untitled

Size: px
Start display at page:

Download "untitled"

Transcription

1 平成24年度 未来経営戦略推進経費 経営基盤強化に貢献する先進的な取組み 採択事業

2 目 次 1. 長 期 ビジョン 実 現 のための 中 期 目 標 策 定 及 び 実 施 に 係 る 概 要 2. 学 校 法 人 桜 美 林 学 園 の 概 要 3. 取 組 の 経 緯 4. 過 去 に 行 ってきた 取 組 5. 長 期 ビジョン 及 び 中 期 目 標 の 策 定 6. 中 期 目 標 遂 行 の 流 れ 7. 中 期 目 標 実 施 による 大 学 としての 取 組 と 成 果 8. 今 後 の 取 組 の 展 開 及 び 次 期 中 期 目 標 策 定 への 課 題 年 度 の 学 園 創 立 100 周 年 に 向 けて 1

3 1. 長 期 ビジョン 実 現 のための 中 期 目 標 策 定 及 び 実 施 に 係 る 概 要 長 期 ビジョン 中 期 目 標 の 策 定 現 在 の 取 組 1キリスト 教 精 神 の 浸 透 桜 美 林 学 園 中 期 目 標 -12のCORNERSTONE( 礎 石 )を 定 め 磐 石 な 経 営 基 盤 を 作 る- 2 教 育 研 究 活 動 の 充 実 3 高 度 に 国 際 化 された 教 育 システムの 確 立 4 地 域 貢 献 力 の 強 化 5 学 生 生 徒 支 援 体 制 の 充 実 6ブランドの 構 築 桜 美 林 学 園 長 期 ビジョン 自 己 を 高 め 自 己 の 責 任 を 果 たしうる 人 材 を 育 成 する 豊 かな 教 養 をもった 国 際 的 人 材 を 育 成 する 過 去 の 取 組 ミッション ステートメント 7 本 学 園 が 望 む 学 生 を 確 保 する 仕 組 8アカウンタビリティの 確 保 9 組 織 機 構 と 人 事 管 理 の 改 革 10 健 全 な 財 務 の 構 築 と 維 持 11 質 量 両 面 でのキャンパス 高 度 化 12 情 報 システムの 高 度 化 長 期 ビジョンの 達 成 に 向 けて 創 立 100 周 年 を 迎 える2021 年 における あるべき 姿 とは? ミッション ビジョン バリュー 建 学 の 精 神 を 改 めて 問 い 直 す 建 学 の 精 神 : キリスト 教 精 神 に 基 づく 国 際 人 の 育 成 学 園 のモットー: 学 而 事 人 ( 学 びて 人 に 仕 える) せん 方 尽 くれども 希 望 (のぞみ)を 失 わず ア ク シ 年 ョ 度 ン 計 プ 画 ラ ン 2 月 ~ 3 月 報 告 学 長 のリーダーシップ 年 度 計 画 のマネジメントサイクル 3 月 計 画 各 組 織 結 果 報 告 事 務 局 取 り 纏 め 大 学 運 営 会 議 常 務 理 事 会 定 例 理 事 会 各 組 織 原 案 作 成 事 務 局 取 り 纏 め 大 学 運 営 会 議 常 務 理 事 会 定 例 理 事 会 本 中 期 目 標 でのゴール 11 月 ~2 月 予 算 磐 石 な 経 営 基 盤 の 確 立 理 事 会 と 教 職 員 の 一 体 化 目 標 達 成 に 向 けた 方 向 性 (ベクトル)の 一 致 大 学 改 革 の 推 進 力 の 強 化 P A D 各 組 織 申 請 各 組 織 ヒアリング 大 学 運 営 会 議 常 務 理 事 会 定 例 理 事 会 C 理 事 会 の 戦 略 的 意 思 決 定 4 月 ~ 実 行 各 組 織 計 画 実 行 通 年 事 務 局 モニタリング 通 年 組 織 間 情 報 共 有 外 部 有 識 者 招 聘 組 織 間 相 互 調 整 9 月 中 間 報 告 会 2

4 2. 学 校 法 人 桜 美 林 学 園 の 概 要 桜 美 林 大 学 学 士 課 程 リベラルアーツ 学 群 総 合 文 化 学 群 (2013 年 度 より 芸 術 文 化 学 群 に 名 称 変 更 ) ビジネスマネジメント 学 群 ビジネスマネジメント 学 類 アビエーションマネジメント 学 類 健 康 福 祉 学 群 大 学 院 国 際 学 研 究 科 老 年 学 研 究 科 大 学 アドミニストレーション 研 究 科 大 学 アドミニストレーション 研 究 科 ( 通 信 教 育 課 程 ) 経 営 学 研 究 科 言 語 教 育 研 究 科 心 理 学 研 究 科 学 生 生 徒 園 児 数 学 士 課 程 /8,595 人 大 学 院 /368 人 高 等 学 校 /1,011 人 中 学 校 /502 人 幼 稚 園 /145 人 (2012 年 5 月 1 日 現 在 ) 専 任 教 職 員 数 大 学 教 員 /293 人 高 校 中 学 校 幼 稚 園 教 員 /87 人 事 務 職 員 /157 人 (2012 年 5 月 1 日 現 在 ) 桜 美 林 中 学 校 高 等 学 校 桜 美 林 幼 稚 園 3

5 3. 取 組 の 経 緯 激 しく 変 化 する 現 代 社 会 において 建 学 の 精 神 に 基 づき 学 園 の 現 代 的 存 在 意 義 や 課 題 を 明 らかにするため 2005 年 度 理 事 会 において 学 園 として 今 何 をしなければなら ないか をまとめた ミッション ステートメント を 定 め 公 表 した 理 事 会 はこれを 基 盤 とし 学 園 長 期 ビジョン とともに 取 組 事 案 を 課 題 別 に12の CORNERSTONE( 礎 石 ) に 定 めた5 年 計 画 の 学 園 中 期 目 標 を2010 年 度 に 公 表 した これは 各 設 置 校 の 部 門 長 等 の 意 見 を 基 に 理 事 会 として 最 終 的 に 策 定 公 表 したものである あわせて 具 体 的 に 取 り 組 むための アクションプラン が 示 され 大 学 各 部 門 は 責 任 をもって 行 動 を 起 こすことが 求 められることとなった こうして 理 事 会 が 示 した 学 園 中 期 目 標 CORNERSTONE アクショ ンプラン 等 に 基 づき 学 長 のリーダーシップ の 下 毎 年 度 具 体 的 な 実 施 計 画 と 達 成 目 標 を 年 度 計 画 にまとめ 実 行 することとなった その 結 果 理 事 会 と 教 職 員 が 一 体 となり 計 画 達 成 のための 体 制 が 実 質 的 に 整 った 年 度 計 画 の 進 捗 状 況 は 中 間 報 告 会 や 取 組 結 果 報 告 書 で 報 告 することに なっている 取 組 結 果 報 告 書 は 本 学 Webサイトにも 掲 載 し 社 会 に 公 表 している これらを 行 うことにより 理 事 会 の 意 思 決 定 のもとに 教 職 員 間 で 課 題 を 共 有 する 体 制 及 びPDCAを 合 理 的 に 循 環 させる 仕 組 みを 整 えている 4

6 4. 過 去 に 行 ってきた 取 組 (1) ミッション ステートメント 2005 年 本 学 園 は 改 めて 建 学 の 精 神 を 問 い 直 し 学 園 として 今 何 をしなければならないか を ミッション( 使 命 ) ビジョン( 目 標 ) バリュー( 共 通 の 価 値 観 ) からなる ミッション ステートメント としてまとめ 公 表 した 1 ミッション( 使 命 ) : キリスト 教 主 義 に 基 づく 人 間 教 育 を 通 して 神 人 及 び 社 会 のために 貢 献 する 人 間 を 育 成 することである どのような 環 境 の 中 にあっても 常 に 未 来 に 希 望 を 持 ち 他 者 の 痛 みを 理 解 できる 人 間 でなければならない また 現 代 社 会 の 多 様 な 価 値 観 に 対 応 でき 且 つ 創 造 力 と 判 断 力 に 富 んだ 人 間 の 育 成 に 努 める 2 ビジョン( 目 標 ) : 希 望 を 持 ち 続 け 人 々を 導 くリーダーを 育 てる 学 園 として 誰 もが 認 める 存 在 になる その 為 に 以 下 の2 点 の 実 現 を 目 指 す 学 園 の 各 設 置 校 のそれぞれにおける 教 育 カリキュラムの 見 直 しを 行 い 質 の 高 い 教 育 機 関 として 誰 からも 認 知 さ れる 存 在 になる 経 営 基 盤 を 安 定 させるには コスト 構 造 の 見 直 しを 行 い 本 学 園 に 勤 めをなす 者 が 高 いモチベーションを 持 って 業 務 に 取 組 み 理 事 会 の 方 針 をうけた 大 学 の 速 やかな 意 思 決 定 と 確 実 な 実 行 ができる 仕 組 みを 作 る 3 バリュー( 共 通 の 価 値 観 ) : 神 に 感 謝 し 常 に 祈 る 姿 勢 を 大 切 にする また 私 たちの 使 命 が 何 であるのか 誰 のために 働 きをなすのかを 常 に 考 えて おかねばならない 私 たち 一 人 ひとりの 知 恵 と 力 は 限 られているが 欠 けたところを 互 いに 補 い 合 いながら 自 身 のな すべきことに 責 任 を 持 ちつつ ひとつの 目 標 に 向 かってともに 歩 みをなす 者 とならなければならない 特 に 心 に 留 めて おくべきことは 次 の4 点 である 常 に 神 に 感 謝 を 捧 げ 明 日 を 祈 る 何 よりも 学 生 生 徒 園 児 のために 奉 仕 する 精 神 を 忘 れない 困 難 なことがあっても 希 望 を 失 わず 目 標 に 掲 げたことを 実 現 に 導 く 強 さを 持 つ 協 調 性 を 持 って 業 務 に 取 組 み 思 いをひとつにして 互 いに 励 まし 合 う 5

7 4. 過 去 に 行 ってきた 取 組 (2) ミッション ステートメント に 基 づく 大 学 における 主 な 改 革 学 士 課 程 改 革 2004 年 から2007 年 にかけて 4 学 部 8 学 科 体 制 から 機 能 別 に 分 化 した 科 目 群 を 目 的 別 教 育 プログラムに 再 編 した 私 立 大 学 初 の 学 群 制 への 移 行 を 目 指 し 以 下 のように 全 学 改 組 を 行 った 文 学 部 経 済 学 部 国 際 学 部 英 語 英 米 文 学 科 中 国 語 中 国 文 学 科 言 語 コミュニケーション 学 科 健 康 心 理 学 科 総 合 文 化 学 科 経 済 学 科 国 際 学 科 リベラルアーツ 学 群 人 文 科 学 社 会 科 学 自 然 科 学 学 際 統 合 科 学 総 合 文 化 学 群 (2013 年 度 より 芸 術 文 化 学 群 に 名 称 変 更 ) 演 劇 音 楽 造 形 デザイン 映 画 (2007 年 度 開 設 ) ビジネスマネジメント 学 群 ビジネスマネジメント 学 類 ヒ シ ネス 系 : 国 際 金 融 ヒ シ ネス 流 通 マーケティンク ヒ シ ネス ICTヒ シ ネス 観 光 ホスヒ タリティ エンターテイメントヒ シ ネス マネシ メント 系 : 経 営 戦 略 管 理 会 計 財 務 経 済 法 律 情 報 環 境 2008 年 度 開 設 アビエーションマネジメント 学 類 エアライン ヒ シ ネス エアライン ホスヒ タリティ(キャヒ ン アテンタ ント 養 成 ) フライト オヘ レーション(ハ イロット 養 成 ) 2007 年 度 開 設 2005 年 度 開 設 2006 年 度 開 設 経 営 政 策 学 部 ヒ シ ネスマネーシ メント 学 科 健 康 福 祉 学 群 社 会 福 祉 精 神 保 健 福 祉 健 康 科 学 保 育 2006 年 度 開 設 大 学 院 改 革 2008 年 から2009 年 にかけて 国 際 学 研 究 科 に 設 置 されていた 各 専 攻 を 研 究 科 として 独 立 させ 大 学 院 課 程 の 教 育 研 究 の 基 本 組 織 として 明 確 に 位 置 づける 方 策 に 着 手 し 以 下 のような7 研 究 科 体 制 とした 国 際 学 研 究 科 国 際 学 専 攻 博 士 前 期 課 程 国 際 関 係 専 攻 博 士 後 期 課 程 環 太 平 洋 地 域 文 化 専 攻 博 士 後 期 課 程 老 年 学 専 攻 博 士 前 期 課 程 博 士 後 期 課 程 大 学 アト ミニストレーション 専 攻 修 士 課 程 大 学 アト ミニストレーション 専 攻 修 士 課 程 ( 通 信 教 育 課 程 ) 言 語 教 育 専 攻 修 士 課 程 人 間 科 学 専 攻 修 士 課 程 国 際 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 博 士 後 期 課 程 修 士 課 程 老 年 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 博 士 後 期 課 程 大 学 アト ミニストレーション 研 究 科 修 士 課 程 大 学 アト ミニストレーション 研 究 科 修 士 課 程 ( 通 信 教 育 課 程 ) 経 営 学 研 究 科 修 士 課 程 言 語 教 育 研 究 科 修 士 課 程 心 理 学 研 究 科 修 士 課 程 6

8 5. 長 期 ビジョン 及 び 中 期 目 標 の 策 定 (1) 長 期 ビジョン の 策 定 本 学 園 はキリスト 教 の 精 神 を 礎 として 立 つ 学 園 であり 教 育 研 究 において 誠 実 に 真 理 を 求 め 愛 を もって 隣 人 に 仕 えることのできる 人 材 を 世 に 送 り 出 すことを 使 命 としている 常 に 神 と 人 とに 奉 仕 す る 精 神 をもって 自 己 を 高 め 自 己 の 責 任 を 果 たし グローバル 社 会 に 豊 かな 教 養 をもって 柔 軟 に 対 応 で きる 国 際 的 人 材 を 育 成 する 教 育 を より 強 固 なものとして 確 立 していかなければならない この 使 命 を 果 たすため また ミッション ステートメント をさらに 具 体 的 な 形 で 発 展 させるため 2021 年 の 学 園 創 立 100 周 年 に 向 けて 長 期 ビジョン を 次 のように 設 定 した 1 2 自 己 を 高 め 自 己 の 責 任 を 果 たしうる 人 材 を 育 成 する この 学 園 に 学 ぶ 者 が 学 而 事 人 の 精 神 のもとに 自 らが 持 てるものの5% 程 度 を 社 会 貢 献 に 捧 げる 人 となるような 教 育 を 行 う 更 に 彼 等 が 常 により 高 いレベルを 目 指 すように 導 き 半 数 程 度 はいずれかの 時 点 で 大 学 院 への 進 学 を 志 向 する 教 育 を 実 践 する 豊 かな 教 養 をもった 国 際 的 人 材 を 育 成 する 1 国 際 的 に 認 知 されるカリキュラム 編 成 と その 実 行 を 可 能 にする 教 育 力 および 運 営 システム を 整 備 し 学 生 教 員 のモビリティーにおいてわが 国 でトップの 学 園 を 目 指 す 2 学 生 の25% 程 度 がインターナショナル ステューデントとなり 様 々な 国 の 学 生 が 共 に 学 び 交 わることで 自 ずと 国 際 性 が 身 につくキャンパス 環 境 を 整 える 3 国 際 的 な 分 野 の 仕 事 に 就 くなら 桜 美 林 という 広 い 認 知 を 得 られる 国 際 性 のブランドを 構 築 する 4 国 際 人 のロールモデルとなり 得 る 人 材 を 丁 寧 に 育 てるための 一 貫 教 育 システムを 備 える 7

9 5. 長 期 ビジョン 及 び 中 期 目 標 の 策 定 (2) 学 園 の 中 期 目 標 の 策 定 長 期 ビジョン 実 現 のための 基 盤 固 めの 期 間 として 2010 年 度 から2014 年 度 までの5 年 間 の 中 期 目 標 を 策 定 した 2014 年 度 末 時 点 で 長 期 ビジョン 実 現 に 必 要 なブランド 人 材 施 設 設 備 システ ム 組 織 体 制 並 びに 財 政 基 盤 が 整 った 状 態 とする 具 体 的 には 以 下 に 掲 げる12の 課 題 を CORNERSTONE( 礎 石 ) として 定 め 磐 石 な 経 営 の 基 盤 を 作 っていくこととした 12の CORNERSTONE( 礎 石 ) と アクションプラン 1キリスト 教 精 神 の 浸 透 キリスト 教 理 解 の 深 化 外 部 キリスト 教 組 織 との 連 携 宗 務 組 織 の 充 実 2 教 育 研 究 活 動 の 充 実 知 識 に 偏 らない 教 育 の 基 盤 構 築 より 効 果 的 な 教 育 方 法 の 開 発 教 育 研 究 力 の 強 化 一 貫 教 育 の 研 究 3 高 度 に 国 際 化 された 教 育 システムの 確 立 外 国 語 教 育 の 強 化 英 語 による 学 位 取 得 コースの 開 設 留 学 生 受 け 入 れプ ログラムの 充 実 留 学 生 派 遣 プログラムの 充 実 留 学 生 との 交 流 4 地 域 貢 献 力 の 強 化 地 域 発 展 の 支 援 公 開 講 座 の 充 実 学 生 生 徒 のボランティア 活 動 支 援 5 学 生 生 徒 支 援 体 制 の 充 実 健 康 管 理 体 制 の 充 実 奨 学 金 制 度 の 整 備 スポーツ 支 援 体 制 の 構 築 キャ リア 開 発 支 援 の 強 化 6ブランドの 構 築 ブランドイメージの 再 確 認 広 報 機 能 の 強 化 同 窓 会 後 援 会 との 連 携 強 化 7 本 学 園 が 望 む 学 生 を 確 保 する 仕 組 独 自 の 募 集 選 抜 方 式 の 開 発 指 定 校 の 拡 充 と 効 果 的 アプローチの 実 施 連 携 校 関 係 の 構 築 募 集 広 報 方 式 の 改 革 8アカウンタビリティの 確 保 点 検 評 価 の 実 施 コンプライアンス 管 理 の 徹 底 改 革 改 善 を 図 る 体 制 の 構 築 9 組 織 機 構 と 人 事 管 理 の 改 革 学 園 全 体 の 組 織 機 構 の 確 立 教 職 員 研 修 の 積 極 的 実 施 教 職 員 がやりがい をもって 働 ける 環 境 の 整 備 教 職 員 人 事 制 度 の 抜 本 的 見 直 し 業 務 の 合 理 化 効 率 化 の 推 進 人 員 計 画 の 確 立 危 機 管 理 体 制 の 点 検 10 健 全 な 財 務 の 構 築 と 維 持 帰 属 収 支 差 額 の 確 保 借 入 金 総 額 の 制 限 基 本 金 の 充 実 学 納 金 補 助 金 以 外 の 収 入 の 充 実 中 期 目 標 に 沿 った 予 算 編 成 11 質 量 両 面 でのキャンパス 高 度 化 安 全 安 心 の 確 保 建 設 中 案 件 の 完 成 キャンパス 中 長 期 整 備 計 画 の 完 成 と 実 行 エコ キャンパスの 実 現 12 情 報 システムの 高 度 化 情 報 システムの 安 定 稼 働 継 続 IT 利 用 能 力 の 向 上 外 部 IT 利 用 者 支 援 学 内 業 務 プロセスの 革 新 経 営 情 報 の 提 供 長 期 ビジョン 中 期 目 標 は 冊 子 にして 教 職 員 新 入 生 保 護 者 等 のステークホルダーに 配 付 している また 本 学 Webサイトにも 掲 載 して 社 会 に 周 知 している さらに 英 語 版 も 作 成 し 海 外 提 携 校 や 提 携 等 を 目 指 す 海 外 教 育 機 関 等 へ 配 付 し 国 際 化 推 進 の 一 助 となるツールの 一 つとしても 活 用 している 8

10 6. 中 期 目 標 遂 行 の 流 れ 1 中 期 目 標 の 策 定 : 理 事 会 大 学 をはじめ 各 設 置 校 の 部 門 長 等 の 意 見 を 基 に 理 事 会 が 策 定 2 各 年 度 実 施 計 画 : 各 教 育 組 織 事 務 組 織 等 実 施 計 画 の 方 向 性 について 各 会 議 体 ( 教 授 会 事 務 部 門 長 会 議 教 学 部 門 長 会 議 学 長 室 会 議 大 学 運 営 会 議 等 )で 協 議 上 記 会 議 体 を 通 し 大 学 として 具 体 的 な 実 施 計 画 の 遂 行 可 能 な 体 制 整 備 実 施 計 画 は 教 育 組 織 事 務 組 織 ごとに 策 定 各 会 議 体 で 協 議 の 上 経 営 企 画 室 において 取 りまとめ 取 りまとめた 実 施 計 画 案 を 各 教 育 組 織 事 務 組 織 へフィードバック フィードバックされた 実 施 計 画 案 の 関 連 事 項 について 担 当 組 織 間 による 相 互 調 整 等 調 整 後 再 度 事 務 部 門 長 会 議 大 学 運 営 会 議 で 検 討 常 務 理 事 会 理 事 会 に 上 程 年 度 計 画 として 承 認 を 得 た 上 で 実 施 3モニタリング: 経 営 企 画 室 曖 昧 な 実 施 計 画 達 成 目 標 得 られる 効 果 は 可 能 な 限 り 数 値 化 定 量 化 計 画 等 に 対 するアドバイジングや 進 捗 状 況 のモニタリングの 随 時 実 施 モニタリングの 一 環 として 中 間 報 告 会 を 実 施 各 組 織 等 において 進 捗 する 中 で 見 えてきた 課 題 等 について 教 職 員 が 共 有 し 相 互 協 力 を 行 う 場 としても 機 能 中 間 報 告 会 への 外 部 有 識 者 の 招 聘 意 見 の 聴 取 4 成 果 に 対 する 検 証 : 大 学 運 営 会 議 等 各 会 議 体 常 務 理 事 会 理 事 会 年 度 末 に 取 組 結 果 報 告 書 に 取 りまとめ 学 内 外 へ 公 表 各 会 議 体 において 報 告 に 対 する 検 証 等 の 実 施 9

11 7. 中 期 目 標 実 施 による 大 学 としての 取 組 と 成 果 (1) 目 標 の 公 表 と 周 知 年 間 事 業 計 画 予 算 計 画 が 中 期 目 標 を 意 識 して 策 定 されるようになった 数 値 化 できるものは 数 値 化 し 定 性 的 なものは 何 をどう 変 えるのか を 求 めることにより 構 成 員 にとって 達 成 目 標 が 明 らかになった 年 度 計 画 は 大 学 Webサイト 等 で 公 表 と 周 知 を 図 った (2) 学 長 のリーダーシップ 各 教 育 研 究 組 織 で 作 成 された 事 業 計 画 案 及 び 予 算 案 を 大 学 運 営 の 責 任 者 として 査 定 スクラップ& ビルド を 基 本 として 事 業 の 優 先 度 効 果 を 勘 案 した 適 切 な 予 算 配 分 ができるようになった 各 教 育 研 究 組 織 とのコミュニケーションの 深 まりは リーダーシップを 発 揮 する 場 を 増 やすとともに ボトムアップの 機 会 ともなっている (3) 横 断 的 取 組 の 促 進 課 題 を 共 有 することにより 組 織 を 縦 割 りから 横 断 的 に 運 営 する 必 要 性 が 生 じた これにより 類 似 業 務 の 整 理 統 合 二 重 業 務 の 廃 止 さらには 予 算 削 減 が 可 能 となった (4) 中 期 目 標 と 連 動 した 予 算 編 成 義 務 的 経 費 である 経 常 予 算 と 重 点 的 配 分 経 費 である 特 別 予 算 に 分 けて 計 上 し 事 業 の 目 的 を 明 確 化 するとともに 予 算 額 の 削 減 や 適 切 な 配 分 を 行 えるようになった (5) 教 育 研 究 活 動 の 充 実 ( 国 際 化 した 教 育 システム) 学 群 制 度 の 完 成 (2010 年 度 ) 科 目 ナンバリングの 導 入 (2013 年 度 から) eラーニングによる リメディアル 学 習 プラス 学 習 の 導 入 (2010 年 度 から) リメディアル 学 習 2010 年 度 : 延 べ1,841 人 2011 年 度 : 延 べ11,051 人 プラス 学 習 2010 年 度 : 受 講 対 象 者 79 人 中 受 講 者 52 人 ( 受 講 率 66%) 2011 年 度 : 受 講 対 象 者 2,361 人 中 受 講 者 1,971 人 ( 受 講 率 83%) ビジネスマネジメント 学 群 生 のglobal outreachプログラム( 準 必 修 化 による 海 外 留 学 制 度 )の 導 入 (2013 年 度 から) 10

12 7. 中 期 目 標 実 施 による 大 学 としての 取 組 と 成 果 (6) 学 生 支 援 の 充 実 キャリアアドバイザー 制 度 の 導 入 と 内 定 率 の 向 上 内 定 率 2010 年 度 :90.6% 2011 年 度 :91.0% 学 生 捕 捉 率 2010 年 度 :99.2% 2011 年 度 :99.4% 延 べ 求 人 件 数 2010 年 度 :6,568 社 2011 年 度 :7,412 社 障 がいを 持 つ 学 生 の 支 援 強 化 修 学 支 援 検 討 委 員 会 の 設 置 (2012 年 から) 校 内 設 備 のさらなるバリアフリー 化 ( 従 前 より) スポーツ 推 進 センターの 設 置 と 強 化 クラブの 指 定 (2012 年 度 から) (7) 学 生 確 保 新 たな 入 学 者 選 抜 方 式 の 導 入 (2012 年 度 から) 組 織 横 断 的 な 職 員 体 制 による 入 試 キャラバン 隊 の 結 成 (2011 年 度 から) (8) 組 織 管 理 機 構 大 学 事 務 部 門 の 機 能 化 16 部 16 課 14センター6 課 (2012 年 度 から) 組 織 横 断 的 な 職 員 体 制 による プロジェクト 型 業 務 の 取 組 事 務 効 率 化 プロジェクト( 総 務 部 門 経 理 部 門 同 窓 会 後 援 会 部 門 ) 危 機 管 理 プロジェク ト 等 (2012 年 度 から) (9) 社 会 的 評 価 2012 年 度 に 受 審 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 において eラーニングによる 支 援 教 材 や 障 がい 者 支 援 等 の 取 組 が 優 れた 点 との 評 価 を 受 けた 11

13 8. 今 後 の 取 組 の 展 開 及 び 次 期 中 期 目 標 策 定 への 課 題 今 後 の 取 組 の 展 開 中 間 報 告 会 のみならず 取 組 結 果 報 告 書 についても 外 部 有 識 者 の 評 価 を 得 る 中 期 目 標 策 定 までのプロセス 目 標 達 成 に 向 けた 取 組 外 部 有 識 者 の 評 価 により 新 たに 捕 捉 した 要 改 善 点 や 達 成 度 の 検 証 等 の 実 施 第 二 次 中 期 目 標 の 原 案 検 討 への 着 手 次 期 中 期 目 標 策 定 への 課 題 1. 効 果 的 戦 略 的 なPDCAサイクルの 確 立 各 部 門 の 事 業 計 画 の 点 検 評 価 の 精 査 ブラッシュアップ 大 学 改 革 の 推 進 力 のさらなる 強 化 となる 第 二 次 中 期 目 標 の 作 成 2. 教 育 研 究 の 質 向 上 に 向 けた 新 たな 取 組 中 期 目 標 を 確 実 に 遂 行 することによるブランディング あらゆる 大 学 活 動 の 充 実 と 情 報 発 信 3. 目 標 達 成 に 向 けた 方 向 性 (ベクトル)の 一 致 価 値 観 の 共 有 改 革 への 意 欲 を 実 現 する 仕 組 ( 横 断 的 融 合 された 組 織 )づくり 理 事 会 と 教 職 員 のさらなる 一 体 化 4. 磐 石 な 経 営 基 盤 の 確 立 永 続 的 な 大 学 を 目 指 した 財 務 基 盤 の 確 立 12

14 年 度 の 学 園 創 立 100 周 年 に 向 けて 建 学 の 精 神 ミ ッ シ ョ ン ス テ ー ト メ ン ト 長 期 ビ ジ ョ ン 常 務 理 事 会 中 理 事 会 期 目 標 年 度 計 画 2 月 ~ 3 月 報 告 アクションプラン 12のCORNERSTONE 大 学 の 年 度 計 画 のPDCA 学 長 のリーダーシップ 3 月 計 画 各 組 織 原 案 作 成 事 務 局 取 り 纏 め 大 学 運 営 会 議 各 組 織 結 果 報 告 事 務 局 取 り 纏 め 大 学 運 営 会 議 P A D 各 組 織 申 請 各 組 織 ヒアリング 大 学 運 営 会 議 11 月 ~2 月 予 算 C 4 月 ~ 実 行 各 組 織 計 画 実 行 通 年 事 務 局 モニタリング 通 年 組 織 間 情 報 共 有 外 部 有 識 者 招 聘 組 織 間 相 互 調 整 中 間 報 告 会 9 月 効 果 的 戦 略 的 な PDCAサイクル の 確 立 質 向 上 に 向 けた 新 たな 取 組 目 標 達 成 に 向 けた ベクトルの 一 致 磐 石 な 経 営 基 盤 の 確 立 次 期 中 期 目 標 策 定 長 期 ビ ジ ョ ン 達 成 理 事 会 による 戦 略 的 意 思 決 定 13

学校法人 桜美林学園

学校法人 桜美林学園 2016 年 度 事 業 計 画 書 学 校 法 人 桜 美 林 学 園 J. F. Oberlin University and Affiliated Schools 2016 年 度 事 業 計 画 策 定 にあたって 学 校 法 人 桜 美 林 学 園 理 事 長 佐 藤 東 洋 士 現 在 文 部 科 学 省 中 央 教 育 審 議 会 では 戦 後 70 年 のわが 国 の 教 育 制 度

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている 昨 今 教 育 にお いても 例 外 ではなく

Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている 昨 今 教 育 にお いても 例 外 ではなく 2014( 平 成 26) 年 度 事 業 計 画 学 校 法 人 千 葉 学 園 千 葉 商 科 大 学 千 葉 商 科 大 学 付 属 高 等 学 校 Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D315F8F5A96AF8E8B935F82CC8D7390AD8354815B8372835892F18B9F82C98CFC82AF82BD8BC696B195AA90CD8EE896408169836D815B836793FC816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D315F8F5A96AF8E8B935F82CC8D7390AD8354815B8372835892F18B9F82C98CFC82AF82BD8BC696B195AA90CD8EE896408169836D815B836793FC816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 科 目 番 号 : 4-1 授 業 名 称 : シ ラ バ ス 概 要 自 治 体 EAを 中 心 として 業 務 分 析 の 手 法 について 解 説 するとともに 実 際 のEAに 向 けた 初 歩 的 な 作 業 を 通 じて 業 務 分 析 に 係 る 理 解 を 深 める 学 習 目 標 1 自 治 体 EAに 基 づく 業 務 分 析 について 概 要 を 理 解 する (ア)EAの 考

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

Microsoft Word - 160624 平成27事業年度に係る業務の実績及び第2期中期目標期間に係る業務の実績に関する報告書

Microsoft Word - 160624 平成27事業年度に係る業務の実績及び第2期中期目標期間に係る業務の実績に関する報告書 大 番 号 72 平 成 27 事 業 年 度 に 係 る 業 務 の 実 績 及 び 第 2 期 期 目 標 期 間 に 係 る 業 務 の 実 績 に 関 する 報 告 書 平 成 2 8 年 6 月 目 次 大 の 概 要 1 Ⅱ 大 の 研 究 等 の 質 の 向 上 全 体 的 な 状 況 6 項 目 別 の 状 況 18 (3)その 他 の 目 標 5 校 に 関 する 目 標 66 研

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

03 県立高等学校研究指定校一覧28

03 県立高等学校研究指定校一覧28 平 成 28 立 高 等 学 校 研 究 校 一 覧 1 学 校 名 1 千 葉 立 千 葉 女 子 高 等 学 校 24-28 お 兄 さん,お 姉 さん 28 2 千 葉 立 千 葉 東 高 等 学 校 27-28 グローバル 人 材 プロ 28 3 千 葉 立 千 葉 商 業 高 等 学 校 28 4 27-29 スーパー プロ フェッショナル ハ イスクール 5 千 葉 立 千 葉 南 高

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 JVCケンウッド 代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 河 原 春 郎 (コード 番 号 6632 東 証 第 一 部 ) コーポレート コミュニケーション 部 長 西 下 進 一 朗 (TEL 045-444-5232) JVCケンウッド コーポレートガバナンス 方 針 制 定 に 関 するお

More information

目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2

目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2 東 北 大 学 ( 配 布 説 明 資 料 ) 教 育 再 生 実 行 会 議 委 員 視 察 H25.8.1 目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2 東 北 大 学 の 概 要

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378> 平 成 4 年 度 自 己 点 検 評 価 大 学 名 研 究 科 専 攻 名 入 学 定 員 徳 島 大 学 大 学 院 薬 科 学 教 育 部 薬 学 専 攻 4 名 理 念 とミッション 教 育 研 究 上 の 理 念 4 年 制 大 学 院 では 医 薬 品 をどう 使 い, 及 びどの 点 を 改 良 することで, 薬 を 通 じた 医 療 の 質 の 向 上 に 寄 与 し 国 民 の

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦!

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦! ここ 数 年 の 全 国 学 力 テストにおいて 大 阪 府 ほど 注 目 を 集 めたところもありません 全 国 平 均 を 下 回 る 結 果 に 橋 下 徹 知 事 は 憤 りをあらわ にし その 後 も 教 育 に 関 する 知 事 の 言 動 が 多 くのマスコミに 取 り 上 げられてきました そのような 中 実 際 の 教 育 現 場 では 喫 緊 の 課 題 である 学 力 向 上

More information

日本育英会

日本育英会 2016 年 度 奨 学 金 ガイドブック 目 次 学 内 奨 学 金 P. 1 ( 上 野 奨 学 金 富 士 通 育 英 基 金 奨 学 金 立 石 信 雄 外 国 人 留 学 生 奨 学 金 奨 学 留 学 制 度 後 援 会 奨 学 金 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 P. 4 地 方 公 共 団 体 民 間 団 体 等 の 奨 学 金 P. 7 掲 示 連 絡 について 学

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

環境保全活動と組織マネジメント

環境保全活動と組織マネジメント 環 境 保 全 活 動 と 組 織 マネジメント Environmental Preservation Activity and Organizational Management 拓 殖 大 学 Takushoku University 角 田 光 弘 KAKUTA Mitsuhiro 1. は じ め に 地 球 環 境 保 全 に 対 す る 企 業 や 消 費 者 の 関 心 が か つ て

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc)

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc) 高 野 山 大 学 沿 革 史 高 野 山 大 学 は 初 め 古 義 大 学 林 と 称 し 明 治 19 年 ( 西 暦 1886)5 月 1 日 開 講 した これよりさき 明 治 の 初 期 有 志 相 謀 って 紀 州 高 野 山 京 都 智 積 院 大 和 長 谷 寺 の 三 山 に 学 林 を 設 置 して 学 徒 を 教 養 したがこれ 等 は 何 れも 学 生 少 なく その 制

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

2. 英 語 教 育 の 必 要 2.1 企 業 における 英 語 力 の 必 要 66

2. 英 語 教 育 の 必 要 2.1 企 業 における 英 語 力 の 必 要 66 1.はじめに 65 2. 英 語 教 育 の 必 要 2.1 企 業 における 英 語 力 の 必 要 66 図 1 新 卒 社 員 選 考 にあたっての 重 視 点 ( 日 本 経 団 連 アンケート) 2 選 考 にあたっての 重 視 点 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 81.7% コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 53.7% 53.0%

More information

Ⅰ.はじめに 学 校 法 人 法 政 大 学 は,2014 年 度 から, 総 長 を 委 員 長 とする HOSEI2030 策 定 委 員 会 により, 創 立 150 周 年 を 迎 える 2030 年 を 展 望 した 長 期 ビジョン HOSEI2030 の 策 定 に 取 り 組 んでき

Ⅰ.はじめに 学 校 法 人 法 政 大 学 は,2014 年 度 から, 総 長 を 委 員 長 とする HOSEI2030 策 定 委 員 会 により, 創 立 150 周 年 を 迎 える 2030 年 を 展 望 した 長 期 ビジョン HOSEI2030 の 策 定 に 取 り 組 んでき 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 書 学 校 法 人 法 政 大 学 Ⅰ.はじめに 学 校 法 人 法 政 大 学 は,2014 年 度 から, 総 長 を 委 員 長 とする HOSEI2030 策 定 委 員 会 により, 創 立 150 周 年 を 迎 える 2030 年 を 展 望 した 長 期 ビジョン HOSEI2030 の 策 定 に 取 り 組 んできました

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

スライド 1

スライド 1 産 業 界 の 求 めるグローバル 人 材 と 大 学 秋 季 入 学 実 施 についての 考 え 方 2012 年 8 月 30 日 岩 波 利 光 ( 一 社 ) 経 団 連 教 育 問 題 委 員 会 企 画 部 会 長 日 本 電 気 株 式 会 社 特 別 顧 問 経 団 連 教 育 問 題 委 員 会 について 委 員 長 川 村 隆 日 立 製 作 所 会 長 企 画 部 会 長 岩

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Suruga Bank Ltd. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 10 日 スルガ 銀 行 株 式 会 社 取 締 役 社 長 岡 野 光 喜 問 合 せ 先 : 経 営 企 画 企 画 03-3279-5535 証 券 コード:8358 http://www.surugabank.co.jp/surugabank/index.html

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63>

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63> 神 戸 市 08.05.21 はじめに 神 戸 市 では, 様 々な 組 織 マネジメントや 人 材 育 成 を 図 ってきたが, 職 員 は, 厳 しい 財 政 状 況 をはじ め 他 の 様 々な 要 因 により 硬 直 感 閉 塞 感 を 抱 いており, 職 員 相 互 の 議 論 や 組 織 内 の 連 携 も 希 薄 であ ると 感 じていることが 伺 われる( H15 行 財 政 改 善

More information

平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel Fax URL

平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel Fax URL 教 室 配 置 図 4 年 3 年 2 年 1 年 6 年 5 年 特 支 体 育 館 平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 720-1602 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel 0847-85-2800 Fax 0847-85-2814 URL http://www.jinsekigun.jp/school/kurumisho/ E-mail

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

目 次 取 り 組 み 項 目 ごと 実 績 とそ 3~8ヘ ーシ 額 効 果 額 に 関 するまとめ 9 10ヘ ーシ 参 考 資 料 取 り 組 み 項 目 別 各 年 度 スケジュールと 取 り 組 み 状 況 詳 細 11~31ヘ ーシ 基 本 項 目 取 り 組 み 番 号 取 り 組 み

目 次 取 り 組 み 項 目 ごと 実 績 とそ 3~8ヘ ーシ 額 効 果 額 に 関 するまとめ 9 10ヘ ーシ 参 考 資 料 取 り 組 み 項 目 別 各 年 度 スケジュールと 取 り 組 み 状 況 詳 細 11~31ヘ ーシ 基 本 項 目 取 り 組 み 番 号 取 り 組 み 目 次 取 り 組 み 項 目 ごと 実 績 とそ 3~8ヘ ーシ 額 効 果 額 に 関 するまとめ 9 10ヘ ーシ 参 考 資 料 取 り 組 み 項 目 別 各 年 度 スケジュールと 取 り 組 み 状 況 詳 細 11~31ヘ ーシ 基 本 項 目 取 り 組 み 番 号 取 り 組 み 項 目 ( ごと1~) 1 簡 素 で 効 率 的 な 行 財 政 運 営 推 進 1 事 務 事

More information

別 紙 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 < 前 文 > フィデューシャリー デューティーは 信 託 の 根 幹 をなす 基 本 概 念 であり 私 どもは 大 正 13 年 の 創 立 以 来 その 概 念 を 信 義 誠 実 奉 仕

別 紙 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 < 前 文 > フィデューシャリー デューティーは 信 託 の 根 幹 をなす 基 本 概 念 であり 私 どもは 大 正 13 年 の 創 立 以 来 その 概 念 を 信 義 誠 実 奉 仕 各 位 平 成 28 年 9 月 30 日 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 について 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 ( 取 締 役 社 長 : 北 村 邦 太 郎 )は お 客 さま 本 位 の 取 組 方 針 として 三 井 住 友 トラスト

More information

コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Mitsubishi Research Institute, Inc. 最 終 更 新 日 :2015 : 年 8 月 19 日 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 代 表 取 締 役 社 長 大 森 京 太 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 長 芝

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

目 指 すべき 方 向 性 と 取 組 事 業 重 点 取 組 1: 次 代 を 担 うグローバル 材 の 育 成 目 標 1 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 1 英 語 力 の 向 上 グローバルに 活 躍 するための 基 礎 となる 英 語 力 を 身 に 付 けさせるため

目 指 すべき 方 向 性 と 取 組 事 業 重 点 取 組 1: 次 代 を 担 うグローバル 材 の 育 成 目 標 1 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 1 英 語 力 の 向 上 グローバルに 活 躍 するための 基 礎 となる 英 語 力 を 身 に 付 けさせるため 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 施 策 の 方 針 多 様 な 文 化 価 値 観 への 理 解 を 深 め 世 界 的 視 野 や 問 題 解 決 能 力 等 を 養 い 国 際 共 通 語 である 英 語 の 力 を 強 化 することで 国 際 社 会 で 活 躍 できる 人 材 を 育 成 します 特 色 ある 高 校 づくりを 推 進 し 市 立 高 校 への 市 民

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 2016 年 4 月 13 日 イ オ ン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 制 定 について イオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )は 当 社 の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 並 びに 企 業 統 治 システムに 関 する 方 針 を 示 した コーポレートガバナンス 基 本 方 針 ( 以 下 当 方 針 )を 制 定 しました

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

新国立競技場整備の財源確保に向けて

新国立競技場整備の財源確保に向けて 新 国 立 競 技 場 整 備 の 財 源 確 保 に 向 けて 独 立 行 政 法 人 日 本 スポーツ 振 興 センター 法 及 びスポーツ 振 興 投 票 の 実 施 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 成 立 文 教 科 学 委 員 会 調 査 室 渡 辺 直 哉 1.はじめに 第 190 回 国 会 ( 常 会 )に 提 出 された 独 立 行 政 法 人

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

H27_概要.indb

H27_概要.indb 人 材 組 織 マネジメントと 財 政 マネジメント 名 及 び そ の 内 容 1 マネジメント の 全 面 的 な 展 開 新 奈 良 県 地 方 創 生 推 進 新 たな 段 階 の 行 政 経 営 を 考 える 有 識 者 懇 談 会 職 員 発 政 策 提 案 新 新 たなパーソネル マネジメント 研 究 事 ふるさと 知 事 ネット ワーク 職 員 の 相 互 派 遣 による 交 流 多

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

(Microsoft Word - H26\212w\215Z\217\356\225\361\222\361\213\237.docx)

(Microsoft Word - H26\212w\215Z\217\356\225\361\222\361\213\237.docx) 平 成 26 年 度 新 潟 公 務 員 法 律 専 門 学 校 情 報 提 供 1. 学 校 の 概 要 目 標 及 び 計 画 (1) 学 校 の 概 要 学 校 名 新 潟 公 務 員 法 律 専 門 学 校 学 校 長 名 時 田 一 久 設 置 者 学 校 法 人 新 潟 総 合 学 院 代 表 者 名 池 田 祥 護 所 在 地 950-0901 新 潟 県 新 潟 市 中 央 区 弁

More information

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為 発 先 局庶課 06-699-78 ホムペ http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/menu.html 28 ば 東久統 304完 セミ楽 2 ペ 件 7 ペ 覧 8 ペ ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6>

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6> 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅱ 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅰ 章 学 校 評 価 意 義 と 概 要 で 述 べたように, 学 校 評 価 は, 学 校 経 営 運 営 ビジョン を 策 定 することにより, 学 校 組 織 的 な 実 践 と 改 善 営 みをうながします しかし, 実 際 学 校 組 織 において, 目 標 を 定 め, 実 践 し, 振 り 返 り, 改 善

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3>

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3> 資 料 3 質 の 高 い 教 育 環 境 に 向 けて 平 成 24 年 6 月 2012/6/22 ( 株 ) 大 和 総 研 産 学 連 携 室 副 部 長 : 宇 野 健 司 論 点 論 点 1 戦 略 重 点 校 の 活 性 化 ~ 教 育 リソースの 集 中 配 分 短 期 グローバル 化, 理 数 系 人 材 育 成, 学 力 向 上 対 策 については, 従 前 より 全 校 展

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

2. 研 修 体 系 (1) 段 階 的 にスキルアップを 図 る 研 修 指 す 支 援 者 像 に 向 けて 三 つの 段 階 を 設 定 障 害 者 ケアマネジメントの 基 本 的 な 理 念 や 概 念 を 理 解 するこ と 障 害 者 本 人 のニーズを 的 確 に 把 握 するためのア

2. 研 修 体 系 (1) 段 階 的 にスキルアップを 図 る 研 修 指 す 支 援 者 像 に 向 けて 三 つの 段 階 を 設 定 障 害 者 ケアマネジメントの 基 本 的 な 理 念 や 概 念 を 理 解 するこ と 障 害 者 本 人 のニーズを 的 確 に 把 握 するためのア 平 成 25 年 度 第 2 回 仙 台 市 自 立 支 援 協 議 会 平 成 26 年 3 月 13 日 資 料 7 仙 台 市 障 害 者 ケアマネジメント 従 事 者 養 成 研 修 体 系 ( 案 ) 1. 仙 台 市 障 害 者 ケアマネジメント 従 事 者 養 成 研 修 が 指 すもの (1) 指 す 支 援 者 像 本 市 では ケアマネジメントを 実 践 する 人 材 の 質 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

平成21年 9月 3日

平成21年 9月 3日 平 成 25 年 第 3 回 浜 松 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 及 び 浜 松 市 答 弁 質 問 者 市 民 クラブ 袴 田 修 司 質 問 答 弁 1 世 界 都 市 浜 松 を 実 現 させるた めのひとづくりについて 本 市 の 小 中 学 校 教 育 における 英 語 教 育 などの 語 学 学 習 多 文 化 共 生 など 国 際 化 に 対 応 する 学 習 のこれまでの

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336,

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336, 2015 年 9 月 18 日 株 式 会 社 パートナーエージェント 代 表 取 締 役 社 長 佐 藤 茂 問 合 せ 先 : 03-5759-2700 URL : http://www.p-a.jp/ 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378>

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378> 16-101 ( サ ブ ) 新 任 管 理 者 研 修 Ⅰ ~マネジメントの 基 礎 がよくわかる 入 門 座 ~ 企 業 が 活 力 を 高 めていくためには 組 織 の 中 核 となる 管 理 者 がメンバーのやる 気 や 柔 軟 なアイディアを 引 き 出 し 効 果 的 にPDCAを 回 していくことが 求 められます 本 研 修 では 管 理 者 に 求 められる 役 割 とマネジメントについて

More information