飯能市の都市計画

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "飯能市の都市計画"

Transcription

1 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課

2 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用 1 都 市 計 画 区 域 6 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 7 3 用 途 地 域 9 4 地 区 計 画 13 5 生 産 緑 地 地 区 14 Ⅳ 都 市 施 設 1 都 市 計 画 道 路 14 2 駅 前 交 通 広 場 18 3 公 園 緑 地 18 4 下 水 道 21 5 その 他 の 施 設 等 23 Ⅴ 市 街 地 開 発 事 業 1 土 地 区 画 整 理 事 業 24

3 Ⅰ 市 の 概 要 1. 市 の 位 置 本 市 は 埼 玉 県 の 南 西 部 にあり 都 心 から 約 50km 圏 に 位 置 し 市 域 は 南 東 から 北 西 に 細 長 く 行 政 区 域 面 積 は19,318haである また 市 域 の 約 76%は 山 林 となっており 県 立 奥 武 蔵 自 然 公 園 の 中 核 をなしている 位 置 図 N 熊 谷 6 0 k m 圏 寄 居 5 0 k m 圏 秩 父 埼 玉 県 4 0 k m 圏 3 0 k m 圏 奥 多 摩 飯 能 市 飯 能 川 越 所 沢 大 宮 2 0 k m 圏 八 王 子 立 川 東 京 都 池 袋 新 宿 2. 市 の 沿 革 昭 和 18 年 飯 能 町 加 治 村 精 明 村 南 高 麗 村 元 加 治 村 の1 町 4 村 が 合 併 昭 和 29 年 に 県 内 9 番 目 の 市 制 を 施 行 飯 能 市 となった 同 年 元 加 治 地 区 と 新 光 の 一 部 を 分 離 昭 和 31 年 に 吾 野 村 東 吾 野 村 原 市 場 村 の3 村 と 平 成 17 年 1 月 1 日 には 名 栗 村 と 合 併 し 現 在 に 至 っ ている 3. 人 口 本 市 の 人 口 は 市 制 施 行 以 来 自 然 増 加 による 緩 やかな 伸 びを 示 してきたが 総 人 口 の 減 少 や 都 心 回 帰 傾 向 により 現 在 は 減 少 傾 向 に 転 じている 状 況 である 今 後 は 人 口 減 少 傾 向 に 歯 止 めをかけるべく 活 力 ある 都 市 をめざして 豊 かな 自 然 の 中 でい きいきと 子 育 てのできる 環 境 づくりと 都 市 的 な 活 気 を 兼 ね 備 えたまちづくりなどの 政 策 を 積 極 的 に 推 進 する - 1 -

4 人 口 人 口 集 中 地 区 の 推 移 年 度 人 口 ( 人 ) 増 加 率 (%) 国 勢 調 査 : 各 年 10 月 1 日 現 在 人 口 集 中 地 区 (DID) 面 積 (ha) 人 口 ( 人 ) 人 口 密 度 ( 人 /ha) 昭 和 35 年 44, , 昭 和 40 年 47, , 昭 和 45 年 52, , 昭 和 50 年 55, , 昭 和 55 年 61, , 昭 和 60 年 66, , 平 成 2 年 73, , 平 成 7 年 80, , 平 成 12 年 83, , 平 成 17 年 84, , 平 成 22 年 83, , 人 口 集 中 地 区 (DID) 人 口 密 度 の 高 い 調 査 区 ( 原 則 として 人 口 密 度 1km 2 あたり 約 4,000 人 以 上 )が 隣 接 して 人 口 5,000 人 以 上 を 有 する 地 区 平 成 12 年 から 美 杉 台 の 一 部 がDID 区 域 に 加 わった 市 街 地 中 心 部 の 街 並 み - 2 -

5 Ⅱ 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 の 意 義 都 市 計 画 は 都 市 の 健 全 な 発 展 と 秩 序 ある 整 備 を 図 ることが 目 的 である その 基 本 理 念 につ いては 都 市 計 画 法 の 中 で 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 すべきこと 並 びにこのためには 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 が 図 られるべきこと として 規 定 されている この 都 市 計 画 の 目 的 を 実 現 するためには 国 及 び 地 方 公 共 団 体 が 都 市 計 画 の 適 切 な 遂 行 に 努 めると 共 に 都 市 の 住 民 も 協 力 し 良 好 な 都 市 環 境 の 形 成 に 努 めることが 責 務 とされている 2. 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 5 年 6 月 の 都 市 計 画 法 及 び 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 施 行 により 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 が 新 たに 創 設 され 市 町 村 ごとに 独 創 性 を 発 揮 して 策 定 され る まちづくりの 基 本 的 な 方 向 を 示 すものである また 住 民 との 合 意 を 重 視 することから 住 民 の 主 体 的 な 参 加 の 下 に 進 められることが 重 要 である 本 市 では 平 成 8 年 度 からワークショップを 開 催 するなどして 地 区 別 土 地 利 用 計 画 とあわ せて 策 定 を 進 め 平 成 11 年 3 月 に 完 了 した その 後 社 会 情 勢 や 経 済 状 況 等 の 変 化 に 対 応 す るため 平 成 19 年 度 から 内 容 の 見 直 しに 取 りかかり 平 成 21 年 3 月 に 改 訂 を 行 った 3. 都 市 計 画 の 決 定 都 市 計 画 を 定 めるためには 一 定 の 手 続 が 必 要 であり またその 都 市 計 画 には 都 道 府 県 が 決 定 するものと 市 町 村 が 決 定 するものとがある 前 者 は 都 市 計 画 の 中 で 広 域 的 見 地 から 定 める 必 要 のあるもの 後 者 はその 他 のものについて 定 めることとなっている - 3 -

6 4. 都 市 計 画 の 決 定 手 続 都 道 府 県 決 定 の 場 合 法 16 公 聴 会 の 開 催 等 による 住 民 意 見 の 反 映 都 市 計 画 の 案 の 作 成 法 172 意 見 の 提 出 ( 縦 覧 期 間 中 ) 要 旨 法 182 法 171 都 市 計 画 の 案 の 公 告 縦 覧 (2 週 間 ) 法 181 都 道 府 県 都 市 計 画 審 議 会 法 181 市 町 村 の 意 見 の 聴 取 法 183 必 要 に 応 じ 大 臣 の 同 意 法 18 法 23 都 市 計 画 の 決 定 他 行 政 機 関 等 との 調 整 法 20 告 示 縦 覧 市 町 村 決 定 の 場 合 法 16 公 聴 会 の 開 催 等 による 住 民 意 見 の 反 映 法 172 意 見 の 提 出 ( 縦 覧 期 間 中 ) 要 旨 法 192 都 市 計 画 の 案 の 作 成 法 171 都 市 計 画 の 案 の 公 告 縦 覧 (2 週 間 ) 法 191 市 町 村 都 市 計 画 審 議 会 法 193 都 道 府 県 知 事 との 協 議 都 市 計 画 の 決 定 法 19 告 示 縦 覧 法

7 5. 都 市 計 画 提 案 制 度 平 成 14 年 の 都 市 計 画 法 改 正 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 施 行 )により 創 設 された 制 度 で 土 地 所 有 者 等 が 一 定 の 条 件 を 満 たしたうえで 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 について 提 案 でき る 制 度 です ただし 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 都 市 再 開 発 方 針 等 に 関 するものを 除 きます ( 法 第 21 条 の2) < 都 市 計 画 提 案 制 度 のながれ> 土 地 所 有 者 まちづくりNPO 都 市 再 生 機 構 等 による 都 市 計 画 の 提 案 ( 提 案 を 行 うための 要 件 ) 10.5ha 以 上 の 一 体 的 な 区 域 2 都 市 計 画 に 関 する 法 令 上 の 基 準 に 適 合 3 土 地 所 有 者 の3 分 の2 以 上 の 同 意 県 又 は 市 町 村 は 提 案 に 基 づく 都 市 計 画 決 定 ( 変 更 )するかどうかを 判 断 都 市 計 画 決 定 ( 変 更 )する 必 要 が あると 認 めるとき 都 市 計 画 決 定 ( 変 更 )する 必 要 が ないと 認 めるとき 公 聴 会 の 開 催 等 都 市 計 画 の 案 の 作 成 都 市 計 画 審 議 会 に 提 案 を 提 出 し 意 見 を 聴 く 都 市 計 画 の 案 の 公 告 縦 覧 都 市 計 画 決 定 ( 変 更 )しない 都 市 計 画 の 案 及 び 提 案 を 都 市 計 画 審 議 会 へ 付 議 等 都 市 計 画 決 定 ( 変 更 ) 都 市 計 画 決 定 ( 変 更 )しない 理 由 等 を 提 案 者 に 通 知 - 5 -

8 Ⅲ 土 地 利 用 1. 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 とは 都 市 計 画 を 策 定 する 場 であり 都 市 計 画 の 基 本 理 念 を 達 成 するために 都 市 計 画 法 その 他 の 法 令 の 規 制 を 受 けるべき 土 地 の 範 囲 をいう 具 体 的 には 一 体 の 都 市 として 総 合 的 に 整 備 し 開 発 し 及 び 保 全 する 必 要 がある 区 域 を 都 道 府 県 が 指 定 する 本 市 では 昭 和 19 年 5 月 31 日 に 現 在 の 市 域 の 約 29%にあたる5,566haについて 都 市 計 画 区 域 の 指 定 を 受 けた その 後 昭 和 29 年 4 月 1 日 に 元 加 治 地 区 及 び 新 光 の 一 部 が 本 市 から 分 離 昭 和 60 年 11 月 15 日 に 日 高 市 との 行 政 区 域 境 界 の 変 更 を 行 ったことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 変 更 を 行 い 現 在 の5,014ha( 吾 野 東 吾 野 原 市 場 及 び 名 栗 地 区 は 区 域 外 )となっ た 区 域 別 面 積 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 区 域 区 分 面 積 (ha) 比 率 (%) 地 区 名 都 市 計 画 区 域 5, 飯 能 精 明 加 治 南 高 麗 都 市 計 画 区 域 外 14, 吾 野 東 吾 野 原 市 場 名 栗 計 ( 市 域 ) 19, N 都 市 計 画 区 域 図 吾 野 地 区 東 吾 野 地 区 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 地 区 界 名 栗 地 区 原 市 場 地 区 飯 能 地 区 精 明 地 区 南 高 麗 地 区 加 治 地 区 - 6 -

9 2. 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 人 口 や 産 業 が 都 市 に 集 中 するようになると 道 路 や 公 園 下 水 道 といった 基 本 的 な 生 活 環 境 施 設 が 整 っていない 市 街 地 の 周 辺 部 まで 家 が 建 ち 並 び 無 秩 序 な 市 街 化 (スプロール 化 )が 形 成 される 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 止 し 良 好 な 都 市 を 形 成 していくために 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 に 区 分 する 制 度 ( 線 引 き 制 度 )がある (1) 市 街 化 区 域 市 街 化 区 域 とは 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 進 める 区 域 で 具 体 的 には すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 域 と おおむね10 年 以 内 に 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 域 によって 構 成 され この 区 域 では 用 途 地 域 の 指 定 都 市 施 設 ( 道 路 公 園 下 水 道 等 )の 整 備 や 市 街 地 開 発 事 業 が 積 極 的 に 行 われる 本 市 においては 昭 和 45 年 8 月 25 日 既 に 市 街 地 を 形 成 している 旧 飯 能 地 区 の 一 部 と 今 後 市 街 地 開 発 事 業 等 により 市 街 化 を 図 るべく 加 治 精 明 地 区 の 各 一 部 を 含 む802haについて 市 街 化 区 域 と 決 定 した その 後 昭 和 54 年 3 月 第 1 回 見 直 しにより 土 地 区 画 整 理 事 業 及 び 民 間 宅 地 開 発 事 業 による 計 画 的 な 市 街 地 形 成 を 図 ることが 確 実 となった 飯 能 南 台 地 区 武 蔵 丘 地 区 等 の 約 190ha 次 いで 昭 和 60 年 11 月 第 2 回 見 直 しにより 市 街 地 の 西 方 約 2~3kmに 位 置 する 丘 陵 地 飯 能 大 河 原 地 区 約 138haが また 平 成 元 年 7 月 の 随 時 編 入 により 民 間 宅 地 開 発 事 業 による 飯 能 日 高 団 地 地 区 約 46haが 市 街 化 調 整 区 域 から 市 街 化 区 域 へそれぞれ 編 入 された また 平 成 3 年 12 月 第 3 回 見 直 しにより 双 柳 北 部 地 区 の 約 13.5haが 計 画 的 な 市 街 地 整 備 の 実 施 が 確 定 するまでの 間 市 街 化 区 域 から 用 途 地 域 を 残 したまま 市 街 化 調 整 区 域 に 変 更 された そして 平 成 6 年 1 月 随 時 編 入 により 住 宅 都 市 整 備 公 団 ( 現 : 都 市 再 生 機 構 )の 土 地 区 画 整 理 事 業 による 飯 能 南 台 第 二 地 区 約 49.1haが 市 街 化 区 域 に 編 入 され 平 成 10 年 11 月 第 4 回 見 直 し 時 に 計 測 精 度 修 正 により 区 域 内 面 積 を 修 正 し 平 成 18 年 3 月 第 5 回 見 直 しにより 宅 地 開 発 計 画 中 止 に 伴 い 計 画 的 な 市 街 地 形 成 の 見 込 みがなくなった 武 蔵 丘 地 区 約 73.2haが 市 街 化 区 域 から 市 街 化 調 整 区 域 へ 変 更 された そして 平 成 19 年 8 月 28 日 に 双 柳 北 部 地 区 約 13.5haを 市 街 化 区 域 へ 再 編 入 し 当 市 の 市 街 化 区 域 は1,144haとなった (2) 市 街 化 調 整 区 域 市 街 化 調 整 区 域 とは 市 街 化 区 域 とは 反 対 に 市 街 化 を 抑 制 する 区 域 で この 区 域 では 開 発 行 為 は 原 則 として 抑 制 され 都 市 基 盤 整 備 は 原 則 として 行 われない 本 市 では 市 街 地 北 東 部 の 精 明 地 区 の 一 部 は 農 振 農 用 地 区 域 に 指 定 され 都 市 近 郊 農 業 が 展 開 されている 一 方 奥 武 蔵 自 然 公 園 に 指 定 されている 西 部 山 地 部 入 間 川 天 覧 山 多 峯 主 山 等 は 自 然 景 観 に 富 んでおり 自 然 地 として 保 全 を 図 る 必 要 がある このようなことか ら 市 街 化 調 整 区 域 に 指 定 されたものである なお 本 市 の 区 域 区 分 の 内 訳 は 次 のとおりで ある - 7 -

10 区 域 別 面 積 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 区 域 区 分 面 積 (ha) 比 率 (%) 市 街 化 区 域 1, 市 街 化 調 整 区 域 3, 計 ( 都 市 計 画 区 域 ) 5, 区 域 別 人 口 の 推 移 都 市 計 画 基 礎 調 査 : 各 年 10 月 1 日 現 在 単 位 : 人 昭 和 45 年 昭 和 50 年 昭 和 55 年 昭 和 60 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 都 市 計 画 区 域 42,011 45,684 50,997 54,983 59,895 65,911 67,199 68,045 68,519 市 街 化 区 域 30,673 32,919 37,544 41,167 45,311 50,129 51,084 52,003 52,916 市 街 化 調 整 区 11,338 12,765 13,453 13,816 14,584 15,782 16,115 16,042 15,603 域 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 決 定 変 更 の 経 緯 決 定 変 更 日 市 街 化 区 域 面 積 (ha) 内 容 S 県 当 初 決 定 S 県 第 1 回 見 直 しにより 飯 能 南 台 武 蔵 丘 地 区 ほか 約 190ha 市 街 化 区 域 へ 編 入 S 県 ,130.0 第 2 回 見 直 しにより 飯 能 大 河 原 地 区 約 138ha 市 街 化 区 域 へ 編 入 H 県 ,176.0 随 時 編 入 により 飯 能 日 高 団 地 地 区 約 46ha 市 街 化 区 域 へ 編 入 H 県 ,162.5 第 3 回 見 直 しにより 双 柳 北 部 地 区 約 13.5ha 市 街 化 調 整 区 域 へ 変 更 H 県 ,211.6 随 時 編 入 により 飯 能 南 台 第 二 地 区 約 49.1ha 市 街 化 区 域 へ 編 入 H 県 ,203.7 第 4 回 見 直 しにより 区 域 内 面 積 修 正 約 7.9ha( 区 域 の 変 更 なし) H 県 921 1,203.7 平 成 12 年 度 実 施 の 都 市 計 画 基 礎 調 査 結 果 に 基 づく 目 標 人 口 の 見 直 し( 区 域 区 分 の 変 更 なし) H 県 ,130.5 第 5 回 見 直 しにより 武 蔵 丘 地 区 約 73.2ha 市 街 化 調 整 区 域 へ 変 更 H 県 ,144.0 随 時 編 入 により 双 柳 北 部 地 区 約 13.5ha 市 街 化 区 域 へ 編 入 H 県 ,144.0 第 6 回 見 直 し( 区 域 区 分 の 変 更 なし) - 8 -

11 3. 用 途 地 域 用 途 地 域 は 土 地 利 用 の 基 本 的 内 容 を 示 すもので 健 全 で 円 滑 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 市 街 化 を 図 る 市 街 化 区 域 に 定 めることとされている 人 口 や 産 業 が 集 中 し 種 々 雑 多 な 活 動 が 行 われている 都 市 においては 放 置 しておくと 色 々 な 用 途 や 形 態 の 建 物 が 混 在 し 騒 音 日 照 等 の 生 活 環 境 の 悪 化 生 産 活 動 交 通 等 の 都 市 機 能 の 混 乱 が 生 じる 恐 れがある そこで このようなことが 起 こらないように 地 域 別 に 建 物 の 用 途 床 面 積 形 態 等 についてお 互 いに 守 るべき 最 低 限 のルールを 定 めているのが 用 途 地 域 制 度 で ある [ 住 居 系 ] 1 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 低 層 住 宅 のための 地 域 だが 住 宅 のほかに50m2 以 内 の 店 舗 併 用 住 宅 や 小 中 学 校 などが 建 てられる 中 山 双 柳 岩 沢 等 の 市 街 地 周 辺 部 や 美 杉 台 永 田 台 地 区 等 の 丘 陵 地 における 大 規 模 開 発 地 区 に 配 置 されている 2 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 主 に 低 層 住 宅 のための 地 域 だが 小 中 学 校 のほかに150m2 以 内 の 店 舗 などが 建 てられ る 稲 荷 町 南 町 大 字 久 下 の 地 域 に 配 置 されている 3 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 中 高 層 住 宅 のための 地 域 だが 病 院 や 大 学 500m2までの 店 舗 などが 建 てられる 中 山 及 び 双 柳 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 済 区 域 や 市 街 化 の 進 行 が 著 しい 川 寺 笠 縫 岩 沢 双 柳 等 の 市 街 地 周 辺 部 などに 配 置 されている 4 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 主 に 中 高 層 住 宅 のための 地 域 だが 病 院 や 大 学 などのほか 1,500m2までの 店 舗 や 事 務 所 など 必 要 な 利 便 施 設 が 建 てられる 笠 縫 土 地 区 画 整 理 事 業 区 域 や 双 柳 などの 補 助 幹 線 的 な 道 路 沿 いに 配 置 されている 5 第 一 種 住 居 地 域 住 居 の 環 境 を 守 るための 地 域 だが 3,000m2までの 店 舗 事 務 所 ホテルなどは 建 てられ る 中 心 市 街 地 の 周 辺 部 や 鉄 道 幹 線 道 路 沿 い 等 に 配 置 されている 6 第 二 種 住 居 地 域 主 に 住 居 の 環 境 を 守 るための 地 域 だが 店 舗 事 務 所 ホテル パチンコ 屋 カラオケボッ クス 等 は 建 てられる 市 役 所 周 辺 の 官 庁 街 に 配 置 されている 7 準 住 居 地 域 道 路 の 沿 道 において 自 動 車 関 連 施 設 などの 立 地 と これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を - 9 -

12 保 護 するための 地 域 である JR 八 高 線 以 東 の 国 道 299 号 沿 いに 配 置 されている [ 商 業 系 ] 8 近 隣 商 業 地 域 周 辺 の 住 民 に 対 して 日 用 品 を 供 給 する 商 業 の 利 便 を 増 すための 地 域 で 工 場 劇 場 キャ バレーなどは 建 てられないが 店 舗 事 務 所 などのほかに 小 規 模 な 工 場 は 建 てられる 高 麗 横 丁 や 飯 能 駅 前 通 り 線 など3 本 の 道 路 沿 いに 配 置 されている 9 商 業 地 域 銀 行 百 貨 店 飲 食 店 など 商 業 業 務 の 利 便 を 増 すための 地 域 で とくに 商 業 地 としての 環 境 をそこなうような 工 場 などの 建 築 が 制 限 されるだけで 風 俗 営 業 等 の 建 物 も 建 築 可 能 で そ の 他 の 用 途 の 建 物 はほとんど 何 でも 建 てられる 飯 能 駅 周 辺 部 から 東 飯 能 駅 周 辺 部 にかけて 配 置 されている [ 工 業 系 ] 10 準 工 業 地 域 主 として 環 境 の 悪 化 をもたらす 恐 れのない 工 業 の 利 便 を 増 すための 地 域 で 特 に 公 害 発 生 の 恐 れがある 工 場 や 危 険 物 を 扱 う 工 場 を 除 いてはほとんどの 用 途 の 建 物 が 建 てられる 入 間 川 左 岸 沿 いの 川 寺 地 区 と 双 柳 地 区 の 市 街 化 区 域 北 側 界 飯 能 大 河 原 地 区 に 配 置 さ れている 11 工 業 地 域 主 として 工 業 の 利 便 を 増 すための 地 域 で 準 工 業 地 域 では 建 てられないような 工 場 も 建 て られる 工 場 以 外 の 建 物 については 住 宅 店 舗 娯 楽 施 設 などは 建 てられるが 学 校 病 院 ホテル 等 は 建 てられない 飯 能 駅 南 側 の 入 間 川 左 岸 沿 いと 本 市 の 東 部 で 入 間 市 に 接 している 双 柳 新 光 及 び 岩 沢 地 区 飯 能 大 河 原 地 区 に 配 置 されている 12 工 業 専 用 地 域 重 工 業 の 工 場 などが 立 地 するための 地 域 で 建 築 できる 建 物 は 工 場 倉 庫 などの 工 業 の 利 便 性 を 増 すための 建 物 に 限 られ 住 宅 は 建 築 できない 本 市 では 配 置 されていない

13 用 途 地 域 指 定 状 況 用 途 地 域 建 蔽 率 (%) 容 積 率 (%) 面 積 (ha) 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 比 率 (%) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域 計 1, 用 途 地 域 変 更 の 決 定 変 更 の 経 緯 決 定 変 更 日 面 積 (ha) 内 容 S 建 当 初 指 定 S 県 新 都 市 計 画 法 施 行 に 伴 う 用 途 地 域 の 変 更 及 び 住 居 専 用 地 区 の 決 定 (4 種 類 +2 専 用 地 区 ) S 県 都 市 計 画 法 の 一 部 改 正 に 伴 う 変 更 (4 種 類 8 種 類 ) S 県 一 部 変 更 ( 浄 化 センター 工 業 系 ) S 県 第 1 回 線 引 き 見 直 しに 伴 う 変 更 ( 市 街 化 区 域 編 入 ) S 県 ,130 第 2 回 線 引 き 見 直 しに 伴 う 変 更 ( 市 街 化 区 域 編 入 ) S 県 ,130 一 部 変 更 ( 飯 能 南 台 地 区 ) H 県 ,176 随 時 編 入 に 伴 う 変 更 ( 市 街 化 区 域 編 入 ) H 県 ,225 随 時 編 入 に 伴 う 変 更 ( 市 街 化 区 域 編 入 ) H 県 ,217.2 新 用 途 地 域 に 係 る 指 定 替 え( 住 居 系 用 途 地 域 細 分 化 ) H 県 ,217.2 一 部 変 更 ( 美 杉 台 地 区 の 一 部 及 び 南 台 第 二 地 区 ) H 県 ,217.2 一 部 変 更 ( 征 矢 町 の 一 部 ) H 県 ,144.0 一 部 線 引 き 見 直 しに 伴 う 変 更 ( 武 蔵 丘 地 区 ) H 県 ,144.0 一 部 変 更 ( 双 柳 北 部 地 区 の 一 部 ) H 県 ,144.0 道 路 線 形 変 更 に 伴 う 一 部 変 更 ( 飯 能 駅 前 通 り 線 沿 道 地 区 ) H 県 ,144.0 道 路 線 形 変 更 に 伴 う 一 部 変 更 ( 阿 須 小 久 保 線 沿 道 地 区 ) H 県 388 1,144.0 土 地 利 用 計 画 変 更 に 伴 う 変 更 ( 飯 能 大 河 原 地 区 )

14 用 途 地 域 指 定 状 況 図 N 東 飯 能 駅 飯 能 駅 元 加 治 駅 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域

15 4. 地 区 計 画 地 区 計 画 制 度 とは 一 体 的 に 整 備 及 び 保 全 を 図 るべき 地 区 について 道 路 公 園 等 の 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 に 関 する 事 項 建 築 物 の 形 態 用 途 敷 地 等 に 関 する 事 項 その 他 土 地 の 利 用 の 制 限 に 関 する 事 項 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 一 つの 計 画 として 定 め その 地 区 計 画 に 沿 って 開 発 行 為 建 築 行 為 等 を 誘 導 規 制 することによって 地 区 の 特 性 にふさわしい 良 好 な 市 街 地 の 整 備 及 び 保 全 を 図 ろうとするものであり 市 町 村 が 地 区 住 民 等 の 意 向 を 十 分 反 映 しながら 策 定 する 都 市 計 画 である 本 市 では 下 記 の 地 区 について 指 定 されている た 平 成 26 年 2 月 7 日 飯 能 大 河 原 地 区 地 区 計 画 の 名 称 を 飯 能 茜 台 地 区 地 区 計 画 へ 変 更 し 地 区 計 画 決 定 状 況 地 区 名 指 定 面 積 当 初 決 定 最 終 変 更 概 要 飯 能 美 杉 台 地 区 飯 能 永 田 台 地 区 約 153.8ha 約 46.0ha S 市 76 H 市 86 H 市 328 H 市 328 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 用 途 制 限 高 さ 制 限 形 態 意 匠 建 ぺい 率 容 積 率 最 低 敷 地 かき さく 壁 面 後 退 用 途 制 限 高 さ 制 限 形 態 意 匠 最 低 敷 地 かき さく 壁 面 後 退 飯 能 双 柳 北 部 地 区 約 13.5ha H 市 228 最 低 敷 地 かき さく 壁 面 後 退 岩 沢 北 部 地 区 約 44.2ha H 市 184 用 途 制 限 最 低 敷 地 かき さく 壁 面 後 退 岩 沢 南 部 地 区 飯 能 征 矢 町 地 区 約 55.4ha 約 11.4ha H 市 184 H 市 270 H 市 270 用 途 制 限 最 低 敷 地 かき さく 壁 面 後 退 かき さく 壁 面 後 退 形 態 意 匠 飯 能 茜 台 地 区 ( 旧 飯 能 大 河 原 地 区 ) 約 137.7ha H 市 84 H 市 34 用 途 制 限 建 ぺい 率 容 積 率 最 低 敷 地 かき さく 壁 面 後 退 樹 木 による 緩 衝 帯 の 緑 化 (B 地 区 ) 建 築 条 例 あり 地 区 計 画 指 定 区 域 図 N 飯 能 永 田 台 地 区 凡 例 地 区 計 画 指 定 区 域 飯 能 茜 台 地 区 東 飯 能 駅 飯 能 駅 飯 能 双 柳 北 部 地 区 飯 能 美 杉 台 地 区 岩 沢 北 部 地 区 飯 能 征 矢 町 地 区 岩 沢 南 部 地 区 元 加 治 駅

16 5. 生 産 緑 地 地 区 生 産 緑 地 地 区 は 市 街 化 区 域 内 における 農 地 等 の 農 業 生 産 活 動 に 裏 付 けられた 緑 地 機 能 に 着 目 して 公 害 又 は 災 害 の 防 止 都 市 環 境 の 保 全 等 に 役 立 つ 農 地 等 を 計 画 的 に 保 全 し 良 好 な 都 市 環 境 の 形 成 を 図 るため 指 定 するものである 本 市 では 平 成 4 年 12 月 10 日 に 当 初 指 定 (243 地 区 約 51.73ha) 平 成 19 年 8 月 28 日 に 市 街 化 区 域 に 編 入 された 双 柳 北 部 地 区 の 追 加 指 定 (7 地 区 約 4.06ha)を 行 うなどし 現 在 209 地 区 約 41.26ha( 平 成 25 年 11 月 15 日 市 告 示 第 310 号 )を 指 定 している 写 真 Ⅳ 都 市 施 設 1. 都 市 計 画 道 路 道 路 は 土 地 利 用 と 並 びまちづくりの 根 幹 をなし 市 民 の 日 常 生 活 と 都 市 活 動 を 支 える 最 も 基 幹 的 な 施 設 である このうち 都 市 計 画 決 定 された 道 路 が 都 市 計 画 道 路 である 本 市 では 現 在 25 路 線 34.30kmが 計 画 決 定 され その 整 備 状 況 は 約 23.18km 整 備 率 約 67.58%である( 平 成 26 年 4 月 1 日 時 点 ) 市 街 地 における 交 通 渋 滞 を 解 消 するため 既 成 市 街 地 を 取 り 囲 む 幹 線 道 路 の 位 置 付 けにある 阿 須 小 久 保 線 の 整 備 等 早 期 完 成 に 向 けて 事 業 を 進 めている

17 - 15 -

18 - 16 -

19 - 17 -

20 2. 駅 前 交 通 広 場 駅 前 広 場 は 鉄 道 駅 を 中 心 として 鉄 道 自 動 車 人 等 を 結 び 効 率 的 な 交 通 処 理 を 図 るこ とを 主 な 目 的 とし 鉄 道 駅 に 接 して 配 置 される 都 市 交 通 施 設 であるが 同 時 に 都 市 空 間 における 公 共 空 間 として 位 置 付 けられ 街 の 玄 関 としての 修 景 的 な 性 格 をあわせ 持 っている 本 市 では 飯 能 駅 南 口 駅 前 交 通 広 場 については 飯 能 駅 南 口 駅 前 通 り 線 と 併 せ 整 備 し 平 成 元 年 3 月 に 供 用 開 始 し 東 飯 能 駅 東 口 駅 前 交 通 広 場 については 双 柳 土 地 区 画 整 理 事 業 により 用 地 を 確 保 し 東 飯 能 駅 東 西 自 由 通 路 の 整 備 と 併 せ 平 成 12 年 10 月 に 供 用 開 始 した 駅 前 交 通 広 場 整 備 状 況 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 駅 前 広 場 名 鉄 道 駅 名 面 積 (m2) 計 画 決 定 備 考 東 飯 能 駅 東 口 JR 西 武 池 袋 線 東 飯 能 駅 4,000 S (H ) 整 備 済 ( 平 成 12 年 供 用 開 始 ) 東 飯 能 駅 西 口 JR 西 武 池 袋 線 東 飯 能 駅 2,600 - 整 備 済 ( 平 成 15 年 供 用 開 始 ) 飯 能 駅 北 口 西 武 池 袋 線 飯 能 駅 4,156 - 整 備 済 ( 平 成 4 年 供 用 開 始 ) 飯 能 駅 南 口 西 武 池 袋 線 飯 能 駅 4,500 S (S ) 整 備 済 ( 平 成 元 年 供 用 開 始 ) 元 加 治 駅 北 口 西 武 池 袋 線 元 加 治 駅 2,500 H 未 整 備 元 加 治 駅 南 口 西 武 池 袋 線 元 加 治 駅 1,500 H 未 整 備 計 画 決 定 欄 の( ) 内 は 最 終 変 更 年 月 日 飯 能 駅 北 口 は 鉄 道 事 業 者 による 施 行 3. 公 園 緑 地 都 市 公 園 は 都 市 における 良 好 な 生 活 環 境 の 形 成 都 市 災 害 に 対 する 安 全 性 の 確 保 増 大 するスポーツ レクリエーションの 場 として 都 市 生 活 に 不 可 欠 なオープンスペースである 本 市 の 都 市 公 園 及 び 緑 地 は 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 で 50 箇 所 118.8haが 整 備 済 とな っている

21 - 19 -

22 都 市 公 園 位 置 図

23 4. 下 水 道 下 水 道 は 市 民 の 日 常 生 活 や 生 産 活 動 から 生 じる 汚 水 等 を 衛 生 的 に 処 理 し 公 共 用 水 域 の 水 質 汚 濁 の 防 止 を 図 り 市 民 が 健 康 で 文 化 的 な 生 活 を 営 むための 都 市 づくりに 不 可 欠 な 施 設 で ある 本 市 の 下 水 道 事 業 は 昭 和 28 年 に78.46haについて 事 業 認 可 を 受 け 下 水 道 管 きょ 整 備 を 開 始 した その 後 平 成 26 年 3 月 には 第 18 次 の 事 業 計 画 ( 変 更 )として 市 街 化 区 域 の 双 柳 北 部 地 区 約 11haについて 拡 張 を 行 い さらなる 生 活 環 境 の 改 善 並 びに 公 共 用 水 域 の 水 質 保 全 のため 下 水 道 管 きょ 整 備 を 推 進 するとともに 事 業 計 画 期 間 の 延 伸 を 行 った 終 末 処 理 場 は 昭 和 39 年 に 終 末 処 理 場 建 設 事 業 の 認 可 を 受 け 昭 和 41 年 に 供 用 を 開 始 し た 当 時 計 画 汚 水 量 を1 人 当 たり220リットル/ 日 として 建 設 した 終 末 処 理 場 は 生 活 水 準 の 向 上 に よる 水 使 用 の 増 加 と 市 街 地 の 拡 大 に 伴 う 汚 水 流 出 量 の 増 大 によって 処 理 能 力 が 限 界 に 近 づ いたため 昭 和 49 年 3 月 に 第 4 次 変 更 認 可 を 受 け 新 施 設 の 建 設 に 着 手 した この 新 施 設 は 昭 和 年 の2か 年 をかけ 実 施 設 計 を 行 い 昭 和 52 年 から 建 設 に 着 手 昭 和 54 年 4 月 に 終 末 処 理 場 の 名 称 を 飯 能 市 浄 化 センター とし 昭 和 55 年 に 完 成 同 年 7 月 から 供 用 を 開 始 し た 岩 沢 汚 水 中 継 ポンプ 場

24 - 22 -

25 5.その 他 の 施 設 等 処 理 施 設 等 都 市 で 快 適 な 生 活 を 営 むために 欠 くことのできないものとして 処 理 施 設 がある 処 理 施 設 には ごみ 焼 却 場 汚 水 処 理 場 などがあり これらの 施 設 を 建 設 するには 都 市 計 画 全 般 との 調 整 を 図 る 意 味 から その 敷 地 の 位 置 を 原 則 として 都 市 計 画 決 定 することになっている 処 理 施 設 等 計 画 決 定 状 況 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 飯 能 市 ごみ 処 理 センター(ごみ 焼 却 ごみ 処 理 場 ) 当 初 決 定 S 市 40 面 積 約 2.8ha 計 画 変 更 S 市 140 面 積 約 2.8ha 処 理 能 力 ごみ 処 理 施 設 170t/24h 備 考 粗 大 ごみ 処 理 施 設 30t/5h 備 考 都 市 計 画 道 路 の 変 更 に 伴 う 若 干 の 区 域 変 更 飯 能 市 環 境 センター( 汚 物 処 理 場 ) 当 初 決 定 H 市 4 面 積 約 0.75ha 備 考 処 理 能 力 62kl/ 日 広 域 飯 能 斎 場 ( 火 葬 場 ) 当 初 決 定 S 建 2184 面 積 1.11ha 計 画 変 更 S 市 41 面 積 1.8ha 計 画 変 更 S 市 89 面 積 0.8ha 備 考 名 称 飯 能 市 火 葬 場 火 葬 炉 1 基 備 考 名 称 飯 能 斎 場 火 葬 炉 6 基 備 考 火 葬 炉 6 基

26 Ⅴ 市 街 地 開 発 事 業 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 とは 公 共 施 設 の 整 備 改 善 と 宅 地 の 利 用 増 進 をはかるため 換 地 手 法 に より 土 地 の 区 画 形 質 を 変 更 し 道 路 公 園 広 場 等 の 公 共 施 設 の 新 設 または 変 更 を 行 い 健 全 な 市 街 地 を 造 成 するものである 本 市 では 昭 和 初 期 から 前 田 樽 ケ 谷 戸 の 耕 地 整 理 が 進 められ 現 在 の 市 街 地 の 基 盤 とな った その 後 昭 和 31 年 に 久 下 土 地 区 画 整 理 事 業 に 着 手 し 中 山 地 区 双 柳 地 区 前 ヶ 貫 矢 颪 地 区 及 び 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 施 行 の 飯 能 南 台 地 区 など370.4haの 面 的 整 備 が 完 了 しており 整 備 率 は67.4%となっている 現 在 施 行 中 の 土 地 区 画 整 理 事 業 は 笠 縫 地 区 双 柳 南 部 地 区 岩 沢 北 部 地 区 岩 沢 南 部 地 区 の 計 4 地 区 179.4haであり 市 街 化 区 域 面 積 1,1 44.0haに 対 し 完 了 した 地 区 を 含 め 市 街 地 整 備 区 域 は549.8haとなっている なお 平 成 21 年 7 月 3 日 岩 沢 北 部 地 区 及 び 岩 沢 南 部 地 区 については 早 期 完 了 に 向 け 事 業 見 直 しを 行 い 事 業 を 継 続 するエリアと 他 の 手 法 によるエリアに 分 けて 整 備 することとし 事 業 区 域 を 縮 小 した 平 成 25 年 6 月 7 日 には 飯 能 大 河 原 土 地 区 画 整 理 事 業 の 換 地 処 分 を 実 施 した 土 地 区 画 整 理 整 備 状 況 事 業 地 区 名 面 積 (ha) 区 域 決 定 当 初 事 業 計 画 公 告 日 * 事 業 期 間 ( 年 度 ) 減 歩 率 (%) 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 換 地 処 分 備 考 久 下 ( 組 合 ) 10.8 S S S31~S S 完 了 中 山 ( 市 ) 28.5 S S S38~S S 完 了 双 柳 ( 市 ) 28.2 S S S41~S S 完 了 飯 能 南 台 ( 機 構 ) 前 ヶ 貫 矢 颪 ( 市 ) 飯 能 南 台 第 二 ( 機 構 ) 飯 能 大 河 原 ( 機 構 ) S S S56~H H 完 了 11.4 H H H05~H H 完 了 49.1 H H H08~H H 完 了 S H H04~H H 完 了 笠 縫 ( 市 ) 76.6 S S S62~H 施 行 中 双 柳 南 部 ( 市 ) 48.5 H H H04~H 施 行 中 岩 沢 北 部 ( 市 ) 17.8 H H H06~H 施 行 中 岩 沢 南 部 ( 市 ) 36.5 H H H07~H 施 行 中 ( 組 合 ): 組 合 施 行 ( 市 ): 市 施 行 ( 機 構 ): 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 施 行 * 清 算 期 間 を 含 まず

27 土 地 区 画 整 理 事 業 箇 所 図

28 発 行 編 集 平 成 26 年 5 月 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 飯 能 市 大 字 双 柳 1-1 TEL: ( 直 通 ) FAX:

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<378D7296D8925A95F12E6D6966>

<378D7296D8925A95F12E6D6966> 立 命 館 地 理 学 第 16 号 (2004) 95 ~ 104 岡 山 県 内 の 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 の 研 究 荒 木 俊 之 * Ⅰ.はじめに わが 国 の 都 市 およびその 郊 外 では 都 市 計 画 区 域 の 指 定 など 様 々な 土 地 利 用 制 度 に 基 づ いて 土 地 の 有 効 利

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

都 市 計 画 区 名 都 市 計 画 区 面 積 都 市 計 画 区 に 含 まれる 土 の 区 指 定 年 月 日 宇 都 宮 都 市 計 画 区 11,196ha 鹿 沼 市 内 に おける 面 積 鹿 沼 区 菊 沢 区 東 大 芦 区 の 部 ( 酒 野 谷 下 日 向 上 日 向 深 岩

都 市 計 画 区 名 都 市 計 画 区 面 積 都 市 計 画 区 に 含 まれる 土 の 区 指 定 年 月 日 宇 都 宮 都 市 計 画 区 11,196ha 鹿 沼 市 内 に おける 面 積 鹿 沼 区 菊 沢 区 東 大 芦 区 の 部 ( 酒 野 谷 下 日 向 上 日 向 深 岩 4 節 都 市 計 画 区 土 利 の 状 況 及 び 見 通 し 形 等 の 自 然 的 条 件 通 勤 通 学 等 の 日 常 生 活 圏 主 要 な 交 通 施 設 の 設 置 の 状 況 社 会 的 経 済 的 な 区 の 体 性 等 から 総 合 的 に 判 断 し 現 在 及 び 将 来 の 都 市 活 動 に 必 要 な 土 や 施 設 が 相 当 程 度 その で 充 足 できる 範

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc 2012 伊 勢 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 24 年 4 月 伊 勢 市 の 都 市 計 画 目 次 Ⅰ 伊 勢 市 の 概 要 1 Ⅱ 都 市 計 画 区 域 2 Ⅲ 都 市 マスタープラン 3 Ⅳ 土 地 利 用 に 関 する 都 市 計 画 4 Ⅴ 都 市 施 設 に 関 する 都 市 計 画 7 Ⅵ 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 都 市 計 画 12 伊

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

目 1 木 更 津 市 の 概 要 ------------------- (1) 位 置 及 び 地 勢 ------------------- () 市 域 の 変 遷 --------------------- 3 (3) 人 口 --------------------------- 5 (

目 1 木 更 津 市 の 概 要 ------------------- (1) 位 置 及 び 地 勢 ------------------- () 市 域 の 変 遷 --------------------- 3 (3) 人 口 --------------------------- 5 ( 目 1 木 更 津 市 の 概 要 ------------------- (1) 位 置 及 び 地 勢 ------------------- () 市 域 の 変 遷 --------------------- 3 (3) 人 口 --------------------------- 5 (4) 人 口 集 中 地 区 ------------------- 6 (5) 産 業 別 人 口

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

★計画書(石江地区計画).doc

★計画書(石江地区計画).doc 名 称 新 城 地 区 計 画 位 置 青 森 市 大 字 新 城 字 山 田 一 部 区 域 計 画 図 表 示 とおり 面 積 約 2.6ha 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 地 区 計 画 目 標 土 地 利 用 方 針 建 築 物 等 整 備 方 針 本 地 区 は 本 市 中 心 部 から 約 6.5km 西 部 市 街 地 縁 辺 部 に 位 置 し 工 業 及 び 流

More information

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ 東 京 の 都 市 づくり ( 参 考 資 料 ) 民 間 都 市 開 発 の 誘 導 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 の 指 定 都 市 再 生 特 別 地 区 の 都 市 計 画 決 定 都 市 開 発 諸 制 度 の 活 用 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 し も ひ ら ち く 下 平 地 区 か い 1 回 へ ん こ う 変 更 ) と ち ぎ けん 栃 木 県 うつのみや し 宇 都 宮 市 平 成 2 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

No. 担 当 工 事 名 工 事 種 別 工 事 場 所 入 札 契 約 の 方 法 19 草 津 川 跡 地 整 備 草 津 川 跡 地 植 栽 工 事 ( 区 間 2) 造 園 北 山 田 町 指 名 競 争 入 札 約 10か 月 間 植 栽 工 一 式 20 交 通 政 策 草 津 駅 東

No. 担 当 工 事 名 工 事 種 別 工 事 場 所 入 札 契 約 の 方 法 19 草 津 川 跡 地 整 備 草 津 川 跡 地 植 栽 工 事 ( 区 間 2) 造 園 北 山 田 町 指 名 競 争 入 札 約 10か 月 間 植 栽 工 一 式 20 交 通 政 策 草 津 駅 東 No. 担 当 工 事 名 工 事 種 別 工 事 場 所 入 札 契 約 の 方 法 1 危 機 管 理 市 内 防 犯 灯 新 設 工 事 電 気 草 津 市 内 一 円 指 名 競 争 入 札 約 6か 月 間 防 犯 灯 (LED 40w)の 設 置 2 総 務 立 体 駐 車 場 外 壁 等 改 修 工 事 防 水 草 津 三 丁 目 指 名 競 争 入 札 約 6か 月 間 鉄 骨 造

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港)

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港) 平 成 27 年 3 月 17 日 改 訂 米 子 境 港 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン ( 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ) 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 課 題 (2) 米 子 市 境 港 市 日 吉 津 村 の 広 域 的 位 置 づけ (3) 都 市 づくりの 目 標 ( 骨 格 形 成 図 ) 2. 区

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す 区 計 画 ガイド 新 蛇 田 区 平 成 27 年 2 月 石 巻 市 改 訂 版 は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 することにより 低

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて

上尾市開発事業指導要綱の見直しについて 開 発 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 22 年 6 月 版 上 尾 市 都 市 整 備 部 開 発 指 導 課 はじめに 平 成 12 年 5 月 に 都 市 計 画 法 と 建 築 基 準 法 の 一 部 が 改 正 されたことにより 開 発 許 可 制 度 につ いても 大 きな 改 正 が 行 われました 当 市 においては 平 成 15 年 6 月 1 日 付 けで 都 市 計 画

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63> 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 平 成 21 年 12 月 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1 土 地 の 評 価 固 定 資 産 の 課 税 客 体 と な る 土 地 の 評 価 事 務 に つ い て は 地 方 税 法 第 388 条 ( 固 定 資 産 税 に 係 る 総 務 大 臣 の 任 務 ) に よ り

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 4 1 実 施 計 画 の 趣 旨 ⑴ 計 画 の 定 義 実 施 計 画 とは 基 本 構 想 および

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63> 第 3 章 山 形 県 の 都 市 計 画 1.マスタープラン (1) 都 市 計 画 区 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 マスタープラン) ( 都 市 計 画 法 第 6 条 の2) 平 成 12 年 の 都 市 計 画 法 改 正 により 創 設 された 都 市 計 画 区 マスタープランの 策 定 にあた り 山 形 県 では 平 成 13 年 度 に

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

スライド 1

スライド 1 1 都 市 計 画 に 関 する 市 民 説 明 会 松 江 市 都 市 計 画 課 2 議 事 次 第 1. 松 江 市 のまちづくり 計 画 会 場 アンケート(その1) 2. 線 引 き( 区 域 区 分 ) 制 度 会 場 アンケート(その2) 3. 今 後 のスケジュール 会 場 アンケート(その3) 3 1. 松 江 市 のまちづくり 計 画 まちづくり 計 画 とは 松 江 市 都 市

More information