Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし"

Transcription

1 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質 疑 応 答 Q: 今 日 初 めてアメリカのカーター 国 防 長 官 と 日 米 防 衛 相 会 談 を 行 ったわ けですけれども この 意 義 について また 成 果 についてお 聞 かせ 下 さい A:カーター 長 官 との 間 では 今 のアジア 太 平 洋 地 域 また わが 国 を 取 り 巻 く 周 辺 の 状 況 等 々 いろいろな 意 見 交 換 をいたしましたが 認 識 は 一 致 しておりますし また かつてないほど 日 米 同 盟 の 強 化 ということ また 非 常 に 強 い 絆 があるということも 確 認 することができました また 何 よ りもカーター 長 官 とお 話 をしていて 非 常 に 信 頼 できる そして 力 強 い 日 米 のパートナーシップが 築 ける 方 という 印 象 を 持 つことができ 大 変 有 意 義 だったと 思 います Q: 会 談 の 中 では 北 朝 鮮 情 勢 を 踏 まえて いわゆる 拡 大 抑 止 についても 確 認 がされたということでしたけれども 拡 大 抑 止 の 意 義 についてお 聞 かせ 下 さい A: 核 の 拡 大 抑 止 のみならず 様 々なミサイル 防 衛 さらには 東 シナ 海 南 シナ 海 等 において 日 米 さらには 他 の 関 係 諸 国 との 関 係 をしっかり 強 め ていくことなどを 確 認 しました Q: 稲 田 大 臣 御 自 身 としては 拡 大 抑 止 について 今 の 日 本 にとっては 不 可 欠 だという 認 識 でしょうか A: 唯 一 の 被 爆 国 である 日 本 として 核 のない 世 界 を 目 指 していくというこ とは 重 要 でありますが やはり 現 実 の 問 題 を 考 えたときに 核 の 抑 止 力 と いうこともまた 重 要 だろうと 考 えています 1

2 Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでしょうか A:まずは この 南 スーダン 期 限 が 来 るわけでありますので 現 状 をしっ かりと 見 ていきたいという 思 いもあって 何 とか 南 スーダンに 行 きたいと 思 っていたわけですけれども その 気 持 ちは 今 も 変 わりません そして その 問 題 と 新 しい 平 和 安 全 法 制 が 成 立 をして それに 伴 う 訓 練 はしっか りとやっていく 必 要 があります また 南 スーダンの 問 題 とは 分 けて 訓 練 ということはしっかりやっていく 必 要 はあるのだろうとは 思 っています Q: 先 ほどの 会 談 の 中 で 核 の 抑 止 力 について アメリカには 維 持 してもら いたいということを 大 臣 の 方 から 会 談 の 中 でカーター 長 官 にお 伝 えされ たのですか A:そういうことを 私 から 依 頼 したということはありません お 互 いの 認 識 の 中 で 様 々なことを 確 認 したということです Q: 今 回 の 訪 米 に 関 して ワシントンポストやウォールストリートジャーナ ルなど 大 臣 のことを 次 の 総 理 大 臣 として 見 ています これまで タカ 派 というふうに 見 られていたことに 関 して どういうふうにモデレートにさ れるのだろうかというところで 注 目 を 浴 びていたと 思 うのですけれども そういったアメリカのメディアの 方 から 次 の 総 理 大 臣 として 注 目 されて いる 中 で 今 回 の 訪 米 というのはどういう 成 果 を 残 すことができたとお 感 じですか A: 私 も 何 度 もそういった 質 問 に 答 えていて 政 治 家 になったら 誰 でも 総 理 は 目 指 しているのでしょうけれども 目 指 していても 運 や 能 力 や タ イミングや 人 の 和 など 様 々なものがあって 初 めて 実 現 するものなの で 自 然 体 で 今 の 仕 事 をしっかりやっていこうという 思 いはずっと 変 わり ません そして タカ 派 と 見 られているということなのですけれども そ れは かなりいろいろなマスコミからもそのように 見 られているのでしょ うが 私 はずっと 歴 史 認 識 の 問 題 については 客 観 的 事 実 が 何 かというこ とを 忌 憚 なく 話 すと 忌 憚 なく 自 分 の 意 見 を 言 うということや 自 分 の 国 の 立 場 をしっかりと 主 張 する その 上 で 理 解 をするということが 重 要 だ ということをずっと 一 貫 して 述 べてきたので 自 分 自 身 はタカ 派 と 思 った 2

3 ことはありません そのありのままの 自 分 の 考 えは このワシントンのみ ならず どこへ 行 っても 発 信 していきたいと 思 っています Q: 沖 縄 の 件 なのですが 明 日 翁 長 知 事 の 取 り 消 しに 関 する 裁 判 の 結 果 も 出 るのですけれども アメリカ 側 としては 今 工 事 が 止 まっていることに 懸 念 の 声 もあるのですが 今 回 辺 野 古 が 唯 一 の 解 決 策 だということで 一 致 したということですけれども アメリカ 側 から 何 か 懸 念 を 表 明 されると いうようなことはあったのでしょうか A: 特 になかったです Q: 先 ほど 講 演 の 中 で 大 臣 は 南 シナ 海 に 関 与 を 強 めていく 中 で 共 同 巡 航 訓 練 というものをおっしゃっていましたが これはいわゆる 安 保 法 制 の 施 行 を 受 けたような 新 たな 訓 練 というのを 想 定 していらっしゃるのでし ょうか A: 安 保 法 制 を 受 けたというよりも やはり 今 の 状 況 を 見 れば 日 本 とアメ リカのみならず 日 本 とアメリカと 他 の 価 値 観 を 共 有 する 国 々との 間 でし っかりと 関 係 の 強 さ さらには 東 シナ 海 南 シナ 海 で 力 の 変 更 ではなくて 法 の 支 配 を 貫 徹 させるのだという そういう 国 際 社 会 の 意 思 を 示 して いくということが 重 要 だろうというふうに 思 っています Q: 今 の 質 問 に 関 連 しまして 南 シナ 海 で 行 っていく 共 同 訓 練 というのは 安 保 法 制 で 新 たにできることも 含 めてやっていくという 理 解 でしょうか A: 安 保 法 制 で 新 たにできることになったことというのは 何 を 指 しておられ るのかなのですけれども もちろん 今 も 新 任 務 安 保 法 制 でできるよう な 任 務 については 訓 練 はしております しかし 他 国 と 関 係 することに ついては しっかり 協 議 をしないとできないわけですから そういうこと も 踏 まえないといけないと 思 います Q: 米 艦 防 護 などそういうことも 含 めてでしょうか A:そういうこともしっかり 認 識 を 一 致 させないと 意 味 がないのではないで しょうか Q: 安 保 法 制 の 駆 け 付 け 警 護 と 宿 営 地 の 共 同 防 護 の 訓 練 なのですけ れども これはいつから 始 める 予 定 でしょうか A: 準 備 が 整 い 次 第 ということです 駆 け 付 け 警 護 に 関 して 報 道 官 から 今 週 から 実 動 訓 練 を 行 うということです 3

4 Q: 今 週 というと 19 日 明 日 明 後 日 くらいまでですか A( 武 田 報 道 官 ): 以 前 から 9 月 中 旬 からと 申 し 上 げておりますので その 予 定 ということです Q:その 訓 練 については 具 体 的 にはどういったものを 考 えていらっしゃるの でしょうか A:しっかりと 安 全 を 守 りながら そして 新 たな 任 務 にも 対 応 できる 様 々な 訓 練 をしっかりやっておかなければいけないと 思 います Q:19 日 で 平 和 安 全 法 制 の 成 立 から1 年 ということなのですけれども これまでの 準 備 状 況 なども 踏 まえて 今 後 どういうふうに 運 用 を 本 格 化 させていきたいとか 課 題 をどういうふうに 見 てらっしゃるのかというこ とについて 考 えをお 願 いします A: 今 の 日 本 を 取 り 巻 く 環 境 を 考 えると 日 本 自 身 の 防 衛 力 をしっかりつけて いく 万 全 なものにしていくということも 重 要 ですが 日 米 同 盟 の 強 化 と いうのは 非 常 に 大 きなウエイトを 占 めていると 思 います 新 ガイドライ ンが 成 立 したこと 特 定 秘 密 もそうですけれども かなり 安 倍 政 権 でしっ かりやってきたことの 成 果 は 表 れているというふうに 思 います その 上 で 何 が 課 題 かというと やはり そういった 非 常 に 大 きな 法 律 であったり 今 を 取 り 巻 く 環 境 における 対 応 であったり それをしっかりとわが 国 は 法 治 国 家 ですので 憲 法 の 制 定 する 範 囲 内 で 立 憲 主 義 に 反 しないものであ ることや また 国 民 の 皆 さん 特 に 女 性 の 皆 さんや 若 い 人 達 に しっか り 説 明 をしていくことが 重 要 だと 思 っています Q: 安 保 法 の 駆 け 付 け 警 護 の 訓 練 なのですけれども それは 駆 け 付 け 警 護 と 宿 営 地 の 共 同 防 護 について 双 方 とも 今 週 から 訓 練 を 始 める ということでしょうか A: 訓 練 の 詳 しい 内 容 について また スケジュール 等 については 後 ほど 報 道 官 からお 話 をさせたいと 思 います ( 1) Q: 任 務 付 与 については どのように 判 断 されるおつもりでしょうか A: 任 務 付 与 といっても しっかり 安 全 に 任 務 が 果 たせる 状 況 にならないと 付 与 するわけにはいかないわけです さらには いろいろな 状 況 の 中 で 訓 練 が 終 わったからといって 任 務 付 与 をするかどうかということも また 大 きな 決 断 がいるわけです そういったことをしっかりと 今 の 状 況 を 4

5 刻 々と 変 わるものもありますでしょうから 見 極 めていかなければならな いと 思 っています Q: 先 ほどの 南 シナ 海 での 共 同 巡 航 訓 練 というのは アメリカが 今 やって いる 航 行 の 自 由 作 戦 の 一 部 としてやることでしょうか A: 航 行 の 自 由 作 戦 に 参 加 するということではありません 以 上 1 大 臣 会 見 直 後 の 報 道 官 による 補 足 説 明 平 和 安 全 法 制 に 基 づく 訓 練 でございますけれども 訓 練 の 開 始 について 公 表 させていただいた 際 に 9 月 中 旬 から 体 を 動 かす 訓 練 を 行 なう 予 定 ですと 皆 様 には 申 し 上 げておりました 現 在 南 スーダンには 第 10 次 派 遣 要 員 が 活 動 しておりますが 仮 に 期 間 が 延 長 されれば 第 11 次 要 員 が 派 遣 されること になるわけです 従 来 から 要 員 を 派 遣 する 際 には その 要 員 に 対 して 十 分 な 教 育 訓 練 を 行 なってまいりました 先 ほど 申 し 上 げたように 期 間 が 延 長 さ れた 場 合 に 備 えて 第 11 次 要 員 についても 8 月 25 日 から 約 2ヶ 月 程 か けて 訓 練 を 実 施 しております この 第 11 次 要 員 については 東 北 方 面 隊 隷 下 の 第 9 師 団 を 基 幹 として 派 遣 準 備 訓 練 を 進 めておりまして この 訓 練 のうち 駆 け 付 け 警 護 等 に 関 する 訓 練 については 当 初 座 学 を 中 心 に 行 なってお りましたが 現 在 は 実 動 を 伴 う 訓 練 についても 始 まっているところでございま す いずれにしても 平 和 安 全 法 制 に 基 づく 任 務 については 多 岐 にわたるため 関 係 する 訓 練 の 内 容 も 様 々なものになるわけですが 今 後 各 部 隊 において 必 要 な 訓 練 を それぞれ 準 備 が 整 った 所 から 実 施 していくということになってお ります 質 疑 応 答 Q: 駆 け 付 け 警 護 など 今 週 から 始 まるということなのですか A:ただ 今 申 し 上 げたように 現 在 は 実 動 を 伴 う 訓 練 についても 始 まっている ということです 当 初 から 9 月 中 旬 から 行 なうと 申 し 上 げておりましたので 今 週 から 始 めたということで 承 知 をいたしております Q: 今 週 から 始 めたということですか 駆 け 付 け 警 護 と 宿 営 地 の 共 同 防 護 の 訓 練 を 始 めたということですか 5

6 A: 安 保 法 制 に 伴 う 新 たな 任 務 がございますが 駆 け 付 け 警 護 などに 関 する 訓 練 については 現 在 実 動 を 伴 う 訓 練 が 始 まっているということでございます 具 体 的 に どのような 訓 練 を どのように どこでといった 詳 細 については 手 の 内 なので 差 し 控 えさせていただきたいということでございます Q: 何 日 から 始 まったのですか A: 確 認 してお 答 えします Q:2つ 始 まったということで 良 いのですか 等 というふうに 言 っていますけ れども 駆 け 付 け 警 護 と 宿 営 地 の 共 同 防 護 はすでに 始 まっているという ことですか A: 平 和 安 全 法 制 に 伴 う 新 たな 任 務 について 始 めている この 時 点 において 駆 け 付 け 警 護 については その 訓 練 は 始 まっているということは 申 し 上 げます が その 他 の 訓 練 につきまして 今 始 めているのか 未 だ 座 学 の 状 況 なのか については 確 認 をしたいと 思 います Q:これは 人 数 とか 何 人 くらい A: 訓 練 の 具 体 的 な 内 容 詳 細 については お 答 えは 控 えるということでござい ます Q:それは 何 日 からとか 共 同 防 護 はどうなるとかは どうやって 教 えてもら えるのですか A: 確 認 できれば 直 ちにご 連 絡 したいと 思 います ( 2) 2 後 刻 9 月 14 日 から 駆 け 付 け 警 護 及 び 宿 営 地 の 共 同 防 護 に 関 する 実 動 訓 練 を 始 めた 旨 回 答 以 上 6

A: 米 国 の 作 戦 実 施 については 承 知 致 しております わが 国 としては これ まで 表 明 をしているとおり 南 シナ 海 における 米 国 の 航 行 の 自 由 作 戦 を 支 持 しておりまして 開 かれた 自 由 で 平 和 な 海 を 守 るために 国 際 社 会 が

A: 米 国 の 作 戦 実 施 については 承 知 致 しております わが 国 としては これ まで 表 明 をしているとおり 南 シナ 海 における 米 国 の 航 行 の 自 由 作 戦 を 支 持 しておりまして 開 かれた 自 由 で 平 和 な 海 を 守 るために 国 際 社 会 が 件 名 : 大 臣 会 見 概 要 日 時 平 成 28 年 2 月 2 日 1055~1133 場 所 防 衛 省 記 者 会 見 室 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 1 発 表 事 項 なし 2 質 疑 応 答 Q: 北 朝 鮮 のミサイル 発 射 の 可 能 性 について 伺 います 防 衛 省 内 にPAC- 3が 配 備 されるなど 迎 撃 態 勢 を 整 えていますけれども

More information

No

No 件 名 : 大 臣 会 見 概 要 日 時 平 成 24 年 8 月 17 日 1116~1138 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 場 所 防 衛 省 記 者 会 見 室 備 考 1 発 表 事 項 今 回 のロンドンオリンピックに ご 承 知 のとおり 自 衛 隊 から13 名 選 手 とし て 参 加 し 皆 様 もすでにご 案 内 のとおり 小 原 1 尉 が 女 子 レスリングで 金 メダ

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

ÿþ

ÿþ 蟹 江 町 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 招 集 場 所 出 席 委 員 欠 席 委 員 会 議 事 件 説 明 の た め 出 席 し た 者 職 務 の た め 出 席 し た 者 付 託 事 件 平 成 2 6 年 3 月 1 0 日 ( 月 ) 午 前 9 時 蟹 江 町 役 場 3 階 協 議 会 室 委 員 長 吉 田 正 昭 副 委 員 長 佐

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ 第 2 回 安 来 市 水 道 事 業 運 営 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 28 年 1 月 18 日 ( 月 ) 10:00~ 場 所 安 来 市 中 央 交 流 センター 2 階 第 6 会 議 室 1. 会 議 成 立 報 告 2. 諮 問 3. 市 長 挨 拶 4. 会 長 挨 拶 5. 議 事 (1) 前 回 ( 第 1 回 ) 質 問 事 項 に 対 する 回 答 について

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ 離 職 者 就 職 審 査 分 科 会 議 事 録 日 時 : 平 成 26 年 3 月 4 日 ( 火 )1000~1200 場 所 : 航 空 幕 僚 監 部 大 会 議 室 出 席 者 :( 分 科 会 委 員 ) 木 村 分 科 会 長 出 合 委 員 椋 田 委 員 森 脇 委 員 ( 防 衛 省 側 ) 大 堀 再 就 職 審 査 室 長 兒 玉 陸 上 幕 僚 監 部 募 集 援 護

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

るか ということを 実 は 聞 くということを 二 三 日 前 に 外 務 省 に 通 告 をいたしましたら それから 公 電 を 打 って 調 べますという 状 況 で まともにこの 問 題 に 取 り 組 もうとしているという 姿 が 見 え ません いずれにしても 調 べていただいたと 思 い

るか ということを 実 は 聞 くということを 二 三 日 前 に 外 務 省 に 通 告 をいたしましたら それから 公 電 を 打 って 調 べますという 状 況 で まともにこの 問 題 に 取 り 組 もうとしているという 姿 が 見 え ません いずれにしても 調 べていただいたと 思 い 平 成 二 十 四 年 八 月 二 十 七 日 ( 月 曜 日 ) 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 委 員 会 (2012 年 8 月 27 日 ) 委 員 長 ( 玉 置 一 弥 君 ) ただいまから 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 委 員 会 を 開 会 いたします 川 口 順 子 君 自 民 党 の 川 口 順 子 でございます まず 最 初 に 先 ほど 吉 田 副 大 臣

More information

それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言

それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言 169- 衆 - 外 務 委 員 会 -5 号 平 成 20 年 04 月 04 日 ( 一 般 質 疑 ) 日 本 共 産 党 の 笠 井 亮 です 去 る 三 月 十 九 日 夜 横 須 賀 市 でタクシー 運 転 手 の 高 橋 正 昭 さんが 殺 害 された 事 件 で 昨 日 四 月 三 日 米 海 軍 のナイジェリア 国 籍 の 一 等 水 兵 が 強 盗 殺 人 の 疑 いで 逮 捕

More information

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか 議 長 ( 門 瀧 雄 ) これをもって 8 番 古 川 議 員 の 質 問 を 終 わります 次 に 9 番 村 井 勉 君 議 員 ( 村 井 勉 ) 9 番 村 井 勉 です 私 は 2 点 ほど お 伺 いいたします まず 最 初 に 多 度 津 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 の 民 間 委 託 移 行 についてでございま す 先 日 総 務 教 育 常 任 委 員 会 の 視 察

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

私 は 外 務 省 の 仕 事 に 取 り 組 むにあたりまして 3 つのスタイ ルを 考 えています 一 つは 日 本 の 安 全 と 繁 栄 のためには 言 うべきことは 言 い やるべきことはやるという 強 さ です 二 番 目 は 貧 困 などに 苦 しむ 人 々への 配 慮 や 異 なる

私 は 外 務 省 の 仕 事 に 取 り 組 むにあたりまして 3 つのスタイ ルを 考 えています 一 つは 日 本 の 安 全 と 繁 栄 のためには 言 うべきことは 言 い やるべきことはやるという 強 さ です 二 番 目 は 貧 困 などに 苦 しむ 人 々への 配 慮 や 異 なる 外 務 省 タウンミーティング 第 1 回 会 合 川 口 外 務 大 臣 と 語 るタウンミーティング 外 務 省 改 革 ~ 透 明 性 スピード 実 効 性 ~ (プレゼンテーション) 2002 年 4 月 7 日 みなさんこんにちは ただ 今 ご 紹 介 頂 きました 川 口 でございま す 今 日 は 外 務 省 の 第 一 回 のタウンミーティングで 皆 様 と 直 接 お 話 しする

More information

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター

セッション 2 Part.2 / ポスターセッション に 多 かったです 過 去 1 年 間 に 休 業 している 方 は 50 人 以 下 の 会 社 で はいませんでした ということで 501 人 以 上 の 会 社 だと1 年 間 に1 人 以 上 は 出 ますというお 答 えでした ポスター 平 成 22 年 度 一 般 公 募 演 題 がん 患 者 が 治 療 を 受 けながら 仕 事 を 継 続 するためのサポートと 再 就 職 のためのサポートについて 横 浜 市 立 大 学 医 学 部 社 会 予 防 医 学 特 任 講 師 川 上 ちひろ ポスター 1 がん 患 者 がすごく 増 えていること ポスター 1 と 20 歳 代 以 降 の 死 亡 原 因 は 第 1 位 ががん

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc 第 32 回 平 成 22 年 6 月 与 謝 野 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 7 号 ) 招 集 年 月 日 平 成 22 年 6 月 22 日 開 閉 会 日 時 午 前 9 時 30 分 開 会 ~ 午 前 9 時 45 分 閉 会 招 集 の 場 所 与 謝 野 町 議 会 会 議 場 1. 出 席 議 員 1 番 野 村 生 八 10 番 山 添 藤 真 2 番 和 田 裕

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 平 成 26 年 4 月 15 日 就 任 会 見 1 就 任 あいさつ 皆 さん おはようございます このたびの 選 挙 によりまして 今 後 4 年 間 の 市 政 運 営 に 当 たらせていただくことに なりました 深 澤 義 彦 でございます どうぞよろしくお 願 いを 申 し 上 げます 今 日 市 役 所 のほうに 登 庁 させていただきました 今 まで 多 くの 職 員 の 皆 さんと

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

先 生 方 が 見 て 伸 ばせるように 積 極 的 に 取 り 組 んでいるのでしょうか 質 問 いたします 2 点 目 高 齢 者 福 祉 について (1) 台 風 や 地 震 津 波 に 対 しての 避 難 訓 練 はどうなって いるか 質 問 いたします 児 童 に 対 しての 避 難 訓

先 生 方 が 見 て 伸 ばせるように 積 極 的 に 取 り 組 んでいるのでしょうか 質 問 いたします 2 点 目 高 齢 者 福 祉 について (1) 台 風 や 地 震 津 波 に 対 しての 避 難 訓 練 はどうなって いるか 質 問 いたします 児 童 に 対 しての 避 難 訓 休 憩 午 後 零 時 3 分 再 開 午 後 1 時 10 分 議 長 ( 日 下 昭 治 ) 休 憩 前 に 引 き 続 き 会 議 を 開 きます 引 き 続 き 一 般 質 問 を 行 います 伊 藤 房 代 議 長 ( 日 下 昭 治 ) 続 いて 伊 藤 房 代 議 員 ご 登 壇 願 います (8 番 伊 藤 房 代 登 壇 ) 8 番 ( 伊 藤 房 代 ) 議 席 番 号 8 番

More information

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052>

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052> 築 地 市 場 の 豊 洲 移 転 計 画 に 関 する 直 近 の 国 会 審 議 ( 平 成 23 年 3 月 8 日 衆 議 院 環 境 委 員 会 会 議 録 ( 抜 粋 )) 参 考 5 平 成 二 十 三 年 三 月 八 日 ( 火 曜 日 ) 午 前 九 時 開 議 出 席 委 員 委 員 長 小 沢 鋭 仁 君 理 事 大 谷 信 盛 君 理 事 太 田 和 美 君 理 事 田 島

More information

第643回三沢市農業委員会総会議事録

第643回三沢市農業委員会総会議事録 第 697 回 三 沢 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 1. 開 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 1 時 30 分 2. 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 2 時 05 分 3. 開 催 の 場 所 三 沢 市 役 所 別 館 4 階 第 1 研 修 室 4. 出 席 した 委 員 の 番 号 及 び 氏 名 1 番 佐 々 木

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 平 成 28 年 04 月 05 日 第 190 回 国 会 国 土 交 通 委 員 会 第 6 号 田 城 郁 君 こんにちは 民 進 党 新 緑 風 会 の 田 城 郁 です 広 田 委 員 に 引 き 続 き バスの 事 故 から 質 問 させていただきます 日 本 一 のバスターミナルでありますバスタ 新 宿 がJR 新 宿 駅 新 南 口 の 屋 上 にオープンをいたしました 関 越 高

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録 第 6 回 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 策 定 会 ( 議 事 録 要 約 ) 議 事 録 ( 要 約 ) 日 時 平 成 20 年 7 月 10 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 場 所 一 宮 市 役 所 一 宮 庁 舎 2 階 第 2 会 室 1 開 会 ( 挨 拶 ) 暑 い 中 ご 苦 労 様 です 今 朝 の 新 聞 によりますと 豊 田 市 の 中 心

More information

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助 第 5 回 銚 子 電 気 鉄 道 運 行 維 持 対 策 協 議 会 概 要 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 27 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 30 分 まで 開 催 場 所 銚 子 市 役 所 1 階 市 民 ホール 出 席 者 員 吉 原 正 己 ( 銚 子 市 観 光 協 会 会 長 銚 子 地 区 ハイタク 運 営 協 議 会 会 長 ) 唐

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

自 衛 隊 法 第 95 条 ( 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 の 使 用 ) 自 衛 官 は 自 衛 隊 の 武 器 弾 薬 火 薬 船 舶 航 空 機 車 両 有 線 電 気 通 信 設 備 無 線 設 備 又 は 液 体 燃 料 を 職 務 上 警 護 するに 当 たり 人 又 は

自 衛 隊 法 第 95 条 ( 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 の 使 用 ) 自 衛 官 は 自 衛 隊 の 武 器 弾 薬 火 薬 船 舶 航 空 機 車 両 有 線 電 気 通 信 設 備 無 線 設 備 又 は 液 体 燃 料 を 職 務 上 警 護 するに 当 たり 人 又 は 御 説 明 資 料 武 力 攻 撃 に 至 らない 侵 害 への 対 処 自 衛 隊 法 第 95 条 条 文 2 自 衛 隊 法 第 95 条 に 規 定 する 武 器 の 使 用 について 2 関 連 国 会 答 弁 3 部 隊 防 護 (Unit Self-defense) 安 全 保 障 の 法 的 基 盤 の 再 構 築 に 関 する 懇 談 会 報 告 書 4 関 連 国 会 答 弁 4

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 186- 衆 - 厚 生 労 働 委 員 会 -8 号 平 成 26 年 04 月 04 日 後 藤 委 員 長 次 に 上 野 ひろし 君 上 野 委 員 上 野 ひろしです よろしくお 願 いいたします 私 の 方 からは 法 案 の 内 容 について 順 次 質 問 をさせていただきたいと 思 います まず 冒 頭 厚 生 労 働 省 のこれまでの 独 法 改 革 の 取 り 組 みについてお

More information

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西 < 名 称 > < 日 時 > 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 ) 午 後 4 時 30 分 から < 場 所 > 弘 前 市 立 病 院 別 館 2 階 指 導 室 1 2 < 次 第 > 1 開 会 2 市 長 挨 拶 3 諮 問 書 交 付 4 会 議 録 署 名 者 指 名 5 案 件 諮 問 第 1 号

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

農林水産委員会

農林水産委員会 農 林 水 産 委 員 会 会 議 記 録 農 林 水 産 委 員 会 委 員 長 工 藤 勝 博 1 日 時 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 20 分 開 会 午 後 1 時 50 分 散 会 2 場 所 第 2 委 員 会 室 3 出 席 委 員 工 藤 勝 博 委 員 長 髙 橋 孝 眞 副 委 員 長 佐 々 木 大 和 委 員 渡 辺 幸 貫 委

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

ありますけれども そういったことも 含 めて 私 どももしっかりとこの 関 係 について 対 応 して 参 りたいと 思 いますので 改 めてこの 際 様 々な 意 見 を 頂 戴 したいと 思 います 大 変 暑 い 中 ご 参 集 いただきましたことについて 感 謝 を 申 し 上 げますと 共

ありますけれども そういったことも 含 めて 私 どももしっかりとこの 関 係 について 対 応 して 参 りたいと 思 いますので 改 めてこの 際 様 々な 意 見 を 頂 戴 したいと 思 います 大 変 暑 い 中 ご 参 集 いただきましたことについて 感 謝 を 申 し 上 げますと 共 みなさん こんにちは 本 日 は 各 さんにおかれましては 大 変 お 忙 しい 所 をお 集 まりいただ きまして ありがとうございます ただ 今 より 平 成 26 年 度 座 間 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 を 開 催 させてい ただきます 開 催 に 先 立 ちまして 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 お 暑 い 中 ご 参 集 いただきましてありがとうございます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63> は67.9%と に15,933 退 職 金 制 度 改 革 の 動 向 株 式 会 社 広 島 企 業 年 金 設 計 代 表 取 締 役 石 井 孝 治 知 っておきたい 退 職 金 企 業 年 金 制 度 移 年 以 降, 退 職 一 時 金 制 度 の 改 定 を 行 っている 企 業 が 約 半 分 あります そのうち,ポイント 制 に 率 送 行 を りしているようです した 掛 けます

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス 長 岡 市 長 記 者 会 見 ( 平 成 27 年 2 月 6 日 ) 日 時 : 平 成 27 年 2 月 6 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 :アオーレ 長 岡 東 棟 4 階 大 会 議 室 内 容 : 長 岡 市 ヨネックス 共 同 記 者 会 見 西 部 丘 陵 東 地 区 進 出 企 業 第 1 号 が 決 定 ヨネックス 株 式 会 社 と 長 岡 市

More information

Microsoft Word - 生活福祉記録( ).doc

Microsoft Word - 生活福祉記録( ).doc 生 活 福 祉 保 健 委 員 会 記 録 1 期 日 平 成 20 年 11 月 19 日 ( 水 ) 2 場 所 第 3 委 員 会 室 3 出 席 委 員 委 員 長 日 下 美 香 副 委 員 長 森 川 家 忠 委 員 蔵 本 健 山 下 智 之 髙 橋 雅 洋 川 上 征 矢 辻 恒 雄 中 津 信 義 蒲 原 敏 博 奥 原 信 也 4 欠 席 委 員 委 員 林 正 夫 5 出 席

More information

国 交 省 はこれまで 住 民 運 動 の 皆 さんが 崩 落 の 危 険 があると 指 摘 をしても 立 野 ダムの 予 定 地 の 岩 盤 は 十 分 強 度 がある 立 野 ダム 建 設 を 行 う 上 で 特 に 考 慮 する 活 断 層 は 存 在 しない こう 言 ってお りました そし

国 交 省 はこれまで 住 民 運 動 の 皆 さんが 崩 落 の 危 険 があると 指 摘 をしても 立 野 ダムの 予 定 地 の 岩 盤 は 十 分 強 度 がある 立 野 ダム 建 設 を 行 う 上 で 特 に 考 慮 する 活 断 層 は 存 在 しない こう 言 ってお りました そし 平 成 28 年 5 月 10 日 ( 火 曜 日 ) 衆 議 院 国 土 交 通 委 員 会 本 村 ( 伸 ) 委 員 日 本 共 産 党 の 本 村 伸 子 でございます 本 日 も 熊 本 地 震 の 関 連 で 質 問 をさせていただきたいと 思 います 地 震 の 被 害 で 亡 くなられた 方 々に 心 から 哀 悼 の 意 を 申 し 上 げたいと 思 います そして 被 害 に 遭

More information

事 務 局 ( 市 民 部 市 民 生 活 課 ) 6 人 課 長 八 木 正 利 課 長 補 佐 芳 田 一 成 市 民 安 全 グループ 長 渥 美 和 弘 市 民 安 全 グループ 佐 藤 智 昭 市 民 安 全 グループ 野 坂 英 男 市 民 安 全 グループ 青 木 利 恭 4 傍 聴

事 務 局 ( 市 民 部 市 民 生 活 課 ) 6 人 課 長 八 木 正 利 課 長 補 佐 芳 田 一 成 市 民 安 全 グループ 長 渥 美 和 弘 市 民 安 全 グループ 佐 藤 智 昭 市 民 安 全 グループ 野 坂 英 男 市 民 安 全 グループ 青 木 利 恭 4 傍 聴 基 地 対 策 協 議 会 代 表 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 16 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 から 午 後 3 時 25 分 2 開 催 場 所 浜 松 市 役 所 本 館 8 階 全 員 協 議 会 室 3 出 席 状 況 基 地 対 策 協 議 会 代 表 委 員 20 人 鈴 木 康 友 会 長 鈴 木 育 男 副 会 長 鈴 木 伸

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

ポイント2 講 習 の 受 講 (へき 地 障 害 を 持 つ 教 員 ) 05.31 参 文 教 委 山 本 香 苗 議 員 ( 公 ) こうした 講 習 が 今 後 今 言 っていらっしゃったようなものが 全 国 の 大 学 などで 地 域 の 偏 在 なくき ちんとできるんでしょうか 池 坊

ポイント2 講 習 の 受 講 (へき 地 障 害 を 持 つ 教 員 ) 05.31 参 文 教 委 山 本 香 苗 議 員 ( 公 ) こうした 講 習 が 今 後 今 言 っていらっしゃったようなものが 全 国 の 大 学 などで 地 域 の 偏 在 なくき ちんとできるんでしょうか 池 坊 免 許 更 新 制 に 関 する 国 会 答 弁 附 帯 決 議 ポイント1 講 習 内 容 04.25 衆 教 特 委 高 井 美 穂 議 員 全 員 すべての 現 職 の 教 員 が 同 じ 研 修 を 受 けるというふうに 考 えていいんですね 教 職 として 必 要 な 例 えば 情 熱 の 問 題 対 人 関 係 の 問 題 教 科 指 導 の 問 題 あるいは 学 級 経 営 の 問 題

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 㝵 㝵 㝵 11 12 13 14 15 16 17 30 31 32 33 34 35 第 174 回 国 会 ( 常 会 ) 衆 議 院 文 部 科 学 委 員 会 における 害 と 碍 の 字 に 関 するやりとりについて 平 成 22 年 4 月 21 日 ( 水 ) 衆 議 院 文 部 科

More information

Microsoft Word - 1日目(5月27日)

Microsoft Word - 1日目(5月27日) 平 成 28 年 第 2 回 潟 上 市 議 会 臨 時 会 会 議 録 開 会 平 成 28 年 5 月 27 日 午 前 10:00 閉 会 午 前 11:06 出 席 議 員 (19 名 ) 1 番 鐙 仁 志 2 番 堀 井 克 見 3 番 佐 々 木 嘉 一 4 番 小 林 悟 5 番 澤 井 昭 二 郎 6 番 藤 原 幸 雄 8 番 藤 原 典 男 9 番 西 村 武 10 番 千 田

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

感 じた 次 第 でございます 海 上 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 の 枠 組 みでございますけれども 都 道 府 県 知 事 それから 海 上 保 安 本 部 長 空 港 長 等 の 依 頼 に 基 づいて 派 遣 されるというのが 本 来 の 形 でございま す ただし さきの 阪 神 淡

感 じた 次 第 でございます 海 上 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 の 枠 組 みでございますけれども 都 道 府 県 知 事 それから 海 上 保 安 本 部 長 空 港 長 等 の 依 頼 に 基 づいて 派 遣 されるというのが 本 来 の 形 でございま す ただし さきの 阪 神 淡 日 本 海 にぎわい 交 流 海 道 ネットワーク シンポジウム 災 害 支 援 活 動 紹 介 講 師 : 海 上 自 衛 隊 舞 鶴 地 方 総 監 部 管 理 部 長 堀 井 博 皆 様 こんにちは ただいまご 紹 介 いただきました 海 上 自 衛 隊 舞 鶴 地 方 総 監 部 管 理 部 長 の 堀 井 でございます 本 日 は 日 本 海 にぎわい 交 流 海 道

More information

十 六 年 それから 五 十 五 年 そして 平 成 に 入 っても 十 一 年 十 八 年 二 十 二 年 このようにずっとやってきて いるわけであります その 中 で 今 回 五 十 五 歳 を 超 える 職 員 についての 原 則 昇 給 停 止 こういったものをやろうではないか 我 々 も

十 六 年 それから 五 十 五 年 そして 平 成 に 入 っても 十 一 年 十 八 年 二 十 二 年 このようにずっとやってきて いるわけであります その 中 で 今 回 五 十 五 歳 を 超 える 職 員 についての 原 則 昇 給 停 止 こういったものをやろうではないか 我 々 も 平 成 25 年 05 月 30 総 務 委 員 会 での 会 議 録 上 西 委 員 日 本 維 新 の 会 上 西 小 百 合 です 通 告 に 従 って 順 次 質 問 させていただきます 官 民 較 差 という 言 葉 を 新 聞 や 雑 誌 で 見 るようになって 久 しくなりました 要 するに 公 務 員 と 民 間 企 業 の 給 料 や 待 遇 面 の 差 が 大 きく 公 務 員

More information

もとにした 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 を 以 下 の 検 討 に 用 いた (3) 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 県 単 位 の 地 域 差 指 数 は 県 庁 所 在 都 市 を 比 較 したものとはかなり 異 なった 推 移 をたど っている

もとにした 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 を 以 下 の 検 討 に 用 いた (3) 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 県 単 位 の 地 域 差 指 数 は 県 庁 所 在 都 市 を 比 較 したものとはかなり 異 なった 推 移 をたど っている 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 上 昇 について 7.3 統 計 調 査 課 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 と 内 訳 () 大 分 市 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 県 庁 所 在 都 市 ( 北 九 州 市 川 崎 市 を 含 む 都 市 )の 物 価 を 調 べる 小 売 物 価 統 計 調 査 を 元 にした 消 費 者 物 価

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

Microsoft Word - 速記録0317.docx

Microsoft Word - 速記録0317.docx 速 記 録 小 池 晃 君 日 本 共 産 党 の 小 池 晃 です 最 初 に 前 回 のちょっと 続 きを 一 問 したいんですが 財 政 審 の 建 議 が 薬 価 マイナス 改 定 分 の 診 療 報 酬 本 体 への 振 替 をフィクションだと 言 っていることについて 私 がこれはも う 一 九 七 二 年 の 中 医 協 建 議 のときから 言 ってきたことだし 国 会 でも 歴 代

More information

8.11.26日開催による教育委員長の口述書

8.11.26日開催による教育委員長の口述書 高 崎 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 1 時 30 分 閉 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 2 時 15 分 会 議 の 場 所 教 育 委 員 会 室 会 議 に 出 席 し た 委 員 委 員 長 横 田 衛 職 務 代 行 者 髙 井 和 雄 委 員 木 村 めぐみ 委 員 乾 宏

More information

南淡町教育委員会会議録

南淡町教育委員会会議録 南 あわじ 市 及 び 南 あわじ 市 洲 本 市 小 中 学 校 組 合 教 育 委 員 会 合 同 定 例 会 会 議 録 1. 日 時 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 3 時 00 分 開 会 2. 場 所 南 あわじ 市 役 所 第 2 別 館 第 5 会 議 室 3. 会 議 次 第 開 会 午 後 3 時 00 分 開 議 宣 告 会 議 録 署 名 委 員 の

More information

笠 井 委 員 アメリカはもっと 具 体 的 に 言 っているんです 昨 年 二 〇 〇 八 年 九 月 十 五 日 に 米 海 軍 が 米 議 会 に 行 ったグアムに 関 する 計 画 進 捗 報 告 ではこう 言 っています 第 三 海 兵 遠 征 軍 は 沖 縄 グアム ハワイに 基 本 的

笠 井 委 員 アメリカはもっと 具 体 的 に 言 っているんです 昨 年 二 〇 〇 八 年 九 月 十 五 日 に 米 海 軍 が 米 議 会 に 行 ったグアムに 関 する 計 画 進 捗 報 告 ではこう 言 っています 第 三 海 兵 遠 征 軍 は 沖 縄 グアム ハワイに 基 本 的 171- 衆 - 外 務 委 員 会 -8 号 平 成 21 年 04 月 10 日 笠 井 委 員 日 本 共 産 党 の 笠 井 亮 です ロードマップ 等 で 合 意 をされた 在 沖 縄 米 海 兵 隊 の 一 部 をグアムに 移 転 するようになった のは 米 国 の 世 界 戦 略 の 地 球 規 模 での 米 軍 配 備 の 見 直 し GPRに 基 づいて 米 側 の 提 案 で 決

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C0947B90578E4F82CC8F57926393498EA989718CA094AD8CBE985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C0947B90578E4F82CC8F57926393498EA989718CA094AD8CBE985E2E646F63> 安 倍 晋 三 氏 の 集 団 的 自 衛 権 論 国 会 での 発 言 録 集 成 2007 年 5 月 6 日 作 成 醍 醐 聰 ( 注 )1. 本 資 料 は 国 会 会 議 録 検 索 システム を 利 用 して 安 倍 晋 三 氏 の 国 会 での 発 言 ( 質 問 あるいは 答 弁 )の 中 から 集 団 的 自 衛 権 というキーワードで ヒットしたものを 新 しいものから 順 に

More information

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27 ( 第 6 号 様 式 ) 第 3 回 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 平 成 28 年 度 茅 ヶ 崎 市 病 院 事 業 会 計 予 算 ( 案 )について 議 題 2. 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 中 期 経 営 計 画 の 進 捗 状 況 について 3.その 他 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 )13:00から 場 所 茅 ヶ 崎 市 立

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63> 道 祖 本 保 育 所 三 者 協 議 会 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 10 月 11 日 ( 土 ) 午 前 9 時 00 分 から 2 場 所 道 祖 本 保 育 所 3 出 席 者 道 祖 本 保 育 所 保 護 者 26 人 社 会 福 祉 法 人 とよかわ 福 祉 会 理 事 長 他 4 名 保 育 幼 稚 園 課 中 井 課 長 小 西 参 事 北 川

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

 

  横 浜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 2 場 所 教 育 委 員 会 会 議 室 3 出 席 者 今 田 委 員 間 野 委 員 西 川 委 員 長 島 委 員 4 欠 席 者 なし 5 議 事 日 程 別 紙 のとおり 6 議 事 次 第 別 紙 のとおり 1 教 育 委 員 会 定 例 会 議

More information

索 しました 組 み 入 れ 規 準 は 1. 査 読 付 き 論 文 2. 医 療 通 訳 に 必 要 な 主 要 素 につ いて 述 べているもの としました ポスター 2 ポスター -3 次 に 作 成 したプログラムを 実 施 し 効 果 を 測 定 しました 参 加 者 をまず 介 入 群

索 しました 組 み 入 れ 規 準 は 1. 査 読 付 き 論 文 2. 医 療 通 訳 に 必 要 な 主 要 素 につ いて 述 べているもの としました ポスター 2 ポスター -3 次 に 作 成 したプログラムを 実 施 し 効 果 を 測 定 しました 参 加 者 をまず 介 入 群 平 成 21 年 度 国 内 共 同 研 究 在 日 外 国 人 のための 医 療 通 訳 養 成 システム 構 築 医 療 コミュニケーション 通 訳 理 論 に 基 づいた 医 療 通 訳 教 育 方 法 の 開 発 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 社 会 医 学 専 攻 医 療 コミュニケーション 学 博 士 課 程 大 野 直 子 まず ファイザーヘルスリサーチ 振 興

More information

Microsoft Word - 速記録140410.docx

Microsoft Word - 速記録140410.docx 小 池 晃 君 日 本 共 産 党 の 小 池 晃 です ブラック 企 業 にはびこっている 固 定 残 業 代 制 度 についてお 聞 きをしたいと 思 います 今 居 酒 屋 チェーンなんかで これを 悪 用 して 正 当 な 残 業 代 を 支 払 わない 手 口 が 広 がっ ております こういう 会 社 は 募 集 の 段 階 では 長 時 間 労 働 を 前 提 にした 賃 金 を 所

More information

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制 平 成 21 年 度 第 5 回 市 民 参 加 推 進 会 議 議 事 概 要 日 時 : 平 成 22 年 1 月 26 日 ( 火 )18 時 30 分 ~20 時 10 分 場 所 : 文 化 会 館 3 階 第 2 練 習 室 出 席 者 : 奥 村 委 員 大 谷 委 員 金 山 委 員 六 本 木 委 員 城 戸 委 員 杉 村 委 員 横 山 委 員 芦 田 委 員 事 務 局 :

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

平成  年(厚)第  号

平成  年(厚)第  号 項 番 2 平 成 21 年 ( 健 ) 第 71 号 平 成 22 年 2 月 26 日 裁 決 主 文 1 後 記 第 2の2 記 載 の 原 処 分 のうち 平 成 〇 年 〇 月 〇 日 から 同 年 〇 月 〇 日 までの 期 間 について 傷 病 手 当 金 を 支 給 しないとした 部 分 を 取 り 消 す 2 その 余 の 本 件 再 審 査 請 求 を 棄 却 する 理 由 第

More information

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に 様 式 第 3 号 ( 第 9 条 関 係 ) 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 会 議 名 第 7 回 嵐 山 町 行 政 改 革 推 進 委 員 会 開 催 日 時 平 成 17 年 9 月 26 日 ( 月 ) 開 会 閉 会 午 前 9 時 00 分 午 前 11 時 10 分 開 催 場 所 嵐 山 町 役 場 町 民 ホール 会 議 次 第 1 会 議 録 について 2 実 施 計 画

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

会議録作成要領

会議録作成要領 様 式 第 1 号 会 議 録 会 議 の 名 称 所 沢 市 建 築 審 査 会 開 催 日 時 平 成 19 年 4 月 25 日 ( 水 ) 午 後 3 時 50 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 所 沢 市 役 所 第 6 会 室 出 席 者 の 氏 名 川 口 雄 市 村 上 逸 郎 大 屋 勇 造 久 我 みよ 欠 席 者 の 氏 名 惠 小 百 合 説 明 者

More information

属機関等の会議を下記のとおり開催した

属機関等の会議を下記のとおり開催した 附 属 機 関 等 の 名 称 平 成 28 年 度 第 1 回 みよし 市 地 域 公 共 交 通 会 議 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 曜 日 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 50 分 まで 市 役 所 6 階 601 602 会 議 室 座 長 伊 豆 原 浩 二 副 座 長 松 本 幸 正 委 員 稲 見 恒 弘 野 々 山

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information