したとき (2) 乙 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 委 託 業 務 の 実 施 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 になったとき (3) 本 契 約 に 係 る 委 託 業 務 の 一 部 又 は 全 部 に 関 し 乙 が 他 の 公 的 資 金 を 重 複 して 受 けていることが 判 明 したとき (4) 乙 が 本 契 約 に 関 して 不 正 又 は 虚 偽 の 報 告 等 をしたとき 2 乙 が 前 項 第 4 号 に 規 定 する 行 為 を 行 ったときは 甲 及 び 機 構 は その 防 止 是 正 のために 必 要 な 措 置 を 講 じることができるも のとする 3 乙 が 委 託 契 約 締 結 時 において かつ 将 来 にわたって 自 ら( 法 人 の 場 合 にあっては その 役 員 又 は 使 用 人 を 含 む 以 下 本 条 に 再 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 再 委 託 業 務 の 実 施 が 困 難 になった 場 合 や 再 受 託 者 が 公 的 資 金 を 重 複 し て 受 けていることが 判 明 したときに 甲 が 契 約 を 解 除 できるこ とを 約 定 ください 再 受 託 者 が 反 社 会 的 勢 力 に 該 当 し た 場 合 は 甲 が 契

19 おいて 同 じ)が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 した 場 合 は 乙 は 期 限 の 利 益 を 喪 失 し 甲 は 何 らの 催 告 なしに 直 ちに 委 託 契 約 の 全 部 を 解 除 することができる この 場 合 解 除 通 知 が 乙 に 到 達 した 日 に 本 契 約 は 終 了 する (1) 役 員 等 ( 乙 が 個 人 である 場 合 はその 者 法 人 である 場 合 はその 役 員 ( 業 務 を 執 行 する 社 員 取 締 役 執 行 役 及 び これらに 準 じる 者 ) 又 はその 支 店 若 しくは 営 業 所 ( 常 時 契 約 を 締 結 する 事 務 所 をいう 以 下 この 号 において)の 代 表 者 団 体 である 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 によ る 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 暴 力 団 関 係 企 業 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )もしくはそれに 準 じる 者 で あるとき (2) 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 暴 力 団 関 係 企 業 暴 力 団 員 もしくはそれに 準 じる 者 を 利 用 するなどしているとき (3) 役 員 等 が 暴 力 団 暴 力 団 関 係 企 業 暴 力 団 員 もしく はそれに 準 じる 者 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 しているとき (4) 役 員 等 が 暴 力 団 暴 力 団 関 係 企 業 暴 力 団 員 もしく はそれに 準 じる 者 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 するなどしているとき (5) 役 員 等 が 暴 力 団 暴 力 団 関 係 企 業 暴 力 団 員 もしく はそれに 準 じる 者 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 し ているとき (6) 乙 が 下 請 契 約 又 は 再 委 託 その 他 の 契 約 に 当 たり その 相 手 方 が 前 各 号 のいずれかに 該 当 すると 知 りながら 当 該 者 と 契 約 を 締 結 したとき 約 を 解 除 できること を 約 定 してくださ い ( 乙 の 解 除 権 ) 第 37 条 乙 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 本 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 することができる

20 ⑴ 甲 又 は 機 構 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 甲 が 本 契 約 に 違 反 し その 結 果 委 託 業 務 の 実 施 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 となっ たとき ⑵ 委 託 業 務 の 実 施 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 になった 正 当 な 理 由 を 乙 が 示 して 申 請 を 行 い 甲 が 承 認 したとき ( 不 測 の 事 態 により 委 託 業 務 の 実 施 が 不 可 能 な 場 合 の 措 置 ) 第 38 条 国 の 予 算 又 は 方 針 の 重 大 な 変 更 その 他 本 契 約 締 結 の 際 予 測 することのできない 事 由 であって 甲 乙 いずれの 責 にも 帰 すことのできないものにより 委 託 業 務 の 実 施 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 になったときは 甲 乙 協 議 して 本 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 することができる ( 危 険 負 担 等 ) 第 39 条 第 36 条 の 規 定 によって 本 契 約 が 解 除 されたことにより 乙 が 委 託 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 完 了 できないときは 甲 はその 解 除 により 完 了 できない 委 託 業 務 ( 以 下 解 除 部 分 という )に 係 る 経 費 の 支 払 義 務 を 免 れるものとする 2 第 37 条 及 び 前 条 の 規 定 によって 本 契 約 が 解 除 されたことによ り 乙 が 委 託 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 完 了 することができないとき は 乙 は 当 該 部 分 についての 履 行 義 務 を 免 れるものとし 甲 は 負 担 すべき 額 を 乙 と 協 議 して 定 め 乙 に 支 払 う ( 不 正 行 為 に 対 する 措 置 ) 第 40 条 乙 は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 における 研 究 費 不 正 防 止 計 画 ( 平 成 21 年 10 月 30 日 )を 踏 まえ 事 前 に 不 正 防 止 の 措 置 を 講 じなければならない 2 甲 及 び 機 構 は 乙 が 委 託 業 務 の 実 施 にあたり 不 正 等 の 行 為 を 行 った 疑 いがあると 認 められる 場 合 は 乙 に 対 して 内 部 監 査 を 指 示 し その 結 果 を 期 限 を 定 めて 文 書 で 甲 及 び 機 構 に 報 告 させる ことができる 3 甲 及 び 機 構 は 前 項 の 報 告 を 受 けたときは その 内 容 を 詳 細 に 審 査 し 不 正 等 の 行 為 の 有 無 及 びその 内 容 を 確 認 するものとす る この 場 合 において 甲 及 び 機 構 が 審 査 のために 必 要 であると 認 めたときは 乙 の 研 究 施 設 及 びその 他 の 事 業 所 に 立 ち 入 るこ とができる 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 における 研 究 費 不 正 防 止 計 画 ( 平 成 21 年 10 月 30 日 ) を 踏 まえた 不 正 防 止 の 対 応 について 約 定 ください

21 4 甲 及 び 機 構 は 不 正 等 の 事 実 が 確 認 できたときは 第 16 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 検 査 を 行 うものとする 5 甲 が 前 項 の 検 査 の 結 果 確 定 後 過 払 金 の 返 還 を 乙 に 求 めると きは 当 該 確 定 過 払 に 係 る 第 17 条 の 確 定 額 又 は 第 14 条 の 概 算 払 いした 額 を 乙 が 受 領 した 日 から 確 定 後 過 払 金 の 納 付 日 までの 日 数 に 応 じ 確 定 後 過 払 金 に 年 5%の 利 息 を 付 すことができる 6 機 構 は 不 正 等 の 事 実 が 確 認 できたときは 氏 名 及 び 不 正 等 の 内 容 を 公 表 することができるものとする 7 甲 及 び 機 構 は 前 各 項 のほか 必 要 な 措 置 を 講 じることができる ものとする ( 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ) 第 41 条 乙 は 情 報 通 信 分 野 における 研 究 上 の 不 正 行 為 への 対 応 指 針 第 2 版 ( 平 成 19 年 3 月 総 務 省 策 定 )の 趣 旨 に 則 り 不 正 に 関 して 適 切 に 対 応 しなければならない 情 報 通 信 分 野 における 研 究 上 の 不 正 行 為 への 対 応 指 針 第 2 版 ( 平 成 19 年 3 月 総 務 省 策 定 ) の 主 旨 に 則 り 再 受 託 者 も 対 応 す る 義 務 を 負 うことを 約 定 ください ( 公 的 研 究 費 の 不 正 な 使 用 等 への 対 応 ) 第 42 条 乙 は 情 報 通 信 分 野 に 係 る 研 究 機 関 における 公 的 研 究 費 の 管 理 監 査 の 指 針 ( 平 成 19 年 3 月 総 務 省 策 定 )の 趣 旨 に 則 り 不 正 な 使 用 等 の 十 分 な 抑 止 機 能 を 備 えた 体 制 整 備 等 に 努 めな ければならない 2 甲 及 び 機 構 は 前 項 に 掲 げる 乙 の 体 制 整 備 等 の 状 況 について 乙 に 対 し 報 告 させるとともに 不 正 な 使 用 等 の 防 止 のために 特 に 必 要 があると 認 めるときは 現 地 調 査 を 行 うことができる また 甲 及 び 機 構 は 乙 の 体 制 整 備 等 の 状 況 について 問 題 があると 認 め る 場 合 には 乙 に 対 し 必 要 な 措 置 を 講 じるものとする 情 報 通 信 分 野 に 係 わる 研 究 機 関 における 公 的 研 究 費 の 管 理 監 査 の 指 針 ( 平 成 19 年 3 月 総 務 省 策 定 ) 主 旨 に 則 り 再 受 託 者 も 体 制 整 備 を 行 なう 義 務 を 負 うことを 約 定 ください ( 履 行 遅 延 金 ) 第 43 条 乙 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 実 績 報 告 書 及 び 成 果 報 告 書 をそれぞれの 提 出 期 日 に 遅 延 して 提 出 したときは 乙 は それ

22 ぞれの 提 出 期 日 の 翌 日 から 履 行 の 日 までの 日 数 に 対 象 となる 事 業 年 度 の 年 度 別 契 約 金 額 の 千 分 の 一 を 乗 じた 金 額 を 甲 に 支 払 わなければならない ( 違 約 金 ) 第 44 条 甲 が 第 36 条 第 1 項 の 規 定 により 本 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 乙 は 違 約 金 として 解 除 部 分 に 対 する 契 約 金 額 の 百 分 の 十 に 相 当 する 金 額 を 甲 に 支 払 わなければならない 2 甲 が 第 36 条 第 3 項 の 規 定 により 委 託 契 約 の 全 部 を 解 除 したとき は 乙 は 違 約 金 ( 違 約 罰 )として 契 約 金 額 の 百 分 の 十 に 相 当 す る 金 額 を 甲 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わなければならない 3 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 甲 に 損 害 が 生 じている 場 合 は 甲 が 損 害 賠 償 請 求 をすることを 妨 げない 4 乙 が 第 37 条 第 1 号 の 規 定 により 本 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 甲 は 違 約 金 として 解 除 部 分 に 対 する 契 約 金 額 の 百 分 の 十 に 相 当 する 金 額 を 乙 に 支 払 わなければならない 5 甲 又 は 乙 は 第 1 項 第 2 項 及 び 第 4 項 の 違 約 金 を 相 手 方 の 指 定 する 支 払 期 日 までに 支 払 わないときは 未 払 金 額 に 対 して 支 払 期 日 の 翌 日 から 支 払 いの 日 までの 日 数 に 応 じ 年 5%の 率 を 乗 じて 計 算 した 延 滞 金 を 支 払 わなければならない 第 45 条 乙 が 次 号 に 掲 げる 場 合 のいずれかに 該 当 したときは 乙 は 甲 の 請 求 に 基 づき 契 約 金 額 の 百 分 の 十 に 相 当 する 額 を 違 約 金 ( 損 害 賠 償 額 の 予 定 )として 甲 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わな ければならない (1) この 契 約 に 関 し 乙 が 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 次 号 において 独 占 禁 止 法 という ) 第 3 条 の 規 定 に 違 反 したことにより 公 正 取 引 委 員 会 が 乙 に 対 し 同 法 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 課 徴 金 の 納 付 命 令 を 行 い 当 該 納 付 命 令 が 確 定 したとき (2) この 契 約 に 関 し 乙 ( 法 人 にあっては その 役 職 員 を 含 む ) の 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 第 96 条 の3 又 は 独 占 禁 止 法 第 89 条 第 1 項 若 しくは 第 95 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 刑 が 確 定 したとき 2 乙 が 前 項 の 違 約 金 を 甲 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わないときは 乙 は 当 該 期 間 を 経 過 した 日 から 支 払 をする 日 までの 日 数 に 応

23 じ 年 5%の 割 合 で 計 算 した 額 の 遅 延 利 息 を 甲 に 支 払 わなけれ ばならない ( 賠 償 責 任 ) 第 46 条 甲 は 乙 の 委 託 業 務 の 実 施 に 起 因 して 生 じた 乙 の 物 的 及 び 人 的 損 害 並 びに 第 三 者 に 与 えた 損 害 に 対 し 一 切 の 損 害 賠 償 の 責 を 負 わない ただし 乙 が 甲 の 指 示 に 従 った 結 果 損 害 が 発 生 した 場 合 は この 限 りでない 2 前 項 の 規 定 は 第 36 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 委 託 契 約 の 解 除 に 起 因 して 生 じた 損 害 に 対 して 準 用 する ( 変 更 契 約 地 ) 第 47 条 甲 及 び 乙 が 第 13 条 に 基 づき 本 契 約 を 変 更 する 契 約 を 締 結 するときは で 行 う には 適 切 な 都 道 府 県 名 を 入 れ てください ( 裁 判 管 轄 ) 第 48 条 本 契 約 に 関 する 訴 は 東 京 地 方 裁 判 所 を 第 一 審 の 専 属 管 轄 とする 東 京 地 方 裁 判 所 を 第 一 審 の 専 属 管 轄 として 約 定 くださ い ( 諸 手 続 の 委 任 ) 第 49 条 乙 は 委 託 契 約 に 規 定 する 届 出 報 告 及 び 承 認 申 請 を 年 度 別 実 施 計 画 書 に 定 める 実 施 責 任 者 又 はその 上 長 に 委 任 する ことができる 2 前 項 に 定 める 他 乙 は 委 託 契 約 に 規 定 する 届 出 報 告 を 乙 の 内 部 規 定 等 に 定 められた 知 的 財 産 部 門 の 長 に 委 任 することが できる ( 取 得 した 個 人 情 報 の 管 理 ) 第 50 条 乙 は 委 託 業 務 を 実 施 した 際 に 取 得 した 個 人 情 報 ( 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 であって 当 該 情 報 に 含 まれる 氏 名 生 個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 適 切 な 対 応 をとることを

24 年 月 日 その 他 の 記 述 等 により 特 定 の 個 人 を 識 別 することができ るもの( 他 の 情 報 と 照 合 することができ それにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができることとなるものを 含 む )をいう 以 下 同 じ )については 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければ ならない 2 甲 及 び 機 構 は 前 項 に 規 定 する 個 人 情 報 について 適 切 な 管 理 を 行 う 必 要 があると 判 断 した 場 合 乙 と 協 議 の 上 乙 に 対 し 必 要 な 事 項 について 別 に 指 示 を 行 い 乙 はこの 指 示 に 従 うものとす る 約 定 してください ( 協 力 事 項 ) 第 51 条 乙 は 委 託 業 務 の 円 滑 な 実 施 のため 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 甲 及 び 機 構 に 協 力 するものとする 第 1 号 ないし 第 4 号 に 係 る 経 費 は 乙 の 負 担 とする 第 5 号 及 び 第 6 号 に 係 る 経 費 は 機 構 の 負 担 とする (1) 技 術 上 の 成 果 に 関 する 資 料 ( 成 果 報 告 書 を 除 く )の 作 成 (2) 機 構 が 主 催 する 委 員 会 等 への 出 席 及 び 資 料 の 作 成 (3) 委 託 業 務 に 係 る 国 の 予 算 に 関 係 する 資 料 の 作 成 及 びヒアリ ングへの 対 応 (4) 委 託 業 務 の 評 価 等 に 係 る 資 料 の 作 成 実 用 化 等 状 況 調 査 への 回 答 (5) 機 構 が 開 催 または 参 加 する 成 果 報 告 会 等 における 報 告 及 び それに 伴 う 資 料 の 作 成 (6) 委 託 業 務 の 完 了 又 は 本 契 約 の 解 除 時 点 において 第 21 条 第 2 項 に 基 づき 乙 が 管 理 している 機 構 の 取 得 資 産 に 係 る 機 構 が 別 途 定 める 様 式 による 保 管 状 況 報 告 書 の 提 出 及 び 機 構 の 当 該 取 得 資 産 の 処 分 成 果 資 料 の 作 成 NICT が 主 催 す る 委 員 会 等 への 出 席 と 資 料 作 成 委 託 業 務 に 係 わる 国 の 予 算 に 関 係 する 資 料 の 作 成 及 びヒ アリングへの 対 応 評 価 等 に 係 わる 資 料 の 作 成 と 実 用 化 等 状 況 調 査 への 回 答 NICT が 主 催 す る 成 果 報 告 会 での 報 告 と 資 料 作 成 取 得 資 産 に 係 わる 保 管 状 況 報 告 書 の 提 出 と 当 該 取 得 資 産 の 処 分 への 協 力 を 約 定 ください ( 存 続 条 項 ) 第 52 条 甲 及 び 乙 は 委 託 期 間 が 終 了 した 場 合 又 は 第 12 条 第 3 6 条 第 37 条 若 しくは 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 本 契 約 が 解 除 され た 場 合 であっても 次 の 各 号 に 掲 げる 条 項 については 引 き 続 き 再 委 託 契 約 での 約 定 が 必 要 な 項 目 の 内 本 条 文 に 示 す 各 項 目 は 委 託

25 効 力 を 有 するものとする (1) 各 条 項 に 期 間 が 定 めてある 場 合 には その 期 間 効 力 を 有 す るもの 第 9 条 第 3 項 第 11 条 第 3 項 第 16 条 第 8 項 第 23 条 第 2 項 第 25 条 第 4 項 第 27 条 及 び 第 28 条 第 2 項 (2) 各 条 項 の 対 象 事 由 が 消 滅 するまで 効 力 を 有 するもの 第 8 条 第 15 条 第 17 条 から 第 22 条 第 24 条 第 29 条 から 第 34 条 まで 第 36 条 第 2 項 第 39 条 第 40 第 43 条 から 第 46 条 まで 及 び 第 48 条 (3) 委 託 期 間 の 終 了 日 の 翌 日 から10 年 間 (ただし 甲 が 必 要 と 認 めた 場 合 5 年 を 上 限 に 延 長 することができる ) 効 力 を 有 するもの 第 12 条 第 4 項 及 び 第 51 条 (ただし 第 6 号 を 除 く ) 期 間 終 了 後 も 継 続 して 効 力 を 有 すべき ものですので 左 記 のとおり 約 定 くださ い (その 他 定 めのない 事 項 等 の 取 扱 ) 第 53 条 本 契 約 に 定 める 事 項 について 生 じた 疑 義 又 は 本 契 約 につ いて 定 めのない 事 項 については 甲 乙 協 議 して 解 決 するものとす る 契 約 の 締 結 を 証 するため 契 約 書 2 通 を 作 成 し 双 方 記 名 押 印 のう え 各 1 通 を 保 有 するものとする 平 成 年 月 日 甲 代 表 者 氏 名 印 契 約 締 結 日 は 原 則 原 契 約 の 締 結 日 以 降 としてくださ い 乙 代 表 者 氏 名 印

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

るよう 工 事 打 合 せ 簿 ( 様 式 2)により 受 注 者 に 求 めます 5-1 理 由 書 ( 様 式 3)が 提 出 され 特 別 の 事 情 を 有 すると 認 めた 場 合 は 社 会 保 険 等 の 加 入 が 確 認 できる 書 類 を 提 出 するよう 工 事 打 合 せ 簿

るよう 工 事 打 合 せ 簿 ( 様 式 2)により 受 注 者 に 求 めます 5-1 理 由 書 ( 様 式 3)が 提 出 され 特 別 の 事 情 を 有 すると 認 めた 場 合 は 社 会 保 険 等 の 加 入 が 確 認 できる 書 類 を 提 出 するよう 工 事 打 合 せ 簿 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 係 る 手 続 の 流 れ 平 成 28 年 6 月 17 日 総 務 部 契 約 課 建 設 部 建 設 総 務 課 平 成 28 年 7 月 1 日 以 降 に 契 約 を 締 結 する 建 設 工 事 において 社 会 保 険 等 に 未 加 入 の 建 設 業 者 ( 以 下 未 加 入 業 者 という )と 受 注 者 との 一 次 下 請 契

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

仕様書案

仕様書案 平 成 30 年 度 評 価 替 え 路 線 価 付 設 業 務 基 本 仕 様 書 宜 野 湾 市 総 務 部 税 務 課 1 第 1 章 総 則 ( 適 用 の 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 宜 野 湾 市 ( 以 下 甲 という )が 業 務 委 託 する 平 成 30 年 度 評 価 替 え 路 線 価 付 設 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 必 要 な 事 項

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information