本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03) まで 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2"

Transcription

1 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~

2 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03) まで 2

3 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める 検 討 作 業 が 本 格 化 している 三 位 一 体 の 改 革 は 1 国 から 地 方 への 補 助 金 ( 国 庫 補 助 負 担 金 )の 削 減 2 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 3 地 方 交 付 税 の 見 直 しの 三 本 柱 からなり 2004 年 度 から3 年 間 で 約 4 兆 円 の 補 助 金 の 削 減 と 概 ね3 兆 円 規 模 の 税 源 移 譲 が 行 われる 予 定 である 今 年 6 月 に 閣 議 決 定 された 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革 に 関 する 基 本 方 針 2004 (いわゆ る 骨 太 の 方 針 2004 )において 三 位 一 体 の 改 革 における 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への 税 源 移 譲 が 明 記 された これまでは 国 庫 補 助 負 担 金 の 削 減 が 注 目 を 浴 びてきたが 今 後 は 税 源 移 譲 の 内 容 が 焦 点 となる 見 込 みである 現 在 のところ 2006 年 度 までに 国 税 である 所 得 税 のうち3 兆 円 程 度 を 地 方 税 である 個 人 住 民 税 に 移 譲 し その 際 個 人 住 民 税 を 税 率 10%で 定 率 化 する 案 が 有 力 である 一 方 で 全 国 知 事 会 などの 地 方 6 団 体 や 関 西 社 会 経 済 研 究 所 などの 調 査 機 関 は 消 費 税 から 地 方 消 費 税 への 移 譲 も 提 案 している 総 務 省 や 内 閣 府 も 発 表 資 料 で 同 様 の 言 及 をしており 消 費 税 も 移 譲 税 源 の 有 力 な 選 択 肢 の 一 つとなる だろう このような 税 源 移 譲 をめぐる 議 論 は これから 最 大 の 山 場 を 迎 える そこで 以 下 では 三 位 一 体 の 改 革 で 目 指 すべき 地 方 税 のあり 方 とそれにふさわしい 税 源 移 譲 の 方 策 を 検 討 し たい 具 体 的 には 地 方 分 権 が 進 展 している 欧 米 諸 国 での 地 方 税 体 系 はどうなっているの か 地 方 税 において 個 人 所 得 課 税 や 消 費 課 税 の 割 合 が 増 えることは 理 にかなっているのか 地 方 税 である 個 人 所 得 課 税 の 比 例 税 率 化 を 行 っている 国 はあるのか 等 をサーベイする そ の 上 で これら 欧 米 諸 国 の 事 例 を 踏 まえて わが 国 が 目 指 すべき 税 源 移 譲 の 方 向 性 につい て 留 意 点 を 提 示 する 1. 地 方 税 の 理 論 的 考 察 そもそも 日 本 をはじめ 各 国 の 地 方 税 体 系 は どのような 考 えに 基 づき 形 成 されてきたの だろうか まず それをみていくことにしよう (1) 地 方 税 原 則 日 本 においては 旧 自 治 省 時 代 から 地 方 税 原 則 が 明 文 化 されている 自 治 省 地 方 税 制 の 現 状 とその 運 営 の 実 態 (1997 年 )によれば 地 方 税 にふさわしい 税 目 の 特 性 は 1 収 入 が 十 分 なものであり かつ 普 遍 的 なもの 2 収 入 に 安 定 性 があるもの 3 収 入 に 伸 張 性 があるもの 4 負 担 分 任 性 があるもの 5 地 方 団 体 の 行 政 又 は 施 設 と 関 連 があるもの( 応 益 性 ) 6 地 方 の 自 主 性 があるもの の6つとされている 一 方 ヨーロッパ 地 方 自 治 憲 章 では 地 方 税 に 関 するガイドラインとして 1 支 払 能 力 に 応 じた 公 平 な 負 担 とすること 2 相 当 の 税 収 を 得 るとともに 徴 税 コスト 及 び 納 税 コストが 少 ないこと 3 納 税 者 にとって 税 負 担 が 明 確 であること 4 地 方 政 府 が 一 定 の 範 囲 で 税 率 操 作 権 を 有 すること 5サービス 水 準 が 異 なるのでない 限 り 税 率 が 大 きく 異 な 3

4 り 過 ぎないようにすること 6 経 済 社 会 に 対 する 歪 み をもたらさないようにするこ と 7 費 用 の 増 大 に 応 じた 税 収 の 伸 張 性 をある 程 度 持 つこと があげられている ヨーロ ッパの 地 方 税 に 関 するガイドラインは 地 方 政 府 の 税 率 操 作 権 に 触 れるなど 地 方 政 府 に よる 独 自 性 を 重 視 しており 日 本 における 地 方 税 原 則 に 比 べ 地 方 分 権 を 踏 まえた 内 容 に なっているといえよう (2) 課 税 ベースの 特 質 続 いて 主 要 な 課 税 ベースについて その 特 徴 と 各 国 での 採 用 状 況 を 見 ることとする a. 資 産 課 税 固 定 資 産 税 をはじめとする 資 産 課 税 は 税 源 の 地 理 的 な 特 定 が 容 易 であり 受 益 と 負 担 の 関 係 が 明 確 である さらに 景 気 変 動 の 影 響 を 受 けにくいため 税 収 も 安 定 的 である こ のため 欧 米 の 地 方 税 は 歴 史 的 に 資 産 課 税 が 中 心 であり 現 在 も 地 方 税 として 多 くの 国 で 採 用 されている しかし 経 済 成 長 に 応 じた 税 収 の 伸 張 性 に 乏 しい 面 がある b. 個 人 所 得 課 税 個 人 所 得 課 税 は 伸 張 性 に 欠 ける 資 産 課 税 の 補 完 的 役 割 として 地 方 における 行 政 サー ビスの 費 用 を 住 民 が 広 く 負 担 するための 税 とされてきた 具 体 的 に 見 ると ドイツ アメリカ カナダなど 連 邦 国 家 1 の 州 で 個 人 所 得 課 税 の 割 合 が 高 い 単 一 国 家 では スウェーデンと 日 本 において 割 合 が 多 い いずれの 国 も 地 方 だ けでなく 国 でも 個 人 所 得 課 税 を 行 っている 他 方 イギリス フランスにおいては 地 方 で は 個 人 所 得 課 税 を 行 っていない c. 法 人 所 得 課 税 法 人 所 得 課 税 は 経 済 成 長 に 伴 う 税 収 増 が 他 の 税 以 上 に 期 待 できるが 景 気 変 動 による 税 収 増 減 が 非 常 に 大 きいため 景 気 低 迷 期 には 大 幅 な 税 収 減 が 生 じる 地 方 税 としてみた 場 合 法 人 所 得 は 地 理 的 に 偏 在 しており 自 治 体 間 の 税 収 格 差 が 大 きい また 選 挙 権 を 持 たない 法 人 への 課 税 は 地 域 行 政 サービスの 受 益 負 担 の 関 係 をあいまいにし 地 方 自 治 体 の 財 政 運 営 に 関 する 住 民 への 説 明 責 任 を 不 明 確 にするという 問 題 も 抱 えている このため 日 本 ドイツを 除 き 地 方 税 収 に 占 める 法 人 所 得 課 税 の 比 重 は 小 さい また ドイツでも 自 治 体 の 法 人 所 得 課 税 について 問 題 意 識 があり 営 業 税 2 は 縮 小 の 方 向 にある d. 消 費 課 税 ( 一 般 消 費 課 税 ) 消 費 課 税 は 応 益 性 が 高 く 地 域 的 な 偏 在 が 少 ない 等 の 特 徴 をもつことから 日 本 ア メリカ ドイツ カナダなどで 採 用 されている アメリカでは 州 ごとに 税 率 が 異 なるが 日 本 ドイツにおいては 州 地 方 独 自 の 税 率 設 定 は 行 われていない なお EUは 消 費 1 連 邦 国 家 とは 複 数 の 州 または 国 家 が 結 合 し 全 体 を 包 括 する 一 つの 枠 組 みとして 形 成 された 国 家 の こと 一 方 連 邦 国 家 ではなく 単 体 の 国 家 が 単 一 国 家 と 呼 ばれる 本 稿 においては 単 一 国 家 とし て 日 本 イギリス フランス スウェーデンが 連 邦 国 家 としてドイツ アメリカ カナダがそれぞ れ 該 当 する 2 営 業 収 益 をベースに 法 人 に 課 される 税 4

5 課 税 の 地 域 別 複 数 税 率 の 設 定 を 制 限 している このことから 地 方 自 治 体 が 税 率 を 決 める べきであるとの 考 え 方 に 立 つイギリスとフランスでは 地 域 ごとに 異 なる 消 費 税 率 が 設 定 されることを 回 避 するため 自 治 体 が 消 費 課 税 を 徴 収 することは 認 めていない 3 2. 各 国 の 地 方 税 概 観 ~データ 比 較 ~ 次 に 具 体 的 なデータに 基 づいて 欧 米 諸 国 の 地 方 税 の 現 状 を 確 認 し 比 較 考 察 する (1) 国 の 総 税 収 に 占 める 地 方 税 の 割 合 まず 中 央 政 府 と 地 方 政 府 を 合 わせた 全 税 収 に 占 める 地 方 税 の 割 合 を 比 較 する( 図 表 1) 単 一 国 家 では 日 本 が 42.1%で 最 も 高 くなっている スウェーデン フランスがそれに 続 き 最 も 低 いイギリスは 5.5%となっている 連 邦 国 家 で 見 ると 州 税 と 市 町 村 税 4 をあわ せた 地 方 税 は カナダが 50%を 超 えているのを 筆 頭 に ドイツ アメリカとも 40%を 超 え ている 州 税 と 市 町 村 税 の 割 合 は アメリカが3 対 2で 市 町 村 税 の 割 合 が 最 も 多 く カナ ダが4 対 1と 市 町 村 税 の 割 合 が 最 も 低 くなっている 全 体 的 に 単 一 国 家 に 比 べ 連 邦 国 家 のほうが 地 方 税 の 割 合 が 高 い 図 表 1 全 税 収 に 占 める 州 地 方 税 収 の 割 合 (2002 年 ) (2) 地 方 の 歳 入 における 税 収 の 割 合 続 いて 地 方 歳 入 に 占 める 地 方 税 の 割 合 を 見 ると( 図 表 2) 単 一 国 家 では 68.2%のス ウェーデンが 最 も 高 い 日 本 はイギリス(16.0%)に 次 いで 低 い 34.3%である 連 邦 国 家 では ドイツ カナダの 州 は 6~7 割 と 高 めである ただし ドイツの 市 町 村 は3 割 を 切 っている アメリカは 州 も 市 町 村 も4 割 強 である 全 体 では 連 邦 国 家 とスウェーデン 3 なお フランスにおいて 石 油 製 品 内 国 消 費 税 が 地 方 に 移 譲 されることになったが このことは EU の 規 定 との 関 係 で 議 論 を 呼 んでいる 4 連 邦 国 家 の 州 の 下 に 位 置 する 自 治 体 について ドイツは 市 町 村 アメリカ 及 びカナダは 地 方 政 府 と 訳 すことが 多 いが ここでは 国 中 央 に 対 する 地 方 と 区 別 するため 市 町 村 で 統 一 する 5

6 において 地 方 税 の 割 合 が 高 く その 他 の 単 一 国 家 では 地 方 税 の 割 合 は 低 めである 図 表 2 地 方 歳 入 の 内 訳 (3) 地 方 税 の 課 税 ベース 地 方 税 の 税 目 の 数 に 注 目 すると イギリス 及 びスウェーデンでは 単 一 税 目 であり その 他 の 国 においては 複 数 税 目 となっている( 図 表 3) 地 方 税 の 主 な 内 訳 を 個 人 所 得 課 税 法 人 所 得 課 税 資 産 課 税 消 費 課 税 といった 課 税 ベースごとでみると イギリス フラン スの 地 方 税 は 資 産 課 税 中 心 となっている スウェーデンでは 個 人 所 得 課 税 が 100%である 連 邦 国 家 であるドイツ アメリカ カナダの 地 方 税 については 個 人 所 得 課 税 と 消 費 課 税 が 多 くなっている 州 と 市 町 村 に 分 けてみると 州 では 個 人 所 得 課 税 と 消 費 課 税 が 多 く 市 町 村 では 資 産 課 税 の 割 合 が 高 くなっている ドイツの 市 町 村 では 個 人 所 得 課 税 も 多 く なっている なお フランスにおいてはその 他 の 税 が 48%を 占 めているが その 大 部 分 は 職 業 税 5 である 日 本 の 地 方 税 では 資 産 課 税 が 最 も 割 合 が 高 くなっているが 個 人 所 得 課 税 法 人 所 得 課 税 資 産 課 税 消 費 課 税 がそれぞれ 15~30% 程 度 でバランスがとれており 欧 米 諸 国 とは 異 なる 特 徴 を 持 っている 特 に 法 人 所 得 課 税 の 割 合 が 7か 国 中 で 一 番 高 く なっている 6 5 個 人 事 業 者 及 び 法 人 に 対 し 事 業 用 固 定 資 産 と 支 払 給 与 に 課 税 される 税 OECD の 税 務 統 計 上 は その 他 に 分 類 される なお 支 払 給 与 に 基 づく 部 分 は 2003 年 をもって 廃 止 された 6 なお ドイツの 市 町 村 において 法 人 所 得 課 税 の 割 合 が 20.6%と 高 くなっているが 地 方 ( 州 と 市 町 村 6

7 図 表 3 課 税 ベース 別 地 方 税 の 内 訳 (2002 年 ) 3. 各 国 の 地 方 税 収 構 造 ~ 国 別 内 容 比 較 ~ 続 いて 欧 米 諸 国 の 地 方 税 構 造 の 特 徴 とその 背 景 を 国 別 にみてみよう (1) 各 国 ごとの 特 徴 とその 背 景 a. イギリス イギリスの 地 方 税 の 特 徴 は 固 定 資 産 税 のみの 単 一 税 目 であることである また 税 目 はレイト( 住 宅 事 業 税 )から 人 頭 税 さらにカウンシル( 財 産 ) 税 へと 変 遷 しているが いずれも 応 益 性 が 高 い 地 方 財 政 の 一 般 会 計 収 支 は 税 率 で 調 整 するため 毎 期 税 率 が 変 更 される また かつて 法 人 の 地 方 税 であった 事 業 税 レイトが 国 税 化 されるなど 投 票 権 を 持 たない 法 人 への 課 税 が 過 度 にならないよう 配 慮 されている b. フランス フランスの 地 方 税 は 税 目 が 多 い 中 でも 資 産 税 職 業 税 が 中 心 で 税 収 が 安 定 的 で 地 理 的 な 確 定 が 容 易 であることが 特 徴 である フランスでは 地 方 税 には 地 方 の 自 主 性 が 発 の 合 計 )として 見 ると 7.7%であり 日 本 に 比 べて 小 さい 割 合 である 7

8 揮 されるべきという 考 えがあり 長 く 付 加 価 値 税 所 得 税 法 人 税 は 地 方 税 にふさわしく ないとされてきた c. スウェーデン スウェーデンの 地 方 税 は イギリス 同 様 単 一 税 目 である 税 目 は 個 人 所 得 課 税 のみで あり 応 益 性 を 考 慮 して 一 定 税 率 で 課 税 されている(なお 国 の 所 得 課 税 は 累 進 課 税 ) 地 方 政 府 は 個 人 所 得 以 外 に 課 税 できず 国 全 体 の 個 人 所 得 課 税 の 96.7%が 地 方 税 となって いる また 地 方 の 一 般 会 計 収 支 は 税 率 で 調 整 する スウェーデンの 地 方 税 体 系 は 19 世 紀 までは 固 定 資 産 課 税 中 心 だった その 後 自 治 体 の 業 務 拡 大 とともに 経 済 成 長 に 応 じた 税 収 が 確 保 できる 個 人 所 得 課 税 の 比 重 が 増 していった d. ドイツ ドイツは 連 邦 州 市 町 村 で 税 を 共 有 する 共 同 税 方 式 を 採 用 している 州 では 個 人 所 得 課 税 と 消 費 課 税 が また 市 町 村 では 個 人 所 得 課 税 中 心 の 税 目 となっている 1955~56 年 所 得 法 人 税 が 連 邦 州 の 共 同 税 に また 営 業 税 不 動 産 税 が 市 町 村 税 となったが 1969 年 には 市 町 村 における 税 収 の 安 定 性 確 保 のため 共 同 税 に 付 加 価 値 税 ( 消 費 課 税 )は 追 加 された さらに 1998 年 所 得 税 付 加 価 値 税 の 一 部 を 市 町 村 へ 配 分 することになった 現 在 地 方 の 法 人 所 得 課 税 ( 営 業 税 )は 縮 小 方 向 にある e. アメリカ カナダ アメリカ カナダにおいては 州 や 市 町 村 ごとに 税 目 は 異 なるが 州 では 個 人 所 得 税 と 一 般 消 費 税 が また 市 町 村 では 固 定 資 産 税 が 主 な 税 目 となっている アメリカ カナダの いずれにおいても 一 般 会 計 収 支 を 地 方 税 の 税 率 で 調 整 している 州 や 市 町 村 が 多 い アメリカでは 連 邦 税 の 原 則 であった 税 収 の 人 口 比 例 分 配 が 困 難 であった 資 産 課 税 は 地 方 税 にされていた 州 は 合 衆 国 憲 法 制 定 以 前 から 独 自 に 課 税 権 を 行 使 しており 憲 法 によってその 課 税 権 が 制 限 されなかった このため 州 ごとに 独 自 の 税 体 系 が 構 築 されて いる カナダにおいては 州 は 憲 法 で 直 接 税 に 関 する 権 限 しか 持 たなかったが 解 釈 や 条 文 の 変 更 によりその 権 限 を 拡 大 してきた 現 在 は 州 ごとに 独 自 の 税 体 系 が 構 築 されてい る (2) 国 際 的 な 地 方 税 の 傾 向 まとめ これまで 見 てきた 欧 米 諸 国 の 地 方 税 の 傾 向 をまとめると( 図 表 4) 単 一 国 家 型 スウ ェーデン 型 連 邦 国 家 型 に 分 けることができる a. 単 一 国 家 型 イギリス フランスといった 単 一 国 家 では 租 税 全 体 に 占 める 地 方 税 の 割 合 が 低 くなっ ており 地 方 歳 入 における 地 方 税 の 割 合 も 低 い 両 国 とも 資 産 課 税 を 中 心 に 据 えていることから 応 益 原 則 と 税 収 の 安 定 性 を 重 視 してい る また 選 挙 権 を 持 たない 法 人 に 対 する 地 方 課 税 は 制 限 される 方 向 にあり 法 人 所 得 課 税 の 割 合 は 低 くなっている 8

9 地 方 の 一 般 会 計 収 支 を 税 率 の 上 げ 下 げによって 調 整 するなど 地 方 による 税 率 決 定 権 を 重 視 する 傾 向 がある また 地 方 税 の 全 国 均 一 課 税 という 考 え 方 もなく 地 域 ごとの 税 源 の 偏 在 度 が 高 いか 低 いかという 観 点 があまり 見 られない これは 税 収 の 大 小 は 地 域 ごと に 税 率 を 決 定 して 対 処 すべきだという 考 えが 浸 透 しているためと 考 えられる 7 b. スウェーデン 型 スウェーデンは 単 一 国 家 であるが イギリスやフランスとは 異 なり 租 税 全 体 に 占 める 地 方 税 の 割 合 が 比 較 的 高 く 地 方 歳 入 における 地 方 税 の 割 合 も 大 きい 地 方 税 体 系 は 個 人 所 得 課 税 中 心 となっている c. 連 邦 国 家 型 連 邦 国 家 であるドイツやアメリカ カナダでは 租 税 全 体 に 占 める 地 方 税 の 割 合 が 高 く 地 方 歳 入 における 税 収 の 割 合 も 比 較 的 高 くなっている 地 方 税 体 系 においては 州 では 個 人 所 得 課 税 と 消 費 課 税 が また 市 町 村 では 資 産 課 税 が 多 いという 特 徴 もある(ただしドイ ツの 市 町 村 では 資 産 課 税 はそれほど 大 きくない) 連 邦 国 家 が 持 つ 単 一 国 家 と 異 なる 特 徴 は 次 の2 点 である 一 点 目 は 連 邦 国 家 の 地 方 政 府 においては 資 産 課 税 のみでなく 個 人 所 得 課 税 による 税 収 も 多 いことである 二 点 目 は 消 費 課 税 が 地 方 税 として 導 入 されていることである 消 費 課 税 は 安 定 した 財 源 であり 景 気 変 動 で 大 きく 増 減 する 個 人 所 得 課 税 を 補 うことができるためである これら3 類 型 のうち もっとも 地 方 分 権 的 なのは 地 方 税 の 割 合 を 高 くする 仕 組 みとな っている 連 邦 国 家 型 であるといえよう 図 表 4 地 方 税 体 系 の 分 類 7 なお 他 の 北 欧 諸 国 においても 個 人 所 得 課 税 は 地 方 税 収 の 大 部 分 を 占 めており(デンマーク 91.2% ノルウェー88.0% フィンランド 85.3% いずれも 2002 年 ) 北 欧 型 と 称 することもできよう 9

10 4. 日 本 の 地 方 税 体 系 これまでみてきたように 欧 米 諸 国 における 地 方 税 の 考 え 方 のうち 最 も 地 方 分 権 が 進 んでいるのは 連 邦 国 家 型 であり 地 方 分 権 をめざす 日 本 が 学 ぶべき 点 も 多 くあると 思 われ る そこで 具 体 的 な 教 訓 を 導 き 出 す 前 に ここで 改 めて 日 本 の 地 方 税 はどのようになっ ているかをみてみよう 第 一 に わが 国 の 地 方 政 府 の 税 収 構 成 比 をみると 個 人 所 得 法 人 所 得 消 費 資 産 へ の 課 税 のバランスが 取 れているという 特 徴 が 指 摘 できる( 前 出 図 表 3) このような 税 収 構 造 により それぞれの 課 税 ベースの 長 所 と 短 所 が 互 いに 補 完 される 形 となっている 第 二 に 欧 米 諸 国 における 地 方 税 体 系 との 大 きな 違 いは わが 国 は 法 人 所 得 課 税 8 の 割 合 が 高 く 地 方 税 の 主 要 な 税 目 の 一 つとなっていることである 法 人 所 得 課 税 は 地 方 全 体 でみると 18.2% 都 道 府 県 のみだと 30.3%を 占 めており 都 道 府 県 税 の 中 では 一 番 高 い 割 合 となっている 法 人 所 得 課 税 は 自 治 体 間 の 税 収 格 差 の 大 きな 原 因 となっており( 図 表 5) 法 人 所 得 は 景 気 の 影 響 を 受 けやすいことから 税 収 の 不 安 定 要 因 でもある なお 2004 年 度 から 法 人 事 業 税 に 外 形 標 準 課 税 が 導 入 されたが 外 形 標 準 課 税 の 割 合 は 法 人 事 業 税 の 4 分 の1にとどまっており 外 形 標 準 課 税 の 導 入 は 税 収 の 安 定 化 にあまり 大 きな 効 果 を 持 たない 三 つ 目 に わが 国 の 地 方 税 には 標 準 税 率 が 設 定 されているものが 多 く 全 国 的 にほぼ 均 一 な 税 負 担 水 準 にあるという 特 徴 も 挙 げられる 地 方 税 法 上 9 財 政 上 の 特 別 な 理 由 がある 場 合 は 地 方 自 治 体 が 標 準 税 率 を 使 わなくてもよいことになっているが 税 率 の 上 限 である 制 限 税 率 が 課 されており 地 方 の 裁 量 範 囲 が 小 さい 四 番 目 の 特 徴 として 標 準 税 率 を 上 回 る 超 過 課 税 が 選 挙 権 がない 法 人 に 課 されるケー スが 多 いことが 指 摘 できる 市 町 村 民 税 でみると 法 人 住 民 税 ( 法 人 税 割 )の 超 過 課 税 は 1,426 団 体 (2003 年 4 月 1 日 現 在 )で 行 われており 個 人 住 民 税 の 所 得 割 に 超 過 課 税 が 見 られないのと 比 べると 対 照 的 である 図 表 5 都 道 府 県 税 収 の 地 域 格 差 (2002 年 度 ) 8 わが 国 の 地 方 税 における 法 人 所 得 課 税 には 法 人 事 業 税 ( 都 道 府 県 税 )と 法 人 住 民 税 ( 都 道 府 県 税 及 び 市 町 村 税 )がある 法 人 二 税 と 呼 ばれることも 多 い 9 地 方 税 法 第 1 条 第 5 項 10

11 5. 税 源 移 譲 案 の 検 討 このような 内 外 の 地 方 税 の 特 徴 を 踏 まえた 上 で わが 国 において 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 をどのように 行 うべきかを 検 討 する 骨 太 の 方 針 2003 において 税 源 移 譲 は 基 幹 税 の 充 実 を 基 本 とすると 示 されており ここでは 基 幹 税 の 移 譲 を 想 定 したいくつかの 案 を 検 討 する 検 討 の 観 点 は 次 の2つである 1つ 目 は 国 から 地 方 へ 確 実 に 税 収 源 を 移 すことができ るかである 2つ 目 は 地 方 税 についての 権 限 移 譲 を 伴 い 地 方 分 権 を 実 質 的 に 促 進 する ことが 可 能 かどうかである 具 体 的 には 最 も 地 方 分 権 的 な 連 邦 国 家 型 の 地 方 税 体 系 に 見 られるように 応 益 原 則 や 税 収 の 安 定 性 地 方 による 税 率 決 定 権 が 確 保 されているかなど である 案 1 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への 移 譲 国 税 である 所 得 税 から 地 方 税 である 個 人 住 民 税 へ 移 譲 する 案 である これは 政 府 の 骨 太 の 方 針 2004 に 明 記 された 内 容 であり 現 在 最 も 実 施 の 可 能 性 が 高 い 税 源 移 譲 方 法 であ る 具 体 的 数 値 が 上 げられており 個 人 住 民 税 の 税 率 を 10%で 定 率 化 し 累 進 課 税 は 国 税 である 所 得 税 に 一 元 化 する 案 が 有 力 である 地 方 6 団 体 や 内 閣 府 総 務 省 をはじめ さ まざまな 機 関 や 研 究 者 によって 提 唱 されている この 案 は 徴 収 する 地 方 側 にも 徴 税 ノウハウがあり 移 譲 に 関 して 事 務 の 混 乱 が 少 ない と 見 られる スウェーデンや 連 邦 国 家 においても 個 人 所 得 課 税 は 地 方 税 の 基 幹 税 となっ ており わが 国 でも 個 人 住 民 税 の 基 幹 税 としての 機 能 を 強 化 していくことは 望 ましい 方 向 である また マクロ 的 に 見 ればこの 税 源 移 譲 で 国 民 の 負 担 が 変 わることなく 国 税 から 地 方 へ 税 源 移 譲 することが 可 能 である また 定 率 税 にすることで 応 益 性 が 確 保 できる 地 方 税 が 定 率 国 税 が 累 進 課 税 である 点 は スウェーデンと 同 じである さらに 住 民 に わかりやすい 税 率 設 定 であるという 利 点 もある ただし 税 源 移 譲 に 伴 ってミクロ 的 な 税 負 担 は 変 わり 低 所 得 者 については 税 負 担 増 と なることもあり 得 る 案 2 消 費 税 から 地 方 消 費 税 への 移 譲 現 在 国 税 4 対 地 方 税 1の 割 合 で 配 分 される 消 費 税 について 地 方 の 割 合 を 増 やすとい う 案 である この 案 も 地 方 6 団 体 や 内 閣 府 総 務 省 をはじめ さまざまな 機 関 や 研 究 者 によって 提 唱 されている 消 費 税 については 地 域 格 差 が 少 なく 税 収 が 安 定 している さらに 低 所 得 者 層 への 一 定 の 課 税 が 可 能 であり 応 益 性 もある これらの 点 において 消 費 税 は 地 方 税 として 理 想 の 税 目 である また 消 費 税 と 個 人 所 得 税 とのタックス ミックスは 個 人 所 得 税 のみの 移 譲 と 比 べて 税 収 格 差 を 緩 和 することができる このタックスミックスが 採 用 されれば わが 国 の 地 方 税 は 連 邦 国 家 のアメリカ カナダに 近 づく 形 となる 11

12 なお 消 費 課 税 のような 間 接 税 は 徴 収 方 法 に 配 慮 が 必 要 である 考 えられる 方 法 は 1 国 が 一 括 徴 収 し 地 方 に 配 分 する 2 地 方 がそれぞれ 徴 収 し 国 税 分 を 国 に 納 める 3 国 地 方 がそれぞれ 独 自 に 徴 収 する の3 種 類 である 現 在 日 本 では1の 方 式 ( 国 が 一 括 徴 収 して 最 終 消 費 額 に 基 づいて 各 地 方 に 配 分 する 形 式 )を 取 っているが 地 域 ごとに 異 な る 税 率 が 設 定 されることを 想 定 した 徴 収 方 法 も 検 討 していくべきであろう 案 3 所 得 税 と 法 人 二 税 ( 法 人 事 業 税 法 人 住 民 税 )の 税 源 交 換 所 得 税 と 法 人 所 得 課 税 である 法 人 二 税 ( 法 人 事 業 税 法 人 住 民 税 )とを 税 源 交 換 する というものである これまであまり 検 討 されていない 案 だが 地 方 税 において 法 人 所 得 課 税 の 割 合 を 下 げ 地 方 税 の 安 定 化 を 図 るためには 欠 かせない 視 点 であろう これらの 税 源 を 同 額 交 換 しただけでは マクロ 的 な 税 源 移 譲 の 効 果 はない しかし 税 源 交 換 により 地 方 税 における 法 人 二 税 が 減 少 し 法 人 二 税 に 比 べて 地 域 偏 在 度 が 低 い 所 得 税 ( 個 人 住 民 税 )に 替 わることで( 図 表 5) 地 方 税 収 全 体 の 地 域 偏 在 度 が 緩 和 される また 所 得 税 ( 個 人 住 民 税 )は 法 人 関 連 税 より 景 気 変 動 の 影 響 を 受 けにくいことから 地 方 税 収 の 安 定 化 にも 寄 与 する 案 4 消 費 税 と 法 人 二 税 ( 法 人 事 業 税 法 人 住 民 税 )の 税 源 交 換 消 費 税 と 法 人 所 得 課 税 である 法 人 二 税 ( 法 人 事 業 税 法 人 住 民 税 )を 税 源 交 換 すると いうものである この 案 もあまり 検 討 されていないが 10 案 3と 同 様 地 方 税 の 安 定 化 を 図 るためには 欠 かせない 視 点 であろう この 案 では 地 方 税 収 における 法 人 関 連 税 収 が 減 少 し 法 人 二 税 に 比 べて 地 域 偏 在 度 が 低 い 消 費 税 に 替 わることで 地 方 税 収 全 体 の 地 域 偏 在 度 が 緩 和 される また 消 費 税 は 所 得 税 よりさらに 景 気 変 動 の 影 響 を 受 けにくいことから 地 方 税 の 安 定 化 にも 寄 与 する 税 源 移 譲 ではなく 税 源 交 換 であるため 地 方 税 収 総 額 の 増 加 にはつながらないが 中 央 政 府 の 減 収 にもならないため 国 が 受 け 入 れやすい 案 であることは 間 違 いない 6. おわりに ~ 税 源 移 譲 と 課 税 自 主 権 の 付 与 ~ 4つの 移 譲 案 は 図 表 6のようにまとめることができる 6 章 の 最 初 に 述 べた2つの 検 討 軸 から 判 断 すると 最 も 税 源 移 譲 にふさわしい 案 は 消 費 税 から 地 方 消 費 税 への 移 譲 である その 他 の 案 も 地 方 分 権 に 寄 与 するものであり これらを 部 分 的 に 組 み 合 わせて 導 入 するなどのプランも 視 野 に 入 れて 実 施 に 向 けた 具 体 的 検 討 を 行 うべきだろう しかし4つのいずれの 案 を 採 用 するにしても 地 方 自 治 体 自 身 に 税 率 決 定 権 が 必 要 であ 10 法 人 住 民 税 と 消 費 税 ( 地 方 交 付 税 の 原 資 となる 部 分 )の 交 換 については 東 京 大 学 の 神 野 直 彦 教 授 が シミュレーションを 行 っている( 神 野 直 彦 三 位 一 体 改 革 の 理 念 と 現 実 都 市 問 題 東 京 市 政 調 査 会 2004 年 11 月 号 ) 12

13 る 最 終 的 に 税 源 移 譲 の 形 を 決 定 する 際 は 地 方 分 権 の 実 現 に 向 け 地 方 の 独 自 性 を 発 揮 できる 税 率 決 定 権 についても 考 慮 すべきであろう さらに 日 本 の 地 方 税 において 最 も 地 域 格 差 が 大 きく 最 も 税 収 が 不 安 定 な 法 人 事 業 税 については 再 考 の 余 地 がある 外 形 標 準 課 税 の 割 合 を 増 やして 税 収 の 安 定 化 を 図 るなどの 改 善 策 や 税 源 交 換 を 進 めることにより 地 方 税 における 法 人 所 得 課 税 の 割 合 をさらに 低 下 させる 策 を 考 えていく 必 要 があるのでは ないだろうか 図 表 6 税 源 移 譲 案 の 検 討 結 果 13

14 [ 参 考 文 献 ] 浅 羽 隆 史 地 方 財 政 悪 化 の 原 因 と 今 後 の 展 望 富 士 総 合 研 究 所 1998 年 池 上 岳 彦 分 権 化 と 地 方 財 政 岩 波 書 店 2004 年 板 倉 敏 和 地 方 分 権 と 地 方 税 ( 自 治 研 究 2004 年 4 月 号 )2004 年 伊 東 弘 文 現 代 ドイツ 地 方 財 政 論 文 眞 堂 1995 年 株 丹 達 也 法 人 事 業 税 の 今 後 の 課 題 について ( 地 方 税 2003 年 12 月 号 )2003 年 地 方 税 の 現 状 と 二 三 の 課 題 について ( 自 治 研 究 2004 年 7 8 月 号 )2004 年 財 務 省 財 務 総 合 政 策 研 究 所 主 要 国 の 地 方 税 財 政 制 度 2001 年 6 月 地 方 財 政 システムの 国 際 比 較 2002 年 6 月 自 治 体 国 際 化 協 会 各 国 の 地 方 自 治 シリーズ 2001~2004 年 神 野 直 彦 金 子 勝 編 地 方 に 税 源 を 東 洋 経 済 新 報 社 1998 年 地 方 六 団 体 国 庫 補 助 負 担 金 等 に 関 する 改 革 案 2004 年 8 月 東 京 都 財 務 局 今 後 の 地 方 財 政 を 考 える 2004 年 7 月 東 京 都 税 制 調 査 会 答 申 課 税 自 主 権 の 確 立 に 向 けて 2003 年 11 月 西 尾 勝 神 野 直 彦 編 集 代 表 池 上 岳 彦 編 自 治 体 改 革 7 地 方 税 制 改 革 ぎょうせい 2004 年 10 月 林 健 久 編 地 方 財 政 読 本 ( 第 5 版 ) 東 洋 経 済 新 報 社 2003 年 藤 岡 純 一 分 権 型 福 祉 社 会 スウェーデンの 財 政 有 斐 閣 2001 年 持 田 信 樹 地 方 分 権 の 財 政 学 - 原 点 からの 再 構 築 東 京 大 学 出 版 会 2004 年 和 田 八 束 星 野 泉 青 木 宗 明 編 現 代 の 地 方 財 政 第 3 版 有 斐 閣 2004 年 地 方 財 政 地 方 財 務 協 会 各 号 地 方 財 務 ぎょうせい 各 号 都 市 問 題 東 京 市 政 調 査 会 各 号 フィナンシャルレビュー 財 務 省 財 務 総 合 政 策 研 究 所 各 号 14

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

退職給付プランのあり方に関する研究(総括報告書)

退職給付プランのあり方に関する研究(総括報告書) プレスリリース 資 料 平 成 25 年 1 月 21 日 国 民 の 老 後 保 障 に 関 する 研 究 ~ 個 人 退 職 勘 定 制 度 及 び 日 本 版 IRA の 可 能 性 を 探 る~ < 要 旨 > 公 益 財 団 法 人 年 金 シニアプラン 総 合 研 究 機 構 (http://www.nensoken.or.jp/) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 が 国 民 の

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

税制改革について

税制改革について 税 制 改 革 について 平 成 20 年 5 月 20 日 伊 藤 隆 敏 丹 羽 宇 一 郎 御 手 洗 冨 士 夫 八 代 尚 宏 税 制 は 国 民 生 活 や 経 済 社 会 にとって 極 めて 重 要 な 制 度 インフラであ り 21 世 紀 の 我 が 国 にふさわしい 税 体 系 の 再 構 築 は 喫 緊 の 課 題 となっ ている 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

121096 会計検査研究第54号.indd

121096 会計検査研究第54号.indd 巻 頭 言 地 方 自 治 体 における 公 会 計 制 度 改 革 の 進 展 山 浦 久 司 ( 明 治 大 学 大 学 院 会 計 専 門 職 研 究 科 教 授 ) 1 地 方 自 治 体 の 公 会 計 制 度 改 革 の 意 味 地 方 自 治 体 の 公 会 計 制 度 改 革,すなわち 公 会 計 の 発 生 主 義 化 の 流 れは, 現 在, 事 実 上 の 最 終 局 面 を

More information

第4回税制調査会 総4-1

第4回税制調査会 総4-1 平 成 25 年 12 月 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 税 制 調 査 会 国 際 課 税 ディスカッショングループ 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 1. 見 直 しの 背 景 意 義 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 以 下 外 国 法 人 等 という )に 対 する 課 税 原

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産 Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート どうなる? 税 制 のオーバーホール 発 表 日 :2016 年 4 月 8 日 ( 金 ) ~ 若 年 低 所 得 子 育 て 世 帯 の 負 担 軽 減 へ 舵 を 切 るか~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 副 主 任 エコノミスト 星 野 卓 也 TEL:03-221-447 政

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

第24回税制調査会 総24-3

第24回税制調査会 総24-3 平 27.10.23 総 2 4-3 説 明 資 料 個 人 住 民 税 3 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 1. 個 人 住 民 税 の 課 税 標 準 の 計 算 1 2. 個 人 住 民 税 における 各 種 人 的 控 除 のあり 方 2 3. 個 人 住 民 税 における 超 過 課 税 独 自 減 税 の 実 施 状 況 9 4. 個 人 住 民 税

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

Microsoft Word - 団塊.docx

Microsoft Word - 団塊.docx Economic Trends テーマ: 団 塊 世 代 のリタイアと212 年 問 題 発 表 日 :1 年 5 月 27 日 ( 木 ) ~ 消 費 市 場 への 影 響 と 社 会 保 障 財 政 逼 迫 のインパクト~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531) 副 主 任 エコノミスト 鈴 木 将 之 (3-5221-4547)

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

不動産91_論説_柴.ec7

不動産91_論説_柴.ec7 90 特 集 論 説 少 子 高 齢 化 社 会 の 不 動 産 利 用 Necessityofinheritancetax YukaSHIBA:Meikaiuniversity 柴 由 花 * keywords:inheritanceandgifttax,estatetax,capitalgains,occasionalincome,redistribution 相 続 税 および 贈 与 税,

More information

Ⅰ. 附 則 第 18 条 2 項 の 解 釈 概 念 図 消 費 税 増 税 前 消 費 税 増 税 後 消 費 税 収 10 兆 円 消 費 税 収 社 会 保 障 支 出 社 会 保 障 支 出 20 兆 円 20 兆 円 26 兆 円 その 他 の 財 源 その 他 の 支 出 30 兆 円

Ⅰ. 附 則 第 18 条 2 項 の 解 釈 概 念 図 消 費 税 増 税 前 消 費 税 増 税 後 消 費 税 収 10 兆 円 消 費 税 収 社 会 保 障 支 出 社 会 保 障 支 出 20 兆 円 20 兆 円 26 兆 円 その 他 の 財 源 その 他 の 支 出 30 兆 円 意 見 陳 述 2012 年 8 月 6 日 醍 醐 聰 ( 東 京 大 学 名 誉 教 授 ) 参 議 院 : 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 に 関 する 特 別 委 員 会 中 央 公 聴 会 1 Ⅰ. 附 則 第 18 条 2 項 の 解 釈 概 念 図 消 費 税 増 税 前 消 費 税 増 税 後 消 費 税 収 10 兆 円 消 費 税 収 社 会 保 障 支 出 社 会

More information

15/研究員リポート/田巻/地方公営企業03.indd

15/研究員リポート/田巻/地方公営企業03.indd シリーズ 地 方 公 営 企 業 の 現 況 とあり 方 第 3 回 事 業 としての 上 水 道 田 巻 潤 子 一 般 財 団 法 人 日 本 経 済 研 究 所 調 査 部 副 主 任 研 究 員 本 シリーズ 第 2 回 ( 日 経 研 月 報 11 月 号 )では 水 道 事 業 の 現 状 と 多 様 化 する 外 部 委 託 について 述 べ た 水 道 事 業 は 多 くの 業 務

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 @ 埼 玉 大 学 経 済 学 部 1 第 6 回 租 (2) ( 前 ) 2014 年 11 月 4 日 ( 火 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 高 崎 経 済 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 専 任 講 師 ) 2 とは 何 か : 個 人 の に 対 して 課 される 国 以 外 に に 対 して 課 される 国 としては 法 人 の に 対 して 課 される 法 人

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

公 務 員 って 何!? 大 野 講 師 0 001112 132085 KL13208 公 務 員 って 何? LEC 東 京 リーガルマインド 専 任 講 師 : 大 野 純 一 まず 注 意 したいこと かつては 官 と 民 は 仕 事 の 上 でも 資 質 でも 大 きな 差 があった 今 はNPM( 新 しい 公 共 管 理 )やCSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )などで 両 者

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上 2011 年 8 月 18 日 発 行 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 シリーズ 4 医 療 介 護 改 革 案 の 評 価 と 課 題 ~ 必 要 な 財 源 確 保 の 見 通 しの 提 示 を~ 要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc)

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc) 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 中 間 報 告 平 成 1 3 年 3 月 1 中 間 報 告 の 提 出 にあたって 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 は, 平 成 12 年 7 月 18 日 に 発 足 以 来, 今 日 に 至 るまで 官 と 民 の 役 割 分 担, 官 から 民 への 委 託 の 観 点 から16 項 目 について 議 論 を 重 ねてきた この 間,

More information

人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号 専 決 処 分 した 件 報 告 即 日 受 理 専 決 第 1 号 道 おける 故 和 解 即 日 受 理 専 決 第 2 号 車 両 接 触 故 和 解 即 日 受 理 案 第

人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号 専 決 処 分 した 件 報 告 即 日 受 理 専 決 第 1 号 道 おける 故 和 解 即 日 受 理 専 決 第 2 号 車 両 接 触 故 和 解 即 日 受 理 案 第 発 行 / 宇 和 島 務 局 798-8601 宇 和 島 曙 町 1 番 地 (0895)49-7035 一 般 計 は458 億 2 千 5 百 万 円 総 額 962 億 6 千 8 百 60 万 9 千 円 26 26 26 27 11 12 13 27 18 19 23 人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

一 橋 大 学 経 済 研 究 所 世 代 間 問 題 研 究 機 構 ディスカッション ペーパー CIS-PIE DP No.481 税 社 会 保 険 料 の 負 担 と 社 会 保 障 給 付 の 構 造 - 税 制 と 社 会 保 障 制 度 の 一 体 改 革 に 向 けて- 2010 年

一 橋 大 学 経 済 研 究 所 世 代 間 問 題 研 究 機 構 ディスカッション ペーパー CIS-PIE DP No.481 税 社 会 保 険 料 の 負 担 と 社 会 保 障 給 付 の 構 造 - 税 制 と 社 会 保 障 制 度 の 一 体 改 革 に 向 けて- 2010 年 税 社 会 保 険 料 の 負 担 と 社 会 保 障 給 付 の 構 造 : 税 制 と 社 Title 会 保 障 制 度 の 一 体 改 革 に 向 けて Author(s) 田 中, 秀 明 Citation Issue 2010-07 Date Type Technical Report Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/18619

More information

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF)

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF) 特 集 1: 私 的 年 金 拡 充 策 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 1 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 関 根 栄 一 杜 進 ( 翻 訳 協 力 ) 要 約 1. 中 国 では 2013 年 12 月 6 日 財 政 部 人 力 資 源 社 会 保 障

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

Microsoft Word - 13.田代昌孝.doc

Microsoft Word - 13.田代昌孝.doc 配 偶 者 控 除 と 課 税 ベースの 侵 食 田 代 昌 孝 中 央 大 学 経 済 学 部 序 章 今 日 財 政 赤 字 を 多 く 抱 える 日 本 において 経 済 成 長 とそれに 伴 う 税 収 の 増 加 は 財 政 の 最 重 要 課 題 といえる 課 税 ベースを 所 得 から 消 費 に 求 める 改 革 案 は 頻 繁 に 議 論 されるところであるが 消 費 税 率 の

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information