Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 マイナンバーの 概 要

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------"

Transcription

1 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点

2 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 マイナンバーの 概 要 個 人 番 号 カード 情 報 提 供 等 記 録 開 示 システム(マイポータル) マイナンバーの 利 用 範 囲 マイナンバーの 活 用 マイナンバーに 関 する 罰 則 規 定 法 人 におけるマイナンバー 制 度 1 法 人 番 号 の 概 要 法 人 番 号 の 利 用 範 囲 法 人 番 号 の 活 用 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 1 企 業 がとるべき 対 応 個 人 番 号 の 記 載 が 必 要 な 提 出 書 類 等 マイナンバーの 収 集 時 の 本 人 確 認 個 人 番 号 の 取 扱 いに 関 する 実 務 上 の 留 意 点

3 Ⅰ マイナンバー 制 度 の 概 要 マイナンバー 制 度 ( 正 式 名 称 社 会 保 障 制 番 号 制 度 )とは 日 本 に 在 住 する 国 民 外 国 人 に 重 複 しない 番 号 を 割 り 当 て 行 政 機 関 に 複 数 存 在 する 個 人 情 報 の 紐 付 けを 行 い 同 一 の 個 人 であることを 特 定 するための 制 度 です 平 成 27 年 10 月 より 番 号 の 通 知 が 行 われ 平 成 29 年 1 月 から 利 用 が 始 まります マイナンバー 制 度 導 入 の 背 景 にあるのは 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 です 今 の 社 会 保 障 制 度 は 一 人 のお 年 寄 りを 沢 山 の 若 者 が 支 えていた 時 代 の 正 三 角 形 型 の 人 口 ピラミッドが 前 提 と なっています ところが 現 代 は 少 子 高 齢 化 が 進 み 人 口 分 布 はピラミッドのような 三 角 形 ではな く 中 高 年 層 が 厚 い 壺 型 に 変 形 しています また 2015 年 に 団 塊 の 世 代 が 65 歳 以 上 に 突 入 し ますから 今 後 は 高 齢 化 の 勢 いが 急 速 に 進 行 することになります 社 会 保 障 制 度 を 現 代 の 実 態 に 即 した 形 にし 支 援 が 必 要 な 人 に 公 平 に 社 会 保 障 給 付 を 行 うた めに 必 要 なのは 社 会 保 障 制 度 と 税 制 の 一 体 改 革 です 政 府 は この 改 革 を 実 現 に 向 け 個 人 の 所 得 を 正 確 に 把 握 するためにマイナンバー 制 度 を 導 入 しました 1 マイナンバーの 目 的 マイナンバーは 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 と 位 置 付 けられています 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 個 人 の 所 得 や 給 付 金 などの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくなります これにより 保 険 料 等 の 負 担 を 免 れることや 給 付 金 の 不 正 受 給 を 防 止 し 本 当 に 困 っている 人 に 対 し きめ 細 やかな 支 援 を 行 うことができます 行 政 の 効 率 化 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 では 個 人 情 報 の 入 力 照 合 に 要 していた 時 間 や 労 力 を 大 幅 に 削 減 することができます 複 数 の 機 関 間 での 連 携 が 進 み 作 業 の 重 複 や 無 駄 が 削 減 されます 1

4 国 民 の 利 便 性 の 向 上 マイナンバーで 本 人 確 認 ができるので 行 政 機 関 や 地 方 自 治 体 に 提 出 する 書 類 の 添 付 が 大 幅 に 省 略 され 国 民 の 負 担 が 軽 減 されます また 行 政 機 関 か ら 必 要 なサービスのお 知 らせを 受 け 取 ることができます 2 マイナンバーの 概 要 1. 個 人 番 号 数 字 のみで 構 成 される 12 桁 の 番 号 で 一 人 ひとつ 割 り 当 てられます 2. 通 知 方 法 平 成 27 年 10 月 に 住 民 票 がある 市 区 町 村 から 交 付 される 通 知 カード により 個 人 番 号 (マイ ナンバー)が 通 知 されます 個 人 番 号 の 通 知 等 及 び 番 号 カードの 所 管 は 総 務 省 です 3 個 人 番 号 カード 通 知 カードによりマイナンバーの 通 知 を 受 けた 人 は 市 区 町 村 に 申 請 すると 本 人 顔 写 真 付 き の 個 人 番 号 カード の 交 付 を 受 けることができます 現 在 の 住 民 基 本 台 帳 カード( 以 下 住 基 カー ド )は 個 人 番 号 カードに 移 行 され 廃 止 となりますが 有 効 期 限 までは 使 用 可 能 です ただし 個 人 番 号 カード と 住 基 カード を 重 複 して 所 持 することはできません (1) 個 人 番 号 カードの 活 用 法 免 許 証 と 同 じように 身 分 証 明 書 として 利 用 できます e-tax( 国 税 電 子 申 告 納 税 システム)などの 各 種 電 子 申 請 で 利 用 できます 図 書 館 利 用 証 や 印 鑑 登 録 証 など 各 自 治 体 で 付 加 サービスを 検 討 しています (2) 個 人 番 号 カードに 記 録 される 情 報 顔 写 真 券 面 記 載 事 項 ( 氏 名 住 所 生 年 月 日 性 別 顔 写 真 ) 個 人 番 号 公 的 個 人 認 証 に 関 する 電 子 証 明 書 その 他 市 町 村 が 条 例 で 定 めた 事 項 カードには 所 得 税 年 金 の 情 報 などの 特 定 個 人 情 報 は 記 録 されません 2

5 4 情 報 提 供 等 記 録 開 示 システム(マイポータル) マイナンバーを 含 む 個 人 情 報 は 平 成 29 年 1 月 から 稼 働 する 情 報 提 供 等 記 録 開 示 システム (マイポータル) で 確 認 することができます 確 認 できる 情 報 は 以 下 の 通 りです マイポータルで 確 認 できる 情 報 マイナンバーを 含 む 自 分 の 個 人 情 報 を いつ 誰 が なぜ 提 供 したのか 行 政 機 関 などが 持 っている 自 分 の 個 人 情 報 の 内 容 行 政 サービスなどに 関 するお 知 らせ 等 情 報 提 供 等 記 録 開 示 システム 主 要 3 業 務 情 報 提 供 等 記 録 表 示 業 務 自 己 情 報 表 示 業 務 お 知 らせ 情 報 表 示 業 務 情 報 提 供 等 5 マイナンバーの 利 用 範 囲 記 マイナンバーは 社 会 保 障 税 災 害 に 関 する 分 野 で 利 用 することができます また 大 規 模 災 害 時 に 限 った 例 外 的 な 利 用 として 金 融 機 関 証 券 会 社 保 険 会 社 等 は 支 払 事 務 を 円 滑 に 行 うことを 目 的 として マイナンバーを 利 用 する 事 ができます 録 開 社 会 保 障 分 野 年 金 の 資 格 取 得 や 確 認 給 付 雇 用 保 険 の 資 格 取 得 や 確 認 給 付 ハローワークの 事 務 医 療 保 険 の 保 険 料 徴 収 手 続 福 祉 分 野 の 給 付 生 活 保 護 等 3 示 シ ス

6 税 分 野 税 務 当 局 に 提 出 する 申 告 書 届 出 書 支 払 調 書 等 税 務 当 局 の 内 部 事 務 災 害 対 策 分 野 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 の 支 給 被 災 者 台 帳 の 作 成 事 務 6 マイナンバーの 活 用 1. マイナンバーの 提 示 が 求 められる 行 政 手 続 きの 例 示 (1) 児 童 手 当 に 関 する 手 続 き これまで 1 月 1 日 時 点 と 6 月 1 日 時 点 の 住 所 地 が 異 なる 場 合 児 童 手 当 の 給 付 を 受 けるため には 所 得 証 明 書 の 提 出 が 必 要 でした マイナンバーを 提 示 することで 居 住 地 や 所 得 の 情 報 が 紐 づけられるため 所 得 証 明 書 の 提 出 が 不 要 となります (2) 厚 生 年 金 の 裁 定 請 求 手 続 き マイナンバーを 提 示 することで これまで 提 出 していた 住 民 票 課 税 証 明 書 等 の 添 付 を 省 略 し て 厚 生 年 金 の 裁 定 請 求 手 続 きをすることができるようになります 4

7 2. 民 間 企 業 や 金 融 機 関 が 取 り 扱 うケース (1) 証 券 会 社 で 特 定 口 座 を 開 設 するときや 保 険 会 社 から 保 険 金 を 受 け 取 ったとき (2) 勤 務 先 で 年 末 調 整 を 行 うとき 入 退 社 するとき 勤 務 先 は 従 業 員 の 社 会 保 険 の 各 種 手 続 きや 従 業 員 の 給 与 から 源 泉 徴 収 をする 際 にマイ ナンバーが 必 要 となります (3) 原 稿 料 や 講 演 料 などの 報 酬 を 支 払 う 場 合 外 部 の 人 に 講 演 や 原 稿 の 執 筆 を 依 頼 し 報 酬 を 支 払 う 場 合 マイナンバーを 提 供 してもらわな ければなりません 企 業 は 支 払 調 書 にマイナンバーを 記 載 し 税 務 署 に 提 出 します 5

8 3. 利 用 範 囲 の 拡 大 個 人 番 号 の 利 用 は 現 時 点 ではその 利 用 分 野 が 限 定 的 ですが 施 行 日 以 後 3 年 を 目 処 に 利 用 事 務 の 拡 大 を 目 指 すこと とも 規 定 されていることから 将 来 的 には 利 用 分 野 や 利 用 機 関 の 拡 大 が 図 られることが 想 定 されます 今 後 拡 大 が 想 定 される 分 野 戸 籍 に 係 る 事 務 旅 券 や 邦 人 保 護 等 に 係 る 事 務 金 融 機 関 における 口 座 名 義 人 の 特 定 現 況 確 認 等 に 係 る 事 務 医 療 介 護 健 康 情 報 の 管 理 連 携 等 に 係 る 事 務 自 動 車 の 登 録 に 係 る 事 務 等 7 マイナンバーに 関 する 罰 則 規 定 マイナンバーは 利 用 範 囲 に 定 められている 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 手 続 きのために 行 政 機 関 等 に 提 供 する 場 合 を 除 き むやみに 他 人 に 提 供 することはできません また 事 業 者 におい ては マイナンバーを 不 正 に 入 手 する 事 や マイナンバーが 記 録 された 個 人 情 報 を 第 三 者 に 対 し 不 当 に 提 供 することは 処 罰 の 対 象 となっています なお 特 定 個 人 情 報 ファイル(マイナンバーや 関 連 する 個 人 情 報 を 含 むファイル)を 第 三 者 がパ ソコン 画 面 で 自 由 に 閲 覧 できる 状 態 にすることや 操 作 するためのパスワードを 知 らせて これを 操 作 させることも 他 人 に 提 供 することに 該 当 するため 罰 則 の 対 象 となります マイナンバーをむやみに 他 人 に 提 供 することはできない 特 定 個 人 情 報 ファイル 6

9 罰 則 規 定 行 為 法 定 刑 ( 番 号 法 ) 4 年 以 下 の 懲 役 正 当 な 理 由 なく 業 務 で 取 り 扱 う 個 人 の 秘 密 が 記 録 された 又 は 特 定 個 人 情 報 ファイルを 提 供 200 万 円 以 下 の 罰 金 ( 併 科 あり) 3 年 以 下 の 懲 役 業 務 に 関 して 知 り 得 たマイナンバーを 自 己 や 第 三 者 の 不 正 又 は な 利 益 を 図 る 目 的 で 提 供 し 又 は 盗 用 150 万 円 以 下 の 罰 金 ( 併 科 あり) 3 年 以 下 の 懲 役 脅 迫 や 不 正 アクセス 行 為 によりマイナンバーを 取 得 又 は 150 万 円 以 下 の 罰 金 2 年 以 下 の 懲 役 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 の 命 令 に 違 反 又 は 50 万 円 以 下 の 罰 金 1 年 以 下 の 懲 役 虚 偽 の 報 告 虚 偽 の 資 料 提 出 答 弁 や 検 査 の 拒 否 検 査 妨 又 は 害 など 50 万 円 以 下 の 罰 金 6 月 以 下 の 懲 役 不 正 の 手 段 により 個 人 番 号 カード 等 を 取 得 又 は 50 万 円 以 下 の 罰 金 7

10 Ⅱ 法 人 におけるマイナンバー 制 度 マイナンバー 制 度 により 番 号 が 割 り 当 てられるのは 個 人 だけではありません 法 人 にも 固 有 の 番 号 がそれぞれ 割 り 当 てられ この 番 号 を 法 人 番 号 といいます 法 人 番 号 は 個 人 情 報 保 護 とは 関 係 がなく 官 民 問 わず 様 々な 用 途 で 利 用 することができま す 1 法 人 番 号 の 概 要 1. 法 人 番 号 数 字 のみで 構 成 される 13 桁 の 番 号 です 会 社 法 等 の 法 令 の 規 定 により 設 立 登 記 をした 法 人 ( 設 立 登 記 法 人 )の 場 合 は 商 業 登 記 法 に 基 づく 会 社 法 人 等 番 号 (12 桁 )の 前 に 1 桁 の 検 査 用 数 字 を 加 えた 番 号 になります 法 人 番 号 の 通 知 等 の 所 管 は 国 税 庁 です 2. 通 知 方 法 (1) 設 立 登 記 を 行 っている 法 人 平 成 27 年 10 月 以 降 登 記 されている 所 在 地 に 書 面 により 通 知 されます なお 法 人 番 号 は 1 法 人 に 対 し 1 番 号 のみとなっており 法 人 の 支 店 や 事 業 所 等 には 法 人 番 号 は 指 定 されません (2) 設 立 登 記 を 行 っていない 法 人 以 下 の 届 出 書 を 提 出 している 法 人 団 体 に 対 し 法 人 番 号 が 指 定 されます この 場 合 届 出 書 に 記 載 された 所 在 地 に 書 面 により 通 知 されます 1. 給 与 等 の 支 払 をする 事 務 所 の 開 設 等 の 届 出 書 2. 内 国 普 通 法 人 等 の 設 立 の 届 出 書 3. 外 国 普 通 法 人 となった 旨 の 届 出 書 4. 収 益 事 業 開 始 の 届 出 書 5. 消 費 税 課 税 事 業 者 届 出 書 8

11 2 法 人 番 号 の 利 用 範 囲 法 人 番 号 には 個 人 番 号 とは 異 なり 利 用 範 囲 の 制 約 がありません 誰 でも 自 由 に 利 用 するこ とができます 設 立 登 記 等 により 法 人 番 号 の 指 定 を 受 けた 後 に 商 号 や 所 在 地 等 に 変 更 があっ た 場 合 には 公 表 情 報 が 更 新 されることはもちろん 変 更 履 歴 も 併 せて 公 表 されます 公 表 される 情 報 1. 商 号 又 は 名 称 2. 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 3. 法 人 番 号 3 法 人 番 号 の 活 用 1. 取 引 情 報 の 集 約 による 業 務 の 効 率 化 民 間 企 業 では 組 織 が 大 きくなるにつれ 各 部 署 で 管 理 する 取 引 先 情 報 が 膨 大 となり 同 一 の 取 引 先 を 部 署 ごとに 異 なるコードで 管 理 しているケースも 多 いと 思 われます 部 署 ごとに 異 なる 管 理 コードを 法 人 番 号 に 統 一 することで 情 報 集 約 の 効 率 化 を 図 ることが 可 能 となります 株 式 会 社 A 社 法 人 番 号 001 で 名 寄 せ 総 務 部 法 人 番 号 :001 コード: A 経 理 部 法 人 番 号 :001 コード: イ- 001 営 業 部 法 人 番 号 :001 コード: 1001 部 署 ごとに 異 なるコードで 管 理 している 株 式 会 社 A 社 法 人 番 号 :001 9

12 2. 法 人 番 号 公 表 サイトを 利 用 した 新 規 営 業 先 等 の 把 握 民 間 企 業 がインターネットや 登 記 所 調 査 会 社 などから 新 規 営 業 先 のリストを 入 手 する 場 合 人 件 費 や 手 数 料 等 のコストと 手 間 がかかります 番 号 法 施 行 後 は 国 税 庁 が 新 たに 法 人 番 号 を 指 定 した 新 規 設 立 法 人 をインターネット 上 で 公 表 します これにより 新 規 設 立 法 人 のみを 抽 出 し 検 索 することが 可 能 となりますから 従 来 に 比 べ 効 率 的 に 新 規 営 業 先 の 開 拓 が 実 施 で きるようになります 法 人 の 特 定 により 期 待 される 効 果 キャンペーン 管 理 の 厳 格 化 サーバー 証 明 書 による 信 頼 性 向 上 コードによる 属 性 情 報 の 自 動 入 力 なりすましメール 対 策 フィッシングサイト 対 策 等 3. 法 人 番 号 を 活 用 した 新 たなサービス 行 政 機 関 間 で 法 人 番 号 を 活 用 した 情 報 連 携 が 図 られ 行 政 手 続 における 届 出 申 請 等 のワン ストップ 化 が 実 現 すれば 法 人 ( 企 業 ) 側 の 負 担 が 軽 減 されます ( 例 ) 補 助 金 の 申 請 企 業 が 補 助 金 を 申 請 する 場 合 申 請 書 に 必 要 な 添 付 書 類 を 揃 えるために 法 務 局 や 税 務 署 な ど 複 数 の 行 政 機 関 から 証 明 書 類 を 取 得 しなければなりません 法 人 番 号 による 申 請 書 類 のワ ンストップ 化 により 審 査 を 担 当 する 行 政 機 関 は 企 業 情 報 を 共 有 できますから 各 種 証 明 書 の 添 付 は 不 要 となります 10

13 < 法 人 番 号 導 入 後 > ワ ンス ト ップ 化 届 出 申 請 業 務 の ( 注 )ワンストップ 化 による 添 付 書 類 の 削 減 は 法 務 局 及 び 税 務 署 において 法 人 番 号 に 基 づくオンライン 照 会 に 対 応 できるシステムが 整 備 されることが 前 提 となっています 11

14 Ⅲ マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 マイナンバーの 導 入 により 個 人 の 所 得 情 報 や 納 税 情 報 さらには 預 金 口 座 や 保 険 契 約 の 情 報 まで 全 てがリンクし 一 元 管 理 されることになります つまり このマイナンバーは 極 めて 重 大 な 個 人 情 報 であり その 取 扱 いについても 法 令 通 達 等 で 厳 格 に 定 められています ここでは マ イナンバーの 収 集 が 必 要 な 書 類 と 収 集 に 関 するルール 民 間 企 業 における 具 体 的 な 対 応 策 を 紹 介 します 1 企 業 がとるべき 対 応 民 間 企 業 がはじめに 行 うべきことは マイナンバーの 記 載 が 必 要 な 書 類 を 確 認 し 誰 のマイ ナンバーを 収 集 する 必 要 があるのか を 洗 い 出 すことです 1. マイナンバーへの 対 応 事 項 対 象 業 務 の 洗 い 出 し (1) マイナンバーの 記 載 が 必 要 な 書 類 の 確 認 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 支 払 調 書 等 の 税 務 関 係 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 関 係 書 類 (2) マイナンバー 収 集 対 象 者 の 洗 い 出 し 従 業 員 等 ( 従 業 員 に 加 えて 役 員 やパート アルバイトを 含 む)とその 扶 養 家 族 報 酬 ( 講 師 謝 礼 出 演 料 等 )の 支 払 先 不 動 産 使 用 料 の 支 払 先 配 当 等 の 支 払 先 等 上 記 の 事 項 が 確 認 できたら 次 は 誰 がマイナンバーを 収 集 するのか を 明 確 にすると 共 に 後 述 する 本 人 確 認 をどのような 方 法 で 行 うのか 検 討 し 明 確 にしなければなりません (1) 組 織 体 制 の 整 備 2. マイナンバーへの 対 応 事 項 対 処 方 針 の 検 討 (2) 社 内 規 程 の 見 直 し (3) 担 当 部 門 担 当 者 の 明 確 化 等 (4) 身 元 ( 実 在 ) 確 認 番 号 確 認 方 法 に 係 る 検 討 明 確 化 等 (5) 物 理 的 安 全 管 理 措 置 の 検 討 ( 区 域 管 理 漏 えい 防 止 等 ) (6) 収 集 スケジュールの 策 定 12

15 2 個 人 番 号 の 記 載 が 必 要 な 提 出 書 類 等 1. 国 税 関 係 の 書 類 税 務 関 係 書 類 へのマイ ナン バーの 記 載 及 びマイ ナン バー 平 成 28 年 1 日 以 後 税 務 当 局 に 提 出 する 申 請 書 や 申 告 書 法 定 調 書 等 の 提 出 に 当 たり 従 が 記 載 さ れた 申 告 書 等 の 提 出 の 時 期 は 以 下 のと おり です 業 員 の 個 人 番 号 と さらに 法 定 調 書 であれば 金 銭 の 支 払 先 の 番 号 を 記 載 しなければなりま 番 せん 号 制 度 導 入 後 ( 平 成 28 年 1 月 以 降 )は 申 告 書 法 定 調 書 等 の 提 出 に 当 たり 当 該 提 出 者 等 に 係 る 番 号 を 記 載 します 税 務 関 係 書 の 申 類 告 への 書 等 一 と 般 初 的 回 な 提 場 出 合 期 の 限 番 号 の 記 載 及 び 提 出 時 期 は 以 下 のとおりです 記 載 対 象 番 号 の 記 載 及 び 提 出 時 期 ( 一 般 的 な 場 合 ) 所 得 税 ( 国 税 ) 個 人 住 民 税 ( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 の 属 する 年 分 以 降 の 申 告 書 から 平 成 28 年 分 の 場 合 平 成 28 年 分 の 確 定 申 告 期 ( 平 成 29 年 2 月 16 日 から3 月 15 日 まで) ( 個 人 住 民 税 及 び 個 人 事 業 税 は 平 成 29 年 3 月 15 日 まで) 個 人 事 業 税 ( 地 方 税 ) 法 人 税 ( 国 税 ) 法 人 住 民 税 ( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 以 降 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 申 告 書 から 平 成 28 年 12 月 末 決 算 の 場 合 平 成 29 年 2 月 28 日 まで( 延 長 法 人 は 平 成 29 年 3 月 31 日 まで) 法 人 事 業 税 ( 地 方 税 ) 法 定 調 書 ( 国 税 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 以 降 の 金 銭 等 の 支 払 等 に 係 る 法 定 調 書 から( 注 ) ( 例 ) 平 成 28 年 分 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 書 平 成 29 年 1 月 31 日 まで 支 払 報 告 書 ( 地 方 税 ) 平 成 28 年 分 の 支 払 報 告 書 から ( 例 ) 平 成 28 年 分 給 与 支 払 報 告 書 平 成 29 年 1 月 31 日 まで 申 請 書 届 出 書 ( 国 税 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 以 降 に 提 出 すべき 申 請 書 等 から 各 税 法 に 規 定 する 提 出 すべき 期 限 ( 注 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 前 に 締 結 された 税 法 上 告 知 したものとみなされる 取 引 に 基 づき 同 日 以 後 に 金 銭 等 の 支 払 等 が 行 われるものに 係 る 番 号 の 告 知 及 び 本 人 確 認 については 同 日 から3 年 を 経 過 した 日 以 後 の 最 初 の 金 銭 等 の 支 払 等 の 時 までの 間 に 行 うことができます 代 表 的 な 申 請 書 法 定 調 書 個 人 事 業 の 開 業 廃 業 等 届 出 書 1 申 請 書 所 得 税 の 青 色 申 告 承 認 申 請 書 青 色 事 業 専 従 者 給 与 に 関 する 届 出 書 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 退 職 所 得 の 源 泉 徴 収 票 特 別 徴 収 票 法 定 調 書 報 酬 料 金 契 約 金 及 び 賞 金 の 支 払 調 書 不 動 産 の 使 用 料 等 の 支 払 調 書 不 動 産 等 の 譲 受 の 対 価 の 支 払 調 書 不 動 産 等 の 売 買 又 は 貸 付 けのあっせん 手 数 料 の 支 払 調 書 など 13

16 なお 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 をはじめとする 一 部 の 書 類 には 本 人 の 個 人 番 号 に 加 え 扶 養 親 族 の 個 人 番 号 も 記 載 しなければなりません 扶 養 親 族 の 個 人 番 号 を 記 載 する 主 な 書 類 には 以 下 のようなものがあります 扶 養 親 族 の 個 人 番 号 を 記 載 する 主 な 書 類 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 給 与 所 得 者 の 保 険 料 控 除 申 告 書 兼 給 与 所 得 者 の 配 偶 者 特 別 控 除 申 告 書 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 公 的 年 金 等 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 2. 社 会 保 障 関 係 の 申 請 書 等 国 税 関 係 の 書 類 と 同 様 雇 用 保 険 や 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 に 関 する 各 種 申 請 書 等 につい ても 番 号 の 記 載 が 義 務 付 けられます 主 な 提 出 書 類 の 例 提 出 者 提 出 先 根 拠 条 文 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 適 用 事 業 所 の 事 業 主 ハローワーク 雇 用 保 険 法 施 行 規 則 第 6 条 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 適 用 事 業 所 の 事 業 主 ハローワーク 雇 用 保 険 法 施 行 規 則 第 7 条 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 適 用 事 業 所 の 事 業 主 健 康 保 険 組 合 日 本 年 金 機 構 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 24 条 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 規 則 第 15 条 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 適 用 事 業 所 の 事 業 主 健 康 保 険 組 合 日 本 年 金 機 構 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 24 条 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 規 則 第 15 条 社 会 保 障 関 係 書 類 の 番 号 記 載 開 始 時 期 分 野 主 な 届 出 書 等 の 内 容 施 行 日 以 下 の 様 式 に 個 人 番 号 を 追 加 予 定 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 雇 用 保 険 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 等 平 28 年 1 月 1 日 提 出 分 ~ 以 下 の 様 式 に 法 人 番 号 を 追 加 予 定 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届 等 14

17 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 以 下 の 様 式 に 個 人 番 号 を 追 加 予 定 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 平 29 年 1 月 1 日 提 出 分 ~ 以 下 の 様 式 に 法 人 番 号 を 追 加 予 定 新 規 適 用 届 等 3 マイナンバーの 収 集 時 の 本 人 確 認 前 述 の 通 り マイナンバーには 極 めてプライベートな 情 報 が 紐 付 けられており その 情 報 が 悪 用 されるようなことは 決 してあってはなりません そのため 番 号 を 提 供 した 人 が 本 当 にその 番 号 の 持 ち 主 であるのか ということを 厳 密 に 確 認 し 成 りすましを 防 止 することが 法 で 定 められて います 1. 本 人 確 認 の 方 法 個 人 番 号 の 確 認 身 元 ( 実 在 )の 確 認 提 示 された 番 号 が 正 しいものであるか 番 号 の 正 しい 持 ち 主 であるか 特 に 国 税 に 関 する 法 定 調 書 支 払 報 告 書 については 支 払 者 の 個 人 番 号 や 法 人 番 号 はもち ろん 支 払 を 受 ける 者 の 個 人 番 号 又 は 法 人 番 号 を 記 載 しなければならないので 本 人 確 認 を 15

18 どのように 行 うべきか 対 応 策 を 事 前 に 検 討 しておく 必 要 があります ここでは 本 人 確 認 をどのように 行 えば 良 いのか その 方 法 をケース 別 に 紹 介 します 例 1) 対 面 で 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 の 本 人 確 認 1 事 業 者 が 顧 客 から 対 面 により 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 で 個 人 番 号 カードの 提 示 を 受 け る 方 法 です 個 人 番 号 カードを 提 示 個 人 番 号 カードの 裏 面 に 記 載 された 個 人 番 号 により 番 号 確 認 表 面 に 記 載 された 個 人 識 別 事 項 ( 氏 名 住 所 生 年 月 日 )および 顔 写 真 で 身 元 ( 実 在 ) 確 認 を 行 います 提 示 を 受 けた 個 人 番 号 カードについて 写 し(コピー)を 保 管 することは 義 務 付 けられていませんが 保 管 する 場 合 には 安 全 管 理 を 適 切 に 行 う 必 要 があります 例 2) 対 面 で 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 の 本 人 確 認 2 事 業 者 が 顧 客 から 対 面 により 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 で 通 知 カードと 身 元 ( 実 在 ) 確 認 書 類 として 写 真 表 示 のある 書 類 の 提 示 を 受 ける 方 法 です 16

19 身 元 ( 実 在 ) 確 認 書 類 として 単 独 で 使 用 可 能 なもの 住 民 基 本 台 帳 カード( 本 人 の 写 真 が 表 示 されているもの) 運 転 経 歴 証 明 書 ( 交 付 年 月 日 が 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 のもの) パスポート 身 体 障 害 者 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 療 育 手 帳 在 留 カード 特 別 永 住 者 証 明 書 または 写 真 付 き 学 生 証 や 写 真 付 き 資 格 証 明 書 など 例 3) 個 人 番 号 の 提 供 を 依 頼 する 書 面 を 活 用 した 本 人 確 認 事 業 者 が 継 続 して 取 引 を 行 っている 顧 客 から 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 に 顧 客 に 対 して 個 人 番 号 の 提 供 を 依 頼 する 書 面 を 送 付 し 顧 客 がその 書 面 に 通 知 カードや 個 人 番 号 カードの 裏 面 ( 通 知 カード 等 )の 写 しを 貼 付 して 返 送 する 方 法 です 個 人 番 号 の 提 供 依 頼 書 類 に 顧 客 が 通 知 カード 等 の 写 しを 貼 付 して 返 送 することで 番 号 確 認 を 行 います また 依 頼 書 類 に 印 字 した 住 所 及 び 氏 名 と 貼 付 されている 通 知 カード 等 の 写 しの 住 所 及 び 氏 名 が 同 一 であることを 確 認 することにより 身 元 ( 実 在 ) 確 認 を 行 います 17

20 書 面 を 活 用 した 本 人 確 認 のポイント 宛 先 である 住 所 及 び 氏 名 は 印 字 することが 前 提 です 印 刷 不 良 などで 住 所 及 び 氏 名 を 手 書 きする 場 合 は 個 人 番 号 を 利 用 する 事 務 者 が そ の 顧 客 に 対 して 送 付 した 書 類 が 返 送 されたこと が 分 かる 措 置 を 行 う 必 要 があります ( 例 ) 書 類 に 一 連 番 号 を 記 載 し 返 送 された 書 類 の 一 連 番 号 を 確 認 する 例 4) 知 覚 による 身 元 ( 実 在 ) 確 認 従 業 員 が 勤 務 先 に 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 を 提 出 する 際 に 勤 務 先 のとりまと め 担 当 者 が 知 覚 により 従 業 員 の 身 元 ( 実 在 ) 確 認 を 行 う 方 法 です 知 覚 による 身 元 確 認 のポイント 従 業 員 の 会 計 太 郎 さんは 自 宅 で 妻 ( 控 除 対 象 配 偶 者 )である 会 計 花 子 さんの 通 知 カード により 個 人 番 号 を 確 認 します 花 子 さんは 太 郎 さんの 配 偶 者 ですから 知 覚 = 見 て 判 断 することにより 本 人 に 相 違 ないことが 判 断 できます したがって 花 子 さんから 身 元 ( 実 在 ) 確 認 書 類 の 提 示 を 求 める 必 要 はありません 日 頃 から 太 郎 さんと 同 じ 部 署 で 仕 事 をしているとりまとめ 担 当 者 は 入 社 時 に 太 郎 さんの 本 人 確 認 をしているため 知 覚 = 見 て 判 断 することにより 本 人 に 相 違 ないことが 判 断 で きます したがって 太 郎 さんから 身 元 確 認 書 類 の 提 示 を 求 める 必 要 はありません 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 には 太 郎 さんと 花 子 さんの 個 人 番 号 が 記 載 さ れていますが 花 子 さんの 個 人 番 号 は 太 郎 さんが 自 宅 で 確 認 済 なので とりまとめ 担 当 者 は 太 郎 さんの 個 人 番 号 のみ 確 認 します 18

21 例 5) メールにより 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 の 本 人 確 認 事 業 者 が 講 演 会 の 講 師 に 対 して 謝 礼 を 支 払 い 法 定 調 書 の 提 出 が 必 要 となる 場 合 に 講 師 が イメージデータ 化 した 本 人 確 認 書 類 をメールにより 送 信 することで 事 業 者 が 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 方 法 です メールで 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 際 の 身 元 確 認 のポイント 個 人 番 号 カードの 両 面 を 撮 影 して 送 信 します( 個 人 番 号 カードがない 場 合 は 番 号 確 認 書 類 及 び 身 元 ( 実 在 ) 確 認 書 類 を 送 信 ) スキャナを 使 用 してイメージデータ 化 した 本 人 確 認 書 類 をパソコンから 送 信 する 方 法 も 可 能 です 継 続 的 な 契 約 関 係 にある 場 合 には 提 供 を 受 けた 個 人 番 号 を 法 定 調 書 作 成 のために 保 管 することにより 次 回 以 降 も 利 用 することが 可 能 です 改 めて 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 必 要 はありません 4 個 人 番 号 の 取 扱 いに 関 する 実 務 上 の 留 意 点 1. 個 人 番 号 の 利 用 制 限 と 収 集 時 の 利 用 目 的 の 明 示 収 集 した 個 人 番 号 は 原 則 として 源 泉 徴 収 票 及 び 社 会 保 障 の 手 続 書 類 に 従 業 員 等 の 個 人 番 号 を 記 載 して 行 政 機 関 等 及 び 健 康 保 険 組 合 等 に 提 出 する 場 合 に 限 り 利 用 することが 認 められ ています また 個 人 番 号 を 収 集 する 場 合 には その 利 用 目 的 を 番 号 提 供 者 に 明 示 しなければなりませ ん 19

22 2. 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 個 人 番 号 関 係 事 務 のために 必 要 な 範 囲 に 限 って 特 定 個 人 情 報 ファイルを 作 成 することができ ます 作 成 の 制 限 に 関 するポイント 従 業 員 等 の 個 人 番 号 を 利 用 して 営 業 成 績 などを 管 理 する 特 定 個 人 情 報 ファイルを 作 成 し てはいけません 従 業 員 等 の 源 泉 徴 収 票 作 成 事 務 について 委 託 を 受 けた 税 理 士 も 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 に 該 当 するため 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 特 定 個 人 情 報 ファイルを 作 成 することができます 3. 保 管 制 限 と 廃 棄 個 人 番 号 は 法 に 定 められた 事 務 処 理 についてのみ 使 用 することが 認 められています つまり これらの 事 務 処 理 を 行 う 必 要 がなくなった 場 合 には 速 やかに 個 人 番 号 の 情 報 を 廃 棄 しなけれ ばなりません 裏 を 返 せば 事 務 処 理 を 行 う 期 間 中 は 個 人 番 号 の 情 報 を 保 管 することが 認 めら れている ということになります 個 人 番 号 の 保 管 と 廃 棄 雇 用 契 約 等 の 継 続 的 な 契 約 関 係 にある 場 合 従 業 員 等 が 休 職 している 場 合 土 地 の 賃 貸 借 契 約 等 の 継 続 的 な 契 約 関 係 にある 場 合 扶 養 控 除 等 申 告 書 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 支 払 調 書 等 の 作 成 事 務 のために 提 供 を 受 けた 個 人 番 号 個 人 番 号 の 情 報 を 継 続 的 に 保 管 できる 雇 用 契 約 が 継 続 していることから 復 職 が 未 定 であっても 特 定 個 人 情 報 を 継 続 的 に 保 管 できる 支 払 調 書 の 作 成 事 務 のために 継 続 的 に 個 人 番 号 を 利 用 する 必 要 が 認 められることから 特 定 個 人 情 報 を 継 続 的 に 保 管 できる 本 申 告 書 の 保 存 期 限 ( 申 告 書 の 提 出 期 限 の 属 する 年 の 翌 年 1 月 10 日 の 翌 日 から 7 年 を 経 過 する 日 ) 経 過 後 は 速 や かに 廃 棄 する 従 業 員 の 退 職 など 事 務 処 理 に 用 いる 必 要 がなく 法 令 で 定 められている 一 定 の 保 存 期 間 を 経 過 した 場 合 には 速 やかに 廃 棄 する 20

23 参 考 文 献 マイナンバー 社 会 保 障 番 号 制 度 内 閣 府 官 房 内 閣 府 マイナンバー 社 会 保 障 番 号 制 度 民 間 事 業 者 の 対 応 内 閣 府 官 房 内 閣 府 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 国 税 分 野 における 番 号 法 に 基 づく 本 人 確 認 方 法 国 税 庁 法 人 向 けポータルに 関 する 検 討 状 況 経 済 産 業 省 法 人 番 号 の 利 活 用 推 進 のための 方 策 経 済 産 業 省 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 著 者 株 式 会 社 ビズアップ 総 研 発 行 株 式 会 社 ビズアップ 総 研 東 京 都 港 区 東 新 橋 汐 留 シティセンター10F TEL: FAX:

24

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 < 改 正 概 要 > ( 平 成 21 年 7 月 15 日 公 布 ) 1 外 国 人 住 民 の 利 便 の 増 進 及 び 市 町 村 等 の 行 政 の 合 理 化 を 目 的 として 外 国 人 住 民 を 住 民 基 本 台 帳 法 の 適 用 対 象 に 加 える ( 施 行 期 日 : 入 管 法 等 改

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

原 則 として 事 業 主 は 従 業 員 から 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 提 出 を 受 けた 後 に 給 与 の ( 事 業 主 )の 番 号 を 記 載 しなければならない ただし 事 業 主 が 人 の 場 合 には 人 番 号 は 一 般 に 公 表 されている 番 号 であるた

原 則 として 事 業 主 は 従 業 員 から 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 提 出 を 受 けた 後 に 給 与 の ( 事 業 主 )の 番 号 を 記 載 しなければならない ただし 事 業 主 が 人 の 場 合 には 人 番 号 は 一 般 に 公 表 されている 番 号 であるた Article マ イ ナンバー 制 度 導 入 に 伴 う 税 務 関 係 書 類 へ の 番 号 記 載 日 税 連 規 制 改 革 対 策 特 別 委 員 会 副 委 員 長 税 理 士 宮 本 雄 司 平 成 27 年 10 月 5 日 行 政 手 続 に お ける 特 定 の 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 律 ( 以 下 番 号 という)が 施 行 さ

More information

企業年金制度における個人番号の取扱いについて.PDF

企業年金制度における個人番号の取扱いについて.PDF 企 業 年 金 制 度 における 個 人 番 号 の 取 扱 いについて 平 成 27 年 3 月 23 日 24 日 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 企 業 年 金 における 個 人 番 号 の 取 扱 いについて 企 業 年 金 における 個 人 番 号 の 導 入 については 厚 生 年 金 基 金 の 多 くが5 年 以 内 に 解 散 する 方 向 にあることや 各

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

6 謝金(給与等)

6 謝金(給与等) (7) 謝 金 ( 給 与 等 ) アルバイトの 雇 用 平 成 27 年 度 研 究 費 執 行 マニュアル P33-36 差 替 版 ア 研 究 協 力 者 への 謝 金 所 得 税 法 上 の 謝 金 の 種 類 によって 手 続 きが 異 なりますので ご 注 意 ください 1 協 力 に 基 づく 研 究 遂 行 のための 資 料 整 理 又 は 実 験 補 助 2 協 力 に 基 づく

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報 1 宛 名 番 号 全 情 報 共 通 2 年 度 賦 課 期 日 情 報 3 算 定 団 体 コード 賦 課 期 日 情 報 4 履 歴 連 番 賦 課 期 日 情 報 5 氏 名 カナ 賦 課 期 日 情 報 6 氏 名 漢 字 賦 課 期 日 情 報 7 生 年 月 日 賦 課 期 日 情 報 8 性 別 賦 課 期 日 情 報 9 町 名 賦 課 期 日 情 報 10 番 地 賦 課 期 日

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 社 会 保 障 分 野 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 4 月 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 税 番 号 制 度 導 入 の 全 体 スケジュール 平 成 25 年 5 月 平 成 26 年 度 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 や 自 治 体 等 のシステム 改 修 等 平 成 27 年

More information

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx 事 務 連 絡 平 成 27 年 11 月 5 日 各 都 道 府 県 障 害 福 祉 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 期 入 所 者 等 がマイナンバー 通 知 カードを 入 所 等 先 で 受 け 取 るに 当 たっての 居 所 情 報 の 登 録 申 請 が 間 に 合 わなかった 場 合 の 取 扱 いについて(

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

二 資本金の管理

二 資本金の管理 外 商 投 資 企 業 の 資 本 金 に 関 する 外 貨 規 制 屠 錦 寧 ( 中 国 律 師 ) 中 国 では 外 資 による 中 国 の 不 動 産 や 株 式 などの 市 場 への 参 入 が 厳 格 な 管 理 や 制 限 を 受 けている そのため 海 外 の 投 機 的 資 金 がこれらの 規 制 を 回 避 しようと 通 常 の 外 商 投 資 企 業 の 資 本 金 を 装 うことは

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

Microsoft Word - マイナンバーと就業規則 (1)

Microsoft Word - マイナンバーと就業規則 (1) 平 成 27 年 6 月 12 日 従 業 員 が 個 人 番 号 の 提 供 を 拒 んだ 場 合 の 対 応 方 法 就 業 規 則 対 応 について 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 渡 邉 雅 之 1 従 業 員 が 個 人 番 号 の 提 供 を 拒 んだ 場 合 の 一 般 的 な 対 応 平 成 28 年 (2016 年 )1 月 から 行 政 手 続 における 特 定

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿 日 本 学 生 支 援 機 構 ファイ 簿 等 名 1 2 ファ イの 名 称 ファイ 奨 学 金 振 込 明 奨 学 事 業 細 データファ 戦 略 イ 貸 与 債 権 管 奨 学 スター 奨 学 事 業 データファイ 戦 略 貸 与 債 権 管 1 奨 学 金 の 定 期 送 金 又 は 手 作 業 送 金 時 金 融 機 関 に 振 込 みを 依 頼 するた 2 金 融 機 関 店 舗 等 の

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 書 類 審 査 に 必 要 なもの 書 類 審 査 には 次 の1~5の 該 当 する 全 ての 書 類 が 必 要 です 必 要 な 書 類 が 提 出 されない 場 合 は 失 格 になります なお 必 要 事 項 の 記 入 漏 れや 証 明 者 等 の 印 鑑 のないもの およびコピーは 無 効 な 書 類 となります また 提 出 された 書 類 はお 返 しできません 1. 世 帯 員

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

マイナンバー 制 度 は 行 政 の 効 率 化 国 民 の 利 便 性 向 上 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 するための 社 会 基 盤 です マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 は 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 で 効 率 的 に 情 報 を 管

マイナンバー 制 度 は 行 政 の 効 率 化 国 民 の 利 便 性 向 上 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 するための 社 会 基 盤 です マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 は 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 で 効 率 的 に 情 報 を 管 マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 における 民 間 事 業 者 の 対 応 平 成 27 年 10 月 からのマイナンバーの 通 知 平 成 28 年 1 月 からのマイナンバー 利 用 開 始 まで 期 間 が 迫 ってきました マイナンバーは 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の3 分 野 での 利 用 から 制 度 が スタートしますが 従 業 員 を 雇 用 している

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 方 ) 親 の 同 意 書 ( 未 成 年 の 方 ) 離 婚 届 夫 妻 離 婚 届 書 印 鑑 ( 届 出 人 の もの) 届 出 人 を 確 認 できるも の( 運 転 免 許 証 等 ) 戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の

戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 方 ) 親 の 同 意 書 ( 未 成 年 の 方 ) 離 婚 届 夫 妻 離 婚 届 書 印 鑑 ( 届 出 人 の もの) 届 出 人 を 確 認 できるも の( 運 転 免 許 証 等 ) 戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 戸 籍 住 民 登 録 印 鑑 登 録 住 民 基 本 台 帳 カード 及 びパスポートなどの 届 出 等 戸 籍 の 届 出 や 住 民 登 録 などの 業 務 等 は 下 記 の 表 施 設 等 と 主 な 取 扱 業 務 内 容 のとおりです ただし 戸 籍 等 の 郵 送 請 求 パスポート 及 び 外 国 人 住 民 の 届 出 等 は 鉾 田 市 役 所 ( 本 庁 の 市 民 課 )のみです

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の 資 料 2-1 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 各 府 省 の 協 力 と 準 備 の 徹 底 について 平 成 27 年 9 月 4 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 準 備 については 本 年 3 月 27 日 の 本 連 絡 会 議 でも 周 知 依 頼 したところであるが 10 月 からの 個 人 番 号

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

届 届 火 葬 費 補 助 金 町 内 に 住 所 を 有 するかたが 死 亡 ( 死 産 も 含 む)し 火 葬 の 許 可 を 受 け 火 葬 をした 場 合 に 申 請 により 火 葬 料 を 補 助 します なお 平 成 28 年 3 月 までに 許 可 された 分 の 申 請 は 従 前

届 届 火 葬 費 補 助 金 町 内 に 住 所 を 有 するかたが 死 亡 ( 死 産 も 含 む)し 火 葬 の 許 可 を 受 け 火 葬 をした 場 合 に 申 請 により 火 葬 料 を 補 助 します なお 平 成 28 年 3 月 までに 許 可 された 分 の 申 請 は 従 前 届 戸 籍 戸 籍 は 生 から 死 亡 までの 身 分 関 係 を 公 的 に する 大 切 なものです 届 届 の 種 類 届 の 期 間 届 人 必 要 なもの 生 届 書 生 届 生 まれた 日 から 14 日 以 内 父 か 母 または 同 居 人 など 届 人 の 印 鑑 母 子 健 康 手 帳 健 康 保 険 預 金 通 帳 ( 児 童 手 当 申 請 者 名 義 のもの) 死 亡 届

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

生協法見直し

生協法見直し 資 料 4 生 命 保 険 事 業 における マイナンバー 制 度 の 利 活 用 について 2014 年 12 月 2 日 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 生 命 保 険 事 業 におけるマイナンバー 制 度 の 利 活 用 に 係 る 要 望 は 年 間 約 23 兆 円 (2013 年 度 )の 保 険 金 給 付 金 等 を 支 払 ( 参 考 ) 東 日 本 大 震 災 において

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 企 画 コンペティション 実 施 要 領 1 企 画 コンペティションの 目 的 本 企 画 コンペティションは 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )を 最 も 適 確 に 実 施 できる 企 画 提 案 を 特 定 することを 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

10 月 ~11 月 従 業 員 のマイナンバーを 集 めます 各 人 からマイナンバーを 収 集 します パート アルバイトも 対 象 です 扶 養 家 族 がいる 人 は 扶 養 家 族 のマイナンバーも 対 象 となります マイナンバーを 収 集 するときには 法 令 により 本 人 確 認

10 月 ~11 月 従 業 員 のマイナンバーを 集 めます 各 人 からマイナンバーを 収 集 します パート アルバイトも 対 象 です 扶 養 家 族 がいる 人 は 扶 養 家 族 のマイナンバーも 対 象 となります マイナンバーを 収 集 するときには 法 令 により 本 人 確 認 NEWS ~ 平 成 27 年 8 月 岡 経 営 労 務 事 務 所 / 経 営 労 務 協 会 ( 労 働 保 険 事 務 組 合 ) 社 会 保 険 労 務 士 岡 健 治 社 会 保 険 労 務 士 吉 岡 武 史 横 浜 市 港 北 区 新 横 浜 2-5-10 新 横 浜 楓 第 2 ビル 7 階 TEL 045-471-7749 FAX 045-471-7759 URL http://www.okakeiei.jp

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

プロジェクトタイトル(HGP創英角ゴシックUB 24pt) サブタイトル(定例資料など、HGP創英角ゴシックUB 18pt)

プロジェクトタイトル(HGP創英角ゴシックUB 24pt) サブタイトル(定例資料など、HGP創英角ゴシックUB 18pt) 資 料 2 個 人 番 号 のさらなる 利 活 用 ニーズと 法 人 番 号 の 利 活 用 方 策 について 2014 年 4 月 7 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 未 来 創 発 センター 制 度 戦 略 研 究 室 室 長 梅 屋 真 一 郎 ( 第 1 回 資 料 より 修 正 ) マイナンバー 制 度 施 行 に 伴 い 住 民 民 間 企 業 ( 含 む )は 様 々な

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費 高 第 7 4 4 号 平 成 22 年 3 月 9 日 各 軽 費 老 人 ホーム 施 設 長 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 長 ( 公 印 省 略 ) 軽 費 老 人 ホームサービス 提 供 費 補 助 金 事 務 の 適 正 な 実 施 について このことについて 当 課 において 今 年 度 に 軽 費 老 人 ホームの 現 地 調 査 を 実 施 した 結 果

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information