内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

Size: px
Start display at page:

Download "内表紙 (1)外国人研究者招へい事業"

Transcription

1 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団

2 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日 本 人 研 究 者 1 第 3. 派 遣 期 間 1 第 4. 社 団 が 負 担 する 費 用 1 第 5. 費 用 の 積 算 方 法 1 第 6. 費 用 の 支 給 方 法 3 第 7. 派 遣 に 係 る 手 続 等 4 第 8. 研 究 成 果 の 報 告 等 4 第 9.その 他 4 ( 様 式 1) 派 遣 申 請 書 ( 様 式 2) 履 歴 書 ( 派 遣 研 究 者 用 ) ( 様 式 3) 派 遣 承 諾 書 ( 派 遣 研 究 者 用 ) ( 様 式 4) 推 せん 書 ( 様 式 5) 派 遣 承 諾 書 ( 所 属 機 関 用 ) ( 様 式 6) 外 国 旅 行 日 程 調 書 ( 様 式 7) 派 遣 費 用 振 込 預 金 口 座 届 出 書 ( 様 式 8) 研 究 費 交 付 申 請 書 ( 様 式 8-2) 研 究 費 所 要 額 調 ( 記 入 例 ) ( 様 式 9) 派 遣 期 間 変 更 申 請 書 ( 様 式 10) 派 遣 中 止 申 請 書 ( 様 式 11) 研 究 実 績 報 告 書 ( 様 式 12) 決 算 報 告 書 ( 様 式 12-2) 研 究 費 決 算 金 額 内 訳 書 ( 記 入 例 )

3 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 国 内 の 若 手 日 本 人 研 究 者 を 外 国 の 研 究 機 関 及 び 大 学 等 に 派 遣 して 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 に 関 する 研 究 を 行 わせ その 成 果 をわが 国 の 各 事 業 に 反 映 させる 第 2. 対 象 となる 日 本 人 研 究 者 当 事 業 の 研 究 代 表 者 又 は 分 担 研 究 者 が 推 せんする 研 究 代 表 者 又 は 分 担 研 究 者 と 同 一 所 属 機 関 の 若 手 研 究 者 (リサーチ レジデントは 除 く ) 第 3. 派 遣 期 間 会 計 年 度 を 単 位 とする1ヵ 年 の 期 間 中 のうち 原 則 として6ヶ 月 間 程 度 とする なお これにより 難 い 場 合 は その 理 由 を 申 請 書 ( 様 式 1)の 該 当 欄 に 明 記 するものとする 第 4. 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 ( 以 下 社 団 と 言 う )が 負 担 する 費 用 当 事 業 で 社 団 が 負 担 する 費 用 は 次 のとおりである (1) 航 空 賃 出 発 地 の 空 港 から 到 着 地 の 空 港 までの 往 復 の 航 空 賃 (2) 日 当 国 家 公 務 員 に 準 じて 支 給 (3) 宿 泊 料 国 家 公 務 員 に 準 じて 支 給 (4) 支 度 料 国 家 公 務 員 に 準 じて 支 給 (5) 雑 費 出 入 国 税 及 び 空 港 施 設 使 用 料 (6) 研 究 費 予 算 の 範 囲 内 で 支 給 (7) 海 外 旅 行 損 害 保 険 料 派 遣 期 間 を 保 険 期 間 とする 保 険 料 第 5. 費 用 の 積 算 方 法 外 国 へ 派 遣 する 日 本 人 研 究 者 を 次 の 2 ランクに 分 類 し 各 ランクに 応 じて 積 算 するものとする なお 国 家 公 務 員 については 在 職 する 等 級 号 俸 に 基 づき 国 家 公 務 員 旅 費 法 に 定 める 基 準 により 積 算 す ることができるものとする Aランク Bランク 1 当 事 業 の 分 野 において 顕 著 な 功 績 を 有 する 者 2 当 事 業 の 研 究 機 関 の 長 又 は これに 準 ずる 者 当 事 業 の 分 野 において 優 れた 研 究 を 行 っている 者 であって 上 記 以 外 の 者 1

4 (1) 航 空 賃 は 次 のとおりにする Aランク ビジネスクラス Bランク エコノミークラス (2) 日 当 及 び 宿 泊 料 は 次 の 表 のとおりとする ランク 区 分 指 定 都 市 甲 地 方 乙 地 方 丙 地 方 円 円 円 円 Aランク 日 当 宿 泊 料 8,300 25,700 7,000 21,500 5,600 17,200 5,100 15,500 Bランク 日 当 宿 泊 料 6,200 19,300 5,200 16,100 4,200 12,900 3,800 11,600 1 この 表 の 日 当 は 1 日 当 りの 単 位 を 示 し 宿 泊 料 は 1 夜 当 りの 単 位 を 示 す 2 外 国 を 出 発 した 日 及 び 外 国 に 到 着 した 日 の 旅 行 を 除 く 航 空 機 による 旅 行 の 日 の 日 当 は 丙 地 方 の 額 とする 3 同 一 地 方 に 長 期 に 滞 在 する 場 合 は 日 当 及 び 宿 泊 料 は 滞 在 日 数 30 日 までは100% 31 日 から 60 日 までは90% 61 日 以 上 は80%の 支 給 率 を 乗 じた 額 とする ( 滞 在 日 数 の 計 算 は 到 着 した 日 の 翌 日 から 出 発 日 の 前 日 までとする ) 4 指 定 都 市 甲 地 方 及 び 丙 地 方 とは それぞれ 次 のとおりである 5 乙 地 方 とは 次 の1 2 3 以 外 の 地 域 をいう 1. 指 定 都 市 シンガポール ロサンゼルス ニューヨーク サンフランシスコ ワシントン ジュネーブ ロンドン モスクワ パリ アブダビ ジッダ クウェート リアド 及 びアビジャンの 地 域 とする 2. 甲 地 方 (ア) 北 米 地 域 (イ) 欧 州 地 域 : 北 アメリカ 大 陸 (メキシコ 以 南 の 地 域 を 除 く ) グリーンランド ハワイ 諸 島 バミューダ 諸 島 及 びグアム 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ( 西 インド 諸 島 及 びマリアナ 諸 島 (グアムを 除 く )を 除 く ) : ヨーロッパ 大 陸 (アゼルバイジャン アルメニア ウクライナ ウズベキスタン カザフスタン キルギス グルジア タジキスタン トルクメ ニスタン ベラルーシ モルドバ 及 びロシアを 含 み トルコを 除 く )アイスラ ンド アイルランド 英 国 マルタ 及 びキプロス 並 びにそれらの 周 辺 島 しょ(ア ゾレス 諸 島 マディラ 諸 島 カナリア 諸 島 を 含 む ) (ウ) 中 近 東 地 域 : アラビア 半 島 アフガニスタン イスラエル イラク イラン クウェート ヨルダン シリア トルコ 及 びレバノン 並 びにそれらの 周 辺 の 島 し ょ (エ) 但 し アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ ウズベキスタン エストニア カザフスタン キルギス グルジア クロアチア コソボ スロバキア スロベニア セルビア タジキスタン チェコ トルクメニスタン ハンガリー ブルガリア ベラルーシ ポ ーランド ボスニア ヘルツェゴビナ マケドニア 旧 ユーゴスラビア 共 和 国 モルドバ モンテネ グロ ラトビア リトアニア ルーマニア 及 びロシアを 除 いた 地 域 2

5 3. 丙 地 方 (ア)アジア 地 域 : アジア 大 陸 (アゼルバイジャン アルメニア ウクライナ ( 本 邦 を 除 く) ウズベキスタン カザフスタン キルギス グルジア タジキスタン トルクメニスタン ベラルーシ モルドバ ロシア 及 び2の(ウ)に 定 める 地 域 を 除 く ) インドネシア 東 ティモール フィリピン 及 び ボルネオ 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ (イ) 中 南 米 地 域 : メキシコ 以 南 の 北 アメリカ 大 陸 南 アメリカ 大 陸 西 インド 諸 島 及 び イースター 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ (ウ) 大 洋 州 地 域 : オーストラリア 大 陸 及 びニュージーランド 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ 並 びにポリネシア 海 域 ミクロネシア 海 域 及 びメラネシア 海 域 にある 島 しょ(ハワイ 諸 島 及 びグアムを 除 く ) (エ)アフリカ 地 域 : アフリカ 大 陸 マダガスカル マスカレーニュ 諸 島 及 びセーシェル 諸 島 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょ (アゾレス 諸 島 マディラ 諸 島 及 びカナリア 諸 島 を 除 く ) (オ) 南 極 地 域 : 南 極 大 陸 及 び 周 辺 の 島 しょ (カ)インドシナ 半 島 (シンガポール タイ ミャンマー 及 びマレーシアを 含 む ) インドネシア 大 韓 民 国 東 ティモール フィリピン ボルネオ 及 び 香 港 並 びにそれらの 周 辺 の 島 しょを 除 いた 地 域 (3) 支 度 料 は 次 のとおりとする ランク 3カ 月 以 上 1ヵ 月 以 上 3ヶ 月 未 満 円 円 Aランク 123, ,720 Bランク 94,330 80,180 (4) 雑 費 は 出 入 国 税 及 び 空 港 施 設 使 用 料 が 必 要 な 場 合 に 実 費 を 支 給 する (5) 研 究 費 は 予 算 の 範 囲 内 で 支 給 する 第 6. 費 用 の 支 給 方 法 費 用 の 支 給 は 社 団 が 派 遣 研 究 者 の 指 定 する 銀 行 口 座 へ 帰 国 後 に 送 金 することとする (1) 航 空 賃 は 派 遣 研 究 者 が 社 団 の 承 認 を 受 けた 後 本 人 が 直 接 往 復 航 空 券 を 購 入 し 帰 国 後 に 搭 乗 券 及 び 領 収 書 を 社 団 に 提 出 し 社 団 が 実 費 を 支 給 する (2) 日 当 及 び 宿 泊 料 は 社 団 で 算 定 した 額 を 支 給 する (3) 支 度 料 は 社 団 で 算 定 した 額 を 支 給 する (4) 雑 費 は 派 遣 研 究 者 が 帰 国 後 に 必 要 な 当 該 領 収 書 等 を 社 団 に 提 出 し 社 団 が 実 費 を 支 給 する (5) 研 究 費 は 派 遣 研 究 者 の 研 究 費 交 付 申 請 ( 様 式 8)に 基 づき 社 団 で 算 定 した 額 を 支 給 する (6) 海 外 旅 行 損 害 保 険 の 加 入 については 次 の 表 の 補 償 限 度 額 内 で 派 遣 研 究 者 が 直 接 保 険 の 加 入 手 続 を 行 い 帰 国 後 に 当 該 保 険 証 書 及 び 領 収 書 等 を 社 団 に 提 出 し 社 団 が 実 費 を 支 給 する < 海 外 旅 行 損 害 保 険 補 償 限 度 額 一 覧 > 死 亡 後 遺 症 傷 害 治 療 費 疫 病 治 療 費 疫 病 死 亡 救 援 者 費 用 40,000 3,000 3,000 10,000 2,000 3

6 第 7. 派 遣 に 係 る 手 続 等 1. 応 募 の 手 続 当 事 業 に 応 募 する 研 究 代 表 者 は 次 に 掲 げる 書 類 を 社 団 に 提 出 する (1) 派 遣 申 請 書 ( 様 式 1) (2) 履 歴 書 ( 派 遣 研 究 者 ) ( 様 式 2) (3) 派 遣 承 諾 書 ( 派 遣 研 究 者 ) ( 様 式 3) (4) 推 せん 書 ( 研 究 代 表 者 又 は 分 担 研 究 者 ) ( 様 式 4) (5) 派 遣 承 諾 書 ( 所 属 機 関 の 長 ) ( 様 式 5) (6) 外 国 旅 行 日 程 調 書 ( 様 式 6) (7) 派 遣 機 関 からの 招 へい 状 応 募 申 請 の 採 用 の 可 否 について 社 団 は 申 請 者 と 派 遣 研 究 者 及 び 派 遣 研 究 者 の 所 属 する 機 関 の 長 に 文 書 で 通 知 するものとする なお 社 団 からの 採 用 通 知 を 受 理 した 派 遣 研 究 者 は 社 団 に 派 遣 費 用 振 込 預 金 口 座 届 出 書 ( 様 式 7)を 15 日 以 内 に 提 出 するものとする 2. 研 究 費 に 係 る 手 続 研 究 費 の 交 付 を 受 けようとする 場 合 には 派 遣 研 究 者 は 社 団 に 研 究 費 交 付 申 請 書 ( 様 式 8)を 派 遣 出 発 日 の 遅 くとも1ヵ 月 前 までに 提 出 する 3. 派 遣 期 間 等 の 変 更 をする 場 合 の 手 続 派 遣 期 間 及 び 派 遣 先 を 変 更 しようとする 場 合 には 派 遣 研 究 者 は 派 遣 期 間 開 始 日 の1ヵ 月 前 までに 派 遣 期 間 等 変 更 申 請 書 ( 様 式 9) 及 び 外 国 旅 行 日 程 調 書 ( 様 式 6)を 社 団 に 提 出 し その 承 認 を 受 けなければな らない 4. 派 遣 を 中 止 する 場 合 の 手 続 派 遣 を 中 止 しようとする 場 合 には 派 遣 研 究 者 は 事 前 に 派 遣 中 止 申 請 書 ( 様 式 10)を 社 団 に 提 出 し その 承 認 を 受 けなければならない 第 8. 研 究 成 果 の 報 告 書 1. 派 遣 研 究 者 は 派 遣 期 間 終 了 後 1ヶ 月 又 は 当 該 年 度 の2 月 末 日 のいずれか 早 い 期 日 までに 研 究 実 績 報 告 書 ( 様 式 11) 及 び 決 算 報 告 書 ( 様 式 12)を 社 団 に 提 出 しなければならない なお 派 遣 期 間 が2 会 計 年 度 に 亙 る 派 遣 研 究 者 については 各 々の 会 計 年 度 毎 に 研 究 実 績 報 告 書 を 社 団 に 提 出 しなければならない 2. 社 団 は 研 究 成 果 の 報 告 を 刊 行 物 等 により 公 表 することができる 3. 派 遣 された 研 究 者 が 派 遣 による 研 究 成 果 を 発 表 する 場 合 には 社 団 及 び 派 遣 先 機 関 等 の 承 諾 を 得 ると 共 に 当 該 研 究 が 社 団 の 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 の 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 に よるものである 旨 を 明 記 しなければならない 第 9. その 他 当 事 業 採 択 後 において 社 団 が 提 示 する 書 類 の 提 出 及 びその 期 限 を 守 らないなど 事 業 の 円 滑 な 実 施 に 支 障 を 来 たす 者 については 採 択 の 取 り 消 しを 行 うことがありますので 十 分 留 意 して 下 さい 4

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-19 号 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 19 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 -

More information

(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc)

(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc) 平 成 2 8 年 度 広 島 県 環 境 浄 化 産 業 クラスター 形 成 事 業 補 助 金 公 募 要 領 に 4 応 募 月 を 締 15 締 切 め 日 切 ( り, 金 ),5 原 則 月 として, 20 日 ( 応 金 募 ),6 締 切 から10 月 17 日 ( 以 金 内 ),8 に 審 月 査 26 を, 日 審 ( 査 金 日 ),10 月 28 日 ( 金 ) ムページにおいて

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

平成16年規程第36号_旅費規程

平成16年規程第36号_旅費規程 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 16 年 規 程 第 36 号 最 近 改 正 平 成 27 年 規 程 第 24 号 旅 費 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 16 年 6 月 11 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 理 事 長 北 原 保 雄 旅 費 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 9 条 ) 第 2 章

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 旅 費 規 程 制 定 平 成 16 規 程 第 27 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 32 号 平 成 17 規 程 第 63 号 平 成 18 規 程 第 31 号 平 成 18 規 程 第 60 号 平 成 19 規 程 第 19 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 国 内 旅 費 ( 第

More information

このガイドブックは 研 究 者 の 方 が 実 際 に 研 究 費 を 執 行 する 際 に 知 っておく 必 要 があるルール と 手 続 きについてまとめたものです このガイドブックは 科 学 研 究 費 や 公 的 資 金 による 受 託 研 究 費 の 取 扱 いを 主 として 作 成 して

このガイドブックは 研 究 者 の 方 が 実 際 に 研 究 費 を 執 行 する 際 に 知 っておく 必 要 があるルール と 手 続 きについてまとめたものです このガイドブックは 科 学 研 究 費 や 公 的 資 金 による 受 託 研 究 費 の 取 扱 いを 主 として 作 成 して 2011 年 度 版 ( 改 訂 版 ) 科 学 研 究 費 受 託 寄 附 研 究 費 執 行 ガイドブック 近 畿 大 学 学 術 研 究 支 援 部 無 断 転 載 転 用 を 禁 ず このガイドブックは 研 究 者 の 方 が 実 際 に 研 究 費 を 執 行 する 際 に 知 っておく 必 要 があるルール と 手 続 きについてまとめたものです このガイドブックは 科 学 研 究 費

More information

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 旅 費 取 扱 要 項 平 成 19 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 旅 行 日 数 及 び 発 着 地 ) 第 1 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による ただし, 公 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 要 した 日 数 を 除

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

ついて 前 項 の 規 定 による 旅 費 の 精 算 をしなければならない 3 第 1 項 に 規 定 する 計 算 及 び 精 算 に 必 要 な 書 類 について, 別 に 定 めるところによる ( 実 費 支 給 の 原 則 ) 第 8 条 この 規 程 において 実 費 の 支 給 を 受

ついて 前 項 の 規 定 による 旅 費 の 精 算 をしなければならない 3 第 1 項 に 規 定 する 計 算 及 び 精 算 に 必 要 な 書 類 について, 別 に 定 めるところによる ( 実 費 支 給 の 原 則 ) 第 8 条 この 規 程 において 実 費 の 支 給 を 受 学 校 法 人 南 九 州 学 園 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 校 務 のため 国 内 又 は 海 外 に 出 張 する, 学 校 法 人 南 九 州 学 園 の 設 置 する 南 九 州 大 学, 南 九 州 短 期 大 学 及 び 事 務 局 ( 以 下 学 園 という )の 教 職 員 に 支 給 する 旅 費 に 関 する 事 項 を

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

目 次 1. 募 集 に つ い て 1 2. 補 助 の 対 象 と な る 経 費 等 3 3. 留 意 事 項 等 4 4. 提 出 書 類 に つ い て 6 5. 補 助 基 礎 額 算 出 基 準 及 び 審 査 について 7 6. 記 入 上 の 注 意 事 項 9 問 合 せ 先 1

目 次 1. 募 集 に つ い て 1 2. 補 助 の 対 象 と な る 経 費 等 3 3. 留 意 事 項 等 4 4. 提 出 書 類 に つ い て 6 5. 補 助 基 礎 額 算 出 基 準 及 び 審 査 について 7 6. 記 入 上 の 注 意 事 項 9 問 合 せ 先 1 要 望 書 の 提 出 締 切 日 平 成 27 年 7 月 8 日 ( 水 )( 必 着 ) 提 出 先 文 化 庁 文 化 部 芸 術 文 化 課 支 援 推 進 室 育 成 係 100-8959 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3-2-2 提 出 方 法 は 特 定 記 録 郵 便 による 郵 送 のみ ( 持 参 不 可 ) 封 筒 の 表 に 平 成 26 年 度 優 れた 現 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

1-1 表紙・目次

1-1 表紙・目次 平 成 28 年 5 月 31 日 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース ~ 奨 学 金 等 に 係 る 事 務 手 続 きの 手 引 き 第 2 期 生 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 グローバル 人 材 育 成 部 グローバル 人 材 育 成 企 画 課 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd 投 資 家 向 け 情 報 チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うための ビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 CzechRepublic チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うためのビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 本 資 料 作 成 に 当 たり チェコの

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 等 及 び 学 外 者 の 旅 費 の 支 給 に 関 する 規 程 制 定 平 成 27. 4. 1 規 程 157 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 における 業 務 を 遂 行 するために 旅 行 す る 教 職 員 等 及

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

司 令  副 長  運用班長

司 令  副 長  運用班長 平 成 25 年 8 月 1 日 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 における 携 帯 電 話 サービスのための 携 帯 電 話 基 地 局 の 設 置 事 前 調 査 及 び 設 置 工 事 に 関 する 業 者 の 募 集 について 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 司 令 富 田 清 浩 東 京 都 小 笠 原 村 硫 黄 島 における 在 島 隊 員 の 福 利

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

目 次 はじめに... 1 第 1 章 コンサルタント 等 契 約 における 経 費 見 積 りの 留 意 点... 2 (1) JICA の 積 算 基 準 に 基 づく 見 積 り... 2 (2) 海 外 での 業 務 を 主 体 とする 業 務... 2 (3) 選 定 評 価 における 価

目 次 はじめに... 1 第 1 章 コンサルタント 等 契 約 における 経 費 見 積 りの 留 意 点... 2 (1) JICA の 積 算 基 準 に 基 づく 見 積 り... 2 (2) 海 外 での 業 務 を 主 体 とする 業 務... 2 (3) 選 定 評 価 における 価 コンサルタント 等 契 約 における 見 積 書 作 成 ガイドライン 2014 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 調 達 部 目 次 はじめに... 1 第 1 章 コンサルタント 等 契 約 における 経 費 見 積 りの 留 意 点... 2 (1) JICA の 積 算 基 準 に 基 づく 見 積 り... 2 (2) 海 外 での 業 務 を 主 体 とする 業

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G(グローバル) 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 就 業 規 則 第 5 条 第 1 項 により 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 に 勤 務 するG 職 員 ( 以 降 職 員 と 言 う)に 対 する 給 与 及 び 賞 与 等 に 関 す る 事 項

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 須 坂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 25 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 52,53 2,86,482 523,994 3,612,15

More information

標準的な運用手引き

標準的な運用手引き 旅 費 業 務 に 関 する 標 準 マニュアル Ver.1-1 2008 年 11 月 各 府 省 等 申 合 せ 2010 年 8 月 改 定 目 次 Ⅰ. 旅 費 に 関 する 業 務 決 裁 手 続 の 流 れ 3 Ⅱ. 旅 費 請 求 等 に 必 要 な 書 類 4 Ⅲ. 旅 費 の 種 類 4 Ⅳ. 旅 費 の 標 準 的 取 扱 いと 留 意 点 1. 旅 行 経 路 方 法 の 選

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

目 次 Ⅰ. 科 研 費 の 概 要 1 Ⅱ. 執 行 について 全 体 的 な 注 意 事 項 5 物 品 費 ( 設 備 備 品 費 消 耗 品 費 ) 5 旅 費 ( 国 内 旅 費 海 外 旅 費 招 聘 ) 6 謝 金 等 10 その 他 11 Ⅲ.よくある 質 問 (FAQ) 13 Ⅳ.

目 次 Ⅰ. 科 研 費 の 概 要 1 Ⅱ. 執 行 について 全 体 的 な 注 意 事 項 5 物 品 費 ( 設 備 備 品 費 消 耗 品 費 ) 5 旅 費 ( 国 内 旅 費 海 外 旅 費 招 聘 ) 6 謝 金 等 10 その 他 11 Ⅲ.よくある 質 問 (FAQ) 13 Ⅳ. 平 成 26(2014) 年 度 科 研 費 等 外 部 資 金 手 続 マニュアル 飯 田 市 歴 史 研 究 所 総 務 係 2014 年 4 月 改 訂 目 次 Ⅰ. 科 研 費 の 概 要 1 Ⅱ. 執 行 について 全 体 的 な 注 意 事 項 5 物 品 費 ( 設 備 備 品 費 消 耗 品 費 ) 5 旅 費 ( 国 内 旅 費 海 外 旅 費 招 聘 ) 6 謝 金 等 10 その

More information

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます 種 子 屋 久 高 速 船 株 式 会 社 運 送 約 款 旅 客 運 送 の 部 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 運 送 約 款 は 当 社 が 経 営 する 航 路 で 行 う 旅 客 及 び 手 回 り 品 の 運 送 に 適 用 され ます 2 この 運 送 約 款 に 定 めのない 事 項 については 法 令 の 規 定 又 は 一 般 の 慣 習 によります

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

人口動態がもたらすアジアの成長連鎖

人口動態がもたらすアジアの成長連鎖 新 興 国 経 済 2013 年 8 月 8 日 全 7 頁 人 口 動 態 がもたらすアジアの 成 長 連 鎖 ポスト 中 国 はインドネシア インドシナ フィリピンか 経 済 調 査 部 アジアリサーチ ヘッド 児 玉 卓 [ 要 約 ] アジアの 特 徴 は 多 様 な 発 展 段 階 の 国 が 存 在 し 先 発 国 から 後 発 国 へ そのまた 後 発 国 へと 成 長 の 核 が 引

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)テルアビブ 事 務 所 がリテイン 契 約 に 基 づ き 現 地 法 律 事 務 所 Business Data Israel に 作 成 委 託 し 入 手 した 情

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)テルアビブ 事 務 所 がリテイン 契 約 に 基 づ き 現 地 法 律 事 務 所 Business Data Israel に 作 成 委 託 し 入 手 した 情 イスラエルの 税 制 監 査 制 度 ハンドブック 2014 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) テルアビブ 事 務 所 進 出 企 業 支 援 知 的 財 産 部 進 出 企 業 支 援 課 本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)テルアビブ 事 務 所 がリテイン

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」平成28年度後期(第5期)募集、平成28年度前期(第4期)応募状況及び支援企業・団体について

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」平成28年度後期(第5期)募集、平成28年度前期(第4期)応募状況及び支援企業・団体について 平 成 27 年 12 月 14 日 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 平 成 28 年 度 後 期 ( 第 5 期 ) 募 集 平 成 28 年 度 前 期 ( 第 4 期 ) 応 募 状 況 及 び 支 援 企 業 団 体 について このたび 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件 Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 L814-0010-00 8/2014 第 1 章 共 通 条 項 本 保 証 の 内 容 と 制 限 ( 以 下 本 書 といいます) は 第 1 章 - 共 通 条 項 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 および 第 3 章 - 保 証 情 報 により 構 成 されています 第 2 章 には 第 1 章 記 載 の 条 項 を 置 き 換 えた

More information

精神・神経疾患研究開発費 事務取扱要領

精神・神経疾患研究開発費 事務取扱要領 平 成 2 8 年 度 精 神 神 経 疾 患 研 究 開 発 費 事 務 取 扱 要 領 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター -0- 研 究 者 各 位 精 神 神 経 疾 患 研 究 開 発 費 の 適 正 な 取 扱 について 精 神 神 経 疾 患 研 究 開 発 費 の 取 扱 いについては 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

別紙1~9

別紙1~9 国 際 戦 略 港 国 際 拠 点 港 重 要 港 湾 の 一 覧 別 紙 1 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 国 際 戦 略 港 湾 東 京 都 東 京 港 重 要 港 湾 大 阪 府 阪 南 港 神 奈 川 県 横 浜 港 尼 崎 西 宮 芦 屋 港 兵 庫 県 川 崎 港 東 播 磨 港 大 阪 府 大 阪 港 和 歌 山 県 日 高 港 国 際 拠 点

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

H20

H20 慶 應 義 塾 大 学 大 学 院 博 士 課 程 学 生 研 究 支 援 プログラム 遂 行 要 領 (Keio University Doctorate Student Grant-in-Aid Program) H27.4 Ⅰ. 報 告 書 の 提 出 について 学 術 研 究 用 として 適 正 な 会 計 処 理 をする 関 係 上 塾 内 研 究 費 等 補 助 金 を 受 けた 場 合

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

ninki-kyuyo

ninki-kyuyo 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://jtb.jp/ 2016 年 ゴールデンウィークの 旅 行 動 向 2016 年 第 56 号 (2016.4.5) 節 約 志 向 はあるものの 旅 行 の 意 欲 は 堅 調 海 外 旅 行 人 数 は 昨 年 より 2.8%

More information

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究 I. 委 託 業 務 の 概 要 II. 契 約 に 関 する 事 務 手 続 III. 契 約 変 更 に 関 する 事 務 手 続 IV. 経 理 処 理 について V. 物 品 費 について VI. 人 件 費 謝 金 について. 旅 費 について P.115 1. 旅 費 交 通 費 P.116 Ⅷ. その 他 経 費 について Ⅸ. 間 接 経 費 について Ⅹ. 再 委 託 費 共 同

More information

平成28年度創業・第二創業促進補助金 補助金事務取扱説明書

平成28年度創業・第二創業促進補助金 補助金事務取扱説明書 採 択 者 向 け 平 成 28 年 度 予 算 事 業 創 業 第 二 創 業 促 進 補 助 金 ( 平 成 28 年 度 創 業 第 二 創 業 促 進 事 業 ) 補 助 金 事 務 取 扱 説 明 書 第 1 版 平 成 28 年 度 創 業 第 二 創 業 促 進 補 助 金 事 務 局 104-0045 住 所 東 京 都 中 央 区 築 地 3-17-9

More information

Microsoft Word - 20131122修正 2013年度 学会・研究出張に係る旅費等に関する運用・算出基準.doc

Microsoft Word - 20131122修正 2013年度 学会・研究出張に係る旅費等に関する運用・算出基準.doc 2013 年 11 月 22 日 修 正 版 学 会 研 究 出 張 に 係 る 旅 費 等 に 関 する 運 用 算 出 基 準 (2013 年 4 月 1 日 以 降 提 出 の 出 張 願 から 適 用 ) 本 学 教 員 等 ( 名 誉 教 授 日 本 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 等 含 む)が 大 学 の 承 認 を 得 て 学 会 出 席 または 学 術 研 究 のために 国

More information