平成16年規程第36号_旅費規程

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成16年規程第36号_旅費規程"

Transcription

1 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 16 年 規 程 第 36 号 最 近 改 正 平 成 27 年 規 程 第 24 号 旅 費 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 16 年 6 月 11 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 理 事 長 北 原 保 雄 旅 費 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 9 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 10 条 第 19 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 20 条 第 24 条 ) 第 4 章 雑 則 ( 第 25 条 第 27 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 用 務 のため 旅 行 する 役 員 及 び 職 員 ( 以 下 役 職 員 という ) 並 びに 役 職 員 以 外 の 者 に 対 して 支 給 する 旅 費 に 関 し 基 準 を 定 めることを 目 的 とする ( 用 語 の 定 義 ) 第 2 条 この 規 程 において, 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は, 当 該 各 号 に 定 めるとこ ろによる (1) 内 国 旅 行 本 邦 における 旅 行 をいう (2) 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう (3) 出 張 役 職 員 が 機 構 の 用 務 のため 一 時 その 常 時 勤 務 する 場 所 ( 以 下 勤 務 場 所 という )を 離 れて 旅 行 し, 又 は 役 職 員 以 外 の 者 が 機 構 の 用 務 のため 一 時 そ の 住 所 又 は 居 所 を 離 れて 旅 行 することをいう (4) 赴 任 新 たに 採 用 された 役 職 員 がその 採 用 に 伴 う 移 転 のため 住 所 若 しくは 居 所 から 勤 務 場 所 に 旅 行 し, 又 は 転 任 を 命 ぜられた 役 職 員 がその 転 任 に 伴 う 移 転 のた め 旧 勤 務 場 所 から 新 勤 務 場 所 に 旅 行 することをいう (5) 扶 養 親 族 内 国 旅 行 にあっては 役 職 員 の 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 同 じ ), 子, 父 母, 孫, 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 主 として 役 職 員 の 収 入 によって 生 計 を 維 持 しているものをいい, 外 国 旅 行 にあっては 役 職 員 の 配 偶 者 及 び 子 で 主 として 役 職 員 の 収 入 によって 生 計 を 維 持 し ているものをいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 には, 職 員 給 与 規 程 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 16 年 規 程 第 4 号 ) 第 5 条 に 規 定 する 一 般 職 俸 給 表 による 当 該 級 の 職 務 ( 教 育 職 俸 給 表 の 適 用 を 受 ける 者 については 別 表 第 4に 定 める 当 該 級 に 相 1

2 当 する 教 育 職 俸 給 表 の 職 務 の 級 及 び 号 俸 )とする 3 この 規 程 において 何 々 地 という 場 合 には, 本 邦 にあっては 市 町 村 の 存 する 地 域 ( 都 の 特 別 区 の 存 する 地 域 にあっては, 特 別 区 の 存 する 全 地 域 )をいい, 外 国 に あってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ( 旅 費 の 支 給 ) 第 3 条 役 職 員 が 出 張 し, 又 は 赴 任 した 場 合 には, 当 該 役 職 員 に 対 し, 旅 費 を 支 給 す る 2 役 職 員 以 外 の 者 が, 機 構 の 依 頼 に 応 じ, 機 構 の 用 務 を 遂 行 するため 旅 行 した 場 合 には,その 者 に 対 し, 旅 費 を 支 給 することができる ( 旅 行 命 令 等 ) 第 4 条 前 条 の 規 定 に 該 当 する 旅 行 は, 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 者 の 発 する 旅 行 命 令 又 は 旅 行 依 頼 ( 以 下 旅 行 命 令 等 という )によって 行 われなければならない (1) 前 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 旅 行 旅 行 命 令 (2) 前 条 第 2 項 の 規 定 に 該 当 する 旅 行 旅 行 依 頼 2 旅 行 命 令 者 は, 電 信, 電 話, 郵 便 等 の 通 信 による 連 絡 手 段 によっては 用 務 の 円 滑 な 遂 行 を 図 ることができない 場 合 で,かつ, 予 算 上 旅 費 の 支 出 が 可 能 である 場 合 に 限 り, 旅 行 命 令 等 を 発 することができる 3 旅 行 命 令 者 は, 旅 行 命 令 等 を 発 し, 又 はこれを 変 更 ( 取 消 を 含 む )するには, 旅 行 命 令 簿 又 は 旅 行 依 頼 簿 ( 以 下 旅 行 命 令 簿 等 という )に 当 該 旅 行 に 関 する 事 項 の 記 載 又 は 記 録 をし,これを 当 該 旅 行 者 に 提 示 してしなければならない ただ し, 旅 行 命 令 簿 等 に 当 該 旅 行 に 関 する 事 項 の 記 載 又 は 記 録 をし,これを 提 示 するい とまがない 場 合 には,この 限 りでない 4 旅 行 命 令 簿 等 の 様 式 は, 第 1-1 号 様 式 及 び 第 1-2 号 様 式 による ( 旅 費 の 種 類 ) 第 5 条 旅 費 の 種 類 は, 鉄 道 賃, 航 空 賃, 船 賃, 車 賃, 日 当, 宿 泊 料, 移 転 料, 着 後 手 当, 扶 養 親 族 移 転 料 及 び 旅 行 雑 費 とする 2 鉄 道 賃 は, 鉄 道 旅 行 について, 路 程 に 応 じ 旅 客 運 賃 等 により 支 給 する 3 航 空 賃 は, 航 空 旅 行 について, 路 程 に 応 じ 旅 客 運 賃 により 支 給 する 4 船 賃 は, 水 路 旅 行 について, 路 程 に 応 じ 旅 客 運 賃 等 により 支 給 する 5 車 賃 は, 陸 路 ( 鉄 道 を 除 く 以 下 同 じ ) 旅 行 について, 路 程 に 応 じ1キロメー トル 当 りの 定 額 又 は 実 費 額 により 支 給 する 6 日 当 は, 旅 行 中 の 日 数 に 応 じ1 日 当 りの 定 額 により 支 給 する 7 宿 泊 料 は, 旅 行 中 の 夜 数 に 応 じ1 夜 当 りの 定 額 により 支 給 する 8 移 転 料 は, 赴 任 に 伴 う 住 所 又 は 居 所 の 移 転 について, 路 程 等 に 応 じ 定 額 により 支 給 する 9 着 後 手 当 は, 赴 任 に 伴 う 住 所 又 は 居 所 の 移 転 について, 定 額 により 支 給 する 10 扶 養 親 族 移 転 料 は, 赴 任 に 伴 う 扶 養 親 族 の 移 転 について, 支 給 する 11 旅 行 雑 費 は, 外 国 への 出 張 又 は 赴 任 に 伴 う 雑 費 について, 実 費 額 により 支 給 する ( 旅 費 の 計 算 ) 第 6 条 旅 費 は, 最 も 経 済 的 な 通 常 の 経 路 及 び 方 法 により 旅 行 した 場 合 の 旅 費 により 2

3 計 算 する ただし, 用 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 最 も 経 済 的 な 通 常 の 経 路 又 は 方 法 によって 旅 行 し 難 い 場 合 には,その 現 によった 経 路 及 び 方 法 によって 計 算 する 第 7 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による 第 8 条 旅 行 者 が 同 一 地 域 ( 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 地 域 区 分 による 地 域 をいう 以 下 同 じ )に 滞 在 する 場 合 における 日 当 及 び 宿 泊 料 は,その 地 域 に 到 着 した 日 の 翌 日 から 起 算 して 滞 在 日 数 30 日 を 超 える 場 合 にはその 超 える 日 数 について 定 額 の10 分 の1に 相 当 する 額, 滞 在 日 数 60 日 を 超 える 場 合 にはその 超 える 日 数 について 定 額 の 10 分 の2に 相 当 する 額 をそれぞれの 定 額 から 減 じた 額 による 2 同 一 地 域 に 滞 在 中 一 時 他 の 地 に 出 張 した 日 数 は, 前 項 の 滞 在 日 数 から 除 算 する ( 旅 費 の 支 給 手 続 ) 第 9 条 旅 費 の 支 給 を 受 けようとする 旅 行 者 及 び 旅 費 の 支 給 を 受 けた 旅 行 者 でその 精 算 をしようとするものは, 旅 費 計 算 書 及 び 旅 費 精 算 書 ( 当 該 旅 費 計 算 書 及 び 旅 費 精 算 書 に 記 載 すべき 事 項 を 記 録 した 電 磁 的 記 録 ( 電 子 的 方 式, 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することができない 方 式 で 作 られる 記 録 であって, 電 子 計 算 機 による 情 報 処 理 の 用 に 供 されるものをいう )を 含 む 以 下 この 条 において 同 じ )に 必 要 な 資 料 を 添 えて,これを 経 理 責 任 者 に 提 出 しなければならない 2 旅 費 計 算 書 の 様 式 は 第 1-1 号 様 式, 旅 費 精 算 書 の 様 式 は 第 1-2 号 様 式 及 び 第 1-3 号 様 式 による ただし, 赴 任 に 伴 う 旅 費 計 算 書 及 び 旅 費 精 算 書 の 様 式 は, 第 2 号 様 式 による 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 鉄 道 賃 ) 第 10 条 鉄 道 賃 の 額 は, 次 の 各 号 に 規 定 する 旅 客 運 賃 ( 以 下 この 条 において 運 賃 という ), 急 行 料 金 及 び 特 別 車 両 料 金 並 びに 座 席 指 定 料 金 による (1) その 乗 車 に 要 する 運 賃 (2) 急 行 料 金 を 徴 する 列 車 を 運 行 する 線 路 による 旅 行 の 場 合 には, 前 号 に 規 定 する 運 賃 のほか, 急 行 料 金 (3) 役 員 が 特 別 車 両 料 金 を 徴 する 客 車 を 運 行 する 線 路 による 旅 行 をする 場 合 には, 第 1 号 に 規 定 する 運 賃 及 び 前 号 に 規 定 する 急 行 料 金 (4) 座 席 指 定 料 金 を 徴 する 客 車 を 運 行 する 線 路 による 旅 行 の 場 合 には, 第 1 号 に 規 定 する 運 賃 及 び 第 2 号 に 規 定 する 急 行 料 金 のほか, 座 席 指 定 料 金 2 前 項 第 2 号 に 規 定 する 急 行 料 金 は, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に 限 り, 支 給 する (1) 特 別 急 行 列 車 を 運 行 する 線 路 による 旅 行 で 片 道 100キロメートル 以 上 のもの (2) 普 通 急 行 列 車 を 運 行 する 線 路 による 旅 行 で 片 道 50キロメートル 以 上 のもの 3 第 1 項 第 3 号 において, 旅 行 命 令 者 が 特 に 必 要 があると 認 めた 場 合 には, 特 別 車 両 料 金 を 支 給 することができる 4 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 座 席 指 定 料 金 は, 特 別 急 行 列 車 又 は 普 通 急 行 列 車 を 運 行 する 線 路 による 旅 行 で 片 道 100キロメートル 以 上 のものに 該 当 する 場 合 に 限 り, 支 3

4 給 する ( 航 空 賃 ) 第 11 条 航 空 機 を 利 用 する 旅 行 が, 用 務 の 内 容 及 び 日 程 等 を 勘 案 して 通 常 の 経 路 及 び 方 法 によるものと 認 められる 場 合 は, 航 空 賃 を 支 給 できる 2 航 空 賃 の 額 は, 現 に 支 払 った 旅 客 運 賃 による ( 船 賃 ) 第 12 条 船 賃 の 額 は, 次 の 各 号 に 規 定 する 旅 客 運 賃 (はしけ 賃 及 び 桟 橋 賃 を 含 む 以 下 この 条 において 運 賃 という ), 寝 台 料 金 及 び 特 別 船 室 料 金 並 びに 座 席 指 定 料 金 による (1) 運 賃 の 等 級 を3 階 級 に 区 分 する 船 舶 による 旅 行 の 場 合 には, 次 に 規 定 する 運 賃 ア 役 員 については, 上 級 の 運 賃 イ 2 級 以 上 の 職 務 にある 者 については, 中 級 の 運 賃 ウ 1 級 の 職 務 にある 者 については, 下 級 の 運 賃 (2) 運 賃 の 等 級 を2 階 級 に 区 分 する 船 舶 による 旅 行 の 場 合 には, 次 に 規 定 する 運 賃 ア 役 員 については, 上 級 の 運 賃 イ 職 員 については, 下 級 の 運 賃 (3) 運 賃 の 等 級 を 設 けない 船 舶 による 旅 行 の 場 合 には,その 乗 船 に 要 する 運 賃 (4) 用 務 上 の 必 要 により 別 に 寝 台 料 金 を 必 要 とした 場 合 には, 前 3 号 に 規 定 する 運 賃 のほか, 現 に 支 払 った 寝 台 料 金 (5) 役 員 が 第 3 号 の 規 定 に 該 当 する 船 舶 で 特 別 船 室 料 金 を 徴 するものを 運 行 する 航 路 による 旅 行 をする 場 合 には, 同 号 に 規 定 する 運 賃 及 び 前 号 に 規 定 する 寝 台 料 金 のほか, 特 別 船 室 料 金 (6) 座 席 指 定 料 金 を 徴 する 船 舶 を 運 行 する 航 路 による 旅 行 の 場 合 には, 前 各 号 に 規 定 する 運 賃 及 び 料 金 のほか, 座 席 指 定 料 金 2 前 項 第 1 号 又 は 第 2 号 の 規 定 に 該 当 する 場 合 において, 同 一 階 級 の 運 賃 を 更 に2 以 上 に 区 分 する 船 舶 による 旅 行 の 場 合 には, 当 該 各 号 の 運 賃 は, 同 一 階 級 内 の 最 上 級 の 運 賃 による ( 車 賃 ) 第 13 条 車 賃 の 額 は,1キロメートルにつき37 円 とする ただし, 用 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 定 額 の 車 賃 で 旅 行 の 実 費 を 支 弁 することができ ない 場 合 には, 実 費 額 による ( 日 当 ) 第 14 条 日 当 の 額 は, 別 表 第 2の 定 額 による ( 宿 泊 料 ) 第 15 条 宿 泊 料 の 額 は, 別 表 第 2の 定 額 による 2 宿 泊 料 は, 航 空 旅 行 及 び 水 路 旅 行 については, 用 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむ を 得 ない 事 情 により 着 陸 又 は 上 陸 して 宿 泊 した 場 合 に 限 り, 支 給 する ( 移 転 料 ) 第 16 条 移 転 料 の 額 は, 次 の 各 号 に 規 定 する 額 による (1) 赴 任 の 際 扶 養 親 族 を 移 転 する 場 合 には, 旧 在 勤 地 から 新 在 勤 地 までの 路 程 に 応 じた 別 表 第 2の 定 額 による 額 4

5 (2) 赴 任 の 際 扶 養 親 族 を 移 転 しない 場 合 には, 前 号 に 規 定 する 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 (3) 赴 任 の 際 扶 養 親 族 を 移 転 しないが 赴 任 を 命 ぜられた 日 の 翌 日 から1 年 以 内 に 扶 養 親 族 を 移 転 する 場 合 には, 前 号 に 規 定 する 額 に 相 当 する 額 ( 赴 任 の 後 扶 養 親 族 を 移 転 するまでの 間 に 更 に 赴 任 があった 場 合 には, 各 赴 任 について 支 給 すること ができる 前 号 に 規 定 する 額 に 相 当 する 額 の 合 計 額 ) 2 前 項 第 3 号 の 場 合 において, 扶 養 親 族 を 移 転 した 際 における 移 転 料 の 定 額 が 職 員 が 赴 任 した 際 の 移 転 料 の 定 額 と 異 なるときは, 同 号 の 額 は, 扶 養 親 族 を 移 転 した 際 における 移 転 料 の 定 額 を 基 礎 として 計 算 する ( 着 後 手 当 ) 第 17 条 着 後 手 当 の 額 は, 別 表 第 2の 日 当 定 額 の5 日 分 及 び 宿 泊 料 定 額 の5 夜 分 に 相 当 する 額 による ただし, 旅 行 者 が 勤 務 地 に 到 着 後 直 ちに 職 員 宿 舎, 又 は 自 宅 に 入 る 場 合 は, 日 当 定 額 の2 日 分 及 び 宿 泊 予 定 額 の2 夜 分 に 相 当 する 額 による ( 扶 養 親 族 移 転 料 ) 第 18 条 扶 養 親 族 移 転 料 の 額 は, 赴 任 の 際 扶 養 親 族 を 旧 在 勤 地 から 新 在 勤 地 まで 随 伴 する 場 合 には, 赴 任 を 命 ぜられた 日 における 扶 養 親 族 1 人 ごとに,その 移 転 の 際 に おける 年 齢 に 従 い, 次 の 各 号 に 規 定 する 額 の 合 計 額 とする (1) 12 歳 以 上 の 者 については,その 移 転 の 際 における 職 員 相 当 の 鉄 道 賃, 船 賃, 航 空 賃 及 び 車 賃 の 全 額 並 びに 日 当, 宿 泊 料 及 び 着 後 手 当 の3 分 の2に 相 当 する 額 (2) 12 歳 未 満 6 歳 以 上 の 者 については, 前 号 に 規 定 する 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 (3) 6 歳 未 満 の 者 については,その 移 転 の 際 における 職 員 相 当 の 日 当, 宿 泊 料 及 び 着 後 手 当 の3 分 の1に 相 当 する 額 ただし,6 歳 未 満 の 者 を3 人 以 上 随 伴 すると きは,2 人 を 超 える 者 ごとにその 移 転 の 際 における 職 員 相 当 の 鉄 道 賃 及 び 船 賃 の 2 分 の1に 相 当 する 金 額 を 加 算 する ( 在 勤 地 以 外 の 同 一 地 域 内 又 はその 附 近 地 の 旅 行 の 旅 費 ) 第 19 条 理 事 長 は 在 勤 地 以 外 の 同 一 地 域 内 又 はその 附 近 地 の 旅 行 については 定 額 の 範 囲 内 においてその 旅 費 額 を 定 めることができる 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 鉄 道 賃 ) 第 20 条 鉄 道 賃 の 額 は, 次 の 各 号 に 規 定 する 旅 客 運 賃 ( 以 下 この 条 において 運 賃 という ), 急 行 料 金 及 び 寝 台 料 金 (これらのものに 対 する 通 行 税 を 含 む )によ る (1) 運 賃 の 等 級 を3 以 上 の 階 級 に 区 分 する 線 路 による 旅 行 の 場 合 には, 次 に 規 定 す る 運 賃 ア 役 員 については, 最 上 級 の 運 賃 イ 職 員 については, 最 上 級 の 直 近 下 位 の 級 の 運 賃 (2) 運 賃 の 等 級 を2 階 級 に 区 分 する 線 路 による 旅 行 の 場 合 には, 最 上 級 の 運 賃 (3) 運 賃 の 等 級 を 設 けない 線 路 による 旅 行 の 場 合 には,その 乗 車 に 要 する 運 賃 (4) 役 員 が 用 務 上 の 必 要 により 特 別 の 座 席 の 設 備 を 利 用 した 場 合 には, 前 3 号 に 規 5

6 定 する 運 賃 のほか,その 座 席 のために 現 に 支 払 った 運 賃 (5) 用 務 上 の 必 要 により 別 に 急 行 料 金 又 は 寝 台 料 金 を 必 要 とした 場 合 には, 前 各 号 に 規 定 する 運 賃 のほか, 現 に 支 払 った 急 行 料 金 又 は 寝 台 料 金 ( 航 空 賃 ) 第 21 条 航 空 賃 の 額 は, 次 の 各 号 に 規 定 する 旅 客 運 賃 ( 以 下 この 条 において 運 賃 という )による (1) 運 賃 の 等 級 を3 以 上 の 階 級 に 区 分 する 航 空 路 による 旅 行 の 場 合 には, 次 に 規 定 する 運 賃 ア 役 員 及 び 長 時 間 にわたる 航 空 路 による 旅 行 として 別 に 定 める 旅 行 ( 以 下 特 定 航 空 旅 行 という )をする9 級 以 上 の 職 務 にある 者 については, 最 上 級 の 直 近 下 位 の 級 の 運 賃 イ その 他 の 職 員 については,アに 規 定 する 運 賃 の 級 の 直 近 下 位 の 級 の 運 賃 (2) 運 賃 の 等 級 を2 階 級 に 区 分 する 航 空 路 による 旅 行 の 場 合 には, 次 に 規 定 する 運 賃 ア 役 員 及 び 特 定 航 空 旅 行 をする9 級 以 上 の 職 務 にある 者 については, 上 級 の 運 賃 イ その 他 の 職 員 については, 下 級 の 運 賃 (3) 運 賃 の 等 級 を 設 けない 航 空 路 による 旅 行 の 場 合 には, 航 空 機 の 利 用 に 要 する 運 賃 ( 船 賃 及 び 車 賃 ) 第 22 条 船 賃 の 額 は, 現 に 支 払 った 旅 客 運 賃 ( 以 下 この 条 において 運 賃 とい う )による 2 役 員 が 用 務 上 の 必 要 によりあらかじめ 旅 行 命 令 者 の 許 可 を 受 け 特 別 の 運 賃 を 必 要 とする 船 室 を 利 用 した 場 合 には, 前 項 に 規 定 する 運 賃 のほか,その 船 室 のため 現 に 支 払 った 運 賃 による 3 車 賃 の 額 は, 実 費 額 による ( 日 当 及 び 宿 泊 料 ) 第 23 条 日 当 及 び 宿 泊 料 の 額 は, 旅 行 先 の 区 分 に 応 じた 別 表 第 3の 定 額 による 2 第 20 条 第 5 号 の 規 定 により 寝 台 料 金 を 支 給 する 場 合 における 宿 泊 料 の 額 は, 前 項 の 規 定 にかかわらず, 旅 行 先 の 区 分 に 応 じた 別 表 第 3の 定 額 の10 分 の7に 相 当 する 額 による 3 第 15 条 第 2 項 の 規 定 は, 外 国 旅 行 の 場 合 の 日 当 及 び 宿 泊 料 について 準 用 する ( 旅 行 雑 費 ) 第 24 条 旅 行 雑 費 の 額 は, 旅 行 者 の 予 防 注 射 料, 旅 券 の 交 付 手 数 料 及 び 査 証 手 数 料, 外 貨 交 換 手 数 料 並 びに 入 出 国 税 の 実 費 額 による 第 4 章 雑 則 ( 旅 費 の 調 整 ) 第 25 条 理 事 長 は, 旅 行 者 が 公 用 の 交 通 機 関, 宿 泊 施 設 等 を 利 用 して 旅 行 した 場 合 そ 6

7 の 他 当 該 旅 行 における 特 別 の 事 情 により 又 は 当 該 旅 行 の 性 質 上 この 規 程 又 は 旅 費 に 関 する 他 の 法 律 の 規 定 による 旅 費 を 支 給 した 場 合 には 不 当 に 旅 行 の 実 費 を 超 えた 旅 費 又 は 通 常 必 要 としない 旅 費 を 支 給 することとなる 場 合 においては,その 実 費 を 超 えることとなる 部 分 の 旅 費 又 はその 必 要 としない 部 分 の 旅 費 を 支 給 しないことがで きる 2 理 事 長 は, 旅 行 者 がこの 規 程 又 は 旅 費 に 関 する 他 の 法 律 の 規 定 による 旅 費 により 旅 行 することが 当 該 旅 行 における 特 別 の 事 情 により 又 は 当 該 旅 行 の 性 質 上 困 難 であ る 場 合 には, 当 該 旅 行 に 係 る 必 要 な 旅 費 を 支 給 することができる ( 端 数 の 取 扱 い) 第 26 条 この 規 程 の 定 めによって 算 出 した 旅 費 の 額 に 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは, これを 切 り 捨 てる ( 補 則 ) 第 27 条 この 規 程 に 定 めるもののほか, 旅 費 の 支 給 については, 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 114 号 ) 及 び 関 係 附 属 法 令 の 定 めるところに 準 じ, 理 事 長 がこれを 定 める 附 則 ( 施 行 期 日 ) この 規 程 は, 平 成 16 年 6 月 11 日 から 施 行 し, 平 成 16 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 18 年 規 程 第 2 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 程 は, 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 18 年 規 程 第 16 号 ) この 規 程 は, 平 成 18 年 10 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 20 年 規 程 第 12 号 ) ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 程 は, 平 成 20 年 4 月 15 日 から 施 行 し, 平 成 20 年 4 月 1 日 から 適 用 する ( 外 国 人 留 学 生 緊 急 援 助 金 給 付 制 度 実 施 規 程 の 一 部 改 正 ) 2 外 国 人 留 学 生 緊 急 援 助 金 給 付 制 度 実 施 規 程 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 16 年 規 程 第 42 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 5 条 第 2 項 の 表 旅 費 の 項 中, 支 度 料 を 削 る ( 帰 国 外 国 人 留 学 生 研 究 指 導 事 業 実 施 規 程 の 一 部 改 正 ) 3 帰 国 外 国 人 留 学 生 研 究 指 導 事 業 実 施 規 程 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 16 年 規 程 第 49 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 9 条 第 3 項 中, 宿 泊 料 及 び 支 度 料 を 及 び 宿 泊 料 に 改 める 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 21 年 規 程 第 8 号 ) ( 施 行 期 日 ) この 規 程 は, 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 22 年 規 程 第 10 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 7

8 1 この 規 程 は, 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 24 年 規 程 第 5 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 程 は, 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 27 年 規 程 第 24 号 ) この 規 程 は, 平 成 27 年 6 月 11 日 から 施 行 し, 平 成 27 年 4 月 22 日 から 適 用 する 8

9 別 表 第 1 旅 行 命 令 者 区 分 旅 行 者 役 員 又 は 部 長 相 当 職 以 上 (9 級 以 上 の 職 務 にある 者 ) 支 部 長 (9 級 以 上 の 職 務 にある 者 を 除 く ) 支 部 長 を 除 いた8 級 以 下 の 職 務 にある 者 外 部 団 体 の 役 職 員 等 旅 行 命 令 者 理 事 長 担 当 理 事 部 長 相 当 職 部 長 相 当 職 別 表 第 2 内 国 旅 行 の 旅 費 1 日 当 及 び 宿 泊 料 区 分 日 当 宿 泊 料 (1 日 につき) (1 夜 につき) 役 員 3,000 円 14,800 円 職 員 2,200 円 10,900 円 2 移 転 料 区 分 鉄 道 50キロメー 鉄 道 50キロメ ートル 以 上 100 キロメー 鉄 道 100 キロ メートル 以 上 300 キロメー 鉄 道 300 キロ メートル 以 上 500 キロメー 役 員 126,000 円 144,000 円 178,000 円 220,000 円 職 員 107,000 円 123,000 円 152,000 円 187,000 円 鉄 道 500 キロメ ー ト ル 以 上 1,000 キロメー 備 考 鉄 道 1,000キロ メートル 以 上 1,500キロメー 鉄 道 1,500キロ メートル 以 上 2,000キロメー 鉄 道 2,000キロ メートル 以 上 292,000 円 306,000 円 328,000 円 381,000 円 248,000 円 261,000 円 279,000 円 324,000 円 路 程 の 計 算 については, 水 路 及 び 陸 路 4 分 の1キロメートルをもって 鉄 道 1キロ メートルとみなす 別 表 第 3 外 国 旅 行 の 旅 費 日 当 及 び 宿 泊 料 区 分 日 当 (1 日 につき) 指 定 都 市 甲 地 方 乙 地 方 丙 地 方 役 員 8,300 円 7,000 円 5,600 円 5,100 円 職 員 6,200 円 5,200 円 4,200 円 3,800 円 宿 泊 料 (1 夜 につき) 指 定 都 市 甲 地 方 乙 地 方 丙 地 方 25,700 円 21,500 円 17,200 円 15,500 円 19,300 円 16,100 円 12,900 円 11,600 円 備 考 1 この 表 中 の 指 定 都 市, 甲 地 方, 乙 地 方, 丙 地 方 とは, 次 の 各 号 に 規 定 す 9

10 る 地 域 とする (1) 指 定 都 市 シンガポール,ロサンゼルス,ニューヨーク,サンフランシスコ,ワシン トン,ジュネーブ,ロンドン,モスクワ,パリ,アブダビ,ジッダ,クウェ ート,リアド 及 びアビジャンの 地 域 (2) 甲 地 方 北 米 地 域, 欧 州 地 域, 中 近 東 地 域 として2で 定 める 地 域 のうち 指 定 都 市 の 地 域 以 外 の 地 域 でアゼルバイジャン,アルバニア,アルメニア,ウクライナ, ウズベキスタン,エストニア,カザフスタン,キルギス,ジョージア,クロ アチア,スロバキア,スロベニア,タジキスタン,チェコ,トルクメニスタ ン,ハンガリー,ブルガリア,ベラルーシ,ポーランド,ボスニア ヘルツ ェゴビナ,マケドニア 旧 ユーゴスラビア 共 和 国,モルドバ,セルビア モン テネグロ,ラトビア,リトアニア,ルーマニア 及 びロシアを 除 いた 地 域 (3) 乙 地 方 指 定 都 市, 甲 地 方 並 びに 丙 地 方 の 地 域 以 外 の 地 域 (4) 丙 地 方 アジア 地 域 ( 本 邦 を 除 く ), 中 南 米 地 域,アフリカ 地 域 及 び 南 極 地 域 と して2で 定 める 地 域 のうち 指 定 都 市 以 外 の 地 域 でインドシナ 半 島 (シンガポ ール,タイ,ミャンマー 及 びマレーシアを 含 む ),インドネシア, 大 韓 民 国, 東 チィモール,フィリピン,ボルネオ 及 び 香 港 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょを 除 いた 地 域 2 北 米 地 域, 欧 州 地 域, 中 近 東 地 域,アジア 地 域 ( 本 邦 を 除 く ), 中 南 米 地 域, 大 洋 州 地 域,アフリカ 地 域, 南 極 地 域 とは, 次 の 各 号 に 規 定 する 地 域 とす る (1) 北 米 地 域 北 アメリカ 大 陸 (メキシコ 以 南 の 地 域 を 除 く ),グリーンラ ンド,ハワイ 諸 島,バミューダ 諸 島 及 びグアム 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ ( 西 インド 諸 島 及 びマリアナ 諸 島 (グアムを 除 く )を 除 く ) (2) 欧 州 地 域 ヨーロッパ 大 陸 (アゼルバイジャン,アルメニア,ウクライナ, ウズベキスタン,カザフスタン,キルギス,ジョージア,タジキスタン,ト ルクメニスタン,ベラルーシ,モルドバ, 及 びロシアを 含 み,トルコを 除 く )アイスランド,アイルランド, 英 国,マルタ 及 びキプロス 並 びにそれ らの 周 辺 の 島 しょ(アゾレス 諸 島,マディラ 諸 島 及 びカナリア 諸 島 を 含 む ) (3) 中 近 東 地 域 アラビア 半 島,アフガニスタン,イスラエル,イラク,イラ ン,クウェート,ヨルダン,シリア,トルコ 及 びレバノン 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ (4) アジア 地 域 ( 本 邦 を 除 く ) アジア 大 陸 (アゼルバイジャン,アルメニ ア,ウクライナ,ウズベキスタン,カザフスタン,キルギス,ジョージア, タジキスタン,トルクメニスタン,ベラルーシ,モルドバ,ロシア 及 び 前 号 10

11 に 定 める 地 域 を 除 く )インドネシア, 東 ティモール,フィリピン 及 びボル ネオ 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ (5) 中 南 米 地 域 メキシコ 以 南 の 北 アメリカ 大 陸, 南 アメリカ 大 陸, 西 インド 諸 島 及 びイースター 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ (6) 大 洋 州 地 域 オーストラリア 大 陸 及 びニュージーランド 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ 並 びにポリネシア 海 域,ミクロネシア 海 域 及 びメラネシア 海 域 に ある 島 しょ(ハワイ 諸 島 及 びグアムを 除 く ) (7) アフリカ 地 域 アフリカ 大 陸,マダガスカル,マスカレーニュ 諸 島 及 びセ ーシェル 諸 島 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ(アゾレス 諸 島,マディラ 諸 島 及 びカナリア 諸 島 を 除 く ) (8) 南 極 地 域 南 極 大 陸 及 び 周 辺 の 島 しょ 3 船 舶 又 は 航 空 機 による 旅 行 ( 外 国 を 出 発 した 日 及 び 外 国 に 到 着 した 日 の 旅 行 を 除 く )の 場 合 における 日 当 の 額 は, 丙 地 方 につき 定 める 定 額 とする 11

12 別 表 第 4 一 般 職 俸 給 表 の 各 級 に 相 当 する 教 育 職 俸 給 表 の 職 務 の 級 及 び 号 俸 一 般 職 俸 給 表 教 育 職 俸 給 表 9 級 5 級 8 級 4 級 7 級 3 級 の29 号 俸 以 上 6 級 3 級 の25 号 俸 から28 号 俸 まで 2 級 の49 号 俸 以 上 5 級 3 級 の17 号 俸 から24 号 俸 まで 2 級 の41 号 俸 から48 号 俸 まで 3 級 の5 号 俸 から16 号 俸 まで 4 級 2 級 の37 号 俸 から40 号 俸 まで 1 級 の57 号 俸 以 上 3 級 の4 号 俸 以 下 3 級 2 級 の25 号 俸 から36 号 俸 まで 1 級 の37 号 俸 から56 号 俸 まで 2 級 2 級 の9 号 俸 から24 号 俸 まで 1 級 の21 号 俸 から36 号 俸 まで 1 級 2 級 の8 号 俸 以 下 1 級 の20 号 俸 以 下 12

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 旅 費 規 程 制 定 平 成 16 規 程 第 27 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 32 号 平 成 17 規 程 第 63 号 平 成 18 規 程 第 31 号 平 成 18 規 程 第 60 号 平 成 19 規 程 第 19 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 国 内 旅 費 ( 第

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 等 及 び 学 外 者 の 旅 費 の 支 給 に 関 する 規 程 制 定 平 成 27. 4. 1 規 程 157 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 における 業 務 を 遂 行 するために 旅 行 す る 教 職 員 等 及

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

ついて 前 項 の 規 定 による 旅 費 の 精 算 をしなければならない 3 第 1 項 に 規 定 する 計 算 及 び 精 算 に 必 要 な 書 類 について, 別 に 定 めるところによる ( 実 費 支 給 の 原 則 ) 第 8 条 この 規 程 において 実 費 の 支 給 を 受

ついて 前 項 の 規 定 による 旅 費 の 精 算 をしなければならない 3 第 1 項 に 規 定 する 計 算 及 び 精 算 に 必 要 な 書 類 について, 別 に 定 めるところによる ( 実 費 支 給 の 原 則 ) 第 8 条 この 規 程 において 実 費 の 支 給 を 受 学 校 法 人 南 九 州 学 園 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 校 務 のため 国 内 又 は 海 外 に 出 張 する, 学 校 法 人 南 九 州 学 園 の 設 置 する 南 九 州 大 学, 南 九 州 短 期 大 学 及 び 事 務 局 ( 以 下 学 園 という )の 教 職 員 に 支 給 する 旅 費 に 関 する 事 項 を

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 旅 費 取 扱 要 項 平 成 19 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 旅 行 日 数 及 び 発 着 地 ) 第 1 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による ただし, 公 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 要 した 日 数 を 除

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

24 通勤手当に関する規則の運用について

24 通勤手当に関する規則の運用について 通 勤 手 当 に 関 する 規 則 の 運 用 について ( 昭 和 33 年 10 月 7 日 岡 人 委 第 407 号 通 知 ) ( 沿 革 ) 昭 和 34 年 10 月 14 日 第 394 号 昭 和 40 年 12 月 28 日 第 560 号 昭 和 41 年 7 月 15 日 第 212 号 昭 和 43 年 12 月 26 日 第 775 号 昭 和 44 年 12 月 23

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-19 号 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 19 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 -

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

綾瀬市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

綾瀬市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 綾 瀬 市 幼 稚 園 類 似 施 設 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幼 稚 園 類 似 施 設 の 設 置 者 ( 以 下 設 置 者 という )が 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 をする 場 合 に 綾 瀬 市 が 行 う 幼 稚 園 類 似 施 設 就 園 奨 励 費 補 助 金

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 19 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 南 三 陸 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (19 年 度 末 ) 18,285 歳 出 額 A 8,398,986 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 18 年 度 の 件 費 率 180,597 1,853,799 22.1

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

給与規程

給与規程 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 給 与 規 程 は, 就 業 規 則 第 47 条 に 規 定 する 社 員 の 給 与 について 定 める 2 嘱 託 社 員,パートタイマー 社 員,その 他 の 臨 時 社 員 の 給 与 は 別 に 定 める ( 給 与 の 種 類 ) 第 2 条 社 員 の 給 与 は, 給 料 および 次 に 掲 げる 諸 手 当 とする

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

水戸市公告

水戸市公告 笠 間 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 公 表 内 容 は, 総 務 省 の 公 表 様 式 に 基 づくものです (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 79,227 歳 出 額 A 29,869,854 実 質 収 支 666,702 件 費 B 5,808,980 件 費 率

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 任 期 制 職 給 与 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 3 号 改 正 : 平 成 18 年 7 月 18 日 18 規 程 第 79 号 改 正 : 平 成 18 年 10 月 2 日 18 規 程 第 96 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 29 号 改 正 : 平 成 19

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職 地 方 独 立 行 政 法 人 長 野 県 立 病 院 機 構 有 期 雇 用 職 員 給 与 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 4-2 沿 革 平 成 22 年 11 月 30 日 規 程 4-1-2= 一 部 改 正 平 成 23 年 11 月 30 日 規 程 4-1-5= 一 部 改 正 平 成 26 年 12 月 25 日 規 程 4-2-1= 一 部 改 正 平 成 27

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

<5461726F2D83458346838B834A83808140836A8385815B835982552E6A7464>

<5461726F2D83458346838B834A83808140836A8385815B835982552E6A7464> ウェルカム ニューズ 6 平 成 17 年 月 育 児 休 業 等 掛 金 免 除 ( 延 長 ) 及 び 給 与 等 一 覧 1 育 児 休 業 等 をしている 組 合 員 に 対 する 掛 金 免 除 期 間 が 平 成 17 年 4 月 から 子 が 最 長 3 歳 に 達 する 日 の 翌 日 の 属 する 月 の 前 月 までとされる すでに 免 除 申 請 している 者 は 経 過 措

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

標準報酬制について

標準報酬制について 標 準 報 酬 制 の 概 要 について 平 成 27 年 7 月 23 日 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 福 利 厚 生 課 経 理 係 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (H24.8.10 国 会 にて 成 立 ) 1 公 務 員 等 が 加 入 する 共 済 年 金 2 民 間

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information