海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ"

Transcription

1 海 外 進 出 企 業 のリスクについて ~ 中 国 暴 動 リスク タイ 洪 水 リスクを 中 心 に ~ 2012 年 11 月 30 日

2 海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライヤーの 事 故 災 害 各 種 法 規 制 対 応 環 境 2

3 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 リスク 3

4 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 海 外 駐 在 員 を 取 り 巻 くリスク 法 律 ルール 常 識 等 の 判 断 行 動 の 基 準 が 日 本 と 異 なる 交 通 事 故 海 外 特 有 の 環 境 海 外 特 有 のリスク 強 盗 日 本 本 社 とのコミュニケーション にとって 障 害 となる 要 素 が 多 い ( 物 理 的 距 離 情 報 インフラの 不 備 言 葉 の 壁 等 ) テロ 安 全 確 保 のた めの 社 員 個 人 の 負 担 ストレ スが 大 きい 脅 迫 誘 拐 海 外 の 役 職 員 感 染 症 戦 乱 暴 動 政 治 的 な 思 惑 利 害 混 乱 等 の 影 響 を 受 けやす い 社 会 生 活 インフラ 等 が 不 十 分 で 日 本 と 同 レベ ルの 医 療 や 警 察 等 の 保 護 を 受 けることができな い 4

5 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 各 国 のリスクの 傾 向 特 にリスクが 大 きい 通 常 の 警 戒 が 必 要 リスクが 比 較 的 小 さい ベトナム 中 国 タイ インドネシア フィリピン インド 国 別 危 険 度 * D D D C C C 軽 犯 罪 ( 窃 盗 詐 欺 等 ) 凶 悪 犯 罪 ( 強 盗 暴 力 等 ) 病 気 けが 感 染 症 交 通 事 故 誘 拐 テロ 暴 動 その 他 政 治 リスク 政 治 リスク 宗 教 上 の 禁 忌 反 社 会 的 勢 力 *JSS 海 外 危 険 情 報 月 報 2012 年 10 月 号 各 国 のリスク 状 況 を 知 り 実 状 に 即 した 注 意 対 策 が 必 要 5

6 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 < 参 考 > 中 国 での 反 日 デモ 反 日 デモの 発 生 状 況 と 被 害 9 月 10 日 の 日 本 政 府 の 尖 閣 諸 島 国 有 化 の 閣 議 を 発 端 に 中 国 各 地 でデモが 発 生 柳 条 湖 事 件 発 生 日 の9 月 18 日 には 100 都 市 以 上 に 拡 大 都 市 デモ 暴 動 による 主 な 被 害 デモ 暴 動 の 参 加 人 数 北 京 大 使 館 に 金 属 球 等 が 撃 ち 込 まれ 窓 ガラス 割 られる 約 5,000 人 (9/18) 瀋 陽 総 領 事 館 のガラス 数 十 枚 が 割 られる 約 3,000 人 (9/18) 青 島 蘇 州 複 数 の 工 場 で 建 物 及 び 製 造 設 備 が 破 壊 放 火 される 自 動 車 販 売 店 が 放 火 される 複 数 のスーパーが 破 壊 略 奪 にあう 日 本 料 理 店 が 集 まる 地 域 で 広 範 に 破 壊 略 奪 が 行 われる 複 数 の 工 場 で 建 物 及 び 製 造 設 備 が 破 壊 される 約 3,000 人 (9/16) 約 3,000 人 (9/15) 上 海 市 内 の 複 数 の 地 域 で 日 本 人 が 暴 行 等 の 被 害 を 受 ける 約 16,000 人 (9/18) 成 都 複 数 のコンビニが 破 壊 略 奪 される 約 10,000(9/18) 広 州 複 数 の 日 本 料 理 店 等 が 破 壊 される 約 3,000 人 (9/18) 東 莞 複 数 の 日 本 料 理 店 等 が 破 壊 される 約 1,000 人 (9/15) 深 セン 複 数 の 日 本 料 理 店 等 が 破 壊 される 約 3,000 人 (9/18) 建 物 施 設 被 害 や 営 業 不 能 の 損 失 が100 億 円 規 模 との 報 道 あり その 上 日 本 製 品 の 不 買 運 動 や 従 業 員 のサボタージュ 等 の 影 響 も 6

7 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 < 参 考 > 中 国 での 反 日 デモ 日 系 企 業 の 対 応 拠 点 業 務 出 退 勤 移 動 / 出 張 生 産 拠 点 / 店 舗 等 を 閉 鎖 閉 鎖 はしないが 日 本 人 / 中 国 人 のキーメンバーのみ 出 社 (その 他 従 業 員 は 自 宅 待 機 ) 日 本 人 のみ 自 宅 待 機 (その 他 従 業 員 は 平 常 どおり 出 社 ) 日 本 人 単 独 でのタクシー 利 用 禁 止 公 共 交 通 機 関 (タクシー バス 地 下 鉄 等 )での 日 本 語 の 使 用 禁 止 日 没 前 の 退 社 キーメンバーは 拠 点 最 寄 りのホテルに 宿 泊 日 本 から 中 国 国 内 への 出 張 禁 止 中 国 国 内 での 出 張 禁 止 出 張 先 でのホテル 外 の 夜 間 外 出 禁 止 その 他 セミナーや 展 示 会 等 の 開 催 / 参 加 の 中 止 懇 親 会 等 ( 社 外 / 社 内 )の 中 止 屋 外 での 写 真 撮 影 等 の 禁 止 私 生 活 家 族 中 国 国 内 旅 行 ( 私 用 )の 原 則 禁 止 カラオケ 店 等 への 出 入 りの 禁 止 帯 同 家 族 の 帰 国 検 討 不 要 不 急 の 外 出 禁 止 パスポート 就 業 許 可 証 の 常 時 携 行 の 徹 底 日 本 人 であることが 目 立 つ 行 動 の 禁 止 を 徹 底 7

8 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 < 参 考 > 中 国 での 反 日 デモ 社 員 の 安 全 確 保 のポイント 1. 情 報 の 収 集 デモ 暴 動 に 関 する 情 報 等 の 収 集 先 大 使 館 領 事 館 等 のホームページ 各 種 SNS( 新 浪 微 博 腾 讯 微 博 等 = 中 国 版 のフェイスブック ツイッター) 自 社 従 業 員 当 該 地 域 の 同 業 他 社 商 工 会 等 重 要 なサプライヤーや 納 入 先 等 地 元 政 府 公 安 2. 危 険 の 回 避 < 留 意 すべき 記 念 日 > * 主 に 日 本 統 治 時 代 や 抗 日 運 動 に 関 する 歴 史 的 出 来 事 の 記 念 日 5 月 4 日 五 四 運 動 記 念 日 7 月 7 日 盧 溝 橋 事 件 記 念 日 8 月 15 日 抗 日 戦 争 勝 利 を 記 念 する 日 9 月 3 日 抗 日 戦 争 勝 利 記 念 日 ( 日 本 が 公 式 に 降 伏 文 書 に 調 印 した 日 ) 9 月 18 日 満 州 事 変 ( 柳 条 湖 事 件 ) 記 念 日 12 月 13 日 南 京 大 虐 殺 の 日 8

9 1. 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 < 参 考 > 中 国 での 反 日 デモ 3. 対 応 基 準 の 設 定 緊 急 時 対 応 計 画 の 策 定 < 対 応 基 準 の 例 > 渡 航 情 報 勧 告 内 容 過 去 発 出 例 邦 人 社 員 に 対 する 対 応 例 今 回 の 反 日 デモ スポット 情 報 注 意 喚 起 日 中 の 単 独 外 出 の 夜 間 外 出 の 自 粛 単 独 でのタクシー 乗 車 自 粛 目 立 つ 行 動 の 自 粛 --- 不 要 不 急 の 出 張 禁 止 駐 在 員 への 外 出 自 粛 自 宅 待 機 指 示 十 分 注 意 して 下 さい 当 該 国 ( 地 域 )への 渡 航 滞 在 に 当 たって 特 別 な 注 意 が 必 要 である ことを 示 し 危 険 の 回 避 を 勧 告 09 年 8 月 インドネシア ( 大 規 模 テロ) 原 則 出 張 禁 止 家 族 の 帰 国 準 備 渡 航 の 是 非 を 検 討 して 下 さい 当 該 国 ( 地 域 )への 渡 航 に 関 し 渡 航 の 是 非 を 含 めた 検 討 を 真 剣 に 行 い 渡 航 する 場 合 には 十 分 な 安 全 措 置 を 勧 告 11 年 10 月 タイ ( 洪 水 ) 出 張 中 社 員 への 帰 国 指 示 家 族 の 帰 国 国 外 退 避 本 人 の 退 避 準 備 渡 航 の 延 期 をお 勧 めし ます 当 該 国 ( 地 域 )への 渡 航 の 延 期 を 勧 告 現 地 滞 在 邦 人 に 退 避 の 可 能 性 の 検 討 や 準 備 を 促 す 10 年 5 月 タイ ( 反 政 府 デモ) 11 年 1 月 エジプト ( 反 政 府 デモ) 帰 国 国 外 退 避 指 示 アシスタンス 会 社 への 連 絡 退 避 を 勧 告 します 現 地 滞 在 邦 人 に 当 該 国 ( 地 域 ) からの 退 避 帰 国 を 勧 告 12 年 8 月 シリア 11 年 12 月 リビア アシスタンス 会 社 の 支 援 9

10 2. 火 災 リスク 10

11 2. 火 災 リスク 中 国 の 事 故 状 況 原 因 溶 接 作 業 下 請 け 構 造 低 コスト 受 注 燃 えやすい 資 材 設 備 等 の 使 用 防 火 区 画 避 難 対 策 ( 避 難 路 確 保 ) 等 11

12 3. 自 然 災 害 リスク 12

13 3. 自 然 災 害 リスク 東 南 アジアの 自 然 災 害 の 概 況 各 国 における 標 準 的 な 自 然 災 害 発 生 のイメージ 自 然 災 害 Region 地 域 Country/Area 国 地 域 洪 水 暴 風 雨 地 震 津 波 干 ばつ 森 林 火 災 熱 波 寒 波 霜 ひょう SouthEast Asia Singapore/シンガポール 東 南 アジア Indonesia/インドネシア Malaysia/マレーシア Thailand/タイ Philippines/フィリピン Vietnam/ベトナム India/インド East Asia 東 アジア China/ 中 国 Taiwan/ 台 湾 13

14 3. 自 然 災 害 リスク 洪 水 ~タイ1~ ~ 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO)のHP タイの 洪 水 被 害 県 マップ より ~ (2011 年 12 月 28 日 時 点 < 最 終 >) [ 被 害 状 況 ] 洪 水 発 生 県 :5 県 洪 水 発 生 後 に 既 に 水 が 引 いている 県 :39 県 ( タイの 県 の 数 : 全 75 県 ) 死 者 :752 人 行 方 不 明 者 :3 人 浸 水 地 域 の 面 積 の 合 計 は 18,000km2に 達 する との 一 部 報 道 もあり (クェートの 国 土 面 積 あるい は 四 国 or 岩 手 県 に 匹 敵!) 14

15 3. 自 然 災 害 リスク 洪 水 ~タイ2~ タイ 政 府 がまとめた 洪 水 被 害 の 影 響 と 復 興 計 画 のポイント (11/26 日 本 経 済 新 聞 より) 被 害 総 額 4,320 億 3,800 万 バーツ( 約 1 兆 800 億 円 /GDPの1.8%) 経 済 成 長 率 今 年 の 見 通 しを4.1%から2.6%に 引 き 下 げ 国 内 製 造 業 7 工 業 団 地 で838 工 場 が 被 災 38 万 人 の 労 働 者 に 影 響 被 害 額 は2,370 億 バーツ( 約 6,000 億 円 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 害 額 約 16 兆 円 GDP 比 3% 海 外 その 他 被 害 全 般 農 業 :720 億 バーツ 観 光 :200 億 バーツ 自 動 車 や 電 機 分 野 に 影 響 大 公 式 に 移 転 や 撤 退 を 表 明 した 企 業 なし ( その 後 タイ 国 内 で 工 場 移 転 生 産 機 能 の 移 転 を 検 討 する 企 業 は 多 数 あり) 日 本 日 本 企 業 447 社 が 被 害 代 替 生 産 のためタイ 人 従 業 員 を 一 定 期 間 受 け 入 れ ( 写 真 :タイ 政 府 広 報 局 ) 15

16 3. 自 然 災 害 リスク 洪 水 ~タイ3~ ~ 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO)のHP 洪 水 発 生 および 発 生 可 能 性 がある 工 業 団 地 より ~ (2011 年 12 月 26 日 時 点 ) < 最 終 > 洪 水 発 生 工 業 団 地 (7 工 業 団 地 : 全 804 社 のうち 日 系 企 業 約 449 社 ) 一 部 浸 水 が 発 生 した 工 業 団 地 (1 工 業 団 地 : 全 83 社 のうち 日 系 企 業 20 社 ) 警 戒 を 要 する 工 業 団 地 (5 工 業 団 地 : 調 査 中 も 含 め 全 820 社 以 上 のうち 日 系 企 業 177 社 以 上 ) ( 出 典 :ジェトロHP) Panasonic Manufacturing Ayuthaya <PMFAT> Panasonic Manufacturing (Thailand) <PMFTH> Panasonic Appliances Refrigeration Devices (Thailand) <PAPRDTH> 16

17 3. 自 然 災 害 リスク 洪 水 ~タイ4~ チャオプラヤ 川 の 流 域 ~ 大 洪 水 発 生 の 要 因 ~ 雨 季 の 長 引 く 大 雨 ( 台 風 が 多 く 月 平 均 降 雨 量 が 平 年 の50% 増 の 地 域 もあり) 森 林 伐 採 乱 開 発 による 上 流 の 保 水 能 力 低 下 上 流 のダムからの 放 水 のタイミング 下 流 都 市 部 の 運 河 整 備 の 遅 れ 運 河 の 堤 防 を 巡 る 政 府 と 住 民 との 抗 争 地 下 水 の 汲 み 上 げ 過 ぎによる 地 盤 沈 下 タイ 湾 の 潮 位 の 上 昇 傾 向 アユタヤ 海 抜 4-5m バンコク 海 抜 1-2m 距 離 : 約 100km 高 低 差 :2-3m 程 度! ( 出 典 :ウィキペディア) 17

18 4. 物 流 リスク 18

19 4. 物 流 リスク 陸 上 輸 送 中 の 破 損 中 国 のケース 陸 上 輸 送 が 圧 倒 的 に 多 い トラック 等 の 車 輌 鉄 道 車 輌 輸 送 のイメージ 交 通 マナー 道 路 状 況 ( 修 理 ) 過 積 載 故 障 車 輌 歩 行 者 の 飛 び 出 し 等 々 19

20 ご 清 聴 有 難 うございました! 20

賛助会セミナー

賛助会セミナー 第 一 部 中 国 における 安 全 対 策 の ポイント 2013 年 5 月 16 日 コンサルティング 第 一 部 CSR 法 務 第 二 グループ 冨 樫 容 子 弊 社 概 要 商 号 株 式 会 社 インターリスク 総 研 本 社 東 京 都 千 代 田 区 神 田 駿 河 台 4-2-5 資 本 金 3 億 3 千 万 円 株 主 MS&AD インシュアランス グループ ホールディングス

More information

柳 条 湖 事 件 の 周 年 日 を 控 えていたこともあって 中 国 情 勢 における 反 日 活 動 に ついての 関 心 が 高 かった 今 回 その 後 の 中 国 情 勢 について 概 況 を 述 べる 9 月 18 日 を 前 にして 反 日 デモの 発 生 が 予 想 されたため 在

柳 条 湖 事 件 の 周 年 日 を 控 えていたこともあって 中 国 情 勢 における 反 日 活 動 に ついての 関 心 が 高 かった 今 回 その 後 の 中 国 情 勢 について 概 況 を 述 べる 9 月 18 日 を 前 にして 反 日 デモの 発 生 が 予 想 されたため 在 海 外 安 全 官 民 協 力 会 議 第 37 回 幹 事 会 開 催 結 果 1. 日 時 平 成 22 年 11 月 19 日 ( 金 ) 午 後 4 時 ~ 午 後 6 時 2. 場 所 外 務 省 ( 国 際 会 議 室 272 号 ) 3. 出 席 者 幹 事 会 メンバー 21 名 オブザーバー 2 名 外 務 省 領 事 局 海 外 邦 人 安 全 課 長 一 方 井 克 哉 領 事

More information

untitled

untitled 平 成 23 年 (2011 年 )11 月 2 日 NO.2011-27 長 期 化 が 見 込 まれるタイ 洪 水 被 害 の 影 響 要 旨 タイの 洪 水 被 害 が 拡 大 している 10 月 28 日 に 始 まった 大 潮 でバンコク 市 内 も 浸 水 した タイ 南 部 は 地 形 の 勾 配 が 緩 やかであるため 排 水 には 1 ヵ 月 以 上 かかるとの 見 方 が 多 い

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

3.リスクの 特 徴 と 会 社 としての 対 策 リスク 対 策 を 講 じる 場 合 リスクの 特 徴 に 応 じてその 内 容 を 検 討 する 必 要 がある そこで 上 記 に 挙 げたリスクについて その 特 徴 とそれに 応 じた 対 策 について 検 討 する (1) 事 故 日 常

3.リスクの 特 徴 と 会 社 としての 対 策 リスク 対 策 を 講 じる 場 合 リスクの 特 徴 に 応 じてその 内 容 を 検 討 する 必 要 がある そこで 上 記 に 挙 げたリスクについて その 特 徴 とそれに 応 じた 対 策 について 検 討 する (1) 事 故 日 常 役 員 のプライベートリスクをマネジメントする 222 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) 経 営 リスクグループ 主 任 研 究 員 中 村 有 博 1.はじめに 2008 年 11 月 厚 生 労 働 省 の 元 幹 部 とその 家 族 が 連 続 して 襲 われるという 事 件 が 発 生 した 本 稿 執 筆 現 在 事 件 は 捜 査 中 であり 早 急 な 解 明

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 (

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 ( 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 と 企 業 の 法 的 責 任 283 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) ビジネスリスク 事 業 部 グローバルグループ グループリーダー 主 席 研 究 員 深 津 嘉 成 はじめに 新 興 国 を 中 心 に 企 業 の 海 外 進 出 が 増 加 する 中 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 はますます

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

阿蘇山の噴火に係る関係省庁災害警戒会議

阿蘇山の噴火に係る関係省庁災害警戒会議 阿 蘇 山 の 噴 火 に 係 る 関 係 省 庁 災 害 警 戒 会 議 議 事 次 第 日 時 : 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )13:30~ 場 所 : 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 1. 山 谷 特 命 担 当 大 臣 ( 防 災 ) 挨 拶 2. 阿 蘇 山 の 今 後 の 活 動 の 見 通 し 3. 各 省 庁 の 対 応 状

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

第3章 災害応急対策計画

第3章 災害応急対策計画 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 市 は 迅 速 かつ 円 滑 な 災 害 応 急 対 策 を 実 施 す るため 災 害 対 策 本 部 等 を 設 置 し 活 動 体 制 を 整 備 する なお 災 害 応 急 対 策 を 実 施 するにあたり 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

気象庁技術報告第134号表紙#.indd

気象庁技術報告第134号表紙#.indd 第 4 章 関 係 省 庁 合 同 調 査 と 防 災 気 象 情 報 の 課 題 * 4.1 合 同 調 査 の 概 要 23 7 23 12 15 23 7 12 4 15 4 100 * 4.2 新 潟 福 島 豪 雨 に 関 する 調 査 23 7 27 30 16 7 4 2 16 7 16 4.2.1 23 7 27 30 23 7 23 7 23 16 4.2.1 23 7 16 7

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 / 第 1 章 対 策 の 意 義 2 警 戒 宣 言 発 令 までの 流 れ 気 象 庁 異 常 現 象 地 震 活 動 等 総 合 監 視 シ ス テ ム 気 象 庁 長 官 地 震 予 知 情 報 の 報 告 内 閣 総 理 大 臣 警

第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 / 第 1 章 対 策 の 意 義 2 警 戒 宣 言 発 令 までの 流 れ 気 象 庁 異 常 現 象 地 震 活 動 等 総 合 監 視 シ ス テ ム 気 象 庁 長 官 地 震 予 知 情 報 の 報 告 内 閣 総 理 大 臣 警 第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 / 第 1 章 対 策 の 意 義 第 5 編 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 第 1 章 対 策 の 意 義 第 1 節 東 海 地 震 に 関 する 事 前 対 策 の 意 義 東 海 地 震 の 発 生 が 予 知 され 東 海 地 震 に 関 する 警 戒 宣 言 が 発 せられた 場 合 に 地 震 発 生 に 備 えて

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

地域防災計画

地域防災計画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 応 急 活 動 計 画 第 1 節 市 の 活 動 体 制 市 長 は 市 内 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 法 令 及 び 本 計 画 の 定 めるところにより 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 びその 他 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

(2) 邦 人 被 害 事 案 ア 4 月 中 旬, 旅 行 者 がネフスキー 大 通 りを 歩 行 中,いつのまにか 肩 掛 けカバンが 開 いていたので 中 を 確 認 すると, 財 布 ( 現 金 800 米 ドル,3000ルーブル,クレ ジットカード2 枚,キャッシュカード1 枚 在 中 )

(2) 邦 人 被 害 事 案 ア 4 月 中 旬, 旅 行 者 がネフスキー 大 通 りを 歩 行 中,いつのまにか 肩 掛 けカバンが 開 いていたので 中 を 確 認 すると, 財 布 ( 現 金 800 米 ドル,3000ルーブル,クレ ジットカード2 枚,キャッシュカード1 枚 在 中 ) 海 外 安 全 対 策 情 報 (2014 年 4 月 ~6 月 分 ) 在 サンクトペテルブルク 日 本 国 総 領 事 館 1 社 会 治 安 情 勢 当 地 では 社 会 治 安 情 勢 は 比 較 的 安 定 しているものの, 政 府 に 対 する 抗 議 活 動 や 民 族 主 義 団 体 等 による 集 会 デモは 頻 繁 に 発 生 しており, 治 安 当 局 による 集 会 デモ 参

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

表紙オモテ・ウラ

表紙オモテ・ウラ 1 刑 法 犯 と は (1) 凶 悪 犯 と は (2) 粗 暴 犯 と は (3) 窃 盗 犯 と は (4) 知 能 犯 と は 2 少 年 犯 罪 とは (1) 犯 罪 少 年 とは (2) 触 法 少 年 とは (3) 刑 法 犯 少 年 とは (4)ぐ 犯 少 年 とは (5) 非 行 少 年 とは (6) 不 良 行 為 少 年 とは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

1. 企 業 のリスク 管 理 1)リスクとは (1) 発 生 は 予 想 されるが 時 期 や 規 模 につい ては 予 測 特 定 化 が 困 難 な 企 業 に 負 の 影 響 を 与 える 要 因 (2) 事 業 活 動 を 脅 かす 全 ての 事 態 2).リスクマネジメント (1)リスク

1. 企 業 のリスク 管 理 1)リスクとは (1) 発 生 は 予 想 されるが 時 期 や 規 模 につい ては 予 測 特 定 化 が 困 難 な 企 業 に 負 の 影 響 を 与 える 要 因 (2) 事 業 活 動 を 脅 かす 全 ての 事 態 2).リスクマネジメント (1)リスク 観 光 産 業 とリスクマネージメント ( 社 ) 海 外 邦 人 安 全 協 会 2010/12/22 1. 企 業 のリスク 管 理 1)リスクとは (1) 発 生 は 予 想 されるが 時 期 や 規 模 につい ては 予 測 特 定 化 が 困 難 な 企 業 に 負 の 影 響 を 与 える 要 因 (2) 事 業 活 動 を 脅 かす 全 ての 事 態 2).リスクマネジメント (1)リスクを

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

Microsoft Word - 3-00【3編表紙】.doc

Microsoft Word - 3-00【3編表紙】.doc 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 体 制 市 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 国 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 機 関 及 び 住 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に 努 め 被 害 の 発 生 を 最

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

図 表 18-2 就 業 者 失 業 者 数 失 業 率 の 推 移 ( 百 万 人 ) 140 失 業 者 数 ( 左 軸 ) 就 業 者 数 ( 左 軸 ) 120 失 業 率 ( 右 軸 ) 100 11.9 10.9 10.0 9.4 9.0 8.3 18% 16% 14% 12% 80 6

図 表 18-2 就 業 者 失 業 者 数 失 業 率 の 推 移 ( 百 万 人 ) 140 失 業 者 数 ( 左 軸 ) 就 業 者 数 ( 左 軸 ) 120 失 業 率 ( 右 軸 ) 100 11.9 10.9 10.0 9.4 9.0 8.3 18% 16% 14% 12% 80 6 第 18 章 労 働 事 情 1. 労 働 法 の 体 系 インドネシアにおける 主 な 労 働 法 制 としては 雇 用 関 係 については 2003 年 制 定 の 労 働 に 関 する 法 律 および 2000 年 制 定 の 労 働 組 合 に 関 する 法 律 があり 社 会 保 険 関 係 については 1992 年 制 定 の 労 働 者 の 社 会 保 障 に 関 する 法 律 および

More information

核攻撃等(N攻撃)

核攻撃等(N攻撃) 核 兵 器 攻 撃 ( 放 射 性 物 質 を 用 いた 攻 撃 を 含 む ) 資 料 2-1 国 民 の 保 護 に 関 する 基 本 指 針 ( 基 本 指 針 )における 核 兵 器 攻 撃 の 際 の 避 難 のポイント( 国 民 保 護 室 で 整 理 ) 特 徴 核 爆 発 による 熱 線 爆 風 及 び 初 期 核 放 射 線 によって 被 害 を 受 ける 熱 線 爆 風 などで

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 廃 止 基 準 1 災 害 発 生 のおそれが 解 消 したとき 2 災 害 警 戒 本 部 を 設 置 したとき 注 ) 気 象 警 報 等 とは 大 雨 警 報 洪 水 警 報 高 潮 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雪 警

第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 廃 止 基 準 1 災 害 発 生 のおそれが 解 消 したとき 2 災 害 警 戒 本 部 を 設 置 したとき 注 ) 気 象 警 報 等 とは 大 雨 警 報 洪 水 警 報 高 潮 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雪 警 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 担 当 : 情 報 収 集 統 括 班 すべての 班 1 計 画 の 方 針 市 域 に 大 規 模 な 風 水 害 等 が 発 生 するおそれ 又 は 発 生 した 場 合 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 災 害 規 模 に 応 じた

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

行 動 のパターン 化 ( 通 勤 通 学 買 物 娯 楽 外 食 の 際 の 移 動 の ルートや 時 間 などの 固 定 化 )を 避 けるよう 心 掛 けることは 特 定 の 犯 罪 の 目 標 となることを 避 けるうえで 有 用 です 3 用 心 を 怠 らない: 現 地 の 治 安 状

行 動 のパターン 化 ( 通 勤 通 学 買 物 娯 楽 外 食 の 際 の 移 動 の ルートや 時 間 などの 固 定 化 )を 避 けるよう 心 掛 けることは 特 定 の 犯 罪 の 目 標 となることを 避 けるうえで 有 用 です 3 用 心 を 怠 らない: 現 地 の 治 安 状 Ⅰ 防 犯 対 策 1 防 犯 の 基 本 的 な 心 構 え 海 外 に 長 期 滞 在 ないし 訪 問 中 の 邦 人 が 事 件 事 故 に 遭 遇 した 場 合 第 一 義 的 に 責 任 をもって 対 応 するのは 現 地 の 関 係 当 局 であり 捜 査 も 含 め 滞 在 国 の 主 権 のもとに 処 理 されることとなります この 場 合 日 本 の 大 使 館 や 総 領 事 館

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

熊谷市地域防災計画案

熊谷市地域防災計画案 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 方 針 目 標 利 根 川 荒 川 等 の 河 川 情 報 や 被 害 発 生 情 報 に 対 応 して 災 害 警 戒 本 部 又 は 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 迅 速 な 対 応 をとる 被 害 が 集 中 した 地 域 の 災 害 対 策 を 効 果 的 に 進 める 必 要 がある 場 合 は 分 庁 舎

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

バングラデシュ:ダッカ 市 内 における 銃 撃 人 質 事 案 に 伴 う 注 意 喚 起 ( 更 新 ) 2016 年 07 月 04 日 1.7 月 1 日 21 時 30 分 頃 ( 現 地 時 間 日 本 時 間 2 日 0 時 30 分 頃 ),ダッカ 市 内 のレストラン ホーレイ ア

バングラデシュ:ダッカ 市 内 における 銃 撃 人 質 事 案 に 伴 う 注 意 喚 起 ( 更 新 ) 2016 年 07 月 04 日 1.7 月 1 日 21 時 30 分 頃 ( 現 地 時 間 日 本 時 間 2 日 0 時 30 分 頃 ),ダッカ 市 内 のレストラン ホーレイ ア 事 務 連 絡 平 成 2 8 年 7 月 6 日 関 係 団 体 各 位 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 国 際 課 長 バ ン グ ラ デ シ ュ : ダ ッ カ 市 内 に お け る 銃 撃 人 質 事 案 に 伴 う 外 務 省 に よ る 注 意 喚 起 等 に つ い て 標 記 に 関 し ま し て 外 務 省 は 7 月 3 日 及 び 4 日 別 添 の と お

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

2001年7月*日

2001年7月*日 2013 年 10 月 1 日 一 般 社 団 法 人 日 本 在 外 企 業 協 会 海 外 安 全 対 策 に 関 するアンケート 調 査 結 果 について 日 本 在 外 企 業 協 会 ( 会 長 : 伊 藤 一 郎 旭 化 成 会 長 )の 海 外 安 全 センターでは 会 員 企 業 を 対 象 に 標 記 アンケート 調 査 を 実 施 しました この 調 査 は 2 年 毎 に 定

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料)

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料) 添 付 資 料 西 諸 県 地 域 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し こ れを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 責 任 所 属 非 常 時

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

化学テロ発生時の現場対処標準について(案)

化学テロ発生時の現場対処標準について(案) 化 学 テロ 発 生 時 における 救 助 救 急 搬 送 救 急 医 療 体 制 病 院 収 容 の 可 否 問 合 被 害 者 の 観 察 結 果 被 害 者 の 数 等 医 療 機 関 現 場 状 況 被 害 者 の 数 症 状 臭 気 着 色 等 連 絡 情 報 提 供 助 言 情 報 提 供 通 化 学 災 害 の 予 測 判 断 報 消 防 本 部 指 令 通 信 担 当 部 署 情 報

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information