(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)"

Transcription

1 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市

2 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題 点 5P 7 本 件 事 件 を 受 け 税 部 門 が 実 施 した 再 発 防 止 策 7P 8 再 発 防 止 に 向 けて 8P 9 被 害 額 の 請 求 9P 10 むすびに 9P

3 1 はじめに 平 成 23 年 10 月 19 日 に 本 市 元 納 税 課 職 員 松 下 裕 美 子 ( 以 下 元 職 員 という )が 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 を 着 服 したとして 業 務 上 横 領 容 疑 で 逮 捕 されました この 事 件 は 市 民 税 課 の 職 員 が 平 成 22 年 度 の 年 度 末 処 理 の 過 程 で 2 において 説 明 する 信 託 銀 行 から 分 割 支 払 いされる 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 申 告 書 に 前 回 支 払 い 分 として 記 載 された 申 告 額 と 大 津 市 会 計 管 理 者 口 座 へ 前 回 支 払 い 分 として 既 納 入 されているはずの 額 が 一 致 しない ため 疑 問 に 思 って 調 査 したところ 6 件 12 人 分 が 納 入 されず 元 職 員 によって 着 服 横 領 されていたことが 発 覚 し 同 年 7 月 13 日 に 同 容 疑 で 大 津 警 察 署 に 告 訴 状 を 提 出 するとともに 10 月 11 日 に 被 害 届 を 提 出 した ことにより 逮 捕 に 至 ったものです その 後 この 犯 罪 は 平 成 16 年 度 にまでさかのぼる 重 大 なものである ことが 判 明 しました この 事 件 は 元 職 員 の 公 務 員 倫 理 を 踏 みにじるもの として 極 めて 悪 質 であるとともに 市 役 所 の 組 織 としても 長 年 にわたり 犯 罪 に 気 付 かなかったということにおいて コンプライアンスやリスク 管 理 上 大 きな 問 題 があったと 言 わざるを 得 ません 特 に 市 民 の 皆 様 に 納 税 していただいた 大 切 な 税 金 が 着 服 横 領 されて いたという 事 実 は 市 民 の 皆 様 の 本 市 及 び 本 市 職 員 に 対 する 信 頼 を 大 きく 失 墜 させるものであり ここに 深 くお 詫 び 申 し 上 げます 本 報 告 書 は 本 件 横 領 事 件 が 大 津 地 方 裁 判 所 にて 公 判 中 でありますが 本 市 において 行 った 調 査 結 果 を その 原 因 究 明 と 再 発 防 止 策 とともに 報 告 させていただくものです 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 は 通 常 の 市 県 民 税 のように 市 民 税 課 において 賦 課 決 定 し 納 税 義 務 者 に 税 額 決 定 通 知 書 を 送 付 し その 後 に 納 税 義 務 者 において 納 付 されるという 手 続 がとられるのではなく 給 与 支 払 者 等 の 特 別 徴 収 義 務 者 が 税 額 計 算 を 行 い 退 職 所 得 等 の 支 払 いの 際 に 特 別 徴 収 して 翌 月 の 10 日 までに 納 入 申 告 書 を 提 出 するとともに 納 入 する 手 続 がとられ るものです その 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 中 には 企 業 年 金 制 度 との 関 連 で 信 託 銀 行 が 事 業 主 から 預 かった 資 金 を 運 用 して その 退 職 者 に 対 し 税 制 上 退 職 所 得 扱 いとなる 給 付 金 を 何 回 かに 分 けて 支 払 うものに 係 るものがあります その 納 入 は 信 託 銀 行 から 大 津 市 会 計 管 理 者 の 銀 行 口 座 へ 直 接 振 り 込 ま れるのではなく ゆうちょ 銀 行 からの 郵 便 振 替 払 出 証 書 の 送 付 によってな されます この 場 合 同 証 書 は 納 税 課 に 送 付 され 納 税 課 職 員 が 受 領 した 後 郵 便 局 において 換 金 し 会 計 管 理 者 口 座 へ 入 金 するという 仕 組 みがと られていました 本 件 横 領 事 件 は この 換 金 の 過 程 で 起 きたものです 1

4 3 事 件 の 主 な 経 過 ⑴ 市 民 税 課 職 員 による 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 一 部 未 納 の 発 見 平 成 23 年 4 月 7 日 頃 市 民 税 課 の 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 担 当 者 が 平 成 22 年 度 の 年 度 末 処 理 の 過 程 で 信 託 銀 行 から 分 割 支 払 いされる 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 申 告 書 に 前 回 支 払 い 分 として 記 載 された 申 告 額 と 大 津 市 会 計 管 理 者 口 座 へ 前 回 支 払 い 分 として 既 納 入 されてい るはずの 額 が 一 致 しないため 疑 問 に 思 って 調 査 したところ 特 別 徴 収 義 務 者 である 中 央 三 井 アセット 信 託 銀 行 及 びみずほ 信 託 銀 行 から 納 付 申 告 があった 6 件 12 人 分 1,461,300 円 について 既 に 郵 便 振 替 払 出 証 書 が 換 金 されていたにもかかわらず 大 津 市 会 計 管 理 者 口 座 に 入 金 されていないことを 発 見 した ⑵ 元 職 員 による 横 領 事 件 の 発 覚 前 記 6 件 12 人 分 の 未 納 については 郵 便 振 替 払 出 証 書 の 換 金 業 務 を 担 当 していたのは 元 職 員 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 付 けで 平 野 支 所 へ 異 動 ) 一 人 で 担 当 していたため 市 民 税 課 職 員 は 元 職 員 に 電 話 で 問 い 質 した が よく 覚 えていないなどと 生 返 事 をするだけで 来 庁 を 促 しても 応 じなかった そこで 納 税 課 職 員 が 平 成 23 年 6 月 3 日 に 平 野 支 所 に 出 向 き 元 職 員 に 問 い 質 したが 着 服 を 否 定 した しかし 納 入 されているものについても 納 入 申 告 日 から か 月 経 過 し ているものがあるなど 不 審 な 点 が 見 受 けられたことや 元 職 員 以 外 に 当 該 業 務 をしていた 者 がいないことから 同 月 10 日 に 元 職 員 を 呼 び 出 し 事 情 聴 取 したところ 6 件 12 人 分 の 着 服 を 認 めた なお その 全 額 を 同 月 14 日 に 弁 済 した 元 職 員 は 平 成 22 年 当 初 から 家 庭 内 の 問 題 で 精 神 的 に 不 安 定 にな り そのため 現 金 化 が 遅 れ 収 納 できずにそのまま 現 金 を 持 っていた などと 説 明 する 顛 末 書 を 提 出 したが 具 体 的 な 犯 意 については 語 らなか った なお この 着 服 横 領 をもって 法 令 遵 守 義 務 違 反 及 び 信 用 失 墜 行 為 により 元 職 員 を 同 月 23 日 に 懲 戒 免 職 処 分 とした ⑶ 告 訴 及 び 被 害 届 の 提 出 この 事 件 は 税 金 の 着 服 という 市 民 を 裏 切 る 重 大 な 犯 罪 であることから 本 市 は 刑 法 第 253 条 の 業 務 上 横 領 の 容 疑 で 平 成 23 年 7 月 13 日 に 大 津 警 察 署 長 宛 に 告 訴 状 を 提 出 した( 告 訴 事 実 は 平 成 23 年 3 月 29 日 に 換 金 した 1 件 2 人 分 163,000 円 の 横 領 ) 告 訴 後 の 大 津 警 察 署 の 捜 査 で 元 職 員 は 平 成 23 年 3 月 29 日 に さら に 4 件 6 人 分 の 市 県 民 税 586,500 円 を 換 金 したが 市 会 計 管 理 者 口 座 へ 入 金 していなかったため 平 成 23 年 10 月 11 日 に この 分 の 被 害 届 を 大 津 警 察 署 長 宛 に 提 出 した ⑷ 元 職 員 の 逮 捕 2

5 大 津 警 察 署 は 平 成 23 年 10 月 19 日 特 別 徴 収 義 務 者 から 納 入 のあ った 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 5 件 8 人 分 749,500 円 について 平 成 23 年 3 月 29 日 に 郵 便 振 替 払 出 証 書 を 換 金 して 着 服 したとする 横 領 の 容 疑 で 元 職 員 を 逮 捕 した ⑸ 起 訴 及 び 追 起 訴 大 津 地 方 検 察 庁 は 下 記 のとおり 元 職 員 が それぞれその 換 金 の 期 間 において 郵 便 振 替 払 出 証 書 を 換 金 の 件 及 び 人 分 現 金 に 換 金 して 横 領 したとして 起 訴 及 び 追 起 訴 した なお この 起 訴 及 び 追 起 訴 に 当 たっては 本 市 か ら 大 津 警 察 署 長 宛 に 順 次 被 害 届 を 提 出 している 起 訴 の 年 月 日 換 金 の 期 間 換 金 の 件 及 び 人 分 平 成 23 年 11 月 29 日 平 成 22 年 5 月 7 日 から 24 件 起 訴 平 成 23 年 3 月 29 日 まで 41 人 分 平 成 23 年 12 月 28 日 平 成 21 年 4 月 3 日 から 22 件 追 起 訴 平 成 22 年 3 月 31 日 まで 43 人 分 平 成 24 年 1 月 11 日 平 成 19 年 11 月 27 日 から 15 件 追 起 訴 平 成 21 年 3 月 4 日 まで 36 人 分 平 成 24 年 2 月 3 日 平 成 19 年 1 月 29 日 から 7 件 追 起 訴 平 成 19 年 10 月 29 日 まで 9 人 分 合 計 平 成 19 年 1 月 29 日 から 68 件 平 成 23 年 3 月 29 日 まで 129 人 分 横 領 金 額 5,536,400 円 7,472,000 円 5,693,200 円 1,709,600 円 20,411,200 円 ⑹ 公 判 の 経 過 第 1 回 公 判 平 成 24 年 1 月 10 日 元 職 員 は 平 成 22 年 5 月 から 平 成 23 年 3 月 までの 間 市 役 所 内 郵 便 局 で 計 9 回 にわたり 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 郵 便 振 替 払 出 証 書 5,536,400 円 を 換 金 し 着 服 横 領 したとする 平 成 23 年 11 月 29 日 付 けの 起 訴 事 実 を 認 めた 第 2 回 公 判 平 成 24 年 2 月 16 日 元 職 員 は 平 成 19 年 1 月 から 平 成 22 年 3 月 までの 間 市 役 所 内 郵 便 局 で 計 26 回 にわたり 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 郵 便 振 替 払 出 証 書 14,874,800 円 を 換 金 し 着 服 横 領 したとする 平 成 23 年 12 月 28 日 付 け 平 成 24 年 1 月 11 日 付 け 及 び 平 成 24 年 2 月 3 日 付 けの 追 起 訴 に 係 る 事 実 を 認 めた 第 3 回 公 判 平 成 24 年 3 月 6 日 検 察 官 は 元 職 員 が 横 領 の 犯 行 を 続 けていた 期 間 中 も 高 級 品 を 購 入 し 続 けるなど 情 状 酌 量 の 余 地 はないとして 懲 役 4 年 6 箇 月 を 求 刑 し た 一 方 弁 護 人 は 既 に 過 酷 な 社 会 的 制 裁 を 受 けていることなどか 3

6 ら 寛 大 な 判 決 を 求 め 結 審 した 判 決 は 3 月 27 日 に 言 い 渡 される 4 元 職 員 の 経 歴 昭 和 61 年 4 月 1 日 採 用 議 会 事 務 局 主 事 補 昭 和 63 年 1 月 1 日 議 会 事 務 局 主 事 昭 和 63 年 4 月 1 日 総 務 部 人 事 課 主 事 平 成 4 年 4 月 1 日 市 民 部 戸 籍 住 民 課 主 事 平 成 9 年 4 月 1 日 税 務 部 資 産 税 課 主 任 平 成 10 年 4 月 1 日 議 会 事 務 局 主 任 平 成 13 年 4 月 1 日 税 務 部 納 税 課 主 任 平 成 17 年 4 月 1 日 総 務 部 納 税 課 主 任 ( 機 構 改 革 ) 平 成 20 年 4 月 1 日 総 務 部 納 税 課 主 査 平 成 23 年 4 月 1 日 市 民 部 自 治 協 働 課 平 野 支 所 主 査 平 成 23 年 6 月 23 日 懲 戒 免 職 処 分 発 令 5 被 害 額 本 件 横 領 事 件 に 係 る 退 職 所 得 の 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 義 務 者 である 信 託 銀 行 3 社 の 本 店 を 訪 問 し 郵 便 振 替 払 出 証 書 によって 納 入 された 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 明 細 の 提 出 を 依 頼 して その 横 領 額 の 把 握 に 努 めた 信 託 銀 行 3 社 からの 情 報 提 供 による 郵 便 振 替 払 出 証 書 の 納 入 額 から 現 に 納 付 された 額 を 控 除 した 額 が 横 領 された 額 として 推 察 されることは 間 違 いが ないところである その 額 は 以 下 のとおりである なお この 合 計 金 額 26,998,100 円 と 前 記 起 訴 及 び 追 起 訴 に 係 る 横 領 金 額 との 差 額 6,586,900 円 は 法 令 により 金 融 機 関 等 において 換 金 する 際 に 本 人 確 認 を 行 わなければならないとされる 金 額 以 下 であるため 元 職 員 が 換 金 したかどうかを 検 察 において 立 証 することができないために 起 訴 に 至 らなかったものである 年 度 中 央 三 井 アセット 信 託 件 人 銀 行 金 額 特 別 徴 収 義 務 者 三 菱 UFJ 信 託 銀 行 件 人 金 額 みずほ 信 託 銀 行 , ,570, ,384, ,472, , , , , , ,562, , ,447, ,491, , , ,737, , ,206, ,300, ,979, , , ,374, ,744, , , ,285, ,728,700 計 ,397, ,152, ,448, ,998,100 件 本 件 横 領 事 件 による 被 害 額 は この 26,998,100 円 から 元 職 員 が 平 成 23 年 6 4 人 金 額 件 人 合 計 金 額

7 月 14 日 に 弁 済 した 1,461,300 円 平 成 23 年 12 月 27 日 に 弁 済 した 900,000 円 及 び 平 成 24 年 2 月 24 日 に 弁 済 した 500,000 円 を 差 し 引 いた 24,136,800 円 である 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題 点 本 件 横 領 事 件 の 直 接 の 原 因 は もちろん 元 職 員 の 倫 理 感 や 正 義 感 の 欠 如 という 個 人 の 問 題 である 第 1 回 公 判 における 検 察 の 冒 頭 陳 述 によれば 仕 事 や 家 庭 のストレスを 発 散 するため 洋 服 や 貴 金 属 などの 購 入 を 繰 り 返 し 消 費 者 金 融 へも 手 を 出 し その 結 果 金 策 に 困 って 市 県 民 税 の 着 服 横 領 という 犯 罪 を 引 き 起 こしたということである しかしながら この 犯 罪 が 平 成 16 年 度 から 平 成 22 年 度 までの 長 期 にわ たって 行 われていたということからすれば なぜもっと 早 く 発 見 できなか ったのか そして 防 止 することができなかったのかという 点 において 市 役 所 の 組 織 にも 大 きな 問 題 があったと 考 えられる そこで 関 係 課 から 聞 き 取 り 等 を 行 った その 結 果 の 概 要 は 以 下 のと おりである ⑴ 納 税 課 1 制 度 の 認 識 不 足 信 託 銀 行 3 社 が 特 別 徴 収 義 務 者 として 申 告 納 付 する 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 付 が 郵 便 振 替 払 出 証 書 によって 納 付 されることを 元 職 員 以 外 には 誰 も 知 らないことが 長 年 にわたって 常 態 化 していた 郵 便 振 替 払 出 証 書 を 現 金 に 換 金 するためには 同 証 書 に 出 納 員 であ る 納 税 課 長 の 私 印 を 押 印 する 必 要 があり 歴 代 納 税 課 長 は 一 人 を 除 い て 元 職 員 から 促 されて 押 印 をしたものと 推 測 されるが その 押 印 し たことを 記 憶 している 者 はいない その 前 提 として 郵 便 振 替 払 出 証 書 によって 納 付 されることの 認 識 がなかった 2 チェック 体 制 の 不 備 上 記 のように 郵 便 振 替 払 出 証 書 によって 納 付 されることの 認 識 がな かったことから 元 職 員 が 独 りで 郵 便 振 替 払 出 証 書 を 受 領 し 換 金 す る 業 務 を 行 っていたことに 対 して 組 織 としてのチェック 機 能 がまっ たく 働 いていなかった 犯 罪 が 行 われていた 長 期 の 間 には 同 証 書 によって 納 付 されること を 認 識 していた 係 長 もいたが 課 長 が 同 証 書 に 押 印 する 際 にチェック 機 能 が 働 いているものと 思 っていただけで 課 内 において そのこと の 共 通 認 識 はなかった 3 元 職 員 の 行 動 に 対 する 注 意 不 足 元 職 員 は 第 1 回 公 判 の 検 察 の 冒 頭 陳 述 によれば 納 税 課 に 異 動 に なる 前 から 消 費 者 金 融 に 手 を 出 していたのであるから そのことに よる 生 活 の 乱 れなど 何 らかの 兆 候 があったのではないかと 考 えられる 5

8 ところである その 点 で 始 業 からの 時 間 休 が 異 常 に 多 かったという ことに 関 し もう 少 し 注 意 を 払 う 必 要 があったのではないかと 思 われ る ⑵ 市 民 税 課 1 担 当 者 の 制 度 の 理 解 不 足 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 は 以 下 の 大 津 市 市 税 条 例 の 規 定 のとおり 申 告 納 付 制 度 の 税 金 であり 申 告 書 の 提 出 があれば 納 入 がなく 未 納 状 態 が 長 期 にわたって 続 くということは 通 常 はあり 得 ないことであ る ところが 市 民 税 課 の 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 担 当 者 は この 制 度 の 理 解 が 不 足 し 何 か 月 経 っても 何 年 経 っても 未 納 状 態 がある という 異 常 な 状 態 が 生 じていたことに 疑 問 を 抱 いていなかった 横 領 に 係 る 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 信 託 銀 行 からの 申 告 書 は 多 くは 納 税 課 のほうに 届 き 元 職 員 が 握 りつぶしていたと 思 われるが 一 部 は 市 民 税 課 のほうに 届 いていたのであるから 申 告 納 付 制 度 につい ての 理 解 があれば 元 職 員 によって 横 領 され 未 納 状 態 となっていたも のについて 信 託 銀 行 へ 問 い 合 わせをすれば 容 易 に 横 領 事 件 は 発 覚 したはずであった ( 特 別 徴 収 税 額 の 納 入 の 義 務 等 ) 第 56 条 の 7 前 条 の 特 別 徴 収 義 務 者 は 退 職 手 当 等 の 支 払 をする 際 そ の 退 職 手 当 等 について 分 離 課 税 に 係 る 所 得 割 を 徴 収 し その 徴 収 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 の 10 日 までに 施 行 規 則 第 5 号 の 8 様 式 による 納 入 申 告 書 を 市 長 に 提 出 し およびその 納 入 金 を 市 に 納 入 しなければなら ない 2 事 後 調 定 の 慣 例 の 踏 襲 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 は 通 常 は 申 告 書 が 届 いた 後 間 もなく 税 金 が 納 入 されることから 市 民 税 課 では 納 入 後 に 歳 入 の 確 定 行 為 で ある 調 定 行 為 を 行 うという 事 後 調 定 の 慣 例 が 続 いてきた 横 領 事 件 が 起 きなければ 問 題 はなかった この 事 後 調 定 は 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 のコンピュータシステム が 個 人 を 納 税 義 務 者 として 置 き 換 えるような 仕 組 みになっており 万 一 特 別 徴 収 義 務 者 からの 納 入 が 遅 れると 個 人 に 対 して 延 滞 金 が 発 生 するという 矛 盾 が 生 じるので これを 回 避 するためにも 適 切 な 方 法 であると 考 えられてきた しかし このシステムに 合 わす 形 で 事 後 調 定 の 方 法 を 堅 持 してきたため 納 入 のあったものについてだけ 調 定 するという 事 務 処 理 が 定 着 し あり 得 ないはずの 未 納 状 態 が 起 きてい ることをおかしいと 気 づかない 状 態 を 招 いてしまった この 事 後 調 定 の 慣 例 を 踏 襲 していたことにより 申 告 書 が 届 いてい ても 未 納 のものは 納 入 があるまで 処 理 をしなくてもよいという 6

9 ことが 慣 例 として 定 着 し このことに 対 して 誰 も 疑 問 を 抱 かず 歴 代 担 当 者 の 間 で 引 継 ぎがなされてきた 3 管 理 監 督 者 への 報 告 の 欠 如 上 記 のように 市 民 税 課 においては 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 未 納 状 態 というあり 得 ない 事 態 が 生 じていたが このことが 歴 代 担 当 者 間 でのみ 引 き 継 がれていただけで 係 長 にも 課 長 にも その 報 告 はなさ れていなかった しかも 元 職 員 は 信 託 銀 行 からの 申 告 書 を 握 りつぶしていながら 一 部 は 郵 便 振 替 払 出 証 書 によって 換 金 した 現 金 を 会 計 管 理 者 口 座 に 納 入 していたものもあり 納 入 はされているが 申 告 書 がないという 逆 のケースも 生 じていた 市 民 税 課 では 申 告 書 の 内 容 が 分 からない と 調 定 の 事 務 を 行 うことができないことから 信 託 銀 行 へ 問 い 合 わせ ていたが 信 託 銀 行 から 大 津 市 役 所 の 郵 便 物 の 管 理 はどうなってい るのか と 逆 に 叱 責 されることもあり 担 当 者 レベルでは 問 題 視 して いたが このことも 係 長 や 課 長 にまでは 報 告 されていなかった 4 組 織 的 な 管 理 の 不 足 市 民 税 課 における 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 事 務 は 担 当 者 におい ては 一 般 の 市 県 民 税 の 賦 課 処 分 の 事 務 を 主 に 担 当 する 傍 らで 担 当 し ていたものである そのため 課 としても 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 事 務 についてのウエイトは 軽 く 見 られがちであったようである しかも 副 担 当 者 はいるものの 実 質 的 には 独 りで 担 当 しているた め その 事 務 を 理 解 している 者 は 担 当 者 しかいないという 状 態 になり 分 からないことがあれば 前 任 者 に 尋 ねるということが 常 態 化 してい た そのため 問 題 があっても 組 織 的 に 情 報 が 共 有 されることがな かった ⑶ 職 員 課 元 職 員 が 10 年 間 の 長 期 にわたり 特 に 専 門 的 な 知 識 や 技 術 を 必 要 と する 業 務 でないのにかかわらず 公 金 を 取 り 扱 う 部 署 に 在 籍 していたの は 人 事 上 のリスク 管 理 が 不 十 分 であったと 考 えられる 7 本 件 事 件 を 受 け 税 部 門 が 実 施 した 再 発 防 止 策 ⑴ 申 告 時 調 定 の 実 施 ( 市 民 税 課 ) 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 については 申 告 時 に 調 定 することに 変 更 す る そのため 現 行 の 税 総 合 システムを 改 修 し システム 改 修 までは 受 付 けた 納 入 申 告 内 訳 書 を 通 し 番 号 をとって 整 理 している 申 告 書 受 付 簿 の 入 金 状 況 を 定 期 的 に 確 認 し 不 突 合 なものは 納 税 課 に 照 会 し 確 認 作 業 を 行 っている ⑵ 証 券 管 理 簿 の 整 理 ( 納 税 課 ) 郵 便 振 替 払 出 証 書 で 納 入 される 場 合 は 証 券 管 理 簿 を 整 備 し 文 書 収 7

10 発 室 での 受 付 郵 便 局 での 現 金 化 市 会 計 管 理 者 口 座 ( 滋 賀 銀 行 )への 入 金 に 至 る 一 連 の 手 続 きを 担 当 者 が 証 券 管 理 簿 に 記 帳 し 完 了 後 特 別 徴 収 義 務 者 へ 送 付 する 領 収 書 を 課 長 に 提 示 し 課 長 確 認 印 を 証 券 管 理 簿 に 押 印 後 領 収 書 を 特 別 徴 収 義 務 者 へ 送 付 している ⑶ 証 券 管 理 簿 と 申 告 書 受 付 簿 の 照 合 ( 市 民 税 課 納 税 課 ) 毎 月 納 税 課 の 証 券 管 理 簿 と 市 民 税 課 の 申 告 書 受 付 簿 との 照 合 を 行 い 申 告 と 納 付 の 一 致 を 確 認 している ⑷ 書 留 郵 便 受 付 簿 との 照 合 ( 納 税 課 ) 毎 月 管 理 係 長 が 文 書 収 発 室 の 書 留 受 払 簿 と 納 税 課 の 証 券 管 理 簿 との 照 合 を 行 い 交 付 を 受 けた 書 留 郵 便 が 適 正 に 処 理 されているかを 確 認 し ている ⑸ 課 内 金 庫 における 証 券 管 理 への 対 応 ( 納 税 課 ) 納 税 課 に 設 置 の 金 庫 は 管 理 係 長 が 毎 日 確 認 するとともに 証 券 管 理 簿 との 照 合 を 行 っている ⑹ 郵 便 振 替 払 出 証 書 での 納 入 ( 納 税 課 ) ゆうちょ 銀 行 から 送 付 される 郵 便 振 替 払 出 証 書 を 納 税 課 職 員 が 市 役 所 内 郵 便 局 で 現 金 化 し 市 会 計 管 理 者 口 座 ( 滋 賀 銀 行 )へ 入 金 していた 処 理 方 法 から 郵 便 振 替 払 出 証 書 に 特 別 徴 収 義 務 者 の 納 付 書 を 添 えて 直 接 滋 賀 銀 行 に 納 入 する 方 法 に 変 更 した ⑺ 課 内 での 情 報 の 共 有 ( 市 民 税 課 納 税 課 ) 課 の 業 務 は 課 員 全 員 で 取 り 組 むという 原 点 に 戻 り 係 内 会 議 や 課 内 会 議 を 定 期 的 に 開 催 し 係 内 及 び 課 内 の 問 題 点 や 課 題 等 を 課 長 以 下 全 員 で 共 有 するように 努 めるとともに 一 つの 業 務 に 対 して 従 来 から 行 ってい る 正 副 担 当 制 を 再 度 徹 底 し 担 当 者 任 せにならないように 努 めている ⑻ 納 税 課 長 の 公 印 の 作 成 ( 納 税 課 ) 郵 便 振 替 払 出 証 書 を 含 む 有 価 証 券 を 現 金 化 する 際 に 出 納 員 である 納 税 課 長 の 私 印 を 押 印 していたが 印 の 偽 造 防 止 や 適 正 管 理 のため 部 長 印 と 同 様 に 納 税 課 長 の 公 印 を 作 成 し 納 税 課 長 が 厳 重 に 保 管 する ⑼ ゆうちょ 銀 行 からの 普 通 郵 便 の 文 書 収 発 室 での 受 付 ( 納 税 課 ) ゆうちょ 銀 行 から 郵 送 される 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 郵 便 振 替 払 出 証 書 は その 額 面 が 10 万 円 以 下 のときは 普 通 郵 便 で 送 付 されるため ゆうちょ 銀 行 が 納 税 課 宛 に 送 付 する 普 通 郵 便 についても 文 書 収 発 室 で 記 録 し 納 税 課 でもその 受 領 を 台 帳 に 記 載 して 書 面 で 保 存 している 8 再 発 防 止 に 向 けて ⑴ 公 金 マニュアルの 整 備 公 金 の 適 正 な 処 理 及 び 管 理 を 図 るため 公 金 を 扱 う 所 属 ごとに 作 成 し た 公 金 マニュアルについて 適 宜 点 検 し 見 直 しを 行 なうことで 職 員 の 意 識 向 上 を 図 っていく ⑵ 管 理 監 督 者 としての 職 責 の 認 識 8

11 職 場 内 において 気 兼 ねなく 相 談 でき 活 発 に 議 論 することのできる 風 通 しの 良 い 職 場 づくりのため 管 理 監 督 者 自 らが 率 先 して 行 動 し ま た 職 員 個 人 が 抱 える 悩 み サインを 見 逃 さず 気 付 くためにも 常 にアン テナを 張 り 緻 密 に 組 織 運 営 を 行 っていく ⑶ 定 期 的 な 人 事 異 動 在 課 年 が 長 期 にわたる 職 員 については 職 場 の 活 性 化 職 員 のモチ ベーションなど 多 角 的 な 視 点 から 人 事 異 動 を 積 極 化 していく ⑷ コンプライアンスの 徹 底 市 職 員 として 社 会 人 としても 当 然 徹 底 すべきコンプライアンスにつ いて 平 成 24 年 4 月 から 施 行 する 大 津 市 職 員 等 の 公 正 な 職 務 の 執 行 の 確 保 に 関 する 条 例 に 基 づいて 集 合 研 修 職 場 研 修 を 通 じて 徹 底 を 図 っていく 9 被 害 額 の 請 求 本 件 横 領 事 件 による5 記 載 の 被 害 額 24,136,800 円 については 平 成 23 年 12 月 20 日 その 損 害 賠 償 請 求 債 権 を 保 全 するため 元 職 員 の 共 有 に 係 る 土 地 建 物 の 持 分 の 仮 差 押 を 行 ったところです また 元 職 員 が 既 に 支 払 った 消 費 者 金 融 に 係 る 過 払 い 利 息 があり この 返 還 金 からの 支 払 いを 求 めることを 含 め 今 後 被 害 額 の 回 収 に 努 めていきます 10 むすびに 元 職 員 が 税 金 を 業 務 上 横 領 したという 本 件 犯 罪 は 極 めて 悪 質 であり けっして 許 されることではありません 本 件 犯 罪 が 長 年 にわたり 発 覚 しなかった 背 景 には 思 いも 寄 らなかった ということはありますが 組 織 的 には 問 題 意 識 が 欠 如 し 漫 然 と 事 務 を 行 っていたこと 横 の 連 携 が 不 足 していたこと チェック 体 制 をはじめとす る 管 理 監 督 機 能 が 働 いていなかったことなどがあります また 公 金 を 取 り 扱 う 部 署 に 長 年 在 籍 させていたという 人 事 上 の 問 題 もありました ここに 改 めてお 詫 び 申 し 上 げる 次 第 であります 今 後 二 度 とこのような 事 件 を 起 こさないために コンプライアンスの 徹 底 を 図 り 市 民 の 皆 様 の 本 市 職 員 に 対 する 信 頼 の 回 復 に 向 けて 全 力 を 傾 注 してまいります 9

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FAC93638CB48E7397A79561894082C982A882AF82E9976182E88BE082C98AD682B782E992B28DB893C195CA88CF88F589EF95F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FAC93638CB48E7397A79561894082C982A882AF82E9976182E88BE082C98AD682B782E992B28DB893C195CA88CF88F589EF95F18D908F912E646F63> 小 田 原 市 立 病 院 における 預 り 金 に 関 する 調 査 特 別 委 員 会 報 告 書 平 成 24 年 3 月 2 日 目 次 1 調 査 に 至 った 経 緯 1ページ 2 特 別 委 員 会 の 設 置 1ページ (1) 設 置 決 議 1ページ (2) 委 員 会 の 定 数 2ページ (3) 委 員 長 副 委 員 長 委 員 の 氏 名 2ページ 3 調 査 の 概 要

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A4832362E392E3239986190F28E73904588F582C982E682E98CF68BE089A197CC8E9688C482C98C5782E98DC494AD96688E7E8DF45B315D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A4832362E392E3239986190F28E73904588F582C982E682E98CF68BE089A197CC8E9688C482C98C5782E98DC494AD96688E7E8DF45B315D2E646F63> 和 泉 市 職 員 による 公 金 横 領 事 案 に 係 る 再 発 防 止 策 に 関 する 報 告 書 平 成 26 年 9 月 和 泉 市 目 次 はじめに P. 1 1. 現 金 取 扱 事 務 に 係 る 全 庁 調 査 の 概 要 P. 2 2.ヒアリング 調 査 指 導 の 概 要 P. 2 3. 現 金 取 扱 事 務 の 適 正 化 に 向 けた 取 組 P. 4 (1) 基 本

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

公金等取扱基本マニュアル

公金等取扱基本マニュアル 公 金 等 取 扱 事 務 の 管 理 適 正 化 方 針 平 成 25 年 11 月 清 水 町 はじめに 公 金 の 取 扱 事 務 は 法 令 及 びこれに 基 づく 町 の 財 務 規 則 を 根 拠 として これまで 財 務 規 則 の 運 用 通 知 や 適 宜 個 別 の 通 知 を 発 することにより 適 正 な 事 務 処 理 に 努 めてき たところであります そのような 中 で

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

??????

?????? 資 料 編 全 日 本 病 院 協 会 定 款 /314 補 助 金 事 業 /324 全 日 病 の 出 版 物 /326 事 務 局 関 係 /326 会 員 数 の 推 移 /327 委 員 会 の 変 遷 /328 全 日 病 学 会 開 催 地 一 覧 / 336 叙 勲 および 褒 章 受 章 者 /339 歴 代 役 員 一 覧 /340 支 部 長 一 覧 /346 全 日 本 病

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

警 察 からの 支 援 などはあるのですか 警 察 では 交 通 事 故 の 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 対 する 支 援 と 連 絡 を 行 う 制 度 があります 指 定 被 害 者 支 援 要 員 制 度 交 通 事 故 が 発 生 して 間 がない 精 神 的 に 動 揺 されている 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 警 察 職 員 が 付 き 添 うなどして 交 通 事

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

Microsoft Word - 2 答申概要.doc

Microsoft Word - 2 答申概要.doc 情 報 公 開 審 査 会 答 申 の 概 要 答 申 第 658 号 ( 諮 問 第 1119 号 ) 名 陳 述 書 の 法 的 性 格 について 記 載 した 文 書 等 の 不 開 示 ( 不 存 在 ) 決 定 に 関 する 不 開 示 決 定 ( 平 成 23 年 5 月 2 日 ) 原 処 分 本 開 示 請 求 は 教 育 委 員 会 に 対 するもので 本 請 求 対 象 文 書

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正 平 成 27 年 6 月 1 日 商 品 先 物 取 引 業 務 に 関 する 規 則 第 18 条 第 1 項 に 基 づく 留 意 事 項 一 部 改 正 12~17 ページ 新 Ⅲ. 不 招 請 勧 誘 禁 止 の 例 外 の 遵 守 に 関 する 事 項 Ⅳ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 ( 新 設 ) Ⅲ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 5.

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

目 次 1. 制 度 の 概 要 P.1 Q1 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 はどのような 法 律 なのですか Q2 どのような 方 が 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 の 対 象 となりますか Q3 手 続 の 流 れはどのようになっていますか Q4 手 続 は 誰 が 行 うのですか

目 次 1. 制 度 の 概 要 P.1 Q1 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 はどのような 法 律 なのですか Q2 どのような 方 が 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 の 対 象 となりますか Q3 手 続 の 流 れはどのようになっていますか Q4 手 続 は 誰 が 行 うのですか 振 り 込 め 詐 欺 救 済 法 Q&A 1. 制 度 の 概 要 2. 取 引 の 停 止 等 の 措 置 3. 預 金 等 債 権 の 消 滅 手 続 4. 分 配 金 の 支 払 手 続 5. 分 配 金 の 支 払 の 申 請 6. 決 定 及 び 分 配 金 の 支 払 7. その 他 申 請 書 等 様 式 の 記 載 例 用 語 の 解 説 目 次 1. 制 度 の 概 要 P.1

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63> 南 丹 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 南 丹 市 条 例 第 59 号 )の 規 定 に 基 づき 平 成 23 年 度 における 南 丹 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 する 南 丹 市 長 佐 々 木 稔 納 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 ⑴ 職 員

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information