<4D F736F F D208DC58F FB817A8BE688E6837D C52E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>"

Transcription

1 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県

2 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 5 (2) 区 域 区 分 の 方 針 6 1)おおむねの 人 口 6 2) 産 業 の 規 模 6 3) 市 街 化 区 域 のおおむねの 規 模 及 び 現 在 市 街 化 している 区 域 との 関 係 6 3 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 (1) 土 地 利 用 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 7 1) 主 要 用 途 の 配 置 の 方 針 7 2) 市 街 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 7 3) 市 街 地 における 住 宅 建 設 の 方 針 8 4) 市 街 地 において 特 に 配 慮 すべき 問 題 等 を 有 する 市 街 地 の 土 地 利 用 の 方 針 8 5) 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 の 方 針 9 (2) 都 市 施 設 の 整 備 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 10 1) 交 通 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 10 2) 下 水 道 及 び 河 川 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 12 3)その 他 の 都 市 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 14 (3) 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 15 1) 主 要 な 市 街 地 開 発 事 業 の 決 定 の 方 針 15 2) 市 街 地 整 備 の 目 標 16 (4) 自 然 的 環 境 の 整 備 又 は 保 全 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 16 1) 基 本 方 針 16 2) 主 要 な 緑 地 の 配 置 の 方 針 17 3) 実 現 のための 具 体 の 都 市 計 画 制 度 の 方 針 19 4) 主 要 な 緑 地 の 確 保 目 標 19

3 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 の 変 更 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 を 次 のように 変 更 する 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 都 市 づくりの 理 念 将 来 の 都 市 構 造 については 平 成 37 年 の 姿 として 策 定 する ま た 区 域 区 分 都 市 施 設 の 整 備 等 については 平 成 27 年 の 姿 として 策 定 する 目 標 年 次 平 成 27 年 ( 基 準 年 次 から10 年 後 ) 平 成 37 年 ( 基 準 年 次 から20 年 後 ) 田 方 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )は 伊 豆 市 伊 豆 の 国 市 及 び 函 南 町 の2 市 1 町 で 構 成 されている 本 区 域 は 静 岡 県 の 東 部 伊 豆 半 島 の 北 部 に 位 置 し 富 士 箱 根 伊 豆 国 立 公 園 に 指 定 されている 山 地 から 丘 陵 地 にかけて 広 がる 豊 かな 森 林 緑 地 や 一 級 河 川 狩 野 川 等 の 豊 かな 自 然 資 源 と 温 泉 等 の 豊 かな 観 光 資 源 を 有 している また 東 京 から100km 圏 内 という 首 都 圏 に 近 い 優 位 性 を 有 するとともに 中 南 伊 豆 地 方 への 玄 関 口 に 位 置 し 新 東 名 高 速 道 路 東 名 高 速 道 路 国 道 1 号 から 分 岐 する 国 道 136 号 や JR 東 海 道 新 幹 線 JR 東 海 道 本 線 から 分 岐 する 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 等 が 本 区 域 の 交 通 体 系 を 構 成 している これらの 既 存 ストックを 活 用 し 人 口 減 少 や 地 球 温 暖 化 対 策 への 対 応 等 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 しうる 集 約 型 都 市 構 造 の 実 現 を 目 指 す 近 年 においては 東 駿 河 湾 環 状 道 路 や 南 伊 豆 地 域 を 結 ぶ 伊 豆 縦 貫 自 動 車 道 の 整 備 が 行 われており 東 西 及 び 南 北 の 新 たな 結 節 点 となるほか 県 立 静 岡 がんセンターを 中 心 とした 富 士 山 麓 先 端 健 康 産 業 集 積 (ファルマバレー)プロジェクトの 推 進 により 首 都 圏 はもとより 世 界 に 向 けた 施 策 が 展 開 されている これらにより 観 光 レク リエーション 需 要 の 拡 大 による 交 流 の 活 性 化 や 新 たな 連 携 による 産 業 の 振 興 などが 期 待 されるため 多 様 な 交 流 のもとに 伝 統 歴 史 文 化 を 育 み 本 区 域 の 特 徴 である 自 然 環 境 と 都 市 的 環 境 が 融 合 された 都 市 の 形 成 を 図 る 今 後 はこのような 立 地 条 件 を 活 かし 都 市 づくりの 目 標 を 次 のとおり 設 定 する 1 地 域 の 特 色 を 活 かした 産 業 の 振 興 と 充 実 2 周 辺 都 市 圏 及 び 都 市 内 の 連 携 交 流 を 促 進 する 交 通 ネットワークの 形 成 3 豊 かな 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 レクリエーション 機 能 の 強 化 4 安 全 安 心 で 快 適 な 生 活 環 境 の 形 成 5 恵 まれた 自 然 資 源 の 保 全 と 環 境 負 荷 の 少 ない 集 約 型 都 市 構 造 の 形 成 6 地 域 住 民 主 体 による 都 市 づくりの 推 進 1

4 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 本 区 域 における 地 域 毎 の 市 街 地 像 は 次 に 示 すとおりである 本 区 域 は 富 士 箱 根 伊 豆 国 立 公 園 の 山 地 や 丘 陵 地 一 級 河 川 狩 野 川 等 の 豊 かな 自 然 環 境 と 調 和 共 生 した 市 街 地 の 形 成 を 図 る また 南 北 に 伸 びる 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 を 軸 としたまとまりのある 市 街 地 を 形 成 し 都 市 機 能 が 集 約 した 快 適 な 都 市 環 境 の 形 成 を 目 指 す 1) 住 宅 地 域 商 業 業 務 地 域 周 辺 の 住 宅 地 では 防 災 性 の 向 上 等 の 居 住 環 境 の 維 持 向 上 に 努 め 安 全 で 快 適 な 住 宅 地 の 形 成 を 図 る また 郊 外 部 の 住 宅 地 では 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 向 上 に 努 め 自 然 と 調 和 した ゆとりと 落 ち 着 きのある 住 宅 地 の 形 成 を 図 る 2) 商 業 業 務 地 域 本 区 域 の 中 心 的 商 業 業 務 地 域 である 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 伊 豆 長 岡 駅 周 辺 地 区 修 善 寺 駅 周 辺 地 区 及 び 函 南 町 の 間 宮 地 区 から 大 土 肥 地 区 に 至 る 幹 線 道 路 の 沿 線 は 地 域 に 根 ざした 賑 わいと 活 力 のある 都 市 拠 点 を 形 成 する また 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 大 仁 駅 周 辺 地 区 及 び 伊 豆 の 国 市 役 所 周 辺 地 区 は 温 泉 街 の 風 情 や 既 存 の 商 業 業 務 機 能 の 集 積 を 活 かした 地 域 拠 点 を 形 成 する 各 温 泉 郷 を 中 心 とした 観 光 商 業 地 においては 地 域 資 源 を 活 用 した 魅 力 ある 観 光 商 業 地 の 形 成 を 図 る その 他 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 大 場 駅 及 び 田 京 駅 を 中 心 とした 地 区 においては 近 隣 商 業 地 として 周 辺 地 区 住 民 の 暮 らしを 支 える 商 業 地 の 形 成 を 図 る 3) 工 業 地 域 伊 豆 市 横 瀬 地 区 及 び 瓜 生 野 地 区 伊 豆 の 国 市 三 福 地 区 及 び 大 仁 地 区 の 工 業 地 域 は 本 区 域 の 地 域 産 業 の 支 えとなる 産 業 拠 点 として 工 場 の 集 約 等 機 能 の 集 積 強 化 を 図 る 函 南 町 肥 田 地 区 の 工 業 地 域 は 地 域 の 産 業 振 興 に 配 慮 し 周 辺 の 土 地 利 用 との 調 和 共 存 を 図 る また 工 業 地 の 形 成 にあたっては 周 辺 環 境 との 調 和 に 配 慮 する 4) 農 業 地 域 農 業 振 興 地 域 の 農 用 地 区 域 は 農 業 生 産 の 基 盤 として 農 業 環 境 を 今 後 とも 保 全 して いく 特 に 一 級 河 川 狩 野 川 沿 い 等 の 優 良 農 地 にあっては 農 地 の 維 持 及 び 保 全 を 図 る 2

5 5) 集 落 地 域 伊 豆 の 国 市 立 花 地 区 等 の 市 街 化 調 整 区 域 内 の 既 存 住 宅 団 地 については 現 在 の 居 住 環 境 を 維 持 し 既 存 集 落 地 や 農 村 集 落 地 については 集 落 内 の 環 境 整 備 等 により 周 辺 の 自 然 環 境 や 農 業 環 境 に 調 和 した 良 好 な 居 住 環 境 の 実 現 を 目 指 す また 伊 豆 の 国 市 の 東 部 や 函 南 町 の 山 並 みに 広 がる 別 荘 地 については 今 後 とも 現 在 の 自 然 環 境 に 調 和 した 居 住 環 境 の 維 持 を 図 る 6) 自 然 保 全 地 域 一 級 河 川 狩 野 川 周 辺 の 低 地 部 と 富 士 箱 根 伊 豆 国 立 公 園 に 指 定 されている 地 域 の 山 地 から 低 地 部 にかけての 丘 陵 地 は 本 区 域 の 自 然 環 境 の 骨 格 を 形 成 する 自 然 資 源 として 今 後 も 適 切 に 保 全 を 図 る 3

6 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4

7 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 本 都 市 計 画 に 区 域 区 分 を 定 める なお 区 域 区 分 を 定 めるとした 根 拠 は 次 に 示 すとおりである 本 区 域 を 定 量 的 及 び 定 性 的 検 討 により 総 合 的 に 判 断 した 結 果 本 区 域 の 人 口 は 今 後 減 少 傾 向 になると 予 測 されるが 人 口 規 模 の 集 積 性 が 高 く 今 後 とも 良 好 な 居 住 環 境 形 成 に 資 する 都 市 基 盤 施 設 の 整 備 を 市 街 地 内 において 重 点 的 かつ 効 率 的 に 行 うこと が 必 要 であること さらに 市 街 地 の 周 辺 部 や 郊 外 部 等 における 無 秩 序 な 開 発 を 抑 制 し 本 区 域 の 貴 重 な 財 産 である 自 然 環 境 を 保 全 する 必 要 があること 以 上 のことから 本 都 市 計 画 においては 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 止 し 計 画 的 な 市 街 化 を 図 るために 区 域 区 分 制 度 を 導 入 していくものである 5

8 (2) 区 域 区 分 の 方 針 1)おおむねの 人 口 本 区 域 の 将 来 におけるおおむねの 人 口 を 次 のとおり 想 定 する 年 次 平 成 17 年 平 成 27 年 区 分 ( 基 準 年 ) ( 基 準 年 の10 年 後 ) 都 市 計 画 区 域 内 人 口 千 人 おおむね100.0 千 人 市 街 化 区 域 内 人 口 60.0 千 人 おおむね 58.4 千 人 ( 注 ) 市 街 化 区 域 内 人 口 は 保 留 された 人 口 を 含 むものとする 2) 産 業 の 規 模 本 区 域 の 将 来 における 産 業 の 規 模 を 次 のとおり 想 定 する 年 次 平 成 17 年 平 成 27 年 区 分 ( 基 準 年 ) ( 基 準 年 の10 年 後 ) 生 産 規 模 工 業 出 荷 額 卸 小 売 販 売 額 2,223 億 円 1,539 億 円 1,976 億 円 1,459 億 円 就 業 構 造 第 1 次 産 業 3.8 千 人 (5.9%) 3.0 千 人 (4.9%) 第 2 次 産 業 18.2 千 人 (28.3%) 14.8 千 人 (24.6%) 第 3 次 産 業 42.4 千 人 (65.8%) 42.4 千 人 (70.5%) 3) 市 街 化 区 域 のおおむねの 規 模 及 び 現 在 市 街 化 している 区 域 との 関 係 本 区 域 における 人 口 産 業 の 見 通 しに 基 づき かつ 市 街 化 の 現 況 及 び 動 向 を 勘 案 し 平 成 17 年 時 点 で 市 街 化 している 区 域 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 域 を 市 街 化 区 域 とすることとし 市 街 化 区 域 のおおむねの 規 模 を 次 の とおり 想 定 する 平 成 27 年 年 次 ( 基 準 年 の10 年 後 ) 市 街 化 区 域 面 積 1,222.9ha ( 注 ) 市 街 化 区 域 面 積 は 平 成 27 年 時 点 における 人 口 の 保 留 フレームに 対 応 する 市 街 化 区 域 面 積 を 含 まないものとする 6

9 3 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 (1) 土 地 利 用 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 主 要 用 途 の 配 置 の 方 針 下 記 方 針 の 住 宅 地 商 業 業 務 地 工 業 地 に 関 する 記 述 は 特 記 する 以 外 は 全 て 現 在 の 市 街 化 区 域 内 での 方 針 である 1 住 宅 地 商 業 業 務 地 域 の 周 辺 については 中 規 模 な 集 合 住 宅 と 戸 建 て 住 宅 が 併 存 した 居 住 環 境 の 形 成 を 図 り 他 用 途 との 共 存 に 配 慮 した 利 便 性 の 高 い 住 宅 地 として 配 置 す る 郊 外 の 住 宅 地 については 戸 建 てを 中 心 としたゆとりとうるおいのある 住 宅 地 と して 配 置 する 2 商 業 業 務 地 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 伊 豆 長 岡 駅 周 辺 地 区 及 び 修 善 寺 駅 周 辺 地 区 は 商 業 業 務 機 能 が 集 積 した 区 域 の 中 心 商 業 業 務 地 として 配 置 する 主 要 地 方 道 熱 海 函 南 線 の 幹 線 道 路 沿 道 地 区 は 沿 道 型 の 近 隣 商 業 業 務 地 として 配 置 する また 東 駿 河 湾 環 状 道 路 の 沿 道 については 当 該 地 域 の 都 市 構 造 上 の 位 置 や 土 地 利 用 の 現 況 動 向 等 を 適 切 に 判 断 した 上 で 沿 道 型 の 近 隣 商 業 業 務 地 と しての 配 置 を 検 討 する 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 大 仁 駅 周 辺 地 区 及 び 伊 豆 の 国 市 役 所 周 辺 地 区 は 観 光 商 業 機 能 と 業 務 機 能 が 併 存 した 商 業 業 務 地 として 配 置 する また 伊 豆 市 修 善 寺 温 泉 郷 地 区 伊 豆 の 国 市 長 岡 温 泉 郷 地 区 及 び 古 奈 温 泉 郷 地 区 は 賑 わいと 交 流 の 場 となる 観 光 商 業 地 として 配 置 する 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 大 場 駅 周 辺 地 区 及 び 田 京 駅 周 辺 地 区 は 日 常 生 活 に 資 する 近 隣 商 業 地 として 配 置 する 3 工 業 地 伊 豆 市 横 瀬 地 区 及 び 瓜 生 野 地 区 伊 豆 の 国 市 三 福 地 区 及 び 大 仁 地 区 を 工 業 地 とし て 配 置 する 函 南 町 肥 田 地 区 については 地 域 の 産 業 振 興 を 図 るため 周 辺 の 土 地 利 用 と 共 存 を 図 る 工 業 地 として 配 置 する また 伊 豆 縦 貫 自 動 車 道 等 の 整 備 に 合 わせ 新 たな 工 業 地 需 要 に 対 応 して 農 林 業 等 との 調 整 を 行 い 周 辺 の 環 境 に 調 和 した 工 業 地 の 配 置 を 検 討 する 2) 市 街 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 1 住 宅 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 商 業 業 務 地 域 周 辺 の 住 宅 地 は 中 密 度 住 宅 地 として 土 地 利 用 を 図 る 郊 外 部 の 住 宅 地 は 戸 建 て 住 宅 を 中 心 とした 良 好 な 低 密 度 住 宅 地 として 土 地 利 用 を 図 る 7

10 2 商 業 業 務 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 中 心 商 業 業 務 地 及 び 観 光 商 業 地 は 高 密 度 な 商 業 業 務 地 として 機 能 の 集 積 を 図 る 近 隣 商 業 地 及 び 沿 道 型 近 隣 商 業 地 は 日 常 生 活 を 営 むにあたって 利 用 される 低 中 密 度 商 業 地 区 として 土 地 利 用 を 図 る 3 工 業 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 工 業 系 の 土 地 利 用 に 特 化 している 工 業 地 は 工 業 機 能 の 集 積 を 図 る その 他 の 工 業 系 の 用 途 地 域 は 住 宅 等 との 混 在 が 許 容 される 軽 工 業 系 地 区 として 周 辺 環 境 に 配 慮 しつつ 地 域 の 産 業 等 の 振 興 を 図 る 3) 市 街 地 における 住 宅 建 設 の 方 針 既 成 市 街 地 の 一 部 では 都 市 基 盤 が 未 整 備 のまま 住 宅 地 が 形 成 され 狭 あい 道 路 広 場 等 の 不 足 など 防 災 の 面 からも 住 環 境 の 改 善 が 望 まれる このため 面 的 整 備 や 地 区 計 画 制 度 その 他 補 完 的 な 整 備 により 道 路 や 公 園 等 の 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 りつ つ 建 築 物 の 防 災 性 の 向 上 バリアフリーや 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 普 及 促 進 とともに 用 途 の 純 化 を 進 め 良 好 な 居 住 環 境 の 形 成 を 図 る また 市 街 地 内 に 点 在 する 低 未 利 用 地 については 土 地 区 画 整 理 事 業 や 地 区 計 画 制 度 等 の 活 用 を 検 討 し 良 好 な 住 宅 地 の 供 給 を 図 る 新 市 街 地 では 面 的 整 備 等 により 基 盤 整 備 を 先 行 し 敷 地 にゆとりある 住 宅 地 の 供 給 を 図 る 4) 市 街 地 において 特 に 配 慮 すべき 問 題 等 を 有 する 市 街 地 の 土 地 利 用 の 方 針 1 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 方 針 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 の 伊 豆 長 岡 駅 周 辺 地 区 大 仁 駅 周 辺 地 区 及 び 修 善 寺 駅 周 辺 地 区 は 都 市 基 盤 の 整 備 や 商 業 施 設 の 集 約 化 等 により 土 地 の 高 度 利 用 都 市 機 能 の 更 新 を 図 る 2 用 途 転 換 用 途 純 化 又 は 用 途 の 複 合 化 に 関 する 方 針 住 宅 地 区 内 に 混 在 する 工 場 の 工 業 系 用 途 地 域 への 移 転 を 促 進 し 用 途 の 純 化 を 図 る 東 駿 河 湾 環 状 道 路 の 沿 道 地 区 については 土 地 利 用 の 現 況 や 動 向 将 来 都 市 像 と の 整 合 を 踏 まえ 用 途 地 域 の 変 更 等 の 用 途 転 換 を 検 討 する 3 居 住 環 境 の 改 善 又 は 維 持 に 関 する 方 針 狭 あいな 道 路 が 多 く 基 盤 整 備 を 行 わないまま 住 宅 地 として 市 街 化 が 進 んだ 地 区 は 道 路 等 の 整 備 にあわせ 必 要 に 応 じて 地 区 計 画 制 度 等 の 導 入 により 居 住 環 境 の 改 善 を 図 る 4 市 街 化 区 域 内 の 緑 地 又 は 都 市 の 風 致 の 維 持 に 関 する 方 針 一 級 河 川 狩 野 川 の 河 川 緑 地 歴 史 文 化 財 の 社 寺 等 と 一 体 となった 良 好 な 樹 林 地 等 は 本 区 域 の 象 徴 となる 景 観 として 積 極 的 に 保 全 を 図 る 8

11 5) 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 の 方 針 1 優 良 な 農 地 との 健 全 な 調 和 に 関 する 方 針 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 基 づく 農 用 地 区 域 は 生 産 性 の 高 い 農 業 経 営 を 確 立 する 上 でその 根 幹 をなすものであるため 今 後 ともその 保 全 を 図 る 2 災 害 防 止 の 観 点 から 必 要 な 市 街 化 の 抑 制 に 関 する 方 針 一 級 河 川 狩 野 川 に 隣 接 する 浸 水 想 定 区 域 においては 無 秩 序 な 市 街 化 の 抑 制 を 図 る また 市 街 地 を 取 り 巻 く 森 林 農 地 などは それらが 有 する 保 水 遊 水 機 能 等 の 災 害 防 止 機 能 が 維 持 されるよう 無 秩 序 な 開 発 を 抑 制 していく 土 砂 災 害 特 別 警 戒 区 域 においては 開 発 及 び 住 宅 の 新 規 立 地 等 の 規 制 を 図 る ま た 土 砂 災 害 警 戒 区 域 砂 防 指 定 地 地 すべり 防 止 区 域 及 び 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 区 域 の 適 切 な 管 理 や それらと 近 接 隣 接 する 地 区 における 適 正 な 土 地 利 用 規 制 の 実 施 により 災 害 の 未 然 防 止 に 努 める その 他 湛 水 土 砂 災 害 等 のおそれがある 区 域 についても 開 発 を 抑 制 する 3 自 然 環 境 形 成 の 観 点 から 必 要 な 保 全 に 関 する 方 針 富 士 箱 根 伊 豆 国 立 公 園 に 指 定 されている 地 域 は 自 然 地 として 保 全 すべき 区 域 と し 丘 陵 地 の 緑 地 及 び 一 級 河 川 狩 野 川 等 の 河 川 は 人 と 自 然 のふれあいの 場 として の 利 用 を 図 りつつ 良 好 な 自 然 環 境 の 保 全 を 図 る 自 然 環 境 保 全 地 域 に 指 定 されて いる 地 域 は 原 生 的 な 状 態 を 維 持 すべき 区 域 として 良 好 な 自 然 環 境 の 保 全 を 図 る 4 秩 序 ある 都 市 的 土 地 利 用 の 実 現 に 関 する 方 針 計 画 的 な 市 街 地 整 備 の 検 討 を 行 う 地 区 は 都 市 計 画 上 の 影 響 を 予 測 した 立 地 評 価 を 行 い 整 備 の 見 通 しが 明 らかになった 段 階 で 保 留 されたフレームの 範 囲 内 にお いて 農 林 業 等 との 調 整 を 行 った 後 市 街 化 区 域 に 編 入 し 計 画 的 な 整 備 を 図 る また 既 存 集 落 地 の 居 住 環 境 の 維 持 向 上 を 図 る 地 域 や 住 居 系 等 の 計 画 開 発 地 で 周 辺 環 境 と 調 和 した 良 好 な 開 発 を 許 容 する 地 域 は 地 区 計 画 制 度 の 活 用 を 検 討 す る 既 に 都 市 的 土 地 利 用 がなされている 地 域 においては 基 盤 整 備 の 状 況 今 後 の 見 通 しなど 総 合 的 に 判 断 し 都 市 計 画 上 の 位 置 づけを 検 討 する 9

12 (2) 都 市 施 設 の 整 備 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 交 通 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1 基 本 方 針 ア. 交 通 体 系 の 整 備 の 方 針 本 区 域 には 伊 豆 半 島 の 南 北 及 び 東 西 軸 の 交 通 体 系 を 支 える 幹 線 道 路 が 配 置 され ており 南 北 方 向 には3 3 6 三 島 函 南 線 ( 国 道 136 号 ) 及 び3 5 2 相 之 瀬 向 山 線 ( 国 道 136 号 ) 国 道 136 号 バイパス( 伊 豆 中 央 道 修 善 寺 道 路 等 ) 国 道 414 号 伊 豆 ス カイラインが 配 置 されており 東 西 方 向 には3 4 9 間 宮 平 井 線 などの 主 要 な 道 路 が 配 置 されている 鉄 道 施 設 では 函 南 町 にJR 東 海 道 本 線 函 南 駅 が 設 置 されているほか 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 が 南 北 に 配 置 運 行 されている また 東 駿 河 湾 環 状 線 ( 東 駿 河 湾 環 状 道 路 ) 天 城 北 道 路 の 整 備 が 進 めら れ 伊 豆 縦 貫 自 動 車 道 についても 整 備 が 予 定 されており 新 たな 広 域 的 骨 格 道 路 の 整 備 により 文 化 経 済 産 業 の 振 興 が 期 待 されている 一 方 本 区 域 は 地 形 的 な 制 約 により 拠 点 となる 地 域 が 点 在 しており 拠 点 間 の 交 通 は 主 要 幹 線 道 路 が 担 っている このため 域 外 交 通 と 域 内 交 通 の 分 離 が 十 分 でな く 観 光 交 通 等 により 休 日 などには 慢 性 的 な 交 通 渋 滞 が 生 じ 都 市 間 及 び 拠 点 間 の 交 通 の 支 障 となっている 以 上 のことから 交 通 混 雑 の 緩 和 を 図 ることにより 都 市 間 及 び 拠 点 間 の 連 携 を 強 化 する 必 要 がある さらに 高 齢 化 の 進 展 地 球 温 暖 化 対 策 への 対 応 等 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 交 通 体 系 の 構 築 が 求 められる このため 本 区 域 においては 以 下 のような 基 本 方 針 のもとに 整 備 を 図 る 将 来 の 土 地 利 用 と 整 合 のとれた 交 通 体 系 の 整 備 を 図 り 秩 序 ある 市 街 地 形 成 の 誘 導 を 進 める 道 路 網 については 域 内 交 通 と 域 外 交 通 の 分 離 拠 点 間 の 連 携 強 化 に 資 する 道 路 網 の 整 備 を 進 め 都 市 拠 点 周 辺 の 混 雑 緩 和 本 区 域 と 周 辺 市 町 との 連 絡 性 の 向 上 区 域 内 の 各 都 市 拠 点 の 発 展 を 図 る 鉄 道 バス 等 の 公 共 交 通 の 利 用 促 進 を 図 るとともに 自 動 車 交 通 との 連 携 を 図 り 適 正 な 機 能 分 担 とそれらの 体 系 化 を 図 る 交 通 施 設 計 画 にあたっては 交 通 需 要 管 理 にも 十 分 配 慮 し 効 率 的 な 交 通 体 系 の 構 築 を 図 る イ. 整 備 水 準 の 目 標 平 成 17 年 現 在 都 市 計 画 道 路 については 市 街 化 区 域 内 において0.1km/km 2 が 整 備 されているが 今 後 交 通 体 系 の 整 備 の 方 針 に 基 づき 整 備 の 促 進 を 図 るものとし 基 準 年 次 からおおむね20 年 後 には 0.5km/km 2 になることを 目 標 として 整 備 を 進 める その 他 の 交 通 施 設 については 可 能 な 限 り 長 期 的 な 視 点 から 整 備 を 図 る 10

13 2 主 要 な 施 設 の 配 置 の 方 針 ア. 道 路 将 来 の 交 通 需 要 に 対 応 するため 今 後 以 下 の 道 路 を 配 置 し 円 滑 な 自 動 車 交 通 の 確 保 及 び 機 能 的 な 道 路 網 の 構 成 を 図 る 自 動 車 専 用 道 路 南 北 方 向 の 広 域 交 通 軸 となる 道 路 として1 6 1 東 駿 河 湾 環 状 線 ( 東 駿 河 湾 環 状 道 路 ) 天 城 北 道 路 伊 豆 縦 貫 自 動 車 道 国 道 136 号 バイパス( 修 善 寺 道 路 ) を 配 置 する 主 要 幹 線 道 路 本 区 域 と 東 駿 河 湾 都 市 圏 及 び 伊 豆 半 島 の 南 部 地 域 を 相 互 に 連 絡 し 本 区 域 の 南 北 方 向 の 主 要 な 交 通 軸 を 形 成 する 道 路 として3 3 6 三 島 函 南 線 ( 国 道 136 号 ) 相 之 瀬 向 山 線 ( 国 道 136 号 ) 国 道 136 号 バイパス( 伊 豆 中 央 道 等 )を 配 置 する ま た 東 駿 河 湾 都 市 圏 と 連 絡 する3 2 4 東 駿 河 湾 環 状 線 ( 東 駿 河 湾 環 状 道 路 ) 国 道 414 号 静 浦 長 岡 線 ( 国 道 414 号 バイパス)を 配 置 するほか 本 区 域 の 東 端 に 南 北 方 向 の 交 通 軸 を 確 保 するため 伊 豆 スカイライン 主 要 地 方 道 熱 海 箱 根 峠 線 を 配 置 する 東 西 方 向 の 主 要 な 交 通 軸 を 形 成 する 道 路 として 伊 豆 半 島 の 東 海 岸 地 域 と 連 絡 す る3 4 9 間 宮 平 井 線 飯 塚 オソクマ 線 主 要 地 方 道 伊 東 大 仁 線 主 要 地 方 道 熱 海 大 仁 線 を 配 置 する また 伊 豆 半 島 の 西 海 岸 地 域 を 結 ぶ 道 路 として 主 要 地 方 道 修 善 寺 戸 田 線 を 配 置 する 幹 線 道 路 主 要 幹 線 道 路 を 軸 とした 段 階 的 道 路 網 の 確 立 と 安 全 かつ 円 滑 な 交 通 網 を 確 保 する 道 路 として 肥 田 仁 田 線 八 ッ 溝 仁 田 線 平 井 仁 田 線 伊 豆 長 岡 駅 前 通 線 一 般 県 道 静 浦 港 韮 山 停 車 場 線 等 の 幹 線 道 路 や 補 助 幹 線 道 路 区 画 街 路 等 を 配 置 する また 既 存 主 要 道 路 の 拡 幅 歩 車 道 の 分 離 交 差 点 改 良 等 により 交 通 の 円 滑 化 と 安 全 性 の 確 保 を 図 る イ. 駅 前 広 場 交 通 の 結 節 点 である 伊 豆 箱 根 鉄 道 駿 豆 線 修 善 寺 駅 においては 駅 前 広 場 を 配 置 す るとともに 駅 前 広 場 の 整 備 を 検 討 し 交 通 の 結 節 点 としての 機 能 の 向 上 を 図 る 11

14 3 主 要 な 施 設 の 整 備 目 標 優 先 的 に 基 準 年 次 からおおむね10 年 以 内 に 整 備 することを 予 定 する 施 設 種 別 名 称 東 駿 河 湾 環 状 線 ( 函 南 町 ) 伊 豆 縦 貫 自 動 車 道 ( 函 南 町 ) 東 駿 河 湾 環 状 線 ( 函 南 町 ) 静 浦 長 岡 線 ( 伊 豆 の 国 市 ) 三 島 函 南 線 ( 函 南 町 ) 道 路 肥 田 仁 田 線 ( 函 南 町 ) 八 ッ 溝 仁 田 線 ( 函 南 町 ) 間 宮 平 井 線 ( 函 南 町 ) 平 井 仁 田 線 ( 函 南 町 ) 伊 豆 長 岡 駅 前 通 線 ( 伊 豆 の 国 市 ) 修 善 寺 駅 前 広 場 (3 5 1 駅 北 線 )( 伊 豆 市 ) ( 注 ) 都 市 計 画 道 路 については 10 年 以 内 に 着 手 するものから 部 分 暫 定 完 成 完 成 及 び 整 備 することが 望 ましいものすべてを 含 む 2) 下 水 道 及 び 河 川 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1 基 本 方 針 ア. 下 水 道 及 び 河 川 の 整 備 の 方 針 下 水 道 本 区 域 は 一 級 河 川 狩 野 川 の 上 流 域 をはじめとする 公 共 用 水 域 を 有 しており これ らの 良 好 な 水 質 を 保 全 するとともに 生 活 環 境 の 改 善 を 図 るため 公 共 下 水 道 の 基 本 計 画 に 基 づき 下 水 道 の 整 備 を 促 進 する また 基 本 計 画 により 定 めた 公 共 下 水 道 の 整 備 区 域 外 では 生 活 排 水 等 による 農 業 用 水 及 び 河 川 の 汚 濁 を 防 止 するために 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 の 整 備 の 推 進 や 合 併 処 理 浄 化 槽 などの 普 及 を 促 進 する さらに 雨 水 については 河 川 等 その 他 の 排 水 施 設 との 役 割 分 担 を 図 り 下 水 道 の 整 備 を 促 進 し 浸 水 地 域 の 解 消 に 努 めていく 河 川 本 区 域 は 一 級 河 川 狩 野 川 水 系 に 属 する 狩 野 川 大 見 川 古 川 修 善 寺 川 山 田 川 深 沢 川 長 瀬 川 戸 沢 川 韮 山 古 川 大 場 川 柿 沢 川 来 光 川 函 南 観 音 川 その 他 中 小 河 川 の 流 域 に 属 している 今 後 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 できるよう 河 川 整 備 計 画 等 に 基 づき 計 画 的 な 河 川 改 修 を 推 進 する また 流 域 における 良 好 な 水 循 環 系 を 構 築 するため 森 林 湖 沼 及 び 農 耕 地 の 保 全 を 図 るとともに 雨 水 流 出 抑 制 策 の 促 進 等 を 含 めた 総 合 的 な 治 水 対 策 を 推 進 する 12

15 イ. 整 備 水 準 の 目 標 下 水 道 本 区 域 における 基 準 年 次 からおおむね10 年 後 の 公 共 下 水 道 の 処 理 人 口 に 対 する 整 備 率 を 次 のとおりとする 伊 豆 市 96% 伊 豆 の 国 市 100% 函 南 町 87% 河 川 中 小 河 川 においては 当 面 時 間 雨 量 50mm 程 度 又 は 年 超 過 確 率 でおおむね1/5 以 上 の 降 雨 に 対 応 できる 流 下 能 力 を 確 保 するよう 河 川 の 改 修 に 努 める 2 主 要 な 施 設 の 配 置 の 方 針 下 水 道 本 区 域 では 汚 水 処 理 及 び 雨 水 排 除 のため 狩 野 川 流 域 下 水 道 事 業 及 び 公 共 下 水 道 事 業 の 全 体 計 画 に 基 づき 下 水 の 処 理 施 設 を 配 置 する 終 末 処 理 場 として 土 肥 浄 化 センター 湯 ヶ 島 クリーンセンター 白 岩 浄 化 セン ター 東 部 浄 化 センターを 配 置 する 雨 水 渠 については 河 川 事 業 等 と 連 携 しつつ 排 水 不 良 地 域 や 浸 水 地 域 の 解 消 を 目 指 して 配 置 する 公 共 下 水 道 事 業 の 全 体 計 画 区 域 内 で 公 共 下 水 道 の 整 備 に 期 間 を 要 する 区 域 におい ては 生 活 排 水 等 による 河 川 の 汚 濁 を 防 止 するため 合 併 処 理 浄 化 槽 の 普 及 を 促 進 する また 公 共 下 水 道 事 業 の 全 体 計 画 区 域 外 では 生 活 排 水 等 による 農 業 用 水 及 び 河 川 の 汚 濁 を 防 止 するため 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 を 配 置 するほか 合 併 処 理 浄 化 槽 の 普 及 を 促 進 する 流 域 下 水 道 事 業 及 び 公 共 下 水 道 事 業 の 全 体 計 画 における 主 な 諸 元 は 次 のとおりである 狩 野 川 流 域 下 水 道 ( 東 部 処 理 区 ) 幹 線 管 渠 (m) 処 理 場 (m 2 ) 東 部 幹 線 千 歳 幹 線 10, ( 狩 野 川 東 部 浄 化 センター) 97,200 13

16 公 共 下 水 道 市 町 名 伊 豆 市 伊 豆 の 国 市 函 南 町 処 理 区 東 部 土 肥 湯 ヶ 島 白 岩 東 部 東 部 間 宮 排 除 方 式 分 流 式 分 流 式 分 流 式 分 流 式 分 流 式 分 流 式 分 流 式 下 水 道 計 画 区 域 人 口 ( 人 ) 15,920 3,500 2,000 6,800 39,610 39, 下 水 道 計 画 区 域 面 積 (ha) ポンプ 場 (ヶ 所 ) 処 理 場 (ヶ 所 ) (m 2 ) 流 域 下 水 道 へ , , , ,500 流 域 下 水 道 へ 流 域 下 水 道 へ 三 島 市 公 共 下 水 道 へ 河 川 河 川 改 修 は 市 街 地 の 拡 大 開 発 と 調 整 を 図 る 必 要 のある 河 川 等 緊 急 性 のある 河 川 を 優 先 的 に 整 備 する 3 主 要 な 施 設 の 整 備 目 標 優 先 的 に 基 準 年 次 からおおむね10 年 以 内 に 整 備 することを 予 定 する 施 設 種 別 名 称 下 水 道 伊 豆 市 公 共 下 水 道 ( 土 肥 処 理 区 湯 ヶ 島 処 理 区 白 岩 処 理 区 東 部 処 理 区 ) 伊 豆 の 国 市 公 共 下 水 道 ( 東 部 処 理 区 ) 函 南 町 公 共 下 水 道 ( 東 部 処 理 区 ) 狩 野 川 流 域 下 水 道 ( 東 部 処 理 区 ) ( 注 ) 施 設 については 10 年 以 内 に 着 手 するものから 部 分 暫 定 完 成 完 成 する ものすべてを 含 む 3)その 他 の 都 市 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1 基 本 方 針 その 他 の 都 市 施 設 の 整 備 にあたっては 住 民 の 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するため 生 活 圏 を 単 位 とした 必 要 量 を 把 握 するとともに 広 域 共 同 施 設 としての 効 率 的 な 設 置 運 営 管 理 の 可 能 性 を 見 据 えながら 不 足 施 設 の 整 備 を 図 る 2 主 要 な 施 設 の 配 置 の 方 針 供 給 処 理 施 設 については 必 要 とされる 立 地 条 件 に 応 じて 効 率 的 な 供 給 処 理 等 が 可 能 となる 地 区 に 配 置 を 行 う ごみ 焼 却 場 として 函 南 町 桑 原 地 区 に 函 南 町 ごみ 焼 却 場 を 配 置 する また 伊 豆 の 国 市 三 福 地 区 の 伊 豆 の 国 市 大 仁 清 掃 センター 南 江 間 地 区 の 伊 豆 の 国 市 長 岡 清 掃 センター 山 木 地 区 の 伊 豆 の 国 市 韮 山 ごみ 焼 却 場 及 び 伊 豆 市 柏 久 保 地 14

17 区 の 中 豆 環 境 衛 生 センターについては 老 朽 化 がみられることから 広 域 処 理 体 制 による 効 率 的 な 運 用 に 配 慮 し 共 同 施 設 の 配 置 を 検 討 する 火 葬 場 として 伊 豆 市 日 向 地 区 に 伊 豆 市 火 葬 場 伊 豆 の 国 市 長 岡 地 区 に 伊 豆 の 国 市 長 岡 斎 場 を 配 置 する (3) 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 主 要 な 市 街 地 開 発 事 業 の 決 定 の 方 針 1 基 本 方 針 本 区 域 の 市 街 化 区 域 内 においては 未 利 用 地 が 残 存 している 地 区 が 存 するほか 既 成 市 街 地 にあっては 都 市 基 盤 が 未 整 備 な 地 区 が 存 する 今 後 未 利 用 地 においてはスプロールを 抑 制 し 計 画 的 な 市 街 地 形 成 を 図 るため 地 区 計 画 制 度 及 び 土 地 区 画 整 理 事 業 等 を 行 い 宅 地 化 の 条 件 を 整 えて 人 口 誘 導 を 促 す また 既 成 市 街 地 にあっては 各 地 区 の 特 性 を 考 慮 し 道 路 公 園 等 の 基 盤 整 備 及 び 用 途 の 混 在 を 解 消 するため 面 的 整 備 の 実 施 や 地 区 計 画 制 度 等 の 導 入 の 検 討 に より 居 住 環 境 の 向 上 や 商 業 業 務 地 の 活 性 化 都 市 防 災 機 能 の 強 化 を 図 る 新 市 街 地 にあっては 先 行 的 に 都 市 基 盤 整 備 を 促 進 する 地 区 として 土 地 区 画 整 理 事 業 等 により 良 好 な 居 住 環 境 の 確 保 を 図 る 伊 豆 縦 貫 自 動 車 道 等 の 整 備 に 合 わせ 新 たな 工 業 地 需 要 に 対 応 して 農 林 業 等 と の 調 整 を 図 りつつ 土 地 区 画 整 理 事 業 等 により 周 辺 の 環 境 に 調 和 した 計 画 的 な 都 市 基 盤 の 整 備 を 検 討 する 2 整 備 方 針 既 成 市 街 地 周 辺 部 及 び 外 周 部 で 既 に 市 街 化 が 進 行 しつつある 区 域 については 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 止 するため 面 的 整 備 により 計 画 的 な 整 備 を 進 め 自 然 と 調 和 し た 快 適 な 居 住 環 境 づくりを 進 める その 他 市 街 化 区 域 内 の 低 未 利 用 地 については 小 規 模 な 土 地 区 画 整 理 事 業 等 によ り 良 好 な 居 住 環 境 の 形 成 を 図 るものとする 15

18 2) 市 街 地 整 備 の 目 標 基 準 年 次 からおおむね10 年 以 内 に 整 備 することを 予 定 する 市 街 地 開 発 事 業 市 町 名 区 域 名 整 備 方 針 面 積 伊 豆 の 国 市 守 木 地 区 既 成 市 街 地 であり 土 地 区 画 整 理 事 業 により 良 好 な 住 宅 地 の 0.9ha 形 成 を 図 る ( 注 ) 事 業 については 10 年 以 内 に 着 手 するものから 部 分 暫 定 完 成 完 成 するもの すべてを 含 む また 面 積 は 都 市 計 画 決 定 面 積 又 は 都 市 計 画 決 定 予 定 面 積 とす る (4) 自 然 的 環 境 の 整 備 又 は 保 全 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 基 本 方 針 1 自 然 的 環 境 の 特 徴 と 現 状 整 備 又 は 保 全 の 必 要 性 本 区 域 は 三 方 を 富 士 箱 根 伊 豆 国 立 公 園 の 山 地 に 囲 まれ 一 級 河 川 狩 野 川 流 域 の 平 野 に 農 地 市 街 地 が 広 がっている 市 街 地 は 河 川 や 山 地 丘 陵 地 が 近 接 してお り 緑 地 環 境 との 接 点 が 多 い また 河 川 等 の 自 然 が 充 実 しているほか 社 寺 等 の 歴 史 文 化 財 も 多 く 有 している これらの 豊 かな 自 然 環 境 を 保 全 するとともに 市 街 地 内 環 境 の 改 善 都 市 防 災 の 強 化 地 球 温 暖 化 対 策 への 対 応 市 街 地 周 辺 に 接 する 良 好 な 景 観 の 向 上 を 進 めるた め 市 街 地 及 びその 周 辺 の 緑 地 に 関 して 規 制 誘 導 保 全 整 備 等 の 諸 施 策 を 総 合 的 に 検 討 する 熱 海 峠 から 亀 石 峠 までの 一 連 の 山 並 みと 一 級 河 川 狩 野 川 水 系 を 基 本 的 な 骨 格 と して 市 街 地 内 の 郷 土 の 象 徴 的 な 社 寺 史 跡 等 を 含 む 緑 地 や 都 市 公 園 等 を 街 路 緑 地 帯 中 小 河 川 緑 道 等 により 有 機 的 に 連 携 するように 公 園 緑 地 等 について 策 定 さ れた 基 本 方 針 に 基 づいて 配 置 や 整 備 目 標 を 定 め 緑 豊 かな 都 市 づくりを 目 指 す 16

19 2 緑 地 の 確 保 目 標 水 準 ア. 緑 地 の 確 保 目 標 量 市 街 化 区 域 都 市 計 画 区 域 平 成 27 年 における 平 成 27 年 における 割 合 緑 地 の 確 保 目 標 量 緑 地 の 確 保 目 標 量 割 合 233 ha 19 % 7,730 ha 34 % ( 注 ) 割 合 とは 市 街 化 区 域 都 市 計 画 区 域 面 積 に 対 するそれぞれの 緑 地 確 保 目 標 面 積 の 比 率 をいう イ. 都 市 公 園 の 施 設 として 整 備 すべき 緑 地 の 目 標 量 年 次 平 成 17 年 平 成 27 年 都 市 計 画 区 域 内 人 口 1 人 あたり 目 標 水 準 13.4 m 2 / 人 23.2 m 2 / 人 3 住 民 1 人 あたりの 公 園 緑 地 等 の 面 積 年 次 平 成 17 年 平 成 27 年 都 市 計 画 区 域 内 人 口 1 人 あたり 目 標 水 準 28.2 m 2 / 人 39.4 m 2 / 人 2) 主 要 な 緑 地 の 配 置 の 方 針 1 環 境 保 全 系 統 の 配 置 の 方 針 自 然 生 態 系 の 保 全 地 域 特 性 の 保 全 生 活 環 境 の 保 全 都 市 形 態 の 保 全 等 緑 地 の 系 統 については 以 下 の 指 針 に 従 い 配 置 する 熱 海 峠 から 亀 石 峠 までの 一 連 の 山 並 み 一 級 河 川 狩 野 川 等 の 河 川 は 都 市 の 骨 格 を 形 成 する 自 然 生 態 系 の 緑 地 として 保 全 を 図 る 本 区 域 の 象 徴 的 な 自 然 である 葛 城 山 源 氏 山 大 男 山 日 守 山 守 山 城 山 嵐 山 等 の 緑 地 や 都 市 の 歴 史 的 風 土 を 構 成 する 柏 谷 横 穴 群 丹 那 断 層 反 射 炉 江 川 邸 修 善 寺 温 泉 の 緑 地 は 本 区 域 の 象 徴 的 かつ 景 観 を 特 徴 づける 緑 地 として 保 全 を 図 る 市 街 地 内 では 駅 前 広 場 周 辺 の 緑 化 街 路 樹 緑 地 帯 等 の 緩 衝 緑 地 緑 道 学 校 をはじめとする 公 共 施 設 の 緑 化 住 区 基 幹 公 園 社 寺 の 境 内 地 民 有 地 の 緑 化 等 の 住 民 の 生 活 に 関 連 した 緑 地 として 保 全 を 図 る 2 レクリエーション 系 統 の 配 置 の 方 針 多 様 化 するレクリエーション 需 要 に 対 応 した 緑 地 の 系 統 について 以 下 の 方 針 に 従 い 配 置 する 中 南 伊 豆 箱 根 富 士 山 麓 の 観 光 レクリエーション 施 設 との 関 連 を 配 慮 し 自 然 資 源 を 活 用 し 広 域 レベルのレクリエーション 地 として 対 応 しうる 緑 地 を 配 置 す る 本 区 域 内 の 温 泉 地 柏 谷 横 穴 群 丹 那 断 層 韮 山 城 跡 反 射 炉 江 川 邸 等 の 歴 史 的 施 設 函 南 運 動 公 園 函 南 原 生 の 森 公 園 木 立 キャンプ 場 市 民 の 森 浮 橋 日 本 17

20 サイクルスポーツセンター 修 善 寺 自 然 公 園 達 磨 山 キャンプ 場 等 は 自 然 観 察 や 野 外 レクリエーション 機 能 を 主 体 とした 野 外 活 動 の 拠 点 として 配 置 する 地 域 住 民 のレクリエーション 需 要 に 対 応 した 公 園 一 級 河 川 狩 野 川 の 河 川 敷 を 活 かした 広 場 公 共 施 設 などを 連 携 する 街 路 緑 地 帯 緑 道 を 配 置 する 住 民 の 日 常 のレクリエーション 活 動 に 対 応 し 地 域 に 密 着 した 誰 もが 快 適 に 利 用 できる 機 能 を 有 した 公 園 緑 地 の 整 備 の 推 進 を 図 るため 市 街 地 内 の 既 存 公 園 緑 地 の 整 備 市 街 地 の 状 況 にあわせた 住 区 基 幹 公 園 遊 び 場 の 整 備 水 辺 空 間 の 親 水 性 確 保 及 びこれらを 連 携 するネットワークの 形 成 を 図 る 3 防 災 系 統 の 配 置 の 方 針 災 害 の 防 止 あるいは 災 害 時 における 避 難 路 避 難 場 所 の 計 画 について 以 下 の 方 針 で 配 置 する 震 災 時 等 に 住 民 が 緊 急 に 生 活 ができる 身 近 な 防 災 拠 点 として 歩 いて 行 ける 範 囲 に 身 近 な 公 園 の 配 置 を 推 進 する 避 難 路 となる 街 路 は 街 路 樹 等 の 整 備 によって 延 焼 防 止 機 能 等 を 高 め 河 川 は 親 水 化 等 によって 非 常 時 の 防 火 用 水 生 活 用 水 飲 料 水 等 の 確 保 を 図 る 騒 音 振 動 等 の 発 生 のおそれのある 主 要 幹 線 道 路 等 の 沿 線 については これらの 公 害 を 緩 和 するために 街 路 樹 等 の 緩 衝 緑 地 の 整 備 を 図 る 土 砂 災 害 警 戒 区 域 砂 防 指 定 地 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 区 域 その 他 土 砂 災 害 の 危 険 性 がある 地 域 及 びその 周 辺 地 市 街 地 内 に 存 する 溢 水 湛 水 等 の 災 害 発 生 のおそれ のある 地 域 は 緑 地 として 保 全 を 図 ることで 土 砂 災 害 等 の 自 然 災 害 を 未 然 に 防 止 する 4 景 観 構 成 系 統 の 配 置 の 方 針 地 域 の 特 性 を 活 かした 都 市 づくりを 目 指 し 特 に 郷 土 里 山 景 観 の 保 全 を 考 慮 した 緑 地 を 系 統 的 に 配 置 する 本 区 域 は 富 士 山 天 城 山 を 遠 景 に 富 士 箱 根 伊 豆 国 立 公 園 とその 周 辺 の 山 並 みが 骨 格 的 な 景 観 を 形 成 する またこれらを 背 景 として 中 心 部 を 流 れる 一 級 河 川 狩 野 川 と 水 辺 の 緑 地 は 水 と 緑 が 一 体 となった 景 観 軸 を 形 成 するほか その 周 辺 に 広 が る 田 園 風 景 を 自 然 と 文 化 が 調 和 した 景 観 として 保 全 する また 源 氏 山 や 水 晶 山 及 び 反 射 炉 等 は 郷 土 の 特 徴 的 な 景 観 として 積 極 的 な 保 全 を 図 る 本 地 域 を 通 過 する 伊 豆 中 央 道 国 道 136 号 や 伊 豆 スカイライン 等 からの 眺 望 は 本 区 域 のイメージを 形 成 する 重 要 な 景 観 として 今 後 とも 保 全 する 今 後 景 観 法 に 基 づく 景 観 計 画 の 策 定 等 良 好 な 景 観 形 成 の 促 進 に 関 して 検 討 を 進 める 18

21 3) 実 現 のための 具 体 の 都 市 計 画 制 度 の 方 針 1 公 園 緑 地 等 の 整 備 目 標 及 び 配 置 方 針 ( 単 位 :m 2 / 人 ) 公 園 緑 地 整 備 目 標 配 置 方 針 等 の 種 別 平 成 17 年 平 成 27 年 街 区 公 園 0.6(0.6) 1.2(0.8) 近 隣 公 園 0.8(0.0) 1.8(0.4) 住 区 構 成 及 び 種 別 ごとの 誘 致 距 離 地 区 公 園 1.0(1.1) 1.2(1.1) 需 要 予 測 の 検 討 をもとに 配 置 する 総 合 公 園 運 動 公 園 その 他 の 公 園 自 然 性 歴 史 性 及 び 環 境 保 全 防 災 機 能 を 考 慮 して 風 致 公 園 歴 史 公 園 等 を 配 置 する 都 市 公 園 計 公 共 施 設 緑 地 等 広 場 運 動 場 等 を 配 置 する 公 園 緑 地 等 計 ( )は 市 街 化 区 域 人 口 1 人 あたり ( 注 ) 四 捨 五 入 の 関 係 により 合 計 が 合 わない 場 合 がある 2 特 別 緑 地 保 全 地 区 等 の 指 定 目 標 及 び 指 定 方 針 地 区 の 種 別 指 定 方 針 風 致 地 区 伊 豆 の 国 市 弥 勒 山 地 区 を 指 定 する その 他 の 法 によるもの 自 然 公 園 等 の 保 全 維 持 を 図 る 4) 主 要 な 緑 地 の 確 保 目 標 1 基 準 年 次 からおおむね10 年 以 内 に 整 備 予 定 の 主 要 な 公 園 等 の 都 市 公 園 種 別 名 称 街 区 公 園 古 奈 湯 元 公 園 ( 伊 豆 の 国 市 ) ( 仮 称 ) 間 宮 高 架 下 公 園 ( 函 南 町 ) 地 区 公 園 天 野 公 園 ( 伊 豆 の 国 市 ) 運 動 公 園 函 南 運 動 公 園 ( 函 南 町 ) 風 致 公 園 守 山 西 公 園 ( 伊 豆 の 国 市 ) ( 注 ) 都 市 公 園 については 10 年 以 内 に 着 手 するものから 部 分 暫 定 完 成 完 成 す るものすべてを 含 む 19

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の 静 岡 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 5 月 静 岡 市 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228 宇 都 宮 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 - 目 次 - 1. 都 市 計 画 の 目 標... 1 1-1 目 標 年 次 及 び 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 (1) 目 標 年 次... 1 (2) 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 1-2 本 区 域 の

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン 秋田都市計画 都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 都市計画区域マスタープラン 平成26年7月 秋 田 県 秋 田 都 市 計 画 及 び 河 辺 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 の 変 更 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 を 次 のように 変 更 する 都 市 計 画 法 の 改 正

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港)

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港) 平 成 27 年 3 月 17 日 改 訂 米 子 境 港 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン ( 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ) 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 課 題 (2) 米 子 市 境 港 市 日 吉 津 村 の 広 域 的 位 置 づけ (3) 都 市 づくりの 目 標 ( 骨 格 形 成 図 ) 2. 区

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

目次

目次 第 四 次 中 城 村 国 土 利 用 計 画 平 成 24 年 4 月 中 城 村 目 次 計 画 の 目 的 と 前 提 第 1 章 村 土 利 用 に 関 する 基 本 構 想 1. 村 土 利 用 の 基 本 方 針 1 (1) 土 地 利 用 の 基 本 的 な 考 え 方 1 (2) 地 域 特 性 1 (3) 土 地 利 用 の 状 況 4 (4) 土 地 利 用 の 基 本 的 方

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や

More information

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc 甲 府 盆 地 7 都 市 計 画 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 甲 府 都 市 計 画 峡 東 都 市 計 画 韮 崎 都 市 計 画 南 アルプス 都 市 計 画 笛 吹 川 都 市 計 画 市 川 三 郷 都 市 計 画 富 士 川 都 市 計 画 山 梨 県 目 次 はじめに 1 1. の 現 状 と 課 題 2 1) の 名 称 及 び 範 囲 2 2) の 現 状 と

More information

本 で 現 在 決 定 している 主 要 な 内 容 は 概 ね のとおりです 1 土 地 利 用 (1) 街 化 区 域 及 び 街 化 調 整 区 域 本 では 人 口 及 び 産 業 の 見 通 しなどを 考 慮 し つつ 無 秩 序 な 街 地 の 拡 大 を 防 止 し 秩 序 ある の

本 で 現 在 決 定 している 主 要 な 内 容 は 概 ね のとおりです 1 土 地 利 用 (1) 街 化 区 域 及 び 街 化 調 整 区 域 本 では 人 口 及 び 産 業 の 見 通 しなどを 考 慮 し つつ 無 秩 序 な 街 地 の 拡 大 を 防 止 し 秩 序 ある の 参 考 資 料 編 の 概 要 のあゆみ 大 正 8 年 に 法 ( 旧 法 )が 制 定 され この 法 律 によって 区 域 地 域 地 区 制 限 など 現 在 でも の 根 幹 をなす 制 度 が いくつか 導 入 されました その 後 昭 和 5 年 に 建 築 基 準 法 昭 和 9 年 に 土 地 区 整 理 法 の 制 定 などにより 充 実 してきまし たが 高 度 経 済 成 長

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc 2012 伊 勢 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 24 年 4 月 伊 勢 市 の 都 市 計 画 目 次 Ⅰ 伊 勢 市 の 概 要 1 Ⅱ 都 市 計 画 区 域 2 Ⅲ 都 市 マスタープラン 3 Ⅳ 土 地 利 用 に 関 する 都 市 計 画 4 Ⅴ 都 市 施 設 に 関 する 都 市 計 画 7 Ⅵ 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 都 市 計 画 12 伊

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

Microsoft Word - 130418本編.doc

Microsoft Word - 130418本編.doc 玉 野 市 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 25 年 3 月 玉 野 市 はじめに 玉 野 には 美 しく 恵 まれた 瀬 戸 内 の 自 然 をはじめ 貴 重 な 歴 史 文 化 的 資 産 が 多 数 あります また 本 土 と 四 国 を 結 ぶ 海 上 交 通 の 要 所 として 先 人 の 知 恵 とたゆまぬ 努 力 により 発 展 してまいりま した しかし 近 年 人 口 減

More information

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63>

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63> 岩 見 沢 市 下 水 道 中 期 ビジョン 概 要 書 岩 見 沢 市 水 道 部 下 水 道 課 目 次 1 策 定 にあたって... 1 1.1 下 水 道 中 期 ビジョンとは... 1 1.2 上 位 計 画 との 関 連... 3 1.3 計 画 期 間... 6 2 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.1 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.2 下 水 道 事 業

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information