従 って 新 株 予 約 権 を 分 配 することが 可 能 となります これにより 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランにおける 企 業 価 値 向 上 へのインセンティブ 効 果 に 加 え 限 られた 個 数 の 新 株 予 約 権 を 当 社 役 職 員 で 分

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "従 って 新 株 予 約 権 を 分 配 することが 可 能 となります これにより 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランにおける 企 業 価 値 向 上 へのインセンティブ 効 果 に 加 え 限 られた 個 数 の 新 株 予 約 権 を 当 社 役 職 員 で 分"

Transcription

1 各 位 平 成 28 年 3 月 7 日 信 託 活 用 型 新 株 予 約 権 インセンティブプラン 導 入 に 伴 う 第 三 者 割 当 てによる 第 15 回 ~ 第 17 回 新 株 予 約 権 の 発 行 に 関 するお 知 らせ 当 社 は 平 成 28 年 3 月 7 日 開 催 の 取 締 役 会 において 以 下 のとおり 第 三 者 割 当 てによる 第 15 回 ~ 第 17 回 新 株 予 約 権 ( 以 下 総 称 して 本 新 株 予 約 権 といいます )の 発 行 を 決 議 しましたので お 知 らせいたします 1. 募 集 の 概 要 (1) 割 当 日 平 成 28 年 3 月 31 日 (2) 発 行 新 株 予 約 権 数 各 回 号 5,000 個 合 計 15,000 個 会 社 名 KLab 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 真 田 哲 弥 (コード 番 号 :3656) 問 合 せ 先 常 務 取 締 役 高 田 和 幸 第 15 回 新 株 予 約 権 :1 個 当 たり 500 円 合 計 2,500,000 円 (3) 発 行 価 額 第 16 回 新 株 予 約 権 :1 個 当 たり 500 円 合 計 2,500,000 円 第 17 回 新 株 予 約 権 :1 個 当 たり 500 円 合 計 2,500,000 円 総 額 7,500,000 円 (4) 当 該 発 行 に よ る 潜 在 株 式 数 各 回 号 500,000 株 合 計 1,500,000 株 ( 本 新 株 予 約 権 1 個 につき 100 株 ) (5) 資 金 調 達 の 額 総 額 907,500,000 円 ( 注 ) (6) 行 使 価 額 及 び 行 使 価 額 の 修 正 条 件 当 初 行 使 価 額 各 回 号 604 円 (7) 募 集 又 は 割 当 方 法 第 三 者 割 当 ての 方 法 による (8) 割 当 予 定 先 及 び そ の 数 楽 天 信 託 株 式 会 社 に 合 計 15,000 個 すべてを 割 当 てる (9) そ の 他 本 新 株 予 約 権 は 当 社 の 業 績 拡 大 及 び 企 業 価 値 の 増 大 を 目 指 すに 当 たり 当 社 の 取 締 役 及 び 従 業 員 ( 以 下 当 社 役 職 員 といいま す )の 結 束 力 をさらに 高 め より 一 層 の 意 欲 及 び 士 気 の 向 上 を 目 的 として 発 行 されるものです また 本 件 スキームを 活 用 することにより 一 般 的 に 実 施 されて いる 税 制 適 格 ストックオプション 及 び 有 償 新 株 予 約 権 を 用 いたイン センティブプランとは 異 なり 本 新 株 予 約 権 の 分 配 時 点 までの 期 間 における 当 社 役 職 員 ごとの 業 績 貢 献 に 対 する 評 価 を 元 に 当 該 分 配 時 点 で 本 新 株 予 約 権 の 分 配 の 多 寡 を 決 定 することが 可 能 となりま す これは 同 時 に 将 来 採 用 された 当 社 役 職 員 に 対 しても 入 社 後 から 分 配 時 点 までの 当 社 への 業 績 貢 献 により 新 株 予 約 権 発 行 前 か ら 当 社 に 所 属 する 当 社 役 職 員 と 同 様 に 予 め 定 めたストックオプシ ョンの 付 与 マニュアル( 以 下 付 与 マニュアル といいます )に - 1 -

2 従 って 新 株 予 約 権 を 分 配 することが 可 能 となります これにより 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランにおける 企 業 価 値 向 上 へのインセンティブ 効 果 に 加 え 限 られた 個 数 の 新 株 予 約 権 を 当 社 役 職 員 で 分 配 することになるため 新 株 予 約 権 獲 得 のための 業 績 貢 献 意 欲 の 向 上 を 図 ることができる 効 果 また 優 秀 な 人 材 獲 得 に あたっての 誘 因 となる 効 果 が 見 込 まれます なお 本 新 株 予 約 権 の 譲 渡 には 当 社 取 締 役 会 の 承 認 を 要 しま す 上 記 各 号 については 金 融 商 品 取 引 法 による 届 出 の 効 力 発 生 を 条 件 とします ( 注 ) 資 金 調 達 の 額 は 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 の 総 額 に 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 を 合 算 した 額 から 発 行 諸 費 用 の 概 算 額 を 差 し 引 いた 金 額 です 本 新 株 予 約 権 の 行 使 期 間 中 に 行 使 が 行 われない 場 合 又 は 新 株 予 約 権 を 取 得 した 者 がその 権 利 を 喪 失 した 場 合 払 込 金 額 の 総 額 及 び 差 引 手 取 概 算 額 は 減 少 します 2. 募 集 の 目 的 及 び 理 由 当 社 代 表 取 締 役 社 長 である 真 田 哲 弥 は 個 人 としての 真 田 哲 弥 から 当 社 の 現 在 及 び 将 来 の 当 社 役 職 員 に 対 して 中 長 期 的 な 企 業 価 値 向 上 へのインセンティブを 付 与 することを 目 的 として 本 件 スキームを 実 施 いたします 本 件 スキームでは 真 田 哲 弥 個 人 を 委 託 者 割 当 予 定 先 である 楽 天 信 託 株 式 会 社 を 受 託 者 とす る 信 託 期 間 が 異 なる3つの 信 託 契 約 を 締 結 し 委 託 者 である 真 田 哲 弥 個 人 の 手 許 資 金 を 信 託 財 産 として 3つの 信 託 ( 以 下 総 称 して 本 信 託 といいます )を 設 定 いたします そして 当 社 は 楽 天 信 託 株 式 会 社 に 合 計 15,000 個 (3つの 本 信 託 に 対 して 第 15 回 新 株 予 約 権 5,000 個 第 16 回 新 株 予 約 権 5,000 個 及 び 第 17 回 新 株 予 約 権 5,000 個 を 順 に 割 当 てます )の 本 新 株 予 約 権 を 発 行 いたします 本 信 託 は 当 社 役 職 員 ごとに 付 与 マニュアルに 基 づき 職 責 及 び 業 績 貢 献 等 に 応 じて 付 与 さ れる 付 与 ポイント 数 の 多 寡 に 応 じて 割 当 予 定 先 が 当 社 に 在 籍 する 当 社 役 職 員 のうち 受 益 者 適 格 要 件 を 満 たす 者 を 対 象 として 平 成 30 年 5 月 第 1 営 業 日 に 第 15 回 新 株 予 約 権 5,000 個 を 平 成 31 年 5 月 第 1 営 業 日 に 第 16 回 新 株 予 約 権 5,000 個 を また 平 成 32 年 5 月 第 1 営 業 日 に 第 17 回 新 株 予 約 権 5,000 個 ( 第 15 回 ~ 第 17 回 新 株 予 約 権 すべて1 個 当 たり 100 株 相 当 )を 分 配 する ものです 一 般 的 に 実 施 されている 税 制 適 格 ストックオプション 及 び 有 償 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンテ ィブプランは 発 行 時 点 で 付 与 対 象 者 及 び 付 与 対 象 者 ごとの 付 与 個 数 を 決 定 することになります が 本 件 スキームを 活 用 することにより ポイント 付 与 基 準 日 ( 上 記 分 配 時 点 の 属 する 年 の 前 年 4 月 1 日 )までの 期 間 における 当 社 の 当 社 役 職 員 ごとの 業 績 貢 献 に 対 する 評 価 を 元 に 当 該 分 配 時 点 で 本 新 株 予 約 権 の 分 配 の 多 寡 を 決 定 することが 可 能 となります これは 同 時 に 将 来 採 用 さ れた 当 社 役 職 員 に 対 しても 入 社 後 から 分 配 時 点 までの 当 社 への 業 績 貢 献 により 新 株 予 約 権 発 行 前 から 当 社 に 所 属 する 当 社 役 職 員 と 同 様 に 予 め 定 めた 付 与 マニュアルに 従 って 新 株 予 約 権 を 分 配 することが 可 能 となります 本 新 株 予 約 権 の 分 配 を 受 けた 当 社 役 職 員 は 当 該 本 新 株 予 約 権 それぞれの 発 行 要 項 及 び 取 扱 い に 関 する 契 約 内 容 に 従 って 当 該 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができます これらのことから 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランにおける 企 業 価 値 向 上 へ のインセンティブ 効 果 に 加 え 限 られた 個 数 の 新 株 予 約 権 を 当 社 役 職 員 で 分 配 することになるた め 新 株 予 約 権 獲 得 のための 業 績 貢 献 意 欲 の 向 上 を 図 ることができる 効 果 また 優 秀 な 人 材 獲 得 にあたっての 誘 因 となる 効 果 が 見 込 まれます 当 社 は 前 年 度 に 増 して 海 外 展 開 を 当 社 グループ 経 営 の 重 点 施 策 のひとつとしていることから 本 新 株 予 約 権 は 昨 年 発 行 した 第 13 回 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストックオプション)における 業 績 達 成 条 件 である 営 業 利 益 及 び 海 外 売 上 高 から 海 外 売 上 高 のみに 集 約 するとともに 第 13 回 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストックオプション)における 業 績 達 成 条 件 として 定 めた 海 外 売 上 高 25 億 円 よりも 10% 以 上 高 い 平 成 28 年 12 月 期 の 連 結 会 計 年 度 にかかる 本 邦 以 外 の 外 部 顧 客 に 対 する 連 結 売 上 高 が 28 億 円 以 上 である 場 合 に 本 新 株 予 約 権 を 行 使 できる( 平 成 27 年 12 月 期 の 連 結 会 計 年 度 にかかる 本 邦 以 外 の 外 部 顧 客 に 対 する 連 結 売 上 高 は 18 億 5 千 5 百 万 円 となったことから 昨 年 - 2 -

3 発 行 した 第 13 回 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストックオプション)は 消 却 される 見 込 みです )と 定 める ことにより 業 績 達 成 条 件 の 対 象 期 間 である 平 成 28 年 12 月 期 における 当 社 役 職 員 の 業 績 達 成 意 欲 の 向 上 をさらに 図 ることができるとともに 当 該 業 績 達 成 条 件 を 達 成 した 後 は かかる 条 件 の 成 就 により 行 使 可 能 性 が 確 実 となった 本 新 株 予 約 権 について 当 社 役 職 員 それぞれが 自 らの 獲 得 個 数 拡 大 のための 業 績 貢 献 意 欲 の 向 上 が 見 込 まれ ひいては 全 社 的 な 業 績 向 上 に 繋 げることがで きる 効 果 が 見 込 まれます なお 本 件 スキームは 真 田 哲 弥 個 人 としての 当 社 役 職 員 へのインセンティブ 付 与 の 意 向 に 基 づくものであるため 当 社 のインセンティブプランではなく 真 田 哲 弥 個 人 の 手 許 資 金 に 基 づき 実 施 するものであり 当 社 の 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランとは 独 立 して 実 施 されるものであります 当 該 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランと 同 様 のスキーム についても 中 長 期 での 企 業 価 値 向 上 に 向 けて 導 入 することが 適 切 であると 判 断 した 場 合 には 本 件 スキームとは 別 に あるいは 本 件 スキームと 併 存 する 形 で 新 たに 導 入 する 可 能 性 があり 平 成 28 年 3 月 4 日 付 けで 開 示 しております 第 14 回 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストックオプション)はこ れに 基 づき 発 行 するものであります 本 信 託 は3つの 契 約 (W001~W003)により 構 成 されており それらの 概 要 は 以 下 のとおりです 名 称 信 託 活 用 型 新 株 予 約 権 インセンティブプラン 委 託 者 (W001)~(W003)いずれも 真 田 哲 弥 受 託 者 (W001)~(W003)いずれも 楽 天 信 託 株 式 会 社 受 益 者 受 益 者 適 格 要 件 を 満 たす 者 ( 受 益 者 確 定 事 由 の 発 生 後 一 定 の 手 続 きを 経 て 存 在 するに 至 ります ) 信 託 契 約 日 平 成 28 年 3 月 30 日 ( 信 託 期 間 開 始 日 ) 信 託 期 間 満 了 日 (W001) 平 成 30 年 4 月 30 日 (W002) 平 成 31 年 4 月 30 日 (W003) 平 成 32 年 4 月 30 日 信 託 の 目 的 当 社 役 職 員 の 福 利 厚 生 及 びインセンティブ 付 与 受 益 者 適 格 要 件 現 在 及 び 将 来 の 当 社 役 職 員 を 受 益 者 候 補 とし 本 信 託 に 係 る 信 託 契 約 の 定 め るところにより 受 益 者 として 確 定 した 者 を 受 益 者 とします なお 本 信 託 に 係 るストックオプション 付 与 マニュアルには 受 益 者 候 補 に 対 する 本 新 株 予 約 権 の 給 付 個 数 を 決 定 するための 原 則 として 職 位 及 び 業 績 貢 献 等 に 応 じてポイントが 付 与 されるポイント 付 与 の 基 準 が 定 められており ます 当 社 役 職 員 は 信 託 期 間 の 満 了 日 の 属 する 年 の 前 年 4 月 1 日 に 上 記 のポイン ト 付 与 基 準 に 基 づくポイントを 付 与 され 各 信 託 の 信 託 期 間 満 了 日 の 翌 日 に おいて 本 新 株 予 約 権 5,000 個 について 付 与 されたポイントの 合 計 数 に 占 める 当 該 当 社 役 職 員 の 保 有 するポイント 数 の 割 合 に 原 則 として 比 例 するよう に 分 配 を 受 けます - 3 -

4 < 本 件 スキームの 概 要 図 > 受 託 者 楽 天 信 託 株 式 会 社 2 新 株 予 約 権 の 割 当 て 2 割 当 時 の 払 込 KLab 株 式 会 社 1 信 託 契 約 の 締 結 4 新 株 予 約 権 の 交 付 3 ポイントの 付 与 委 託 者 真 田 哲 弥 受 益 者 当 社 の 受 益 者 適 格 要 件 を 満 たす 取 締 役 及 び 従 業 員 1 委 託 者 である 真 田 哲 弥 は 受 託 者 との 間 の 信 託 契 約 ( 以 下 信 託 契 約 といいます )に 基 づき 受 託 者 へ 金 銭 を 拠 出 し 本 信 託 を 設 定 します 当 社 は 信 託 契 約 に 基 づき 本 信 託 についての 信 託 管 理 人 兼 受 益 者 指 定 権 者 に 就 任 します 2 受 託 者 である 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 上 記 1で 本 信 託 に 拠 出 された 金 銭 を 原 資 として 本 新 株 予 約 権 を 当 社 から 引 き 受 けます この 時 当 社 は 受 託 者 からの 払 込 金 額 を 新 株 予 約 権 として 純 資 産 に 計 上 します 3 信 託 期 間 中 当 社 役 職 員 は 付 与 マニュアルに 従 い 一 定 の 新 株 予 約 権 獲 得 ポイントの 付 与 を 受 けます 4 各 本 信 託 の 信 託 期 間 満 了 時 に 当 社 役 職 員 は 本 新 株 予 約 権 それぞれ 5,000 個 について 直 近 1 年 間 に 付 与 されたポイントの 合 計 数 に 占 めるポイント 数 の 割 合 に 原 則 として 比 例 するように 分 配 を 受 けます 3. 調 達 する 資 金 の 額 使 途 及 び 支 出 予 定 時 期 (1) 調 達 する 資 金 の 額 ( 差 引 手 取 概 算 額 ) 1 本 新 株 予 約 権 に 係 る 調 達 資 金 913,500 千 円 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 の 総 額 7,500 千 円 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 額 906,000 千 円 2 発 行 諸 費 用 の 概 算 額 6,000 千 円 3 差 引 手 取 概 算 額 907,500 千 円 ( 注 )1. 払 込 金 額 の 総 額 は 本 新 株 予 約 権 の 発 行 に 際 して 払 い 込 まれる 金 額 の 総 額 に 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 ( 本 新 株 予 約 権 が 全 て 当 初 行 使 価 額 で 行 使 された 場 合 において 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 )を 合 算 した 金 額 であり ます 2. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 期 間 中 に 行 使 が 行 われない 場 合 又 は 本 新 株 予 約 権 を 取 得 した 者 がその 権 利 を 喪 失 した 場 合 払 込 金 額 の 総 額 及 び 差 引 手 取 概 算 額 は 減 少 します 3. 発 行 諸 費 用 の 概 算 額 は 弁 護 士 費 用 価 額 算 定 費 用 等 の 合 計 額 であります 4. 発 行 諸 費 用 の 概 算 額 には 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 は 含 まれておりません - 4 -

5 (2) 調 達 する 資 金 の 具 体 的 な 使 途 本 新 株 予 約 権 の 募 集 は 当 社 役 職 員 の 業 績 向 上 に 対 する 意 欲 や 士 気 を 高 めることにより 企 業 価 値 向 上 に 資 することを 目 的 として 付 与 するものであり 資 金 調 達 を 目 的 としておりません なお 本 新 株 予 約 権 の 行 使 の 決 定 は 本 新 株 予 約 権 の 割 当 てを 受 けた 者 の 判 断 に 委 ねられるた め 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 払 い 込 むべき 金 額 は 現 時 点 でその 金 額 及 び 時 期 を 資 金 計 画 に 織 り 込 むことは 困 難 であります 従 って 手 取 金 は 運 転 資 金 に 充 当 する 予 定 でありますが 具 体 的 な 金 額 については 行 使 による 払 込 みがなされた 時 点 の 状 況 に 応 じて 決 定 いたします また 行 使 による 払 込 みがなされた 以 降 上 記 充 当 時 期 までの 資 金 管 理 につきましては 銀 行 預 金 等 の 安 定 的 な 金 融 資 産 で 運 用 する 予 定 です 4. 資 金 使 途 の 合 理 性 に 関 する 考 え 方 本 新 株 予 約 権 の 発 行 及 びその 行 使 により 調 達 する 資 金 は 当 社 の 業 務 運 営 に 資 するものであ り 合 理 性 があるものと 考 えております 5. 発 行 条 件 等 の 合 理 性 (1) 払 込 金 額 の 算 定 根 拠 及 びその 具 体 的 内 容 本 新 株 予 約 権 の 発 行 価 額 については 当 社 から 独 立 した 第 三 者 評 価 機 関 である 株 式 会 社 プルー タス コンサルティング( 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 三 丁 目 2 番 5 号 霞 が 関 ビルディング 30 階 代 表 者 野 口 真 人 )が 本 新 株 予 約 権 の 回 号 ごとにそれぞれ 以 下 の 条 件 に 基 づいて 一 般 的 なオプシ ョン 価 格 算 定 モデルであるモンテカルロ シミュレーションによって 算 出 した 結 果 を 参 考 に 当 該 算 出 結 果 と 同 額 である 第 15 回 新 株 予 約 権 については1 個 当 たり 500 円 に 第 16 回 新 株 予 約 権 については1 個 当 たり 500 円 に また 第 17 回 新 株 予 約 権 については1 個 当 たり 500 円 に 決 定 したものである < 第 15 回 新 株 予 約 権 > 決 議 日 の 直 前 営 業 日 の 当 社 の 株 価 の 終 値 604 円 株 価 変 動 性 79.24% 配 当 利 回 り0% 無 リスク 利 子 率 % 及 び 第 15 回 新 株 予 約 権 の 発 行 要 項 に 定 められた 条 件 ( 行 使 価 額 604 円 満 期 までの 期 間 5 年 間 行 使 条 件 平 成 28 年 12 月 期 の 連 結 海 外 売 上 高 が 28 億 円 以 上 の 場 合 ) < 第 16 回 新 株 予 約 権 > 決 議 日 の 直 前 営 業 日 の 当 社 の 株 価 の 終 値 604 円 株 価 変 動 性 79.24% 配 当 利 回 り0% 無 リスク 利 子 率 % 及 び 第 16 回 新 株 予 約 権 の 発 行 要 項 に 定 められた 条 件 ( 行 使 価 額 604 円 満 期 までの 期 間 6 年 間 行 使 条 件 平 成 28 年 12 月 期 の 連 結 海 外 売 上 高 が 28 億 円 以 上 の 場 合 ) < 第 17 回 新 株 予 約 権 > 決 議 日 の 直 前 営 業 日 の 当 社 の 株 価 の 終 値 604 円 株 価 変 動 性 79.24% 配 当 利 回 り0% 無 リスク 利 子 率 % 及 び 第 17 回 新 株 予 約 権 の 発 行 要 項 に 定 められた 条 件 ( 行 使 価 額 604 円 満 期 までの 期 間 7 年 間 行 使 条 件 平 成 28 年 12 月 期 の 連 結 海 外 売 上 高 が 28 億 円 以 上 の 場 合 ) なお 当 社 監 査 役 3 名 全 員 (うち 会 社 法 上 の 社 外 監 査 役 3 名 )から 発 行 価 額 が 割 当 予 定 先 に 特 に 有 利 でないことに 関 し 上 記 算 定 根 拠 に 照 らして 検 討 した 結 果 有 利 発 行 に 該 当 しない 旨 の 見 解 を 得 ております (2) 発 行 数 量 及 び 株 式 の 希 薄 化 の 規 模 が 合 理 的 であると 判 断 した 根 拠 本 新 株 予 約 権 が 全 て 行 使 された 場 合 に 交 付 される 株 式 数 は 1,500,000 株 ( 議 決 権 数 15,000 個 ) であり 平 成 27 年 12 月 31 日 現 在 の 当 社 発 行 済 株 式 総 数 37,797,600 株 ( 議 決 権 数 367,192 個 ) を 分 母 とする 希 薄 化 率 は 3.96%( 議 決 権 の 総 数 に 対 する 割 合 は 4.08%)に 相 当 します - 5 -

6 本 新 株 予 約 権 の 発 行 は 当 社 の 業 績 拡 大 及 び 企 業 価 値 の 中 長 期 的 な 増 大 を 目 指 すに 当 たり 当 社 役 職 員 の 結 束 力 をさらに 高 め より 一 層 の 意 欲 及 び 士 気 の 向 上 を 目 的 としており これに より 当 社 の 企 業 価 値 の 向 上 が 見 込 まれるものと 考 えております 本 新 株 予 約 権 が 信 託 期 間 ( 最 長 約 4 年 )にあわせて3 回 に 分 けて 付 与 対 象 者 に 分 配 される 一 方 で 当 社 の 企 業 価 値 が 向 上 することは 既 存 の 株 主 の 皆 様 の 利 益 向 上 に 資 するものと 考 え ておりますことから 本 新 株 予 約 権 の 発 行 による 潜 在 株 式 数 の 発 生 数 量 及 び 希 薄 化 の 規 模 は 合 理 的 であると 判 断 いたしました 6. 割 当 予 定 先 の 選 定 理 由 等 (1) 割 当 予 定 先 の 概 要 (1) 名 称 楽 天 信 託 株 式 会 社 (2) 所 在 地 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 四 丁 目 8 番 16 号 (3) 代 表 者 の 役 職 氏 名 代 表 取 締 役 杉 谷 孝 治 (4) 事 業 内 容 信 託 業 法 に 基 づく 運 用 型 信 託 会 社 (5) 資 本 金 2 億 5,980 万 円 (6) 設 立 年 月 日 平 成 17 年 8 月 1 日 (7) 発 行 済 株 式 数 普 通 株 式 6,439 株 第 1 種 優 先 株 式 2,000 株 (8) 決 算 期 3 月 31 日 (9) 従 業 員 数 27 名 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) (10) 主 要 取 引 先 各 分 野 にて 業 務 を 展 開 しており 多 数 の 取 引 先 を 有 しております (11) 主 要 取 引 銀 行 楽 天 銀 行 株 式 会 社 (12) 大 株 主 及 び 持 株 比 率 楽 天 銀 行 株 式 会 社 100.0% (13) 当 事 会 社 間 の 関 係 資 本 関 係 該 当 事 項 ありません 人 的 関 係 該 当 事 項 ありません 取 引 関 係 該 当 事 項 ありません 関 連 当 事 者 への 該 当 状 況 該 当 事 項 ありません (14) 最 近 3 年 間 の 経 営 成 績 及 び 財 政 状 態 決 算 期 平 成 25 年 3 月 期 平 成 26 年 3 月 期 平 成 27 年 3 月 期 連 結 純 資 産 152,204 千 円 166,122 千 円 247,351 千 円 連 結 総 資 産 180,005 千 円 207,004 千 円 310,178 千 円 1 株 当 たり 連 結 純 資 産 ( 円 ) 23,637 円 25,799 円 38,414 円 連 結 売 上 高 268,620 千 円 325,741 千 円 367,452 千 円 連 結 営 業 利 益 23,445 千 円 12,363 千 円 62,747 千 円 連 結 経 常 利 益 23,288 千 円 15,603 千 円 62,221 千 円 連 結 当 期 純 利 益 20,924 千 円 13,918 千 円 52,528 千 円 1 株 当 たり 連 結 当 期 純 利 益 ( 円 ) 3,249 円 2,162 円 8,157 円 - 6 -

7 1 株 当 たり 配 当 金 ( 円 ) - 円 - 円 - 円 ( 注 ) 下 記 (5) 記 載 のとおり 割 当 予 定 先 及 び 割 当 予 定 先 の 役 員 又 は 主 要 株 主 が 反 社 会 的 勢 力 とは 一 切 関 係 がないことを 確 認 しており その 旨 の 確 認 書 を 株 式 会 社 東 京 証 券 取 引 所 に 提 出 してい ます (2) 割 当 予 定 先 を 選 定 した 理 由 本 件 スキームを 実 現 するためには 信 託 を 設 定 し 当 該 信 託 の 受 託 者 を 割 当 予 定 先 として 新 株 予 約 権 の 割 当 を 行 う 必 要 があります 受 託 者 は 信 託 財 産 の 管 理 信 託 に 係 る 事 務 手 続 きを 行 うことになります 受 託 者 の 行 う 業 務 が 信 託 に 関 する 専 門 的 な 知 識 及 び 経 験 を 必 要 とすることや 受 託 者 の 報 酬 額 等 を 総 合 的 に 判 断 した 結 果 当 社 は 楽 天 信 託 株 式 会 社 に 対 して 信 託 の 管 理 事 務 手 続 きを 委 託 する 方 法 が 最 適 で あると 判 断 し 割 当 予 定 先 として 選 定 しました (3) 割 当 予 定 先 の 保 有 方 針 割 当 予 定 先 である 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 信 託 契 約 及 び 付 与 マニュアルに 従 い 本 新 株 予 約 権 を 受 益 者 ( 受 益 者 適 格 要 件 を 満 たす 者 のうち 受 益 者 となる 意 思 表 示 をした 者 )へ 交 付 するこ ととなっております (4) 割 当 予 定 先 の 払 込 みに 要 する 財 産 の 存 在 について 確 認 した 内 容 当 社 は 割 当 予 定 先 が 払 込 みに 要 する 資 金 に 相 当 する 金 銭 として 委 託 者 から 各 信 託 に 拠 出 される 当 初 信 託 金 を 割 当 日 において 信 託 財 産 内 に 保 有 する 予 定 である 旨 及 び 委 託 者 個 人 資 産 として 当 初 信 託 金 を 十 分 に 保 有 している 旨 について 委 託 者 の 確 約 書 面 により 確 認 を 行 ってお ります (5) 割 当 予 定 先 の 実 態 割 当 予 定 先 は 各 信 託 契 約 の 受 託 者 として 割 当 てられた 本 新 株 予 約 権 に 係 る 信 託 事 務 そ の 他 の 包 括 的 管 理 業 務 を 担 当 します 割 当 予 定 先 である 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 信 託 業 務 及 び 流 動 化 証 券 化 コンサルティング 業 務 を 主 事 業 とする 信 託 会 社 です 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 楽 天 銀 行 株 式 会 社 の 完 全 子 会 社 であり 楽 天 銀 行 株 式 会 社 は 東 京 証 券 取 引 所 市 場 第 一 部 に 上 場 している 楽 天 株 式 会 社 の 完 全 子 会 社 にあた ります よって 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 楽 天 株 式 会 社 の 完 全 子 会 社 ( 孫 会 社 )であります また 楽 天 株 式 会 社 が 東 京 証 券 取 引 所 へ 提 出 した コーポレート ガバナンスに 関 する 報 告 書 にお いて 反 社 会 的 勢 力 の 排 除 を 宣 言 する 等 反 社 会 的 勢 力 排 除 に 向 けた 基 本 的 な 考 え 方 及 びその ( 整 普 備 状 況 通 を 東 株 京 証 券 式 取 引 所 ) のホームページにて 確 認 することにより 割 当 予 定 先 及 び 割 当 予 定 じゃ 先 の 役 員 が 暴 力 若 しくは 威 力 を 用 い 又 は 詐 欺 その 他 の 犯 罪 行 為 を 行 うことにより 経 済 的 利 益 を 享 受 しようとする 個 人 法 人 その 他 の 団 体 ( 以 下 特 定 団 体 等 といいます )ではなく は 特 定 団 体 等 とは 一 切 関 係 ないと 判 断 しており その 旨 の 確 認 書 を 東 京 証 券 取 引 所 に 提 出 してい ます - 7 -

8 7. 募 集 後 の 大 株 主 及 び 持 株 比 率 募 集 前 ( 平 成 27 年 12 月 31 日 ) 募 集 後 真 田 哲 弥 11.45% 真 田 哲 弥 11.00% 日 本 証 券 金 融 株 式 会 社 2.32% 日 本 証 券 金 融 株 式 会 社 2.22% 松 井 証 券 株 式 会 社 1.89% 松 井 証 券 株 式 会 社 1.82% 大 和 証 券 株 式 会 社 1.70% 大 和 証 券 株 式 会 社 1.63% 仙 石 浩 明 1.28% 仙 石 浩 明 1.23% DEUTSCHE BANK AG LONDON 609 DEUTSCHE BANK AG LONDON % ( 常 任 代 理 人 ドイツ 証 券 株 式 会 社 ) ( 常 任 代 理 人 ドイツ 証 券 株 式 会 社 ) 1.06% 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 0.91% 株 式 会 社 ( 信 託 口 ) 株 式 会 社 ( 信 託 口 ) 0.87% 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 0.85% 株 式 会 社 ( 信 託 口 1) 株 式 会 社 ( 信 託 口 1) 0.82% 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 0.85% 株 式 会 社 ( 信 託 口 6) 株 式 会 社 ( 信 託 口 6) 0.81% 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 日 本 トラスティ サービス 信 託 銀 行 0.84% 株 式 会 社 ( 信 託 口 5) 株 式 会 社 ( 信 託 口 5) 0.81% ( 注 )1. 募 集 前 の 保 有 比 率 は 平 成 27 年 12 月 31 日 現 在 の 株 主 名 簿 上 の 株 式 数 を 基 準 としており ます 2. 募 集 後 の 保 有 比 率 は 平 成 27 年 12 月 31 日 現 在 の 所 有 議 決 権 数 を 平 成 27 年 12 月 31 日 現 在 の 総 議 決 権 数 に 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 総 数 に 係 る 議 決 権 数 を 加 算 した 数 で 除 して 算 出 しております 3. 上 記 表 中 の 持 株 比 率 は 小 数 点 以 下 第 3 位 を 切 り 捨 てて 算 出 しております 4. 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 割 当 てられた 本 新 株 予 約 権 の 信 託 に 係 る 事 務 手 続 き 及 び 管 理 を 行 う ことだけを 目 的 とし 信 託 満 了 後 は 信 託 契 約 及 び 付 与 マニュアルに 従 い 本 新 株 予 約 権 を 受 益 者 へ 交 付 することを 約 しておりますので 楽 天 信 託 株 式 会 社 は 募 集 後 の 状 況 には 含 めておりません 5. 本 件 スキーム 上 現 時 点 において 楽 天 信 託 株 式 会 社 より 本 新 株 予 約 権 の 交 付 を 受 ける 受 益 者 が 未 確 定 であるため 当 該 受 益 者 は 募 集 後 の 状 況 には 含 めておりません 8. 今 後 の 見 通 し 今 回 の 資 金 調 達 による 平 成 28 年 12 月 期 当 社 連 結 業 績 に 与 える 影 響 は 軽 微 であります 9. 企 業 行 動 規 範 上 の 手 続 きに 関 する 事 項 本 新 株 予 約 権 の 発 行 は 1 希 薄 化 率 が 合 計 25% 未 満 であること 2 支 配 株 主 の 異 動 を 伴 うもので はないこと( 新 株 予 約 権 すべてが 権 利 行 使 された 場 合 であっても 支 配 株 主 の 異 動 が 見 込 まれるも のではないこと)ことから 株 式 会 社 東 京 証 券 取 引 所 の 定 める 有 価 証 券 上 場 規 程 第 432 条 に 定 める 独 立 第 三 者 からの 意 見 入 手 及 び 株 主 の 意 思 確 認 手 続 きは 要 しません 10. 最 近 3 年 間 の 業 績 及 びエクイティ ファイナンスの 状 況 (1) 最 近 3 年 間 の 業 績 ( 連 結 ) 決 算 期 平 成 25 年 12 月 期 平 成 26 年 12 月 期 平 成 27 年 12 月 期 売 上 高 20,993 百 万 円 21,374 百 万 円 20,913 百 万 円 営 業 利 益 1,223 百 万 円 2,163 百 万 円 2,198 百 万 円 経 常 利 益 941 百 万 円 2,564 百 万 円 1,919 百 万 円 当 期 純 利 益 2,563 百 万 円 1,793 百 万 円 700 百 万 円 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 円 円 円 1 株 当 たり 配 当 金 - 円 - 円 - 円 1 株 当 たり 純 資 産 円 円 円 - 8 -

9 (2) 現 時 点 における 発 行 済 株 式 数 及 び 潜 在 株 式 数 の 状 況 ( 平 成 28 年 2 月 29 日 現 在 ) 株 式 数 発 行 済 株 式 数 に 対 する 比 率 発 行 済 株 式 数 37,853,400 株 % 現 時 点 の 転 換 価 額 ( 行 使 価 額 )における 潜 在 株 式 数 1,210,300 株 3.20% (3) 最 近 の 株 価 の 状 況 1 最 近 3 年 間 の 状 況 平 成 25 年 12 月 期 平 成 26 年 12 月 期 平 成 27 年 12 月 期 始 値 507 円 803 円 1,321 円 高 値 2,454 円 2,251 円 2,251 円 安 値 517 円 1,011 円 746 円 終 値 802 円 1,305 円 802 円 ( 注 ) 各 株 価 は 東 京 証 券 取 引 所 市 場 第 一 部 におけるものであります 2 最 近 6か 月 間 の 状 況 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 始 値 1,179 円 1,220 円 1,084 円 787 円 747 円 490 円 高 値 1,347 円 1,248 円 1,209 円 818 円 842 円 628 円 安 値 1,173 円 909 円 746 円 644 円 460 円 479 円 終 値 1,232 円 1,072 円 800 円 736 円 484 円 604 円 ( 注 )1. 各 株 価 は 東 京 証 券 取 引 所 市 場 第 一 部 におけるものであります 2. 平 成 28 年 3 月 の 株 価 については 平 成 28 年 3 月 4 日 現 在 で 表 示 しております 3 発 行 決 議 日 の 直 前 営 業 日 における 株 価 平 成 28 年 3 月 4 日 始 値 529 円 高 値 628 円 安 値 526 円 終 値 604 円 ( 注 ) 各 株 価 は 東 京 証 券 取 引 所 市 場 第 一 部 におけるものであります (4) 過 去 3 年 間 に 行 われたエクイティ ファイナンスの 状 況 等 1. 第 三 者 割 当 増 資 払 込 期 日 平 成 25 年 8 月 2 日 調 達 資 金 の 額 271,974,400 円 ( 差 引 手 取 概 算 額 ) 発 行 価 額 1,134 円 募 集 時 に お け る 発 行 済 株 式 数 30,052,500 株 当 該 募 集 に よ る 発 行 株 式 数 241,600 株 募 集 後 に お け る 発 行 済 株 式 総 数 30,373,600 株 割 当 先 株 式 会 社 博 報 堂 発 行 時 に お け る 当 初 の 資 金 使 途 国 内 海 外 におけるモバイルオンラインゲーム 事 業 の 展 開 に 係 る 広 告 マーケティング 費 用 - 9 -

10 発 行 時 に お け る 支 出 予 定 時 期 現 時 点 に お け る 充 当 状 況 平 成 25 年 8 月 ~ 平 成 26 年 7 月 上 記 支 出 予 定 時 期 に 全 額 を 充 当 済 み 2. 第 三 者 割 当 増 資 払 込 期 日 平 成 25 年 8 月 2 日 調 達 資 金 の 額 98,790,500 円 ( 差 引 手 取 概 算 額 ) 発 行 価 額 1,259 円 募 集 時 に お け る 発 行 済 株 式 数 30,052,500 株 当 該 募 集 に よ る 発 行 株 式 数 79,500 株 募 集 後 に お け る 発 行 済 株 式 総 数 30,373,600 株 割 当 先 Oakキャピタル 株 式 会 社 発 行 時 に お け る 当 初 の 資 金 使 途 新 規 モバイルオンラインゲームの 企 画 及 び 開 発 に 係 る 人 件 費 発 行 時 に お け る 支 出 予 定 時 期 現 時 点 に お け る 充 当 状 況 平 成 25 年 8 月 ~ 平 成 26 年 1 月 上 記 支 出 予 定 時 期 に 全 額 を 充 当 済 み 3. 第 8 回 新 株 予 約 権 の 発 行 払 込 期 日 平 成 25 年 8 月 2 日 発 行 新 株 予 約 権 数 4,369 個 発 行 価 額 新 株 予 約 権 1 個 当 たり 2,770 円 ( 総 額 12,102,130 円 ) 当 該 募 集 に よ る 潜 在 株 式 数 436,900 株 562,159,230 円 ( 差 引 手 取 概 算 額 559,159,230 円 ) 資 金 調 達 の 額 ( 内 訳 ) 新 株 予 約 権 発 行 分 :12,102,130 円 新 株 予 約 権 行 使 分 :550,057,100 円 割 当 先 Oakキャピタル 株 式 会 社 現 時 点 に お け る 行 使 状 況 全 新 株 予 約 権 が 行 使 済 みです 当 初 の 資 金 使 途 支 出 予 定 時 期 新 規 モバイルオンラインゲームの 企 画 及 び 開 発 に 係 る 人 件 費 平 成 25 年 8 月 ~ 平 成 26 年 1 月 現 時 点 に お け る 充 当 状 況 上 記 支 出 予 定 時 期 に 全 額 を 充 当 済 み 4. 第 三 者 割 当 増 資 払 込 期 日 平 成 25 年 12 月 24 日 調 達 資 金 の 額 594,106,500 円 ( 差 引 手 取 概 算 額 ) 発 行 価 額 649 円 募 集 時 に お け る 発 行 済 株 式 数 30,643,600 株 当 該 募 集 に よ る 918,500 株

11 発 行 株 式 数 募 集 後 に お け る 発 行 済 株 式 総 数 32,862,100 株 割 当 先 Qihoo 360 Technology Co. Ltd. 1モバイルオンラインゲーム 事 業 の 展 開 に 係 る 新 規 発 行 時 に お け る 当 初 の 資 金 使 途 発 行 時 に お け る 支 出 予 定 時 期 現 時 点 に お け る 充 当 状 況 タイトル 開 発 費 用 2 中 国 におけるモバイルオンラインゲーム 事 業 の 展 開 に 係 る 広 告 マーケティング 費 用 平 成 25 年 8 月 ~ 平 成 26 年 1 月 上 記 支 出 予 定 時 期 に 全 額 を 充 当 済 み 5. 第 三 者 割 当 増 資 払 込 期 日 平 成 25 年 12 月 24 日 調 達 資 金 の 額 840,400,000 円 ( 差 引 手 取 概 算 額 ) 発 行 価 額 649 円 募 集 時 に お け る 発 行 済 株 式 数 30,643,600 株 当 該 募 集 に よ る 発 行 株 式 数 1,300,000 株 募 集 後 に お け る 発 行 済 株 式 総 数 32,862,100 株 割 当 先 ドイツ 銀 行 ロンドン 支 店 1 国 内 海 外 におけるモバイルオンラインゲーム 事 発 行 時 に お け る 当 初 の 資 金 使 途 発 行 時 に お け る 支 出 予 定 時 期 現 時 点 に お け る 充 当 状 況 業 に 係 る 新 規 タイトル 開 発 費 用 2 国 内 海 外 におけるモバイルオンラインゲーム 事 業 に 係 る 広 告 マーケティング 活 動 費 用 平 成 25 年 8 月 ~ 平 成 26 年 1 月 上 記 支 出 予 定 時 期 に 全 額 を 充 当 済 み 平 成 25 年 12 月 ~ 平 成 26 年 11 月 平 成 25 年 12 月 ~ 平 成 26 年 11 月 平 成 25 年 12 月 ~ 平 成 26 年 11 月 平 成 25 年 12 月 ~ 平 成 26 年 11 月 6. 第 9 回 ~ 第 11 回 新 株 予 約 権 ( 第 三 者 割 当 )の 発 行 払 込 期 日 平 成 25 年 12 月 24 日 発 行 新 株 予 約 権 数 3,000,000 個 ( 第 9 回 ~ 第 11 回 新 株 予 約 権 合 計 1 回 号 当 たりの 個 数 は 1,000,000 個 ) 総 額 9,000,000 円 ( 第 9 回 新 株 予 約 権 1 個 当 たり3 円 50 銭 第 10 回 新 発 行 価 額 株 予 約 権 1 個 当 たり3 円 第 11 回 新 株 予 約 権 1 個 当 たり2 円 50 銭 ) 潜 在 株 式 数 :3,000,000 株 当 該 募 集 に よ る 上 限 行 使 価 額 はありません 潜 在 株 式 数 下 限 行 使 価 額 は 340 円 資 金 調 達 の 額 2,704,500,000 円 ( 差 引 手 取 金 概 算 額 ) 割 当 先 ドイツ 銀 行 ロンドン 支 店 現 時 点 に お け る 全 新 株 予 約 権 が 行 使 済 です 行 使 状 況 1 国 内 海 外 におけるモバイルオンラインゲーム 事 平 成 25 年 12 月 ~ 当 初 の 資 金 使 途 支 出 予 定 時 期 業 に 係 る 新 規 タイトル 開 発 費 用 2 国 内 海 外 におけるモバイルオンラインゲーム 事 業 に 係 る 広 告 マーケティング 活 動 費 用 平 成 26 年 11 月 平 成 25 年 12 月 ~ 平 成 26 年 11 月

12 現 時 点 に お け る 充 当 状 況 上 記 支 出 予 定 時 期 に 全 額 を 充 当 済 み

13 KLab 株 式 会 社 第 15 回 新 株 予 約 権 発 行 要 項 1. 本 新 株 予 約 権 の 名 称 KLab 株 式 会 社 第 15 回 新 株 予 約 権 ( 以 下 本 新 株 予 約 権 という ) 2. 申 込 期 間 平 成 28 年 3 月 31 日 3. 割 当 日 平 成 28 年 3 月 31 日 4. 払 込 期 日 平 成 28 年 3 月 31 日 5. 募 集 の 方 法 第 三 者 割 当 ての 方 法 により 楽 天 信 託 株 式 会 社 に 本 新 株 予 約 権 のすべてを 割 り 当 てる 6. 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 種 類 及 び 数 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 種 類 及 び 総 数 は 当 社 普 通 株 式 500,000 株 とする( 本 新 株 予 約 権 1 個 当 たりの 目 的 たる 株 式 の 数 ( 以 下 付 与 株 式 数 という )は 100 株 とする ) 但 し 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 株 式 分 割 ( 当 社 普 通 株 式 の 株 式 無 償 割 当 てを 含 む 以 下 同 じ ) 又 は 株 式 併 合 を 行 う 場 合 次 の 算 式 により 付 与 株 式 数 を 調 整 する 但 し かかる 調 整 は 本 新 株 予 約 権 のうち 当 該 時 点 で 権 利 行 使 されていない 本 新 株 予 約 権 の 目 的 となる 株 式 の 数 についての み 行 われ 調 整 の 結 果 1 株 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は これを 切 り 捨 てるものとする 調 整 後 付 与 株 式 数 = 調 整 前 付 与 株 式 数 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 の 比 率 また 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 当 社 は 合 理 的 な 範 囲 で 付 与 株 式 数 の 調 整 を 行 うことができるものとする 7. 本 新 株 予 約 権 の 総 数 5,000 個 8. 各 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 1 個 当 たり 金 500 円 9. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 (1) 各 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 は 金 銭 とし その 価 額 は 行 使 価 額 に 付 与 株 式 数 を 乗 じた 額 とする (2) 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 当 社 普 通 株 式 1 株 当 たりの 金 銭 の 額 ( 以 下 行 使 価 額 という )は 当 初 604 円 とする 10. 行 使 価 額 の 調 整 (1) 当 社 が 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 を 行 う 場 合 次 の 算 式 により 行 使 価 額 を 調 整 し 調 整 により 生 じる1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げるものとする 1 調 整 後 行 使 価 額 = 調 整 前 行 使 価 額 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 の 比 率 (2) 当 社 が 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 時 価 を 下 回 る 価 額 で 新 株 の 発 行 又 は 自 己 株 式 の 処 分 を 行 う 場 合 ( 新 株 予 約 権 の 行 使 による 新 株 の 発 行 及 び 自 己 株 式 の 処 分 並 びに 株 式 交 換 によ る 自 己 株 式 の 移 転 の 場 合 を 除 く )は 次 の 算 式 により 行 使 価 額 を 調 整 し 調 整 により 生 じる1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げるものとする 調 整 後 行 使 価 額 = 調 整 前 行 使 価 額 既 発 行 株 式 数 + 既 発 行 株 式 数 新 規 発 行 処 分 株 式 数 1 株 当 た り の 払 込 金 額 + 時 価 新 規 発 行 処 分 株 式 数 なお 上 記 算 式 において 既 発 行 株 式 数 とは 当 社 の 発 行 済 株 式 総 数 から 当 社 が 保 有 する 自 己 株 式 数 を 控 除 した 数 とする

14 (3) 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 当 社 は 合 理 的 な 範 囲 で 行 使 価 額 を 調 整 することができるものとする 11. 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 平 成 30 年 5 月 1 日 から 平 成 33 年 4 月 30 日 まで( 但 し 平 成 33 年 4 月 30 日 が 銀 行 営 業 日 でない 場 合 にはその 前 銀 行 営 業 日 まで)とする 12.その 他 の 本 新 株 予 約 権 の 行 使 の 条 件 (1) 本 新 株 予 約 権 者 は 平 成 28 年 12 月 期 の 事 業 年 度 に 係 る 当 社 が 提 出 した 有 価 証 券 報 告 書 に 記 載 される 監 査 済 みの 当 社 連 結 貸 借 対 照 表 及 び 連 結 損 益 計 算 書 ( 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 し ていない 場 合 は 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 )において 平 成 28 年 12 月 期 の 本 邦 以 外 の 外 部 顧 客 に 対 する 売 上 高 が 28 億 円 以 上 である 場 合 に 限 り 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することが できる また 国 際 財 務 報 告 基 準 の 適 用 等 により 参 照 すべき 収 益 認 識 の 概 念 に 重 要 な 変 更 があった 場 合 には 別 途 参 照 すべき 指 標 を 当 社 取 締 役 会 にて 定 めるものとする (2) 本 新 株 予 約 権 者 は 本 新 株 予 約 権 を 取 得 した 時 点 において 当 社 又 は 子 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 又 は 使 用 人 である 場 合 は 本 新 株 予 約 権 の 取 得 時 から 権 利 行 使 時 まで 継 続 して 当 社 又 は 子 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 又 は 使 用 人 のいずれかの 地 位 にあることを 要 する 但 し 当 社 取 締 役 会 が 正 当 な 理 由 があるものと 認 めた 場 合 にはこの 限 りではない (3) 本 新 株 予 約 権 者 が 権 利 行 使 期 間 中 に 死 亡 した 場 合 その 相 続 人 は 本 新 株 予 約 権 を 行 使 す ることができない (4) 本 新 株 予 約 権 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 事 由 が 生 じた 場 合 には 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができない ただし 当 社 取 締 役 会 が 別 段 の 取 扱 いを 定 めた 場 合 にはこ の 限 りではない 1 禁 錮 刑 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 2 当 社 と 競 合 する 業 務 を 営 む 会 社 を 直 接 若 しくは 間 接 に 設 立 し 又 は 当 該 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 若 しくは 使 用 人 に 就 任 するなど 名 目 を 問 わず 当 社 と 競 業 した 場 合 ( 但 し 当 社 の 書 面 による 事 前 の 承 認 を 得 た 場 合 を 除 く ) 3 法 令 違 反 その 他 不 正 行 為 により 当 社 の 信 用 を 損 ねた 場 合 4 差 押 仮 差 押 仮 処 分 強 制 執 行 若 しくは 競 売 の 申 立 てを 受 け 又 は 公 租 公 課 の 滞 納 処 分 を 受 けた 場 合 5 支 払 停 止 若 しくは 支 払 不 能 となり 又 は 振 出 し 若 しくは 引 き 受 けた 手 形 若 しくは 小 切 手 が 不 渡 りになった 場 合 6 破 産 手 続 開 始 民 事 再 生 手 続 開 始 その 他 これらに 類 する 手 続 開 始 の 申 立 てがあった 場 合 又 は 自 らこれを 申 し 立 てた 場 合 7 就 業 規 則 に 違 反 し 懲 戒 処 分 を 受 けた 場 合 8 役 員 として 果 たすべき 忠 実 義 務 等 に 違 反 した 場 合 (5) 各 本 新 株 予 約 権 の 一 部 行 使 はできない 13. 本 新 株 予 約 権 の 取 得 (1) 当 社 が 消 滅 会 社 となる 合 併 契 約 の 議 案 又 は 当 社 が 完 全 子 会 社 となる 株 式 交 換 契 約 の 議 案 若 しくは 株 式 移 転 計 画 の 議 案 を 目 的 事 項 とする 株 主 総 会 の 招 集 を 当 社 取 締 役 会 が 決 議 した 場 合 ( 株 主 総 会 決 議 が 不 要 の 場 合 は 当 該 議 案 につき 当 社 取 締 役 会 が 決 議 した 場 合 ) 又 は 株 主 から 当 該 株 主 総 会 の 招 集 の 請 求 があった 場 合 において 当 社 は 当 社 取 締 役 会 が 別 途 取 得 する 日 を 定 めた 場 合 は 当 該 日 が 到 来 することをもって 本 新 株 予 約 権 の 全 部 を 無 償 で 取 得 する (2) 当 社 は 本 新 株 予 約 権 者 が 第 12 項 に 基 づき 権 利 行 使 の 条 件 を 欠 くこととなった 場 合 又 は 本 新 株 予 約 権 者 が 本 新 株 予 約 権 を 放 棄 した 場 合 は 当 該 本 新 株 予 約 権 を 無 償 で 取 得 する ことができる (3) 当 社 は 当 社 取 締 役 会 が 別 途 取 得 する 日 を 定 めた 場 合 は 当 該 日 が 到 来 することをも って 本 新 株 予 約 権 の 全 部 又 は 一 部 を 無 償 で 取 得 する なお 本 新 株 予 約 権 の 一 部 を 取 得 する 場 合 は 当 社 取 締 役 会 の 決 議 によりその 取 得 する 本 新 株 予 約 権 の 一 部 を 定 める

15 14. 本 新 株 予 約 権 の 譲 渡 譲 渡 による 本 新 株 予 約 権 の 取 得 については 当 社 取 締 役 会 の 承 認 を 要 するものとする 15. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 の 増 加 する 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 本 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 の 増 加 する 資 本 金 の 額 は 会 社 計 算 規 則 第 17 条 の 定 めるところに 従 って 算 定 された 資 本 金 等 増 加 限 度 額 に 0.5 を 乗 じた 金 額 とし 計 算 の 結 果 1 円 未 満 の 端 数 を 生 じる 場 合 はその 端 数 を 切 り 上 げた 額 とする 増 加 する 資 本 準 備 金 の 額 は 資 本 金 等 増 加 限 度 額 より 増 加 する 資 本 金 の 額 を 減 じた 額 とする 16. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 請 求 の 方 法 (1) 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する 場 合 第 11 項 記 載 の 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 中 に 第 20 項 記 載 の 行 使 請 求 受 付 場 所 に 対 して 行 使 請 求 に 必 要 な 事 項 を 通 知 するもの とする (2) 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する 場 合 前 号 の 行 使 請 求 の 通 知 に 加 えて 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 全 額 を 現 金 にて 第 21 項 に 定 める 払 込 取 扱 場 所 の 当 社 が 指 定 する 口 座 に 振 り 込 むものとする (3) 本 新 株 予 約 権 の 行 使 請 求 の 効 力 は 第 20 項 記 載 の 行 使 請 求 受 付 場 所 に 対 する 行 使 請 求 に 必 要 な 全 部 の 事 項 の 通 知 が 行 われ かつ 当 該 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 全 額 が 前 号 に 定 める 口 座 に 入 金 された 日 に 発 生 する 17. 組 織 再 編 行 為 の 際 の 本 新 株 予 約 権 の 取 扱 い 当 社 が 合 併 ( 合 併 により 当 社 が 消 滅 する 場 合 に 限 る ) 会 社 分 割 株 式 交 換 及 び 株 式 移 転 ( 以 下 総 称 して 組 織 再 編 行 為 という )をする 場 合 において 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 に 本 新 株 予 約 権 者 に 対 し それぞれの 場 合 につき 会 社 法 第 236 条 第 1 項 第 8 号 のイ からホまでに 掲 げる 株 式 会 社 ( 以 下 再 編 対 象 会 社 という )の 本 新 株 予 約 権 を 以 下 の 条 件 に 基 づきそれぞれ 交 付 することとする 但 し 以 下 の 条 件 に 沿 って 再 編 対 象 会 社 の 新 株 予 約 権 を 交 付 する 旨 を 吸 収 合 併 契 約 新 設 合 併 契 約 吸 収 分 割 契 約 新 設 分 割 計 画 株 式 交 換 契 約 又 は 株 式 移 転 計 画 において 定 めた 場 合 に 限 るものとする (1) 交 付 する 再 編 対 象 会 社 の 新 株 予 約 権 の 数 本 新 株 予 約 権 者 が 保 有 する 本 新 株 予 約 権 の 数 と 同 一 の 数 をそれぞれ 交 付 するものとする (2) 新 株 予 約 権 の 目 的 である 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 種 類 再 編 対 象 会 社 の 普 通 株 式 とする (3) 新 株 予 約 権 の 目 的 である 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 数 又 はその 算 定 方 法 組 織 再 編 行 為 の 条 件 等 を 勘 案 のうえ 第 6 項 に 準 じて 目 的 となる 株 式 の 数 につき 合 理 的 な 調 整 がなされた 数 とする (4) 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 又 はその 算 定 方 法 組 織 再 編 行 為 の 条 件 等 を 勘 案 のうえ 第 9 項 及 び 第 10 項 に 準 じて 行 使 価 額 につき 合 理 的 な 調 整 がなされた 額 に 上 記 第 (3) 号 に 従 って 決 定 される 当 該 新 株 予 約 権 の 目 的 となる 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 数 を 乗 じて 得 られる 金 額 とする (5) 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 第 11 項 に 規 定 する 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 の 開 始 日 と 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 のうち いずれか 遅 い 日 から 第 11 項 に 規 定 する 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する ことができる 期 間 の 満 了 日 までとする (6) 新 株 予 約 権 の 行 使 の 条 件 第 12 項 に 準 じて 決 定 する (7) 新 株 予 約 権 の 取 得 事 由 及 び 取 得 条 件 第 13 項 に 準 じて 決 定 する (8) 新 株 予 約 権 の 譲 渡 制 限 譲 渡 による 新 株 予 約 権 の 取 得 については 再 編 対 象 会 社 の 承 認 を 要 するものとする (9) 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 における 増 加 する 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 に 関 する 事 項 第 15 項 に 準 じて 決 定 する

16 (10) その 他 の 条 件 については 再 編 対 象 会 社 の 条 件 に 準 じて 決 定 する 18. 新 株 予 約 権 証 券 の 不 発 行 当 社 は 本 新 株 予 約 権 に 関 して 新 株 予 約 権 証 券 を 発 行 しない 19. 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 及 びその 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 算 定 理 由 本 発 行 要 項 及 び 割 当 先 との 間 で 締 結 する 予 定 の 第 三 者 割 当 て 契 約 に 定 められた 諸 条 件 を 考 慮 し 一 般 的 な 価 格 算 定 モデルであるモンテカルロ シミュレーションを 基 礎 として 本 新 株 予 約 権 1 個 の 払 込 金 額 を 金 500 円 とした さらに 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 され る 財 産 の 価 額 は 第 9 項 記 載 のとおりとし 行 使 価 額 は 当 初 平 成 28 年 3 月 4 日 の 東 京 証 券 取 引 所 における 当 社 普 通 株 式 の 普 通 取 引 の 終 値 に 相 当 する 金 額 とした 20. 行 使 請 求 受 付 場 所 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 4 番 1 号 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 証 券 代 行 部 又 は 上 記 金 融 機 関 の 業 務 を 承 継 する 金 融 機 関 及 びその 部 署 21. 払 込 取 扱 場 所 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 4 番 1 号 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 本 店 営 業 部 又 は 上 記 金 融 機 関 の 業 務 を 承 継 する 金 融 機 関 及 びその 部 署 22.その 他 (1) 上 記 各 項 については 金 融 商 品 取 引 法 による 届 出 の 効 力 発 生 を 条 件 とする (2) その 他 本 新 株 予 約 権 発 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 当 社 代 表 取 締 役 社 長 に 一 任 する

17 KLab 株 式 会 社 第 16 回 新 株 予 約 権 発 行 要 項 1. 本 新 株 予 約 権 の 名 称 KLab 株 式 会 社 第 16 回 新 株 予 約 権 ( 以 下 本 新 株 予 約 権 という ) 2. 申 込 期 間 平 成 28 年 3 月 31 日 3. 割 当 日 平 成 28 年 3 月 31 日 4. 払 込 期 日 平 成 28 年 3 月 31 日 5. 募 集 の 方 法 第 三 者 割 当 ての 方 法 により 楽 天 信 託 株 式 会 社 に 本 新 株 予 約 権 のすべてを 割 り 当 てる 6. 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 種 類 及 び 数 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 種 類 及 び 総 数 は 当 社 普 通 株 式 500,000 株 とする( 本 新 株 予 約 権 1 個 当 たりの 目 的 たる 株 式 の 数 ( 以 下 付 与 株 式 数 という )は 100 株 とする ) 但 し 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 株 式 分 割 ( 当 社 普 通 株 式 の 株 式 無 償 割 当 てを 含 む 以 下 同 じ ) 又 は 株 式 併 合 を 行 う 場 合 次 の 算 式 により 付 与 株 式 数 を 調 整 する 但 し かかる 調 整 は 本 新 株 予 約 権 のうち 当 該 時 点 で 権 利 行 使 されていない 本 新 株 予 約 権 の 目 的 となる 株 式 の 数 についての み 行 われ 調 整 の 結 果 1 株 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は これを 切 り 捨 てるものとする 調 整 後 付 与 株 式 数 = 調 整 前 付 与 株 式 数 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 の 比 率 また 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 当 社 は 合 理 的 な 範 囲 で 付 与 株 式 数 の 調 整 を 行 うことができるものとする 7. 本 新 株 予 約 権 の 総 数 5,000 個 8. 各 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 1 個 当 たり 金 500 円 9. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 (1) 各 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 は 金 銭 とし その 価 額 は 行 使 価 額 に 付 与 株 式 数 を 乗 じた 額 とする (2) 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 当 社 普 通 株 式 1 株 当 たりの 金 銭 の 額 ( 以 下 行 使 価 額 という )は 当 初 604 円 とする 10. 行 使 価 額 の 調 整 (1) 当 社 が 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 を 行 う 場 合 次 の 算 式 により 行 使 価 額 を 調 整 し 調 整 により 生 じる1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げるものとする 1 調 整 後 行 使 価 額 = 調 整 前 行 使 価 額 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 の 比 率 (2) 当 社 が 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 時 価 を 下 回 る 価 額 で 新 株 の 発 行 又 は 自 己 株 式 の 処 分 を 行 う 場 合 ( 新 株 予 約 権 の 行 使 による 新 株 の 発 行 及 び 自 己 株 式 の 処 分 並 びに 株 式 交 換 によ る 自 己 株 式 の 移 転 の 場 合 を 除 く )は 次 の 算 式 により 行 使 価 額 を 調 整 し 調 整 により 生 じる1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げるものとする 調 整 後 行 使 価 額 = 調 整 前 行 使 価 額 既 発 行 株 式 数 + 既 発 行 株 式 数 新 規 発 行 処 分 株 式 数 1 株 当 た り の 払 込 金 額 + 時 価 新 規 発 行 処 分 株 式 数 なお 上 記 算 式 において 既 発 行 株 式 数 とは 当 社 の 発 行 済 株 式 総 数 から 当 社 が 保 有 する 自 己 株 式 数 を 控 除 した 数 とする

18 (3) 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 当 社 は 合 理 的 な 範 囲 で 行 使 価 額 を 調 整 することができるものとする 11. 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 平 成 31 年 5 月 1 日 から 平 成 34 年 4 月 30 日 まで( 但 し 平 成 34 年 4 月 30 日 が 銀 行 営 業 日 でない 場 合 にはその 前 銀 行 営 業 日 まで)とする 12.その 他 の 本 新 株 予 約 権 の 行 使 の 条 件 (1) 本 新 株 予 約 権 者 は 平 成 28 年 12 月 期 の 事 業 年 度 に 係 る 当 社 が 提 出 した 有 価 証 券 報 告 書 に 記 載 される 監 査 済 みの 当 社 連 結 貸 借 対 照 表 及 び 連 結 損 益 計 算 書 ( 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 し ていない 場 合 は 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 )において 平 成 28 年 12 月 期 の 本 邦 以 外 の 外 部 顧 客 に 対 する 売 上 高 が 28 億 円 以 上 である 場 合 に 限 り 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することが できる また 国 際 財 務 報 告 基 準 の 適 用 等 により 参 照 すべき 収 益 認 識 の 概 念 に 重 要 な 変 更 があった 場 合 には 別 途 参 照 すべき 指 標 を 当 社 取 締 役 会 にて 定 めるものとする (2) 本 新 株 予 約 権 者 は 本 新 株 予 約 権 を 取 得 した 時 点 において 当 社 又 は 子 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 又 は 使 用 人 である 場 合 は 本 新 株 予 約 権 の 取 得 時 から 権 利 行 使 時 まで 継 続 して 当 社 又 は 子 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 又 は 使 用 人 のいずれかの 地 位 にあることを 要 する 但 し 当 社 取 締 役 会 が 正 当 な 理 由 があるものと 認 めた 場 合 にはこの 限 りではない (3) 本 新 株 予 約 権 者 が 権 利 行 使 期 間 中 に 死 亡 した 場 合 その 相 続 人 は 本 新 株 予 約 権 を 行 使 す ることができない (4) 本 新 株 予 約 権 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 事 由 が 生 じた 場 合 には 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができない ただし 当 社 取 締 役 会 が 別 段 の 取 扱 いを 定 めた 場 合 にはこ の 限 りではない 1 禁 錮 刑 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 2 当 社 と 競 合 する 業 務 を 営 む 会 社 を 直 接 若 しくは 間 接 に 設 立 し 又 は 当 該 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 若 しくは 使 用 人 に 就 任 するなど 名 目 を 問 わず 当 社 と 競 業 した 場 合 ( 但 し 当 社 の 書 面 による 事 前 の 承 認 を 得 た 場 合 を 除 く ) 3 法 令 違 反 その 他 不 正 行 為 により 当 社 の 信 用 を 損 ねた 場 合 4 差 押 仮 差 押 仮 処 分 強 制 執 行 若 しくは 競 売 の 申 立 てを 受 け 又 は 公 租 公 課 の 滞 納 処 分 を 受 けた 場 合 5 支 払 停 止 若 しくは 支 払 不 能 となり 又 は 振 出 し 若 しくは 引 き 受 けた 手 形 若 しくは 小 切 手 が 不 渡 りになった 場 合 6 破 産 手 続 開 始 民 事 再 生 手 続 開 始 その 他 これらに 類 する 手 続 開 始 の 申 立 てがあった 場 合 又 は 自 らこれを 申 し 立 てた 場 合 7 就 業 規 則 に 違 反 し 懲 戒 処 分 を 受 けた 場 合 8 役 員 として 果 たすべき 忠 実 義 務 等 に 違 反 した 場 合 (5) 各 本 新 株 予 約 権 の 一 部 行 使 はできない 13. 本 新 株 予 約 権 の 取 得 (1) 当 社 が 消 滅 会 社 となる 合 併 契 約 の 議 案 又 は 当 社 が 完 全 子 会 社 となる 株 式 交 換 契 約 の 議 案 若 しくは 株 式 移 転 計 画 の 議 案 を 目 的 事 項 とする 株 主 総 会 の 招 集 を 当 社 取 締 役 会 が 決 議 した 場 合 ( 株 主 総 会 決 議 が 不 要 の 場 合 は 当 該 議 案 につき 当 社 取 締 役 会 が 決 議 した 場 合 ) 又 は 株 主 から 当 該 株 主 総 会 の 招 集 の 請 求 があった 場 合 において 当 社 は 当 社 取 締 役 会 が 別 途 取 得 する 日 を 定 めた 場 合 は 当 該 日 が 到 来 することをもって 本 新 株 予 約 権 の 全 部 を 無 償 で 取 得 する (2) 当 社 は 本 新 株 予 約 権 者 が 第 12 項 に 基 づき 権 利 行 使 の 条 件 を 欠 くこととなった 場 合 又 は 本 新 株 予 約 権 者 が 本 新 株 予 約 権 を 放 棄 した 場 合 は 当 該 本 新 株 予 約 権 を 無 償 で 取 得 する ことができる (3) 当 社 は 当 社 取 締 役 会 が 別 途 取 得 する 日 を 定 めた 場 合 は 当 該 日 が 到 来 することをも って 本 新 株 予 約 権 の 全 部 又 は 一 部 を 無 償 で 取 得 する なお 本 新 株 予 約 権 の 一 部 を 取 得 する 場 合 は 当 社 取 締 役 会 の 決 議 によりその 取 得 する 本 新 株 予 約 権 の 一 部 を 定 める

19 14. 本 新 株 予 約 権 の 譲 渡 譲 渡 による 本 新 株 予 約 権 の 取 得 については 当 社 取 締 役 会 の 承 認 を 要 するものとする 15. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 の 増 加 する 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 本 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 の 増 加 する 資 本 金 の 額 は 会 社 計 算 規 則 第 17 条 の 定 めるところに 従 って 算 定 された 資 本 金 等 増 加 限 度 額 に 0.5 を 乗 じた 金 額 とし 計 算 の 結 果 1 円 未 満 の 端 数 を 生 じる 場 合 はその 端 数 を 切 り 上 げた 額 とする 増 加 する 資 本 準 備 金 の 額 は 資 本 金 等 増 加 限 度 額 より 増 加 する 資 本 金 の 額 を 減 じた 額 とする 16. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 請 求 の 方 法 (1) 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する 場 合 第 11 項 記 載 の 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 中 に 第 20 項 記 載 の 行 使 請 求 受 付 場 所 に 対 して 行 使 請 求 に 必 要 な 事 項 を 通 知 するもの とする (2) 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する 場 合 前 号 の 行 使 請 求 の 通 知 に 加 えて 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 全 額 を 現 金 にて 第 21 項 に 定 める 払 込 取 扱 場 所 の 当 社 が 指 定 する 口 座 に 振 り 込 むものとする (3) 本 新 株 予 約 権 の 行 使 請 求 の 効 力 は 第 20 項 記 載 の 行 使 請 求 受 付 場 所 に 対 する 行 使 請 求 に 必 要 な 全 部 の 事 項 の 通 知 が 行 われ かつ 当 該 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 全 額 が 前 号 に 定 める 口 座 に 入 金 された 日 に 発 生 する 17. 組 織 再 編 行 為 の 際 の 本 新 株 予 約 権 の 取 扱 い 当 社 が 合 併 ( 合 併 により 当 社 が 消 滅 する 場 合 に 限 る ) 会 社 分 割 株 式 交 換 及 び 株 式 移 転 ( 以 下 総 称 して 組 織 再 編 行 為 という )をする 場 合 において 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 に 本 新 株 予 約 権 者 に 対 し それぞれの 場 合 につき 会 社 法 第 236 条 第 1 項 第 8 号 のイ からホまでに 掲 げる 株 式 会 社 ( 以 下 再 編 対 象 会 社 という )の 本 新 株 予 約 権 を 以 下 の 条 件 に 基 づきそれぞれ 交 付 することとする 但 し 以 下 の 条 件 に 沿 って 再 編 対 象 会 社 の 新 株 予 約 権 を 交 付 する 旨 を 吸 収 合 併 契 約 新 設 合 併 契 約 吸 収 分 割 契 約 新 設 分 割 計 画 株 式 交 換 契 約 又 は 株 式 移 転 計 画 において 定 めた 場 合 に 限 るものとする (1) 交 付 する 再 編 対 象 会 社 の 新 株 予 約 権 の 数 本 新 株 予 約 権 者 が 保 有 する 本 新 株 予 約 権 の 数 と 同 一 の 数 をそれぞれ 交 付 するものとする (2) 新 株 予 約 権 の 目 的 である 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 種 類 再 編 対 象 会 社 の 普 通 株 式 とする (3) 新 株 予 約 権 の 目 的 である 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 数 又 はその 算 定 方 法 組 織 再 編 行 為 の 条 件 等 を 勘 案 のうえ 第 6 項 に 準 じて 目 的 となる 株 式 の 数 につき 合 理 的 な 調 整 がなされた 数 とする (4) 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 又 はその 算 定 方 法 組 織 再 編 行 為 の 条 件 等 を 勘 案 のうえ 第 9 項 及 び 第 10 項 に 準 じて 行 使 価 額 につき 合 理 的 な 調 整 がなされた 額 に 上 記 第 (3) 号 に 従 って 決 定 される 当 該 新 株 予 約 権 の 目 的 となる 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 数 を 乗 じて 得 られる 金 額 とする (5) 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 第 11 項 に 規 定 する 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 の 開 始 日 と 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 のうち いずれか 遅 い 日 から 第 11 項 に 規 定 する 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する ことができる 期 間 の 満 了 日 までとする (6) 新 株 予 約 権 の 行 使 の 条 件 第 12 項 に 準 じて 決 定 する (7) 新 株 予 約 権 の 取 得 事 由 及 び 取 得 条 件 第 13 項 に 準 じて 決 定 する (8) 新 株 予 約 権 の 譲 渡 制 限 譲 渡 による 新 株 予 約 権 の 取 得 については 再 編 対 象 会 社 の 承 認 を 要 するものとする (9) 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 における 増 加 する 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 に 関 する 事 項 第 15 項 に 準 じて 決 定 する

20 (10) その 他 の 条 件 については 再 編 対 象 会 社 の 条 件 に 準 じて 決 定 する 18. 新 株 予 約 権 証 券 の 不 発 行 当 社 は 本 新 株 予 約 権 に 関 して 新 株 予 約 権 証 券 を 発 行 しない 19. 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 及 びその 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 算 定 理 由 本 発 行 要 項 及 び 割 当 先 との 間 で 締 結 する 予 定 の 第 三 者 割 当 て 契 約 に 定 められた 諸 条 件 を 考 慮 し 一 般 的 な 価 格 算 定 モデルであるモンテカルロ シミュレーションを 基 礎 として 本 新 株 予 約 権 1 個 の 払 込 金 額 を 金 500 円 とした さらに 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 され る 財 産 の 価 額 は 第 9 項 記 載 のとおりとし 行 使 価 額 は 当 初 平 成 28 年 3 月 4 日 の 東 京 証 券 取 引 所 における 当 社 普 通 株 式 の 普 通 取 引 の 終 値 に 相 当 する 金 額 とした 20. 行 使 請 求 受 付 場 所 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 4 番 1 号 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 証 券 代 行 部 又 は 上 記 金 融 機 関 の 業 務 を 承 継 する 金 融 機 関 及 びその 部 署 21. 払 込 取 扱 場 所 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 4 番 1 号 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 本 店 営 業 部 又 は 上 記 金 融 機 関 の 業 務 を 承 継 する 金 融 機 関 及 びその 部 署 22.その 他 (1) 上 記 各 項 については 金 融 商 品 取 引 法 による 届 出 の 効 力 発 生 を 条 件 とする (2) その 他 本 新 株 予 約 権 発 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 当 社 代 表 取 締 役 社 長 に 一 任 する

21 KLab 株 式 会 社 第 17 回 新 株 予 約 権 発 行 要 項 1. 本 新 株 予 約 権 の 名 称 KLab 株 式 会 社 第 17 回 新 株 予 約 権 ( 以 下 本 新 株 予 約 権 という ) 2. 申 込 期 間 平 成 28 年 3 月 31 日 3. 割 当 日 平 成 28 年 3 月 31 日 4. 払 込 期 日 平 成 28 年 3 月 31 日 5. 募 集 の 方 法 第 三 者 割 当 ての 方 法 により 楽 天 信 託 株 式 会 社 に 本 新 株 予 約 権 のすべてを 割 り 当 てる 6. 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 種 類 及 び 数 本 新 株 予 約 権 の 目 的 である 株 式 の 種 類 及 び 総 数 は 当 社 普 通 株 式 500,000 株 とする( 本 新 株 予 約 権 1 個 当 たりの 目 的 たる 株 式 の 数 ( 以 下 付 与 株 式 数 という )は 100 株 とする ) 但 し 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 株 式 分 割 ( 当 社 普 通 株 式 の 株 式 無 償 割 当 てを 含 む 以 下 同 じ ) 又 は 株 式 併 合 を 行 う 場 合 次 の 算 式 により 付 与 株 式 数 を 調 整 する 但 し かかる 調 整 は 本 新 株 予 約 権 のうち 当 該 時 点 で 権 利 行 使 されていない 本 新 株 予 約 権 の 目 的 となる 株 式 の 数 についての み 行 われ 調 整 の 結 果 1 株 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は これを 切 り 捨 てるものとする 調 整 後 付 与 株 式 数 = 調 整 前 付 与 株 式 数 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 の 比 率 また 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 当 社 は 合 理 的 な 範 囲 で 付 与 株 式 数 の 調 整 を 行 うことができるものとする 7. 本 新 株 予 約 権 の 総 数 5,000 個 8. 各 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 1 個 当 たり 金 500 円 9. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 (1) 各 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 は 金 銭 とし その 価 額 は 行 使 価 額 に 付 与 株 式 数 を 乗 じた 額 とする (2) 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 当 社 普 通 株 式 1 株 当 たりの 金 銭 の 額 ( 以 下 行 使 価 額 という )は 当 初 604 円 とする 10. 行 使 価 額 の 調 整 (1) 当 社 が 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 を 行 う 場 合 次 の 算 式 により 行 使 価 額 を 調 整 し 調 整 により 生 じる1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げるものとする 1 調 整 後 行 使 価 額 = 調 整 前 行 使 価 額 株 式 分 割 又 は 株 式 併 合 の 比 率 (2) 当 社 が 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 時 価 を 下 回 る 価 額 で 新 株 の 発 行 又 は 自 己 株 式 の 処 分 を 行 う 場 合 ( 新 株 予 約 権 の 行 使 による 新 株 の 発 行 及 び 自 己 株 式 の 処 分 並 びに 株 式 交 換 によ る 自 己 株 式 の 移 転 の 場 合 を 除 く )は 次 の 算 式 により 行 使 価 額 を 調 整 し 調 整 により 生 じる1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げるものとする 調 整 後 行 使 価 額 = 調 整 前 行 使 価 額 既 発 行 株 式 数 + 既 発 行 株 式 数 新 規 発 行 処 分 株 式 数 1 株 当 た り の 払 込 金 額 + 時 価 新 規 発 行 処 分 株 式 数 なお 上 記 算 式 において 既 発 行 株 式 数 とは 当 社 の 発 行 済 株 式 総 数 から 当 社 が 保 有 する 自 己 株 式 数 を 控 除 した 数 とする

22 (3) 本 新 株 予 約 権 の 割 当 日 後 当 社 が 必 要 と 認 めた 場 合 当 社 は 合 理 的 な 範 囲 で 行 使 価 額 を 調 整 することができるものとする 11. 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 平 成 32 年 5 月 1 日 から 平 成 35 年 4 月 30 日 まで( 但 し 平 成 35 年 4 月 30 日 が 銀 行 営 業 日 でない 場 合 にはその 前 銀 行 営 業 日 まで)とする 12.その 他 の 本 新 株 予 約 権 の 行 使 の 条 件 (1) 本 新 株 予 約 権 者 は 平 成 28 年 12 月 期 の 事 業 年 度 に 係 る 当 社 が 提 出 した 有 価 証 券 報 告 書 に 記 載 される 監 査 済 みの 当 社 連 結 貸 借 対 照 表 及 び 連 結 損 益 計 算 書 ( 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 し ていない 場 合 は 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 )において 平 成 28 年 12 月 期 の 本 邦 以 外 の 外 部 顧 客 に 対 する 売 上 高 が 28 億 円 以 上 である 場 合 に 限 り 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することが できる また 国 際 財 務 報 告 基 準 の 適 用 等 により 参 照 すべき 収 益 認 識 の 概 念 に 重 要 な 変 更 があった 場 合 には 別 途 参 照 すべき 指 標 を 当 社 取 締 役 会 にて 定 めるものとする (2) 本 新 株 予 約 権 者 は 本 新 株 予 約 権 を 取 得 した 時 点 において 当 社 又 は 子 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 又 は 使 用 人 である 場 合 は 本 新 株 予 約 権 の 取 得 時 から 権 利 行 使 時 まで 継 続 して 当 社 又 は 子 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 又 は 使 用 人 のいずれかの 地 位 にあることを 要 する 但 し 当 社 取 締 役 会 が 正 当 な 理 由 があるものと 認 めた 場 合 にはこの 限 りではない (3) 本 新 株 予 約 権 者 が 権 利 行 使 期 間 中 に 死 亡 した 場 合 その 相 続 人 は 本 新 株 予 約 権 を 行 使 す ることができない (4) 本 新 株 予 約 権 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 事 由 が 生 じた 場 合 には 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができない ただし 当 社 取 締 役 会 が 別 段 の 取 扱 いを 定 めた 場 合 にはこ の 限 りではない 1 禁 錮 刑 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 2 当 社 と 競 合 する 業 務 を 営 む 会 社 を 直 接 若 しくは 間 接 に 設 立 し 又 は 当 該 会 社 の 取 締 役 等 の 役 員 若 しくは 使 用 人 に 就 任 するなど 名 目 を 問 わず 当 社 と 競 業 した 場 合 ( 但 し 当 社 の 書 面 による 事 前 の 承 認 を 得 た 場 合 を 除 く ) 3 法 令 違 反 その 他 不 正 行 為 により 当 社 の 信 用 を 損 ねた 場 合 4 差 押 仮 差 押 仮 処 分 強 制 執 行 若 しくは 競 売 の 申 立 てを 受 け 又 は 公 租 公 課 の 滞 納 処 分 を 受 けた 場 合 5 支 払 停 止 若 しくは 支 払 不 能 となり 又 は 振 出 し 若 しくは 引 き 受 けた 手 形 若 しくは 小 切 手 が 不 渡 りになった 場 合 6 破 産 手 続 開 始 民 事 再 生 手 続 開 始 その 他 これらに 類 する 手 続 開 始 の 申 立 てがあった 場 合 又 は 自 らこれを 申 し 立 てた 場 合 7 就 業 規 則 に 違 反 し 懲 戒 処 分 を 受 けた 場 合 8 役 員 として 果 たすべき 忠 実 義 務 等 に 違 反 した 場 合 (5) 各 本 新 株 予 約 権 の 一 部 行 使 はできない 13. 本 新 株 予 約 権 の 取 得 (1) 当 社 が 消 滅 会 社 となる 合 併 契 約 の 議 案 又 は 当 社 が 完 全 子 会 社 となる 株 式 交 換 契 約 の 議 案 若 しくは 株 式 移 転 計 画 の 議 案 を 目 的 事 項 とする 株 主 総 会 の 招 集 を 当 社 取 締 役 会 が 決 議 した 場 合 ( 株 主 総 会 決 議 が 不 要 の 場 合 は 当 該 議 案 につき 当 社 取 締 役 会 が 決 議 した 場 合 ) 又 は 株 主 から 当 該 株 主 総 会 の 招 集 の 請 求 があった 場 合 において 当 社 は 当 社 取 締 役 会 が 別 途 取 得 する 日 を 定 めた 場 合 は 当 該 日 が 到 来 することをもって 本 新 株 予 約 権 の 全 部 を 無 償 で 取 得 する (2) 当 社 は 本 新 株 予 約 権 者 が 第 12 項 に 基 づき 権 利 行 使 の 条 件 を 欠 くこととなった 場 合 又 は 本 新 株 予 約 権 者 が 本 新 株 予 約 権 を 放 棄 した 場 合 は 当 該 本 新 株 予 約 権 を 無 償 で 取 得 する ことができる (3) 当 社 は 当 社 取 締 役 会 が 別 途 取 得 する 日 を 定 めた 場 合 は 当 該 日 が 到 来 することをも って 本 新 株 予 約 権 の 全 部 又 は 一 部 を 無 償 で 取 得 する なお 本 新 株 予 約 権 の 一 部 を 取 得 する 場 合 は 当 社 取 締 役 会 の 決 議 によりその 取 得 する 本 新 株 予 約 権 の 一 部 を 定 める

23 14. 本 新 株 予 約 権 の 譲 渡 譲 渡 による 本 新 株 予 約 権 の 取 得 については 当 社 取 締 役 会 の 承 認 を 要 するものとする 15. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 の 増 加 する 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 本 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 の 増 加 する 資 本 金 の 額 は 会 社 計 算 規 則 第 17 条 の 定 めるところに 従 って 算 定 された 資 本 金 等 増 加 限 度 額 に 0.5 を 乗 じた 金 額 とし 計 算 の 結 果 1 円 未 満 の 端 数 を 生 じる 場 合 はその 端 数 を 切 り 上 げた 額 とする 増 加 する 資 本 準 備 金 の 額 は 資 本 金 等 増 加 限 度 額 より 増 加 する 資 本 金 の 額 を 減 じた 額 とする 16. 本 新 株 予 約 権 の 行 使 請 求 の 方 法 (1) 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する 場 合 第 11 項 記 載 の 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 中 に 第 20 項 記 載 の 行 使 請 求 受 付 場 所 に 対 して 行 使 請 求 に 必 要 な 事 項 を 通 知 するもの とする (2) 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する 場 合 前 号 の 行 使 請 求 の 通 知 に 加 えて 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 全 額 を 現 金 にて 第 21 項 に 定 める 払 込 取 扱 場 所 の 当 社 が 指 定 する 口 座 に 振 り 込 むものとする (3) 本 新 株 予 約 権 の 行 使 請 求 の 効 力 は 第 20 項 記 載 の 行 使 請 求 受 付 場 所 に 対 する 行 使 請 求 に 必 要 な 全 部 の 事 項 の 通 知 が 行 われ かつ 当 該 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 全 額 が 前 号 に 定 める 口 座 に 入 金 された 日 に 発 生 する 17. 組 織 再 編 行 為 の 際 の 本 新 株 予 約 権 の 取 扱 い 当 社 が 合 併 ( 合 併 により 当 社 が 消 滅 する 場 合 に 限 る ) 会 社 分 割 株 式 交 換 及 び 株 式 移 転 ( 以 下 総 称 して 組 織 再 編 行 為 という )をする 場 合 において 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 に 本 新 株 予 約 権 者 に 対 し それぞれの 場 合 につき 会 社 法 第 236 条 第 1 項 第 8 号 のイ からホまでに 掲 げる 株 式 会 社 ( 以 下 再 編 対 象 会 社 という )の 本 新 株 予 約 権 を 以 下 の 条 件 に 基 づきそれぞれ 交 付 することとする 但 し 以 下 の 条 件 に 沿 って 再 編 対 象 会 社 の 新 株 予 約 権 を 交 付 する 旨 を 吸 収 合 併 契 約 新 設 合 併 契 約 吸 収 分 割 契 約 新 設 分 割 計 画 株 式 交 換 契 約 又 は 株 式 移 転 計 画 において 定 めた 場 合 に 限 るものとする (1) 交 付 する 再 編 対 象 会 社 の 新 株 予 約 権 の 数 本 新 株 予 約 権 者 が 保 有 する 本 新 株 予 約 権 の 数 と 同 一 の 数 をそれぞれ 交 付 するものとする (2) 新 株 予 約 権 の 目 的 である 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 種 類 再 編 対 象 会 社 の 普 通 株 式 とする (3) 新 株 予 約 権 の 目 的 である 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 数 又 はその 算 定 方 法 組 織 再 編 行 為 の 条 件 等 を 勘 案 のうえ 第 6 項 に 準 じて 目 的 となる 株 式 の 数 につき 合 理 的 な 調 整 がなされた 数 とする (4) 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 又 はその 算 定 方 法 組 織 再 編 行 為 の 条 件 等 を 勘 案 のうえ 第 9 項 及 び 第 10 項 に 準 じて 行 使 価 額 につき 合 理 的 な 調 整 がなされた 額 に 上 記 第 (3) 号 に 従 って 決 定 される 当 該 新 株 予 約 権 の 目 的 となる 再 編 対 象 会 社 の 株 式 の 数 を 乗 じて 得 られる 金 額 とする (5) 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 第 11 項 に 規 定 する 本 新 株 予 約 権 を 行 使 することができる 期 間 の 開 始 日 と 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 のうち いずれか 遅 い 日 から 第 11 項 に 規 定 する 本 新 株 予 約 権 を 行 使 する ことができる 期 間 の 満 了 日 までとする (6) 新 株 予 約 権 の 行 使 の 条 件 第 12 項 に 準 じて 決 定 する (7) 新 株 予 約 権 の 取 得 事 由 及 び 取 得 条 件 第 13 項 に 準 じて 決 定 する (8) 新 株 予 約 権 の 譲 渡 制 限 譲 渡 による 新 株 予 約 権 の 取 得 については 再 編 対 象 会 社 の 承 認 を 要 するものとする (9) 新 株 予 約 権 の 行 使 により 株 式 を 発 行 する 場 合 における 増 加 する 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 に 関 する 事 項 第 15 項 に 準 じて 決 定 する

24 (10) その 他 の 条 件 については 再 編 対 象 会 社 の 条 件 に 準 じて 決 定 する 18. 新 株 予 約 権 証 券 の 不 発 行 当 社 は 本 新 株 予 約 権 に 関 して 新 株 予 約 権 証 券 を 発 行 しない 19. 本 新 株 予 約 権 の 払 込 金 額 及 びその 行 使 に 際 して 出 資 される 財 産 の 価 額 の 算 定 理 由 本 発 行 要 項 及 び 割 当 先 との 間 で 締 結 する 予 定 の 第 三 者 割 当 て 契 約 に 定 められた 諸 条 件 を 考 慮 し 一 般 的 な 価 格 算 定 モデルであるモンテカルロ シミュレーションを 基 礎 として 本 新 株 予 約 権 1 個 の 払 込 金 額 を 金 500 円 とした さらに 本 新 株 予 約 権 の 行 使 に 際 して 出 資 され る 財 産 の 価 額 は 第 9 項 記 載 のとおりとし 行 使 価 額 は 当 初 平 成 28 年 3 月 4 日 の 東 京 証 券 取 引 所 における 当 社 普 通 株 式 の 普 通 取 引 の 終 値 に 相 当 する 金 額 とした 20. 行 使 請 求 受 付 場 所 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 4 番 1 号 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 証 券 代 行 部 又 は 上 記 金 融 機 関 の 業 務 を 承 継 する 金 融 機 関 及 びその 部 署 21. 払 込 取 扱 場 所 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 4 番 1 号 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 本 店 営 業 部 又 は 上 記 金 融 機 関 の 業 務 を 承 継 する 金 融 機 関 及 びその 部 署 22.その 他 (1) 上 記 各 項 については 金 融 商 品 取 引 法 による 届 出 の 効 力 発 生 を 条 件 とする (2) その 他 本 新 株 予 約 権 発 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 当 社 代 表 取 締 役 社 長 に 一 任 する 以 上

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E68E4F8ED28A84939682C982E682E98EA98CC88A948EAE8F8895AA82C98AD682B782E982A8926D82E782B92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E68E4F8ED28A84939682C982E682E98EA98CC88A948EAE8F8895AA82C98AD682B782E982A8926D82E782B92E646F6378> 各 位 平 成 26 年 10 月 31 日 会 社 名 都 築 電 気 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 日 浦 秀 樹 (コード 番 号 8157 東 証 第 2 部 ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 総 務 統 括 部 長 鈴 木 康 史 ( 電 話 番 号 03-6833-7702) 第 三 者 割 当 による 自 己 株 式 処 分 に 関 するお 知 らせ 当

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

マートハウスの 共 同 開 発 2リフォーム 事 業 に 関 する 協 業 3 建 築 資 材 の 購 買 に 関 する 協 業 4 人 事 交 流 に 関 する 内 容 を 主 とした 業 務 提 携 契 約 を 締 結 し 昨 年 から 双 方 にて 各 協 業 の 推 進 を 行 ってまいりま

マートハウスの 共 同 開 発 2リフォーム 事 業 に 関 する 協 業 3 建 築 資 材 の 購 買 に 関 する 協 業 4 人 事 交 流 に 関 する 内 容 を 主 とした 業 務 提 携 契 約 を 締 結 し 昨 年 から 双 方 にて 各 協 業 の 推 進 を 行 ってまいりま 各 位 平 成 28 年 7 月 29 日 会 社 名 株 式 会 社 細 田 工 務 店 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 阿 部 憲 一 (コード:1906 東 証 ジャスダック) 問 合 せ 先 執 行 役 員 経 営 企 画 部 長 武 藤 雅 康 (TEL.03-3220-1111) 伯 東 株 式 会 社 との 資 本 業 務 提 携 第 三 者 割 当 による 新 株 式 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087412091E68E4F8ED28A84939682C982E682E98EA98CC88A948EAE8F8895AA82C98AD682B782E9934B8E9E8A4A8EA62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087412091E68E4F8ED28A84939682C982E682E98EA98CC88A948EAE8F8895AA82C98AD682B782E9934B8E9E8A4A8EA62E646F63> 各 位 平 成 26 年 2 月 7 日 会 社 名 ロート 製 薬 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 俊 昭 (コード 番 号 4527 東 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 経 営 企 画 本 部 長 斉 藤 雅 也 (TEL.06 6758-1211) 第 三 者 割 当 による 自 己 株 式 処 分 に 関 するお 知 らせ 当 社 は 平

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

協業関係の強化に向けた第三者割当による新株式の発行に関するお知らせ

協業関係の強化に向けた第三者割当による新株式の発行に関するお知らせ 各 位 会 社 名 代 表 者 名 平 成 25 年 3 月 6 日 シャープ 株 式 会 社 取 締 役 社 長 奥 田 隆 司 (コード 番 号 6753) 協 業 関 係 の 強 化 に 向 けた 第 三 者 割 当 による 新 株 式 の 発 行 に 関 するお 知 らせ 当 社 は 平 成 25 年 3 月 6 日 開 催 の 取 締 役 会 において 液 晶 パネルの 供 給 先 である

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

Microsoft Word - プレスリリース①_v19_20140206.docx

Microsoft Word - プレスリリース①_v19_20140206.docx 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 い 合 わせ 先 平 成 26 年 2 月 6 日 株 式 会 社 ヴィア ホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 大 場 典 彦 (JASDAQ コード 7918) 取 締 役 今 井 将 和 (TEL.03-5155-6801) 第 三 者 割 当 による 優 先 株 式 発 行 資 本 金 等 の 減 少 ( その 他 資 本 剰 余 金 の 増

More information

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 和 歌 山 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 貨 物 自

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834E838A815B839383418362837694C52D31974490E68A948376838C83585F32303134303531324E4F545F504328938C8B9E8FD88C948EE688F88F8A976C92F18F6F8DC58F49815B8DC49197816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834E838A815B839383418362837694C52D31974490E68A948376838C83585F32303134303531324E4F545F504328938C8B9E8FD88C948EE688F88F8A976C92F18F6F8DC58F49815B8DC49197816A2E646F6378> 平 成 26 年 5 月 12 日 各 位 会 社 名 ダイヤモンド 電 機 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 栗 田 裕 功 (コード 6895 東 証 第 二 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 管 理 本 部 長 安 藤 武 始 (TEL 06 4799 6890) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株 式 発 行 定 款 の 一 部 変 更 並 びに 資

More information

Microsoft Word - 結果・異動プレス_ _clean.doc

Microsoft Word - 結果・異動プレス_ _clean.doc 各 位 平 成 21 年 12 月 17 日 会 社 名 古 河 機 械 金 属 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 相 馬 信 義 (コード 番 号 5715 東 証 大 証 第 1 部 ) お 問 合 せ 先 取 締 役 上 級 執 行 役 員 企 画 推 進 室 長 松 本 敏 雄 (TEL.03-3212-6570) 株 式 会 社 トウペ 株 式 に 対 する 公

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

高砂熱_株式会社丸誠株式に対する公開買付けの結果及び子会社の異動に関するお知らせ_

高砂熱_株式会社丸誠株式に対する公開買付けの結果及び子会社の異動に関するお知らせ_ 平 成 24 年 3 月 13 日 各 位 会 社 名 高 砂 熱 学 工 業 株 式 会 社 (コード 番 号 1969 東 証 第 1 部 ) 代 表 者 役 職 名 取 締 役 社 長 氏 名 大 内 厚 問 合 せ 先 責 任 者 役 職 名 取 締 役 常 務 執 行 役 員 経 理 本 部 長 兼 総 務 本 部 担 当 氏 名 島 泰 光 TEL (03) 3255-8212 (URL

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

当 社 グループは 総 掲 載 物 件 数 No.1( 注 )の 不 動 産 住 宅 情 報 サイト HOME'S の 運 営 を 主 軸 として 業 績 を 拡 大 し 引 越 しや 保 険 不 動 産 事 業 者 向 け 業 務 支 援 などの 周 辺 サービスにも 事 業 展 開 してまいりま

当 社 グループは 総 掲 載 物 件 数 No.1( 注 )の 不 動 産 住 宅 情 報 サイト HOME'S の 運 営 を 主 軸 として 業 績 を 拡 大 し 引 越 しや 保 険 不 動 産 事 業 者 向 け 業 務 支 援 などの 周 辺 サービスにも 事 業 展 開 してまいりま 各 位 平 成 27 年 6 月 4 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 ネ ク ス ト 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 井 上 高 志 (コード 番 号 2120 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 管 理 本 部 長 水 口 大 悟 (TEL 03-5783-3603) 第 三 者 割 当 による 新 株 式 の 発 行 及 び 資 金 の 借 入 に 関 するお

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

3. 投 資 主 総 会 の 目 的 である 事 項 : 決 議 事 項 第 1 号 議 案 : 規 約 一 部 変 更 の 件 第 2 号 議 案 : 執 行 役 員 1 名 選 任 の 件 第 3 号 議 案 : 補 欠 執 行 役 員 2 名 選 任 の 件 第 4 号 議 案 : 監 督 役

3. 投 資 主 総 会 の 目 的 である 事 項 : 決 議 事 項 第 1 号 議 案 : 規 約 一 部 変 更 の 件 第 2 号 議 案 : 執 行 役 員 1 名 選 任 の 件 第 3 号 議 案 : 補 欠 執 行 役 員 2 名 選 任 の 件 第 4 号 議 案 : 監 督 役 投 資 主 各 位 ( 証 券 コード:8967) 平 成 28 年 6 月 7 日 東 京 都 千 代 田 区 西 神 田 三 丁 目 2 番 1 号 日 本 ロジスティクスファンド 投 資 法 人 執 行 役 員 川 島 高 之 第 8 回 投 資 主 総 会 招 集 ご 通 知 拝 啓 平 素 は 格 別 のご 支 援 を 賜 り 誠 にありがとうございます さて 本 投 資 法 人 の 第

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

限 を 500 億 円 取 得 期 間 を 平 成 26 年 5 月 28 日 から 平 成 26 年 12 月 30 日 までとする 自 己 株 式 取 得 枠 の 設 定 を 決 議 しております なお 本 新 株 予 約 権 付 社 債 の 払 込 期 日 以 前 に 自 己 株 式 を 取

限 を 500 億 円 取 得 期 間 を 平 成 26 年 5 月 28 日 から 平 成 26 年 12 月 30 日 までとする 自 己 株 式 取 得 枠 の 設 定 を 決 議 しております なお 本 新 株 予 約 権 付 社 債 の 払 込 期 日 以 前 に 自 己 株 式 を 取 各 位 平 成 26 年 5 月 27 日 会 社 名 株 式 会 社 ヤマダ 電 機 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 山 田 昇 (コード 9831 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 室 部 長 山 田 寿 (TEL:027-345-8181) 2019 年 満 期 ユーロ 円 建 取 得 条 項 付 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 の 発 行

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

します します します します 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 報 酬 および 業 績 連 動 型 報 酬 からなる 金 銭 報 酬 とストックオプション 報 酬 で 構 成 します ただし 社 外 取 締 役 の 金 銭 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額

します します します します 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 報 酬 および 業 績 連 動 型 報 酬 からなる 金 銭 報 酬 とストックオプション 報 酬 で 構 成 します ただし 社 外 取 締 役 の 金 銭 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Kuraray Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 4 月 8 日 株 式 会 社 クラレ 代 表 取 締 役 社 長 伊 藤 正 明 問 合 せ 先 :03-6701-1075 : 証 券 コード:3405 http://www.kuraray.co.jp/index.html

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASKA Pharmaceutical Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 6 日 あすか 製 薬 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 山 口 隆 問 合 せ 先 : 総 務 部 TEL(03)5484-8323 証 券 コード:4514

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6,

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6, 計 算 書 類 第 13 期 平 成 24 年 1 月 1 日 から 平 成 24 年 12 月 31 日 まで 楽 天 カード 株 式 会 社 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

Ⅰ. 企 業 集 団 の 現 況 に 関 する 事 項 1. 主 要 な 事 業 内 容 企 業 集 団 の 主 要 な 事 業 内 容 は ベンチャーキャピタル 事 業 であります 区 分 売 上 高 の 内 訳 売 上 高 構 成 比 (%) 営 業 投 資 有 価 証 券 売 上 高 91.9

Ⅰ. 企 業 集 団 の 現 況 に 関 する 事 項 1. 主 要 な 事 業 内 容 企 業 集 団 の 主 要 な 事 業 内 容 は ベンチャーキャピタル 事 業 であります 区 分 売 上 高 の 内 訳 売 上 高 構 成 比 (%) 営 業 投 資 有 価 証 券 売 上 高 91.9 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 及 び 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 主 要 な 事 業 内 容 主 要 な 営 業 所 従 業 員 の 状 況 主 要 な 借 入 先 財 産 及 び 損 益 の 状 況 の 推 移 会 社 の 株 式 に 関 する 事 項 株 式 会 社 の 新 株 予 約 権 等 に 関 する 事 項 会

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

Microsoft Word 公開買付け結果_final02.doc

Microsoft Word 公開買付け結果_final02.doc 各 位 平 成 22 年 6 月 29 日 会 社 名 株 式 会 社 ゲオ 本 社 住 所 愛 知 県 春 日 井 市 宮 町 一 丁 目 1 番 地 1 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 森 原 哲 也 (コード 番 号 :2681 東 証 名 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 副 社 長 久 保 田 貴 之 (TEL 0568-33-4388) 株 式 会 社 ウェアハウス

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び ローレルクラブ 会 員 規 約 - 競 走 用 馬 ファンドの 契 約 にあたって- 契 約 成 立 前 ( 時 )の 書 面 ご 出 資 いただく 前 に 本 書 面 を 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 を 充 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み 下 さい 発 行 : 株 式 会 社 ローレルクラブ ( 作 成 年 月 日 : 平 成 28 年 7 月 1 日 ) 103-0013

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

第三者割当による種類株式の発行、定款の一部変更、資本金、資本準備金及び利益準備金の額の減少、剰余金の処分ならびに株式の発行と同時の資本金及び資本準備金の額の減少に関するお知らせ

第三者割当による種類株式の発行、定款の一部変更、資本金、資本準備金及び利益準備金の額の減少、剰余金の処分ならびに株式の発行と同時の資本金及び資本準備金の額の減少に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 5 月 12 日 会 社 名 株 式 会 社 トクヤマ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 横 田 浩 (コード 番 号 4043 東 証 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 室 広 報 IRグループリーダー 小 林 太 郎 (TEL. 03-5207-2552) 第 三 者 割 当 による 種 類 株 式 の 発 行 定 款 の 一 部 変

More information

対 象 者 株 式 (1,287,000 株 ) 及 び 当 社 が 所 有 する 対 象 者 株 式 (1,412,000 株 )を 控 除 した 株 式 数 (3,851,673 株 )になります ( 注 3) 単 元 未 満 株 式 も 本 公 開 買 付 けの 対 象 としております なお

対 象 者 株 式 (1,287,000 株 ) 及 び 当 社 が 所 有 する 対 象 者 株 式 (1,412,000 株 )を 控 除 した 株 式 数 (3,851,673 株 )になります ( 注 3) 単 元 未 満 株 式 も 本 公 開 買 付 けの 対 象 としております なお 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 26 年 12 月 19 日 代 表 取 締 役 社 長 小 倉 忠 (コード:5331 東 証 名 証 第 一 部 ) 取 締 役 常 務 執 行 役 員 財 務 部 長 加 藤 博 (TEL.052-561-7116) 日 本 レヂボン 株 式 会 社 株 式 ( 証 券 コード:5389)に 対 する 公 開 買 付 けの 結 果 及

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 有 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 1 社 ( 社 名 ) 株 式 会 社 CFSコーポレーション 除 外 - 社 ( 社 名 )

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 有 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 1 社 ( 社 名 ) 株 式 会 社 CFSコーポレーション 除 外 - 社 ( 社 名 ) 平 成 28 年 2 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 1 月 14 日 上 場 会 社 名 ウエルシアホールディングス 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3141 URL http://www.welcia.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 水 野 秀 晴

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) (

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) ( 第 1 期 資 産 運 用 報 告 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 Ⅱ. 貸 借 対 照 表 Ⅲ. 損 益 計 算 書 Ⅳ. 投 資 主 資 本 等 変 動 計 算 書 Ⅴ. 注 記 表 Ⅵ. 金 銭 の 分 配 に 係 る 計 算 書 Ⅶ. 監 査 報 告 書 Ⅷ.キャッシュ フロー 計 算 書 ( 参 考 情 報 ) タカラレーベン

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 16 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 17 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 16 期 会 計 期 間 自 平 成 24 年 4 月 1 日 自

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 16 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 17 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 16 期 会 計 期 間 自 平 成 24 年 4 月 1 日 自 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 25 年 11 月 14 日 四 半 期 会 計 期 間 第 17 期 第 2 四 半 期 ( 自 平 成 25 年 7 月 1 日 至 平 成 25 年 9 月 30 日 ) 会 社 名 エキサイト 株 式 会 社 英 訳 名 Excite

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E4F954889BB8A778ED081458E4F954889BB8A77826482748ED082C982E682E98CF68A4A9483957482AF82CC8C8B89CA2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E4F954889BB8A778ED081458E4F954889BB8A77826482748ED082C982E682E98CF68A4A9483957482AF82CC8C8B89CA2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 電 話 番 号 平 成 28 年 9 月 21 日 日 本 合 成 化 学 工 業 株 式 会 社 取 締 役 社 長 木 村 勝 美 (コード:4201 東 証 第 一 部 ) 取 締 役 常 務 執 行 役 員 総 務 人 事 部 長 高 橋 恵 一 0677115400 支 配 株 主 である 三 菱 化 学 株 式 会 社 及 び 三 菱

More information