研究開発型 ベンチャービジネス論における TRIZ活用事例

Size: px
Start display at page:

Download "研究開発型 ベンチャービジネス論における TRIZ活用事例"

Transcription

1 テーマ 講 演 2010 年 9 月 9 日 ( 金 ) NPO 法 人 日 本 TRIZ 協 会 第 6 回 TRIZシンポジウム 於 神 奈 川 工 科 大 学 TRIZ 活 用 の 知 財 戦 略 と 実 践 株 式 会 社 パットブレーン 代 表 取 締 役 片 岡 敏 光

2 講 師 プロフィール 宮 城 県 仙 台 生 まれ 石 巻 育 ち 東 海 大 学 卒 東 北 大 学 電 気 通 信 研 究 所 を 経 て アンリツ 入 社 技 術 者 として8 年 余 り 黄 色 100 円 公 衆 電 話 機 等 の 開 発 で 活 躍 この 頃 等 価 変 換 理 論 KJ 法 NM 法 など 創 造 性 開 発 に 興 味 を 持 つ 1972 年 頃 アルトシュラーの 発 明 発 想 入 門 日 本 語 訳 を 古 本 屋 で 購 入 特 許 訴 訟 を 契 機 に 特 許 部 門 へ 異 動 以 来 28 年 余 り 知 財 担 当 として 特 許 調 査 教 育 出 願 権 利 化 係 争 TRIZ 社 内 導 入 等 で 活 躍 NCタレットパンチプレス 機 磁 気 テレホンカード LCR レンタル 携 帯 超 黒 色 皮 膜 など 数 々の 世 界 的 な 発 明 の 特 許 取 得 に 貢 献 2007 年 特 許 調 査 アイデア 創 出 ライセンシングを 一 気 通 貫 で 行 う 知 財 創 造 コンサルティング 会 社 パットブレーンを 設 立 代 表 取 締 役 に 就 任 現 在 に 到 る 著 書 : ソフト 化 時 代 の 知 的 財 産 戦 略 ノウハウ ( 日 刊 工 業 新 聞 社 ) 絶 妙 なネーミングは 金 になる 共 著 ( 実 業 之 日 本 社 )

3 本 テーマの 講 演 内 容 ケーススタディ 3 累 積 戦 略 2 順 次 戦 略 1 戦 略 家 / 軍 師 / 目 利 きが 必 要 とされる 時 代 到 来

4 気 づきは 早 ければ 早 いほどよい 問 題 には 3つの 段 階 がある 3 顕 在 2 微 在 1 潜 在 早 く 発 見 できれば 対 策 は 楽!

5 1960 年 ~1998 年 創 造 性 隆 盛 を 示 す 書 籍 1972 年 アグネ 社 出 版 発 明 発 想 入 門 にて アルトシュラーは 理 想 機 械 技 術 的 矛 盾 発 明 課 題 の 解 決 アルゴリズム(ARIZ-68)を 紹 介

6 TRIZが 紹 介 された 知 財 関 係 書 籍

7 2004 年 以 降 の 知 財 問 題 を 提 起 した 書 籍

8 日 本!50 年 に1 度 の 大 転 換 期 に 立 っている! 東 京 大 学 小 川 紘 一 特 任 教 授 著 国 際 標 準 化 と 知 財 マネージメント より 引 用 (http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kyousouryoku/dai3/siryou3.pdf より 転 載 )

9 妹 尾 小 川 両 東 大 教 授 の 分 析 提 言 日 本 の 自 動 車 産 業 の 危 機 :15 年 で 壊 滅 状 態 になる! なぜインテルだけが 勝 ち 残 るのか? 日 本 半 導 体 LSI 連 合 軍 : 特 許 約 10,000 件 2009 年 の 営 業 赤 字 約 4900 億 円 インテル: 特 許 約 320 件 2009 年 1/4 期 黒 字 約 640 億 円 1 特 許 が 猛 烈 に 強 い? 2 天 才 軍 師 諸 葛 孔 明 がいる? 事 業 戦 略 研 究 開 発 戦 略 知 財 戦 略 三 位 一 体 経 営 へ 技 術 力 で 勝 る 日 本 が なぜ 事 業 で 負 けるのか 画 期 的 な 新 製 品 が 惨 敗 する 理 由 妹 尾 堅 一 郎 著 より 知 的 財 産 が 企 業 の 競 争 力 維 持 にほとんど 寄 与 しなかった 知 財 は 量 や 質 ではなく 使 い 方 重 視 の 知 財 マネーシ メントへ 技 術 進 化 を 独 占 する 為 の 知 財 + 契 約 東 京 大 学 小 川 紘 一 特 任 教 授 国 際 標 準 化 と 知 財 戦 略 報 告 PDFより 引 用 (http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kyousouryoku/dai3/siryou3.pdf より 転 載 )

10 2006 年 第 2 回 TRIZシンポジウムでの 片 岡 の 提 言 知 財 活 動 の 変 質 と 知 財 部 門 におけるTRIZ 活 動 の 衰 退 を

11 そもそも 戦 略 とはどういうコト 何 なの? 概 念 の 広 さ 具 体 的 抽 象 的 戦 略 論 の 原 点 J.C.ワイリー 著 奥 山 真 司 訳 ( 芙 蓉 書 房 出 版 ) をベースに 作 成 私 た ち の 目 は こ こ に 注 目 し が ち 心 理 的 惰 性!

12 敗 因 根 本 原 因 : 順 次 戦 略 偏 重 累 積 戦 略 軽 視 第 二 次 世 界 大 戦 と 同 じく 累 積 戦 略 軽 視 で 敗 北? 見 えない 陰 暗 黙 知 創 造 理 想 より 現 実 優 先 累 積 戦 略 ビジネス 敗 退 崩 壊 順 次 戦 略 見 える 発 明 あっての 知 財 という 認 識 なし 創 造 発 明 活 動 軽 視? 職 務 発 明 訴 訟 陽 形 式 知 数 値 見 える 化 優 先

13 事 業 戦 略 研 究 開 発 戦 略 知 財 戦 略 の 三 位 一 体 事 業 戦 略 事 業 の 目 利 き ( 先 読 み) 戦 略 思 想 の 原 典 兵 法 七 書 は 弁 証 法 の 古 典 知 財 戦 略 知 財 の 目 利 き ( 先 読 み) 知 財 センス 目 利 き 研 究 開 発 戦 略 技 術 の 目 利 き ( 先 読 み) 知 恵 を 使 って 事 業 を 強 くするために 方 法 を 考 える

14 TRIZを 戦 略 問 題 解 決 の 共 通 言 語 にする TRIZは 発 明 の 弁 証 法 知 財 戦 略 ( 法 律 + 契 約 + 戦 略 ) 事 業 戦 略 (マネジメント+ 戦 略 ) 問 題 解 決 共 通 言 語 TRIZ あらゆる 発 達 と 同 様 技 術 の 発 達 も 弁 証 法 の 法 則 に 従 う アルトシュラー 研 究 開 発 戦 略 ( 技 術 + 戦 略 ) 過 去 を 調 べ 進 化 の 法 則 で 現 在 を 知 り 未 来 予 測 し 今 日 の 戦 略 を 決 定 する

15 TRIZを 使 う 上 での 注 意 事 項 日 本 語 のTRIZ 情 報 はごく 一 部 限 られている TRIZのベースは 弁 証 法 にある 地 図 弁 証 法 の 原 型 は 東 洋 思 想! 東 洋 思 想 は 日 本 人 のDNA 陽 コンパスは 弁 証 法 TRIZは 絶 えず 進 歩 する 未 完 の 地 図 陰 地 図 を 見 て 迷 ったら コンパスを 使 おう!

16 知 財 とTRIZの 融 合 を 図 る 活 動 Smips 特 許 戦 略 工 学 分 科 会 での 活 動 (2003 年 ~) より

17 特 許 戦 力 とは 何 か? 特 許 戦 力 特 許 戦 力 : 特 許 戦 争 を 戦 い 勝 利 するための 力 大 義 名 分 の 存 在 特 許 権 活 用 上 での 各 種 の 障 害 を 乗 り 越 えてでも 活 用 しようとする 目 的 の 存 在 と 目 的 達 成 の 意 志 特 許 パ ー 特 許 パ ワ ー 情 報 情 報 パ ワ ー 組 織 パ ワ ー 特 許 権 の 権 利 範 囲 の 広 さとマーケットボリュウム その 特 許 発 明 の 侵 害 発 見 容 易 性 特 許 権 の 権 利 期 間 の 長 さと 特 許 権 の 個 数 技 術 内 容 および 権 利 範 囲 の 理 解 容 易 性 他 社 製 品 の 侵 害 摘 発 能 力 ( 他 社 商 品 の 収 集 分 析 能 力 ) 公 知 技 術 の 調 査 分 析 能 力 訴 訟 能 力 と 交 渉 能 力 自 社 他 社 の 特 許 情 報 管 理 体 制 ( 特 許 の 内 容 へのアクセス 容 易 性 ) 特 許 権 を 活 用 する 担 当 部 署 の 士 気 と 知 識 能 力 特 許 権 を 活 用 する 担 当 部 署 の 社 内 的 な 地 位 の 高 さ 特 許 権 活 用 における 意 志 決 定 体 制 と 必 要 予 算 の 確 保 特 許 権 活 用 の 担 当 部 署 と 他 の 部 門 との 協 調 体 制 の 強 さ 特 許 権 活 用 担 当 部 署 の 戦 力 についての 世 間 の 評 判 ( 間 接 的 な 戦 力 ) 特 許 戦 力 を 考 慮 して 事 業 戦 略 を 立 て 事 業 貢 献 のため 知 財 を 活 用!

18 クレーム 起 案 能 力 向 上 が 特 許 戦 力 向 上 の 源 泉 元 クレーム 格 成 分 着 目 後 のクレーム 第 1 構 成 要 素 ~ 第 7 構 成 要 素 の 長 さ: 構 成 要 素 数 :7 孤 立 要 素 数 :2 構 成 要 素 名 の 長 さの 最 大 値 :3 構 成 要 素 の 長 さの 最 大 値 :94 構 成 要 素 グループの 個 数 :1 構 成 要 素 数 の 多 さ:-4 長 すぎる 構 成 要 素 :-8 参 照 関 係 の 不 適 切 性 :-20 総 合 点 は68 点 総 格 成 分 数 :17 文 章 構 造 上 の 問 題 点 : 孤 立 要 素 ( 他 の 構 成 要 素 との 間 に 参 照 関 係 が 無 い 構 成 要 素 )が2 個 あります 第 1 構 成 要 素 ~ 第 5 構 成 要 素 の 長 さ: 構 成 要 素 数 :5 孤 立 要 素 数 :0 構 成 要 素 最 大 値 :55 参 照 関 係 ない 構 成 要 素 :1 総 合 点 :99 点 総 格 成 分 数 :7 クレーム 品 質 の 向 上 と 可 視 化

19 特 許 請 求 の 範 囲 の 限 定 度 合 とその 戦 略 的 応 用 格 成 分 数 が 増 えるほど 特 許 率 は 増 加 する = 権 利 範 囲 を 限 定 さえすれば 権 利 化 はできる 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 0~ 5~ 10~ 15~ 20~ 25~ 30~ 35~ 40~ 45~ 光 通 信 特 許 率 ソフト 特 許 率 半 導 体 プロセス 特 許 率 格 成 分 数 提 供 :ミノル 国 際 特 許 事 務 所 弁 理 士 安 彦 元 様

20 特 許 取 得 の 具 体 的 努 力 目 標 は? 特 許 になる 目 安 は? 技 術 者 には 判 りにくい 新 規 性 ( 特 許 法 第 29 条 第 1 項 ) 公 然 知 られた 発 明 ( 公 知 ) 公 然 実 施 された 発 明 ( 公 用 ) 刊 行 物 に 記 載 されている 発 明 ( 刊 行 物 記 載 ) 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 利 用 可 能 になっている 発 明 特 許 法 への 関 心 減 少 の 原 因! 進 歩 性 ( 特 許 法 第 29 条 第 2 項 ) 特 許 出 願 前 にその 発 明 の 属 する 技 術 の 分 野 における 通 常 の 知 識 を 有 する 者 が 前 項 各 号 に 掲 げる 発 明 に 基 いて 容 易 に 発 明 をすること ができたときは その 発 明 については 同 項 の 規 定 にかかわらず 特 許 を 受 けることができない

21 特 許 庁 審 査 基 準 による 進 歩 性 の 判 断 の 考 え 方 当 業 者 であればどのようにするかを 常 に 考 慮 して 引 用 発 明 に 基 づいて 当 業 者 が 請 求 項 に 係 る 発 明 に 容 易 に 想 到 できたことの 論 理 づけができるか 否 かに より 行 う 論 理 づけに 最 も 適 した 引 例 発 明 の 選 択 発 明 の 一 致 点 相 違 点 の 抽 出 論 理 づけできた 場 合 進 歩 性 なし 論 理 づけできない 場 合 進 歩 性 あり 目 利 き 能 力 が 必 要!

22 TRIZ 発 明 レベルで 考 える! 技 術 者 は 特 許 取 得 の 努 力 目 標 を 知 りたい! 第 5 発 明 ランク 第 4 第 1 第 2 矛 盾 解 決 大 第 3 全 く 新 しいシステムの 発 明 新 しいシステムの 創 造 既 存 システムの 抜 本 的 改 良 既 存 システムの 改 良 型 設 計 のトラブル 対 策 設 計 のトラブル 対 策 ( 中 度 のトラブル 解 決 ) 設 計 のトラブル 対 策 ( 軽 度 のトラブル 解 決 ) 設 計 のトラブル 対 策 (ケアレスミス 解 決 ) 矛 盾 解 決 が 強 い 特 許 取 得 に 直 結!! 発 明 は 技 術 的 矛 盾 の 除 去 という 客 観 的 な 基 準 を 利 用 すれば 特 許 申 請 事 務 を 著 しく 客 観 化 できる ゲンリック アルトシュラー

23 権 利 化 見 通 しの 常 識 非 常 識 特 許 取 得 の 可 能 性 可 否 一 般 人 の 常 識 可 否 権 利 化 容 易 権 利 化 困 難 特 許 庁 の 審 査 基 準 における 発 明 レベル ( 従 来 技 術 との 相 対 比 較 ) 矛 盾 二 律 背 反 の 問 題 解 決 困 難 性 明 確 一 石 二 鳥 三 鳥 ホップ ステップ ジャンプ コロンブスの 卵 的 発 明 動 機 目 的 機 能 / 構 成 一 部 相 違 動 機 目 的 課 題 機 能 構 成 同 一 又 は 類 似 単 なる 設 計 変 更 均 等 物 による 置 換 数 値 範 囲 の 最 適 化 最 適 材 料 の 選 択 TRIZにおける 発 明 レベル ( 絶 対 的 比 較 ) レベル5 レベル4 レベル3 レベル2 レベル1 レベル-1 レベル-2 レベル-3 レベル-4 レベル-5 ろ 知 財 目 利 き 人 の 腕 の 見 せ ど こ 権 利 化 の 可 否 は 矛 盾 の 除 去 という 客 観 的 な 基 準 に 沿 って 発 明 の 本 質 を 特 許 明 細 書 に 表 しているか 否 かに 左 右 される

24 知 財 目 利 き 人 は 発 明 者 経 営 者 のメンター 権 利 化 発 明 ブラッシュUPの 方 向 性 を 示 してあげよう! 発 明 レベル 矛 盾 解 決 度 合 い 権 利 化 可 能 レベル 権 利 化 可 能 グレーゾーン 組 み 合 わせ 技 術 の 異 質 度

25 矛 盾 二 律 背 反 をキーワードに 特 許 出 願 傾 向 を 分 析 (1) 出 願 時 の 件 数 :1643 件 現 在 有 効 総 件 数 :348 件 なぜ 減 少 しているのか? WISDOMAIN 社 FOCUST-J による 検 索 と 分 析

26 矛 盾 二 律 背 反 をキーワードとする 特 許 出 願 の 出 願 後 経 過 (2) 出 願 時 の 件 数 : 1643 件 現 在 の 有 効 件 数 : 348 件

27 Contradictionをキーワードとする 米 国 特 許 出 願 の 状 況

28 Contradictionをキーワードとする 中 国 特 許 出 願 の 状 況

29 Contradictionをキーワードとする 韓 国 特 許 出 願 の 状 況

30 なぜ 矛 盾 二 律 背 反 のキーワードの 出 願 が 少 ない? 権 利 化 の 目 安 がわからない! 米 > 中 韓 はなぜ? 出 願 しても 無 駄? 諦 め: 経 営 者 上 司 同 僚 が 言 うから 止 めた? 本 音 : 他 人 を 説 得 するのが 面 倒? 事 業 リスクマネの 観 点 から 判 断 したか!

31 片 岡 のTRIZ 実 践 特 許 取 得 遍 歴 登 録 日 出 願 日 /7/ /10/06 特 許 番 号 権 利 化 迄 の 期 間 US 権 利 化 2 年 発 明 の 名 称 発 明 の 目 的 用 途 トピック 外 部 発 表 TRIZ 考 察 職 責 名 100 円 玉 黄 色 公 衆 電 話 機 開 発 Coin Discriminating Apparatus 世 界 最 高 選 別 精 度 英 国 専 門 誌 掲 載 功 績 表 彰 対 称 原 理 フィード バック セルフ 発 明 者 /04/ /01/31 US 権 利 化 2 年 ボウリングゲーム 残 ピン 検 出 装 置 開 発 Remaining Pin Detecting 世 界 初 オートスコアラー 分 離 原 理 局 所 性 質 原 理 発 明 者 /12/ /05/ 権 利 化 17 年 NCタレットパンチプレス 機 の 特 許 取 得 特 許 交 渉 タレットパンチプレス 機 打 ち 抜 き 加 工 方 法 権 利 化 攻 防 20 年 巨 額 実 施 料 収 入 社 長 賞 第 2 回 TRIZシンポジウム 物 理 矛 盾 解 決 非 対 称 技 術 進 化 モノ バ イ ポリ 知 財 4 * 1997/06/ /01/ 権 利 化 16 年 磁 気 カード 公 衆 電 話 機 の 特 許 取 得 磁 気 カード 及 び 使 用 方 法 累 積 売 上 げ3 兆 円 超 後 継 ICカード 事 業 中 止 第 2 回 TRIZシンポジウム 非 対 称 原 理 局 所 性 質 原 理 アバウト 原 理 分 割 原 理 知 財 5 * 1993/05/ /06/ 権 利 化 8 年 電 話 回 線 自 由 化 対 策 : 回 線 自 動 選 択 電 話 端 末 装 置 特 許 取 得 &ライセンス 交 渉 最 安 値 回 線 自 動 選 択 装 置 の 基 本 特 許 ソフトバンク NCC BOXより 先 駆 け 先 取 り 作 用 局 所 性 質 原 理 分 割 原 理 併 合 原 理 知 財 /03/ /07/ 権 利 化 11 年 レンタル 携 帯 電 話 機 の 特 許 取 得 プリペイド 携 帯 電 話 機 の 基 本 特 許 権 利 化 先 取 り 作 用 発 明 者 /12/28 特 開 ほか9 件 ガスセルの 開 発 支 援 特 許 取 得 TRIZ 社 内 導 入 成 果 発 表 事 例 IM TRIZシンポ 発 表 TRIZホームページ 紹 介 曲 面 原 理 非 対 称 先 取 り 作 用 分 割 知 財 /07/ /04/ 権 利 化 4 年 黒 色 皮 膜 の 開 発 支 援 特 許 取 得 黒 色 粒 子 およびそれを 用 いた 光 吸 収 体 ほか 光 ファイバー 技 術 の 測 定 原 器 ギネスブック 認 定 局 所 性 質 原 理 入 れ 子 原 理 曲 面 原 理 知 財 発 明 者 /03/ /03/ 権 利 化 6 年 被 災 者 避 難 場 所 の 問 題 改 善 多 機 能 構 造 材 の 特 許 取 得 TRIZアイデア 創 出 権 利 化 事 例 作 成 第 4 回 TRIZ シンポジウム 分 割 原 理 複 合 材 料 原 理 発 明 者

32 TRIZで 権 利 化 を 図 る! 論 理 づけられないことを 説 明 するには? 困 難 性 を 示 すため 対 立 要 因 をピックUPし 矛 盾 を 見 出 す 困 難 とは? 便 利 安 く 小 さく 性 能 丈 夫 など 抽 象 的 ではダメ 根 拠 と 論 理 性 が 必 要 矛 盾 解 決 対 立 関 係 顕 著 な 作 用 効 果 解 決 原 理 ( 発 明 原 理 )が 引 例 と 異 なる 技 術 進 化 トレンドが 引 例 と 異 なる

33 基 本 特 許 取 得 基 本 特 許 取 得 TRIZは 先 見 力 予 測 力 創 造 力 洞 察 力 ( 気 づき)を 培 う カード 式 公 衆 電 話 機 用 カード 引 用 被 引 用 分 析 回 線 自 動 選 択 型 電 話 装 置 引 用 被 引 用 分 析 基 本 特 許 取 得 多 数 引 例 に 共 通 する 反 論 理 由 レンタル 携 帯 電 話 機 被 引 用 分 析 多 機 能 構 造 材 引 用 分 析

34 発 明 の 本 質 抽 出 にTRIZは 役 立 つ 磁 気 カードを 使 用 するカード 公 衆 電 話 機 が 登 場 し たのは 1981 年 のことである 開 発 中 に 生 まれた カードリーダなど 技 術 難 易 度 が 高 く レベルが 高 いアイデアは 特 許 取 得 について 入 念 に 検 討 され た しかし カードの 金 額 を 表 す の 数 値 列 と 穴 との 関 係 についてのアイデアは 実 用 新 案 くらいがいいとこ 特 許 なんてとんでもな いと 軽 視 された 特 許 第 号 磁 気 カード 及 びその 使 用 方 法 の 場 合 目 的 : 残 度 数 の 大 小 に 関 係 なく カードの 大 きさ 穴 あけ 位 置 一 定 1981 年 開 発 された 磁 気 テレホンカード 常 識 : 数 学 的 方 法 数 式 は 特 許 にならない これもその 範 疇 無 駄 な 努 力 はしても 無 意 味 やめとけ! VS 非 常 識 :このアイデアは 素 晴 らしい ぜひ 特 許 を 取 ろう! あなたは どちらを 考 えを 選 びますか?

35 事 業 に 役 立 つとの 信 念 が 特 許 取 得 までの 16 年 の 歳 月 を 辛 抱 させてくれた 実 公 平 この 磁 気 カードのアイデアは はじめ 左 記 のクレーム で 実 用 新 案 権 として 登 録 された しかし 権 利 主 張 する 基 となるクレームに カード 式 公 衆 電 話 機 用 カード と 書 いてあったため 本 文 中 に いかに 本 考 案 のカードの 表 示 形 式 は バス 乗 車 用 の 回 数 券 等 に 転 用 することもできる と 記 載 してあっても 権 利 行 使 に 難 が 残 ると 知 って 私 は 愕 然 とした 異 議 申 立 てを 受 けたことを 幸 いとして 分 割 出 願 し 特 許 権 取 得 へ 向 けて 再 チャレンジした よし きっと 事 業 に 役 に 立 つ 特 許 を 取 得 してみせる との 思 いが 特 許 権 取 得 への 情 熱 となって 共 同 出 願 人 の 知 財 担 当 者 の 心 をもゆり 動 かし 協 力 へと 導 いた 無 駄 な 努 力 はやめろ と 上 司 や 同 僚 から 言 われ 続 け たが 確 固 たる 信 念 は その 誘 惑 に 屈 せなかった 途 中 で 諦 めることなく 足 掛 け16 年 もの 歳 月 を 経 て 見 事 特 許 権 取 得 ということで 夢 を 成 就 出 来 た

36 非 技 術 法 律 問 題 解 決 へのTRIZ 活 用 改 良 パラメータ: 情 報 の 損 失 ( 権 利 行 使 可 能 有 用 権 利 へ) 悪 化 パラメータ: 有 害 なものの 放 出 ( 権 利 化 阻 止 要 因 ) 改 良 : 静 止 物 体 の 面 積 悪 化 : 操 作 の 容 易 性 7: 入 れ 子 1: 分 割 13: 逆 発 想 21: 高 速 実 行 35:パラメータの 変 更 + 分 割 出 願 :( 分 割 原 理 の 活 用 ) 分 割 出 願 時 のクレーム 起 案 検 討 サポート マルチスクリーン( 上 位 概 念 下 位 概 念 ) 機 能 ダイヤグラム(プロダクト 分 析 ) 発 明 原 理 ( 解 決 課 題 解 決 原 理 ) 矛 盾 解 決 ( 進 歩 性 証 拠 ) 10: 先 取 り 作 用 4: 非 対 称 24: 仲 介 25:セルフサービス 26:コピー 16: アバウト マルチスクリーンで 考 察

37 消 費 者 は 発 明 の 本 質 を 把 握! ( 事 業 戦 略 ) なぜ ICカード 公 衆 電 話 機 は 不 評 だったか? 後 継 のICカードは 不 正 対 策 などの 多 くの 機 能 を 有 し 期 待 されて 登 場 した しかし ICカード 専 用 公 衆 電 話 機 に 挿 入 しないと 残 度 数 が 判 らないという 欠 点 を 有 していた この 残 度 数 がわからないという 不 便 さは ICカード 公 衆 電 話 機 の 台 数 の 少 なさの 影 響 で 増 大 さ れ 結 局 H18 年 3 月 末 までに 全 国 から 撤 去 された ということは 0 の 数 値 の 傍 に 穴 を 開 けて 残 度 数 が 無 いことを 表 示 するアイデアが 如 何 に 素 晴 らしいか を 物 語 り 特 許 取 得 に 情 熱 を 注 いだことが 無 駄 な 努 力 でなかったことを 証 明 している 数 値 列 と 穴 は 残 しておけばよかった のに! 数 百 億 円 開 発 費 が 無 駄 となった!

38 孫 ソフトバンク 社 長 の 起 死 回 生 のLCR 特 許! 商 機 を 逃 さず 知 財 戦 略 事 業 戦 略 研 究 開 発 戦 略 の 三 位 一 体 を 実 践 するソフトバンク 孫 正 義 社 長 闘 病 生 活 後 借 金 10 億 円 で 倒 産 の 危 機 に 瀕 したが LCR( 自 動 最 安 回 線 選 択 アダプター)の 発 明 で 巨 額 な 借 金 を 一 掃 さらなる 飛 躍 の 今 日 の 基 礎 を 作 った 孫 大 久 保 のコンビは NCC BOX で 大 儲 け フォーバルもソフトバンクも 共 に100 億 円 企 業 へ 発 展 より 孫 社 長 の 旺 盛 な 発 明 活 動 (138 件 出 願 )

39 LCRの 基 本 特 許 は アンリツが 取 得 した! 被 引 用 解 析 で 一 目 遼 然 アンリツのLCR 出 願 ソフトバンクの LCR 出 願

40 ソフトバンクの 出 願 アンリツの 出 願 第 二 電 電 の 出 願

41 どの 特 許 請 求 の 範 囲 が 広 いか? その 理 由 は? 特 許 番 号 第 号 1985 年 6 月 28 日 出 願 発 明 の 名 称 回 線 自 動 選 択 形 電 話 端 末 装 置 発 明 者 鎌 下 良 一 山 岡 勲 特 許 権 者 アンリツ 特 許 番 号 第 号 1986 年 11 月 26 日 出 願 発 明 の 名 称 電 気 通 信 網 用 選 択 信 号 自 動 発 信 装 置 発 明 者 孫 正 義 特 許 権 者 ソフトバンク 特 許 請 求 の 範 囲 ダイヤル 装 置 と ダイヤル 信 号 記 憶 手 段 と 利 用 料 金 テーブルを 有 した 利 用 料 金 記 憶 手 段 と 市 外 局 番 号 を 識 別 するダイヤル 番 号 識 別 手 段 と 前 記 利 用 料 金 テーブルの 中 から 検 索 する 利 用 料 金 検 索 手 段 と 安 価 な 通 信 回 線 網 を 選 択 する 通 信 回 線 網 選 択 手 段 と 識 別 番 号 を 前 記 識 別 番 号 記 憶 手 段 か ら 読 み 出 す 識 別 番 号 読 出 手 段 と 読 み 出 された 識 別 番 号 を 一 連 のダイヤル 信 号 の 先 頭 に 付 加 して 通 信 回 線 へ 送 出 するダイヤル 信 号 送 出 手 段 とを 備 えた 回 線 自 動 選 択 形 電 話 端 末 装 置 特 許 番 号 第 号 1988 年 4 月 26 日 出 願 発 明 の 名 称 低 料 金 回 線 選 択 アダプタ 発 明 者 岸 泰 三 正 深 田 三 四 郎 特 許 権 者 第 二 電 電 特 許 請 求 の 範 囲 最 安 価 の 中 継 回 線 を 選 択 する 低 料 金 回 線 選 択 アダプタにおいて 複 数 の 電 話 サービス 会 社 の 中 継 回 線 のうち 安 価 なものから 順 位 付 けした1つのキャリ ア 選 択 情 報 テーブルを 記 憶 部 に 格 納 し 未 開 通 のキャ リア, 交 換 機 トラブル, 回 線 輻 輳 などにより 利 用 不 可 能 な キャリアがある 場 合 または 発 生 した 場 合 には 前 記 キャリア 選 択 情 報 テーブルを 再 編 成 し 中 継 回 線 選 択 を 行 うことを 特 徴 とする 低 料 金 回 線 選 択 アダプタ 特 許 請 求 の 範 囲 電 気 通 信 網 用 選 択 信 号 自 動 発 信 装 置 であって 市 外 局 番 を 記 憶 した 第 1 記 憶 手 段 と 前 記 電 話 機 からの 選 択 信 号 を 記 憶 する 第 2 記 憶 手 段 と オフフックされた 選 択 信 号 のうちの 市 外 局 番 が 前 記 第 1 記 憶 手 段 内 情 報 に 一 致 するかを 判 断 する 判 断 手 段 と 一 致 判 断 のとき に 識 別 信 号 を 前 記 選 択 信 号 に 付 加 して 前 記 第 2 記 憶 手 段 に 記 憶 させる 手 段 と 前 記 第 2 記 憶 手 段 内 情 報 に 基 づいて 発 呼 する 発 呼 手 段 と 発 呼 するまでにタイムア ウト 信 号 が 入 力 されたときにオフフックされた 状 態 の 前 記 電 話 機 を 再 びオフフックして 前 記 第 2 記 憶 手 段 内 情 報 に 基 づいて 再 発 呼 させる 手 段 とを 備 えたことを 特 徴 ニ する 電 気 通 信 網 用 選 択 信 号 自 動 発 信 装 置 特 許 権 取 得 と 特 許 侵 害 交 渉 とは 戦 略 が 異 なる!

42 アンリツの 戦 略 はどうだった? 特 許 戦 力 活 用 意 志 結 集 少 事 業 戦 略 当 時 NTT 傘 下 で 事 業 していたアンリツは NTT 依 存 体 質 からの 脱 却 と 新 電 電 へ の 対 応 を 模 索 計 測 器 分 野 での 事 業 展 開 を 主 力 に 発 展 途 上 LCRを 製 造 販 売 する 事 業 計 画 なし 顧 客 である 新 電 電 など キャリアへ 知 財 権 を 振 り 回 すことは まかりならん LCR 製 造 メーカーへ 売 込 み 状 を 出 し ライセンス 交 渉 するのであればOK LCR 製 造 メーカーがキャリアへ 仲 裁 依 頼 キャリアから 役 員 へ 圧 力 交 渉 断 念 研 究 開 発 戦 略 回 線 自 動 選 択 装 置 についての 開 発 計 画 なし 侵 害 品 の 構 造 把 握 の 技 術 力 がなし 後 日 電 子 交 換 機 へ 回 線 自 動 選 択 装 置 を 組 み 込 む 市 販 電 話 機 のリバースエンジニアリングが 技 術 資 金 不 足 証 拠 不 十 分 知 財 戦 略 法 律 改 正 に 対 応 特 許 権 取 得 の 仕 込 み 権 利 化 促 進 特 許 成 立 後 LCR 製 造 メーカーへ 売 込 み 文 書 の 送 付 開 発 部 門 へリバースエンジニアリング 等 を 依 頼 するも 反 応 鈍 く 交 渉 断 念 特 許 戦 力 =( 特 許 権 の 強 さ) ( 侵 害 摘 発 能 力 ) ( 訴 訟 能 力 + 交 渉 力 ) 未 熟

43 事 業 知 財 研 究 開 発 戦 略 三 位 一 体 とは 孫 正 義 ソフトバンク 社 長 の 軍 師 としての 行 動 から 学 ぶ NCC BOX 開 発 と 交 渉 の 経 緯 事 業 戦 略 動 機 10 億 円 の 借 金 返 済 のアイデア 通 信 回 線 自 由 化 をチャンスと 捉 える 新 電 電 3 社 の 弱 み 販 売 促 進 策 新 電 電 3 社 NTTのいずれが 最 安 値 かの 計 算 は 大 変 選 択 した 回 線 の4 桁 の 番 号 を 電 話 番 号 に 付 与 するのも 大 変 この 弱 みの 改 善 は ビジネスチャンス! 新 日 本 工 販 とソフトバンクの 業 務 提 携 併 合 原 理 5 NCC BOX の 無 料 配 布 というビジネスモデル 構 築 先 取 り 反 作 用 原 理 9(フリー) 研 究 開 発 戦 略 開 発 課 題 : 操 作 の 容 易 性 自 動 最 安 値 回 線 選 択 のアイデア 実 現 TRIZ 後 付 け: 先 取 り 作 用 原 理 10 ( 料 金 テーブル 作 成 ) 先 読 み! 先 読 み! 局 所 的 性 質 原 理 3 ( 電 話 番 号 の 先 頭 を 検 出 最 安 値 の 選 択 ) 併 合 原 理 5 ( 回 線 番 号 + 電 話 番 号 ) 動 作 シーケンス: 電 話 番 号 入 力 料 金 計 算 最 安 値 回 線 検 索 回 線 選 択 4 桁 回 線 番 号 を 電 話 番 号 の 先 頭 に 付 与 ダイヤル 信 号 送 出 2ヶ 月 半 の 短 納 期 で 開 発 完 成 問 題 に 気 づく?

44 知 財 戦 略 発 明 の 構 想 特 許 事 務 所 へ 連 絡 特 許 調 査 即 日 自 ら 明 細 書 作 成 特 許 出 願 一 貫 性 を 持 って 回 線 選 択 分 野 へ 継 続 的 特 許 出 願 をする: 有 用 作 用 の 継 続 原 理 20 新 電 電 幹 部 と 会 い: 秘 密 保 持 契 約 書 締 結 1986 年 12 月 24 日 京 セラ 会 長 第 二 電 電 オーナー 稲 盛 和 夫 氏 へ NCC BOX 持 参 で 売 り 込 み 稲 盛 以 下 20 名 の 幹 部 と 面 接 VS 大 久 保 (32 歳 ) 孫 (29 歳 ) 稲 盛 の 提 示 条 件 :50 万 個 20 億 円 買 取 り 独 占 納 品 VS 大 久 保 孫 の 条 件 : 他 社 販 売 & ロイヤリティ 支 払 い 先 読 み! 当 日 の 交 渉 で 第 二 電 電 のみにアダプターを 売 る 旨 の 契 約 書 にサイン 翌 日 : 契 約 書 返 却 要 求 稲 盛 : 怒 るが 契 約 書 返 却 交 渉 決 裂 第 二 電 電 同 種 アダプター 開 発 災 い 転 じて 福 となす 原 理 22 大 久 保 孫 : 日 本 テレコムへ 売 り 込 みOEM 販 売 契 約 成 立 日 本 テレコム 販 売 孫 :データネット 大 久 保 : 新 日 本 工 販 へ 数 億 円 のロイヤリティ 支 払 い 本 件 により 孫 は タフ ネゴシェ ターに 成 長 先 読 み! 井 上 篤 夫 著 志 高 く 孫 正 義 伝 実 業 之 日 本 社 より

45 累 積 戦 略 強 化 で 再 チャレンジ! 諦 めない 継 続 する 一 貫 性 先 読 み 見 えない 陰 志 信 念 勇 気 理 念 理 想 創 造 自 立 心 信 頼 鍛 錬 ビジネス 勝 利 成 功 累 積 戦 略 順 次 戦 略 発 明 者 / 知 財 人 / 戦 略 家 / 目 利 き TRIZで 大 活 躍! 見 える たった1 件 が10 万 件 に 勝 るのが 特 許 の 世 界 陽 ビジョン 目 標 計 画 見 える 化 数 値 化 計 量 PDCA

46 まとめ 事 業 戦 略 研 究 開 発 戦 略 知 財 戦 略 の 三 位 一 体 は 見 える 順 次 戦 略 と 見 えない 累 積 戦 略 とがバランスし てこそ 総 合 戦 略 として 効 果 を 発 揮 する 戦 争 を 最 終 的 に 決 定 するのは 現 場 に 立 って 銃 を 持 った 兵 士 という 諺 が 示 すように 1 件 の 特 許 が 100 万 件 の 特 許 に 優 るルールの 知 財 戦 争 ビジネ スの 世 界 での 勝 利 は 知 財 現 場 に 立 つ1 人 1 人 の 知 財 目 利 き 能 力 の 研 鑽 と 実 践 の 総 和 によって 勝 敗 が 決 せられる

47 世 界 中 に 解 決 すべき 問 題 が 山 積 み TRIZ 人 は 解 決 する 使 命 を 背 負 っている! あらゆる 発 達 と 同 様 技 術 の 発 達 も 弁 証 法 の 法 則 に 従 っている TRIZは 発 明 の 弁 証 法 である ゲンリック アルトシュ ラー 発 明 の 究 極 の 目 的 は 人 類 の 平 和 と 幸 福 を 実 現 することにあり 知 財 権 制 度 は 発 明 奨 励 のためにある One for all, All for One.

48 ご 清 聴 ありがとうございました 本 テーマ 講 演 に 関 連 してグループ 討 論 を 予 定 しております ご 参 加 ください 本 講 演 資 料 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 東 京 都 目 黒 区 三 田 ( 株 )パットブレーン 片 岡 敏 光 電 話 : FAX:

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft PowerPoint - 職務発明

Microsoft PowerPoint - 職務発明 職 務 発 明 制 度 とその 活 用 平 成 27 年 12 月 8 日 弁 理 士 弁 護 士 加 藤 光 宏 自 己 紹 介 略 歴 昭 和 63 年 3 月 京 都 大 学 工 学 部 航 空 工 学 科 卒 業 昭 和 63 年 4 月 川 崎 重 工 業 株 式 会 社 航 空 宇 宙 事 業 本 部 平 成 9 年 1 月 弁 理 士 登 録 平 成 16 年 4 月 名 古 屋 大

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

IP2.0問題群リスト

IP2.0問題群リスト IP2.0 問 題 群 リスト( 暫 定 版 ) 問 題 1( 世 界 共 通 の 制 度 構 築 ) グローバリゼーションの 時 代 においては 企 業 活 動 が 国 家 の 枠 を 超 えて 展 開 されている 現 状 に 即 して 世 界 共 通 のIP 制 度 を 構 築 するべきではないか? 例 えば 現 在 の 国 別 特 許 制 度 のもとでは 同 じ 発 明 について 世 界 で

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇 資 料 2 新 しい 産 業 の 創 出 環 境 の 形 成 に 向 けた 制 度 等 に 関 する 検 討 状 況 について 平 成 27 年 12 月 22 日 ( 火 ) 文 化 庁 長 官 官 房 著 作 権 課 文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

デジタル・コンテンツ利用促進協議会

デジタル・コンテンツ利用促進協議会 デジタル コンテンツ 利 用 促 進 協 議 会 会 長 副 会 長 試 案 に 対 する 御 意 見 ( 概 要 ) 項 目 1 本 試 案 の 背 景 目 的 と 骨 子 について( 試 案 全 体 への 意 見 を 含 む) 意 見 : 個 別 具 体 的 な 契 約 や 労 使 交 渉 等 ではなく 法 制 度 を 整 えることによって 現 行 著 作 権 法 スキームの 欠 陥 を 埋 めていこうとする

More information

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理 販 売 管 理 に 関 する 内 部 監 査 の 留 意 事 項 1. 販 売 戦 略 は 顧 客 を 消 費 者 としてではなく 生 活 者 としてとらえ 顧 客 のライフスタイルにおけ る 質 の 向 上 および 地 域 社 会 への 貢 献 など 豊 かな 人 間 生 活 に 寄 与 する 販 売 理 念 を 基 本 とする 2. 販 売 政 策 は 販 売 理 念 に 基 づく 販 売 活

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030338140875592868FAC90BB91A28BC682CC8EA997A789BB82C6836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030338140875592868FAC90BB91A28BC682CC8EA997A789BB82C6836C83628367838F815B834E2E646F63> Ⅱ. 中 小 製 造 業 の 自 立 化 とネットワーク 1. 中 小 製 造 業 の 自 立 化 とは 我 々は 今 回 の 北 九 州 市 中 小 製 造 業 の 自 立 化 に 向 けた 調 査 研 究 会 において 中 小 製 造 業 が 自 立 化 するためのひとつの 手 段 として ネットワーク 化 が 有 効 であると 考 えている そこでまず ネットワーク 化 について 議 論 する

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

(1) 基 本 情 報 の 整 理 結 果 表 1-1 テキスト 全 体 の 基 本 統 計 量 表 1 より,コメント 全 体 の 総 行 数,つまりコメント 数 は, 全 監 督 を 合 計 すると 5456 コ メントであった 単 語 数 は 47355 である また, 勝 ち 試 合 のコメ

(1) 基 本 情 報 の 整 理 結 果 表 1-1 テキスト 全 体 の 基 本 統 計 量 表 1 より,コメント 全 体 の 総 行 数,つまりコメント 数 は, 全 監 督 を 合 計 すると 5456 コ メントであった 単 語 数 は 47355 である また, 勝 ち 試 合 のコメ プロ 野 球 監 督 の 試 合 後 コメント 内 容 と 楽 観 主 義 二 川 優 太 ( 和 光 大 学 ) Yuta FUTAGAWA (Wako University) キーワード:ポジティブ 心 理 学, 楽 観 主 義, 野 球 監 督 問 題 論 者 は,2011 年 度 の 和 光 大 学 卒 業 論 文 において, 日 本 のプロ 野 球 12 球 団 の 各 監 督 が 試 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

号 証

号 証 平 成 23 年 (ワ) 第 32660 号 独 占 禁 止 法 第 24 条 に 基 づく 差 止 請 求 事 件 (NTT 東 西 による FTTH サービス 参 入 妨 害 差 止 事 件 ) 原 告 被 告 ソフトバンクテレコム ソフトバンク BB 東 日 本 電 信 電 話 西 日 本 電 信 電 話 第 5 準 備 書 面 平 成 24 年 11 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

Microsoft Word - しおり_修正.doc

Microsoft Word - しおり_修正.doc あなたの 職 場 のトラブル 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 に あっせん 申 立 てしてみませんか? 法 務 大 臣 認 証 厚 生 労 働 大 臣 指 定 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプラザ ) 2 階 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20495482C982E682E98BC696B18CF897A689BB82F08D6C82A682E9566572312E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20495482C982E682E98BC696B18CF897A689BB82F08D6C82A682E9566572312E707074> 弁 護 士 システム 護 (まもる) ITによる 業 務 効 率 化 を 考 える 事 務 所 の 業 務 機 能 面 から 検 証 株 式 会 社 リーガル H23 年 11 月 Ⅰ ITを 活 用 した 業 務 効 率 化 の 目 的 弁 護 士 の 業 務 集 中 に 最 適 な 業 務 環 境 の 構 築 1 弁 護 士 自 身 のルーティン 作 業 の 効 率 化 正 確 化 2 事 務

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Microsoft Word - 不動産投資家のための税理士の選び方 - コピー

Microsoft Word - 不動産投資家のための税理士の選び方 - コピー 2011 年 5 月 作 成 不 動 産 投 資 専 門 税 理 士 が 教 える! 不 動 産 投 資 家 のための 確 定 申 告 入 門 の 入 門 不 動 産 投 資 専 門 税 理 士 叶 温 叶 税 理 士 事 務 所 Copyright 2011 叶 税 理 士 事 務 所, All rights reserved. 1/11 目 次 1 そもそも 確 定 申 告 って 何? 2 お

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

のICを 組 み 込 んだカード B-CASカード 地 上 BSデジタル 放 送 用 ICカード C-CASカード CSプランまたはBSプラン 用 ICカード 第 3 条 ( 契 約 の 単 位 ) 加 入 契 約 は 加 入 者 引 込 線 1 回 線 ごとに 行 います ただし 加 入 者 引

のICを 組 み 込 んだカード B-CASカード 地 上 BSデジタル 放 送 用 ICカード C-CASカード CSプランまたはBSプラン 用 ICカード 第 3 条 ( 契 約 の 単 位 ) 加 入 契 約 は 加 入 者 引 込 線 1 回 線 ごとに 行 います ただし 加 入 者 引 井 原 放 送 施 設 加 入 契 約 約 款 井 原 放 送 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)と 当 社 が 行 うサービスの 提 供 を 受 ける 者 ( 以 下 加 入 者 という)との 間 に 結 ば れる 契 約 ( 以 下 加 入 契 約 という)は 以 下 の 条 項 によるものとします 第 1 条 ( 当 社 の 提 供 するサービス) 当 社 は 業 務 区 域 内 の

More information

ビジネスと経営資源

ビジネスと経営資源 第 1 章 ビジネスと 企 業 組 織 学 習 目 標 企 業 の 目 的 を 確 認 し 目 的 を 達 成 するための 方 法 を 理 解 する 経 営 資 源 ( 人 モノ 金 )の 意 味 を 具 体 的 に 理 解 する 第 4の 経 営 資 源 としての 経 営 情 報 の 意 味 を 理 解 する ビジネスの 基 本 として お 金 儲 けの 基 本 原 理 を 理 解 する 企 業

More information

カリキュラム 第 1 回 何 故 まちづくりが 必 要 か?~ まち に 商 店 街 が 必 要 なワケ ~ 流 通 科 学 大 学 商 学 部 特 別 教 授 石 原 武 政 氏 第 2 回 エリアマネジメントを 学 ぶ 熊 本 城 東 マネジメント 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 南

カリキュラム 第 1 回 何 故 まちづくりが 必 要 か?~ まち に 商 店 街 が 必 要 なワケ ~ 流 通 科 学 大 学 商 学 部 特 別 教 授 石 原 武 政 氏 第 2 回 エリアマネジメントを 学 ぶ 熊 本 城 東 マネジメント 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 南 株 式 会 社 全 国 商 店 街 支 援 センター 平 成 27 年 度 商 人 塾 支 援 事 業 ( 事 業 報 告 書 概 要 版 ) 実 施 機 関 : 春 日 井 商 工 会 議 所 ( 愛 知 県 春 日 井 市 ) 参 加 商 店 街 : 鳥 居 松 商 店 街 鳥 居 松 広 小 路 商 店 街 勝 川 駅 東 商 店 街 勝 川 駅 前 通 商 店 街 東 野 商 店 街 高 蔵

More information

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還 March 11, 2016 Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 永 峰 バンチキ 会 計 事 務 所 公 認 会 計 士 山 崎 宏 史 2 Ⅱ. 海 外 研 修 中 のベトナム 人 従 業 員 の 個 人 所 得 税 申 告 について I GLOCAL CO.,LTD 5 本 資 料 は 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 としたものであり 金 融 商 品

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E596B493638FA48D4889EF8B638F8A8EE58DC3>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E596B493638FA48D4889EF8B638F8A8EE58DC3> 大 牟 田 商 工 会 議 所 主 催 法 人 税 講 座 平 成 24 年 10 月 24 日 ( 水 ) 13 時 30 分 ~15 時 30 分 (2 時 間 ) 賢 い 税 務 調 査 対 策 担 当 講 師 税 理 士 猿 渡 潔 簡 単 な 自 己 紹 介 年 齢 55 歳 血 液 O 型 独 立 開 業 20 年 趣 味 : 歴 史 小 説 音 楽 鑑 賞 本 日 のセミナー 1. 眠

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63> 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 取 りまとめ ( 案 ) 平 成 22 年 月 目 次 1. 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 の 背 景 2 (1) 我 が 国 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 取 りまく 環 境 の 変 化 (2) 国 内 に 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 保 持 する 意 義 (3) 防 衛 省 開 発

More information

2 1.ESOPとは (1)ESOPの 概 要 ESOP は 1950 年 代 に 投 資 銀 行 家 ルイス ケルソ 氏 が 提 唱 し 上 院 議 員 ラッセル ロング 氏 の 支 持 を 得 て 1974 年 の 従 業 員 退 職 所 得 保 障 法 (ERISA 法 ) 制 定 により 実

2 1.ESOPとは (1)ESOPの 概 要 ESOP は 1950 年 代 に 投 資 銀 行 家 ルイス ケルソ 氏 が 提 唱 し 上 院 議 員 ラッセル ロング 氏 の 支 持 を 得 て 1974 年 の 従 業 員 退 職 所 得 保 障 法 (ERISA 法 ) 制 定 により 実 1 買 収 防 衛 策 にとどまらないESOP ~ 上 手 く 活 用 すれば 従 業 員 一 般 株 主 にもメリット 大 和 総 研 企 業 財 務 戦 略 部 深 澤 寛 晴 要 約 従 業 員 持 株 制 度 (ESOP 米 国 の 株 式 報 酬 制 度 )への 注 目 が 徐 々に 高 まっている ESOP を 巡 る 議 論 は 買 収 防 衛 策 など 経 営 者 の 視 点 に 偏

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042435083828366838B834B834383688169926D8E968F4390B394C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042435083828366838B834B834383688169926D8E968F4390B394C5816A2E646F63> 経 営 者 のための 事 業 継 続 計 画 (BCP) ガイド 企 業 経 営 で 守 るべきものは 顧 客 の 信 頼 です 必 要 なときに 必 要 なサービス サービス 商 品 を いかなる 災 害 や 有 事 にも 届 けられますか? これから 事 業 継 続 計 画 (BCP)を 作 成 したいとお 考 えの 皆 様 へ 経 営 者 であるあなたはどうしますか? 火 災 に 見 舞 われて

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

般 貸 給 ひ 替 共 型 先 駆 例 注 目 集 状 ぐ ブ 目 平 競 争 到 来

般 貸 給 ひ 替 共 型 先 駆 例 注 目 集 状 ぐ ブ 目 平 競 争 到 来 No.3 My Vso out ths ssue Expet Opos 般 貸 給 ひ 替 共 型 先 駆 例 注 目 集 状 ぐ ブ 目 平 競 争 到 来 急 速 ザ 和 円 五 来 万 達 伴 拡 支 各 ざ 引 起 ゆ 急 伴 都 市 給 ひ 海 内 背 景 許 得 空 料 今 回 思 見 岐 松 村 敏 弘 氏 調 遊 企 画 急 休 資 効 厚 口 減 少 各 空 空 別 荘 効 便 向

More information

表 ( 拡 大 したもの) b 実 際 (a) 前 記 aのうち 3 専 門 学 校 の 平 成 20 年 3 月 卒 業 生 の 就 職 率 として 表 示 した 数 値 は 1 卒 業 時 である 平 成 20 年 3 月 末 時 点 に 就 職 した 者 及 び 就 職 が 内 定 した 者

表 ( 拡 大 したもの) b 実 際 (a) 前 記 aのうち 3 専 門 学 校 の 平 成 20 年 3 月 卒 業 生 の 就 職 率 として 表 示 した 数 値 は 1 卒 業 時 である 平 成 20 年 3 月 末 時 点 に 就 職 した 者 及 び 就 職 が 内 定 した 者 News Release 平 成 23 年 6 月 29 日 学 校 法 人 北 海 道 安 達 学 園 に 対 する 景 品 表 示 法 に 基 づく 措 置 命 令 について 消 費 者 庁 は 本 日 学 校 法 人 北 海 道 安 達 学 園 に 対 し 同 法 人 が 経 営 する 専 門 学 校 の 生 徒 募 集 に 関 する 表 示 について 景 品 表 示 法 第 6 条 の 規

More information

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても 調 査 報 告 書 政 務 活 動 費 の 使 途 基 準 --- 地 方 議 員 研 究 会 主 催 ( 講 師 廣 瀬 和 彦 氏 ) 政 務 活 動 費 は 個 々にグレーゾーンがあり それを 裁 判 所 がどう 判 断 しているかと 言 う 事 の 説 明 でした 主 にこれまでの 裁 判 例 に 基 づく 使 途 基 準 の 説 明 がありました 下 記 報 告 します 1. 政 務 活

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information