( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書"

Transcription

1 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 自 主 防 災 組 織 とは 町 内 会 自 治 会 その 他 これに 準 ずる 団 体 が 市 民 自 ら の 生 命 及 び 財 産 は 市 民 自 らの 手 で 守 るという 隣 保 共 同 の 精 神 に 基 づき 地 域 の 防 災 対 策 確 立 のため 自 主 的 に 設 けた 組 織 で その 運 営 及 び 構 成 に 係 る 規 約 等 を 有 するものをいう ( 結 成 報 告 ) 第 3 条 前 条 に 規 定 する 団 体 が 自 主 防 災 組 織 を 結 成 したときは 当 該 組 織 の 長 は 自 主 防 災 組 織 結 成 届 出 書 ( 第 1 号 様 式 )に 次 に 掲 げる 書 類 を 添 えて 市 長 に 提 出 するものとする (1) 自 主 防 災 組 織 規 約 (2) 自 主 防 災 組 織 役 員 名 簿 (3) 自 主 防 災 組 織 防 災 計 画 書 ( 補 助 対 象 組 織 ) 第 4 条 この 要 綱 により 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 自 主 防 災 組 織 は 前 条 の 自 主 防 災 組 織 結 成 届 出 書 を 提 出 し 市 長 が 必 要 と 認 めた 組 織 とする ( 補 助 対 象 事 業 等 ) 第 5 条 この 要 綱 により 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 事 業 等 は 次 に 掲 げるものとする (1) 自 主 防 災 組 織 の 結 成 及 び 活 動 に 必 要 となる 資 金 (2) 自 主 防 災 組 織 の 活 動 に 必 要 となる 防 災 資 機 材 の 整 備 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 額 ) 第 6 条 この 要 綱 により 交 付 する 補 助 金 の 額 は 別 表 に 定 めるとおりとする ( 補 助 金 の 交 付 の 申 請 ) 第 7 条 補 助 金 の 交 付 の 申 請 をしようとする 自 主 防 災 組 織 の 長 は 補 助 金 交 付 申 請 書 ( 第 2 号 様 式 )に 次 に 掲 げる 書 類 を 添 えて 事 業 着 手 前 に 市 長 に 提 出 しなければならない (1) 事 業 計 画 書 ( 第 3 号 様 式 ) (2) 収 支 予 算 書 ( 第 4 号 様 式 ) ( 補 助 金 の 交 付 の 決 定 ) 第 8 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 申 請 があったときは 当 該 申 請 に 係 る 書 類 を 審 査 し 及 び 必 要 に 応 じて 現 地 を 調 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 速 やかに 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をするものとする 2 市 長 は 前 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をする 場 合 において 補 助 金 の 交 付 の 目 的 を 達 成 する ため 必 要 があるときは 条 件 を 付 すことができる 357

2 ( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 ( 第 5 号 様 式 )により 自 主 防 災 組 織 の 長 に 通 知 するものとする ( 計 画 変 更 等 の 承 認 ) 第 10 条 自 主 防 災 組 織 の 長 は 補 助 金 の 交 付 の 決 定 を 受 けた 後 において 補 助 事 業 の 内 容 を 変 更 ( 廃 止 又 は 中 止 を 含 む )しようとする 場 合 は あらかじめ 補 助 事 業 計 画 変 更 承 認 申 請 書 ( 第 6 号 様 式 )を 市 長 に 提 出 し その 承 認 を 受 けなければならない 2 市 長 は 前 項 の 規 定 により 補 助 事 業 の 計 画 変 更 承 認 の 申 請 があったときは 変 更 内 容 を 審 査 し 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 した 条 件 を 変 更 することができる 3 前 条 の 規 定 は 前 項 の 変 更 決 定 をした 場 合 について 準 用 する ( 実 績 報 告 ) 第 11 条 自 主 防 災 組 織 の 長 は 補 助 事 業 が 完 了 したとき( 補 助 事 業 の 廃 止 の 承 認 を 受 けたときを 含 む )は 完 了 した 日 から30 日 以 内 に 補 助 事 業 の 成 果 を 記 載 した 補 助 事 業 実 績 報 告 書 ( 第 7 号 様 式 )に 次 に 掲 げる 書 類 を 添 えて 市 長 に 報 告 しなければならない 補 助 金 の 交 付 の 決 定 に 係 る 市 の 会 計 年 度 が 終 了 した 場 合 も また 同 様 とする (1) 収 支 精 算 書 ( 第 8 号 様 式 ) (2) 前 号 に 掲 げるもののほか 参 考 資 料 ( 補 助 金 の 額 の 確 定 ) 第 12 条 市 長 は 前 条 の 規 定 により 補 助 事 業 の 完 了 又 は 廃 止 に 係 る 補 助 事 業 の 成 果 の 報 告 を 受 けた 場 合 においては 報 告 書 及 び 関 係 書 類 の 審 査 並 びに 必 要 に 応 じて 行 う 現 地 調 査 等 により その 報 告 に 係 る 補 助 事 業 の 成 果 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 した 条 件 に 適 合 するものであるかどうかを 調 査 し 適 合 すると 認 めたときは 交 付 すべき 補 助 金 の 額 を 確 定 するものとする 2 補 助 金 の 交 付 決 定 額 と 確 定 額 が 相 違 する 場 合 ( 第 15 条 第 2 項 の 規 定 に 該 当 する 場 合 を 除 く )につい ては 補 助 金 の 額 の 確 定 通 知 書 ( 第 9 号 様 式 )により 自 主 防 災 組 織 の 長 に 通 知 しなければならない ( 補 助 金 の 交 付 ) 第 13 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 額 を 確 定 した 後 に 自 主 防 災 組 織 の 長 からの 補 助 金 交 付 請 求 書 ( 第 10 号 様 式 )による 請 求 に 基 づき 補 助 金 を 交 付 するものとする ( 決 定 の 取 消 し) 第 14 条 市 長 は 自 主 防 災 組 織 の 長 が 補 助 金 の 他 の 用 途 への 使 用 をし その 他 補 助 事 業 に 関 して 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 又 はこれに 付 した 条 件 に 違 反 したときは 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 すことができる 2 前 項 の 規 定 は 補 助 事 業 について 交 付 すべき 補 助 金 の 額 の 確 定 があった 後 においても 適 用 があるもの とする 3 第 9 条 の 規 定 は 第 1 項 の 規 定 による 取 消 しをした 場 合 について 準 用 する ( 補 助 金 の 返 還 ) 第 15 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 を 取 り 消 した 場 合 において 補 助 事 業 の 358

3 当 該 取 消 しに 係 る 部 分 に 関 し 既 に 補 助 金 が 交 付 されているときは 期 限 を 定 めて 補 助 金 返 還 通 知 書 ( 第 11 号 様 式 )によりその 返 還 を 命 ずるものとする 2 市 長 は 第 12 条 第 1 項 の 規 定 により 自 主 防 災 組 織 の 長 に 交 付 すべき 補 助 金 の 額 を 確 定 した 場 合 にお いて 既 にその 額 を 超 える 補 助 金 が 交 付 されているときは 期 限 を 定 めて 補 助 金 返 還 通 知 書 によりその 返 還 を 命 ずるものとする ( 状 況 報 告 等 ) 第 16 条 市 長 は 必 要 に 応 じて 自 主 防 災 組 織 の 長 から 補 助 事 業 の 遂 行 の 状 況 に 関 し 報 告 を 求 め 又 は 職 員 に 補 助 事 業 の 実 地 検 査 をさせることができる ( 管 理 ) 第 17 条 自 主 防 災 組 織 の 長 は 補 助 金 で 整 備 した 防 災 資 機 材 及 び 活 動 費 の 適 正 な 維 持 管 理 及 び 運 用 に 努 めなければならない ( 譲 渡 等 の 禁 止 ) 第 18 条 自 主 防 災 組 織 の 長 は 補 助 金 で 整 備 した 防 災 資 機 材 を 第 三 者 に 譲 渡 してはならない また 活 動 費 については その 活 動 以 外 の 目 的 に 使 用 してはならない ( 帳 簿 等 の 備 付 け) 第 19 条 自 主 防 災 組 織 の 長 は 当 該 補 助 事 業 に 係 る 収 入 及 び 支 出 に 関 する 帳 簿 並 びに 証 拠 書 類 その 他 当 該 補 助 事 業 の 実 施 の 経 過 を 明 らかにする 必 要 な 書 類 を 常 に 整 備 しておかなければならない 2 自 主 防 災 組 織 の 長 は 前 項 の 帳 簿 等 を 当 該 補 助 事 業 の 完 了 後 5 年 間 保 存 しておかなければならない ( 雑 則 ) 第 20 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 は 市 長 が 定 める 附 則 この 要 綱 は 平 成 15 年 4 月 1 日 から 施 行 する 別 表 ( 第 6 条 関 係 ) 結 成 補 助 金 交 付 基 準 自 主 防 災 組 織 の 結 成 届 出 後 1 年 以 内 に 当 該 組 織 が 防 災 訓 練 を 実 施 した 場 合 1 組 織 につき1 回 を 限 度 とする 補 助 金 額 70,000 円 +(50 円 世 帯 数 ) ( 限 度 額 100,000 円 ) 活 動 補 助 金 交 付 基 準 防 災 訓 練 参 加 人 員 数 補 助 額 結 成 補 助 金 の 交 付 を 受 けた 自 主 防 災 組 織 100 人 未 満 10,000 円 に 対 して 次 年 度 から 防 災 訓 練 参 加 人 員 100 人 ~200 人 20,000 円 数 に 応 じて1 組 織 につき 年 度 1 回 を 限 度 200 人 ~300 人 30,000 円 とする 300 人 以 上 40,000 円 資 機 材 等 の 整 備 に 必 要 な 経 費 に 対 する 補 助 金 区 分 品 目 補 助 額 防 災 倉 庫 ( 簡 易 収 納 庫 ) 自 主 防 災 組 織 の 備 蓄 資 機 材 倉 庫 事 業 費 の85% 以 内 359

4 初 期 消 火 資 機 材 可 搬 式 小 型 動 力 ポンプ 可 搬 式 散 水 装 置 大 型 消 火 器 スタンドパイプ 組 立 型 水 槽 ホースボックス その 他 初 期 消 火 活 動 に 必 要 な 資 機 材 救 助 用 資 機 材 携 帯 用 無 線 通 信 機 ハンドマイク 発 電 機 投 光 器 チェーンソー エンジンカッター 可 搬 式 ウインチ チェーンブロック ジャッキ 担 架 梯 子 救 命 ロー プ 油 圧 式 救 助 器 具 その 他 救 助 活 動 に 必 要 な 資 機 材 救 護 用 資 機 材 ろ 水 器 救 急 医 療 セット 防 水 シート 揚 水 機 毛 布 簡 易 ベッド 簡 易 トイレ 炊 飯 装 置 リヤカー 防 災 井 戸 その 他 救 護 活 動 に 必 要 な 資 機 材 訓 練 用 資 機 材 人 命 救 助 訓 練 用 人 形 訓 練 用 消 火 器 具 その 他 訓 練 に 必 要 な 資 機 材 ( 限 度 額 500,000 円 ) 備 蓄 食 糧 等 の 消 耗 品 類 は 対 象 としない 算 出 された 交 付 額 に 1,000 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は 切 り 捨 てる 様 式 略 360

5 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 条 例 平 成 14 年 6 月 28 日 条 例 第 20 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 法 という ) 第 18 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 ( 以 下 警 戒 本 部 という )の 組 織 等 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 組 織 ) 第 2 条 地 震 災 害 警 戒 本 部 長 ( 以 下 本 部 長 という )は 警 戒 本 部 の 事 務 を 総 括 し 所 部 の 職 員 を 指 揮 監 督 する 2 警 戒 本 部 に 地 震 災 害 警 戒 副 本 部 長 ( 以 下 副 本 部 長 という ) 地 震 災 害 警 戒 本 部 員 ( 以 下 本 部 員 という )その 他 の 職 員 を 置 く 3 副 本 部 長 は 本 部 員 のうちから 市 長 が 委 嘱 し 又 は 任 命 する 4 副 本 部 長 は 本 部 長 を 補 佐 し 本 部 長 に 事 故 があるとき 又 は 本 部 長 が 欠 けたときは その 職 務 を 代 理 する 5 本 部 員 は 次 に 掲 げる 者 のうちから 市 長 が 委 嘱 し 又 は 任 命 する (1) 愛 知 県 警 察 の 警 察 官 (2) 市 の 教 育 委 員 会 の 教 育 長 (3) 海 部 南 部 消 防 組 合 の 職 員 (4) 市 長 の 部 内 の 職 員 (5) 市 の 地 域 において 業 務 を 行 う 法 第 2 条 第 7 号 に 規 定 する 指 定 公 共 機 関 又 は 同 条 第 8 号 に 規 定 す る 指 定 地 方 公 共 機 関 の 役 員 又 は 職 員 (6) 前 各 号 に 掲 げる 者 のほか 市 長 が 特 に 必 要 があると 認 める 者 6 本 部 員 は 本 部 長 の 命 を 受 け 警 戒 本 部 の 事 務 に 従 事 する 7 副 本 部 長 及 び 本 部 員 以 外 の 警 戒 本 部 の 職 員 ( 以 下 本 部 職 員 という )は 市 の 職 員 のうちから 市 長 が 任 命 する 8 本 部 職 員 は 警 戒 本 部 の 所 掌 事 務 について 本 部 員 を 補 佐 する ( 部 ) 第 3 条 本 部 長 は 必 要 と 認 めるときは 警 戒 本 部 に 部 を 置 くことができる 2 部 に 属 すべき 本 部 員 及 び 本 部 職 員 は 本 部 長 が 指 名 する 3 部 に 部 長 を 置 き 本 部 長 が 指 名 する 本 部 員 をもって 充 てる 4 部 長 に 事 故 があるとき 又 は 部 長 が 欠 けたときは 部 に 属 する 本 部 員 又 は 本 部 職 員 のうちから 部 長 が あらかじめ 指 名 する 者 がその 職 務 を 代 理 する ( 委 任 ) 第 4 条 この 条 例 に 定 めるもののほか 警 戒 本 部 の 組 織 等 に 関 し 必 要 な 事 項 は 本 部 長 が 定 める 361

6 附 則 この 条 例 は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 18 年 条 例 第 48 号 ) この 条 例 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 362

7 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 条 例 ( 平 成 14 年 弥 富 町 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づ き 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 ( 以 下 警 戒 本 部 という )の 組 織 及 び 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 組 織 及 び 分 掌 事 務 ) 第 2 条 警 戒 本 部 に 別 表 第 1に 掲 げる 部 及 び 班 を 置 き 同 表 に 掲 げる 事 務 を 分 掌 させる 2 部 に 部 長 班 に 班 長 及 び 班 員 を 置 き それぞれ 同 表 に 掲 げる 職 にある 者 をもって 充 てる ( 副 本 部 長 ) 第 3 条 地 震 災 害 警 戒 副 本 部 長 ( 以 下 副 本 部 長 という )は 副 市 長 教 育 長 をもって 充 てる 2 副 本 部 長 は 地 震 災 害 警 戒 本 部 長 ( 以 下 本 部 長 という )を 助 け 本 部 長 に 事 故 があるときは 副 市 長 教 育 長 の 順 位 により その 職 務 を 代 理 する ( 本 部 員 ) 第 4 条 地 震 災 害 警 戒 本 部 員 ( 以 下 本 部 員 という )は 別 表 第 2に 掲 げる 職 にある 者 をもって 充 て る 2 市 職 員 以 外 の 本 部 員 は それぞれ 所 属 する 機 関 と 警 戒 本 部 との 総 合 調 整 に 当 たるため 自 ら 警 戒 本 部 に 出 向 し 又 は 代 理 者 を 警 戒 本 部 に 派 遣 するものとする ( 本 部 の 開 設 及 び 廃 止 ) 第 5 条 本 部 長 は 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 に 規 定 する 警 戒 宣 言 が 発 せられたときは 警 戒 本 部 を 設 置 する 2 警 戒 本 部 が 設 置 されたときは 本 部 室 を 市 役 所 内 に 置 く ただし 本 部 長 が 適 当 と 認 めたときは 他 の 会 議 室 等 に 置 くことができる 3 本 部 室 に 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 標 示 をする 4 本 部 室 には 本 部 長 があらかじめ 指 名 する 本 部 員 等 を 配 置 する 5 本 部 長 は 当 該 地 震 予 知 情 報 に 係 る 地 震 災 害 に 関 し 弥 富 市 災 害 対 策 本 部 が 設 置 されたとき 又 は 法 第 9 条 第 3 項 に 規 定 する 警 戒 解 除 宣 言 があったときは 警 戒 本 部 を 廃 止 する 6 本 部 長 は 警 戒 本 部 を 開 設 し 又 は 廃 止 したときは 直 ちにその 旨 を 関 係 機 関 に 通 知 するものとす る ( 本 部 員 会 議 等 ) 第 6 条 本 部 長 は 地 震 防 災 応 急 対 策 について 協 議 するため 必 要 に 応 じて 本 部 員 会 議 を 招 集 する 2 本 部 員 会 議 は 本 部 長 副 本 部 長 及 び 本 部 員 をもって 構 成 する 3 本 部 員 は それぞれ 所 管 業 務 に 関 する 地 震 防 災 応 急 対 策 の 実 施 状 況 について 本 部 員 会 議 に 報 告 しな ければならない ( 本 部 員 等 の 心 構 え) 第 7 条 本 部 長 の 発 する 指 令 及 び 各 部 長 各 班 長 の 発 する 指 示 連 絡 等 の 伝 達 及 び 関 係 機 関 等 から 本 部 あ 363

8 ての 報 告 要 請 等 の 受 理 にあたった 者 は その 内 容 が 簡 易 な 場 合 を 除 き 別 記 様 式 を 用 いての 記 録 を 励 行 し 受 理 伝 達 の 確 実 を 期 さなければならない 2 本 部 員 等 は 警 戒 本 部 の 行 う 地 震 防 災 応 急 対 策 の 活 動 に 協 力 するため 参 集 した 関 係 機 関 関 係 団 体 及 び 一 般 の 奉 仕 者 (ボランティア)に 対 しては 誠 実 に 対 応 しなければならない 3 本 部 員 等 は 自 らの 言 動 によって 住 民 に 不 安 を 与 え 若 しくは 住 民 の 誤 解 を 招 き 又 は 警 戒 本 部 の 活 動 に 反 感 を 抱 かせないよう 厳 に 注 意 しなければならない 4 本 部 員 等 は 所 属 部 署 の 事 務 に 精 通 するように 努 めるとともに 他 の 部 署 から 協 力 を 求 められたとき は 積 極 的 にこれを 支 援 しなければならない ( 本 部 事 務 局 ) 第 8 条 警 戒 本 部 に 事 務 局 を 置 く 2 事 務 局 は 次 に 掲 げる 事 務 を 行 う (1) 地 震 防 災 応 急 対 策 等 に 関 し 警 戒 本 部 の 各 組 織 及 び 警 戒 本 部 と 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 に 関 する こと (2) 警 戒 宣 言 及 び 地 震 予 知 情 報 等 の 収 集 伝 達 に 関 すること (3) 本 部 員 会 議 に 関 すること 3 本 部 事 務 局 に 事 務 局 長 を 置 き 危 機 管 理 長 をもって 充 てる 4 事 務 局 長 は 事 務 局 の 事 務 を 統 括 し 所 属 職 員 を 指 揮 監 督 する ( 雑 則 ) 第 9 条 前 各 条 に 定 めるもののほか 警 戒 本 部 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める 第 10 条 別 表 第 3に 記 載 のある 関 係 団 体 等 は 本 部 長 から 情 報 提 供 を 求 められた 場 合 各 関 係 団 体 等 が 行 う 応 急 警 戒 活 動 等 の 情 報 を 対 策 本 部 に 提 供 できる 連 絡 体 制 を 確 立 し 情 報 提 供 をしなければならな い 附 則 この 要 綱 は 平 成 14 年 12 月 3 日 から 施 行 する 364

9 別 表 第 1( 第 2 条 関 係 ) 警 戒 宣 言 発 令 時 の 事 務 分 掌 について 注 意 : 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 は 警 戒 宣 言 発 令 に 備 えての 準 備 を 行 うものとする 部 名 部 長 班 名 班 長 班 員 事 務 分 掌 総 務 総 務 部 長 総 括 班 危 機 管 理 課 長 ( 正 ) 危 機 管 理 課 職 員 本 部 長 及 び 副 本 部 長 命 令 の 連 絡 その 部 総 務 課 長 ( 副 ) 総 務 課 職 員 他 各 部 活 動 の 調 整 に 関 すること 庁 舎 建 設 準 備 室 長 庁 舎 建 設 準 備 室 警 戒 本 部 の 運 営 記 録 に 関 すること ( 副 ) 職 員 消 防 団 の 招 集 出 動 に 関 すること 自 衛 隊 派 遣 要 請 準 備 に 関 すること 緊 急 輸 送 車 両 の 確 認 及 び 確 認 の 申 請 に 関 すること 災 害 警 戒 活 動 の 総 括 及 び 総 合 調 整 に 関 すること 警 戒 活 動 関 係 文 書 の 受 理 配 布 に 関 す ること 県 及 び 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 及 び 応 援 要 請 に 関 すること 県 に 対 する 地 震 防 災 応 急 対 策 及 び 避 難 状 況 の 報 告 に 関 すること 各 部 の 対 策 状 況 の 把 握 に 関 すること 各 部 に 対 する 事 務 の 緊 急 割 当 に 関 す ること 地 震 防 災 対 策 実 施 状 況 の 記 録 並 びに 参 考 資 料 の 収 集 に 関 すること 非 常 用 電 源 燃 料 の 確 保 に 関 するこ と 県 広 域 応 援 要 請 に 関 すること( 相 互 応 援 協 定 ) 火 災 警 戒 水 利 の 確 保 に 関 すること 避 難 の 勧 告 及 び 指 示 誘 導 に 関 するこ と 参 集 職 員 の 把 握 報 告 に 関 すること 危 険 物 等 の 措 置 に 関 すること 気 象 情 報 等 の 収 集 連 絡 に 関 すること 通 信 の 確 保 統 制 運 用 に 関 するこ と 住 民 からの 問 い 合 わせ 対 応 に 関 す ること 庁 舎 建 設 準 備 の 推 進 に 関 すること 企 画 財 政 班 秘 書 企 画 課 長 ( 正 ) 秘 書 企 画 課 職 員 避 難 勧 告 避 難 情 報 等 の 広 報 宣 伝 に 財 政 課 長 ( 副 ) 財 政 課 職 員 関 すること 365

10 部 名 部 長 班 名 班 長 班 員 事 務 分 掌 各 種 報 道 機 関 その 他 対 外 発 表 連 絡 調 整 に 関 すること 区 長 区 長 補 助 員 との 連 絡 調 整 に 関 すること 警 戒 活 動 に 伴 う 予 算 資 金 に 関 する こと 総 括 班 の 応 援 に 関 すること 税 務 収 納 税 務 課 長 ( 正 ) 税 務 課 職 員 食 料 物 資 の 輸 送 に 関 すること 会 計 班 収 納 課 長 ( 副 ) 会 計 課 長 ( 副 ) 収 納 課 職 員 会 計 課 職 員 緊 急 輸 送 車 両 燃 料 の 確 保 調 達 管 理 に 関 すること 総 括 班 の 応 援 に 関 すること 議 会 議 会 事 務 議 会 班 議 会 事 務 局 長 ( 正 ) 議 会 事 務 局 職 員 議 会 等 の 相 互 連 絡 に 関 すること 部 局 長 監 査 委 員 事 務 局 長 監 査 委 員 事 務 局 総 括 班 の 応 援 に 関 すること ( 副 ) 職 員 民 生 民 生 部 長 福 祉 児 童 班 福 祉 課 長 ( 正 ) 福 祉 課 職 員 応 急 救 助 全 般 の 具 体 策 の 樹 立 及 び 実 部 児 童 課 長 ( 副 ) 児 童 課 職 員 施 に 関 すること 避 難 所 の 開 設 管 理 に 関 すること 炊 き 出 し 準 備 に 関 すること 災 害 時 要 援 護 者 ( 高 齢 者 障 害 者 等 )の 安 全 確 保 及 び 援 助 に 関 するこ と 災 害 に 関 連 する 帰 宅 困 難 者 の 援 護 に 関 すること 日 赤 等 の 社 会 福 祉 団 体 への 連 絡 協 力 要 請 依 頼 に 関 すること 福 祉 関 係 団 体 に 関 わるボランティア 及 び 奉 仕 団 の 受 入 に 関 すること ボランティアコーディネーターに 関 すること 保 育 園 児 の 避 難 に 関 すること 市 民 支 所 班 市 民 課 長 ( 正 ) 市 民 課 職 員 避 難 所 開 設 及 び 運 営 の 応 援 に 関 する 十 四 山 支 所 長 ( 副 ) 鍋 田 支 所 職 員 十 四 山 支 所 職 員 こと 福 祉 児 童 班 の 応 援 に 関 すること 366

11 部 名 部 長 班 名 班 長 班 員 事 務 分 掌 環 境 健 康 班 環 境 課 長 ( 正 ) 環 境 課 職 員 医 療 救 護 及 び 助 産 に 関 すること 健 康 推 進 課 長 ( 副 ) 健 康 推 進 課 職 員 救 護 所 の 開 設 応 急 医 療 に 関 するこ と 医 療 品 及 び 衛 生 資 材 人 員 の 確 保 並 びに 配 分 に 関 すること 衛 生 組 合 との 連 絡 等 に 関 すること 仮 設 トイレの 調 達 設 置 管 理 に 関 すること し 尿 の 収 集 処 理 資 機 材 人 員 の 確 保 に 関 すること 瓦 礫 廃 材 等 の 処 分 の 資 機 材 人 員 の 確 保 に 関 すること 防 疫 用 薬 剤 の 確 保 人 員 の 確 保 に 関 すること 避 難 者 に 対 する 医 療 機 関 の 出 動 要 請 に 関 すること その 他 医 療 救 護 計 画 に 関 すること 高 齢 者 障 害 者 の 救 助 及 び 救 急 活 動 に 関 すること 福 祉 児 童 班 の 応 援 に 関 すること 保 険 介 護 班 保 険 年 金 課 長 ( 正 ) 保 険 年 金 課 職 員 介 護 高 齢 課 長 ( 副 ) 介 護 高 齢 課 職 員 避 難 所 開 設 及 び 運 営 の 応 援 に 関 する こと 福 祉 児 童 班 の 応 援 に 関 すること 開 発 開 発 部 長 農 政 商 工 班 農 政 課 長 ( 正 ) 農 政 課 職 員 非 常 食 を 含 む 応 急 食 料 品 の 管 理 及 び 部 商 工 観 光 課 長 ( 副 ) 商 工 観 光 課 職 員 調 達 斡 旋 の 準 備 実 施 に 関 するこ と 生 活 必 需 品 等 の 応 急 物 資 の 確 保 及 び 流 通 在 庫 量 の 把 握 に 関 すること 県 に 対 する 応 急 物 資 の 要 請 に 関 する こと 商 工 関 係 団 体 との 連 絡 に 関 すること 救 助 米 の 供 出 に 関 すること 避 難 の 指 示 誘 導 に 関 すること( 応 援 協 力 ) 用 悪 水 路 樋 門 等 農 業 施 設 の 水 防 活 動 に 関 すること 土 地 改 良 区 関 係 に 関 すること 367

12 部 名 部 長 班 名 班 長 班 員 事 務 分 掌 下 水 道 班 下 水 道 課 長 下 水 道 課 職 員 下 水 道 施 設 終 末 処 理 施 設 の 工 事 の 中 断 等 の 指 示 及 び 緊 急 保 安 措 置 に 関 すること 指 定 水 道 工 事 店 に 対 する 協 力 要 請 に 関 すること 土 木 班 の 応 援 に 関 すること 土 木 班 土 木 課 長 土 木 課 職 員 道 路 橋 梁 工 事 の 中 断 等 の 指 示 及 び 確 認 に 関 すること 建 設 業 者 に 対 する 協 力 要 請 に 関 する こと 交 通 の 制 限 及 び 規 制 に 関 すること 緊 急 輸 送 路 避 難 路 確 保 のための 障 害 物 除 去 の 資 機 材 人 員 の 確 保 に 関 すること 危 険 箇 所 等 の 把 握 及 び 現 地 確 認 調 査 に 関 すること 避 難 の 指 示 誘 導 に 関 すること( 応 援 協 力 ) 主 要 交 差 点 での 通 行 者 ( 車 両 )の 指 導 に 関 すること 都 市 計 画 班 都 市 計 画 課 長 都 市 計 画 課 職 員 公 園 河 川 街 路 等 の 障 害 物 危 険 と 思 われる 構 築 物 の 除 去 に 関 するこ と 避 難 の 指 示 誘 導 に 関 すること( 応 援 協 力 ) 仮 設 収 容 施 設 の 準 備 に 関 すること 駅 周 辺 の 滞 留 者 車 両 の 指 導 に 関 す ること 土 木 班 の 応 援 に 関 すること 教 育 教 育 部 長 学 校 教 育 生 学 校 教 育 課 長 ( 正 ) 学 校 教 育 課 職 員 教 育 施 設 における 避 難 所 の 開 設 及 び 部 涯 学 習 班 図 書 館 長 ( 副 ) 図 書 館 職 員 運 営 の 協 力 に 関 すること 生 涯 学 習 課 長 ( 副 ) 生 涯 学 習 課 職 員 避 難 者 の 受 け 入 れ 措 置 に 関 すること 歴 史 民 俗 資 料 館 警 戒 宣 言 発 令 時 における 教 員 及 び 生 職 員 徒 の 管 理 に 関 すること 十 四 山 ス ポ ー ツ 教 育 施 設 社 会 教 育 施 設 の 応 急 対 策 センター 職 員 に 関 すること 十 四 山 公 民 館 職 県 教 育 委 員 会 との 情 報 連 絡 に 関 する 員 こと 児 童 生 徒 の 避 難 等 に 関 すること 文 化 財 の 応 急 対 策 に 関 すること 368

13 別 表 第 2( 第 4 条 関 係 ) 弥 富 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 要 員 区 分 根 拠 条 文 職 選 出 方 法 備 考 本 部 長 大 規 模 地 震 対 策 措 置 法 第 18 条 市 長 副 本 部 長 市 地 震 災 害 警 戒 本 部 条 例 第 2 条 第 3 項 副 市 長 教 育 長 市 長 任 命 市 長 任 命 本 部 員 第 1 号 愛 知 県 蟹 江 警 察 署 署 長 市 長 任 命 第 2 号 教 育 委 員 会 教 育 長 市 長 任 命 第 3 号 副 市 長 総 務 部 長 民 生 部 長 開 発 部 長 市 長 任 命 市 長 任 命 市 長 任 命 市 長 任 命 第 2 条 第 5 項 教 育 部 長 議 会 事 務 局 長 市 長 任 命 市 長 任 命 第 4 号 海 部 南 部 水 道 企 業 団 事 務 局 長 市 長 任 命 Fax 弥 富 土 地 改 良 区 理 事 長 市 長 任 命 Fax 鍋 田 土 地 改 良 区 理 事 長 市 長 任 命 Fax 孫 宝 排 水 土 地 改 良 区 理 事 長 市 長 任 命 Fax 無 名 古 屋 港 管 理 組 合 西 部 港 湾 管 理 事 務 所 所 長 市 長 任 命 Fax 第 5 号 弥 富 市 消 防 団 団 長 市 長 任 命 海 部 南 部 消 防 署 署 長 市 長 任 命 消 防 無 線 369

14 別 表 第 3( 第 10 条 関 係 ) 関 係 団 体 として 応 急 警 戒 活 動 等 の 状 況 等 を 警 戒 本 部 と 連 絡 を 行 う 団 体 名 称 等 備 考 あいち 海 部 農 業 協 同 組 合 弥 富 支 店 あいち 海 部 農 業 協 同 組 合 鍋 田 支 店 あいち 海 部 農 業 協 同 組 合 十 四 山 支 店 水 資 源 開 発 公 団 木 曽 川 用 水 総 合 管 理 所 弥 富 管 理 所 海 部 地 区 水 防 事 務 組 合 Fax Fax Fax Fax 日 本 赤 十 字 社 愛 知 県 支 部 中 部 電 力 ( 株 ) 港 営 業 所 中 部 電 力 ( 株 ) 津 島 営 業 所 西 日 本 電 信 電 話 ( 株 ) 名 古 屋 支 店 災 害 対 策 本 部 ( 県 災 害 対 策 本 部 で 対 応 ) 東 海 旅 客 鉄 道 ( 株 ) 管 理 部 総 務 課 近 畿 日 本 鉄 道 ( 株 ) 蟹 江 駅 名 古 屋 鉄 道 ( 株 ) 鉄 道 企 画 管 理 部 Fax Fax Fax Fax ( 県 災 害 対 策 本 部 で 対 応 ) ( 県 災 害 対 策 本 部 で 対 応 ) ( 県 災 害 対 策 本 部 で 対 応 ) 弥 富 市 商 工 会 中 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 桑 名 保 全 サービスセンター 三 重 交 通 ( 株 ) 弥 富 市 ボランティア 連 絡 協 議 会 Fax Fax ( 総 合 福 祉 センター 内 ) 弥 富 市 医 師 会 海 部 歯 科 医 師 会 地 域 保 健 医 療 対 策 室 委 員 弥 富 市 代 表 協 定 を 締 結 している 店 舗 等 370

15 協 定 締 結 状 況 一 覧 表 番 号 協 定 名 締 結 年 月 日 締 結 先 備 考 1 一 般 廃 棄 物 処 理 に 係 る 災 害 相 互 応 援 に 関 する 協 定 書 平 成 8 年 3 月 12 日 愛 知 県 内 の 市 町 村 及 び 一 部 事 務 組 合 2 災 害 時 における 応 急 対 策 活 動 及 び 平 常 時 における 防 災 活 動 への 協 力 に 関 平 成 18 年 10 月 3 日 イオン スーパーセンター 事 業 本 部 する 協 定 書 津 島 市 愛 西 市 七 宝 町 美 和 町 甚 目 寺 3 海 部 地 方 消 防 相 互 応 援 協 定 書 平 成 18 年 11 月 1 日 町 大 治 町 蟹 江 町 飛 島 村 海 部 東 部 消 防 組 合 及 び 海 部 南 部 消 防 組 合 4 災 害 時 における 避 難 場 所 の 提 供 及 び 平 成 19 年 5 月 1 日 ワイストア 佐 古 木 店 5 6 生 活 物 資 の 供 給 に 関 する 協 定 災 害 時 における 公 共 施 設 等 の 応 急 対 策 の 協 力 に 関 する 協 定 書 災 害 時 における 避 難 場 所 の 提 供 及 び 生 活 物 資 の 供 給 に 関 する 協 定 平 成 19 年 5 月 10 日 弥 富 市 建 設 業 務 協 力 会 平 成 19 年 7 月 24 日 7 愛 知 県 防 災 ヘリコプター 支 援 協 定 平 成 19 年 8 月 1 日 ウイングプラザパディー( ヤマナカパ ディー 店 ヨシヅヤ 弥 富 駅 前 ショッ ピングセンター 協 同 組 合 ) 愛 知 県 内 の 市 町 村 及 び 消 防 事 務 に 関 する 一 部 事 務 組 合 8 災 害 時 における 生 活 物 資 の 供 給 に 関 する 協 定 平 成 20 年 1 月 8 日 弥 富 市 商 工 会 9 災 害 緊 急 放 送 に 関 する 協 定 書 平 成 20 年 4 月 1 日 西 尾 張 シーエーティーヴィ 株 式 会 社 10 災 害 時 における 公 共 施 設 等 の 応 急 対 策 の 協 力 に 関 する 協 定 書 平 成 20 年 5 月 12 日 弥 富 市 造 園 協 力 会 11 災 害 救 援 のための 災 害 ボランティア センターの 開 設 及 び 運 営 に 関 する 協 定 書 平 成 20 年 10 月 1 日 社 会 福 祉 法 人 弥 富 市 社 会 福 祉 協 議 会 12 災 害 時 における 災 害 生 活 ごみの 収 集 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 有 ) 海 部 衛 生 社 オオブユニティ 丸 二 運 搬 の 協 力 に 関 する 協 定 衛 生 ( 有 ) 弥 富 市 建 設 業 協 力 会 13 災 害 時 における 応 急 対 策 等 の 協 力 に 社 団 法 人 愛 知 県 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 平 成 23 年 7 月 1 日 関 する 基 本 協 定 士 協 会 14 災 害 時 の 情 報 交 換 に 関 する 協 定 平 成 23 年 7 月 5 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 長 15 災 害 時 における 物 資 調 達 の 協 力 に 関 する 協 定 平 成 23 年 9 月 12 日 生 活 協 同 組 合 コープあいち 16 災 害 時 における 相 互 応 援 に 関 する 協 津 島 市 愛 西 市 あま 市 大 治 町 蟹 江 平 成 24 年 2 月 20 日 定 書 町 飛 島 村 津 島 市 愛 西 市 あま 市 大 治 町 蟹 江 町 17 災 害 時 の 医 療 救 護 に 関 する 協 定 書 平 成 24 年 7 月 5 日 及 び 飛 島 村 社 団 法 人 津 島 市 医 師 会 及 び 一 般 社 団 法 人 海 部 医 師 会 災 害 時 の 歯 科 医 療 救 護 に 関 する 協 定 書 災 害 時 の 医 療 救 護 及 び 医 薬 品 等 の 供 給 についての 協 定 書 平 成 24 年 7 月 5 日 平 成 24 年 7 月 5 日 津 島 市 愛 西 市 あま 市 大 治 町 蟹 江 町 及 び 飛 島 村 津 島 市 歯 科 医 師 会 及 び 海 部 歯 科 医 師 会 津 島 市 愛 西 市 あま 市 大 治 町 蟹 江 町 及 び 飛 島 村 一 般 社 団 法 人 津 島 海 部 薬 剤 師 会 20 応 急 給 水 支 援 器 具 の 管 理 及 び 使 用 に 関 する 協 定 書 平 成 24 年 7 月 25 日 海 部 南 部 水 道 企 業 団 21 電 柱 への 広 告 付 き 避 難 所 等 誘 導 看 板 弥 富 市 商 工 会 中 電 興 業 株 式 会 社 及 びテル 平 成 24 年 9 月 25 日 の 掲 出 に 関 する 協 定 ウェル 西 日 本 株 式 会 社 22 浦 安 市 弥 富 市 災 害 時 における 相 互 応 援 に 関 する 協 定 書 平 成 24 年 9 月 27 日 浦 安 市 23 災 害 発 生 時 における 緊 急 放 送 に 関 す 平 成 25 年 4 月 19 日 西 尾 張 シーエーティーヴィ 株 式 会 社 る 協 定 書 24 アマチュア 無 線 による 災 害 時 の 情 報 収 集 等 に 関 する 協 定 書 平 成 26 年 3 月 20 日 弥 富 防 災 ハムクラブ 25 名 古 屋 市 近 隣 市 町 村 と 生 活 協 同 組 合 コープあいちとの 災 害 時 応 急 生 活 物 資 供 給 等 の 協 力 に 関 する 協 定 書 平 成 26 年 7 月 22 日 生 協 法 人 生 活 協 同 組 合 コープあいち 26 大 規 模 地 震 時 における 避 難 所 の 応 急 危 険 度 判 定 業 務 に 関 する 協 定 書 平 成 26 年 7 月 24 日 公 益 社 団 法 人 愛 知 建 築 士 会 371

16 日 光 川 流 域 排 水 調 整 要 綱 ( 排 水 調 整 の 目 的 ) 第 一 条 昭 和 52 年 9 月 1 日 に 施 行 された 日 光 川 水 系 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 の 趣 旨 に 基 づき 二 級 河 川 日 光 川 流 域 において 流 域 の 排 水 のために 設 置 された 排 水 機 の 排 水 調 整 は 現 在 の 河 川 の 整 備 水 準 を 上 回 る 洪 水 に 見 舞 われ 河 川 からの 越 水 及 び 破 堤 などに よる 氾 濫 のおそれがあるとき 外 水 氾 濫 による 沿 川 の 甚 大 な 浸 水 被 害 の 発 生 を 回 避 し 人 的 被 害 の 防 止 並 びに 財 産 及 び 経 済 的 被 害 を 軽 減 することを 目 的 として 実 施 するものであ る ( 用 語 の 定 義 ) 第 二 条 この 要 綱 で 用 いる 用 語 は 以 下 のように 定 義 する 一 河 川 管 理 者 二 級 河 川 日 光 川 ( 以 下 日 光 川 という )の 河 川 管 理 者 をいう 二 戸 田 川 管 理 者 二 級 河 川 戸 田 川 の 河 川 管 理 者 をいう 三 排 水 機 流 域 内 の 降 雨 に 対 し 一 定 の 計 画 規 模 内 で 浸 水 被 害 の 解 消 を 目 的 に 設 置 された 排 水 機 をいう 排 水 機 には 河 川 管 理 者 が 管 理 する 河 川 排 水 機 ( 日 光 川 の 河 口 に 設 置 し た 排 水 機 及 び 一 級 河 川 木 曽 川 等 他 流 域 に 排 水 する 排 水 機 を 除 く ) 並 びに 河 川 管 理 者 以 外 の 者 が 管 理 する 内 水 排 水 機 とを 含 む 四 排 水 調 整 現 在 の 河 川 の 整 備 水 準 を 上 回 る 洪 水 時 に 排 水 機 の 運 転 を 調 整 し 河 川 への 排 水 を 停 止 することをいう 五 河 川 の 整 備 水 準 河 川 から 越 水 又 は 破 堤 などすることなく 安 全 に 洪 水 を 流 下 させる 河 川 の 疎 通 能 力 をいう 六 外 水 氾 濫 河 川 からの 越 水 又 は 破 堤 などにより 河 川 を 流 下 する 洪 水 が 沿 川 の 流 域 に 流 出 して 浸 水 することをいう 七 排 水 調 整 対 象 流 域 基 準 地 点 又 は 副 基 準 地 点 ( 以 下 基 準 地 点 等 という )の 水 位 に 対 応 して 排 水 調 整 を 実 施 すべき 流 域 をいい 単 独 あるいは 複 数 の 単 位 流 域 から 構 成 され る 八 単 位 流 域 排 水 調 整 を 実 施 するにあたっての 最 小 の 流 域 区 分 として 基 準 地 点 等 に 対 応 して 分 割 した 流 域 をいう 九 関 係 機 関 別 途 定 める 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 において 掲 げる 行 政 機 関 等 をいう 十 基 準 地 点 日 光 川 における 排 水 調 整 を 判 断 するために 設 定 する 河 川 水 位 を 観 測 する 水 位 観 測 所 をいう 十 一 副 基 準 地 点 日 光 川 の 支 川 における 排 水 調 整 を 判 断 するために 設 定 する 河 川 水 位 を 観 測 する 水 位 観 測 所 をいう 十 二 準 備 水 位 基 準 地 点 等 の 河 川 水 位 が 当 該 の 水 位 に 到 達 した 場 合 に 排 水 調 整 に 必 要 な 措 置 を 迅 速 に 実 施 できるように 準 備 を 開 始 する 水 位 をいう 372

17 十 三 停 止 水 位 基 準 地 点 等 の 河 川 水 位 が 当 該 の 水 位 に 到 達 した 場 合 に 排 水 調 整 を 行 う 水 位 をいう 十 四 排 水 再 開 水 位 排 水 調 整 を 行 ったのち 基 準 地 点 等 の 河 川 水 位 が 当 該 の 水 位 を 下 回 っ た 場 合 に 排 水 調 整 を 解 除 し 排 水 機 の 排 水 を 再 開 する 水 位 をいう ( 排 水 調 整 の 法 的 根 拠 等 ) 第 三 条 排 水 調 整 は 河 川 法 ( 昭 和 三 十 九 年 法 律 第 百 六 十 七 号 以 下 法 という ) 第 一 条 及 び 第 二 条 の 規 定 に 基 づく 河 川 管 理 及 び 排 水 機 の 管 理 者 が 排 水 機 の 操 作 の 一 環 として 実 施 する ただし 河 川 管 理 者 又 は 戸 田 川 管 理 者 ( 以 下 河 川 管 理 者 等 という )において も 河 川 水 位 情 報 に 関 することについて 関 係 機 関 に 通 知 するものとする また 準 用 河 川 及 び 普 通 河 川 については それぞれの 管 理 者 がこの 要 綱 に 準 じて 措 置 又 は 通 知 を 実 施 する 2 河 川 からの 越 水 及 び 破 堤 が 生 じた 場 合 は 河 川 管 理 者 が 排 水 調 整 を 発 令 する また 準 用 河 川 及 び 普 通 河 川 については それぞれの 管 理 者 がこの 要 綱 に 準 じて 発 令 する ( 対 象 流 域 ) 第 四 条 この 要 綱 に 基 づき 排 水 調 整 を 行 う 流 域 は 二 級 河 川 日 光 川 水 系 の 全 流 域 とする ( 単 位 流 域 と 対 象 排 水 機 ) 第 五 条 単 位 流 域 は 以 下 の 三 区 域 とし 別 表 第 一 に 各 単 位 流 域 に 属 する 市 町 村 を 示 す 一 日 光 川 下 流 域 西 尾 張 中 央 道 ( 新 日 光 川 橋 )より 下 流 の 日 光 川 が 排 水 を 担 う 流 域 二 日 光 川 上 流 域 西 尾 張 中 央 道 ( 新 日 光 川 橋 )より 上 流 の 日 光 川 が 排 水 を 担 う 流 域 三 戸 田 川 流 域 戸 田 川 排 水 機 場 より 上 流 の 戸 田 川 が 排 水 を 担 う 流 域 2 単 位 流 域 内 の 排 水 調 整 を 行 う 排 水 機 は 前 項 に 定 める 流 域 内 の 二 級 河 川 準 用 河 川 及 び 普 通 河 川 に 排 水 を 行 う 排 水 機 とする ただし 準 用 河 川 及 び 普 通 河 川 については それぞれの 管 理 者 が この 要 綱 に 準 じて 措 置 をとるものとする なお 各 単 位 流 域 の 対 象 排 水 機 は 別 表 第 二 のとおりとする ( 基 準 地 点 等 と 排 水 調 整 対 象 流 域 ) 第 六 条 排 水 調 整 の 基 準 となる 基 準 地 点 等 は 別 表 第 三 の 水 位 観 測 所 とする 2 各 基 準 地 点 等 に 対 応 する 排 水 調 整 対 象 流 域 は 別 表 第 四 の 単 位 流 域 とする ( 排 水 調 整 の 事 前 通 知 等 ) 第 七 条 基 準 地 点 等 の 水 位 が 別 表 第 五 に 示 す 準 備 水 位 に 到 達 したときは 河 川 管 理 者 等 か ら 関 係 機 関 へ 河 川 の 水 位 情 報 を 通 知 するものとし 関 係 機 関 のうち 通 知 を 受 けた 第 五 条 第 1 項 各 号 に 定 める 単 位 流 域 内 の 該 当 市 町 村 ( 以 下 単 位 流 域 内 の 該 当 市 町 村 とい う )は 同 条 第 2 項 に 定 める 排 水 調 整 を 行 う 排 水 機 の 管 理 者 ( 以 下 排 水 機 の 管 理 者 と いう )に 伝 達 するものとする ( 排 水 調 整 の 通 知 及 び 発 令 ) 第 八 条 基 準 地 点 等 の 水 位 が 別 表 第 五 に 示 す 停 止 水 位 に 到 達 したときは 河 川 管 理 者 等 か ら 関 係 機 関 へ 河 川 の 水 位 情 報 を 通 知 するものとし 単 位 流 域 内 の 該 当 市 町 村 は 同 条 第 2 項 に 定 める 排 水 調 整 を 行 う 排 水 機 の 管 理 者 に 伝 達 するものとする 2 基 準 地 点 の 水 位 が 別 表 第 五 に 示 す 停 止 水 位 以 下 の 場 合 であっても 別 図 に 示 す 日 光 川 373

18 の 地 点 において 河 川 からの 越 水 又 は 破 堤 が 発 生 したときは 河 川 管 理 者 は 関 係 機 関 へ 排 水 機 を 停 止 すべき 旨 を 発 令 するものとし 流 域 ( 戸 田 川 流 域 を 除 く ) 内 の 全 ての 該 当 市 町 村 は 排 水 機 の 管 理 者 に 排 水 調 整 を 発 令 するものとする ( 排 水 調 整 の 解 除 等 の 通 知 及 び 発 令 ) 第 九 条 前 条 第 一 項 の 排 水 調 整 を 実 施 したときに 基 準 地 点 等 の 水 位 が 別 表 第 五 に 示 す 排 水 再 開 水 位 を 下 回 ったときは 河 川 管 理 者 等 から 関 係 機 関 へその 旨 を 通 知 するものとし 単 位 流 域 内 の 該 当 市 町 村 は 排 水 機 の 管 理 者 に 伝 達 するものとする 2 第 七 条 に 定 める 準 備 水 位 を 下 回 ったときは 河 川 管 理 者 等 から 関 係 機 関 へ 河 川 の 水 位 情 報 を 通 知 するものとし 単 位 流 域 内 の 該 当 市 町 村 は 排 水 機 の 管 理 者 に 伝 達 するものと する 3 前 条 第 二 項 の 排 水 調 整 の 解 除 は 越 水 又 は 破 堤 した 箇 所 の 応 急 復 旧 が 完 了 したとき 若 しくは 河 川 の 水 位 が 低 下 し 排 水 機 を 運 転 しても 破 堤 箇 所 等 からの 浸 水 のおそれがなくなった ときに 河 川 管 理 者 から 関 係 機 関 へその 旨 を 通 知 するものとし 流 域 ( 戸 田 川 流 域 を 除 く ) 内 の 全 ての 該 当 市 町 村 は 排 水 機 の 管 理 者 に 伝 達 するものとする ( 通 知 及 び 発 令 の 内 容 ) 第 十 条 排 水 機 の 排 水 調 整 の 通 知 等 の 内 容 は 別 表 第 六 のとおりとする ( 排 水 機 管 理 者 への 伝 達 及 び 報 告 ) 第 十 一 条 第 七 条 から 第 九 条 までに 定 める 通 知 又 は 発 令 を 市 町 村 から 伝 達 された 排 水 機 の 管 理 者 は 排 水 調 整 を 実 施 し その 内 容 を 当 該 市 町 村 に 速 やかに 報 告 する 2 前 項 の 報 告 を 受 けた 市 町 村 は 排 水 調 整 の 実 施 内 容 を 別 表 第 六 に 定 める 様 式 により 当 該 市 町 村 を 管 轄 する 河 川 管 理 者 に 速 やかに 報 告 するものとする 3 戸 田 川 流 域 については 第 1 項 の 報 告 を 受 けた 市 町 村 は 排 水 調 整 の 実 施 内 容 を 別 表 第 六 に 定 める 様 式 により 戸 田 川 管 理 者 に 速 やかに 報 告 するものとし 戸 田 川 管 理 者 は 河 川 管 理 者 に 速 やかに 報 告 するものとする ( 通 知 等 の 方 法 ) 第 十 二 条 第 七 条 から 第 九 条 まで 及 び 第 十 一 条 に 定 める 通 知 及 び 伝 達 等 の 方 法 は 別 途 設 置 する 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 において 定 めるものとする ( 操 作 規 則 の 制 定 ) 第 十 三 条 各 排 水 機 管 理 者 は 排 水 調 整 の 内 容 を 明 記 した 操 作 規 則 を 制 定 し 二 級 河 川 及 び 準 用 河 川 に 存 する 排 水 機 に 係 るものにあっては 法 第 二 十 六 条 第 一 項 の 規 定 による 許 可 を 受 ける ものとする 2 前 項 に 定 める 操 作 規 則 には 各 排 水 機 の 排 水 地 点 の 上 下 流 において 越 水 又 は 破 堤 のお それがある 場 合 の 排 水 調 整 の 実 施 についても 明 記 するものとする ( 操 作 規 則 の 位 置 付 け) 第 十 四 条 この 要 綱 は 日 光 川 流 域 の 各 河 川 に 排 水 することを 目 的 として 設 置 される 全 て の 排 水 機 について 定 められる 操 作 規 則 において 位 置 付 けるものとする ただし 既 設 の 排 水 機 にあっては 操 作 規 則 が 改 定 されるまでの 間 に 行 われる 操 作 についてもこの 要 綱 374

19 の 規 定 によるものとする ( 雑 則 ) 第 十 五 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 排 水 調 整 に 関 し 必 要 な 事 項 は 関 係 市 町 村 の 長 ( 名 古 屋 市 は 副 市 長 ) 及 び 県 関 係 部 局 長 で 構 成 する 日 光 川 流 域 治 水 対 策 協 議 会 において 定 めるものとする 2 この 要 綱 に 定 める 内 容 に 疑 義 が 生 じた 場 合 又 は 河 川 改 修 の 進 捗 気 象 状 況 及 び 排 水 調 整 の 実 態 等 の 変 化 により この 要 綱 を 変 更 する 必 要 が 生 じた 場 合 には 日 光 川 流 域 治 水 対 策 協 議 会 に 諮 り 変 更 するものとする 附 則 この 要 綱 は 平 成 22 年 7 月 1 日 から 施 行 する なお 昭 和 52 年 9 月 1 日 施 行 の 日 光 川 水 系 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 はこの 要 綱 の 施 行 の 日 に 廃 止 する 375

20 ( 別 表 第 一 : 第 五 条 第 1 項 関 係 ) 各 単 位 流 域 の 市 町 村 分 割 区 域 日 光 川 下 流 域 日 光 川 上 流 域 戸 田 川 流 域 名 古 屋 市 一 宮 市 津 島 市 稲 沢 市 愛 西 市 弥 富 市 あま 市 大 治 町 蟹 江 町 飛 島 村 ( 別 表 第 二 : 第 五 条 第 2 項 関 係 ) 日 光 川 流 域 の 排 水 機 一 覧 排 出 先 河 川 名 区 分 No. 機 場 名 市 町 村 名 管 理 者 名 下 流 107 大 神 場 第 2 位 置 排 水 量 距 離 標 左 岸 右 岸 (m 3 /s) 弥 富 市 十 四 山 土 地 改 良 区 宝 川 0k 下 流 108 六 箇 弥 富 市 十 四 山 土 地 改 良 区 宝 川 0k 下 流 109 孫 宝 弥 富 市 孫 宝 排 水 土 地 改 良 区 宝 川 1k 下 流 110 孫 宝 第 2 弥 富 市 孫 宝 排 水 土 地 改 良 区 宝 川 1k 計 排 水 量 は 包 絡 ポンプ 計 画 現 況 値 等 を 記 載 表 内 容 は 随 時 更 新 ( 別 表 第 三 : 第 六 条 第 1 項 関 係 ) 基 準 地 点 単 位 流 域 日 光 川 下 流 域 日 光 川 上 流 域 戸 田 川 流 域 基 準 地 点 等 日 光 川 内 水 位 観 測 所 古 瀬 水 位 観 測 所 戸 田 水 位 観 測 所 位 置 日 光 川 -4k/800 日 光 川 9k/800 戸 田 川 1k/050 設 置 場 所 海 部 郡 飛 島 村 大 字 梅 之 郷 字 宮 東 日 光 川 排 水 機 場 愛 西 市 古 瀬 町 村 前 14 番 地 先 名 古 屋 市 南 区 南 陽 町 大 字 茶 屋 後 新 田 字 二 ノ 割 1275 管 理 者 愛 知 県 海 部 建 設 事 務 所 愛 知 県 海 部 建 設 事 務 所 愛 知 県 尾 張 建 設 事 務 所 376

21 ( 別 表 第 四 : 第 六 条 第 2 項 関 係 ) 基 準 地 点 と 排 水 調 整 対 象 流 域 基 準 地 点 副 基 準 地 点 日 光 川 内 水 位 観 測 所 古 瀬 水 位 観 測 所 戸 田 水 位 観 測 所 日 光 川 下 流 域 - - 排 水 調 整 日 光 川 上 流 域 - - 対 象 流 域 戸 田 川 流 域 - - ( 別 表 第 五 : 第 七 条 第 一 項 第 八 条 第 一 項 第 九 条 第 一 項 関 係 ) 基 準 地 点 の 基 準 水 位 河 川 名 日 光 川 戸 田 川 基 準 地 点 日 光 川 内 水 位 観 測 所 古 瀬 水 位 観 測 所 戸 田 水 位 観 測 所 準 備 水 位 T.P.1.05m T.P.1.5m T.P.-1.90m 停 止 水 位 T.P.1.35m T.P.1.7m T.P.-1.70m 排 水 再 開 水 位 T.P.1.25m T.P.1.6m T.P.-1.75m ( 別 表 第 六 : 第 七 条 第 八 条 第 九 条 第 十 条 第 十 一 条 関 係 ) 通 知 等 の 様 式 一 覧 通 知 等 の 内 容 条 項 日 光 川 内 水 位 観 測 所 基 準 地 点 古 瀬 水 位 観 測 所 副 基 準 地 点 戸 田 水 位 観 測 所 準 備 第 七 条 様 式 1-1 様 式 1-2 第 1 項 様 式 2-1 様 式 2-3 停 止 第 八 条 第 2 項 様 式 2-2 再 開 第 九 条 第 1 項 様 式 3-1 様 式 3-4 第 2 項 様 式 3-2 様 式 3-5 解 除 第 九 条 第 3 項 様 式 3-3 通 知 等 の 条 項 排 水 調 整 報 告 内 容 第 1 項 様 式 4-2 停 止 第 八 条 第 2 項 再 開 第 九 条 第 1 項 様 式 4 1 様 式 4-2 第 2 項 様 式 4-2 解 除 第 九 条 第 3 項 377

22 ( 別 図 : 第 八 条 第 2 項 関 係 ) 378

23 FAX 第 3 編 附 属 資 料 別 紙 様 式 1-1 関 係 機 関 殿 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 神 田 真 秋 日 光 川 流 域 の 排 水 調 整 準 備 水 位 の 通 知 受 報 時 間 月 日 時 分 緊 急 連 絡 第 受 報 者 号 平 成 年 月 日 時 分 発 表 日 光 川 内 水 位 観 測 所 1 日 光 川 流 域 排 水 調 整 基 準 地 点 の 水 位 が 古 瀬 水 位 観 測 所 2 平 成 年 月 日 時 分 に T.P.1.05m 3 排 水 調 整 準 備 水 位 に 達 しました T.P.1.5m 日 光 川 下 流 域 4 排 水 調 整 準 備 対 象 流 域 は です 日 光 川 上 流 域 連 絡 先 海 部 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 ファックス 注 1 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 に 基 づく 水 位 情 報 通 知 です 2 このファックスを 受 報 した 者 は 直 ちに 上 欄 の 受 報 時 間 等 を 記 載 してください 3 各 建 設 事 務 所 は 発 報 確 認 をしてください 防 災 行 政 無 線 電 話 発 報 確 認 経 路 海 部 建 設 事 務 所 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 津 島 市 ( 上 流 ) 愛 西 市 ( 上 流 ) 弥 富 市 ( 下 流 ) あま 市 ( 上 流 下 流 ) 大 治 町 ( 下 流 ) 蟹 江 町 ( 上 流 下 流 ) 飛 島 村 ( 下 流 ) 名 古 屋 市 ( 下 流 ) 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 一 宮 市 ( 上 流 ) 稲 沢 市 ( 上 流 ) 379

24 FAX 第 3 編 附 属 資 料 別 紙 様 式 2-1 関 係 機 関 殿 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 神 田 真 秋 受 報 時 間 月 日 時 分 緊 急 連 絡 第 受 報 者 号 平 成 年 月 日 時 分 発 表 日 光 川 流 域 の 排 水 停 止 水 位 の 通 知 日 光 川 内 水 位 観 測 所 1 日 光 川 流 域 排 水 調 整 基 準 地 点 の 水 位 が 古 瀬 水 位 観 測 所 2 平 成 年 月 日 時 分 に T.P.1.35m 3 排 水 停 止 水 位 に 達 しました T.P.1.7m 日 光 川 下 流 域 4 排 水 停 止 対 象 流 域 は です 日 光 川 上 流 域 5 各 市 町 村 は 排 水 調 整 状 況 報 告 をお 願 いします 連 絡 先 海 部 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 ファックス 注 1 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 に 基 づく 水 位 情 報 通 知 です 2 このファックスを 受 報 した 者 は 直 ちに 上 欄 の 受 報 時 間 等 を 記 載 してください 3 各 建 設 事 務 所 は 発 報 確 認 をしてください 4 各 市 町 村 は 措 置 後 排 水 調 整 状 況 報 告 ( 様 式 4)を 提 出 してください 防 災 行 政 無 線 電 話 発 報 確 認 経 路 海 部 建 設 事 務 所 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 津 島 市 ( 上 流 ) 愛 西 市 ( 上 流 ) 弥 富 市 ( 下 流 ) あま 市 ( 上 流 下 流 ) 大 治 町 ( 下 流 ) 蟹 江 町 ( 上 流 下 流 ) 飛 島 村 ( 下 流 ) 名 古 屋 市 ( 下 流 ) 一 宮 市 ( 上 流 ) 稲 沢 市 ( 上 流 ) 380

25 FAX 第 3 編 附 属 資 料 別 紙 様 式 2-2 関 係 機 関 殿 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 神 田 真 秋 日 光 川 流 域 の 排 水 停 止 について 受 報 時 間 月 日 時 分 緊 急 指 令 第 受 報 者 号 平 成 年 月 日 時 分 発 表 1 川 地 先 において 2 平 成 年 月 日 時 分 頃 越 水 3 しましたので 破 堤 4 日 光 川 流 域 排 水 機 の 排 水 を 停 止 することを 命 じます 5 排 水 停 止 対 象 流 域 は 戸 田 川 流 域 を 除 く 全 ての 流 域 です 6 各 市 町 村 は 排 水 調 整 状 況 報 告 をお 願 いします 連 絡 先 海 部 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 ファックス 注 1 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 に 基 づく 水 位 情 報 通 知 です 2 このファックスを 受 報 した 者 は 直 ちに 上 欄 の 受 報 時 間 等 を 記 載 してください 3 各 建 設 事 務 所 は 発 報 確 認 をしてください 4 各 市 町 村 は 措 置 後 排 水 調 整 状 況 報 告 ( 様 式 4)を 提 出 してください 防 災 行 政 無 線 電 話 発 報 確 認 経 路 海 部 建 設 事 務 所 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 津 島 市 ( 上 流 ) 愛 西 市 ( 上 流 ) 弥 富 市 ( 下 流 ) あま 市 ( 上 流 下 流 ) 大 治 町 ( 下 流 ) 蟹 江 町 ( 上 流 下 流 ) 飛 島 村 ( 下 流 ) 名 古 屋 市 ( 下 流 ) 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 一 宮 市 ( 上 流 ) 稲 沢 市 ( 上 流 ) 381

26 FAX 第 3 編 附 属 資 料 別 紙 様 式 3-1 関 係 機 関 殿 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 神 田 真 秋 日 光 川 流 域 の 排 水 再 開 水 位 の 通 知 受 報 時 間 月 日 時 分 緊 急 連 絡 第 受 報 者 号 平 成 年 月 日 時 分 発 表 日 光 川 内 水 位 観 測 所 1 日 光 川 流 域 排 水 調 整 基 準 地 点 の 水 位 が 古 瀬 水 位 観 測 所 2 平 成 年 月 日 時 分 に T.P.1.25m 3 排 水 再 開 水 位 を 下 回 りましたので 排 水 機 の 運 転 が 再 開 できます T.P.1.6m 日 光 川 下 流 域 4 排 水 停 止 対 象 流 域 は です 日 光 川 上 流 域 5 各 市 町 村 は 排 水 調 整 状 況 報 告 をお 願 いします 連 絡 先 海 部 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 ファックス 注 1 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 に 基 づく 水 位 情 報 通 知 です 2 このファックスを 受 報 した 者 は 直 ちに 上 欄 の 受 報 時 間 等 を 記 載 してください 3 各 建 設 事 務 所 は 発 報 確 認 をしてください 4 各 市 町 村 は 措 置 後 排 水 調 整 状 況 報 告 ( 様 式 4)を 提 出 してください 防 災 行 政 無 線 電 話 発 報 確 認 経 路 海 部 建 設 事 務 所 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 津 島 市 ( 上 流 ) 愛 西 市 ( 上 流 ) 弥 富 市 ( 下 流 ) あま 市 ( 上 流 下 流 ) 大 治 町 ( 下 流 ) 蟹 江 町 ( 上 流 下 流 ) 飛 島 村 ( 下 流 ) 名 古 屋 市 ( 下 流 ) 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 一 宮 市 ( 上 流 ) 稲 沢 市 ( 上 流 ) 382

27 FAX 別 紙 様 式 3-2 関 係 機 関 殿 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 神 田 真 秋 受 報 時 間 月 日 時 分 緊 急 連 絡 第 第 3 編 附 属 資 料 受 報 者 号 平 成 年 月 日 時 分 発 表 日 光 川 流 域 の 排 水 調 整 準 備 水 位 に 係 る 通 知 日 光 川 内 水 位 観 測 所 1 日 光 川 流 域 排 水 調 整 基 準 地 点 の 水 位 が 古 瀬 水 位 観 測 所 2 平 成 年 月 日 時 分 に T.P.1.05m 3 排 水 調 整 準 備 水 位 を 下 回 りましたので 排 水 調 整 準 備 は T.P.1.5m 解 除 になります 日 光 川 下 流 域 4 排 水 調 整 準 備 対 象 流 域 は です 日 光 川 上 流 域 連 絡 先 海 部 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 ファックス 注 1 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 に 基 づく 水 位 情 報 通 知 です 2 このファックスを 受 報 した 者 は 直 ちに 上 欄 の 受 報 時 間 等 を 記 載 してください 3 各 建 設 事 務 所 は 発 報 確 認 をしてください 防 災 行 政 無 線 電 話 発 報 確 認 経 路 海 部 建 設 事 務 所 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 津 島 市 ( 上 流 ) 愛 西 市 ( 上 流 ) 弥 富 市 ( 下 流 ) あま 市 ( 上 流 下 流 ) 大 治 町 ( 下 流 ) 蟹 江 町 ( 上 流 下 流 ) 飛 島 村 ( 下 流 ) 名 古 屋 市 ( 下 流 ) 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 一 宮 市 ( 上 流 ) 稲 沢 市 ( 上 流 ) 383

28 FAX 第 3 編 附 属 資 料 別 紙 様 式 3-3 関 係 機 関 殿 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 神 田 真 秋 受 報 時 間 月 日 時 分 緊 急 指 令 第 受 報 者 号 平 成 年 月 日 時 分 発 表 日 光 川 流 域 の 排 水 停 止 の 解 除 について 1 川 地 先 において 2 平 成 年 月 日 時 分 頃 越 水 3 に 対 する 応 急 復 旧 が 完 了 し なおかつ 河 川 の 水 位 が 低 下 し 排 水 機 の 運 転 による 破 堤 破 堤 箇 所 などからの 浸 水 のおそれがなくなったので 排 水 機 の 排 水 停 止 措 置 を 解 除 します 4 排 水 調 整 停 止 解 除 対 象 流 域 は 戸 田 川 流 域 を 除 く 全 ての 流 域 です 5 各 市 町 村 は 排 水 調 整 状 況 報 告 をお 願 いします 連 絡 先 海 部 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 ファックス 注 1 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 に 基 づく 水 位 情 報 通 知 です 2 このファックスを 受 報 した 者 は 直 ちに 上 欄 の 受 報 時 間 等 を 記 載 してください 3 各 建 設 事 務 所 は 発 報 確 認 をしてください 4 各 市 町 村 は 措 置 後 排 水 調 整 状 況 報 告 ( 様 式 4)を 提 出 してください 防 災 行 政 無 線 電 話 発 報 確 認 経 路 海 部 建 設 事 務 所 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 津 島 市 ( 上 流 ) 愛 西 市 ( 上 流 ) 弥 富 市 ( 下 流 ) あま 市 ( 上 流 下 流 ) 大 治 町 ( 下 流 ) 蟹 江 町 ( 上 流 下 流 ) 飛 島 村 ( 下 流 ) 名 古 屋 市 ( 下 流 ) 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 FAX 一 宮 市 ( 上 流 ) 稲 沢 市 ( 上 流 ) 384

29 別 紙 様 式 4 1 平 成 年 月 日 河 川 管 理 者 愛 知 県 知 事 殿 ( 市 町 村 長 ) 日 光 川 流 域 の 排 水 調 整 状 況 について( 第 報 ) 平 成 年 月 日 時 分 現 在 の 管 内 排 水 機 の 排 水 調 整 状 況 は 下 記 のとおりです 区 分 日 光 川 下 流 域 日 光 川 上 流 域 番 号 排 水 機 場 名 運 転 停 止 日 時 運 転 再 開 日 時 備 考 合 計 排 水 機 場 排 水 機 場 排 水 機 場 報 告 担 当 者 市 役 所 ( 町 村 役 場 ) 課 氏 名 連 絡 先 電 話 番 号 注 1 本 表 番 号 欄 排 水 機 場 名 は 日 光 川 流 域 排 水 調 整 要 綱 別 表 第 一 の 記 載 と 一 致 させること 2 報 告 担 当 連 絡 先 は 現 在 確 実 に 連 絡 できる 電 話 番 号 を 記 載 すること 3 再 開 報 告 にあたっては 停 止 報 告 時 の 報 告 書 の 運 転 再 開 日 時 欄 に 記 入 し 第 二 報 等 とする こと 385

30 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 要 綱 ( 目 的 ) 第 一 条 二 級 河 川 日 光 川 流 域 において 河 川 の 越 水 及 び 破 堤 による 氾 濫 のおそれがあると き 日 光 川 流 域 排 水 調 整 要 綱 ( 平 成 22 年 7 月 1 日 制 定 )に 基 づき 河 川 及 び 内 水 の 排 水 のために 設 置 された 排 水 機 の 運 転 調 整 ( 以 下 排 水 調 整 という )を 実 施 するために 必 要 となる 防 災 及 び 水 防 機 関 への 通 知 並 びに 情 報 の 伝 達 収 集 を 円 滑 に 実 施 することを 目 的 に 日 光 川 流 域 排 水 対 策 調 整 連 絡 会 議 ( 以 下 連 絡 会 義 という)を 設 置 する ( 連 絡 会 議 の 職 務 ) 第 二 条 連 絡 会 義 は 前 条 の 目 的 を 達 成 するため 以 下 の 事 項 について 定 める 一 防 災 水 防 に 関 する 関 係 機 関 相 互 の 情 報 の 収 集 伝 達 方 法 二 河 川 管 理 者 が 発 した 排 水 調 整 の 発 令 などの 通 知 伝 達 方 法 及 び 通 知 先 機 関 三 前 各 号 に 掲 げるもののほか 排 水 調 整 を 実 施 することにより 必 要 となる 事 項 ( 組 織 ) 第 三 条 連 絡 会 義 は 別 表 に 掲 げる 行 政 機 関 の 職 にあるものにより 構 成 する 2 連 絡 会 議 には 会 長 を 置 く 3 連 絡 会 議 には 副 会 長 を 置 く 4 連 絡 会 議 には 事 務 局 を 置 く ( 会 長 等 ) 第 四 条 連 絡 会 義 の 会 長 は 愛 知 県 建 設 部 河 川 課 長 とする 2 連 絡 会 議 の 副 会 長 は 愛 知 県 海 部 建 設 事 務 所 流 域 調 整 監 とする 会 長 に 事 故 があるとき は 副 会 長 が 会 長 の 職 を 代 行 する 3 会 長 は 議 事 その 他 の 会 務 を 総 括 する ( 連 絡 会 議 の 開 催 ) 第 五 条 連 絡 会 議 の 開 催 は 会 長 が 招 集 する ( 事 務 局 ) 第 六 条 連 絡 会 議 の 事 務 局 は 愛 知 県 建 設 部 河 川 課 におく 2 事 務 局 は 会 長 の 指 示 により 連 絡 会 議 の 会 務 を 処 理 する ( 雑 則 ) 第 七 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 連 絡 会 議 の 運 営 に 必 要 な 事 項 は 別 に 定 めることが できるものとする 2 この 連 絡 会 議 において 定 めた 事 項 は 各 市 町 村 が 定 める 地 域 防 災 計 画 及 び 水 防 計 画 に 記 載 し 関 係 者 に 周 知 を 図 るものとする 附 則 この 要 綱 は 平 成 22 年 7 月 1 日 から 施 行 する 386

31 < 別 表 > 機 関 部 局 官 職 愛 知 県 防 災 局 災 害 対 策 課 長 農 林 水 産 部 農 林 基 盤 担 当 局 農 地 計 画 課 長 建 設 部 河 川 課 長 ( 会 長 ) 尾 張 県 民 事 務 所 防 災 保 安 課 長 同 海 部 県 民 センター 県 民 安 全 防 災 課 長 尾 張 農 林 水 産 事 務 所 建 設 課 長 同 一 宮 支 所 同 上 海 部 農 林 水 産 事 務 所 同 上 尾 張 建 設 事 務 所 維 持 管 理 課 長 一 宮 建 設 事 務 所 同 上 海 部 建 設 事 務 所 流 域 調 整 監 ( 副 会 長 ) 名 古 屋 市 防 災 水 防 部 局 主 務 課 長 一 宮 市 同 上 同 上 津 島 市 同 上 同 上 江 南 市 同 上 同 上 稲 沢 市 同 上 同 上 愛 西 市 同 上 同 上 清 須 市 同 上 同 上 弥 富 市 同 上 同 上 あま 市 同 上 同 上 大 治 町 同 上 同 上 蟹 江 町 同 上 同 上 飛 島 村 同 上 同 上 愛 知 県 尾 張 水 害 予 防 組 合 事 務 局 長 海 部 地 区 水 防 事 務 組 合 同 上 387

32 日 光 川 流 域 の 排 水 調 整 の 通 知 伝 達 系 統 図 < 日 光 川 下 流 域 ( 日 光 川 内 水 位 観 測 所 )> の 市 町 及 び 各 機 関 は 愛 知 県 高 度 情 報 通 信 ネットワーク(FAX 一 斉 指 令 )に より 直 接 海 部 建 設 事 務 所 から 水 位 情 報 等 の 通 知 がある の 市 町 村 は 排 水 調 整 対 象 の 排 水 機 があり 県 に 対 し 排 水 調 整 報 告 を 行 う 情 報 連 絡 等 排 水 調 整 状 況 報 告 水 位 情 報 通 知 等 愛 知 県 河 川 課 fax 報 道 機 関 愛 知 県 防 災 局 災 害 対 策 課 愛 知 県 農 地 計 画 課 f a x 防 災 行 政 無 線 電 話 愛 知 県 海 部 建 設 事 務 所 水 位 情 報 通 知 等 発 報 確 認 排 水 調 整 状 況 報 告 海 部 地 区 水 防 事 務 組 合 愛 知 県 尾 張 県 民 事 務 所 海 部 県 民 センター 愛 知 県 海 部 農 林 水 産 事 務 所 津 島 市 愛 西 市 弥 富 市 あま 市 大 治 町 蟹 江 町 飛 町 島 村 排 水 機 管 理 者 排 水 機 管 理 者 排 水 機 管 理 者 排 水 機 管 理 者 排 水 機 管 理 者 排 水 機 管 理 者 排 水 機 管 理 者 愛 知 県 尾 張 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 fax 愛 知 県 尾 張 県 民 事 務 所 愛 知 県 尾 張 農 林 水 産 事 務 所 名 古 屋 市 排 水 機 管 理 者 清 須 市 愛 知 県 一 宮 建 設 事 務 所 電 話 防 災 行 政 無 線 fax 尾 張 水 害 予 防 組 合 fax 愛 知 県 尾 張 農 林 水 産 事 務 所 一 宮 支 所 一 宮 市 排 水 機 管 理 者 江 南 市 稲 沢 市 排 水 機 管 理 者 例 水 位 情 報 通 知 等 は 海 部 建 設 事 務 所 から 全 機 関 に 発 信 されますが その 発 報 確 認 は 尾 張 建 設 事 務 所 の 管 内 については 排 水 機 がある 市 に 対 して 尾 張 建 設 事 務 所 が 行 い 尾 張 建 設 事 務 所 はその 旨 を 海 部 建 設 事 務 所 に 報 告 する 排 水 状 況 報 告 も 同 じ 経 路 により 行 う 388

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案)

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案) 横 浜 市 記 者 発 表 資 料 平 成 27 年 2 月 3 日 建 築 局 違 反 対 策 課 緑 区 白 山 四 丁 目 の 宅 地 造 成 等 規 制 法 違 反 に 対 して 行 政 代 執 行 法 に 基 づく 代 執 行 令 書 を 交 付 しました 平 成 26 年 10 月 の 台 風 18 号 による 大 雨 に 伴 い 違 反 造 成 地 において 大 規 模 な 崖 崩 れが

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

平成15・16年度の建設工事入札参加資格の認定について

平成15・16年度の建設工事入札参加資格の認定について 測 量 建 設 コンサルタント 等 業 務 入 札 参 加 資 格 審 査 要 領 ( 目 的 ) 第 1 測 量 建 設 コンサルタント 等 業 務 発 注 事 務 処 理 要 綱 第 3 条 に 規 定 する 資 格 審 査 ( 以 下 資 格 審 査 という ) 及 び 業 務 分 野 別 格 付 については,この 要 領 の 定 めるところによる ( 総 合 数 値 ) 第 2 資 格 審

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1 松 山 市 条 制 定 時 の 市 民 意 見 聴 取 経 過 表 ( 3 月 市 議 会 提 出 分 ) 総 務 部 文 書 法 制 作 成 条 名 条 の 概 要 提 出 日 番 号 手 続 の 種 別 実 施 日 ( 期 間 ) 実 施 した 聴 取 手 続 の 内 容 を 実 施 しない 場 合 はその 理 由 担 当 1 松 山 市 職 員 の 分 限 に 関 する 条 等 の 一 部 を

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備 消 防 情 第 96 号 平 成 28 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 消 防 庁 国 民 保 護 防 災 部 防 災 情 報 室 長 ( 公 印 省 略 ) 災 害 時 の 住 民 への 情 報 伝 達 体 制 の 更 なる 強 化 について 昨 今 の 水 害 や 土 砂 災 害 においては 避 難 勧 告 等 や 防 災 気 象 情 報 が 住 民

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information