( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十"

Transcription

1 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請 の 手 続 が 同 条 に 定 める 要 件 に 該 当 するほか 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 める 場 合 でなければ 都 道 府 県 知 事 は 開 発 許 可 をしてはならない 一 主 として 当 該 開 発 区 域 の 周 辺 の 地 域 において 居 住 している 者 の 利 用 に 供 する 政 令 で 定 める 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 はこれらの 者 の 日 常 生 活 のため 必 要 な 物 品 の 販 売 加 工 若 しくは 修 理 その 他 の 業 務 を 営 む 店 舗 事 業 場 その 他 これらに 類 する 建 築 物 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 二 市 街 化 調 整 区 域 内 に 存 する 鉱 物 資 源 観 光 資 源 その 他 の 資 源 の 有 効 な 利 用 上 必 要 な 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 三 温 度 湿 度 空 気 等 について 特 別 の 条 件 を 必 要 とする 政 令 で 定 める 事 業 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 で 当 該 特 別 の 条 件 を 必 要 とするため 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 なものの 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 四 農 業 林 業 若 しくは 漁 業 の 用 に 供 する 建 築 物 で 第 29 条 第 1 項 第 二 号 の 政 令 で 定 める 建 築 物 以 外 のものの 建 築 又 は 市 街 化 調 整 区 域 内 において 生 産 される 農 産 物 林 産 物 若 しくは 水 産 物 の 処 理 貯 蔵 若 しくは 加 工 に 必 要 な 建 築 物 若 しくは 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 若 しくは 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 五 特 定 農 山 村 地 域 における 農 林 業 等 の 活 性 化 のための 基 盤 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 五 年 法 律 第 七 十 二 号 ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 公 告 があつた 所 有 権 移 転 等 促 進 計 画 の 定 めるところによつて 設 定 され 又 は 移 転 され た 同 法 第 2 条 第 3 項 第 三 号 の 権 利 に 係 る 土 地 において 当 該 所 有 権 移 転 等 促 進 計 画 に 定 める 利 用 目 的 ( 同 項 第 二 号 に 規 定 する 農 林 業 等 活 性 化 基 盤 施 設 である 建 築 物 の 建 築 の 用 に 供 するためのものに 限 る )に 従 つて 行 う 開 発 行 為 六 都 道 府 県 が 国 又 は 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 と 一 体 となつて 助 成 する 中 小 企 業 者 の 行 う 他 の 事 業 者 と の 連 携 若 しくは 事 業 の 共 同 化 又 は 中 小 企 業 の 集 積 の 活 性 化 に 寄 与 する 事 業 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 七 市 街 化 調 整 区 域 内 において 現 に 工 業 の 用 に 供 されている 工 場 施 設 における 事 業 と 密 接 な 関 連 を 有 する 事 業 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 で これらの 事 業 活 動 の 効 率 化 を 図 るため 市 街 化 調 整 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 必 要 なものの 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 八 政 令 で 定 める 危 険 物 の 貯 蔵 又 は 処 理 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 で 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 不 適 当 なものとして 政 令 で 定 めるものの 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 九 前 各 号 に 規 定 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 のほか 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 又 は 不 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 十 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 の 区 域 ( 地 区 整 備 計 画 又 は 集 落 地 区 整 備 計 画 が 定 められている 区 域 に 限 る ) 内 にお いて 当 該 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 に 定 められた 内 容 に 適 合 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 十 一 市 街 化 区 域 に 隣 接 し 又 は 近 接 し かつ 自 然 的 社 会 的 諸 条 件 から 市 街 化 区 域 と 一 体 的 な 日 常 生 活 圏 を 構 成 していると 認 められる 地 域 であつておおむね 五 十 以 上 の 建 築 物 ( 市 街 化 区 域 内 に 存 するものを 含 む )が 連 たんし ている 地 域 のうち 政 令 で 定 める 基 準 に 従 い 都 道 府 県 ( 指 定 都 市 等 又 は 事 務 処 理 市 町 村 の 区 域 内 にあつては 当 該 指 定 都 市 等 又 は 事 務 処 理 市 町 村 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )の 条 例 で 指 定 する 土 地 の 区 域 内 におい て 行 う 開 発 行 為 で 予 定 建 築 物 等 の 用 途 が 開 発 区 域 及 びその 周 辺 の 地 域 における 環 境 の 保 全 上 支 障 があると 認 められる 用 途 として 都 道 府 県 の 条 例 で 定 めるものに 該 当 しないもの 十 二 開 発 区 域 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 において 行 うこと が 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 められる 開 発 行 為 として 政 令 で 定 める 基 準 に 従 い 都 道 府 県 の 条 例 で 区 域 目 的 又 は 予 定 建 築 物 等 の 用 途 を 限 り 定 められたもの 十 三 区 域 区 分 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 され 又 は 当 該 都 市 計 画 を 変 更 して 市 街 化 調 整 区 域 が 拡 張 された 際 自 己 の 居 住 若 しくは 業 務 の 用 に 供 する 建 築 物 を 建 築 し 又 は 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 第 一 種 特 定 工 作 物 を 建 設 する 目 的 で 土 地 又 は 土 地 の 利 用 に 関 する 所 有 権 以 外 の 権 利 を 有 していた 者 で 当 該 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 の 日 から 起 算 して 六 月 以 内 に 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 項 を 都 道 府 県 知 事 に 届 け 出 たものが 当 該 目 的 に 従 つて 当 該 土 地 に 関 する 権 利 の 行 使 として 行 う 開 発 行 為 ( 政 令 で 定 める 期 間 内 に 行 うものに 限 る ) 十 四 前 各 号 に 掲 げるもののほか 都 道 府 県 知 事 が 開 発 審 査 会 の 議 を 経 て 開 発 区 域 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく かつ 市 街 化 区 域 内 において 行 うことが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 める 開 発 行 為 ( 主 として 周 辺 の 地 域 において 居 住 している 者 の 利 用 に 供 する 公 益 上 必 要 な 建 築 物 ) 令 第 29 条 の5 第 一 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 公 益 上 必 要 な 建 築 物 は 第 21 条 第 26 号 イからハまでに 掲 げる 建 築 物 とする Ⅵ- 1

2 ( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 九 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 火 薬 類 とする 2 第 8 号 の 政 令 で 定 める 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 は 火 薬 類 取 締 法 第 12 条 第 1 項 の 火 薬 庫 である 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 とする ( 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 又 は 不 適 当 な 建 築 物 等 ) 令 第 29 条 の7 第 9 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 は 次 に 掲 げるものとする 一 道 路 の 円 滑 な 交 通 を 確 保 するために 適 切 な 位 置 に 設 けられる 道 路 管 理 施 設 休 憩 所 又 は 給 油 所 等 である 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 二 火 薬 類 取 締 法 第 2 条 第 1 項 の 火 薬 類 の 製 造 所 である 建 築 物 ( 第 11 号 の 土 地 の 区 域 を 条 例 で 指 定 する 場 合 の 基 準 ) 令 第 29 条 の8 第 11 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 基 準 は 同 号 の 条 例 で 指 定 する 土 地 の 区 域 に 原 則 として 第 8 条 第 1 項 第 二 号 ロからニまでに 掲 げる 土 地 の 区 域 を 含 まないこと とする ( 開 発 許 可 をすることができる 開 発 行 為 を 条 例 で 定 める 場 合 の 基 準 ) 令 第 29 条 の9 第 12 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 基 準 は 同 号 の 条 例 で 定 める 区 域 に 原 則 として 第 8 条 第 1 項 第 二 号 ロからニまでに 掲 げる 土 地 の 区 域 を 含 まないこととする ( 区 域 区 分 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 等 の 際 土 地 等 を 有 していた 者 が 開 発 行 為 を 行 うことができる 期 間 ) 第 30 条 第 13 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 期 間 は 当 該 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 の 日 から 起 算 して5 年 とする (1) 市 街 化 調 整 区 域 での 開 発 行 為 各 号 のいずれかに 該 当 しなければ 許 可 を 得 ることができない (2) 許 可 を 得 ることができる 開 発 行 為 スプロール 対 策 上 支 障 がないもの スプロール 対 策 上 支 障 はあるが 容 認 すべき 特 別 の 事 情 又 は 必 要 性 があるもの (3)その 他 留 意 事 項 第 3 号 ( 環 境 についての 特 別 な 条 件 )に 規 定 される 政 令 は 定 められていない 第 12 号 に 規 定 される 条 例 を 京 都 府 は 定 めていない 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 に 関 する 開 発 行 為 は の 規 定 は 適 用 されない 第 2 節 1 第 1 号 : 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 の 販 売 店 等 立 地 基 準 一 主 として 当 該 開 発 区 域 の 周 辺 の 地 域 において 居 住 している 者 の 利 用 に 供 する 政 令 で 定 める 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 はこれらの 者 の 日 常 生 活 のため 必 要 な 物 品 の 販 売 加 工 若 しくは 修 理 その 他 の 業 務 を 営 む 店 舗 事 業 場 その 他 これらに 類 する 建 築 物 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 している 者 の 日 常 生 活 が 営 まれるよう 配 慮 することが 必 要 なので この 要 請 に 応 えるため 必 要 なものは 許 可 し 得 る これに 該 当 するものとしては 次 のものが 該 当 する なお 主 とし て 当 該 開 発 区 域 の 周 辺 の 地 域 において 居 住 している 者 の 利 用 とは 開 発 をしようとする 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 する 者 が 当 該 施 設 の 利 用 者 の 過 半 数 を 占 める ことである 1 生 活 関 連 施 設 である 公 共 公 益 施 設 Ⅵ- 2

3 2 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 の 小 売 業 又 は 修 理 業 等 3 地 区 集 会 所 ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 集 落 に 居 住 する 者 が 利 用 するものに 限 る ) (2) 生 活 関 連 施 設 である 公 共 公 益 施 設 ( 主 として 周 辺 の 地 域 において 居 住 している 者 の 利 用 に 供 する 公 益 上 必 要 な 建 築 物 ) 令 第 29 条 の5 第 1 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 公 益 上 必 要 な 建 築 物 は 第 21 条 第 26 号 イからハまでに 掲 げる 建 築 物 とする 令 第 21 条 第 26 号 イ 学 校 教 育 法 第 1 条 に 規 定 する 学 校 同 法 第 82 条 の2に 規 定 する 専 修 学 校 又 は 同 法 第 83 条 第 1 項 に 規 定 する 各 種 学 校 の 用 に 供 する 施 設 である 建 築 物 ロ 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )による 社 会 福 祉 事 業 又 は 更 生 保 護 事 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 86 号 )による 更 生 保 護 事 業 の 用 に 供 する 施 設 である 建 築 物 ハ 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 ) 第 1 条 の5 第 1 項 に 規 定 する 病 院 同 条 第 2 項 に 規 定 する 診 療 所 又 は 同 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 助 産 所 の 用 に 供 する 施 設 である 建 築 物 ア 対 象 施 設 主 として 開 発 区 域 の 周 辺 居 住 者 が 利 用 する 保 育 所 学 校 主 として 開 発 区 域 の 周 辺 の 居 住 者 が 利 用 する 診 療 所 助 産 所 主 として 開 発 区 域 の 周 辺 の 居 住 者 が 利 用 する 通 所 系 施 設 である 社 会 福 祉 法 第 2 条 に 規 定 する 社 会 福 祉 事 業 の 用 に 供 する 施 設 又 は 更 生 保 護 事 業 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 更 生 保 護 事 業 の 用 に 供 する 施 設 入 所 ( 居 住 )を 伴 う 社 会 福 祉 施 設 (ただし 開 発 をしようとする 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 する 者 が 入 所 するための 施 設 に 限 る ) (3) 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の 販 売 ア 対 象 施 設 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 の 小 売 業 又 は 修 理 業 等 ( 理 容 業 美 容 業 はり 灸 按 摩 業 自 動 車 修 理 工 場 ) 同 種 の 状 況 にある 地 域 において 通 常 存 在 すると 認 められる 施 設 ( 農 林 漁 業 団 体 事 務 所 農 機 具 修 理 施 設 農 林 漁 家 生 活 改 善 施 設 等 ) 地 区 集 会 所 日 常 生 活 のため 必 要 な 物 品 の 販 売 等 を 行 う 施 設 で 開 発 許 可 適 用 除 外 となる 施 設 は 令 第 22 条 に 示 され ている ( 開 発 行 為 の 許 可 を 要 しない 通 常 の 管 理 行 為 軽 易 な 行 為 その 他 の 行 為 ) 令 第 22 条 六 主 として 当 該 開 発 区 域 の 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 内 に 居 住 している 者 の 日 常 生 活 のため 必 要 な 物 品 の 販 売 加 工 修 理 等 の 業 務 を 営 む 店 舗 事 業 場 その 他 これらの 業 務 の 用 に 供 する 建 築 物 で その 延 べ 面 積 ( 同 一 敷 地 内 に 二 以 上 の 建 築 物 を 新 築 する 場 合 においては その 延 べ 面 積 の 合 計 以 下 この 条 及 び 第 35 条 において 同 じ )が50 平 方 メ ートル 以 内 のもの(これらの 業 務 の 用 に 供 する 部 分 の 延 べ 面 積 が 全 体 の 延 べ 面 積 の50パーセント 以 上 のものに 限 る )の 新 築 の 用 に 供 する 目 的 で 当 該 開 発 区 域 の 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 内 に 居 住 している 者 が 自 ら 当 該 業 務 を 営 むために 行 う 開 発 行 為 で その 規 模 が100 平 方 メートル 以 内 であるもの イ 留 意 事 項 著 しく 規 模 の 大 きい 店 舗 等 や 沿 道 サービスを 主 目 的 とするものは 対 象 とはならない ( 当 該 開 発 区 域 周 辺 の 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 する 者 を 主 たるサービス 対 象 と 限 定 する ) 主 たるサービス 対 象 区 域 内 の 人 口 数 世 帯 数 同 類 店 舗 の 有 無 等 により 対 象 の 適 否 を 判 断 するので Ⅵ- 3

4 必 要 な 資 料 を 提 出 すること 社 会 通 念 に 従 いサービス 対 象 区 域 の 範 囲 サービス 対 象 人 口 の 規 模 を 勘 案 する 敷 地 規 模 : 店 舗 等 のサービス 対 象 となる 世 帯 数 等 から 勘 案 して 適 切 な 規 模 であること 業 種 : 第 1 号 に 該 当 する 業 種 であること 敷 地 の 位 置 : 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 する 者 を 対 象 とする 敷 地 として 社 会 通 念 上 適 切 な 位 置 であ ること 住 宅 付 き 店 舗 の 取 扱 い 市 街 化 調 整 区 域 に 居 住 している 者 が 店 舗 を 建 設 する 際 に 住 居 部 分 を 併 設 しようとするときは 店 舗 部 分 ( 倉 庫 等 を 含 む)の 床 面 積 が 住 居 部 分 の 床 面 積 を 上 回 ること 自 己 業 務 用 の 技 術 基 準 ( 手 数 料 等 も 含 む)を 適 用 する 地 区 集 会 所 の 取 扱 い 町 内 会 自 治 会 又 は 市 町 村 が 市 街 化 調 整 区 域 内 の 集 落 の 集 会 等 の 用 に 供 するため 建 築 する 場 合 であること 許 可 申 請 は 町 内 会 長 自 治 会 長 又 は 市 町 村 長 であること 地 方 自 治 法 第 260 条 の2に 規 定 する 地 縁 による 団 体 は 法 人 として 取 り 扱 う (4) 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 申 請 に 係 る 建 築 物 が 当 該 地 において 必 要 である 理 由 書 販 売 加 工 修 理 等 の 業 務 内 容 及 び 営 業 計 画 書 位 置 図 (S:1/5,000) 周 辺 建 物 用 途 別 現 況 図 (S:1/2,500) 区 域 図 兼 用 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 建 物 平 面 図 (S:1/100) その 他 ( 現 況 写 真 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) 2 第 2 号 : 鉱 物 資 源 観 光 資 源 の 有 効 な 利 用 上 必 要 な 施 設 二 市 街 化 調 整 区 域 内 に 存 する 鉱 物 資 源 観 光 資 源 その 他 の 資 源 の 有 効 な 利 用 上 必 要 な 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 (1) 鉱 物 資 源 ア 対 象 施 設 鉱 物 の 採 掘 選 鉱 その 他 の 品 質 の 向 上 処 理 及 びこれと 通 常 密 接 不 可 分 な 加 工 並 びに 地 質 調 査 物 理 探 鉱 などの 探 鉱 作 業 及 び 鉱 山 開 発 事 業 の 用 に 供 するもの( 日 本 標 準 産 業 分 類 B- 鉱 業 採 石 業 砂 利 採 取 業 に 属 する 事 業 ) 当 該 市 街 化 調 整 区 域 で 産 出 する 原 料 を 使 用 するセメント 製 造 業 等 の 施 設 (その 他 に 生 コンクリート 製 造 業 粘 土 かわら 製 造 業 砕 石 製 造 業 等 に 属 する 事 業 に 係 る 建 築 物 ) イ 留 意 事 項 立 地 の 場 所 は 産 出 地 に 近 隣 接 していること 鉄 鋼 業 非 鉄 金 属 製 造 業 コークス 製 造 業 石 油 精 製 業 等 は 本 号 に 該 当 しない Ⅵ- 4

5 (2) 観 光 資 源 観 光 資 源 が 温 泉 又 は 史 跡 名 勝 地 若 しくは 海 水 浴 場 等 で 多 人 数 が 訪 れる 等 観 光 価 値 を 有 するもので あり その 有 効 な 利 用 上 必 要 な 区 域 であって 府 市 町 村 の 観 光 開 発 計 画 に 適 合 するとともに 市 町 村 長 からの 申 出 を 受 け 知 事 が 認 めた 区 域 に 当 該 観 光 資 源 の 観 賞 のための 展 望 台 その 他 利 用 上 必 要 な 施 設 等 を 建 築 するもので 知 事 が 定 める 運 用 基 準 に 適 合 しているものが 対 象 となる ( 平 成 6 年 9 月 14 日 付 6 建 第 号 部 長 通 知 ) 京 都 府 が 運 用 基 準 を 定 めているのは 亀 岡 市 の 湯 の 花 温 泉 地 区 のみである ア 参 考 ( 運 用 基 準 の 要 約 ( 平 成 6 年 9 月 14 日 付 け6 建 第 639 号 土 木 建 築 部 長 通 知 )) (ア) 対 象 となる 区 域 (いずれも 満 足 する 区 域 ) 観 光 資 源 が 温 泉 又 は 史 跡 名 勝 地 若 しくは 海 水 浴 場 等 多 人 数 が 訪 れる 等 の 観 光 価 値 を 有 するもので その 価 値 を 有 効 に 活 用 することが 求 められる 区 域 府 市 町 村 の 観 光 開 発 計 画 に 適 合 し 市 町 村 長 からの 申 出 を 受 けて 知 事 が 認 めた 区 域 当 該 観 光 資 源 の 観 賞 のための 展 望 台 その 他 利 用 上 必 要 な 施 設 等 を 建 築 するもので 知 事 が 定 める 運 用 基 準 に 適 合 しているもの (イ) 対 象 施 設 当 該 観 光 資 源 の 観 賞 のための 展 望 台 その 他 利 用 上 必 要 な 施 設 観 光 価 値 を 維 持 するため 必 要 な 施 設 宿 泊 又 は 休 憩 施 設 その 他 これらに 類 する 施 設 で 客 観 的 に 判 断 して 必 要 と 認 められる 施 設 (ヘルスセンター タ ワー 等 のモニュメントは 該 当 しない ) イ 亀 岡 市 湯 の 花 温 泉 地 区 の 運 用 基 準 は 次 のとおり 亀 岡 市 湯 の 花 温 泉 地 区 における 都 市 計 画 第 2 号 の 運 用 基 準 湯 の 花 温 泉 地 区 における 都 市 計 画 第 2 号 の 運 用 基 準 は 次 のとおりとする 1 対 象 区 域 別 添 の 対 象 区 域 一 覧 表 に 掲 げる 区 域 とする 2 予 定 建 築 物 の 用 途 湯 の 花 温 泉 地 区 の 観 光 資 源 の 有 効 な 利 用 上 必 要 なものとして 建 築 する 建 築 物 は 当 地 域 の 特 性 を 配 慮 し 調 和 あ る 発 展 を 図 ることができるもので 次 のいずれかの 用 途 に 適 合 するものであること ただし 店 舗 等 における 管 理 のための 住 居 部 分 を 設 ける 場 合 は その 面 積 が 店 舗 の 床 面 積 以 下 であること (1) 宿 泊 施 設 旅 館 業 法 第 3 条 の 許 可 を 要 する 旅 館 ホテル 及 び 既 存 の 民 宿 (2) 休 憩 施 設 茶 店 喫 茶 店 (3) 土 産 物 販 売 店 観 光 物 産 店 土 産 物 店 (4) 料 理 飲 食 店 食 品 衛 生 法 施 行 令 第 35 条 第 1 号 に 規 定 する 飲 食 店 営 業 に 該 当 する 一 般 食 堂 すし 屋 そば 屋 レストラン 等 の 店 舗 ただし 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 3 条 第 1 項 による 許 可 を 要 するものについては 同 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号 に 該 当 する 料 理 店 及 びカフェーに 限 る (5) 観 光 サービス 施 設 観 光 案 内 所 駐 車 場 公 衆 便 所 (6) 健 康 増 進 施 設 温 泉 を 利 用 した 健 康 増 進 施 設 (7) 従 業 員 福 利 施 設 上 記 (1)から(6)までの 宿 泊 施 設 休 憩 施 設 土 産 物 販 売 店 料 理 飲 食 店 観 光 サービス 施 設 及 び 健 康 増 進 施 設 の 従 業 員 の 社 員 寮 託 児 所 3 その 他 他 の 法 令 等 の 規 制 をうける 場 合 は これに 適 合 するものであること 附 則 この 基 準 は 平 成 6 年 10 月 1 日 から 適 用 する Ⅵ- 5

6 附 則 この 基 準 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 適 用 する (3)その 他 の 資 源 ( 水 ) 留 意 事 項 当 該 水 を 加 工 品 の 原 料 冷 却 用 水 等 として 利 用 する 工 場 等 は 該 当 しない 当 該 地 域 で 取 水 する 水 を 当 該 地 域 で 使 用 しなければならない 場 合 は 該 当 する 当 該 施 設 の 範 囲 は 取 水 導 水 利 水 又 は 浄 化 のため 必 要 な 施 設 とする (4) 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 資 源 の 利 用 上 開 発 が 必 要 であることの 説 明 書 資 源 の 埋 蔵 分 布 等 を 示 す 図 面 利 用 目 的 利 用 方 法 利 用 対 象 規 模 等 の 説 明 資 料 位 置 図 (S:1/5,000) 区 域 図 (S:1/2,500) 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 建 物 平 面 図 (S:1/100) その 他 ( 現 況 写 真 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) 3 第 3 号 : 特 別 の 気 象 条 件 三 温 度 湿 度 空 気 等 について 特 別 の 条 件 を 必 要 とする 政 令 で 定 める 事 業 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 で 当 該 特 別 の 条 件 を 必 要 とするため 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 なものの 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 人 工 的 に 温 度 湿 度 等 の 条 件 を 変 更 することは 現 在 の 工 業 技 術 で 容 易 に 可 能 であることから 第 3 号 の 政 令 は 未 制 定 であり 本 号 により 許 可 されるものは 存 しない 4 第 4 号 : 農 林 水 産 物 の 処 理 等 四 農 業 林 業 若 しくは 漁 業 の 用 に 供 する 建 築 物 で 第 29 条 第 1 項 第 2 号 の 政 令 で 定 める 建 築 物 以 外 のものの 建 築 又 は 市 街 化 調 整 区 域 内 において 生 産 される 農 産 物 林 産 物 若 しくは 水 産 物 の 処 理 貯 蔵 若 しくは 加 工 に 必 要 な 建 築 物 若 しくは 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 若 しくは 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 2 項 第 1 号 の 政 令 で 定 める 建 築 物 ) 令 第 20 条 法 第 29 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 2 項 第 1 号 の 政 令 で 定 める 建 築 物 は 次 に 掲 げるものとする 一 畜 舎 蚕 室 温 室 育 種 苗 施 設 家 畜 人 工 授 精 施 設 孵 卵 育 雛 施 設 搾 乳 施 設 集 乳 施 設 その 他 これらに 類 す る 農 産 物 林 産 物 又 は 水 産 物 の 生 産 又 は 集 荷 の 用 に 供 する 建 築 物 二 堆 肥 舎 サイロ 種 苗 貯 蔵 施 設 農 機 具 等 収 納 施 設 その 他 これらに 類 する 農 業 林 業 又 は 漁 業 の 生 産 資 材 の 貯 蔵 又 は 保 管 の 用 に 供 する 建 築 物 三 家 畜 診 療 の 用 に 供 する 建 築 物 四 用 排 水 機 取 水 施 設 等 農 用 地 の 保 全 若 しくは 利 用 上 必 要 な 施 設 の 管 理 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 索 道 の 用 に 供 す る 建 築 物 五 前 各 号 に 掲 げるもののほか 建 築 面 積 が90 平 方 メートル 以 内 の 建 築 物 Ⅵ- 6

7 農 業 などの 第 一 次 産 業 が 営 まれるための 開 発 行 為 は 市 街 化 の 一 部 と 考 えるべきではなく スプロー ル 対 策 上 著 しい 支 障 を 及 ぼす 恐 れがない また 農 産 物 の 処 理 加 工 等 については これを 産 地 にてすみ やかに 行 う 等 の 必 要 があるのでこれらの 開 発 行 為 を 認 める (2) 農 林 漁 業 用 の 施 設 対 象 施 設 建 築 物 の 中 で 行 われる 経 済 活 動 が 農 業 林 業 又 は 漁 業 に 関 連 する 施 設 建 築 物 又 はその 中 の 機 械 工 作 物 の 機 能 が 直 接 農 業 林 業 又 は 漁 業 に 関 連 する 施 設 法 第 29 条 第 1 項 第 2 号 で 制 限 対 象 外 とされた 令 第 20 条 第 1 号 から 第 5 号 までの 施 設 以 外 の 施 設 すな わち 令 第 20 条 第 1 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 施 設 以 外 の 農 林 漁 業 用 施 設 で 建 築 面 積 が90 平 方 メー トルを 超 えるもの 令 第 20 条 第 1 号 から 第 5 号 までに 該 当 する 施 設 で 農 林 漁 業 に 従 事 していない 者 がその 業 務 のために 行 う 開 発 行 為 (3) 農 林 漁 業 用 の 貯 蔵 施 設 対 象 施 設 当 該 市 街 化 調 整 区 域 における 生 産 物 を 主 として 対 象 とする 農 産 物 等 の 処 理 貯 蔵 又 は 加 工 に 必 要 な 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 ( 具 体 例 ) 畜 産 食 料 品 製 造 業 (091) 水 産 食 料 品 製 造 業 (092) 野 菜 缶 詰 果 実 缶 詰 農 産 保 存 食 料 品 製 造 業 (093) 砂 糖 製 造 業 (0951) 精 穀 製 粉 業 (096) 動 植 物 油 脂 製 造 業 (098) でんぷん 製 造 業 (0 991) 製 茶 業 (1031) 配 合 飼 料 製 造 業 (1061) 一 般 製 材 業 (1311) 倉 庫 業 ( 農 林 水 産 物 の 貯 蔵 用 ) ( )の 数 字 は 日 本 標 準 産 業 分 類 の 分 類 番 号 (4) 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 利 用 目 的 利 用 方 法 利 用 対 象 規 模 等 の 説 明 資 料 生 産 地 との 関 係 取 扱 量 ( 位 置 図 添 付 ) 位 置 図 (S:1/5,000) 区 域 図 (S:1/2,500) 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 建 物 平 面 図 (S:1/100) その 他 ( 現 況 写 真 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) 農 林 漁 業 担 当 課 ( 市 町 村 農 業 委 員 会 を 含 む)の 合 意 5 第 5 号 : 特 定 農 山 村 地 域 における 農 林 業 等 の 活 性 化 基 盤 施 設 五 特 定 農 山 村 地 域 における 農 林 業 等 の 活 性 化 のための 基 盤 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 72 号 ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 公 告 があつた 所 有 権 移 転 等 促 進 計 画 の 定 めるところによつて 設 定 され 又 は 移 転 された 同 法 第 2 条 第 3 項 第 三 号 の 権 利 に 係 る 土 地 において 当 該 所 有 権 移 転 等 促 進 計 画 に 定 める 利 用 目 的 ( 同 項 第 2 号 に 規 定 する 農 林 業 等 活 性 化 基 盤 施 設 である 建 築 物 の 建 築 の 用 に 供 するためのものに 限 る )に 従 つて 行 う 開 発 行 為 特 定 農 山 村 地 域 における 農 林 業 等 の 活 性 化 のための 基 盤 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づき 所 有 権 移 Ⅵ- 7

8 転 等 促 進 計 画 に 適 合 している 一 定 の 開 発 行 為 は 認 める (2) 対 象 施 設 ア 農 業 用 施 設 ( 畜 舎 蚕 室 温 室 農 産 物 集 出 荷 施 設 農 産 物 調 整 施 設 農 産 物 貯 蔵 施 設 等 ) イ 林 業 用 施 設 ( 貯 木 場 林 産 物 加 工 施 設 林 業 機 械 格 納 庫 食 用 きのこ 生 産 施 設 等 ) ウ 地 域 特 産 物 に 関 する 試 験 研 究 施 設 研 修 施 設 生 産 施 設 加 工 施 設 展 示 施 設 及 び 販 売 施 設 エ 都 市 等 との 地 域 間 交 流 を 図 るために 設 置 される 施 設 農 林 業 体 験 施 設 教 養 文 化 施 設 スポーツ 又 はレクリエーション 施 設 休 養 施 設 宿 泊 施 設 オ その 他 地 域 における 就 業 機 会 の 増 大 に 寄 与 すると 認 められる 施 設 6 第 6 号 : 中 小 企 業 振 興 のための 施 設 六 都 道 府 県 が 国 又 は 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 と 一 体 となつて 助 成 する 中 小 企 業 者 の 行 う 他 の 事 業 者 と の 連 携 若 しくは 事 業 の 共 同 化 又 は 中 小 企 業 の 集 積 の 活 性 化 に 寄 与 する 事 業 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 (1) 対 象 施 設 府 が 国 又 は 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 と 一 体 となって 助 成 する 高 度 化 融 資 適 用 事 業 の 施 設 (2) 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 府 の 助 成 を 受 けること( 担 当 : 府 商 工 労 働 観 光 部 経 営 支 援 課 )を 証 する 書 面 市 街 化 調 整 区 域 に 立 地 する 説 明 書 中 小 企 業 の 共 同 化 又 は 集 団 化 等 に 寄 与 する 説 明 書 7 第 7 号 : 既 存 工 場 との 関 連 工 場 等 七 市 街 化 調 整 区 域 内 において 現 に 工 業 の 用 に 供 されている 工 場 施 設 における 事 業 と 密 接 な 関 連 を 有 する 事 業 の 用 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 で これらの 事 業 活 動 の 効 率 化 を 図 るため 市 街 化 調 整 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 必 要 なものの 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 市 街 化 調 整 区 域 内 の 工 場 ( 都 市 計 画 法 上 適 法 である 工 場 )で 既 存 の 事 業 の 質 的 改 善 や 量 的 拡 大 を 図 るために 必 要 な 敷 地 の 拡 大 を 認 める (2) 対 象 となる 市 街 化 調 整 区 域 内 の 既 存 施 設 の 要 件 ア 区 域 区 分 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 される 以 前 からの 工 場 イ 都 市 計 画 法 の 許 可 ( 開 発 行 為 の 許 可 を 不 要 とされた 工 場 を 含 む)を 得 て 建 築 した 工 場 なお 開 発 ( 建 築 ) 許 可 を 受 けてから5 年 以 内 の 工 場 は 除 く (3) 新 たに 設 置 する 工 場 に 必 要 な 要 件 (アからウまでのすべてに 該 当 すること) ア 既 存 の 工 場 に 密 接 な 関 連 を 有 していること Ⅵ- 8

9 製 造 工 程 ( 材 料 の 投 入 から 加 工 組 立 出 荷 まで)で 既 存 工 場 と 一 体 の 関 係 があること 既 存 の 工 場 での 生 産 物 の50% 以 上 を 新 たに 設 置 する 工 場 ( 事 業 場 )の 生 産 に 利 用 すること 新 たに 設 置 する 工 場 ( 事 業 場 )での 生 産 物 の50% 以 上 を 既 存 の 工 場 の 生 産 に 利 用 すること イ 既 存 の 工 場 の 質 的 改 善 又 は 量 的 拡 大 を 図 るための 施 設 であること 質 的 改 善 ( 作 業 工 程 輸 送 の 効 率 化 公 害 防 除 環 境 整 備 )を 図 るための 施 設 であること 量 的 拡 大 ( 製 品 の 製 造 量 )を 図 るための 施 設 であること ウ 既 存 の 工 場 に 隣 接 した 土 地 での 敷 地 の 拡 大 であること ( 例 外 については(4)に 示 す) (4) 既 存 の 工 場 の 隣 接 地 以 外 の 場 所 で 敷 地 の 拡 大 を 図 る 場 合 に 必 要 な 要 件 (アからウまでのすべてに 該 当 すること ) ア (3)ア 及 び(3)イの 要 件 を 満 たすこと イ 既 存 の 工 場 は 用 途 の 変 更 がないこと ( 事 例 ) 既 存 の 工 場 の 用 途 はそのままで(4)アに 該 当 する 工 場 を 新 設 する 場 合 既 存 の 工 場 の 用 途 を 事 務 所 に 変 更 して(4)アに 該 当 する 工 場 を 新 設 する 場 合 既 存 の 工 場 の 用 途 はそのままで 製 品 ( 又 は 材 料 ) 保 管 のための 倉 庫 を 新 設 する 場 合 ウ 新 設 工 場 の 位 置 は 合 理 的 に 決 定 されたものであり 社 会 通 念 上 やむを 得 ない 立 地 であると 認 め ら れること ( 事 例 ) 新 設 工 場 が 当 該 位 置 でなければならないことが 明 確 である 既 存 の 工 場 と 一 体 的 な 土 地 利 用 ではあるが 旧 里 道 ( 水 路 )により 敷 地 が 分 離 されている 当 該 企 業 が 従 前 から( 当 該 開 発 計 画 を 検 討 する 以 前 から) 所 有 している 土 地 であり 市 街 化 区 域 に 土 地 を 所 有 していない (5) 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 理 由 書 ( 該 当 する 業 種 並 びに 当 該 区 域 が 必 要 な 理 由 ) 既 存 の 工 場 に 関 する 調 書 ( 業 種 業 態 工 程 原 料 製 品 名 ) 計 画 する 工 場 に 関 する 調 書 ( 業 種 業 態 工 程 原 料 製 品 名 ) 両 工 場 の 関 連 ( 作 業 工 程 及 び 原 材 料 製 品 等 の 輸 送 等 ) 両 工 場 間 の 取 引 高 及 び 全 体 との 比 率 事 業 活 動 の 効 率 化 が 図 られる 事 を 証 する 説 明 書 位 置 図 (S:1/5,000) 両 工 場 の 位 置 関 係 区 域 図 (S:1/2,500) 両 工 場 とも 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 両 工 場 とも 建 物 平 面 図 (S:1/100) 両 工 場 とも その 他 ( 現 況 写 真 建 築 確 認 通 知 書 ( 既 存 工 場 )の 写 し 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) 8 第 8 号 : 危 険 物 の 貯 蔵 又 は 処 理 八 政 令 で 定 める 危 険 物 の 貯 蔵 又 は 処 理 に 供 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 で 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 不 適 当 なものとして 政 令 で 定 めるものの 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 ( 危 険 物 の 範 囲 ) Ⅵ- 9

10 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 九 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 火 薬 類 とする 2 第 8 号 の 政 令 で 定 める 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 は 火 薬 類 取 締 法 第 12 条 第 1 項 の 火 薬 庫 である 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 とする 市 街 化 区 域 に 比 べて 低 密 度 に 土 地 利 用 がなされていることが 一 般 的 である 市 街 化 調 整 区 域 内 に 危 険 物 の 貯 蔵 や 処 理 の 建 築 物 等 を 建 築 することは 事 故 等 のリスク( 保 安 距 離 )を 考 えると 否 定 すべきもので はないので 開 発 行 為 を 認 める (2) 対 象 施 設 火 薬 類 取 締 法 第 12 条 第 1 項 に 定 める 火 薬 庫 (3) 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 火 薬 類 取 締 法 に 基 づく 許 可 を 受 けた 者 であることを 証 する 書 面 火 薬 類 取 締 法 に 基 づく 許 可 を 受 けられる 火 薬 庫 であることを 証 する 書 面 貯 蔵 又 は 処 理 することとなる 火 薬 庫 の 名 称 と 取 扱 量 位 置 図 (S:1/5,000) 区 域 図 (S:1/2,500) 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 建 物 平 面 図 (S:1/100) その 他 ( 現 況 写 真 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) 9 第 9 号 : 沿 道 サービス 施 設 火 薬 類 製 造 九 前 各 号 に 規 定 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 のほか 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 又 は 不 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 ( 市 街 化 区 域 内 において 建 築 し 又 は 建 設 することが 困 難 又 は 不 適 当 な 建 築 物 等 ) 令 第 29 条 の7 第 9 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 建 築 物 又 は 第 1 種 特 定 工 作 物 は 次 に 掲 げるものとする 一 道 路 の 円 滑 な 交 通 を 確 保 するために 適 切 な 位 置 に 設 けられる 道 路 管 理 施 設 休 憩 所 又 は 給 油 所 等 である 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 二 火 薬 類 取 締 法 第 2 条 第 1 項 の 火 薬 類 の 製 造 所 である 建 築 物 ドライブインレストラン 等 の 沿 道 サービス 施 設 の 取 扱 基 準 都 市 計 画 第 9 号 及 び 都 市 計 画 法 施 行 令 第 29 条 の7 第 1 号 に 定 める 道 路 の 円 滑 な 交 通 を 確 保 するために 適 切 な 位 置 に 設 けられる 休 憩 所 又 は 給 油 所 に 関 し 下 記 のとおり 取 扱 基 準 を 定 める 記 1 道 路 について 道 路 は 高 速 自 動 車 国 道 自 動 車 専 用 道 路 一 般 国 道 主 要 地 方 道 及 び 交 通 量 を 勘 案 し 知 事 が 指 定 する 道 路 とする 2 適 切 な 位 置 について 適 切 な 位 置 については 近 隣 の 市 街 化 区 域 との 位 置 関 係 当 該 道 路 の 利 用 状 況 及 び 当 該 施 設 の 必 要 性 を 勘 案 して 当 該 施 設 の 立 地 の 必 然 性 を 判 断 するものとする 特 に 次 の 区 域 については 上 記 の 必 然 性 を 認 めがたいので 関 係 市 町 村 の 意 見 も 踏 まえて 適 切 に 判 断 する ものとする Ⅵ- 10

11 (1) 都 市 の 環 境 を 保 持 する 観 点 から 定 められた 市 街 化 区 域 に 囲 まれた 小 規 模 な 市 街 化 調 整 区 域 (2) 道 路 を 境 界 として 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 の 区 分 が 定 められている 地 域 における 市 街 化 調 整 区 域 3 休 憩 所 について (1) 休 憩 所 は 次 のものをいう ア ドライブインレストラン イ 喫 茶 店 ウ 休 憩 施 設 を 備 えたコンビニエンスストア エ 道 の 駅 オ その 他 これらに 類 する 飲 食 店 (2) 休 憩 所 は 次 の 要 件 を 満 足 するものとする ア ドライブインレストラン 喫 茶 店 及 びその 他 これらに 類 する 飲 食 店 に 係 る 要 件 (ア) 日 本 標 準 産 業 分 類 ( 平 成 14 年 3 月 改 訂 版 )の 中 分 類 70の 一 般 飲 食 店 に 該 当 するものであること (イ) おおむね 客 席 数 が20 席 以 上 で 客 席 数 2 席 に 対 して1 台 以 上 の 駐 車 施 設 が 確 保 されているものである ること なお うち1 台 以 上 は 車 いす 使 用 者 用 駐 車 施 設 を 設 けるものであること イ 休 憩 施 設 を 備 えたコンビニエンスストアに 係 る 要 件 (ア) 日 本 標 準 産 業 分 類 による 細 分 類 の5791 コンビニエンスストア に 該 当 するものであること (イ) コンビニエンスストア 内 には 5 平 方 メートル 以 上 のテーブル 及 び 座 席 が 設 置 された 休 憩 スペースを 設 置 するとともに 営 業 時 間 中 無 料 で 自 由 に 利 用 できるトイレを 設 置 するものであること (ウ) 敷 地 面 積 は 500 平 方 メートル 以 上 とするものであること (エ) 店 舗 ( 倉 庫 事 務 スペース 休 憩 スペース 及 びトイレを 含 む )の 規 模 は 延 べ 床 面 積 200 平 方 メート ル 以 下 とするものであること (オ) 駐 車 施 設 は 店 舗 等 の 規 模 に 応 じた 適 切 なものとし 普 通 乗 用 車 10 台 以 上 が 確 保 されていること なお うち1 台 以 上 は 車 いす 使 用 者 用 駐 車 施 設 を 設 けるものであること ウ 道 の 駅 に 係 る 要 件 (ア) 道 の 駅 登 録 案 内 要 綱 ( 平 成 5 年 2 月 23 日 付 け 建 設 省 道 企 発 第 19 号 建 設 省 道 路 局 長 通 知 )に 基 づ き 道 の 駅 として 登 録 されることが 確 実 なもので 事 前 に 本 府 道 路 管 理 課 との 協 議 が 整 っているもの であること 建 築 物 等 の 用 途 から 区 域 区 分 に 関 係 なく 限 られた 範 囲 内 に 立 地 することが 求 められる 次 の 建 築 物 は 開 発 行 為 を 認 める 道 路 の 円 滑 な 交 通 を 確 保 するために 適 切 な 位 置 に 設 けられる 施 設 火 薬 類 の 製 造 所 (2) 沿 道 サービス 施 設 等 道 路 の 円 滑 な 交 通 を 確 保 するために 適 切 な 位 置 に 設 けられる 施 設 ア 対 象 施 設 道 路 管 理 者 が 道 路 の 維 持 修 繕 その 他 の 管 理 を 行 うための 施 設 自 動 車 の 運 転 者 の 休 憩 のための 適 切 な 規 模 のドライブイン 等 (モーテルは 含 まない)の 施 設 給 油 所 (ガソリンスタンド) 有 人 セルフスタンド 自 動 車 用 液 化 石 油 ガススタンド イ 留 意 事 項 併 設 用 途 については 当 該 用 途 も 許 可 の 対 象 とする 給 油 所 に 併 設 される 屋 内 作 業 場 の 床 面 積 は48 平 方 メートル 未 満 とする ( 道 路 運 送 車 両 法 の 分 解 整 備 事 業 に 該 当 しない 小 修 理 ( 日 常 点 検 サービス 程 度 のタイヤ 修 理 オイル 部 品 等 の 交 換 )の 範 囲 ) ウ 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 ドライブインレストラン 等 の 施 設 の 客 席 数 駐 車 施 設 等 を 示 す 図 書 道 路 の 円 滑 な 交 通 を 確 保 するために 適 切 な 位 置 である 旨 を 説 明 した 図 書 ( 前 面 道 路 の 交 通 量 調 査 市 場 調 査 結 果 等 ) 位 置 図 (S:1/5,000) Ⅵ- 11

12 区 域 図 (S:1/2,500) 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 建 物 平 面 図 (S:1/100) その 他 ( 現 況 写 真 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) (3) 火 薬 類 の 製 造 所 ア 対 象 施 設 火 薬 類 取 締 法 第 2 条 第 1 項 の 火 薬 類 ( 火 薬 爆 薬 火 工 品 )の 製 造 所 である 建 築 物 イ 留 意 事 項 火 薬 類 取 締 法 第 9 条 の 規 定 による 許 可 が 必 要 である ウ 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 火 薬 類 取 締 法 に 基 づく 許 可 を 受 けた 者 であることを 証 する 書 面 火 薬 類 取 締 法 に 基 づく 許 可 を 受 けられる 製 造 所 であることを 証 する 書 面 製 造 する 火 薬 類 の 名 称 と 生 産 量 位 置 図 (S:1/5,000) 区 域 図 (S:1/2,500) 土 地 利 用 計 画 図 (S:1/250~1/500) 建 物 平 面 図 (S:1/100) その 他 ( 現 況 写 真 公 図 の 写 し 土 地 登 記 事 項 証 明 書 等 ) 10 第 10 号 : 地 区 計 画 集 落 地 区 計 画 十 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 の 区 域 ( 地 区 整 備 計 画 又 は 集 落 地 区 整 備 計 画 が 定 められている 区 域 に 限 る ) 内 にお いて 当 該 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 に 定 められた 内 容 に 適 合 する 建 築 物 又 は 第 一 種 特 定 工 作 物 の 建 築 又 は 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 地 区 計 画 又 は 集 落 地 域 整 備 法 に 基 づく 集 落 地 区 計 画 の 区 域 において 無 秩 序 無 計 画 な 土 地 利 用 が 進 展 するおそれがない 開 発 行 為 は 認 める (2) 対 象 施 設 地 区 計 画 の 区 域 ( 地 区 整 備 計 画 が 定 められている 区 域 )で 地 区 計 画 に 定 められた 内 容 に 適 合 する 開 発 行 為 集 落 地 域 整 備 法 に 基 づく 集 落 地 区 計 画 の 区 域 ( 集 落 地 区 整 備 計 画 が 定 められている 区 域 )で 集 落 地 区 計 画 に 定 められた 内 容 に 適 合 する 開 発 行 為 (3) 留 意 事 項 地 区 計 画 又 は 集 落 地 区 計 画 の 内 容 に 一 致 していること (4) 地 区 計 画 の 指 定 を 受 けた 区 域 関 係 図 書 は 府 都 市 計 画 課 及 び 当 該 市 町 村 役 場 で 閲 覧 できる 11 第 11 号 : 市 街 化 区 域 に 近 隣 接 した 区 域 で 知 事 が 指 定 した 区 域 Ⅵ- 12

13 十 一 市 街 化 区 域 に 隣 接 し 又 は 近 接 し かつ 自 然 的 社 会 的 諸 条 件 から 市 街 化 区 域 と 一 体 的 な 日 常 生 活 圏 を 構 成 していると 認 められる 地 域 であつておおむね50 以 上 の 建 築 物 ( 市 街 化 区 域 内 に 存 するものを 含 む )が 連 たんし ている 地 域 のうち 政 令 で 定 める 基 準 に 従 い 都 道 府 県 ( 指 定 都 市 等 又 は 事 務 処 理 市 町 村 の 区 域 内 にあつては 当 該 指 定 都 市 等 又 は 事 務 処 理 市 町 村 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )の 条 例 で 指 定 する 土 地 の 区 域 内 にお いて 行 う 開 発 行 為 で 予 定 建 築 物 等 の 用 途 が 開 発 区 域 及 びその 周 辺 の 地 域 における 環 境 の 保 全 上 支 障 があると 認 められる 用 途 として 都 道 府 県 の 条 例 で 定 めるものに 該 当 しないもの ( 第 11 号 の 土 地 の 区 域 を 条 例 で 指 定 する 場 合 の 基 準 ) 令 第 29 条 の8 第 11 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 基 準 は 同 号 の 条 例 で 指 定 する 土 地 の 区 域 に 原 則 として 第 8 条 第 1 項 第 2 号 ロからニまでに 掲 げる 土 地 の 区 域 を 含 まないこと とする 京 都 府 は 第 11 号 に 規 定 する 条 例 ( 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 16 年 京 都 府 条 例 第 24 号 )を 定 め 指 定 した 地 域 での 開 発 行 為 を 認 める (2) 対 象 施 設 知 事 が 指 定 した 区 域 で 排 除 用 途 以 外 の 建 築 物 (3) 留 意 事 項 区 域 の 指 定 は 市 町 村 長 との 協 議 のうえ 知 事 が 指 定 する (4) 知 事 が 指 定 した 区 域 ( 平 成 27 年 1 月 22 日 現 在 ) 指 定 年 月 日 区 域 の 名 称 土 地 の 区 域 面 積 (ha) 排 除 用 途 H 北 稲 八 間 精 華 町 大 字 北 稲 八 間 南 稲 八 妻 精 華 町 大 字 南 稲 八 妻 植 田 精 華 町 大 字 植 田 井 倉 東 綾 部 市 井 倉 町 井 倉 西 綾 部 市 井 倉 町 延 大 島 綾 部 市 岡 町 他 青 野 綾 部 市 青 野 町 上 延 綾 部 市 上 延 町 H 篠 第 1 亀 岡 市 篠 町 篠 第 2 亀 岡 市 篠 町 重 利 亀 岡 市 曽 我 部 町 寺 亀 岡 市 曽 我 部 町 祝 園 精 華 町 大 字 祝 園 ( 同 上 の 一 部 の 区 域 ) 5 H 井 倉 東 ( 追 加 ) 綾 部 市 井 倉 町 井 倉 西 ( 追 加 ) 綾 部 市 井 倉 町 延 大 島 ( 追 加 ) 綾 部 市 岡 町 他 青 野 ( 追 加 ) 綾 部 市 青 野 町 新 庄 福 知 山 市 字 新 庄 字 厚 字 奥 野 部 の 一 部 H 青 野 ( 追 加 ) 綾 部 市 青 野 町 H 五 位 坂 福 知 山 市 字 堀 小 字 五 位 坂 字 天 田 小 字 大 塚 の 各 一 部 井 倉 東 ( 追 加 ) 綾 部 市 井 倉 町 延 大 島 ( 追 加 ) 綾 部 市 岡 町 他 Ⅵ- 13

14 関 係 図 書 ( 指 定 区 域 図 )は 建 築 指 導 課 及 び 所 管 土 木 事 務 所 において 縦 覧 に 供 している 排 除 用 途 1 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 相 当 2 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 相 当 3 第 1 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 相 当 4 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 相 当 5 第 1 種 住 居 地 域 相 当 12 第 12 号 : 条 例 で 区 域 目 的 用 途 を 限 定 したもの 十 二 開 発 区 域 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 において 行 うこと が 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 められる 開 発 行 為 として 政 令 で 定 める 基 準 に 従 い 都 道 府 県 の 条 例 で 区 域 目 的 又 は 予 定 建 築 物 等 の 用 途 を 限 り 定 められたもの ( 開 発 許 可 をすることができる 開 発 行 為 を 条 例 で 定 める 場 合 の 基 準 ) 令 第 29 条 の9 第 12 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 基 準 は 同 号 の 条 例 で 定 める 区 域 に 原 則 として 第 8 条 第 1 項 第 二 号 ロからニまでに 掲 げる 土 地 の 区 域 を 含 まないこととする 本 号 に 基 づく 条 例 は 制 定 していない 13 第 13 号 : 既 存 の 権 利 者 十 三 区 域 区 分 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 され 又 は 当 該 都 市 計 画 を 変 更 して 市 街 化 調 整 区 域 が 拡 張 された 際 自 己 の 居 住 若 しくは 業 務 の 用 に 供 する 建 築 物 を 建 築 し 又 は 自 己 の 業 務 の 用 に 供 する 第 一 種 特 定 工 作 物 を 建 設 する 目 的 で 土 地 又 は 土 地 の 利 用 に 関 する 所 有 権 以 外 の 権 利 を 有 していた 者 で 当 該 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 の 日 から 起 算 して6 月 以 内 に 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 項 を 都 道 府 県 知 事 に 届 け 出 たものが 当 該 目 的 に 従 つて 当 該 土 地 に 関 する 権 利 の 行 使 として 行 う 開 発 行 為 ( 政 令 で 定 める 期 間 内 に 行 うものに 限 る ) ( 区 域 区 分 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 等 の 際 土 地 等 を 有 していた 者 が 開 発 行 為 を 行 うことができる 期 間 ) 令 第 30 条 第 13 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 期 間 は 当 該 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 の 日 から 起 算 して5 年 とする ( 既 存 権 利 者 の 届 出 事 項 ) 規 則 第 28 条 第 13 号 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 項 は 次 に 掲 げるもの( 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 建 築 物 を 建 築 する 目 的 で 権 利 を 有 する 者 にあつては 第 1 号 に 掲 げるものを 除 く )とする 一 届 出 をしようとする 者 の 職 業 ( 法 人 にあつては その 業 務 の 内 容 ) 二 土 地 の 所 在 地 番 地 目 及 び 地 積 三 届 出 をしようとする 者 が 市 街 化 調 整 区 域 に 関 する 都 市 計 画 が 決 定 され 又 は 当 該 都 市 計 画 を 変 更 してその 区 域 が 拡 張 された 際 土 地 又 は 土 地 の 利 用 に 関 する 所 有 権 以 外 の 権 利 を 有 していた 目 的 四 届 出 をしようとする 者 が 土 地 の 利 用 に 関 する 所 有 権 以 外 の 権 利 を 有 する 場 合 においては 当 該 権 利 の 種 類 及 び 内 容 区 域 区 分 の 際 の 経 過 措 置 として 自 己 用 の 建 築 物 等 を 目 的 とした 土 地 の 権 利 を 有 していた 者 の 開 発 行 為 を 認 める ア 期 間 その 土 地 が 市 街 化 調 整 区 域 に 指 定 された 日 から 起 算 して6ケ 月 以 内 に 知 事 に 書 面 にて 届 出 ること 当 該 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 の 日 から 起 算 して5 年 以 内 に 開 発 行 為 が 完 了 すること イ 建 築 の 目 的 Ⅵ- 14

15 土 地 に 関 する 権 利 を 有 している 目 的 が 自 己 の 居 住 又 は 業 務 の 用 に 供 する ものに 限 られるので 分 譲 住 宅 を 目 的 としたものは 該 当 しない( 自 己 用 の 範 囲 は 法 第 33 条 と 同 様 ) ウ 権 利 の 範 囲 土 地 の 所 有 権 及 び 所 有 権 以 外 の 土 地 の 利 用 に 関 する 権 利 であり 借 地 権 ( 賃 貸 借 使 用 貸 借 )は 該 当 する 抵 当 権 先 取 特 権 等 は 該 当 しない 仮 登 記 仮 契 約 売 買 予 約 等 は 該 当 しない 権 利 の 取 得 ( 設 定 )は その 土 地 が 市 街 化 調 整 区 域 に 指 定 される 前 であること 権 利 の 取 得 ( 設 定 )( 目 的 権 利 の 種 類 及 び 権 利 設 定 日 )は 登 記 事 項 証 明 書 又 は 公 正 証 書 等 の 公 的 な 契 約 書 にて 行 われていること 農 地 法 第 5 条 の 許 可 ( 農 地 転 用 許 可 )は 市 街 化 調 整 区 域 となる 前 に 受 けていること ( 農 地 転 用 許 可 のための 仮 登 記 仮 契 約 では 認 められない) エ 権 利 の 承 継 一 般 承 継 人 に 限 り 権 利 の 承 継 ができる 届 出 者 ( 地 位 を 承 継 した 者 )は 開 発 行 為 の 完 了 後 に 引 き 続 き 建 築 物 を 建 築 することができる ( 建 築 確 認 申 請 における 建 築 主 は 届 出 者 及 び 地 位 を 承 継 した 者 以 外 はなることができない) オ 本 号 に 該 当 することを 示 すために 必 要 な 図 書 等 区 域 決 定 前 に 土 地 に 関 する 権 利 を 有 していたことを 証 する 書 類 ( 登 記 事 項 証 明 書 所 有 権 以 外 の 権 利 を 有 していることを 証 する 書 類 ) 農 地 転 用 許 可 証 申 請 者 ( 法 人 を 含 む)の 業 務 の 内 容 に 関 する 書 類 ( 自 己 の 居 住 用 の 場 合 は 不 要 ) 権 利 を 承 継 した 場 合 は そのことを 証 する 書 面 14 第 14 号 : 開 発 審 査 会 の 議 を 経 たもの 十 四 前 各 号 に 掲 げるもののほか 都 道 府 県 知 事 が 開 発 審 査 会 の 議 を 経 て 開 発 区 域 の 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく かつ 市 街 化 区 域 内 において 行 うことが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 める 開 発 行 為 地 域 の 特 性 社 会 経 済 の 発 展 状 況 の 変 化 等 に 対 応 するために 開 発 審 査 会 の 議 を 経 て 支 障 ない 旨 の 答 申 を 得 たものについては 開 発 行 為 を 認 める 開 発 審 査 会 から 支 障 ない 旨 の 答 申 を 得 て 開 発 行 為 の 許 可 ができる 内 容 については 次 章 による Ⅵ- 15

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

第1号様式 その1

第1号様式 その1 別 記 第 1 号 様 式 ( 第 6 条 関 係 ) ( 宛 先 ) 大 田 区 長 ( 第 1 面 ) 事 業 計 画 書 ( 提 出 者 ) 現 住 所 ( - ) 年 月 日 企 業 名 代 表 者 役 職 氏 名 印 大 田 区 研 究 開 発 企 業 等 拠 点 整 備 助 成 事 業 実 施 要 綱 第 6 条 の 規 定 により 次 のとおり 提 出 します 1 業 種 大 分 類

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条) 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 法 第 34 条 ) 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

< F2D30325F E738CF C98AEE82C382AD93738E73>

< F2D30325F E738CF C98AEE82C382AD93738E73> 都 市 公 園 法 に 基 づく 都 市 公 園 の 設 置 等 の 基 準 に 関 する 条 例 ( 仮 称 ) の 骨 子 について 条 例 制 定 の 背 景 等 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 るための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 105 号 )が 公 布 され 都 市 公 園

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

Microsoft Word - h28rifo

Microsoft Word - h28rifo 作 成 日 : 平 成 28 年 6 月 14 日 大 村 市 の 住 宅 リフォーム 支 援 事 業 住 宅 リフォームをお 考 えの 方 へ 大 村 市 では いろいろな 住 宅 のリフォーム 支 援 事 業 を 実 施 しています あなたの 目 的 に 応 じた 支 援 事 業 をご 利 用 ください 図 はあくまでイメージです 注 1) となる 部 分 は 各 支 援 事 業 によって 異

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受 資 料 5-1 平 成 28 年 6 月 16 日 専 門 協 議 等 の 実 施 に 関 する 各 専 門 委 員 における 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 承 認 審 査 及 び 安 全 対 策 に 係 る 専 門 協 議 等 を 依 頼 した 専 門 委 員 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 については 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 における 専

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information