<4D F736F F D A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E FC92F994C52E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>"

Transcription

1 都 市 計 画 全 般 7

2 8

3 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街 地 開 発 事 業 に 関 す る 計 画 を 定 めるものです 都 市 計 画 で 定 められる 内 容 と 本 市 における 都 市 計 画 の 決 定 状 況 は 以 下 のとおりです 図 2-1 都 市 計 画 の 内 容 と 既 決 定 7

4 表 2-1 都 市 計 画 の 決 定 状 況 市 域 都 市 計 画 の 種 類 箇 所 数 ( 箇 所 ) 面 積 (ha) 延 長 (km) 最 終 告 示 年 月 日 - 18, , H 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 備 考 都 市 計 画 区 域 区 域 区 分 - 18, H 市 街 化 区 域 - 7, % 市 街 化 調 整 区 域 - 10, % 地 域 地 区 用 途 地 域 - 9, H 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域 工 業 専 用 地 域 特 別 用 途 地 区 第 一 種 特 別 工 業 地 区 第 二 種 特 別 工 業 地 区 - 5, % % - 1, % % % % % % % - 1, % % % H % % 高 度 地 区 - 9, H 第 一 種 高 度 地 区 - 5, % 第 二 種 高 度 地 区 - 3, % 第 三 種 高 度 地 区 % 高 度 利 用 地 区 H 特 定 街 区 S 防 火 地 域 準 防 火 地 域 - 4, H 防 火 地 域 % 準 防 火 地 域 - 4, % 風 致 地 区 S 駐 車 場 整 備 地 区 H 特 別 緑 地 保 全 地 区 H 八 王 子 分 面 積 生 産 緑 地 地 区 1, H 促 進 区 域 市 街 地 再 開 発 促 進 区 域 H 土 地 区 画 整 理 促 進 区 域 S 都 市 施 設 交 通 施 設 都 市 計 画 道 路 H 都 市 高 速 鉄 道 S 駐 車 場 H 駐 車 場 H 自 転 車 駐 車 場 H 公 共 空 地 公 園 H 街 区 公 園 近 隣 公 園 地 区 公 園 総 合 公 園 運 動 公 園 特 殊 公 園 風 致 公 園 H S 緑 地 墓 園 供 給 施 設 その 他 地 域 冷 暖 房 施 設 ,920 H 処 理 施 設 下 水 道 公 共 下 水 道 - 8,739 - H 流 域 下 水 道 - 8,569 - H 排 水 面 積 汚 物 処 理 場 H ごみ 焼 却 場 H その 他 ごみ 処 理 施 設 H 水 路 河 川 9-51,280 H2.8.3 市 場 と 畜 場 又 は 火 葬 場 火 葬 場 S 一 団 地 の 住 宅 施 設 H その 他 政 令 で 定 める 施 設 防 火 施 設 S 容 量 40t 5 市 街 地 開 発 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 23 1, H 新 住 宅 市 街 地 開 発 事 業 H 八 王 子 分 面 積 市 街 地 再 開 発 事 業 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 H 地 区 計 画 等 地 区 計 画 108 3, H 一 般 型 104 3, 誘 導 容 積 型

5 (2) 都 市 計 画 の 手 続 き 都 市 計 画 は 原 則 として 広 域 的 かつ 根 幹 的 なものを 都 が 定 め その 他 のものは 市 が 定 めることになっています 都 市 計 画 は 決 定 権 限 に 応 じて 東 京 都 都 市 計 画 審 議 会 及 び 八 王 子 市 都 市 計 画 審 議 会 の 議 を 経 て 決 定 されることになっています また 都 市 計 画 の 計 画 案 の 縦 覧 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 説 明 会 や 公 聴 会 を 開 催 するなど 住 民 の 意 見 を 反 映 する 機 会 を 設 けることになっています 図 2-2 東 京 都 が 定 める 都 市 計 画 決 定 の 手 続 き 原 案 の 内 容 検 討 住 民 説 明 会 等 の 開 催 公 聴 会 等 による 住 民 の 意 見 反 映 原 案 の 作 成 法 16 条 1 案 の 作 成 意 見 書 の 提 出 法 17 条 2 公 告 及 び 案 の 縦 覧 法 17 条 1 市 への 意 見 照 会 法 18 条 1 市 都 市 計 画 審 議 会 付 議 ( 任 意 ) 回 答 意 見 書 要 旨 の 提 出 法 18 条 2 東 京 都 都 市 計 画 審 議 会 付 議 法 18 条 1 法 18 条 3 国 土 交 通 大 臣 協 議 同 意 都 市 計 画 決 定 法 18 条 3 法 18 条 1 公 衆 に 縦 覧 法 20 条 2 告 示 法 20 条 1 八 王 子 市 長 図 書 の 写 し 送 付 法 20 条 1 国 土 交 通 大 臣 公 衆 に 縦 覧 法 20 条 2 9

6 図 2-3 八 王 子 市 が 定 める 都 市 計 画 決 定 の 手 続 き 原 案 の 内 容 検 討 住 民 説 明 会 等 の 開 催 東 京 都 事 前 協 議 関 係 機 関 調 整 原 案 の 作 成 公 聴 会 等 による 住 民 の 意 見 反 映 土 地 の 所 有 者 等 の 意 見 聴 取 ( 地 区 計 画 等 ) 法 16 条 1 法 16 条 2 利 害 関 係 者 の 同 意 ( 特 定 街 区 ) 法 17 条 3 土 地 の 所 有 者 等 の 意 見 聴 取 ( 遊 休 土 地 転 換 利 用 促 進 地 区 ) 法 17 条 4 都 市 施 設 管 理 者 に 協 議 ( 都 市 施 設 ) 法 23 条 6 案 の 作 成 協 議 の 申 出 東 京 都 知 事 協 議 法 19 条 3 協 議 が 整 った 場 合 協 議 結 果 通 知 書 意 見 書 の 提 出 法 17 条 2 公 告 及 び 案 の 縦 覧 法 17 条 1 法 19 条 3 原 則 として 縦 覧 前 までに 同 意 意 見 書 要 旨 の 提 出 法 19 条 2 八 王 子 市 都 市 計 画 審 議 会 付 議 法 19 条 1 都 市 計 画 決 定 法 19 条 1 公 衆 に 縦 覧 法 20 条 2 告 示 法 20 条 1 東 京 都 図 書 の 写 し 送 付 法 20 条 1 国 土 交 通 大 臣 公 衆 に 縦 覧 法 20 条 2 10

7 表 2-2 都 市 計 画 決 定 一 覧 表 都 市 計 画 の 種 類 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 ) 都 発 都 市 再 開 発 の 方 針 市 方 住 宅 市 街 地 の 開 発 整 備 の 方 針 再 針 拠 点 業 務 市 街 地 の 開 発 整 備 の 方 針 開 等 防 災 街 区 整 備 の 方 針 用 途 地 域 特 別 用 途 地 区 特 定 用 途 制 限 地 域 特 例 容 積 率 適 用 地 区 高 層 住 居 誘 導 地 区 高 度 地 区 高 度 利 用 地 区 特 定 街 区 都 市 再 生 特 別 地 区 特 定 防 災 街 区 整 備 地 区 防 災 地 域 準 防 災 地 域 景 観 地 区 地 域 地 区 促 進 区 域 都 市 施 設 風 致 地 区 駐 車 場 整 備 地 区 臨 港 地 区 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 第 一 種 第 二 種 歴 史 的 風 土 保 存 地 区 緑 地 保 全 地 域 特 別 緑 地 保 全 地 区 緑 化 地 域 ( 近 郊 緑 地 特 別 保 全 地 区 ) 流 通 業 務 地 区 生 産 緑 地 地 区 伝 統 的 建 築 物 郡 保 存 地 区 航 空 機 騒 音 障 害 防 止 地 区 航 空 機 騒 音 障 害 防 止 特 別 地 区 東 京 都 決 定 (2 以 上 の 区 市 町 村 に わたるもの) ( 国 際 戦 略 港 湾 又 は 国 際 拠 点 港 湾 ) ( 重 要 港 湾 ) (2 以 上 の 区 市 町 村 に わたるもの) (2 以 上 の 区 市 町 村 に わたるもの) ( ) 市 街 地 再 開 発 促 進 地 域 土 地 区 画 整 理 促 進 区 域 住 宅 街 区 整 備 促 進 区 域 拠 点 業 務 市 街 地 整 備 土 地 区 画 整 理 促 進 区 域 遊 休 土 地 転 換 利 用 促 進 地 区 被 災 市 街 地 復 興 推 進 地 域 高 速 自 動 車 国 道 一 般 国 道 道 路 都 道 区 市 町 村 道 自 動 車 専 用 道 路 都 市 高 速 鉄 道 軌 道 ( 都 市 高 速 鉄 道 に 該 当 するものを 除 く ) 駐 車 場 自 動 車 タ ー ミ ナ ル 空 港 法 第 4 条 第 1 項 2 号 空 港 空 港 空 港 法 第 5 条 第 1 項 地 方 管 理 空 港 上 記 以 外 の 空 港 注 1: は 該 当 するもの は 大 臣 同 意 を 要 するもの 注 2: 地 区 計 画 等 のうち 一 定 の 事 項 については 都 知 事 の 同 意 を 要 しない( 令 13) 市 決 定 ( 左 記 以 外 ) ( 重 要 港 湾 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) 11

8 都 市 施 設 市 街 地 開 発 事 業 市 等 街 予 地 定 開 地 発 域 事 業 都 市 計 画 の 種 類 公 園 緑 地 広 場 墓 園 その 他 の 公 共 空 地 運 動 場 水 道 用 供 給 事 業 用 水 道 上 記 以 外 電 気 ガス 供 給 施 設 流 域 下 水 道 下 水 道 公 共 下 水 道 東 京 都 決 定 ( 国 が 設 置 ) ( 都 が 設 置 ) ( 国 が 設 置 ) ( 都 が 設 置 ) (2 以 上 の 区 市 町 村 に わたるもの) 汚 物 処 理 場 ごみ 焼 却 場 ごみ 処 理 場 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 上 記 以 外 の 供 給 施 設 処 理 施 設 1 級 河 川 河 川 2 級 河 川 運 河 準 用 河 川 水 路 大 学 高 等 専 門 学 校 上 記 以 外 の 学 校 図 書 館 研 究 施 設 教 育 文 化 施 設 病 院 保 育 所 医 療 施 設 社 会 福 祉 施 設 市 場 と 畜 場 火 葬 場 一 団 地 の 住 宅 施 設 一 団 地 の 官 公 庁 施 設 流 通 業 務 団 地 電 気 通 信 施 設 防 風 防 火 防 水 防 雪 防 砂 施 設 防 潮 施 設 土 地 区 画 整 理 事 業 新 住 宅 市 街 地 開 発 事 業 工 業 団 地 造 成 事 業 市 街 地 再 開 発 事 業 新 都 市 基 盤 整 備 事 業 住 宅 街 区 整 備 事 業 防 災 街 区 整 備 事 業 新 住 宅 市 街 地 開 発 事 業 の 予 定 区 域 工 業 団 地 造 成 事 業 の 予 定 区 域 新 都 市 基 盤 整 備 事 業 の 予 定 区 域 区 域 面 積 20ha 以 上 の 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 予 定 区 域 一 団 地 の 官 公 庁 施 設 の 予 定 区 域 流 通 業 務 団 地 の 予 定 区 域 ( 面 積 が50ha 超 で 国 又 は 都 施 行 ) ( 面 積 が3ha 超 で 国 又 は 都 施 行 ) ( 面 積 が30ha 超 で 国 又 は 都 施 行 ) ( 面 積 が3ha 超 で 国 又 は 都 施 行 ) 地 区 計 画 ( 再 開 発 等 促 進 区 を 定 めるもの) 地 区 防 災 街 区 整 備 地 区 計 画 計 沿 道 地 区 計 画 画 ( 沿 道 再 開 発 等 促 進 区 を 定 めるもの) 等 歴 史 的 風 致 維 持 向 上 地 区 計 画 集 落 地 区 計 画 注 1: は 該 当 するもの は 大 臣 同 意 を 要 するもの 注 2: 地 区 計 画 等 のうち 一 定 の 事 項 については 都 知 事 の 同 意 を 要 しない( 令 13) 市 決 定 ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) ( 左 記 以 外 ) 12

9 (3) 都 市 計 画 提 案 制 度 まちづくりに 対 する 地 域 の 取 組 みなどを 都 市 計 画 に 反 映 させるため 平 成 14 年 にお ける 都 市 計 画 法 の 改 正 及 び 都 市 再 生 特 別 措 置 法 の 制 定 で 創 設 された 制 度 です 土 地 所 有 者 やまちづくりNPO 等 あるいは 民 間 事 業 者 は 一 定 の 条 件 を 満 たした 場 合 都 市 計 画 の 決 定 または 変 更 を 提 案 することができる 制 度 です 図 2-4 都 市 計 画 提 案 制 度 の 手 続 きの 流 れ 土 地 所 有 者 まちづくりNPO 等 による 都 市 計 画 の 提 案 ( 第 21 条 の2) ( 提 案 の 要 件 ) 1 一 定 の 面 積 以 上 の 一 体 的 な 区 域 2 都 市 計 画 に 関 する 法 令 上 の 基 準 に 適 合 3 土 地 所 有 者 等 の3 分 の2 以 上 の 同 意 など 東 京 都 は 提 案 に 基 づく 都 市 計 画 を 定 めるか 遅 滞 なく 判 断 ( 第 21 条 の3) 提 案 を 踏 まえて 都 市 計 画 を 定 める 必 要 があると 認 めるとき 提 案 を 踏 まえて 都 市 計 画 を 定 める 必 要 がないと 認 めるとき 説 明 会 の 開 催 等 ( 第 16 条 第 1 項 ) 都 市 計 画 の 案 の 作 成 ( 第 21 条 の3) 都 市 計 画 審 議 会 に 素 案 を 提 出 し 意 見 を 聴 く ( 第 21 条 の5 第 2 項 ) 国 公 共 施 設 管 理 予 定 者 等 に 協 議 ( 第 18 条 第 3 項 第 23 条 第 6 項 ) 市 に 意 見 照 会 ( 第 18 条 第 1 項 ) 都 市 計 画 の 案 の 告 示 縦 覧 ( 住 民 利 害 関 係 人 等 による 意 見 書 提 出 ) ( 第 17 条 第 1 項 第 2 項 ) 都 市 計 画 の 案 素 案 と 住 民 等 による 意 見 書 の 要 旨 を 都 市 計 画 審 議 会 に 付 議 ( 第 18 条 第 1 項 第 2 項 第 21 条 の4) 都 市 計 画 を 定 めない 都 市 計 画 の 決 定 ( 第 18 条 第 1 項 ) 都 市 計 画 を 定 めない 旨 と 理 由 を 提 案 者 に 通 知 ( 第 21 条 の5 第 1 項 ) 13

10 (4) 八 王 子 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 都 市 計 画 法 第 6 条 の2の 規 定 に 基 づく 計 画 で 一 体 の 都 市 として 整 備 開 発 及 び 保 全 すべき 区 域 として 定 められる 都 市 計 画 区 域 全 域 を 対 象 として 都 道 府 県 が 一 市 町 村 を 超 える 広 域 的 見 地 から 都 市 計 画 の 基 本 的 な 方 針 を 定 めるものです 八 王 子 都 市 計 画 区 域 の 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 4 月 に 東 京 都 が 策 定 しており 都 市 計 画 の 目 標 区 域 区 分 の 方 針 土 地 利 用 や 都 市 施 設 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 等 が 定 められています (5) 八 王 子 市 都 市 計 画 マスタープラン 都 市 計 画 マスタープラン は 都 市 計 画 法 第 18 条 の2の 規 定 に 基 づく 計 画 で 住 民 に 身 近 な 市 町 村 が 地 域 に 密 着 した 見 地 から 都 市 計 画 の 方 針 を 定 めるものです 長 期 目 標 をおおむね 20 年 先 に 掲 げ 土 地 利 用 や 道 路 公 園 等 の 整 備 自 然 環 境 の 保 全 安 全 性 の 向 上 など 望 ましい 将 来 都 市 像 や 都 市 づくりの 方 針 分 野 別 の 整 備 方 針 な どを 総 合 的 に 示 す 計 画 で 今 後 の 都 市 計 画 の 見 直 しや 都 市 基 盤 施 設 の 整 備 を 進 める 上 で の 指 針 となるものです 本 市 では 平 成 15 年 3 月 に 八 王 子 市 都 市 計 画 マスタープラン を 策 定 し 将 来 都 市 像 を 活 力 とうるおいのあるみどり 職 住 近 接 の 都 市 八 王 子 と 定 め その 実 現 に 向 けた 施 策 を 示 しています また 地 域 特 性 を 活 かしたきめ 細 やかな 都 市 づくりを 推 進 する 観 点 から 市 域 を 10 地 域 ( 中 央 1 中 央 2 中 央 3 北 部 西 部 1 西 部 2 西 南 部 1 西 南 部 2 東 南 部 東 部 の 各 地 域 )に 区 分 し 各 地 域 の 都 市 づくりの 方 針 を 定 めています < 土 地 利 用 方 針 図 > 14

11 土 地 利 用 15

12 16

13 2. 土 地 利 用 (1) 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 は 都 市 計 画 を 定 める 区 域 です 都 市 計 画 法 では 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 と 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 一 体 の 都 市 として 総 合 的 に 整 備 し 開 発 し 保 全 する 必 要 がある 区 域 とうたっています 本 市 は 八 王 子 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 から 高 尾 山 に 至 るまで 市 全 域 の k m2が 都 市 計 画 区 域 に 指 定 されています 図 2-5 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 N 表 2-3 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 番 号 決 定 年 月 日 概 要 面 積 (k m2) 1 S 八 王 子 都 市 計 画 区 域 の 決 定 旧 八 王 子 市 全 域 旧 由 井 村 旧 横 山 村 旧 浅 川 町 旧 元 八 王 子 村 及 び 旧 小 宮 村 の 各 一 部 が 指 定 される S 旧 由 井 村 旧 横 山 村 旧 浅 川 町 旧 元 八 王 子 村 旧 小 宮 町 旧 加 住 村 旧 恩 方 村 旧 川 口 村 及 び 旧 七 生 村 ( 現 日 野 市 )の 全 域 が 追 加 指 定 される 2 S 戦 災 の 復 興 を 基 礎 とした 特 別 都 市 計 画 法 の 適 用 により 八 王 子 特 別 都 市 計 画 となる S 特 別 都 市 計 画 法 の 廃 止 により 八 王 子 特 別 都 市 計 画 は 八 王 子 都 市 計 画 に 名 称 を 変 更 される 3 S 旧 七 生 村 が 八 王 子 都 市 計 画 区 域 より 除 外 される S 旧 由 木 村 が 多 摩 都 市 計 画 区 域 から 八 王 子 都 市 計 画 区 域 に 編 入 される 秋 多 町 ( 現 あきる 野 市 )と 市 町 境 界 の 変 更 により 都 市 計 画 区 域 が 変 更 さ S れる ( 編 入 1.5ha 削 除 41.6ha) H 国 土 地 理 院 の 面 積 精 査 に 合 わせ 都 市 計 画 区 域 の 面 積 が 変 更 される 6 H 多 摩 市 行 政 界 変 更 に 伴 い 区 域 が 変 更 される ( 鹿 島 松 が 谷 別 所 ) H 町 田 市 行 政 界 変 更 に 伴 い 区 域 が 変 更 される ( 鑓 水 南 大 沢 ) 15

14 秋 川 街 道 八 王 子 の 都 市 計 画 (2) 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 都 市 計 画 法 では 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 止 し 計 画 的 なまちづくりを 行 うために 必 要 がある 場 合 には 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 という 二 つの 区 域 に 区 分 することができます 市 街 化 区 域 は 既 に 市 街 地 を 形 成 している 区 域 及 び 計 画 的 な 整 備 や 開 発 により 市 街 化 を 促 進 する 区 域 です 一 方 市 街 化 調 整 区 域 は 市 街 化 を 抑 制 する 区 域 で 原 則 として 開 発 行 為 や 建 築 行 為 は 禁 止 されています 図 2-6 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 比 率 本 市 では 鉄 道 駅 の 周 辺 等 の 既 に 市 街 地 を 形 成 している 区 域 や 八 王 子 ニュータウンを 始 めと する 計 画 的 に 整 備 された 市 街 地 に 市 街 化 区 域 を 市 街 化 区 域 指 定 しており 市 域 の 約 4 割 を 占 めています 約 43% 市 街 化 調 整 区 域 は 高 尾 山 や 陣 馬 山 等 の 山 々や 市 街 化 調 整 区 域 約 57% 小 比 企 町 の 優 良 な 農 地 が 広 がる 区 域 浅 川 など の 河 川 区 域 に 指 定 しています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-1 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 推 移 参 照 図 2-7 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 範 囲 北 関 東 方 面 ( 川 越 など) 国 道 411 号 ( 滝 山 街 道 ) 山 田 宮 の 前 線 高 尾 街 道 新 滝 山 街 道 陣 馬 山 山 梨 方 面 へ 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 八 王 子 ジャンクション 八 王 子 西 インター 首 都 圏 中 央 連 絡 自 動 車 道 路 高 尾 山 高 尾 山 口 駅 高 尾 山 インター 高 尾 駅 陣 馬 街 道 南 関 東 方 面 ( 厚 木 横 浜 など) 町 田 街 道 八 王 子 市 役 所 国 道 20 号 ( 甲 州 街 道 ) JR 中 央 本 線 めじろ 台 駅 北 野 街 道 八 王 子 南 バイパス 中 央 自 動 車 道 西 八 王 子 駅 京 王 高 尾 線 国 道 16 号 八 王 子 みなみ 野 駅 浅 川 JR 横 浜 線 八 王 子 駅 国 道 16 号 片 倉 駅 八 王 子 インター 北 八 王 子 駅 国 道 16 号 八 王 子 バイパス 北 野 駅 小 宮 駅 JR 八 高 線 都 心 方 面 へ 野 猿 街 道 南 大 沢 駅 都 心 方 面 へ 京 王 相 模 原 線 野 猿 街 道 多 摩 ニュータウン 通 り 京 王 堀 之 内 駅 多 摩 都 市 モノレール 表 2-4 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 対 照 種 別 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 意 義 目 的 既 に 市 街 地 を 形 成 している 区 域 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 る 区 域 当 面 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 地 域 地 区 用 途 地 域 その 他 必 要 な 地 域 地 区 を 定 める 用 途 地 域 は 原 則 として 定 めない 都 市 施 設 少 なくとも 道 路 公 園 下 水 道 を 定 めるべき 地 域 間 連 絡 道 路 などを 除 き 原 則 と して 定 めない 市 街 地 開 発 事 業 行 う 行 わない 開 発 行 為 都 市 計 画 に 適 応 し 一 定 の 要 件 を 具 備 する 場 合 は 許 可 する 原 則 として 許 可 しない 農 地 転 用 届 出 制 許 可 制 16

15 (3) 地 域 地 区 地 域 地 区 は 都 市 計 画 区 域 内 の 土 地 を 機 能 的 かつ 合 理 的 に 利 用 するために 土 地 利 用 の 区 域 分 けをして それに 適 正 な 制 限 を 加 えるものです 地 域 地 区 の 種 類 には 用 途 地 域 高 度 地 区 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 風 致 地 区 などがあります 1 用 途 地 域 用 途 地 域 は 良 好 な 都 市 環 境 の 形 成 に 向 けて 都 市 が 目 指 す 将 来 像 を 見 据 えた 土 地 利 用 の 基 本 的 な 区 域 を 示 すもので 住 居 系 商 業 系 工 業 系 など 建 築 できる 建 物 の 用 途 によって 12 種 類 の 地 域 に 区 分 されます 用 途 地 域 では 建 物 の 用 途 のほか 建 ぺい 率 容 積 率 及 び 建 物 の 高 さの 制 限 などを 定 めます 用 途 地 域 は 原 則 として 市 街 化 区 域 に 設 定 することになっていますが 本 市 では 例 外 的 に 市 街 化 調 整 区 域 の 一 部 にも 指 定 されています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-2 用 途 地 域 の 指 定 状 況 参 照 用 途 地 域 の 位 置 は 巻 末 の 八 王 子 市 都 市 計 画 図 参 照 表 2-5 用 途 地 域 の 種 類 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 主 として 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 す るため 定 める 地 域 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 主 として 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 近 隣 商 業 地 域 住 居 の 環 境 を 保 護 するた め 定 める 地 域 主 として 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 道 路 の 沿 道 としての 地 域 の 特 性 にふさわしい 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 りつつ こ れと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 行 うこ とを 主 たる 内 容 とする 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域 工 業 専 用 地 域 主 として 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 主 として 環 境 の 悪 化 をも たらすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 主 として 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 工 業 の 利 便 を 増 進 するた め 定 める 地 域 17

16 表 2-6 用 途 地 域 と 建 築 制 限 18

17 2 特 別 工 業 地 区 特 別 工 業 地 区 は 工 業 建 築 物 の 業 種 規 模 などについて 規 制 を 行 うもので 公 害 の 防 止 や 用 途 の 純 化 を 目 的 として 工 業 地 域 や 準 工 業 地 域 の 用 途 に 重 ねて 指 定 します 本 市 では 八 王 子 市 特 別 工 業 地 区 建 築 条 例 により 第 一 種 特 別 工 業 地 区 第 二 種 特 別 工 業 地 区 及 び 第 三 種 特 別 工 業 地 区 の3 種 類 に 区 分 しており このうち 第 一 種 及 び 第 二 種 の 特 別 工 業 地 区 を 指 定 しています 第 一 種 特 別 工 業 地 区 は 水 質 汚 濁 悪 臭 大 気 汚 染 などの 工 場 公 害 を 防 止 するため 工 業 地 域 の 一 部 に 定 めています 第 二 種 特 別 工 業 地 区 は 中 小 工 場 と 住 宅 の 混 在 が 多 く 騒 音 振 動 などの 近 隣 公 害 を 防 止 するため 準 工 業 地 域 の 一 部 に 定 めています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-3 特 別 工 業 地 区 の 指 定 状 況 参 照 用 途 地 域 の 位 置 は 巻 末 の 八 王 子 市 都 市 計 画 図 参 照 3 高 度 地 区 高 度 地 区 は 用 途 地 域 内 において 日 照 通 風 採 光 など 市 街 地 の 環 境 を 維 持 し 土 地 利 用 の 増 進 を 図 るため 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 又 は 最 低 限 度 を 定 める 地 区 をい います 本 市 では 低 層 住 宅 地 に 第 一 種 高 度 地 区 中 層 住 宅 地 及 び 商 工 業 地 に 第 二 種 又 は 第 三 種 高 度 地 区 を 指 定 しています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 2 頁 表 1-4 高 度 地 区 の 指 定 状 況 参 照 用 途 地 域 の 位 置 は 巻 末 の 八 王 子 市 都 市 計 画 図 参 照 図 2-8 高 度 地 区 の 制 限 第 一 種 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 最 高 高 さ 第 1 種 高 度 地 区 10m 真 北 方 向 m 隣 地 境 界 線 第 2 種 高 度 地 区 m 真 北 方 向 8m m 隣 地 境 界 線 第 3 種 高 度 地 区 m 8m 真 北 方 向 10m 隣 地 境 界 線 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反 対 側 の 境 界 線 又 は 隣 地 境 界 線 までの 真 北 方 向 の 水 平 距 離 の 0.6 倍 に5mを 加 えたもの 以 下 とする なお 第 一 種 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 指 定 されて いる 場 合 の 高 さの 最 高 限 度 は 10m 以 下 とする 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反 対 側 の 境 界 線 又 は 隣 地 境 界 線 までの 真 北 方 向 の 水 平 距 離 が8m 以 内 の 範 囲 にあっ ては 当 該 水 平 距 離 の 1.25 倍 に5mを 加 えたもの 以 下 とし 当 該 真 北 方 向 の 水 平 距 離 が8mを 超 える 範 囲 にあ っては 当 該 水 平 距 離 から8 mを 減 じたものの 0.6 倍 に 15mを 加 えたもの 以 下 とす る 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反 対 側 の 境 界 線 又 は 隣 地 境 界 線 までの 真 北 方 向 の 水 平 距 離 が8m 以 内 の 範 囲 にあっ ては 当 該 水 平 距 離 の 1.25 倍 に 10mを 加 えたもの 以 下 とし 当 該 真 北 方 向 の 水 平 距 離 が8mを 超 える 範 囲 にあ っては 当 該 水 平 距 離 から8 mを 減 じたものの 0.6 倍 に 20mを 加 えたもの 以 下 とす る 19

18 4 高 度 利 用 地 区 高 度 利 用 地 区 は 市 街 地 における 土 地 の 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 更 新 を 図 るため 建 築 物 の 容 積 率 の 最 高 限 度 及 び 最 低 限 度 建 築 物 の 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 建 築 物 の 建 築 面 積 の 最 低 限 度 並 びに 壁 面 の 位 置 の 制 限 を 定 める 地 区 です 都 市 における 土 地 の 合 理 的 かつ 健 全 な 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 更 新 を 目 的 とする 市 街 地 再 開 発 事 業 の 候 補 地 と 考 えることもできます 本 市 では JR 八 王 子 駅 南 口 同 北 口 八 日 町 地 内 の3 箇 所 に 指 定 しています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-5 高 度 利 用 地 区 の 指 定 状 況 参 照 図 2-9 高 度 利 用 地 区 の 位 置 八 王 子 駅 南 口 地 区 再 開 発 ビル 20

19 5 特 定 街 区 特 定 街 区 は 市 街 地 の 整 備 改 善 を 図 るため 街 区 の 整 備 又 は 造 成 が 行 われる 地 区 に おいて その 街 区 だけの 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 壁 面 の 位 置 などの 制 限 を 設 けて オープンスペースの 確 保 などにより 良 好 な 街 区 の 形 成 をはかるものです 本 市 では 京 王 線 北 野 駅 北 口 に1 箇 所 指 定 しています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-6 特 定 街 区 の 指 定 状 況 参 照 図 2-10 特 定 街 区 の 位 置 北 野 タウン 21

20 6 防 火 地 域 準 防 火 地 域 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 は 市 街 地 における 火 災 の 危 険 を 防 除 するために 定 める 地 域 で 建 築 物 の 規 模 により 構 造 ( 耐 火 簡 易 耐 火 等 )を 制 限 するものです 本 市 では 容 積 率 400% 以 上 の 用 途 地 域 ( 中 町 及 び 南 町 の 一 部 を 除 く)に 防 火 地 域 を 防 火 地 域 以 外 で 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 及 び 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 一 部 を 除 く 用 途 地 域 に 準 防 火 地 域 を 指 定 しています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-7 防 火 地 域 準 防 火 地 域 の 指 定 状 況 参 照 表 2-7 防 火 地 域 準 防 火 地 域 内 の 構 造 制 限 地 域 構 造 規 模 耐 火 建 築 物 としなければ ならないもの 簡 易 耐 火 又 は 耐 火 建 築 物 としなければならない もの 防 火 構 造 としなけ ればならないもの 防 火 地 域 階 数 階 数 3 以 上 のもの 延 べ 面 積 100m 2 を 超 えるもの 左 記 以 外 のもの 原 則 として 木 造 の 建 物 は 禁 止 されま す 準 防 火 地 域 階 数 階 数 4 以 上 のもの 階 数 3 のもの 延 べ 面 積 1,500m 2 を 超 えるもの 500m 2 を 超 え 1,500m 2 以 下 のもの 木 造 建 築 物 図 2-11 防 火 地 域 準 防 火 地 域 の 位 置 22

21 7 風 致 地 区 風 致 地 区 は 都 市 の 風 致 を 維 持 するために 定 める 地 区 で 建 築 や 宅 地 造 成 木 竹 の 伐 採 など 風 致 の 維 持 に 影 響 を 及 ぼす 行 為 は 東 京 都 条 例 によって 制 限 されます 本 市 では 昭 和 5 年 4 月 に 多 摩 陵 参 道 及 び 南 浅 川 周 辺 一 帯 が 指 定 されています 図 2-12 風 致 地 区 の 位 置 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-8 風 致 地 区 の 指 定 状 況 参 照 8 特 別 緑 地 保 全 地 区 特 別 緑 地 保 全 地 区 は 都 市 における 良 好 な 自 然 環 境 となる 緑 地 を 将 来 に 渡 り 継 承 す るために 建 築 行 為 など 一 定 の 行 為 を 制 限 し 現 状 凍 結 的 に 保 全 する 制 度 です 2 以 上 の 区 市 町 村 の 区 域 にわたるものは 都 が それ 以 外 は 区 市 町 村 が 都 市 計 画 法 の 地 域 地 区 として 指 定 します 地 区 に 指 定 されると 土 地 所 有 者 は 優 遇 税 制 により 土 地 の 所 有 コストを 軽 減 できるほか 指 定 主 体 に 対 して 土 地 の 買 入 れを 申 し 出 ることも できます 本 市 では 七 国 から 町 田 市 にまたがる 一 帯 及 び 上 川 町 の 一 帯 に 指 定 されています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-9 特 別 緑 地 保 全 地 区 の 指 定 状 況 参 照 図 2-13 特 別 緑 地 保 全 地 区 の 位 置 23

22 9 生 産 緑 地 地 区 平 成 3 年 9 月 に 生 産 緑 地 法 が 改 正 され 市 街 化 区 域 内 の 農 地 は 保 全 する 農 地 ( 生 産 緑 地 )と 宅 地 化 する 農 地 ( 宅 地 化 農 地 )とに 区 分 されています 生 産 緑 地 地 区 は 緑 地 機 能 及 び 多 目 的 保 留 地 機 能 を 有 する 500 m2 以 上 の 市 街 化 区 域 内 農 地 について 農 林 漁 業 と 調 和 した 良 好 な 都 市 環 境 を 形 成 していくことを 目 的 として 市 が 生 産 緑 地 法 に 基 づき 都 市 計 画 に 定 めた 農 地 です 生 産 緑 地 地 区 に 指 定 されると 指 定 から 30 年 間 の 営 農 義 務 があり 相 続 税 の 納 税 猶 予 ( 相 続 人 の 死 亡 等 により 免 除 )を 受 けられると 共 に 固 定 資 産 税 が 原 則 農 地 課 税 となります 生 産 緑 地 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-10 生 産 緑 地 の 指 定 状 況 参 照 10 駐 車 場 整 備 地 区 駐 車 場 整 備 地 区 とは 自 動 車 交 通 が 著 しく 集 中 する 地 区 のうち 道 路 の 効 用 を 保 持 し 円 滑 な 道 路 交 通 を 確 保 する 必 要 がある と 認 められる 区 域 について 駐 車 場 整 備 を 促 進 すべき 地 区 として 都 市 計 画 に 定 める 地 区 です 地 区 に 指 定 すると 駐 車 場 法 第 4 条 の 規 定 により 市 は 駐 車 場 整 備 計 画 を 定 め ることが 義 務 付 けられています 本 市 では 中 心 市 街 地 における 駐 車 場 不 足 を 改 善 し 交 通 機 能 の 確 保 と 地 域 の 活 性 化 に 寄 与 するため 平 成 2 年 7 月 に 駐 車 場 整 備 地 区 を 指 定 し 不 特 定 多 数 の 人 が 利 用 できる 時 間 貸 し 駐 車 場 を 公 共 民 間 合 わせて 整 備 していくこととしています 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 1-11 駐 車 場 整 備 地 区 の 指 定 状 況 参 照 図 2-14 駐 車 場 整 備 地 区 の 位 置 24

23 地 区 計 画 等 25

24 26

25 3. 地 区 計 画 等 地 区 計 画 等 ( 都 市 計 画 法 第 12 条 の4)は 都 市 計 画 区 域 において 定 めることができる5 種 類 の 地 区 計 画 の 総 称 です 詳 細 な 情 報 は 資 料 編 表 2-1 地 区 計 画 一 覧 参 照 (1) 地 区 計 画 等 の 種 類 地 区 計 画 等 の 種 類 は 次 のとおりです 図 2-15 地 区 計 画 の 種 類 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 ) 特 例 型 地 区 計 画 等 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 防 災 街 区 整 備 地 区 計 画 ( 密 集 市 街 地 整 備 法 ) 歴 史 的 風 致 維 持 向 上 地 区 計 画 ( 地 域 における 歴 史 的 風 致 の 維 持 及 び 向 上 に 関 する 法 律 ) 誘 導 容 積 型 容 積 適 正 配 分 型 高 度 利 用 型 用 途 別 容 積 型 街 並 み 誘 導 型 立 体 道 路 制 度 沿 道 地 区 計 画 ( 幹 線 道 路 の 沿 道 の 整 備 に 関 する 法 律 ) 沿 道 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 集 落 地 区 計 画 ( 集 落 地 域 整 備 法 ) 25 地 区 計 画 を 指 定 した 住 宅 地

26 (2) 地 区 計 画 等 の 概 要 一 般 的 な 地 区 計 画 地 区 計 画 ( 法 12 条 の5) 一 定 の 地 区 を 単 位 として 良 好 な 市 街 地 環 境 の 維 持 形 成 に 向 けて 地 区 に 必 要 な 施 設 や 建 築 物 等 のルールを 定 めることができる 地 区 計 画 です 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 ( 法 12 条 の5) 工 場 跡 地 や 密 集 市 街 地 老 朽 化 した 住 宅 団 地 などの 区 域 において 道 路 などの 都 市 基 盤 と 建 築 物 等 を 一 体 的 に 整 備 することで 都 市 環 境 を 整 備 改 善 し 土 地 の 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 増 進 を 図 る 地 区 計 画 です 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 ( 法 12 条 の5) 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 が 規 制 されている 第 2 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 及 び 工 業 地 域 において 周 辺 の 土 地 利 用 等 を 勘 案 して 支 障 がない 場 合 に 大 規 模 集 客 施 設 を 立 地 で きるように 緩 和 することで 都 市 機 能 の 増 進 を 図 る 地 区 計 画 です 特 例 的 な 地 区 計 画 誘 導 容 積 型 ( 法 12 条 の6) 道 路 や 公 園 などの 公 共 施 設 が 未 整 備 のために 土 地 の 有 効 利 用 が 図 られていない 区 域 について 公 共 施 設 が 未 整 備 な 段 階 に 適 用 する 暫 定 的 な 容 積 率 ( 暫 定 容 積 率 )と 整 備 後 の 本 来 の 容 積 率 ( 目 標 容 積 率 )を 定 め 必 要 な 公 共 施 設 の 整 備 と 土 地 の 有 効 利 用 を 一 体 的 に 誘 導 する 地 区 計 画 です 容 積 適 正 配 分 型 ( 法 12 条 の7) 適 正 な 配 置 及 び 規 模 の 公 共 施 設 が 整 備 されている 区 域 において 用 途 地 域 で 指 定 さ れた 容 積 率 を 土 地 の 高 度 利 用 を 図 るべき 地 区 と 抑 えるべき 地 区 に 配 分 することで 合 理 的 な 土 地 利 用 を 誘 導 する 地 区 計 画 です 高 度 利 用 型 ( 法 12 条 の8) 適 正 な 配 置 及 び 規 模 の 公 共 施 設 が 整 備 されている 区 域 において 区 域 内 に 空 地 が 確 保 されていること 等 を 条 件 に 容 積 率 を 緩 和 することで 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 更 新 を 図 る 地 区 計 画 です 用 途 別 容 積 型 ( 法 12 条 の9) 都 心 部 やその 周 辺 部 で 人 口 の 減 少 が 著 しい 区 域 において 住 宅 用 途 部 分 の 容 積 率 を 緩 和 することで 住 宅 立 地 の 誘 導 と 適 正 な 用 途 配 分 を 図 る 地 区 計 画 です 26

27 街 並 み 誘 導 型 ( 法 12 条 の 10) 土 地 の 有 効 利 用 が 進 んでいない 既 成 市 街 地 において 建 物 の 壁 面 の 位 置 や 高 さなど を 定 めることにより 容 積 率 や 道 路 斜 線 制 限 を 緩 和 することで 統 一 的 な 街 並 みを 誘 導 するための 地 区 計 画 です 立 体 道 路 制 度 ( 法 12 条 の 11) 市 街 地 における 幹 線 道 路 の 整 備 を 図 るとともに 道 路 の 上 下 部 空 間 を 利 用 して 道 路 と 建 築 物 等 を 一 体 的 に 整 備 することにより 土 地 の 有 効 利 用 を 促 進 する 地 区 計 画 です 地 区 計 画 等 防 災 街 区 整 備 地 区 計 画 ( 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ) 老 朽 化 した 木 造 住 宅 が 密 集 し かつ 道 路 や 公 園 などの 公 共 施 設 が 十 分 にない 区 域 に おいて 防 災 上 有 効 な 道 路 などの 公 共 施 設 の 整 備 と その 沿 道 への 耐 火 建 築 物 の 誘 導 などにより 地 区 の 延 焼 防 止 機 能 を 高 め 一 時 避 難 路 などの 確 保 を 図 る 地 区 計 画 です 歴 史 的 風 致 維 持 向 上 地 区 計 画 ( 地 域 における 歴 史 的 風 致 の 維 持 及 び 向 上 に 関 する 法 律 ) 地 域 の 伝 統 的 な 技 術 又 は 技 能 により 製 造 された 工 芸 品 などの 物 品 販 売 を 主 な 目 的 とする 店 舗 などのうち 歴 史 的 風 致 の 維 持 及 び 向 上 のために 整 備 をすべき 用 途 の 建 築 物 等 について 用 途 地 域 による 用 途 制 限 などの 緩 和 を 認 める 地 区 計 画 です 沿 道 地 区 計 画 ( 幹 線 道 路 の 沿 道 の 整 備 に 関 する 法 律 ) 幹 線 道 路 沿 道 において 建 築 物 等 に 関 する 制 限 等 をきめ 細 かに 定 め 騒 音 に 強 い 建 築 物 の 誘 導 や 緩 衝 帯 となる 緑 地 等 を 整 備 することで 道 路 交 通 騒 音 により 生 ずる 障 害 の 防 止 と 適 正 かつ 合 理 的 な 土 地 利 用 の 促 進 を 図 る 地 区 計 画 です 集 落 地 区 計 画 ( 集 落 地 域 整 備 法 律 ) 市 街 化 調 整 区 域 等 の 集 落 地 域 において 公 共 施 設 の 整 備 や 建 築 物 の 建 築 等 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 め これに 沿 った 市 街 化 調 整 区 域 の 開 発 行 為 建 築 行 為 を 許 可 すること で 主 として 集 落 地 域 内 の 居 住 者 にとっての 営 農 条 件 と 調 和 のとれた 良 好 な 居 住 環 境 の 確 保 と 適 切 な 土 地 利 用 を 図 る 地 区 計 画 です (3) 地 区 計 画 の 構 成 地 区 計 画 は 地 区 計 画 の 方 針 と 地 区 整 備 計 画 の 2 つから 成 り 立 っています 地 区 計 画 の 方 針 今 後 どのようなまちづくりを 進 めていくのか その 基 本 方 針 を 定 めます 具 体 的 には どのような 目 標 に 向 かってまちづくりを 進 めるかを 示 す 地 区 計 画 の 目 標 と その 実 現 のための 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 に 関 する 方 針 を 定 めます 27

28 地 区 整 備 計 画 地 区 整 備 計 画 は 当 該 地 区 計 画 の 方 針 に 即 して 地 区 の 特 性 にふさわしい 良 好 な 市 街 地 環 境 の 維 持 形 成 を 図 るため 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 建 築 物 等 に 関 する 事 項 並 びに 土 地 の 利 用 に 関 する 事 項 について 必 要 な 事 項 を 適 切 に 定 めます 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 道 路 公 園 緑 地 広 場 などの 公 共 空 地 の 位 置 や 規 模 を 地 区 施 設 として 定 めます 建 築 物 やその 他 の 敷 地 などの 制 限 に 関 すること 1 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 建 築 できる 建 物 と 建 築 できない 建 物 とを 分 けるいわゆる 用 途 制 限 により 用 途 の 混 在 を 防 ぎます 2 容 積 率 の 最 高 限 度 又 は 最 低 限 度 容 積 率 を 制 限 し 周 囲 に 調 和 した 土 地 の 有 効 利 用 を 進 めます 3) 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 庭 やオープンスペースが 十 分 にとれたゆ とりある 街 並 みをつくります 4 建 築 物 の 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 狭 小 な 敷 地 の 発 生 による 住 環 境 の 悪 化 を 防 止 します 5 建 築 面 積 の 最 低 限 度 建 築 面 積 を 一 定 以 上 に 誘 導 することで 土 地 の 有 効 利 用 を 進 めます 6 壁 面 の 位 置 の 制 限 道 路 や 隣 地 への 圧 迫 感 をやわらげ 良 好 な 外 部 空 間 をつくります 7 建 築 物 等 の 高 さの 最 高 限 度 又 は 最 低 限 度 街 並 みの 揃 った 景 観 の 形 成 や 土 地 の 高 度 利 用 を 促 進 します 8 建 築 物 等 の 形 態 又 は 色 彩 その 他 の 意 匠 の 制 限 色 や 仕 上 げ 建 物 のかたち デザイン 等 を 統 一 し まとまりのある 街 並 みをつくり ます 9 垣 又 は 柵 の 構 造 の 制 限 垣 や 柵 の 形 状 などを 決 めます 例 ) 生 垣 にすることで 緑 の 多 い 街 並 みをつくります その 他 土 地 利 用 の 制 限 現 存 する 樹 林 地 草 地 などの 良 い 環 境 を 守 り 壊 さないように 制 限 することができ ます 28

29 地 区 計 画 に 定 める 事 項 の 一 覧 地 区 計 画 全 般 で 定 める 事 項 名 称 地 区 地 区 計 画 法 12 条 の4 位 置 丁 目 地 内 区 域 面 積 法 12 条 の5 1. 地 区 計 画 の 目 標 1 2. 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 の 方 針 2 建 築 物 等 の 整 備 の 方 針 1 市 の まちづくり 方 針 などの 位 置 づけ 地 区 の 将 来 像 を 記 載 する 地 区 の 特 性 を 踏 まえた 地 区 整 備 の 基 本 的 な 考 え 方 を 記 載 する 特 例 的 な 活 用 の 場 合 は 目 標 の 中 に 明 記 することが 望 ましい 2 地 区 施 設 の 整 備 の 方 針 については 地 区 整 備 計 画 に 位 置 づける 場 合 に 記 載 する 再 開 発 等 促 進 区 の 場 合 は 公 共 施 設 等 の 整 備 の 方 針 とし 記 載 する 再 開 発 等 促 進 区 で 定 める 事 項 1. 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 法 12 条 の5 2. 道 路 公 園 その 他 2 号 施 設 ( 都 市 計 画 施 設 地 区 施 設 以 外 ) 法 12 条 の 5 地 区 整 備 計 画 で 定 める 事 項 1. 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 道 路 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 空 地 2. 建 築 物 等 に 関 する 事 項 一 般 促 進 区 誘 導 容 積 容 積 配 分 特 例 的 な 活 用 高 度 用 途 別 利 用 用 途 の 制 限 容 積 率 の 最 高 限 度 容 積 率 の 最 低 限 度 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 建 築 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 の 制 限 壁 面 後 退 区 域 における 工 作 物 の 設 置 の 制 限 高 さの 最 高 限 度 又 は 最 低 限 度 形 態 又 は 色 彩 その 他 の 意 匠 の 制 限 緑 化 率 の 最 低 限 度 垣 又 は 柵 の 制 限 法 12 都 市 計 画 道 路 の 名 称 条 重 複 利 用 区 域 の 11 建 築 物 等 の 建 築 限 界 3. 樹 林 地 草 地 の 保 全 等 4. 土 地 の 利 用 に 関 する 事 項 一 般 的 な 活 用 街 並 誘 導 ( 道 路 ) 立 体 道 路 : 都 市 計 画 で 定 めなければならない 事 項 : 必 要 に 応 じて 規 制 誘 導 として 定 める 事 項 : のうち 条 例 による 規 定 が 義 務 づけられている 事 項 : 規 制 誘 導 のほか 緩 和 も 定 めることができる 事 項 29

30 図 2-16 地 区 計 画 の 位 置 図 中 の 番 号 は 資 料 編 表 2-1 地 区 計 画 一 覧 の 番 号 に 対 応 30

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

目 1 木 更 津 市 の 概 要 ------------------- (1) 位 置 及 び 地 勢 ------------------- () 市 域 の 変 遷 --------------------- 3 (3) 人 口 --------------------------- 5 (

目 1 木 更 津 市 の 概 要 ------------------- (1) 位 置 及 び 地 勢 ------------------- () 市 域 の 変 遷 --------------------- 3 (3) 人 口 --------------------------- 5 ( 目 1 木 更 津 市 の 概 要 ------------------- (1) 位 置 及 び 地 勢 ------------------- () 市 域 の 変 遷 --------------------- 3 (3) 人 口 --------------------------- 5 (4) 人 口 集 中 地 区 ------------------- 6 (5) 産 業 別 人 口

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc 2012 伊 勢 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 24 年 4 月 伊 勢 市 の 都 市 計 画 目 次 Ⅰ 伊 勢 市 の 概 要 1 Ⅱ 都 市 計 画 区 域 2 Ⅲ 都 市 マスタープラン 3 Ⅳ 土 地 利 用 に 関 する 都 市 計 画 4 Ⅴ 都 市 施 設 に 関 する 都 市 計 画 7 Ⅵ 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 都 市 計 画 12 伊

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63> 第 3 章 山 形 県 の 都 市 計 画 1.マスタープラン (1) 都 市 計 画 区 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 マスタープラン) ( 都 市 計 画 法 第 6 条 の2) 平 成 12 年 の 都 市 計 画 法 改 正 により 創 設 された 都 市 計 画 区 マスタープランの 策 定 にあた り 山 形 県 では 平 成 13 年 度 に

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

都 市 計 画 区 名 都 市 計 画 区 面 積 都 市 計 画 区 に 含 まれる 土 の 区 指 定 年 月 日 宇 都 宮 都 市 計 画 区 11,196ha 鹿 沼 市 内 に おける 面 積 鹿 沼 区 菊 沢 区 東 大 芦 区 の 部 ( 酒 野 谷 下 日 向 上 日 向 深 岩

都 市 計 画 区 名 都 市 計 画 区 面 積 都 市 計 画 区 に 含 まれる 土 の 区 指 定 年 月 日 宇 都 宮 都 市 計 画 区 11,196ha 鹿 沼 市 内 に おける 面 積 鹿 沼 区 菊 沢 区 東 大 芦 区 の 部 ( 酒 野 谷 下 日 向 上 日 向 深 岩 4 節 都 市 計 画 区 土 利 の 状 況 及 び 見 通 し 形 等 の 自 然 的 条 件 通 勤 通 学 等 の 日 常 生 活 圏 主 要 な 交 通 施 設 の 設 置 の 状 況 社 会 的 経 済 的 な 区 の 体 性 等 から 総 合 的 に 判 断 し 現 在 及 び 将 来 の 都 市 活 動 に 必 要 な 土 や 施 設 が 相 当 程 度 その で 充 足 できる 範

More information

大田区景観条例(案)説明資料

大田区景観条例(案)説明資料 大 田 区 景 観 条 例 説 明 資 料 景 観 条 例 とは 大 田 区 では 多 彩 で 魅 力 的 な 景 観 形 成 を 図 るため 景 観 計 画 の 策 定 と 併 せて 景 観 法 に 基 づく 景 観 条 例 を 制 定 します 景 観 条 例 では 景 観 計 画 の 策 定 や 行 為 の 規 制 に 関 すること 区 区 民 及 び 事 業 者 の 責 務 など 景 観 計

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である 都 市 計 画 概 要 2013 第 2 編 名 古 屋 の 都 市 計 画 の 現 況 第 6 章 市 街 地 の 開 発 整 備 6-1 市 街 地 整 備 の 沿 革 と 方 針 6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 6-3 土 地 区 画 整 理 事 業 6-4 市 街 地 再 開 発 事 業 6-5 優 良 建 築 物 等 整 備 事 業 6-6 開 発 行 為 6-7 都 心 部

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2 佐 賀 都 市 計 画 風 致 地 区 の 変 更 松 原 公 園 風 致 地 区 神 野 公 園 風 致 地 区 平 成 26 年 4 月 21 日 佐 賀 市 1 はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 し も ひ ら ち く 下 平 地 区 か い 1 回 へ ん こ う 変 更 ) と ち ぎ けん 栃 木 県 うつのみや し 宇 都 宮 市 平 成 2 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha

More information

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ 東 京 の 都 市 づくり ( 参 考 資 料 ) 民 間 都 市 開 発 の 誘 導 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 の 指 定 都 市 再 生 特 別 地 区 の 都 市 計 画 決 定 都 市 開 発 諸 制 度 の 活 用 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の 静 岡 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 5 月 静 岡 市 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方

More information