目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法"

Transcription

1 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 )

2 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2 段 階 設 置 運 用 方 針 ( 案 )の 作 成 1 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 対 象 地 区 の 選 定 5 2 設 置 運 用 方 針 ( 案 )の 作 成 7 3 設 置 運 用 方 針 ( 案 )の 地 域 住 民 等 に 対 する 説 明 等 7 4 都 道 府 県 公 安 委 員 会 への 報 告 8 第 3 段 階 設 置 計 画 の 作 成 1 設 置 箇 所 の 選 定 9 2 設 置 計 画 ( 案 )の 作 成 10 3 設 置 計 画 ( 案 )に 対 し 地 域 住 民 等 の 理 解 を 得 るための 手 続 き 11 4 都 道 府 県 公 安 委 員 会 への 報 告 11 第 4 段 階 設 置 の 実 施 1 カメラシステムの 仕 様 等 の 決 定 12 2 設 置 に 要 する 各 種 手 続 きに 関 する 留 意 事 項 14 3 管 理 運 用 要 綱 の 策 定 17 4 管 理 運 用 の 周 知 18 第 5 段 階 管 理 運 用 1 管 理 運 用 体 制 19 2 苦 情 処 理 19 3 画 像 データ 等 の 刑 事 事 案 等 への 活 用 手 続 き 20 4 効 果 検 証 の 実 施 20 5 街 頭 防 犯 カメラシステムの 見 直 し 21 1

3 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 街 頭 防 犯 カメラは 被 害 の 未 然 防 止 や 犯 罪 の 速 やかな 認 知 被 害 者 の 保 護 など 迅 速 的 確 な 対 応 犯 罪 の 捜 査 や 客 観 的 な 立 証 などに 極 めて 有 効 である また それのみならず 街 頭 防 犯 カメラは 地 域 の 安 全 は 自 分 たちで 守 る との 意 識 を 高 め 犯 罪 を 許 さない 意 識 を 強 め 犯 罪 を 許 さない 機 運 を 醸 成 させる 意 味 で 犯 罪 の 起 きにくい 社 会 づくりの 一 翼 を 担 うもの である 以 上 のような 街 頭 防 犯 カメラの 防 犯 捜 査 等 における 有 用 性 にかんが み 各 都 道 府 県 警 察 においては 犯 罪 の 多 発 している 地 域 を 中 心 に 防 犯 や 捜 査 等 の 観 点 から 必 要 な 箇 所 に 効 率 的 効 果 的 な 設 置 を 促 進 すべ きである 本 手 引 き( 案 )は かかる 必 要 性 を 踏 まえ 各 都 道 府 県 警 察 において 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 運 用 を 行 うに 当 たっての 手 順 と 留 意 事 項 をとり まとめたものであり 適 切 な 設 置 管 理 の 確 保 に 向 けて 積 極 的 に 活 用 さ れることを 目 的 とするものである 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 本 手 引 き( 案 )は 各 都 道 府 県 警 察 が 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 の 検 討 を 開 始 してから 実 際 に 管 理 運 用 を 行 うまでの 各 段 階 を 以 下 のように 時 系 列 に 並 べて そのそれぞれの 段 階 における 手 順 及 び 留 意 事 項 を 記 載 する 形 で 構 成 されている 第 1 段 階 現 状 把 握 第 2 段 階 設 置 運 用 方 針 案 の 作 成 第 3 段 階 設 置 計 画 作 成 第 4 段 階 設 置 の 実 施 第 5 段 階 管 理 運 用 2

4 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 運 用 に 向 けた 実 施 手 順 フロー 図 ( 第 1 段 階 ) 現 状 把 握 1 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 2 情 報 提 供 ( 第 2 段 階 ) ( 第 3 段 階 ) 設 置 運 用 方 針 案 の 作 成 設 置 計 画 作 成 都 道 府 県 公 安 委 員 会 4 設 置 運 用 計 画 案 の 報 告 了 承 4 設 置 計 画 の 報 告 都 道 府 県 警 察 3 設 置 運 用 方 針 案 の 説 明 意 見 等 3 設 置 計 画 に 理 解 を 得 るための 手 続 き 設 置 計 画 への 合 意 地 域 住 民 等 了 承 ( 第 4 段 階 ) 設 置 の 実 施 3-(3) 管 理 運 用 要 綱 の 報 告 3-(2) 管 理 運 用 要 綱 案 の 説 明 意 見 等 了 承 ( 第 5 段 階 ) 管 理 運 用 報 告 2 苦 情 等 提 言 回 答 3

5 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 近 年 は 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 普 及 にも 著 しいものがあるが これらのカメラによる 犯 罪 の 予 防 鎮 圧 や 犯 罪 の 捜 査 等 にもたらされる 効 果 は 非 常 に 大 きくなってきている そこで 警 察 が 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 を 検 討 するに 当 たっては まず 既 に 自 治 体 や 民 間 により 設 置 された 防 犯 カメラの 設 置 状 況 を 把 握 しなけれ ばならない 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 に 当 たっては その 設 置 場 所 の 属 性 や 設 置 主 体 設 置 状 況 や 管 理 運 用 状 況 などについて プ ライバシー 保 護 に 配 意 しつつ 設 置 管 理 者 から 必 要 な 情 報 の 提 供 を 求 める などにより 把 握 に 努 めるものとする この 場 合 において 当 該 防 犯 カメラが 公 共 空 間 ( 不 特 定 多 数 の 者 が 自 由 に 出 入 り 可 能 な 空 間 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 公 共 的 施 設 ( 不 特 定 多 数 の 者 が 出 入 り 可 能 な 空 間 に 類 する 空 間 であって 施 設 管 理 者 の 管 理 が 及 ぶ 空 間 をいう 以 下 同 じ )に 設 置 されているときは 当 該 防 犯 カメラの 画 角 など 撮 影 範 囲 も 把 握 することが 望 ましい また 金 融 機 関 やコンビニエンスストアなど 集 客 施 設 ( 不 特 定 多 数 の 者 が 自 由 に 出 入 りする 施 設 であって 専 ら 営 業 のための 管 理 が 行 われてい る 施 設 をいう 以 下 同 じ )に 設 置 されている 防 犯 カメラの 現 況 把 握 にあっ ては 当 該 集 客 施 設 に 係 る 各 関 係 業 界 ごとに 設 置 台 数 等 が 集 計 把 握 されて いる 場 合 には 当 該 集 計 データを 有 効 に 活 用 して 情 報 収 集 することが 望 ま しい 3 マッピング 等 2により 把 握 した 情 報 は 設 置 場 所 の 属 性 ( 公 共 空 間 公 共 的 空 間 集 客 施 設 その 他 の 空 間 )や 設 置 主 体 ( 警 察 自 治 体 自 治 会 や 商 店 街 組 合 など 公 的 主 体 施 設 管 理 者 その 他 の 民 間 事 業 者 等 ) 被 撮 影 範 囲 の 概 況 な どをいくつかのパターンに 整 理 分 類 しながら 現 況 を 細 かく 実 査 できるよ う 地 図 に 表 記 するなどの 作 業 を 行 うものとする 4

6 第 2 段 階 設 置 運 用 方 針 ( 案 )の 作 成 1 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 対 象 地 区 の 選 定 (1) 設 置 必 要 地 区 を 選 定 するための 現 状 分 析 警 察 署 ごとに 管 内 全 体 を 見 て どういった 場 所 や 施 設 で どういっ た 類 の 犯 罪 の 危 険 性 があるのか 整 理 分 類 した 上 で 現 地 を 細 かく 実 査 し 防 犯 カメラの 設 置 必 要 地 区 を 選 定 するための 現 状 分 析 を 行 う (2) 設 置 対 象 地 区 の 選 定 1 地 区 の 特 性 による 設 置 目 的 の 正 当 性 の 認 められる 地 区 の 選 定 の 考 え 方 設 置 目 的 の 正 当 性 が 認 められる 地 区 として 次 に 掲 げる 特 性 を 有 す る 地 区 を 中 心 に 対 象 候 補 地 区 を 選 定 する ア 都 道 府 県 警 察 において 繁 華 街 歓 楽 街 対 策 を 講 じている 地 区 イ アの 地 区 に 準 ずるような 繁 華 性 の 高 い 犯 罪 が 多 発 している 地 区 など 地 域 の 安 全 確 保 のために 警 察 による 犯 罪 抑 止 対 策 が 特 に 強 化 されるべきと 認 められる 地 区 ウ ア イ 以 外 の 地 区 であって 近 時 の 犯 罪 発 生 状 況 や 不 審 事 案 の 発 生 状 況 などから 警 察 による 犯 罪 抑 止 対 策 が 緊 急 に 講 じられるべきと 認 められる 地 区 2 対 象 候 補 地 区 の 目 安 ア 規 模 土 地 利 用 の 状 況 など 地 域 の 実 情 等 に 応 じて おおむね 数 街 区 (1 街 区 は 0.25 平 方 キロメートル 程 度 )から 数 近 隣 住 区 (1 近 隣 住 区 4 街 区 は1 平 方 キロメートル 程 度 )の 規 模 を 目 安 に 地 区 を 設 定 する イ コミュニティ 上 の 一 体 的 なまとまり 関 係 自 治 会 や 関 係 商 店 街 など 地 域 関 係 者 が 適 当 なまとまりに 収 まるように 選 定 する ウ 所 轄 原 則 として 一 つの 警 察 署 の 管 轄 区 域 となるように 選 定 する 5

7 3 犯 罪 発 生 状 況 等 に よる 設 置 の 客 観 的 具 体 的 な 必 要 性 のある 地 区 の 絞 り 込 み 1 及 び2により 選 定 された 地 区 の 中 から 次 に 掲 げる 事 項 を 検 討 し て 設 置 の 客 観 的 具 体 的 な 必 要 性 のある 地 区 を 絞 り 込 む ア 繁 華 性 等 各 都 道 府 県 下 における 代 表 的 な 繁 華 街 であるなど 犯 罪 の 多 発 し やすい 環 境 にあること イ 犯 罪 密 度 等 例 えば 当 該 地 区 の 犯 罪 密 度 ( 注 1)が 各 都 道 府 県 の 犯 罪 密 度 ( 注 2)に 対 して 数 倍 以 上 であるなど 犯 罪 や 不 審 事 案 が 多 発 していると 認 められること 注 1) 当 該 地 区 の 犯 罪 密 度 ~ 当 該 地 区 における 刑 法 犯 認 知 件 数 / 当 該 地 区 面 積 (km2) 注 2) 各 都 道 府 県 の 犯 罪 密 度 ~ 各 都 道 府 県 の 刑 法 犯 認 知 件 数 / 各 都 道 府 県 の 可 住 地 面 積 (km2) ウ 街 頭 犯 罪 等 の 発 生 状 況 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 により 予 防 鎮 圧 等 の 効 果 が 発 揮 されやす い 街 頭 犯 罪 等 や 不 審 事 案 が 多 いと 認 められる 地 区 であること エ 設 置 運 用 に 要 する 費 用 4 地 域 の 実 情 等 に 照 らした 設 置 必 要 性 等 の 確 認 ア 自 治 体 や 民 間 事 業 者 等 によるカメラ 設 置 状 況 のチェック 自 治 体 や 民 間 事 業 者 等 が 現 に 設 置 し 又 は 将 来 設 置 が 予 定 されて いる 防 犯 カメラの 状 況 から 見 て 警 察 による 街 頭 防 犯 カメラをさら に 設 置 することが 犯 罪 の 予 防 の 観 点 から 必 要 かなどについて 設 置 箇 所 を 示 した 地 図 等 を 活 用 し 撮 影 カバーエリアや 死 角 の 状 況 等 を チェックしながら 確 認 する イ 地 域 開 発 の 動 向 市 街 地 開 発 や 道 路 整 備 など カメラ 設 置 後 継 続 して 運 用 すること を 困 難 にするような 地 域 開 発 などが 予 定 されていないか 確 認 する ウ 関 係 自 治 体 との 連 携 協 力 体 制 構 築 の 見 込 み カメラの 設 置 や 対 象 候 補 地 区 及 びその 周 辺 地 区 における 総 合 的 な 防 犯 対 策 効 果 検 証 のための 実 地 調 査 等 について カメラ 設 置 の 6

8 効 果 を 最 大 限 に 発 揮 させるため 求 められる 関 係 自 治 体 等 との 連 携 協 力 体 制 が 構 築 できる 見 込 み 等 を 確 認 する 2 設 置 運 用 方 針 ( 案 )の 作 成 上 記 1の 作 業 により 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 対 象 地 区 に 選 定 された 地 区 に ついて 地 区 ごとに 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めた 設 置 運 用 方 針 ( 案 )を 作 成 するものとする なお 作 成 に 当 たっては カメラシステムの 構 築 に 高 度 の 技 術 的 専 門 性 が 要 求 されることにかんがみ あらかじめ 各 都 道 府 県 の 防 犯 設 備 士 協 会 などを 通 じて 防 犯 設 備 士 等 の 助 言 を 仰 ぐなど 中 立 的 な 専 門 家 の 支 援 を 得 つつ 作 成 することが 望 ましい (1) 地 区 の 範 囲 管 轄 警 察 署 のほか 設 置 する 町 丁 目 地 区 のおおよその 面 積 等 を 記 載 する (2) 地 区 の 特 徴 地 区 の 属 性 や 特 徴 のほか 選 定 理 由 となった 犯 罪 や 不 審 事 案 等 の 発 生 状 況 や 分 析 結 果 を 記 載 する (3) 設 置 予 定 システムの 概 要 地 区 内 に 設 置 予 定 のカメラシステムについて その 概 要 やカメラ 台 数 及 び 設 置 に 向 けたスケジュールを 記 載 するほか カメラシステムに 異 常 行 動 検 出 機 能 等 の 特 殊 な 機 能 を 装 備 する 予 定 があるときは その 旨 も 併 せて 記 載 する (4) 管 理 運 用 方 法 設 置 状 況 の 妥 当 性 及 び 使 用 方 法 の 相 当 性 を 担 保 し 撮 影 データの 適 正 な 管 理 利 用 を 確 保 するために 予 定 している 管 理 主 体 及 び 管 理 運 用 体 制 を 記 載 するほか 管 理 開 始 に 当 たって 則 るべき 管 理 運 用 要 綱 の 策 定 予 定 等 について 記 載 する (5) その 他 設 置 運 用 に 関 する 基 本 的 な 方 針 に 関 する 事 項 警 察 以 外 の 設 置 主 体 が 設 置 する 防 犯 カメラとの 連 携 方 法 関 係 自 治 体 との 防 犯 対 策 等 に 関 する 連 携 体 制 など (1)から(4) 以 外 の 設 置 運 用 に 関 する 基 本 的 な 方 針 に 関 わる 事 項 を 記 載 する 3 設 置 運 用 方 針 ( 案 )の 地 域 住 民 等 に 対 する 説 明 等 2により 作 成 した 設 置 運 用 方 針 ( 案 )を 当 該 カメラシステムを 設 置 7

9 しようとする 地 域 の 住 民 事 業 者 自 治 会 商 店 街 組 合 等 関 係 団 体 又 はそ の 代 表 者 等 ( 以 下 地 域 住 民 等 という )に 対 し 適 時 適 切 な 方 法 により 説 明 を 行 うとともに 地 域 住 民 等 が 当 該 設 置 運 用 方 針 ( 案 )に 対 する 意 見 を 提 供 する 機 会 を 設 けるなど カメラの 設 置 運 用 方 針 について 地 域 住 民 等 の 理 解 を 得 るための 措 置 を 講 ずるものとする 4 都 道 府 県 公 安 委 員 会 への 報 告 設 置 運 用 方 針 ( 案 ) 及 びそれに 対 する 地 域 住 民 等 の 意 見 等 を 集 約 した ものを 都 道 府 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 設 置 運 用 方 針 ( 案 )について 了 承 を 得 るものとする 8

10 第 3 段 階 設 置 計 画 の 作 成 都 道 府 県 公 安 委 員 会 の 了 承 を 得 た 設 置 運 用 方 針 ( 案 )に 基 づき 当 該 地 区 における 具 体 的 な 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 計 画 ( 案 )を 作 成 す るものとする 1 設 置 箇 所 の 選 定 設 置 計 画 ( 案 )を 作 成 する 上 で まず 必 要 となる 具 体 的 なカメラ 設 置 箇 所 の 選 定 手 順 は 次 のとおりとする (1) 設 置 箇 所 候 補 の 選 定 自 治 体 や 民 間 の 設 置 する 防 犯 カメラの 設 置 状 況 や 犯 罪 の 発 生 状 況 地 域 の 状 況 等 に 応 じ 1 地 区 当 たりおおむね 10から 50 台 程 度 の 街 頭 防 犯 カメラを 次 に 掲 げる 箇 所 等 を 候 補 に 効 果 的 に 配 置 する ア 過 去 に 街 頭 犯 罪 が 発 生 した 地 点 や 違 法 風 俗 営 業 店 舗 の 密 集 地 域 など 犯 罪 やトラブルが 発 生 する 危 険 性 が 高 い 地 点 が 撮 影 できる 箇 所 イ 犯 罪 企 図 者 の 目 につきやすい( 目 立 つ) 箇 所 など 犯 罪 抑 止 効 果 の 高 い 箇 所 ウ 交 通 機 関 との 出 入 り 経 路 や 犯 罪 者 の 逃 走 に 用 いられやすい 経 路 が 撮 影 できるなど 地 区 内 への 主 な 出 入 りがとらえられる 箇 所 エ 繁 華 街 と 住 宅 街 との 境 界 となる 箇 所 オ 少 年 のい 集 などが 常 態 化 している 箇 所 (2) 設 置 箇 所 決 定 に 当 たっての 留 意 事 項 前 記 (1)の 候 補 箇 所 に 設 置 を 決 定 する 前 に 次 に 掲 げる 事 項 を 確 認 する ア 撮 影 カバーエリア 等 のチェック 地 区 内 の 防 犯 カメラ 設 置 予 定 の 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 箇 所 等 を 地 図 上 に 示 して 撮 影 カバーエリアや 死 角 の 状 況 設 置 により 抑 止 した い 罪 種 等 に 効 果 的 かなどをチェックする イ プライバシー 保 護 への 配 慮 主 たる 撮 影 箇 所 が 専 ら 私 人 の 管 理 する 空 間 となる 特 定 の 店 舗 のみ を 撮 影 しているとの 疑 念 を 抱 かせるなど 当 該 街 頭 防 犯 カメラによる 撮 影 がプライバシーを 著 しく 侵 害 するおそれのある 箇 所 は 撮 影 対 象 9

11 空 間 における 被 撮 影 者 のプライバシー 保 護 と 比 較 衡 量 しつつ 設 置 候 補 から 除 外 する 撮 影 画 角 を 限 定 する マスキング 機 能 を 装 備 する など 適 切 なプライバシー 保 護 措 置 を 講 じるものとする ウ 現 地 における 実 査 結 果 を 踏 まえた 適 切 な 撮 影 方 向 及 び 画 角 の 設 定 の 可 否 設 置 候 補 箇 所 における 映 像 が 適 切 な 方 向 及 び 画 角 で 撮 影 できるかど うかについて 時 間 帯 撮 影 方 向 障 害 となる 物 の 有 無 等 を 複 数 回 実 査 するなどして 確 認 するものとする エ 電 柱 等 の 共 架 条 件 街 頭 防 犯 カメラを 電 柱 等 に 共 架 することを 予 定 するときは 当 該 電 柱 等 の 管 理 者 ごとに 共 架 の 可 否 や 共 架 条 件 が 異 なることから 事 前 に 可 否 や 条 件 を 当 該 管 理 者 に 確 認 するものとする この 場 合 において 通 常 想 定 される 管 理 者 及 び 共 架 条 件 を 別 添 1にとりまとめたので 確 認 に 当 たって 参 照 するものとする 2 設 置 計 画 ( 案 )の 作 成 設 置 計 画 ( 案 )には 次 の 事 項 を 定 めるものとする なお 作 成 に 当 たっては カメラシステムの 構 築 に 高 度 の 技 術 的 専 門 性 が 要 求 されることにかんがみ あらかじめ 防 犯 設 備 士 等 の 中 立 的 な 専 門 家 の 助 言 を 仰 ぐなどの 支 援 を 得 つつ 作 成 することが 望 ましい (1) 設 置 箇 所 ( 案 ) 設 置 運 用 に 支 障 がないと 認 められる 範 囲 で 具 体 的 な 設 置 箇 所 について 記 載 する (2) 設 置 スケジュール( 案 ) 設 置 に 必 要 となる 主 な 各 種 手 続 きの 実 施 予 定 時 期 や 運 用 開 始 予 定 時 期 などについて 記 載 する (3) 設 置 箇 所 等 の 表 示 方 法 設 置 表 示 の 設 置 位 置 や 表 示 内 容 などについて 記 載 する (4) 管 理 主 体 及 び 管 理 運 用 体 制 ( 案 ) カメラシステムの 管 理 責 任 者 や 予 定 している 管 理 運 用 体 制 の 骨 格 など 10

12 について 記 載 する (5) 管 理 運 用 方 法 ( 案 ) 運 用 開 始 後 の 画 像 データの 管 理 保 管 に 関 して 予 定 しているルール 等 に ついて 記 載 する (6) カメラ 設 置 運 用 の 周 知 のための 広 報 設 置 及 び 運 用 を 開 始 する 旨 を 広 く 地 域 住 民 等 に 周 知 するための 広 報 の 予 定 などについて 記 載 する (7) 関 係 自 治 体 との 協 力 その 他 設 置 に 関 する 重 要 事 項 3 設 置 計 画 ( 案 )に 対 し 地 域 住 民 等 の 理 解 を 得 るための 手 続 き 2により 作 成 した 設 置 計 画 ( 案 )を 当 該 カメラシステムを 設 置 しようと する 地 区 の 地 域 住 民 等 に 対 し 説 明 会 の 開 催 ホームページへの 掲 出 意 見 公 募 など 適 切 な 方 法 により 広 く 周 知 するための 措 置 を 講 ずるものとする 4 都 道 府 県 公 安 委 員 会 への 報 告 設 置 計 画 ( 案 ) 及 びそれに 対 する 地 域 住 民 等 の 意 見 等 を 集 約 したものを 都 道 府 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 設 置 計 画 ( 案 )について 了 承 を 得 るものと する 11

13 第 4 段 階 設 置 の 実 施 1 カメラシステムの 仕 様 等 の 決 定 (1) 防 犯 カメラの 機 種 中 央 装 置 の 性 能 通 信 回 線 等 の 選 定 防 犯 カメラの 機 種 中 央 装 置 の 性 能 通 信 回 線 等 の 選 定 に 当 たっては 次 の 手 順 により 検 討 を 進 めるものとする なお 検 討 に 当 たっては カメラシステムの 仕 様 等 の 決 定 に 高 度 の 技 術 的 専 門 性 が 要 求 されることにかんがみ あらかじめ 防 犯 設 備 士 等 の 中 立 的 な 専 門 家 に 助 言 を 仰 ぐなどの 支 援 を 得 つつ 決 定 することが 望 ま しい 1 カメラシステム 全 体 の 仕 様 の 決 定 ア カメラの 機 種 の 選 定 各 カメラの 設 置 箇 所 について 常 時 モニタリングを 行 うか スタン ドアローンとするかを カメラの 主 たる 目 的 や 犯 罪 や 不 審 事 案 の 発 生 状 況 犯 罪 者 の 移 動 経 路 として 使 用 される 可 能 性 管 轄 する 警 察 署 の 活 動 実 態 維 持 管 理 費 用 等 を 踏 まえて 決 定 する その 上 で 各 カメラに 求 められる 機 能 に 応 じて 画 質 の 程 度 映 像 記 録 媒 体 の 容 量 付 帯 設 備 等 の 仕 様 を 決 定 する なお 防 犯 カメラの 機 種 決 定 に 当 たっては 財 団 法 人 日 本 防 犯 設 備 協 会 作 成 の 優 良 防 犯 機 器 認 定 基 準 ( 概 要 は 別 添 2) 等 を 参 照 する ものとする イ 中 央 装 置 の 性 能 等 の 決 定 アにおいて 常 時 モニタリングすることとされたカメラの 台 数 に 対 応 して モニター 装 置 映 像 記 録 装 置 等 の 中 央 装 置 の 性 能 等 を 選 定 する また これと 併 せて 映 像 データ 等 の 適 正 な 管 理 やセキュリティ 確 保 のためのアクセスの 制 御 方 法 等 に 適 した 庁 舎 内 スペースのうち から 他 の 警 察 業 務 との 兼 ね 合 いや 効 果 的 なモニタリング 等 の 運 用 態 様 等 を 勘 案 し 次 に 掲 げる 事 項 等 について 庁 舎 の 管 理 部 門 と 連 携 して 検 討 を 加 えた 上 で 中 央 装 置 の 設 置 場 所 を 決 定 する ( 検 討 事 項 の 例 ) 設 置 予 定 機 器 の 寸 法 重 量 消 費 電 力 発 熱 量 の 確 認 機 器 設 置 スペースの 確 保 所 要 電 力 容 量 の 確 保 通 信 回 線 接 続 ルートの 確 保 12

14 発 熱 対 策 ( 空 調 設 備 )の 確 保 操 作 者 の 動 線 の 確 保 ウ 通 信 回 線 等 の 選 定 アにおいて 常 時 モニタリングをすることとされたカメラとイによ り 選 定 された 中 央 装 置 の 性 能 等 を 勘 案 して 通 信 スピードや 記 録 さ れる 映 像 の 画 質 等 と 通 信 に 要 する 費 用 とを 比 較 衡 量 しながら 適 切 な 通 信 回 線 及 び 通 信 容 量 を 選 定 するものとする 2 設 置 表 示 の 決 定 OECD8 原 則 に 則 った 適 正 な 街 頭 防 犯 カメラの 運 用 を 確 保 すると ともに 街 頭 防 犯 カメラの 存 在 を 広 く 知 らせることにより 犯 罪 抑 止 効 果 を 発 揮 させる 観 点 から 個 別 の 設 置 箇 所 の 実 態 等 を 踏 まえつつ 被 撮 影 者 に 防 犯 カメラが 設 置 されていることが 明 らかになるよう 見 やす い 場 所 に 設 置 目 的 を 明 示 して 防 犯 カメラが 設 置 されている 旨 を 表 示 する 必 要 がある また 当 該 表 示 の 決 定 に 当 たっては 表 示 方 法 ( 個 別 表 示 とするか エリア 表 示 とするか) 表 示 の 大 きさ 表 示 の 表 記 内 容 文 字 の 大 きさ 表 示 の 使 用 言 語 イラスト 等 が 最 適 なものとなるよう 工 夫 して 適 切 に 設 置 する なお 警 察 庁 の 街 頭 防 犯 カメラシステムにおける 設 置 表 示 の 表 示 場 所 及 び 表 示 内 容 を 参 考 として 示 すと 次 のとおりである ( 表 示 場 所 の 例 ) 個 別 表 示 防 犯 カメラ 設 置 場 所 に 表 示 エリア 表 示 防 犯 カメラ 設 置 地 区 の 入 口 となるような 場 所 等 に 表 示 13

15 ( 表 示 内 容 の 例 ) 設 置 目 的 の 明 示 みなさまの 安 全 安 心 を 守 ります み な さ まの 安 全 安 心 を 守 り ます 防 犯 カ メ ラ 作 動 中 Security Cameras In Operation for Crime Prevention 警 察 署 Police Station 3 設 置 スケジュールの 策 定 次 に 掲 げる 設 置 に 要 する 各 種 手 続 き 等 を 考 慮 して 受 託 業 者 と 協 議 し 余 裕 のある 設 置 スケジュールを 策 定 する 地 元 説 明 会 道 路 使 用 許 可 道 路 占 用 許 可 公 園 占 用 許 可 行 政 財 産 使 用 許 可 電 力 柱 等 への 共 架 使 用 許 可 ( 電 柱 等 へ 共 架 の 場 合 ) 設 置 工 事 (カメラ 設 置 工 事 専 用 柱 設 置 工 事 モニター 録 画 装 置 等 の 設 置 工 事 など) 通 電 工 事 回 線 工 事 2 設 置 に 要 する 各 種 手 続 きに 関 する 留 意 事 項 (1) 地 元 説 明 会 の 開 催 具 体 的 なカメラシステムの 仕 様 が 決 定 した 後 は 必 要 に 応 じて 関 係 する 商 店 街 組 合 自 治 会 小 中 学 校 幼 稚 園 PTA 及 び 教 育 委 員 会 等 の 関 係 者 を 対 象 とした 地 元 説 明 会 を 開 催 するなどして スムーズな 設 置 14

16 に 向 けた 協 力 が 得 られるよう 努 めることが 望 ましい (2) 申 請 名 義 について 設 置 する 防 犯 カメラの 所 有 及 び 管 理 が 警 察 であるときは 手 続 きの 簡 素 化 や 手 続 きに 要 する 費 用 削 減 の 観 点 から 申 請 名 義 を 警 察 名 義 で 行 うこ とが 望 ましい (3) 管 轄 警 察 署 に 対 する 道 路 使 用 許 可 の 申 請 設 置 工 事 に 伴 う 道 路 使 用 許 可 の 申 請 は 所 轄 警 察 署 の 窓 口 において 申 請 書 のほか 道 路 使 用 場 所 工 事 方 法 使 用 面 積 参 加 人 数 通 行 の 形 態 等 を 明 らかにした 書 面 ( 図 面 )を 添 付 して 行 うこととなる (4) 道 路 管 理 者 に 対 する 道 路 占 用 許 可 の 申 請 防 犯 カメラ 設 置 表 示 等 を 信 号 柱 や 電 力 柱 に 共 架 するとき 又 は 専 用 柱 を 設 置 するときは 道 路 管 理 者 に 対 して 次 に 掲 げる 書 類 等 を 提 出 し て 道 路 占 用 許 可 申 請 を 行 う 必 要 がある 道 路 占 用 協 議 書 のほか 設 置 する 設 備 の 外 観 寸 法 重 量 が 確 認 できる 資 料 道 路 管 理 者 が 自 治 体 である 場 合 には 当 該 自 治 体 の 条 例 又 は 規 則 の 定 める 道 路 占 用 料 免 除 願 等 なお この 道 路 占 用 許 可 申 請 に 先 立 って 事 前 協 議 が 必 要 となる 場 合 もあることから 防 犯 カメラ 設 置 箇 所 に 係 る 各 道 路 管 理 者 の 担 当 窓 口 と は 設 置 箇 所 決 定 前 から 緊 密 な 連 携 を 図 ることが 望 ましい (5) 公 園 管 理 者 に 対 する 公 園 占 用 許 可 の 申 請 公 園 内 に 防 犯 カメラ 設 置 表 示 等 を 設 置 するとき( 公 園 内 に 設 置 され た 施 設 に 共 架 するときを 含 む )は 当 該 公 園 管 理 者 である 自 治 体 の 条 例 又 は 規 則 の 定 めるところにより 公 園 占 用 許 可 申 請 を 行 う 必 要 がある (6) 自 治 体 の 行 政 財 産 に 係 る 使 用 許 可 申 請 防 犯 カメラ 設 置 表 示 等 を 自 治 体 が 管 理 する 施 設 に 共 架 するときは 管 理 者 である 自 治 体 の 条 例 又 は 規 則 の 定 めるところにより 行 政 財 産 使 用 許 可 申 請 を 行 う 必 要 がある (7) 電 力 事 業 者 に 対 する 共 架 申 請 防 犯 カメラ 設 置 表 示 等 を 電 力 柱 に 共 架 するときは おおむね 次 に 掲 げる 手 続 きの 流 れにより 電 力 事 業 者 に 対 する 共 架 申 請 を 行 う 必 要 があ る 15

17 共 架 事 前 協 議 申 請 者 による 自 主 審 査 表 の 作 成 提 出 電 力 事 業 者 による 共 架 可 否 判 定 の 事 前 チェック ( 通 常 3 週 間 程 度 ) 申 請 者 による 共 架 可 否 判 定 の 依 頼 申 請 ( 通 常 1か 月 程 度 ) 電 力 事 業 者 による 共 架 可 否 判 定 許 可 申 請 者 による 共 架 契 約 申 請 電 力 事 業 者 との 共 架 契 約 完 了 申 請 者 による 共 架 工 事 着 工 届 申 請 者 による 共 架 工 事 竣 工 届 なお 電 力 事 業 者 によっては 一 定 の 防 犯 カメラ 等 の 電 力 柱 への 共 架 を 認 めていない 場 合 もがあることから 防 犯 カメラの 設 置 箇 所 に 係 る 電 力 事 業 者 の 担 当 窓 口 とは 設 置 箇 所 決 定 前 から 緊 密 な 連 携 を 図 ることが 望 ましい (8) 電 力 事 業 者 との 受 電 契 約 防 犯 カメラに 電 力 を 供 給 するための 受 電 契 約 を 締 結 するときは 各 電 力 事 業 者 ごとに 異 なる 場 合 があるが おおむね 次 に 掲 げる 手 続 きの 流 れ により 契 約 を 締 結 することとなる 受 電 に 関 する 事 前 協 議 受 電 申 請 落 成 届 の 提 出 受 電 予 定 日 の 決 定 電 力 事 業 者 による 工 事 16

18 受 電 (9) 通 信 回 線 事 業 者 との 回 線 契 約 常 時 モニタリングすることとされた 防 犯 カメラと 中 央 装 置 との 間 で 通 信 回 線 を 使 用 する 必 要 があるときに 当 該 通 信 回 線 事 業 者 と 回 線 契 約 を 締 結 するときは おおむね 次 に 掲 げる 手 続 きの 流 れにより 契 約 を 締 結 す ることとなる 事 前 協 議 現 地 調 査 契 約 開 通 予 定 日 の 決 定 開 通 3 管 理 運 用 要 綱 の 策 定 (1) 管 理 運 用 要 綱 の 作 成 警 察 が 街 頭 防 犯 カメラを 設 置 運 用 するための 許 容 要 件 として 設 置 目 的 の 正 当 性 客 観 的 具 体 的 な 必 要 性 設 置 状 況 の 重 要 性 及 び 使 用 方 法 の 相 当 性 を 満 たす 必 要 があり そのためには 撮 影 データの 適 正 な 管 理 利 用 を 確 保 するための 責 任 体 制 及 び 管 理 体 制 方 法 を 定 めておく 必 要 がある また 画 像 データ 等 の 適 正 管 理 の 確 保 のため OECD8 原 則 に 則 った 管 理 運 用 を 行 う 観 点 から OECD8 原 則 を 充 足 する 管 理 運 用 要 綱 をあらかじめ 定 め それに 基 づく 管 理 運 用 を 行 うことが 必 要 となる このため これらの 要 請 を 満 たす 管 理 運 用 要 綱 ( 案 )を 別 添 3のとお り 作 成 したところであり 各 都 道 府 県 警 察 においては 同 要 綱 ( 案 )を 基 に 既 に 定 められている 警 察 の 内 規 や 自 治 体 の 条 例 規 則 等 や 実 務 上 の 取 扱 い 状 況 等 地 域 の 実 情 等 に 応 じて 適 宜 検 討 を 加 え 管 理 運 用 開 始 前 までに それぞれ 自 らの 管 理 運 用 要 綱 を 定 めるものとする (2) 地 域 住 民 等 への 説 明 (1)により 作 成 した 管 理 運 用 要 綱 の 案 は 地 元 説 明 会 の 開 催 等 により 地 域 住 民 に 広 く 周 知 するとともに 意 見 等 を 求 めるものとする 17

19 (3) 都 道 府 県 公 安 委 員 会 への 報 告 (1)により 作 成 した 管 理 運 用 要 綱 の 案 は 同 案 に 対 する 地 域 住 民 等 の 意 見 等 とともに 都 道 府 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し その 了 承 を 得 るものとす る 4 管 理 運 用 の 周 知 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 が 完 了 し 管 理 運 用 要 綱 の 案 について 都 道 府 県 公 安 委 員 会 の 了 承 が 得 られた 後 においても 実 際 の 管 理 運 用 を 開 始 する 前 に 地 域 住 民 等 の 理 解 と 協 力 を 得 るとともに 犯 罪 抑 止 効 果 を 最 大 限 に 発 揮 させる 観 点 から あらゆる 機 会 を 通 じて 街 頭 防 犯 カメラの 管 理 運 用 の 実 施 に 関 する 周 知 広 報 活 動 を 行 うものとする 18

20 第 5 段 階 管 理 運 用 1 管 理 運 用 体 制 (1) 管 理 運 用 体 制 の 構 築 運 用 管 理 開 始 に 当 たっては それぞれの 管 理 運 用 要 綱 の 定 めるところ により カメラシステムの 適 正 な 管 理 運 用 が 確 保 されるよう 管 理 運 用 体 制 を 構 築 する また 中 央 装 置 としてモニター 装 置 を 備 える 街 頭 防 犯 カメラシステムを 運 用 管 理 する 場 合 には 通 常 執 務 時 間 当 直 時 間 を 通 じて できる 限 り モニターを 現 認 する 警 察 官 を 配 置 できる 体 制 を 構 築 し 画 像 による 警 戒 に 努 めることが 望 ましい (2) 管 理 運 用 従 事 者 への 教 養 画 像 データの 目 的 外 使 用 画 像 データの 流 出 等 不 適 切 な 取 扱 いの 発 生 は 警 察 設 置 の 街 頭 防 犯 カメラの 管 理 運 用 に 対 してはもとより 自 治 体 や 民 間 の 設 置 する 防 犯 カメラの 管 理 運 用 に 対 しても 国 民 からの 信 頼 を 損 なうおそれが 大 きい このため 街 頭 防 犯 カメラシステムについて パスワード 等 によるア クセスコントロール 設 定 のようなハード 面 における 対 策 を 講 じるのみな らず 管 理 運 用 に 従 事 する 警 察 官 等 に 対 して システムに 関 する 技 術 的 知 識 や 取 扱 方 法 管 理 運 用 要 綱 の 内 容 情 報 管 理 のあり 方 捜 査 活 動 等 に 当 たっての 留 意 事 項 等 について 機 会 あるごとに 教 養 を 行 うもの とする (3) 運 用 状 況 の 報 告 公 表 画 像 データの 犯 罪 捜 査 等 における 活 用 状 況 や 効 果 検 証 の 結 果 など 街 頭 防 犯 カメラの 運 用 状 況 については 管 理 運 用 要 綱 に 定 めるところに より 都 道 府 県 公 安 委 員 会 に 定 期 的 に 報 告 するものとする また 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 運 用 に 対 する 地 域 住 民 等 の 理 解 と 信 頼 を 得 やすくするため 運 用 状 況 を 各 警 察 本 部 のホームページで 公 表 するな ど 運 用 に 関 する 情 報 提 供 を 適 時 適 切 に 行 うことが 望 ましい 2 苦 情 処 理 街 頭 防 犯 カメラに 関 する 苦 情 も 警 察 法 第 79 条 第 1 項 に 規 定 する 苦 情 に 該 当 するものであり 地 域 住 民 等 から 都 道 府 県 公 安 委 員 会 又 は 都 道 府 県 警 察 に 対 して 街 頭 防 犯 カメラに 関 する 苦 情 の 申 出 があったときは 同 項 や 国 家 公 安 委 員 会 規 則 等 に 規 定 する 苦 情 処 理 手 続 に 従 い 誠 実 に 処 理 しなけ ればならない 19

21 3 画 像 データ 等 の 刑 事 事 案 等 への 活 用 手 続 き 犯 罪 の 捜 査 公 判 廷 における 立 証 その 他 画 像 データ 等 を 刑 事 事 案 等 に 活 用 するときは 通 常 の 刑 事 手 続 と 同 様 の 手 続 を 要 するものである 4 効 果 検 証 の 実 施 街 頭 防 犯 カメラの 設 置 要 件 のうち 設 置 使 用 の 効 果 の 存 在 という 要 件 を 担 保 するため カメラ 設 置 の 効 果 を 定 期 的 に 測 定 検 証 し 効 果 の 確 保 維 持 に 努 める 必 要 がある 主 な 効 果 測 定 検 証 方 法 としては 次 に 掲 げる 方 法 があり これらにより 効 果 を 測 定 検 証 するとともに その 結 果 を 踏 まえて 必 要 に 応 じ カメ ラ 設 置 効 果 の 維 持 のため 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない (1) 犯 罪 抑 止 効 果 の 測 定 検 証 方 法 1 発 生 件 数 比 較 法 カメラ 設 置 地 区 と 都 道 府 県 ( 又 はその 一 部 の 地 域 )における 犯 罪 発 生 件 数 の 推 移 を 比 較 する 方 法 2 加 重 転 移 指 数 (WDQ) カメラ 設 置 地 区 とその 周 辺 の 地 区 対 照 地 区 を 設 定 し 設 置 前 後 の 犯 罪 発 生 件 数 から 効 果 測 定 のための 指 数 を 算 出 する 方 法 算 定 方 法 及 び 得 られた 指 数 の 評 価 は 別 添 4のとおりである (2) 捜 査 効 率 の 向 上 等 の 効 果 測 定 検 証 方 法 犯 罪 捜 査 にカメラ 画 像 を 活 用 した 件 数 や 検 挙 に 活 用 した 件 数 公 判 廷 における 証 拠 として 採 用 された 件 数 等 により 効 果 を 測 定 する 方 法 (3) 地 域 住 民 等 の 体 感 不 安 の 減 少 や 規 範 意 識 の 向 上 等 の 効 果 の 測 定 検 証 方 法 1 アンケート 調 査 設 置 地 区 の 地 域 住 民 等 に 対 するアンケート 調 査 を 実 施 し 体 感 不 安 や 街 頭 防 犯 カメラに 対 する 意 識 等 を 把 握 する 2 秩 序 違 反 等 発 生 件 数 の 推 移 違 法 な 客 引 き 行 為 やつきまとい 被 害 等 の 認 知 件 数 の 推 移 により 効 果 を 測 定 する 方 法 20

22 5 街 頭 防 犯 カメラシステムの 見 直 し 街 頭 防 犯 カメラによる 犯 罪 抑 止 効 果 等 は 慣 れ 意 識 の 浸 透 機 器 の 陳 腐 化 等 時 間 の 経 過 とともに 低 下 していくことが 考 えられる こうした 中 で カメラの 設 置 効 果 を 確 保 し 維 持 するため 地 域 住 民 等 の 意 見 等 に 留 意 し 必 要 に 応 じて 防 犯 設 備 士 等 防 犯 カメラに 関 する 中 立 的 な 専 門 家 の 助 言 を 仰 ぐなど 諸 般 の 情 勢 に 注 意 を 払 いつつ カメラやカメ ラシステム 設 置 表 示 方 法 や 運 営 管 理 方 法 について 定 期 的 に 見 直 すなど 不 断 の 改 良 を 加 えていくことが 望 ましい 別 添 省 略 21

報告書(案)

報告書(案) 防 犯 カメラの 管 理 と 活 用 について 平 成 14 年 には 本 県 の 犯 罪 認 知 件 数 は16 万 件 に 達 し 犯 罪 率 では 全 国 ワー スト2 位 という 状 況 になった その 後 犯 罪 認 知 件 数 は 平 成 15 年 から 減 少 に 転 じ 犯 罪 率 も 全 国 ワースト7 位 まで 回 復 してきたが 治 安 が 良 いとされた 昭 和 40 ~50

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

Microsoft Word - 参考資料.doc

Microsoft Word - 参考資料.doc ( 仮 称 ) 豊 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する 条 例 制 定 について 平 成 24 年 10 月 社 会 部 交 通 安 全 防 犯 課 1 背 景 (1) 社 会 的 背 景 全 国 的 な 傾 向 として 犯 罪 発 生 後 の 犯 人 の 特 定 逃 走 経 路 について 民 間 設 置 の 防 犯 カメラ( 又 は 監 視 カメラ)などが 利 用 されていることも

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する ガイドライン 安 全 で 安 心 なまちづくり 平 成 26 年 3 月 栃 木 県 第 1 はじめに 1 ガイドライン 策 定 の 目 的 安 全 で 安 心 なまちづくりを 進 める 上 で 近 年 防 犯 カメラの 設 置 は 広 く 有 用 であると 認 められてお り 県 内 各 地 において 防 犯 カメラの 設 置 が 進 んでいます

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン 成 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン 地 域 の 防 犯 活 動 として 公 道 上 に 設 置 する 防 犯 カメラ ガイドライン 策 定 の 目 的 成 田 市 では 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 条 例 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 施 行 ) 及 び 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 に 基 づき 市 民 が 犯 罪

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

を 行 わなければならない 適 正 な 運 用 方 針 を 厳 格 に 運 用 することによっては じめて 人 がみだりにその 容 ぼう 等 を 撮 影 されない 自 由 や 権 利 の 保 護 と 犯 罪 発 生 の 抑 止 という 防 犯 カメラの 設 置 目 的 との 調 和 が 実 現 され

を 行 わなければならない 適 正 な 運 用 方 針 を 厳 格 に 運 用 することによっては じめて 人 がみだりにその 容 ぼう 等 を 撮 影 されない 自 由 や 権 利 の 保 護 と 犯 罪 発 生 の 抑 止 という 防 犯 カメラの 設 置 目 的 との 調 和 が 実 現 され 平 成 20 年 度 答 申 第 2 号 答 申 ( 一 部 省 略 ) 諮 問 件 名 防 犯 カメラによる 画 像 の 記 録 収 集 の 可 否 について 1 審 査 の 経 緯 米 子 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )から 平 成 21 年 2 月 16 日 付 けで 諮 問 があったことを 受 け 当 審 査 会 は 別 表 のとおり 審 査 を 行 った 2 当 審 査 会

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 規 程 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 及

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理 2015 情 総 第 176 号 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本

More information

Taro-28要01 センターにおける障

Taro-28要01 センターにおける障 別 紙 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センターにおける 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 に 係 る 留 意 事 項 第 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 広 島 県 教 育 関 係 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は, 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき,また, 障 害 を 理 由

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

平成25年度 緊急雇用創出事業

平成25年度 緊急雇用創出事業 平 成 26 年 度 繰 越 事 業 販 路 拡 大 促 進 用 ウェブサイト 作 成 運 営 事 業 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1 趣 旨 この 要 綱 は 平 成 27 年 度 に 小 諸 市 が 契 約 を 締 結 する 販 路 拡 大 促 進 用 ウェブサイト 作 成 運 営 事 業 の 業 務 受 託 者 を 公 募 型 プロポーザル 方 式 により

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

学校教育法施行令・施行規則等の改正について

学校教育法施行令・施行規則等の改正について 地 方 公 務 員 法 等 の 改 正 について 平 成 26 年 5 月 14 日 に 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 公 布 されました 施 行 期 日 は 公 布 の 日 から 起 算 して 2 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 となっておりますが, 現 在 未 施 行 の 状 態

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

ガイドライン Ⅰ はじめに 1 防 犯 カメラとプライバシー 犯 罪 が 増 加 する 中 静 岡 県 では 人 の 目 による 見 守 り 合 いを 基 本 として 犯 罪 の 起 き にくい 防 犯 まちづくり を 推 進 していますが 人 の 目 が 行 き 届 かないところに 対 し ては

ガイドライン Ⅰ はじめに 1 防 犯 カメラとプライバシー 犯 罪 が 増 加 する 中 静 岡 県 では 人 の 目 による 見 守 り 合 いを 基 本 として 犯 罪 の 起 き にくい 防 犯 まちづくり を 推 進 していますが 人 の 目 が 行 き 届 かないところに 対 し ては プ ラ イ バシー 保 護 に 配 慮 した 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 す る ガ イ ド ラ イ ン このガイドラインは 不 特 定 多 数 の 方 が 利 用 する 場 所 に 防 犯 カメラ を 設 置 し 又 は 設 置 しようとしている 事 業 者 の 皆 様 を 対 象 に 犯 罪 の 予 防 とともに 個 人 のプライバシー 保 護 に 配 慮 したカメラの 設

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information