健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算"

Transcription

1 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度

2 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって 届 出 いただき 厚 生 労 働 大 臣 は この 届 出 内 容 に 基 づき 毎 年 1 回 標 準 を 決 定 します これを 定 時 決 定 といいます 算 定 基 礎 届 により 決 定 された 標 準 は 原 則 1 年 間 (9 月 から 翌 年 8 月 まで) の 各 月 に 適 用 され 納 めていただく 保 険 料 の 計 算 や 将 来 受 け 取 る 年 金 額 等 の 計 算 の 基 礎 と なります 目 次 1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について 1 ⑴ 提 出 期 間 等 ⑵ 定 時 決 定 時 調 査 の 実 施 ⑶ ご 提 出 いただくもの ⑷ 提 出 の 対 象 となる 被 保 険 者 の 範 囲 ⑸ 8 月 改 定 または9 月 改 定 の 月 額 変 更 に 該 当 する 場 合 ⑹ 70 歳 以 上 の 方 の 届 出 ⑺ 二 以 上 の 事 業 所 に 勤 務 する 方 の 届 出 ⑻ 被 保 険 者 本 人 への 通 知 2. 報 酬 とは 3 ⑴ 報 酬 とは ⑵ 現 物 給 与 の 取 扱 い 3. 標 準 の 算 出 方 法 及 び 算 定 基 礎 届 の 記 載 方 法 3 ⑴ 支 払 基 礎 日 数 ⑵ ケースごとの 標 準 の 算 出 方 法 と 算 定 基 礎 届 の 記 載 方 法 (ケース1) 一 般 的 な 例 (ケース2) 支 払 基 礎 日 数 に17 日 未 満 の 月 があるとき (ケース3) 短 時 間 就 労 者 (パートタイマー)の 記 入 例 (ケース4) 給 与 の 支 払 対 象 となる 期 間 の 途 中 から 入 社 したとき (ケース5) 賞 与 などが 年 4 回 以 上 支 給 されたとき (ケース6) 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 が 支 給 されているとき (ケース7) 一 般 的 な 方 法 では 算 定 できないとき (ケース8) 一 般 的 な 方 法 で 算 定 すると 著 しく 不 当 になるとき 4. 随 時 改 定 と 月 額 変 更 届 15 大 切 なお 知 らせ 16 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 現 物 給 与 の 価 額

3 1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 轄 の 年 金 事 務 所 ⑵ 定 時 決 定 時 調 査 の 実 施 年 金 事 務 所 では 毎 年 一 部 の 事 業 所 を 対 象 に 面 談 等 による 定 時 決 定 時 調 査 を 実 施 しています 調 査 の 実 施 にあたりましては 対 象 となる 事 業 所 に 対 し 事 前 に 通 知 させていただきますので ご 協 力 をお 願 いいたします ⑶ ご 提 出 いただくもの 1 届 出 紙 で 提 出 する 場 合 1 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 ( 算 定 基 礎 届 ) 2 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 総 括 表 3 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 総 括 表 附 表 ( 雇 用 に 関 する 調 査 票 ) 該 当 する 方 がいる 場 合 は 次 の 届 書 も 必 要 になります 4 70 歳 以 上 被 用 者 算 定 基 礎 月 額 変 更 賞 与 支 払 届 5 被 保 険 者 変 更 届 (7 月 改 定 者 ) 2 電 媒 体 (CD DVD FD MO) で 提 出 する 場 合 1 CD または DVD (FD MOでも 受 付 可 能 ) 2 磁 気 媒 体 届 書 総 括 票 3 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 総 括 表 4 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 総 括 表 附 表 ( 雇 用 に 関 する 調 査 票 ) 該 当 する 方 がいる 場 合 は 次 の 届 書 も 必 要 になります 5 70 歳 以 上 被 用 者 算 定 基 礎 月 額 変 更 賞 与 支 払 届 6 被 保 険 者 変 更 届 (7 月 改 定 者 ) 提 出 する 電 子 媒 体 を 作 成 するためには 日 本 年 金 機 構 ホームページから 届 書 作 成 プログラム をダウンロードする 必 要 があります 2~5は 届 出 用 紙 によりご 提 出 ください 提 出 の 際 CD DVDの 表 面 に 事 業 所 名 提 出 元 ID FD 通 番 を 油 性 のフェルトペン 等 で ご 記 入 ください 電 子 媒 体 を 利 用 した 届 出 について ご 不 明 な 点 がありましたら お 問 い 合 わせの 前 に 日 本 年 金 機 構 ホームページ( 確 認 ください 3 電 申 請 で 提 出 する 場 合 1 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 (CSVファイル 添 付 方 式 ) 2 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 総 括 表 3 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 総 括 表 附 表 ( 雇 用 に 関 する 調 査 票 ) 該 当 する 方 がいる 場 合 は 次 の 届 書 も 必 要 になります 4 70 歳 以 上 被 用 者 算 定 基 礎 月 額 変 更 賞 与 支 払 届 5 被 保 険 者 変 更 届 (7 月 改 定 者 ) 2 3は 算 定 基 礎 届 の 電 子 添 付 書 類 (JPEG 形 式 )として 送 信 することも 可 能 です 4は 電 子 申 請 ができないため 届 出 用 紙 にてご 提 出 ください 電 子 申 請 の 詳 細 については 日 本 年 金 機 構 ホームページのほか 以 下 のホームページをご 覧 くだ さい 電 子 政 府 の 総 合 窓 口 e-gov イーガブ 1 1

4 電 子 申 請 による 届 出 について ご 不 明 な 点 がありましたら お 問 い 合 わせの 前 に 日 本 年 金 機 構 ホームページ( 確 認 ください ⑷ 提 出 の 対 象 となる 被 保 険 者 の 範 囲 定 時 決 定 ( 算 定 基 礎 届 )の 対 象 となるのは 7 月 1 日 現 在 の 全 ての 被 保 険 者 です ただし 以 下 の(1)~(3)のいずれかに 該 当 する 方 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 が 不 要 です (1) 6 月 1 日 以 降 に 資 格 取 得 した 方 (2) 6 月 30 日 以 前 に 退 職 した 方 (3) 7 月 改 定 の 月 額 変 更 届 を 提 出 する 方 届 出 用 紙 で 提 出 する 場 合 は 備 考 欄 に 7 月 月 変 と 記 入 してください 電 子 媒 体 申 請 および 電 子 申 請 の 場 合 は 7 月 改 定 の 対 象 者 を 除 いて 作 成 してください なお 総 括 表 および 総 括 表 附 表 は 本 年 7 月 1 日 現 在 の 被 保 険 者 数 を 確 認 するための 届 ですので 全 ての 被 保 険 者 が(1)~(3)に 該 当 する 場 合 も 必 ずご 提 出 ください ⑸ 8 改 定 または9 改 定 の 額 変 更 に 該 当 する 場 合 算 定 基 礎 届 を 提 出 いただいた 後 に 8 月 改 定 または9 月 改 定 の 月 額 変 更 に 該 当 した 方 については 月 額 変 更 が 優 先 されますので 別 途 月 額 変 更 届 の 提 出 が 必 要 となります ⑹ 70 歳 以 上 の の 届 出 以 下 の(1)~(3)のすべてに 該 当 する 方 は 70 歳 以 上 被 用 者 算 定 基 礎 月 額 変 更 賞 与 支 払 届 も 併 せてご 提 出 ください 健 康 保 険 の 資 格 を 喪 失 した75 歳 以 上 の 方 や 健 康 保 険 組 合 に 加 入 されている 場 合 も 届 出 が 必 要 ですのでご 注 意 ください (1) 昭 和 12 年 4 月 2 日 以 降 生 まれの70 歳 以 上 の 方 (2) 過 去 に 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 がある 方 (3) 事 業 所 に 常 時 使 用 されている 方 ⑺ 以 上 の 事 業 所 に 勤 務 する の 届 出 同 時 に 二 以 上 の 事 業 所 に 勤 務 する 方 の 標 準 は 各 事 業 所 から 受 ける 報 酬 を 合 算 して 決 定 されます また 各 事 業 所 における 保 険 料 は 各 事 業 所 から 受 ける 報 酬 の 割 合 により 按 分 して 計 算 さ れます 二 以 上 の 事 業 所 に 勤 務 する 方 の 算 定 基 礎 届 は 選 択 事 業 所 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 から 各 事 業 所 に 送 付 しますので 送 付 された 算 定 基 礎 届 は 選 択 事 業 所 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 に 提 出 いただくことに になりますのでご 注 意 ください ⑻ 被 保 険 者 本 への 通 知 決 定 された 標 準 の 内 容 については 日 本 年 金 機 構 からの 通 知 の 後 すみやかに 被 保 険 者 本 人 あて 通 知 していただくようお 願 いします 2 2

5 2. 報 酬 とは ⑴ 報 酬 とは 標 準 の 対 象 となる 報 酬 とは 賃 金 給 料 俸 給 手 当 賞 与 などの 名 称 を 問 わず 労 働 者 が 労 働 の 対 償 として 受 ける 全 てのものを 含 みます また 金 銭 ( 通 貨 )に 限 らず 通 勤 定 期 券 食 事 住 宅 など 現 物 で 支 給 されるものも 報 酬 に 含 まれます ただし 臨 時 に 受 けるものや 年 3 回 以 下 支 給 の 賞 与 ( 年 3 回 以 下 支 給 されるものは 標 準 賞 与 額 の 対 象 となります )などは 報 酬 に 含 みません 報 酬 となるもの 報 酬 と ならないもの 金 銭 ( 通 貨 )で 支 給 されるもの 現 物 で 支 給 されるもの 基 本 給 ( 月 給 週 給 日 給 など) 能 率 給 奨 励 給 役 付 手 当 職 階 手 当 特 別 勤 務 手 当 勤 務 地 手 当 通 勤 定 期 券 回 数 券 食 事 食 券 社 宅 物 価 手 当 日 直 手 当 宿 直 手 当 家 族 手 当 扶 養 手 当 寮 被 服 ( 勤 務 服 でないもの) 自 社 製 品 休 職 手 当 通 勤 手 当 住 宅 手 当 別 居 手 当 早 出 残 業 手 当 継 続 支 給 する 見 舞 金 年 4 回 以 上 の 賞 与 など など 大 入 袋 見 舞 金 解 雇 予 告 手 当 退 職 手 当 出 張 旅 費 制 服 作 業 着 ( 業 務 に 要 するもの) 交 際 費 慶 弔 費 傷 病 手 当 金 労 災 保 険 の 休 業 補 償 見 舞 品 食 事 ( 本 人 の 負 担 額 が 厚 生 労 給 付 年 3 回 以 下 の 賞 与 ( 標 準 賞 与 額 の 対 象 になり 働 大 臣 が 定 める 価 額 により 算 定 した 額 の ます ) など 2/3 以 上 の 場 合 ) など ⑵ 現 物 給 与 の 取 扱 い 1 通 勤 定 期 券 等 通 勤 手 当 を 金 銭 ではなく 定 期 券 や 回 数 券 で 支 給 している 場 合 は 現 物 給 与 として 取 扱 われますの で その 全 額 を 報 酬 として 算 入 します 3か 月 または6か 月 単 位 でまとめて 支 給 する 通 勤 定 期 券 は 1か 月 あたりの 額 を 算 出 して 報 酬 とします 2 事 で 払 われる 報 酬 等 事 業 主 が 被 保 険 者 に 食 事 を 支 給 している 場 合 は 都 道 府 県 ごとに 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 価 額 に 換 算 して 報 酬 を 算 出 します その 一 部 を 被 保 険 者 本 人 が 負 担 している 場 合 は 上 記 価 額 から 本 人 負 担 分 を 差 引 いた 額 を 報 酬 と して 算 入 します ただし 被 保 険 者 が 当 該 価 額 の2/3 以 上 を 負 担 する 場 合 は 報 酬 に 算 入 しません 3 住 宅 で 払 われる 報 酬 等 事 業 主 が 被 保 険 者 に 社 宅 や 寮 を 提 供 している 場 合 は 都 道 府 県 ごとに 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 価 額 に 換 算 して 報 酬 を 算 出 します その 一 部 を 被 保 険 者 本 人 が 負 担 している 場 合 は 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 価 額 から 本 人 負 担 分 を 差 し 引 いた 額 を 算 入 します 価 額 を 算 出 する 場 合 は 居 間 茶 の 間 寝 室 客 間 等 居 住 用 の 室 を 対 象 とします 玄 関 台 所 トイ レ 浴 室 営 業 用 の 室 ( 店 事 務 室 等 ) 等 は 含 めません 4 事 及 び 住 宅 以 外 の 報 酬 等 食 事 及 び 住 宅 以 外 の 報 酬 等 の 価 額 について 労 働 協 約 に 定 めがある 場 合 は その 価 額 を 時 価 として 取 り 扱 いますが 労 働 協 約 に 定 めがない 場 合 には 実 際 費 用 を 時 価 として 取 り 扱 います 3. 標 準 の 算 出 方 法 及 び 算 定 基 礎 届 の 記 載 方 法 ⑴ 払 基 礎 数 支 払 基 礎 日 数 とは その 報 酬 の 支 払 い 対 象 となった 日 数 のことをいいます 時 給 制 日 給 制 の 場 合 は 実 際 の 出 勤 日 数 ( 有 給 休 暇 も 含 みます )が 支 払 基 礎 日 数 となります 月 給 制 週 給 制 の 場 合 は 出 勤 日 数 に 関 係 なく 暦 日 数 になります ただし 欠 勤 日 数 分 だけ 給 料 が 差 し 引 かれる 場 合 は 就 業 規 則 給 与 規 定 等 に 基 づき 事 業 所 が 定 め た 日 数 から 欠 勤 日 数 を 控 除 した 日 数 となります 3 3

6 算 定 基 礎 届 は4 5 6 月 に 支 払 われた 給 与 を として 届 出 しますが 給 与 計 算 の 締 切 日 と 支 払 日 の 関 係 によって 支 払 基 礎 日 数 が 異 なります ( 例 ) 月 給 制 の 場 合 給 与 末 日 締 当 月 末 日 支 払 給 与 25 日 締 当 月 末 日 支 払 給 与 末 日 締 翌 月 10 日 支 払 支 払 基 礎 支 払 基 礎 月 暦 日 日 数 月 暦 日 日 数 月 暦 日 4 月 4 月 1 日 ~30 日 30 4 月 3 月 26 日 ~4 月 25 日 31 4 月 3 月 1 日 ~31 日 5 月 5 月 1 日 ~31 日 31 5 月 4 月 26 日 ~5 月 25 日 5 月 4 月 1 日 ~30 日 6 月 6 月 1 日 ~30 日 6 月 5 月 26 日 ~6 月 25 日 6 月 5 月 1 日 ~31 日 30 ⑵ ケースごとの 標 準 報 酬 額 の 算 出 法 と 算 定 基 礎 届 の 記 載 法 ケース1 一 般 的 な 例 支 払 基 礎 日 数 が3か 月 とも17 日 以 上 の 場 合 3か 月 が 対 象 となります 支 払 基 礎 日 数 日 30 日 31 日 4 月 5 月 6 月 ( 例 ) 給 与 規 定 月 給 制 毎 月 20 日 締 切 当 月 25 日 支 払 4 月 5 月 6 月 に 支 払 われた 給 与 の 合 計 額 を その 月 数 3 で 割 った 額 が になりま す 賃 金 台 帳 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 家 族 手 当 住 宅 手 当 4 月 31 日 610,000 20,000 30,000 5 月 30 日 610,000 20,000 30,000 6 月 31 日 610,000 20,000 30,000 算 定 基 礎 届 には 4 月,5 月,6 月 に 支 払 われた 給 与 の 額 を 記 入 します 通 勤 手 当 11,000 11,000 11,000 総 計 ( 単 位 : ) 合 計 671, , ,000 2,013,000 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 その 報 酬 の 支 払 対 象 となった 日 数 を 記 入 します イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 算 定 対 象 月 の 合 計 額 を 記 入 します エ 種 別 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 1 イ 健 保 一 郎 ウ エ 1 オ 健 650 カ 厚 月 31 日 671, ,000 シ 2,013,000 ス 25 年 9 月 年 月 ク 5 月 30 日 ケ 671,000 サ 671,000 セ 671,000 ソ 6 月 31 日 671, ,000 タ 健 =(671, , ,000 ) 3 = 671,000 の 算 出 にあたっては 1 未 満 は 切 り 捨 てとします オカ 従 前 の 標 準 算 定 対 象 月 の1か 月 あたり の 平 均 額 を 記 入 します キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 昇 ( 降 ) 給 月 4

7 ケース2 支 払 基 礎 日 数 に17 日 未 満 の 月 があるとき 支 払 基 礎 日 数 に17 日 未 満 の 月 がある 場 合 支 払 基 礎 日 数 が17 日 以 上 の 月 を 対 象 とします 31 日 10 日 31 日 4 月 5 月 6 月 ( 例 ) 給 与 規 定 月 給 制 毎 月 20 日 締 切 当 月 25 日 支 払 17 日 未 満 の 月 を 除 いた4 月 6 月 の 報 酬 の 合 計 をその 月 数 2 で 割 って を 算 出 します 賃 金 台 帳 月 4 月 31 日 5 月 10 日 6 月 31 日 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 住 宅 手 当 通 勤 手 当 残 業 手 当 昼 食 242,000 5,000 8,000 12,000 4, ,000 5,000 8, , ,000 5,000 8,000 5,000 4,000 総 計 ( 単 位 : ) 合 計 271, , , ,000 4 月 6 月 分 の2か 月 分 の 合 計 を 記 入 します ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 支 払 基 礎 日 数 が17 日 未 満 の 場 合 は 備 考 横 棒 を 引 きます 算 定 基 礎 月 の 報 酬 通 貨 に よる 現 物 に よ る セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ イ 年 金 太 郎 ウ エ 1 キ H24 年 9 月 11 ア 23 オ 健 240 カ 厚 月 31 日 267,000 4, ,000 シ 535,000 ス 25 年 9 月 年 月 ク 5 月 10 日 ケ 123,000 1,000 サ セ 267,500 ソ 6 月 31 日 260,000 4, ,000 タ 健 現 物 による 給 与 がある 場 合 は ここに 記 入 します 4 月 6 月 分 の 平 均 を 記 入 します =(271, ,000 ) 2 = 267, 日 未 満 の 月 が2か 月 ある 場 合 は 残 りの1か 月 のみの 報 酬 で 算 出 します 5

8 ケース3 短 時 間 就 労 者 (パートタイマー)の 記 入 例 支 払 基 礎 日 数 が17 日 以 上 の 月 がある 場 合 支 払 基 礎 日 数 が17 日 以 上 の 月 を 対 象 とします 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 合 計 4 月 14 日 108, ,600 5 月 16 日 115, ,800 6 月 18 日 130, ,300 総 計 354, 日 16 日 18 日 4 月 5 月 6 月 短 時 間 就 労 者 (パートタイマー)で 支 払 基 礎 日 数 が15 日 未 満 の 場 合 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 は 険 横 者 棒 の を 氏 引 名 きます パート と ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 記 入 します 備 考 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 22 イ 事 務 香 ウ エ 2 オ 健 118 カ 厚 月 14 日 108,600 シ 130,300 ス 25 年 9 月 年 月 ク 5 月 16 日 ケ 115,800 サ 115,800 セ 130,300 ソ パート 6 月 18 日 130, ,300 タ 健 = 130,300 (6 月 分 ) 支 払 基 礎 日 数 がすべて17 日 未 満 だが15 16 日 の 月 がある 場 合 支 払 基 礎 日 数 が15 16 日 の 月 のみを 対 象 とします 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 合 計 4 月 12 日 78,000 78,000 5 月 15 日 97,500 97,500 6 月 16 日 104, ,000 総 計 279, 日 4 月 15 日 16 日 5 月 6 月 短 時 間 就 労 者 (パートタイマー)で ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 支 保 払 険 基 者 礎 日 の 数 氏 が15 名 ウ 日 生 未 満 年 の 月 場 日 合 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 は 横 棒 を 引 きます 備 考 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 53 イ 保 険 健 二 ウ エ 1 オ 健 104 カ 厚 月 12 日 78,000 シ 201,500 ス 25 年 9 月 年 月 ク 5 月 15 日 ケ 97,500 サ 97,500 セ 100,750 ソ パート 6 月 16 日 104, ,000 タ 健 =(97, ,000 ) 2 = 100,750 6

9 ケース4 給 与 の 支 払 対 象 となる 期 間 の 途 中 から 入 社 したとき 給 与 の 支 払 対 象 となる 期 間 の 途 中 から 資 格 取 得 したことにより1か 月 分 の 給 与 が 支 給 されない 場 合 1か 月 分 の 給 与 が 支 給 されない 月 ( 途 中 入 社 月 )を 除 いた 月 を 対 象 とします 4 月 途 中 入 社 ( 例 )4 月 1 日 入 社 毎 月 20 日 締 切 翌 月 10 日 支 払 4 月 5 月 6 月 4 月 分 の 給 与 は 日 割 計 算 になり 1か 月 の 給 与 が 支 給 されないため その 月 を 除 いた 月 で 報 酬 月 額 を 算 出 します 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 4 月 途 中 入 社 の 方 で 日 割 計 算 で20 日 分 の 給 月 4 月 5 月 支 払 基 礎 日 数 20 日 基 本 給 148,000 合 計 148,000 与 が 支 給 された 場 合 でも 日 割 計 算 により 本 来 1か 月 分 として 受 ける 額 を 受 けていないことから 算 定 の 対 象 月 から 除 きます 6 月 30 日 200, ,000 総 計 348,000 6 月 のみの 報 酬 を 資 格 取 得 年 月 日 記 入 します を 記 入 します ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H25 年 4 月 02 ア 91 イ 健 康 国 男 ウ エ 1 オ 健 200 カ 厚 200 ク 4 月 日 シ 5 月 ケ サ セ 6 月 348,000 ス 25 年 9 月 20 日 148, , ,000 ソ 200, 日 200, ,000 タ 健 = 200,000 (6 月 分 ) 年 月 平 成 25 年 4 月 1 日 取 得 テ ト 7

10 ケース5 賞 与 などが 年 4 回 以 上 支 給 されたとき 前 年 の7 月 からその 年 の6 月 までに4 回 以 上 の 賞 与 が 支 払 われた 場 合 支 払 われた 賞 与 の 合 計 額 を12か 月 で 割 った 額 を 各 月 の 報 酬 に 加 え を 算 出 します ( 例 ) 賞 与 の 支 給 が 年 4 回 120, , , ,000 9 月 12 月 3 月 6 月 7 月 6 月 賞 与 支 給 額 =(9 月 :120,000 )+(12 月 :380,000 )+(3 月 :150,000 ) +(6 月 :250,000 ) = 900,000 各 月 に 算 入 する 賞 与 の 額 = 900, = 75,000 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) ( 単 位 : ) ( 単 位 : ) 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 通 勤 手 当 総 支 給 額 賞 与 合 計 4 月 31 日 255,000 15, ,000 75, ,000 + = 5 月 30 日 255,000 15, ,000 75, ,000 6 月 31 日 255,000 15, ,000 75, ,000 総 計 1,035,000 1 月 あたりの 賞 与 を 加 えた 合 計 を 記 入 します ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 32 イ 社 会 公 一 ウ エ 1 オ 健 260 カ 厚 月 31 日 345, ,000 シ 1,035,000 ス 25 年 9 月 賞 与 期 末 手 当 9 月 12 月,3 月,6 月 年 月 ク 5 月 30 日 ケ 345,000 サ 345,000 セ 345,000 ソ 75,000 6 月 31 日 345, ,000 タ 健 =(345, , ,000 ) 3 = 345,000 8

11 ケース6 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 が 支 給 されているとき 7 月 1 日 時 点 で 一 時 帰 休 の 状 況 が 解 消 していない 場 合 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 月 のみで 算 定 するのではなく 通 常 の 給 与 を 受 けた 月 も 併 せて を 算 出 します 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 給 与 の 規 定 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 残 業 手 当 合 計 月 給 制 毎 月 20 日 締 切 当 月 25 日 支 払 4 月 31 日 272,000 10, ,600 5 月 30 日 272,000 5, ,900 6 月 31 日 169,000 3, ,100 休 業 手 当 の 支 払 月 一 時 帰 休 の 実 施 総 計 732,600 期 間 ( 開 始 したときは 月 から 一 時 帰 休 と 記 入 します ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 報 一 時 帰 休 酬 中 の 報 月 酬 も 含 めて 額 決 定 します セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 28 イ 年 金 太 郎 ウ エ 1 オ 健 280 カ 厚 月 31 日 282, ,600 シ 732,600 ス 25 年 9 月 6 月 休 業 手 当 5 月 から 年 月 ク 5 月 30 日 ケ 277,900 サ 277,900 セ 244,200 ソ 一 時 帰 休 6 月 31 日 172, ,100 タ 健 7 月 1 日 時 点 で 一 時 帰 休 の 状 況 が 解 消 している 場 合 月 のうち 休 業 手 当 を 含 まない 月 を 対 象 とします なお 月 いずれにも 休 業 手 当 が 支 払 われている 場 合 は 一 時 帰 休 により 低 額 な 休 業 手 当 等 に 基 づいて 決 定 又 は 改 定 される 前 の 標 準 で 決 定 します 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 残 業 手 当 合 計 4 月 31 日 130,800 3, ,300 5 月 30 日 268,000 4, ,000 6 月 31 日 268,000 9, ,100 総 計 683,400 休 業 手 当 の 支 払 月 一 時 帰 休 の 実 施 期 間 ( 解 消 したときは 月 日 一 時 帰 休 解 消 等 を 記 入 します ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 一 の 時 氏 帰 名 休 中 ウ の 生 報 酬 年 は月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 報 備 酬 含 まずに 月 決 定 額 します 考 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 28 イ 年 金 太 郎 ウ エ 1 オ 健 280 カ 厚 月 31 日 134, ,300 シ 549,100 ス 25 年 9 月 4 月 休 業 手 当 H 年 月 ク 5 月 30 日 ケ 272,000 サ 272,000 セ 274,550 ソ 一 時 帰 休 解 消 6 月 31 日 277, ,100 タ 健 9

12 ケース7 一 般 的 な 方 法 では 算 定 できないとき 月 のいずれも 支 払 基 礎 日 数 が17 日 未 満 ( 短 時 間 就 労 者 については15 日 未 満 ) の 場 合 又 は 病 気 等 による 欠 勤 育 児 休 業 や 介 護 休 業 等 により4 5 6 月 のいずれも 報 酬 を 全 く 受 けない 場 合 従 前 の 標 準 で 決 定 します 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 合 計 4 月 12 日 78,000 78,000 5 月 11 日 71,500 71,500 6 月 12 日 78,000 78,000 総 計 227, 日 12 日 11 日 4 月 5 月 6 月 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 昇 ( 降 ) 給 月 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 93 イ 厚 生 桃 子 ウ エ 2 オ 健 134 カ 厚 月 12 日 78,000 シ ス 25 年 9 月 年 月 ク 5 月 11 日 ケ 71,500 サ セ ソ 4 月 5 日 から 休 職 6 月 12 日 78,000 タ 健 テ ト 17 日 未 満 の 月 は 横 棒 を 引 きます 欠 勤 等 の 場 合 には 月 日 から 休 職 等 と 記 入 します 10

13 ケース8 一 般 的 な 方 法 で 算 定 すると 著 しく 不 当 になるとき ⑴ 3 月 以 前 に 遡 った 昇 給 の 差 額 分 又 は3 月 以 前 の 給 与 を4 5 6 月 のいずれかの 月 に 受 け た 場 合 3 月 以 前 の 昇 給 差 額 分 ( 又 は 遅 滞 分 )を 除 いた の 総 計 から を 算 出 します 昇 給 昇 給 3 月 4 月 5 月 6 月 賃 金 台 帳 ( 単 位 : ) 月 支 払 基 礎 日 数 基 本 給 3 月 昇 給 差 額 分 合 計 4 月 31 日 267,000 20, ,000 5 月 30 日 267, ,000 6 月 31 日 267, ,000 総 計 821,000 3 月 以 前 の 昇 給 差 額 分 (また ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 昇 標 給 準 差 報 額 酬 月 額 差 額 支 キ 従 給 前 月 の 改 定 月 原 因 は 遅 配 分 )を 除 いた 総 報 酬 額 を 記 入 します 報 酬 月 を3で 額 割 った 額 を 記 入 します 備 考 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 21 イ 健 保 次 郎 ウ エ 1 オ 健 240 カ 厚 ,000 4 月 31 日 287, ,000 シ 821,000 ス 25 年 9 月 20,000 ク 5 月 30 日 ケ 267,000 サ 267,000 セ 273,666 ソ 267, 年 4 月 6 月 31 日 267, ,000 タ 健 ={(287,000-20, )+267, ,000 } 3 = 267,000 ⑵ 月 のいずれかの 月 の 給 与 が7 月 以 降 に 支 払 われる 場 合 7 月 以 降 に 支 払 われる 月 以 外 の 月 を 対 象 月 とします 4 月 5 月 遅 配 分 6 月 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 遅 配 分 7 月 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 7 月 以 降 に 支 払 われる 月 を 除 いた 報 酬 総 額 を 対 象 月 で 割 った 額 を 記 入 します セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 19 イ 年 金 正 則 ウ エ 1 オ 健 300 カ 厚 月 30 日 344, ,600 シ 835,300 ス 25 年 9 月 遅 配 年 月 ク 5 月 31 日 ケ 325,600 サ 325,600 セ 278,433 ソ 335,100 6 月 16 日 分 6 月 30 日 165, ,100 タ 健 =(344, ,600 ) 2 = 335, オカ 従 前 の 標 準 遅 配 分 がある 月 等 を 記 入 します キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 昇 ( 降 ) 給 月

14 ⑶ 低 額 の 休 職 給 を 受 けた 場 合 ( 病 気 などによる 休 職 の 場 合 ) 休 職 給 を 受 けた 月 以 外 の 月 を 対 象 月 とします 休 職 給 4 月 5 月 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 6 月 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 4 月 に 休 職 給 として 基 本 給 の50%を 受 けた ケースです エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 20 イ 年 金 花 子 ウ エ 2 オ 健 300 カ 厚 月 30 日 150, ,000 シ 770,400 ス 25 年 9 月 休 職 給 年 月 ク 5 月 31 日 ケ 315,100 サ 315,100 セ 256,800 ソ 310,200 4 月 6 月 30 日 305, ,300 タ 健 休 職 給 を 支 給 した 月 を 記 入 します キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 昇 ( 降 ) 給 月 = (315, ,300 ) 2 = 310,200 休 職 給 を 受 けた 月 (4 月 )を 除 いた 報 酬 総 額 を 対 象 月 で 割 った 額 を 記 入 します 賃 金 カットを 受 けた 場 合 (ストライキ 等 の 場 合 ) 賃 金 カットを 受 けた 月 以 外 の 月 を 対 象 月 とします 4 月 5 月 6 月 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 賃 金 カットを 受 けた 月 を 除 いた 報 酬 総 額 を 対 象 月 数 で 割 った 額 を 記 入 します ウ 生 年 月 日 エ 種 別 セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 28 イ 年 金 純 子 ウ エ 2 オ 健 220 カ 厚 月 20 日 135, ,700 シ 575,900 ス 25 年 9 月 ストライキによる 賃 金 カット 年 月 ク 5 月 31 日 ケ 215,200 サ 215,200 セ 191,966 ソ 220,100 4 月 10 日 分 6 月 30 日 225, ,000 タ 健 =(215, ,000 ) 2 = 220,100 オカ 従 前 の 標 準 賃 金 カットを 受 け た 月 等 を 記 入 しま す キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 昇 ( 降 ) 給 月 12

15 ⑷ 月 の 給 与 の 平 均 額 から 算 出 した 標 準 と 前 年 の7 月 から 当 年 の 6 月 までの 給 与 の 平 均 額 から 算 出 した 標 準 に2 等 級 以 上 の 差 が 生 じ その 差 が 業 務 の 性 質 上 例 年 発 生 することが 見 込 まれる 場 合 前 年 の7 月 から 当 年 の6 月 までの 給 与 の 平 均 額 から 算 出 した 標 準 で 決 定 することができます 申 し 立 てる 場 合 は 事 業 主 の 申 立 書 と 本 人 の 同 意 の 提 出 が 必 要 です 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 算 定 基 礎 届 には 月 に 支 払 われたものを 記 入 します 前 年 7~6 月 の 平 均 月 の 平 均 ア 被 保 険 者 整 理 番 号 イ 被 保 険 者 の 氏 名 ウ 生 年 月 日 エ 種 別 オカ 従 前 の 標 準 月 の3か 月 平 均 =(380, , ,000 ) 3 = 380,000 標 準 38 万 キ 従 前 の 改 定 月 原 因 備 考 算 定 基 礎 月 の 報 酬 通 貨 に よる 現 物 に よ る セ 平 均 額 ソ 修 正 平 均 額 昇 ( 降 ) 給 月 ク 支 払 基 礎 日 数 ケ キ H24 年 9 月 11 ア 26 イ 年 金 正 則 ウ エ 1 オ 健 380 カ 厚 月 31 日 380, ,000 シ 1,140,000 ス 25 年 9 月 年 月 ク 5 月 30 日 ケ 380,000 サ 380,000 セ 380,000 ソ 320,875 年 間 平 均 6 月 31 日 380, ,000 タ 健 希 望 する 場 合 は 年 間 平 均 と 記 入 します 毎 年 月 が 繁 忙 期 にあたり 他 の 期 間 よりも 報 酬 が 増 える 業 種 ( 部 署 )の 場 合 で 前 年 の7 月 から 当 年 の6 月 までの 年 間 平 均 320,875 標 準 32 万 事 業 主 の 申 立 書 と 本 人 の 同 意 を 添 えて 届 出 いただくことにより 標 準 を32 万 で 決 定 することができます 事 業 主 の 申 立 書 や 本 人 の 同 意 等 の 届 出 様 式 については こちらをご 確 認 ください 日 本 年 金 機 構 ホームページ 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 関 係 届 書 申 請 書 一 覧 13

16 事 業 主 の 申 書 の 記 例 記 入 例 ( 様 式 1) 年 金 事 務 所 長 様 年 間 報 酬 の 平 均 で 算 定 することの 申 立 書 当 事 業 所 は 茶 の 栽 培 販 売 業 を 行 っており 毎 年 4 月 から6 月 までの 間 は 一 番 茶 の 収 穫 時 期 であ り 茶 葉 摘 み 取 りのため 例 年 従 業 員 に 所 定 労 働 時 間 を 超 えた 時 間 外 労 働 を 命 じている 状 況 であるため 繁 忙 期 となることから 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 の 算 定 基 礎 届 を 提 出 するにあたり 健 康 保 険 法 第 41 条 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 第 21 条 の 規 定 による 定 時 決 定 の 算 定 方 法 によると 年 間 報 酬 の 平 均 により 算 出 する 方 法 より 標 準 等 級 について2 等 級 以 上 の 差 が 生 じ 著 しく 不 当 である と 思 料 されますので 健 康 保 険 法 第 44 条 第 1 項 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 第 1 項 における 報 酬 月 額 の 算 定 の 特 例 ( 年 間 )にて 決 定 していただくよう 申 立 てします なお 当 事 業 所 における 例 年 の 状 況 標 準 の 比 較 及 び 被 保 険 者 の 同 意 等 の 資 料 を 添 付 します 平 成 24 25年 7 月 1 日 事 業 所 所 在 地 市 事 業 所 名 称 日 本 製 年 茶 金 株 銀 式 行 会 社 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 事 業 事 業 主 氏 名 年 金 太 郎 主 印 印 連 絡 先 - - ( 様 式 2) 被 保 険 者 算 定 基 礎 届 保 険 者 算 定 申 立 に 係 る 例 年 の 状 況 標 準 の 比 較 及 び 被 保 険 者 の 同 業 意 種 等 等 は 正 確 に 記 入 いただき 理 由 は 具 体 的 に 記 載 をお 願 いします 申 請 にあたっての 注 意 事 項 この 用 紙 は 算 定 基 礎 届 をお 届 けいただくにあたって 年 間 報 酬 の 平 均 で 決 定 することを 申 し 立 てる 場 合 に 必 ず 提 出 してください この 用 紙 は 定 時 決 定 にあたり 月 の 報 酬 の 月 平 均 と 年 間 報 酬 の 月 平 均 に2 等 級 以 上 差 があり 年 間 報 酬 の 平 均 で 決 定 することに 同 意 する 方 のみ 記 入 してください また 被 保 険 者 の 同 意 を 得 ている 必 要 がありますので 同 意 欄 に 被 保 険 者 の 自 署 にて 氏 名 を 記 入 いただくか 記 名 のうえ 押 印 してください なお 標 準 は 年 金 や 傷 病 手 当 金 など 被 保 険 者 が 受 ける 保 険 給 付 の 額 にも 影 響 を 及 ぼすことにご 留 意 下 さい 事 業 所 整 理 記 号 01-ニニニ 事 業 所 名 称 日 本 製 年 茶 金 株 銀 式 行 会 社 被 保 険 者 整 理 番 号 被 保 険 者 の 氏 名 生 年 月 日 種 別 123 年 金 次 郎 昭 和 55 年 5 月 5 日 1 前 年 7 月 ~ 当 年 6 月 の 報 酬 額 等 の 欄 算 定 基 礎 月 の 報 酬 支 払 基 礎 日 数 通 貨 によるものの 額 現 物 によるものの 額 合 計 平 成 22 年 7 月 30 日 303, , 500 平 成 22 年 8 月 31 日 300, , 000 平 成 22 年 9 月 31 日 300, , 000 平 成 平 成 平 成 22 年 10 月 22 年 11 月 22 年 12 月 日 日 日 302, , , , , , 000 平 成 23 年 1 月 31 日 305, , 000 平 成 23 年 2 月 31 日 300, , 000 平 成 23 年 3 月 28 日 300, , 000 平 成 23 年 4 月 31 日 380, , 000 平 成 23 年 5 月 30 日 380, , 000 平 成 23 年 6 月 31 日 380, , 000 本 の 同 意 の 記 例 標 準 の 比 較 欄 全 て 事 業 主 が 記 載 してください 従 前 の 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 標 準 前 年 7 月 ~ 本 年 6 月 の 合 計 額 ( ) 前 年 7 月 ~ 本 年 6 月 の 平 均 額 ( ) 等 級 健 康 保 険 標 準 3, 850, , 厚 生 年 金 保 険 等 級 標 準 本 年 4 月 ~6 月 の 合 計 額 ( ) 1, 140, 000 本 年 4 月 ~6 月 の 平 均 額 ( ) 380, 000 健 康 保 険 等 級 標 準 厚 生 年 金 保 険 等 級 標 準 等 級 以 上 ( 又 は ) 修 正 平 均 額 ( ) 320, 875 健 康 保 険 等 級 標 準 厚 生 年 金 保 険 等 級 標 準 標 準 の 比 較 欄 の( ) 部 分 を 算 出 する 場 合 は 以 下 にご 注 意 ください 1 支 払 基 礎 日 数 17 日 未 満 の 月 の 報 酬 額 は 除 く 2 短 時 間 就 労 者 (パート アルバイト 等 )の 場 合 は 本 年 4 月 ~6 月 の 合 計 額 平 均 額 には 支 払 基 礎 日 数 が17 日 以 上 あれ ばその 月 の 報 酬 の 合 計 額 平 均 額 17 日 以 上 の 月 がなければ 15 日 以 上 の 月 の 報 酬 の 合 計 額 平 均 額 を 記 載 また 前 年 7 月 ~ 本 年 6 月 の 合 計 額 平 均 額 には 15 日 以 上 の 月 の 報 酬 の 合 計 額 平 均 額 3 低 額 の 休 職 給 を 受 けた 月 ストライキによる 賃 金 カットを 受 けた 月 及 び 一 時 帰 休 に 伴 う 休 業 手 当 等 を 受 けた 月 を 除 く 4 給 与 の 支 払 いに 遅 配 がある 場 合 は ア 前 年 6 月 分 以 前 に 支 払 うべきであった 給 与 の 遅 配 分 を 前 年 7 月 ~ 当 年 6 月 までに 受 けた 場 合 は その 遅 配 分 に 当 たる 報 酬 の 額 を 除 く イ 前 年 7 月 ~ 当 年 6 月 までの 間 に 本 来 支 払 うはずの 報 酬 の 一 部 が 当 年 7 月 以 降 に 支 払 われることになった 場 合 は その 支 払 うはずだった 月 を 除 く 5 この 保 険 者 算 定 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 修 正 平 均 額 には 前 年 7 月 ~ 本 年 6 月 の 平 均 額 を 記 入 6 上 記 1~4に 該 当 した 場 合 は その 旨 を 備 考 欄 に 記 入 してください 被 保 険 者 の 同 意 欄 私 は 本 年 の 定 時 決 定 にあたり 年 間 報 酬 額 の 平 均 で 決 定 することを 希 望 しますので 当 事 業 所 が 申 立 てすることに 同 意 します 年 金 次 郎 被 保 険 者 氏 名 印 備 考 欄 14

17 4. 随 時 改 定 と 月 額 変 更 届 毎 年 1 回 の 定 時 決 定 により 決 定 された 標 準 は 原 則 その 年 の9 月 から 翌 年 の8 月 分 まで1 年 間 適 用 されますが この 間 に 昇 給 や 降 給 などにより 報 酬 に 大 幅 な 変 動 があったときは 実 態 とかけ 離 れた 状 態 にならないよう 次 回 の 定 時 決 定 を 待 たずに 標 準 を 見 直 します これを 随 時 改 定 といい 月 額 変 更 届 を 提 出 していただくことになります 改 定 された 標 準 は 再 び 随 時 改 定 がない 限 り 6 月 以 前 に 改 定 された 場 合 は 当 年 の8 月 まで 7 月 以 降 に 改 定 された 場 合 は 翌 年 の8 月 までの 各 月 に 適 用 されます ⑴ 額 変 更 が 必 要 なとき 月 額 変 更 届 による 随 時 改 定 は 次 の3つの 条 件 を 全 て 満 たしたときに 行 います 昇 給 や 降 給 等 で 固 定 的 賃 金 に 変 動 がありました か? いいえ 随 時 改 定 に 該 当 すれば 固 定 的 賃 金 が 変 動 し その 報 酬 を 支 払 った 月 から 数 えて4か 月 目 に 新 たな 標 準 が 適 用 されます ⑵ 固 定 的 賃 の 変 動 とは はい 変 動 月 以 降 引 き 続 く3か 月 とも 支 払 基 礎 日 数 が 17 日 以 上 ですか? いいえ はい 月 額 変 更 届 を 提 出 する 必 要 はありません 変 動 月 から3か 月 間 の 報 酬 の 平 均 額 と 現 在 の 標 準 に2 等 級 以 上 の 差 がありますか? いいえ はい 月 額 変 更 届 の 提 出 固 定 的 賃 金 非 固 定 的 賃 金 給 額 給 率 が 決 まっているもの 基 本 給 ( 月 給 週 給 日 給 ) 家 族 手 当 通 勤 手 当 住 宅 手 当 役 付 手 当 勤 務 地 手 当 など 残 業 手 当 能 率 手 当 日 直 手 当 休 日 勤 務 手 当 精 勤 手 当 など 変 動 があった 場 合 とは 昇 給 (ベースアップ) 降 給 (ベースダウン) 給 与 体 系 の 変 更 ( 日 給 から 月 給 への 変 更 等 ) 日 給 や 時 間 給 の 基 礎 単 価 ( 日 当 単 価 )の 変 更 請 負 給 歩 合 給 等 の 単 価 歩 合 率 の 変 更 住 宅 手 当 等 の 固 定 的 な 手 当 の 追 加 支 給 額 の 変 更 非 固 定 的 賃 金 の 変 動 のみ では 随 時 改 定 は 行 いません ⑶ 随 時 改 定 の 対 象 とならない 場 合 1. 固 定 的 賃 金 は 上 がったが 残 業 手 当 などの 非 固 定 的 賃 金 が 減 ったため 変 動 後 の 引 き 続 いた3か 月 分 の 報 酬 の 平 均 額 による 標 準 が 従 前 より 下 がり 2 等 級 以 上 の 差 が 生 じた 場 合 2. 固 定 的 賃 金 は 下 がったが 非 固 定 的 賃 金 が 増 えたため 変 動 後 の 引 き 続 いた3か 月 分 の 報 酬 の 平 均 額 による 標 準 が 従 前 より 上 がり 2 等 級 以 上 の 差 が 生 じた 場 合 ⑷ 添 付 書 類 被 保 険 者 変 更 届 は 原 則 として 添 付 書 類 は 不 要 です ただし 改 定 月 の 初 日 から 起 算 して60 日 経 過 した 後 に 届 け 出 する 場 合 または 標 準 が5 等 級 以 上 下 がる 場 合 は 以 下 のとおり 添 付 書 類 が 必 要 になります 1. 被 保 険 者 が 法 人 の 役 員 以 外 の 場 合 賃 金 台 帳 の 写 し( 固 定 的 賃 金 の 変 動 があった 月 の 前 月 から 改 定 月 の 前 月 分 まで) 出 勤 簿 の 写 し( 固 定 的 賃 金 の 変 動 があった 月 から 改 定 月 の 前 月 分 まで) 2. 被 保 険 者 が 株 式 会 社 ( 特 例 有 限 会 社 を 含 む)の 役 員 の 場 合 以 下 の1~4のいずれか1つ および 所 得 税 源 泉 徴 収 簿 または 賃 金 台 帳 の 写 し( 固 定 的 賃 金 の 変 動 があった 月 の 前 月 から 改 定 月 の 前 月 分 まで) 1 株 主 総 会 又 は 取 締 役 会 の 議 事 録 2 代 表 取 締 役 等 による 報 酬 決 定 通 知 書 3 役 員 間 の 報 酬 協 議 書 4 債 権 放 棄 を 証 する 書 類 その 他 の 法 人 の 役 員 の 場 合 は これらに 相 当 する 書 類 15

18 大 切 な お 知 ら せ 平 成 25 年 4 から 現 物 給 与 の 価 額 の 取 扱 いが 変 わりました これまで 本 社 管 理 1 の 適 用 事 業 所 において 支 店 等 に 勤 務 する 被 保 険 者 の 現 物 給 与 は 本 社 が 所 在 する 都 道 府 県 の 価 額 を 適 用 していました 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 現 物 給 与 の 価 額 は 本 来 生 活 実 態 に 即 した 価 額 になることが 望 ましいことから 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 は 支 店 等 が 所 在 する 2 都 道 府 県 の 価 額 を 適 用 します 1 本 社 管 理 とは 本 社 と 支 店 等 が 合 わせて1つの 適 用 事 業 所 になっていることをいいます 2 派 遣 労 働 者 の 現 物 給 与 は 実 際 の 勤 務 地 ( 派 遣 先 の 事 業 所 )ではなく 派 遣 元 の 事 業 所 が 所 在 する 都 道 府 県 の 価 額 を 適 用 します この 取 扱 いの 改 正 につきまして 被 保 険 者 の 皆 様 にもお 知 らせください 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 保 険 料 免 除 等 について 1. 制 度 の 概 要 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 保 険 料 徴 収 の 特 例 育 児 休 業 期 間 中 の 保 険 料 免 除 と 同 様 に 制 度 改 正 後 は 産 前 産 後 休 業 期 間 中 ( 産 前 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 ) 産 後 8 週 間 のうち 被 保 険 者 が 労 務 に 従 事 しなかった 期 間 )の 保 険 料 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 )を 免 除 します 産 前 産 後 休 業 を 終 了 した 際 の 標 準 報 酬 の 改 定 産 前 産 後 休 業 終 了 後 に 育 児 等 を 理 由 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 に 定 時 決 定 まで 保 険 料 負 担 が 改 定 前 のものとならないよう 産 前 産 後 休 業 終 了 後 の3か 月 間 の を 基 に 標 準 を 改 定 します ( 育 児 休 業 終 了 後 と 同 様 の 措 置 となります ) 現 行 と 改 正 後 の 保 険 料 負 担 イメージ 就 業 産 前 産 後 休 業 中 育 児 休 業 中 復 帰 後 ( 現 行 ) 保 険 料 負 担 保 険 料 負 担 保 険 料 免 除 保 険 料 負 担 ( 改 正 後 ) 保 険 料 負 担 保 険 料 免 除 保 険 料 免 除 保 険 料 負 担 2. 実 施 時 期 平 成 26 年 8 月 までの 政 令 で 定 める 日 に 実 施 となります 16

19

20 4

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 26 年 度 1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 轄 の 年 金 事 務 所

More information

4 記 載 要 領 事 業 所 整 理 記 号 欄 の 協 会 分 (または 政 管 分 ) は 厚 生 年 金 保 険 の 事 業 所 整 理 記 号 を 健 保 分 は 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 記 号 をそれぞれ 記 入 なお 厚 生 年 金 基 金 番 号 については 名 古

4 記 載 要 領 事 業 所 整 理 記 号 欄 の 協 会 分 (または 政 管 分 ) は 厚 生 年 金 保 険 の 事 業 所 整 理 記 号 を 健 保 分 は 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 記 号 をそれぞれ 記 入 なお 厚 生 年 金 基 金 番 号 については 名 古 算 定 基 礎 届 の 作 成 要 領 算 定 基 礎 届 の 記 入 については 下 記 事 項 を 基 に 作 成 していただきお 届 けいただきま すようお 願 いいたします 記 1 提 出 期 限 平 成 27 年 7 月 3 日 ( 金 ) 必 着 6 月 分 給 与 締 切 日 以 降 受 付 できますので ご 提 出 はお 早 めにお 願 いいたします 2 提 出 していただくもの 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313130373238817991678D87817A93C197E18C8892E88270826093AA8E862E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313130373238817991678D87817A93C197E18C8892E88270826093AA8E862E646F6378> 事 業 主 殿 東 自 発 通 知 第 27 号 23 8 月 9 東 京 都 自 動 車 整 備 組 合 理 事 長 早 川 清 三 郎 ( 公 印 省 略 ) 東 本 大 震 災 に 伴 う 法 及 び 厚 生 金 保 険 法 における の 定 時 決 定 の 取 扱 いに 係 る 特 例 措 置 について 事 業 主 の 皆 様 には 平 素 から 当 組 合 の 事 業 運 営 にご 協 力

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

7 月 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 月 です 算 定 基 礎 届 と は 事 業 主 は 7月 1日 現 在 の 被 保 険 者 すべてについて その 年 の 4月 5月 6月 に 支 給 した 報 酬 について 届 出 をしなければなりません = 図 1 この 届 出 は 毎 年 1回 そ

7 月 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 月 です 算 定 基 礎 届 と は 事 業 主 は 7月 1日 現 在 の 被 保 険 者 すべてについて その 年 の 4月 5月 6月 に 支 給 した 報 酬 について 届 出 をしなければなりません = 図 1 この 届 出 は 毎 年 1回 そ 2016.6 No.695 7 月 は 算 定 基 礎 届 の 提 出 月 です 算 定 基 礎 届 と は 事 業 主 は 7月 1日 現 在 の 被 保 険 者 すべてについて その 年 の 4月 5月 6月 に 支 給 した 報 酬 について 届 出 をしなければなりません = 図 1 この 届 出 は 毎 年 1回 その 年 の 9月 から 翌 年 の 8月 までの 保 険 料 や 保 険

More information

標準報酬制について

標準報酬制について 標 準 報 酬 制 の 概 要 について 平 成 27 年 7 月 23 日 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 福 利 厚 生 課 経 理 係 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (H24.8.10 国 会 にて 成 立 ) 1 公 務 員 等 が 加 入 する 共 済 年 金 2 民 間

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

6 謝金(給与等)

6 謝金(給与等) (7) 謝 金 ( 給 与 等 ) アルバイトの 雇 用 平 成 27 年 度 研 究 費 執 行 マニュアル P33-36 差 替 版 ア 研 究 協 力 者 への 謝 金 所 得 税 法 上 の 謝 金 の 種 類 によって 手 続 きが 異 なりますので ご 注 意 ください 1 協 力 に 基 づく 研 究 遂 行 のための 資 料 整 理 又 は 実 験 補 助 2 協 力 に 基 づく

More information

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に 平 成 26 年 度 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 事 務 処 理 要 領 1 趣 旨 この 要 領 は 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 補 助 事 業 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 は 大 阪 府 京

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業 について 別 紙 1-1. の 基 本 的 な 考 え 方 人 件 費 は 原 則 として 研 究 員 が 委 託 業 務 に 直 接 従 事 する 時 間 数 に 健 康 保 険 等 級 ( 健 保 等 級 ) 1 に 基 づく 表 の 単 価 を 乗 じて 算 出 します 研 究 員 の 区 分 に 基 づき 以 下 の2 種 類 の 一 覧 表 から を 決 定 してください 健 保 等 級

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その Ⅶ.よくある 質 問 集 被 共 済 職 員 の 加 入 要 件 について Q 当 法 人 では 正 規 職 員 のみを 共 済 制 度 に 加 入 させることとしているが それで 良 いでしょうか A 誤 りです 非 正 規 職 員 ( 臨 時 職 員 パート 職 員 等 呼 称 は 様 々かと 思 われます)についても 雇 用 期 間 と 労 働 時 間 から 判 断 し 加 入 要 件 を 満

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313130363033817991678D87817A95DB8CAF8ED28E5A92E88270826093AA8E862E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313130363033817991678D87817A95DB8CAF8ED28E5A92E88270826093AA8E862E646F6378> 事 務 連 絡 23 6 月 3 健 康 保 険 組 合 御 中 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 健 康 保 険 法 及 び 厚 生 金 保 険 法 における 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 取 扱 いについて の 一 部 改 正 等 に 伴 う 事 務 処 理 等 について に 関 するQ&Aについて 健 康 保 険 制 度 の 滑 な 実 施

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

届 書 コード 2 2 1 6 処 理 区 分 届 書 務 センター 長 副 務 センター 長 グループ 長 所 長 副 所 長 課 長 担 当 者 生 金 保 険 産 前 産 後 休 終 了 時 報 酬 額 変 更 届 当 1 所 整 理 記 号 2 被 保 険 者 整 理 番 号 記 翌 入 を

届 書 コード 2 2 1 6 処 理 区 分 届 書 務 センター 長 副 務 センター 長 グループ 長 所 長 副 所 長 課 長 担 当 者 生 金 保 険 産 前 産 後 休 終 了 時 報 酬 額 変 更 届 当 1 所 整 理 記 号 2 被 保 険 者 整 理 番 号 記 翌 入 を 常 務 理 務 長 担 当 者 康 保 険 産 前 産 後 休 終 了 時 報 酬 額 変 更 届 育 児 休 等 終 了 時 報 酬 額 変 更 届 を す 欄 る は 方 は 記 入 な い で 1~ 氏 名 9 の 太 枠 部 分 を 記 入 あ 提 フリカ ナ フリカ ナ 氏 名 イ 康 保 険 被 保 険 者 証 1 記 号 3 被 保 険 者 の 氏 名 6 養 育 す る 子 の 氏

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

②130401雇用促進計画パンフレット

②130401雇用促進計画パンフレット ( 事 業 主 の 方 へ) 雇 用 促 進 計 画 の 提 出 手 続 き ~ 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けるために~ 適 用 期 限 が2 年 間 延 長 になりました! 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 期 間 内 に 始 まる 事 業 年 度 分 まで 適 用 されます 雇 用 促 進 税 制 とは 適 用 年 度 中 に 雇 用 者 数 を5 人 以 上 ( 中

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) (

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) ( < 任 意 継 続 保 険 加 入 時 注 意 事 項 > 下 記 内 容 をご 確 認 のうえ お 申 込 みください 任 意 継 続 保 険 とは 退 職 者 が 次 に 就 職 するまでの 間 のつなぎ 的 な 保 険 制 度 で 例 外 的 に 任 意 加 入 が 認 められている 制 度 です 従 って 資 格 喪 失 事 由 ( 脱 会 )も 限 定 されております 1 就 職 して 他

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

<95BD90AC3237944E93788D6289EA8E7381458CA796AF90C593C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB8741>

<95BD90AC3237944E93788D6289EA8E7381458CA796AF90C593C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB8741> 平 成 27 年 度 甲 賀 市 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 個 住 民 税 ( 市 県 民 税 )の 特 別 徴 収 は 給 与 所 得 者 の 納 税 の 便 宜 を 図 るため 給 与 支 払 者 であ る 事 業 者 が 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 同 様 に 住 民 税 の 納 税 義 務 者 である 給 与 所 得 者 ( 従 業 員 )に 代 わっ

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

老 齢 基 礎 年 金 の 計 算 式 (3) 支 給 開 始 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 は 原 則 として 65 歳 から 受 け 取 ることができます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 け

老 齢 基 礎 年 金 の 計 算 式 (3) 支 給 開 始 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 は 原 則 として 65 歳 から 受 け 取 ることができます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 け ViewPoint 営 相 談 定 年 後 の 社 会 保 険 渡 辺 昭 部 東 京 室 定 年 後 のセカンドライフを 考 えるうえで 年 金 や 医 療 保 険 などの 社 会 保 険 の 仕 組 みや 関 わりを 知 っておくことは 重 要 です 法 律 の 定 めにより 事 業 主 に 対 し 原 則 65 歳 までの 雇 用 が 義 務 づけられ 定 年 以 降 も 働 き 続 ける 人

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

基発第0930001号

基発第0930001号 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有

More information

Microsoft Word - 01次第

Microsoft Word - 01次第 平 成 26 年 7 月 23 第 1 回 学 校 事 務 研 究 会 手 当 説 明 資 料 1 手 当 の 概 要 (P1~P7) 2 手 当 の 調 整 額 計 算 例 ( 計 算 例 1-1 1-2 2-1 2-2 2-3) 3 失 業 者 の 手 当 事 務 手 続 について(P 1~P3) 4 参 考 資 料 手 当 支 率 表 手 当 の 調 整 額 表 1 手 当 の 計 算 方 法

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

untitled

untitled 通 勤 手 当 認 定 マニュアル 青 森 県 教 育 委 員 会 平 成 24 年 5 月 初 版 ( 平 成 24 年 9 月 19 日 付 け 加 除 ) 2 返 納 となる 事 由 及 び 返 納 額 算 出 方 法 25~26 3 通 勤 手 当 認 定 簿 への 記 載 27 4 返 納 方 法 27 様 式 記 入 例 1 通 勤 届 様 式 28 2 通 勤 届 記 入 例 1 新

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx 滋 賀 県 奨 学 資 金 申 請 書 類 一 覧 および 記 入 例 ( 予 約 募 集 ) 提 出 書 類 について 世 帯 の 区 分 ( 申 請 書 類 )の 確 認 滋 賀 県 奨 学 資 金 の 申 請 は 世 帯 の 区 分 により 提 出 書 類 が 異 なります 次 のアからウのうち 該 当 する 世 帯 を 選 択 して 提 出 書 類 を 確 認 してください 世 帯 の 区

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

被扶養者あり+前納なし

被扶養者あり+前納なし 任 意 継 続 手 続 き 郵 送 する 前 最 後 もう 一 度 ご 確 認 くさだい チェック! 健 康 保 険 任 意 継 続 資 格 取 得 書 確 認 書 - 必 ずご 確 認 ください- 取 得 書 裏 面 (ダウンロード 場 合 は2 枚 目 ) 署 名 欄 署 名 捺 はさましたか? 住 民 票 1 通 (3か 以 内 発 行 さたも コピー 可 ) 退 職 わかるも(お 持 ち 方

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

給 与 支 払 報 告 書 ( 総 括 表 )の 書 き 方 給 与 支 払 報 告 書 ( 総 括 表 ) 宇 城 市 長 様 平 成 25 年 1 月 20 日 提 出 種 別 整 理 番 号 指 定 番 号 ( 宇 城 市 提 出 用 ) 給 与 の 支 払 期 間 平 成 24 年 1 月

給 与 支 払 報 告 書 ( 総 括 表 )の 書 き 方 給 与 支 払 報 告 書 ( 総 括 表 ) 宇 城 市 長 様 平 成 25 年 1 月 20 日 提 出 種 別 整 理 番 号 指 定 番 号 ( 宇 城 市 提 出 用 ) 給 与 の 支 払 期 間 平 成 24 年 1 月 給 与 支 払 報 告 書 ( 個 別 明 細 書 )の 提 出 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 がある 給 与 支 払 者 は 法 個 を 問 わず すべての 従 業 員 等 ( 事 業 専 従 者 等 も 含 む)について 前 年 中 に 支 払 った 給 与 について 給 与 支 払 報 告 書 を 提 出 して いただくことになっています 地 方 税 法 第 317 条 の6

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information